2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大豪族・葛城氏の「王宮」跡

1 :出土地不明:05/02/22 11:49:06 ID:nUwWkgc0
240メートルの高台・古墳時代最大級−極楽寺ヒビキ遺跡と命名

奈良盆地南部の奈良県御所市で、石張りの堀に囲まれた5世紀前半の巨大な建物跡が出土した。
古墳時代としては最大級の規模で、県立橿原考古学研究所が21日、極楽寺ヒビキ遺跡と命名すると発表した。
盆地を見下ろす標高約240bの丘陵にあり、大豪族葛城氏が治めた一帯の「王宮」のような施設だったらしい。
火災で全焼した痕跡があり、葛城氏が雄略天皇に焼き打ちされた日本書紀の記述を裏付ける可能性もある。
http://mytown.asahi.com/nara/news01.asp?kiji=3863

2 :出土地不明:05/02/22 13:00:26 ID:ucYjkuOZ
すぐにネタが枯渇しそうな上に、文献の話ばかりになりそうな…
豪族居館遺跡総合スレということで、よろしく。

3 :出土地不明:05/02/22 13:30:01 ID:tgPDFzL6
三ツ寺遺跡が有名やね。
水を湛えた濠もあり、いまんとこ一番豪勢な豪族居館

4 :出土地不明:05/02/22 13:44:38 ID:n4BOxxp4
葛城氏は和邇氏と並んで大和朝廷初期に朝廷を支えた大豪族だ。
確か、その後の多くの有力氏族も葛城氏の傍流だったよな。


5 :出土地不明:05/02/22 19:59:06 ID:piUDHXkX
奈良県内では他にこういうのって出てないんだっけ?
居宅ではなくて、祭祀か政務のセンターらしいというのが面白いね。

6 :出土地不明:05/02/22 20:21:50 ID:LTfA5Bu6
6世紀後半以前の大王の宮なんてのもまだ見つかってないんでしょ?
あくまで伝承地って事で。

7 :出土地不明:05/02/22 20:41:33 ID:xU0N2UPI
脇本遺跡が武烈や雄略の宮と関係あるんじゃないかって話はあったけど…
そのものズバリってのはまだないような。

8 :出土地不明:05/02/22 21:13:46 ID:1/A6Xqc4
この話、5世紀前半というのと、雄略天皇の焼き討ちを裏付けるかも、
というのが、腑に落ちんな。時期的に異なるよな。

9 :出土地不明:05/02/22 21:23:20 ID:Kz/ZZZ8+
日本書紀では焼き討ちは西暦456年か。
しかも武=雄略説に立つと、その前の興は462年に称号を受けたことになってるから、
それ以降の即位ってことになってしまう。
文献に拠って立つなら、どっちにせよ5世紀前半ではないなぁ。
建物を建てた時期のことなのか?

10 :出土地不明:05/02/23 00:36:51 ID:TjZZAl34
葛城氏が大豪族としてのし上がったのはソツヒコから。
この遺跡からカツラギノソツヒコとでも書かれた表札でも出てくれば決定的だがw

一方でソツヒコは朝鮮半島での活躍が有名。むしろ国内での行動記録はないに等しい。
この遺跡で朝鮮伝来の何かが大量に出てくれば、ある程度裏付けになるかも。

11 :出土地不明:05/02/23 05:13:39 ID:JuinL8kM
脇本遺跡はぜひ本格的発掘調査をキボン

12 :出土地不明:05/02/23 16:10:31 ID:I3Abhroz
高天原伝承地の高天彦神社とか、
古墳ぽい形状をしてる高鴨神社なんかも掘ったら、
葛城氏か鴨族の何か出てくる希ガス。

13 :出土地不明:05/02/23 19:02:05 ID:YcqOkLF9
南郷遺跡群のエリアって、どこからどのあたりまでなんでしょ?

14 :出土地不明:05/02/23 20:15:26 ID:vZPFD1BV
>>6-7
磐余付近の大王の宮の伝承地みたいに今はたいてい神社が建ってるし、
発掘はなかなかさせてくれないんじゃない?

15 :出土地不明:05/02/24 00:46:35 ID:oO6bgDj1
>6
太田微高地

16 :出土地不明:05/02/24 02:57:21 ID:OcwtmS/S
葛城氏の祖である襲津彦が新羅を討伐したとの記録がある
そのことから考えて葛城氏は、航海に慣れた海人の氏族だったのかも知れないな。

17 :出土地不明:05/02/24 09:58:57 ID:vslEBJxE
>>8
玉田宿禰(ソツビコの孫)が允恭(オアサヅマワクゴノスクネ)に討たれたのも、
確か葛城の邸宅でだった筈だけど、
その時は宮殿は焼かれなかったのかな。
これだと焼失時期は5世紀前半(440年頃?)になる。

18 :出土地不明:05/02/24 11:36:49 ID:qq19OfTD
間違いです。玉田宿禰は武内宿禰の墓に逃げ込み、そこで殺された。

19 :出土地不明:05/02/24 19:58:54 ID:wt4kROSi
>>16
うん、同じように対朝鮮軍事で活躍したという伝承を持つ
上毛野氏や紀氏と関係が強い地域の古墳からは、海外色の濃い遺物が出てる。
葛城氏の場合も、単なる机上の創作ではないかもしれない。

20 :出土地不明:05/02/24 20:13:50 ID:Ov30QTzn
>>18 武内宿禰の墓に逃げ込んだ後、家に戻って殺された。

21 :出土地不明:05/02/24 22:45:14 ID:9L2A85mn
>「確か葛城の邸宅でだった筈だけど」

書いてない。それにそれほど激しくやられてしまったら次代の円大臣の
権勢は維持できなかったと思われ。

22 :出土地不明:05/02/24 22:51:14 ID:GDA8SwX3
先日、発掘された御所の二光寺廃寺は葛城氏と関係はないのかな?
7世紀後半らしいが。

23 :出土地不明:05/02/25 00:05:21 ID:Q21U+54m
>>10
高句麗の好太王が倭軍と戦ったのは、4世紀末から5世紀はじめ。
この遺跡の年代に近い。
好太王が戦った倭軍とは葛城軍だったのだろうか。
この遺跡から朝鮮伝来の何かが出れば、葛城氏の居館だった証明になるばかりでなく、倭軍が実際に朝鮮に進出していたことを示す傍証にもなる。
「任那」という単語の存在すら認めようとしない半島人に対して、ギャフンと言わせる絶好の機会になるに違いない。

好太王:
18才で即位したのが広開土王(好太王・391年)。この王の一代は対外的に大きく発展した。
この王の死後、その功績を顕彰すべく建てられたのが『広開土王碑』(414年)である。またこの王の墓は将軍塚よばれる大きな切り石による積石塚が有力な候補である。
395年、西北の俾麗(契丹の一部族)に親征し、無数の牛・馬・羊を獲得、翌年、百済に親征した。
この時、百済の王都漢城にせまり、百済王に忠誠を誓わせ、王子らを人質とし、58城邑の700村を奪取して凱旋した。
398年には、東北の粛真に郡を派遣し、300余りの捕虜を獲得し、朝貢を促した。
百済は誓約したにもかかわらず、ふたたび倭と和通したためそれを再攻撃するため平壌まで進軍したが、新羅から救援の要請をうけ、あらためて400年、5万の軍を新羅に派遣した。
新羅王都にいた倭軍を駆逐し、さらにそれを追って任那加羅(金海)まで進み、安羅(咸安)人の守備兵とも戦い、勝利した。倭におさえられていた新羅はこの結果朝貢するようになった。
404年には倭が海路、帯方郡の故地に侵入したが、王が親征して排除した。
407年にも、5万の軍をおそらく百済に派遣し、6城を奪取した。
410年には、東方の東夫餘(北沃沮)に親征し、その王都にせまり慕化する民を引きつれて凱旋した。
このようにたびかさなる外征によって、とくに百済領をおおきく獲得し、それとむすぶ倭・加耶南部をうちやぶり、新羅を高句麗の勢力圏にひきもどした。

24 :出土地不明:05/02/25 00:39:23 ID:SbiVSVgc
そりゃソツヒコが率いているに違いない。

当然のことのように、葛城には南郷遺跡をはじめ、半島系の遺構・遺物が豊富だが??

25 :出土地不明:05/02/25 13:16:44 ID:796rHVPJ
ソツヒコ?
女に目がくらんで失敗し、岩穴で氏んだんだよねw

26 :出土地不明:05/02/25 13:31:29 ID:lK6emT/h
室の大墓はソツヒコの墓ですか?

27 :出土地不明:05/02/25 22:33:56 ID:/vXOSREk
武内宿祢の墓というのが中世からの憶測。

28 :出土地不明:05/02/25 23:45:41 ID:9ODYNqxL
そんなバカな

29 :出土地不明:05/02/25 23:46:22 ID:dtB6ep1D
>>25それはサチヒクだな。ソツヒコは室大墓に葬られたんだよ。

30 :出土地不明:05/02/26 00:12:56 ID:rdjwLBPj
葛城氏はその名の通り、大和国葛城地方の豪族である。
葛城氏も蘇我氏も、武内宿禰を始祖とする(正しくは、紀記にはそう記されている)。
武内宿禰は、この他、紀・巨勢・平群の各氏の始祖でもある。

葛城氏の祖は葛城襲津彦(そつびこ)であるが、彼にはもう一つの根拠地があった。
半島の加羅、特に金官国である。書紀に記された襲津彦の事績を見るがいい。彼自身の国内の記事なぞ全くない。
わずかに、仁徳天皇に嫁いだ娘・磐之姫が登場するくらいである。
彼に関する記録はすべて半島での行動であり、かつそれらはとてもじゃないが「活躍」と呼べるような代物ではない。

 そういう人物が、神功皇后・応神天皇・仁徳天皇三代に仕え、一族は後ちの蘇我氏もうらやんだという大権力を朝廷内で振るっていたのである。
実に不可解なことである。実際、「平民」の娘が正妃となるのは、崇神天皇以降ではこの葛城氏が初めてである。
このことは奈良時代の聖武天皇が藤原氏の光明子を皇后に迎えるために、わざわざ「歴史的先例」として言及しているくらいに異例なことであったのだ。

 襲津彦は半島で何をしていたのか。
書紀によれば、新羅へ人質を返しに行ってだまされ、腹いせに新羅から捕虜を連れ帰った(神功紀五年)。
その後新羅征討を命じられたが、その新羅から美女二人を贈られて、かえって加羅王を討って百済へ追いやってしまい、皇后の怒りを買っている(同紀六二年「百済記」引用文)。
また、加羅から弓月の民(秦氏に近い渡来民)を連れてきたり(応神紀十四・十六年)、無礼があった百済王族を連行したりしている(仁徳紀四一年)。

 ここから分かることは、朝廷の駐韓軍事大使のような役割を果たしていたことと、天皇の命令を重んじてはいかなったことだ。
葛城氏は仁徳朝以降数代にわたり、皇后の家となり「大臣」ともなる。

31 :出土地不明:05/02/26 09:24:15 ID:aqRZMqU1
襲津彦の嫁さんは神功皇后の妹の虚空津比売だから
それを笠に着てドキュンぶりを発揮したんだろう。

娘の石之日売を仁徳の皇后にしたのは失脚する前だろうし
その段階では次期天皇は仁徳ではなく宇治若郎子。

ありえんことでもないだろうよ。

32 :出土地不明:05/02/26 09:58:01 ID:1sA9zgrT
>>30
この遺跡から、新羅の美女の2遺体が出土すれば、決定的だねw

33 :出土地不明:05/02/26 12:12:39 ID:UGncJSgx
今回出たのは政庁みたいもんだろ?
きっと近くにもっと豪壮な住居が埋まってるに違いない。

34 :出土地不明:05/02/26 12:59:59 ID:08aQ4ZxS
堀に石張りを有し群馬の居館より半世紀以上前か
貴重な発見ですな。

35 :出土地不明:05/02/26 16:22:52 ID:W1cEEo+i
現説行った人、どうだった?
http://www.kashikoken.jp/from-site/2004/hibiki/hibiki.html

36 :出土地不明:05/02/26 20:19:15 ID:212mW9Zu

地形図を見てなるほどと思ったが、
周辺の台地上の発掘が更に進めば、まだまだ大発見が期待できそうな予感。

37 :出土地不明:05/02/26 23:10:43 ID:DX6Ua06J
ニュースでやってたよ。
雪が降っててスッゲー寒そうだった。
誰か行った?

38 :出土地不明:05/02/27 21:49:11 ID:mY4F2csu
そういや、ワニ氏の群集墳もちょい前に見つかってたよね。
天理だったけど。

39 :出土地不明:05/02/28 12:01:53 ID:jF4ehwdu
炭化物の年代測定結果はまだだろうか。

40 :出土地不明:05/03/01 00:56:53 ID:Dtu03607
話題の遺構に興奮-御所・極楽寺ヒビキ遺跡と二光寺廃寺

古墳時代の大型建物跡が見つかった極楽寺ヒビキ遺跡(御所市極楽寺)と多数
の摶仏が出土した二光寺廃寺(同市西北窪)で26日、現地説明会が開かれた。
話題の遺構をひとめ見ようと、約4000人が訪れた。
二つの調査地は200メートルほどしか離れておらず、朝から大勢の歴史ファン
が列を作った。県立橿原考古学研究所は予定を1時間早めて午前8時半に受け付
けを開始。
極楽寺ヒビキ遺跡の大型建物跡は一帯を支配した葛城氏の中枢施設とみられて
おり、調査を担当した北中恭裕さんが「日常生活の場所とは考えられず、祭祀
(し)や政務を行った公的施設」などと説明した。
二光寺廃寺は7世紀後半の白鳳寺院跡で、当時の姿をとどめる金堂基壇に、見
学者から驚きの声が上がった。(2005.2.27 奈良新聞)

41 :出土地不明:05/03/01 10:16:46 ID:YpoE4LlX
4千人も行ったのか。
なのに、ここの住人は誰も行かなかった訳だな。

42 :出土地不明:05/03/02 23:27:45 ID:gCCUoHjD
行ってきたが何を尻たいの?

43 :出土地不明:05/03/03 09:54:31 ID:+ck+UihS
大きかった?

44 :出土地不明:05/03/03 10:32:39 ID:puEwYec0
堀の深さってどれくらい?
外敵の侵入を防げる感じ? それとも単に聖域的に外と区別するためのもの?

45 :出土地不明:05/03/03 23:43:03 ID:reA0eKot
 外回りの方形区画は長さ100m程度。三ッ寺Tとそう変わらないんじゃ
ないかな。現説資料には数値書いてない。
 廃土を積んだ山の上から見せるだけで建物の傍には行けなかった。あとは
報道でご存じの通り。
 壕は削平のために浅くなっているところもあるけれど最大2〜2.5m程度の深
さに見えた。外敵の侵入云々は知らんが三ツ寺Tなど他の居館並の壕の幅は
ありそう。ただ、石垣は雑に見えた。
 5世紀前半に造られ後半に焼けているとのこと。近くにも関連施設があるだろ
うと言っていたが、葛城氏の本拠にしては巨大とは言えず、造りもやや雑な気がする。
 円さんが焼け死んだのはここらではないなーとの印象を持った。

46 :出土地不明:05/03/04 00:49:45 ID:0N9rlVoa
政庁の址なんだろ?
円大臣と目弱王は邸宅で焼き殺されたようだが、
邸宅ってのはもうちょっ下の方じゃねえかという気がする。
あくまで推測だが。

47 :出土地不明:05/03/06 00:06:18 ID:DBJ0kiUJ
http://gin-pro.net/profire/katsuragi/katsuragimadoka.htm
葛城円。

48 :出土地不明:05/03/06 12:47:37 ID:pfNm+PjY
ワラタよ

49 :出土地不明:05/03/06 13:28:03 ID:1XToMX7E
つぶらってプリティーな名前

50 :出土地不明:05/03/07 18:56:09 ID:99xUPMkg
オパーイでかいね

51 :出土地不明:05/03/08 10:50:48 ID:yOTqacyG
(^^)

52 :出土地不明:05/03/09 20:23:29 ID:B5ZJccPc
葛城氏ではないが、蘇我馬子の宮殿址から又何かわかったようですな

53 :出土地不明:05/03/09 23:38:36 ID:N+6cEbVp
(´,_ゝ`)プッ 馬子の宮殿だってさ。

54 :認定マニア ◆TJ9qoWuqvA :05/03/10 14:53:05 ID:ge+AC2u7
オナニイ スレ認定しますた。

55 :出土地不明:05/03/10 16:45:56 ID:JLiCUkdG
飛鳥浄御原宮の正殿跡の全体を発掘、飛鳥時代最大級の建物

 奈良県明日香村の飛鳥京跡で、飛鳥浄御原宮(きよみはらのみや)(672〜694年)
の 正殿跡の全体が発掘され、東西23.5メートル、南北12.4メートルの高床建物だ
った ことがわかった。県立橿原考古学研究所が8日、発表した。飛鳥時代最大級の建物で、
渡り 廊下でつながった別棟、池を望む縁側がついた建物跡も出土。天武天皇の正月の宴の
様子を 伝える日本書紀の記述を裏付ける配置だった。正殿跡は昨年、広大な石敷き広場と
ともに 一部が出土、「天武天皇の皇居」とされる。

引用元:朝日新聞
http://www.asahi.com/culture/update/0308/012.html

【科学ニュース+】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1110308332/l50

56 :出土地不明:05/03/10 18:59:00 ID:CvqKgdag
5・6世紀台の天皇の宮がどのくらいの規模だったか気になる。

57 :出土地不明:05/03/10 23:18:50 ID:Sphe5KF7
伝承地は幾つかあるけど、どれも大して広くなさそうだね。
今度、発掘された葛城氏の「王宮」とどっこいどっこいじゃない?

58 :出土地不明:05/03/11 10:10:45 ID:YImQi8hM
東国豪族の車持氏の住居とされる三ツ寺I遺跡や北谷遺跡よりも、
大王家や有力豪族である葛城氏の居館が小さいってのもなぁ。

59 :出土地不明:05/03/11 13:32:17 ID:FkqL0FkH
脇本遺跡の全貌が知りたい
特に民家の下に眠っているあたり

60 :出土地不明:05/03/11 23:04:42 ID:gYnycu18
>>59が民家の土地を買収してだな、
発掘費用も負担してくれればよいのだよ。
なに、発掘後に雄略ゆかりの王宮跡ってことで見物料を徴収すれば
元はすぐに取れるって。

61 :出土地不明:05/03/11 23:22:37 ID:o/m/opNB
金文字鉄剣やら倭王武やら王宮やら
雄略関連はその痕跡が多いな。

62 :出土地不明:05/03/12 20:19:07 ID:EHABSIvP
あのあたりから文献のほうも信用度が高くなっていくということ。

63 :出土地不明:05/03/13 16:20:03 ID:4L+hDB07
確実になんか出てくるだろ

64 :出土地不明:05/03/20 23:50:36 ID:G/5jg/zy
寺沢薫が『王権誕生』のなかで四世紀の首長居館をランクづけして

Aランク:大形 10000u前後=有力中央豪族
Bランク:中形 3000〜7000u程度=有力地方豪族
Cランク:小形 1000〜2500u程度=大共同体首長
Dランク:極小形1000u未満=小共同体首長

で、これらを上回る超A級が大王居館だと言ってるんだが、
これって妥当なの?
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/toilet/1109467537/

65 :出土地不明:2005/03/22(火) 18:14:44 ID:en+KpaeN
>>56
この時代は天皇に相当する大王も一豪族の親玉程度に過ぎない。
だから後の世のような臣下の屋敷と天皇の宮城ほどの差はないと思う。
>>57氏の言うように葛城氏の王宮に毛がはえた程度のものであろう。

66 :出土地不明:2005/03/22(火) 23:25:20 ID:gvFCvKlt
大阪民国国歌

     作曲 金朴李
     編曲 瓜楢蔓畝

1

朝日が静かに大阪城染め
高槻の大地やがて目覚める
そよかぜやさしく 街はざわめく
おはよう お前は素晴しい街
喜び溢れる 逞しい祖国
愛する高槻 大阪民国

2

毎日が明るく楽しく街彩り
船場の商店やがてざわめく
自由闊達 世界の商都
アンニョン 我らは素晴しい街
喜び溢れる 優れた市民
愛する大阪 大阪民国

3
夕暮れやさしく神戸を染めて
神戸の街はやがて煌めく
夜風やさしく 街は輝く
おやすみ お前は素晴しい街
喜び溢れる 発展する国
愛する神戸 大阪民国

67 :出土地不明:2005/03/23(水) 23:47:07 ID:mOgxaC+Q
元ネタは何?

68 :出土地不明:2005/05/04(水) 17:40:10 ID:HfkAk0op

【主張】女性天皇 伝統重んじる論議を歓迎
http://www.sankei.co.jp/news/050504/morning/editoria.htm


69 :出土地不明:2005/05/24(火) 08:54:02 ID:AFffRUbC
次は物部氏の館跡の出土キボン

70 :出土地不明:2005/06/23(木) 01:05:06 ID:OJHw1fWh
大王の宮跡もきぼんぬ

71 :出土地不明:2005/06/24(金) 08:47:05 ID:SGybhJJD
ヒビキ遺跡と三ツ寺遺跡は復元図や模型で再現されてるから
当時の居館の様子が判りやすくていいね。

72 :出土地不明:2005/06/28(火) 09:18:56 ID:cuVy6Tg1
つか雄略の宮なんてものが一度発掘されてたとは
良くあることだが民家の下とは残念

73 :出土地不明:2005/06/28(火) 20:22:37 ID:MKBaXrzi
民家の下だと、改築の折などに発掘調査が出来るんじゃないか?

74 :出土地不明:2005/07/09(土) 23:04:46 ID:ZpmgEZMI
家形埴輪と同じ方形柱-古墳時代の大型建物跡

奈良市西大寺東町1丁目で、古墳時代の大型建物跡が市教育委員会の調査で見つ
かった。方形の柱二本が残っており、当時の建物構造や家形埴輪(はにわ)と
の関係を考える上で重要な資料。首長クラスの居館とみられ、佐紀古墳群との
つながりも考えられるという。
公園整備に伴い、約190平方メートルを発掘調査。大型の掘っ立て柱建物跡は
一棟で、北東隅を検出した。柱の据え付け穴は3個見つかり、いずれも一辺1メ
ートル以上と大型。このうち2個に柱が残っていた。
柱はヒノキで、長辺55センチ、短辺17〜22センチ、残っていた部分の長さは70
〜85センチ。長辺が壁に沿うように据えられていた。古墳に立て並べた家形埴
輪の柱も方形で、長辺の取り方も同じ。実際の建物を埴輪にデザインしたこと
が裏付けられた。
(2005.7.8 奈良新聞)
http://www.nara-shimbun.com/n_arc/050708/arc050708a.shtml

75 :出土地不明:2005/07/13(水) 05:16:37 ID:7QvZ/Ii2
古墳時代の復元家屋は豪族の館でもえらい貧相なんだが
素人目には家型埴輪からみて
もうちょっとしっかりしてるもんだと思ってた。
草壁なんかもあったそうだな・・・

76 :出土地不明:2005/07/16(土) 00:06:27 ID:aajRITtA
大型建物は埴輪そっくり 奈良・極楽寺ヒビキ遺跡

古代豪族・葛城氏の中枢施設とみられる奈良県御所市の極楽寺ヒビキ遺跡で発
掘された古墳時代最大級の大型建物跡(5世紀前半)が、近くの古墳から出土
した家形埴輪(はにわ)とそっくりな構造だったことが分かり、奈良県立橿原
考古学研究所が15日、発表した。
平べったい板状の柱を使った特殊なつくりで、柱の配置は完全に一致。埴輪の
柱には呪術(じゅじゅつ)的な意味を持つ直弧文が刻まれており、実際の建物
にも同様の紋様が描かれていた可能性が出てきた。
このため研究者からは、建物は単なる居住空間や政治施設ではなく、祭祀(さ
いし)センターなど特別な性格を持つ施設だったという意見が出ており、今後
議論を呼びそうだ。
(共同通信) - 7月15日18時3分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050715-00000148-kyodo-soci

77 :出土地不明:2005/07/16(土) 17:31:06 ID:ByiLWQkM
>近くの古墳から出土
>した家形埴輪(はにわ)とそっくりな構造だったことが分かり

何処の古墳?

78 :出土地不明:2005/07/16(土) 20:44:04 ID:yxpeymIE
へぇ、埴輪のように
実際の建物にも文様刻むなり描くなりされていたかもしれないわけか。

79 :出土地不明:2005/07/16(土) 21:08:49 ID:8pHlpL64
>>77
宮山

80 :出土地不明:2005/07/18(月) 03:58:41 ID:/HzH0aBI
その家形埴輪の画像あり
ttp://osaka.yomiuri.co.jp/inishie/news/is50716a.htm

81 :出土地不明:2005/07/18(月) 10:18:57 ID:rlUTjkAG
おお!すげー!
こんなのがソツビコの墓に並べられ、現実に存在していたのか!

82 :出土地不明:2005/08/09(火) 14:34:12 ID:kGktUkkn
武内宿禰の墓じゃねーの?
白石太一郎信者?

83 :出土地不明:2005/08/09(火) 20:05:36 ID:+8JcJRim
武内宿禰は架空の存在だろ?
竹内文書信者?

84 :出土地不明:2005/08/10(水) 20:47:33 ID:sW05/09p
>武内宿禰=室の大墓
帝王編年記の仁徳七十八年条でしょ?

85 :出土地不明:2005/08/10(水) 23:53:56 ID:N60p9788
うむ。允恭5年7月紀や紀氏家牒を見れば、「武内宿禰の墓=室大墓」説は古くから
存在したと想像されるが、恐らく口碑の類であって、直ちに史実と認めることは困難。

86 :出土地不明:2005/08/22(月) 08:52:23 ID:RqhysUUY
古墳時代の居館は中世の武士館との類似性も説かれてるね。
実際古代豪族ってのも中世の武士団のように
数百人規模の小軍勢で隣の豪族なんかと争っていたんだろうか。

87 :出土地不明:2005/08/25(木) 03:43:57 ID:1fkZlNo2
馬子邸跡で新たに建物跡 奈良・明日香村の島庄遺跡
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050824-00000144-kyodo-soci

88 :出土地不明:2005/08/29(月) 16:28:14 ID:nOMRsdaf
>>55
東西23.5メートルか、
実際建ってると大きいんだろうな。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)