2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ツングース(源氏=吊り目人種)を研究するスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:17:30 ID:JmtuId2a
【社会構造】
エベンキの社会構造は父系氏族が基礎にあった。同一氏族に
属する家族は互いに協力しあい、定期的に開かれる氏族会
(スグラーン)に出席して今後の方針を決め、首長を選出した。
氏族外婚は厳守され、同一氏族内の結婚は大罪とされたが、
逆に婚姻関係の認可という形で氏族の分派独立が認められること
もあった。結婚に際しては婿方の氏族から嫁方の氏族に婚資が
支払われ、婿が嫁の家にしばらく滞在してのち、嫁入りの儀式
を行い、新居を営んだ。このような氏族組織は、17世紀にロシア人
が接触を始めたころには盛んだったが、新しい猟場、遊牧地を求
めての移動や、ロシア人、中国人などの影響によって家族ごとに
分解し、19世紀には婚姻規定を除いてはその機能の大半を喪失し
ていた。



2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:18:33 ID:JmtuId2a
【人種論】
日本神話では、いわゆる「天孫{てんそん}民族」が新しくきて、
国土を統一したように伝えている。それを歴史に読み替えて、
天孫民族が日本人、先住民族がエゾですなわちアイヌという理論に
発展した。『類聚国史{るいじゆうこくし}』では、エゾを「風俗部」
に数え、これを一種の「国内殊俗{しゆぞく}」すなわち「国内異民族」
扱いしている。歴史的経過に照らせば、北東日本に拠った「国内異民族」
にあたるものがアイヌであることは、まことに自然である。だから、
エゾをアイヌと考えることは、十分理由のあることである。しかし、
これは、蝦夷をエゾと読むようになった平安中期以降では無条件に正しい
のであるが、蝦夷をエミシ(エビス)とよんでいた古代においては、
これをすぐにアイヌと置き換えるだけの十分な理由がない。古代エゾ観念
は人種観念でないからである。それを、エミシ時代の古代エゾをも含めて、
通して、アイヌか日本人かという二者択一の人種論でとらえようとしてきた
ところに、この議論の誤りがあった。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:19:02 ID:JmtuId2a
【歴史上の蝦夷観念】
初めエゾという呼称はなかった。エミシ(エビス)であった。
それをすべてエゾと考えてきたところに問題があった。エミシは
もともと「勇者」の意味である。人名にエミシがあるのはこの意味である。
他方、この勇者は、神武{じんむ}歌謡以来、「東の抵抗する勇者」
として意識されるに至っている。「エミシを一人{ひたり}、百{もも}な人 
人はいへども 手向ひもせず」が、皇師東征の歌であることに注意すべき
である。こうしてエミシは「あずまびと」への賤称{せんしよう}という
ことになる。「あらぶる人たち」「まつろわぬ者たち」というのがその
性格規定である。「夷」はヒナとも読んだが、
「あずま」もヒナ=辺鄙{へんぴ}の意味であった。エミシはヒナ人である。
律令{りつりょう}時代に彼らが無法、無道とされるのもこの意味である。
すなわち歴史上のエゾ観念は、政治的、文化的な蛮族観念である。
人種の違いに基づく異民族観念ではないのである。古代国家の統一に抵抗し、
その支配と文化を受け入れないゆえに、体制側からすれば、未開、野蛮な人
たち、その意味での政治的、文化的異民族であったのである。人種上の
異民族であったかどうかは、別途の考察を要する。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:20:24 ID:JmtuId2a
邪馬台国は九州であるという前提で話を進めるスレ!
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120434956/l50
【毛野】関東に大王あり【武蔵】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1105834872/l50
日本人なんていない、コリア系渡(略 U
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1087072485/l50
【裏の歴史】空白の四世紀【タブー】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1085642650/l50
【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114947979/l50
 日本の支配階層は奈良百済人である! 
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119646322/l50
【江上】騎馬民族説は今。。。vol.3【波夫】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120222213/l50
ヤマタノオロチ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1002290828/l50
弥生人⇒優等、縄文人⇒劣等
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1114177067/l50
朝鮮人に近い県民性の都道府県
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1086142963/l50
「魏志倭人伝」等を読む(邪馬台国はどこですか16)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119925933/l50

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:32:30 ID:JmtuId2a
 この天孫降臨の神話は、朝鮮半島の大賀洛{おおから}国の農耕祭
を背景とした王者出現の神話(三国遺事{さんごくいじ})と類似するが、
そこでは、春禊{しゅんけい}の日、長老たちの奉迎のなかを神霊の声の
ままに紅布に包まれ、金卵の形で聖なる亀峰{きほう}に天降る首露王
{しゅろおう}(山の神、同時に田の神)の出現が語られている。したがって
この神話は、山岳的他界の観念を素地として、朝鮮半島から日本に受容
された新しい形の神話である可能性が高い。この推定は、記紀が垂直的
神降臨の記述のなかでなお、神が海上の神座に出現し、国を求めつつ、
笠狭崎{かささのみさき}の波の穂に屋を建てて機{はた}織る乙女に迎え
られるという水平的神出現の記述を残していることにより強められる。
また『古事記』そのほかの伝承では、降臨予定であった父の天忍穂耳尊
{あめのおしほみみのみこと}にかわり、出誕直後の邇邇杵命が降臨するが、
その場合同時に司令神として天照大神の登場がある。これは、高皇産
霊神→邇邇杵命の形に、天照大神→天忍穂耳尊の伝承を挿入するため
案出された発想と考えられる。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 15:49:12 ID:JmtuId2a
皇族賜姓(皇族を臣籍に下すときに与える姓)の一つの源{みなもと}姓
をもつ氏族。814年(弘仁5)嵯峨{さが}天皇が皇子に源姓を与えて臣籍
に降下させたことに始まる。これが嵯峨源氏で、以後、淳和{じゅんな}、
仁明{にんめい}、文徳{もんとく}、清和{せいわ}、陽成{ようぜい}、
宇多{うだ}、醍醐{だいご}、村上{むらかみ}、花山{かざん}などの諸源氏
が生まれた。歴史上よく知られているのは清和源氏である。

平氏の赤旗にたいし源氏は白旗、今でも紅白歌合戦とか赤に対して白
という組み合わせは多い。しかし、どうして平氏は赤旗なのか、
別に青旗や黄旗でもいいのではないか。また、源氏はどうして白旗
でなければならないのであろうか。平氏も源氏も皇族から別れたの
であるから共通の色を使っても不思議はないのではないのか。
 敵と味方の区別のためだとの考えもあろうが、では後世の戦で敵
と味方の区別を赤と白とか青と赤とかで表していたかといえば必ず
しもそうではない。敵味方の区別だけのためなら、別に赤と白で
ある必然性はない。保元平治の乱でも源氏平家それぞれが敵味方
に別れて戦った。また、源平合戦のときにも、平家の家人はたい
がい平姓であるが、源氏の家人の中には平氏の流れが多い。北條氏
も赤旗を用いていた。これでは敵味方の区別のためにわかりやすく
赤と白を用いたとはいえまい。
 さて、源氏の武将の中でもずば抜けて有名なものといえば、
やはり八幡太郎義家、新羅三郎義光の兄弟であろう。源義家は
父とともに前九年の役を戦い、義光は兄義家と後三年の役を戦った。
そこで問題なのが、八幡太郎とか新羅三郎とかという名の由来である。
八幡太郎は京都の石清水八幡宮の神前で元服したからであるといい、
新羅三郎は新羅大明神の神前で元服式をあげたからであると説明されている。
なるほどそこまではわかるのであるが、問題はなぜ八幡大菩薩や新羅大明神
の前で元服式をあげたのかということである。京都の神社なら上下の賀茂神社
の神前であっても良さそうなものである。何なら奈良まで出向けば格式の高い
神社は無数にある。皇族の出であるなら伊勢まで行って皇太神宮の前で元服
するとか、尾張まで行き熱田神宮の前で元服してもよいのではないか。
八幡大菩薩が応神天皇に擬せられ武神であるからだとの意見もあろうが、
武神はほかにもいっぱいある。さらに新羅大明神はそんなに霊験あらたかな
武神なのか。やはり、これには他に訳があったと考えた方がよいのではないか。



7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 20:01:20 ID:Lj5sOdJ4

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 20:02:50 ID:Lj5sOdJ4
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる
強く漢民族などの影響(混血)を受けていると見られる

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 20:03:19 ID:Lj5sOdJ4
日本人からはほとんど南方系のハプロタイプが出てこない。
朝鮮人は2番目に多いハプロタイプに南方系が出てくる。
漢人に犯られた事が原因。

◎本土日本

B52-DR15 8.2%(弥生) > B44-DR13 5.2%(縄文) > B7-DR1 3.6%  

◎韓国

B44-DR13 4.5%(縄文) > ★B44-DR7 3.8%(中国) > B13-DR7 3.4%

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 20:03:50 ID:Lj5sOdJ4
弥生人は朝鮮半島から渡来したんじゃなくて、モンゴル以北から
朝鮮半島を素通りして日本に渡来したのである。

朝鮮半島は弥生人に素通りされただけで、朝鮮半島には弥生人は
ほとんど定着していない。

だから、日本人とモンゴル人は最大のハプロタイプが同じで、
同祖を高頻度に共有しているが、朝鮮人にはこのハプロタイプが
わずかしか見られない。

その代わり、中国人に多く見られるハプロタイプが朝鮮人には見られる。
これが日本人にはほとんどない。

日本に弥生人がやって来た後、朝鮮半島は中国人に侵略されたからである。

朝鮮半島人はハプロタイプが日本人と6割以上も違う異人種である。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 20:04:17 ID:Lj5sOdJ4
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、人口爆発して西日本一帯に広がり、
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったのである。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったしばらく後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったのである。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 23:53:24 ID:hG8GswVC
92 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:02
平たく言うと血液型をABOとかRHだけでなく、もっとこう徹底的に分類しまくった
というその世界では有名な調査があります。それによれば糸魚川あたりで関西人と
関東人がくっきり二分できたんですが、その際、関西圏中で出雲だけが完璧な関東
人型を示したんですね。

93 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:07
中途半端に京都あたりでなく、神の国出雲が関東の飛び地であった
事実に、当時医学生だった私は太古のロマンに夢を馳せ、しばしうっとり
したものでした。

「東日本と西日本 」というスレが立ってますが、二度書くほどの中身でもないので
一応、こちらでご披露させていただきます。
失礼致しました。

94 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:10
あ、自分の文章ながら、ひとつだけ
つっこませていただければ「関東が出雲の飛び地」なのかもね。

99 :通りすがりの医者ですが :03/02/24 09:41
でも今日はいいことありそうだから気を取り直して教えてあげよう。

オリジナルは北海道大学現第三内科(血液)の業績だけど、
ヒューマンヒストコンパーティビリティを語る上で学生の食いつきの
良い話なので、どこの医学部の授業でも必ず取り上げられてる話なんですね。
まわりで医者でも医学生でも捕まえてヒューマンヒストコンパーティビリティ
ってなに?って訊ねてみ。まともなやつなら先ず出雲の話、し始めるから。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/14(木) 23:54:15 ID:hG8GswVC
686 :日本@名無史さん :2005/07/07(木) 20:54:49
出雲族は関東へ

出雲の姓は関東の地名へ. 出雲古代史に詳しい朴(パクビョンシク)氏は、東部出雲の
人の姓を電話帳で調べ、最も多い姓を次の3群 ... まさに、出雲人の関東への移住は、
県名にまで及んでいたのである。 明治天皇が東京へ遷幸されたのち、最初に詣でたのは ...
www003.upp.so-net.ne.jp/kodaisi/kantou.htm - 12k - キャッシュ - 関連ページ

数々の朝鮮系神社、朝鮮由来の地名、高麗山、高麗川、高句麗国(神奈川、埼玉)、新羅国、朝鮮人の国

関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 00:00:22 ID:1HLEzVOE
↑よりめデムパ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 00:19:21 ID:Fj/7Vk5U
朝鮮系列のスレタイは必ず書いてるヤシが毎回、同一人物デンパ。コピぺも古くから貼られている使い回し劣化気味コピ。あきあきくだらねぇスレ作りすぎ!

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 09:59:36 ID:5xymTka1
>>782
ふむふむ。こうしてもらえればまだ助かる。しかし、もしよければ
何からの、どういう本だとかの資料からなのか、こういうことが実際書かれてある本か何かがあれば教えてくれ。
1、2、3、7、は要点をつまみ出しすぎているのか、はっきり言って無駄に長いだけで要領がえない。何が言いたいの? 4 は論外。

5 は文面の都合上か?確かにこういう場で長すぎる文はお互いつらい。だが、いきなりなんの前振りのつもり?
  ”・・・語られている。したがって ・・・”ってなにがしたがってなの?もって行き方が強引過ぎ。
  これでは全然説明になってない。

  それと、これはお国柄なのか?このスレでもそうだが、”だから何?”と言うのが多すぎ。
  この、(5)で挙げてるその神話、古代人は挿入してどうしたかったのか?それは何を意味するのか?
  自分達の主張したいはずの1番大事なのがいつも抜けてる。

  神話の内容だってただ影響を受けただけかも知れない。影響を受けるだけなら古今東西、いつでもあった事だし、
  これからもお互い(諸外国も含め)ある事だろう?問題にならない。裏付けが無さすぎ。

で、まだ(ようやく)源平そのル−ツについて質問の答えらしいものになってるのが( 6 )なのだが・・・

  よく解ってる、ここまで解っていて何で
  ”源氏(元氏=ツングース=出雲朝鮮人=関東、京都人=天孫族)”
  ”平家は桓武が最初ではない、平家は古代先住民族の総称。” 何てことになるのか?
 
  自分で書いてんじゃん?
  そうだよ、源平は共に皇族の出だ。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 10:00:16 ID:5xymTka1
>>782
>しかし、どうして平氏は赤旗なのか、別に青旗や黄旗でもいいのではないか。

  と言うが、そう言う理論でいくのなら別に
  赤でも白でもいいと言うことになる。赤白使う事に何か問題があるか?

  あと、後世の戦ではちゃんと、姓が多様になり複雑化するとその家々の旗はちゃんと出来ている。
  そりゃあそうだろう、働きに応じて褒美も貰わなけりゃいけない、区別がつかなけりゃ本人達が困る!
  こういう事実ちゃんと見てね?
 
  しかし何で自分で引用しておいた”源氏、皇族の出、”と言う記述を無視して旗にこだわるのか?
  ル−ツを重く考えるなら自分で引用しておいた”源氏、皇族の出、”という”血”の流れは1番重要じゃあないのか?
  そこでなんで旗がどうのと言う理由だけで源氏はツング−スになるのか?

  しかもなんで平家はヤマトが滅んでおよそ約400年ものかけ離れたこの時代に突如、681年に古代ヤマトの姓を受け現れるのか?
  ”平姓はヤマトの古代からの姓だ”と言うが、
  そこまではっきりしているのなら代表的な古代ヤマトの平姓の人物を誰か下の名もきちんと挙げ、説明してもらいたい。

  −元服の話し。これもまた自分で言ってる、そうだよ? ”臣籍に降下した” んだよ?皇族じゃあないんだ、
  普通はそこまでの格式の神社、いくらなんでも降下して、何世代もたってりゃあ遠慮もするだろうよ。

あとこれだけは言っておきたいのだが、お前ら言う源氏支配なんてもうすっかり、16代徳川慶喜が大政奉還して以降すんでる話し、
(ちなみに言っておけば徳川のその血は源氏ではないからな?)
その後明治政府ができ、紆余曲折、大戦なんかも経て民主主義国家としてやっているんだよ?何を勘違いして、
何が言いたいのか解らんが全く時代錯誤も甚だしい。




18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 12:53:55 ID:+44T/YU/
古代豪族は平姓を名乗っている、それから郷系もおそらく
古代豪族の名残だろ、岩も怪しい。このあたりは先住民族系の
氏姓で平家と考えられる。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 14:15:29 ID:+44T/YU/
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumiall.htm
古代ビビンバ王国
東北の白虎隊会津も彼らの末裔かもね、吉備のビビンバ埴輪も
彼らの遺跡と関係ありそう。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 14:23:33 ID:QkHSxe39


弥生人復元胸像
1世紀
土井ヶ浜遺跡出土人骨に基づく
国立科学博物館蔵

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_09_01.jpg
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_07_02.jpg

縄文人復元胸像
3500年前
若海貝塚出土人骨に基づく
国立科学博物館蔵

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_03_01.jpg
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_03_04.jpg

縄文人(拡大)w
http://www2.edu.ipa.go.jp/gz/k-kda1/k-kca1/k-ksa1/k-kaa2.jpg





21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 20:18:14 ID:kAFk2aR7
平安時代から続く平家は弥生系、それを倒した源氏は縄文系。
間違いない!






22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/15(金) 20:32:05 ID:+44T/YU/
徳川、足利、源いずれも平氏を取り込んで政権維持してる
しかし源氏の本家本流は畿内人だよ。畿内人の呪われた顔を
みれば源氏がどの系統かわかるはず。南北朝の南朝側は
平氏、北朝は源氏。源氏は畿内、関東。東北、九州は平氏の
勢力が強いようだ。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 19:58:27 ID:Lw3rmUSV
北九州地域の異なる2つのタイプの渡来系弥生人 / 中国東北部起源と長江流域起源
--------------------------------------------------------------------------------

最近では、北部九州の渡来系弥生人と、中国大陸の同時代人骨との比較研究も進んでいる。

ミトコンドリアのDNA分析などから、
山東半島や江南地域の出土人骨とは高い親縁性のある事が指摘されて始めている。

渡来系弥生人は同じ北部九州でも長身で顔が細く華奢な「北九州」タイプと、
やや横幅が張った彫りの深い「西北九州」タイプに分かれる。

前者は山東、朝鮮半島から中国東北部起源、
後者は山東、朝鮮半島から長江流域起源
の可能性か高いという。


和佐野喜久生氏(佐賀大学農学部)は、
日中韓の炭化米を調査した結果、同じ短粒米でも、
玄界灘沿岸地域のものが丸く小さいのに対して、
有明海沿岸地域のそれは、やや長めで大きい事を突き止めた。

前者は同時代の半島のモノに近く、
後者は中国の長江や淮河流域のモノに近いという。


この結果は期せずして、人骨の二つのタイプと一致している。

日本の歴史02 王権の誕生 寺沢 薫著 講談社より
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/roots2.html

日本人のルーツ
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/index.html

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/16(土) 21:48:59 ID:Lw3rmUSV
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、朝鮮半島を経て
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118
山口敏「日本人の顔と身体」より

ハプロタイプは、ルーツ捜査において極めて精度が低く、人種間距離が計算できない劣悪なシロモノ。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 00:38:41 ID:r0mCcwVe
↑同道巡りの劣化コピぺ貼り続けても、逆に見下されているんよ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 15:55:31 ID:gUR9tSOH
>>10-11
素通りしたわけではなく、古代朝鮮にも広く住んでいた。
それが、ツングース系(高句麗や新羅)に圧されて南下(任那や加羅諸国)し、最後には消滅した。
ツングース系は中国東北部の人々でもあるから、いまのアムール川左岸で発生し、南下して
ブリヤート人=弥生人を分断した。
モンゴル民族のうち、最大のハルハ人(朝青龍など)は東部部族でありツングース系との混血度が高い。
非ハルハ系(旭天鵬など)の北部西部各部族はツングース系との混血度が低い。
ブリヤート人は非ハルハ系モンゴル人である。

要するに、3つの集団を考えないといけない。縄文、弥生=モンゴル西北部族(ブリヤートなど)、ツングース(モンゴルのハルハ族、満州・朝鮮)。
日本では縄文に対し弥生が混血したが、大陸ではツングース系の南下により、形質が南北(朝鮮南部とモンゴル西北部)に分断された。そして南(朝鮮南部)は同化消滅した。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 16:10:09 ID:Q7Z+Ar3i
土着の縄文人が半島南部や日本の押しやられたのもあるが、
それとは別に半島北部のツングース勢力を避けるように
遼東や山東から半島南部や列島に流れた勢力もあるだろう。
またそれとは別に新羅系の正統派ツングースに近い勢力が
出雲から日本海一帯に広がったことが遺跡、DNAなどから
立証されている。


28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 16:28:33 ID:W4ULSZda
>>26
弥生人は半島なんか定着していない。

朝鮮半島をただ略奪しながら短期間で通り過ぎただけ。

だから西日本人にはB52-DR15が10%超と超高頻度なのに対し、
韓国人は1.4%と空っぽなのである。

分断もへったくれもかったくれも無いのである。

仮に分断があったとしてもツングースやハルハなど、
北方モンゴロイドとは一切関係が無い。

弥生人が日本へと消え去った後、まもなく朝鮮半島を侵略支配した
華北人=中央モンゴロイドによる分断なら可能性も無きにしも非ずだが。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 16:31:50 ID:Q7Z+Ar3i
全く、分断説は証拠に乏し

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 16:40:20 ID:Q7Z+Ar3i
山東遼東から半島南部、九州北部に渡った勢力は極めて少数で
武力を持たない流浪難民だと思う。
彼らは先住の縄文人と対決する気も力も無かったであろうと思われる。
そして山門民族が形成された。後の侵略民天孫族とは区別しな
ければならない。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/17(日) 16:42:25 ID:gUR9tSOH
どう考えても「縄文=アイヌ=劣等、弥生=朝鮮=優等」だろ
イギリスにおけるアングロサクソン・ケルトの関係、ドイツにおけるゲルマン・スラブの関係と同じ
縄文が弥生より優等だという主張は、ケルトやスラブの方がアングロサクソンやゲルマンより優等というのと同じ
優れた文化・技術を持ち込んだのは弥生=朝鮮=ゲルマン=北方人種
日本語が弥生化(朝鮮語化=ゲルマン語化)したのもそのため
ニニギノミコトは朝鮮=ゲルマニアから渡来して高千穂に定住した
となりの霧島の主峰は韓国岳だからこの事実は揺るがない
スサノオやオオクニヌシノミコトつまり出雲はニニギノミコトの集団とは別に朝鮮=ゲルマニアから渡来した鉄器を作る部族
全国に散らばる駒ケ岳(高麗が岳)という山は、そのふもとに朝鮮系=ゲルマン系が渡来した証拠
ただし当時の朝鮮はバイカル湖近辺のモンゴル系=ゲルマン系集団が南下したものであり、
現在の朝鮮人は遺伝的にも文化的にもそれに加えてツングース系(高句麗)の南下の影響が強い
そこのところが現在の日本人と違うところ
弥生=日本人の遺伝子の70%以上=古朝鮮=ゲルマン=北方優等人種、現在の朝鮮=朝鮮人の遺伝子の大半=ツングース

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/18(月) 09:09:22 ID:kf5Mv4+r
>>27
関東人や出雲人・山陰人は、どうやら新羅系らしいな。↓このスレの>>406-
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/gengo/1108850455/

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 11:50:46 ID:itrwXsHb
>>31
縄文人も、渡来系弥生人も、弥生時代は土器をつくって生活していたんだから、
当時は、どっちも原住民レベル・土人レベル。

縄文人の方が、長頭で、空間把握能力に優れていた為、戦闘力は高かった。


関東武士は長頭で、その後頭部つまり後頭葉は視覚を司る部分らしい。
空間把握能力に長けていた結果、弓や射撃の名人、騎馬の達人が多かった。
弓の達人といえば那須の与一が有名だな。
長頭の白人や狩猟民族アイヌは武勇に優れていた。

短頭の民族(アジア系)は車の運転が下手として知られてる。
ハリウッド映画ではアジア女性の運転下手は揶揄されてる。
白人女性は運転はへただが、とくにアジア系女性は輪をかけて酷いらしい。
これは女の脳が空間把握する部分が足りないためだ。

アジアの農耕民族は、狩猟を必要としなかったために短頭化が促進され
白人は狩猟民族が長かったために視覚を司る後頭葉の拡大がすすんだ。
短頭のスラブ民族(スキタイ人)も農耕民族である。

つまり短頭の朝鮮人や関西人は車の運転がへた。

顔がブサイクの上に車の運転がへたなんて、つくづく気の毒な人種だな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 12:00:38 ID:J8tRClIC
>>33
これが縄文人種ですからwww
口元が突き出してて原始人に近いですねwww
さすが古いモンゴロイドwww


100年前の純粋アイヌ人(白黒写真)
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/photo/image/l/0B029500000000010.jpg
http://ambitious.lib.hokudai.ac.jp/hoppodb/photo/image/l/0B029500000000003.jpg
最近のアイヌ人
http://gallery.beardcommunity.com/albums/uploads11/ainu_yasli_adam.jpg

アボリジニ(アイヌに瓜二つ)
http://www.tradition-net.co.jp/door/door_oz/oz_aboriginal/aborigini/aborigini.jpg



35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 14:14:12 ID:ssi+lZDA
テュートン人は短頭だが武勇に優れてなかったのか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/19(火) 14:53:07 ID:a/fpqOD2
>長頭で、空間把握能力に優れていた為、

DQNな発言だなぁ。。。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 15:47:46 ID:uwyVUYai
秦人はのちの漢人、前の燕人。華北人。中央モンゴロイド。
夫余はのちの高句麗人。満州東部人。北方モンゴロイド。
韓人は6000年以上前に日本から渡った先住民。北方古モンゴロイド。

モンゴル方面から北方モンゴロイドの倭人が朝鮮半島西岸を通過して
渡海して日本へと消えていった後から、燕人に始まる中央モンゴロイドの
華北人が徐々に朝鮮半島に入植し始め、続く秦人、続く漢人でついに
半島全土は侵略され、楽浪を通して歴代の華北王朝の支配下に置かれたが、
ようやく満州東部から倭人とは別種の北方モンゴロイドの高句麗が侵入して
楽浪を滅ぼし、ここでようやく中央モンゴロイドこと華北人による400年
以上にも及ぶ朝鮮支配は終焉を迎えた。

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 15:49:37 ID:uwyVUYai
中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配した混血人種である。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドのように
進化して自然に誕生した人種ではなく、両者の交雑によって生じた。

朝鮮人は2〜3割の土着の北方古モンゴロイドと3〜4割の中央モンゴロイド
と3〜5割の北方新モンゴロイドと交雑した人種と考えられる。

朝鮮人の血の半分以上は北方新モンゴロイド由来であろうが、遺伝学から
日本の北方新モンゴロイドとは別系統という事も分かっている。

重要な事は、朝鮮人は中央モンゴロイド(南方モンゴロイドと北方新モンゴロイド
の混血人種)を通して間接的に入ってきた北方新モンゴロイドの血も
あるという事で、これが日本人とは大きく異なる特徴の一つでもある。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/23(土) 20:37:56 ID:Wmm6eIrK
カキコばかりで依然ソースはでない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 05:55:59 ID:k+BifUER
亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のHLAの1つなら、
朝鮮人は、沖縄人やアイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常にマイナーな存在。


朝鮮人が縄文系に見えるなら、あんた、精神病院に行ったほうがいいよ。


韓国人には、
琉球系縄文人=沖縄系縄文人の遺伝子が約17%しかなく、
アイヌ系縄文人の遺伝子が約1%しかなく、
非常に、マイナーな遺伝子。


縄文人のmtDNAは琉球人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/07/26(火) 11:47:35 ID:AG0FbDme
何度も見ているガセコピぺ朝鮮ネタ叩きで同時進行のスレタイが多い。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 17:01:21 ID:k6Arg+o7
http://www.asahi-net.or.jp/~ri8a-iskw/p8050471.jpg
ウリチ族(アムール川流域に住むツングース系民族)の子供は
日本人によく似ていて可愛らしい。中国人と韓国人よりも似ている。
純新モンゴロイドだからだと思う。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:33:10 ID:7Yl+yCz9
よお、ビビンバ!

B44-DR13の朝鮮誘致工作、やっとるかねw
半分以上が俺の書き込みなのには笑うがねww

朝鮮人の縄文顔はもう少し多いな。3割くらい。


朝鮮人が弥生系に見えるなら、あんた、精神病院に行ったほうがいいよ。


むしろ朝鮮人に弥生系の顔があまり居ない事の方に通常の日本人は驚く。

あれは縄文系に近い人種と、中国系の中央モンゴロイドと、
弥生系とは別系統の新モンゴロイドが混ざった中途半端な混合顔。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 20:35:57 ID:7Yl+yCz9
琉球系縄文人=沖縄系縄文人って、ビビンバ食いすぎだろw

もともとは本州縄文人のmtDNAなの。
本州縄文人が沖縄に入ったの。
しかし、本州には後で弥生人が入って本州縄文人が半減したために、
琉球に多いタイプになっただけなの。

本土日本人にも、
縄文人のmtDNAは約16%しかなく、アイヌの遺伝子が約8%しかなく、
非常にマイナーな遺伝子w

B44-DR13は本土日本の方が高頻度に出ているデータも多い。
いずれにしても日本の東海地方の10%超がダントツで、
東海地方こそB44-DR13の起源地である。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 21:41:13 ID:kPwKCRSR
ttp://www.asahi-net.or.jp/~ri8a-iskw/p8050477.jpg
うむ、確かに可愛らしいね、日本人と見分けつかんし

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 21:52:07 ID:7Yl+yCz9
朝鮮人のほうが似てるが。

日本人とは眉毛と目つきが違う。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 22:15:25 ID:kPwKCRSR
そうか、こんな感じのもいっぱいいるだろ
もっとも
ttp://upjo.com/up/data/17579.jpg
みたいな顔のほうが日本人らしくはあるのかもしれん

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/08/14(日) 23:35:50 ID:x3O1e2Pn
>>11
その説はかなり無理があるな。
それならば、倭人がより西方(北方)から来た民族との抗争に破れ南下したとするほうが自然。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)