2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【二極化】マルクス抜きで貧富の差を語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 17:46:44 ID:/ghK94S1
最近のホットでクールな話題として、二極化・貧富の差が挙げられると思います。

とかく話が政治的、思想的になりやすいですが、これをなるたけ経済学的に
見ていってみましょうよというスレ。
貧富の差の拡大が及ぼす、マクロの経済の悪化ってどんなもの?最適な配分とは?

マルキストやレーガニズムにかぶれた人は、差別するつもりは無いですが
他所でやってください、おながいします。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 18:12:45 ID:0vq9d9Rl
まずはチャールズブースに訊いてみるか

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/11/30 19:16:31 ID:27ybwie0
センのパレート均衡が駄目だと言う論文はどうなるのか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 00:51:41 ID:YDpmBArC
パレート均衡・・・・・・

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 02:04:18 ID:TTQZpmi5
資本家が労働者を搾取し、余剰物を労働者にきちんと配分しないから、
貧富の差が広がり、二極化がおきる。さらには、搾取は国家間、
つまり、先進国と発展途上国の間でも起きており、資本主義こそが貧富の差を
広げ、一部の特権者と大多数の貧困者を生む根本的な原因となっている。
資本主義は植民地化・戦争を呼び、アメリカ帝国主義、経済的隷属、貧困から
脱出できないアフリカの原因となっている。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/01 11:13:29 ID:1dJjCx7y
公共経済学的な見地からは規制緩和や小さな政府は貧富の差を招きやすい。
アンチ小泉と言うわけではないが。
特区などで個性化を図る市町村があれば出来ないとこもある。
前者は発展し、後者は衰退する。
小さな政府の実現には公共事業費の削減が欠かせない。
ムネオがやってたような所得の再分配は不可能になる。
事実、北海道は最近の景気回復基調に乗り遅れ気味だ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 00:41:37 ID:owro+B38
貧富の差の大きく国と小さい国、
長期的な経済成長率を比較した研究はありませんかね?

階層間の入れ替わりの可能性の高低も加味せなあかんやろうが

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:28:03 ID:78MqDfy3
Journal of Economic Literature

にはその手のサーベイ、大量にあるって。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 01:28:46 ID:78MqDfy3
つかジニ係数と経済成長でどれだけ論文あると思ってるんだ???

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/05 12:28:36 ID:JHnHgy8T
所詮は、[資本=賃労働関係]なのである。
もっとも最近は、労働者間の「所得格差」も明白となり、非正社員の比率も数も激増している。
これが資本のシステム経済の要請である。

経営者であれ、筆頭株主であれ資本のコントロール側にいる人間は、その剰余=利潤を独占出来かつ
その所有と処分(設備投資、再配分等)を自由に思いのままに操れる。
その対極的な側、もっとも小規模の会社ではその区別も曖昧になる事もあるのだが、いかに管理職的立場であろうと、
彼に経営権や利潤の管理運営の権利はない。その下の一般職や非正社員は尚更である。

経営権や利潤の用途について、労働側は排除され、景気変動の波に正面からぶつかる事となるのである。
雇用の権利さえも、最近は有期の非正社員を積極的に「活用」している現状なのである。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/07 18:29:28 ID:SjUF09zZ
【技術革新と貧富の差】

技術革新は失業者、貧富の差を拡大させるからだろう。
トラクターの出現は農村において、たった一人の従事者に仕事を独占させる。
それはつまり他の村民が失業し、貧富の差が拡大することになる。


実際には、失業した人間が新しい産業を開拓することによって分化し、
富を等価交換することによって貧富の差は解消できる。
結果として、初期の農村の経済において農産物だけでなく幾多の産業が存在するようになる。
経済的に豊かになる、経済成長するという段階において必ず貧富の差は生まれる。


【所有権と価値相対論】

貧富の差は、単純に持てる者が永久の搾取の存在になるものでもない。
所有権から来る”余りある富”と労働との等価交換、それによって起こる奴隷性という構造は永続しない。

なぜならば価値とは相対的であり、物に備わった永久不変の普遍価値などというものは存在しないからである。
土地、そして産業も常に同じ価値を持ち続けるものではない。
土地の有効利用や鉄道の出現は駅前と僻地を作り出すし、
また紙とペンから作り出した作品は他の価値あるものと等価交換できるのである。


価値の相対性は、富の独占という問題を解決するのである。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 16:31:20 ID:V6/E462F
だからマル経抜きって言ってるだろ

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/10 19:44:54 ID:0M14iz0g
笑った!
長い文章を読んで、次のかきこみ見ると、だからマル経抜きだと…。貧富の差が大きいのは別に問題ないかもしれない。成長期には中国のように格差は大きくなる。成長がなくて制度をいじって、格差が起こるようにしようとしている政治の現状が間違っているとおもう

14 :7:04/12/12 19:13:26 ID:GRcG94rG
>>8
>>9
すんません、ものを知らないもので。読んでみます。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 11:16:22 ID:953Is7YC
金持ち2人が、1兆円の資産を1000回互いに売り買いを繰り返せば、
他の全国民がホームレスであっても、1000兆円のGDP(国内総生産)になる。
統計上は景気が回復したように見えるようになる。

今の日本は、それに近いものがある。
規制緩和で資産の売り買いを活発にしても、景気が回復するのではなく、
統計上のマジックに過ぎないのだ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 22:37:25 ID:VeR6qcGM
15はGDPの定義を知らないのか?
偏差値50も無いうちの学校(経済学部)の学生でも分かっているのに・・・

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 22:55:40 ID:Z7od2gy2
      __
    i<´   }\   , - 、
   ヽ.._\./  .ンく r-兮、 __
    ∠`ヽ.! /   ヾニEヲぐ ,ゝ->   さすが付加価値だ
   /_`シ'K-───‐-、l∠ イ    売り上げと間違えられても
   l´__,/l\、_ ̄0¨0)゙@Yヘ, -┤    何ともないぜ
.    l'___|⌒ヾ''ー==、ーr='イ i二|
   / .」   i   /./7r‐く  lー!
.   f.  ヽ‐i人.∠'<   _i. l,.-ゝ.
    トiヘヘ「ト〈      `X  トレi7__|
   〉ト:トハj`! i.    /  トー┤lルj,リ
  /‐+----+‐l    iー--i---ヾ'〃
.  l_i____i__|   |___i,__i_|



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/16 22:57:04 ID:74jtkmFk
>>17
ワロタ
>>16
教員?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 01:52:15 ID:VftExYv9
成果の差を貧富の差として公平に反映しないと、
スウェーデンのように富の生産者が国外へ逃亡してしまい、
結果 税収も減り、みんなで貧しくなる。
ロシアのGDPはメキシコにも及ばないわけだ。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 01:54:59 ID:VftExYv9
>>15
それを言うなら物価の高い国は、
GDPが膨れやすいぐらいにしとけ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 02:07:48 ID:yu9Sizdq
>>15に経済を任せてると大変な事になる

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 04:48:12 ID:Oo250mTm
> 20
 物価がどれほど高くてもドル建てでみれば関係ない。
 ドルである必要は無いが、何らかの基軸通貨に換算しないと
国際比較はできない。

 また、物価上昇率が高い国は名目GDPが膨れる傾向があるが、
実質ベースではやはり関係ないし、名目ベースですらデフレ傾向の
日本では15が言う「統計上のマジック」は発生しない。
 15の脳内のほうが遙かにマジカルだと思われ。

 とはいえ、15のことを気づかう20はいい人に違いない。
 ついでに、17のゴッグ萌え

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 09:49:33 ID:9mWBXaJu
不動産業や卸売業のように、転売目的で資産を取得するなら、>>20のいうことは成り立たないが、
自家用や事業目的の取得であって、取得より少し置いてから売却すれば成り立つ。
消費税の課税方法と同じだ。
自家用に1億の土地を買えば、1億の消費とみなされ、
2年後に売却すれば、1億の生産とみなされる。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 09:57:51 ID:9mWBXaJu
もっと分かりやすい例を挙げてやろう。
大金持ち2人が、1兆円のマッサージを互いに1000回繰りかえせば、
1000兆円のGDPになる。
大金持ち自らがマッサージを行う必要はないから、貧乏人を雇って、
売り上げの1兆円から100円だけ賃金に支払えばよい。
搾取率が上がるほど、GDPは上がるのだ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 10:08:51 ID:9mWBXaJu
>>23の補足だが、
1兆円で買った資産が2兆円で売れれば、GDPに1兆円が計上される。
2兆円で買った資産を1兆円で売っても、1兆円の消費とみなされ、
GDPにマイナス1兆円が計上されることはない。
市場取引が活発になれば、それだけでGDPは上昇する。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 10:19:26 ID:mQxAod+g
>>23-25
アフォですか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 11:08:57 ID:9mWBXaJu
まだわからんのか。
インドと日本を一つの国として、実質GDPを計算してみろ。
インドの物価の低さの影響で、驚異的な実質GDPになる。
今の日本がやってることは、貧富の差の拡大で、日本の中に、
先進国と後進国を作り出すようなもんだ。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 13:30:27 ID:895dTHZz
>>19
日本は一人当たりGDPでスウェーデンに抜かれたのですが?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 14:18:26 ID:Oo250mTm
> 27
 さぱ〜り 分からない
 付加価値が1兆円で賃金を100円払っても付加価値の大きさが
変わらない以上、GDPへの影響は無いのだが・・・。
 もちろん、所得分配は変わるけどね。

 あと、実質GDPは、時間を通じた変化を捉えるときに物価変
動の影響を排除するために用いるのであって、同一時点で、複数の
国・地域を合併するとどうなるか、などという「統計のマジック」
に使うものではありません。

 とにかく、GDPの定義がよく分かっていないために、自分自身
が「マジック」に嵌ってしまったのでは?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。 :05/01/17 15:27:22 ID:lcIS9hmm
>>23-27
なるほどね。
貧乏人が消費で手に入れたものは、文字通りの消費だが、
金持ちが消費で手に入れたものは、転売可能だったり、
新たな収益を生み出したりするということかな。
誰の理論だったか忘れたけども。
貧乏人の買うバッグは転売不能だけど、プラダのバッグだったら転売できるとかね。
貧乏人の買うマンションはボロくなって終わりだけど、金持ちは貸し出して家賃収入を得るとかね。
金持ちのほうが、収入を消費にまわすという説があるけれども、
金持ちの消費と貧乏人の消費を同列に扱うのは間違いなのかもね。
金持ちの消費は、実質的に貯蓄なんだよね。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/17 17:27:00 ID:VftExYv9
ビルゲイツの資産は、米国民の下位60%の年収の総計に匹敵します。


32 :ぴかあA:05/01/17 23:28:34 ID:zI3cJ033
私が考えているのはひとつを除きそんなに難しいものではない。
例えばロックフェラーの遺産を後継しようとするとしよう。
ではエクソンやシェルなどの企業幹部の中で、利潤最大化能力
を持つものを、ある程度選出し、その中からくじ引きで当選者
を出すというものである。
問題と言うのは労働者の労働条件をよくすると言う面の評価
をどうするかと言うことで、これは今後の課題である。
ソ連や北朝鮮と決定的に違うと言うことは、資本主義社会をベース
にしている面である。それが決定的に動機付けの面で違うのである。
また、莫大な私財が転がり込むようになるとなれば、労働者の
問題にも理解ある経営を示さないと候補者には選ばれないから、
そういったものに対する経営者の動機付けにもなるはずだ。
要するに普段の経営者としての仕事振りが試験問題になるわけだ。


229 名前:ぴかあA :04/12/10 22:11:17 ID:TjYZeHsS
例えばジョン・スタインはテキサコの取締役だった。彼は非常なやり手で
会社にとってなくてはならない存在だった。彼は例の「くじ」の選出のた
めにも余念がなく、労働者のバカンスを保障する計画案と、スタッフ制の
導入による労働者の残業時間の減少方法を取締役会で認めさせた。
全米遺産くじ選出委員会はロックフェラー氏の遺産相続に関して、彼が
適任であるとの判断を下した。何人もの候補が選ばれたが、ジョン・ス
タインは彼の幸運によってみごと、ロックフェラーの遺産を相続したのである。



33 :ぴかあA:05/01/17 23:42:41 ID:zI3cJ033
つまりビル・ゲイツなどのように個人の能力だからいくら稼ごう
がかまわない。
しかし遺産としてロスチャイルド・ファミリーとなっては困る。
バカな金持ち階級が富を独占するから。
だから、経営能力があり、かつ労使関係網膜やる経営者を選んだ
方が労働者のためになるから。民主制でえらぶ。
(くじはいらないかもしれない)
こうすると資本は半場私有、半場共有される。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 15:14:10 ID:Izv7kW9x

GDPの話と分配の話が混在しているのですが、まず、社会的総余剰と
GDPの関係というのはどうなっているのでしょうか?仮に計量が可能
だったとしても、社会的総余剰が最大になる点でGDPが最大になるとは
限らないということでOKですよね?

また、規制等によってそもそもパレート最適になっていない、という話と、
あるパレート最適な点において分配がどうなっているか(再分配の
コストをどう考えるかということや、どの程度の格差を許容するのか
ということも含めて)という話もごっちゃになっているように思いますが、
ここも分けて議論した方がいいのではないでしょうか?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/18 23:14:12 ID:lmGjEONn
アダム・スミス、新古典派による市場主義から、
ケインズの「自由放任主義の終焉」,
そしてミルトン・フリードマンが「自由の選択」により
市場主義回帰を結論ずけて、
現在に至る。


36 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/19 00:50:41 ID:e8nnePCC
市場機能による資源配分と自然淘汰の成長活性効果。
労働分配も2極化型成果配分が株主価値最大化に
最も多く効果が示されている。



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 02:36:04 ID:cUQgDJ+9
私の理解だと、ミクロ経済学では、資源配分と所得分配は、
無関係なものとされていて、所得分配に関する議論(厚生経済学)
は、かなり数学的に高度なのだけれども、これといった結論が
出ていないように思える。
つまり、貧富の格差が広がっても無問題、ということ。
漏れは、所得分配が教育や労働に対する意欲・合理的な行動をする
ために入手できる情報の格差等によって、資源配分の効率性に
影響を与えるのではないか?という問題意識を持っているが、
何しろ、数学的にややこしすぎて定式化するに至っていない。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 11:43:01 ID:Y7vyLQLN
> 37
 Sen って知ってる?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 13:18:12 ID:udxXd1it
センだって経済学者以外には評判がいいけど、経済学界内じゃ業績は認められてるに
しても主流にはならないし・・・

経済学が社会科学であるならば倫理は避けて通れないと思うけどね。
少なくとも、メカニズムの説明はできても政策提言はできないはずなんだが。
数学の多用なんかよりも、モデル使った論文の最後で気の利いたpolicy implication
書かないといけないという慣習の方がよほどこの学界の病理だと思う。

ま、それでお前にどういう案があるんだと言われると全く返答できないわけだがw

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 13:42:05 ID:7P6UhhgB
倫理を入れたところで、やはり弊害が生まれると思うよ。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 17:44:20 ID:KXFeuFAo
大金持ち2人が、1兆円のマッサージを互いに1000回繰りかえせば、
1000兆円のGDPになる。
大金持ち自らがマッサージを行う必要はないから、貧乏人を雇って、
売り上げの1兆円から100円だけ賃金に支払えばよい。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 17:54:04 ID:KXFeuFAo
国の景気を比較するとき、実質GDPが用いられる。
名目GDPが同じ国があれば、物価が安い国のほうが経済取引が活発であり、好景気とされる。
ところが、ここに落とし穴がある。
>>41の例でいう、国民の大多数がホームレスで、2人の大金持ちが、1兆円のマッサージを
繰り返しても、実質GDPは上がるのだ。
大金持ちのマッサージが10兆円に上がり、一般国民の収入が10分の1になれば、
物価は10分の1になるから、実質GDPは10倍以上に上昇する。
一般国民の生活水準がインドからバングラデッシュに落ちるにもかかわらず。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 17:58:48 ID:KXFeuFAo
>>42の続き。
逆に言えば、
バングラデッシュ政府が税金の免除を約束して、ビルゲイツ一族を移住させれば、
一般国民の生活が何も変わらなくても、バングラデッシュの実質GDPは10倍以上になる。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 18:09:28 ID:KXFeuFAo
>>43の続き。
世のマネタリストと呼ばれる方々は、ホームレスの空き缶拾いでさえ、労働であると主張する。
ホームレス全員が空き缶拾いをすれば完全雇用は実現するのであり、失業者は就業意欲がないだけであるとされる。
バングラデッシュのホームレスも生きるために何かをしているはずであり、
完全雇用が何時でも達成できる国であるといえる。
今の日本の規制緩和は、上位1%の生活をビルゲイツにし、
残り99%の国民生活をバングラディッシュにするものである。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/21 21:47:26 ID:6puHGNFt
>>37
ミクロ経済学は道具だから、あそこででた結果が経済学者の総意だとは思わないでくれ.
あれを使った上で特定の文脈にマッチした理論が出来ていくわけだ。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 05:46:03 ID:N1yC9xrM
>>38
センについては、私は、社会選択論の文脈で
一応知ってはいるものの全貌を把握しているとは
言い難い。ただ、彼のアプローチは、パレート最適を
否定する方向なので、あまり好みではないな。
私としては、できれば、ミクロの主流のアプローチの土俵で、
資源配分と所得分配の関係を論じてみたい。
(誤解があればスマソ。浅学非才なもので)

>>39
倫理の問題を入れればいれるほど、理論的な普遍性が
なくなるからなぁ。その辺が難しいところと思う。
数学の多用は、少なくとも経済学への参入障壁にはなっているかとw。

>>45
なるほどね。
私個人としては、貧富の格差は少ない方がよいと考えている方で、
伝統的な価格理論よりも、むしろ、組織の経済学の方から
アプローチしてみたいと思ってます。


47 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 12:35:51 ID:WBHIxRji
ボールズ&キンタス「平等主義の政治経済学」どうよ?
買うべき?

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 15:48:31 ID:L5sSBzqb
>>47
章立てを見ると、日本的マル経な感じはしないよね。
効率性の意義は理解してる感じだし、市場の機能も評価してる.
読んでみたら?

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 17:28:45 ID:xAZoCdCx
>>46
パレート最適のみじゃ所得分配について何も論じることはできない。
パレート最適基準を組み込んだバークソン=サミュエルソン型厚生関数では
いかなるパレートフロンティアも最適なので。

あと所得分配の基準を特定化するのはそんなに難しいことじゃない。
社会的厚生関数の形状を決めればよいだけ。
たとえば、ロールズ的なマキシミン原理を採用するならば、
45度線上に頂点がくるような、L字型社会的厚生関数ができる。
それと、パレートフロンティアの接点は、効率的かつ、所得分配の基準も満たしている。
まあ、そのような厚生関数がなぜ成り立つか、という議論はまた別だが。



50 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 19:39:48 ID:BdfMOsQr
規範的な議論ばかりじゃ何なので。

経済成長と国家間および国内の所得格差
http://www.esri.go.jp/jp/archive/e_dis/e_dis120/e_dis114.html

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/22 20:34:08 ID:bSuXCzjh
>>49
>まあ、そのような厚生関数がなぜ成り立つか、という議論はまた別だが。
そういうことなんですよ、問題は。

>>50
なーるほど。理論からじゃなくて、実体経済の方から統計で
ドンとやるわけね。発想の転換になりますた。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 16:02:25 ID:cwDthdPU
大金持ち2人が、1兆円のマッサージを互いに1000回繰りかえせば、
1000兆円のGDPになる。
大金持ち自らがマッサージを行う必要はないから、貧乏人を雇って、
売り上げの1兆円から100円だけ賃金に支払えばよい。
国の景気を比較するとき、実質GDPが用いられる。
名目GDPが同じ国があれば、物価が安い国のほうが経済取引が活発であり、好景気とされる。
ところが、ここに落とし穴がある。
国民の大多数がホームレスで、2人の大金持ちが、1兆円のマッサージを
繰り返しても、実質GDPは上がるのだ。
大金持ちのマッサージが10兆円に上がり、一般国民の収入が10分の1になれば、
物価は10分の1になるから、実質GDPは10倍以上に上昇する。
一般国民の生活水準がインドからバングラデッシュに落ちるにもかかわらず。
バングラデッシュ政府が税金の免除を約束して、ビルゲイツ一族を移住させれば、
一般国民の生活が何も変わらなくても、バングラデッシュの実質GDPは10倍以上になる。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 16:03:49 ID:cwDthdPU
世のマネタリストと呼ばれる方々は、ホームレスの空き缶拾いでさえ、労働であると主張する。
ホームレス全員が空き缶拾いをすれば完全雇用は実現するのであり、失業者は就業意欲がないだけであるとされる。
バングラデッシュのホームレスも生きるために何かをしているはずであり、
完全雇用が何時でも達成できる国であるといえる。
今の日本の規制緩和は、上位1%の生活をビルゲイツにし、
残り99%の国民生活をバングラディッシュにするものである。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 16:10:32 ID:cwDthdPU
1兆円のマッサージって何だという疑問が生じるが、
金持ちの無駄使いを表したものである。

貧乏人の散髪は1000円で、金持ちの散髪は10万〜100万。
金持ちの散髪を実際にやるのは貧乏人で、売り上げから100円だけ渡される。
貧乏人のバッグは1000円で、金持ちのバッグは10万〜100万。
金持ちのバッグを実際に作るのは貧乏人で、貧乏人に渡るのは100円だけ。
GDPの算定に使われる物価は、大多数の貧乏人が使う物の値段であるから、
散髪1000円、バッグ1000円で計算される。
累進課税の緩和で、金持ちの散髪が10倍の値段になっても、貧乏人への給与が変わらなければ、
貧乏人が使う物の値段は変わらないから、貧乏人の生活が変わらなくても、GDPは大幅にUPする。
貧乏人の生活が変わらなくても、GDPのUPを見れば、景気が回復したように見える。
累進課税の緩和によるGDPの上昇は、労働意欲の喚起とは関係なく、純粋に統計上の問題。


55 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/31 16:15:19 ID:cwDthdPU
貧富の差が拡大すると、景気回復に見えるんだよな。
金持ち世界はインフレで、金持ち向け商品は価格上昇。
金持ちが搾取率を上げるので、貧乏人はさらに貧乏に。
貧乏人世界はデフレで、大衆向け商品の物価下落が続く。
貧乏人が物価を下げて、金持ちがGDPを上げるので、好景気に見える。
だが、誰も幸せになれない。
景気回復を褒められる竹中君だけが幸せに。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 03:04:40 ID:Jk9r+amV
>>52〜55
>だが、誰も幸せになれない。
米国民の貧富の差は拡大したが
米国民は米国の制度自由資本主義が世界で最も良いと皆考えている。
資質がなくても小口でも株主になれば新興企業の成功によるリターンを
享受できるし、小口資本家として配当も得られる。
規制緩和されている分だけチャンスは転がっている。
1人勝ちを抑制するための独占禁止法も十分機能している。
貧乏なのは能力が無いか、努力が足りないか、自業自得。
幸せになれないのは、ひがみ根性が強い能無しの君だけじゃ。


57 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 03:20:16 ID:ttgRwrW5
今こそ万国のプロレタリアよ、団結しる!

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 08:24:46 ID:xxeX1Wwd
>>56
>>52-55を相手にする気は俺もないんだが、あんたのレスもどうかと思うぞ。
だから経済学者は社会科学者としてなってないとか他の分野から言われるん
だよ。法制度が整っていることと、実際に社会階層がどのように形成あるいは
移動するかということと、それをその国の人間がどのように見てるかという
ことは全部別の問題でしょうが。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 09:11:18 ID:YOKylCUu
資本主義というのは実に不思議な制度で、
デブはますます太って心筋梗塞で死に
ヤセはますますやせて餓死に至る。



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 14:35:19 ID:fDOZpRKE
>>58
もう1つは社会制度が整っていても人々はそれを認知していない場合があるよね。
特に貧困層はその日その日の暮らしに精一杯なわけで、
自分が得する制度やサービスがあってもその制度を知らないなんてのはザラ。
金持ちはそうしたルールを知る・勉強する機会があるけど。

日本の保険・年金とか資産運用関係の制度だってそうでしょ

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 15:44:28 ID:IZBulxaG
遺産による大富豪。これはビル・ゲイツのようなものから区別されるべき
では無いか? ビル・ゲイツのような正当性が無い。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 17:22:14 ID:Q8K8UR4A
>>61
大統領選における候補PR費用はそのような相続人からの
政党への寄付金に占める割合が大きい。
お世話してくれる人の不利益になる法案を通すのは背任行為と言える。

ビル・ゲイツが消費しても相続人が消費しても経済効果は同じ。
消費せず不動産保有であれば地価税を払うし、
いかなる運用も市場への経済資源供給となり社会的な貢献となる。

相続税回避のために一代で消費してやろうと無駄に
豪遊される方が社会のためにならない。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/01 18:39:31 ID:9IBAnsU1
>>62
豪遊もほどがあろうから、資本となった遺産は没収してはどう
かね。結局政治家を自分の都合の良いように操ってるのだろう。
まったく持って有害な寄生虫だ。
「世界の主な資産分割は19世紀におわった」と聞いたことは
ないかね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 00:55:43 ID:NfMCBk4g
>「世界の主な資産分割は19世紀におわった」と聞いたことは
>ないかね。
全然終わっていない。
ゴールドマンサックスのBRICsの予測なら聞いているが、
これもまったくあてにならん。




65 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 07:13:34 ID:DqWp63I9
どうも、ミクロの理論をやっていると、資源配分のことばかり
考えてしまい、所得分配というのは、経済学の領域ではなくて、
むしろ、政治学とか社会学とか法学とか哲学とか、そういう
方面からアプローチすべきような気がしてくるわけですが、
みなさん、どう感じていらっしゃいますか?

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 12:03:40 ID:f5Teg+fZ
何もやっていないと、経済学のように感じる。w
配分は経済学だろう。それと遺産相続人はダニだ。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 16:47:51 ID:NV6BhosK
所得分配の諸ケースにおける消費量、設備投資量、経済資源再配分、税収、
モチベーション効果、治安コスト等を検証しGDP予測を立て比較するべきだ。

長期の視点でGDPの最大化と最大多数の幸福の2点を論点に考えよ。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 16:58:53 ID:c69HTpkt
>>65
まぁ社会保障とか課税体制は
政治学や法学からのアプローチの方がいいと思うけどね。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 21:23:42 ID:3f44RjS5
>>65
中庸がいいという言い方をするのもアレなのだが、バランスの問題じゃない?
厚生経済学でなんでも言えるような態度も困るが、分配は経済学の問題じゃ
ないよと逃げるのも社会科学としての役割を放棄してる感じがする。

「どういう配分が望ましいか」を経済学の方法論で言うのがしんどくても、
「○○という政策を実行する/しないと配分がどうなる」「配分がどうなると、
社会的にこのような影響がある」あたりまでは分析対象とするべきな気が
する。その上で、何を選ぶかを決める(決め方を決める)のは経済学の
領域ではない、というくらいが妥当では?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 22:37:22 ID:3Yt3WV3M
>>65
ミクロは道具です。
どんな所得の配分がいいかはある種哲学です。
ミクロ理論を使って、望ましいと思われる所得の配分をしようとすると、
どんな利点があるのか、どんな欠点があるのかという研究は経済学者はやっております。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:10:11 ID:UM6B6mtr
>>70
配分の問題は哲学や道徳なのかな。
マクロの視点でのスレを読むと詰まる所、効率の最大化が
焦点になってるようだけど。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/02 23:30:32 ID:NfMCBk4g
所得配分の平等性を考えた社会主義国の平均生活レベルの方が
功利主義配分の米国民の貧困層よりも貧しい。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/03 13:06:20 ID:DK4DYovs
>>71
効率の最大化とは社会的厚生の最大化のことでしょうか?
それはそれでひとつの哲学でしょう

マクロでの効率性の議論はパレート効率での議論が主ですから、
初期配分をどう分けるかという議論とは相当な部分で両立すると思います。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/05 22:58:11 ID:Ol0afppI
世代間の所得再配分に使え。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/06 09:06:09 ID:q1NZ5VtQ
●日本の失業率の計算方法では小さな数字しか出ない?

「イギリス、西ドイツ(当時)は(失業率を出す計算式の)分子、分母とも小さい。
アメリカは分子が大きく分母が小さいから、失業率はもっとも大きくなる。
これにたいし日本は、分子が小さく分母が大きいから、失業率はもっとも小さくなる」

なぜそうなるか、白書は大要、次のようにいっています。

「アメリカでは、就職先が決まって自宅待機中の者や一時解雇の者も(分子に)含むため、失業者数が大きく出る可能性がある。
イギリス、西ドイツは、家族従業者、自営業主を(分母に)含まないが、日本は含む。
アメリカでは軍隊を(分母に)含まない」

ちなみにILO基準は、就職内定者を失業者に入れていますが、日本は入れません。
また日本は自衛隊を分母にいれています。

「最近の傾向として、就職が厳しいので専門学校などに入り直す新卒者がずいぶんいるのではないか」。

確かに、求職活動をあきらめ、専門校や大学院にいく青年はいます。
家業を手伝う青年もいます。
しかし、そういう人は完全失業者には算定されません。

「完全」とは日本独特のいい方です。

http://www3.osk.3web.ne.jp/~meikonwa/menu/seiji/situgyo.html

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 00:18:03 ID:klJTjGbA
>>72
比べる国が悪いだろう。
スウェーデンとアメリカを比べるべきだ。


77 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/10 23:35:29 ID:nMki6p/2
ニートは貧富の差を縮小する効果が多少あると思う。
裕福な家庭の子女にニートが多いと仮定すれば、
1.いずれ相続する遺産を食い潰している
2.職業訓練の機会が減る→生涯賃金が下がる
どう?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 09:45:58 ID:y9T4QkGW
南北問題について平易な描写で書かれた本って無いですか?
もちろんアマゾンでも探してみますがここでも情報がほしいので。
センが「貧困と飢餓」って書いてたけどあれはよいのですか?

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/14 14:43:45 ID:7WwxTn4v
>>78
名著だが、あなたの思っているような内容かどうか。
あくまでも飢饉の分析なので。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 09:13:11 ID:ws0btHGo
>>52-55は、左近司さんの「外部が内側に形成される・・・」のことか?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/15 09:17:41 ID:ws0btHGo
左近司祥子さんが毎日新聞に著作紹介書いてたんだけど(先週だっけ)、記憶が曖昧、残念!

82 :3%の男か女:05/02/20 20:36:47 ID:6bhTCouW
  古臭いドグマなどでなく,現実の世界であるところには物があまるほどあるのに,無いところでは必需物資が深刻に窮乏する状態を問題にできないのか
物理的には物資をすこしだけ移動させるのは可能であり比較的容易なのだが、フォローする経済学がないというかだれも追求しない、どういうことだ

 ひどい貧困を広く少し改善するだけでも裕福な層に必ず多少犠牲が出るという古い構図は,生産量の増大と言う下部構造の変化によって違ってるのではないか
だが上部構造の経済学が追いつかない(下部構造が先行するとはいえ)ボーとしてる,物資的基礎に対応できるのが本との経済学ではないか

 貨幣的には世界の裕福な15億人が収入の2から3%を出すだけで,それで調達できる麦等の物資は膨大な量で、底辺の15億人がかなり助かるだろう

 いまやものはかなりあり,世界規模でひどい貧困は少しは改善可能な状態が史上初めて,物資の増大により可能ではないだろうか
多くの場所で物は作ることはできても売れないと言う状態にある、そのときにそれを何とかできるそういう思想がひどく枯れてるというだけだろう

 貧困層に不可欠な必需物資でどんどん作れるのに,貧困層が市場にならずに困ってるそれをどうしたらよいか.経済学でどうにかできそうだ

 たとえばほんの卑近な例だが,中国の雑貨が大量に日本にはいって日本製造業が困ってる,中国の雑貨は本来世界の貧困層に回せればいいのだ
ここでさらにその場しのぎ論では3分の2の雑貨を多少高くして3分の一を世界の貧困層へ回せる.全体量は多いから相当なもんだ
麦なども先進国は生活水準に比べてえらく安く輸入して買ってる、ということは

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/22 18:41:40 ID:cfEo7iWX
コピペかよ。

84 :2%の男か女:05/02/23 13:44:50 ID:eM+qDPfG
 >>822
 >だが上部構造の経済学が追いつかない(下部構造が先行するとはいえ)ボーとしてる,物資的基礎に対応できるのが本との経済学ではないか
経済学も場合によっては上部構造だという新論ですよ

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 14:27:35 ID:5dTFEE7a
       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /       ブーン
      ( ヽノ
      ノ>ノ 
  三  レレ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/enka/1109108506/3

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 14:29:11 ID:5dTFEE7a
       /⌒ヽ
⊂二二二( ^ω^)二⊃
     |    /       ブーン
      ( ヽノ
      ノ>ノ 
  三  レレ
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/enka/1109108506/4

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/23 17:14:29 ID:oHKTHjgr
aho

88 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/25 19:49:57 ID:6e6+v8TX
しかし、貧困と裕福の教科書的データが無いと何も言えんね。

89 :2%の男か女:05/02/25 23:19:11 ID:TXHjz5gO
  簡単なデータでは,世界の裕福な15億人の平均収入は150万から多少超えたくらいだろ
う,一方貧困な方の15億人の平均収入は年間3万円かちょっとだけ上あるいは下

 裕福な15億人の2%は3万円+若干だから,.前者から後者に単純供給すると、要するに貧困な方の収入が
倍になる,この倍はすごく助かるレベルだ

90 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/25 23:29:57 ID:/XuAGhwx
>>89
15億人が年収150万円以上
15億人は年収3万円
>裕福な15億人の2%は3万円+若干だから,.
これちょっとわからんが。
で、地球の人口って45億以上いなかったか?
俺が餓鬼のころのはそんなもんだったが、
今じゃ50〜60億いるんじゃないか?
残りの層はどこに?

91 :2%の男か女:05/02/26 08:55:24 ID:fzuuYXrK
>>90
 60−15−15の残りの30億はどうするかってか、そんなこともわからないのか,
この件に関しては中立に決まってる

 ただ必需物資を作る産業には参加できるそれはいい効果を生む

92 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/26 09:42:18 ID:EPVZKS20
>>91
では貧困層の15億が飢えているというのか?
説明8するのが面倒ならネタもとの本を教えてくれ。

93 :tohtoshi:05/02/26 19:16:29 ID:RSbHBP3T
皆が信じている政治や経済学は、社会組織の原理を研究して起った科学的な方法で確立された思想
の結果ではなく、人間の自己保存の本能から発達した利己心に基づく感情の結果であり、歪みや
矛盾もあり欠陥を含んでいる。それは今のような立憲政治体制や共和政治体制は「自由、平等、
博愛」という当時の反動思想であり愛念に乏しいと言える。しかし今までに社会機構を根本から
改造して、個人や団体における真の安心や平和と幸福を実現させる方法が判明しなかったのです。
そこで多くの人は、多少の疑問や矛盾を感じながらもほとんど完全な機構だと誤解してしまった。
国政や自治体に携わる政治家や官僚の皆さんの人格や人生観(生き方)が政策には如実に反映されるか
ら、正しい学問と教育を確立して立派で高い人格や徳を備えた人物を育成し揃えることが大切だろう。
この出典は ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/ 心を鎮めて世界平和の祈りを捧げよう。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/02/26 20:23:48 ID:1dEzMzKR
堀江ライブドア社長 1株を3万倍にした錬金術
http://gendai.net/contents.asp?c=031&id=16568

「投機資金を集めるためです。1対100の大型分割をすれば、理論的に株価は100分の1になる。
ネットトレーダーのような投資家は資金力がないから高い銘柄は買えない。
そうした若い投資家から何百億円もの資金を調達して“堀江ファンド”をつくり、
その資金で消費者金融や出会い系アダルトサイトを買収している。
プロ野球に新規参入する費用も株式分割で集めた資金が使われています」

しかも、これほど極端な分割を繰り返すと株価はほとんど意味がなくなる。
株価収益率、配当利回り、純資産倍率といった指標は算出不能とされている。

ネット証券最大手の松井証券の松井社長は、こうした行動に激怒。
「市場を混乱させるワケの分からぬ株式分割」
「投資家心理を手玉に取っている」
「市場を自分の財布と考えている」
と痛烈に批判した。名指しこそ避けたが、
「地獄に落ちろ」とまで口にしている。

堀江社長は株式市場では極め付きの問題児だった。
2004年10月29日 掲載




95 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/27 08:27:17 ID:CQjYhn4U
データの話はきっ散るさせておきたいんだが

96 :2%の男か女:05/02/27 10:00:49 ID:9Zl9VcYr
  多くの本を少しづつ読んだのででこの本というのは無いよ

 「世界の20億人」は「1日ドル収入層」という題で検索してくれ.15億人より20億人としてる資料が多い

97 :2%の男か女:05/02/27 10:02:23 ID:9Zl9VcYr
  ほいまちがった 「1日ドル収入層}−→「1日1ドル収入層」だ

98 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/27 10:47:16 ID:cX4/5SWq
うーむ見つからなかったが代わりにこんなのどうだ?
世界の貧困統計
http://ms-t.jp/Statistics/Data/Poverty.html

99 :2%の男か女:05/02/27 14:26:29 ID:9Zl9VcYr
  この統計で貧困線以下の人口と言うのが世界合計では10億人を超え,約15億人要ると言われてる,
貧困線をどの辺に規定するかで10億人と言うものもあれば20億人と言うものもあると言うことではないか

 安易だが中を取って前の投稿で15億人とした

100 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/02/28 08:34:47 ID:SKTAC6IM
相続令

http://www.houko.com/00/01/S25/073.HTM

101 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/03/01 21:04:24 ID:D9EBkiMa
>>98
接収カロリーはほとんどの国でほぼ2000カロリー以上を占めているのに、
乳児死亡率がここまで違うと言うことは疫病その他の対策の違いと言うことか


102 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/03/04 14:22:56 ID:LNuJk/P9
イラクやアフガンはずば抜けて子供が死んでルナ。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/03/06 21:28:24 ID:rnwLMuLz
政治板
【言論】「人権擁護法案」自民・民主合意へ【圧殺】
http://money3.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1109204509/l50

vip
☆★人権擁護法廃案作戦総司令部W★☆
http://ex7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1110093416/l50

大規模OFF
【日本】言論弾圧法いよいよ可決へ!【大ピンチ!】
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1109412918/l50

【日本壊滅】人権擁護法のガイドライン2
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1110102523/


104 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/03/08 18:32:42 ID:v5W1NzoL
貧困線と言うのが微妙だな。2000キロカロリーくって、
後何が必要なんだ?
ヨーロッパは一つも引っかかってないね。
北朝鮮のようにデータに出てきてないものもあるだろう。

105 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :05/03/13 16:15:34 ID:CnjMP8VH
貧困線と言うのは何なのだろう?
どのくらいそれが続くと死ぬのだ?

106 :フジテレビ・ニッポン放送を:2005/03/28(月) 21:55:54 ID:3Xpl+o1+
http://www.pressnet.tv/log/view/5584
フジテレビ・ニッポン放送を堀江ユダヤ国際金融財閥(戦争産業)から守れD

http://www.pressnet.tv/log/view/5543 @
http://www.pressnet.tv/log/view/5551 A
http://www.pressnet.tv/log/view/5561 B
http://www.pressnet.tv/log/view/5570 C
<唯一の敗因>
○フジテレビとニッポン放送の敗因は、自らがテレビや自分たちの番組で
この買収劇の不当性を訴えなかったからである。
ひきこもっていては、だめである。それが唯一の敗因であると思う。

<テレビに出まくる堀江>
○それに対して、堀江側は、自らはインサイダー取引という違法行為を行っていながら
ニッポン放送側が第三者割り当て増資に出ると、すぐさま司法の場に提訴するという
両面作戦であった。そして、裁判に影響を与えるべく、テレビをはしごしていた。
公平なように見えるテレビ朝日の田原総一郎の番組などに出て、自らのうそをそのまま
喧伝していたので、それが広まってしまった。

<首相側近の動向>
フジテレビやニッポン放送は、今回、推測するに、首相官邸から、「大人の対応をす
るように」と電話が来たかもしれない。なぜなら、おとなしく国際外資に食べられな
い企業では、小泉政権に巣くう売国奴連合(首相の側近、猪瀬、竹中、伊藤達也、木
村剛)の利益につながらないからである。

<抵抗勢力の定義>
「素直に経営権を外資にあけわたさない企業および人」
これが抵抗勢力という名称の本当の定義である。


107 :堀江ユダヤ国際金融財閥(戦争産業)から守れ:2005/03/28(月) 21:56:19 ID:3Xpl+o1+
<所有権剥奪の手法>
正当な所有権を剥奪するためにしばしばマスコミを使って、その人物や企業にとって
の虚偽をあびせかける手法で、小泉政権という売国奴政権下では、一般国民の気づか
ないまま
有力な企業がユダヤ外資の傘下になるべく誘導されてきた。西部鉄道およびコクドも
そうだし、ダイエーもそうである。NHKの海老沢会長もそうだし、日本道路公団や郵
便局も該当する。

<フジテレビが抵抗勢力>
つまり、小泉政権にとって、素直に外資に食べられないで「抵抗」している
フジテレビおよびニッポン放送は、「抵抗勢力」である。

<小泉政権の政策>
小泉政権の政策は、(支援してくれるのが米国しかないために、)
@ 目的は国家資産および、有力な企業を国際金融財閥に差し出すこと
A そのためにその組織およびトップ、企業にマスコミを使って、捏造した
データをまきちらして、打撃を与える。
B まず、所有権を「民営化」という美名のもと剥奪する。企業であれば
「不良債権処理」の美名のもと、経営者を追放もしくは逮捕する。
「再生委員会」の美名のもと、資産を切り売りして外資のものにする。
放送を外資に売り渡すために、最近、持ち株の比率をうるさく言い始めている。
C そのことによって、小泉政権は、ユダヤ国際金融財閥および米国の支持を得る。
小泉の巨漢の側近および猪瀬直樹、竹中平蔵、木村剛、伊藤達也等を雇っているのは、
ロック○ェラーである。そのためこのメンバーは、うそを駆使して日本の資産を外資
に差し出す法整備を行い、日本が好況にならないように誘導している。不況のままの
ほうが
だめになる企業が多くて、利益が上がるからである。


108 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:08:48 ID:LuTvHILg
大金持ち2人が、1兆円のマッサージを互いに1000回繰りかえせば、
1000兆円のGDPになる。
大金持ち自らがマッサージを行う必要はないから、貧乏人を雇って、
売り上げの1兆円から100円だけ賃金に支払えばよい。
国の景気を比較するとき、実質GDPが用いられる。
名目GDPが同じ国があれば、物価が安い国のほうが経済取引が活発であり、
好景気とされる。
ところが、ここに落とし穴がある。
国民の大多数がホームレスで、2人の大金持ちが、1兆円のマッサージを
繰り返しても、実質GDPは上がるのだ。
大金持ちのマッサージが10兆円に上がり、一般国民の収入が10分の1になれば、
物価は10分の1になるから、実質GDPは10倍以上に上昇する。
一般国民の生活水準がインドからバングラデッシュに落ちるにもかかわらず。
バングラデッシュ政府が税金の免除を約束して、ビルゲイツ一族を移住させれば、
一般国民の生活が何も変わらなくても、バングラデッシュの実質GDPは10倍以上になる。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:11:11 ID:LuTvHILg
1兆円のマッサージって何だという疑問が生じるが、
金持ちの無駄使いを表したものである。

貧乏人の散髪は1000円で、金持ちの散髪は10万〜100万。
金持ちの散髪を実際にやるのは貧乏人で、売り上げから100円だけ渡される。
貧乏人のバッグは1000円で、金持ちのバッグは10万〜100万。
金持ちのバッグを実際に作るのは貧乏人で、貧乏人に渡るのは100円だけ。
GDPの算定に使われる物価は、大多数の貧乏人が使う物の値段であるから、
散髪1000円、バッグ1000円で計算される。
累進課税の緩和で、金持ちの散髪が10倍の値段になっても、貧乏人への給与が変わらなければ、
貧乏人が使う物の値段は変わらないから、貧乏人の生活が変わらなくても、GDPは大幅にUPする。
貧乏人の生活が変わらなくても、GDPのUPを見れば、景気が回復したように見える。
累進課税の緩和によるGDPの上昇は、労働意欲の喚起とは関係なく、純粋に統計上の問題。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:12:04 ID:LuTvHILg
貧富の差が拡大すると、景気回復に見えるんだよな。
金持ち世界はインフレで、金持ち向け商品は価格上昇。
金持ちが搾取率を上げるので、貧乏人はさらに貧乏に。
貧乏人世界はデフレで、大衆向け商品の物価下落が続く。
貧乏人が物価を下げて、金持ちがGDPを上げるので、好景気に見える。
だが、誰も幸せになれない。
景気回復を褒められる竹中君だけが幸せに。


111 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:14:10 ID:LuTvHILg
世のマネタリストと呼ばれる方々は、ホームレスの空き缶拾いでさえ、労働であると主張する。
ホームレス全員が空き缶拾いをすれば完全雇用は実現するのであり、失業者は就業意欲がないだけであるとされる。
バングラデッシュのホームレスも生きるために何かをしているはずであり、
完全雇用が何時でも達成できる国であるといえる。
今の日本の規制緩和は、上位1%の生活をビルゲイツにし、
残り99%の国民生活をバングラディッシュにするものである。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:15:32 ID:LuTvHILg
>>108-111のコピペ完了!

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:皇紀2665/04/01(金) 16:41:11 ID:Ae5gbnRB
お疲れでございます!
これでまた一歩、革命に近づきましたね

114 :トリッキー ◆479cPhsKp6 :2005/04/03(日) 11:29:44 ID:vArPwoow
その革命を否定したい人の集まり何じゃないの?
区区区区

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/03(日) 15:51:53 ID:Y+Z9sChF
今の経済政策を続けると、金持ちのなかでも、
大衆相手の商売している奴から没落し始めるということだな。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 11:15:57 ID:s+oKLKUO
>>115
スーパーマーケットが代表例でいいのかな?
かなり苦戦の様子が伺えるが。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 16:34:59 ID:80DUNh0K
  生産力は増大した後の時代になってて、作ることは出来ても売れないから作らない時代になってる
それなのに低所得層は.買うことが出来ない所得に抑えられてる

 それはつまりゴミを増やさないようにするためにまた資源がもったいなくて低所得層をいっぱい作り出しているのと違うか
ならば資源回収労働を増やせば全体が改良されるのと違うか、世界の貧困も要するに先進国が資源を減らしたくないから貧困のままにされてると北朝鮮がいってる

 生産量とリサイクルの発展程度から所得を割り出すような新エコ経済学はまだできないのか

 

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 20:45:23 ID:NLXCGc8G
環境経済学は無視ですか。そうですか…orz


119 :111111111111:2005/04/04(月) 21:00:44 ID:RFUDbEjU
 マルクス抜きで貧富の差を語るのは無理だろ...

 だってそもそも金持ちグループ(堀江とかね)がひたすら資本を
 増やすための行動に出るのに対して一方で剰余労働をそいつらに
 あげる為に安くこきつかわれる人々がいるというのは別にマルクス
 持ち出さなくてもわかるだろ...

120 :111111111111:2005/04/04(月) 21:02:28 ID:RFUDbEjU
 俺はでもそれ悪いとは必ずしも思わないけど貧富の"差"を
 言う場合はマルクス抜きで語るのは無理

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 21:06:12 ID:TEe2NPLW
2chでの貧富差

金持ち→高圧的
貧乏人→萎縮的

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/04(月) 21:11:53 ID:80DUNh0K
>>118
 低所得層と世界の貧困層を底上げするために生産量がどれくらいあるから物資はどのくらいあるか、
またそれを維持するリサイクル波動で無ければならないかからやる経済学を作れということ

そうすれば分けるべきものはあるのに貧困が放置されてるのは人災であることがはっきりする

 エコマルクス経済学、通称EM経済学(EMは今はやらんか)

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/09(土) 12:25:26 ID:2kaxBNXb
外国の金持ちは、日本の金持ちとは桁違い。
放っておいたら、日本企業全部買収されてしまうよ。
日本がどんな特許取っても、加工貿易で儲けても、利益は外国に流れ出て、日本国民には回らない。
日本国民は外資に最低賃金でこき使われる。
資産流出を避けるために、課税によって、国内に富を留めなければ。

124 :2%の男または女:2005/04/10(日) 21:53:04 ID:ps1rHHI9
  中国の新しい共産主義、つまり自分らの石油の消費を増やしてドンドン輸入し、
先進国にエネルギー問題と温暖化問題を真剣にかんがえないと大変なことになるぞと
大プレッシャーをかける政策というのは成功しそうだね

 相手にさからわらずに資本主義を改造する新しい共産主義だ

にもかかわらずアンマリ日本が鈍いので反日デモがおきてるのだろう
エネルギ―問題が進展しないと中国自体もやばい 、いい新エネルギーが出ないと国内の貧富の差をどうにかする発展が止まってしまう
そうなったら大変、崩壊するかも
特にブルジョア社会のエネルギー幻想が中国に移ったら大変だ

125 :2%の男または女:2005/04/10(日) 23:21:43 ID:ps1rHHI9
ブルジョア社会の燃料電池などのエネルギー幻想というのはつまり新しいエネルギーもすばらしいものがいずれ出るから石油はガンガン使っていいというものだが

 中国から見ると非常に悪質に見える、なぜならそういう幻想は中国の発展が途中でガンと止まって中国は大変な窮地に陥る

 未来も大発展できるから先に富めるものが多く出てもいいとしてるから、途中でガンととまったら貧困層が大暴動になる

 ブルジョアのエネルギーの大幻想は中国に致命傷だ、そういうところからも反日気分が出る、過去のことではない

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/04/11(月) 00:16:38 ID:ZADKSsIF
ブルジョアって何?
それ美味しい?

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 19:18:39 ID:d3ZI2n0g
>>108-111が正しいとすれば、
累進課税の緩和は、金持ち世界にインフレをもたらし、
大衆にデフレをもたらすだけであって、統計上の錯覚で、
実質GDPが上がるだけだな。
ブランドのバッグや時計の値段が10万円から100万円に値上がりして、
ちまたのバッグやデジタル時計が千円から百円に値下がりするということ。
取引額の総額が上がって、物価算定の大衆向け商品の値段が下がるから、
実質GDP上昇すると。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/08(日) 19:30:24 ID:d3ZI2n0g
累進課税を緩和したら、ブランド品の値段が上がりだすから、
金持ちは、貧乏人をより一層搾取するようになって、貧乏人は物を買えなくなるから、
大衆向けの商品価格は下がって、物価が下がることになるのか。
物価が低く、GDPが高い国が景気がいいと考えるのは誤りだね。
金持ち世界のインフレのせいで税収が増えても、生活保護を必要とする貧乏人が
それ以上に増えるから、構造改革で財政再建なんかできないんだね。


129 :くろしろー(本物):2005/05/08(日) 22:26:54 ID:FHuqkG8O
日本に革命の傾向なしとの革命委員会の調査結果が出た。
ちなみに委員長は俺だ。

130 :2%の男か女:2005/05/09(月) 19:53:30 ID:WeGi7GSg
  アメリカがなぜ石油消費を減らさないかですが

 >自分らの社会を,豊かに保ち、ひいてはその社会が世界の経済を引き上げてると信じ、その発展性を「豊か」に保ちたいからなのですね

 >のところアメリカの世界精神は,世界の経済を引き上げるのにもアメリカの繁栄が必要と自覚してるからと書いた。(あるいみ自覚しすぎてるからだ)

 ーーー世界の貧困とアメリカ国内の貧困という下部構造が.環境エネルギー問題という上部構造を規定してる典型例ですね

 だとすれば世界やアメリカの貧困がかなり解決に向かえば,ーー実際生産量はそうとうあるのだからかなりは解決に迎える時代になってる――アメリカは環境エネルギ問題でも前進するだろうか

 私は前進すると思います,そういうことが規定しているという中身だ
 
 ならばものは結構あるのだからここは貧困問題をまずちょっとは何とかするように世界とともにアメリカに働きかけることが、環境問題をすすめる鍵でもある

 ここで共産党のように,ブルジョアは悪であるからそういうものに応じるわけがない是非とも打倒しなければならぬというのは間違った現実性のない考え方だとおもう

 ですからどういうわけでブルジョアは,貧困問題をなんとかしようとしないの。。。。規定されてさえいるのにまたやれば可能なのにということが問題になる
 
 ただし、こまったことに逆に環境問題という下部構造が逆に,貧困問題を多少規定してるのです,特に日本はそうです

 1に世界をちょっと豊かにすればさらに環境が壊れるとあやまった考えを持ってる(これは改善の程度による.先進国の2%くらいの供出で環境は変化無し

 2に自分らの未来が怪しいのに(潜在意識では気づいてる)世界どころでない――――これも日本でそういう傾向が強い

 つまり世界の2大下部構造は相互に干渉してる

 デモまず貧困問題の方は,アメリカに迫ってみるのは展望がありそうです

 この解説が難しいのですな

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/10(火) 01:20:47 ID:dSzUE1Bw
こういう系統の経済学を対象としているような先生がいる大学って
例えばどこなんでしょう。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/26(日) 07:53:42 ID:0QJqM6aW
日本銀行券は、「殴る権利」を保証しています。

日銀券を渡せば、働いたものをさらに殴ることができ、弱らせることができます。

弱ったところからは容易に日銀券を巻き上げることができます。

こうして、日銀券を持って殴れば殴るほど、強くなっていくのです。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 13:23:44 ID:wdr6zTeQ


文部省の『学校基本調査』の統計数値をみれば、いかに現在の大学生・院生が
将来に対して悲観しているかが、明確に分かる。

経済活動が右肩上がりで、(若いときに心配なく過ごせた、失敗しても大目
で見られた)団塊世代、バブル期入社世代が幸運すぎただけ。
(それを、事実としてしっかりと認識している人は、実はは少数派)。
いくら頑張っても、自分が頑張っただけのリターンが得られなければ、
それをやめてしまうのが、人情、というもの。

今時の、ニート、フリーター、パート、派遣を責めても、意味がない。
(いずれ社会保障に及ぼしてくるであろう悪影響のことは、ここではさておき)
そのような方々を作り出してきた社会構造、経済構造こそが、真の元凶。

このような”現代社会の暗部”を自分達の問題と直視出来ず、冷笑的無関心
を装う、人口の多い無気力中高年(多くは、会社に用もないのに、ただ居座って
いる)の雇用削減、流動化こそ望まれる。

それが、世代間の雇用公平につながる道。


134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 14:15:44 ID:WgrPNpx9
マルキシストとは違うツールで所得分配を論じてる人は
一杯いる(例えば日本なら玄田、橘木対大竹(と企画庁)
論争なんかが代表的だし、規範理論で言えばロールズ以来)
けれども、『ミクロ経済学のツールの範疇』は知らないな。

このスレで出てきてるアマルティア・センにしても、
ミクロの暗黙の前提となっている厚生経済学を批判しては
いるけれど、BHNとかの議論を出す時にはミクロ経済学とは
別の、かなり恣意的とも言える価値基準を前提にして、社会統計
をひっぱって組み立ててるから。

 で、ミクロではないけれど普通言われる二極化については、
もともと日本は年齢間の所得格差が高いので、人口の多い団塊
の世代が一番給料を貰う年齢になって来てるからジニ係数が
高くなってるんで、社会保障での再分配率がその分高まってる。
だから今のところ二極化してない、というのが政府の立場。

 それはそれ自体として間違ってないけれども、30代以下の
世代では雇用処遇を巡る格差(正社員か派遣社員かフリーターか)
で、今までの学歴間格差だけでない学歴内格差や、「ニート」を
巡る非雇用者問題があって、世代内でのジニ係数格差が広がってる
、だから二極化は「これから」問題になる、っていうトコらしいね。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 14:29:55 ID:2U0OUTeq
昨年のAERにサライマルティンによる所得分布の推計が載っていたはず
それによれば,貧富の差は日本は圧倒的に縮まっている。
経済成長=貧富格差の拡大は単なる妄想


136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 14:54:38 ID:WgrPNpx9
そもそも、
経済成長=貧富の格差
とストレートに結び付けてはいないと思うよ。
世帯単位で見た場合は日本は高度成長してた時には貧富格差は
広がってはいなかったんだから。

経済成長した時に、
階層別の初期の所得分配(給料・賃金とか)と
政府・年金による所得再分配があるけど、
日本の場合は高度成長期は初期所得分配が全階層でまんべん
なく所得が上昇したので、階層間格差は広がらなかったと言われ
てるはず。なんでかと言ったらオーナー社長が皆財産税やら何やら
でつぶれてしまって上流階層が壊滅して、その後の人たちは皆
会社の雇われ社長(サラリーマン社長)になったから。
だから個人単位では社長といっても年収で1億いくかいかないか。

日本はいま成長していないんだから、経済成長との因果連関という
よりは、初期所得分配が世代内・世代間でどう変化したか、という
話だと思う。

American economic reviewの推計はいつからいつまでのやつで
何を使ってたのかな? ルクセンブルク推計でも日本の所得分配
はここ十年では(程度は緩やかだけど)悪化してるとなってたけど
、ちょっと知りたいな。(ぐぐっても出なかったので)

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 15:05:46 ID:2U0OUTeq
学生か研究者か知らんが
そのくらいAER読むなり,サライマルティンのホームページでも調べろよ


138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 15:23:39 ID:WgrPNpx9
出先だから見られんの。サライマルティンもスペル判らんので
ぐぐるでひっかからん。(サライマルティン、と二度書いてきたから
所得分配関係で著名なのかと思ってもっかいやってみたけど。)

AERのHPはVol. 95, No. 3, June 2005しか無いし。三時半まで時間が
あったから真面目な話なら知っておきたかっただけ。
ま、いいや。著名な見解なら何れ当たるだろうしね。覚えとく。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/07(日) 15:32:31 ID:2U0OUTeq
>>138
Gernot Doppelhofer, Ronald I. Miller, and Xavier Sala-i-Martin
"Determinants of Long-Term Growth: A Bayesian Averaging of Classical Estimates (BACE) Approach"
American Economic Review, September 2004

論文は出版済みなので図書館にでも行かない限り,ダウンロードできないと思う
一応ホームページ
http://www.columbia.edu/~xs23/home.html



59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)