2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ゲーム理論スレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 14:13 ID:gVpPY2lx
立つだろうから立てといてやるよ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 14:35 ID:EOO0biS+
2get


3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 19:23 ID:bnEEoGYD
This is a fulfilled-expectation equilibrium.

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/08/30 19:55 ID:p28TijBl
ゲームセンター嵐


俺の出っ歯百連打を受けてみろーーーーーーーーーーーーーーーー

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 12:14 ID:/czf3NU7
>>1は囚人のジレンマによってこのスレを建てたとみた

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/01 16:20 ID:p5mc2YHc
期待効用最大化仮説

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 13:49 ID:KPHIHhBv
人間使う論理(帰属理論・思考の固着など)を考慮したゲーム理論の研究ってある?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 18:14 ID:dSW8N5rk
プリンシパル・エージェント理論は?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/02 22:40 ID:+n7lhkxs
Laffontも死んだね・・・

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 07:52 ID:jVxjJT16
>>7
フロンティアではある。まだ教科書化されてはいないし、具体的な経済分析に活かされているかどうかもわからない

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 12:20 ID:iUHY9C9Y
ロジックだけで、ヒューリスティックを考慮しないゲーム理論は
ロボット社会のシミュレーション。
人間社会のシミュレーションをお願いしますダ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 12:26 ID:PDdem8pe
>>11
君はMin-Max戦略の意味がわかっていないようだね。

13 : :04/09/04 00:01 ID:Q0fOz92w
>>12
教えてください

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 00:29 ID:Ds4A5x9K
ヒュリスティックス 4 [heuristics]
〔ヒューリスティックスとも〕問題解決法の一。正しいと思われる選択肢を
順に試行錯誤しながらたどってゆくことで正解を得ようとする解決法。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 01:32 ID:MO03Bgo2
ヒューリスティックス(heuristics)
ある問題を解決する際に、必ずしも成功するとは限らないが
うまくいけば解決に要する時間や手間を減少することができるようなた続きや方法。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 02:10 ID:Ds4A5x9K
>>13
オセロゲームのコンピュータロジックをMin-Max戦略で作ってみてください。
意味がわかるはずです。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 08:45 ID:5unEJCZ2
ヒューリスティクス
通常ではほぼ適応的な行動や判断を導き、
要する時間や手間を省くことができるが、
特異的な場合には錯誤をもたらす簡便なやり方。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 14:43 ID:Ds4A5x9K
α−β刈りでググってみてください。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 16:03 ID:JmkvESXB
ヒューリスティカリープログラムド
アルゴリズミック
コンピュータ

7年ほど前に出たはずだが。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 15:48 ID:j1lCfEqO
最近のゲーム理論はどんな風になってるの?
どのテキストも繰り返しゲームで終わってるけど、
その後はテキストになるほどは成熟してないのか?

21 :ちくわの穴:04/09/08 16:22 ID:+BPEa1kv
「成熟」という曖昧な言葉を使われても困るが
進歩はしている
ただテキストを書く椰子がいないだけ
テキスト書いても業績にはならないから
テキストの繰り返しゲームを知りたかったらeconometricaとかを
読んでみるといい

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 23:21 ID:j1lCfEqO
それはゲーム理論自体の発展ではないのではないか?
例えば、繰り返しゲームでインプリメントできるとかできないとか
経済理論色が濃い。
ゲーム理論自体は今どうなっているんだろ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/08 23:46 ID:/R3Q0ZDp
>>19
7年前じゃなくて12年前。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 10:17:18 ID:ymQ8HIop
…いいかげん誰かつっこんでやれよ

「HAL9000かよ?」

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/13 16:10:11 ID:pQRhLP0P
>>24
気づかんかった。

ところで、HALの後継のSALってのは何の略なんだ?
2010年でHALの部品取りにされちゃう奴。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/19 23:31:48 ID:PF7QkvyQ
ゲーム理論の本でオススメは何ですか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 00:22:00 ID:HwYBdQOc
学部生ならギボンズが穏当な所だろうか。
それが難しいと感じるなら、武藤先生の本でワンクッション置いてもいいし

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:12:09 ID:eJUfwMCM
ミクロ経済学戦略的アプローチ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:16:58 ID:Mdr0NMP4
モートン&デービス 『ゲーム理論入門』

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:19:16 ID:HwYBdQOc
>>29
読み物だっけ?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:22:17 ID:Mdr0NMP4
なかなか楽しい、読み物。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:27:01 ID:HwYBdQOc
一人ゲームとかいうのなかった?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:28:12 ID:Mdr0NMP4
あったあった! 思い出した。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:31:05 ID:HwYBdQOc
そんなのゲームじゃないじゃんって突っ込みたいけど、結局読んでないw

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:35:50 ID:Mdr0NMP4
自然を相手にしたゲームってことらしい。
中盤以降は協力ゲームだが、こちらは「入門」の域を超えている。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:39:08 ID:HwYBdQOc
ほお。それは単なる確率の話になるような気がするが。
まぁゲームも確率だけど。

昔の本は協力ゲームが多いから薦められませんね。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:43:15 ID:Mdr0NMP4
自然相手の意思決定と、人間相手の意思決定の違い
みたいな話の前ふりで、さらっと流されてたけどね。

ま、1970年は大昔だが、まだ本屋に並んでいたりするw

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 01:45:57 ID:HwYBdQOc
>>37
あるね。古本屋とかにも。ブルーバックスで。
ブルーバックスのなかには進化ゲームの大物、シグムンドの本もあります。
日本のゲーム理論家ももっと啓蒙書を書けばいいのに。
変なの書いていないで

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 16:08:29 ID:6RW+heXj
NTUのコアに詳しい本知らない?鈴木・武藤は持ってるけど、
Aumann, Shapley, Peleg, Billeraあたりの古い文献が手に入れにくい。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 20:57:52 ID:HwYBdQOc
>>39
Pelegの本だけどこれは?

http://www.booksmatter.com/book.aspx?isbn=1402074107&cp=0

ペーパーバック版も出て値段も手ごろ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/20 21:20:00 ID:6RW+heXj
>>40
おお、こんなのが出てたのか! Thanx.

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 17:18:10 ID:uhrvoETS
たか・はと理論を詳しく解説しているサイトってありますか?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 21:15:35 ID:z2qIG1s8
とりあえず、『進化とゲーム理論』を読めばどうかな。
タカハトゲームについてはこれにまさる本はないだろう。


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/07 13:30:12 ID:I9Ht1wcb
ゲームなんかまだやってるの?
欧米では既に余技になってるんけど。。。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/10 23:21:13 ID:ZI4pX/Ko
age

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/11 01:49:11 ID:7a3nZZGS
>>44
蒟蒻問答の中に出てきたアメリカ帰りみたいな奴だな

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/11 08:40:03 ID:hIt+orZr
http://www.hss.caltech.edu/~camerer/web_material/n.html

game theoryはneuroeconomicsにいくでしょ、きっと。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/12 16:11:27 ID:jvvII8ve
すいません、非ゼロ和条件で、鞍点とナッシュ均衡が一致しなくなる
時の利得表ってどうなるんですか?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/14 20:41:31 ID:8XM/4HcL
>ゲームも確率
>昔の本は協力ゲームが多い

n?

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/15 00:59:26 ID:0HuxfLUy
非ゼロサムで暗転なんて定義できるのか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/15 09:44:50 ID:5eqAi4u2
>>48じゃないけど

>>50

ゼロ和と定和は本質的に一緒だと,読んだ記憶がある。
その意味ならわかるが・・・。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/17 02:40:25 ID:HAPVb+LX
今年プロ野球でおきたばか騒ぎをゲーム理論で
解説してほしいです。(無理かな?)

巨人以外のセリーグ五球団の利得:0(2リーグ性)
               :−10(1リーグ性)
近鉄以外のパリーグの利得:−10(2リーグ性)
             +5(1リーグ性)
巨人:+2(1リーグ性、視聴率とれるゲームがふえる)
   0(2リーグ性)
近鉄、ライブドア、楽天:??   

53 :ネトゲなら出会いがある:04/10/27 19:21:55 ID:AU8byF9t
2ちゃんねるで話題沸騰!金髪外人小中学生と出会える無料ブラウザ
3Dネットゲーム「RuneScape」。一度トライしてみないか?

ホットなゲーム板のスレッド Runescape Part3
http://game8.2ch.net/test/read.cgi/mmominor/1098515775/
ユーザーのBLOG。15歳のチアリーダーが降臨した模様
http://runescape.exblog.jp/

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 21:12:06 ID:rjj7hR/E
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1098626879/
ちょっと失礼。社会板No1のクソスレでキチガイDQN大卒が暴れていますよ。
まるで大卒の代表のようなレスっぷりで大卒の面汚し。ただでさえ
大学のレベル低下が著しい昨今、一部キチガイのせいでさらに大卒全体の
品位が激しく疑われる事態に直面しています。あまりのキチガイっぷりに
スレストまでかかったのですが、管理人も続編は放置しちゃってます。
パート27は4日で1000まで達するキチガイの凄まじさ。大卒の癌細胞に
ひとつ試しに説教をしてみてください。小学生顔負けの屁理屈をもってねじふせられるでしょう。
(精神を病む危険性がございます。くれぐれもご注意を!)
精神力に自信がある方、トライしてみてください( ̄ー ̄;)
・・・・・・・漏れは疲れました。○П_


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 22:37:24 ID:9oC1whSk
>>54
そういう奴は経済板にも何人かいるよ。
放置すればいいんだよ。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 16:20:58 ID:LeHU9EY/
とりあえずゲーム理論の勉強をはじめたいんですがどの本がイイですか?
一応今考えているのは
入門ゲーム理論と情報の経済学(神戸)
ゲーム理論(岡田)
ゲーム理論入門(武藤)
初めてのゲーム理論(中山)

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 00:24:45 ID:/aW0pWhR
Fudenberg and Tirole (1991) Game Theory, Mit Pr

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/29 08:33:55 ID:UNke6WNN
梶井さんと松井さんの本は?
ミクロ経済学:戦略的アプローチ

梶井さんってどんな研究しているのかよくしらないんだけど。
東大の三人に比べて。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/31 21:03:24 ID:9JMw+i8r
語れ!

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/31 21:38:45 ID:PMt6rp+G
鈴木光男はいかがでしょうか?


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/31 22:09:17 ID:engX+yel
『新ゲーム理論』はやめとけ。共立全書の『ゲーム理論入門』の
方がいい。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/31 22:51:11 ID:ywEOS/cY
『新ゲーム理論』のみで勉強したら、どうしてもわからないところが出てきて
『ゲーム理論入門』も買っちゃった。入門は印刷が酷すぎてやる気なくす。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/01 03:36:22 ID:1xQiQGYG
逆走
ttp://up.nm78.com/data/up016574.jpg

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/01 19:53:10 ID:+JUZXt58
ゲームはもう古い。やめとけ。
今から参入しても糞みたいなテーマしか残っていない。。。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 00:14:18 ID:Mp1jBlaz
Introduction of Game Theory for ecpnpmics R Gibonz

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 03:16:40 ID:npTGdK2G
「ゲーム理論入門」(武藤)か>>58を薦めます

>>61氏の言うとおり、「新ゲーム理論入門」(鈴木)は初心者向きではないと思います
「初めてのゲーム理論」(中山)も「初めての」とはいうものの、中級者向きです

「ゲーム理論」(岡田)は上級者向きです
(あの人が書いた経済数学のテキストは分かりにくいことこの上ないですw)

>>65は非協力ゲーム理論の入門書です(和訳版も出ています)
例題や演習問題が多く載っています

(神戸)は先月出たばかりの新刊ですね
経セミに載っていた広告は見ましたが、モノはまだ見ていないので分かりません

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 12:41:55 ID:TKfSmoVs
佐々木氏のはけっこういいよ。



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 14:54:40 ID:0zFtTAuo
>>65
Gibbons, R., _Game theory for applied economists,_ Princeton, 1992.
(福岡・須田訳 『経済学のためのゲーム理論』 創文社 1995.)

でしょ。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 15:16:40 ID:Z8Tvqvow
>>64 え!? ホントに?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 20:00:43 ID:28PwBgoE
>ゲームはもう古い。やめとけ。
>今から参入しても糞みたいなテーマしか残っていない。。。

往々にして、学部レベルの教科書が本屋に並べられると、当該分野研究の終焉を告げる。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 02:48:39 ID:+LylWO4/
終わると言っても,忘れられるわけではない。常識になってしまうということ。ゲーム理論が分からずに経済学はやっていけない時代にすでにだいぶ前から突入している。他の社会科学でも同様の現象が起きつつある。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 09:23:03 ID:oHSeIDsP
だから
>往々にして、学部レベルの教科書が本屋に並べられると、当該分野研究の終焉を告げる。
と書かれているのでは?

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 11:58:39 ID:uw0Eir3H
でもその終わった分野の研究を受けて次の研究があるわけでしょ?

というか平凡な一般の研究者にとっては流行りの研究なんか関係ないでしょ。
注目を集められるわけでもないし。
もちろん研究動向しらないのはダメだが


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 15:27:38 ID:PwvUn6NM
ないのでは?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 19:42:30 ID:+LylWO4/
>>73 
「終わった」分野は次のための道具になるのさ。
もちろん単なる流行で,忘れてしまって構わない分野もある。
でも,ゲーム理論は過ぎ去る類いのものではないね。
適用範囲がひろすぎて,捨てるには忍びない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 20:36:27 ID:iuWwLj64
なんでそんな古臭いもの今からエッサエッサ掘り起こすわけ?
ORとかゲームとか意思決定論とか計画法とか1950-60年全盛のテーマでしょ
あの時代以上の成果はあげられていないよ
そもそもスーパースターが現役を退いているか他分野に去ってしまっている

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 21:24:28 ID:8SRc7eZM
>>76
釣りですか?w

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 12:24:09 ID:4zbrdY6I
掘り起こすんではなくて,まったく新しい対象に移植するのである。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 12:28:22 ID:4zbrdY6I
知らないことを掘り起こすんじゃなくて,知っていることを応用する。
あるいは応用対象を決めた上で,使えそうな理論を探すというのもある。
大学院生がミクロ理論で勉強したことをIOや公共などの応用分野に応用して
博士論文書くじゃん。あの感じ。それで一気にゲーム理論の応用が広がった。
理論で知っていることを他の理論に応用するのもあるし。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 15:31:05 ID:71oNguun
応用分野に応用して博士論文書くじゃん。

はぁ?
文科省新制学位規則第三条:
独創的研究によって新領域を開拓し、学術水準を高め文化の進展に寄与するとともに、......

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 19:32:28 ID:2TUfndzN
新領域がいきなり出切ると思っているのでしょうか?

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/07 20:19:12 ID:4ohVBsQ5
あんたが作らないなら他の人が作るまでさ。ハァハァ

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 02:40:05 ID:9mzFKoMh
>>80
論文書けない大学院生ほど博士論文を大げさに考えるものだ。
ルービンシュタインの交渉モデルを考えよ。アイスクリームの分け方をプレーヤ1が提案して,
プレーヤ2が受け入れなければ今度はプレーヤ2が提案して,それを1が受け入れなければ...
その間にアイスクリームはだんだん溶けるというやつ。
あれは交渉理論に非協力アプローチという新領域を開拓したが,もしサブゲーム完全均衡の
概念が確立していたとしたら,ルービンスタインでなくてもあんたでもできていたかもしれない。
そのばあい,ややインパクトは落ちただろうけど,新領域を開拓したことには
まちがいないはずだ。

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 02:49:08 ID:9mzFKoMh
で,じっさいの博士論文はルービンシュタイン交渉モデルほどのインパクトは必要ない。
サブゲーム完全均衡の概念が確立した時代に大学院生がそのような論文書いたら,指導
教授は,「アイディアはいい。もっと精緻化せよ」とだけ言っただろう。
ルービンシュタインの元論文くらいに精緻化していれば文句はない。
用は,その分野でやっていける素養を身につけたことを示せば博論は通る。
理論で言えば,理論を理解し数理的処理ができることを示せばいい。
応用が交渉理論のようにおもしろければ文句はないが,そういう対象をみつける
ことは運もあるので,とりあえずは技巧を身につけたこと,対象に何らかの意味が
あることを示せば PhD もらえます。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 03:50:25 ID:XK/ySBpC
>>83、>> 84
どの程度の水準の博論を通すかどうかなんて結局指導教官の方針
次第だと思うけど。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/08 18:04:03 ID:WJdRkWKv
そうもいかんよ。
公平性の観点から大学で一定の基準を決めているから。


87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/10 17:06:25 ID:9tNLueMj
竹田 茂夫 「ゲーム理論を読みとく ―戦略的理性の批判」

という本がちくま新書からでたみたいだけど読んでみるべきだろうか。
他の著作からみるにマル経の人っぽいんだが・・・。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 11:24:26 ID:ZhrDRq1E
次のようなゲームを実際に被験者に行わせた話をどこかで読んだんだけど、
思い出せません。誰か知ってる人はいませんか?
ゲームは父と二人の子供AとBで行われ、手続きは以下のようなものです。
(i)父は二人に小遣いとして、暫定的に、計一万円与えることにする。
(ii)子供Aが二人の間でどう分配するかを一方的に決める。
(iii)子供Aの提案に子供Bが納得したら、それで決定。
  子供Bが納得しなかったら、喧嘩の罰として父が小遣いを没収する。

子供Bが自分の扱いを不当だと感じた場合、大抵「合理的でない」決定を
すると思うのですが。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 11:57:12 ID:S775slU2
>>84は良いこと言っている。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 12:19:41 ID:0MKHeOV5
>>84
ぷ、偉そうなこと言ってら

>その分野でやっていける素養を身につけたことを示せば博論は通る
はずが、学位もらったら研究停止している連中がどれだけいることやら・・・。
単に打ち止めの印にしか見えないぞ。

91 :91:04/11/20 12:47:44 ID:CAxY84Nb
>あれは交渉理論に非協力アプローチという新領域を開拓したが,もしサブゲーム完全均衡の
>概念が確立していたとしたら,ルービンスタインでなくてもあんたでもできていたかもしれない。

ん?完全均衡は1975年のゼルテンのペーパーで確立してるんじゃない?
非協力の交渉モデルを提示したものの完全均衡にまで至らなかったのは
ストール(1972)でしょ。

>サブゲーム完全均衡の概念が確立した時代に大学院生がそのような論文書いたら,指導
>教授は,「アイディアはいい。もっと精緻化せよ」とだけ言っただろう。

逐次交渉モデルでは完全均衡がユニークになるよね。さらに精緻化してどうするのかしら?
それともここで言う精緻化は、通常意味する解概念のrefinementとは
別のことを指している??
ルービンシュタインの業績は、当時すでに確立されていた完全均衡の概念を使って、
逐次交渉モデルという簡単かつ(ある程度)もっともらしい非協力ゲームを解いて
解の性質・および一位性を示したことにあると思う。
(割引因子が等しいときの、ナッシュ交渉解への収束も82年のペーパーで示していたん
だったっけ?それは忘れた。自分で確認して下さい。)

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 14:35:43 ID:MqNxocMD
>>91
>ルービンシュタインの業績は、当時すでに確立されていた完全均衡の概念を使って、
>逐次交渉モデルという簡単かつ(ある程度)もっともらしい非協力ゲームを解いて
>解の性質・および一位性を示したことにあると思う。


そういう技術的な評価じゃなくて、やはりナッシュ・プログラムに関連付けて評価すべ
きじゃない?(ルービンシュタインをそれを望んでいるはず。)


>(割引因子が等しいときの、ナッシュ交渉解への収束も82年のペーパーで示していた
>んだったっけ?それは忘れた。自分で確認して下さい。)


割引因子が等しくてもナッシュ交渉解には収束しないけどね。

93 :92:04/11/20 14:36:38 ID:MqNxocMD
>>92
ルービンシュタインをそれを望んでいるはず。→ルービンシュタインはそれを望んでいるはず。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/20 16:27:54 ID:koyqFFJ5
たとえ話に突っ込むなよ

95 :83=84です:04/11/20 20:17:03 ID:Gpp+H2/a
>>91
>ん?完全均衡は1975年のゼルテンのペーパーで確立してるんじゃない?

確かに知られてはいたが,「確立」と呼べるかどうか。Rubinstein 1982 が footnote 2 で
"the perfect equilibrium concept has been 'disappointing' "と書いたことから判断して,
当時はまだ「展開形ならまずは(subgame) perfect equilibrium を考えよ」というのが当たり
前というほどではなかったのでは。まあ,概念が確立していなかったとしても確かに91の批判は
妥当なので,ここはたとえ話ということで許してくれ。

言いたかったのはその概念が学部レベルのテキストに載るくらい浸透してたら,そこの君でも
梶井&松井本に説明してあるレベルのルービンシュタイン交渉モデルくらいは作れるんじゃな
いかということ。そしてその程度じゃ博論としては(あるいはジャーナルにアクセプトされるには)
弱いから,たとえば(Rubinstein のやったように)選好のクラスをあるていど広く取るとか無限繰
り返しのあつかいをきちんとやるとか,数学的にも精緻なものにせよということでした。(均衡概
念を refine せよという意味じゃない。)

ルービンシュタインの業績の評価については,91, 92 と意見は大差ないです。人間の合理性
の限界をモデル化するために機械を持って来たり,彼の発想はおもしろい。アイディアの面白さ
が技巧と結びつけば文句はないが,技巧だけでもかなりいける,技巧がなければ話にならない,
というのが先の記事の趣旨。

96 :91:04/11/21 10:32:26 ID:estHHiQv
>そういう技術的な評価じゃなくて、やはりナッシュ・プログラムに関連付けて評価すべ
>きじゃない?(ルービンシュタインをそれを望んでいるはず。)

何を指して「技術的」といっているかは分からないけど、割引因子の大小が
均衡における取り分に非常に影響する、先手の方が有利である、その有利さ
も取引のインターバルが短くなるとじょじょになくなっていく、といった
「解の性質」は重要でしょ?これはちっとも技術的じゃないと思うけど。

あと、ナッシュ解への収束はルービンシュタインではなくて、ビンモアが87年
に初めて示したようです。ということで、彼自身がナッシュプログラムを意識
して82年の論文を書いていることはあり得ない。(何か協力ゲームの解を実現
させるために逐次交渉ゲームという非協力ゲームを考察してのではない)
ルービンシュタインが望んでいるはずって書いてあるけど、何か根拠があるの?

>割引因子が等しくてもナッシュ交渉解には収束しないけどね
???収束するよ。
上で言及したビンモアの論文でもいいし、交渉理論のテキストでもいいから
読み直してみたら?(ビンモアは非対称ナッシュ交渉解なるものを持ち出して
割引因子が非対称な時は、その非対称ナッシュ解に収束するという議論をしてる。
特殊ケースとして、対称な場合でのナッシュ交渉解への収束を述べてるよ。)

97 :91:04/11/21 11:12:02 ID:estHHiQv
>Rubinstein 1982 が footnote 2 で
"the perfect equilibrium concept has been 'disappointing' "と書いたことから判断して,
当時はまだ「展開形ならまずは(subgame) perfect equilibrium を考えよ」というのが当たり
>前というほどではなかったのでは

その部分の脚注は、完全均衡ではしばしば均衡がユニークに定まらない
ということへの失望だよ。とりわけスーパーゲーム(今で言う繰り返し
ゲーム)では広範な利得の組み合わせが実現できてしまうため(「フォーク
定理」)この問題が深刻だ、ということがここでの趣旨。
ていうか、文脈から明らかだと思うんだけど。。。
(翻って自分のモデルでは完全均衡がユニークになる、凄いだろーーオマエら。
というのがルービンシュタインの言いたいことw)

完全均衡が知られていなかったのではなくて、十分知られていた(少なくとも
ゲーム理論化の間では)からこそ、複数均衡の問題が深刻だったのだと思う。

いろいろツッコんだけど、ルービンシュタインの発想が面白いことには同意。
ところで電子メール・ゲームの論文は読んだ?アレは面白かったっす。
ルービン御大のハイパーボリック批判もシビれる。QJEへの怒りはまだ醒めて
ないみたいだしw(いまだにHPにrejection letterのっけてる!!)

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 11:40:01 ID:rfBF8gKF
>>96
>>割引因子が等しくてもナッシュ交渉解には収束しないけどね
>???収束するよ。

しない。まあ、人の言うことをちゃんとチェックもせずに否定して、
偉そうにダラダラと他人の業績述べる暇あるなら、ちょっとは手を動
かして主張の真偽を確認するくらいのことはしてね。ちなみに、その
反例は岡田章の『ゲーム理論』の283ページに載ってるから見てね。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 11:56:52 ID:kc113bRu
いや、してるじゃん

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 11:59:34 ID:kc113bRu
いや、してないな。ごめん

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 11:59:36 ID:rfBF8gKF
>>99

割引因子が1に近くない場合はしてないでしょ?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 12:00:37 ID:kc113bRu
おっしゃる通りです

103 :91:04/11/21 12:53:24 ID:iDYE3cv0
>割引因子が1に近くない場合はしてないでしょ?
何のことを言っているのか意味が分からないけど、「ナッシュ交渉解に
収束する」とは「割引因子を1に飛ばした時に、完全均衡解がナッシュ
交渉解に収束する」という意味だよ。
割り引き因子を固定した時に取り分がナッシュ交渉解に一致しないのは
当たり前。 ビンモアは割引因子が共通の場合はそれを1に飛ばした時に
極限としてナッシュ交渉解が得られることを主張してます。
収束の意味も理解せずに的外れなツッコミしないでね。

ちなみに岡田さんのテキストもみたけど、効用関数が線形のケースしか
扱ってないじゃん。これじゃあ、そもそもナッシュ交渉解への収束は言
えないでしょ?(1/2,1/2)の分割はナッシュ交渉解の特殊ケースであって
ルービンシュタインモデルの解が(1/2,1/2)に収束したところでナッシュ
解に収束するとは言えない。(例えば、交渉解として有名なカライ=
スモルデンスキー解も線形効用のケースでは(1/2,1/2)も与えるよね)

>偉そうにダラダラと他人の業績述べる暇あるなら、ちょっとは手を動
>かして主張の真偽を確認するくらいのことはしてね
自分は岡田章を引用しておいて、勝手なもんだね。
しかも、線形のケースの均衡利得なんて学部生でも解けるじゃんw

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:22:47 ID:rfBF8gKF
>>103
>何のことを言っているのか意味が分からないけど、「ナッシュ交渉解に
>収束する」とは「割引因子を1に飛ばした時に、完全均衡解がナッシュ
>交渉解に収束する」という意味だよ。


それだと君の言ってる「割引因子が等しい」っていうのは意味ないよ。結局、
割引因子を1に飛ばすってのが重要ってことになるんだから(結局、これが
正しいんだけど)。

あと、君の主張は一般的なケースを述べているのに、特殊ケースの時は成り
立たない云々いうのは議論としておかしいのに気付いてる?

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:33:15 ID:rfBF8gKF
>>103
>ちなみに岡田さんのテキストもみたけど、効用関数が線形のケースしか
>扱ってないじゃん。これじゃあ、そもそもナッシュ交渉解への収束は言
>えないでしょ?(1/2,1/2)の分割はナッシュ交渉解の特殊ケースであって
>ルービンシュタインモデルの解が(1/2,1/2)に収束したところでナッシュ
>解に収束するとは言えない。(例えば、交渉解として有名なカライ=
>スモルデンスキー解も線形効用のケースでは(1/2,1/2)も与えるよね)


岡田章の本の例だと(1/2 ,1/2)がナッシュ交渉解になっている。それで、
君の提示した条件「割引因子が等しい」場合でも、割引因子が1に近く
なければ、非協力交渉ゲームの均衡点と(1/2, 1/2)は一致しない。ただし、
割引因子を1に近付けることで非協力交渉ゲームの均衡点は(1/2, 1/2)に
収束していく。ただし、この場合「割引因子が等しい」場合でなくとも
両方のプレイヤーの割引因子を1に近付けることで、非協力交渉ゲームの
均衡点は(1/2, 1/2)に収束する。

結局、言いたいことは君の述べていた「割引因子が等しければ」という条
件は重要ではないということ。「割引因子を1に近付ける」というのが重要
であるってことで。まあ、単なるイチャモンと言っちゃえばそうなんだけど。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 13:42:03 ID:rfBF8gKF
>>103
もうそろそろ寝るので何かあれば明日に返事します。
無視しても怒らないでね。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/21 14:54:55 ID:VHAQE4py
周りの仲間と議論しなよ

108 :91:04/11/21 15:19:16 ID:iDYE3cv0
>結局、言いたいことは君の述べていた「割引因子が等しければ」という条
>件は重要ではないということ。「割引因子を1に近付ける」というのが重要
>であるってことで。

異なる割引因子を持ってきて両方を1に飛ばしても、均衡は一般にナッシュ交渉解には
収束しないよ。
例えば【δ_i=exp[-r_iΔ]】としてΔを0に飛ばすと(これは両方の割引因子が1に収束
することを意味します)、均衡において1の取り分はr_2/r_1+r_2となって1/2にはな
らないよ。
(δに上のrの式を代入してロピタルの定理を使えば簡単に導けます)
ということで、「等しい割引因子」を「共に1に飛ばす」のが収束先でナッシュ
交渉解を得るための必要条件です。共通の割引因子という条件は重要でしょ??

>あと、君の主張は一般的なケースを述べているのに、特殊ケースの時は成り
>立たない云々いうのは議論としておかしいのに気付いてる?
僕は、岡田さんのテキストのような「特殊ケース」で均衡解が(1/2,1/2)に収束しても、
「一般に」ナッシュ交渉解に収束するとは言えないよ、という当たり前のことを言って
いるだけ。あなたが何に噛み付いているのかさっぱり分かりません。

あと、前にも言ったけど、僕はそもそも91でナッシュ交渉解への「収束」を
問題にしていて、割引因子が1よりも小さいケースは言及してないよ。
「共通の割引因子を1飛ばした時にナッシュ交渉解に収束する」という91での僕の
主張に対して割引因子が固定されたケースを持ってきても反論にも何にもなってな
いことが分からないの?

109 :Jr.Dr.御手洗 ◆D40DF2GGkg :04/11/21 17:44:57 ID:Kj+v/zq3
スティグリッツの入門経済学が現在600円!!!
今日がオークション締め切り最終日だよ!!
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k11030742

110 :83=84=95:04/11/22 16:53:09 ID:PrzURMvU
>>108
>異なる割引因子を持ってきて両方を1に飛ばしても、均衡は一般にナッシュ交渉解には
>収束しないよ。

この点は勉強になった。これで108 対 105 の議論は 108 の勝ちか?
しかし君たちは同じ大学の院生同士じゃないのか? 
それとも東大対京大あたりだろうか。

電子メールゲームは面白いと思った記憶はある。元ペーパーを読んだのか,
Osborne-Rubinstein テキストで読んだのかは忘れたが,相手が受け取ったかどうか
確信がもてないというやつだったよね。


111 :91:04/11/22 18:29:07 ID:zQPiBnPB
>しかし君たちは同じ大学の院生同士じゃないのか?
そういうアナタはどこの所属なんですかw?
僕は東大でも京大でもないですけど。。。
105がどこの学生でもいいけど、自分の勘違いからイチャモン付けて
来たクセに訂正も何もないとちょいカチンとくるね。まあそれが2ch
なんだろうけどさ。

>電子メールゲームは面白いと思った記憶はある
ちなみに↓
何回メールが送られても(どれだけ知識の階層が共有知識に近づいても)
共有知識のケースと異なる結果が導かれるため、知識の階層に関する非連
続性がみられる、というのが彼の示した成果です。
ただ、この結果はルービンシュタインモデルの
・構造(自動的にメールが送られるため、当事者はメッセージを送るか
否かを決定できない)
・何をもって共有知識に「近い」というか、の定義
に強く依存することが知られています。
もしこの辺の解説に興味があれば、
Larry Samuelson(2004) "Modeling Knowledge in Economic Analysis"
J of Econ. Literature
を参照して下さい。この分野の最新サーベイで、よくまとまってると思います。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/22 19:12:57 ID:f7PSfaUu
議論を勝ち負けで判断するようじゃ
一流の研究者にはなれませんよ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 05:22:40 ID:L2awQKZe
91も105も海外の院生だろ。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 05:25:45 ID:t7r5Wtbk
ゲーム関係で次にノーベル賞取るとしたら誰でしょうか?
部外者から見たら、ゲーム論の世界は全くわかりませんので。

115 :83=84=95:04/11/23 08:22:56 ID:J3Nf65GM
>そういうアナタはどこの所属なんですかw?

発言レベルからして,一流のゲーム理論家と見誤られる可能性はないだろうけど・・・
Econometrica, GEB, IJGT のいずれにも載せたことがない,つまらん一介の浪人です。
安心してくだされ。レフリー歴は5-10本のレンジだから,90の言う「学位もらったら研究停止
している連中がどれだけいることやら・・・。単に打ち止めの印」の PhD ほど酷くはないです。
IJGT だったら投稿すれば載ると確信はしてます。

105 は発言レベルは国内だと思うが,寝る時間がな・・・

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/24 00:12:54 ID:+xa19eqF
まぁ、その、なんだ
ゲーム理論って
自分と相手(複数人)がいて何か取引とかをするときに相手の立場にも立った上で
自分がどれだけ得することができるか
っていう認識でOK?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/24 06:09:33 ID:Tax+LWoI
>>116
「相手の立場に立つ」というのにふたつ意味がある。
「相手の立場を考えて公平に」という視点なら,協力ゲーム理論。経済学では主流ではない。
こっちがこう出ると相手はこう出るはずだと「相手の立場」に自分を置いた上で
思考を巡らせて,あくまで自己の利益だけを考えるのが非協力ゲーム理論。
こちらが経済学では主流。
ただし相棒とべつべつのところに行くよりは,多少好みに合わなくてもいっしょに行けた
方がいいという具合に,「自己の利益」の解釈には幅がある.テキストを見てくれ。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/24 13:47:22 ID:DJiquFxh
主流・非主流の使い方がよくわからないぞw

119 :116:04/11/24 14:00:59 ID:+xa19eqF
>>117
ありがd

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/25 11:24:31 ID:s6XEBlus
一次元の不動点定理を中間値の定理を使って証明したいんですけど、分かりますか?
詳細キボンヌ。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/25 11:31:41 ID:+dmhZBrT
こことか参考にならないかな。っていうか、ゲーム理論の話じゃないしw

ttp://www.math.nagoya-u.ac.jp/~kanai/2002tenboII/notes.pdf

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 20:04:09 ID:2NXe/VAh
>>120
a,bを実数、f:[a, b] → [a, b]を連続関数とする。するとa ≦ f(x) ≦ b.
g(x) = f(x) - x とおけば g は連続で、g(a) = f(a) - a ≧ a - a = 0,
g(b) = f(b) - b ≦ b - b = 0 で g(a) ≧ 0 ≧ g(b). どちらか等号が成立
すればそれが不動点。そこでg(a) > 0 > g(b)とすれば中間値の定理でg(x)=0
となるxがある。証明終わり。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/29 15:22:25 ID:U4lg/c26
91さんに概ね同意ですが、ちっちゃな脚注を付けさせてください。
>>108
>「等しい割引因子」を「共に1に飛ばす」のが収束先でナッシュ
>交渉解を得るための必要条件です。

「必要」じゃなく「十分」の間違いだと思う。
91さんの言うように、
異なる割引因子の両方を1に近づけるだけでは十分ではなく、
収束のスピードが大事なんだけど、
割引因子が全く等しいってのは、条件として少し強すぎる。
厳密に δ1 = δ2 を満たしつつ1に近づけなくても、
同じぐらいのスピードで近づけてもいいよね。
(「同じぐらいのスピード」をどう定義すべきなのかは、僕はよく知らないです。
(1-δ1)/(1-δ2) -> 1 として定義すると必要十分になるのかなぁ…)

124 :91:04/11/30 02:46:21 ID:iOZl9Sxm
>「必要」じゃなく「十分」の間違いだと思う
ごもっとも。

>(1-δ1)/(1-δ2) -> 1 として定義すると必要十分になるのかなぁ
なりそうですね。

125 :123:04/11/30 04:53:14 ID:M4SDVKLU
せっかく優秀な方々がそろっているみたいなので、
ルービンシュタイン論文の位置づけについて教えてください。

1. 均衡が一意となるような非定和無限期間ゲームの例を初めて提示した。
2. 非協力ゲーム的交渉モデルの創始者ではないが、無限期間モデルへの拡張を通じて、モデルのメジャー化に貢献した。

で正しいのでしょうか?
これ以外の視点からの捉え方はありませんか?
ナッシュプログラムに関しては、91さん(>>96)によると、ビンモアに帰するべきである、とのことです。

もし1の反例(ルービンシュタイン以前の例)をご存知の方は教えてください。
ルービンシュタイン以降の例としては、Lagunoff&Matsui (1997)などがあると思います。

126 :91:04/11/30 05:38:10 ID:l7Fpc05Y
>>125
>非協力ゲーム的交渉モデル
「逐次交渉モデル」として方がよいかと思います。
(ちなみに非協力ゲーム的交渉モデルの創始者はナッシュ(1953)=需要ゲームだと思います)

あと、解の比較静学を通じて交渉力を説明したという点も重要だと思います。
割引因子と取り分の関係とか、先手と後手の取り分の関係はストールモデルでは曖昧
にしか言えていなかったハズです。
(例えば、有限回だと先手・後手の取り分は回数が偶数・奇数であるかによって変わっ
てくる)
また、有限回の交渉というモデル自体の解釈もちょっと不自然(ある期に確率1で交渉
が終了するという状況は現実にはあまりないと思われます)なので、無限回の交渉という
モデル自体が十分意味のある拡張とも言えるかもしれません。

【オマケ】
ルービンシュタイン(1982)は交渉のコストとして割引因子モデルの他にも、各期固定コスト
がかかるモデルも分析していますが、そちらは全く流行ってないですねw。
非協力ゲームの解が、モデルのちょっとした構造に大きく依存するいい例(悪例かw)だと思うのだけど。

127 :123:04/11/30 15:18:16 ID:M4SDVKLU
Nash demand gameはド忘れしてました。ごめんなさい>91さんとナッシュ様

で、比較静学がシンプルになったことはどれほど評価されるべきなんでしょうか?
ストールのモデルでも一意的な均衡の陽的な表現が求まってるので、比較静学は原理的には可能です。
なんか、無限期間→シンプル、という効果の一部にすぎないように思います。

ルービンシュタイン論文は、結局のところ
「交渉力の源泉は交渉のプロトコルと割引因子である」
というテーゼに従っていて、この意味ではストールと変わるところがありません。
それなら、これ以降の研究で明らかになる「私的情報」や、
近年アブリューらによる「限定合理的なプレーヤーの存在」など、
交渉力の新たな源泉の発見といった研究のほうが、交渉力の本質に迫っているように思います。

あと、有限期は不自然ですが、無限期での定常的な交渉決裂確率も同様に不自然です。
モデルの現実性でいうと、どっこいどっこい、って感じですよね。

>非協力ゲームの解が、モデルのちょっとした構造に大きく依存するいい例(悪例かw)
そういや、分割の仕方に最小単位を定める(1円の整数倍しか契約書に使えない)ときも結果が変わるんでしたっけ?
どっちの例もKreps, Game Theory and Economic Modelling(日本語訳も出てる)に載ってた気がします。

128 :91:04/11/30 20:12:18 ID:l7Fpc05Y
>ルービンシュタイン論文は、結局のところ
>「交渉力の源泉は交渉のプロトコルと割引因子である」
>というテーゼに従っていて、この意味ではストールと変わるところがありません
まあ、モデル自体が有限・無限の違いを除けば同じなのでこれはしょうがないですね。
僕はストールの論文(というか本か)は読んでいないのですが、ルービンシュタイン(82)
でストールのモデルは取り分の決め方がDiscreteだと書いてあった気がするので、
ひょっとしたらストールで言えていなかった本質的な発見があるのかもしれません。
123さんのカキコの最後の部分にも触れられていますが、もしも最小単位がある時と
ない時で本質的な違いが出てくるのであれば、ルービンシュタインの貢献は大きく
なりますね。

>あと、有限期は不自然ですが、無限期での定常的な交渉決裂確率も同様に不自然です
正の交渉決裂確率が外生的に与えられている場合は若干不自然な気はしますが、
「交渉が決裂した時に何が起こるか」がだいたいどの期をとってみても同じ、
という状況はそこそこ現実を捉えていると思います。有限期モデルだと、これが
期間を通じてドラスティックに変わってしまうわけで、僕としてはかなり不自然
な気はします。まあ、完全に主観の問題ですけど。。。

また交渉決裂確率は0でも構わないわけであって、常に交渉を続けるか否かを
プレーヤーが決めることができるが、毎期同じ割引率で取り分を割り引くという
モデルはそんなに不自然ではないと思います。割引率の定常性に文句をつけること
もできるけど、まあそれは勘弁するということでw

129 :123:04/12/01 05:06:04 ID:6QMgHhFB
僕もストールは読んだことないので、よく分かりません。ごめんなさい。
で、できれば、プチ学説史的「誰々が何々を改良」話より、
ルービンシュタイン論文の現代に与える影響、という、
少し広めの観点から見たときの、91さんの主観的な意見をお聞きしたいです。
(まあ困ったことに、細部は細部でこれがまた面白いんですけどねぇ。)

定常的モデルへの忠誠はDPへの信頼と相まって、なんとも否定しがたいものですが、
やっぱ、定常性はモデルの簡便さから「のみ」正当化されるものだと思います。
世界はそんなに金太郎飴(どこを切ってもおんなじ)なんでしょうか?
現実性を議論したいときは、有限期、無限期の両方を調べて、結果の頑健性をチェックしますよね。
これは「どっちも同程度に現実的」という意見の現われだと思います。
もし一方が明らかに優位ならば、繰り返しゲームで有限vs無限の議論があれほど盛り上がらなかったはずです。

まとめ:
ルービンシュタインは交互交渉モデルの無限期化に対する頑健性を証明した。
この結果は、無限期モデルが現実をよりうまく描写しているからではなく、
むしろどちらがより現実的であるか不明であるからこそ、重要である。

130 :83=84=95:04/12/02 05:43:21 ID:wdN/xWeL
>>124

91の言う
>「等しい割引因子」を「共に1に飛ばす」のが収束先でナッシュ
>交渉解を得るための必要条件です。
に123は
>「必要」じゃなく「十分」の間違いだと思う
と指摘した。それに「ごもっとも」という回答があった。
たしかに「十分」であることは正しいが,91がもともと言いたかったことは,
その条件を外すと結果が成り立たなくなるということでしょう。
ものの本によれば,こういうのは「必要条件」とは言わないが,
特定の定理のなかで
indispensable な条件とか
a condition that cannot be dispensed with とか
言うようです。

131 :123:04/12/02 08:26:41 ID:xdvJp6jY
>>130
おっしゃりたいことは分かります。
僕の指摘は単純に言葉遣いの問題です。
あの話の流れのなかで、
91さんが「必要条件」という言葉で意味したかったところのものは、
僕も91さんも83=84=95さんも(多分105さんも)共有していたと思います。

ところで、88さんが質問したけどスルーされてる実験
(最後通牒ゲーム、ultimatum gameなどでググってください>>88)は、
最近はどうなんでしょうか?
理論的には、fairness系(inequity aversionとか)や
小集団の場合には進化ゲーム的なspite effectを使った説明があると思います。
北大の山岸先生だけでなく、
最近は東大の松井先生もこれ関係で実験しているようですが。

132 :91:04/12/02 12:56:23 ID:LtxWWaqb
>たしかに「十分」であることは正しいが,91がもともと言いたかったことは,
>その条件を外すと結果が成り立たなくなるということでしょう。
そうです。が、やはり不適切な表現を使ってしまった点はマズかったですね。
「どちらの条件が欠けても主張が成立しない」といった形で書くべきでした。

>91さんが「必要条件」という言葉で意味したかったところのものは、
>僕も91さんも83=84=95さんも(多分105さんも)共有していたと思います。
僕もそう思います。実は書き込んだ直後に「必要条件」と書いてしまったのはマズいな、
と思ったのですが、ツッコミが入らないようだったのでそのままにしてしまいましたw。

ルービンシュタイン・モデルに対する主観的な意見、実験に関する話はちょっと今は
書いている暇がなさそうです。(時間的余裕があってもたいしたことは書けないだろうけど)
取り急ぎ。

133 :123:04/12/02 13:52:41 ID:1rboUY88
(´・ω・`)ショボーン

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/08 23:20:53 ID:qA0ulA17
ギボンズとかあーいう本の練習問題の解説って
どこか見れるとこありませんか?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 00:48:06 ID:vS4NoFjY
早稲田の船木ってゲーム理論の研究においてはどの程度の位置にいるの?

136 :123:04/12/10 18:43:39 ID:LoWFbMUJ
>>134
知らね。
>>135
自分で判断しろ。リアルでそういう話できる相手いないのか?

137 :ごんべぇ:04/12/10 20:45:39 ID:5Lm466eV
補償ゲームってご存知ですか? 補償ゲームの仁はどうやって証明するんでしょう。わかる人いたら教えてください。
ガーベッジ ディスポーザブル ゲームの続きで、地域にごみ処理場を建設したときの Bをプレイヤーの便益、Cを処理場の建設費用としたとき
ゲームは Sが1を含むとき max(0,|S|B-C) 、含まないときは0 となります。
この結果 仁Xは nB<2C のとき Xi= B- C/n for all i となるのですか。。。この結果に行き着く経路が???
 

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/14 11:58:40 ID:WBwkz3X2
>>135
早稲田の船木さんは協力ゲーム理論の第一線にいる研究者ですよ。
いわゆる、東工学派ですね。
関西でも有名でうちの研究室でも船木さんの論文を引用することが多々ある。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 20:59:28 ID:m7BdR7Yp
ゲーム理論の大学教授でトップ7選ぶとしたら誰?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 21:34:59 ID:GcguWug3
>>ゲーム理論の大学教授でトップ7選ぶとしたら誰?

Kim JeongIl, a specialist in brinkmanship strategy (瀬戸際戦略)

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 21:39:44 ID:GcguWug3
>>ゲーム理論の大学教授でトップ7選ぶとしたら誰?

神だと思う。ユダヤ教典でもいろいろ言ってるし,アブラハムの信仰を試すとき
の戦略もなかなかのもの。アブラハムは息子のイサクを殺せるくらいの信仰が
あることが証明されたわけだが。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 21:43:25 ID:GcguWug3
ユダヤ教の聖典ではないが注釈集のようなタルムードは,ゲーム理論家の
発想のヒントが詰まっている。だが,自分は聖書は知っているが,
タルムードは読まん。日本神話にはゲーム理論ネタはないんだろうか。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 21:45:59 ID:GcguWug3
ちなみに黒澤明の「七人の侍」にはゲーム理論ネタがあります。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 23:39:16 ID:cKW9bo8W
「羅生門」にこそゲーム理論ネタがあるのでは?

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 00:06:36 ID:aK1cXQgS
なんにでもあるよ

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/21 09:05:31 ID:SMeCxYw1
わりぃ,「七人の侍」のは,公共財供給問題 or フリーライダー問題で,合理的選択政治理論
による政治学の教科書に載っていたの。有斐閣の分厚いやつ。
梶井が経済セミナー連載でやってる故事成語から見つけるやつはやや期待はずれなんで,
だれか日本神話から見つけてくれ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 18:01:22 ID:XIS1Xpjh
文学板 『比較文学?ふざけんな!』スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103703448/l50

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 00:47:06 ID:XvlhgxNk
数式を使わない入門書では
「仕事に使えるゲーム理論」阪急コミュニケーデョンズ
が一番面白かった。営利企業で働いた経験がある人なら楽しめる

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 01:41:53 ID:o4VwH+VX
>>146 梶井が経済セミナー連載でやってる故事成語から見つけるやつは
> やや期待はずれなんで,

言える。中公新書でも、気の聞いたこと書いているつもりかしらんが、
あまり例がおもろいとは思えませんでした。。尊敬はしているけど。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 01:48:37 ID:jZZHtyWE
誰でもいい!答えてくれ!
IM曲線・LM曲線を理解することをどう思う?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 03:59:30 ID:BFlPA9Rn
>>150
IM曲線ってなんですか?

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 04:10:51 ID:GD8/O2Rh
>>150
はっきりいって無駄な気がする。
もう必修でやるのは辞めて欲しい

153 :146:04/12/23 11:54:58 ID:ezTeR3rt
>>149
まあ,成功者に対する期待が裏切られるのは winner's curse として,ゲーム理論でも
知られていることだし。
梶井さんの最近のが期待はずれとか言う人が多くなったとき,彼はきっとまた以前の
ペースで Econometrica に書きはじめるんでは。
それとも今度は政府関係?にでも入り込むか。どうちらを目指すんだろうね。

154 :150:04/12/23 13:23:17 ID:jZZHtyWE
>>151
IS曲線ね。

>>152
マジかよ・・・。dクス。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 16:53:33 ID:QgdoHSp4
ゲーム、ゲームと騒がれて早15年。
今から参入しても屑テーマしか残っていないよww

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 17:23:52 ID:o4VwH+VX
>>150
なぜこのスレにかくのはわからんが、標準的ケインジアン知らんと
新聞さえ読めないから、眉唾で聞いとく必要はあるんじゃないかと
は思うが。そんな難しい話じゃないし。
(もし難しいとしたら先生の説明が下手なだけ。)

>>155 言いたいことはわかるが。。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 20:35:25 ID:gnAl4Wfc
俺はゲーム理論は応用面がまだまだだと思う。ニュースでオレオレ詐欺の分け前を
巡って仲間同士で殺し合いがあった言っていた。これは協力ゲームで説明出来ると
思うのだが誰かやってちょうだい、優秀な人。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/23 20:50:55 ID:NUfTBSet
ゲーム、ゲームと騒がれて早15年。
今から参入しても屑テーマしか残っていないよww

159 :146:04/12/29 16:34:42 ID:cP2PETxF
渡辺隆裕の図解雑学ゲーム理論はいい本です。買いましょう。
テキストとしても十分使える。買いましょう。
電車ででも読める。買いましょう。
図解雑学ゲーム理論。それはこれまでのゲーム理論の常識を超えた。買いましょう。
図解雑学ゲーム理論。これは社会科学における今世紀最大の発明だ。買いましょう。
すばらしい。買いましょう。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 23:20:31 ID:EklkO1ox
囚人のジレンマと合成の誤謬は何が違うの?

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 00:42:30 ID:G9ORCTJ4
構造は同じ。
囚人のジレンマは2×2のあのタイプのゲームを指す。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 09:38:02 ID:hqMRPuZP
ゲーム、ゲームと騒がれて早15年。
今から参入しても屑テーマしか残っていないよww

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 13:52:21 ID:3jVdBipU
>>162
どんなテーマしか残ってないの?

164 :ゲーム理論の専門家:04/12/31 15:03:29 ID:0gYnjR0k
大変なことになっている。12時間でゲーム理論の神髄をマスターできる時代が到来した!!
渡辺隆裕の図解雑学ゲーム理論のことだ!!!!!!!!!!!
これはこれまで日本語と英語で刊行されて来たあらゆるゲーム理論本と一線を画している。
著者と編集者そしてイラストレーターとのコラボレーションの成功は世界に類をみないものだ。
McMillan, Dixit,梶井といった一般向け啓蒙書の本質が理論を犠牲にすることなく再現されている。
数学を使いこなせるひとがこれを読めば,すぐにでもゲーム理論のトップジャーナルの記事を
読みこなせるようになるのはまちがいない。
武藤の日経文庫の非協力ゲームの部分もこれによって乗り越えられた感が強い。
図解雑学ゲーム理論。それは社会科学の定義を書き換えてしまうほどの驚くべき一冊である。


165 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 15:15:58 ID:cXw5Jvbn
なんで今更
非協力ゲームなんだぁ?
協力したらお終いだよ。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/01 17:14:52 ID:pX4QXFwG
>>164
なんでこんな口うるさそうな連中が多い過疎板で啓蒙書の宣伝を?

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/05 08:31:17 ID:wMm/Vnv7
それより契約理論はゲーム理論に入るのかということだ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/06 22:11:55 ID:be2vmqpE
ゲームって試合だろ?
だったら、協力するゲームは八百長じゃん!つまんない。


169 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 16:36:53 ID:Rxv5vN2i
ゲーム理論の発明者って京大教授だっけ?・・・・

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/26 22:26:55 ID:v+J+Ovvz
そうです。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 01:06:55 ID:txjjrBmX
>>170やっぱりそうか。ありがとう

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 08:14:49 ID:H6l+C5jm
ゲームは協力したらお終い
(__)。。ooOZZZZ

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 22:05:33 ID:yw25Xt/L
勝手に協力を否定するなよな
(ノ`◆´)ノ 〜┻━┻

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 23:23:08 ID:IASt9Xby
英雄ゲームってどんな状況なんですか? 教えてくださいえらい人

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 01:04:31 ID:ocS5kveG
>>169-171
どういう意味?ノイマンじゃないの?

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 01:06:26 ID:F839W5kG
100テキトー

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 16:16:57 ID:3sW6Htgk
tit for tatを無数のプレーヤーに強制出来るのに
どちて協力を強制出来ないのでつか?

どちて
tit for tatが社会にとって望ましい
という前提に立つことが出来るのでつか?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 16:26:29 ID:faY3f8Y9
そもそもゲームのルールを勝手に決めるな!勝手に参加させるな!w

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 10:49:04 ID:jJvgmrD7
ゲームの前提は現実の経済の前提に適合しなくてもよいとする根拠を、
是非、ご教示下さい。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 11:21:05 ID:l1M7OsBP
マァマァ
ゲームの結果でなく前提(ルールの設定)の妥当性をどうやって検証するのか、
と聞けばいいんでしょ?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 15:18:55 ID:MaWfmngT
ゲームのような超マイクロ経済学では、
個としての人間の本質に適合しない前提はナチュラリティーに欠ける。
TFTが人間の本質に適合するとはとても思えない。
現に暴力の応酬や猿真似は忌み嫌われている。
もしくはすぐ飽きられる。

結果とし分離直接利得が大きいことが分かっても、
その手段を採用すること自体が全利得の多寡に影響を与える。

それでも適合すると主張するのなら、ちゃんとした根拠を示せ!

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/09 20:37:38 ID:ujuDK128
利得表を勝手に作るなw

外生的な利得表に依存して戦略が選ばれるのではなく,
不定の利得を伴う新しい戦略が常に生み出され,
その不定の利得を確定するために様々な戦略が試されるのだぞぉー

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 00:42:44 ID:Iv6HGy5Y
プレイの歴史によって利得表自体が変化する、とか、利得が確率変数で
試行錯誤しながらプレイヤーが確率分布を推定していく、とかいうような
研究はないの?専門じゃないからよく知らんのだけど。

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 09:34:47 ID:BJUCrcFP
利得は確率変数ではなく決定変数

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 21:48:16 ID:WkPVF5B1
なんで確率変数じゃダメなの?

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 08:28:39 ID:PopzAHhV
N人が多数のとき
tit for tat(TFT)各人同質性という前提の合理性の根拠をご教示下さい。
強制以外の合理性は有るのでつか?

>>184
決定変数だからなのでは?

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 14:53:41 ID:3W7mcyhZ
フィッティング・ゲームてなんでつか?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 17:39:01 ID:V+S3aPIN
利得表の各要素がマルコフ過程に従って変化するとか

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 18:47:57 ID:KCncGpfL
>>188
stochastic gameですな

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 20:55:23 ID:EEaimb7u
>>187
フィッシィング・ゲームてなんでつか?

>>189
stochasticでなくなるよう大いに努力したまえ!



191 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/12 09:03:27 ID:x0lE/mIY
トロイの木馬を何匹まで飼うことが出来るか?・・・現在百匹だよ〜ん.
マルコフ過程といたって所詮遷移行列(推移行列)だろ・・・古い!古い!

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:14:24 ID:DbEr0mAO
ゲームに熱中すると・・・
無意識のうちに敵対者を作り上げるクセがつくようで
挙句の果てに現実と仮想の区別がつかなくなって...

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:38:51 ID:GEIzMOny
イランにしてもイスラエルにしても
暴力の応酬が敗者しか生み出さなかった現実があるにもかかわらず、
tit for tatがどちて有効な戦略と位置づけられ、考察される必要があるのでしょう?

進化ゲームなのに戦略が進化しないのはどちてでつか?


194 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 22:54:55 ID:aCHLEgfz
囚人でもないのに勝手に牢屋に入れるな!

罪人でもないのに勝手に囚人にするな!

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:13:22 ID:BJi2snWN
ゲーム理論を学ぶにはどの程度の数学的知識が必要ですか?微分積分と線形代数で間に合いますか?

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:21:21 ID:Zxo9UYtb
人間は下等動物だから毎度同じ過ちを繰り返すのだと思われ。。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/16 23:30:13 ID:E6ewAs1N
同じゲームを無限回繰り返して飽きません?

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 00:18:22 ID:ClM4ED+5
   ┠┬┐  ┌┬┐      ┃
   ┠┼┤┌┼┼┼┬┐  ┃   ┏ NEXT┓
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┐┃   ..┃      ┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ┃┌┬┐┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┃├┼┤┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ┃└┴┘┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┃      ┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃   ..┗━━━┛
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃    . . .... ..: : :: :: ::: :::::: ::::
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃         Λ_Λ . . . .: : :
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃        /:彡ミ゛ヽ;)ー、 . ::
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/:: ヽ、ヽ、 ::i . .::
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃       / :::/;;:   ヽ ヽ ::l .
   ┠┼┼┼┼┼┼┼┼┤┃  ̄ ̄ ̄(_,ノ  ̄ ̄ ̄ヽ、_ノ ̄ ̄
   ┗┷┷┷┷┷┷┷┷┷┛              終 了

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/17 08:43:41 ID:9weg6YjP
有限時間なのにどちて∞回対戦できるのでつか?

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:35:12 ID:apbvRcBZ
この2,3日、イチゴの方が盛り上がっているので、リンクはっておこう。
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0182/L50

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:35:52 ID:apbvRcBZ
ついで、age

202 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 02:38:23 ID:apbvRcBZ
こっちもよろしく。
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0990/L50

203 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 08:25:16 ID:65nTwLF/
ゲーム理論の専門雑誌なんて目を通しているのか?
game and economic ???

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 10:32:01 ID:3r10CNjK
Myerson(1991)ってスゴイでつか?

205 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 13:58:37 ID:LnduGOis
うん

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 17:00:14 ID:j+LMPn3K


207 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 17:51:06 ID:UKgv0QPr
>>200
一方は熱心な勉強家が食いついていて、非常にいい感じ。
もう一方は無理解だけど理解しているつもりの奴が、
ろくな説明もせずに毒づいている。

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/18 21:04:46 ID:gE/2AjFn
経済的に合理的な仮定を発見することの出来ない人は、
いつまで経っても示唆力のある結論にたどり着くことが出来ず、
その虚しさから、やがては経済学から離れて逝くことになるでしょう。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 02:16:48 ID:7wkoE3yb
>>207
あれ?それは、>>200じゃなくて>>202の話?2つあるよ、ゲーム関連スレ。

>>202の方はダメだね。明らかに理論で話ができないやつが自分の主張を
説明できないくせに一般論に議論をもっていこうと毒づいているだけ。
でも自分では理解していると思っている。

>>200の方は、どうやら王手かけまくられて結論でた悪寒。

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/19 09:02:30 ID:gCGl+TK9
そう思いたいようだねw

211 : :05/02/21 18:04:49 ID:otE40PyF
↓これって初心者でも読めますか?

ゲーム理論入門 鈴木光男 共立出版
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4320017250/

ゲーム理論で解く 中山幹夫・船木由喜彦・武藤滋夫 有斐閣
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641086532/

212 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/21 20:50:42 ID:SES9jm2o
読んじゃダメ

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 09:44:57 ID:17ypp3b7
俺(院生)わりとこの本好きだけど。

ゲーム理論で解く 中山幹夫・船木由喜彦・武藤滋夫 有斐閣
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4641086532/

俺の場合はひととおりゲーム理論勉強してから読んだんだけど、
理論の応用の具体例が沢山載っていて楽しかったよ。
初心者でも、ゲーム理論でこういう分析ができるんだ、っていうことが
わかって、動機付けになると思う。

何故だか知らんが日本語下手だけどね、この著者のみんな。


214 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 11:12:08 ID:alIwfUQn
これ、もう少しカバーデザイン考えた方がいいんじゃないか。
http://images-jp.amazon.com/images/P/4535553122.09.LZZZZZZZ.jpg

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 17:21:10 ID:alIwfUQn
ゲーム理論の新展開 今井晴雄・岡田章 勁草書房
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326502274/

これすげー面白そうだけど、数式だらけなのだろうか。

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 19:21:42 ID:2nu4R9Uq
まあ、数式は多いけど読めなくはない。
面白そうだと思ったら挑戦してみては。

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 22:31:37 ID:3/KHuTjQ
アメリカでは1990年前後にゲームの教科書が多数出版され,ブームが去った.
日本も同様に2000年前後に多数の教科書が出版されたから,ブームが去った.

ということは,
今アメリカで流行している分野が,2010年頃日本でブームになる.

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 07:00:35 ID:gUrO3weV
>ゲーム理論入門 鈴木光男 共立出版

は低くないレベルの教科書だけど、学部上級か院初級レベルの学生同士で
勉強会するには適当だと思う。俺も最初はこの本をゼミで使った。
ゲーム理論の基礎の基礎が学べる。

知っていると思うけど、鈴木さんは東工大の名誉教授で、同校はそれで
上の著者たちのようなゲーム理論の一大人脈となっているって、そういう人。

ttp://hpcgi2.nifty.com/katsura34/hatena/hatenaman.cgi?action=view&disppage=1&no=595

219 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/24 13:27:19 ID:uz2kqzVG
協力ゲーム理論家だから嫌う人もいるけどね(ex.212)

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 05:20:23 ID:FckMkcuS
確かに上の教科書も後ろの方の協力ゲームのくだりは読まなかったけどね。
いまさら「仁」とか経済学には関係ない話だし。

まあ、この方の功績は日本にゲーム理論を根付かせて若手の研究者を
育成したことだろうな。

あと、ホームズとモリアーティのくだりは、推測的変動を理解できない
で困っている初心者にはぜひ読んでもらいたいところ。

221 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 08:39:31 ID:9ROaSQqa
tit for tatってモノマネでしょ。モンキッキ−でつか?

モノマネとか違法コピーとか剽窃とか。。。ww

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 11:55:57 ID:v/uYdEDa
>>ゲーム理論入門 鈴木光男 共立出版
>は低くないレベルの教科書だけど、学部上級か院初級レベルの学生同士で
>勉強会するには適当だと思う。俺も最初はこの本をゼミで使った。
>ゲーム理論の基礎の基礎が学べる。

鈴木光男系の本で「勉強する」のは、非効率だからやめた方がいいよ。
古いっていうのは、それだけでマイナスポイントだ。

もちろん鈴木光男先生は偉い人だし、尊敬するけどね。
御本も趣味で眺めてみるのは趣きがあってよい。
だけど学習用のテキストとして用いるのは ア ホ だ。

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 14:50:59 ID:rv/w0VKX
アホはモンキッキ−w


224 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/25 15:00:23 ID:9HNO4Fx5
経済的に合理的な仮定を発見することの出来ない人は、
いつまで経っても示唆力のある結論にたどり着くことが出来ず、
その虚しさから、やがては経済学から離れて逝くことになるでしょう。

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 17:52:50 ID:3+0JHhyp
自分ではゲームのつもりでも、傍から見れば滑稽。


226 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/27 17:55:46 ID:3+0JHhyp
それはエゴ・ストラッグルという列記とした精神病らしいですぜ.

227 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 00:30:50 ID:2zOR8zeF
ここは低レベルの煽りばっかりで議論にもならんね。
つーか、↑こういうの書いてるのってどういう動機からくるの?
「ゲーム」という言葉を見ただけでなんかハッスルして無知だけど
思いついたこと書いているだけか?

それはともかく、苺の近況。こういう話がこっちでもできればよいのだが。
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0990/L50

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/01 08:02:23 ID:fh93on2Y
なに言ってんだ.質問に正面から答えようとせず,スライスしてばっか.
AでなければBでない、BでなければCでない、CでなければDでない、、、を延々続けているだけじゃん.

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 03:42:01 ID:xEP2A+Fb
>>228
むこうでも叩かれてるけど、何を指して何がいいたいのかさっぱりわかりません。
それは苺のスレに対すること?このスレに対すること?まさか両方のスレに
対する批判をまったく同じ文句で繰り返してるだけ?(笑)

コピペじゃないとしたら、現実でも他人と同じ言葉で対話することができない
可哀相な人なんですね。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/02 03:56:00 ID:xEP2A+Fb
つーか、コピペじゃないとしたら、同じ言葉を使いまわすしか能がないのか。
苺経済と2ちゃんは地続きなんだから、両方見てる人はすぐわかっちゃうのに。
恥ずかしいとかみっともないと思わないんだろうねえ(笑)。う〜ん、わからん。

http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0182/297/

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 09:53:01 ID:wMQa9MgY
>>87
>竹田


いまちらちら見てるとこだけど、はりきって批判しようとしてる割に空振りしてる気がする。


232 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 20:24:30 ID:5Wfpci9G
スライスしてストライク・ゾーンになかなか入らないw

233 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 08:38:06 ID:2rW3fX7+
ギボンズを一冊読んだ後、灯台松井さんの「慣習と〜」を読みすすめたんでつが…行き詰まりますた。
社会現象を数式化するために、お薦めの入門参考書ってないでつか?
数学力が足りないのかな…orz

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 11:16:24 ID:KydWlvN4
ギボンズを読んだら,あとは自分でゲームツリー描いてモデルを作ればいいじゃん。

数理社会学もあるが,合理選択ではなくてまったくの恣意的なモデルが多いのでまったく薦められない。
読むならばゲーム理論に基づいた応用分野の本を読めば。政治とか法律とかいろいろあるし。

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 11:18:58 ID:KydWlvN4
あと,非協力ゲームは自分に向かないと思うなら,協力ゲームを勉強するのもいい。
モノの分け方を決めるとか,規範的な話が多い。武藤の入門書の後半,あるいは
船木のエコノミックゲームセオリーあたりがおすすめ。

236 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 11:31:33 ID:CTfpLa/J
スレ読んだ感想。なるほど文系の人はこういう風に理解するんだなー


237 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 12:48:50 ID:lT4+DtdP
>>236

>>194これのこと?

238 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 14:28:59 ID:57d9fK8i
>>233
どういう風にいきづまったのかな?

239 :233:05/03/09 17:37:35 ID:AJMhisJj
>234、235
参考にします〜dクスです。
規範的な話が気に入りました。

>238
全般的に定理の証明がわからなかったです。
たとえば8章の進化論的安定戦略で、漸近的安定とESSは一致するとかありましたが、証明を読んでもお手上げ…
あと10章の異文化との接触で、局所的リプシッツ条件のくだりとか…一応微分方程式は習ったことあるんですけどねorz
KMRは確率論を習ったことがないからよくわからないのかなと判断しました。
記号の使い方が…アレルギー反応起こしました。

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/09 22:20:05 ID:p85o3B8i
>>239
ESSは古い概念なので漸近安定を押さえておけば大丈夫。
リプシツ連続の話は本気でやるとかなーり厄介なので
一意性の十分条件を信用して進むのが吉。
KMRはマルコフ連鎖でおけなので、見掛けほど難解ではない。
証明はかっこにいれてとりあえず読破しあとでゆっくり
考える手もある。


241 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 12:42:04 ID:LzdEohH8
繰り返しゲームでよい参考文献ってありますか?

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/10 13:18:20 ID:3S9ykKsz
>240
…他の文献読んでからまた戻ってくることにしましたー。

武藤さんの本はわかりやすかた。

243 :234, 235:05/03/10 22:23:38 ID:PGCxDgG2
>>238 >>240 は松井さんか?
>>239
松井さんの規範はモデルのなかで内生的に決まる慣習かな。
協力ゲーム (公理的)アプローチでいう規範はルールにたいする要請 (条件) で,
モデルの外で研究者が決めて公理の形で表します。
その要請を満たすようなルールがあるかどうか,あれば
さらにちがう公理を満たすものがあるかどうか,と絞って行く。

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/11 09:40:32 ID:rMUYc/kl
Game Theory: Analysis of Conflict
by Roger B. Myerson
Paperback: 568 pages
Publisher: Harvard University Press; Reprint edition (September 1, 1997)
これでも読みなよ。

245 :234, 235:05/03/11 21:34:59 ID:0FiekTfl
>>244 の Myerson は読みにくいぞ。

>>243 に書いた以外の規範へのアプローチとしては,たとえば「法と経済学」がある。
他の分野ではあまり採用されてこなかった効率性とかインセンティブといった視点から
その分野の規範的な問題を徹底的に考え直すという方法。それまでは個人の意見の表明と
いった感じの仕事が多かった分野では,この方法はなかなかインパクトがあった。

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/12 13:42:58 ID:OthqUH5f
それは面白いかもな

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/15 20:07:36 ID:D6fNWgsl
事情あって
Game Theory: Analysis of Conflict (Roger B. Myerson 1997)
にしました


248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 13:08:02 ID:2G2lwS4+
市場均衡理論の閉塞性が語られて久しい。現在のゲーム論の状況も、市場均衡理論とは
違う形であるが、やはり閉塞的だ。どこにその閉塞性があるのか? 同じ数学的形式に違う
解釈を与えても、殆ど同じ数学的分析を繰り返す。すでに現在のゲーム論の数学的構造は、
新しいアイデアを与える力を失った。同じ構造に少しだけ異なる体裁を着せ、多くの論文
が書かれている。それらはあたかも産業廃棄物の山のようだ。それらは視界を遮り、ゲー
ム論本来のフロンティアは姿をみせない。誰もがそれらをひっくり返したり、耕したりで、
その先を見たいと思わず、あるいは“その先”という概念すら持たない。

249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 13:10:02 ID:o82cCr1S
>>248
「そのとき僕の股間に・・・」まで読んだ

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/30(水) 13:31:22 ID:2G2lwS4+
現在のゲーム論の枠組みは、未だノイマンの「ゲームの理論」のスコープの中にあ
る。昔ゲーム論の人口が少ないころ、そのスコープは十分に大きかった。しかし、人口が
増え、すでにノイマンが与えたスコープのなかの人口密度はあまりに大きく、どこをみて
も殆ど同じ繰り返しだ。

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 08:44:30 ID:TbwegqS+
日本でのゲーム論ブームは1990-95年だったと記憶しているが。。。
アメリカでは1980年代がブームで,
それらの業績を教科書としてまとめたKrepsのA Course in Micro....(1990)
が出版された時点でブームが去った.

日本人はこの教科書を読んで,遅ればせながら刺激を受けたのネw

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/31(木) 19:59:10 ID:CFKc+K9A
そのブームの担い手って誰?

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/03(日) 11:18:12 ID:C1Ws52Db
まあ、そんなもんだ。
新しい枠組みを作るのは簡単な事ではない。

新しいアイディアキボンヌ

254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 00:42:50 ID:cO/KN3bH
ゲーム理論を語ろう会
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/0182/

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 09:00:59 ID:dCtXZMpU
>>251
でも優秀な東大生は今でもゲーマーになっちゃうじゃん

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 09:22:33 ID:Z4PBHdhI
だから世界の時流にいつも遅れてるのねw

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 11:13:20 ID:qT8Qtdtg
ブーム厨うぜーーーーーーー


258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 17:03:55 ID:STuNgPxW
そもそもPh.dをアメリカで取得して日本に戻って来た段階でアウト!
古いw古いw

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 18:34:51 ID:e6s3m3J9
ここはゲーム理論スレだがらゲーム理論の話をすればよろし

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/08(金) 21:10:57 ID:IX5N3oxC
まぁ,踊るサムライ・マツケンサンバ以外に手はないw

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 04:45:58 ID:Rdd6S00C
こっちも面白くなってきたよ。ブームがどうとかそんな話しかできない人は
敷居にも入れないだろうけど。まあ道場の窓の外から覘くだけ覘いてみたら?


Fudenberg−Tirole「Game Theory」輪読しませんか?
http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1025/

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 07:58:57 ID:RS3HaA+U
>>255-261
Economic Letters って業績になるのか?

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 08:10:21 ID:V2ApeqQ1
>>255
東大生は既存の経済学に寄生するパラサイトw

なーんも新しいことナイ

264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 08:20:20 ID:AigBSXtN
>>261
時代の要請に答えられないならヤメレ!


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 09:36:59 ID:POibanLQ
>>261
ちっとも面白くなってないじゃんよ
凸集合とか連続関数の定義なんか前提知識にしとけよ、恥ずかしい

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 01:51:06 ID:YlDNY6xD
>>265
いやはや匿名とはいえ、よくまあこんな思い切ったことを書いたもんだなw
そうかいわかったよ、それなら下の

http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1025/64

の凸集合に関するレスに対してなんでもいいから気の利いたコメントしてみてよ。
ここに>>265の責任とって書くんだよ。(賛成、反対、補足、質問、なんでも可w)
え?おまえはこんなこと議論するのが恥ずかしいんだろ?専門家なんか知らんがw

いちおう晒しあげとくから、レス書いといてね〜。一週間ぐらいたっても
意味のあるレスがつけられなかったら>>265は「逃げた」と見なすから。

注目、注目。あ〜、楽しみw

>これが正しいかどうかは直積集合での凸結合の定義次第だと思う。
>(一方で、有限次元空間での「まともな」位相の選び方は一意に決まるので、
>「コンパクトの有限個の直積がコンパクト」という主張は位相の選び方にほとんど寄らない。)
>凸結合を
> λ(x,y)+(1-λ)(x',y') = (λx+(1-λ)x',λy+(1-λ)y')
>と定義すれば、凸集合の直積(例えば混合戦略の組全体)は必ず凸になるが、
>混合戦略の組全体の集合は、
>戦略の組の空間上の(相関を認めた)分布全体の集合(相関均衡が定義される空間)で
>自然に定義される凸結合に対しては凸ではない。

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 12:12:31 ID:PBK+6Oxu
でもたしかに、graduateレベルの本の輪読スレで
凸集合とか連続関数とかの定義から始めてるんじゃ
恥ずかしいと言われても仕方ないのでは・・・??

・・・俺もコメントしろと言われちゃいそうなので逃げよww

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 13:10:21 ID:E/ZGdOZn
こういうのが時代の要請ってやつですか?

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 13:31:07 ID:Dt+nrgA2
>>266
君、学部生でしょ。

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 15:56:53 ID:c1y5Clnr
東大学長が問題発言 ゲームばかりやっているおまいらの人生は貧しい
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1113276730/

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 21:03:06 ID:GxPf2MWS
人とかかわり人生を豊かにする のが先立った ネトゲ
が栄えすぎて 1人の世界に閉じこもる ゲーム や 学問
は衰えているんだが。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:25:57 ID:idtimflr
ま、いやしくも数理スレで

「全体集合がどちて開集合でもあり閉集合でもあるのでつか?」

なんてアホなこと言ってる2chよりもまだ苺板の方が数段上なのは
確かなんだが...。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/economics/1100712788/l50

>>267
おまえ、>>265だろw

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:35:48 ID:NCWOartv
全体集合がどちて開集合でもあり閉集合でもあるのでつか?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:39:09 ID:idtimflr
ま、マジレスもしとくと、gradだろうがなんだろうが、定義からきちんと
始めることは別に恥ずかしいことでもなんでもないよ。実際、凸結合の
定義はそれだけじゃない、みたいな指摘をされているようだしね。

いやgradどころか教員同士の研究会でもアホみたいなことの定義から
始めることは大事だし、むしろそういうことは恥ずかしいとか言って
いる人に限って正しい定義を全然理解してなかったりするんだな。

そういう恐さを知らないから>>265=>>267は学部生じゃないの?って
言われるんじゃないか、と。(これ煽りじゃないよ。)

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 22:41:24 ID:idtimflr
おお。「おまえ学部生じゃないの?」って言われてたのは
>>266の方だったかw
上の>>273も恥ずかしいが俺も恥ずかしい。スマソ

俺自身を晒し上げるから、>>273よ、おまえもつきあえw

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/12(火) 23:34:31 ID:idtimflr
まあ俺は苺板にも期待してるが2ch経済学板にもそれなりに期待してるので
苺と比較して2chは...とか言うつもりはないけどね。大体、>>261

>ブームがどうとかそんな話しかできない人は
>敷居にも入れないだろうけど。まあ道場の窓の外から覘くだけ覘いてみたら?

みたいなこっちの連中を貶めるような煽り入れるからカチンとくるやつも出てくる。
もっと冷静に紹介すべきだ。まああっちが良スレなのは確かなんだから。
上の方で「いまさら定義なんて」なんて言っているエライ人たちも、2chのためにも
むしろ書いてくるべきでは?(で、できたらこのスレにもフィードバックしてもらいたいが。)

http://www.ichigobbs.net/cgi/15bbs/economy/1025/

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/13(水) 22:59:51 ID:pywjIO/Z
全体集合が閉集合で定義されている場合に
どちて
>全体集合が閉集合でもあり開集合でもある
と言い切れるのでつか?

それから
実数空間の話でつか?
Rn空間の話でつか?
距離空間の話でつか?
A locally Euclidean, paracompact Hausdoroff spaceの話つか?

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:49:44 ID:tsPw3ziB
>>277
スレ違い。あと、マルチはやめましょう。

http://science3.2ch.net/test/read.cgi/math/1111754878/l50

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 01:53:52 ID:tsPw3ziB
>>276
あっち、流れ止まったね・・○| ̄|_

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 10:09:11 ID:np5cE9bV
>>277
>実数空間の話でつか?
>Rn空間の話でつか?
>距離空間の話でつか?
>A locally Euclidean, paracompact Hausdoroff spaceの話つか?

どの空間でもだよ。
お前マジで恥ずかしいからもう来るな。

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/14(木) 22:49:50 ID:rMzVMWHr
Nash Equilibriaの概念にはもはや新規性はない.
存在するときには存在するのである.

Nashでなくとも均衡は他にも作れるのであって,
よって当該経済モデルの中でなぜNash均衡が特段の重要性を持つかが示されていなければ,
そこでの議論の価値はゼロに等しい.

同じことは最後通牒ゲームやtit for tatに対しても言える.
なぜ他のゲームまたは他の戦略ではダメなのか?という根底にあるsituationに関する吟味不在
のところからスタートした分析なら,そこからいかなる結果が得られようとも,説得力を持ち得ないのは当然の成り行きというものだ.

282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/15(金) 09:55:23 ID:ywtW7+2T
新奇性はないわな。50年前の概念だから。
均衡よりも安定性の方が重要。

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 01:27:14 ID:eo7idDCS
>>277
数理スレの方では、西村本の開集合系の話をしていたんだから、
実数空間の話だよ。あっち見てもらえばわかるが、この話に
ちゃんとからめないで、「空集合は開集合であり閉集合でもあり」
という部分が理解できないでからんできた人がいたってだけのこと。

それはそうと、上の方で「いまさら凸集合の定義なんて恥ずかしい」
なんて言ってる人はこれまだ見てるのかな?いや、マジでこっちでも
あっちでもいいから何か書き込んで貢献してもらいたいんですが。

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/16(土) 08:45:33 ID:6ENZFeIq
>>283
「開集合系の話だから実数空間」と言ってるお前もかなり恥ずかしい。
こいつら何なんだ?経済学徒の評判をわざと落とそうとしてるのか?

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 01:17:04 ID:qdiJdq0k
どうしてそうなるかな?数理スレの方では西村の「早分かり」の
話をしていたの。西村本では実数空間を前提として説明していたから
それ以外の場違いな話で横槍入れるのはやめて、って言っているの。

大体、「開集合系の話だから実数空間」なんて誰がいつ言ったの?
>>283でそう読めるなら教えて。

いや、ていうか、もういい加減ほんとに消えて。邪魔だから。マジでお願い。

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 01:17:48 ID:qdiJdq0k
>こいつら何なんだ?経済学徒の評判をわざと落とそうとしてるのか?

どこをどう読めばこういう印象を持つんだ?被害妄想か。

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 01:24:56 ID:qdiJdq0k
たぶん、>>284>>265なんだろ。

「凸集合とか連続関数の定義なんか前提知識にしとけよ、恥ずかしい」
「「開集合系の話だから実数空間」と言ってるお前もかなり恥ずかしい」

なんて書き捨てるだけ書き捨ててスレを荒らして逆に質問されると
コソコソ去っていくんだから悪質なんだよな。

あ、>>265なら、>>266さんの質問に答えてね。そろそろ期限が来ちゃうよ?あと僕の

>大体、「開集合系の話だから実数空間」なんて誰がいつ言ったの?
>>283でそう読めるなら教えて。

にもちゃんと答えてね。(でもこういう人はまたコソコソ逃げるんだろうなあ。)

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 02:00:29 ID:YPFnqyFY
つか、当人に荒らしているって自覚がないからしょうがない

スレの話の流れも読めないのに「実数空間」「開集合系」って
文字を見ただけでカーッと頭に来て「おまえらは恥ずかしい!」
ってとりあえず書いてみたかっただけなんだろ

まともに相手しても無理無理

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 09:22:13 ID:JXxDVaZV
tit for tatってのは猿マネだろw
猿マネであることが気づかれた時点で相手の心象を害してアウト!

暴力の応酬という問題解決になんら寄与しない

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 09:42:13 ID:HGy3Cd09
猿マネ=オリジナリティー・ゼロ=剽窃=負け犬

Professional Integrityの欠落だニャ

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/17(日) 13:18:45 ID:QNxpiMC0
昔、取り組んだテーマ・論文を今さらまた持ち出す人もいる。



292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/18(月) 18:22:09 ID:FkBfmlXm
故意にCitationしない人とか?

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/19(火) 11:48:10 ID:qYIsDtTY
長いものに巻かれ短い物にも巻かれてまつが何か?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 16:09:57 ID:9sLvJ0ZQ
ゲーム理論を学ぶ上でどの程度の数学の知識を必要とするのですか?
教えてください。よろしくお願いします。

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/22(金) 17:57:04 ID:Qbua/pmO
ゲームはそれなりに役立ったんだから,それくらいにしておけば?残された問題はクズばっかでしょww

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/24(日) 16:31:08 ID:9XTUIMhM
>>292
In writing scientific papers we have an obligation to quote relevant references.

297 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 20:04:00 ID:zn6x3duX
米国OR学会で見捨てられ,日本OR学会でも理論は見捨てられ,
応用数理学会では遠の昔に見捨てられているのに何故に???

金融工学と同じ道筋をたどる運命なのか…

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/25(月) 22:33:05 ID:mt26Rxtj
ゲーム理論の学会ができたからじゃね?

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/01(日) 23:48:27 ID:ionA9Afd
6 人中、6人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

戦争を数学で語れるか?, 2005/03/08
レビュアー: kaz0775 (プロフィールを見る)   神奈川県
ユニークな切り口の著作である。著者の竹内先生が現役の研究者の時の専門の一つであったゲーム理論・・・


オイオイ(;´Д`)

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 18:29:32 ID:s/ehO0RJ
はじめまして。卒論でゲーム理論をすることになったのですが、何について調べるのが一番ラクでしょうか。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 18:52:42 ID:hIMQG2OY
歴史。まずツェルメロの第5回世界数学者会議での論文を読め。

Zermelo, E., 1913, "Ueber eine Anwendung der Mengenlehre auf die
Theorie des Schachspiels," _Prceedings, Fifth International Congress
of Mathematicians,_ 2:501--504.

読めばわかるが実は「ツェルメロの定理」なるものは証明されていない。
ついでボレル、フォン・ノイマンを読んどけ。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 18:54:32 ID:hIMQG2OY
>>301
> Prceedings

Proceedingsね。


303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 07:51:58 ID:N+jsPSpv
>米国OR学会で見捨てられ,日本OR学会でも理論は見捨てられ,
>応用数理学会では遠の昔に見捨てられているのに何故に???

>金融工学と同じ道筋をたどる運命なのか…

新産業組織論でも新制度主義でも見捨てられつつあります。
現実を記述するツールとしてはさておき、
解決策を与えるツールとしては非力なんだね。

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/06(金) 15:56:28 ID:s5pwT3rb
制度の隘路を指摘することは出来ても,
望ましい制度とブレイク・スルーのアイデアを提供することはない.

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 14:30:41 ID:/E4kG+CN
そもそもidentical n playersの時点でアウト!

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/26(木) 13:47:45 ID:mV9tKMGZ
>>305
ゲーム理論を知らない奴だな

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/27(金) 21:17:21 ID:I4e9LCmx
アンタがなぁ

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 08:01:19 ID:mr2cKHQp
協力ゲームより、非協力ゲームの方がやっぱりよく使われてるけど、
協力ゲームに活路はないのか?

309 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 08:38:23 ID:IGyTbam2
ゲーム理論そのものが、参加者たちがある種の効用関数を持つことを前提としている。
参加者が個人であるようなテーブルゲームでならこれも許されるけれど、
でも戦略的な状況におかれた総体としての国を扱う場合、
「アメリカの」効用とか「ソ連の」効用となると、話はまったく別だ。
そこでアローは、国のような集合体が、
きれいにふるまう効用関数を持つと想定できるにはどんな条件が必要なのかな、と考えた。
そしてやっとのことで、博士論文の主題が見つかり、それが書かれ、
そしてかの記念碑的な古典論文「社会的選択と個人の価値観」
(Social Choice and Individual Values) (1951) が発表された。

* quoted from THE HISTORY OF ECONOMIC THOUGHT WEBSITE

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/28(土) 14:21:14 ID:8A6uwllq
あらゆるリスク管理が条件付財の集合によって記述できるアロー証券萌え〜♪

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 16:16:22 ID:pGN5S7Mk
>>309
まぁ,いつまでも金魚の糞よろしく,ゲームにぶら下がっていてはダメだということでしょう.

一般に許容され得る自然な前提からスタートして有意な帰結を得る―モデリングの妙味だニャ.
その帰結というのは,ある経済的結論・通念・常識といったものが正しかったり,誤っていたり,可能だったり,不可能だったり,という主張なんだな.

312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 20:46:17 ID:Q+qgvjP7
現実の政策にも生かされてるようだw

【韓国】「盧武鉉大統領の戦略は合理的」…大統領府がゲーム理論で説明 [05/29]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117350479/l50


313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 06:42:38 ID:5pRgbd6Z
>>312 うわ冗談かとおもたらマジかよ。韓国政府だいじょうぶなのか?こんな低レベルの人材集めて。
国際関係のフェーズじゃ所有が確立していないからゲームの大前提が成立しない、ってことすら
理解してないのか。外部の介入権力(司法制度)を前提にしない状況で国民・人民の感情だけを
担保にゲームするつもりかよ・・・

ふつー戦争になるコースだぜこりゃ。なんつーか生兵法というか青二才というか。

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 17:06:28 ID:I+1zctxx
>>313
驚くほどのことでもない。
盧武鉉大統領は素人で有名。
かわいそうにと同情してあげようよ。
最近やっぱり韓国カゲ薄いよ。反日でも中国が目立ってるしさ。
いい意味でも、わるい意味でも。

315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/30(月) 23:29:05 ID:5pRgbd6Z
おなじ半島でも北チョソのほうが、戦略的には凄みを感じるな。
キムさんは朝鮮のホーチミンになりたいのだろうけど、取る戦術戦術が
いつも半島統一を志向した布石になってる。ほんとねばり強く屈服しないね。
南チョソこそボンヤリしてると北に取り込まれるっちゅうの。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/31(火) 10:41:12 ID:fDXL2VdE
ゲーム理論というかただ毎度のごとく反日しただけじゃん
まあ繰り返しゲームではあるな
相手の戦略は常に固定されているがw

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 07:30:10 ID:yny4Aazf
社会規範とゲームの関係は既にノーベル賞経済学者ダグラス・ノースによって指摘されているのに,どうして社会規範経済学の創始者が松井となるのだ?

318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 16:44:13 ID:6V3Xornv
ちらん

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/22(水) 20:36:57 ID:6sfD+s+Y
>>317 創始者が松井なんて誰が言ってんの?初耳。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/23(木) 14:03:29 ID:IMkn51+R
本人?

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/26(日) 19:54:11 ID:HptEJFAu
ところで、ゲーム理論の基本中の基本である囚人のジレンマを最近の
時事問題にあてはめられないだろうか?

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/27(月) 01:49:52 ID:fkpQMHXH
>>317
松井氏、奇妙な絵本まで書いているが、
この人も学問的な業績は諦めて、タレントにでもなるつもりか

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/30(木) 19:11:22 ID:dnSnnoBC
http://www.jurists.co.jp/ja/publication/pdf/o/o_1_007.pdf

弁護士がゲーム理論についてかいてるのはあったな

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 11:20:05 ID:ixFxr2UN
アゲ

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 13:00:54 ID:ZgRPLk/u
確かに松井氏は日本国内では実績と比べるとかなり過剰評価されてる感はある
こういうとムキになって反論する東大生がおるけどあくまで実績がショボいと言いたいわけじゃないよ
日本が誇る世界的に有名なトップゲーム理論家みたいなのは少し誇張し過ぎでしょ

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 14:14:07 ID:hoSUmWkD
今は昔と違って,ミクロの理論家=経済学者のトップ
という時代ではないからね。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 19:33:47 ID:ki0cYYJZ
>>322
> この人も学問的な業績は諦めて、タレントにでもなるつもりか?

松井氏の興味が哲学的な内容にシフトしてるのかもしれない。「慣習と規範…」に
そんな傾向があるような気がするんだけど…。

それより、最近「応用ゲーム理論」という言葉を使ってあやしい本を出している
人たちが何人かいるみたいですが、どうなんでしょう?

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:02:05 ID:GG+HoyMU
>>325

> 日本が誇る世界的に有名なトップゲーム理論家みたいなのは少し誇張し過ぎでしょ

その辺はみんなわかってますよ。日本人経済学者全般に言える事なんでしょうけど


329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 10:18:12 ID:q2S7zkex
松井、中原賞とれないの?

>>328 東大のほかの二人はゲーマーとしては世界的なんじゃねーのか、やっぱ。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 22:42:13 ID:d8Wkh6Sb
>>329
年齢的に来年かその次でしょ

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 21:24:49 ID:v7Zb9iJl
ジャーナル・ランキングにおいてもゲームは経済学においてそれほど高い地位でない。
にもかわらず、受賞者が不確実性分野に極端に偏るのはいかがなものかと。
一部の人間が恣意的に作り出した日本だけで通用するブームとしか言いようがない。
もっと新しい研究カテゴリーに光を当てるべきだ。

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 23:20:53 ID:dF1iJPvy
ゲーマーとか書かれたら、なんだか←→↑↓←→ABとか上手そう( ´_ゝ`)

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 04:55:24 ID:aL52VodC
>>331 ほぼ同意だが
新しいカテゴリーに日本人で活躍している若い人が少ないというのもある。


334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 13:54:34 ID:8ZePp7C8
エコノメ理論で海外で活躍してる人何人かいるじゃない

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 16:28:08 ID:KiMOp5nw
【事例】
ゲーム的状況;
n人の元従軍慰安婦が共通の国から賠償金を取る。この国の賠償金の総支払量をGとおくと、
Gは、すべての元従軍慰安婦の労働投入量の合計であるLに依存し、G=v(L)と表される。

ただし、v>0, v´>0, v´´<0  if  L≦Lmax
G=0  if  L>Lmax

また、すべての元従軍慰安婦の取った賠償金はいったん支援団体に集められ、その後、
各人の労働投入量に応じて平等に分配されるとする。

さらに、各元従軍慰安婦の労働投入1単位当たりの機会費用をwとする。

分析;
ナッシュ均衡を求めよう。各元従軍慰安婦は利己的な行動を行動をとるから、元従軍慰安
婦 i の労働投入量は、元従軍慰安婦 i の利得を最大化している。
∴ v(L)+(n−1)Lv´(L)−nwL=0 ・・・・・・ ナッシュ均衡の条件

一方、社会的に最適な労働投入量をLとすると、利潤最大化の一階の条件よりLは、
   v´(L)−w=0 ・・・・・・ 社会的最適の条件
を満たさなければならない。

ところで、L>Lであるから(証明)、個々の元従軍慰安婦の合理的行動の結果である
ナッシュ均衡では社会的に最適な労働投入量を上回る労働の投入がなされてしまい、
賠償金支払国の財源は枯渇してしまう。

http://mitleid.cool.ne.jp/tragedy-n3.htm

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 17:45:01 ID:WQE2XcJA
均衡条件って v(L_i + L_{-i})/n - w L_i を L_i で微分したものをゼロとおいた
v'(L)/n - w = 0 じゃないの?(内点解を仮定する。)
それと、財源が枯渇するかどうかは、支払国側の財政の問題であって、
「社会的最適」(ここでは元従軍慰安婦たちの総利潤最大化)を上回るかどうかは無関係だと思う。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 21:57:14 ID:Zq3iMHYG
>>335
別にナッシュ均衡である必要ないじゃん。
同じこと何べんも何べんも繰り返しやがって。アホでつか?

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 09:51:18 ID:m8P6vdGl
協力ゲーム理論のを使って表される、身の回りの例題ってありますか?

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 16:47:09 ID:gF/M4uHA
あります。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 20:37:39 ID:379Ido1+
低脳繰り返しゲーム。

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 20:43:22 ID:D1W/3Z1l
(o`0´)/~~~ヾ(゜▽、゜)ノああ〜ん、女王さま〜ん♪

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 13:24:05 ID:CYvZsCH9
繰り返しゲームして飽きないのが不思議。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 15:19:29 ID:uHKF2d8W
「繰り返される状況に飽きる」
ちょっとアイデアかも?

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 15:56:22 ID:saj5du5b
新しいアイディアというほどでもないが
とりあえず「飽き」を定式化してみそ。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 16:00:48 ID:C/pyWm5r
低脳は精神異常者と同じで
剽窃しても自分がしたとは認識できないから
同じことを繰り返すのでは?

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 18:41:44 ID:Y9syPy8p
>>345
経済学では合理的な個人を想定してるから・・・

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 20:58:12 ID:2S2E4iM0
世の中はナッシュ均衡でなければならない主張する剽窃家
世の中はマルコフ・パーフェクト均衡でなければならないと主張する剽窃家
まぁ、そんなところだ

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 01:17:10 ID:8G3gv2K5
合理的っつーか効用を最大化させるんじゃないのけ

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 15:01:03 ID:DgL7FuPK
そもそもtit for tat自体が剽窃で
それを推奨するのだから仕方ないネw

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 16:18:42 ID:STj9LOh+
普通次は変化球かチェンジアップだよ

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 20:10:29 ID:PnuU2RXe
>>349
ネタ論文を故意にReferencesに入れないとか?
証明済みの省略箇所を穴埋めして自分の業績にするとか?
Propositionの置き方が同質なのに違う論文として投稿したりとか?

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/29(金) 20:19:04 ID:Dt5Nj+7A
>>351
低脳繰り返しゲームはヤメレ

353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 09:39:58 ID:jUDvylQv
○○制度は△△制度より良好である,したがって後者を採用すべきである;って変な論理だなぁ.
どうして□□制度や■■制度を検討しないのか???

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/30(土) 20:27:47 ID:wdLa1H0+
低脳じゃけん

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 13:08:56 ID:kMMFHUlJ
>>351
ゲーマーは猿まね戦略がお好きw

>>353
どうでもイイw
目的を見失った自爆テロと同じ

>>354
低脳という程ではw
自分自身よりゲーマーであることにプライドを持つ中脳

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 16:32:15 ID:hyHRx4sg
>>351
Letters,Bulletin,同人誌,機関紀要,自費出版編集本を活動として申請せずに業績として申請して補助金の不正受給を行ったりとか?
ホリエモン世代でもあるまいし...

357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 21:11:03 ID:9+xtSIvx
○○審議会で相当やられたようね
まぁ、カネボウやワールドコムと同じようなもんだw

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 22:17:40 ID:Rbv71zjj
面接でゲーム理論をわかりやすく説明するにはどうしたらいいか教えてください。

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 23:05:10 ID:gYX3qFIv
>>358
就職の面接か?なら学問的な話自体あまりお勧めしない

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/31(日) 23:59:16 ID:Rbv71zjj
そうです。ゼミに入っていたのですが、4年次になくなってしまって。卒論書かないので答えられるものがなくて。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:55:20 ID:lzrdYIj0
ゲーム論ブームが終わったのにノンキにゲーム論なんか勉強していると、
役に立つスキルが何も身につかないから就職口がなくて無職になり、
被害妄想に取り付かれて世の中の悪口ばかり言うようになる。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:58:05 ID:6uxGlRH3
okwebにも書いてたね358さん
面接官にわらりやすくゲーム理論の基礎を教えても
就職に有利になるとは到底思えませんが・・・


363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:20:16 ID:+AfedWCz
(採用する、就職する)がナッシュ均衡ですと堂々と言えばたぶん面接官は説得される。

364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 00:39:46 ID:KKiW9zT/
2chブームが終わったのにノンキに2chなんかにカキコしていると、
役に立つスキルが何も身につかないから就職口がなくて無職になり、
被害妄想に取り付かれて世の中の悪口ばかり言うようになる。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 11:24:53 ID:aU9o47WY
ゲームも2chも終わったのなら次はなんでつか?

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 12:53:21 ID:DDSet8r0
>>358
そんなこと聞く面接官なんていないから気にするな

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 17:34:37 ID:cayrX+UK
ゲーム理論勉強するのにいい本があったら教えてください><

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 20:29:42 ID:CKpxqWPz
ゲームも2chも終わったらしいが…

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 23:20:39 ID:Ptxh663p
>>367
応用ならギボンズで十分という説もある

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 23:53:20 ID:Vvg3iAJC
誰の説ですか?

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 00:03:58 ID:gnlRfAz3
ギボンズの訳本は確かに良書だろうけど
もっといい本が洋書にはいっぱいあるね

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 00:20:45 ID:JHta3rQr
ないのでは?

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/06(土) 11:50:39 ID:i0mISiL4
中山幹夫らの『ゲーム理論で解く』ってゲーム理論の入門書としてはどうですか?
教えてください。お願いします。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 14:37:55 ID:AvDbbK2i
悪くはない

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 16:16:35 ID:qE3fnnyP
とは言い切れない

376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 17:58:27 ID:AvDbbK2i
という程度の本

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 18:53:09 ID:k/s+83UI
神戸伸輔さんの「入門 ゲーム理論と情報の経済学」はどうでしょ?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 10:29:22 ID:IjpcXBBj
>>373
ゲーム理論の応用例集みたいな本。ゲーム”理論”の勉強をしたいなら
不向き。サブテキストとしては優良。

>>377
経済学でのゲーム応用に限定的であって、ゲームの基礎を学ぶに
適切か?というと・・・難しいところ。良書だとは思うけど。

ゲームの入門書なら、やっぱ古典的かもしれんがクレプスがいいと
思われ。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 10:31:31 ID:IjpcXBBj
>>341
繰り返しゲームって言っても、実際に繰り返してるわけじゃないから。
それに、飽きを定式化するなら、ルーティンから外れることをするコスト
を考えなきゃならん。結局、つまらん結果しかでてこんのが目に見えている。


380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 10:34:50 ID:IjpcXBBj
ごめん、>>341じゃなくて、>>342-343だ。スマソ

381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 10:47:48 ID:WxWBXY8x
>>378 クレプスってどっちのことよ

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 10:59:25 ID:ZjnHIqIl
んなもん、簡単なほうにきまっとる。つか、難しいほうって邦訳あったっけ?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 11:04:33 ID:WxWBXY8x
だからどっちなのよ
和訳がでてる方が簡単だとか言っているなら,お前は莫迦だ

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/11(木) 11:29:05 ID:djSkgiDZ
>>383
は?"A course in Microeconomic theory"が入門書だってか?
こんなのを、入門書を探してる初学者に勧めようって?無理に
きまっとるだろうが。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:22:44 ID:rO1d3K/n
わざわざ1950年代のゲームの枠組みに押し込めて
経済を論じる必要はないよ

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:31:16 ID:Cbw6Aj1H
>>385
はぁ?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:40:55 ID:EcEkD7rm
古臭いってこと?

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 13:55:56 ID:E6hl7xyj
いまどき古臭いゲームにこだわっているのは東大とプリンストンだよw
プリンストン高等研究所のゲーム研究部門は閉鎖されたけど
東大もそろそろかね?

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 14:08:46 ID:Cbw6Aj1H
>>388
アホか。高等研究所って高等数学院のことか?ゲームの研究が
終わったってのは数学的特性の研究がほぼ完成して、あとは
些細な問題だけだってことじゃん。

つまり分析ツールとして精緻化していて、ごく普通に論文で利用
できる状況になってるだけだ。おまい、学会とか出てないだろ?
タイトルにゲームって銘打ってなくても、普通にゲームつかった
分析してるぞ。つまりゲームの基礎知識がないとマトモに論文も
読めんわけだ。その意味で、ゲームの勉強は絶対に必要。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 14:27:03 ID:XSi8JCjz ?
>>389
ほとんどの応用がギボンズレベルでOKなんですけど・・・

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 15:25:28 ID:SOfITk1Z
まぁ,本屋の店頭に学部生・ビジネスマン向けの教科書がたくさん並べられた時点で
その分野の学術面からの研究はほぼ終了したということでしょう.
金融工学しかり,ゲームしかり?

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 21:49:40 ID:vd/1/2+T
制度を設計せずに非破壊検査ばかりしてる者は居るかぁ〜?
もっとクリエイティブな仕事をしなよ

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/12(金) 22:24:03 ID:mdQ5Cq3V
  ∧_∧
 ( ,,・∀・) マターリ
 ( つ旦0  
 と__)__)

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 00:12:22 ID:dpvawNRL
>>389
> 高等研究所って高等数学院のことか?

http://www.ias.edu/

プリンストンのInstitute for Advanced Studyは普通「高等研究所」
または「高級研究所」と呼ばれる。研究分野は歴史学、数学、自然科
学、社会科学。設立当初は物理のアインシュタインと数学のワイルが
有名だが、経済学では勿論モルゲンシュテルンが居た。今はマスキン
がメンバーだね。ゲームは1950年代にナッシュを含めた高級研究所の
数学者の間で研究された経緯がある。プリンストンの出版物である
Annals of Mathematics Studiesシリーズの_Contribution to the
Theory of Games,_ I-IVはそれらをまとめたもの。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 01:09:21 ID:CS5yKt2O
>普通「高等研究所」

何が普通だ?(w
数セミとかでも高等数学院って訳すのが、それこそ普通だろうが(w

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 05:39:38 ID:ahSCOtHq


日本語だとプリンストン高等研究所と呼ばれますが
プリンストン大学とは何の関係もありません

単なる高等研究所です。

たしか、金儲けの学問だからという理由で経済学者は入れちゃいけないんだよねw

理論をやるようになったの研究に金がかからないから

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 05:40:34 ID:ahSCOtHq
高等数学院って言うかなぁ・・・
物理学者も多いし社会科学者だって居るんだけど・・・・

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 05:42:19 ID:ahSCOtHq
>>394
ありゃ、経済学者OKだったのか
誤解してた

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 06:12:31 ID:ahSCOtHq
優秀な人ほどゲームやりたがる印象がある
なぜ?ゲームそのものだけじゃなくゲーム的なものも含めて

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 08:19:35 ID:atvElD6n
専門家たる自尊心を維持するために"ゲーム命"になる
米国を放り出された一部の時代遅れ日本人が恣意的に日本で作り出した流行

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 14:19:55 ID:fmcYk21F
日本人でゲームに有名な学者が多いから。
韓国人が計量をやりたがるのと同じ理由

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 19:42:26 ID:Zcg1m3g5
計量でも、ゲームでも、
新しい事実を見つけて、対応するExampleを検査するするのはイイけど、
既知の事実を確認するためのExampleを検査するもんだから、
学術的寄与ゼロの実務レポートになってしまうのでしょう。

まぁ、ホリエモンの言葉を借りれば、結果は既知の事実の"想定内"。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/13(土) 21:25:08 ID:WBiCHX2P
13・14・15日 20:00集合 21:00時 集団訪問予定 です

民間の反日系中国ウエッブサイトへの友好交流をしてくださる方!
お持ちの知識・技術を活用してくださる方!
三度の飯よりお祭りが好きな方!今の自分を変えてみたい方!
ちょっと暇だと思ってる方!夏休みの思い出を作りたい方!
田代砲に興味がある方!もちろん愛国心に燃えてる方も大歓迎!!!!
~~~~~~~
どんな志願理由でもおk!みんなの参加を待ってるお!

   【友好交流】ハ´;)BAKKER VS VIPPER(´・ω【+盆祭+】115
    http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1123929145/
 
     もちろん「友 好」は「謝罪と賠償」じゃないです(´・ω・`)


なお、訪問等に参加する人は必ずCCCにも参加してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
※集団訪問日以外は情報交換も行っています、午後8時ぐらいから人が集まり始めます。
  ===CCC情報は本スレにて===


404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 10:04:12 ID:p7ueDC+J
>>402
日本人はホリエモンの裏技と小泉の猫ダマシがお好き.

アメリカの国家戦略は長期的視点に立ち,民間企業戦略は短期的視点に立つ.
日本の国家戦略は短期的視点に立ち,民間企業戦略は長期的視点に立つ.


405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:24:11 ID:OjH12xvZ
それを経済学的に説明できそうだけどな

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 21:49:51 ID:TFo1RLqE
日本の高級官僚は自分にご奉仕し
民間企業のエリートは会社にご奉仕するから

米国の高級官僚は国家にご奉仕し
民間企業のエリートは自分にご奉仕するから

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:26:33 ID:M+xUELDT
応用と称して他の同質なシチュエーションに変更しただけなら、
結果は元のシチュエーションのそれと同じだねw

408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:40:13 ID:e6pgjTeV
日本だと経済学の中心=ゲーム
みたいな感じですが

他国だとどうなんですか?

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 17:40:35 ID:whTk+FSU
金子勝の著書を読むとゲーム理論がよくわかるよ

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 18:03:13 ID:55PYH5GQ
>>408
はぁ?????どこが中心なんだ????

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/15(月) 19:43:33 ID:L6zRrcY3
日本の経済学の中心=実務レポート

412 :(`・Θ・´) ◆SaRASHiYAo :2005/08/17(水) 02:28:42 ID:OPCkXtmI
担任教授がゲーム理論ヲタで困った。
オリジナル仕様のゲーム理論をしつこくやった。
一番印象に残っているのは、「森高千里とデート」ってやつ。
中身は”囚人のジレンマ”なので、
わざわざ森高千里とデートにする意味が分からんかった。

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 03:04:43 ID:Oymb70Qr
>>412 その馬鹿教員の名前晒せよw

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 09:43:53 ID:AEURO2HJ
ヲタなら
さぞかしゲームの研究歴が長いのでしょう

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 10:53:53 ID:sj9bK9Nl
>>412
担任教授って奇怪な表現はいったいどこの話?学生からみたら
全て指導教員だろ。教授、助教授なんて呼称は教員内の話だろ。
普通は先生と呼ぶもんだ。


416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 14:09:04 ID:o6qO08TR
tit for tat=サルまね戦略しか許されない社会って楽しいでつか?

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 16:06:10 ID:UVAIBsax
TFTの分かってない香具師ハケーン

418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 17:15:37 ID:Mxxm/nfP
↑アンタがな

419 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/17(水) 18:17:28 ID:N9lnGyrT
>>412
ドラマの影響で大学入る前は教授・助教授で呼ぶのが常識だと思ってたあの青かった頃

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 07:33:57 ID:7T3fHSg8
サルまね日本

421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 09:47:37 ID:keCgO62J
猿真似とかしっぺ返し、もゲーム論的には”合理的”なんかねー。
経済学のレベルって。。。。(笑)

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 10:07:44 ID:odbT0pTb
非破壊検査ばかりしてないで
もっとクリエイティブな仕事をしなよ

望ましい制度を"設計"するんでしょw

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 11:01:05 ID:ODhRiZEZ
・・・・・。このスレの住人、経済学とゲーム論の両方を、もう少し
真面目に勉強しろよ。不勉強を晒してるだけのヤツが多すぎ。

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/19(金) 12:53:05 ID:9ZjLj8Oj

非破壊評論するアホ

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 21:53:32 ID:9pOKs15m
日本人でゲーム理論ですごい人、5人くらい教えてください。大学名も
お願いします。東大のかんどり先生の名前は知っています。

426 :竹中郵政担当相:2005/08/23(火) 22:05:15 ID:tV0OYMGH
http://www.tbs.co.jp/radio/ac/live/index-j.html

ネットラジオ 

今やってるよ 竹中対宮崎 対談

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 01:05:19 ID:RsEmpID9
>>425
神取、松島、松井(東大)、金子(筑波)、岡田(一橋)、梶井(京都)

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 01:29:12 ID:d+FZzx4o
横国は?

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 01:38:24 ID:KatNkuts
ゲームの時代は終わった

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 01:51:00 ID:sf1NB9QL
横国は単なる田舎大学でしょう

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 08:01:59 ID:yfHKFrnn
2000年以降急激に低下したね
ゲームにしがみついているのは日本だけだろw

しかも今○○○○学会でやっていることは
20年前にOR学会で盛大にやっていた事柄
考えることは皆同じってことだね

人間の想像力には限界があるようで...

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 08:50:47 ID:qEIyRW8Y
経済学とゲーム理論を一緒にされると経済学が迷惑です

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 11:06:44 ID:bHVr31Ji
ゲーム理論が経済学と政治学にしがみついているのでは?
他で見捨てられちゃったから。

434 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 11:55:10 ID:hKjasgg6
>>430
宇井さんがいるではないか。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 12:25:00 ID:TXMCGUfs
>>433
>他で見捨てられちゃったから。

ってどういう意味でつか?

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 12:59:58 ID:RsEmpID9
>>435
確かに意味よくわからないよな。元々人間の相互作用を数理的に考える学問
なんだから、社会科学以外でやりようがない気がするけど。

あっ、ちなみに俺はゲームとは無関係なんで。

437 :学生さんは名前がない :2005/08/24(水) 13:54:29 ID:2eDa6uzT
succinct game って日本語に訳すとどうなるのですか??

438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 14:12:54 ID:jRiOdHx+
>>434 なんか業績あるの?

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 14:15:27 ID:vizknaEf
>>438

顔洗って出直せ。皮膚がむけるぐらい。

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 16:33:43 ID:d+FZzx4o
宇井さんってかなりの業績の持ち主でしょ?
横国経済学部って実際どうなんだろう。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 20:37:51 ID:8JJgjBX3
>>440
経済に関してはトップクラス。
京都や神戸より上

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 21:13:46 ID:hclqAC/l
>>441
なんで横国に拠点置いてるんだ?

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 21:35:43 ID:uPMUjSI3
>>439 >>440 本人の自作自演だろ、どうせ

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 21:53:35 ID:uPMUjSI3
笑える

445 :440:2005/08/24(水) 23:09:18 ID:hclqAC/l
漏れ現役高校生だがw

446 :439:2005/08/24(水) 23:18:27 ID:vizknaEf
>>443

漏れは現役大学教員だがw
ちなみに、宇井さんって2ch絶対見ないタイプだぞ。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 23:23:17 ID:7SHasA5W
あの人はぜったいに2chを見ている。むっつりっぽいし。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 23:28:54 ID:ry4CLi2i
現役大学教員が 漏れ とか w を使うなんてありえん

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/24(水) 23:41:15 ID:uPMUjSI3
結局、全部自演か 無理を感じる文体がかなしい

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 00:03:33 ID:7LLZBwcT
いろんなとこで横国のねたふってるガキがいるのはたしか。

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 00:46:52 ID:rY0dg2kq
ひじょうきん

452 :名無しさん:2005/08/25(木) 08:46:15 ID:oR5sgqyN
1人で書いてるじゃん


453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 00:03:59 ID:ly2K4Y05
今の経済学の覇権はゲーム論が握っています。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 21:34:18 ID:b/SLZ6H1
だから日本はアホなんだな

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/26(金) 23:36:28 ID:p9tLht2v
日本にゲーム理論の考え方は合わないような気がする。
なんか欧米人っぽいというか。

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 13:25:08 ID:HRu1KtU5
日/米OR学会から見捨てられて10年
AERやJPEから見捨てられて早5年......何故なんでしょうねw

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 13:31:29 ID:0qoD9ZvY
トップジャーナルでゲームが今載るのはメトリカぐらいか
進化で完全にこけた感がある

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 16:20:24 ID:J9dkze+t
じゃあいまは何がはやり。

そのまえに進化で完全にこけたというのはどういうこと?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 19:55:28 ID:iXUpakpq
>>458
違う人だけど、勝手に推測すると、均衡選択でなんでもあり(・∀・)アヒャとかぶっちゃっけたこと?

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 20:29:51 ID:p8nA2NE5
逆戻りして寡占理論

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 21:26:50 ID:4oAGMCx3
自分が進化した方がよろしいかと思われ。。。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 01:17:22 ID:qR+V4SI+
均衡選択なんでもありは、最近マックロでもよくわるね

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/31(水) 08:40:22 ID:tVZv+Bct
生態学で突然変異による進化が否定されたからねぇ〜.

閉ざされた空間においてのみ成立するメカニスティックなreciprocityなんか
今どき進んで受け入れようとする人も少ないでしょう.

ダーウィンの進化論が信じられていた時代の過去の遺物なのかもしれない.

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)