2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■これでいいのか 中央銀行■■

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 03:36:12 ID:pnN6AMQJ
欧州中央銀行、FRB、日本銀行、etc・・・・・

どの中央銀行も政府から独立して自主的に金融政策を行っている。

政府は任期中の中央銀行総裁を辞めさせることは出来ない。

民主的な機構のチェックを受けずに経済の最高権力を支配している中央銀行。

これでは中央銀行による官僚独裁、テクノクラート全体主義だ!!


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 04:27:10 ID:RETh9RFm
終了かな

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 10:31:35 ID:3PEOZvVS
>>1
これでいいのか 中央大学

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 11:48:51 ID:6Yxk1C/M
うちの市には中央小学校もあるが。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 13:16:42 ID:MJQcIWTg
では、終了で。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 14:51:06 ID:gW1DERhY
バブルとその後処理をめぐる日銀の責任は
経済学的にはどうなったんですか?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 17:26:49 ID:Ag4ZBlQp
>>6
経済学的には重罪ですが、問題は政治的なものなので。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/18 23:56:50 ID:zZJZISsO
中央銀行の独立性が担保されているのは、経済学的に見て有効と判断しているからだろう。
経済と政治は切っても切れない関係にある。


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 00:21:40 ID:gBw0siZF
中央銀行の独立性ですか。
国によって独立性の度合いが違うようです。

日本
全く独立。日銀の金融調節の目標すら、自分たちで立てれる。
総理は任命のみできるが、解任はできず。
政策決定会合で全て決まるが、政策決定会合の参加者は誰が選んでいるのかよくわからん。

アメリカ
よくわからんけど、大統領権限で解任できそうな気がする。
こちらもよくわからんけど、FRBの理事会とかの参加者はどれくらいまで責任を負うのか
知りたい。知ってる人がいたら補足お願い。

その他(インフレターゲット採用国)
政府が目標を中央銀行に与える。
目標未達の場合総裁をクビにできるパターンもあえれば、善意に頼りきちっと報告したら
許してくれるところもある。日本の政策決定会合みたいな会議も、目標が与えられた上で
手法を検討する会議。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 01:00:49 ID:7ipLhFvb
欧州中央銀行は完全に政治権力から独立している。
日銀よりも独立性が強いかもしれない。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 05:42:31 ID:lBI5CfB5
日本の場合独立というより不透明?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 08:13:15 ID:UlpyMkaP
欧米は思想的には神に対して厳粛で絶対的な責任を負っているからね

日本の場合はデタラメであっても良心の呵責すらない。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 11:15:58 ID:e9PqXQlQ
この論文でも読んでから議論しろ。

"Rules rather than discretion" Kidland and Prescott (1977, JPE)

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 12:44:01 ID:p4zDQ4EY
日本は八百長大国だからな。
大蔵省の子会社みたいなもんだろ。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:01:00 ID:gBw0siZF
日銀に限らず、役所が「何とか会議」「何とか会合」とかってのを作ったら、
それは、「議論を尽くした」という建前を構築しつつ、「責任の分散を謀る」
のが目的なんだよね。

で、日銀が「政策決定会合」で判断ミスしても、その責任は誰もとらない。
総裁はあくまで司会者だし、理事は合議の1票を投じるに過ぎず、事務局
はただの事務方。仮に事務局案がそのまま通過しても、理事の合議の
結果採択されたんで、事務方にはなんら責任はない。

「理事の選任」にしても、政府サイドと日銀サイドの駆け引きで理事が決まる
わけで、日銀が全員選んでいるのなら政府は日銀に責任を問えるのに、
なまじ数名の政府側の人間を送り込んでいるものだから、任命の責任は
誰もとらない。

組織論としては完全に失格点の組織。もっとも役人にとっては満点だけどね。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:10:40 ID:hr8CyRlK
>>1
思いつきでスレ立てるのやめてくれないかな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/19 20:20:25 ID:gBw0siZF
日銀の方が、このスレを気にしだしたようです

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/20 00:14:40 ID:awdSCN60
>>16
アホか?思いつきでないスレなんてあるか!!

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 03:46:20 ID:CSf0h9iN


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 09:43:11 ID:UF7wafrt
>>16
たしかにクソスレは多いけど、このスレは板違いでも、単発でもなくないか?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 17:44:44 ID:tqKGytI3
 野口旭の『経済学を知らないエコノミストたち』には、日銀総裁や審議委員の
選任が直接選挙に依らない理由は、日銀の政策目標(=物価の安定)自体には、価値判断
の相違が生じないから、と書かれていたけど。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 17:55:28 ID:Q2cabCh0
稲葉振一郎の経済学という教養を踏まえれば、国民投票による
日銀総裁リコール権を国民に付与してもいいと思わないか。
こうすれば、金利を上げるといった時に、速水前総裁を解任できる。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/29 23:53:46 ID:L4U5T1xy
日銀法が無くて銀行の寄り合いだけで公定歩合と債権付け替えをしろって?
あほか。
しかし政府が決めるのももっとあほでしょうけど。
俺としてはついでに国債の発行数も日銀に決めさせた方がいいと思うのだけど。
そんで失業率も課題として課す。失業率ターゲット金融政策。
いいでしょ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 12:49:10 ID:grwCqiYB
日銀の権限・独立性は他国と比べて低いんじゃなかったか?
財務省という圧力がある。
本来日銀がやるべきことも財務省が権限握ってるとか。
ある本で元日銀の人がそのこと嘆いていたけど

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 13:58:28 ID:pmtT12Ri
>>24
そりゃあんた、日銀の人からすれば、権限クレクレだろうし。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/12/30 20:46:33 ID:CUrdhjLh
>>24
財務省が日銀の予算を拒否する権限があるってところだろ。
ただしそんなことは事実上不可能なんだ。

何故かというと
日本銀行は財務大臣が予算の認可を認めないという通知があったときは、財務大臣に対し、意見を述べ、または必要に応じ当該意見を公表することが出来る。
いいかえれば認可しろ、さもないと、と脅せることになる。
この脅しはこけおどしではない。
日本銀行の予算を拒否するためには、財務大臣は、日本銀行と公然と戦火を交える覚悟をしなければならない。
信頼性の喪失や日本のみならず世界の債券や通貨、証券市場に及ぼす影響というリスクを考えれば、とても踏み切れるものではない。
したがって日銀の予算が拒否されることはまずありえない。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 00:41:03 ID:e81eiIPP
ほれ、アメリカの中央銀行FRBの実情はこんなものだ。
国際金融資本と多くの中央銀行は強い結びつきがある。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2070/172bank.htm


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 01:30:03 ID:ctLesKLV
>>24
橋本行革以前の日銀…財務省の傘下
橋本行革以後の日銀…財務省から完全独立


29 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 15:04:26 ID:/Wle666k
ドイツ銀行なんかと比べてかなり独立性低いんじゃなかったか?
先進国でも下の方とか…

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 15:55:53 ID:e81eiIPP
ドイツ銀行ってブンデスバンクのこと?
マルクを発行していたときのブンデスバンクは、日銀よりも独立性は弱かった。
まず、法的にブンデスバンクが求められる活動目的が物価安定だけではなかった。
1967年に安定成長法が成立したが「物価の安定、高レベルの雇用、国際収支の均衡、着実で適切な経済成長」をその政策目的とすると定めていた。
つまりブンデスバンクは低インフレと安定成長を生み出すことを法律で義務づけられていた。

またブンデスバンクの独立性は憲法に謳われたものではなく、したがって取り消すことが可能だった。
さらに、ブンデスバンクは「政府の指示からの独立」を与えられていただけだった。
政府の直接的な指示からは独立しているものの、ブンデスバンクは議会から独立していたわけではなく、議会はその気になれば法律を制定することも指示を与えることも出来た。
しかもブンデスバンクは連邦会計検査院に対する説明責任があり、ドイツの裁判所の決定に服さなければならなかった。
さらに政府からの独立も限られたものだった。ブンデスバンク法には「ブンデスバンクは任務の遂行にあたって連邦政府の一般的な経済政策を支えることを責務とする」と記されていた。
ブンデスバンクに直接指示することは出来なくても、政府の代表はブンデスバンクの政策委員会に参加できたし、完全雇用に近い雇用を実現するという政策目標を支持すると期待できた。
政府が経済成長と雇用の伸びの追求を重視したとすれば、物価安定がないがしろにされない範囲内で、政府の政策に従う義務があった。
安定成長法の目標を無視すれば違法行為になるためだ。





31 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/02 16:06:01 ID:e81eiIPP
またブンデスバンクは分散型の構造を持ち、上院が任命する政策決定機関にはドイツの各州の代表が参加していた。
その上、各地域の代表には労働組合を含めたさまざまな職種の代表の助言を受けていた。
この結果、ブンデスバンクの意志決定プロセスはよくバランスがとれ、社会の各分野、各地域の見解を反映していたし、
政府の政策への配慮もしなければならず、法律のチェックアンドバランスの対象でもあった。

ブンデスバンクは法的な構造によって高い説明責任を課せられていたのであり、その政策は低インフレ率のみならず、
安定した経済成長という目標も反映しなければならないことがつねに明確にされていた。


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 00:42:09 ID:PmRFnuf9
あけましておめでとう

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/04 10:04:51 ID:LYcK6GxO
>>30-31
あなた、日銀関係者でしょう。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:36:33 ID:mdOgS4Ag
インフレやってくれ

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:05/01/27 21:42:20 ID:cGUC3kDw
日銀幹部の給与は名目成長率で決定するのが良いな。
勿論財政支出の増減は補正の上で。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 19:34:50 ID:qrh8jVSU
>>15
FRBはいいのか?

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/03/22(火) 19:52:39 ID:OsrM4biT
アメリカの官僚制度は大統領制の下での政治的任命があるから日本のとは別でしょ

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 00:17:07 ID:P6kIvy+K
欧州中央銀行ってどこが監視しているの?


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 01:08:31 ID:9QdVMPSq
>>38
インフレターゲットやってるから、なんだって各国首脳が集まってやる会議みたい
なのでねーかな?

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/21(木) 12:13:09 ID:YyPlRZf2
速水と福井に損害賠償請求しようぜ

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 01:42:58 ID:hpVEMp07
ベネズエラやロシアは中央銀行は政府から独立しているの?

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)