2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【美術家の】古谷利裕の偽日記【よりぬき批評】

1 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 13:15:41
美術作家、古谷利裕のワイルドな生活について語りましょう。
ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/wildlife/nisenikki.html

過去スレ(落ちています)

【男もすなる】古谷利裕の偽日記【日記なるもの】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1078673801/l50
【日記なるもの】古谷利裕の偽日記2【だと思う】
ttp://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087452000/l50

2 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 13:23:46
ワイルドじゃないと思う

3 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 13:46:25
よりぬきサザエさん

4 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 13:48:45
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

5 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 14:02:04
似非評論家の市原研太郎なんかよりも、ずっと良いもの書いてるぞ。
頑張れ!岡崎や浅田がほめるのも、もっともだな。絵は下手だけど。

6 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 14:36:16
5の言う通り。でも本格的な批評家としては、何かが足りない。
例えば「私」の身体感覚を客観化できていない。

美術手帖の評論に応募すると思うので、結果が楽しみ。

7 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 14:36:55
小説家希望なんでそ?

8 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:02:42
>>6
禿同。なんか物足りないんだよ。やっぱ、自分とひきつけすぎ
とオイラには思うが。彼は評論家ではないからしょうがないか。
似非よりは、よっぽどましだし、似非のほうがDQNじゃない
かって思うよ。

9 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:15:40
>>8
前のスレでは、引用がいいかげんと言われていたね。
要約と古谷の意見が区別付かない。
あと英語嫁と。


10 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:21:01
保坂和志信者なのが良くないと思う。

11 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:22:13
>>6-8
本人は自分は〈作り手〉で〈評論家〉ではないと言うかもしれない。
だから日記なんだと。でも公表するんならもう少し客観性に配慮して
ああいうふうに読み手に甘えた疑似美文(あくまでも疑似)をダラダラ
書き流すのはやめて欲しいね。

12 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:36:29
ネット日記なんてどっちみち馴れ合いじゃん。
ただまあ、どうせ公開するんなら……という11の理屈はわからんでもないな。
結構誰かを酷評してたりする時もあるから、そういうときはコメントとかできるように
しとくのが一応のルールという気もするね。言われっぱなしじゃ言われた方もたまらんだろうからな。
しかしもう既に結構有名になってるHPだから、そんなことすると荒らし続出で収拾つかんくなるのかも。

13 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:38:39
>>11
6も書いているけど、
どうやら美術手帖の評論に応募したりしているらしいんだよね。
前回の講評でも最終選考まで残ったらしい。
だから古谷自身、評論家としての意識があると思う。

14 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 15:51:22
じゃあいっそう外面を気にしてシャキッとしてもらおうか。
「日々感じたこと」「心に残ったこと」風の駄弁は金輪際終了ってことで。

15 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 16:01:31
映画評が適当で笑える

16 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 16:12:51
そうみたいね〜〜〜

ちょっとくだらないからここらへんで止めましょうよー。

17 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 16:35:51
でも古谷の書くものは面白い

18 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 16:36:35
>>12
メールじゃなんでダメなの?

19 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 16:44:50
本人けっこう男前と聞くけど、どうですか?

20 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 17:04:25
おっとこまえーーーーw

>>18 それは、君と会って話したいからだよ。
   わざとそうしてるんじゃないか。

21 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 17:15:10
ケミストリーの人に似ていると聞きました

22 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 17:21:33
いったいどちらに似ているのかが問題ですね

23 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 17:45:29
どっちでもまあ水準以上でしょ、職業美術家なら。
とすると今後は芸能人の日記でも読むみたいな感じで読もうかな。
そしたら日々感じたこと系(>>14)もノリで読めるかも。

24 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 17:46:47
>>16 は 本人

25 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 18:34:19
VOCA展に出したりしているんですよね

26 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 18:35:11
前に美術手帖で展評を見たよ。
もちろん古谷の絵について。


27 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 19:40:30
>>26
どんなことが書いてありましたか?

28 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 20:14:06
え、ていうかBTの評論に応募って、、、素人じゃんw

29 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 20:21:00
でも文芸誌や映画雑誌ではすでに評論のプロ

30 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 20:25:42
こっちにスレ立てたのね。

31 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 22:08:06
フルヤンか?
製作やめて、批評に絞ったほうがよくないか?
批評画家って、松浦だろうが、彦坂だろうが、、、

32 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 22:53:11
「松浦は評論は良いが絵画は絵具を表面に置くだけで力尽きている」と
テリーが前に言っていた。

テリーのレーダーに振るヤンは引っかかっているのだろうか。浅田、岡崎の
お墨付きって時点で自動的に駄目とか言いそうだけど。

33 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 22:56:25
テリーテリー言ってるあんた、
おっさん杉だろ
もっと情報集めた方が良いよ

34 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 22:58:50
古谷はあれでなかなか傲岸なところがある。
熊谷守一のように、画家としては六十過ぎてからが勝負だと思っているらしい。

35 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 22:59:38
それが古ヤンというオチか…

36 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/28 23:07:39

のうのうと正月気分に浮かれるんじゃねえぞ、詐欺師夫婦。

 →  宮元健次・智美(ミヤモトケンジ・トモミ)




37 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/29 12:16:19
>>34
その前に死ぬだろ…

38 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/29 16:20:08
貧乏で?

39 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 17:08:21
この人の絵って、正直どうなんですか

40 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 22:44:06
いろんな人に似ている。

41 :わたしはダリ?名無しさん?:04/12/31 23:08:02
大画面をコントロールできなさそうな画風だよな

42 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 00:34:01
でもけっこう大画面だったりもする

ttp://www.presskit.co.jp/presskit/gallery/ganf/artist/furuya/index.html

43 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 00:36:57
でもスケール感が小さい

44 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 00:38:56
そうだね。その点松浦寿夫と通ずるものがある。
見た目もにてるし。もうさんざん言われてるだろうが。

45 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 01:18:28
どっかでふっきらないとね。

46 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/01 01:27:54
松浦寿夫なら繊細な色彩感覚があるけど、
古谷はなあ…

47 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 01:03:13
岡崎乾二郎の色彩感覚ってどうよ?古ヤンは松浦よりもリスペクトしてる(ていうか日記見てると
思考法はモロに影響受けてる)かんじがするんだけど。スレ違いスマソ。

48 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 03:56:43
色彩?

松浦は専門教育を受けたことがない人の色使いにちかいな、
画集みながらセザンヌの色使いを真似たような、というか、
なんか、あの趣味っぽいところが好きな人にはたまらないの
だろう。

フルヤンのは、それなりに教育を受けた人が思い込みで乱暴
に描いている感じかな、彩度を落として明度を調整しながら
描いたことがある人が、その記憶をもとにというか惰性で
ガンガン描いている感じというか、あまり気持ちの良いもの
ではない。

岡崎のはよくしらない。というか真面目にみたことないから。


49 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 04:37:46
印象派の人たち、セザンヌにしろゴッホにしろ、色彩に対しては分析的だったよな。
ゴッホが毛糸をならべながら、色の組み合わせを試行錯誤したりとかさ、
あの辺りの絵って観ていると感覚が拡大するという部分ってあると思うんだよ。
それにたいして、松浦やフルヤンの絵ってそういう感じが全く欠如しているよな。
だから、松浦のは単なる作家の好みの反映にしかその色彩が見えてこないし、
フルヤンのは惰性にみえてしまったりするのだろう。


50 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 11:24:22
岡崎は色彩にたいしてはある意味ドライだよな。
むかし小さな立体作品にぬってたいろは、松浦的だったのだが、
段々趣味性が抜けてきた。

51 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 16:25:18
48-50ってむしろ独善的な断言に聞こえるんだが
こいつよりはフルヤンの方が良い作家だな

52 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 17:19:47
この古谷っていう人、すごいんですか?
いろいろ講釈たれてるけど中村一美みたいにヘタな絵に見える。

53 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 17:45:22
生きていける程度にはすごいんじゃねーの

54 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 22:36:00
中村一美とフルヤン?
双方とも絵に関しては達者という気もするぞ、

55 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 22:38:11
ねえねえ、岡崎とか、フルヤンとか、中村一美の顔みたい画像希望。

56 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/02 23:43:03
しかし、
フルヤンも、中村や岡崎と名前が並ぶくらいになったんだなと思うと感慨深いものがあるな。

57 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/03 02:32:37
>>55
美手帖のバックナンバーを気長にこまめにめくってみなされ。

>>56
フルヤンに関する限り、作家活動というよりは、やはりネットでの露出が大きいとおもう。
そういう意味では新しい時代の到来を告げる人なのかもしれん。そういう意味でだけだが。

58 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/03 20:46:42
文章もそうだが、結局「きれいなもの」に落とし込んでしまうところが限界。


59 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/03 21:12:16
作品はけっこう好き。

60 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 03:31:09
> 何というか「分かりすぎる」という感じ。とても趣味がよく、かつ勉強熱心で、その時
> 期によって様々な作風にトライして、そのどれもが一定の水準にはちゃんと達している
> のだが、そのどれもが「突き抜けた」ところまでいっていない。悪くはないと思うけど
> 、この程度の人なら「発掘」すれば他にもたくさんいるのだろう、と「思わせてしまう
> 」ような弱さがある。つまり(作品の趣味や作風は違うけど)まるで自分を観ているみた
> いな(見せられているみたいな)息苦しさを感じてしまったのだった。


最後の一文はまこと至言とは評すべきか。

61 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 03:34:01
つまり自分も「一定の水準にはちゃんと達している」と考えているわけだな。

62 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 09:15:09
>>60 フルヤンて50才くらい?歳とともに 重みはほしいかもな。
    

63 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 19:15:19
え!?三十代半ばでしょ?

64 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 20:37:08
なんだかんだ言ってこのスレチェックしていると思う

65 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 21:28:07
>デビット・リンチ

こういうの結構見つかるような気がする。真面目な読者じゃないからわかんないけど。

66 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/06 23:07:38
映画の感想文は幼稚だからやめた方が良いと思う
なのにプロ物書きなんだよな…

67 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/07 18:51:43
全体として日記以上評論未満というところか。ネットで公開することを前提にしなかったら
なかなかあそこまではかかんだろうし、かといって前に指摘されてた通りで、不特定多数を
相手にしているにしては甘すぎるんだよな。幼稚というのはちと手厳しいかとは思うが。

68 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/07 20:36:00
プロというのは、雑誌に文章を乗っけているということ?
あれって、自分で編集部に原稿もちこんで売り込んでんのか?

69 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/07 20:51:16
おまえらまで思う、思う、言ってんなよw
子供の作文かよw

70 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/08 20:52:11
でもブログってみんなそうかも。

71 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/08 20:54:57
いや下手に並みのブログよりは頑張ってるから標的にされるのだ。
だいたい現代美術関係のブログなんてほとんどないし。

72 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/08 21:07:40
客観性を持ったらおしまいだと勘違いしてそうな気がする。
もったいない。

73 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/09 21:49:37
思うかも。
なのだと思う。


74 :フルヤー系外国人:05/01/09 22:25:29
うーーとぼくう
長年海外にすんでせいかあー
日本語があー美しくオモエナーイ。
伝わらない言葉デスネー


75 :ヴゥゥゥゥゥウアャァァァァーッ:05/01/09 22:49:30
ヴゥゥゥゥゥウアャァァァァーッ

76 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 11:40:05
文芸誌に書評かいてるみたいだけど、あの文芸誌の発行部数と、偽日記の読者ととっちが人数多いのだろうね。

77 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/10 14:50:56
身近にいる人的発言

78 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/11 19:08:43
>>75
これって何?

79 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/11 20:25:55
75を十秒間見ているとハク竜に見えてきます。

80 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/12 23:01:52
ここ数日つまらない。

81 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/12 23:37:36
こんな作風じゃ世の中にでられんぞ。

82 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/12 23:49:14
ヲチられてちゃ緊張するでしょw

83 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/12 23:53:06
もしかして哲学板の時は、
古谷スレの存在知らなかったとか?

84 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 01:06:14
哲学板の評価はどんなもんだった?

85 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:16:52
引用と感想の区別がごっちゃになっていると批判されていた。

86 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:30:48
自分は研究者でも批評家でもないからそれでいいじゃんって反論するんじゃないか。

87 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:32:37
もうこの人批評家だよ。
それに美術手帖に評論を投稿したりしている。

88 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:34:12
あー、じゃやばいね。

89 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:38:53
でも最近は前よりそのへんがちゃんとしてきた。
叩いている香具師もアンチというよりは辛口ファンではなかろうか。

あと、英語を読めば視野が広がるとも言われていた。
もったいないと。

90 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/13 02:48:12
絵を描く時間がなくなるから英語を勉強してる暇はないといいそう。

91 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 00:14:22
ヴゥゥゥゥゥウアャァァァァーッ

92 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 11:33:12
大学の後輩なんで卒業制作展の図録持ってるけどウプしようか
ドコにしまったか分からないので時間がかかると思うけど

93 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 11:54:33
>>92
ぜひぜひ。

94 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 15:50:04
>>92
もう一票。たのんます。

95 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/14 23:53:12
>コントロールしずらい(×)
>コントロールしづらい(○)

>リヒターのようなこけおどし的な「強さ」ではなく、むしろ派手な色彩
>(や不安定な状態の)のデリケートなコントロールにこそみるべきところが
>あるように思った。ただ、これは視覚的なバランスの良さに関係すると
>思うのだけど、ちょっときれいに納まり過ぎている感じがあって

こういう小綺麗なまとまりを避けるためにこそリヒターはあえて「こけおどし的な「強さ」」
をやってみせてるんじゃないのかね。そもそもリヒターをそんな風に括ることができるかどうかも
漏れには疑問だが。

とはいえ、「牧ゆかり」、逝ってみようかという気になった。

96 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 14:09:09
リヒターって、みようによっては、おいしい事しているようにも見えるからな、
でもつまみ食いするとつまんなくなっちゃうよな、、
スガワラキヨミってフルヤンの親友かしら(藁。

お前は、リヒター、俺は、マーデン ってか?



97 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 14:20:34
ニセ日記など参考になるのか?

98 :92:05/01/15 16:24:18
んじゃ気合入れて探しますわ
気長にまっててねw

99 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/15 19:15:06
お願いしまーす

100 :193:05/01/15 22:07:41
地味ながら伸びてるこのスレ、100まで来たね。

101 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 21:53:54
、『グランドフィナーレ』(阿部和重)は、作品として「良いもの」だと言えるかどうかは別として、重要な作品であるように思う。

102 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 22:13:29
↑気にくわないってことか?

103 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 22:18:39
何だよ今日の、また似非小説かw

104 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 23:13:36
BTとか雑誌で話題になるだけの作家じゃなきゃだめだよ。

貸し画廊作家だろ?

105 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/16 23:26:44
まーでもさ、昨今の美術ジャーナリズムの体たらくを見ると、そこで取り上げられないからって
実力がないということにはならないんじゃない?

BTについていえば、一応フルヤンはレビューで扱われたりもしてたしね。それがレビューどまりで終わるというのは
作家のと言うよりBTの側に問題があると思われ

フルヤンの作家としての資質はよくわからんけど。

106 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 01:42:01
所詮、筆がたつ絵描きであって作品は論ずるに足りず。

おまえこの男の絵のどこを評価するのか?

107 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 01:45:35
今度の美術手帖で評論賞取ったらどうするつもりだろう?
また落ちるのもいい薬かもしれないが

108 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 02:29:30
>>106
まあまあ、105も別にフルヤンが大画家だと言ってるわけじゃないんだから。
それより、もし才能のある絵描きがいても、今のジャーナリズムじゃそいつを
プッシュしようがないって話でしょ。

>>107
テーマは何で応募?

109 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 17:19:20
終点の駅ならでわの(×)
終点の駅ならではの(○)

おいおい〜〜

110 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/17 23:22:52
BTで時々記事の出る画家、今月だと館がでてたけど、コレクターがついてて、画商が付いてるような人でしょう?
どちらかというとコレクターなり画商なりからの要請でタカ○が文章を書いていると言う雰囲気ではないのかな、
そこでお金が動いているかどうかはわからないけど、

で、フルヤンの絵って売れてんの?



111 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 00:18:53
売れてるわけないやんけ。
買おうという気がおこらんぞ。能書き信じて絵を見ちゃ一生の不覚だ。

112 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 00:24:55
それを言うなら、
岡崎&松浦はどうよ?
能書き以外なにがあるって感じだろ。


113 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 00:26:05
>>112
また来たのかよ

114 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 00:28:32
おうよ!

115 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:25:49
評論家の市原研太郎よりも数倍もましだから
頑張れ!古屋

116 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:32:49
この板には反市原キャンペーンを張ってる人がいるようです。
趣旨には賛成ですけどね。

117 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:42:23
というか粘着だろ。過去ログよんでみ。周期的に同じようなことを言ってる香具師が
二、三人いる。さもなきゃ、同じ香具師が二つか三つのことを周期的に書き込んでる。

118 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:50:16
>>117
オマエモナ〜〜〜

119 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:53:48
>>118
オマエモナ〜〜〜

120 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 11:56:07
反市原いいねぇ〜

121 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 18:09:49
>>120
オマエモナ〜〜〜

122 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 21:19:20
この人どこかで講師とかやっているのですか?

123 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 22:03:18
フルヤン?

日記にはアサガヤで講義をしたことがあるようなことが書いてあった。

124 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:04:43
過去ログによると岡崎のやってる近畿大のセミナーでも話したことがあるらしい。

125 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:24:14
近畿大って、関西まで行ったのか?

126 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:28:19
どういう人として、セミナーとか講義とかするのだろう?
作家かなそれとも批評家かな?
前者として彼に仕事を依頼するとしてらやはり?だな、
あのHPに上がってる作品ってやっぱり壮絶という気がするしな、


127 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/18 23:32:26
>>125

htp://www.asahi.com/ad/clients/koukaikouza/kinkitokyo.html

蛇足だが

128 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 00:12:50
とりあえず背景の色をいい加減変えて欲しい。

129 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 00:38:59
あのサイトの色彩感覚は信用できない
絵からもああいう不快感を覚える

130 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 01:25:22
素人にとっては、どっちかっていうと快感を与えるんじゃないの?>>129
このカキコ見て始めてサイトの中にある2003年の作品っていうとこみたんだけど藁田。ネタ晴れが著しい。
松浦寿夫の絵=セザンヌ(の一部)よりも一層甚だしいね。

131 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 01:45:47
そうかな?古谷の絵を家に飾ったら健康崩しそうだ
売れるのだろうか

132 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 01:48:32
試写会に呼ばれるほどの批評家なんだねえ

133 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 13:57:34
定期的に現れる市原氏ね

134 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 14:55:24
近畿大ってさぁ・・・あやしいぞぉ。何のために東京進出してるか分かるか?

135 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 15:28:03
はい今日の日記きました。

>と書くことにあらわれていよう
>例えば、テキストの外に現実的に存在してしまう「病」に対して、
テキストそのものも否応無くある種の緊張関係を結ばざるを得ないという事実は確かにあり、
何かを「言語化する作業」それじたいが「狂気」を産出する力をもっているという(テクスト論的な)点だけに
テキストのおける「狂気」の所在を還元してしまうことは出来ないのだが、それだからこそ、テキストそのものが
安易にその「外」を指し示す時、〈症状/表現〉という二項を不可視のうちに支える「〈症状/表現〉表現」という構
図の「表現」という第三項が無自覚なまま強化されてしまうのであり、ゆえに、それは控えなければならない、あるい
は、慎重な手続きがふまえられなければならない、という「表現」についての渡部氏の主張(これはぼくがかなり勝手に
まとめてしまっているけど)は正当なものだと思え、[後略]

フルヤン、あんたミイラ取りがミイラになってるよ。「…ていよう」ってマンマ渡部じゃん。

136 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 15:31:18
いつもはこんなに一文長くないもんなw
そのうち見た展覧会に点数でも付け始めるんじゃないかw

137 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 17:12:26
>>131 いや、部屋の雰囲気を変えてしまうと言うのが正しいよ。

138 :193:05/01/19 19:28:52
>>137
そういう風に言っちゃうと、なんだか凄い作品みたいだ。

139 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 20:09:02
>夢のなかでかろやかに跳ねるように階段を昇っていて、そのせいで、眠りながらも
実際に足が蹴り上げるようにびくんと動いてしまい、その自分の動きで目が覚めた。

あんた成長期だね。こういうの、背が伸びる年頃によくあるでしょ。

140 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 23:19:25
なんだか、永遠の成長期って感じ。
浅田彰を魅了するのもそういうところでしょ。

141 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/19 23:22:18
麻田つながりで哲学板だったのか。

142 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 00:06:33
VOCA典に、古谷の作品目当てに来て、見終わったら帰っちゃったって
目撃情報があったぐらいだから、気に入り方は相当の物でしょう。
誰に対してもこんな感じなのかもしれないけど。

143 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 00:31:50
フルヤンをVOCAに推薦したのは誰?

144 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 00:49:52
そもそもアサダの美術についての文章って面白い?

145 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 01:02:13
>>144
知らない人用に一通りの周辺情報も与えつつ、かつズバズバ思い切ったことを言うから、面白いことは面白い。
無責任に読めば。とはいえ、かなり独断と偏見なんで、モロ厨房は眉に唾付けて
読んだ方がいい。真に受けて2chで孫引きしたりすると袋叩きにあう危険がある。
アサヤンの発言はいつもそうだけど。

146 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 04:49:42
似たようなことを古谷が書いてたね。

147 :牛乳配達:05/01/20 14:21:13
たとえれば
フルヤンのフルーツ牛乳

けっして コーヒー牛乳ではない

でも 絵の方は コーヒー牛乳

駅でぐいのみ!

というフルヤンの生活

148 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 14:22:42
なんかバイトやってるの?


149 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 19:57:30
浅田に評価されてるのは強みだね。評価してもらいたくても
全く無視されてる人もいるからね〜〜○○さぁ〜ん。たまには、みてるん
だってね。○○さぁ〜ん。ガッコで二ちゃん見るなって
いったりしちゃだめっすよ

150 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 21:04:44
>>149

ガッコの先生している人が生徒に2chを見るなというとすれば、
理由は二つだな。

1,自分がガッコで言ってる事やヤッテルことをカキコされたくない。
2,自分について生徒に知られたくないことが2chにカキコされている。

*アサダはどっかで2chにカキコされた偽情報について怒りをあらわにしていた。
”たいした事しりもしないのに情報通のつもりのバカども。。。”





151 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 21:08:08
たまたまウェブで活動してるから目立っているけど、古谷以外にも浅田のお気
に入りの埋もれた人材みたいなのって結構いるんじゃないの。
以前英語で受けたインタビューで、こういう人材をサポートするのが
自分の仕事って言ってたし。

152 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 21:09:16
哲板の方でガードマンのバイトをしてるって話が出てたな。

153 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/20 21:12:56
>>151

できやよい (藁

154 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 00:09:40
ああ、じゃあガードマン仕事の合間に日記書いているんだろうな

155 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 00:47:56
ガードマンって、宿直室みたいなところにいて、時々見回りしたりするの、
それとも、交代でどっかにつったてるの?

156 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 01:31:30
>>152>>155
問題の日のは読んでないけど、推測するに宿直じゃね?前に友達が寮監のバイトやってたけど、
自由時間が多い割にペイがよくていいって言ってた。思索する画家にはぴったりじゃん。

157 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/21 15:16:59
はっきり言って、夜見廻るの怖いよ
話し相手がいないし、一日誰とも話しをしない日が多いね。

158 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 01:38:00
ていってるお前らは、どんなバイトしてるんだ?
因みにおれは会社員。

159 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 01:45:15
塾講師

160 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 03:08:32
中小企業経営者で年収は3000万円強のコレクター。

でも古谷ってのの作品は魅力がなくって買えないな。岡崎のほうがおもろい。ただあのくだらない作品タイトルは辞めてほしい。

ドメスティックな知識人そのまんまだもの。

161 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 07:45:45
年収3000万といったら大金もちの部類ですね。
財政破綻に対する備えって何かやっていますか?
フルヤンのようなフリーターのかたに対するアドアイスをお願いします。

162 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 10:07:59
岡崎の作品タイトルとか評論活動を取ったら
作品は学生に毛がはえたようなもんだから
あのタイトルはないと意味がないよ。

163 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 10:20:55
またそういうわかりやすい煽りを。
さすがにそれはない。
学生に毛が生えたという形容はフルヤンのためにとっとけ。

164 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 12:41:57
フルヤン、
でっかい画面に線を引いたような絵を観たときは、いいぞ!って思ったんだけどな、
色もそんなに気にならんかったし、

165 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 13:24:46
3000万円コレクターです。
ドル預金とオーストラリア国債&ユーロ債は基本です。中国株式はやらず株相場は国内一部の新興銘柄だけ。

フルヤンさんへの助言って、僕は作家じゃないから分からないけど、国内の小さなサークルでの言説のお遊びよりもあくまで作品でマーケットと評価を得ていくほうがいいと思うよ。
みなさんは好きじゃないだろうけど、村上や小沢、それに須田のような作家のほうがひろい世界のキュレーターに今後の活動を見守ってくれるからね。

絵画で海外に出るのは難しいと思いがちだけど、そんなことはないと思うよ。新しい批評や作品の流れがあるからいろいろと試行錯誤すればいいとおもうよ。

166 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 16:05:00
なんか楽しそうだな。
今が一番良い時なんだろうな。

167 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 16:50:13
>>166フルヤンが?

168 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 18:27:34
ドルは大丈夫ということですか、、
軍事力があるからかな。

169 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 18:31:25
須田のポジションって結構おいしいな、
ヤッパ、デザイン屋あがりってのは、端から空虚である分、適応力もあるし、

170 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 21:26:27
↑解釈の幅があるということだ。

171 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/22 23:48:58
「フルヤン」って呼び名、絶対流行らないと思う。

172 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 01:04:51
古谷が英語できないのはやっぱり致命的だな

173 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 11:56:24
須田だって最初は英語はできなかったのではないか?
なんと言っても、ギャラリーKでの個展にドイツ人がたまたま立ち寄ったのが、
海外展開のきっかけなんて書いてるくらいだしな、

174 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 12:55:48
というか、フルヤンのように内面的というか精神の充満したような作品で、海外展開できた作家っているのか?
勿論、外人でそういう作品を作る人はいくらでもいるわけだが、日本人で海外展開している人というと、
須田のようなデザインワーク的で空っぽで軽やかで作品がおおそうだなと思うのだけど、
フルヤンの好む小林正人も、ベルギー行って作風の変更を余儀なくされたような雰囲気で、
かといって展開成功しているかどうかは不明だが、

175 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 12:57:44
少ないよな。
でも奈良はちょっとその気がある。
それよりなんでこいつの作品が岡崎に似ていると言われるのか、謎。


176 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 13:18:28
岡崎作品って見た目のクールさとは裏腹に、
作品としてなりたっている根本がロジカルではなかったりするところがあるからな、、
、立体のころは、伊藤誠とかのほうが大きい作品をつくるのに成功していたと思うこともあったりする。




177 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 13:22:45
そうだけど、フルヤンのように、
絵の具をこねくり回しているだけのフェチとは少し違うと思う。
熱心に岡崎の絵を見たわけじゃないが。

178 ::05/01/23 13:47:35
須田悦弘さんの作品では、
《ロレンツ・ローズ》(2001年/ニュルンベルク美術館蔵)
ttp://www.mmag.gsn.ed.jp/exhibition/h14/h14suda.htm
これが一番良いわね。真っ赤な薔薇の花弁が、白い壁にグサグサと
突き刺さってるやつ。はかないけど強いものがある。良い場所を選んだとも思う。
海外での評価を高めるには、この方向で深めていくべきじゃないかしら。
こじんまりした作品は、日本人ウケするかもしんないけど、単なる
ハイパーレアリスムみたいに安易に流れそう。


179 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 23:37:23
ごめん、須田引き合いに出しているけど、
俺的にはあまり関心ないんだよな。
赤い薔薇もね、製作者的には、恣意的なモチーフにすぎないけど、相手からみたら意味がありそうに見えるということもありそうだわな、、、
でも、感心しないな。

それより、岡崎の作品って海外展開ってできるのかなとか、
アサダは逆オリエンタリズム的シュチエーションを想定して認められないとかいってたけど、
そういうレベルじゃなくて単に意味不明で感心のもたれようがないということはないかと思うのだけど、
実際のところどうなのかな?

180 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 23:40:17
岡崎は初期に海外展開してたし、
普通に1980年代日本の作家という扱いだろう。

それと須田って、全然良いと思わないんだが…


181 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/23 23:49:29
> 岡崎は初期に海外展開してたし、

あ、そうなんですか。
しりませんでした、ありがとう。
でもって、評判ってどうだったの?

182 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 00:31:16
悪かったからどうというわけではないし
良かったからどうこういうわけでもない
なにかしましたか?
興味を持ってもらえるなんていいけどw

183 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 00:44:30
>>179どうでしょう♪

184 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 00:47:31
財政破綻に際してフルヤンさんのような作家はどう振舞ったらよいかという話で、
海外展開を考えなよと言う方いて小沢、村上、須田という名前が挙がっているのですね。

で、そもそも岡崎ってどうなのかなという部分では、つながってきているので、
商業的な話の流れとして、どうだったのかと、企画展に一回出ただけでも良いという見方もあろうかと思いますが、
彼はその後コンスタントに海外に作品を売ってるわけではないのでしょう?
本人が感心がないといえばそれまでの話ですけどね。

185 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 00:51:30
このあたり浅田さんが言ってたじゃん。
> 内面的というか精神の充満したような作品
を作る日本人画家は海外じゃ受けが悪いって。
だからこそ岡崎をプッシュするんだって。

186 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 00:56:21
古谷の絵を買った奴ってそもそもいるのか?

187 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 01:11:19
買うような人はあんま書き込まない
変えないような野師が多く書き込んでるんじゃない?

188 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 01:20:03
いくらで売ってるかにもよるな。

189 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 01:28:33
ちょっと知ってる人参考までにレス入れて

190 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 01:42:53
岡崎氏の海外での展覧会ってもう無くなったパリ青年ビエンナーレじゃ
なかった?いまは無いからもう必要なくなった展覧会でしょうが。

海外展開っていうのは海外で必要とされているかどうかということで
須田、小沢、村上ってその翻訳者がいるっていうことです。キュレータ
ーだったりギャラリーだったりするけど。僕の単純な解釈は必要とされ
ていないということは平山郁夫も岡崎氏も一緒であり関心がもたれてい
ないということに尽きる。
浅田某が言うようにってカキコがあったけど、美術の現場にいない人間
の無責任な感想でしかない。浅田はナイジェリアやブラジルの「内面的
というか精神の充満したような作品」をつくる外国の作家を理解できる
のかな?彼らを押すそこの批評家のプッシュで力になれるのかな?ここ
では商業的であろうと学究的であろうとあまり意味をなさないだろう。

岡崎氏には悪いが時代は変わっていま彼を必要としている外国の先鋭な
筋はいないってことだろう。うちのお袋にとってもハンスUオブリスト
にとっても平山も岡崎も必要ないっていうことです。

古谷さんも偽日記など書いている暇があったら国内や海外に作品の意味
を伝えていってくれる媒介者をさがすべきでしょう。ただし浅田某って
いうのは無しですよ。しょうがないことだけど世界はそんなふうにでき
上がっているという事だと思う。

191 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 02:00:53
>>190
またお前か

192 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 05:02:43
迷惑なようだからもう書かないよ(藁

193 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 05:12:51
ていうかコテに汁
「うちのお袋」とかそういうのがキモイ

194 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 05:24:17

まあまあ言い合いなどくだらないから止めれ。金にならんから。
金のない連中のコミュニティ話にはどうやっても入れないな、折れは。

岡崎も古谷も投資対象ではないから見送りだな。

秋のサザビーズで杉本を3毎売ったときの面白さもないね。

195 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 05:28:25
>>194
どんな香具師が買ってるか想像付く?
わざわざこのスレに書いているんだからそれぐらい情報提供しろ

196 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 13:12:33
岡崎はセゾンと南天画廊が押してたけどいまやどちらもドボン!だからな。
古谷は画廊もないのに売れんだろう。サークル系アイドルかな。

197 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 13:29:33
いいことじゃないですか。
これで岡崎さんも偽日記みたいなものを始めてくれれば言うこと無しです。

198 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 14:13:40
辛口評価よろしいけど、フルヤンはまだ30代で若いしコレからだよね
途中で成長が止まるかもしれないし、停滞していろんな経験をしてその後
また良い作品出てくるかもしれない。
美術家なんて周りの力もそうだけどさ
結局自分がどれだけ良い作品を出し続けていけるかだと思ってる。



199 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 14:46:34
ボケ

200 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 14:47:04
フルヤン本人は来ないのでしょうか

201 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 14:52:28
こっそり物陰からみつめているよ

202 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 15:02:15
だんだん意識しだすと
それなりに文に表れてくるし、
世間の評判が気になって絵も変わってくるぞ。
ここは見ないほうが良いぞ>フルヤン

203 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 15:03:52
もう遅いよ。
だって活字媒体で映画批評とか書評とか書きまくってるし。
もはや意識的に突き抜けるしか。

204 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/24 19:12:46
この程度の評価しかなく映画評とか書評書いてるとかなりヤバイとおもうよ。岡崎のようなシンパもいないだろうし。

205 :うれてる:05/01/25 00:16:12
売れてる、売れてる
と自慢してる画廊の人たちが
こんな落ちぶれているスレに

熱心に
だめだ、だめだ とフルヤンごときの
足ひっぱりにきたり、
かきこんでくるようだと
六本木あたりのバブルもはじけ、
そろそれ あぶないという 不安が
いっぱい どうしよう
という感じなのかしらね
いやあ、もっと墨田川のそばで
自分たちのいう 売れる絵を
売っていなさい

大丈夫
批評にならなくても
批評がうまれなくても
売れているから
自信をもちなさいったら

あなたたちの言う通り
売れているんだから


そうとう、不安な状態になっておるな

206 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 01:07:08

なんだこりゃ?

207 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 01:49:50
浅田の援護射撃

208 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 02:12:27
こんなところまでチェックしてるとは、
さすが、アサダのレーダーは冴えてるな、


209 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 02:18:28
フルヤンのファンは思想系ブログに数人いるようだ

210 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 04:01:07
>>205
画廊の人間がこんなとこ来るわけないじゃん。
その証拠にだれもフルヤンなど扱いはしないって。安心しな。

211 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 11:48:18
>西洋絵画史上最大の謎と呼ばれる二つの絵画の謎を解明した論文を、
>ウェブサイトに発表しました。

http://www2.tbb.t-com.ne.jp/oniya/

>テセウス・コンプレックス』の発見は東欧の精神分析家達によって、
>『聖愛と俗愛』及び『嵐』の謎の解明は美術家の岡崎乾二郎によって、
>いつなされてもおかしくないものです。

1:『テセウス・コンプレックス』
2:『アテナ的なもの』
3:『嵐(ラ・テンペスタ)』(ジョルジョーネ作)
4:『聖愛と俗愛』(ティツィアーノ作)

以上の着想の概要を、わたしは以下のスレッドに書き込みました。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1097380481/l50

212 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 12:59:52
>>210

オマイも速く、ちゃんと売れるようになって、しっかりした
収入を得てね♪

213 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 13:44:46
このスレ、フルヤンが可愛そう。

>194 秋のサザビーズで、
杉は沢山出てたけど、いつもより結果は少々良好だったね。
とは言っても、100万しないのもあれば、300万近いのもある。
日本で買った方が、高いのでは?
それよりも杉戸君が高すぎるのは不自然、
小山さん、がんばって値段吊り上げたかな?
村上は不落札が続いて、今後オークション終了。
奈良は今年限りかな?
墨田川のみなさん、売るだけ売って逃げようね!



214 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 14:03:24
213だけど、

ついでに、2月のクリスティーズ・ロンドンで、
アキラさんから在庫が沢山出品されます。
苦しいのかな?心配。
でも、隅田川系のような安物ではないですよ!

215 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 14:15:41
隅田川系ってなんだよ
ジャルゴン使うな

216 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 15:14:43
新川じゃねーの?


217 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/25 18:24:05
>>211
こういう電波と古谷って紙一重だけど、
かろうじて古谷はまともだな

218 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 00:43:38
GANって作品をうってくれないの?

219 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 01:22:54
>>214

アキラさんって、名古屋のイ○ダさんのことですか?
もしそうだとして、あそこの扱い作家というのは高値で売ったりしてるの?

220 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 01:36:38
アキラさんは所詮欧米追随型のブローカーであったから自分では価値を作れなかった。
新川の小山のほうが立派だ。

221 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 02:01:39
小山は自分で価値をつくっているのですか?
看板作家は自虐史観的なんて言われてるのですよ。

結局のところ、グローバルの商業は直接的に価値をつくることには関われないということではないでしょうか?






222 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 02:07:08
アメリカにもっていってアート認定してもらおうという時点で他力本願といえるかもしれない。

223 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 02:44:33
テリー中年も古谷はノーマークだなw

224 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 02:45:28
80年代の思い出に生きてろっつうの
フルヤンこそ0年代の作家

225 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 06:13:56
>221
確かに小山さんは立派です、
けれど取り扱う作家が良くない、作品がくだらないから、
オークションシステムの中では生き残れないことは、
多分、本人も解っているはず。
しかし、国内の状況を考えれば、
現代美術においてはお金がほとんど回らない。
作家も画廊も大変なわけで、
海外でビジネスチャンスを掴もうと考えるのでは。

だから本当はフルヤンみたいな作家を、
買わなきゃいけないんだけど。
それが自国の美術を育てる意味を持つから。


226 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 06:17:58
いやあ、フルヤンは誰のオプションにもならないと思うが

227 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 06:44:14
浅田が意図してフルヤンの大コレクターになるべきなんだ。
作品を全て買い占めればいい。(きっと安いだろうし)
認めていて買わないのは、
ケチだからか、
本当のところでは好きではないか。




228 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 06:59:06
好きじゃないんだろうね。
さすがに岡崎の絵は買っているだろう。

229 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 07:17:51
浅田がフルヤンや岡崎作品をドンドン買うようになれば、
美術界の発展にも少しは繋がるのではないかと、
願うのです。
でも基本的に多くの評論家は、
ケチだから、作家から作品を貰って喜んでる人が多いだろうな。

230 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 08:02:34
あと、>190の海外展開に話が戻ってしまうけど、
海外の画廊で発表ができる、できないは、
媒介者の力量問題も大きいけど、
輸送料もかかるから、
国内で制作した絵画や立体の輸送費を考えると、
売れても元が取れないから、
絵画や立体作家の海外展開はとても難しい。
その点、須田の作品は小型、写真や紙素材はかさばらない、
ものであれば、経費も安く済むから発表し易い。(作品も安いけどね)

また、国内で知られている作家でも、
海外で発表したと言っても、
現地では無名画廊、全く相手にされてない画廊だったりする。
日本人媒介者で海外の有力画廊、美術関係者とコネクションを持てる人は、
ほんのわずかです。
でもそんな人に限って、日本国内では表に出て来ないものですよ。


231 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 10:41:40
例外として、レントゲンーエントウィッスルの関係もあるけど。
エントウィッスルは、日本人作家に対して好意的だよね。
須田もその線で進出したんだっけ?


232 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 11:45:04
たとえばNYの画廊なら

須田 ダメリオテラス
村上 マリアンボエスキー
杉本 ソナベント
草間 ロバートミラー
奈良 マリアンボエスキー
森村 ルーリングオーガスティン
小沢 イボンランベール
森 ジェフリーダイチ


どれも向こうじゃ有名なところだよ。国内での彼らの取り扱い画廊をみるといくつかしかない。日本の画廊で表に出ていない力のある画廊ってどこ?
岡崎は無論出てこないしフルヤンは100年かかるだろう。絵画や彫刻が輸送費がかかるっていうけど向こうの大画廊にしてみたら100万、200万かけたってもっと儲かるわけだから費用が理由じゃないよ。

233 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 12:36:55
232さん教えてくれてありがとう。
多分あなたは、3000万コレクターではなくて3000万画廊の人間だろうと思うけど、
もう一つ教えてほしい。
村上、奈良を除いて上記作家のほとんどが、
オークションでは国内価格の半分以下になっている、
森村に関しては、不落札が続いて最近は出てこない。
そうなると、そのNY画廊はその作家を続けて取り扱う気はあるのでしょうか?

(あといい足りなかったけど、表にでないのは画廊ではなく個人のことです。
余裕のある人はあんまりフルヤンをいじめないで、応援してあげてね)

234 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 14:55:25
森村最近見ないね.


235 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 20:48:05
>>233
3000万画廊ではなく800万コレクターです(笑)。とぼけた画廊よりは
情報収集していますよ。
オークションは詳しくないけど半分以下ということはないと思いますよ。
オークションとは別に流通する経路がありますからただ「誰それという
作家」というわけではなく「どの作品」という眼力が必要だと思いますよ。
オークション会社だってトップクオリティを集めるのに血眼になってる
んだから。それだけがオークション会社の実力といっていいんだから。
オークションに出品されず画廊の小部屋で取引されるトップクラスが
あることは骨董も現代美術も一緒です。あまりオークションの価格
ばかりを気にする必要もないのでは。

森村氏はちょうど展覧会やっています。
http://www.luhringaugustine.com/
この画廊から解約された人だれでしょう。作家数はいま17人のようです。
アートといえども過酷な競争社会ですね。

236 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 21:25:29
フルヤン格好いいね

237 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 21:31:17
>>235過酷きわまりないのは確かですね。。。
  流通に疎い私としては大変有益な情報と感じます。
  普段はどのような雑誌をご覧に成っているのでしょうか。
  参考までに教えて下さいな。


238 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/26 21:47:19
↑そんなに興味ないのか?

239 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 08:26:16
オークションから去っても、ちゃんと画廊は新作展を続けてくれるのですね。
顧客に対する責任も果たさないといけないものですしね。

画廊で売れれば続けられると考えれば良いのですか?800万さん教えて下さい。
それと解約された作家は?理由は?
もしご存知でしたら契約内容も教えて下さい。

240 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 12:21:51
ヘイ、ミスターミヤジマ、ユーには、他にネタあ〜りませんか?

、、、被爆した柿の種、、

カキノタネ? お酒のフィッシュのことですか?、ミーは、オリーブのピクルスの方がライクですね。もっと、ハッピーでゴージャスなものあ〜りませんか?

、、洗面器にはった水に顔をいれて数えるオリエンタル且ミステリアスで斬新なプランがあります。

フォーゲッツイヤーパーティのアトラクションとしてはナイスですね〜、バット、ミーのギャラリーにはノーサンキューで〜す。

、、、、、、、、、、、、。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------
商業的には難しいのですかね、

241 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 13:29:19
面白い話、ありがとう。
ミヤジマがでたなら、ついでに宗教ネタでもやりますか?



242 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 14:04:37
ミヤジマ、ん?

243 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 16:27:04
宗教ネタって,チョー危険じゃないの?


244 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 16:43:58
結局コレクターってバカだから
古谷の批評の話ができないのな。


245 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:08:16
>>244
800万のバカなコレクターです。僕にとって彼が書く批評なんてどうでもいいんですよ。自作の構造を解釈する文章なら興味あるけど。
批評の文章がいくら現実や現象を「的確に捉えたもの」であってもそれは彼の作品とはなんら関係のないものとしてみています。

作品が面白ければ作り手の文章は興味をもたれるけどね。

>239
流通にかんする情報は現地で知ります。僕は商社勤務ですから。
もちろん画廊で売れるだけがすべてではないと思いますが売れなくなったら世の中の判断ですから契約解除でしょう。
僕はアート作品自体好きですが購入するときは結構クールに判断します。批評好きの人ってロマンチックだからこのあたりの感覚は分からないと思う。

246 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:10:40
>>245
じゃあこのスレにいるのは?
彼の作品が興味を引く可能性はある?

247 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:12:44
>>232
NYの有名画廊ってことは,
マリアンボエスキー:猫柳
ソナベント:村末
ロバートミラー:集合
ルーリングオーガスティン:飛馬似て
イボンランベール:不治
ジェフリーダイチ:処
ダメリオテラス:斧
みたいなもんすか?




248 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:44:22
>>246
作品に可能性を感じるからですよ。

249 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:47:38
800万コレクターさんは ある意味とても有意義な話をしてくれてるよ。
君達のような若い作家にとってね。
このスレって、フルヤン以下の作家予備軍がフルヤン作品を<だめだ、だめだ>と言ってる程度で、
テリーがどうだとか、テリーのようなブーたれ評論家がどうしたら作家になれるかなんて絶対に教えてくれないし、知りもしないよ。
800万コレクターさんのような、社会のリアルなところで生きている人の話の方がよっぽど参考になりますよ。

自分の場合はフルヤンは若い作家(恵まれない作家)の喩えくらいに思って、このスレに来たけどね。
宗教なんて言ってしまったから、誰かのカンに触ってしまったさ!



250 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:50:47
じゃあちょっといい作品ができたら即購入ですね

251 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 17:57:59
>>245
商社勤務のオッサン,羨ましいっすね。
勤務中にカキコっすか。これも仕事っすか。
あのぉ,実は元商社マンのディーラーなんじゃないすか〜。


252 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 18:33:43
>>249に同意いたしますわ!
    もっとお話聞きたいですね。

253 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 18:45:14
>>249
同意に2票!


254 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 18:49:53
フルヤンって嫉妬集めるような作家か?


255 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 18:50:44
哲学板の方がスレが面白かった
美術知らない奴ばかりで閉口したが

256 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 19:10:00
>>255
所詮、学生でしかないのだよ。

257 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 19:45:17
>>256
お前よりは賢いんじゃないの

258 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 19:47:01
>>247
ということは,
マリアンボエスキー:猫柳=親父の金系
ソナベント:村末=旦那のコネ系
ロバートミラー:集合=親父はまだしも系
ルーリングオーガスティン:飛馬似て=一貫性なし系
イボンランベール:不治=昔の名前で系
ジェフリーダイチ:処=どスケベ系
ダメリオテラス:斧=ゴミ系
という解釈か?

259 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 20:10:30
↑解り易いよね。

260 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 21:10:48
>> 254 ネットでみたけど
    女形で綺麗なお顔立ち
    ちょっと1っぱんじんとはかけ離れた雰囲気があるね。
   
    格好いい(^^)/ 
    嫉妬じゃなくてそねみになってるね。
    そねみは死んで欲しいってことだけど。
    

261 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 21:18:42

これもまた低俗なるこの世のならわしなり。


262 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 21:19:26
>>255
俺は逆だ。
ここも詳しい人から見たら( ´,_ゝ`)
なのかも知れないけど、知らない話ばっかりで面白い。

263 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 21:37:28
>>262
確かに、美大の授業よりはマシかも

264 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 22:09:09
258さんに質問

何故、ジェフリーダイチはどスケベ系なの?


265 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 22:14:32
800万@残業中です。商社勤務のオッサンとは誰のこと?私はかろうじての20代ですが。
業務用PCからはフィルタリングかかっていて2ちゃんねるなど覗けませんがモバイルデータカードを挿してあるノートからならこうして見れるわけです。


266 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 22:33:33
>>264
そのような問題については危険すぎて、一切お答えできません.
800万商社ニイチャン様のようなバックのある方なら、代わってお答え頂けるのでは?
イヤ、これから2000万オジサマ、1億ジイチャマに御出世される将来ある方には、矢張り困難な問題かもしれませぬが・・.
ところで800万様、残業代は5割増しで?

267 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 22:47:05
ところってどスケベだったということか?
大竹を扱ってたけど、大竹はモホではないと自称してたぞ。
それに、女の裸のポップアート作品も沢山ならんでいた。


268 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 22:56:49
266さん

どスケベ系―危険すぎる
ってイヤな予感がしますが。
そう考えていいのですか?

269 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 23:39:03
>>268
一切お答えできません.

270 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 23:44:49
なに今さら危険感じているわけ?
すでに今までの書き込みだけで人物特定がほぼ可能だろう。
対象者は5人以内に絞られる。
なら答えちゃいなよ。

271 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 23:53:49
Ηαβθργγ Ξαψξ!

272 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/27 23:56:25

何語?


273 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 01:33:05
というか、アートを資産として考えるのであれば、
今は、村上、奈良のように、海外でそれなりの値段で流通しているもの以外の日本現代美術には手を出してはいけないということになるのでしょうか?
たとえ作品本位といっても、名も知れぬローカル作家が作った幻の一品なんて、あったとしても、どうなるものでもないし。

バブル前期からバブル期に盛り上がっていた辰野とかどうでしょう、
たしか当時はロンドンで作品がそれなりに売れて商業的には成功なんて美術手帳に出てましたけど、
あの時売れた作品が、その後、流れたりすることってあったのでしょうか?



274 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 01:53:19
アレ?盛りあがっていますねーーーーー

273
たぶん800万的な言い方だと「国際通貨」と「国内のみ流通する貨幣」と「ある特定コミュニティでしか流通しない貨幣」とにわけられるのでしょう。
特定コミュニティっていうとまさに浅田某を思い出しちゃうね。コミュニティ通貨=岡崎作品?

辰野の作品がロンドンでっていうのは画廊の宣伝文句じゃないの?

フルヤンは誕生したばかりの通貨っていうことで。

275 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 10:37:03
>>273
資産として考えるなら、村上奈良はもう手をだしてはいけないだろうね。
価格のピークが2.3年前なんだ、今は右肩下がりを続けているよ。
だからと言って今現在、他の日本人作家の価格が上がる可能性も低いが、
「小山さん、がんばって杉戸を高落札したか?」なんてあったけど、
つまりそうやって仕掛けているんだよ、でも一緒に遊んでくれるコレクターいるかなー?

辰野のばあい「国内のみ・・」でも、海外で売ったものが海外で日本より安く出回る可能性はあるよ。
国内の辰野はバブル価格のままなんだ、でも将来的にはもっと高くなっても不思議ではないな。
50年後とかの話だけど。熊谷だって高いように、結局作品本位なんだ。

でも奈良村上については、作品本位であればこれからもっと安くなるだろう、あれはゲームにすぎないということで。
そのへんの話は800万氏、258さんならもっと詳しいと思う。

276 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 10:49:45
あのさ、資産っていってもね・・。売買できて資産だよ。
小銭をもうけるていどのものを資産なんて言わないんだよ。

資産家でないなら、作品は、古道具と同じくらいの価値だと思ってた方がいいぞ。

277 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 12:22:26
275だけど
残念ながら、確かに日本で現代B術は資産になりませぬ。
コレクターも少ないし、セカンドマーケットもないしね。
日本の金持ちの文化水準なんて低いから、美術に見向きもしないさ〜。
買っても骨董、日本画、洋画。(バブルはじけちゃったけど)
公立美術館もダメだし、現代B術作家、画廊に金が回らないから、それでは育たんのだよ。
小銭でも、コレクター数を増やさないと、美術はどうにもならないよ。
資産家なんて、最初から高い美術品を買うものだし、あてにならないさ。
それに最初から投資目的のコレクターなんて、作品本位ではないから自然に損するものだし。
作品本位で好きなものをまじめに買えば、後から資産なんて付いてくるよ。
どの作家も、若い時は安かったんだから。


278 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 12:46:33
ハイパーインフレに備えて美術品買っても、地域通貨じゃお金と変わらんということで、意味ないなんて寂しい話だ。
やっぱ、作るも道楽、買うも道楽ということなのね。

279 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:00:09
その通り、作るも道楽、買うも道楽がやがて大きな実を結ぶ。
美術が好きだという事が条件なんだ。

しかし、ただ金目当ての業者もいっぱいいるよ。


280 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:16:27
庶民が買っても売れないのよ。一見、買い手が多くいそうな骨董品でもなかなか
処分したい時にできないのよ。きみらの手元にそうした品があったら、ためしに画廊に
もってってごらん。買ってくれないから。

あのね、資産の価値なんてくだらないこと妄想してないで、価値はないと
同じくらだと思って道楽で買うほうがいいよ。
第一、処分できないものは資産とは呼べない
んだからさ。でも、売り手は、売りたいから資産とか何とか適当な事言うけどね。

281 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:18:30
訂正。処分できなくても一応、資産と呼ぶけどね。遺産とかで
絵画なんてもらわないほうがいいよ。

282 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:21:57
マルチポストで済まぬけど、訂正2

骨董品を画廊等にもっていっても、二束三文の値しかつけて
もらえないよ。よっぽどのものならオークションにだして
その画廊がアガリをいただけそうなものだったら、買った時の
値段の三割くらいはかえってくるんでは?ただし、現代系は知らないけどね。

283 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:23:38
それが権威主義ってものよ。

作家のコレクションだと一般人よりはマシ。

284 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:26:54
権威主義?よくわからないけど、商売になるから画廊等は商売になる
商品を売っているのだよね?それは海外も同じだろ?日本にも、画廊
はあるんだろ?そこで売買されてるのが商品である作品でしょ?善し悪しは
知らないけど。商売以外の目的で画廊をやっている人がいるとは思えないけどね。

285 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:30:28
みんな、ビジネスだよ。
売れなきゃ作家共々倒産って意味だ。
売れる筋というのは切り開いて逝く必要はあるだろうな。
ガムシャラにやってもしょうがないけど.



286 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:32:15
でも、作家性を尊重してくれる人も居るけどね、もちろん。

287 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:32:37
売れ筋をきりひらくのは画廊だろ?売り上げで商売してるんだから。
違うか?作家が切り開く道なんて、極めて狭いだろ?それにそんな
こと作家が考える意味なんて皆無だろうね。

商売してない画廊があるのか?現代系はそうなのか?

288 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:34:07
>>278
地域通貨が国内通貨に変わることもあるから、大丈夫。
ゴッホだって、生前は地域通貨。

>>280
言っている事は判るが、
時間がかかるんだ。
日本が文化意識の高いまともな国になるまで!



289 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:36:56
>>288
皮肉?それなら分かる。超時間かかるよねぇ〜。まともで、意識の高いと
誰かが思うような国?になるまで(藁。
それって、国の問題なのか?(藁

290 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:37:58


まともなと君が言う国なったら、そんときお話しようね。

291 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:41:07
その画廊とのビジネスパートナー的な感じが凄くむつかしいと思うよ。
作家もただ繪を描いて芸術家ぶってればいいもんではなくて
生産してそれを売るという立場にあるんだよ。ある意味管理者。
怠慢じゃ駄目。画廊との関係には敵対的なものもあるしね。
作家が切り開くというのは、芸術家としての自分の位置だよ。
なにもない人には誰もつかんだろ。

292 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:47:27
>>291
ああ、それじゃ、ちゃんと商売してる画廊があるのね?

作家は商品をいわば卸すわけだよね。ビジネスパートナーって
言葉は話しを大きくかっこよさげに言ってるだけで意味不明だが
、卸なんだからちゃんとしろってことだろ?それって、商売する
上で当たり前だろ?違うのか?

でも、絵を売るのは作家ではなく画商でしょ?もうけるのも画商。
パートナーって言えるような人(画商をもうけさせてくれるような
人)なら管理とかなんて言えるけどねぇ〜〜〜。

自分の位置をきりひらく?作品つくるってことか?あたりまえだろ?
それって。

売れてもいないのに、将来のビジネスパートナーとやらになったときの
ことを考えてるのか?理解できん。

293 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:47:32
日本の文化意識は低い上に低俗極まりない。
こんな邦からマトモな作品が生まれるわけありません。
品性卑しき作品に欧米大国が関心を払うわけなどないでしょうね。
まずは文化の格をあげましょうや。
下品な作品を作りつずけて、一時有名になってもそういう作品は落ちてゆくだろう。
日本の現代美術は下品で即物的でセクシャルで無感動。
続くとか考える事自体もうおかしんだよ。


294 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:48:28
>>292 一般論じゃないか?

295 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:49:17
ゲンビはゾンビーーーーー
なんとか生きてるのみ。

296 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:50:18
日本の現代美術で殆ど世界に通用するものがないのは

当然だなw

297 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:52:15
オイラは将来じゃなくって、今、作品売って食えるようになりたい。

298 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 13:58:55
じゃあフルヤンはスタートラインに立っているだけマシじゃん

299 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:03:50
この程度の文化、人間レヴェルで世界に向けて挑んだって
恥としかいいようがないのは しょうがないよw

せいぜい隅っこで恋愛ごっこしてろよ。
ひとを 巻き込むんじゃネエ。クズ!
 



300 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:04:37


世界に恥じるにっぽん現代美術猿軍団    終了だな。

301 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:06:22


ビジネスパートナーってもともとビジネスやってる
どうしがお互いもうけを共有する間柄だろ?

作家は生産者で流通の末端だろ。どんな態度してても、
取引が起きたてから契約を考えればいいだけだよ。


302 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:06:30
ねえねえ、なんでフルヤンのスレでこんな妙な戦いがおこってるの?

おせーて。!

303 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:07:07
>>299
> せいぜい隅っこで恋愛ごっこしてろよ。
> ひとを 巻き込むんじゃネエ。クズ!
意味不明の私怨だな。
この文脈に関係あるのか?

304 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:07:30
フルヤン格好いい!和風なフルヤンファンクラブ作ろうよ。
マジ頑張ってほしんだけど。

305 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:09:26


格好いい!(^^)!プルヤン!

306 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:11:25
一般論も通用しない世界なのか?現代系って

307 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:11:38
フルヤンは来ないのかなーーーーーー

308 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:15:37

可愛い(^_^)/~プルヤン

309 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:17:41
これもまた低俗なるこの世のならわしなり。

310 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:18:07
>>292マトモな商売の出来ない画廊は多いよ。
   でも、駄目作家もどうしようもないが。

311 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:22:29
>>306本来なら美術は会社で製品を製造開発して売るように
   作って売るものなのなんだよ。
   そのスタンスがにぽんには全くできてないだろ。
   美術の話なんかマイナーで、何それって感じの奴ばっかだしな。
   分けワカランゆうじゃんか。

312 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:31:23
800万です。少し早い3時の時間なので。
自分の国のことを自虐的にいうのはやめましょうよ。特に誇りに思う必要も
ないけどね。国を代表するポジションをとるとおかしな思考になるという
トリックですよ。個人として考えたほうがいい。
NYであれどこであれ現代アートに興味を持っている人ってごく一部だから。

フルヤンさんの板がこんな議論になるっていうのは彼に可能性があるか、
彼が気になる人がそれだけこうした問題に意識があることだから現実的で
いいですよね。映画とか小説など他の文化領域に比べて現代美術は国境を
越える力と超えようとすると超える特性をじゅうぶん持っていますよ。
だから(好みはあるけど)村上や草間、奈良が向こうで売れるんだよね。
映画や小説で海外マーケットで数億稼ぐ人っていないでしょ。
ファッションは別だよ。あれはプロダクツだから。美術をやろうとする人は
チャンスがあるよ。
高い安いの話でいうと、いい忘れたのが流動性の問題です。海外のマーケット
を含めた話となると相当作品量がなくては難しい。ゴンザレス=トレスは若く
死んで作品もすくなく高額だけど、欲しい人でも一生入手できないとなると
多くの人があきらめてしまう。逆に変な例だけどウォーホールの版画なんて
数があるから値段に信頼性がつくということもある。

でも村上の小品とウォーホルの版画どっちか売っていったら村上を買う。
まだはっきりしないところがあってそのリスクがたまらない。市場として
学門的な研究対象としての両方でね。

あら、会議だからいかなきゃ。いまね希少な金属の3国貿易やってんの。
ケータイの基盤で使われるようなみんなが聞いたことのないような金属ね。
中国とロシアの中間で採掘されるんだ。

じゃあね!


313 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 14:35:49
あんたみたいな人が増えるといいね。マジで思う。

314 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 16:50:54
800万って年収か?ま、その程度なら美術作品なんて買わない方がいいよ。
村上を買うかどうか、リスクがどうのって・・。買いたいなら買った方が
いいし、無理してるんなら買わない方がいいよ。美術品かってマーケットが
どうのこうのって・・??あのね、せいぜい数点を持っているようなくらい
な趣味のコレクタだったら、資産にはならないし、売れないよ。
買いたたかれるのが落ちだね。わずかな蓄えを浪費するのというリスクを
君の場合考えた方がいいよ。

315 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 16:54:39
>>311
>本来なら美術は会社で製品を製造開発して売るように
   作って売るものなのなんだよ。
って・・。オイラは一応、海外の作家のこともしってるけど、そんな
ことはないよ。そりゃ、村上が言ってることの受け売りじゃない。
そうやって、本来は〜あるべしなんて言ってるんだったら、>>306
が言ってるような一般論は、君には無縁だね。頑張って、本来のあるべき
制作してくださいね。でも、現代系の作家のおかれた特殊な状況は
、わかるよ。かわいそうだね。


316 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:00:51
800万は、古屋買う意志はあるのか?彼の作品だったら安いだろ。
投資しがいがあると思うぞ。

317 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:01:37
村上の受け売りじゃありません。すいませんが!
村上じゃなくてもそういう考えをする人はいると思うよ。

318 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:04:29
年収130万円なんですが、先日銀座の貸し画廊で、えーと名前は忘れてしまったんですが、トイレの匂いが強烈なところだったと記憶しておりますが、そこで5000円の作品を購入しました。
これはかなりリスクが高い買物だったんでしょうか?

319 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:05:50
結局自演スレになってて良スレにはなってくんないのね。

320 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:07:03
年収800万でリスクテイクなんて言ってるようじゃ葛同然。
なに妄想してるの?って感じだね。

321 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:09:25
>>311これは会社方式でっていってることじゃないんだぞ。
   わかってんのだろうか。。。。。w

322 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:11:11
>>321や、意味不明だった。勘違いしたよ。

323 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:14:09
あの〜皆様真剣な議論をなさっているかと思うのですが、わたくしもう一度計算いたしましたら年収は128万になってしまいまして、で、5000円の作品のリスクについてどう考えればよいのか・・どなたか教えていただければと・・

324 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:14:17
道楽じゃねえよってこと言いたかったんだが。。。。。

325 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 17:35:02
>>317
オマイみたいな香具師は壱件でも読んで奴の尻でもおっかけてろ。

326 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 18:31:20
日本では画廊と言っても、骨董屋、日本画、洋画、現代美術、etc
イロイロありすぎて、当然といえば当然だけど、
店によって考え方もあり方も全然違うし、作家の扱い方も違う。
作家を画廊の奴隷程度に扱う店もあれば、一緒にがんばろう!という店もあるかもしれない。
少しでもよい条件の画廊を選択できる作家になるのがいいねぇ。


327 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 19:05:58
あの〜たびたびお邪魔しますが、年収128万の者なんですが〜、
壱件という方の尻ってそんなにオイシイんでしょうか?
それを5000円で買うっていうのはリスクが高いんでしょうか〜

328 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 19:13:51
>>321>>322
自作自演やめれ。みぐるしいぞ

329 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 19:46:38
久しぶりに本題・・・と思ったらいきなり

>読みたいと思う小説を勝って来ても、

パチンコじゃねーだろ

330 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 20:09:54
クサマスレにこんなのもありました。

307 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 19:42:00
>>303
昨年11/11のNYでのオークションには、1986年の390cmの絵画が出たが、
70,000$でも買い手なし。
数倍の価格で買っちゃった国内の美術館もコレクターも残念!
同時期の画廊での展覧会は、<KUSAMA & VASARELY>だぜ!
NYではトップアーティストと邦人は信じさせられているようだが、
頼みのR.ミラー画廊で、ヴァザレリーと一緒とくれば、
内外での扱われ方の温度差が理解できるでしょう。

331 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 20:33:37
>>323
年収128万とは、きっとフリーター生活をしていらしゃるのですな。
それでも作品をご購入されたとは、さぞ美術がお好きなのでしょう。
きっとその作家さんもあなたの熱意に励まされた事でしょう。
どうぞ作品を大切に大切に所蔵なさってくださいね。

332 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 21:13:51
>>331 あ、ありがとうごぜえます、お返事。
年収128万円では、どなたも相手にして戴けないのかと悲しゅうなっておりました。
美術が好きかと言われても、さて、好きなのか嫌いなのかも・・。
5000円の作家の先生は、どこかの美術大学の4年生だと申されていたので、先生というのか生徒なのかもよくわからんとですが。
絵は何がかいてあるのか、ご説明も何を申されておられたのか、全くわからんとです。
実は、居候生活をしておりまして、家主が便所手前にかけておった、何か有名な先生の滝が落ちとります版画に、酔っぱらった折に豪快にゲロ吐いてしまいまして、いや〜さっぱりしたとですが、その代わりと思うて買うたとです。
で、かけてみましたら、案外いいように思うたんですが、絵具が乾いておりませんで、グチャグチャになってしまいましてな。
リスクですわ。で、今度は思いきって10000円をはたいて、こちらの古谷先生の作品を買ってみようかと思うとるとですが・・
どんなもんでしょう?


333 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 22:49:50
あの〜ホント、たびたびお邪魔しますが〜、年収128万の者なんですが〜。
どなたか〜。
10000円では、古谷先生に失礼でしょうか〜

334 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 23:20:03
こんばんわ、800万です。
どうやら一部の人に嫌われたようです。残念です。

330の人が引用している昨年秋のオークションで草間作品7万ドル不落札の
レポートがありましたが同時期に出品されたその他6点のうちの3点が
予想価格の数倍の高値で落札されたことをレポートし忘れています。
100cmたらずのペインティングで都心にマンション買えるくらいの落札でした。
一部を引用しての独断的な解釈はまずいとおもいます。4年ほど前にワシントン
のナショナルギャラリーへの売値はご存知なのでしょうか。
記事の誤った引用ってコワイですね。データは自分で探すのが基本です。

314の人も意地悪ですね。800万とは自嘲的に言ったまであって君に
アドヴァイスを求めたわけでもありません。

居場所が違ったようで失礼しました。

335 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 23:35:53
あの〜、またまたお邪魔しますが〜、年収128万円の者なんですが〜
ソウマって先生の作品が7万円で売れなかったっていうことは、
10000円で買えるのでしょうか〜?
買えるなら、古谷先生には申し訳ないとですが〜
ソウマ先生のに乗り換えたいと思うとですが〜
どなたか〜

336 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 23:38:26
>>334>>335もクセ者だな。

337 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/28 23:45:18
>>334
必死だな

338 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 00:34:15
>>336
あの〜、わ、わたし〜クセ者なんかじゃありましぇん。誤解でっす!
えっ!そうっすか!草間は、ソウマじゃなくてクサマですか〜
それから800万円センセ、年収128万円の者が言うのもなんですが、
ここなかなか楽しいところなんで、逝かんといてくらさいまし〜
センセのこと好きかとです!センセの言う通りっす!
53.4x45.7cmのは$209,100ですし〜
132.1x132.1cmのは$276,300ですし〜
都心にマンションぐらい・・・ん?
なんだぁ、居候しているここの便所ぐらいかぁ〜
まあ、わたしらには夢のような話ですが〜
ここはヤッパ〜10000円の古谷先生と
ひとつ心中!っていう気持でやらせてもらいますわ〜
古谷先生〜先生はどこにおられるとです!

339 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 00:48:37
ここに書き込みしている人の一部はパラノイア(偏執狂)病素だね。

340 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:02:40
あの〜、またまた年収128万円なんですが〜
一部って、わたしのことですと〜??
わ、わたし〜パラノイアなんかじゃなかとです!
ご、誤解です
ただ〜、年収をもう一度計算してみましたら〜
129万円にアップしたとです!
そこで古谷先生20000円にアゲですぞ!本気で心中すっとです〜
先生!先生はどこですと〜

341 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:20:25
>>340

お前うざい、

342 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:24:14
340はプロじゃない?

343 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:28:42
何のプロだと思う?

344 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:31:17
作家?


345 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:38:11
800万=128万=プロ
うざい

346 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:43:05
あの〜、800万≠128万(円が入るとです)≠うざい

347 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:47:39
800万も、128→129万も、
プロの余裕を感じるんだけど。
どちらもオモロイ。

348 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 01:55:51
347=800万=128万=プロ
うざ杉

349 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 02:19:35
あの〜、こちら恐い方がおられるんで、
<一般の人は絵を買わない>ってところ行きまして、
そちらに10000円の古谷先生、来とられませんか〜!
て探しとりましたら、親切な方がおられましてな、
メールアドレス教えてくれたとです。huruya@xxx???みたいな。
ようやく解決!ですと。
ちゃんとあちらでも129万円に年収があがったことも申し上げたし・・あっ!
先生の絵を20000円にアップしたこと言い忘れた!
ちょっと失礼して、あっち行ってきますわ。

350 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 09:09:41
 ゴッホが生前は地域通貨だったという意見がありましたが、
生前には、絵は一枚しかうれていないという噂ですので、地域通貨ですらなかったと考えるべきではないでしょうか?

 また、彼は、画家になるためにオランダをでてフランスに行ったわけですよね。
あるいは、自身画廊で働いたりして、絵の売買についても勉強をしている訳ですし、
また、弟も画廊に就職して、イギリスに印象派を売り込もうとしたりですとか、
あるいは、ゴッホの絵を売り込もうとして走り回ったりとかしている訳です。
 もちろん、ゴッホが死んでからも、続けていた訳でその中で書簡集の出版も行われ、
それが妙に受けたことで絵が感心を呼ぶようになったという流れであったと思いましたが、

 けっして自然に国内通貨になったと言う訳ではないのですよね、
で、現代の日本の作家たちが自分はそのような努力を怠っているのではないかという不安を持つのはある意味健全なことではないかと思うのです。


351 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 10:36:38
ゴッホは生涯800点近くの作品を残していたはずです、そのほとんどが晩年の2〜3年に集中していたはずですが、
ゴッホの画家時代の年月は非常に短い、その時代を支えていたのは、弟テオ(テオの妻)、ガッシェなど身近にいた人でしたよね。
ほんの数人の理解者とゴッホの才能によって、数々の名作が残されたとも考えられるでしょう。

ほんの数人の理解者=地域通貨、(正確には貨幣と交換されていませんが!)
ゴッホの死後テオよりも(テオは早死にしてますから)テオの妻により、作品管理がなされ、
国内通貨はもちろん、あっというまに国際通貨まで発展しましたよね。
「自然に・・」というのも、もちろん営業努力をしたこともありますが、それ以上に作品が素晴しいものだったからではないでしょうか?

自分は努力を怠っているのではないかという不安も、もう少しすれば、この国の文化や制度が良くないのだと自分に回収せずに、
(ここは800万氏と考えはちがいますが)他に対してもっと楽観的になれると思います。

352 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 13:24:38
フルヤンの昨日の日記って、つまり

449 名前:わたしはダリ?名無しさん? :05/01/27 20:24:49
マティス誉めるは絵を創れぬ輩の常なり。
絵をなりゆきで描くだけの絵描きと評論家の常なり。
なりゆきの不確定性を絵画の豊かさとか歌うは劣等生なり。
なりゆきを方法論化している辰野だけがひとり優等生なり。
乾?多動症は視点が定まらず移動と反応を連鎖す。
これを天才というは陳腐な者なり。
道?遅ればせに勉強した輩は出遅れた発見を発明と誤解す。
これらすべて低俗なるこの世のならわしなり。

こうゆう事?、フルヤン気を付けたほうがいいね。

353 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 14:28:55
>>352
あんた心底バカですね

354 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 14:35:50
↑これらすべて低俗なるこの世のならわしなり。


355 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 16:37:19
800万さん、あなたの話はとても気になる。
新しいスレ立てておきました、<美術史では教えてくれない!>
で色々聞かせてくださいね。
関心のある人達も来てね。129万さんも!

356 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 16:51:07
あの〜、年収129万円ですが〜、古谷先生はこちらに?
昨日は失礼致しました。こちらでお叱りを受けたもんですから、
他所に行ってこぼしてるうちに、眠ってしまったとです〜、はい。
今日は京橋の北天子画廊に行きましたら、
岡崎先生とかおっしゃるエラ〜イ大先生がおられる、とかで、
いや〜20000円ではとても岡崎作品は売れん!冷たく言われたとですよ。
アタマきたとですよ。それで、岡崎スレ訪ねとったとです。
いや〜落ち切っとりましてな、エッライ淋しいところで〜
化けモンが出そうなほど、荒れとるとですよ!
古谷先生のこちらとは大違いで〜流行りとは恐いっすなぁ〜
ところが呼び込みしとりましてな〜、岡崎落としたらアカン、
朝田呼べ〜、林と子林呼べ〜とか、そん中に古谷先生の名前が入っとったとです!
古谷呼べ〜、叫んどったとです!
そこで、もしも古谷先生が岡崎大先生よ〜く存知とったらば、の話ですが〜
ひとつ〜、岡崎大先生作品をチョクで15000円で買いたい!
言うてもらえませかな〜?古谷先生には5000円!
古谷先生、わたしと心中する気になって、ひとつお願いします!!


357 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 17:12:11
150000ならなんか買えるんじゃないかな

358 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 17:37:59
>>355 様!
あの〜、年収129万円ですが〜、
岡崎大先生のところにお伺いいてましたもので〜
お礼が遅れたとです!
ホ、ホントに新スレお伺いしてよろしかとですか〜
うれしかとです!感激っす!
わたし〜どこに行ってもシカトされるとです。
年収128万円のときはまだよかったとですが、
計算し直して129万円に上がった途端、シカトとお叱りですわ〜
もう決めました!糞すれぜ〜んぶ棄てて、新スレ行きます!
本気っす、ひとつ355様と心中!って気持でやりますと!

359 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 17:46:59
>>358
心中は結構でございますが、少しキャラを変えていただければ良かと、
いや失礼、良ございます。
あなたはどうも少々多重人格気味のご様子では?
でもあなたのお話、小説のようで面白いでごあんす。


360 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 21:52:59
だれだよ、800万を追い出したのは?
普通の神経じゃこんなところ長くいられない気も分かるが。。。。。

361 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 22:16:29
360様!
突然ですが、わたくし以前こちらにおりました年収129万円(現在127万円)と申します〜
あの〜こんな路地の出口でお誘いしとりますのは、いろいろとワケがあるとですが〜、ちょっとお時間がおありなら・・
隣に<美術史では教えてくれない>というピカピカのスレが立っとるとですから、
ひとつご案内させて頂きたいと・・
お探しの800万様も必ずそちらにいらっしゃると、思うとりますで〜
大きな声では言えませんが〜、こちらの、このさびれよう!
もう4時間も、だ〜れも来とりませんが〜 危険でっせ!こんなとこ。
ということで、よろしゅうお願い致しますわ。


362 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 22:54:54
↑君が行くところ全て寂れるようだね。

363 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 23:21:20
あれ?

800万さんって消えちゃったの?

364 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 23:21:23
あの〜ちょっと失礼・・
あれっ?!
360/362様ァ〜こんなところをまだうろついてたんですか〜
拉致されたらどーするんですか〜
あちらでお待ちしてたのに〜
いえいえ、岡崎スレなんか、エラク賑わっとるとですよ〜
じゃあ、あっちにでも行ってみるか〜
みんな、必ず来るとですよ!


365 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/29 23:56:20
360=363=プロ

366 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/30 00:41:42
>>363

奴は岡崎スレにいそうだな(藁。

367 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/30 17:24:25
岡崎はこっちに居そうだな。
まぁ、どちらもネット依存度が高そう。

368 :わたしはダリ?名無しさん?:05/01/31 18:52:14
古谷ってかわいそー。
岡崎の影になっちょるよ。もっと存在を主張せんかいや。こんな2ちゃんなどで板出来て喜んでるようじゃ先が見えるどー。

369 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/01 09:59:32
岡崎はフルヤンに持ち上げられてまんざらでもなさそう。


370 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/02 22:40:29
フルヤンの今度のBTに応募する論文のテーマは岡崎とみた。



371 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/02 23:06:46
でも賞取らない方が古谷のためには良いと見た

372 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/03 12:21:28
フルヤンをテーマにした論文で371が賞を狙っているからだと見た。

373 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 01:51:15
素直に聞きたい
古谷の作品っていいか?
俺はダメだ

374 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 01:52:40
その話はもう散々でてまつよ>373

375 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 01:58:43
個展に行ってみると、何点かはいいかなと、もちろんきついのもあるけどね。
一時期、本当に酷かったけど、前回は、少し持ち直したように見えた。
次がピークになるんじゃないかと予想、しかし論文に没頭してるようではダメかな。

376 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 17:18:59
絵柄は違うけど、存在として、松井永樹とかいう人を思い出すよ。

377 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 17:42:52
誰かを連想させた時点でアウトだな

378 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/04 19:37:54
>>377
じゃあ世の中の芸術家は皆アウトだな

379 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/05 15:02:22
現代日本の作家の論文を書くのって、資料集めが大変かもしれないな、
東販通ってないチラシみたいな媒体が多そうだし、
作品も実際に見なきゃいけないのかもしれないけど、岡崎の作品なんて、、


380 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/08 12:02:17
岡崎は作品集カタログがある。
けど、古谷の作品なんて、、

381 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/08 12:52:44
岡崎の作品カタログって何処で売ってんの?
観てみたいのだけど。

382 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/10 17:46:36
南の方で

383 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/11 02:39:41
南ってカタログとかかいずらいよな、
っていうか、貸し画廊なみに人がいないんだよ、
展示してある作品を万引きされたらどうするんだろう?


384 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/16 00:09:01
辰野の作品けなしてたけど、大学にいた頃パ○ってたくせにw

385 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/16 00:17:24
ああ、なるほど。
岡崎よりは辰野の空間に近いと思ってたんだよな。

386 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/16 10:37:58
あんまり空間のことを考えないと、ああいう風になる。

387 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/16 15:24:39
朝比奈逸人ってフォークシンガーとか映画出演もやってたんだ!ググって吃驚小一時間

388 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/16 21:41:44
あの〜わたし、昔こちらにおりました年収127万円の者ですが〜
その後、近所の<美術史では教えてくれんとです!>におりましたが〜
大人気スレでェ、2週半でェ1000超えてしもうたとです!
こちらは、それにひきかえエライ淋しいですな〜。
閑古鳥が<カァー、カァー>、寒風が<ピューッ>ですな〜。
それはともかく、<美術史>スレの記念すべき1000番に書いた男が、
わたしに〜「ゴロツキ!」「しょんべん臭いコレクター!」と悪態つき放題。
わたし、以前こちらの古谷先生の作品を2万円で買う決心をしたほどの男です!
頭にカーッと来まして、お前こそしょんべんチビリじゃ〜!
と言い返したいところ、新スレないんで書けんとですから、ここに・・と。
どーせこの辺もゴロツイとるような男ですから、見て<ドキッ!>ですわ!
お邪魔させて頂いたお礼に教えますが、上の朝比奈さん、名前はマリア、
朝比奈マリアが正しい名前で、雪村いづみさんの娘さんですわ。
馬の絵なんか描いとられまして、雪村x朝比奈2人展!大好評!千葉三越ですわ!

389 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/18 21:29:55
>ヴィアラのソラマメ形の反復は、シュポール/シュルファスという運動による、絵画作品をフレームを前提とすることなく生成させるようという、(美術史上の、そして69年的な思想上の)形式的な探求の要請によって生み出されたと言えよう。

これまんま松浦寿夫だな

390 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/18 21:31:51
言い回しも何もかも。どっかから写してきたのか?それともヴィアラの話を
するっていうんで松浦編集の『風の薔薇』シュポール/シュルファス特集でも
引っ張りだしてきて復習したとか?

391 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 00:41:22
古谷が批評家として立てない理由は、
引用と自分の意見がごっちゃになるからだ。

392 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 13:41:31
去年のホイットニー美術館のビエンナーレで日本人の出品は草間と曽根だったね。どちらも人格がフツーじゃないよな。カタログ見たけどいい作家がいっぱい出てた。
いまごろ「シュポール/シュルファス」じゃねーだろ。美術理論を勉強してもホイットニーまでは遠いと思うよ。

393 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 17:33:40
古谷さんはキチガイになれれば批評家として一本立ちできると見て良いんでしょうか。

394 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/19 22:42:18
↑古谷さんはマジメで国内で収集できる頭の良いであろう人たちの情報だけを頼りにして世界を見てるんじゃないの?
そもそもキチガイと指し示すことからドメスティックなわけですよ。古谷さんって絵も描く批評家なの?

395 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 00:48:12
英語ができないと、日本人の書き手を通して世界を見るほかなくなる。
その欠点が最近如実に出てきている。

396 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 01:23:37
たぶん外国に出たことないんちゃう?

397 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 15:19:47
今に見てろよ、オマイら!

398 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 20:07:12
>>395
英語ができないから英語のできない日本人にしか情報を発信できない。考えていることが画面に現われるからしょせんドメスティックな批評家あるいは画家なのだろう。

399 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 21:50:52
>>398
読めるだけで全然違うと思うけどね。


400 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/20 23:36:18
美術史の勉強って制作のやくにはたたないのですか?


401 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 00:19:52
いまどきグリーンバーグなんつって絵をかいてる若いのって気持ち悪いよ。
それも自由だけどな。

402 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 00:48:43
そういうな、
黒川はボードレールなんていいながら彫刻をつくってたわけだしな。

403 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:08:06
グリーンバーグ読んでるのって、オサンだけじゃないの、
テリーにプレスかけられた世代の人たちでしょ?



404 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:09:22
そうかな?絵画についてはやっぱり面白い事を書いているから参考になるけど

405 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:13:58
参考にしたら、流行の絵がかけなくなることない?
でも読んでると、はまっていく、、

それって、作家としては死活問題になりかねないよ。

406 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:19:12
流行の絵って、ゲイリー・ヒュームとかああいうの?

407 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:28:40
>>406
流行の絵=奈良っぽいへたれ漫画絵
     村上っぽいベタ漫画絵
     ブリティッシュペインティングのパクリっぽい絵
     形のはっきりしない辰野っぽい絵
     形がはっきりした松本陽子っぽい絵
これらを単独、もしくは組み合わせたら流行の絵っぽくなるんじゃない?




                   ・・・っつうか、こんなのだらけか・・・

408 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 01:31:11
>>407
それだったら、心配しないでも古谷はそこに当てはまっている。

409 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 02:05:40
この人の日記読んでみたけどさー、こんな難しいことばかり毎日毎日考えていて絵を描いたりして凄いなと思うんだけど、誰からも誰からも認められないってどこか間違ってるんじゃないの?
誰からもって誤解もあるとおもうけど国立美術館とはいわないまでもオペラシティや東京現代美術館のグループ展にはいるとかさ。
むずかしいことを理解できてもいい絵はかけることとイコールじゃないってことだよな。

410 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 02:21:05
本職に言わせると、難しい事の理解はめちゃくちゃのようです。

411 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 02:27:48
やっぱりな(藁

412 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 06:10:09
>>407古谷の絵は古谷の絵だろ。

413 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 06:15:14
古谷が認められてないなら全く活動出来ないと思うんだけど。
美術の舞台にすら立てないのでは?

居丈高な感じはするけどね。

414 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 06:28:16
>>409俺は古谷の絵はおとなしすぎると思ったんだけどね。
妙にインパクトに欠ける。

415 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 09:15:17
>      形のはっきりしない辰野っぽい絵
>     形がはっきりした松本陽子っぽい絵

ここらに当てはまっているということ?


416 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 09:18:28
> むずかしいことを理解できてもいい絵はかけることとイコールじゃないってことだよな。

そらそうだ、
しかしこのことが理解できない香具師が多い。

417 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 11:01:36
>>410
オイラはいわゆる本職だが、何をもって難しいというのか?
古屋はそれなりに思想等を理解して書いているよ。

それにかみ砕いて書いているから書いているものはわかりやすいぞ。

いいかげんなこと書くなアホ。オマイのハクチ具合をさらして
何になるんだ?>>410


418 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 12:04:51
>>417
ああいう引用で大丈夫だと言い張る本職なら詩ね

419 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 13:18:19
>>418
ためしに、オマイが日記かいてみなw

420 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 13:44:27
ブロぐで書いてるよヴォケ!

421 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 16:17:27
>>420
アート系ブログっておしなべて白値なもばっかり。
オマイも同じような低納だからしょうがないか・・。

422 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 16:56:58
引用云々いうけど、別に学術論文ではないのだからいいんじゃないかと、、

423 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 17:15:17
絵がつまらんから思想家になりゃいいのに。

424 :知りたがり太郎:05/02/21 17:16:48
>>417

なんの本職なのですか?
評論家さんですか?
もしそうだとして、生活はどうやって建てているのですか?

425 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 17:45:33
古谷についての専門家です。

426 :知りたがり太郎:05/02/21 17:58:13
425
教えてください。古谷について。

427 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 18:40:22
>>422
自分の意見か他人の意見かがはっきりしないのは、
批評家として致命的。
ウェブならいいけど、この人雑誌にも書いているれっきとしたプロだよ。
文章家としての倫理が低すぎる。

428 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/21 22:00:39
特に思想関係についての要約が酷いですね。
それと、別の人の評論の扱いが駄目。
小説や映画のあらすじ紹介にはいい味出しているんだが。
良くも悪くも他者性がないのが、彼の持ち味です。

429 :& ◆2F1nYDgaQo :05/02/22 00:37:39
>良くも悪くも他者性がないのが、彼の持ち味です。

絵もそういう感じでかな、

なんか分かるようなわからないような、

それは、大いに同意できる意見であっても自分の意見として書いてはいけないといったレベルにて露呈しているけど、
本来はもっと根本的な部分での問題としてということですか?


430 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 00:46:52
根本的な問題だろう。


431 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 01:19:46
岡崎と似た人種だな。文章の隅々に「世界をいちばん理解しているのは俺だ」っていう自負がうかがえる。でもね、誰も世界を完璧に分かってる人の文章なぞ読みたいとか思っていないのよ。世界をいちばん理解してるどの男の絵もかくも退屈だとはこれこそ伝統的なつまらなさだよ。

432 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 01:57:11
単に、本人降臨だっただけなのでは?

433 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 02:42:46
431は勝手に劣等感を刺激されているようです。
たかが古谷ごときに。
しかも無関係の岡崎まで持ち出して。

434 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 03:34:31
古谷の文章の書き方に影響を与えているのは、岡崎ではない。
むしろ樫村晴香と保坂和志の影響が大きい。


435 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 04:14:31
樫村からの引用は多いけど、あんまり似てはいないような気がする。

436 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 04:20:41
体質も含めて似ているのは保坂だね。
岡崎とも似ていない。みんな誤解している。

437 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 11:22:43
それじゃ顔の輪郭はムーミン、もしくはバカボンのパパの影響だな。もしくは引用かwww

438 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 13:55:57
古谷って評価されてんの?

439 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 15:33:24
されてるわけないよ。2ちゃんだけの存在なんだからさ。

440 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 15:41:35
この人、日記書かなくなったら死亡だと思う

441 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 15:43:02
でも絵を描かなくても死なないと思う。

442 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/22 17:24:10
そろそろネタ尽きるよ。つうかパターン化?
それか引用ばかりで自己嫌悪?

443 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/23 21:12:19
2ちゃんの美術スターってその程度なの?

444 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/23 21:22:12
美術スターなんていないから。

445 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/23 21:31:41
マシュー・バーニーとか、ちょっと前のスターだろ
日本にはいない

446 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/23 21:45:06
http://www.geocities.jp/k041101564219/
いわゆるひとつの美術です

447 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 02:04:23
こんな内輪だけのアートよりもライブドアとフジテレビのゲームのほうが興味深いよ。

448 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 10:46:38
古谷の絵ってなんかイイ絵だけど妙に印象に残らないないのが欠点。

449 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 15:04:56
↑それじゃ負けだよ

450 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 15:07:28
ウェブなんかで文章こねくり回しているのがよくない。

451 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/24 15:10:09
ギュルギュルルルルルル

452 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 00:57:42
堀なんとかって、造形の非常勤講師やってんだね。

453 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 14:29:53
452の人だれ?

454 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 14:44:34
造形って美大のなかでも、教員の顔ぶれが最も情けないらしい。
教授に有名な作家いるのか?

455 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 20:16:44
現代美術の作家って、河川敷でうさぎ飼ってるホームレスみたいな
発言多いよね。

456 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 20:25:20

ホームレスを差別するな、低脳。

457 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/25 22:04:51
>>455
言えるね。

458 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/26 13:55:27
基本的に貧しいから、、

森万さんみたいな例外もいるけど、

459 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/26 17:03:19
カアカアカアカアカアカア、カァーッ、カアカアカア、カァーッ、カアカアカア、
カアカアカアカア(「カア」の数が前と違う)カカァーッ、カアカアカア、


460 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/26 23:15:10
おまいら永遠に貧乏でいなさい

461 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 00:14:30
きょうは銀座で知り合いの個展を観て、
くだらなかったから買わずに、
代わりにシャツとパンツに10万使って、
彼女と5万で御飯食べた。

462 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 12:52:18
貧乏とは疥癬のようなものだと金子光晴もいっています。

463 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:17:45
>>458現美は金かかるからねw 売れないし、作品もぱっとしない割にな。

若い作家は金に苦労してやり繰りを学んだ方がいいとも思うんだ。
なぜなら身近な素材に目を向けて良い発見をすることができると思うからなんだよね。
まあ、俺は金がかかるという点ではかれこれ4,5年苦労してるかな。
みんなそんなもなですよ。w




464 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:27:14
苦労して苦しんでそのわりに何にも残らないというのが現美ですか?



465 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:28:13
>身近な素材に目を向けて良い発見

日常への降下とかいうやつのこと?

466 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:28:28
それが現実ですが何か?

467 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:29:41
苦労したわりには何も残らないというのが現実に美しくもの悲しいのが現美ですが何か?

468 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 14:30:45
>>465
ほとんどの作品は結局そうなんだよね。
俺はそう思うんだけど……反対意見キボンw

469 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 16:25:08
結婚したいです。

470 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 16:38:34
古谷はちっとも現代美術じゃないと思う。
というか、ミニマリズム以後の美術を嫌いそうな予感。

471 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 22:30:10
そうだ、フルヤスレだったな、忘れてたよ。

でもって、その××以後ってのはそろそろ止めようよ。



472 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 23:25:06
「現代美術」を銘打つなら仕方ないだろ
それに俺の書き込みの主旨は、フルヤンはそういうタイプじゃない、という話だ。

473 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/27 23:51:12
まあ、確かに目新しさはないかもしれないね。
自分でも、セザンヌがどうのゴッホがどうのばかり書いてるしね。
前は抽象表現主義とか盛んに書いてたみたいだけど、

474 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 13:22:37
結婚してください・

475 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 14:21:43
というか、三十代後半で非対象絵画を描いていて、抽象表現主義云々とかいってる人って、テリーの影響もろだろうな。
尚且つ、テリーがミニマルの真似事止めなさいといい始めてからの世代となれば、まああんな絵だろうと、

476 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 14:26:00
けど、ただのバイオモルフィズムだね

477 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:01:35
もう少し、若ければ、岡崎&松浦にはまってそうなメンタリティなんだけど、
それでも、井上実が限界という気もしないでもない。


478 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:32:22
ええ〜この人は30代後半なの?

その年で2ちゃんていどの人気じゃお先真っ暗じゃない?

479 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:34:21
117 名前:ひろゆき@どうやら管理人 ★ :05/03/28 11:32:41 ID:??? ?##

リアルタイム世論調査@インターネット
【2ちゃんねるについて】
http://enquete.nechira.com/?mode=vote&vno=c9bdc2ea1109531933

えーっと。
色々あってこの様なアンケートを取る事にしました。
この調査結果で吉と出るか凶と出るか、それによっては閉鎖も考えてますです。それでは皆さん清き一票お願いしますー。

480 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:36:16
そういえば、井上も造形だったっけ?
造形って絵を描く奴が多いな、

なんでだ?

481 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:39:45
>>井上直久のことですかね?

482 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:41:59
実のことのつもり、

483 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:45:29
高尾山の冷気が精神に及ぼす作用があるのだろう。
プラットフォームに天狗の石像がおいてあったりして身が引き締まるものがあった。
そういう意味で移転してからは駄目だろうな。

484 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 15:50:03
高山病?

485 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 19:13:15
この

486 :春画:05/02/28 19:28:40
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k15896979

487 :わたしはダリ?名無しさん?:05/02/28 19:55:57
加藤


488 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 10:30:05
>>487
陽子?www

489 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 13:47:56
あんまりプライベートな話題は良くない、やめろ。
ここは古谷の知人が多いのか?

490 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 17:49:05
ここは仲間内の掲示板につかってください。

491 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 18:34:21
古谷って人気どれほどなの?

492 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 20:32:02
もうすごいん気です。

493 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 21:40:18
?

494 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:13:18
なんか、雰囲気わるいですね。
誰かに嫌われてるのでしょうか?

495 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:15:10
好きです 結婚してください

496 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:27:50
彼は結婚するのですか?
それで冷やかされているとか、

497 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:42:06
微妙に板違いだからでは。
ヲチ板に帰られてはいかが。

498 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:43:15
>>495
大胆な女だなw


499 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:47:04
男ですよぉw

500 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 22:51:55
おい、ホモか
古谷は確かに女形のきれいな顔立ちだが、男だと言うことを忘れずに。

501 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 23:02:27
日本は男同士では結婚できないのですか?

502 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 23:03:11
作家と結婚する女は度胸があるか世間知らずかな?
やっぱ男性作家は、妻に食べさせて貰いたいと思うものなのか?


503 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/02 23:18:54
ははは。

504 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 00:37:04
この人は具象画家になってしまった方がいいと思います。

505 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 00:38:12
突然、どうしてですか?

506 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/03 01:12:32
日記の風景描写とかを見ると、
この人のこだわりは抽象向きではないと思うのです。

507 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 03:30:39
古谷大先生は、他人には作品の説明なんてするなとか書いておられたようですが。

それにしても、大先生の周りにいる人たちって、彼の性格をどう思ってるんですか。

508 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 08:31:23
え、破綻してるんじゃない?
芸術家でまともな人あんまいないっしょ。

509 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 08:32:56
古谷 大。

510 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 09:35:15
>> 507
説明したってしゃあないですお。
感じ方人それぞれですから。

511 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 15:04:08
ちょっと独善的なところがある。
いい作品作っていないから、ちょっと腹立つ。

512 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 15:17:17
古谷とお知り合いなんですね?


513 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 15:37:52
今度の個展で伸びているといいんだが。

514 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 15:42:09
知人の心境も複雑なのですね。

515 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 15:58:53
古谷より面白い文章書いてる人のブログ教えてください。

516 :AUTUMN SNAKE:05/03/06 16:33:13
完全無修正作品集。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=l&board=552018869&tid=a1za49qhggqtrbclbfbf8x3aba47a4dea47a4ga4a6a1db&sid=552018869&mid=1

517 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/06 23:15:59
いつのまにかフルヤンの肛門が2ちゃんネラーに狙われてる…

518 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 00:45:16
もう浅田彰に……

519 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 01:46:01
日本のアーティストが世界に飛び出す時代だというのに古谷や岡崎などの周辺は程度の差こそあっても同じようなムードだな。これこそ伝統的芸術とよべるだろう。

520 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 09:43:54
>>511
今澤?

521 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 10:12:45
やっぱり

522 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 13:20:26
知人だけじゃなくて、造形の先生方もいるんじゃ…
きっと古谷の顔見知りばかり、あ〜怖。

523 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 18:34:09
ここは造形出身者がお互いを潰し合うスレに変更されました。

524 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 18:45:06
現代美術界の最下部の連中

525 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 18:48:16
田中コウキってどうなのよ?

526 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 19:00:37
>>525
今後、あらゆる意味で期待できる作家の一人だとおもわれる。

527 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/07 21:06:34
今後、あらゆる意味で期待できない作家の一人に間違いない。

528 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/08 00:26:22
>>527
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

529 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/08 00:55:05
>>526,>>528
本人だろ?

530 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/09 06:46:55
哲板にスレがあったころちょくちょく除いていて、あまりの無意味な中傷
が吹き荒れたため削除されたろ、その頃から「引用の仕方が」うんぬん
どうでもいいことをしつこく繰り返し粘着してるアホがいたけど、ここでも
マダやってるのか。ほんとうに暇なんだな。

531 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/09 14:37:50
そいつはファンだろうよ。
もしアンチなら放置すればいいんだから。

532 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/09 14:54:55
俺もその人はファンもしくは知り合いだと思った。
古谷に対する期待値がもの凄く高いから。

533 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/09 18:51:05
なんか予備校時代からの知り合いみたいだよ。
期待値というよりも、単なる妬み、嫉妬、嫉みを
強く感じるのですけどね。棚上げ君というか。

534 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 02:53:42
英語覚えろって書いてた人とは別人?

535 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 11:11:10
引用しっかりして英語覚えろ、というのは嫉妬とは違うと思う

536 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 12:56:07
>> 535
それは意見だよね。

予備校時代からの知り合いって誰?

537 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 13:06:02
533こそが予備校時代からの知り合い=嫉妬にかられている

538 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 13:07:37
事実上、今の古谷は評論家だから、
評論家としてもっと精進汁という意見が出るのは当然じゃないだろうか。

539 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 17:49:40
イイ意見だと思う。
よい芸術家は良い評論家ですよね。
後々大成してゆくのかな。

540 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/10 20:57:09
評論家は作品を前に語る生き物だよ。
どうも書くのは駄目だな。

喋ってる姿を見てこそ評論芸術が成立する。1つの芸実です。



541 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/12 00:35:03
大きなお世話なんだよw
まったく。

542 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/12 02:25:27
フルヤが書くか書かないは別として、
美術批評なんて皆読みたがってるの?


543 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 05:47:15
イラネ

544 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 13:01:09
批評家がいないジャンルは芸術とはいえない

545 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 14:14:59
芸術?

何か語らなければいけないような気分にさせる作品というものがあればいいのだけどね。

546 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 22:31:05
此処だけ観てると、なんか、フルヤンの絵を認めたくない人って多いみたいだ。


547 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 22:53:02
認めたくないってのは、
客観的には優れているはずのものを必死に否定するようなニュアンスだな。
ちょっと違う。
古谷の絵は、ずっと見ていると気が滅入る。
日記を後から知ったんだが、読んで納得した…


548 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/15 23:01:27
フルヤって、いろいろ難しいことを考えてる割に絵はストレートだよな。
結局、ドローイングみたいな方向に活路を見出そうとしているみたいだけど、
あの傾向も駄目?

549 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 00:21:35
活路を見出そうと制作する姿勢だけで、
活路なんか無いことは知っているのさ。

550 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 01:12:58
> 活路なんか無いことは知っているのさ。

今更絵を描いているということが、空虚なパフォーマンスであるということですか?

551 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 05:43:35
シュールな芸術活動と言え。

552 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 11:18:01
>550
好むと好まざるとに関わらず、現代美術はそういうものです。

553 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 12:20:13
さすがにフルヤスレだけあって難しくなってきた、

次の彼の絵の方向として、ホリコウサイ+スガワラキヨミ にならないで欲しいな、

554 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 13:58:53
>>553
どっちとも流行っていないから別の路線じゃねぇの?

555 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 16:13:26
流行を気にするタイプではないだろう。

556 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 17:56:23
つまらんバイトを毎日こつこつやるタイプだな。

557 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 20:31:51
>> 553

もし行ってしまったら怠慢だと言うことでしょう。

558 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 20:49:08
クマガイモリカズですかね

559 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 21:00:29
e-----------------------------------なんで?
なんでプルやんがモリカズになっちゃうの?


560 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 21:48:33
説明してくれよっ。

561 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 22:21:37
長期戦を耐えて孤高の巨匠になるということだろう。

562 :わたしはダリ?名無しさん?:05/03/16 22:40:36
クマガイって樵してたって噂だしな、なかなか真似のできることではないよ。

563 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 09:31:38
        ▂           ▂            ▄   ▄  ▄  ▄
   ◢░      ▄▀             ▀▄  ░◣      ▌▐▄▀ ▌▐▄▀
  ▐░::                         ░▍
  ▐▓░::           ▄               ░▍
 ▐▓░░::░::         ▀▀▀▀▀▀▀▀      ░▓▍▅  ▅ ▄▄▄▄
  ▐▓▓░░░::░:::                 :::░::░▓▍ ▊  ▋
  ▐▓▓▓░░░::░::░::::: :: ::   ::::░::░░░░░░▓▓▍ ▐▄▌
   ▀█▓▓▓░▓░░::░:::░:::::::░::░░░░░▓░▓▓▓▌ ▄▅▀

564 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 14:39:30
夜警さんもきこりさんみたいなもんだよ。

565 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 15:10:03
ココで言う熊谷っていうのは、それをパ(ry

566 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 18:06:15
そうかスマン

567 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/23(水) 23:24:58
アサミか、、、、


568 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 02:01:21
アサミって言われると、なんか違うような気分になるよな。


569 :松浦寿夫:2005/03/26(土) 21:35:40
古谷さんは 絵を描くまえに 使う絵の具を用意しておくそうだが
、多くの画家が知っている通り、抽象絵画が陥りやすい 最大の問題は
あらかじめ色調、筆触がパターンとして確定してしまっていて、
出来上がった絵が その枠の外に出ないことである、つまりは予定調和的な
、装飾的な絵であることを出ない、その枠の中をなぞる事で終わる、
どのように努力しても、その方法であるかぎり、その枠を突出する 絵は
描くことはできない、たとえば、その色調の基本としてカラージェッソを
多用などすれば、 カラージョッソの(あらかじめメーカーが調整した)
色調が、その絵の大枠の印象を決定してしまうことになる。こういう傾向は
市販の色剤にたよるアマチュア画家に多く陥りがちな傾向である。
筆触についても、マーデンにならった手先をねじる筆触パターンが多用され
ているが、その動きをいくらひねったところで あらかじめその筆触
パターンの規定枠を出る画面が出現することは決してありえない。
あたかも自分があらかじめ安全と決めたテリトリーのみを散歩するのと
同じように、その絵が全面的に展開することも、何かがそこから
発見されることもありえないだろう。
今日は調子がよくて、5枚描けた、とか、調子によって描かれるのは
絵ではない、絵はジョギングとは違う。
以上のことを考えると 彼の批評も理論も大きく見当ちがいを犯している
可能性は大きい。


570 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/26(土) 21:40:55
まるで読むところのない書き込みだなw
どうでもいいことを回りくどく書くことで充実してしまえる
ようなアホは素直に飯くって寝てろ。

571 :?1/4?Y?o?v:2005/03/26(土) 21:44:17
まるで読むところのない書き込みだなw
どうでもいいことを回りくどく書くことで充実してしまえる
ようなアホは素直に飯くって寝てろ。

572 :?1/4?Y?o?v:2005/03/26(土) 21:45:07
まるで読むところのない書き込みだなw
どうでもいいことを回りくどく書くことで充実してしまえる
ようなアホは素直に飯くって寝てろ。

573 :ぼくはこれしかいえないアホです:2005/03/26(土) 21:46:12

どうでもいいことを何度も書くことで充実してしまえる
ようなアホは素直に飯くって寝てろ。

574 :偽(画家)日記:2005/03/26(土) 21:58:58
書くことがないから、いけないことだと知りながら、
たくさん書いてある批評などをみるとつい読むのがおっくうにも
なって、
つい回りくどく怒ってしまったりもするのだった
そういうときは散歩にでもでて、風景の描写などをして、
日記を埋めたりしていたのだけれども、それにしても
個展まえで、まだ食事もしていなかったから、
いらいらしたりしてもしまうのだった。われながらなさけないと
思う。気分をかえるために借りたままになっていた
ビデオを見てみようと思う

575 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 15:09:52
>>569
ある意味真実。

576 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 16:55:16
カラージェッソって絵の具より隠蔽力あるのかな?
あるんだったら使ってみたいけど駄目ですか?



577 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/27(日) 19:42:10
> あたかも自分があらかじめ安全と決めたテリトリーのみを散歩するのと
> 同じように、その絵が全面的に展開することも、何かがそこから
> 発見されることもありえないだろう。

ここいいね。日記も散歩ばかりだし。

578 :>569:2005/03/27(日) 20:13:20
がのっていました
以下のページより引用

ttp://www008.upp.so-net.ne.jp/wildlife/nisenikki.html


>日々くり返されるルーチン化された日常のなかで、
>親しげであるはずのものから浮かび上がる細かな齟齬こそが、
>私と世界との関係を揺るがし、それに微調整を強いる。
>それはほとんど意識されないかも知れない。
>だがその微調整の積み重ねは、知らないうちに何かを変えてゆくだろう。
>あらかじめ安全と決められたテリトリーなどこの世界には存在しない

以下 解説
何も起こっていないのに、何かがきっと起こると過防備にかまえる
画家の目には わずかに滲んだ、絵の具のしみですら、奇跡に見える
こともあるだろう。しかし 何かが起こるであろう可能性、あるいは
何かが起こったという痕跡を過剰に読み込むことは、精神的な機構(病理)
のなせる術であって、実際に起こる出来事とは異なる、
芸術は 、繊細な(過剰な)読み込みによってのみ
(それはすでに起こった歴史に依存した神経症にすぎない)
感受されるようなものではないだろう
歴史の形成(芸術の形成)は、すくなくとも、
こうした日々の身体、知覚の過敏、鈍感に関わりなく
構造的、力学的に起こされるものである



579 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/28(月) 17:38:20
つまんねぇよ!ありきたりのドローイング風アート
こういうのは版画にようあるわ
つうか、版画でやれば売れるのに

580 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/28(月) 21:26:44
版画って、なんだリトか?
設備をどうすんだよ。
工房いって借りるのか?


581 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 01:02:20
>それなりに立派な本ではあるとは思う。

なんて、平気で書いてしまう、自信というか
ツラの皮の厚さというのはいったいなんなんでしょうね
単に無神経なだけなの? この人?(神経症みたいだけど)

それなりに立派な本であると思う

という言いまあし、これはレトリックとして
シニカル以外のなにものでもないでしょ?
(アイロニーといえるほど立派でない)

実際は北田の本を援用して、自分の見解の後ろ盾にしているのに
「この本の見解を全面的に支持するわけではないが」と
ちょっと距離をもって、「おれはそれをも相対化し批判的にみる余裕が
あるのだ」という態度を このような言い回しで示しているだけじゃん
これは かなり低級な、反抗期の高校生みたいな、斜にかまえた態度だよね。
それなりに立派な本であると思う。
ほとんど、そのまま、北田の理屈つかって(どうやら2ちゃんのこと、距離を
もって、批判しようとしているらしいけれど)るだけなのにさ、
気取っちゃってさ、 いやだね、こういう、なんか気取って、おれは
距離があるぞ、って、上から眺めているような態度! こういうのは
たしかに超越的ではなく、ミーハーの背伸びというんだろうね
アイロニーまがいの芸術ミーハーのシニしずむ
北田が読んだら、気分を害すだろうなあ!

582 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 01:19:59
この過剰反応はなんだ?

583 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 11:01:59
どうやら、じゃなくて、明らかに2ch的な群衆を軽蔑してるだろ。当たり前だよw

生きろ、きみたち。

584 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 17:20:10
松浦の書き込みに腹がたったのだろうの予想、

585 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/29(火) 19:14:46
>>581
そうじゃなくて、浅田彰と柄谷行人(と、デリダ論を書いていた頃の東)を思想的
に支持してるのだから、全面的には認められないということでしょ。

586 :カラヤン:2005/03/31(木) 02:10:28
フルヤン きみは以下のようなことを書いているが
>科学上な大きな発見というのはおそらく、(その発見を導くに足りる)
>多くの無名の研究者によって集められた小さな(些細な)基礎的なデータが、
>ある一定量蓄積されているという条件の元ではじめて可能になる

もう少し きちんと科学史など勉強してから 書きなさい
クーンの『科学革命の構造』
以降の論争を知った上で以上のような素朴なことを
書いているのか? たとえば
>科学史の分野ではよく知られているように、
>コペルニクスは革命的な思想の持ち主ではなかったし、
>卓越した観測家でもなかった。すなわち、コペルニクスは、
>精密な天文観測の結果、天動説の誤りに気づき、革命的思想に促されて、
>太陽中心説を主張するに至ったのではない。


無節操な推測にすぎないものを 薫陶を足れるかのように書きちらしている
にすぎない。
君に問題があるのではない、こういう人間がいることを私は許容する。
しかし、このような公的な責任を果たしえない文章を認知し、公表する
編集者を、わたしは認めない。フルヤンはまだ書き手としての
社会的責任も、重圧も経験したことのない、うぶな文学かぶれの消費者
の一人にすぎない。彼にできる唯一有効な批評は 
何かを生産することではなく、ただ黙って、商品を買わないことだけであ


587 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 02:11:54


588 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 04:03:40
フルヤン集中砲火だな
全部その通りやん
半端なこと書くと火傷するってことだ
せいぜいBTの評論で頑張ってくれ
作家としては死を招くから
送るのやめるのも見識だけどな

589 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 04:13:19
>親しげであるはずのもの

って、つまりあの 古着のセーターみたいな、こもった色調のこと
いってるの?
なんか古着屋か骨董屋の親父がためつすがめつ、まがいものの
品物をなめるようにみて、悦にいってるっていうか
フルヤンは こういう暗い色が親しげなわけですね
つまりテーストなわけね、彼の絵は
趣味で描いている 
グリンバーグは、それをのりこえようとしたんじゃなくって?
趣味の限界、手法の限界を。



590 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 05:22:30
哲板にあった頃は大人な書き込みが多かったんだが。

591 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 10:07:01
厨気味のファンが多かっただけでは?

592 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/03/31(木) 21:43:04
その厨気味のファンが削除依頼だして
スレが消えたんだよ

593 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 01:12:23
>日々くり返されるルーチン化された日常のなかで、
>親しげであるはずのものから浮かび上がる細かな齟齬こそが、
>私と世界との関係を揺るがし、それに微調整を強いる。
>それはほとんど意識されないかも知れない。
>だがその微調整の積み重ねは、知らないうちに何かを変えてゆくだろう。
>あらかじめ安全と決められたテリトリーなどこの世界には存在しない

これって保坂を過剰に評価しているせいだな


594 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 01:50:37
保阪と古谷の大きな違い。
古谷はリーマン社会、組織の悪い所も良い所も知らない。
そこが古谷の弱いところでもある。

595 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:13:54
うだうだ書いてんじゃねぇよ、童貞かよ


596 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:20:14
> 古谷はリーマン社会、組織の悪い所も良い所も知らない。
フルヤンの実生活は保坂というよりは車谷ということでしょうか?

597 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:24:54
>> 591
厨気味のファンが多いってことは古やんが大人ってことね。

>>5926

598 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:28:24
>>597
それはタチの悪い褒め殺しですな

599 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:47:28
厨イヤや。

600 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:52:46
>>550
その空虚なパフォーマンスがなくなったらどうなるんですか?

601 :わたしはダリ?名無しさん?:皇紀2665/04/01(金) 12:52:46
性の技巧っていうのは いつでも
うだうだ、くねくねしているものだ




602 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 12:44:59
性?

なんのこと?

603 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 13:25:45
古谷の絵から感じる性は、あくまでもオナニズムだな


604 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 14:48:41
>>590
スレの半ばぐらいまでは哲板よりも面白かったやん。

605 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 15:27:27
たしかに、フルヤン hp で
マジレスしてたくらいだからな



606 :グリンバグ:2005/04/02(土) 18:36:57
古谷の絵画は絵の構造からみれば
クリフォード スティルの延長に位置づけられよう。
スティルがその絵画構造ゆえに抱えこんだ問題を
古谷の絵は当然のごとく抱え込んでいるのが見受けられるが、
一方で、古谷の絵の構造は、その問題をスティルほどに正確に理解し、
克服しようと組み立てられているかどうかは不明である。すなわち
古谷の絵画はその構造において、方法において(つまり問題設定において)
はなはだ曖昧なものにとどまっている。それがつねに彼の絵画が
趣味的な領域ー素人の絵画にとどまるゆえんである。
右や左にぶれを作り出す筆触や、画面の上で融合される色彩にせよ、
絵画平面を装飾的に波立たせるエフェクトを与えるのみで、
構造的な決定力はとぼしく、そこから生まれる平面的な曖昧さを美的エフェクトとして
耽美する画家の姿勢が見え隠れしている。

607 :グリンバグ:2005/04/02(土) 18:38:12
以上のように古谷の作品は色面が錯視的に縦に重積されるという
曖昧さを(その趣味性ゆえに)好んで受け入れているように対して、
スティルの絵画は方法的に徹底して禁欲的である。たしかにスティルは
平塗りされた色面を特徴とするが、彼の色面は絵画平面を色面で分割するという形ではなく、
まず量として画面に押し付けられ、そこから周辺に押し展げていった色面が
同じように展げられてきた他の色面と出会うときに作り出される、不均質なエッジによって
構造化されている。こうして生み出される不均質なエッジが絵画平面を引裂きつつ、
かつ別次元に開くようなユニークな空間を生み出すのである。

608 :グリンバグ:2005/04/02(土) 18:42:55
このギザギザとささくれ立つエッジは平面的に位置づけられるもの(広がりあるいは線として)
ではなく、面的な効果としてのテクスチャーでもない。絵画平面上にそれは存在しない。
技法的に見ればスティルの絵画に確認されるのは、平面的に塗られた色面だけなのである。
しかし、その絵はその平面を内側から突破する、するどいエッジを抱えこみ、われわれの目は
裂け目にこそ、感応する。ニューマンのジップはまだかろうじて平面上に位置づけられたが
スティルのそれは位置づけられず、空間的に予期できないものとなっている。

609 :グリンバグ:2005/04/02(土) 18:50:44
ゆえにスティルの絵画の構造的問題は、この色面の作り出すエッジ=境界線の予期しがたさ、から
必然的に生み出される。それは絵画平面から演繹的に導きされるものではないが、同時に
それがつねに不確定のままにとどまることも不可能なのである。エッジは連続し、総体として
目に心地よい(ハンターがこれ見よがしに飾る、動物の毛皮に似て多少、デコラティブな)
装飾的なパターンを作り出してしまう。スティルの絵画が複数展示されるのを見るとき、
われわれはまさにこうしたデコラティブな効果が、エッジの生み出す創造的な効果を緩和してしまう
のを見るのである。

610 :グリンバグ:2005/04/02(土) 19:01:07
キャリアも素質もまったく比較にならない古谷の絵に、こうしたスティルの抱えた問題が
どれほど意識されているかはわからない。
彼の絵にはスティルなら、とっくに排斥してしまったような、
(はじめて絵の具を使う画家のような)絵の具それ自体への耽溺があり、そして不十分に方法的である
がゆえに、許容されるような曖昧な技法上の余剰がある。結局、彼の絵を構造化しているのは彼の仕事(画面に
つけられた絵の具)ではなく、そこから意図的に穴をのぞかせられた画布の手応えある、質感なのである。
彼の絵は何はつくりださず、与えられた画布の平面上で(はじめて舞台にあがる俳優のように)
わずかに身を震わすだけなのだ。(1946 4 1 パルメザン チーズより転載)

611 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 19:08:31
彼の絵は何もつくりださず、与えられた画布の平面上で(はじめて舞台にあがる俳優のように)
わずかに身を震わすだけなのだ。

612 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 20:13:32
ネタ絵にマジレスが評論家の仕事に思えてきた。

613 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/02(土) 22:51:22
岡崎だってすぐわかる

614 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 00:08:32
嘘〜?
こういう分析やってる香具師はけっこういるぞ

615 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 00:17:16
タマの研究生だろ

616 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 00:36:29
そもそも時代のちがうものを比べるのがおかしい
おれらが、フルヤンは 21世紀の画家なんだぞ

617 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 01:21:13
確かに、タマ院芸学ってわけわかんないのいる。

618 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 01:44:02
いずれにせよ、古谷の欠点を衝いていると思う。
素人画家に引導渡すようなものだが…

619 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 05:21:56
抽象表現主義みたいな所から初めると、
元絵の突き詰めた問題を曖昧にして退化バージョンみたいになっちゃうことってありがちかもしれない。
辰野だってそんな風にみえた。

620 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 11:42:14
しょせん三流画家

621 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 11:52:11
抽象表現主義って、アトリエが広くないと無理
古谷のは四畳半日記絵画

622 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 13:03:32
読みかたによっては
擁護しているようにも読めるやんか
四畳半でも、ふんばれってな

623 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 13:10:55
大四畳半絵画、
いいじゃねーか?

大いにがんばればいい、

624 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 13:12:15
ちまちました日常に開き直るしかないのは事実

625 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 13:13:19
しかし、古谷の日記を読むと、
典型的な三十代後半の美大出身者そのもので萎えます。


626 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 15:17:07
モーリス・ルイスのアトリエは6畳くらいで絵を拡げて見れなかったらしい

627 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/03(日) 15:18:57
だからグリーンバーグがやりたい放題だったわけですね

628 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/04(月) 02:24:19
米国に六畳も四畳半もないぞ
納屋というのはあるようだ

629 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/04(月) 12:37:42
問題は制作スペースとしてのアトリエの他に作品を置いておくいわば物置が必要ということだろう。
ルイスはあれらの作品を畳んだのか巻いたのか知らないが何処において置いたんだ。

630 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/04(月) 12:40:59
ルイスは晩年に爆発するまでは凡庸な絵描きだったからなあ

631 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/04(月) 12:42:13
部屋が狭い人はキャンバスをぐるぐる巻きにしてしまっておくんだよ。

632 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/04(月) 16:16:46
ふとんにしてます

633 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/05(火) 01:37:01
長いあいだ巻いておくと油は割れてくるようだが、
アクリルは平気なのか?

634 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/05(火) 01:47:24
もちろん時々巻き直します

635 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/06(水) 23:09:00
アクリルは硬化はしないけど結構脆いのではないかと思う。

636 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/07(木) 09:23:09
描き方にもよる、メヂウム多めならいける

637 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/07(木) 11:21:55
フルヤンは硬化はしないけど結構脆いのではないかと思う

638 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/07(木) 11:50:32
フルヤンを長い間巻いておくと割れてしまうから、
時々巻き直すのがいいと思う。

639 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/07(木) 13:33:59
期待の新星!みたいな奴を実名出して叩いたりするよな。

640 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/07(木) 13:41:29
どうせ美術手帖に評論応募しているんだろうから、
フルヤンのことは批評家として扱うのがいいと思う。

641 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/08(金) 09:19:09
彼の書いているのは、作品から受けた心理的効果の記述つまり感想でしょ。
フォーマルな分析ではないよ。
それに自分の作品を分析から除外してしまっては批評家ではないし。

642 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/08(金) 10:14:02
そうなんだが、人材不足は深刻だから、賞取りぐらいはしてしまうかもしれない。
でもそうなると、作家としては苦しくなるだろう。

643 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/09(土) 15:41:18
蓮實・浅田・岡崎と理知的なものが好きなようだが、古谷本人は、、、

644 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/09(土) 22:27:23
80年代アイドル、保坂和志、ライトノベルが主食のようですが。

645 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 02:39:06
現象学に嵌ってる人って私小説てきなものを好む傾向があると思う。
もちろん、それがいけないとは思わない。



646 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 14:43:26
おまえらが「2ch中心的な思考」で捉えた古谷氏に粘着している間に
彼は個展をやり、現実社会から様々な形で求められているみたいじゃないか。

どうせ本人の前では
「いつも日記みてます!ファンです!」
みたいな感じで尻ふりまくりなんだろうが、ほんと日本人てアホばっかだな。

647 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 21:50:09
古谷はビーバップの話を前に書いていたが、デビルマンはスルーかよ

648 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 23:01:37
フルヤン
トーマス クーンを読んだかな
いずれにしても
読まんとあかんよ

649 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 23:06:56
フルヤンは西洋文学の名作をろくに読んでいない

650 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 23:34:32
目が腐るのでは?

651 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/10(日) 23:58:47
舞城とか読みまくるのにか?


652 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 00:56:51
フルヤンの読書傾向を馬鹿にするけど、
現在進行形の文学ってあんなもんばっかだろ?

他にどんなものを読めっていいたいんだ?


653 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 01:04:27
暇な時間で岩波の赤をもっと読め、と思う。

654 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 12:53:37
どうなんだろ、
自分がコメントをつける対象として、同時代の美術とか、同時代の文学を選択しているだけではないのか?
素人が研究者がたかってるものについてコメントをつけにくいということもあるし、
岡崎がマチスについて語ると、藤枝が研究者の文章を引き合いに出して、ケチをつけるとか、そういうのありがちだから。









655 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 12:58:34
>> 649
単に性格に合わないだけではないか?
俺も西洋文学、家に沢山あったが、何度ヨンでも感性が理解できへんかった。
だから捨てたよ。全部。
日本文学のほうが奥深い。


656 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 13:15:16
哲学について語る方が本当はリスキーだと思うけどね。
作家なら、文学の名作について書く方が、
ジジェクなどの批評もどきを突くよりはまっとうだと思うし、
研究者と違う視点で作品が読めると思うけれど。

657 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 13:44:45
そういう柔軟な点が気にくわないのかね?

658 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 13:46:32
柔軟かな?
むしろこの人の欠点は、いろいろと凝り固まっていることだと思うけど。

659 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 13:52:21
男におもえんほど美形やな。
そういう奴には凝り固まってるのが多い。


660 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 14:09:46
悪いが、本人を知る者として、フルヤン美形説は笑える。


661 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 16:51:35
俺もゲンやキイで本人を見たことあるけど、少なくても美形ではないような、
不器用そうな顔をして、地味な服を着てたよ。

662 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 20:04:08
顔色悪いよな。どっか体悪いのか?

663 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 20:05:23
食生活が駄目そう。四十代でガクッとくるね。

664 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 21:35:34
ほんと大丈夫なのか?

665 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 21:38:28
カップ麺とか好きそうなイメージがある。

666 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/11(月) 21:38:51
嫁もらうのが一番なんだろうけど、そういうの無理っぽい。

667 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 01:44:12
そうか?

よく若い女の絵について評を書いてるじゃないか?

668 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 01:46:39
もちろん友達はいるだろうけど、
日記から見られる生活の硬直っぷりからいって、
他者が生活に入り込むとキャパを超えそうな気がする。

669 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 02:04:45
そういえば、女がらみではないけど、なんかいいことあったらしいな。

やっぱり、持続って力だな。



670 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 02:22:26
コレクターがついたとか?
しかしこいつは日記でぺらぺらなんでもしゃべるから、
一定以上の信用が置けないのが問題だ。

671 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 12:24:09
1、BTに出した批評が入賞。
2、四谷で講師としてお呼びが掛かる。

いずれかではないか?

672 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/12(火) 20:35:02
入賞が決まるのはもっと先でしょう。

673 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/14(木) 21:36:01
メール上げ

674 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/15(金) 00:00:07
海外留学だろ

675 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/15(金) 00:16:23
結局、この手の作家を評価するのはミネか、
画廊を紹介したこともあるらしいし、




676 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/15(金) 18:51:55
フルヤン程度の画家はゴマンといるし、批評も知識がなさすぎて美術に関しては美大生レベル。
っていうか、美術に関しては岡崎や松浦の言ったことを裏も取らずに繰り返すだけ。
エピゴーネンとして放っておかれるのが普通なんだが。。。

なんで偽日記って有名になったんだ?むしろそっちの方が問題じゃないか?


677 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/15(金) 19:53:35
そうか?

俺は、偽日記を見る前から彼のことはみていたぞ、、
絵は必ずしも納得のいくものではなかったけどね。

678 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/15(金) 21:16:31
70,80年代の日本の”絵画”とかいう、鬱な文脈にもコミットしているようにみえるので、目に付くのだけど、
それって駄目なことなのですかね。

679 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/16(土) 01:39:02
>>676
浅田彰がなぜか気に入ったから。

680 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/16(土) 01:54:41
最初に話題になったのは、namスレ。
駄目になった東浩紀の代わりに東の主張をレジュメして、それが好評。
一躍、ポストモダン動物の東に対抗する、モダニスト人間として脚光を(半ば冗談交じりに)浴びる。

681 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/16(土) 02:05:12
初出は2ちゃんかい。

682 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/16(土) 02:38:15
いや、2ch人気の話。

683 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 02:18:24
だれか個展みた?

684 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/23(土) 19:56:15
古やんは樫村晴香のすごさを再認識させてくれるだけで十分すごい
今時、樫村晴香にあれだけのめりこんでる奴はそうはいない

685 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/24(日) 02:37:23
やっぱり、物書きとしてしかみられてないみたいだな。

686 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/24(日) 11:32:36
物書きとしては、ライター止まりだよな。
同キャラの松浦寿夫などと比べてしまうと…

687 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/24(日) 18:25:20
なんだ、みんな結構読んでるんじゃないか

688 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/26(火) 00:50:23
絵描きとしては松浦に勝てるか?

689 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/26(火) 02:47:21
どっちも勝てない

690 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/26(火) 04:59:18
フルヤンをヨイショ批評してるヤツって、頭のまともな人間を不安にさせる愉快犯としか思えんのだが。

691 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/26(火) 11:17:16
そうキツく叩くなよ。愉快な笑いも必要なんだから

692 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/27(水) 12:43:31
ほんの数人の批評家が適当なことをやっているというのが、国内の批評状況だろう?
もともと、観衆なんているんだかいないんだかわからないわけだから、どうにでもなるよ。


693 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/27(水) 13:12:48
松浦のほうが絵に深みあるかも。


年の差ですかね、、、、、。


694 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/27(水) 18:18:16
深さを持たないようにしているんじゃないか?

695 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/28(木) 01:00:45
いずれも、本人の思い込みが強烈であることは分かるけど、、、、、

696 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/28(木) 08:39:50
どちらもチンカスで描いている

697 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/28(木) 11:51:24
mine

698 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/29(金) 10:51:58
ganでは、みね vocaは、たに 川崎では、はやみ、、、、、
高齢の方に推されてるみたいだな、皆、前科者と言えないこともないが、、


699 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/29(金) 17:54:12
結構作品どくがあるよな。


700 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/29(金) 19:02:43
そもそも日記が毒々しいです。


701 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/29(金) 21:07:55
4/29(金)の偽日記はいつにも増して「思う」が多いと思う。

702 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 00:16:56
調子にのるのもいい加減にしろ
と古谷のいつもの論調に思う
勉強しないことは自由だが、書くことの倫理を持たない人間は
さいてい である
古谷は 政治的な文脈の中で幾重にも転倒されてきたモランディ解釈
の揺らぎを指摘している
岡田温司の論をまったく読み違えている
というよりも 古谷は絵画を発表することの政治性について
まったく 無自覚で無責任であることの証である
いいかげんに さらせ 
ふにゃふにゃの絵をさらしながら
もっと謙虚に仕事するべきだ

703 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 00:35:30
自信がないのにもかかわらず、傲慢に自説を開陳するときに限って、
古谷”偽日記”利裕は「思う」を多用するのだ。

704 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 01:11:41
ここまで厚顔無恥、お調子のり であると
(人前では 挨拶もできない、でくの坊であるが)
そろそろ、見捨てられるな これでは。
蓮実、浅田の対談ではないが、
ともかく、自分より物が見え、洞察力がある人間が
必ずいることを 胆に銘じるべきではないか(
自分には 適応しない図々しさが 古谷の救いようの
ない 鈍くささ だ)


705 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 01:21:33
俺は映画批評さえ辞めてくれれば何でもいいや

706 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 09:16:58
このごろなんて、
2ちゃん の書き込みの 方が
偽日記よりも 数段 レベルが高いと
かんじるよ


フルヤン は 半ば びびりながらも どうせ
2ちゃんなんて 無名の大衆が書いてるんだろう
なんて、自らを フルいたたせているのだろうが、
無名なのは お前だ フルヤン !! そろそろ
有名になったのだと ひとりよがり しているのが
行間から にじみ出てきて 見苦しいぞ!!、
(北田の文など引用しているときの態度がそうだ!
お前こそ、2チャンネラーであるという認識が欠如している

いっそのこと

そろそろボクちゃんも
有名アーティストのwildlife

に名前をかえなさいよ! もう!


707 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 12:21:15
> お前こそ、2チャンネラーであるという認識が欠如している

えっ、本当?

708 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 12:33:42
> 結構作品どくがあるよな

今回の見た限りでは、ファンシーだとは思うけど、毒は感じなかった。


709 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 12:36:10
> ganでは、みね vocaは、たに 川崎では、はやみ、、、、、

皆さん、またテリーに罵倒されますよ。

710 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 14:33:26
別に文句あるなら直接メールすればいいんじゃない?
2chでだから言えること、たしかにそういうことあるでしょう。
でも言ってることが下らなすぎるんだよ、アホくさ。
応答する必要ないw

711 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 15:32:04
>>708
見る目が無いんじゃない。

古谷は審査員までやってるし何処が無名なんですか?
私はそう思うんですが・・・・・・

712 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 15:33:39
703
漏れはいつも楽しく読ませて貰ってる。
勉強になるよ。

713 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 16:55:40
708
その人の感じ方ですね。スンマセン

714 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 20:07:40
701-705

君らに負けるような古やんではない。
何しろ美形だしな。
その時点で負けとる。

715 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 20:13:46
furuyaは格好いい。
ハンタム。
聡明。
文章も明快。

絵もぴか一。

716 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 20:17:40
ブサと美男ではブサオが勝つらしいな。

717 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/04/30(土) 23:04:41
フルヤンって 歩く電信柱
みたいだろ、すなわち 見かけからして電波系だ



718 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/01(日) 02:35:30
> 古谷は審査員までやってるし何処が無名なんですか?

なんの審査員?

719 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/01(日) 14:16:00
二足の草鞋はいさぎよくないなー

720 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/01(日) 14:22:08
BTの評論に応募しちゃったからもう遅いよ。
フルヤンのようなタイプの香具師は、
後進の作家にとって最悪の批評家になると思う。

721 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/02(月) 00:43:24
でもって、
何の審査員やってるの?

722 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/02(月) 17:16:59
>> 720
最悪の批評家、毒舌なんでしょ。

>>719
評論家体質なんだろ。

723 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/03(火) 02:16:46
フルヤンが最悪なのは、毒舌とは関係ない。
彼の批評は、作品を殺す。自分の「野生生活」こそが全て。

724 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/04(水) 22:36:22
あの絵はパロディックなものなのか?

725 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 00:36:59
おい、古谷が展覧会の感想を書けっていってるぞ、
みた奴、かいてやれや。

726 :頼むから静かに溺れてくれ:2005/05/12(木) 01:19:43
今日も今日とてmildlifeをまったり生きる、錯乱せる趣味の画家フルヤン。
熱烈に言い寄る画家に重苦しげな反応を示すジェッソさんの苛立った様子をリアルタイムで体験させてくれる。
そんなの絵じゃねえだろうが!!見てて苦痛なだけだろうが!!

フルヤンは議論を知らない。批判は全て「趣味」「偏り」でスルーしてしまう。
議論の相手をバカにした行為だし、「偏向」せる心情の最優先は、議論の成立する「基底面」をそもそも崩壊させる。
「基底面」が移動するとか何とか言う以前の問題だ。
どうせならフルヤンはもっと「趣味」「偏り」を前面に打ち出して「日記」でではなく公の批評をすべきだろう。
そうすれば、悪意をもって誤解を流通させる他人などどこにもいず、あるのはただ理解不能な変人キャラだけだという事実に気づくだろう。


727 :726:2005/05/12(木) 01:21:42
725が一瞬速かった。
726は展覧会の感想ではありません。

728 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 22:39:08
しかし 僕は手のうちにもっている、わずかな手法と語彙で生きていく
しかないのだった。そういう僕にたいして、こんなスレでこんなに
たくさんの反応が書かれてしまう、ということは、ぼくの考え、どんな貧しい
コンテキストで描かれていても、そのコンテキストとは離れて作品は
気がかりな物体ーーローゼンバーグたりうるのだという考えに自信をつけてくれる

。ぼくは決してみんなが僕の感性の貧しさに気がかりを持っているだなんて
考えないようにしている。もしそう考えてしまったら、僕は東氏のいう
動物性そのものみたいじゃないか。



729 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 22:43:47
カラージェッソって、丘咲が 開発したんじゃネ
色調は ジョットのフレスコをサンプルにしたって、
いってたぞ。そのまんまじゃねえか。
お絵描きセットで絵描いてンと同じやないか、
批評家フルヤンは。

730 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 23:12:32
岡崎ってホルベインに関わってたのか、
しらなかったよ。

731 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 23:45:09
なぜ、嫌われる?

732 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 23:52:40
フルヤンが嫌われていると言うよりこれが批評として通用しかかってる現状を嫌っているのだとオモ。

733 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/12(木) 23:59:50
>>732

なるほど、
それはわかる。



734 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 14:09:15
そりゃ、古谷のせいじゃないよ。

考えても見れば、作家は儲けにならなくても作品作って展示して、不景気だろうがなんだろうが活動をするけど、
批評家ってあんまりそういうことをしなさそうだ。



735 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 14:10:28
悪いのは、古谷以下の駄文をかいているインチキライター達だろう。

736 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 14:22:44
ウェブ批評空間に呼んだ浅田さんを非難してください。
2chで最初に話題になったのはこれでは?

737 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 14:35:28
ICCスレに出てた学芸員の文章とか読んでると古谷の方がマシとか思う。
勿論、学芸員の仕事は批評ではない無節操に流行のアートの紹介をしてればそれでいいといわれてしまえばそれまでだけれど、
その紹介という行為のなかにも無自覚なレベルではあるけど価値判断は行われているのだし、


738 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:00:25
古谷は外国の美術動向に関心がなさ杉。

739 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:24:46
外国の動向はイチケンにきけ、

740 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:29:17
イチケンと古谷で補完される美術情報って…
かなり寒い。

741 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:36:04
、、それは言える。


742 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:40:57
よく「流行」が叩かれるけど、
どう考えてもティラヴァニャの方がフルヤンよりは重要だと思う。


743 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:48:14
おいおい、狭い自分の周囲の世界(2ch)じゃ空前のフルヤンブームで
フルヤンの動向から目が離せない742が何を言う。

744 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 15:51:19
ティラヴァニャ、、、
どうでもいいよ。



745 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 17:08:53
趣味と身体の区別もついてないでしょ。フルヤンは。
こんなんじゃ、批評も制作もどっちもダメってことで、もう結論は出てる。
バカすぎフルヤンなんかより読みたい書き手はいっぱいいるけどなあ。
それにしても、いつもながら、敵を道連れにせねば死なない、または、議論を崩壊させなければ終われない、この古谷の醜い態度は、確かに脅迫めいた怖さがあるかも。

746 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 17:14:35
そんなにネガティブな文章かな?

747 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 17:22:22
745を読む限り同族嫌悪の線が濃厚…

748 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/14(土) 17:40:03
745だけど。土曜はみんなヒマなんだね。
747はなんなのさ?意味わかんない。

ああ、でも笑いが足りなかったな。悪かった。

749 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 00:50:29
5月12日のフルヤンいわく

>「趣味」とか、その「偏り」とかいうものは、
>決して恣意的なものではなく、まるで「私の身体」のように
>気づいた時には既にそれと共にある
>スタイルとは,「偏り」として存在する身体が、
>ある偏りをもった環境のなかで
>必然的に取らざるを得ないある「やり方」
>必然的な傾向

スゲーな。このヒラキ直りの土着しそー。
だから人間はみんなウヨになるってことさね、フルヤンのしそ。
ニッポンジンは目が黒いから色感がないってことか。
足も手も短いから、絵筆に竹竿を使うとさ。
チクノウだから色が濁っててと
そういうことだ。なるほどな。キノドクね。
スタイルは身体のハンディです あきらめましょ
みなさん これが 先生の教えです


750 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 11:40:12
モチツケ、



751 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 11:44:32
開き直りというか、
「大きな問題に取り組めない自分」を正当化する言葉が多すぎるよな。
趣味が固まってしまったおっさん特有の老化現象。
80年代アイドルが相変わらず好きなようだし、
40前の独身男としてはごく当たり前の光景だが、
芸術家がそれでいいのか、という疑問はある。

752 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 11:59:48
大きな問題って…。
自分にふさわしい大きさの問題に取り組んでればいいじゃない。
芸術家に期待しすぎた結果がこのお寒いアートシーンでしょ。
批評の空白の一因でもあるし。

753 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:04:20
大きな問題ってなんだろう。

上の方で出ていたカレーを作って振舞うことだって決して大きな問題というものではないだろう?
注釈を一つ付け加えられるかどうかということのように思えるよな。

754 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:08:38
いや、フルヤンは言い訳しているから。
あたかも身の回りの散歩が、
「大きな問題」の代替物であるかのように語っているきらいがある。

保坂和志に悪い意味で影響されちゃっている感じ。
その身振りが余計だと思う。
スケールの大小ではなくて、趣味が老化しているのがヤバイ。

755 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:10:04
少なくとも浅田彰が嫌いなタイプの態度。
なぜ気に入られているんだろうか?
イケメン?

756 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:24:30
>>751
六十過ぎて若いつもりのゲイジュツカのほうが痛々しくない?

757 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:26:49
それなりに文章をかいて自分なりに浅田に対してもものを言ったり回答を出したりできるからね。
まさか、そんなことをする奴が彦坂以外に美術畑にいるとは思っていなかったのではないか?
それができることイコールあたまがいいと浅田的にはなると、


758 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:27:37
>>755
タイプで気に入ってるわけじゃないんでしょ。
流行やタイプで分類せずに本質を見なくちゃ。

ってタイプだよな浅田は。

759 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:29:08
なんか人多い。

760 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:29:43
ファン?
古谷の日記があのままでいいと思ってるの?

761 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:30:14
>>758
本質で見てないよ

762 :758:2005/05/15(日) 12:32:35
>>757
そうなのか。フルヤの文読んだことないから適当なことを言ってしまった。

763 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:35:25
>>757
岡崎がいるじゃん。
彦坂がそこで出てくる理屈が不明。

764 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:35:35
浅田は手放しで気に入ってるんじゃなくて持論の展開のダシくらいに思ってるのでは。

765 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:37:53
気まぐれ男爵か浅田は。

766 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:40:36
>>763
「彦坂」には岡崎やその他も含まれているとおもふw

767 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:41:08
>六十過ぎて若いつもりのゲイジュツカ

があったから、

> 彦坂がそこで出てくる理屈が不明。

が出てきた。
、、実際浅田の文章に出てくる名前だしね。

768 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:41:50
彦坂は泡沫もいいところなので、
名前が出てくること自体、関係者を疑わざるを得ない。

769 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:43:38
いずれにせよフルヤンの身体性はキモイよ。
ねばねばしている。
粘り強いんじゃなくて、スライムのような、単純な構造の粘液物質。


770 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:45:25
結局趣味身体性に帰結

771 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:47:35
ここで古谷を気に入っている人は、
あの絵を気に入っているのだろうか?
それならいいんだが、もし日記を読んでいるだけなら、
それは冷かしだし、古谷本人のためにもならないと思う。


772 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:52:40
> 浅田は手放しで気に入ってるんじゃなくて持論の展開

批評家ってみんなそうだよ。
フルヤンを推薦したほかの批評家もみんなそうだって、
その都度、フルヤンの絵が変化しているのも、批評家の先生方の論を彼なりに引き受けたりするからだろ。


773 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:55:19
身の丈に合っていないテーマはだめだけど、
やはり大構図が描ける作家の方が偉大でしょう。
古谷の絵は、モチーフが多くなるとあっというまに破綻しそうです。

774 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 12:59:26
>>772
そう、浅田が気に入った理由を追求しても意味が薄いと。

775 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 13:00:57
もともと破綻気味だとは思う。
志として文章がそれを補っているようにオモウ。

776 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 13:01:23
>>771
ここに古谷を特に気に入ってる人なんているか?
毛嫌いしてる人を落ち着かせたい人はいるようだが。

777 :777:2005/05/15(日) 13:01:44
777

778 :777:2005/05/15(日) 13:02:45

みなさんお気づかいなく続けてくださいねwwww

779 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 22:21:52
誰か他人のポートレイトを描くといいんじゃないか。

今の作風だと全部自画像にしか見えない。

780 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 22:29:59
>> 773
そんなこと無い。描いて無いだけだと思うが。


781 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 22:45:35
>>780
今のやり方の延長だと大きな絵は描けないよ。


782 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 23:10:29
今の評論のままだと全部自画像にしか読めない。

783 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 23:38:03
うっかり5月12日の日記に書いてしまったのだけれど、
僕の考えだと画家が描く絵というのは、
>、主体的な選択と言うより、身体(の状態)とそのまわり
>の環境との関係によって、必然性に導かれて決定され、
>た受動的な選択
なんだから、ほかの人がとやかくいったり、批評をするの
は、おカド違いというか、ほんとのことをいってしまえば
不可能なことになる。だから作品はあくまでも
>私の問題、私の興味、私の資質、私の趣味、私の症候
であって、僕は病気なんだから、他人にその痛みがわかる
はずがない。にもかかわらず、 僕が痛がっていると
それを見る人もきっと、いつか僕の痛みを「理解できない」
という痛みを感じ、僕が抱えるのと同じ>高い負荷を
いつか感じてくれるはずなのだというのが僕の希望なのだ
った。

784 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 23:42:09
やっぱりフルヤンは、自分が
>玄人集団の既得権
を保持していることに気付いていないんだな。

785 :783:2005/05/15(日) 23:42:56
正直いってしまえば、僕の
>作品を「読み込む」ことは、
僕が
>作品を「作る」以上に難しい
だろう。
>しかし、そのような高い負荷によってこそ、
僕の
>作品
あるいは僕との特異なコミュニュケーションが
できるのだということを2チャンの人は考えてほしい。
(こういう病人の認識において、僕は樫村ハルキに強く
ひかれるのだった)。
_________
詳しくは本日の偽日記をみてください

786 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 23:55:53
ビトゲンスタイン の言葉__に
僕のかかっている病気は 僕がかかっていると思っている病気とはチガウ
だったか、僕の病気を僕は知らないだったか、って言葉があったけれど、
僕は僕の病気が、
わかんないからオシッコするみたいにショウコウとして
絵を描きちらすのだ(その点で ポロックの絵をエディプス
コンプレックスのオネショであるといった アメリカの批評にも
僕はうなづける)。

でも 、きっと僕は僕の病気がどんな病気だか、はっきりわかってるんだろうな。
だって 症候というのは、ジジェク/フロイトによれば、他者の目にだけ
明確なものとして、現れるのだから。僕って、いったい何の病気なのかな
考えていると頭がくらくらするのだった。 

787 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/15(日) 23:59:33
>786
>きっと僕は僕の病気がどんな病気だか、はっきりわかってるんだろうな。
本人は病気だってこと、知らぬが、他人は全員明確に
それを知っているってことだろ
 訂正しておく





788 :訂正:2005/05/16(月) 00:00:33
>きっと2ちゃんのみんなは僕の病気がどんな病気だか、はっきりわかってるんだろうな。







789 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 00:24:04
たいした病気じゃないだろ
中年初期の軽い鬱

790 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 00:32:44
>789
でも 直らない
直る と 理論(言い訳)が成り立たない。
確かに その点、病気に開き直る 理論マガイということでは 
樫村センセと同じ

791 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 00:38:45
つまり
軟弱 隠れウヨ ってことだな
別名 ヒヨリミ 
サナトリウム症候群
戦前こういう ひなたぼっこ
だけしてた肺病もちが 
戦争のかがやきなんて、いって
賛美しちゃったのよ。
 


792 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 00:40:45
それは樫村というより保坂だな
樫村は半分マオイストのような存在

793 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 00:51:52
いやはや、みなさんお手厳しいですな!www
古谷氏みたいな存在があと3人くらいいれば、人格攻撃にならないんじゃないのw


794 :センセ:2005/05/16(月) 00:59:31
 ビョーキ (とらうま) から 治癒するのを
ダンコ(ン)として拒否する! 
 めためたモルモル ふぉぜ
したくないのよ
ん というのが ふるやんはるき
のシソ なのよ^ん

795 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 01:13:38
だから、彦坂スレと岡崎スレがあるのだろ。

796 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 01:19:26
継続的に作品作っているのは岡崎だけだね
ちょっと少な杉と思うが

797 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 01:20:38
>>793
eyckとかいう造形大の弟子筋の香具師にも、
フルヤンワナビーとして期待が集まりつつあります。

798 :シツコイかしら:2005/05/16(月) 01:53:24
ぼくちゃんが オシッコするとね。
それをみた ちいさなコも まねして
オシッコするのね 全然ちがう身体なのにね
ショウコウのかたちもおおきさも全然ちがうのにね
おたがい、さわってないのにね
こうやってね 交換するの
ショウコウが伝染するの。
オネショが伝染するみたいに
ね、きみも伝染してね、きもちいいのよ
連れションって。


799 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 01:59:21
>>798
文才があるのはわかったから。
あなたの書き込みは自分の文才を誇示したい
だけのように思えてしまう。おちょくりたいだけなんだろw

800 :sage:2005/05/16(月) 22:13:35
文才…w
あほかここの奴ら全員…ハズカシ…
情けなくて屁が出た

801 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/16(月) 23:27:19
フルヤンの絵
見たら
ついでに
ミも でた


802 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/17(火) 00:01:00
便秘オメ

803 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/17(火) 00:27:52
いくらイイワケしてもあの絵だとフォローは難しいかも。

804 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/18(水) 01:13:22
個展に行きそびれたが、損したのか得をしたのか?

805 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/18(水) 18:32:10
日記にある公明な批評かってイチハラだろ。

806 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/19(木) 22:58:47
フルヤンも成功したければここに連絡すべし

http://smartart.seesaa.net/

807 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/21(土) 15:34:31
するかよ!

808 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/25(水) 21:59:24
日記も絵も個人的にはすごく面白く見させてもらってるけど
日記も絵もそこそこ面白いです、で終わってしまいそうな気がしないでもない。
でも古谷氏独特の雰囲気はその折衷感だったりする気もするので、批評家か画家
どちらか一本に絞れば面白くなるというものでもないと思う。
頭わるいのにこんな知的な板で書き込みしてすみませんでした。



809 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/27(金) 14:50:19
別に折衷でいいと思うけど、
低い水準でまとまっちゃっている感じがする。

810 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 14:33:13
まとまるというより凝り固まっていると思う。
これでいいんだと自分に語り聞かせるようなことばっかり書いてるし。

811 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 14:36:21
> 日記も絵もそこそこ面白いです、で終わってしまいそうな気がしないでもない。

それ以外どう展開のしようがあるの?
イギリスのインチキ野郎が煽る絵画ブームにのって世界を席捲するとかそんなの?


812 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 15:56:59
熊谷守一の絵じゃなくて、
ジジイ特有のライフスタイルに心酔しているおそれがある。


813 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 23:06:19
クマガイは唯のジジイではないだろう。

814 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/29(日) 23:09:58
っていうか、

クマガイの絵ってそんなに凄いの?


815 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/30(月) 12:56:09
べつに

816 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/05/31(火) 02:15:16
おちがない。

817 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/01(水) 18:03:10
風俗とか行かなそうだな、
ふつう日記に書くだろ。

818 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/01(水) 23:47:43
風俗って行くやつの方が少ないんじゃないか?

819 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/02(木) 02:47:22
学生時代には結構いってる奴いたよ。
美大なんて女のほうが多いくらいなのにね。

820 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/02(木) 19:11:44
てか実名公開してるんだから
風俗行ったとか書けないだろ

821 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/04(土) 01:12:33
女に不自由してるのか?
しかし、30代後半にもなれば性機能も減退しているのだろう?


822 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/04(土) 12:05:40
アセクシャルのはしりでしょう。
画風にも現れています。
関係性に興味が薄い。

823 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/04(土) 12:39:33
ゴッホは弟からの仕送りで娼婦を買ってりしてたらしい。
手紙では弟かベルメールか何れかに女の買いすぎはよくないと書いていた。
きっと娼館でも嫌われていたのだろう。
”あのひと、またきたわよ、いやねー、すぐ怒るんだから、”てなぐあいだろう。

しかし、フルヤンには関係ないはなしだな。

824 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/12(日) 02:53:12
古谷の絵のファンは買ってみるべきです

825 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/12(日) 22:11:31
カラージェッソを木の枝でキャンバスに擦り付けたら出来そうだからイラネ

826 :交通整理:2005/06/13(月) 01:31:06
>>824 が買って見るべきといっている対象は”オンナ”とか”娼婦”だとおもわれ、


827 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/13(月) 02:45:57
北方謙三みたいなものですか。

828 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/14(火) 13:13:50
この人の絵を家に置くのはどうなんだろう?
ウェブの背景色もセンス悪いし…

829 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/14(火) 13:19:55
少し古くさいですよね。
でも、芸術を家に飾るという雰囲気になると思います。


830 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/14(火) 13:28:31
フルヤンが横浜トリエンナーレに出るってホント?

831 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/14(火) 13:44:24
フルヤンがベネチアビエンナーレに出るってホント?

832 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/17(金) 09:26:06
不器用をうりにして器用に立ち回っている。

833 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 17:52:24
みんな無視ですか

834 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 18:04:35
何故無視をするのですか?
私はフルヤンがスキです。


835 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/25(土) 22:43:39
無視ではなくてネタ切れだ。
すきならメールでコクればよい。

836 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/26(日) 16:00:59
そこまで好きではない。

837 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/06/27(月) 00:52:14
さては、受け狙いか冷やかしの類だな、

838 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/03(日) 09:26:37
古谷君、君なら世界を獲れる!!

ttp://www.netwave.or.jp/~aaa-com/ArtSalon/

839 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 00:04:57
最近キレがない気がする

840 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 00:44:53
最近ブログヨンでない。

841 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 01:23:35
中途半端に社会化しちゃった観がある。
文芸誌の素読みとかやってるんだろ?
隠してもバレバレだよな

842 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 10:37:11
素読みって金もらえるのか?

843 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/05(火) 11:59:10
GANで絵を売ってますか?

844 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/06(水) 10:45:20
ttp://www.1101.com/experience2/04-0618.html
保坂和志も偽日記読んでるとのこと

845 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/06(水) 11:56:04
これは嬉しいだろうな。

846 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/09(土) 05:39:12
このスレに保坂がいる予感。

847 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/09(土) 12:57:35
高岡の元亭主のことか?

848 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/09(土) 16:32:30
電車男は古やんです。

849 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/13(水) 02:58:59
>>847
高岡って誰?

850 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/13(水) 03:59:16
高岡早紀のことでは。

851 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/16(土) 03:44:24
魔性の女か?

852 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/18(月) 10:49:01
保坂も2chラーなのか?

853 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/19(火) 23:36:43
美術手帳には評論を応募してなかったみたいだな。

854 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/20(水) 00:59:39
フルヤンは2chねらーだけのものだよ

855 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/23(土) 02:16:30
どうした、
悩みができたのか?


856 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/26(火) 00:28:11 ?#
美大受験生の戯言みたいなのが佳作取ってんだから応募してたなんて言い出せないんだろ

857 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/26(火) 01:13:54
大体、自ら審査を受けようとする事自体、
まだまだアマチュア根性丸出しです。

858 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/27(水) 09:15:29
美術界は40代でも若手ですが

859 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/27(水) 23:48:13
現代美術は、学校でて、30で就職するまでの間が作家生命なんだよ。
ロックガキとかわらんね。

860 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/30(土) 10:48:32
あの絵でよくがんばるよな。

861 :860:2005/07/30(土) 11:07:47
別にわるい意味ではないのだが、

862 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/07/30(土) 17:33:39
みんな材料ないの?

863 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 07:44:11
古谷の日記を読んでもいなかったのだが、たまたま見る機会があってひさしぶりに読んでしまった。
フルヤンよ、ナウシカを見ていればアメリカ人はみなブッシュを選ばなかっただろうって、君は本気で言ってるんだろうな。

バカにつき合うのはやめるが、少なくとも日本に関して言えば、
ナウシカを毎年放送している国だから反戦活動がなされてあるのではない。
真摯に活動を続ける人々の力あってこそ、反戦の理念が共有されていくのではないのか?
ばかばかしいほど単純化された宮崎的平和やエコロジーによってではなく。

自民改憲法案について述べよとも、反戦活動をせよともいわん。
だが、口を慎め。
お前がホントのバカでないのなら、おそらくおまえは人間関係や評判を気にしてものを書いているだけなのだろう。
つまり、お前の書いていることはお前の意見すらも代表してはいないのだろう。

「偽日記」を読むことは二度とないが、お前が人間の活動に対する誠実な態度を見せる日がくることを願う。

864 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 08:16:43
863に同意。
オイラも「共謀罪」法案や「歴史教科書」の問題は切実だよ。

865 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 08:28:36
フルヤンをいじめちゃヤン

866 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 18:09:40
青山の映画について饒舌だから、また本人からツッコミが入ったのかと思って
青山の日記を見てみたが何も無し。

867 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/02(火) 22:21:33 ?#
俺はこの人の後輩だがつくる会の教科書賛成だ
っていうか造形ってノンポリのスクツだったのにねぇ
中村先生が極左だったくらいでw

868 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/03(水) 02:39:42
867が言っているノンポリってウヨのことか?
自称中道乙

869 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/03(水) 12:25:09
高校時代から蓮實を読んでたんだから、大学に行って何かが変わるということもないんじゃないの。
蓮實が左翼かというと微妙だけど。柄谷に被れたのはいつ頃なんだろ。

870 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/03(水) 20:43:36
>>867
俺はこの人の先輩だがつくる会の教科書反対だ
っていうか造形に限らずどこの美大もノンポリのスクツだよねぇ
藻前はノンポリのウヨかw

871 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/03(水) 21:29:08
こういう詰まらない争いに巻き込まれたくないから、ブログ形式でやらないんだろうな。


872 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/04(木) 14:44:07
基本的に他人との交渉を避けるタイプだろ

873 :わたしはダリ?名無しさん?:2005/08/31(水) 15:39:52
こいつってルーチン化した人生だよな

175 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)