2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

消費税アップで税収は激減

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 14:56:21 ID:KKUu1Zef
消費税の恐ろしいところは、末端の消費者の消費意欲を
そぐだけでなく、卸業者やメーカーの設備投資能力までも
急激に弱めてしまうところ。
1000円の商品を購入すると1050円支払わなければならない。(現在)
消費税が16%に上がると、1000円の商品は1160円。
しかしデフレの時代だから、消費税分をそのまま上乗せして販売すると
全体での売上げは激減してしまうでしょう。
だから、消費税が値上げされたとしても、まったんの価格は1050円くらいに
据え置いたまま、卸価格に負担させようとするから、デフレがさらに進行してしまう。
結果として卸会社もメーカーも16%分売上げが減少することと同じになってしまう。
売上げが減少すれば設備投資も減らさざるを得ないし、雇用も減らさなければならなくなる。
メーカーの中には消費税負担を末端の消費者に丸ごと転嫁するところも多いから
商品の価格は上がってしまい、消費全体は縮小してしまう。
消費税を値上げすると、消費が減り、メーカー・卸業者の設備投資と雇用が減り、
経済はどんどんと縮小してしまう。
役人のバカなところは、消費税を16%に値上げしてもGDPが500兆円のままだろうと
考えているところだ。
消費税を16%にしてしまったら、GDPは半分の250兆円くらいに減少してしまうだろう。
そして、失業率は20%を超えるだろう。
前回、消費税を3%から5%に増やしたとき、経済が縮小して、税収はむしろ減ってしまったことを
忘れてしまったようだ。
この国の官僚は、国民が何人死のうが何も感じないのだろう。
消費税を16%にしたら、日本は間違いなく破滅する。
底なしの不況に突入するだろう。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 15:23:43 ID:fl/fLGhz
1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 17:56:05 ID:5uNEzgS0
消費税の引き上げで価格が高くなって需要が減るって言っても
日本にあるすべての企業が価格カルテルをやるようなもんでしょ。
そこまで消費が減るとは思えない。
よく5%に引き上げた97年を引き合いに出すやつが多いが、
携帯・PHSブームの落ち着きや
阪神大震災復興建設ラッシュが一段落ついたこと、
財政支出の削減など消費税だけのせいとはとてもいえない。
つーかGDPが半分になるってどんな計算したら出てくるんだw

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/22(日) 19:46:50 ID:g3UKith1
>>2
>1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?
2は日本の地方税や、税外の公共支出(年金健保や公的な手数料)が極端に高いことをどう思ってるのだろう?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 00:53:07 ID:MtDTRGTT
国民負担率

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 02:02:51 ID:5+kKTAGE
>>3
税率あげても税収が変わらないという前提での試算でしょ。

GDPは企業の付加価値の合計だから、輸出を控除したGDPに税率を
かけると簡単に税収の予想ができる。

ただ、少ないとはいえ10%程度を占める輸出は税率アップの影響を
受けないし、法人税の減少というルートから税収がマイナスになる部分
もある。所得税の減少や、キャピタルゲイン課税周りからの税収減も
ある。5%にあげたときと同様、経済成長で将来増えるはずだった税収
が、先送りになるという、機会損失もある。ここ2〜3年税収は回復傾向
にあったから、ここで増税してそれをパーにしちゃうのは痛いと思う。

それはそれとして、総合的にみて、16%もの税率アップを一気にやったら、
それはそれで経済にはかなり破壊的な影響を与えると思うよ。単年度で名目
GDP成長率がマイナス10%くらいになってもぜんぜん不思議じゃない。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 22:42:40 ID:TLgHzJv9
消費税増税したらテロりんぐ予告をする予告を予告します

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/23(月) 23:37:36 ID:/xvxPbzs
名目の消費税は5%と低いけど、物流などで余計にかかる公共料金等が日本はめちゃ高いからな。
生鮮食料品で約34%だろ。実質40%近くの間接税を払ってるというのは、どういうことかと……。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 00:08:33 ID:oV/zfMuA
>>8
ダウト。
物流料金は私的取引の価格なんで、公共料金じゃありませんことよ。


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 15:54:59 ID:3dVOjDDz


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/29(日) 00:19:13 ID:HG5fkSpA
>>4

日本は租税負担率は先進国でも最も低い国ですが、それでも税金が重いと思い込める人は贅沢だね。
社会保険料を含めた国民負担率だってかなり低い。http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/hikaku.htm
極端に高いというならソース出せよって思いますが。

>>4は日本の税負担が少ないのはどう思ってる?
このままがいいか?あげるべきか?



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 01:30:23 ID:JwHwjVB+
>>11
見事に財政の良し悪しは景気と連動してるね。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 01:35:57 ID:JwHwjVB+
もっとも重視すべきはこの項目であろう。
ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/017.htm

まず韓国に注目してもらいたい
所得課税→低
消費課税→高
資産課税→高

と、なっている。

韓国の制度は必ず悲惨である事を考慮すれば
消費課税と資産課税を控え、所得税中心の税制が最良である事が分かる。



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/01(水) 10:31:29 ID:W3HzKa3J
フランスの社会情勢も韓国に似てるか。
なるほどと思ってしまう。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:14:45 ID:mPmn04oZ
>>11
租税負担率を各国で比較してどうするんですか?
あの国は負担率が高いからウチでも。。。とか?
日本には日本のやりかたがある。
究極的には「租税負担率ゼロ、福祉無限大」だが、それは空想。
いずれにしろ、「いかに負担を軽く」し「いかにサービスを厚くする」のかに
政治家の力量がかかっておる。
「おもちゃほしい、かあちゃん金くれ」では小学生。


16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/10(金) 11:23:32 ID:mPmn04oZ
>>2
>1は日本が先進国で消費税率が一番低いことはどう思ってるの?

「外国と比較して税率が低いから(当然)引き上げねばならない」とかんがえて
いるのか、それとも「まだ引き上げる余地がある」というのかはわからんが、
現在の税率を単純比較するだけでは不十分で、各国がどのような背景で税率を
引き上げていったのかを調べねば。
もしかすると、はじめから二桁以上の税率を採用していたのかもしれんし、わからない。
また、各国の物価事情も考慮に入れねば。
確実にいえることは、橋本内閣時代に消費税率を上げた結果、消費不振、経済不安、金融恐慌を招き、
後の小渕内閣で、景気浮揚のための財政大出動となったことだ。
消費税率値上げ直後では、年率換算にして実に11%もの大幅な消費縮小が起こっている。
このことと後の金融恐慌に関係がないとはいわせない。
消費税率を値上げしても、経済の実態にまったく影響がない(消費水準が維持できる)という
前提での話であれば、消費税率値上げによる財政規律回復も説得力があるが、
ひとたび値上げして経済が悪化すれば、あちこちから財政出動を求める圧力がかかるようになるであろう。
金融機関が陥れば多額の公的資金を必要とする。もちろん税金。必ず返ってくる保証はない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 00:28:53 ID:U70IBbZC
>>15
そういうレベルの話じゃないだろw
世界的に見てもかなりの高齢化社会かつ借金大国なのに
こんな国民負担率でやっていけるかって。
公務員の給料減らせとかよく言うが
そんなのしたところで気休めのパフォーマンスにしかならん。
はっきり言ってごみ。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 00:42:18 ID:U70IBbZC
>>16
>年率換算にして実に11%もの大幅な消費縮小が起こっている。
ないよw
少なくとも直後では駆け込み需要の反動で落ちてるが
それ以降の消費水準はほとんど変わってない。
落ち込むのは銀行破たんなどが起こってから。
あと消費税の影響もいくらかあるかもしれんが
金融機関の破綻の原因はそれだけのはずがないだろw
だいたい金融機関の破綻は消費税引き上げから半年後。
そんなに影響が早いはずがない。
その半年の消費水準は大して変わってないし。
あと景気対策の財政出動はすでに流行じゃない。10数年やって
たいした効果もなかったし少なくとも今は説得力がない。

だいたい、たかが2%上がった程度で消費を抑えようと思うかな?
消費しなかったら貯金するしかなくなるが、結局その貯金も消費に回さないと損だし。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 09:59:28 ID:zS3RN079
公務員の人件費の総額見て物言え。つか公務員の書き込みか。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/11(土) 11:02:54 ID:72ZtBc3Y
国家公務員の人件費は総額で4兆5000億ほど。
せいぜいカットできても数千億ほどだろ。
まぁやるに越したことはないけど
社会保障とか地方交付金の額と比べればやっぱりゴミ。
財政赤字の抜本的な解決にはまったくならない。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/13(月) 00:35:22 ID:lcBps9VY
>>18
裏で法人税減税してて何が消費税だ、糞が。
貧乏人を無知だと思って騙すしてるんじゃねーよ。

あと、明らかに消費は減ったな、「消費は減っていない」って
どうせ御用学者のインチキ統計だろうよ。
何度も騙されるかっての、馬鹿にするな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/14(火) 00:29:14 ID:tft+TMSn
>>21
まず、オレを経済学者とか貧乏人じゃないとかみたいに言うな。照れるw
消費水準のソースは経産省の商業販売統計。
これ以上に信頼できるデータがあるなら出して欲しい。
>裏で法人税減税してて
裏でって何だ?新聞にも載るしググれば出てくるし。
どこかの国みたいに情報統制されてるわけじゃあるまいしw
自分が知らないのを人のせいにするなよ。('A`)

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/15(水) 02:42:47 ID:u9x93AQw
よし、貧乏人同士でいがみ合っても仕方ない、
敵は法人税は駄目だけど消費税ならいいよ、とかぬかす
経団連、ならびに奥田様だ。

あいつら強い立場だから「価格転嫁すれば俺らの負担ゼロだし、ヒャホーイ」
とか考えてるんだろうがそうは、いかんぜ。
共産党が労働党と改名してくれる日を待ち望む俺であった。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/16(木) 18:05:28 ID:pzJljT9M
法人税無理やり上げたら企業が海外移転が加速するよ。
ただでさえBRICsへの海外移転が進んでるこの時期に。
失業率増えても良いなら何も言わんが。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/17(金) 11:33:54 ID:W23eE+Ri
法人税の実効税率は、日本は14%もないんじゃなかったか?
欧米並みにきっちり30%以上納めさせる方が大切だと思う。
たとえ名目50%に引き上げても実効税率30%未満なら海外へなんか逃げ出さんよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/18(土) 23:14:05 ID:eDcZliHu
法人税が高いと海外に逃げ出す、って理屈は実例とかあるの?
逃げ出せる奴はみんな逃げ出し済みじゃないの?
便宜船籍とか。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/19(日) 10:22:36 ID:+iv30wH5
タックスヘイブン

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/06/21(火) 23:53:03 ID:0dmBRhbD
>>11

高いか低いかの話をしてたんだから、外国はどれくらいなのか比較しないと、判断できないだろ。

>>16

どんな国だって最初から税金があったわけじゃない。原始時代にはなかったんだから。
消費税25%のスウェーデンだって、最初からその税率だったわけじゃなくて、徐々に引き上げていったはず。
つまり、消費税を引き上げたからといって、経済が破綻するわけじゃない。5%にしただけで破綻するなら日本以外の先進国は全部破綻してるはずだろ。
というか日本経済が不況なのは財政の問題じゃなくて、金融政策が悪いから。経済学板なんだからもっと勉強しろよ。
消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの。

>>23

共産党に限らず、自民党や民主党でも財政や規制や労働法制をいじくれば、消費が増えたり、失業が減ると思ってる経済白痴が多いよな。
金融緩和すれば、消費も増えて、失業率も下がるし、資産格差も縮まるのに。

>>24

別に海外移転したからといって、失業が増えるわけじゃない。その国の経済が発展すれば、投資した日本が得したり、その国への輸出が増えたりする。中国ではそうなってる。
法人税率上げたら、民間の投資や消費や雇用は減り、政府の投資消費雇用が増える。全体の消費は大して変わらない。配分が変わるだけ。消費税とかでも同じ事。
公共事業や公務員が多いのが気に入らないなら、役人の仕事をもっと減らして、消費税も法人税も減税すればいいジャマイカ。そうすりゃ役人が使う分がへって民間のほうが増える。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:20:01 ID:v7kXsluY
>>28
>消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの。

その解決策を提言できないのであれば意味がない。
デフレが原因なのは子供でもわかる。
さまざまな政策を繰り出してきているのにデフレが克服できていないんだから。


>消費税25%のスウェーデンだって、最初からその税率だったわけじゃなくて、徐々に引き上げていったはず。
つまり、消費税を引き上げたからといって、経済が破綻するわけじゃない。5%にしただけで破綻するなら日本以外の先進国は全部破綻してるはずだろ。


消費税率値上げによる消費縮小を軽く考えすぎだ。
消費税率値上げ直後の四半期では、年率換算で11%もの消費縮小が起きているのは
事実。
たかが数%と軽く考えてはいけない。住宅や自動車などの高額商品にも課税されるのだから。
値上げすれば経済は縮小へと向かう。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:26:57 ID:v7kXsluY
>>17
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:33:42 ID:v7kXsluY
>>28
>消費が伸びないのもデフレだから。マネーが足りないから。金融引き締めに比べりゃ消費税の効果なんか糞みたいなもの

日銀がゼロ金利政策を続けてきても、消費は伸びていない。デフレも解消していない。
金融政策だけではデフレを解決できない。
経済の6割を占めるといわれる家計支出を増加させなければならない。
消費税増税は、まさに百害あって一利なし。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:43:24 ID:v7kXsluY
ここに各国の消費税率とゼロ税率・軽減税率の表を貼っておく。
http://www.tokyozeirishikai.or.jp/con_nihonsekaizeisei/nihon_kaigai/fukakatizei.html

日本より高い税率を採用しているのがほとんどだが、
食料品や医薬品には軽減税率を採用している国がほとんど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 20:56:03 ID:v7kXsluY
http://www5.cao.go.jp/j-j/doc/1997da6-j-j.html
物価は、消費税率値上げ直後に上昇し、その後は下落に転じる。
消費率値上げはデフレを促進する。
傾向から見て明らか。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/03(日) 21:12:56 ID:NsiM9LWU
>>29
>さまざまな政策を繰り出してきているのにデフレが克服できていないんだから。

それは違う。買いオペやら為替介入増やしたら物価下落率は縮まった。
規模をもっと大きくすれば克服可能。

>>30

デフレに比べたら、消費税の影響なんてたいしたことない。もちろん悪影響はあるだろうけど。
デフレを克服すれば、増税自体がほとんど必要なくなる。

>>31

金利を操作するだけが金融政策じゃない。国債の日銀引き受けや政府紙幣による償還などで貨幣供給を増やすという方法もある。
長期間消費が伸びないのはデフレだから、消費税の影響は短期的なもの。
消費税増税がいやなら、リフレに賛成すべき。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/05(火) 11:20:37 ID:K1PGxVM+
固定資産税減税すればデフレは多少良くなる

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 04:38:17 ID:u8FNuOzW
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。

37 : ◆xlhRK.H3D6 :2005/07/07(木) 05:24:13 ID:1zNSe1Y4
dame

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:09:36 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げはデフレギャップを拡大させる。
それを契機として消費者マインドの冷え込みから消費性向の低下がもたら
され更にデフレギャップが拡大する。
こうした悪循環を経済学用語では「デフレスパイラル」と呼ぶ。
税収は大まかに言えば経済規模の関数だから、税収はこの一連のプロセス
を通じてむしろ落ち込む公算が高いのだ。
これはあくまでも理論的な推測に過ぎなかったけれど、平成9年度の消費
税率の引上げとその後の景気の落ち込みによりある程度実証されたとみら
れる。
平成9年度以降の景気の落ち込みにはそれ以外に有力な原因が見当たらな
いのだ。
アジア金融危機の影響はフィリピン・韓国が大きかったけれどわが国への
影響は限定的だったと見られるし、資産デフレも消費税不況を原因とする
派生的なものと考えられるからだ。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:11:37 ID:u8FNuOzW
http://www.rd.mmtr.or.jp/~asashi/newpage259.htm
イギリスは消費税率が17.5%、非常に、日本の4倍も高いわけですけれども、
このイギリス全体の国税に占める割合は22.3%。日本の22.7%と全く同
じ、ほぼ同じでございます。イタリアについても少し見ますと、イタリア(の消
費税率)は日本の4%に比べまして、なんと20%の消費税が掛かっております。
ところがこのイタリアの場合におきましても国税全体の中における消費税の収入
比率は22.3%でございます。日本より低いのです。

こんなデータもある。
そして、何よりも何故消費税の国庫に占める割合の高い欧州ばかり引き合いに出
して米国とは比較しようとしないのか?
何故欧州の税制を無批判に受け容れようとするのか?
所得税累進税率引上げでは何故駄目なのか?
消費税と景気のかかわりはどうなっているのか?

こうした基本的な疑問に答えられない以上消費税率引き上げには反対せざるを得
ない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:13:01 ID:u8FNuOzW
国民が1年間の間に個人消費に使えるお金の容量は、だいたい決まっているからねぇ。
消費税は、個人消費に使えるお金の容量からダイレクトに税金として徴収するから
税金分だけ、個人消費に使えるお金の量が減るわけで
他の税制と違い、確実に、個人消費を減らす事が出来る悪魔の税だから。

橋本税制改革で、2%引き上げたとき、5%くらい下がっているから、
実際の影響力というのは、実態以上なんだろうけど。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:15:05 ID:u8FNuOzW
消費税反対論に対する有効な反論は見たことがない。
例えば、
1 消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇する
ことを意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生
じる。
不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。
2 消費税は広く薄く公平に課税でき取りはぐれないと言うが、課税業者が徴収
し納付する消費税は課税業者が売上や仕入をごまかして法人税などを脱税する時
一緒に脱税される。取りはぐれないというのは真っ赤な嘘。
3 欧州は消費税中心の国だからそれを真似るというが、所得税など直接税中心
のアメリカは何故スルーするのか。
4 消費税は「担税力に基づく公平」に背く税制だ。より大きな所得にはより大
きな割合で課税する縦の公平を無視している。平成12年度の税制改革大綱でも
この点の重要性に触れているというのに。

消費税率引上げ賛成派はそろそろ上記1〜4にきちんと反論しろや。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:16:59 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇する
ことを意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生
じる。
不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明である。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:17:59 ID:u8FNuOzW
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇すること
を意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生じる。

消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!
そうなりゃわが国でこの世の地獄を見ることができそうだなw
しかも不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 06:26:19 ID:u8FNuOzW
>>37
>消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。



ここは経済学板だから、政治論は向かないのかもしれないが、
増税そのものは、租税法律主義にしたがって、立法府の許可を要する。
税率から課税対象からなにからなにまで法律に明記しなければならない。
そうでないと増税は不可能。
租税論は結局政治論なんだよな。学者が無責任に発言しても、それが立法府を通過するかどうかは
わからない。
政治的には、消費税率を2桁台に乗せるためには30年はかかるだろう。
民主党も強くなっているし、自民党政権でたとえば2%消費税を増税すれば、次の参議院選挙か
総選挙で野党に転落する。これは間違いない。
2005年を基点として、2007年ごろに消費税率を2%上げると、
直後の選挙で民主党が政権を握るだろう。
民主党としても、消費税率の値上げが政権獲得の追い風となったことはわかるから、
消費税率の値上げには慎重にならざるを得ない。
結果的には30年くらいかかるだろう。その間、政権交代は10回ちかく起こるだろう。
まあ、現実的には、消費税率の値上げは不可能ごとだ。できても7%くらいまでだろう。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/07(木) 20:27:46 ID:JKe4iV6R
http://www2.bigcosmic.com/board/f/board.cgi?id=135
オドロキ

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 00:33:43 ID:4Etv33iT

消費税増税に反対する人は今回のサラリーマン増税案は賛成なんだろうか。
それとも両方いや?

>>44
>民主党としても、消費税率の値上げが政権獲得の追い風となったことはわかるから、 消費税率の値上げには慎重にならざるを得ない。

民主党は消費税増税を公約にしてたわけだが。

>>41

こんな過疎板で反論もとめても反応ないよ。
経済板で消費税増税スレがあるからそっちがいいのでは?

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 00:42:27 ID:lf5PBqrq
増税増税って言うが財政の均衡を本気で考えてるなら出る方を絞るべきじゃないの?
まあ21世紀はいろんな意味で民主主義の崩壊にお目にかかれそうだわ
だって日本の予算のほとんどは年金や医療などの社会保障に使われてるわけだがここは削れない
年金半分にします、医療費の自己負担率5割にします、なんてやったら選挙で大惨敗決まりだわな
だから必要なお金だから税金の負担お願いしますと言った方がなんぼかマシだがそれじゃいつまでも持たない
そうこうするうちに日本財政破綻、混乱に陥りクーデターで新リーダーが決定
早速やったことは「やっぱり日本は封建制度がイチバンヤー!」

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 02:16:05 ID:4ugWji9y
出るほうは絞れないよ。絞ろうとしたって政治家が反対するから。どんなに優秀な案が出たとしても、己の保身第一の政治家連中に潰されるオチ。この国は救われねぇよ。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:08:00 ID:NktiK7LL
消費税率引き上げは一定の所得の下で賃金を除く全ての物の価格が上昇すること
を意味するから、消費者が購入できる商品は少なくなりデフレギャップが生じる。

消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!
そうなりゃわが国でこの世の地獄を見ることができそうだなw
しかも不況になれば法人税収・所得税収は落ち込み税収全体も落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明だ。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:50:31 ID:FkBSLSC7
>消費税率30%なら消費者が購入できる商品は(30%−5%)で25%落ち込
>むことになる。大まかに言えば市場に出回る財・サービスの25%が売れ残る!

これほどバカな意見を堂々と言える辺りがこのスレのレベルの低さだなw
発想が貧困なら説明過程も滅茶苦茶。
30%−5%で25%?小学生でも頭の良い子ならどこか違うと気づくぞw

購入資金100とすると消費税率5%の下では100÷1.05で95のものが買える。
消費税率30%では100÷1.3で77のものが買える。落ち込む消費は1−(77÷95)で19%。

そもそも発想がバカげてるから訂正してやる必要もないが少しは頭使え。

消費税増税で多少の消費の落ち込みはあっても税収は確実に増加する。
問題は税負担の公平性であって、その点ではない。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 03:53:56 ID:FkBSLSC7
>消費税の恐ろしいところは、末端の消費者の消費意欲を
>そぐだけでなく、卸業者やメーカーの設備投資能力までも
>急激に弱めてしまうところ。

設備投資能力が急激に弱まる?なぜ?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 07:51:55 ID:4ugWji9y
>>50
そんな合理的に行動する消費者もいないだろうが。単純な計算の結果から推定される値より、「消費税が増えた分余計に払うの嫌」て心理的側面からも購買意欲は減少するんじゃないか?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 14:09:56 ID:FkBSLSC7
>>52
だから言ってるでしょ。そもそも発想がバカげてるって。
税率増加分だけ消費が落ち込むとかいう発想がありえない。
それでも、せめて説明ぐらいは合理的にしろってだけの話。

購買意欲が減少しても税収が減るほどの落ち込みはまずありえない。
実際には非課税の居住費には全く影響が出ないし
税率が上がって購買意欲が落ちても生活必需品の購入は落ち込まない。
生活するうえで必ずしも必要ではない生活必需品以外の落ち込みはあっても
生活必需品以外の出費が多い層になればなるほど税率に過敏でなくなる。
税率変更後の一時的な落ち込みは想像できるが、変更前に一時的な需要増加が
望めるから税収ではなく景気の面では影響はあまりない。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 20:13:14 ID:/Dbl0h/t
ブッシュも年金改革の税源に連邦消費税導入するかもって言ってたっけ

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 22:27:22 ID:4ugWji9y
所詮は日本じゃ金持ちの政治家が増税と叫び、その一部をMyポケッツに放り込むんだから、好きなように叫ぶよな。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/08(金) 23:52:15 ID:/OYeA7sV
だいたい消費税上げたら
購買意欲が下がるなんてどういう発想やデータに基づくんだろ。
経済主体は究極的には収入を得るか
支出をするかどっちかしかない。家計も含めて。
極端な話、間接税だの直接税だのは
課税するタイミングの差でしかない。
購買意欲というか消費性向はむしろ将来性の不安とか
そういうものによるところが大きい。
北欧は普遍主義の充実した社会保障制度で
20%を超える消費税でありながら貯蓄性向は1%に満たない。
つまり、消費税と消費性向は一概に反比例するとは言えない。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 06:38:36 ID:XnRbYc8J
>>53
いずれにしろ、消費税率の値上げは、政治的には
難事中の難事であることには間違いはない。
消費税率の値上げによる消費の落ち込みがどのくらいの規模に
なるかどうかは定かではないが、国民生活を塗炭の苦しみに追い込む。
政治的には、消費税にかかわった政権のほぼ全てを吹き飛ばしてきたのは事実。
そうそう簡単に増税などできるわけはない。


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 06:44:49 ID:XnRbYc8J
>>53
消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性については
どう思うのか?
ぜひとも答えていただきたい。
消費が縮小し、倒産や失業が相次いでいるのに、政治家はそのまま見てみぬふりはできない。
景気対策のための財政支出を求める声が高まるだろう。
小渕・森内閣時代を思い起こしてみてもらいたい。
国民生活を無視して、増税議論などは絶対に成り立たない。
ある財務官僚が、「自分はルールを作る側になる」などと傲慢な発言をしたことがあるが、
官僚の思い通りの増税などは絶対にできるはずはないのである。
実際には政治家の許可を求めなければならないのだから。
「消費税を上げた結果、長期的に見て財政規律が悪化する蓋然性」を無視して、
短期的な税収アップに目をとらわれてはいけない。
財務官僚としては、目先のやりくりに火の車なのだろうが。



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 07:34:09 ID:XnRbYc8J
消費税率の値上げは不可能です。
税収に占める消費税収の割合は、スウェーデンと比較してさえ、ほぼ同じ水準。
税収に占める消費税の各国比較(全保団連等資料から各国2002年、日本2003年データ)
・日本22.7%(上記参照) ・イギリス22.3% ・イタリア22.3% ・スウェーデン22.1%
 イギリスでは付加価値税率が18%であっても生活費等非課税のため、
実質的には日本の消費税率5%より負担感が少ないといわれている。
これらの比較を見ても、日本の現在の消費税率5%は決して低い税率ではない。所得再分配機能が歪められた所得税等の見直しをすることは理解できるが、税収に占める割合から見ても課税の公平性に適わない(逆進性の問題がある)消費税をこれ以上増税する理由は存しない。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 09:27:50 ID:762kBmT4
>>59
税収に占める消費税収の割合にいったい何を求めているのですか?
つまりあれか、増税したけりゃ消費税だけでなくすべての税率を上げろということですか?

国が違えば事情も違う、「国際標準」が日本にとってベストかどうかは判らない。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 11:25:16 ID:UDocwZtf
ことし景気回復のおかげで税収が増えたってニュースが
あったじゃん。

ショボイ景気小反発で増税した以上の効果ですよ。
まさにデフレが終われば増税なんていらないんじゃね?ですよ。
問題の年金さえ、株高で黒字ですよ。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 13:54:33 ID:Tw9b2EhV
そういえば、為替介入したときもアメリカに貢ぐなとか言ってるのがいたが、米国債で数兆円利益が出てたはず。
円高になったときに買い捲ってたんだから、利益が出るのは当然だけどね。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 14:35:06 ID:GYc8Jqc/
>>61
3兆円ちょっとだろ。
消費税を5%に増税したときは5兆円程度増えた。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 21:23:04 ID:Tw9b2EhV
>>63

3兆円といっても消費税1%分もある。
為替介入は実質無利子の短期国債が財源だし、
後で米国債は利息がついて返済されるから、
利益があって、国民には何の負担もないけど、
消費税増税は国民の負担。
やっぱりリフレするだけで増税なんか必要なくなるのでは?


65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/09(土) 23:10:14 ID:egOvLR9y
スウェーデンらへんの消費税を持ち出してきた阿呆は誰ですか?
税金は高くても社会保障が充実してて【揺りかごから墓場まで】安心の国々と、老後は不安でたまらない日本の消費税が比較になるわくないじゃん

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 02:21:08 ID:b/sN4T8Y
>>65

老後の保障に関しては、日本はそれほどひどくない。
年金平均支給額は購買力平価で見て、スウェーデンより多いし、支給開始年齢も早い。
医療制度はコストパフォーマンスや平等性を考慮すると、世界でもトップクラスだとWHOが評価してる。
しかも就業率も高く、貯蓄も多いにもかかわらず、
不安になるのは役所やマスコミのプロパガンダだとしか思えない。
デフレ不況が長引いてるからかもしれんが。
日本の低福祉は現役世代のが手薄なだけで、老人向けは充実してる。


67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 05:38:40 ID:JHot0rIH
>>53
>消費税率を上げた結果、かえって財政状況は悪化する可能性

なぜ悪化するのか説明してみな。
消費が落ち込んで景気が悪化するとかくだらない理由じゃなくてな。

現在の財政状況の悪化は消費税率とは関係なく中途半端な財政再建策が原因。
橋本政権下で中途半端に財政再建しようとして財政支出を抑えたのが諸悪の根源。
森政権はともかく、小渕政権の経済政策は良かった。
あそこで財政支出を抑えるような政策とってたらもっと悪化してただろう。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:12:23 ID:cXgTtHLC
>>61
>ことし景気回復のおかげで税収が増えたってニュースが
あったじゃん。


まさに正論。
景気が拡大を続ければ、増税などしなくとも税収は増える。
GDPが増大すれば、税収など自然に増える。
消費税率値上げは、まさに百害あって一利なしと断言できる。
政治的にもほとんど不可能ごと。
新聞では、さかんに消費税増税をあおっているが、実際に値上げしてみろ、
必ず政権交代が起こる。断言できる。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:15:19 ID:cXgTtHLC
>>63
>消費税を5%に増税したときは5兆円程度増えた。


(政治的な意味で)ほぼ同時期に橋本政権は崩壊。
自民党は参議院で過半数を割り込み、法案は通らなくなった。


70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:17:33 ID:cXgTtHLC
>>67
>森政権はともかく、小渕政権の経済政策は良かった。
あそこで財政支出を抑えるような政策とってたらもっと悪化してただろう。


アホ!
小渕政権でどれだけ赤字国債を発行したかわかっているのか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:18:44 ID:cXgTtHLC
>>67
消費税反対の理由:あえて再掲する。
消費税率引上げは一定の所得の下で賃金以外の全ての価格が上昇することを意味
するから消費者の購入できる商品は減少し、通常デフレギャップが発生する。

デフレによる国内消費の落ち込みは企業の売上減少と同義なので、仮に消費税収
入は確保できても企業利益の落ち込みからまず法人税収入が減少、更に企業業績
不振は賃金カット・リストラなど雇用者賃金にも波及し、消費者マインドも冷え
込むから所得税収入も減少、租税収入全体も却って落ち込む公算が大きい。

これじゃあ、一体何のために消費税率を引上げるのか意味不明である。 ???

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:23:54 ID:cXgTtHLC
消費税率値上げに反対しているのは、
長期的に見て、決して財政規律を回復させることはないのが大きな理由です。


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:27:41 ID:cXgTtHLC
それから、民主党が消費税増税を言っているのは、
党内力学的な理由もあるだろうが、
「なんでも反対」の社会党のように、「無責任」な姿勢を批判されるのが
怖いからだろうと思う。
消費税増税が、実際の政治課題に乗る段になれば、おのずから慎重にもなろうし、
議論百出、まとまりはしないだろう。
次の政権交代は、小泉の後の自民党政権が、消費税率を2%くらい上げ、
経済がガタガタになったときだから、次の衆議院選挙のときだろう。
間違いない。

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:30:16 ID:cXgTtHLC
  税収(決算)
1989  549,218  ←消費税導入。この頃は空前の好景気
1990  601,059  ←この辺りがバブルと呼ばれた好景気のピーク
1991  598,204
1992  544,453  ←この辺からバブル崩壊と呼ばれる
1993  541,262
1994  510,300
1995  519,308
1996  520,601  ←一応景気回復しかかっていたのだが・・・
1997  539,415  ←橋本内閣で消費税アップして・・・
1998  494,319  ←バブル後2番底開始して税収ダウン
1999  472,345  ←小渕総理が頑張って・・・
2000  507,125  ←景気回復傾向で税収アップするも、日銀がゼロ金利解除して・・・
2001  479,481  ←またしても景気悪化&小泉改革が始まって・・・
2002  438,332  ←また底が抜けちゃったよ

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 06:55:04 ID:cXgTtHLC
官僚が増税を唱えるたびに、
租税法律主義の重要性や、選挙権を持っていることの意味を
かみしめる一国民であった。
選挙で議員を叩き落す快感、これはたまらない。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 11:05:44 ID:bcmvN1U8
つーか寝言いってるヤツ多すぎだなぁ。
GDPが簡単に増えれば苦労はしない。
税率を上げれば税収は減るって言うことは
その対偶で税収が増やすには減税しろってことだろ。
レーガンはそれで失敗してるし。
そもそも消費税引き上げでやることは財政再建・国債の償却であって、
民と官の間で左右に金を動かすだけに過ぎない。

>>64
利益を出したのは日銀だろ。
リフレリフレって言うが簡単に出来れば苦労なんかしないよ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 14:17:26 ID:JHot0rIH
>>70
アホはお前だ。財政出動の必要性を理解してない。
貸し手に金が余ってる状況で民間が金を借りないなら
政府が借金をしなければ経済が縮小均衡に向かう。

お前みたいな発想で中途半端な財政再建しようとするから
景気が悪化してさらに財政悪化が加速する。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 14:41:34 ID:b/sN4T8Y
>>76

為替介入の利益は税外収入になってるはずだが。
日銀は金を貸しただけで外債買ったのは財務省なんだから。
それとリフレは簡単にできる。増税や補正予算はいちいち審議しないとできないし、
日銀が直接国債を引き受けるのは、法律で禁止されてるから、すぐにはできないが、
国債買いオペ増やしたり、政府紙幣発行したりするのは日銀・政府が決断するだけでできる。
今は短期国債が札割れしてるから、長期も札割れするまで増やせばよい。
政府紙幣と日銀券を交換して、それで新規発行・借り換え国債の償還を行う。
日銀や郵貯簡保など政府系金融機関が持ってる国債もそれで償還する。
こうして、数十兆数百兆の国債を償還すれば、財政出動せずに景気が回復し、増税なしで財政再建が達成される。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:00:22 ID:UBkAfutB
>>78
税外収入に何を期待してるんだ?
買いオペやったところでリフレになるのかよ。
需要がないし日銀も渋るだろうし。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 16:27:53 ID:nYgAeHIu
>>77
小渕閣下の財出は橋本増税の尻拭いの意味が大きかったと思ふのだが。

増税した結果景気が落ち込み・・・という理由はくだらなくないよ。
実験結果といいうか事実だし。
それに、緊縮財政の結果景気が落ち込み・・・・とほとんど同義じゃん。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 18:24:43 ID:b/sN4T8Y
>>79

為替介入して、日銀が不胎化しなければ、貨幣供給量が増えてリフレになる。税外収入よりこれが重要。
買いオペ増額や政府紙幣による償還でも貨幣供給は増やせる。
買いオペはリフレになる。現に少し増やしたら、物価下落率が縮まったじゃないか。もっと大規模にすればデフレは終わる。
銀行が国債を売らずに札われになったとしても、借り換えや新規発行の国債を政府紙幣で消化するのは可能。
日銀が渋るとか言うが、大増税のほうがはるかに政治的に難しいはず。
もしこれらをやってもデフレのままなら、インフレにならずして国の借金がなくなってしまう。無税国家すら可能になる。
デフレ脱却・景気回復ができなかったとしても財政再建は達成されるわけだ。


82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:16:30 ID:1BhJjwVk
>>81
ずいぶん長いこと金融緩和で公定歩合ゼロにして
金発行しまくってるのにリフレになってないじゃないか。
買いオペしたところで債権の乗り換えに過ぎない。
まさか紙幣を刷るだけでインフレになるとでも思ってないか?
それとも財政出動しまくってまた利権と無駄の巣窟を量産する気?
物価下落率が縮まったってそれは外需の増加だろ。
さっきから言ってるが需要がない。金を借りて誰が何に使うんだ?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 20:36:53 ID:y/7MlL0S
おお、懐かしい流れだな。
「紙幣を刷っただけでインフレになるかよ」
久々じゃないの。

・札を吸ってインフレにならないなら無税国家誕生しちゃう・・・・・

・市場にばら撒かれた金がそのまま退蔵されるか、
そっくり国債に化ける分けないじゃないの、過剰流動性マンセー。
金融市場の活況が経済に波及しないわけないじゃん。

・まだ長期金利ってゼロじゃ無いじゃん、札割れまでやって見れば?

などなど、多彩な理屈を用意しております。
「需要が無い」については

・俺はとにかく金が欲しい。需要が無い、なんてどこのお貴族様ですか?
・ここ10年、設備投資を控えていたので潜在需要はすごいよ。
・失業者が何百万人いると思ってるんだよ。。

などの理屈もございます。


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 22:50:32 ID:1BhJjwVk
>俺はとにかく金が欲しい。需要が無い、なんてどこのお貴族様ですか?
いま、住宅ローンの金利が安いが。借りれば?
グリーンスパンはこれでうまくやった、というかちょっとやりすぎ感もあるが。
貰えるのなら俺も欲しい。でもヘリからばら撒くのは流石に現実的じゃない。

>失業者が何百万人いると思ってるんだよ。。
失業者に貸す奇特な香具師はいないだろうw

>ここ10年、設備投資を控えていたので潜在需要はすごいよ。
結局これだ。なんか借金がないのが良い会社みたいな流行が出来てる。
バブル期に整えた設備もそろそろ経済的寿命を迎えるはずだが、
そろいもそろって慎重だ。高騰してる鉄鋼でも
高炉も作るか作らないかえらく悩んでる。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/10(日) 23:21:12 ID:To+wF93C
>>84
まさに、そのとおり。
おまいさんのカキコはリフレ政策の正しさを証明しました。

優良企業は現金を抱えて使い道が無い
金が欲しい俺ら貧乏人は、怖くて借金などできない、
というか借金したらアホ。

だから、現金溜め込んでいる奴らに使う動機を与えてやるのです。
1000兆刷ると発表すれば、連中はマッハで現金を
外貨、土地、株、商品、貴金属・・・と交換しまくるわけだ。
すべて景気浮揚効果がある。

そして1000兆じゃまずいので30超くらいから始めてみれば?
というものであります。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 00:49:40 ID:z72f+73u
>>82

だから0金利にしてもデフレのままなのは金融緩和の規模が小さいからインフレ期待を起こせてないからだって。
紙幣をいくらすってもデフレのままなら借金はすべて返せて無税国家にできる。
もしもデフレが終わらなくても財政再建だけでも十分やってみる価値はあるだろ。
国民だって莫大な累積赤字に不安を感じてるわけだし。
財政出動といっても公共事業をやる必要はない。全国民に一律に現金をばら撒くのでよい。
デフレが終わるまでばら撒く額を増やし続けると宣言すればよい。
国民一人一億円づつ配ってもインフレにならないなんてありえないだろ。
外需が増加したのだって為替介入して不胎化しなかったから。
需要がないのはデフレだからだろ。失業者が多いのもデフレで需要が少ないから。
実質金利が高くなってるから、実質的な負債額が増え、借金返して、設備投資や雇用を控えるのが流行になる。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 10:00:55 ID:EIv2dmP3
>>86
国民に金をばら撒いたって、それが市場に回る保証はないよ。
ただ懐に入るか借金返済に当てるだけ。
はたしてばら撒いた分の何%が市場に出てくることか。

デフレを止めるには、公定歩合を2%とか2.5%以上にしなきゃならないんだっけ?
金利が上がって一時的に借金の返済が大変になるだろうけど、
すぐに収入もインフレを起こして、増加分が借金の金利を上回るようになるさ。

もっともマスコミが猛反対して「調整インフレ」だ何だと悲観主義の記事を書き立てて、
世論を間違った方向へ誘導するような今の日本では難しいだろうけどさ。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/11(月) 14:05:58 ID:ZuhWKwXN
>>87
つ 「1000兆刷れ」は無視ですか?
つ ドーマーの法則
つ 無税国家

その手の話は、もう散々既出なのよ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 00:19:49 ID:qNz613wg
>>86

浪費癖のある人や生活が苦しい人がいるんだから、全然市中に回らないということはありえない。
全部市中に出る必要はない。1%しか出回らなくても千兆配れば10兆増えるということ。一京くばれば百兆増やせる。
一部が出れば貨幣は増える。量が足りなければさらに大規模にすればいいだけ。
反論するなら、千兆ばら撒いても一円たりとも市中に出ないと証明してくれ。
一億配ってもインフレにならないと本気で思ってるのか?
借金だって無限にあるわけじゃない。配る量を増やし続ければ借金が亡くなる人も続出するだろ。

それと、公定歩合引き上げは逆効果だろ。実質金利を下げるのがリフレの目的。
デフレ止めるのに金利を上げる馬鹿がいるかって言いたいところだけど、速水の逆噴射という実例があるからな。
それと国債のほとんどは固定金利だから、インフレにしてもすぐには利払いは増えない。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 14:13:44 ID:mIPjDp3q
>>87
不完全雇用下だと、

成長率の上昇>金利の上昇

なので、その批判は当たらない。
また、逆に言えば 成長率の下降>金利の下降 となり
不景気で低金利の時ほど、金利は相対的に高くなる。

現に、去年は成長率+3%ほどであったのに金利は1%すら上昇していない。
そして実際に財政は少し改善した。

もうね、景気回復のみが財政再建の手段なのですよ。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/12(火) 22:44:36 ID:ISEcW15t
まあ日本に限らず政治によるシステムのリフォームなんかで
すっきり問題が解決したなんて試しはないしな
成長率が5%だと大体15年で所得水準が倍になる
そうすればシステムを現状のままいじらなくても
年金やら医療やらの問題はほとんど解決するわけで
そしてそれは政治による解決よりはるかに現実的でもある

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 21:15:33 ID:et20Jefm
消費税率の引き上げが何故雇用におけるサービス化の促進に繋がるのか誰か
説明してもらえませんか?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 01:52:48 ID:8rmAOYS8
>>91
ただでさえ成長率5%維持は難しいのに
この人口減少時代にどうやって実現する気ですか?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 02:42:44 ID:itPrupJe
人口が本格的に減り始めるまで時間があるし
失業者もいっぱいいるので、向こう10年はあんまり関係ないよ。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 22:19:23 ID:9+vIuYgG
>>93

別に5%じゃなくても、3〜4%でも十分維持できるはず。
3〜4%だと20年ぐらいで倍になるし、20年後の社会保障負担は2倍ぐらいなので、
それぐらいの成長率で今と同じ負担で今の制度を維持できる。5%だと今より低い負担になる。
低位推計でさえ今後数十年間は人口減少率は1%未満だから大して影響ないでしょ。


96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 11:39:35 ID:OZVMSYxB
ケロロ軍曹なんて平成版のらくろで
日本国民を煽り、日本を軍拡のメリーゴーランドにのせ
アメ公は日本支配を一層強化
アメ公の軍事司令部が東京に来るしな

日本人への大増税も日本を弱らせて
軍事色一色に染めるためのアメ公の策略

やがては米中激突時に日本人は露払い役で
大量に捨て駒にされて死んでいくであろう

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/25(月) 02:09:51 ID:9FOkPBJo
頭痛が痛い

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/02(火) 23:29:29 ID:GBHjF2J3
アゲトク

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/03(水) 12:02:42 ID:24fHG2u7
【行政】2005年度国家公務員ボーナス、引き上げの見通し…人事院勧告
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1122994825/

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)