2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

英単語や英熟語の微妙なニュアンスの違い

1 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:34:18
fear  貞子のような静的な恐怖
terrible  ジェイソンのような動的な恐怖

のように微妙な違いを挙げていって。

2 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:37:44
こんな感じでいい?

sugar 白い粉。甘い味がする。
salt 同じく白い粉だが、しょっぱい。

3 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:39:59
overseasとabroadの違いは?
中国から見てモンゴルはoverseas?

4 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:41:34
それからforeignは?

5 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:43:24
because of、due to、owing toの違いは?

6 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:47:15
>>3-5
質問スレじゃないよ。

7 :1:2005/07/03(日) 19:49:25
>>2
fireとflameのような、普通の人には違いが分からないもののほうがいい。
でないとトンでもないものを出す香具師が出るから。

8 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:49:54
shop、store
enterprise、company、office、workplace
it、that
this、that
how about ...?、what about ...?

どれもこれも使い分けに苦労するぜ…

9 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:51:46
質問もいいんじゃない?特に最初のうちは。
盛り上がらないままDAT落ちよりまし。
参加者が多くなってきたらまた考えなおせばいい。

10 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 19:59:57
【才能】
gift > genius > talent > capacity > ability

gift  先天的な度合いが一番高い。天賦の才能
genius 先天的だが、特に創造的分野で発揮。
talent 先天的だが、ある程度の努力の結果、発揮される。とくに芸術・芸能分野。
capacity 潜在的な能力。
ability 能力一般を指す。

aptitude 学習能力を指す
competence 求められてたことを果たせる能力
capability あることをおこなうのに適した能力、適応能力
daculty  主に知的な能力

11 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:01:33
【困惑させる】
confound > bewilder > confuse

confound 予測していないことで人を驚かせ、まごつかせる
bewilder  いろいろな問題が同時に生じて、人をまごつかせる
confuse   単に「頭を混乱させて、まごつかせる」

他に
embarrass 人前で不安にさせたり、不愉快な思いをさせたりすること
perplex   わからなくさせたり、答えられなくさせること。人を途方にくれさせる場合
        改まった言い方
puzzle    どう説明したらいいのか、どう理解したらいいのか、わからなくさせること


12 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:02:44
【欠点】
defect > fault > flaw

defect 重大な欠点
fault  一般的に欠点を指す
flaw  ちょっとした欠点

shorcomings 軽い欠点
blemish    表面上あるいは外観上の欠点
foible     一風変わった、非常識なことをするのは性格上の欠点によるものだという場合


13 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:04:27
【恐怖】
terror > dread > fear

fear 危険の存在や、危険を予測することによって引き起こされる恐怖心
dread 大きな恐怖
terror 極度の恐怖

※ terrorはくだけた言い方でとくに子供を指して「やっかい者」という意味で使われることがある。

fright 恐怖感
scare さらに突然襲ってくる恐怖感
horror ぞっとするような恐怖感

14 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:05:59
【厳しい】
stern > fierce > severe > strict

strict  厳しく、規則を守ることを要求する。単に「厳しい」
severe strict以上に厳しく、失敗や変更を許さない。多少冷酷さも。
stern  severe以上に厳しい。情け容赦などなく、恐れを感じさせる。
fierce  severe以上に厳しいがsternほどではない。
rigorous少しのすきもなく、はりつめたような厳しさ
austere 感情を表に出さないような厳しさ。冷厳。
harsh  とげとげしい、手厳しい

暑さ、寒さが厳しいというときはsevereを用いることができる。

15 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:08:38
【疑わしい】
doubtful > dubious

doubtful=full of doubt
dubious=feeling doubt

※「疑わしく、不正のにおいがする」という意味ではむしろdoubtful
  よりdubiousのほうが強い疑いの念をあらわすこともある

16 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:10:52
「非難する」ってたくさんあるよなぁ

17 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:11:18
【怒り】
fury(ときに狂気をふくむ)  >  rage  >  anger

その他
indignation 義憤を含む
irritation   焦燥感含む  
wrath     復讐心を含む、文語的な響き/優者が劣者に向けるような怒り
        The Grapes Of Wrath 怒りのぶどう

18 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:13:30
類義語辞典を持っている人には全く必要のないスレだな

19 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:16:57
>>18
まったく。>>1のような解説してくないとね。

20 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 20:51:09
まあまあ、まったりしよう

21 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 21:23:59
オレにとっては、この1ヶ月で一番勉強になるスレだな。
もっとよろしく。

22 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/03(日) 22:59:36
これの技術英語版スレ希望・・・。
今私スレ立てできないから誰かよろしくお願いします。

23 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/04(月) 01:37:46
>>22
意味が分からない。推敲して。

24 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/04(月) 23:23:38
類語のニュアンスの違いって日本語訳でいくら書かれてもさっぱり分からない。
「大きな恐怖」と「極度の恐怖」でニュアンスの違いを説明した気になるのは
やめてほしい。

25 :24:2005/07/04(月) 23:24:27
dread これから起こる良くないことにビクビクしている気持ち。
見つかるかもしれないという恐怖。
年をとることに対する恐怖感。
悪事がばれたらどうしようという恐怖心。
愛する人を失うことに対する恐怖。
この先には何があるんだろうとビクビクする気持ち。
病気が再発するかも知れないという恐怖。
これから飛び降りる時に感じる恐怖。
職を失うかも知れない恐怖。
あいつにまた会ったらどうしようという恐怖。
コロケーション:great dread , mortal dread

26 :24:2005/07/04(月) 23:24:54
terror 泣き叫び、頭をかきむしってうずくまりながら「もう嫌だ!助けてくれ!」と言いたくなるほどの恐怖。
火災のビルから必死で逃げ出す時の恐怖。直感的に死が頭をよぎる。
職を失ったら俺はもうおしまいだという恐怖感。
銃声が鳴り響いて、うぎゃー、殺される!死ぬのはいや!死ぬのはいや!
酒乱の親父に毎日暴力をふるわれる恐怖の生活。
コロケーション:absolute terror , pure terror , sheer terror , real terror , naked terror

27 :24:2005/07/04(月) 23:25:14
fear 日常的に抱く恐怖感全般。特殊な状況ではなく、日ごろから抱いている恐怖。
暗闇の恐怖
蜘蛛や蛇に対する恐怖
飛び降りる時の恐怖
仕事を失う恐怖
自分の子供に何かあったらという恐怖
もしかしたら自分は癌なんじゃないかという恐怖
株価がさらに下がるんじゃないかという恐れ
近くで犯罪が起こった後のビクビクした生活。
警察に捕まったらどうしようという恐怖心。
将来に対して抱く恐怖感。
コロケーション:deep fear , great fear , real fear , terrible fear

28 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/05(火) 01:28:54
>>25-27
たくさん例があってとっても分かりやすい!!
このスレめちゃくちゃ勉強になる。


veryとか「とても」を表す

29 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/05(火) 01:29:57
very とかとてもを表す単語でも度合いの違いを教えてほしい


30 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/05(火) 23:18:26
度合いの違いもありますが
文語的表現、日常生活でよく使われる表現、技術文書でOKな表現、
法律文書向きの硬い表現、などの違いがまずありますよねえ

31 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/06(水) 10:52:00
俺はね、ニュアンスの違いを書いた本とかは要らないと思ってる。
具体的で場面で出会わないと定着しないし、また具体的な場面の方が
よりはっきりと使い方がわかるから。
それよりもたくさん読んだり聞いたりしていくほうが実は手っ取り早いという気がする。

32 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/06(水) 16:01:55
>>31過去の自分を見ているような気がするので、

やっぱり、そういう微妙なニュアンスってある程度は先に知っておいたり、
触れておかないと、本(や映画)の中でも大事なことがぼやけたり勘違いしたままになりがちだよ。
(日本語でも勘違いはよくあることなので、どうでもイイ人はどうでもいいことだろうけど)



33 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/06(水) 16:09:45
つか効率悪いよな
単語は腐るほどあるわけで

34 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/06(水) 16:56:56
>>32
いや、類語のニュアンスを類語辞典などで区別する必要性があまりないということで
単語それぞれの意味や使い方は出てきた場面ごとにしっかり把握する必要があると思うよ。
少なくとも気になるものは。
最初から類語のニュアンスを覚えるのは無駄だってことで。

35 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/08(金) 20:54:39
お前に必要性がないだけだろ

36 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/08(金) 21:06:38
>>35
単純な思考回路しかないバカだな。違いはその場面で学ばないと
発揮できないだろうが。自分のレスのアホさに気づいて、後から
釣り宣言とかやめてくれよ。てか逃げるなよ。お前なりのしっか
りとした理論を聞かせてみろ。

37 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/08(金) 21:13:32
>>36
その違いを学べる機会が多くあるか?
留学とかしないと無理。
だから知らないよりなんとなくでも知ってた方がマシ

38 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/08(金) 21:25:20
>>36
違いがわかるには最低二つの場面に出くわすことがまず必要。
だがその場面の違いが言葉に表れているのかどうか不明。

39 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/09(土) 04:47:26
>>36
ニュアンスの違いは実際に何度も出会わないと実感を伴って覚えることはできないのは確かだが、
その単語に出くわした時に、"違い"の知識があらかじめあるかないかで、
その単語のニュアンスを意識するかどうかの違いがあるでしょ。

何度も出会っているうちに何となく違いが感覚的に分かってくるってのが理想だろうけど、
外国語だとそれはなかなか難しい。
たとえばfearもdreadもterrorも同じ感覚で通り過ぎてしまって、その違いには一生気づかないかもしれない。
しかしあらかじめ知識としてニュアンスの違いを何となく知っていれば、
その単語に出会った時に「あ、なるほど、具体的にはこういう場面で使うのか」という
確認が意識の上に昇ってきて、ニュアンスというものが意識化されていく。

単語じゃないけど、たとえば
He was able to swim across the river.

He could swim across the river.
の違いなんて、知識として学ばないと永遠に気づかないのでは。

40 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/09(土) 09:27:47
>39
何か難しそうに書いてるけど 賛成

母国語として赤ちゃんの時からどっぷり漬かってニュアンスが
わかる>>.....>>第2外国語として習得する

だから、多読も必要だし、理屈や知識を理解するという方法をとる。

何十年修行した板前の料理をファミレスの雇われ店長が簡単に真似るには
マニュアルを読めと。近いものもできるが板前にはかなわない



41 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/09(土) 11:31:26
>>39
ちなみに
He was able to swim across the river.

He could swim across the river.
はどう違うの?

42 :jんぎづおあ:2005/07/09(土) 12:51:04
Oxford Advanced Learner's より
  "Could" is used to talk about what someone was generaly able to do in the past:
    Our daughter could walk when she was nine months old.
  You use "was/were able to " or"manage" (But NOT could! )
when you are saying that something was possible on a particular occasion in the past:
    I was able to/managed to find some useful books in the library.

  "Could" is also used with this meaning with verbs of seeing,
noticing, understanding, etc.:
    I could see there was something wrong.

  "Could have" is used when you are saying that it was possible for somebody
to do something in the past but they did not try:
    I could have won the game but decided to let her win.


43 :jんぎづおあ:2005/07/09(土) 12:56:02
>>41つまり、
上の文は、 (その時、何かあって)彼はあの川を泳いで渡れなかった。
下の文は、 彼は、あの川を泳いで渡ることができなかった。(その川を泳いで渡るほどのSwim Skillがその時はなかった)


44 :jんぎづおあ:2005/07/09(土) 12:59:29
>>43
うは、間違ってる。正直すまん。
上:He was able to swim across the river.
は、(その場は)泳ぎ渡ることができた。
下:He could swim across the river.
は、(その時は日常的に)泳ぎ渡ることができた。

風邪で、文を読み間違えてた。orz

45 :36:2005/07/09(土) 20:13:37
>>37>>38>>39
おいおい、全くわかってねぇな。
お前らの言ってることは、日本人が日本語の勉強してから日本語に慣れろ
、って言ってるのと同じじゃないか。I like fishingで、私は
釣りが好きだ。とかさ、事前の勉強なんかなくても場面を経験す
ればわかってくるもんなんだよ。
ただ、たくさんの英文、生の英語に触れれば済む問題。


46 :39:2005/07/09(土) 20:27:08
>>45
あらかじめある程度の知識があれば、ニュアンスの違いを意識しやすくなるという
点に関しては?

それから、小説や映画などで受身的に疑似体験することはできても
それ以上のレベルの「実体験」は難しい。
間違って理解していてもまわりに修正してくれる人もいない。
そのような状況下で、学習なしに感覚だけで慣れていくほうが
単語のニュアンスをつかむのに"手っ取り早い"とは思えないんだけど。

「何となくこの使い方は変」と思える経験則と、
「この使い方は間違っている」と断言できる知識とは、両輪だと思うよ。

47 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/09(土) 21:07:15
というか>>36は自分が一番正しいと思ってるからダメだ。
こういうやつは人間的に成長できない。

48 :36:2005/07/09(土) 21:18:40
>>46
本気同意。
当たり前のことかもしれないけどさ、一般的な英語学習者
にとって予備知識なしでニュアンスをとらえるのは難しいんじゃないかな。
そうだよな〜。そういうニュアンスの違いがあるってい
うことを知った上で、実際に使われている場面を見て理解を深めるのがいいと
思うな。中には常人じゃ考えられないような言語感覚も持ってるってい
う人もいるのかな・・・。

49 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/16(土) 18:06:14
ニュアンスの違いを知識として覚えるべきかは個人の自由。
そしてここは違いを知りたい人のためのスレッド。
微妙なニュアンスを覚えることが無意味だと思うなら来なければいい。
誰も貴方達には強制しないから。

50 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/17(日) 07:01:34
なんとなく、36が精神イッチャッてる人に思えてきた。
あおりじゃなくて、36が素でここまでかいてたなら、病院で検査してもらった方がいいと思う。
いまなら、初期段階で病がみつかれば治療法が確立されているのも多いし、じかんが空いてるにでも。

51 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/26(火) 02:36:34
England  イギリス本土(アイルランドやスコットランドを含まない)
UE  イギリスの全ての土地

52 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/26(火) 02:39:47
>>51
意味不明

53 :名無しさん@英語勉強中:2005/07/26(火) 03:13:45
>>52
地理板にでも行ったほうがいいですよ。

54 :名無しさん@英語勉強中:2005/08/16(火) 11:43:27
>>53
普通に地図をみせろよ。

55 :名無しさん@英語勉強中:2005/08/26(金) 10:50:44
風景
scenery
landscape
view
scene

この使い分けがわかりません。適当に使ったらいいわけじゃないと思うので
どういう状況の時にどれを使ったらいいか教えて下さい。

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)