2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【HLA】モンゴル人と日本人は同祖【HLA】

1 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 20:56:42

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度



本土日本人 8,6%、 沖縄人 1,5%、 アイヌ人 1,0%、
韓国人 1,4%、 中国朝鮮族 2,2%、 モンゴル人  5,9%



日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm

2 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 21:15:46
それを言うならチベット人と日本人が同祖だろ。


3 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 21:21:20
チベット人は縄文人やアイヌの方の同祖だろ。

4 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 21:50:57
B52-DR2は一般的にいう弥生人だよね
B44-DR13の日本海を渡って北陸に入る流れは何何打?

5 :日本@名無史さん:2005/05/01(日) 21:53:39

◎B44-DR13の頻度


東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 


B44-DR13は頻度が世界最多の10%超の日本の東海地方が起源。

上のデータの通り、韓国人、中国朝鮮族と北上するほどにその頻度は低下する。
ゆえにその間にある北朝鮮で頻度が高くなることは考えられない。

縄文人は中部以東に多く、もともと西日本は縄文人の過疎地であったが、
そこを弥生人に侵食されて西日本は著しく頻度が低下したと思われる。

6 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 12:04:57
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、モンゴルから朝鮮半島を経て
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、日本海を渡り、新しく北陸から入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
北陸から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる

7 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 18:32:05
×特徴として、頬骨が発達している

弥生人骨の頭蓋は縄文人より頬骨が出ていない。面長で中頭。

出ているのは朝鮮人に見られる満州東部のツングース系の新モンゴロイド。
超短頭で頬骨が出ている。

B44-DR13の朝鮮北部起源説は既に多くの学者に否定されている。

8 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 18:53:55
>B44-DR13の朝鮮北部起源説は既に多くの学者に否定されている。

どのような理由で否定されてるの?



9 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 18:55:43
日本人が最多と云う事はモンゴル人の起源は日本人

10 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 18:58:50
>>8
こういう理由で。

◎B44-DR13の頻度



東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 




11 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:00:22
日本人最多と日本人が最多とでは意味が全然違ってくるだろがw

12 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:16:44
>>10
なんだ…
いんちき野郎!
否定しているのは学者ではなく、2ちゃんねらだろ

13 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:27:33
2chに学者など幾らでもおるだろ。
それ以上の証拠はないだろうね。

14 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:33:50
同祖つっても


日本は島国で独立して文化と民族性をつくってきたからなぁ



すくなくとも陸続きでないからいいよwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

15 :日本@名無史さん:2005/05/02(月) 19:37:05
チョンよか遥かにマシ。

16 :日本@名無史さん:2005/05/03(火) 20:01:47
イラナさんは日本人によく似ている。
モンゴル人の歯はシノドントだという事もハッキリ分かる。


◇画像
http://www.barks.jp/image/review/1000007080/news_photo1.jpg
◇イラナインタビュー(動画)
http://www.barks.jp/watch/?id=1000004207

17 :日本@名無史さん:2005/05/04(水) 19:33:13
真面目な話、チベット人と日本人は同祖。

18 :日本@名無史さん:2005/05/04(水) 22:03:02
それは縄文系の方でしょうに。
今の日本人の主力は弥生系だからね。

19 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 20:34:26
問題は、このモンゴル人と重なっている同祖の集団が、
どうやって、どういう経緯で、日本まで来たかだね。


20 :日本@名無史さん:2005/05/05(木) 21:03:36
日本はアメリカと同じ
大陸からの逃亡者たちが住み着いて出来た国
アメリカのインディアンが日本のアイヌと同じ立場
日本もアメリカも多民族国家 日本が歴史が古いだけ
混合が進んだというだけ


21 :日本@名無史さん:2005/05/06(金) 22:53:02
チョンは空っぽ!

22 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 00:15:18
渡来系弥生人=古代朝鮮人

B52−DR2とB44−DR13という遺伝子は、
渡来系弥生人が、朝鮮から日本に持ち込んだもの。
濃尾平野以西の現代西日本に多く、現代朝鮮は現代西日本より少し少ない。

現代朝鮮が現代西日本より少し少ないのは、
古墳時代以降、朝鮮に満州人等が大量に流入し混血したから。

また、縄文人最多地帯の関東では、B44−DR13は、それほど多くないから、
B44−DR13が東日本起源で、縄文人のものという事はない。


現代西日本人=古代朝鮮人≒現代朝鮮人

23 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 00:15:48
B52-DR2は韓国で2-3%くらい検出される。

古墳時代以降、朝鮮人は満州人などと混血して、B52-DR2・B44-DR13は半減しているから、
それ以前、B52-DR2・B44-DR13は、現在の倍以上は、あったと計算できる。

一方、日本は、古墳時代以降は、総人口と比べて大量移民と呼べるものは、なかったから、HLAは、ほとんど変化していない。

B44-DR13は、縄文人・最多地帯の関東で5.7%と低いのに、
縄文人・超過疎地帯の関西・濃尾平野付近では6.6%〜10.7%に、はね上がる。

この事から、B44-DR13が縄文人のものではないという事が、バカでも、わかる。

B44-DR13は、渡来系弥生人=古代朝鮮人が、朝鮮から日本に持ちこんだもの。

>東京大学名誉教授の埴原さんの分析では縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は
>近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。全国の大学に保管してある
>現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、日本人全体からみれば近畿人の骨
>が異質な形態をしていた。渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。

>「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
>韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
>東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


>「B52−DR2」は日本人全体で最も多い。
>韓国1,8%華北2,8%モンゴル5,9%とモンゴル人に多い
>ハプロタイプ。山陽で13,8%九州北部で13,5%近畿で13,1%
>山形、福島でも12〜13%関東は9,4%南九州や青森、岩手で6%前後
>沖縄で2%程度。

24 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 00:16:33
>縄文時代の最盛期に日本で一番人口が集中していたのは関東地方。
>四千五百年前の縄文中期の北海道と沖縄を除く日本列島の総人口は26万人。
>その96パーセントが東日本に集中していた。人口密度は東日本が一平方キロ
>当たり1.7人。なかでも関東は3人と、最密集地帯だった。
>一方、当時の西日本は総人口が1万人以下で、人口密度も実に関東地方の
>五十分の一の0.06人という超過疎地帯だった。

25 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 00:16:48
↑カラッポくんw

26 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 00:38:34
>>20
電波飛ばすな。

東日本の縄文人が、東日本人で、
北海道に残って孤立した縄文人が、アイヌ人。

鎌倉時代のモンゴル軍撃退・戦国時代のヨーロッパ列強進出阻止・幕末の欧米列強進出阻止。
全て、アイヌ系の関東武士(鎌倉武士)・東日本武士の輝かしい功績である。

関東武士(鎌倉武士)・東日本武士がいなかったら、
日本は、モンゴル帝国の植民地になった後、欧米列強の植民地になっていた。

日本がアジアに位置しながら、欧米の植民地にならず、先進国なのは、
上記の関東武士(鎌倉武士)・東日本武士の輝かしい功績のおかげで、
関東武士(鎌倉武士)・東日本武士が白人系=アイヌ系だからである。

>関東武士は長頭で、その後頭部つまり後頭葉は視覚を司る部分らしい。
>空間把握能力に長けていた結果、弓や射撃の名人、騎馬の達人が多かった。
>弓の達人といえば那須の与一が有名だな。
>長頭の白人や狩猟民族アイヌは武勇に優れていた。

関西が歴史の中心になったのは平安時代までで、たいした功績は無い。

関東人・東日本人・アイヌ人=白系日本人

縄文人と現代人の頭蓋計測に基づく、縄文人からのマハラノビス距離では
縄文人≒古代白人0 アイヌ2.8 沖縄3.7 東北6.1 関東7.6 九州9.7 畿内10.2 渡来系弥生人=古代朝鮮人13 現代朝鮮15.8

27 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 01:27:07
  ∧_∧
 ( ´∀`)<からぽ


28 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 01:42:14
朝鮮人は劣等民族。これは事実。

29 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 02:00:33
焼きいもみたいなくろーい変な長い顔で、
彫りが無くて鼻骨が低くてのっぺらーんとして
細い寄り目と薄いハの字眉が異様に変態チックで
唇だけが黒人みたいに突き出していて
いつもだらしがなく半開きで
弥生系とはぜーんぜん全くさっぱり違う顔なのに
弥生人は朝鮮系とうそぶいてきたキモキモ顔の朝鮮よりめ土人は
打ち首獄門!

30 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 02:23:23
  Λ_Λ 
 <丶`Д´> <からっぽ




31 :日本@名無史さん:2005/05/07(土) 20:06:04
   ∧_∧
  (  ^^ )< からぽ(^^)


32 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 19:03:11

◎B44-DR13の頻度





東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 








33 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 19:32:50
最新のデータでは韓国のB52-DR15の頻度は1.4%だ。

古墳時代以降、朝鮮人は満州人などと混血してB52-DR15(DR2)・B44-DR13が
半減したからそれ以前は現在の倍以上あったとするのなら、

本州日本人に16.1%、韓国人に17.4%見られる日韓共通の古モンゴロイド
の北方縄文人のmtDNAも、朝鮮人は現在の倍以上の35%以上もあったという
馬鹿げた事になる。

よってB52-DR15(DR2)は北方から朝鮮半島を素通りして日本に来ただけ。

それに濃尾平野は縄文土器を産出する一大拠点なんだよ。
縄文人の超過疎地帯は西日本であって、濃尾平野が縄文人の過疎地だ
というソースなど一切無い。

よって、東海地方の縄文人のハプロタイプがB44-DR13。

34 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 19:38:51
いやあ、朝鮮系とは笑った。朝鮮系が居たとしたら、それは古モンゴロイドだよ。
朝鮮半島は新モンゴロイドが出現するには気候がまだ全然温暖すぎて無理なんだよ。

つまり、縄文時代の朝鮮半島人はまだ古モンゴロイドだった訳だ。
だから、新モンゴロイドである渡来人が北方から朝鮮半島をスルーして
日本にやって来る事はできても、朝鮮半島そのものから新モンゴロイドが
やって来る訳がないのだよ。

むしろ日本から半島に渡った古モンゴロイドの集団が朝鮮人の最初の祖先。

渡来人はモンゴル〜ブリアートあたりから朝鮮半島をスルーして日本に
来たのであって、朝鮮半島人が来たわけじゃないんだよ。
だから、日本人はモンゴル人とある遺伝子が高頻度に一致するが、
朝鮮人はモンゴル人と一致しない。

朝鮮人はそれ以外の新モンゴロイドと混ざったという何よりの証拠である。

35 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 22:45:04
ぼくらも天皇も、韓国や北朝鮮の人とはみんな混血なんだ、
素晴らしいことじゃないか。
http://www.nwj.ne.jp/public/toppage/20020320articles/ja_nih.html
http://www.jtu-net.or.jp/library/zissen/kk/kk08/kk8001_2.htm
http://www.angelfire.com/journal2/esashi/ir12.htm
初めて渡来人がやって来たのは紀元前300年ごろのことだ。
日本人の3分の1から半分が、朝鮮人と血縁関係にあると指摘する学者もいる。

日本の明仁天皇が昨年12月の68歳の誕生日に、半島との混血をカミングアウト。
「桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに、
韓国とのゆかりを感じています、皇太子の顔をよく見てください。」という驚くべき発言をしたのだ、しかも突然に。
 皇室が韓国とのゆかりを公に認めたことは明治以降なかった。
だが、W杯を控えたこの時期に天皇が発言したことは偶然ではない。
過激な右翼的言動や、たとえば『新しい歴史教科書』を編纂したような考えをもつ人たちに
自制を促すための発言だった、と皇室事情に詳しい人物は言う。
 明仁天皇は、音楽、儒教、仏教という韓国が日本にもたらした三つの影響にも言及した。
その背景には、日本の植民地支配で韓国が受けた苦々しい記憶を和らげようという意図が感じられる。
 「会見でのご発言は、天皇ご自身のお考えをきちんと述べたものだと思う。

36 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 22:51:55
>>35
「新しい歴史教科書」は別に皇室と朝鮮の関係を否定する立場じゃないだろ。

37 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 23:08:23
>日本人の3分の1から半分が、朝鮮人と血縁関係にあると指摘する学者もいる。


そりゃ関係あるわな。
日本から朝鮮半島に渡った縄文人が朝鮮人の祖先なんだからww

38 :日本@名無史さん:2005/05/09(月) 19:22:17
チョンはカラッポ!

39 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 17:55:16
B52-DR2・B44-DR13という遺伝子は、渡来系弥生人=古代朝鮮人が、朝鮮から日本に持ちこんだもの。

B44-DR13は、縄文人・最多地帯の関東で5.7%と低いのに、
縄文人・超過疎地帯の関西・濃尾平野付近では6.6%〜10.7%に、はね上がる。

この事から、B44-DR13が縄文人のものではないという事が、わかる。

>東京大学名誉教授の埴原さんの分析では縄文人と渡来系朝鮮人の混血率は
>近畿地方は渡来系朝鮮人9に対し縄文人1の割合だった。全国の大学に保管してある
>現代人の頭骨を調査して統計処理してみると、日本人全体からみれば近畿人の骨
>が異質な形態をしていた。渡来系朝鮮人の影響が近畿では濃厚なのである。

>「B44ーDR13」は関東で5,7%とさほど多くない。
>韓国は7,0%で北陸7,2%から秋田に多く、近畿6,6%、
>東海10,7%でも頻度が高い。日本中央部に多いタイプ。


>「B52−DR2」は日本人全体で最も多い。
>韓国1,8%華北2,8%モンゴル5,9%とモンゴル人に多い
>ハプロタイプ。山陽で13,8%九州北部で13,5%近畿で13,1%
>山形、福島でも12〜13%関東は9,4%南九州や青森、岩手で6%前後
>沖縄で2%程度。

B52-DR2は韓国で2-3%くらい検出される。

古墳時代以降、朝鮮人は満州人などと混血して、B52-DR2・B44-DR13は半減しているから、
それ以前、朝鮮人にB52-DR2・B44-DR13は、現在の倍以上は、あったと計算できる。

一方、日本は、古墳時代以降は、総人口と比べて大量移民と呼べるものは、なかったから、HLAは、ほとんど変化していない。

40 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 17:55:50
西日本・朝鮮半島の縄文人は、東南アジアから北上し、中国・朝鮮半島経由で来た南方モンゴロイドの南方縄文人。

鹿児島県人は、縄文系の形質が強いが、同じ縄文系のアイヌ人と一致する点は無く、
短頭・HB抗原の北方型の分布・YAP−という点で、朝鮮人・南方モンゴロイドと一致する。

>HB抗原の北方型の分布は
>朝鮮100% 対馬100 福岡92 鹿児島90 鳥取86 岐阜86 岡山85 大阪79
>高知75 新潟68 北海道(非アイヌ)68 東京67 茨城64 栃木61 秋田45


朝鮮人には、長頭のアイヌ系北方縄文人の遺伝子が1%位しかないから、
日本人・朝鮮人で共通なのは、南方縄文人・渡来系弥生人・帰化朝鮮人の部分。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm


西アジアから北上し、ロシア・樺太・北海道経由で東日本に来た、
長頭のアイヌ系北方縄文人は、原生林で狩猟生活をしていたから、原生林の多い東日本までしか展開しなかった。
(木の実や、動物の肉を狩猟しなければならないから、平原の多い濃尾平野・大阪平野以西では生活しづらい。)
これは日本・朝鮮における長頭人種の分布と一致する。

41 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 17:58:46
形質は、その時代の環境によって大なり小なり変化するのだが、
人間においては混血でもない限り、その変化にも限界がある。

中国人は古代から現代まで一貫して中頭。
朝鮮人も三国志時代から短頭だったようだ。
日本人は短頭化が激しく、かなり変化しているが、
アイヌ人は古代から現代まで一貫して長頭だから、やはり日本人は環境からよりも、
混血によって形質が変化したと見て良いだろう。

特に20世紀以降の太平洋ベルト地帯に沿っての日本人の短頭化が著しいが、
これは朝鮮併合による在日朝鮮人の影響や、
短頭地域である関西地区の人々が、 鉄道などの交通機関の発達によって全国に拡散した影響だと考えられる。

42 :日本@名無史さん:2005/05/10(火) 18:40:22
  ∧_∧
  (  ^^ )< からぽ(^^)


43 :日本@名無史さん:2005/05/11(水) 18:40:45
チョンは














カラッポ!

44 :日本@名無史さん:2005/05/11(水) 23:08:44

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <からぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄


45 :日本@名無史さん:2005/05/11(水) 23:16:11
モンゴル人と台湾人は日本人にくりそつ


46 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

47 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 13:08:01
モンゴル人と朝鮮人は同祖

48 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 13:34:12
朝鮮人のルーツもよくわからない。それに、朝鮮人の書いた本を
読むと、多くは煽りとしか呼べないような内容が多く、信頼性に
欠ける。人物がいない。


49 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 22:56:35
朝鮮人のルーツは日本と華北と満州東部。

モンゴル人ではなくて楽浪華北人や満州にいた高句麗や満州族と
混ざっている。


50 :日本@名無史さん:2005/05/12(木) 23:56:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< からぽ(^^)


51 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 18:37:18








チ ョ ン は カ ラ ッ ポ !








52 :日本@名無史さん:2005/05/13(金) 20:45:57

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

53 :日本@名無史さん:2005/05/14(土) 17:00:53
弥生人の末裔、皇族を含む西日本人は、

gm遺伝子で見ると、ブリアート、エヴェンキ、ヤクートと酷似。
HLAで見ると、飛びぬけて高頻度のハプロタイプがモンゴルも高頻度。
Y染色体で見ると、先住民を除いた部分の比率がブリアートとエヴェンキに近い。

遺伝学で見ると、弥生人はブリアートとエヴェンキが最有力。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

54 : :2005/05/14(土) 21:02:28
      ,; ⌒  ⌒  ⌒ ヽ
     (     _____ )
    (   /        ヽ
   (   l   ⌒     ⌒ヽ
   (   ヽ , ―― 、  , ―‐‐、
    (   〉=| ( ・ ) |⌒| ( ・ ) |
    (  |  ー―‐'  ヽ ―‐'
     ヾ(6 ヽ    (  :::::) 、 )   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       l    _______) < くか ら ぽ !!!
        l    (    \|ノ'    \______
       | ヽ    ̄ ̄ ̄ ̄ノ
   __/ヽ\ ̄ ̄ ̄ ̄| l\_
  ̄   \ ヾヽ     //|     ̄

55 : :2005/05/14(土) 23:34:25
アジア各地のHLA遺伝子の頻度から、弥生人は北方から朝鮮半島に定着せず
九州北部まで渡来した事までも分かるし、
その単一種族の渡来集団が西日本で人口爆発を起した事までも読み取れる。

弥生人は朝鮮半島に遺伝子をほとんど残していないのだ。

これは何らかの非常に強力なリーダーシップのもと、数ヶ月から数年くらいの、
非常にごく短期間で朝鮮半島をすり抜けてきた事を意味している。

56 :鴨禰宜:2005/05/15(日) 08:08:49
ブリャート・エベンキはアムール川沿いにオロチョンとしてサハリン、
更にはオホーツク文化として日本に入ってきている。
http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20021109/qa3.html
http://www.sugikoto.com/orochonfs.htm

57 :鴨禰宜:2005/05/15(日) 09:16:05
ブリャート・エベンキの神聖視するのは鹿であるが、男鹿半島、牡鹿半島、
鹿島、香取、その出先として、奈良の春日、宮島、名称の残るのは志賀島
等北から南にと足跡が残り、鹿踊りなどとして東北、裏日本にも風習がのこる。


58 :日本@名無史さん:2005/05/15(日) 16:59:08


中 国 北 部 も カ ラ ッ ポ !


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

59 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 18:50:06



チョンはカラッポ!





60 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:11:31
チョンはチャンの侵略を恒常的に受けているからじゃないのか

61 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:15:43
みんな人権擁護法案についてちょっとでも知ってくれ
あなたの身柄、日本の主権に関わる問題だぞ!
朝鮮による合法的な日本侵略と言われている

http://www.geocities.jp/vip_eb/hantai.flash2.swf
フラッシュだから読まなくても眺めてくれればいい

62 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:19:42
今のチョンは昔のチョンとは違うということだろう
太古から古墳時代に朝鮮半島から人が渡ってきたことは当然
しかしそのときの朝鮮半島にいた人間は断じていまのチョンとは違う


63 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:29:31
頼む!
荒らしじゃない
>>61を見てくれ。可決間近!

64 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:34:31
なんかモンゴル人にはチャンとチョンと違って親近感を覚えるな
朝青龍なんか見た目日本人そっくりだし

65 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:37:31
>>62
馬鹿。

当時の朝鮮半島人は縄文人。古モンゴロイドだよ。

弥生人はただ単に北方から朝鮮半島を素通りして日本に来ただけ。

66 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:43:31
>>63
「チョン」とか「支那」って言っただけで捕まるトンデモ法案だ

67 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 19:44:46
>65
その説はなんども目にしている
しかしその素通りというのが問題と思う
素通りするためには行く場所を知っていなければならない
分かるか

68 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 20:10:17
日本人は変わっていなくて
朝鮮人が支那からの侵略を受けて変わったということ

69 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 20:19:35
ゲルマン民族の大移動時、ヴァンダル族はドイツ北部からヨーロッパ中を
駆け巡った後、イベリア半島を素通りしてアフリカに渡り、今のチュニス
がある地にヴァンダル王国を築いた。

それでも飽き足らず、その一部は再度海を越え、シチリアやイタリア半島
南部に渡っていった。

最初から彼らはイベリア半島の向こうにアフリカがある事が
分かっていただろうか?

行く方々で見聞しただけの事である。

70 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 20:24:46
日本の縄文人は弥生人(ブリアート?)によって変わっていったし、
半島の縄文人は楽浪人(華北系)や高句麗(満州系)や満州族
によって変わっていった。

71 :日本@名無史さん:2005/05/16(月) 20:27:04
寒いから少しでも熱いとこへ行きたいと思うがな
しかし
ローマは強そうだ
イタリアは避けよう
アフリカに行く
これは熱そうだ
矢張り北に行こう
でイタリアに渡ったでいいじゃね
先をよんどるがな

72 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:12:25
チョンはからっぽ!

73 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 19:37:11
ばーか

74 :日本@名無史さん:2005/05/17(火) 21:48:44
  ∧_∧
 ( ´∀`)<からぽ




75 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 17:37:08
アホが一匹

76 :日本@名無史さん:2005/05/18(水) 18:30:46


日本人と韓国人では、大体40%くらい同じものを持っている
ということが分かってきました。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html


つまり韓国人は60%のHLA遺伝子が違う人種という事。


77 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 19:24:01
社会、世評板で朝鮮妄想を発見ww

300 :名無しさんの主張 :2005/05/02(月) 18:44:04
最近のHLAを用いた調査によると南朝鮮人に多いハプロタイプは北九州から東へ向かって大阪の直前まで広がり、
北朝鮮人に多いハプロタイプは若狭湾から大和地方へ向かって広がっている。
従来、北九州から侵入した朝鮮人が縄文人の土地を奪いながら、耕作地を広め、
人口を増やしながらゆっくりと大和地方に辿り着き、そこで大和朝廷を作ったとされていた。
しかし、当時既に朝鮮半島では、南北に分れ激しくし覇権を争っていた。
南朝鮮人が日本を侵略している事を後に知った北朝鮮人が、急遽船団を建造し、
まだ南朝鮮人が入っていない若狭湾から侵入し、大和地方に至ったとしたら。
そこで、東進して来た南朝鮮人と北朝鮮人が衝突。
かくて朝鮮半島での南北の争いの代理戦争が日本列島で勃発する。
最終的に勝利を収めたのは北側だろう。
縄文時代末期に日本に侵入して来て弥生時代を開いた朝鮮人
の東進が何故大和地方で止まったのか、
今まで謎だったが、こう考えると完全に説明できる。
南朝鮮人の東進、植民地政策に対し、北朝鮮人の異民族支配政策の違いによるものだったのだろう。

その後1500年間と言うもの日本人は、重い徴税と酷い管理体制の中で辛く苦しい生活を強いられるようになった。
先の戦争で負けて縄文時代以降初めて自由が回復されたのである。
こうして見ると、多量の朝鮮人が日本に入って来たように感ずるが、
実際は人口比率で5%程度だった。大部分は多民族集合体である縄文人だった。
その比率は朝鮮系が10%近くに増えたが、現代も変わっていない。

78 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 19:43:13
>南朝鮮人に多いハプロタイプは北九州から東へ向かって大阪の直前まで広がり、
>北朝鮮人に多いハプロタイプは若狭湾から大和地方へ向かって広がっている


南チョンに多いハプロタイプB44-DR13なら、東海地方が頻度10%以上の
世界最多でこの辺の縄文人に起源はあるようだがな。

南チョンにほとんど無く、モンゴル人に多いB52-DR15なら北九州から
東へ向かって大阪の直前まで広がったがなww

北チョンに多いハプロタイプって、調査できないのに
どうやって調べたんだ?ww

まあ、調べなくても北チョンで一番多いハプロタイプも南チョンと同じ
B44-DR13だと分かってるけどな。

東海地方から渡ったwwww

79 :日本@名無史さん:2005/05/19(木) 19:43:55
>南朝鮮人に多いハプロタイプは北九州から東へ向かって大阪の直前まで広がり、
>北朝鮮人に多いハプロタイプは若狭湾から大和地方へ向かって広がっている

南チョンに多いハプロタイプB44-DR13なら、東海地方が頻度10%以上の
世界最多でこの辺の縄文人に起源はあるようだがな。

南チョンにほとんど無く、モンゴル人に多いB52-DR15なら北九州から
東へ向かって大阪の直前まで広がったがなww

北チョンに多いハプロタイプって、調査できないのに
どうやって調べたんだ?ww

まあ、調べなくても北チョンで一番多いハプロタイプも南チョンと同じ
B44-DR13だと分かってるけどな。

東海地方から渡ったwwww

80 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 01:04:17
>こうして見ると、多量の朝鮮人が日本に入って来たように感ずるが、
>実際は人口比率で5%程度だった。大部分は多民族集合体である縄文人だった。
>その比率は朝鮮系が10%近くに増えたが、現代も変わっていない。


その5%って、ひょっとして日韓独特のハプロタイプB44-DR13の事か?
南チョンで5%と一番多いハプロタイプB44-DR13なら、東海地方が
頻度10%以上の世界最多でこの辺の縄文人に起源はあるようだがなww

縄文期に日本から半島に人類が渡っていた物的証拠はあるが、
半島から日本に渡ってきたという物的証拠は何も無いからねww

81 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 07:09:42
人類の祖は日本列島で生まれた。
そこから五大陸に広まっていったのだ。
竹内文書を読めば誰でも分かることだ。

82 :日本@名無史さん:2005/05/21(土) 21:21:12
おいおい・・・・

83 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 19:41:50
松本秀雄氏は、およそ次のように述べる

1)Gm遺伝子の分布によって、蒙古民族は、「南方系」と「北方系」に
大別される。そして、日本民族は「北方系」である。南方型蒙古系民族との
混血率は、せいぜい7〜8%であって、それほど高いモノではない。

2)日本民族は、北海道から沖縄に至るまで、ことGm遺伝子に関する限り、
驚くほど等質である。

3)アイヌの人々も、遺伝子構成に於いて、一般日本人と殆ど変わらない。

4)他の日本人集団と、幾分の相違を示すアイヌと沖縄・宮古の人々とが
まったく等質である。

84 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 19:42:30
5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

6)中国の場合は、Gm遺伝子の頻度分布に、南北方向の勾配がみとめられる。
漢民族の場合は、「北方型」と「南方型」の二つの型の存在を考えないと、
分布パターンの説明が難しい。

7)日本民族に高頻度に見られる遺伝子パターンの特徴は、バイカル湖畔の
ブリアートをピークとして四方に流れており、蒙古、オロチョン、朝鮮、
日本、アイヌ、チベット、コリヤークエスキモーに高頻度で、その源流は
バイカル湖畔とするのが妥当と見られる。

85 :日本@名無史さん:2005/05/22(日) 19:42:53
そして、松本氏は次のように結論する

「日本民族は、北方型蒙古系民族に属し、そのおおもとの起源は、シベリアの
バイカル湖畔と推定できる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

86 :日本@名無史さん:2005/05/23(月) 20:32:55
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あはははははは。 チョンはカラッポ!



87 :日本@名無史さん:2005/05/24(火) 20:51:45
           ,..:--,,,,_____
         ,.::二....---ー-、\
          /      | ヽ
          /   _,..一、 へ 〉、    朝青龍です。 チョンはカラッポ!
          l/ヽ ヽ,.--  V丶l
           i ,.-:; : "'     i .」
          l  ノ >、    ヽヽ
           i  i''__.:::..ヽ     )"''ヽ-''""
           ヽ  \''""ノヽ  /  /
           _\  ヒノノ :  / /
         ,.-'" i ヽ、"''" ノ ク /
      ,.-'''"    ヽ ヽ二-〈 / /
      /        ヽ
     /


88 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

89 :日本@名無史さん:2005/05/25(水) 21:14:28
う〜む、日韓共通で韓国人最多ハプロタイプは、
どうも東海地方あたりから拡がって朝鮮半島に渡っていったようですw

◎B44-DR13の頻度




東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 







90 :日本@名無史さん:2005/05/26(木) 20:51:02


華 北 も カ ラ ッ ポ !


例えば、日本人には10パーセントと高率に見られるハプロタイプは、
朝鮮半島に行くと二、三パーセント、中国大陸の北のほうでは1パーセント
程度しかないんですが、モンゴル共和国に行くと5パーセントに跳ね上がる
んです。そうすると日本人に最も多いハプロタイプはモンゴルから来た
らしいと分かるわけですよ。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm

中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが
中国大陸の北のほうでは1パーセント程度しかないんですが

91 :鴨禰宜:2005/05/27(金) 11:54:02
>>422
なんと↑この漏れの仮説を裏付けるレスがこれ↓http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114948602/77
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114948602/78
>北朝鮮人に多いハプロタイプは若狭湾から大和地方へ向かって広がっている
漏れの説だとこれはB44-DR13であり、朝鮮小銅鐸を発展させ東海地方で頻度10%
以上となり、
>南朝鮮人に多いハプロタイプは北九州から東へ向かって大阪の直前まで広がり、
モンゴル人に多いB52-DR15はいわゆる神武東遷庄内土器時代に北九州から東へ
向かって大阪の直前、つまり、投馬国へと東遷したものではないかということになる。
びっくりしたなー、もー。

92 :鴨禰宜:2005/05/27(金) 11:55:48
スマソ、徐福伝説と間違えちゃった。

93 :日本@名無史さん:2005/05/27(金) 23:45:27
う〜む、日韓共通で韓国人最多ハプロタイプは、
どうも東海地方あたりから拡がって朝鮮半島に渡っていったようですw

◎B44-DR13の頻度




東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 








94 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 00:47:11
http://kodai-musashigaku.m.mepage.jp/framepage1.html

−「新羅郡」から「新座郡」(にいくら)へ−

■ 関東でも名高い平林寺がある新座(にいざ)市は、1896年(明治29年)まで、
埼玉県「新座郡」(旧新座郡)に属していた。新座郡は、奈良時代(8世紀)に、
今の日本が本格的に国家体制を確立する過程で、関東地方に武蔵國がつくられて、
758年(天平宝字2年)に「新羅(しらぎ)郡」が置かれたのが始まりである。
  「新座郡」は、現在の行政区でいえば、朝霞市・和光市・新座市・志木市
(志木市の宗岡は入間郡)、東京都保谷市、練馬区の大泉地域(旧橋戸村・木樽村)
を含む地域でつくられていた。

■ 新羅郡はのちに、「新座(にいくら)郡」→「新倉(にいくら)郡」→「新座
(にいざ)郡」と、約1140年間続いたが、その歴史の移り変わりをまとめてみよう
としたのが、この 『武蔵國 「新座」の歴史』 である。



95 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 00:51:14
http://kodai-musashigaku.m.mepage.jp/newpage59.html

(1)高麗人(高句麗)の渡来

■ 北武蔵への渡来人の移住は、6世紀の末頃までさかのぼることができる。
6世紀末、律令制下の武蔵國ができる前、それぞれ壬生吉志が男衾郡、飛鳥
吉志が橘樹郡、日下部吉志が横見郡で活躍したと伝えられている。この人たち
に共通することは、「吉志」という名前であり、これは朝鮮の王を示す「コンキシ」
「コキシ」と同一語といわれている(森山悌『古代の武蔵』)

■ その後、渡来人の武蔵國移住が本格化したのは、7世紀後半からのことである。
666年(天智5年)百済人2千余人が東国移住。
  それから16年後の684年(天武13年)百済人僧尼以下23人を武蔵國へ移し、
687年(持統元年)には高麗人56人を常陸に、新羅人14人を下野に、さらに高麗の
僧侶を含む22人を武蔵へと、渡来人の東国移住が次々と行われた。
  こうして、716年(霊亀2年)に高麗郡が設置されたのである。高麗郡は、「駿河・
甲斐・相模・上総・下総・常陸・下野の各国の高麗人によってつくられた」とある
ように、各地の高句麗からの渡来の人々をまとめて、武蔵國に郡を置いたものである。


96 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 00:53:35
http://homepage3.nifty.com/k_harada/komaego/komaego.htm

万葉と渡来人の里・狛江郷を巡る道

調布から狛江にかけては古くは狛江郷と呼ばれた。高麗(朝鮮半島)から先進文明 を
携えた渡来人が多数住み着き、狛江と言う地名が生まれた。一方、特産物(調) として
朝廷に献上した布地を調布と言ったことから調布の名が生まれた。調布を作 る技術は、
これらの渡来人達が伝えたものと思われる。万葉の昔、狛江郷一帯は麻 の栽培がさかんで、
麻から織られた麻布は白く柔らかくするために多摩川で晒され た。万葉歌に詠われた様に、
高台から多摩川を見下ろせば、白い素足を覗かせた里 の娘達が多摩川の流れで調布を晒らす
光景が見られたことであろう。狛江郷におけ る渡来人の足跡は、深大寺の創建にまつわる
ロマンスや狛江百塚等に見ることが出 来る。



97 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 17:29:41
>まあ日本人には多かれ少なかれ朝鮮半島の血が流れているわけだが。

実は全然 流れていない。
7C、百済滅亡で日本に来た百済人が3100人くらい。
高句麗滅亡で来た高句麗人が1800人くらい。
それらとは関係なく自主的に来た百済人や新羅人が数百名。
7Cに来た半島帰化人は全部合せて5000人くらい。

それ以前の帰化人が始まった5C、続く6Cに来た半島帰化人が合せて
2〜3000人くらい。

半島帰化人の総数は7〜8000人くらい。

古墳時代の日本人口が400万人くらいの時だから、
朝鮮半島の血など、日本人の血の僅か 0.2% ほどに過ぎない事が分かる。

98 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 18:46:08

●箕子朝鮮(?〜前190頃)⇒伝説的王朝。周の武王が殷を滅ぼした際、殷の一族
が朝鮮王に封ぜられたといわれる。

●衛氏朝鮮(前190頃〜前108)⇒漢の高祖の末年、反乱に失敗した燕人衛満が
朝鮮に逃れて箕子朝鮮に仕え、国を奪って建国。現在の平壌(ピョンヤン)で
ある王険城を都とし、3代約90年間存続。

●漢の4郡⇒前漢の武帝が前108年、衛氏朝鮮を滅ぼして、楽浪・真番・玄菟・臨屯
の直轄領4郡をおく。中心は楽浪郡(現在の平壌付近、他の3郡は前75年までに廃止)
で、313年高句麗に滅ぼされるまで約400年間、漢の朝鮮支配の拠点となる。

●帯方郡⇒204年頃、遼東の太守公孫度により楽浪郡の南部を割いて設けられた。
魏・晋も領有し、倭と通交。韓族・ワイ族に滅ぼされた(313)。

99 :日本@名無史さん:2005/05/28(土) 18:47:30

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html


B44-DR7はタイから中国人に多いHLAハプロタイプ。
朝鮮半島には河姆渡→山東半島→遼東半島→楽浪・帯方、
やはりこのコースで、楽浪郡の華北人を通じて入ったハプロタイプと思われる。

この東南アジアから朝鮮にまで広がるパブロタイプが
日本人にはほとんど無い。

という事は、弥生人はやはり華北人ではないどころか、
中国大陸とは全く関係が無い人種という事になる。

100 :日本@名無史さん:2005/05/29(日) 19:02:10
           ,..:--,,,,_____
         ,.::二....---ー-、\
          /      | ヽ
          /   _,..一、 へ 〉、    朝青龍です。 チョンはカラッポ!
          l/ヽ ヽ,.--  V丶l
           i ,.-:; : "'     i .」
          l  ノ >、    ヽヽ
           i  i''__.:::..ヽ     )"''ヽ-''""
           ヽ  \''""ノヽ  /  /
           _\  ヒノノ :  / /
         ,.-'" i ヽ、"''" ノ ク /
      ,.-'''"    ヽ ヽ二-〈 / /
      /        ヽ
     /


101 :日本@名無史さん:2005/05/30(月) 00:04:48
HLA B44-DR13 韓国最大集団(日本では東海地方が最多)

とうかい-ちほう【東海地方】
-----------------------------------------------------------
本州中央部のうち、太平洋側の地方。静岡・愛知・三重
の三県と、岐阜県の南部をさす。

102 :日本@名無史さん:2005/05/30(月) 19:32:34
×HLA B44-DR13 韓国最大集団(日本では東海地方が最多)
◎HLA B44-DR13 韓国最大集団(日本の東海地方が世界最多)


東海地方は縄文土器の一大産出地としても有名です。

103 :日本@名無史さん:2005/05/30(月) 20:25:59

日本人は、人類学的にはモンゴル系人種(モンゴロイド)に属し、やや低い
身長、丸い頭、黄色の皮膚、黒色の直毛、蒙古皺襞、軽度の歯槽性突顎、
シャベル型切歯、やや偏平な顔などによって特徴づけられる。しかし一方
では、体毛の多い人や頭髪が波状毛である人など、モンゴロイドには少ない
特徴をもっている人もおり、アジア大陸に住む他のモンゴロイドとは多少
異なる集団と考えられる。また日本人には、微視的にみればさまざまの地方
的な差がみられるが、巨視的にみれば、全体としてかなり均一な身体特徴を
示しており、同じ祖先に由来する単一の人類集団と考えることができる。
しかしこのような日本人の祖先が、いつ、どの地方から、どのような経路で
日本列島に渡来したかということについては、まだ不明の点が多い。

アジア大陸に住む他のモンゴロイドとは多少異なる集団と考えられる
かなり均一な身体特徴を 示しており、同じ祖先に由来する単一の人類集団
アジア大陸に住む他のモンゴロイドとは多少異なる集団と考えられる
かなり均一な身体特徴を 示しており、同じ祖先に由来する単一の人類集団

104 :日本@名無史さん:2005/05/31(火) 23:55:34
日本人の遺伝子から土着系(縄文系)を除いた部分を多くの遺伝学は
必ずブリアートからモンゴルあたりを指し示めしている。

つまり弥生人はブリアートからモンゴルあたりから南下し、満州と
朝鮮半島を素通りして九州北部に渡り、西日本一帯に広がって
土着系と混ざりながら大和民族が形成されていったと考えられる。

朝鮮半島は当初は縄文系とほぼ同種の土着系が住んでいたと考えられるが、
弥生人が素通りして日本列島へと消えていったその数百年後、
ついに朝鮮半島は華北人に侵略され、楽浪郡を置かれて400年間も
支配された。その後、今度は満州東部から流入した高句麗人に朝鮮半島
北部を侵略され、土着系たちは華北と満州の血を注ぎ込まれながら、
ここにようやく朝鮮民族が形成されていったと考えられる。

105 :日本@名無史さん:2005/06/02(木) 19:34:17
チョンはカラッポ!

106 :日本@名無史さん:2005/06/03(金) 18:52:05



5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html




107 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 17:44:10
弥生人の源郷が中国ならば、朝鮮人とこんなにも遺伝子の差は付かない。

5)朝鮮民族も、地理的な隔たりが無い点に於いては、日本民族と同じで
ある。ただ、日本民族と朝鮮民族の間には、かなり高い異質性が存在する。
朝鮮民族は、基本的には日本民族と同じ北方型蒙古系民族に属するGm遺伝子
パターンを持ちながら、それよりはるかに強く漢民族などの影響(混血)を
受けていると見られる。中国と朝鮮とのあいだの、相互移民や侵入などに
よって、海で隔てられた日本に比べ、北方少数民族や漢民族との混血の機会
がはるかに多く、これが民族の形成に影響したと考えられる。

http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/gmdna.html

>タイ人で2番目に多いA33B44DR7というのは、韓国人にもあり、
>これは日本人ではほとんどいないということです。

http://www.hananoki.npo-jp.net/kitaori/kaihou/24gou.html

108 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:02:09
>>102
百済滅亡の際に日本に亡命して関東に植民した
多くの百済難民が東海に移住したのだろう

109 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:08:00
>>108
ソースが全く無い。

却下。

110 :日本@名無史さん:2005/06/05(日) 18:12:12
関東に置かれた百済人、高句麗人、新羅人は全部あわせても
4000人くらい。

日本人口が既に400万人もいるのに、どうやって10%超になるのか。


あ ほ か

111 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 18:33:21
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あはははははは。 チョンはカラッポ!

112 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:08:40
う〜む、日韓共通で韓国人最多ハプロタイプは、
どうも東海地方あたりから拡がって朝鮮半島に渡っていったようですw

◎B44-DR13の頻度




東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 








113 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:14:27
>>110
すべてが文献に記載されているとでも思ってるのかw
電気もない時代に、情報化社会かw


114 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:20:23
日本書紀は大規模集団は百人単位で仕切っているが、
小規模集団であれば半島帰化人を一桁のくらいまで
書き残しており、記述は極めて正確。

115 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:25:27
>関東の歴史は突き詰めると悲惨だな
>朝鮮人戦争難民の歴史そのもの

>関東の古い建造物や地名は朝鮮臭のするものばかりだよね
>日本人はいたのかい?

たった4000人かい?

116 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 23:28:32
>関東に朝鮮系が多いのは当たり前じゃないの?埼玉の高麗川には高句麗からの渡来人を、新座には新羅からの渡来人を収容してるんだし混血が進んだ筈だからね。地名見れば解るでしょ?朝鮮の王家を祠ってる神社も関東は多いしね。

地名見れば解るでしょ?朝鮮の王家を祠ってる神社も関東は多いしね。
地名見れば解るでしょ?朝鮮の王家を祠ってる神社も関東は多いしね。
地名見れば解るでしょ?朝鮮の王家を祠ってる神社も関東は多いしね。

たった4000人かい?

117 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 01:25:04
たった8000人ほどの帰化人でこれほど想像たくましく、
ある時は関東人、あるときは関西人に成りすまし、
日本人に向けて熱く洗脳工作できる朝鮮人の目的とは
やはり日本を朝鮮人の植民地にしようとする勝共連合(統一教会)
の日本植民地計画が根底にあるからだろうね。

ただ、こいつらの洗脳活動は嘘も百回言ってれば本当になるゲッペルス方式
だから、一度どこかが崩れれば連鎖的に全部崩壊してしまうんだな。

で、崩壊してしまったものはもう元には戻らない事も分からないらしいから、
何度でも何度でも同じ嘘を垂れ流して余計に墓穴を掘るんだよね。

韓国朝鮮人は永遠に信じてはならん存在として未来永劫語り継ごう。

118 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 01:29:31
たった8000人で関東中に朝鮮地名が広がるかな

119 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 01:40:05
関東にはその半分の4000人しか来てないよ。
土着の日本人の方がその何百倍も居るんだから、
先に地名くらい付けるだろが普通w


120 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 01:44:52
おいおい、先にいるのは縄文人では?

121 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 01:49:40
それも含めた当時の土着の日本人という事だろが。

122 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 02:00:19
当時の土着の日本人が朝鮮地名を?なぜ?

123 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 02:04:05
勝手におまえらチョンが捏造してそう言っているだけで、
本当は朝鮮地名じゃないんだろが。

124 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 10:12:26
朝鮮人は、モンゴル人に極めて近い民族。
だって旭鷲山・朝青龍系の目が細い頬骨顔が多過ぎる。

純粋な日本人には少ないよ、ああいう顔は。
いわゆる大阪顔にはよくあるタイプだけどね。

125 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 22:02:26
弥生系日本人もモンゴル人もチョンも北方新モンゴロイドだもの
のっぺり、細く一重の目など、顔のニュアンスは似るわなw

ただし、遺伝子の頻度通り、チョンの北方新モンゴロイド系統は
モンゴルとは関係が薄い。
むしろモンゴルは弥生系日本人との関係が深い。

日本とモンゴルは同祖の或る1系統の北方新モンゴロイドを高頻度に共有している。

126 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 20:31:13
チョンの北方新モンゴロイドの血統は半分くらい。

1/4が中央モンゴロイド(華北人)で、1/4が北方古モンゴロイド

127 :日本@名無史さん:2005/06/18(土) 19:48:05
×僅か5%の朝鮮人に支配された日本。
◎僅か5%の日本人に支配された朝鮮。


◎HLA遺伝子 B44-DR13の頻度




東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 





128 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 21:51:03
  Λ_Λ 
 <丶`Д´> <ウリはからっぽ


129 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 23:28:04
   ∧_∧
  (  ^^ )< からぽ(^^)

130 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 13:23:03
|__からっぽ
 |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` ) <からっぽ
.      __|ヽ___
      | からっぽ



131 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 13:50:38
└(゚∀゚└)カラッポ !カラッポ !!(┘゚∀゚)┘ カラッポ !カラッポ !!


132 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 14:30:38
3.2ダ.1((z-∀-)zカラッポ♪カラッポ♪

133 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 20:56:13

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <からぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄



134 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 20:55:08


◎HLAで人類の移動を追跡

HLAハプロタイプは少なくとも数千年は維持されます。また他の多型性より
格段に種類が多いものです。そして、同じハプロタイプが別のところで別の
時期に発生することはまずありません。このことは「ハプロタイプの集積を
追うことはそのハプロタイプをもっている人の遠い祖先の移動を追うことに
等しい」ことを意味します。あなたのハプロタイプがわかれば、祖先が移動
してきた後をたどることができます。膨大な他地域のHLAデータが必要
ですがね。これもアジア骨髄バンクを設立すればデータは自然に得られる
でしょう。

http://www.marrow.or.jp/NWJ97/bank-hla.html



135 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 20:55:28

■民族の起源を探る

 日本人はどこからやって来たのか? あるいは、地球上に散らばって
いる多様な民族は、いったいどの地から発祥したのか? 自分自身の
アイデンティティに関わるこうした問題には多くの人が関心を持って
いるが、これに答えを与えることができるのもHLAの功績である。
 たとえばモンゴロイドがベーリング海峡を越えて北米に渡り、約1000年を
かけて南米大陸の南端にまで到達したという大移動説は、従来、さまざまな
傍証によって証明が試みられてきた。ところが、各地の原住民のHLA検査を
行うことによって、この移動の経路を直接的に証明することができたのである。
HLAによる人類学研究は、さらに興味深い事実を発見しており、今後の検証が
大いに期待されている。

http://www.medi-net.or.jp/tcnet/tc_2/2_3.html

136 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 20:55:50




HLAのハプロタイプは、いったん形成されると何十万年かそれ以上も
維持されて、そう変化しない。地球上の別の場所で、同時多発的に
形成されることは考えられないから、ハプロタイプをたどっていくと、
人類の移動や拡散の道筋が分かるのである。

http://www.interq.or.jp/dog/macendo/book009.htm




137 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 21:01:31





HLA抗原の数は、人類全体では、10の7乗程度ありますが、
一人の持っているHLA抗原の数は100程度です。
HLA抗原に係わるT細胞(リンパ球を参照)抗原レセプターの数は、
個人でも、人類全体でも、10の16乗程度あるのです。

http://www.oguradaiclinic.jp/page112.html





138 :日本@名無史さん:2005/06/29(水) 20:27:27
アジア各地のHLA遺伝子の頻度から、弥生人は北方から朝鮮半島に定着せず
九州北部まで渡来した事さえも分かるし、
その単一種族の渡来集団が西日本で人口爆発を起した事までも読み取れる。


弥生人は朝鮮半島に遺伝子をほとんど残していないのだ。


これは何らかの非常に強力なリーダーシップのもと、数ヶ月から数年くらいの、
非常にごく短期間で朝鮮半島をすり抜けてきた事を意味している。

139 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:02:17
×僅か5%の朝鮮人に支配された日本。
◎僅か5%の日本人に支配された朝鮮。


◎HLA遺伝子 B44-DR13の頻度




東海地方10%超>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
>韓国人5.1%≒本土日本人4.8%>中国朝鮮族3.5%>中国北部漢族2.0% 






140 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 23:06:00
           ,..:--,,,,_____
         ,.::二....---ー-、\
          /      | ヽ
          /   _,..一、 へ 〉、    チョンはカラッポ!
          l/ヽ ヽ,.--  V丶l
           i ,.-:; : "'     i .」
          l  ノ >、    ヽヽ
           i  i''__.:::..ヽ     )"''ヽ-''""
           ヽ  \''""ノヽ  /  /
           _\  ヒノノ :  / /
         ,.-'" i ヽ、"''" ノ ク /
      ,.-'''"    ヽ ヽ二-〈 / /
      /        ヽ
     /


141 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 16:57:30
からっぽ・・・

。゚( ゚^∀^゚)σ゚。アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \


142 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 14:05:56
日本人・中国人・モンゴル人・渡来系弥生人は、中頭で、
絶壁頭ではない。

関西朝鮮人・本家朝鮮人は、短頭で、
頭を横から見ると、
頭の前後の長さが上下で、ほぼ同じで、
頭の後ろが、上下で、ほぼ垂直に一直線になる絶壁頭。

頭を横・上から見れば、異人種である事が明白。


※短頭=頭が左右に長く、前後に短い
長頭=頭が左右に短く、前後に長い
中頭=短頭と長頭の中間

143 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 18:36:09
↑このよりめビビンバ黒人は東北以北を除く日本人種のほとんどが
短頭なのを知らないんでしょうかw

144 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 19:38:03
朝鮮人は弥生系ではない。

あなた方は中国人から南方遺伝子を入れられた南方人。
満州人から超短頭の遺伝子を入れられた絶壁人種。

よりめ絶壁南方人種。

ビビンバロイド。

145 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 14:42:01
各時代の頭蓋骨を分析して得た頭長と頭幅の比である頭長幅示数をみると、
日本人の頭長は平均196〜182ミリ、頭幅は平均156〜147ミリで、頭長幅指数は77〜86である。
これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。


これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。

これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。

これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。

これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。

これには地域差があり、長頭ないし中頭は、東日本や日本海岸、離島に多く、短頭は西日本で、中心は畿内地方である。
なお朝鮮・韓国人は短頭が多い。これらは弥生時代以後に渡来した人々の分布を示している。

146 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 20:19:44
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あはははははは。 チョンはカラッポ!

147 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 07:52:35
                    からっぽ!からっぽ!からっぽ!
                                         
  ∧_∧    .∧_∧                       ((( )))    ∧_∧   X ノ ハヘ X    ∧_∧
◯( ´∀` )◯◯( ・∀・ )◯ ∧∧  /■\       ◯( ´∀` )◯◯< ゚∀゚ >◯◯( ^∀^ )◯◯( ‘∀‘ )◯
  \    /  \    / ∩゚Д゚) (´∀`∩)  ∧∧  \    /   \    /   \    /  \    /
   |⌒I、│    |⌒I、│ ヽ  |  (つ  丿ヽ(=^ω^)ノ .|⌒I、│     |⌒I、│   |⌒I、│     |⌒I、│
  (_) ノ   .  (_) ノ 〜|  |   ( ヽノ 〜(   x)  (_) ノ      (_) ノ   (_) ノ      (_) ノ
     ∪       ∪  .  し`J . し(_)   U U     ∪        ∪       ∪       ∪



148 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 07:54:26
    、ぃ"゙`´ー''''''''''''-,,_--、、,_      
     ,/、、、、、、、、、、、`″|: : :         ウリは・・・からっぽニダ
    .,lツ..,-ツ`.,、..,.、、、、、、、、、、.-ミュ  
    l│l゙│、// l`、、、、、、、、、、、`\ 
    |`゙l|,,,|、 | | .l,、r'″、、、、、、、、、、丿 
   ,il、/,i゙呼゙'巛、″|、,,.!.、、、、、、、、.. 
   '|''り|  .|,,,_ “  .|、`゙,''ミッ、、、、、、、│ 
  ,,ア" ヽ,i冖゙゚゚'≒v,,,|、i、\、、、、、、、、丶 
  .l"__ 、       [゙'`゙'i、`゙″、、、、、`,l゙ 
  ゚///` ゙          ヽ\,,ニy、.、、、、、./′ 
   =r.         ,l: ,,l゙ ,|、、、、、 |   
  .″          ,,,,,,_,,,i´、、、、、 |   
  |`          `.,,,,,,ー、、、、、、 |   
  ‘'''''ー、,、      : '',v,,,,,、、、、、、丿   
      `ヽ、   _,,-'"   、、、、..,/    
          |,,,r‐'"     ,r" ヽ、,-"     
      .,-''″    ,,-‐"   -“'''-、    
     .ーi、    .,,/         ゙'ヽ   
    ィ''''" .゙!,,,,,-'"`           `'i、 
    ゙'i、  `                \ 
     │                      ヽ



149 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 20:31:24
       /:::::::::::::::::::::::人:::::::::::::::::::::::::\
      /:::::::::::::::::::::::::::/ ..ヽ:::::::::::::::::::::::::::ヽ
     /::::::::::::::::::::::::::::/   ヾ:::::::::::::::::::::::::::丶
    /::::::::::::::::::::::::::::/     ヽ::::::::::::::::::::::::::ヽ
    |::::::::::/::::::::::::ノ       ヽ.::::::::::::ヽ:::::::|
    |:::::::/ ̄ ̄           ̄ ̄ ̄|:::::::|
    |=ロ -====・       ・====- ロ=.|
    |:::::|                  .. |::::::|
     |::::::| `                 |::::::|
   (||:::::|        .(。。)       |::::::|)
  ..  |:::::| ∴∴     l l    ..∴∴ |::::::|     ___________
  ..  |:::::| ∴∴ _-- ̄`´ ̄--__ ∴∴ |::::::|   /
    |:::::| ∴∴  -二二二二- ∴∴ |:::::::|  < からぽ
    |:::::|                  |:::::::|    \___________
    |:::::::ヽ      -_    _-     ノ::::::::|
    |:::::::::丶       . ̄ ̄    /::::::::::::|
    |::::::::::| \_______/ |::::::::::::::::|

150 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 19:57:14
北九州地域の異なる2つのタイプの渡来系弥生人 / 中国東北部起源と長江流域起源
--------------------------------------------------------------------------------

最近では、北部九州の渡来系弥生人と、中国大陸の同時代人骨との比較研究も進んでいる。

ミトコンドリアのDNA分析などから、
山東半島や江南地域の出土人骨とは高い親縁性のある事が指摘されて始めている。

渡来系弥生人は同じ北部九州でも長身で顔が細く華奢な「北九州」タイプと、
やや横幅が張った彫りの深い「西北九州」タイプに分かれる。

前者は山東、朝鮮半島から中国東北部起源、
後者は山東、朝鮮半島から長江流域起源
の可能性か高いという。


和佐野喜久生氏(佐賀大学農学部)は、
日中韓の炭化米を調査した結果、同じ短粒米でも、
玄界灘沿岸地域のものが丸く小さいのに対して、
有明海沿岸地域のそれは、やや長めで大きい事を突き止めた。

前者は同時代の半島のモノに近く、
後者は中国の長江や淮河流域のモノに近いという。


この結果は期せずして、人骨の二つのタイプと一致している。

日本の歴史02 王権の誕生 寺沢 薫著 講談社より
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/roots2.html

日本人のルーツ
http://toron.pepper.jp/jp/kodai/roots/index.html

151 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 20:05:50
ルーツ捜査において極端に飛びぬけて秀でているのはHLAだけ。

ハプロタイプの数が実に1000万種類と圧倒的。

ハプロタイプの数がわずか数十種類しかないmtDNAや他の遺伝学の
実に数十万倍の精度と特定力。

しかもmtDNAの遺伝的系統の割合は、古い系統が新しい系統の割合を
剋する関係であるため、ウソ割合であって実際の割合ではない。

過去にこんな系統がいましたよ、残存している本当のところの割合は
分かりませんが、という程度にしか使えない。

分かる事と言えば過去にやって来た大雑把な系統だけ。
現在の実際の系統には全く使えないのだ。

152 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 20:25:10
日本に来た渡来系には、大きく2種類あったと思われる

縄文人が日本を占拠していた時期に、モンゴルから朝鮮半島を経て
渡来したもの。B52−DR2、弥生人である。
特徴として、頬骨が発達している

すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、新しく関西周辺に入ってきた渡来人
B44−DR13である。
顔の特徴は頬骨が前者の弥生人程発達してなく、蚕型の輪郭をしている
関西周辺から入り、秋田方面、東海方面へと広がっていった
やはり西日本は弥生人がすでに占拠していたため、
西日本にはあまり入りこめず西に行くほど頻度は低くなる


現代朝鮮人・関西周辺人・中国地方人は同じ新モンゴロイド系だが、
関西周辺人だけ、ぶっちぎりで現代朝鮮人に近い、
現代朝鮮人と同一の血を持つ集団が、弥生時代から古墳時代頃に関西周辺にだけ土着したという証拠である。

手掌紋D線3型出現率から求めた朝鮮人との距離
朝鮮 0
近畿 0.007←関西はここ。ぶっちぎりで朝鮮人に近い。
中部 0.012←関西のとなりの濃尾平野はここ。
中国 0.035
九州 0.035
四国 0.038
東京 0.048←関東はここ。
東北 0.068←東北はここ。
南西諸島 0.092
アイヌ 0.118

山口敏「日本人の顔と身体」より

153 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 20:25:50
ハプロタイプは、ルーツ捜査において極めて精度が低く、人種間距離が計算できない劣悪なシロモノ。

154 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 20:35:59
>すでに、弥生人が西日本を占拠していたころに
>朝鮮北部から、瀬戸内海を渡り、西日本を素通りして、
>新しく関西周辺に入ってきた渡来人B44−DR13である。


B52-DR15が日本とモンゴルで高頻度の場所が二極化しているのに対し、
B44-DR13は高頻度の場所が日本と韓国しかなく、
一番頻度が高い地域が東海地方と来れば、東海地方から広がって
いったと見るのが正解。

155 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 20:40:29
古い系統が新しい系統の割合を剋するウソ割合で
人種間距離なんか計算できると思っているところが痛い。

156 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 23:21:39
亜種を含めたら数倍になる、韓国人最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のハプロタイプの1つなわけねーだろ。

韓国人には、
琉球系縄文人の遺伝子が約17%しかなく、
アイヌ系縄文人の遺伝子が約1%しかない。


縄文人のmtDNAは琉球人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm


ハプロタイプは、ルーツ捜査において極めて精度が低く、人種間距離が計算できない劣悪なシロモノ。

157 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 23:34:46
>一番頻度が高い地域が東海地方と来れば、東海地方から広がって
>いったと見るのが正解。

東海地方は騎馬の拠点だ、ツングースの拠点だったとも考えられる。

158 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 23:56:09
>>156
mtDNAの琉球に多い縄文人タイプは韓国人が17.4%、本土日本人が16.1%
と韓国人が僅かに多く、日韓ほぼ同じくらいなんですねえ。

アイヌのタイプは韓国人が1.6%、本土日本人が8.1%と大差が出る。

その中で韓国人最多HLAハプロタイプB44-DR13の頻度が
韓国人5.1%≒本土日本人4.8%、または韓国人4.5%≒本土日本人5.2%
と韓国人と本土日本人で割合がほぼ同じ。


ありゃま、どーしましょうwwww

韓国の琉球に多い縄文人タイプとB44-DR13はどこからやって来たんでしょうねwwww

159 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:07:01
ミトコンドリアは母系のみ。
縄文人が中国人に犯されまくっても縄文人のまま

160 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 15:01:12
あまり厳密な調査じゃないが、関西は耳垢ウェットの割合が25%ぐらいですね。
ttp://home.hiroshima-u.ac.jp/hoogen/chus/chus/95241z.htm
日本人平均が16%だから多いほうでしょう。 さすがに九州南部は30%超えてるようですね。
ちなみに北部の中国人や韓国人では耳垢ウェットは4〜7%。
ttp://www.id.yamagata-u.ac.jp/OLG/contents/cerumen.htm

関東は日本の平均以下。
http://www.athome.co.jp/academy/genetic/gen04.html
これを見てもわかるように、関西には下戸が多い。 下戸というのは大陸系モンゴロイドの特徴で 縄文人にはほとんど存在しない。
酒に強いN型遺伝子を持っているところほど 縄文系or後期渡来系が多いということになる。

http://www.athome.co.jp/academy/genetic/gen_photo/gen04ph3.gif
そして朝鮮や華北ではさらに下戸が少ない

つまり渡来人は華南華中の人間が下戸遺伝子を持ち込んだ。
彼ら自身が耳垢ウェットも多かったので関西はほかの地域より耳垢ウェットが多い。人種が混ざり合ってない昔はもっと多かっただろう。
当然朝鮮系も居ただろうが、少数派だっただろう


161 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 17:33:59
>下戸というのは大陸系モンゴロイドの特徴でモンゴル人などにはほとんど存在しない。

はーい、ウソ!

そんな事はそのページには一切書かれてはおりません。

>そして朝鮮や華北ではさらに下戸が少ない

はーい、極めてウソ。

タイ人はもと華南人だが、下戸は10%ほどしかいませんねw
中国は北上するほどに下戸率が高くなる証拠。

朝鮮人の下戸率が日本人や華北人より低いのは、
日本人や華北人を構成している北方新モンゴロイド以外の
別系統の北方新モンゴロイドも入っているから。

162 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 14:05:47
タイ人は中国人とは別人種。
ベトナムはかなり下戸

163 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 21:39:11
>タイ人は中国人とは別人種。


あほのビビンバですか?

タイ族は雲南から南下してタイに入ったのだよ。

164 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 04:20:13
結局南蛮だろ

165 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 06:38:41
亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13は、縄文人のHLAの1つではなく、
渡来人のHLAの1つ。

もし、亜種を含めたら数倍になる、朝鮮人の最多ハプロタイプ・B44−DR13が、縄文人のHLAの1つなら、
朝鮮人は、沖縄人やアイヌ人と同じ縄文系という事になるが、
朝鮮人に縄文顔の人は、10人に、1人か2人しかいなく、非常にマイナーな存在。


朝鮮人が縄文系に見えるなら、あんた、精神病院に行ったほうがいいよ。


韓国人には、
琉球系縄文人=沖縄系縄文人の遺伝子が約17%しかなく、
アイヌ系縄文人の遺伝子が約1%しかなく、
非常に、マイナーな遺伝子。


縄文人のmtDNAは琉球人によく見られるタイプのmtDNAとして現れるが、
意外な事に、韓国人の方が縄文人のmtDNAが本州日本人より僅かに多い。
その分、本州日本人(伊東市)にはアイヌのmtDNAが入ってくる。
アイヌは東日本までは確実に南下したようだ。

http://home.att.ne.jp/apple/tamaco/Yutenji/000115DNA.htm

166 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:29:07
ルーツ捜査において極端に飛びぬけて秀でているのはHLAだけ。

ハプロタイプの数が実に1000万種類と圧倒的。

ハプロタイプの数がわずか数十種類しかないmtDNAや他の遺伝学の
実に数十万倍の精度と特定力。

しかもmtDNAの遺伝的系統の割合は、古い系統が新しい系統の割合を
剋する関係であるため、ウソ割合であって実際の割合ではない。

過去にこんな系統がいましたよ、残存している本当のところの割合は
分かりませんが、という程度にしか使えない。

分かる事と言えば過去にやって来た大雑把な系統だけ。
mtDNAは現在の実際の系統には全く使えないのだ。

167 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:30:39
まあ、韓国人の憧れが日本で会って、彼等の流行は日本から輸入しているようだしね。

168 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:19:08
B52-DR15の高頻度の場所が日本とモンゴルで地理的に離れて
二極化しているのに対し、
B44-DR13の高頻度の場所が日本と韓国で地理的に連続している。

その中でB44-DR13の頻度が一番高い地域が日本の東海地方と来れば、
東海地方から日韓中に広がっていったと見るのが正解。

169 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 03:18:08
>>1
ツングース人やブリヤート人はどうなのだね?

170 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 04:21:25
人類全部がアフリカの猿の子孫なんだからこんな些細な事、気にするなよ

171 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 19:23:47
秦人はのちの漢人、前の燕人。華北人。中央モンゴロイド。
夫余はのちの高句麗人。満州東部人。北方モンゴロイド。
韓人は6000年以上前に日本から渡った先住民。北方古モンゴロイド。

モンゴル方面から北方モンゴロイドの倭人が朝鮮半島西岸を通過して
渡海して日本へと消えていった後から、燕人に始まる中央モンゴロイドの
華北人が徐々に朝鮮半島に入植し始め、続く秦人、続く漢人でついに
半島全土は侵略され、楽浪を通して歴代の華北王朝の支配下に置かれたが、
ようやく満州東部から倭人とは別種の北方モンゴロイドの高句麗が侵入して
楽浪を滅ぼし、ここでようやく中央モンゴロイドこと華北人による400年
以上にも及ぶ朝鮮支配は終焉を迎えた。

172 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 19:24:21
中央モンゴロイド(中央蒙古人種)は華北に広がる人種で、
南方モンゴロイドと同系統の先住民に6000年前に北方新モンゴロイド
が侵入して交配した混血人種である。

中央モンゴロイドは北方新モンゴロイドや南方モンゴロイドのように
自然に進化して誕生した人種ではなく、両者の交雑によって生じたという事。

朝鮮人は2〜3割の土着の北方古モンゴロイドと3〜4割の中央モンゴロイド
と3〜5割の北方新モンゴロイドと交雑した人種と考えられる。

朝鮮人の血の半分以上は新モンゴロイド由来であろうが、遺伝学から
日本の北方新モンゴロイドとは別系統という事も分かっている。

重要な事は、朝鮮人は中央モンゴロイド(南方モンゴロイドと北方新モンゴロイド
の混血人種)を通して間接的に入ってきた北方新モンゴロイドの血も
あるという事で、これが日本人とは大きく異なる特徴の一つでもある。

173 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 03:29:15
ミトコンドリア遺伝子の解析で人類がアフリカの一人のイヴから分かれた、という切はひていされた。
あきらかに別個の根から派生している。
おそらくアフリカで完成された人類が、ヨーロッパではネアンデルタールをお菓子まくり、
アジアでは北京原人を犯しまくり。東南アジアでジャワ原人を犯して人種がどんどん完成していった。
旧約聖書にみられるように、アダムとイブという完成された人間のほかに、
「人々」という別個の人間がいて、それとアダムの一族が交わり、種族が閑静していったのだ

174 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 14:29:25
 、___________
  、>              .|
  >________   .|
   ̄   .|./_   _\ |   |
      | /  ヽ/  ヽ |  |
.      | |   ・ | ・  |  V⌒i
   _  |.\  人__ノ   6 |
   \ ̄  ○        /
.     \          厂
     /  _____/
      ̄ ̄, -/へ/\/`- 、
       /./  ./o    i. \
      ∧
/ ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
あはははははは。 チョンはカラッポ!

175 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 19:45:51
>>173
何度も何度も新種が出てきては波のように世界に広がって、前に広がった種の上に
人種的進化をもたらしていったのかもな。

176 :YAP?:2005/08/18(木) 21:13:04
>>175,173

>何度も何度も新種が出てきては波のように世界に広がって、前に広がった種の上に
人種的進化をもたらしていったのかもな。

感覚的には同意するが、しかし、mtDNAやY染色体DNAハプロタイプなどのデータ
を見ると、そうとも考えにくい。

結局、ホモ・サピエンスと同属である他のヒト属(ホモhomo)の、例えばホモ・ネアン
デルターレンシス、ホモ・エレクトゥス、それに昨年新発見されたホモ・フローレシエンシス
などの近縁種と、交雑した可能性がほとんど否定されている。

通常、これだけ近縁の種間では、交雑して子孫が残りそうなものだが、その証拠は、
分子遺伝学上、ほとんど否定的だ。
勿論資料が集積すれば、種間交雑の子孫が発見される可能性はあるかもしれないが、
現状で考える限りは、ホモ・サピエンスと同時代に共存していた近縁種3種とはどうも、
混交により子孫を残すことは無かったと考えるべきであり、サピエンスと他の3種間に
「大きな(生物学的な)溝」ガ、存在したと考えざるを得ない。

その「溝」は、おそらく染色体数の差であろうと考えているのだが・・・。

177 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 21:50:55
そうなると、mtDNAの数十種類のハプロタイプが織り成す地域ごとに異なった
重なり合いは同種のサピエンスから分岐に分岐を重ねた結果だという可能性が
強くなるな。



178 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 22:44:22
mtDNAだと日本人と台湾人と中国人は極めて近いが、
Y染色体だと日本人と中国人は大きく異なってしまう。

渡来系は女性を伴わない傾向が強いから、
必然的にY染色体よりmtDNAの方が土着的要素が強い事になる。

Y染色体はまずDが最古で、そこからOに変化し始めた。

日本人とチベット人の変化はまだその中ほどだが、
中国人や東南アジア人はほとんどOに変わってしまい、
Dはほんの僅かになってしまった。

その後、日本にはCとNを同時にもつ渡来系の種族が入ってきて、
全体の2割ほどを占めた。

こんな感じだな。

179 :YAP?:2005/08/18(木) 22:56:06
>>177

そう思う。
mtDNAや、Y染色体DNAのハプロタイプのデータからは、現在のホモ・サピエンスに、異種の
人類(ネアンデルタール人など)との交雑が検出されないのだ。
やはり、ゴリラ・チンプなどと同様に、48個の染色体を持っていたヒト属の中で、染色体数が
46個に減少するという、突然変異によって、ホモ・サピエンスが誕生したのだろう。
その結果、ホモ・サピエンスは、他のホモ属との間に一代雑種は可能でも、その染色体数は47個と
なるため、それ以降の子孫は生まれない。

そう考えれば、ホモ・サピエンス内の、遺伝的多型が、現世のゴリラ、チンプ、ボノボに比して、一般に
少なく、「ボトル・ネック」効果を受けていたとされることも説明できる。


180 :YAP?:2005/08/18(木) 23:58:47
>>178

おいおい、Y染色体DNAは、Aが最古で、次いでBが派生し、BからCが分岐し、
Cが出アフリカを果たし、そのなかから、
@YAP、M145、M203の突然変異を持った集団、
AP14、M89、M213の突然変異を持つ集団、が生じたため、
B祖形のC(これも後にRPS4Y711、M216と言う突然変異を生じる)と併せ、
三系列に分派したのだ。

そして、@のYAP、M145、M203集団から、M174という突然変異を生じた
「D」と、SRY4064、M96,P29という突然変異を生じた「E」が分岐したのだが
、祖形に近いのは「D」だとされている。
AのP14、M89、M213と言う突然変異を持つ集団は「F」だが、この中から、更に
M201突然変異を生じた「G」、M52,M69突然変異を生じた「H」、P19、M170
突然変異を生じた「I」、12f2a突然変異を生じた「J」、それにM9という突然変異を生じた「K」
という5つのハプログループが分岐する(祖形の「F」を含めると六系統だ)。

でこの「K」から、「M175、M214」と言う突然変異によって、分岐したのが「O」だが、「K」と
「O」の間の「L」「M」「N」、その後の「P」も「K」からの分岐組だ。
「P」からさらに「Q」「R」も分岐する。今のところは「A」〜「R」までの分類だ。

ただし、上記は、最新の2005年ではなく、2002年のものなので、修正されているだろうが
大元は変わっていないはずだ。
ついでに言えば、「O」にP31変異で「O2」が分岐し、更にSRY+465変異が生じて「O2b」が
分岐し、更に47z変異で「O2b1」が生じたわけだ。
この47z変異の無い「O2b」を、「O2b*」と表記する。つまり、「47z」変異を生じた「O2b1」の
祖形だと言う表記だ。

で、徳島大学の中堀豊教授の日本人のY染色体DNAのハプロタイプを四群に分類した時の、
「T」は、YCC分類の「C」、「U」は同じく「D」、「V」は「O2b*」、「W」は「O2b1」
というわけだ。


181 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 13:36:05
ほぼアルファベット順の進化という訳か。

では日本人のY染色体はCとDが縄文人のもので、NとOが弥生人のもの
という事だな。

ただOは中国大陸やインドシナ半島からは来てないな。
日本人にはKが無い代わりにNが有るし、他の遺伝学との兼ね合いでも
合わない。

やっぱNが日本にやって来てOになったのと違うか?

182 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 20:12:16
  Λ_Λ 
 <丶`Д´> <ウリはからっぽ

183 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 20:29:36
mtDNAの日本人には9人の母親が居るってのも実は嘘だろ。

1つのmtDNAから分岐して、分岐したmtDNAからまた分岐して、
というように分岐を重ねながら9つのmtDNAになったってだけ話だろ。


184 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 20:03:08
どうやら図星だったか?w

Y染色体とmtDNAのカラクリ。

185 :tociguri:2005/08/24(水) 22:45:09
まあ、旭鷲山、朝青龍、朝赤龍をみると日本人と区別しようがない。特に旭鷲山が
登場した時にはモンゴル人というとどんなごつい顔をした人間だろうかと思っていた
が、日本人と何も違わないので笑った。

 中国人や朝鮮人ならどこか違うのだが、モンゴル人には特徴が無いと思う。

 モンゴル帝国が崩壊すると早々と中国から引き揚げて行ってラマ教などに改宗して
平和愛好民族に変身したというような性格も似ているのではないか?






186 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 23:07:02
色白で堀が浅く、一重まぶたで「目が吊り上らずに」細い。

西日本に特に多い顔。

これは北方アジアのどこかに多い顔なのは確か。

でも半分以上の日本人は土着系の顔だろう。

187 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 23:47:46
工作キャッチ!




94 名前:日本@名無史さん :2005/08/23(火) 23:47:40
弥生人は朝鮮人ではない
中国南東部、あるいは北部の民族が濃厚




188 :YAP?:2005/08/27(土) 00:50:04
>>183,184

何を言いたいのかわからないが、その「日本人の9人の母親」というのは、サイクスの
『イヴの7人の娘たち』にでも載っていたのかね?

この本は私も読んだのだが、mtDNAのDループの突然変異による多型のみでは、
母系を単系的に追えないということに直ちに気付いて、後の細かいことは忘れたのだが、
本は持っているし、本棚からすぐ出せるので、何を書いていたのか、その本に載っているなら
調べられるが。

ただ、日本人の母系が「9人(というか9系統」くらいに絞られると言うことは一向におかしくないが?

189 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 11:59:24
だから、それは1系統から9系統に分岐した土着系だろ。

あたかもそれが渡来系と錯覚させる工作的な解釈者ばかりで
ウンザリなんだよね。

こいつらは東アジア一帯のmtDNAがどうしてコンテンツも割合も
ほとんど同じなのか考えられないのかね。

本当に頭弱いよ。

190 :YAP?:2005/08/27(土) 21:48:06
>>189

>こいつらは東アジア一帯のmtDNAがどうしてコンテンツも割合も
ほとんど同じなのか考えられないのかね。

イリノイ大学のSCSのHPのMTDNA Haplogroupsの
図を見ていると、そもそも、「東アジア一帯」で、コンテンツ(何のことだ?
ハプログループの種別のことか?)も割合も、かなり「色分け」が違うぞ?

まさか、私が一目で「こりゃあかん」と見破った「MTDNA」のD領域の
古いデータのことではないだろうな?

ミトコンドリアDNAもハプログループで論じられているのだが、
良い日本語の概説書が無いので、なにを基準にしているのか、
まだ私はチェックしていないのだ。
別に、この方面の専門家というわけでもないのでね。
まあ、医学を学んだので、それなりの基礎知識はあるが。

191 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 18:08:36
もっとよくmtDNAマップを全体から俯瞰しろよ。

アフリカ、ヨ−ロッパ、東アジア、北アジア、アメリカ。

大雑把に5つくらいのグループしかないだろ。

東アジアとは具体的にはJP、HA、HT、MO。

コンテンツというのは地域別のハプロタイプの百分率における
個々のハプロタイプの内容構成。

東アジアのハプロタイプはどこも全体的にコンテンツも割合も
非常に似通っているだろが。

192 :YAP?:2005/08/28(日) 18:24:18
>>180

上げを兼ねて、訂正します。

Y染色体DNAハプログループの分岐で、「K」から分岐した「L」〜「P」の内、2005年版の
分類では、「K」から、「L」「M」「NとO」「P」の四種が分岐し、更に、「NとO」の
共通の祖先から「N」と「O」が分岐した(この他、「L」から「P」に含まれない「K」の
グループもある)とされています。

尚、イリノイ大学のSchool of Chemical Science(SCS)のHPの
ミトコンドリアDNA(MTDNA)のハプログループの図表を見ると、ハプログループは、

L1、L2、L3,M、C、Z、D、G、E,Q、N、I、W、A、X、Y、R、B、F、HV、
H、V、P、J、T、U,K

の27種類です。
アルファベット順ではないし、どういう名称のつけ方をしたのか、不明であり、おまけにMとNは
どうも、単系では無いように書かれていました。

193 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 20:35:34
>「NとO」の共通の祖先から「N」と「O」が分岐

やっぱりな。

そうじゃないと色々矛盾するからな。

Y染色体のNとOが分岐したのはモンゴルからブリアート付近だろう。

モンゴルはOが多くでNがわずか、逆にブリアートはNが多くてOがわずか。

隣りあわせの地域なのにNとOの割合が全く正反対になってるのが面白いね。
CやKの割合は非常に似ているのにNとOの割合だけが逆になっている。

やはり日本のNとOはモンゴル近辺から来たんじゃないか?

194 :YAP?:2005/08/28(日) 20:56:08
>>191

そのHAN、MO、JP、HTの類似は、了解した(というより最初から気付いていたが)。
ただ、「東アジア」というものだから、もっと広い範囲を想定したので、おかしいと感じたわけだ。

「東アジア」というと、満洲・沿海州・バイカル湖周辺・東南アジアを含むと考えるだろうが。

195 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 21:18:50
東アジアと言えば、普通は日本、中国、朝鮮だろ。

チベット、青海、新疆、モンゴル、ベトナム、ロシアも
含む事もあるんだとさ。

モンゴルは普通は北アジアに入るんだとさ。

バイカル湖はさすがに北アジアだろう。

東南アジアは東南アジアだろw

196 :YAP?:2005/08/28(日) 23:03:35
>>195

う〜ん、その解釈は初めて聞いたような気がする。
私の感覚では、東アジア=東北アジア+東南アジア(+中国)で、
東北アジア=日本、朝鮮半島、満洲、沿海州といったところで、
中国本土は、東北・東南アジアの何れにも入らないという感覚だった。

モンゴリアは北アジアなのか、東北アジアにはいるのか、微妙だが・・・。
地理的概念と政治的な概念がずれているのかも知れないな。


85 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)