2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

史学科卒論なんでもスレ弐 in 日本史板

1 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 10:46:10
前スレが落ちていたので新たに立てました。
今年度の論文作成者のみんなで卒論作成の質問・悩みなどなんでも語り合いましょう!
先輩方、ご助言をぜひお願い申し上げます。

前スレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1089111579/

2 :日本@名無史さん:2005/04/22(金) 17:57:15
奇跡の七時間後2get

3 :日本@名無史さん:2005/04/24(日) 09:38:29
どなたか、かつて書いた卒論うpしてくださる猛者はいませんか?

4 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 03:57:26
ageとくか

5 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 07:01:56
うちのじいちゃんが昭和九年に書いた卒論をそのまんま写して提出したよ


6 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 13:54:42
卒論のテーマは出来るだけ絞り込んだ方が良いと思われ
あれもこれもテーマに取り込もうとすると、内容が総花的になる
恐れあり

例えば人物論なんぞは、卒論のテーマとしては問題外

次に取り上げてテーマの先行学説を徹底的に収拾して
それらの学説を仔細に見当する

この二つを確実に実行すれば学部の卒論レベルなら
まあ問題のないモノに仕上がるはず

7 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 15:34:41
あと、史料、研究書、学会誌等から引用する時には
孫引きは絶対に避けましょう

8 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 22:32:20
>>7をもうちょっと詳しくお願いします

9 :日本@名無史さん:2005/04/27(水) 22:44:54
某学者の研究書の中に、例えば史料からの引用や
他の学者の研究書からの引用があって、その引用した部分を
自分も引用したい場合、それをそのまま引用する事を孫引きと言い
決して誉められた行為ではありません

例え面倒臭くても、史料や他の学者の研究書を、自分で直接
読んでから当該部分を引用するようにしましょう

10 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 22:16:13
そろそろ始めるぞage

11 :日本@名無史さん:2005/04/29(金) 22:31:00
たどれる物はオリジナルまでたどれってことよ。
おまいらの好きな言葉でいえば「ソースを出せ」ってことさね。

12 :日本@名無史さん:2005/04/30(土) 04:49:41
困大は自分の名前だけでも書ければ卒論は通る。

13 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 15:03:21
>>12
どこそれ?

14 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 15:05:44
日本に攻めてくる国なんてありますか? ないだろ!

何処の国が日本を侵略するんですか? 何処も侵略しないだろ!

でも日本は過去に近隣諸国を侵略したんだよ、その日本が軍隊を持ったり

核兵器を持つと、あちらこちらで使いかねない。

中国や韓国、北朝鮮もそうだ! 日本に侵略されて傷ついた国なのだ。

だから中国や韓国が自衛の為の軍隊や自衛の為の核を持つ事に賛成とは

行かなくとも脅威を抱く心配は無いのである。

北朝鮮脅威論を煽って、日本の軍国主義復活を目論んでいるのは、

一部の保守派政治家と右翼だけなのである。


15 :kubo:2005/05/03(火) 15:07:45
ここの人暇人ばっか

16 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 16:23:58
14、韓国は侵略の共犯者だぞ。中国や東南アジアと別だぞ。

17 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 22:32:38
>>13
 困=駒だろ。

18 :ねぇ、名乗って:2005/05/11(水) 09:33:53
ほしゅ

19 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 01:21:56
>>17
つーか、実質的にあそこは大学に含めること自体間違い。

20 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 11:23:24
そろそろ開始あげ

21 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 00:37:50
>>19
あそこ行くくらいなら専門学校行った方がいいという罠。

22 :日本@名無史さん:2005/06/08(水) 11:23:47
>>21
文章の質から言ったら、
小学生の作文>>>越えられない壁>>>困大歴史学科の卒論
だからなあ。(w

23 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 16:40:58
テーマが何にも思いつかないんですけど何かいいのないですか?
専攻は日本史の中世(鎌倉=室町)です。100枚。史料は別勘定。

ここまで優秀な成績を修め(なんか優しかない)たので
卒論かけずに中退がもったいなくて・・・

24 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 19:45:00
>>23
自分の研究テーマすら設定できないような奴が「優秀な成績」を修められるとは、どんな大学だ?

25 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:46:57
やれと言われた事は出来るけど、いざ自分がやりたい事となると分からない、ってパターンかな。
優ばっかりって事は基本的なことはできるんだろうから、こんなとこで相談してテーマ決めるよりも
ゼミの教授に相談したほうが良いと思うが。
多分>>23みたいな人は多いと思うよ(というか、最初からすんなりテーマが決められる人の方が少ない)

26 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 18:53:41
>>23
網野善彦批判とかやればいいじゃん

27 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 00:07:55
>>23
政治史と社会・経済史のどちらをテーマにしたい
まずはそれを決めなされ

28 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 14:27:05
今の時点でテーマが思いつかないなんて言ってるってことは三年か?
四年だったらもう決まってないとおかしいし。

29 :日本@名無しさん:2005/07/06(水) 22:14:56
>>23
テストで優秀な成績を収めても、高校のテストじゃないんだからそれ自体あまり意味はないんだ。
先行研究、史料を読んで、疑問、問題意識が生まれた時が論文執筆のスタートだよ。

30 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:03:00
今になって卒論のテーマを変えた4回生ですorz
近世史専攻でどーしても和宮について卒論が書きたくて諦めきれなかった。
でも問題提起が出来てない(;´Д`)
月曜には具体的な草稿出さなきゃなのに…

31 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:54:05
和宮降嫁って何が論点になっているの?

32 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 04:25:36
>>30
あのー間に合ったか?
ひとごとではなイから気になる・・

うちとこの最終案提出4年次4月末日って早すぎるよねぇ

>>31
和宮は家茂と本当にラブラブだったか

33 :30:2005/07/13(水) 07:07:51
何とか間に合ったよ…。この一週間必死こきまくりんぐorz

>>31
和宮降嫁はあんまり詳しくないんだな…スマソorz
でも結果的には公武合体(公武一和)政策は失敗に終しちゃうからね…。
うーん…何とも言い難い…

>>32
夫婦仲はラブラブだった論と不仲だった論があるよね。
和宮と家茂の夫婦生活をテーマにした小説もたくさんあるし。
でも作家や学者によってそれぞれ抱かれてる和宮像に誤差みたいなものがあるような気がする。
卒論もその路線(?)でやってみようかと…。

長文スマソ

34 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:05:11
>>33
とりあえず、和宮を扱った論文として、
外池昇「和宮降嫁と文久の修陵--文久二年七月二十三日の勅使大原重徳と慶喜・慶永の会談」
(『人間文化研究』1 2002年)
荒川秀俊 「和宮御通と諏訪領の助郷」(『日本歴史』279 1971年)
朝森要「公武合体--和宮降嫁を中心として」(『歴史評論』162 1964年)
小松克己「和宮の下向について」(『信濃』8-10 1956年)
などがあるから、読んでみたら?




35 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:09:58
>>34
優しいお人や

36 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 10:37:17
7月の時点で、卒論スレのこの盛り上がらなさ。
今年の4年生は大丈夫なんだろうか…
それとも2ちゃんなんかしないで研究中か。

37 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 14:42:24
まだテーマが決まってない四年生なんだが
もう今年は無理だろうか?
12月8日あたりに提出なんだが
今年でれないと放校なんですけど

38 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 14:54:33
>>37
今まで何やってたのかと(ry

39 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 17:42:39
本気でどうかにかしたいのなら、専攻時期や分野を明記の上、関心のあることを
書いて見ろ

史料たのむ どこか

って感じで卒論男が実現するかもよ?


40 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 18:11:35
無職まっしぐらかもよ?

41 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 18:27:30
>>37
最後に
本稿を作成するにあたって2ちゃんねる歴史板の諸氏よりご教示いただきました
って書くなら協力してやる


42 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 03:56:10
別に研究したいことなんて無いから困るよな卒論
知識溜め込むのは好きだけどそれ以上のことは俺にはできん。
だから「結論」が出せないのだが。

地図帳や図鑑や電話帳見てると興奮しちゃう。
覚えたくて。いまでも駅名覚えたり国名とか都市名とか
記憶して何も見ないで鉛筆でノートにただひたすら
記憶を探って書きまくるのが好きです。
だから知識かなりある。でもそれだけ。それ以上の能力は無い(やりかたわからんし)
だからPCとか機械には絶対勝てない。

43 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 18:23:25
>>42
そう言うときは表作りだな。
何か纏まった資料群から適当な項目を選んでひたすら図表化したり地図に落としたりする。

あるいは適当な一族を選んで、そこからひたすら姻族をたどる横繋がりの系図を作るとか。

44 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:46:43
>>43
それが卒論か?

45 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:38:20
何にも書けないよりいいでしょ。進学するわけでもない様だし。

確かに分析はゼロだが、図表作りの間に何か浮かんでくるかも知れないし。
ちゃんとしたものを作れば、それはそれで便利でしょ。

根気と体力勝負みたいな感じだけど、達成感も得られると思うよ。

似た様なヤツとしては、適当な史料(の一部)を選んで徹底的に
訳注を付けるとかでも、卒論としては十分でしょ。

46 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:42:16
>>45
進学するんじゃなければ、それでも良いけど…


47 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 08:45:45
知識溜め込めるのも能力なんだから、それを生かせればいいのにな。
溜め込むだけじゃただのオタク。

48 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 00:46:16
42さんは史学科に来たのがそもそも間違いだったという事で

49 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 01:38:05
>>48
そうか?史学科にいたからこそ得られる情報や知識ってあるでしょ。
生の史料の所在なんてやっぱり史学科に居なきゃ分からないだろうし、
史料講読演習も貴重でしょ。

就職とかには役立たないかも知れないけど、42氏の知的好奇心を満たす材料
と環境は史学科に揃ってるんじゃないの。それで4年だか3年だか楽しく過ごせ
たのならいいと思うよ。

50 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 01:45:42
なるほど。となると尚更42さんには無事卒業して欲しいですね。
今のところ、43氏の提言が一番現実的かな。46氏の言うように
確かに進学しないんでなければ、そんな本格的な投稿論文みたい
なの書く必要もないし。

51 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 23:48:47
進学しないんならば、
卒業後も歴史に興味を持つ、それだけで良いんじゃね?

卒論なんて、今後も歴史に興味を持ち続けるための、
景気付けみたいなもんなんだろうし。

52 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 07:21:11
卒論がかけなくて留年しまくって8年たって除籍されました

53 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 16:33:54
卒論を書くテクニックの一つとして、論点が明確なテーマを
選ぶという方法がある

論点がはっきりしていると、史料や参考文献を集め易い

54 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 23:31:06
論点は広いより狭いほうがいいの?
でっかい思想とかあつかうと失敗するかしら。


55 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 01:43:36
学部レベルの卒論なら、論点はなるべく絞った方が良いと思われ
漠然と論点を広げると卒論自体が散漫になり
指導教官に「お前は一体何を論じたいんだ」と突っ込まれる恐れあり

56 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 01:57:29
決めました

「日本」とは何か

これでいきます

57 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 02:31:27
アミノ酸の再来か

58 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 01:34:40
>>55 ありがとう。置いてかれ気味学部生なんでふろしきを広げるのは
やめときます。

59 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 02:58:14
うちの大学は卒論の指導教官がいないんだけど・・・

60 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 14:16:23
指導教官がいないのなら、卒論のテーマに関する指導や
卒論概容の提出先の教官が、実質的な指導教官だと思われ

61 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:28:11
卒論進まない

62 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:49:15
>>61
ガンガレ!

63 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:42:51
>>61
じゃあ修論にしる

64 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 13:11:39
俺(史学科)の卒論なんて
今思えば小学校の作文レベルだったな。
あんま気張らなくていいんじゃないの。

65 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 13:18:53
まあ本人達にしてみれば、原稿用紙で100枚近くなんて書いたこともないだろうしな。作文の数枚でさえぶるってるやつらだし。

枚数制限される方がきついってことに気づくのは、社会に出てから。



66 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 02:58:09
修論相談スレはないの?

67 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 08:32:22
んなもん卒着用できればいいんだよ。
適当に切り張りしとけ。

68 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 11:15:48
うちは親戚少ない上付き合いないから
数少ない交流ある従姉妹が中退者だったりで
卒論経験者がいないんですよ。
両親とも卒業試験(医学部)だったし。
妹は当然参考にならないし(俺よりあとなわけで)
誰もいないと不安ですよ〜
おかげで就職もコネがない(親類縁者コネの聞く業界じゃない。俺医学部いけなかったし)

そういや妹いつのまにか20歳なわけだが(俺の中ではまだ5歳ぐらいの感覚なんだけど不思議だね

もう非処女なんだろうか。
面と向かって聞くわけにもいかず
どうなんだろう。俺は童貞だが。
幼稚園から大学まで女子高で男のいない世界だったんでわからん。

69 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 11:20:49
>>68
犯してチェックしてみれば?

70 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 02:59:30
>>68
親族に卒論経験者が無い人なんて山ほどいると思うが。
いちいち親やら親戚に「卒論どうやった?どうやればいいの?」って聞くのかよ。
それよりも先輩や友達に聞いたほうが役に立つ情報が得られるだろ。

71 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 06:51:53
俺は>>68後半が気になる・・・

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)