2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

財政学・公共経済学について語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 22:35 ID:Wkk1iM1z
まだスレが無いので作ってみました。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 22:37 ID:Wkk1iM1z
有名所の教科書など
ttp://www.toyokeizai.co.jp/pub/mori/03zaisei.html

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/03 23:45 ID:MHGYlTLm

図説日本の財政(平成15年度版) 川北 力編
A5判/482頁/03180-4

財政学 片桐正俊編著
A5判/492頁/62044-3

財政読本(第6版)〈読本シリーズ〉 井堀利宏・土居丈朗 著
A5判/320頁/10003-2

地方財政読本(第5版)〈読本シリーズ〉 林 健久編
A5判/360頁/10007-5

スティグリッツ公共経済学(第2版)(上)・(下) J.E.スティグリッツ著 藪下史郎訳
2003年10月/12月刊行予定

公共経済学〈エッセンシャル経済学シリーズ〉 田中廣滋・御船 洋・横山 彰・飯島大邦 著
A5判/352頁/81434-5

公共経済学〈スタンダード経済学シリーズ〉 柴田弘文・柴田愛子著
A5判/320頁/81242-3

公共経済学の理論と実際 中村慎助・小澤太郎・グレーヴァ香子編
A5判/360頁/31324-9

地方交付税何が問題か 神野直彦・池上岳彦編
A5判/280頁/61048-0



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 02:35 ID:BB+oIln8
マイルスが基本書じゃないのか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 09:31 ID:sKFfBvCb

MILES DAVIS(tp)(1926 - 1991)
マイルス・デイビス

 13才でトランペットを手にし、44年ジュリアード音楽院入学のためニュ
ーヨークに進出。チャーリー・パーカー、ディジー・ガレスピーらと共演
しビバップの洗礼を受けたのち、48年に作編曲を重視した歴史的9重奏団を
結成し注目を集める。52-53年は麻薬中毒のためスランプに陥っていたが、
54年に復活し、以後ハードバップ→モード→フュージョンと、一貫して
ジャズシーンをリードする存在として活躍。76年には肉体的・精神的疲
労から引退したが81年に奇跡的なカムバックを遂げた。


6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 14:51 ID:C2DQ4HzR
財政学と公共経済学の違いを教えてください

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 16:03 ID:0tAM3Ljx
↑公共経済学の連中にとっては、公共経済学=財政学
あとは、神野直彦『財政学』有斐閣 でも嫁。



8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 16:13 ID:227rhTQa
公共経済学=ミクロの応用(公共財・外部性・自然独占・租税・効率と公平等)
財政学=マクロの応用(金融政策・財政政策・公債の負担等)

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/04 16:47 ID:Ds4A5x9K
財政学ではマクロの応用はあんまりやらんかったな。
公共経済学の分野で税制に絞った話が多かったような。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/10 02:37 ID:fUONAFIz
公務員試験の面接で有利。

11 :公務員の給与=最低賃金でいいと思う。:04/09/21 14:48:57 ID:6NIh9c+6
賃金を良くしたいならまず公僕が努力して社会を改善すべき

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 22:52:44 ID:mw1eFsl0
>>2>>3にあがっているテキストの中で
どれかがいいのか 聞きたいな♪

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/21 23:46:35 ID:PC/CvMS5
神野直彦の財政学でええんじゃないかい? 

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/22 01:09:12 ID:7/NgBR+P
今後、財政法、財政学は衰退の一途を辿る。
もう別の職業見つけたほうがいいんじゃないの

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 09:29:41 ID:613D0gWl
財政学は○糞の巣窟

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/23 23:47:44 ID:62kiCwrx
財政学会は神野・金子vs井堀グループだよね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 21:27:13 ID:y1cbHPi5
神野・金子に一票

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/09/25 22:34:59 ID:FNfRqB2/
まあウンコ味のカレーとカレー味のウンコの戦いということだろうか

19 :Representative Thread Consumer:04/09/26 01:16:47 ID:4RKb6iTP
良く、地方交付税交付金による首都圏と田舎の負担の違いが問題になるが、これは実は
租税の徴収制度の問題。これを見てくれ。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/tebiki/h14/06_pdf/13.pdf

法人税の納税マニュアルだが、ここで「納税地」と書いてあるのが、納税を行う県となる。
この納税地は、法人税だけではなく、消費税・特別地方消費税も対象となる。

すなわち、法人税+消費税+特別地方消費税は、実際に課税が行われる事業が実施
された場所ではなく、その会社の「本社所在地」にて納税する事になる。

ご存知の通り、東京都に本社を持つ法人企業はとても多く、法人数の2割が集中して
いる。そして、全国展開を図っている企業の多くは東京都に本社を置いている。

おわかりであろう。地方交付税の、地域別損得をあらわす表の、税収には、この数字が
使用されているのだ。それゆえ、東京都として計上される税収には、もともと地方の税収
が含まれている。

この問題に気づかず、地方は地方交付税交付金をもらう一方だという主張は、間違って
いる。もともと、地方で発生した税金が、東京都で納付されているからだ。

20 :Representative Thread Consumer:04/09/26 01:43:27 ID:Zi6wcwoG
神野が井堀に
「東大の財政は私だ」らしいことを言ったというのはほんとなの?

21 :Representative Thread Consumer:04/09/26 08:16:16 ID:rY1zk1oN
この本を読んでみたいのでご協力願います。
----
復刊ドットコム< http://www.fukkan.com/ >より、新着投票・投稿のおしらせです。

■「都市の経済学 発展と衰退のダイナミクス」(ジェーン・ジェイコブス)

【投票情報】(現在8票 復刊交渉開始まであと92票)
昨日1票の投票がありました。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=6451

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/03 05:12:33 ID:hYtIrJPp
財政学を1から理解するにはどの本を使えばよろしいでしょうか?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 00:17:58 ID:mNAV6y9V
神野・金子って、灯台の○系ゼミの出身でなかったか?


24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 01:02:15 ID:kRuaa0MQ
神野・金子vs井堀グループの対立とは
単に近経vsマル経ってことでしょ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 04:57:16 ID:7Om9NNlI
どこをどう見たら
対立してるように見えるんだ?

双方が並んだところすら見たこともないくせに適当抜かすな

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 09:43:09 ID:a6nOuiwy
井堀=財務省 VS. 神野=総務省

でしょ。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/04 14:41:44 ID:NDhIBUtj
 学会で明らかに対立してるじゃん。
神野、金子あたりはマル経ではないでしょう。
マル経に近い部分もあるが・・・・・・・・


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 10:18:37 ID:8EGQVFzo
学会で、って例えば日本財政学会で何か同じセッションにでも出てた
とでも言うのか?



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 22:40:06 ID:w8ekz1/M
地方交付税の問題って何?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 22:57:04 ID:JIMS8Wxb
たまに財政学の学会にも入っていないふつうのマクロやミクロの人が財政学で
就職することがあるね。ああいうのはどうして起こるんだろうな。ふつうなら
ミスマッチだろう

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/05 23:22:40 ID:NcNPWrMN
金子勝さんはマル経の経済理論学会理事であると同時に、学会費3年滞納リストにも
載っていたことがあった。わりと最近のことだった。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 02:44:22 ID:tesIYRbl
>>29
地方交付税が問題じゃなくて、国が一回召し上げて配るという財源=権限の構造が問題。
素直に、地方に財源委譲しちゃえばよろしいかと。

三位一体改革とやらでは、財源は国、権限は地方とかいっているけど、土台無理。
実現する姿は、権限は国、責任は地方という形になる。



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 03:25:43 ID:v0vBCwGA
痴呆に財源なんかあるわけないだろ。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 23:30:26 ID:y9KITz6y
>>32
バカ丸出し。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/06 23:35:47 ID:tesIYRbl
工作員多数発生中w

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/07 11:21:24 ID:5oLnGBvW
井堀さん今朝の日経に書いていたね
ちょっと当たり前すぎる内容だったけど

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/07 14:02:49 ID:Py9h1ZnZ
利潤の50%以上を労働者に分配するよう法制化すれば、景気は回復する。

理由:
株主、経営者などの金持ちに渡った利潤は消費されず、有効需要減少の
要因 である。
株主、経営者の取り分をいかに減らして、労働者への分配を
いかに増やすかが、重要課題である。
ストで少々賃金が上がったって、物価が上がれば意味がない。
そこで、利潤の50%以上を労働者に分配するよう法制化するべきである。
法制化によって、労働者への利潤の分配を増やすことで、
国民の経済格差が減り、有効需要の増大によって、景気回復する。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/07 15:47:41 ID:qHT15ngE
>>37
すばらしい意見ですがまだぬるいです。100%労働者に配分するべきです。

話は多少ちがいますが、売り上げはすべて労働者に分配されるべきです。
資本=道具、は過去の労働の産物。過去の労働の亡霊に縛られることなく
すべて!労働者に配分するべきです。

と。

39 :井戸掘り:04/10/07 23:57:33 ID:PjSw+m+0
>>売り上げはすべて労働者に分配されるべきです。
ええーー?? 費用はどうすんの?
むちゃくちゃやな

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 00:42:27 ID:STKKVMAg
労働価値説って、今どこの博物館に収納してるんだったっけ?

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 02:17:32 ID:4f9ZN0iF
>>38
売り上げ以上の給与が労働者に分配される場合も有るんだが。


42 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 06:32:33 ID:hMHZFzdn
>>41
それでは労働者が搾取ってる感が否めないのですが、、、
たとえばどんな場合でしょうか。

43 :& ◆BL0Z2aP/2M :04/10/08 13:41:11 ID:Q2yzajBs
>>42
ベンチャー企業でまだ商品がないうちから人雇って給料払う場合なんか
いくらでもある。売上ゼロでも給料払うんだよ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 13:55:39 ID:U4lQkCAa
そんな特別な事例を持ち出すのは詭弁

45 :& ◆BL0Z2aP/2M :04/10/08 17:43:13 ID:Q2yzajBs
ぜんぜん特別じゃないよ。軌道に乗るまで売上がたたずに
赤字で給料が出ていく一方のところなんていっぱいあるよ。
それ以外にも、売上の上下は人を雇ったり解雇したりする
のより急激に起きるから、うれせん商品(たとえばナタデココのお菓子)
が急に売れなくなって、次の当たりが出るまで人件費が
売上より多くなるケースはたくさんある。少人数経営の
デザイン事務所なんかでも、仕事がしばらく入らずに
給料だけ出る一方という月はしょっちゅうある。

46 :& ◆BL0Z2aP/2M :04/10/08 17:54:39 ID:Q2yzajBs
そんな話でなくても、工務店が家の建築を請け負うのを考えてみろ。
まあ工事期間半年くらいで支払いは最初と最後。だけどそこに
つとめてる人は、毎月給料もらうんだぞ。中間の期間は
売上なにもなしでも給料は出ていく。でかい工事ならもっと
支払いの間隔はのびるぞ。


47 :44:04/10/08 19:01:43 ID:XkK+Pmal
>>45-46 でもそれは一時的な現象でしょう
長期たとえば1年で考えて ならせばやっぱり売り上げを超えて
人件費を払うとは考えられない
そんな状態が続くわけないし

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 23:31:32 ID:GrhsPZBr
>>44
出た。現実の経済を全く知らないくせに、
経済がわかったつもりの経済学厨DQN。


49 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/08 23:56:45 ID:Z1mSUgwW
>>48
>>44はどちらかというと、マルクス厨だと思うが。

50 :38:04/10/09 01:20:59 ID:V8Dx15Fo
>>49
マルクス狂徒はわたしです

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/09 13:58:31 ID:+NAIS/1s
>>37
労働分配率5割って言ったら経営者資本家は大喜び

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/09 17:28:19 ID:Ve7JJMCF
今現在の給料を支払った残りの利潤の50パーセントって意味でしょ?
で、そんなに利潤が出てる企業ってどれくらいあるのか?
しかもそんな企業なら給料もしっかり出しているだろうし。
むしろ下請け企業に50パーセント渡したらどうか

53 :& ◆Z2KySTSpOo :04/10/09 18:08:54 ID:dFOIDR8p
> 今現在の給料を支払った残りの利潤の50パーセントって意味でしょ?

ちがうでしょ。何も考えてないだけでしょ。

>>45-46 でもそれは一時的な現象でしょう

どのくらいを「一時的」と言いたいわけ? 最初に挙げた
ベンチャー企業では、その「一時的」が数年にわたることだって
あるぞ。いずれにせよ、短期的には労働者が企業を搾取してる構図が
あり得ることはわかったな。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/10 02:33:23 ID:k4Jk0ThN
一時的:現実の世界の出来事

長期的:経済学徒の妄想お花畑世界の出来事。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/14 00:10:57 ID:B43lcpt1
<政府税調会長>ビール風酒類に「酒文化を損う」と批判

 政府税制調査会の石弘光会長は12日、発泡酒やビール風酒類について、
「酒文化を損なっている」と批判した。さらに低価格競争が
酒税の税率によって引き起こされているなら税の公平・中立性に
問題があると指摘。低い税率の適用を受けるビール風酒類が次々と
登場するのを防ぐため、将来的に酒税を簡素化する考えも示した。
(毎日新聞)

こういうのを石頭というだろうか?




56 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/14 23:56:44 ID:7kqe8UQA
税率を上げる方向に簡素化して、酒文化全体をつぶす気だろうw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/15 10:12:49 ID:ReFHgbwM
酒文化云々の価値判断とか屁理屈はさておき、

酒税を回避できるような製品開発によって、単に税収ががた落ちしてゆくのを
食い止めるために、簡素化かつ包括化したいんじゃないのかと。

それに
酒税ってもともとsin taxの一種だから、中立性とか公平性はあんま関係ないと思うん
だけどね。つまり、そもそもの定義からすれば、むしろ酒に差別的であることに
よってその消費を抑制する効果が期待されてるんじゃないのかな。

大体さ、例えば環境政策なんかの観点から行われる戦略的課税が、より優れた
製品開発競争を促したりするケースなんかと比較すると、発泡酒の製品開発
競争なんて、なんか社会的に労働力の無駄遣いみたいに思えちゃうんだよね。
個人的意見だけど。そんなんだったら、それを引き起こす変な酒税の規定を
変更するのも意味があるか、と。




58 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/15 13:24:46 ID:7Y0nFYx6
>>57
>酒税ってもともとsin taxの一種だから
そうなのか
>発泡酒の製品開発競争なんて、なんか社会的に労働力の無駄遣いみたいに思えちゃう
酒税がsin taxなら、おっしゃるとおりですね

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/15 18:05:09 ID:HjWRDJaf
酒じゃなくて飲料アルコール課税にすればいいのに、ってスレ違いか

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/16 11:41:12 ID:4sCwLomD
>>55
ドラフトワンの登場時から予想できたわけだが…
ヒットしすぎで目つけられたね。


61 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 00:56:27 ID:K8T1FkmO
まあ、石が言いたいのは、

「酒税回避のためにウン十億も投資してないで、

ビール自体をもっと旨くするために投資せんかいゴルァ」

ってことだろ。酒飲みの俺には石の気持ちはわかる。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 04:08:27 ID:VonSJ0yy
石先生はそんなにお酒は飲まないんだけどね。

ちなみに、タバコ大嫌いなんだよな。
タバコ税上げないで欲しいな。


個人的には、酒税回避目的だろうがなんだろうが、
旨い酒をつくって、一杯投資して欲しい。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 08:42:09 ID:g4fmjrBa
すんません。質問なんですが、よく聞く『経済効果』ってどうやって算出してるんですか?


64 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/26 09:06:26 ID:PKVN7Qcp
>>63
鉛筆ピッピッと舐めて

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:27:51 ID:WjeP2aZ1
国家財政に携われる組織は財務省しかないんですか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:40:34 ID:ffHyF0li
>>65
国会

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:51:52 ID:WjeP2aZ1
国会議員って経済の知識あんの?

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 00:52:35 ID:ITurGMkD
naiyo

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 01:05:31 ID:ffHyF0li
>>67
財務省の連中もあるとは思えない

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 23:28:17 ID:GxZD+FcG
今私たちの周囲では、社会のシステムが大きく揺らいで、リストラや
倒産が相次ぎ、また考えられないような残虐な事件が続いています。
私たちは安定した約束事によって成り立つ社会に生きているだけでなく
、一切を無に帰してしまう荒々しい力の渦巻く世界にも生きている


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 23:49:35 ID:Ss9Usee7
社会のシステムって何?定義きぼん。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/27 23:56:56 ID:GxZD+FcG
>>71
http://www.gla.or.jp/our_hopes/our_hopes.html

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 06:16:13 ID:HKbrua6Y
日銀の監査ってどこがやってんの?財務省?

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/10/28 09:02:54 ID:ai47WW1F
>>65
内閣府(旧経企庁)

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 00:36:45 ID:Mp1jBlaz
Pareet optimization
Lindarl equilbrium
Coolnor equilbrium
Shutaggenberg equilbrium


76 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 03:02:42 ID:npTGdK2G
>>75
「Pareet」ではなく「Pareto」

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/04 09:24:11 ID:SEVa/mMr
Cournot

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/06 01:12:27 ID:0nzHdRRh
>>72
意味不明。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 13:56:10 ID:ZjQYiig7

http://www.publicpolicy.law.tohoku.ac.jp/

↑ 東北大学公共政策大学院 ↑

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 15:05:07 ID:vUu0TV3j
そういや次々と公共政策大学院出来てるけど、学生集まってるのかな?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 15:42:04 ID:5vJwcMrY
進路決まってないから今から公共政策大学院受けよーかな

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 15:43:04 ID:JFmR1P2P
>>81
というようなのが多いんだろうな、やはり。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 15:48:11 ID:bjK+TIhM
井堀センセの論文、結構読んだけど、あんまり面白くないね。
この人の代表作って何?

まさか曰くつきのAERですか?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 16:28:02 ID:LvKytgIa
>>83

その曰くつきって,何ですか
教えてください

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/23 22:25:29 ID:HhPYfyS8
はい注目、また井堀先生より優秀な方がやってきましたよ〜

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/24 23:32:45 ID:dPRPjpTD
その曰くつきって・・・気になる

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/24 23:51:54 ID:ta4xAziC
井堀先生の曰くつきのAERって何ですか

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 00:25:36 ID:onxHxPof
いわくage

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 08:57:25 ID:K4Uye8dt
軍師いわく・・・

90 :悩んでいます。:04/11/26 22:35:01 ID:a3sBivaC
1)完全競争的市場において、需要関数と供給関数が
    需要関数:Q=20−P
    供給関数:Q=P−8
 で与えられ、市場均衡が成立しているとするQ:数量、P:価格カッコ[円])。
 今、1単位あたり4円の従量税が、生産者が納税義務者となる形で課されたとする。
 1-1)1単位あたり4円の税のうち、生産者の税負担額はいくらのなるか?
 1-2)どれだけの超過負担が発生するか?

(2)完全競争的市場における個別消費税の部分均衡分析について、
 生産者が納税義務者である場合が紹介されていることが多い。
 さて、消費者が納税義務者の場合、消費者・生産者の税負担額や
 市場全体の超過負担は、生産者が納税義務者である場合と比べて
 どうなるか?従量税が課された状況を考えてみよ。


91 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/26 23:22:34 ID:cShr/43k
>>90
(1)
需要関数:Q=20−(P+4)
供給関数:Q=P−8

を解け。

(2)
需要関数:Q=20−P
供給関数:Q=(P−4)−8

を解け。

で、結論は両者に差はなし。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/28 22:22:06 ID:sXsLRsgj
>>91

プ

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 00:40:27 ID:c5b3wRw2
ほしゅ

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/15 10:52:11 ID:S5DyjIDj
最近Journal of Public Economicsに載りやすいテーマって何だろ?
やっぱ実験?あれつまらん

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 21:45:04 ID:cTEa8MsJ
財政学と公共経済学のはっきりとした違いって何ですか?

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 22:03:51 ID:D/Tchwbb
財政学は税制や財政構造、年金などのケーススタディーを含み、
公共経済学はどちらかというと市場の失敗の分析が中心となる。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/16 23:20:42 ID:BbYa67mq
自分で書いたもの読んで、はっきりした違いに見えるか?


98 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 00:21:49 ID:7V12nnU7
「はっきりした違いは無い」という意味で、せいぜい違っているところはこれくらいと
いう意味でレスしたんだが。


99 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/17 23:00:44 ID:XI/lR6NP
公共経済学で数学を使いながらかかれた入門よりの教科書ありますか?文章より数学のほうが理解しやすいんで

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 01:32:28 ID:0y3+dBHc
柴田

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 10:17:02 ID:R47aIUEs
財政・公共経済学を公務員試験の勉強をかねて勉強しようと思ってます。
いま土居氏の入門公共経済学を検討してますが何かお勧めの本ありますか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 13:59:30 ID:8re0nY9Y
>>101
http://www2.toyo.ac.jp/~uemura/booklist.html
上の公共経済学財政学の箇所に親切なテキストの評価があるが
更新されたのは4年前のようだね

公務員志望だと柴田さんの本は独特すぎる


103 :102:04/12/19 14:06:21 ID:8re0nY9Y
>>101さんがどのくらい経済学を勉強しているかによるが
公務員試験が目標なら
http://books.yahoo.co.jp/bin/search_key?p=%B8%F8%B6%A6%B7%D0%BA%D1%B3%D8&pp=1&sc=7
のどれでもたいして変わりはないような気がスルツキー

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/22 17:59:09 ID:XIS1Xpjh
文学板 『比較文学?ふざけんな!』スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103703448/l50

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/31 17:33:44 ID:0B52TOoS
>>99
絶版だけど、Stiglitzの単著じゃない方のPublic Economicsは近経系の
人からも評価高いね。図書館以外では入手困難だと思うけど。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 22:53:59 ID:ykDtv89R
日本の法人税の重課税の調整って何方式ですか?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 23:05:41 ID:ykDtv89R
すいません
日本の法人税の二重課税の調整って何方式が採用されてるんですか

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 22:09:12 ID:GVH9+1LI
しらん

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 02:01:56 ID:BlZJwkxt
Ua=XaY(Xa:私的財の量 Y:公共財の量)
Ub=XbY(Xb:私的財の量 Y:公共財の量)
当初私的財だけが4単位存在しており公共財は私的財から生産され
費用関数がX=2Y(X:私的財の量 Y:公共財の量)

この時公共財の生産がパレード最適(サミュエルソン条件)の時の
Ua,Ubの関係式が求められなくて困っています。
だれかせめて答えだけでも教えてくれませんか?


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 02:09:22 ID:BlZJwkxt
あとパレード最適の時の公共財の量は2/3です役にたつかわかりませんが

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 04:15:10 ID:W4DJqHtE
「地方政府は国庫補助金を受け取ると自主財源の使途が特定されてしまう」
それはなぜなのかがわかりません。
具体的に説明できる方はいらっしゃいますか?

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 06:31:26 ID:XL/ajjZQ
うっほい!パレード!!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 19:48:58 ID:vdvevcNR
パレー「ト」最適だろうが。

この授業だと0点だぞ。
ttp://www.econ.keio.ac.jp/staff/tets/kougi/schooling/summer04/exam.html

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/30 20:52:19 ID:LDwHZdMh
>>111
公共事業で考えろ。

事業費100億円
補助率50%
とすると、
受け取れる国庫補助金は50億円。
残りは、、、自分で考えろ。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 12:06:05 ID:z2q8J965
>>107
配当税額控除

財政学は境界領域にある学問だから、
経済学、行政学、政治学、社会学など様々なアプローチがあって然るべきで、それが面白いと思う。
特に、地方財政論では、行政学、社会学(←実は良く知らない)の知識も必要だからね。

とはいっても基本は、経済学だろうが・・・

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 19:04:23 ID:xY7yuxUu
>>115
行政学ってどんな学問?法学とどう違うの?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 01:35:39 ID:wnwnd5uA
 井堀さんの新刊を本屋で見つけて手にとってみる。3800円
隣の棚にギデンズ社会学第四版がある。3600円。厚さ2倍強。
井堀本を速攻で棚にもどす。どーなってるのよ。灯台出版会?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 21:39:47 ID:XuMkGo61
徐々に値段を下げて限界支払い意欲の高いものから売って行くというスクリーニングだわな

ギデンズも昔はもっと高かったかもね

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 23:57:39 ID:IKz0m12w
>>116
法学は関係ない。どっちかというと政治学じゃない?
トピックとしては、官僚機構とか、人事管理とか、行革とか、地方自治とか。
これまでは、のんびり制度の解説して、上っ面の「政策科学」語ってりゃよかったのが、
最近はパブリック・マネジメントで、経済学者や経営学者が乱入してきたから、
いろいろ大変なんじゃないのかね?経済学者にとっては美味しい領域かも。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 00:04:30 ID:muukQsHW
政治系の中でもとりわけ方法論がはっきりしてなさそうな分野だもんな・・・
経済学者や経営学者に対して「お前らごときに何がわかるんだよ!」と
言い放てるだけの骨太な制度理解があるかどうかだろうな。
そうするとやはり法学も関係してくるんじゃない?

今経済学方面からアプローチするのは美味しいかもというのは同意。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 07:16:38 ID:DqWp63I9
>>119-120
レスサンクス。そうすると、「行政学」というのは、
経営学の公的部門版、っていうような理解で大はずれではないの?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 15:49:20 ID:q4Gp2mOc
行政学は政治学と組織論のミックスが中心です。経済学や社会学、それから
システムダイナミクスやその他の学問領域も入ってますが、それは行政学
というよりはむしろ、公共政策と呼ばれる分野です。

経済学者は結構すでに参入してます。プリンシパル・エージェント理論の人が
連邦政府の政策と地方出先機関の施行との関係を研究したり、だとか。

(アメリカ)行政学の固有領域としては、行政府と立法府が党派的に分裂する
場合に、いかにして官僚組織をコントロールするか、ってな辺から始まった学問
なので、そのあたりが経営学やらと違うところですかね。


123 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 23:44:04 ID:pZjLelUv
http://www.mof.go.jp/f-review/r63/r_63_109_110.pdf

植草 財政考 について 覗きしてみよう

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 17:37:17 ID:y0MzvxO8
山形・秋田県境 神室山の避難小屋 老朽化で5月閉鎖

 山形・秋田県境の神室山(1,365メートル)の山頂付近にある避難小屋について、新庄市など
管理自治体は5月1日から閉鎖・使用禁止とすることを決めた。登山者らからは惜しむ声も上がって
いるが、老朽化が進み倒壊の危険性があるという。自治体の財政難から再建のめども立っていない。
 避難小屋は1967年に同市と山形県金山、最上両町が共同で建設。84年、93年の2回にわたっ
て大規模な改修工事を行ったものの、気候条件が厳しいため、柱や基礎部分が腐り、建物が傾くなど
傷みが激しかった。
 神室山を含む神室連峰は、栗駒国定公園の中にあり、高山植物も豊富。「みちのくの小アルプス」と
呼ばれて登山者の人気が高い。避難小屋は休憩所や宿泊所として親しまれ、年間7000―8000人
が利用している。
 昨年までの調査で、一時的な改修では今後の使用は難しいことが判明。しかし、建て替えた場合、地
元自治体だけで約2000万円の負担が必要となり、新庄市は「財政難の今はとても負担できる額では
ない」と、閉鎖を決めた。
 「神室山系の自然を守る会」(新庄市)の海藤清志会長は「非常に残念。建て替えが当分無理なら、景
観保護や安全性を考えて早めに撤去して更地にしてほしい。小屋の再建に向け、民間組織で連絡会を立ち
上げる話も出ている」と話している。
 閉鎖まであと3カ月間あるが、冬山登山で訪れる客もあり、市は「倒壊などの危険を感じた場合、自主
的に利用を控えてほしい」と呼び掛けている。(河北新報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050206-00000002-khk-toh

ようはどこに金を有効に使うのかということが問われている。今までならいい加減な
使い方をしてきても問題はなかったが、国も地方も財政難。しかも巨大な借金を抱えて
いる。このままでは破綻へ待ったなしということで多少の危機感が出てきたということか。

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/07 13:42:49 ID:uSVvO6mx
公共経済学にはどの程度の数学の知識が必要ですか?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 22:22:32 ID:K6GVdV0D
国家破綻に備えてゴールドをって話があるが
破綻時には国民のゴールド保有を禁じて
政府が巻き上げたり
貸金庫ごと封印没収とか

それでなくとも換金時にもの凄い税金かけたりで
ゴールド保有は意味のない事であろうか?

もちろん国民保有の外国株式も没収するであろうか?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 23:26:54 ID:JJFAnFji
諸悪の根源は、特定郵便局にあります。
全国郵便局の2万4769の約4分の3にあたる1万9000は、特定郵便局です。

特定郵便局長は、国家公務員にもかかわらず、世襲で引き継がれます。
膨大な利権を、江戸時代の領主のように、息子や娘が受け継ぐのです。
http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/tsure9.html



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/11 07:28:32 ID:AkZAtaQv
565 :学籍番号:774 氏名:_____:05/02/05 23:41:09 ID:???
AERA 04.3.15号 就職「学歴とコネ」人事部の本音
人事の人は必ずいう。「うちは学歴不問。人物本位です」と。
だからないと信じたいのだけど、やっぱりあるんです。 「学歴差別」と「コネ採用」

・「会社説明会、満員で予約できませんでした」
→「えっ?僕は普通に予約できましたよ?予約画面見たらまだ空いてました」 【先着順】のはずなのに・・・
→リクナビ 上位校の学生が予約画面に入ると場合と、下位校の学生が入る場合とで、空席情報を変えて表示
→同じ時間に予約画面に入っても特定大学以上の学生には空席が多く、そうでない学生には満席の情報を
→自動的に上位校の学生ばかりを集められる
・「セミナー定員は2500名、応募してくる学生1万2千・・・
先着順で予約受け付けたら優秀な学生を取りこぼす危険がある」【医療メーカー】
・「ネット応募が当たり前になったことで応募が爆発的に増加、
選考の効率化のためには大学名によるスクリーニングをかけざるをえないのではないか」【経済同友会政策調査部】
・「目的意識を持ち、自分を高めてきた学生を取りたいのはどこも同じ、しかしそういう学生は上位校に集中しており、
東大や早慶だけ重点的に見ていた方が優秀な人材がとれると考えるのは無理もないこと」【大手金融機関採用担当者】
 NTTデータ・・東大・東工大・早慶OB・OGフォーラムを開催
 トヨタ・・・・・・・大学を選別し、その大学(旧帝+早慶上智+一橋東工+同志社など)の学生だけを対象にした説明会を実施
 大手都銀・・・リクルーター制度を継続 表向きはオープンエントリーとしているが実態は上位校学生の一本釣り
 リクルーターが関与せず採用する学生数は全体の1割〜2割
・「人事もサラリーマンだから、実績のない大学の学生をとって出来が悪ければ言い訳ができない。
  大学名でとるのはリスクヘッジ」【就職四季報編集長】

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/07 16:28:59 ID:hRuaG41M
教育にはシグナリング効果があるからな。
誰でも大学に入れるだけマシじゃないか?

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 03:11:02 ID:+uYQPFOk
とりあえず、漏れが五年後に大学教員になれることを祈ってage


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/24(木) 16:29:17 ID:G9TKk54U
>>130
これから入院なら大学教員になれる確率は17%。
がんばれ。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/25(金) 18:47:11 ID:CTtvk5PL
経済学が馬鹿にされてる…

http://c-au.2ch.net/test/-/soc/1110273934/404

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/26(土) 00:23:58 ID:KlC6P+uk
「韓米は決別を準備すべき」という米国
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/25/20050325000070.html

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 00:17:01 ID:XjgjkbCH
直接税と間接税に特徴について800字〜1000字程度のレポートが宿題で出たんですが、
特徴だけ書いただけでは350字くらいしか埋まりませんでした。
いいレポートにするには特徴のほかにどんなことを付け加えるべきでしょうか?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 00:40:45 ID:nxMFpwts
>>134
なぜ、全部直接税ではないのか?間接税導入の根拠(代表的な消費税とか)
ていうか、特徴で350でまとめられる君はすごいと思う。

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/07(木) 00:50:08 ID:XjgjkbCH
直接税にはこういうものがあるとか、直接税の定義とか、直接税は垂直的公平に優れてるが
水平的公平に優れてないとか、くらいしか自分の頭じゃ書けませんでした。
800字くらいでまとめるとしたら、どんなことを書けばよいのですか?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/05(木) 22:11:40 ID:bFx3wWon
新刊,『消費税の経済学 誰が税を負担するか』 (大間知啓輔著)を読めば,もっと深みのある
レポ−トが書けるかもしれないよ.
つまり,日本消費税は,転嫁問題を解決したのか,日本経済の二重構造からの,その不完全
性を分析しているよ.

http://hou-bun.co.jp/www/Mokuroku/hon/02838-7.html

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 23:36:35 ID:U7XKfozq
この本なかなかいいね。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 00:11:29 ID:KEi+PH6/
「財政学」金澤史男編
はいい本だ

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 20:42:43 ID:XanVY0BJ
>>139
でも分担執筆だから使いにくい。
金澤氏の単著がよかった。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 22:40:34 ID:KEi+PH6/
>>139
個人的には14章がいい


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/25(土) 11:24:47 ID:CLgaCRxP
ここのスレッドの方は詳しそうなので、質問させて下さい。

例えば、所得税で所得に課税して、残った可処分所得からの消費に課税して、
さらには家なんか買ったら、固定資産税で家に課税する。

税というのは、課税物件の相違で大別すると、
収得税・財産税・消費税および流通税、に分類されるんですよね。

以上の分類が、どこで担税力を補足するのか、というものならば、
上の例のように考えると、
消費課税や財産課税というのは、収得税で一度担税力を捕捉したにもかかわらず、
消費課税・資産課税で二重三重に課税しているのではないか、と思うのですが。

こう考えるのは何か誤謬があるのでしょうか?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 21:37:48 ID:UsA86bf9
財政学学ぶためには、ミクロとマクロ、それぞれどのくらい知識いるの?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/20(水) 18:20:58 ID:Hdmfj5cv
>>143
それはまろもしりたい

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 22:00:33 ID:urSnYisx
てめぇら馬鹿野郎!144様が知りたいとおっしゃってるんだぞ!
誰か答えろや!

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/22(金) 05:19:26 ID:xh242c3G
財政学はいろんなトピックがあるからな。
きちんとやるなら、
まず、制度的な知識が必要で、
ミクロで公共財や最適税率がからんでくるので、ハイレベルの知識が必要。
マクロもIS・LMとか成長とかの知識が必要。
あと、地域経済みたいなこともからんでくる。

まあ、制度を理解したら、網羅的な勉強はほどほどにして、興味があるとこを中心にやればいいと思うよ。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/24(日) 20:24:05 ID:Hz6Y8eBJ
定率補助金と定額補助金の効果の違い、人々の厚生に与える効果の違いについて教えてください。お願いします。




148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 01:00:56 ID:A23Viu4j
>>147
スティグリッツ『公共経済学』東洋経済新報社のChap.26「財政連邦制」を参照せよ。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 01:47:11 ID:F4K0OyzW
中大で明日の4限の財政学受ける人。情報ください

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 07:07:50 ID:x5o2R/i2
>>148
ありがとうございます!

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 19:55:57 ID:7fxI2j1e
>>150
うるせぇ馬鹿!

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 12:40:15 ID:pi0eUTBr
任天堂が馬鹿ならあなたたちは超スーパーウルトラ大馬鹿ですね
(笑)どこの会社にも間違えなんていくらでもあるんですよ。
任天堂は少ない方だと思います。



153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/27(水) 23:26:05 ID:Gpm8E/Mk

      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
/⌒ヽ  / ''''''     ''''''   ヽ
|  /   | (●),   、(●)   |
| |   |    ,,ノ(、_, )ヽ、,,     |
| |   |    `-=ニ=- '      |  
| |   !     `ニニ´      .!      天狗じゃ、これも天狗の仕業じゃ!
| /    \ _______ /
| |    ////W\ヽヽヽヽ\
| |   ////WWWヽヽヽヽヽヽヽ
| |  ////WWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E⊂////WWWWWヽヽヽヽヽヽヽ
E////         ヽヽヽヽヽヽヽ
| |  //WWWWWWWヽヽヽヽヽヽヽ



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 00:48:03 ID:jAq/8/8M
日本財政学会って年報ないの?
外のもんとしては最前線の議論が把握しづらい。



155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/28(木) 16:27:24 ID:wz9BiL4X
公共選択論者は下記へ

公共選択論および公共選択学生の集いスレpart1
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1122534310


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 03:09:12 ID:9zQ3NCYw
財政学の井堀派・神野派について詳しく教えて下さい。
どういう人がどちらなのかなども。
この分野のプロパーではないのでよく分かりません。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 03:53:19 ID:ZBrcspy6
神野先生ってマル系?

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 13:03:17 ID:J7tl/Xmw
>>157
その流れは汲んでるんじゃない?
金子勝と共同研究してるし。
師匠にあたる佐藤進と林健久はどうだかよくしらないけど。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:25:35 ID:zBFI7Vvh
井堀派(近経)と神野派(制度学派)

制度学派は○の流れを汲んでいるのは確かだが、現在の○の主流とは
全く違う。金子勝とか金澤史男(横浜国立大学前経済学部長)とか
139は制度学派の本

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:45:51 ID:9zQ3NCYw
>>157
かの有名な大市大にいたしなぁ

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:50:45 ID:QQGvvycJ
財政ブームが終わったのにノンキに財政学なんか勉強していると、
役に立つスキルが何も身につかないから就職口がなくて無職になり、
被害妄想に取り付かれて世の中の悪口ばかり言うようになる。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 21:53:04 ID:9zQ3NCYw
>>159
と思ったら専門的なレスが。

門外漢の者としては、今時の三位一体(厳密には交付税)に対するスタンスによって
大きく立場を異にしてるように思うのですが、この見方は合ってますか?

無論そもそもの考え方が違うからってのはあるんでしょうが・・・


163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:20:06 ID:2Phv9rN0
これからこの道に入るなら、どの研究者につくべきでしょう。
できればバリバリ研究をしている若手・中堅希望。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:26:14 ID:cUi+9gSF
>>163
おまいの今の身分は?
学部生?

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:28:10 ID:2Phv9rN0
学部4年です。地域は選びません。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:30:34 ID:cUi+9gSF
>>165
例えば、有斐閣の神野氏の教科書と、東大出版会の貝塚氏の教科書と、岩波の井堀氏の教科書だったらどれが一番自分の志向に近い?

志向とかは関係ないのかな?
ただ立身できれば。それによって答えは変わってくるけど。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:33:45 ID:2Phv9rN0
貝塚先生と井堀先生の細かい違いまではわかりませんが、神野先生よりも、貝塚・井堀先生の方向を希望しています。

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:35:27 ID:ZRpspwvb
公共経済学ブームが終わったのにノンキに公共経済学なんか勉強していると、
役に立つスキルが何も身につかないから就職口がなくて無職になり、
被害妄想に取り付かれて世の中の悪口ばかり言うようになる。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:38:15 ID:cUi+9gSF
>>167
で若手がいいと。
実名を出していいのか分かんないけど、
慶應の土居氏とか、有斐閣から出てる『地方交付税の経済学』のグループかなあ。
ttp://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/012/012070.html

実名出しちゃったのでsage

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:43:01 ID:2Phv9rN0
>169
どうもありがとうございます。
学部レベルで読めるかどうかわかりませんが、読んでみたいと思います。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 22:45:06 ID:cUi+9gSF
>>170
でもやっぱ院で付くとなると一生もんの付き合いだから、発表されてるその人の論文を読み込んで、
よくよく考えた方がいいよ。
若い人は大学を移る可能性もあるし。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:04:16 ID:zBFI7Vvh
>>162
神野派が総務省で、井堀派が財務省だ。ぶっちゃけて言うと。

財政学勉強するなら、関東の院は必須です

173 :もうひとつ:2005/08/02(火) 23:10:58 ID:zBFI7Vvh
どちらかと言うと、制度学派は縦の関係(歴史認識)を大事にし、
近経は横の関係(国際比較、特に先進国との)を大事にします。

なので近経の人間はアメリカによく留学し、アメリカにいかなければ
2流というわけのわからん理論が成り立ってます

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 00:35:52 ID:KKiW9zT/
>>173
その理論のほぼ唯一の例外が財政学だ
ここは霞ヶ関に留学するからね
そういう意味で関東の院は必須ってことでしょ
たのむから土居みたいな学者をもう大量生産しないでね

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 00:45:33 ID:jb1PXFh8
>>174
>たのむから土居みたいな学者をもう大量生産しないでね

ここんとこ詳しく。
土居氏には最近注目してたので。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 00:56:32 ID:iIRAlrPf
2chでは伝説の土居スレのように、
土居さんを粘着叩きしている奴がいるんだよ。
>>175

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 01:01:21 ID:jb1PXFh8
>>176
そうなんですか。
ログとかってありますかね?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 01:34:01 ID:KKiW9zT/
この板に来たのはつい最近なんだが
過去に粘着がいたとは知らなかった

土居氏の評価に関しては個人的なものなんで
気になる人は著作を読んだり話を聞いたりして自分で判断してみるといいよ

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 01:38:21 ID:jb1PXFh8
>>178
なぜ土居氏の評価がそうなるのかについて詳しく。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 21:09:04 ID:YO1Dl1qi
東大の井堀利宏教授の新作『ゼミナール公共経済学』ってどんな感じの本ですか?
読んだ人がいらっしゃいましたらぜひ感想をお願いします。数学使ってましたか?
ある程度の理論経済学の知識は必要ですか?

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 22:24:57 ID:jb1PXFh8
>>180
>数学使ってましたか?
>ある程度の理論経済学の知識は必要ですか?

聞きたいことが二点あるって事?
orで結ばなくていいんだよな?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 22:55:44 ID:YO1Dl1qi
そのとおりです

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 16:45:33 ID:bFJcMDfS
>>180
数式は若干出るが、初学者でも十分OK 。
理論編と現実編にわかれる。
良書だと思うけど、縦書きだから数式の箇所も縦書きになり、そのとこだけ読みにくい。


184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/04(木) 23:38:02 ID:nJD7IJ1G
>>179
 あんたはどう思ってんの?

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/05(金) 08:03:06 ID:Bl37Tvz1
84 名前: 名無しさん@6周年 投稿日: 2005/08/05(金) 06:14:24 ID:EwF5beH70
どれだけの血税が中国人留学生一人につぎ込まれているか?
おそらく、大多数の日本人は知らないのです。

大学に留学する場合です。
1)奨学金/月額142,500円(年171万円)
2)授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担(年52万800円:現時点)
3)渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
4)帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を
支給 (111,100円)
5)渡日一時金/25,000円
6)宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年14.4万円)
7)医療費補助/実費の80%
上記 1) +2)+3)+4)+5)=262万円!年に262万円ですよ。
なおかつ全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。

奨学金をほしい日本人は わんさかといるのにもらえない人が多い。
それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思っているのです。
繰り返し、言います。年に262万円ですよ。
4年いたら、1051万円ですよ。血税で養っているのですよ。
貧乏な日本人学生が多くいる中で。

しかも、10万人。いくらでしょう?
2620億円です。 どこかの国の国家予算規模ですよ。
それをふんだくるばかりか、勉強もせずに、バイト。居心地よくて不法滞在、犯罪し放題。

なんで怒らないの?血税ですよ。

186 :政策分析ネットワーク:2005/08/07(日) 12:18:00 ID:GOdTtxlm
> 自分も関与していたにも関わらず、
> 西村晃一・関西学院大学 総合政策学部同窓会 会長に全てをなすりつけ
> 佐々木寿志・関西学院大学 総合政策学部同窓会 副会長(長峯純一ゼミ出身)

その関与者は、現在、岐阜県庁で公務員をしつつ、
しばしば政策関係の研究会や大学の同窓会にシラをきり平気な顔で出席しています。
長峯純一ゼミにもOBとしてシラをきり平気な顔で出席しています。
たいへん誠実な人物です。シラをきり、クリーンなふりをしているその姿を、みんなでじっくりと見てあげて下さい。たいへん誠実な人物です。

●政策メッセに シラをきりクリーンなふりをして出席
http://www.policy-net.jp/archives/cat_1113444.html
> 職員意識と自治体改革 −政策評価システム導入の組織・個人インパクトの考察−
> 佐々木寿志(関西学院大学)

●関西学院大学同窓会名古屋支部に シラをきりクリーンなふりをして出席
http://cgi.www5a.biglobe.ne.jp/~kg-nag/cgi-bin/album_details.cgi?number=46
> 5月14日今春、KG同窓会・本部の『副会長』に就任された佐藤英明(S25経)さんが出席されて
> 33人が揃いました。そして、岐阜支部から上田静夫(S49社)、栗田順公(S55商)、竹谷毅(S60商)、
> 佐々木寿志(H13総・院)さんの4名も加わってくださいました。

たいへん誠実な人物です。シラをきり、クリーンなふりをしているその姿を、みんなでじっくりと見てあげて下さい。たいへん誠実な人物です。


187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 18:32:56 ID:aC1k9Yst
初歩的なマクロとミクロやったくらいなんですが、
財政学を学ぶいい本ありませんか?

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 18:53:45 ID:D/xDmPmp
>>187
「日本財政の経済分析」は?

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 19:26:36 ID:hb/rw94q
>>187
教科書でいいじゃん

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 21:10:20 ID:aC1k9Yst
貝塚さんの財政学が教科書なんですが、
もう少し簡単なのはないでしょうか。

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 03:18:44 ID:L9gYHzBz
>>190
貝塚教科書より簡単っていうと・・・数式がない神野教科書?
あと、個人的には岩波の井堀教科書もさほど難しくないと思うけど。

上記のが難しかったら、東洋経済の読本シリーズだな。

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/08(月) 18:50:33 ID:46Y2d/6C
誤解を恐れずに言えば、パスライン財政学。

193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 16:10:53 ID:nYiYu1BN
>188>>191>>192
ありがとうございます。
神野さんのを買ってみようと思います。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/09(火) 23:02:07 ID:JUa32eOD
>>193
老婆心ながら、教科書は何冊か買ってそれぞれを比較してみると面白いと思うよ。
研究職を目指すなら、出回っている教科書は一通り買い揃えるべきだと思う。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 16:25:14 ID:2lVqvpAa
東大には宇野派の流れの林健久氏がいて、金子氏および神野氏はその弟子だったはず。
京大には島恭彦氏の弟子に宮本憲一氏や池上淳氏がいる。
実はこの二つの派閥?も仲が悪く、大阪での学会で飲み屋で遭遇した時には
「お前の本、おもろない」とか子供の結果になったらしい。



196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/20(土) 16:27:44 ID:2lVqvpAa
>>195
子供の結果→子供の喧嘩でした。
あと、マル系の話です。

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/21(日) 01:06:03 ID:JTty5kFC
>>195
宮本憲一は池上淳と神野直彦の教科書を同じ系譜に位置づけてたけどな。
『財政学研究』(現 『財政学と公共政策』)の書評で。

まあ藤田武夫と島恭彦の議論をレヴュー中の俺だが。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 08:39:38 ID:Lzcyv1XQ
>>197
池上さんが変容したと思う。90年の『財政学』(岩波)を島さんが読んで激怒したらしい。(w

宮本さんの書評読んでいないのでわかりませんが、池上および神野を同列にするのは、支配−被支配の関係について叙述していない点だど思うがいかに?。

199 :197:2005/08/22(月) 12:45:09 ID:QkpUFoDD
>>198
>池上および神野を同列にするのは、支配‐被支配の関係について叙述していない点だど思うが

そういう見方もあるんですね。
初学者としては勉強になります。

宮本書評はどこに行ったか分からないんで書評の内容を詳しくは言えないんですが、
「財政社会学の理想的な教科書」ぐらいの書き方だったような気が・・・
で、大内兵衛,島恭彦,池上淳,神野直彦を同じ系譜に位置づけてました。


200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/22(月) 13:40:36 ID:ZCl9Ls+l
基本的な質問ですいません。
国の歳入が約82兆なのに、特別会計の歳出の重複を除かない額面が約400兆なのは
どういうことなのですか?
えらく規模が違うと思うのですが。

201 :198:2005/08/22(月) 15:02:23 ID:Lzcyv1XQ
 60年代から70年代にかけて、宮本、池上両氏は社会資本論争や国家独占資本主義の理論的な問題に関する叙述多し。

 しかし、宮本氏は公害・住民運動に直接関わるようになり、都市経済論や環境経済学に興味と関心が移る。
したがって財政と名のつく単著はない(?)


 池上氏は、70年代後半から公務労働論に関心が移り、1978年カリフォルニア州13号提案の可決により、ブキャナンを財政民主主義の理論的支柱として評価するように至った。
 前後、オコンナーやロールズ、そしてセンをも取り組み固有価値論や文化経済学という問題提議を行う一方、岩波から『財政学』、有斐閣から『財政思想史』を出版する。

 2000年までの状況しかしりませんので、その後については?です。

202 :198:2005/08/22(月) 17:31:12 ID:Lzcyv1XQ
あと、林氏とその門下生は国際比較研究が好きなイメージがあります。

福祉国家財政の国際比較とかね。
何せ博覧強記の方々が多いという印象があります。神野氏、金子氏も。

203 :197:2005/08/22(月) 21:28:40 ID:9F3HYKf5
>>201
>したがって財政と名のつく単著はない(?)
岩波から『財政改革』っていうのを1977に書いてますね。

>>202
>あと、林氏とその門下生は国際比較研究が好きなイメージがあります。
東大出版会から出てる二冊(『福祉国家財政の国際比較』と『グローバル化と福祉国家財政の再編』)
のイメージが強いのか、僕もそんなイメージがあります。
そうすると>>159 >>173ってどうなんでしょうね?



204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 07:37:36 ID:LLd3wBfi

 ⇒世代間の大きな希望格差を、この選挙で絶対に解消させよう!!

  社会保障の世代間格差8100万円に・財総研が報告書

   財務省の財務総合政策研究所は17日、現行の社会保障制度の
   問題点や改革の方向性などを盛り込んだ報告書をまとめた。
   生涯賃金を3億円とし、年金、医療、介護を合わせた世代間格差
   を試算。保険料負担より給付が多い1940年生まれと、逆に給付が
   少なくなる2005年生まれとで8100万円の差が生じるとした。

 ⇒”いやらしい票集め”に励む馬鹿な政党ではなくて、これからの
   『若者』のことを真剣に考える政党にこそ、投票しよう!!


205 :竹中郵政大臣の講義:2005/08/23(火) 08:23:50 ID:IhTaRZiY
訂正

【TBSラジオ 竹中平蔵講義 アクセス出演】
2005年8月23日(火)
22:30頃〜23:30頃 TBSラジオ 「BATTLE TALK RADIO アクセス」に出演します。
BATTLE TALK RADIO アクセスHP http://tbs954.jp/ac/
http://takenakaheizo.cocolog-nifty.com/takenaka2/2005/08/tbs_8310.html

【生放送】
※インターネット中継をお聴きいただくにはReal Player 最新版(無料)が必要です。
※一度にアクセスが集中しますとサーバにエラーが出るため音声が中断してしまう可能性がございます。
大変申し訳ございませんが、予めご了承ください。
http://www.tbs.co.jp/radio/ac/live/index-j.html

★PS録音後うp求む


206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/23(火) 09:23:23 ID:t0RsgU6w
>>203
そうか、『財政改革』がありましたね。これ、読んでいないんだなあ。
宮本氏の中では『財政改革』→『都市経済論』という流れの位置付けの本だった気がします。
共著では有斐閣でのテキスト本などありますけどね。

ttp://www.yuhikaku.co.jp/shosai/20c50/09.html
良いものみつけました。ちなみに、島氏の原著は読もう読もうと思いつつスルーしております。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 12:32:54 ID:LjwmVEQO
国債が借金であることは事実であるが、それは形式的な議論でのみ妥当
するのであり、国債とは本質的には、総支出(総需要)を調節するため
の手段でしかないのだ (ラーナー『雇用の経済学』第一章)
それはまた、庶民が想像するところの借金とは異なるものである。すな
わち日銀が国債をたとえば、500兆円買取って保有した場合に、その
利息収入は日銀の手にはいるが、その利益は政府に納めなければならず、
単なる帳簿上の債権債務となることから明らかである。
さらに明確に国債の本質をとらえるためには、政府の子会社である日銀
を、年末30日に政府に吸収合併するところを想像すれば良い。そうな
ると国債の債権者が政府となるのであり、債権債務が同一人格に帰属す
ることになり、民法における混同の法理により、債権債務が消滅するの
である。これを借金と呼称することには、いささかの無理があることが
分かるだろうと思う。

http://homepage2.nifty.com/niwaharuki/


208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/25(木) 20:14:13 ID:nvBukPlR
資産が目減りしていれば負債も減らすか
モラトリアム

稼いで補填
増税


209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/30(火) 20:38:35 ID:veKSTaEn
学術的新規性無しで経済論評するだけなら実務レポートと同じだね

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)