2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

天皇家て何処から来たの?

1 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2005/06/06(月) 01:08:07
語れw

2 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 01:09:20
高天原

3 :日本@名無史さん:2005/06/06(月) 02:30:41
結論が出てしまったので


         終         了         




4 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 20:30:06
ブリアート

5 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:58:24
キャベツ畑

6 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:04:08
↓知恵おそき子

7 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:08:44
朝鮮半島からの征服王朝です

8 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:08:47
乞食嫁

9 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:20:07

◎ B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%

日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

10 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 22:25:32
弥生人の末裔、皇族を含む西日本人は、

gm遺伝子で見ると、ブリアート、エヴェンキ、ヤクートと酷似。
HLAで見ると、飛びぬけて高頻度のハプロタイプがモンゴルと一致。
Y染色体で見ると、先住民を除いた朱と紫がブリアートとエヴェンキに近い。

遺伝学で見ると、ブリアートとエヴェンキが最有力。

http://www3.mahoroba.ne.jp/~npa/narayaku/image/dna_map.jpg
http://www.scs.uiuc.edu/~mcdonald/WorldHaplogroupsMaps.pdf

11 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:31:38
馬鹿ダナー

子宮にきまってるだろう

12 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 23:39:01
三つ目の信号を右折すると右側にドンキがある
そのドンキの脇の細い路地を入り、一階が中華料理店になっている 雑居ビルの四階から来ました。

13 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 17:53:49
宮崎県

14 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 17:57:31
京都府

15 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 14:25:02
朝鮮半島じゃないの?

16 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:00:49
皇居

17 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:14:46
天孫降臨to日向
つまりUFOさ!

18 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:31:14
半島から来たテロリスト

19 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 11:57:32
天皇家だけでなくそもそも日本人は列島が陸続きだった頃、北と南から流入した人々の混血だろ
だからDNA(見た目も)が北アジア系の人々と似ているのは、かつて彼らが北から流入してきたのだろう
また南からは華南辺りや東南アジア系の人々が流入してきたのだろう

完全な島国となってからは朝鮮半島が一番近いからそこから人々が移ってきたのだろう
実際に古代の墳墓(山陰地方)は朝鮮半島と全く同じ形だし

その中で先進的な技術(農作・軍事)を持つ大陸系の人々がこの島の権力を握って王朝としたという筋書きには無理が無い。

大元はみんな大陸から来たんだから
更にたどると、すべての人類はアフリカのルーシーの子孫なんだから


20 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:07:08
パンキョーレベルの基本的史学知識ですが、
百済王族というのは朝鮮民族じゃあ、ありませんよ。
ある種の方々は誤解してるか目を塞いでらっしゃるけど。
百済王家というのは、現地の朝鮮人を征服して奴隷化した征服王朝であって、
その起源は中国東北部のツングース系騎馬民族の扶余族。
また、高句麗も扶余系。
百済王家が朝鮮人なら、フビライ・ハーンは中華民族になってしまうよ。
また百済王家は対新羅上、日本とずっと親交を結んでおり、
武寧王に至っては日本生まれ。新羅王も、日本列島出身なのは、朝鮮の史書にも書かれてます。
桓武天皇の生母が百済系だという表現は正確だとは言えない。
ましてそれをもって天皇を百済人(笑い)であるとするなら、上記のような事実を踏まえて天皇は満州人です。
さらにそのロジックを用いればロックフェラー家は日本系です。

21 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 17:10:59
海外

22 ::2005/07/13(水) 17:57:31
太古,日本列島には馬はゐなかった(魏志倭人伝に「其地無牛馬虎豹羊鵲」).
「うま」といふ音も,元来,漢字の音読み「ま」から生じた.
日本神話で馬が登場する場面は,高天原でスサノヲが暴れるくだり.
アメノブチコマ(天斑駒)をスサノヲが「逆剥ぎ」にして,ハタヤの屋根をぶち破って
投げ落とす.驚いた機織り女はマムコを傷つけて絶命する.
高天原の所在地には諸説あるが,かりに朝鮮半島南部であれば
日本列島にはゐなかった馬が神話に登場しても不思議ではないのだらう.

23 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 07:46:02
加羅は天皇家のノルマンディー

24 ::2005/07/18(月) 19:25:50
最新の考古学の成果は従来の天皇家朝鮮系の説を覆しつつある。
丸ノミ型石斧が九州、沖縄、フィリピンに分布する
ことから
列島の南方系の人々はレムリア大陸の水没により
フィリピンから黒潮に乗り南九州にたどりついた
人々と判明された。

25 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 19:33:49
黒潮の流れは鹿児島の手前で日本海側に別れている
ものがある。こちらに流れた一族は朝鮮半島南部から北九州にたどり着いた。
一方、南の黒潮に乗った人々人々は
この時代もっとも裕福な地であった南九州にたどりついた。
鹿児島上ノ原遺跡は当時のこの地域の繁栄を伝えるとともに
縄文時代の遺跡である同遺跡で弥生式土器が発見されたことは
学会にとってもセンセーショナルな出来事であり
当時の南九州の文明の高さを証明するものである。

26 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 19:36:25
天皇家ゆかりの地が黒潮ルート沿いに
展開するのは偶然ではない。

27 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 02:59:32
天皇家のハプロタイプを調べてくれ

28 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 03:34:38
あっち

29 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 18:29:41
従来の学説は天孫降臨の地が
南九州なのは権威づけのためという
無理矢理な説明をしてきていたが、
最新の考古学は南九州であることは事実に基づくものであることを示している。

30 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 18:41:40
欧米の学者が言うコメと一緒で半島から南九州な。

米のトマフォークと中のぼろ核を一緒に喰らいたかないだろw

31 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:27:23
天孫自体がツングース系でそれまでの古代王朝とは異なる。
古代王朝は九州が中心だがツングース征服王朝は出雲畿内関東本州。
ヒムカの地は元ヤマトの地名だったが彼らに征服された。

32 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 11:03:05
はっきり言って別に何処からきても良いんだよね
大陸からだって何だって
宇宙から来たんだったら一大事だよ

33 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 12:43:46
俺が必死に書いた天空の城ラピュータ説は削除されたのか?

34 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 13:24:05
じゃあ、この話はミステリーってことで。

   終了


次行ってみよう ↓

35 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:34:16
みんなお母さんから来たんだよ。お母産。

36 :日本@名無史さん:2005/07/21(木) 23:55:52
B52-DR15星雲

37 :日本@名無史さん:2005/07/22(金) 00:07:08
天皇は畝傍山から!

38 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 00:44:07
天皇は皆剛毛

39 :33:2005/07/23(土) 02:29:24
天空の城ラピュータ説また書いて良いのか?
削除された理由を述べてくれ。
リアリティがあったのか?
まさかあれを信じる奴が出てくる危険性があるというのか???

40 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 02:39:34
韓国人なんて天皇家の血を濃くしたようなものだから
朝鮮人は皆天皇みたいなもんだろ

41 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 03:58:42
天から降臨した。

42 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 04:28:27
おかぁのおめこやねーけ

43 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 04:48:01
>>40
今時、騎馬民族説なんて信じちゃってる人ですか?
何十年も前に廃れた珍説なのに。


44 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 05:25:45
天皇家の名字は無いのではなく、隠されているだけである。
1915年6月29日、ときの「朝鮮総督府」により、金官伽耶の金海金氏の族譜(家系図)の族譜の発行を禁止した。
何故か。
また、嘗て宮家には賀陽宮(かやのみや)があった。
天皇家は百済系では無い。

45 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 05:54:00
また電波が現れたww

46 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 06:56:46
弥生時代の倭人の族長とかそのあたりだろ
その弥生人のルーツまでさかのぼる気ならシラネ。
天皇が百済とか新羅とかはナンセンスってか最近そんなスレばっかだな。

47 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 07:00:39
金官伽耶の金海金氏

48 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 07:03:52
天皇家が3世紀以後の朝鮮半島渡来の可能性で言えば
有り得そうなのは伽耶出身説くらいか
新羅・高句麗・百済はないだろう

49 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 11:55:49
てか、邪馬台国の倭人と大和政権の支配者層が
同一の文化的背景を持っていたのは明らかでしょ。

何で出自を外国に求める珍説を信じちゃうのかねえ。

50 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 13:26:10
>>45
バカガキか。
>1915年6月29日、ときの「朝鮮総督府」により、金官伽耶の金海金氏の族譜(家系図)の族譜の発行を禁止した
理由を説明してみろ。これは歴史的事実だ。
今上天皇は自分の祖先が朝鮮半島から来たと言ったよな。じゃあ、それは何と言う国だ?え?

51 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 13:29:24
>>49
出雲とは何かを考えてみよ。

52 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 13:56:11
>>51
畿内か九州にあった邪馬台国に滅ぼされた国でしょ。

53 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 17:16:09
>>50 今上天皇が「自分の先祖が朝鮮半島から来た」と言った…。天皇は一切そのような事は言っていませんが?

54 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 17:23:56
>>52
出雲が滅ぼされたはずはない、大和朝廷の中核になっているのは
宗教、官吏の出自、文化背景からも明らか。
むしろ、大和朝廷と名を借りた出雲朝廷とさえ言っていいくらい。
九州の王朝は大和の朝敵だ。

55 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:23:31
>>53
ここを参考にされていると思うけどw
http://blogs.dion.ne.jp/amabegoro/archives/996580.html
金海金氏の系図の発行を停止しただけで、何故天皇家が任那人になるの
でしょうか?第一金海金氏の系図と日本神話が符合するの部分はごく一部分。
日本神話は世界中の神話の影響を受けており、貴方の理論だと天皇は
中国人やペルシア人になってしまいますよ?
ちなみに「賀陽宮」の語源は宮邸の榧(かや)の老木に由来します。
第一明治時代に創設された宮家。とんだ電波ですねぇ。。。w

56 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:43:19
そもそも金海金氏って日本人が始祖なんだろ?

57 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:46:18
応神大王は金官加羅からやってきた傭兵隊長。

58 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 21:51:27
ショック!!!

59 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 22:08:02
なるほど納得

60 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 22:48:33
甕墓だっけ?北九州と挑戦南部に共通する墓。
しかも甕墓の量は九州のほうが全然多いとか。

61 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 22:57:17
>>55
ウガヤとアラカヤって知ってるか?
出雲大社の次の駅の名を知っているか?
自分の無知を棚に上げて人を電波扱いかいwww
>金海金氏の系図の発行を停止しただけで
だけで?
それがどんなに重要なことかわからないバカのようだな。
その発行の停止の理由を聞いているんだよ。
お前はどこにその答えを書いたんだ?

62 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 22:57:25
121 :日本@名無史さん :2005/06/05(日) 16:51:04
金海は今の韓国南部、慶尚道釜山市の一体にある地名で、金海郡が置かれています。
韓国で出版されている「倍達民族の始祖と官職通覧辞典」には金海金氏は唯一、
同じ本貫に別系統の同姓が2つある氏族です。

一つ目の金海金氏は始祖が金首露といい、駕洛国(伽耶)の初代国王で9人の息子がいました。
内、7人が金姓を、残りの2人が母の姓である許氏と河氏を継いだのが金海金氏の始まりです。
実はこの初代国王・金首露は海を渡ってきた渡来人と伝えられています。
韓国の資料には国王が渡来人であるとし、日本の記録で同じ時期に任那・伽耶諸国は日本の領土であった
ことからこの金海金氏は日本人である可能性が濃厚です。
よって、>>119にある発禁処置とやらをうけたのはこの氏族ではないでしょう。

もう一つの金海金氏は初代は金忠善といい壬申倭乱のときに3000人の兵を率いて帰化した
沙也可(サヤカ)という日本人です。王から姓を賜り金海金氏になったとあり、
もともとは加藤清正の部将であったとされています。
こちらの方は植民地時代に自分は日本人の末裔だと役所に名乗ったところ
「我が帝国にそのような裏切り者などいるはずが無い」と相手にしてもらえなかったという話を
を僕もどこかの本で読んだ記憶があります。なので
>>119の話はこちらの金氏かもしれません。いづれにせよ、記録されたという官報を見てみないことには判断がつきませんが・・。


63 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 23:32:42
>>60
甕墓については越前からも出土しているらしい、
ベトナムにもあるらしいが、元はインド方面の埋葬形態らしい。


64 :日本@名無史さん:2005/07/23(土) 23:54:38
>>60>>63
素戔嗚尊と牛頭(ソシモリ)の関係を考察せよ。

65 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 00:23:25
少なくとも天皇のスピーチの内容をねつ造し、賀陽宮と伽那を強引に結びつけてマンセーしている方は電波という方向でw

66 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 00:56:27
>>65
「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」
という発言の意味するものは何だ? おまえ、捏造って言葉の意味わかってんのか?
宮家の名前と言うのはな、簡単に付けられるものではないんだよ。
さんざん由来を吟味されて付けられるもんだ。賀陽宮と聞いて伽耶を思わない方がよほどのアホーだ。
栢や萱ですら伽耶を由来とされているのに、賀陽宮と伽耶が強引に結び付けられているだと?
お前、日本書紀なんか読めんぞ。その程度の頭では。

67 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 01:44:23
桓武天皇の母(光仁天皇の側室)は、日本に人質として来ていた百済の武寧王の
200年後の子孫。天皇家の出自とは関係ないじゃん。

ちなみに「ゆかり」発言は韓国のマスコミに歪曲されて
「日王、王室の根、百済王室から起こると是認」と捏造報道されたらしい。


68 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 03:14:28
>>44
「1915年6月29日、ときの「朝鮮総督府」により、金官伽耶の金海金氏の族譜(家系図)の族譜の発行を禁止した」
これのソース教えて。まさか戦国時代の日本人の沙也可(サヤカ)の子孫の金海金氏のことじゃないよな。


69 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 08:28:45
>>66

貴方>>50
「今上天皇は自分の祖先が朝鮮半島から来たと
言ったよな。じゃあ、それは何と言う国だ?え?」

という書き込みをなさっていますよね?

「私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると
続日本紀に記されていることに、韓国とのゆかりを感じています」

この言葉が何故「自分の祖先が朝鮮半島から来た」と捏造されて
いるのでしょうか?実際は1200年前の49代光仁天皇の側室で、
50代桓武天皇の生母が百済の武寧王8代孫だというだけw


70 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 08:31:35
第一宮家の名前、即ち宮号の命名方法も非常に簡単です。
三笠宮や高円宮は山の名前から、秋篠宮、常陸宮、秩父宮は地名から、
賀陽宮と同じ久邇宮から枝分かれした東久邇宮は、文字通り東の
方向に邸宅があったから。賀陽宮は邸宅の榧の老木から。

第一「賀陽」の意味が「伽耶」だとして、何故明治時代に作られた
新しい宮家に態々「伽耶」と名づけるんでしょうか?説明してくださいw



71 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 12:52:19
>生母が百済の武寧王8代孫
平成天皇が桓武天皇の子孫である以上、武寧王は立派な「祖先」のひとりですが、何か。

72 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 14:33:17
>>66って頭悪いよね〜
本当に知識があるのなら、理路整然とした論を繰り広げて俺を納得させて欲しいもんだ。

73 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 15:13:19
たしかに武寧王は天皇家の祖先の一人だよな。
でも天皇発言を曲解して「天皇家の男系祖先は朝鮮人」なんて電波を
飛ばしたのが当時の韓国マスコミ。さすがに韓国の歴史学会でも批判を浴びて
トーンダウン。韓国人はコンプレックス強すぎ。
それより自分たちの直接の祖先の国新羅の初期の国王や宰相の出自が
自国の正史にどうかかれているか調べてほしい。

74 :金試腹:2005/07/24(日) 15:28:50
>>73
さらに古くは神功皇后も新羅王の子孫だしね。

6世紀初の新羅王は百済の亡命貴族なんだから
現在「金(キム)」を名のっている輩は百済王の末裔でもあるんだろ?
そこんとこどうなのよ?っ感じだ。

75 :金試腹:2005/07/24(日) 15:48:51
・吉備氏は5世紀後半に任那に派遣されいてた。
・舒明天皇の皇子に「蚊屋皇子」つー人がいる。
・嵯峨天皇の周辺にも「カヤ」と訓む名称は多い。

76 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 18:31:31
カヤのような弱小氏族が、どうして巨大な古墳を造れる王族を破れたのでしょうか?
巨大古墳を造った大和一族がその勢いで朝鮮南部まで攻め込んだ方が自然に思う。
当時の朝鮮は群小国家時代だった筈。


77 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 19:09:20
>>70
他に木の名前を取った例が一つでもあるのか?
ただの地名? バカを言うな。どんな地名でも付けられるとでも思っているのか?
バカ過ぎやしないか?

78 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 19:14:53
じゃあどんな地名だったらいいんだよ?

79 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:09:27
>>76
電波君たちには、そういった当たり前の解釈ができないんだよ。
こじつけと捏造で構成されている自称歴史家の書いたインチキ古代史本を
読んで、真に受けちゃってる人たちだから。


80 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:21:27
中国新朝の王族の生き残りが
日本に渡り、神武天皇になったんだよ。


81 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:26:37
日本人には中国人に多い遺伝子が全く出てこない。
中国人にも日本人に多い遺伝子がわずかしか出てこない。

日本人から出てくるのはモンゴルあたりに多い遺伝子と
土着系の遺伝子ばかり。

82 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:26:42
卑弥呼さんの遣使は帯方郡にご挨拶
三国の影も形もないじゃん。

83 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:43:10
>>1

中東であることが判明している

84 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 21:57:11
まあ、高天原の所在地は北九州か畿内が有力だから、
そのどちらかでしょう。


85 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:00:06
天皇=古代ユダヤ

86 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:01:50
天王星

87 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:02:02
>高天原

筑豊盆地

88 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:05:17
天皇はどうか知らんが、その前身のオオキミは
支那の殷代の人々じゃなかろうか?


89 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:05:59
1番考えられるのは
4世紀後半までは畿内土着の政権があり、
それを神武=応神が東征により奪ったという可能性。
神武東征神話は応神東征を正当化するための
でっちあげ。2代目から崇神王朝までの系譜は
畿内土着の連合国家体制の系譜。
そして九州邪馬台国勢力の応神がそれをのっとった。
卑弥呼の時代は畿内・九州それぞれ同盟関係にあった。

90 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:10:20
>>89
中々良い感じだと思う、それで、出雲政権は?

91 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:41:37
>4世紀後半までは畿内土着の政権があり、


弥生人研究家として一言。

弥生人はBC2C末には既に船を操り中国地方まで東進している。
BC1C末頃には東北地方まで進出していた事が分かっている。
それよりずっと後の4C後半ではもう西日本一帯が弥生系勢力下のはず。
弥生人が九州北部より東進していったのは南部や西部に縄文系勢力が
あったからだと考えられ、人口増加とともに、当時、縄文人過疎地
だった中国〜近畿地方に流れていくしかなかった。

むしろ本来の土着系(縄文系)勢力が九州南部より東進して
弥生系に奪われた領土を奪回したのではないか?

92 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:45:59
弥生、縄文そう簡単に分けれるもんじゃない、
有明海周辺はすでに縄文の混血種が開拓してるし
(DNAや遺跡調査等から)
縄文だの弥生だのという概念自体が当時の倭人
中国人にはないことからも明らか。

93 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:47:29
卑弥呼と天照の符号があまりにも多すぎる。しかも時代も一致するし、邪馬台国と大和国の国名の合致も気になる。邪馬台国の一派が建てたのが大和政権ではないだろうか?

94 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:47:44
ただ、新参者(出雲系=天孫族=土井が浜タイプ)
については渡来系、外来種という
意識が倭人側、天孫族側双方にあったようである。

95 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:53:06
出雲系と天皇家の違いを具体的に教えて下さい。今一解らないもので…

96 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 22:58:52
天孫は日本語を話す北九州の勢力です。
天皇家の出自を海外に求めるのは電波。

97 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:01:40
弥生人は縄文人と居住区を異にしていた事も分かっている。
全体に混血が浸透したのはそうとう後の事だと思われ。

縄文、弥生という概念というより、異種異族としての認識は
当時の縄文、弥生、両倭人には当然あったと思う。

でも中国人には無いだろうね。

中国古書に最初に倭人という言葉が出てきたのは1Cの後漢書だったか?
倭人が楽浪を訪れ、漢人は初めて倭人の存在を知る事になる。

98 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:02:20
天孫は出雲勢力です。
アマテラス系の神社はそれです。

99 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:07:50
>>97
出雲系はかなり異種で大規模に渡来したと言われているので
そういった棲み分けがあったかもしれない。
身長からして違っていたらしい。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html

しかしこの国(日本)の民は元々縄文も含め国津神を祀っていた。


【人種論】
日本神話では、いわゆる「天孫{てんそん}民族」が新しくきて、
国土を統一したように伝えている。それを歴史に読み替えて、
天孫民族が日本人、先住民族がエゾですなわちアイヌという理論に
発展した。『類聚国史{るいじゆうこくし}』では、エゾを「風俗部」
に数え、これを一種の「国内殊俗{しゆぞく}」すなわち「国内異民族」
扱いしている。歴史的経過に照らせば、北東日本に拠った「国内異民族」
にあたるものがアイヌであることは、まことに自然である。だから、
エゾをアイヌと考えることは、十分理由のあることである。しかし、
これは、蝦夷をエゾと読むようになった平安中期以降では無条件に正しい
のであるが、蝦夷をエミシ(エビス)とよんでいた古代においては、
これをすぐにアイヌと置き換えるだけの十分な理由がない。古代エゾ観念
は人種観念でないからである。それを、エミシ時代の古代エゾをも含めて、
通して、アイヌか日本人かという二者択一の人種論でとらえようとしてきた
ところに、この議論の誤りがあった。

100 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:12:47
天皇は渡来人であるのは自明
古墳の絵見てこいや


101 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:18:07
>>100
古墳の絵て、まさか飛鳥時代の古墳のことですか?www

天皇家の出自が日本語を話す民族であったのは自明。

102 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:20:49
>>99
おめーはただのビビンバじゃねえか。

こんなところまで出てくんな。
こんなところで日本人に対して洗脳工作やらかしてないで、


と っ と と ビ ビ ン バ ラ ン ド に 帰 れ !




103 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:37:38
でもまあ漏れが習った日本の古代史は、縄文人と弥生人が文明人の半島人や中国人の
渡来人に文明をさずかり、それ以前の石器時代に毛が生えたような生活から立ち直りました
っていう風に習ったよ。

104 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:43:13
>>103
素人はロムに徹しなさい

105 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:46:16
半島人こそ中国人からシナ文明を授かった。

BC2C末、漢に侵略されて楽浪を擱かれて400年以上支配された。

ビビンバ人の血には中国人の遺伝子がたっぷり出てくるが、
日本人種にはほとんど出てこない。

日本には弥生系が北方アジアの文化をもたらした。

106 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:50:25
弥生系ってチョソなんじゃないの?骨格とか顔つきが似てるって・・・

107 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 23:57:37
とぼけすぎてて、わざとらしい。

弥生人が半島をすり抜けてきた北方人種という事など
日本史板の常識中の常識だろが。

寄り目にビビンバ入れるぞw

108 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:02:12
土井が浜タイプ(天孫族)は違う、すり抜けてきていない。
すり抜けたタイプはほぼ無意識?に倭人の中に混じっている。

109 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:04:36
土井が浜タイプはただ単純に吉野ヶ里タイプの100年以上後のタイプ。

110 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:11:54
土井が浜タイプ(天孫族)は組織的渡来であったことや大陸文化の
シャーマン邪術使いであったことから土着倭人勢力との
間に衝突があったと思われる。天孫系の渡来が日本での戦争文化の
始まり。

111 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:16:47
土着系と衝突があったから、吉野ヶ里タイプは1Cほどして
その一部が船を操り東進をし始めた。

まず最初にその足場になったのが土井が浜。

112 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:18:31
天孫族=日本語を話す民族=倭人
高天原=北九州

113 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:22:13
>>111
なんも知らないな、書き込むなよ。。
土井が浜や出雲のタイプは半島むいて
埋葬してるんだぞ、適当な事書くな。

114 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:23:17
日本語=アルタイ系
タカマガハラ=モンゴル方面

115 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:27:52
政治家や官僚は大卒だから、不正はしないよ。
政治家や官僚を叩くのは高卒の妬みだよ!

lヽ
l 」∧_∧       
‖ ( ゜∀゜)アヒャーヒャヒャ
⊂    つ
  人  Y
 し(_)


116 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:28:04
>>114
いくらなんでも電波すぎ

117 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:30:45
>>113
馬鹿。

それはただ単純に太陽信仰。
海に沈む太陽に首を向けて埋葬してるだけ。

日本人には華北人に多い遺伝子がほとんど無いのだ。
華北人にも日本人に多い遺伝子がわずかしかない。

大陸(華北)に向けて埋葬したなんて三国志狂者の妄想妄想。

118 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:36:11
>それはただ単純に太陽信仰。

どっちにしても金、白系
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html


119 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:38:24
朝鮮人には華北人に多い遺伝子がたーっぷりあるがな。

せいぜい君は大陸を向いて土葬されてくれたまえよw

120 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:46:01
倭人(縄文の後裔)の神
1,大国主(倭)魂 2,国津神

征服者天孫族(出雲、土井が浜タイプ)以降
1,天照大神 2,大国主(倭)魂 3,国津神

121 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:56:32
てかマジで漏れは弥生人は半島から来た渡来人って習ったよ。
みんなそうじゃないの?ちなみにS50年代生まれです。

122 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:59:12
天孫が倭人(日本語を話す民族)なのは明らか。

また、伊勢神宮や出雲大社が南方系の高床式の建造物であり、
その神社形式の巨大家型埴輪が今城塚古墳などから出土していることから、
天孫=倭人は南方系。


123 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 00:59:36
アマテラスは♀?

124 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:08:56
日本人からは南方系の遺伝子もハプロタイプもほとんど出てこない。

朝鮮人にはたーーーーーっぷりと出てくるがな。


華北人に国ごと犯されたからwwwww

125 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:12:40
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
↑これが倭系とは違う別文化圏であったことは明らか。

126 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:14:49
>>122
彼らは靴を履き8母音(外国語)を使いこなす渡来の人々。
倭語とは違っていた。

127 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:27:05
>>126
もともと日本語は8母音だったのが後世に5母音に変わっただけでしょ。
靴を履いていたなんて古墳時代後期以降の話。

128 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:30:07
古墳時代中期以降だった。

129 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:37:06
>>125
古墳の形が違うことが何で民族まで違うことになっちゃうんだよwww

君はそのホームページをあちこちに貼り付けてるけど何の意図があるんだ。

130 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:45:06
倭種とは違いそうではあるな

131 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:48:34
125=出雲を朝鮮誘致しているビビンバ

132 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:52:42
ほら、出雲天孫族(外国人)と倭(やまと)族の戦争はタブー視されてるからね。
しかも、倭族が悪者、侵略者であるというような皇国史観で
歴史がねつ造されてるから。これは戦後も変わらない。


133 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:55:06
やっぱり電波かwww

134 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:56:42
新参者の足跡。。。
出雲族は関東へ

出雲の姓は関東の地名へ. 出雲古代史に詳しい朴(パクビョンシク)氏は、東部出雲の
人の姓を電話帳で調べ、最も多い姓を次の3群 ... まさに、出雲人の関東への移住は、
県名にまで及んでいたのである。 明治天皇が東京へ遷幸されたのち、最初に詣でたのは ...
www003.upp.so-net.ne.jp/kodaisi/kantou.htm - 12k - キャッシュ - 関連ページ

数々の朝鮮系神社、朝鮮由来の地名、高麗山、高麗川、高句麗国(神奈川、埼玉)、新羅国、朝鮮人の国

関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、
関西と関東の昔の関係は大和と新参朝鮮人か、、、、、

135 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 01:57:17
92 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:02
平たく言うと血液型をABOとかRHだけでなく、もっとこう徹底的に分類しまくった
というその世界では有名な調査があります。それによれば糸魚川あたりで関西人と
関東人がくっきり二分できたんですが、その際、関西圏中で出雲だけが完璧な関東
人型を示したんですね。

93 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:07
中途半端に京都あたりでなく、神の国出雲が関東の飛び地であった
事実に、当時医学生だった私は太古のロマンに夢を馳せ、しばしうっとり
したものでした。

「東日本と西日本 」というスレが立ってますが、二度書くほどの中身でもないので
一応、こちらでご披露させていただきます。
失礼致しました。

94 :通りすがりの医者ですが :03/02/21 14:10
あ、自分の文章ながら、ひとつだけ
つっこませていただければ「関東が出雲の飛び地」なのかもね。

99 :通りすがりの医者ですが :03/02/24 09:41
でも今日はいいことありそうだから気を取り直して教えてあげよう。

オリジナルは北海道大学現第三内科(血液)の業績だけど、
ヒューマンヒストコンパーティビリティを語る上で学生の食いつきの
良い話なので、どこの医学部の授業でも必ず取り上げられてる話なんですね。
まわりで医者でも医学生でも捕まえてヒューマンヒストコンパーティビリティ
ってなに?って訊ねてみ。まともなやつなら先ず出雲の話、し始めるから。

136 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 02:00:17
>>134
>出雲古代史に詳しい朴(パクビョンシク)氏
この人、万葉集が韓国語で書かれているっていってる人だよねwww

137 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 02:13:56
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi2.html
倭征服の拠点・・
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/tripizumo9.html
朝鮮半島の新羅の古都・慶州を中心に分布しているとされ、新羅系のものとみられている。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/tripizumo.html
出雲新羅政権の野望・・初めてつくった国なので小さくつくったが、よその土地を縫いつけて大きくしよう。。。。



138 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 02:18:04
このスレおもろしろいw

139 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:04:23
>>122
伊勢神宮と出雲大社じゃ、天と地(国かw)ほど違うだろ。何一緒にしてんだよ。

140 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:18:17
>>70
秩父宮の由来がhttp//www003.upp.so-net.ne.jp/kodaisi/kantou.htmにあるぞ。

141 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:44:01
電波君(別名ツングース厨)の元ネタは、万葉集が韓国語で
書かれているっていっちゃってる歴史愛好家の朴さんの珍説。

電波君が珍説の布教に必死なのは何故?

142 :日本@名無史さん:2005/07/25(月) 23:57:14
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1114177067/
下戸遺伝子工作、半島帰化人大量渡来工作、出雲朝鮮工作を
やっている香具師は同一人物の朝鮮人と完全に判明した。


642 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/07/25(月) 22:40:55 ID:byInSV8g
酒の強さは遺伝子で決まる

643 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/07/25(月) 22:41:25 ID:byInSV8g
関東・武蔵国の住民の大半か、ほとんどが朝鮮半島人だったのではないか?

646 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 :2005/07/25(月) 22:44:22 ID:byInSV8g
出雲族は関東へ

143 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 00:16:05
>>81
>日本人から出てくるのはモンゴルあたりに多い遺伝子と
>土着系の遺伝子ばかり。
中原の漢族とのことを言ってるのかな。
内モンゴルや華北に住むのも中華人民共和国民。
台湾省や福建省の高山族も中国人。
YAP+遺伝子、バンバン出てるよー。

144 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 00:30:16
>台湾省や福建省の高山族も中国人。YAP+遺伝子、バンバン出てるよー。

で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?
で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?
で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?
で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?
で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?
で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?で、そのソースは?

145 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 11:52:47
出雲族は関東へ、は事実。
ルートはタケミナカタに準ずる。
越の国を経て信州へ、それから常陸の国、会津へ。また一方は越の国から日本海側をあがり津軽へ。
出雲弁と福井弁が似ていることは言語学上も言われている。
また、茨城県沿岸には宗像系、出雲系の地名が多く残されている。

146 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 11:55:24
ここだけの話だが
最終島からお越しになられた
とういう説が有力

147 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 12:06:45
199 名前:日本@名無史さん 投稿日:2005/03/09(水) 01:23
神道が古代宗教とすると、新しい宗教はもちろん大陸からもたらされた仏教で
蘇我氏など渡来系貴族は仏教を中心に結束していた。
物部・中臣などは神道をまつり、仏教をはげしく排斥した。

蘇我氏は渡来人として血縁はもちろん、大陸の言葉もつかえたであろうから
海外との交易・交流で財をなし、朝廷での発言力も財務担当の大臣として
じょじょに強まっていった。
だが物部は朝廷の軍事を司るというから、これは容易な敵ではない。
じじつ、さいしょは蘇我は物部より小さく、婚姻関係をむすぶことで機嫌を
うかがってきた。

蘇我氏は馬子の時代に物部氏を滅ぼしたが、数万の軍勢の戦いであったというから
古代の大戦争であった。
物部氏は本国を攻め取られ、男は殺され女は犯しつくされたという。
このとき、おそらく何十万が女奴隷となり朝鮮人の子を産まされたはずだ。


だから、天皇家がまちがいなく弥生系で、関西人の祖先も弥生系だとしても、
物部の敗北で犯しつくされ、全員朝鮮人に生まれ変わったというのが真実。


蘇我氏なんてしらね、全員滅亡しただろ?とDQNは思ってそうなので1つ。
奈良盆地南部には蘇我川が流れてます。そう曽我川です。
ようするに蘇我さんは、曽我さんになったのですね。そう、日本全国にいる曽我さんです。
四国に長曽我部なんて大名もいましたよね。そんな調子で子孫はいっぱいいます。
もし大化の改新がなければ「曽」は「蘇」でしょう。

蘇我川を支配してたから蘇我氏。つまり奈良盆地は蘇我の領地ですw
奈良といえば、幼女誘拐の小林薫さんですね。
ああいう顔の人がいっぱい住んでます。

148 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 13:43:18
プレアデス星団から来たんでしょ。

149 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 13:47:11
出雲は邪馬台国に滅ぼされた狗奴国です。
そして天皇は卑弥呼の末裔です。


150 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:10:23
出雲が滅ぼされたわけねーだろ、
大和朝廷の中核だよ。

151 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:11:26
大王(倭=ヤマト王)
天皇(天孫族王=出雲王)

152 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 14:17:03
国を譲る代わりに
朝廷内での重職を任されたということでは?

153 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:20:06
普通そう考えるよな。
それに対抗して、東に逃げた諏訪氏って何か伝説とか残ってないの?

154 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 14:20:53
天皇はどこからきたというよりも
ただ単に部族間で話し合い共立しただけでは?


155 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:21:05
その可能性が高いと漏れはみてる、そう考えると
いろんな史実が合理的に説明できる。

156 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:24:18
155は152に対するレス

157 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 14:25:02
つまり万世一系の天皇家が
国を統治するという不文律を作り
これを破るのはこの国ではタブーだという
精神風土を構築することで
中国やヨーロッパのような
強いものが王に取って代わるというような
争いが避けれるわけです。

158 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:27:58
天降りしてきた天孫族(出雲族)の首長(天皇)は絶対神であるから
これ神聖にして侵すべからず

159 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 14:29:24
卑弥呼=アマテラスだとすると
やはり出雲=狗奴国だと素人の僕からすると
そう考えてしまいますね。倭人伝にも
邪馬台国と狗奴国の戦いが記述されてるし
これを大和と出雲の戦いだと考えれば
記紀にも符合するところがある気がします。
でも狗奴国は熊襲かもしれないwわからない素人の僕には・・

160 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:34:15
アマテラスは後世に作られた神か、あるいは伝統的な出雲系
シャーマニズムの象徴的な存在。
だからそもそもアマテラスが卑弥呼だと結論つける必要はない。

161 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/26(火) 14:40:07
神道をつかさどる物部氏はたしか
出雲系だったので初期朝廷内での
実権は出雲にあったのかもしれません

162 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:41:15
天降り族、アマテラスを認めない、卑弥呼を認めない
大王派倭ウヨ保守的な勢力が狗奴国だな。

163 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 14:48:32
卑弥呼って、卑弥(ひめ)って名前だったかもしれないんでしょ
卑弥呼は「卑弥と呼ばれていた」って意味だとかなんとか・・・

164 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 15:08:18
>卑弥呼=アマテラスだとすると

九州説だろうと畿内説だろうといずれにしてもこの勢力は新参だよ


165 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 18:43:33

朝鮮半島


166 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:21:04
天照にも卑弥呼の弟と全く同じ役割を持つ男神が使えていたよね。

167 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 19:24:45
>>151 天武天皇が最初に「天皇」と制定したのが始まりで、それ以前は天皇も「大王」なのだか…

168 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:21:53
文献のみを自分勝手に解釈するなら
何か根拠を示せ。

俺は紀記の記すとおり天皇は南方系だと思う。

169 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:37:05
とりあえず半島はおいて考えないと
ごちゃごちゃになるぞ。

原日本人は南九州に上陸した南方系と
そして北方系は半島からでなくシベリアから地続きだった樺太経由でやってきた。
半島から人が来たのはその後。

それが最新の考古学の成果。

170 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:39:10
テンコロ一族は朝鮮系(w



171 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 22:42:53
天皇家が南方系なのは紀記にはっきり書いあること。
天孫降臨の地が南九州なのも隼人族と
兄弟関係なのも
後から権威づけのために付け加えた(この説明のがおかしい)
のでなく、事実を反映した記事であると
少なくとも最新の考古学の発見はその可能性を高めている。

172 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:11:35
天孫自体は征服者、隼人と呼ばれた南九州の先住民を
支配したのが始まりだろ、畿内の勢力と同盟結び倭と天孫との
中間的な民族が大和政権を立てたのだろう。

173 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:15:43
仮にテンコロが隼人直系であるなら隼人を警護職にはしない。
彼らテンコロ一族(朝鮮人)の支配システムは支配した奴らを
警備や武人にして戦わせる
のが一つのやり方だからな。これは古代から現代までかわっておらん。

174 :日本@名無史さん:2005/07/26(火) 23:30:39
天皇家が海外からの征服者ってデムパ信じちゃってる人って頭悪過ぎないか。


175 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 00:15:45
頭が悪いのは174。

64 名前: 日本@名無史さん [sage] 投稿日: 2005/07/23(土) 23:54:38
>>60>>63
素戔嗚尊と牛頭(ソシモリ)の関係を考察せよ。


176 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:45:38

自称 天孫族はいろんな呼び名があるらしいね。

天下り族、天振り族、テンコロ族・・

実態は新羅から出雲の方に渡来してきた新モンゴロイドらしい・・

土井が浜タイプの侵略者だとか・・


177 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 01:50:09
これがその天孫族、天下り族、天振り族、テンコロ族らしい

弥生人復元胸像
1世紀
土井ヶ浜遺跡出土人骨に基づく
国立科学博物館蔵

http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_09_01.jpg
http://www.kahaku.go.jp/special/past/japanese/ipix/5/img/5_07_02.jpg

178 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:03:15
牛頭天王
(ごずてんのう)
素戔嗚尊{すさのおのみこと}の化身とされ、薬師如来{やくしにょらい}
を本地仏とする。武塔天神{むとうてんじん}、あるいは京都八坂{やさか}
神社(祇園{ぎおん}社)の祭神として祇園天神ともいう。平安時代から
行疫神として崇信され、祇園祭はこの神を祀{まつ}って疫病を鎮める
年中行事である。牛頭天王は、インドでは祇園精舎{しようじや}の守護神
であったが、わが国では、最初は播磨{はりま}国(兵庫県)明石{あかし}
浦に垂迹{すいじやく}、ついで広峰に移り、その後、京都東山瓜生
{うりゆう}山北白川東光寺へ、さらに清和{せいわ}天皇869年(貞観11)
東山の感神院に移ったとされ、それが現在の八坂神社である。
『蔵王陀羅尼経{ざおうだらにきよう}』には、この神が
「癘鬼{れいき}を縛撃{ばくげき}して疫難を禳除{じょうじょ}す」
とみえる。また『備後国風土記{びんごのくにふどき}』逸文には、
武塔天神が蘇民将来{そみんしょうらい}から受けた一宿一飯の恩に
報いるため除難の法を教えたとあり、これにちなみ、社寺では正月
に疫病除{よ}けの護符として蘇民将来札が出される。牛王{ごおう}
宝印も牛頭天王の護符で、祇園社から出ていた。→牛王宝印 <菟田俊彦>

牛頭馬頭ごずめず
ni■ t■u m■ t■u
⇒関連項目
牛頭は,梵語 go■■r■a,馬頭は a■va■■r■a の漢訳語。
地獄にいる牛頭人身,馬頭人身の獄卒をいう。牛頭馬面という
ことも多い。手に鉄叉を持って罪人を突いたり焼いたりする最下級
の冥卒である。また地獄に落ちて,牛あるいは馬の頭の形をしている
罪人をいうとする文献(《阿毘曇論》第八)もある。⇒牛頭天王          稲畑 耕一郎

179 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:17:10
吊り目人種、天孫族、天下り族、天振り族、テンコロ族
はどうみても悪魔の化身ですな

瓊瓊杵尊
(ににぎのみこと)
天照大神{あまてらすおおみかみ}の子の天忍穂耳尊{あめのおしほみみ
のみこと}が高皇産霊神{たかみむすびのかみ}の女{むすめ}である
栲幡千千姫{たくはたちぢひめ}(記、萬幡豊秋津師比売命{よろず
はたとよあきづしひめのみこと})をめとって生まれた子で、
稲穂の豊饒{ほうじよう}を示す穀霊神。天孫降臨神話、木花開耶姫
{このはなさくやひめ}の神話、火中出産神話の主人公だが、このうちで
木花開耶姫の神話は、降臨した尊を笠狭崎{かささのみさき}で迎えた
鹿葦津{かしつ}姫(吾田津姫{あたつひめ}ともいう)との聖婚のあと
に挿入した別話である。火中出産神話は、聖婚によってはらんだ
御子{みこ}を国神{くにつかみ}の子と疑われた鹿葦津姫が、
天神{あまつかみ}の子ならば災いなしと誓約{うけい}をたてて、
彦火火出見尊{ひこほほでみのみこと}(海幸{うみさち}・山幸{やまさち}
神話の主人公)以下の子を無戸室{うつむろ}の産屋{うぶや}を焼き火中
で出産する神話である。→天孫降臨 →木花開耶姫

180 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:18:49
瓊瓊杵尊
ににぎのみこと
⇒関連項目
日本神話にみえる神の名。《古事記》では邇邇芸命と記す。
種々の異なった名称をもつが基本はホノニニギノミコト。〈ホ〉
は稲穂,ニニギはニギヤカ,ニギワウの〈ニギ〉を重ねた語で,
稲穂が豊かに実ることを予祝してつけた名称。《古事記》によると,
大国主の国譲りを受けた天照大神(あまてらすおおかみ)は天忍穂耳
(あめのおしほみみ)命を高天原(たかまがはら)から降臨させよう
とするが,オシホミミがその用意をしているうちに子が生まれる。
いわゆる〈天孫〉の誕生で,これがニニギノミコトである。そこで
アマテラスはこのニニギを天降(あまくだ)らせることになる
(天孫降臨神話)。《日本書紀》の一書では,ニニギはオシホミミが天降る
途中の天空で生まれ,オシホミミに代わって降ったとある。ニニギが
降臨することになったのは,王たる者は新たに生まれる者でなくては
ならないという観念の表れであった。このことと関連するのが《日本書紀》
本文にある,高皇産霊(たかみむすひ)尊がニニギを真床追衾
(まどこおうふすま)なるもので覆って天降らせたという記述である。
真床追衾は大嘗祭(だいじようさい)の儀式で天皇がふす衾と関係する。
宮廷では11月の卯の日に大嘗殿で新しい天子となるための秘儀がとり
行われるが,その際に新王は〈天の羽衣〉なるものを着て湯浴みした後に,
悠紀(ゆき)・主基(すき)正殿で新穀を食して神座に設けた衾(寝具)に
ふすという(《西宮記》《江家次第》)。

181 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:19:34
続き

これは天の羽衣を着て天上の身分となった王が羊膜に包まれた嬰児として
再誕し地上に来臨することの模擬行為と考えられる。ニニギが生まれたて
の子として,また衾にくるまって降臨したのはこうした儀礼の神話的表現
であった。ニニギは新しい王たるものの神話的原型であり,この新王の誕生
とともに,それまで未開の地であった葦原中国(あしはらのなかつくに)
は天孫の統治する地にふさわしい五穀豊穣の〈水穂国(みずほのくに)〉
へと呪的に転化される。ホノニニギノミコトとは,穀霊を体現して水穂国
を支配する王としての名称であり,その降臨した地は日向(ひむか)の
〈高千穂〉であったとされる。  

182 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:25:48
新羅出雲族が最初に九州にアマフリしたのは
日向、豊前中津です。
神武というのはニニギそのものかニニギの子孫です。
狗奴国の場所もある程度分かっている。

183 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:26:34
この先天的キチガイ人種によって倭は征服されたわけですな。

184 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:34:29
朝鮮からのアマ振り、新しい朝鮮(テンコロ)の血、万世一系により
列島全土をこのテンコロ人種で埋め尽くそうという魂胆なわけです。
半島については既にこのキチガイ人種で埋め尽くされております。

185 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 02:48:47
本州はほぼテンコロ人種によって制圧された後
辺境地日向から九州(葦原中津国)を制圧する
つもりが狗奴国の抵抗にあって畿内に退散したのだろう。
畿内に帰っても抵抗勢力はあったみたいだけど。

186 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:06:32
国津神、倭大王廃止して全部朝鮮から降ってくる
テンコロ人種が赴任するわけで
そら、テンコロで埋まるわ・・

187 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:08:32
中世以降はそれがテンコロの本家(源氏)になるわけですな

188 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:24:06
テンコロ一味のねつ造日本史

189 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:32:50
荒れるなぁ

190 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:44:59
古代から半島と列島、満州(金)で行われている
組織的、計画的な征服なんだろう。
誤算は民主主義だったんだろうか、
情報・政治工作できるから問題ないか。。
馬鹿共も少しずつ朝鮮人に征服されていることに
気づいてはいるようだが本質が分かってない・・

191 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 03:45:55
テンコロ、テンコロ征服民族テンコロ

192 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 08:46:47
すげー妄想狂が暴れてるw

それとも洗脳活動ですか?
工作員必死すぎw

193 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 12:44:18
>>178
牛頭がソシモリであるという考察がどこにも見当たらないのだが?
ただの狭見な史学会のコップの中の定義を書いてどうする?

194 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 14:51:27
朝鮮の王族に大和民族の血は入ってないの?

195 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 15:03:46
曽尸茂梨
(そしもり)
古代朝鮮、新羅{しらぎ}の地名。『日本書紀』第四の一書に、
高天原{たかまがはら}追放後、素戔嗚尊{すさのおのみこと}が天降
{くだ}った土地とある。曽は金の朝鮮古音?{そい}の音借字、尸は連辞
(格助詞ノ)、茂梨は山(鷲益嶺{すりもり}――黄海道鳳山{こうかい
どうほうさん})。すなわち金の山、輝く山の意。神降臨にふさわしい
聖所である。皇孫が降臨する高千穂{たかちほ}の添山{そほりのやま}
(一書六)の「添」も、金の梵{ぼん}称スバルナの漢訳「蘇伐羅
{すばるな}」に由来をもつ語であり、添山は曽尸茂梨と同意である。
神降臨の地に韓名をもつのは、わが国の垂直降臨伝承と韓土との関連
を示唆する。

>>194白が好きなら朝鮮ミンジョクの末裔だ。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1004784053/l50
日本人ってなぜ白色が好き?


196 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 15:08:15
そしまり【蘇志摩利】
雅楽。高麗楽(こまがく)。高麗双調の中曲。舞は四人舞。舞人は蓑笠
(みのかさ)をつけ、高天原(たかまがはら)を追われた素戔嗚尊
(すさのおのみこと)の苦難を写すという。長久楽。
蘇尸茂利(そしもり)。

そしもり【曾尸茂梨・蘇尸茂利】
■素戔嗚尊(すさのおのみこと)が高天原(たかまがはら)を追われて行った
という古代朝鮮の地名。■■蘇志摩利(そしまり)

そ‐しゃ【素車】
白木(しらき)づくりの車。葬送や罪人の護送に用いる。

197 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 15:38:58
>>194
まず無いと考えるね、あっても朝鮮→出雲→朝鮮の
Uターン組。朝鮮人にとって倭人は対局にある存在。

198 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 15:47:49
ニニギというのは日本各地に赴任した
天津神(倭国津神から支配権を奪った朝鮮人)
を象徴しているのでしょうね。
倭国津神の血を根絶やしにすることも一つの
目的であったようである。


199 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 16:24:34
白が好きならって・・・それは笑うところなんだよな?

200 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 19:48:05
朝鮮の人は可哀想・・・・
嘘を教え込まれて、疑わずに日本批判しか出来ないで・・・
もっと、自由に歴史も世界史も学べば良いのに。

どうして、他所の人の住む国に行って仲良く出来ないの?
世界に出た時に、真実を学んでショックを受けちゃうよ。
今から、ホントの世界史と朝鮮半島の事を外から客観的に
学ばなければ、朝鮮人に未来はなくなるよ。

目と心を開いて朝鮮の人。

201 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 19:58:31
>>200
おまえがその朝鮮人そのものだから真実がみえないんだよ
顔も朝鮮顔だろ、どうせ

202 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:00:14
>>200
古代史関連のスレをみて古代史の外観を頭にたたき込め。

203 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:09:37
皇国史観
こうこくしかん
近代日本史学史上の一潮流。日本の歴史を〈国体〉の顕現・発展としてとらえる歴史観
で,1930年代半ばから敗戦に至る時期に確立,全盛期をもつ。この史観は次の三つの内
容をその特徴としている。(1)日本は神国であり,皇祖天照大神の神勅(〈天壌無窮の神
勅〉)を奉じ,〈三種の神器〉を受け継いできた万世一系の天皇が統治してきたとする,
天皇の神性とその統治の正当性,永遠性の主張。(2)日本国民は臣民として,古来より忠
孝の美徳をもって天皇に仕え,国運の発展に努めてきた,とする主張。(3)こうした国柄
(〈国体〉)の精華は,日本だけにとどめておくのではなく,全世界にあまねく及ぼされ
なければならない(〈八紘一宇〉),という主張である。


204 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:12:12
流れぶった切ってスマン

鬼女板のババァどもが粘着して雅子さんや愛子ちゃんを基地外扱いして
ネチネチと叩いてます。
俺も少し前から煽ってんですが一人ではなかなかキツイもんがあります。
ここの皆さんは皇室に詳しそうなのでぼすけて。俺自身は皇室関係ヨワスw
煽りの上手いヤシに是非頑張ってもらいたい。
ババァどもは一日中張り付いてるんで、うまく煽れば面白いくらい食いついて
きますw

皇室御一行様★アンチ編★part246

http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1122424716/l50


205 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:13:29
しかし征服した民(倭)を征服者認定して、自ら先住民族を名乗るのだから
本当にこの出雲朝鮮人(朴、パク、白、金、キム)
って奴は悪魔の化身だな・・

206 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:15:28
>>204
そういう個人的なことには一切興味ない。

207 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:29:54
>>157
最初の頃は高天原(朝鮮)から天下りしてきた朝鮮人しか
国津神としてみとめてなかったらしいぞ。
だから、その頃は天皇テンコロ?(大王)万世一系とはいえんよな。
目的が日本を朝鮮人の土地に変えることなんだからw

208 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:03:45
で大室って誰よ??


209 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:34:51
天孫降臨 壇君伝説 黄帝伝説

・・・・・東アジアの古代史はカルトがデフォですから




210 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:37:23
最近の考古学、遺跡調査からほぼ真実が明らかになりつつある。
誤魔化すな。カルトじゃねーぞ

211 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:40:01
映画「王になろうとした男」より、
「お前はどこから来た?」
「天から来た。」

 「天孫降臨」って、まあこんなところだろ。

212 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:43:29
天が朝鮮なことは明々白々。

213 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 22:48:04
檀君神話
(だんくんしんわ)
古朝鮮の建国神話。天孫の檀君が古朝鮮を開き、その始祖になったというもの。『三国
遺事{さんごくいじ}』(紀異巻1)によると、天帝桓因{かんいん}の子桓雄{かんゆう}は、
天符印{てんぷいん}3個を父より授けられ、徒3000を率いて太伯{たいはく}山頂の神檀樹
{しんだんじゅ}という神木の下に降臨した。そして洞穴にいた虎{とら}と熊{くま}が人
間に化すことを祈っていたので、蓬{よもぎ}と蒜{にんにく}を食べて忌籠{いみごも}る
よう告げると、熊だけが女となり(熊女{ゆうじょ})、桓雄と婚して檀君を生んだ。檀
君は平城に都を開き、1500年の間国を統治したという。この神話の前半の部分は、日本
の天孫降臨神話に対応するものである。また、この神話のおもな登場人物である桓雄、
虎、熊はそれぞれ主権、軍事、豊穣{ほうじょう}の機能を代表するもので、東アジアに
おけるインド・ヨーロッパ諸族神話的な社会的三機能体系の一例である。他方、檀君神
話でことに興味深いのは熊と虎の問題であり、熊女の忌籠りは巫女{みこ}の成巫{せい
ふ}過程に比例するものである。さらにこの神話は、北方ユーラシアの熊信仰と深い関係
があり、ツングース系諸族、ことにアムールランドのツングース人の間に普遍的に分布
している熊祖神話や、熊や虎と人間の女との交婚譚{たん}ときわめて深い親縁関係を示
し、その一異伝と考えられる。したがって、これは朝鮮文化とツングース文化との密接
な関係を物語っている。また歴史的にみると、支配者層に支持された箕子{きし}神話に
対し、檀君神話は13世紀以降モンゴルなどの侵入に対する民衆の義兵闘争を契機として
広まった、朝鮮の被支配階級の民族主義的神話である。

214 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:20:39
朝鮮は蛮土じゃん。

215 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:34:28
諸塚山
もろつかやま
宮崎県北西部,諸塚村と高千穂町との境界にある山。標高1342m。
七ッ山または太伯山(たいはくやま)ともいう。地質は古生代の石灰岩,
粘板岩,砂岩などからなる。山上には諸塚神社(1925年七ッ山神社から改称)
があり,中国の呉から太伯という人物がこの山に来て参籠したという伝説が
ある。北麓にはフクジュソウの自生地がある。

太白山脈
たいはくさんみゃく
T‘aebaek‐sanmaek
⇒関連項目
北部の狼林山脈とともに朝鮮半島の脊梁をなす山脈。東朝鮮湾の元山の南に
発し,日本海沿いにまっすぐ南下して釜山市の多大浦に達する。長さは
約600km。基盤が古期の花コウ片麻岩類から成り,山脈全体が白く見え
るところから命名されたと思われる。

216 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:38:31
少なくとも記紀編纂時には、わが国の人たちは半島を
「素晴らしい土地」とする感覚が濃厚だったんだろうなとは思う。

「スサノヲノミコトのたまわく、韓郷の嶋は是金銀有り…」(書紀神代八段)
「此地は韓國向かい(中略)いとよきところ…」(古事記上巻)
「西の方に國あり。金銀をはじめとして、目のかがやく種々の珍しき宝、
多にその國にあり」(仲哀記)

217 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:43:51
>>194
朝鮮の正史『三国史記』新羅本紀よると、
新羅の第4代国王は倭人。
また、初代から第四代までの王に仕えた事実上のNo.2である瓠公も倭人。

三国史記の記述が正確かどうか分らないが、考古学上の発見などから、
朝鮮半島南部で倭人が一定の政治力を持っていたのは事実と考えられている。


218 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:48:51
?朝鮮の山は雪の白からのハク、日本の神社名は人名からのハク。で、太白と太伯が日本語音ではタイハクという同音になると・・・で?

219 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:49:20
>>210
でも出雲新羅厨がカルトなのは誰の目にも明らか。

220 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:54:48
宮崎の太伯山は呉の人っていってるからね、これが本当なら
まったく無関係とも考えられるよね。
韓国の伯、白、パク、朴は基本的に同じなんじゃないの


221 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 23:55:54
お食事でした。一匹だけ乳離れ出来ていない子がw
http://provyake.jog.buttobi.net/usr/bin/perl/cgi-bin/img-box/img20050724221231.jpg
http://provyake.jog.buttobi.net/usr/bin/perl/cgi-bin/img-box/img20050724221151.jpg
http://provyake.jog.buttobi.net/usr/bin/perl/cgi-bin/img-box/img20050724221215.jpg
ねむねむ
http://dc-ita.dyndns.tv/cgi-bin/digitalcamera/imgboard/img-box/img20050724221316.jpg



222 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 00:12:27
>>200
何をバカなこと言ってんだ。今やアメリカ中韓国からの移民で一杯だぞ。
奴らは上昇志向が強いからよく勉強もする。
大学の奨学金を取る奴らが韓国人ばかりで占められるので問題になったりしている。
クラシックのコンペでは露骨な韓国人落としも見られるようになった。
島国根性で国際的になれないのは日本人の方だ。


223 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 00:39:17
今の話をするスレなのか、ここは?

224 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 02:47:25
韓国人は凄い、日本も古来から韓国系(源氏)が支配してるから
いずれアメリカも韓国人で一杯になるんじゃねーの

225 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 10:53:02
>>223
このスレは電波カルト(出雲新羅厨)の落書き帳です。
電波カルト隔離スレとも言います。




226 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 13:24:05
結局このスレもこうなったか・・・

227 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:19:25
天皇ゆかりの地は南九州


228 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:32:34
紀記に記されたとおり
天皇家は南方系だったわけだが
その後の半島の影響を強調して
天皇を半島系とのたまう勢力がいる。彼等の狙いは天皇は半島から来て現地の
人間を虐殺征服した
残虐な支配者だという
イメージを植え付けることにある。

しかし、さも原住民の子孫かのように
天皇を半島系と強調する彼等の大部分が
じつは半島人の子孫なのである。

逆に天皇家は数少ない本来の原住民の子孫であると
確認できる家系である。

229 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:45:07
紀記神話の天孫降臨以前の話しはかなりイヅモ色が濃いので天皇家の起源とは少し離して
考える必要があるのでは。

230 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:56:12
半島→出雲→各地の国津神として天下りさせていたが、
数世代経って土着化すると新しい半島人を天下りさせてたんだろ。
その内、天津神というようになったみたい。

231 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:57:10
>>228
宗像とは何か調べよ。

232 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:57:37
面白いのが海の向こうからきた小人。
天皇も半島だから海を渡ってきてるのだが、
こっちは天下りと呼ぶらしいね。

233 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 17:59:44
え?
最近じゃ南方説の方が有力なんだろ?

稲作も南方渡来だったって話じゃん。

234 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 18:01:57
>>228
天皇の本家本流源氏が新羅神なんか祀って
朝鮮の白を尊ぶ時点で半島系決定!
倭は古来から朱の国。

235 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 18:09:40
新羅神って何?

236 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 18:13:49
日本:朱
朝鮮:白
中国は?

237 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 21:18:46
>>217
確かに新羅の初期の宰相や第4代国王脱解は倭人であり、また
半島南部から明らかに倭系と思われる遺跡がいっぱい発見されている。
しかし、だからといって新羅が倭人勢力に征服されたというわけではない。
新羅の王女の婿であり、優秀な人物であったから脱解が新羅国王に推挙されただけ。

どうして、倭人による半島征服がなかったと考えるかというと、
日本語と朝鮮語が違いすぎるから。逆方向の征服説もまた然りである。
もちろん、万葉集が朝鮮語で書かれているなんていうインチキ本のように
こじつけようと思えば何とでも出来るけどね。
電波系の人はこじつけを信じこんでしまう傾向にある。

238 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:31:59
>>237
じゃあさ、書紀の童謡は何で日本語で読めないの?
童謡は何語で書かれてると思ってるの?

239 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 23:59:29
>>238
それが日本語でないと言うソースは何?
そもそも、それが何語で読まれていると思ってるの?

古い歌だから忘れられた言葉などがあり、解釈が難しく、
多くの学者によってさまざま解釈があり、一定してないだけでしょ。

240 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 00:14:51
てか、書紀の童謡が日本語でないなんて初耳だな。
詳しく教えて。

241 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:00:04
天皇系の人たちは新羅系だ間違いない。
新羅系、の日本?人が工作してるから騙されるな、たのむぞ・・・

242 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:08:17
日本語の童謡↓
まひらくつのくれつれをのへたをらふくのりかりが
みわたとのりかみをのへたをらふくのりかりが
かしとわよとみをのへたをらふくのりかりが

朝鮮の神祝歌↓
おおるなりいをのりら まいるいとなをのりら
なるのんちえるる と…

243 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:09:03
ちょっと待ってくれ。
もし本当に日本人のルーツが朝鮮からやとしたら、朝鮮併合って
問題は単なる国内戦争やったって事りますね。

244 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:13:57
>>242
ぜんぜん似てないじゃん。
てか、日本語で解釈できないというソースは?

245 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:15:30
みをのへた をら ふくのりかりが
비오는해다 오라 북놀이가리까
「雨(血)の降る年だ さあ 陣太鼓遊びに行こうか」

百済救援軍失敗を予言する童謡。

246 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:19:53
新羅の言葉とそっくりらしい

247 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:27:47
>>242の日本語解釈

背中の平たい男が作った山の上の田を、雁どもがやってきて食う。
天皇の御狩りがおろそかだから雁が食うのだ。御命令が弱いから雁どもが食うのだ。

何が言いたいんだろう。


248 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:28:16
>>245
それ誰の解釈?
そもそも古代の朝鮮語がどんな言語かはっきり分っていないんだから、
現代語で無理やりこじつけてるだけじゃん。

249 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:31:08
どっちが無理やりかよく読んでみよう。

250 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:33:06
>>歴代天皇の名前は全て日本語なので日本語族の中から出てきたことは確かだ。

 そして天皇の名前に外来勢力らしい痕跡は全く無い。外来勢力なら何らかの
痕跡があるだろう(日本語で全く理解不能とか)。

 高天原=邪馬台国説は面白い。


251 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:35:12
1400年前の童謡が、現代語でそのまんま解釈できるほうが不自然だと思うけど。
で、だれの解釈なの? 答えてよ。

252 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:36:18
朝鮮人は名前を変え出自を隠すね、土着化した源氏
ほとんど土地の名前つけて土着のふりしてるしね

253 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:39:18
乞食周りする人々(句麗、求礼)が来る年だ。さあ太鼓遊びに行こうか。
雨(血)が降っても行くのか。雨(血)が降る年だ、さあ太鼓遊びに行こうか。
行きも帰りも雨(血)が降る年だ、さあ太鼓遊びに行こうか。


254 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:43:03
半島の高天原から新参朝鮮人支配者を天下りさせます。
まだ倭人が残っていたようです。

255 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:44:02
>>242以外の童謡は五七五七七で、日本語で読める。
>>242をハングルにすると、ガキでも読める文だ。


256 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:49:41
てか、これ斉明天皇の時代の庶民に流行った童謡じゃん。
天皇家の起源と関係ないじゃん。

>>242
現代韓国語で1400年前の歌が読めるわけないでしょw

257 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:51:22
レス番間違えた。
>>255
現代韓国語で1400年前の歌が読めるわけないでしょw


258 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:56:45
結局、万葉集が朝鮮語で書かれているという電波だったw

259 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 01:59:00
>>255はどう見ても韓国の伝統芸能、農楽(サムルノリ)の歌だ。

260 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 02:00:46
キミたちは>>247の解釈で満足してくれ。

261 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 02:06:43
>>259
へぇー、詳しいですねw

>>255
日本書紀にのってる他の童謡が日本語なら、
やっぱり、天皇家の起源とは関係ない話じゃん。


262 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 06:20:54
現在の韓国語は高麗時代に成立し、古代の半島語を知る術は新羅の郷歌の数首だけ。そのため新羅語はごく一部、百済語に関しては殆ど解っていない。それなのに1000年以上前の日本語を現在の韓国語で読めるなんて…w

263 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 11:18:56
>>239
何をバカなことを。ならなぜ本文は読めるんだ?
童謡だけが読めないんだぞ。
これの意味するところは、宮廷で使用されていた言語と、蒸黎の間で使用されていた言語が違うと言うことだ。
日本語でないソースは何?とはバカもいい加減にしろ。
>>255
嘘をつくなよ。童謡の訳は、今では無理矢理のこじつけという説が一般的だ。
史学会では童謡に触れないようにしている。タブーなのだ。
童謡の部分だけが日本語では読めないという事実こそがソースそのものだろう。アホが。
つまり、朝鮮において最も古い書物は日本で言う平安時代のものであり、古代朝鮮語の実態はわかっていない。
そこで、逆に古代日本語=古代朝鮮語だった可能性が大なので学際的交流が始まったばかりなのだ。
比較言語学が始まったばかりの段階なのだ。

264 :16歳中卒ヒッキー:2005/07/29(金) 11:43:09
任那と天皇家に何かゆかりがあるきがします

265 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:23:26
童謡に使われてる言葉が日本語で読めないから、
古代日本語=古代朝鮮語ってか?

まぁ、可能性はあるけど、古代朝鮮語がどんな物かわからん限りは確定しようがないだろ。
日本人は南方由来だって言うなら南方から来た言葉かもしれん。

266 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 14:17:09
応神=物部=出雲=ニギハヤヒ=ユダヤ第一波
継体=天皇家=ヤマト=ニニギ=ユダヤ第二派

物部の天皇の歴史を継体が引き継いだ。どっちもユダヤ。

267 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 15:45:35
■ハングル板基本用語解説■其の14

(理由2) <<白丁(ペクチョン)>> 日韓併合されるまで朝鮮に存在していた被差別階級。在日=白丁とされる韓国では
現在でも在日は差別される。実際は全ての在日が白丁な訳ではないがその多くは朝鮮社会での被差別階級だった。朝鮮の身
分階級は大別して「良人(両班、中人等)」「賤人=奴隷」とあり、「賤人」のうち個人所有=民婢、公有=官婢と称した。
国家的奴隷制、贈り物・相続・売買され、殺生しても罪に問われなかった(←部落との違い)「白丁」は、これの更に下層
に奴隷以下の被差別民として位置づけられた。李朝時代に身分として固定され、柳細工の製造販売や屠畜などに従事、衣服
も指定され、居住地も制限され、目印として平壌笠と呼ばれる笠をかぶらねばならなかった。(コピペ)
(理由3) <<済州島出身者>> 白丁よりも済州島が多い。ソウル>地方>全羅道>白丁>済州島 済州島に対する差別
は酷く、完全な野蛮人扱い。済州島出身者との結婚となると、在日の間でさえ「血が汚れる」と一族が猛反対。
1948年、南朝鮮の単独選挙に反対する南朝鮮労働党が組織した済州島四・三蜂起が発生し、朝鮮戦争後の1950年代
半ばまで、弾圧とテロ、山岳ゲリラ活動が続き、のべ8万人の島民が殺されたとされている。今日でも、済州島は反中央の
気風と結びつけて語られることが多く、半島には済州島出身者への差別意識が残っていると論じられることも多い。
済州島は、民族的に陸(半島)と著しく異なり、倭人に近い。昔は独立国だったが、いつの頃か朝鮮に侵略されて現在に至
る。ただ、完全な支配となると意外と新しく、三別抄の乱後、元寇以後になるんじゃないかな。日本では、神功皇后が済州
島を征伐し、その時百済に与えたと伝えられてる。 (コピペ)

――戦後の補償と謝罪―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
戦後の補償と謝罪に関するデータ http://tenpura_c.tripod.co.jp/


360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

268 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 18:04:39
360 :日本@名無史さん :2005/07/29(金) 15:41:29
早い話満州人が倭人(縄文)をB扱いして差別・排除してきただけだね。
半島も日本も構造は同じじゃん。

これは違うだろ。

269 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 21:07:18
>>263
童謡が日本語で読めないのではなく、解釈がいろいろあり、定説が無いだけ。
なぜ解釈が一定しないかといえば、それが童謡だから。普通の和歌じゃなく
民間で歌われた童謡なんだから解釈が難しいのは当たり前でしょ。

カゴメの歌だって解釈はいろいろあるでしょ。

かごめかごめ、かごのなかのとりいはいついつでああう、
よあけのばんに、つるとかめがであった、、、

この歌も内容は意味不明。意味不明なのを意味が通るように解釈しようとするから
いろんな解釈が出てきて、そのため、解釈が一定しないだけ。
たとえばカゴメを「籠の目」としたり、「屈め」としたり、、、
意味不明で解釈が一定しないからといって、日本語で無いなんて飛躍しすぎ。

>史学会では童謡に触れないようにしている。タブーなのだ。
そういう妄想をすると、また電波って言われちゃうよ。




270 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 11:47:35
頬から髭がはえる系のひとが多いね皇族は。
縄文系が濃いとおもう

271 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 18:36:33
今の天皇家は香淳皇后の血が濃すぎ。

http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/441px-Meiji_tenno.jpg
明治天皇

http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/w_emp_taisho_yoshihito.jpg
大正天皇

http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/SF37923.jpg
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/syouwa.JPG
昭和天皇


272 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 18:37:50
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/husimi-sadaneru.jpg
伏見宮貞愛親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/husimi-hiroyasu.jpg
伏見宮博恭王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/kanin-isahito.jpg
閑院宮戴仁親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/kanin-haruhito.JPG
閑院宮春仁王

http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/yamasiro.JPG
山階宮晃親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/higasi-husimi-yorihito.JPG
東伏見宮依仁親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/higasi-husimi-hi.JPG
東伏見宮依仁親王妃
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/higasi-husimi-husai.JPG
晩年の両殿下


273 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 18:38:45
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/takedamiya.JPG
竹田宮恒久親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/arisugawa.jpg
有栖川宮威仁親王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/arisugawa-jyoou.JPG
有栖川宮利子女王

http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/kitasirakawa.jpg
北白川能久王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/kitasirakawa-hiroko.JPG
北白川宮広子女王
http://www.xxxx.nu/upload/data/nabi/kyuu/kitasirakawa-narihisa.JPG
北白川宮成久王

274 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 01:12:26
>>269
アホか。
>かごめかごめ、かごのなかのとりいはいついつでああう、
>よあけのばんに、つるとかめがであった
こんなものは完全に日本語だろう。解釈というのは深層の意味が取れるかどうかだ。
だが、日本書紀の同様は、音自体が既に解釈不能なのだ。
解釈が出来ないという意味は、翻訳が出来ないという意味なのだ。
かごめを例に出すバカがどこにいるか。

275 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 01:14:19
>>269
それからな、
>>史学会では童謡に触れないようにしている。タブーなのだ。
こんなことさえ知らないガキなら、お前は電波以下の猿だ。猿に口を挟める隙はない。
猿田彦以外にはな。

276 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 01:39:49
定説が無いだけで、日本語で解釈されている。

神崎玄 『ヲラフクノリカリガ』版

参まひらくと 逃のくれ連つれ       を述のべた
占福述おらふくのり 雁かりが御渡みたわと述のり  上かみを述のべた
占福述おらふくのり 雁かりが来し甲子 永遠とわよと身みを述のべた
占福述おらふくのり 雁かりが………………………………

>>275
いい加減うざいよ。君の元ネタは朴さんの本だろ。本の宣伝でもしたら。


277 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 14:54:35
>>265
もし仮に、庶民の間で歌われた童謡が日本語でないなら、
南方系よりアイヌ語と考えたほうが良いのでは。

278 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 16:17:26
猿田彦って・・・いくらなんでも・・・・・

279 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 20:57:08
中古は当然挑戦の文化的影響が強いから
それで判断したら駄目。

起原は日向三代の事跡から判断せよ

280 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 23:26:20
>>277
私は長崎県だが、小さい頃下のような歌を、がきどもといっしょに歌っていた。
「いーわんぷっぷいーわんぷー、いーでるいーわんまーにーほい、ちょーこで
せーめるせーめんとーや、ちょーこでうーでうーだいさん」
長崎はアイヌ系なのかな?

281 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 04:59:40
>>280
なんか中国語っぽいね
中国の日本に与えた影響はとても大きい
最近は朝鮮が過大評価される傾向があるけど古代朝鮮にはさしたる実態はない

記紀に中国に関する記述が無いのが、かえって中国の影響の大きさを暗喩している
天皇という呼称自体、はなはだ中国的


282 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:30:55
>>276
おまえこそうざいんだよ。タコ。日本書紀の童謡が日本語で読めるって?
バカじゃないのかおまえは。(未詳)ってのはどういう意味だ?
バカは相手を刈り込んでレッテル貼りをして自分だけいい気になる。
元ネタが朴? それならヒフミの由来は知ってるか? 日本語日本語っていってりゃ、何でも読めるのか?アホ。

283 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 18:43:52
>>280
おもしろいね。
何げに日本語なんじゃないかと、こう思った

祝わん武運祝わん武運、出でる岩間に、ほい(?)
長駆で攻める攻めんとや、長駆で・・・(?)

あとわかんないや。

284 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 19:01:47
>>282
現代朝鮮語におきかえようとしてるやつのほうがあほ

285 :日本@名無史さん:2005/08/01(月) 21:52:31
史学会から相手にされないのはタブーだからなのだ。
史学会から相手にされないのはタブーだからなのだ。
史学会から相手にされないのはタブーだからなのだ。


286 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 13:18:01
>>282
童謡か、なんか面白そうな話だね。漏れは素人だけど興味がわいてきた。
童謡が外国語であるという学術図書かなんかあったら教えて。

287 :tociguri:2005/08/02(火) 13:40:09
ヘブライ語の歌なども残っているという話もあったし、タミル語の囃子歌も
あるらしい。

 日本はなかなか国際色豊かな国だ。


288 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 19:47:44
属国や敵国の人間を王にするだろうか?
天皇は現地民

289 :日本@名無史さん:2005/08/02(火) 22:08:09
>>288
多分、南方の文化をもつ倭人の王でしょ。

290 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 03:11:52
>>288
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120914010/329-359

291 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 03:38:57
>>284
バカ。誰が現代朝鮮語に置き換えようとしているんだよ。
>>263
>朝鮮において最も古い書物は日本で言う平安時代のものであり、古代朝鮮語の実態はわかっていない。
>そこで、逆に古代日本語=古代朝鮮語だった可能性が大なので学際的交流が始まったばかりなのだ。
>比較言語学が始まったばかりの段階なのだ。
を読まなかったのか。

>>286
未だ学会は故坂本太郎先生の簷下にある。
童謡が日本語では読めないことは皆重々承知ではあるが、学説としては「こう読めた」という完全なレベルに達していなければ発表は出来ない。
で、それは史学会と言うより比較言語学の領域であり、残念ながらその分野で日本書紀の童謡に取り組もうとする学者はいないのだ。

292 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 03:48:43
あんまりバカバカいうな。
大人の対応よろ。

293 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 09:48:59
結局、想像を述べてるだけ。


294 :16歳中卒ヒッキー ◆HCmIhYMlyc :2005/08/03(水) 09:54:36
現在の天皇家は福井の豪族の子孫ですw

295 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 15:51:15
>>1
日本で最高の秘密で謎だ、永遠に明かされないだろう。つまり、社民党や
共産主義者の国にはなりえないことだろうな〜♪

296 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 15:55:04
マジレスすると中東

297 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 16:00:53
大陸のどこかからだろう。

298 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 16:09:35
おそらく今のイラクあたりではないか
古代イスラエルに間違いないだろう


299 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 22:07:06

◎HLA遺伝子 B52-DR15(B52-DR2)の頻度

西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
西日本人 10%超、 韓国人 1.4%、西日本人 10%超、 韓国人 1.4%
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/sakura-komichi/kodaishi/hn2602/5.htm
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人
日本人最多であり、且つ、北九州、山陽、近畿で更に高頻度である
朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人≠朝鮮人≠西日本人≒モンゴル人

300 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 07:24:32
山口県 土井ガ浜遺跡の人骨は
皆、中国山東省の方向を向いていた。

この人骨は山東省発掘の同時代の
人骨に酷似している。

301 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 07:32:28
関東、中里遺跡では縄文人と弥生人が
共存した証拠が

302 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 07:39:19
深い森により濃尾平野以東に進めなかった
弥生人は海から中里遺跡に上陸している。
土器から瀬戸内系の人と思われ、彼等は
縄文人に稲作技術を伝え共存した。

303 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 07:45:27
以上の点から推察すると
山東半島を船出した弥生人は
回路南朝鮮を経て山口県土井ガ浜付近に上陸、
高い後悔技術をもつ彼等は瀬戸内海を広く活動し
東は淡路島、西は日向までを拠点とした海洋系の人と推察できる。

つまり天皇家の先祖はこの大陸系の海洋民である。

304 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 07:48:53
さらにこの山東系の人は
もとは
黒潮に乗って海からこの地にたどり着いた人々であり南九州にたどり着いた
人々の同族である

305 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 12:13:48
天皇陵を掘ろうぜ

306 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:06:48
土井が浜、出雲タイプは新参者、埋葬法が全くことなる。
朝鮮人。山東というより丁度高句麗の丸都近辺の人であろうと
思われる。四隅墓により推定できる。
http://www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
彼らは倭を乗っ取り大和朝廷を立てた中枢に近い人間か
あるいは先住系を丸め込んだ新参者と思われる。


307 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:09:23
土井が浜が山東というのは幻想、間違いなく新参系の
高句麗人、彼らは辰韓を属国にし新羅を建国、その勢いで
出雲朝鮮人入国管理所から関東・東北に侵入、金の支配領域を
拡大。

308 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:12:00
土井が浜出雲人の活動範囲は主に本州の日本海側、
関東への侵入は少し遅れたのだろうか

309 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:25:11
自然に考えて山東人が土井が浜人=本州人なら
なぜ彼らは九州にその痕跡を残さずに本州にばかり
その痕跡を残したか?矛盾だらけの情報・印象工作
http://ime.st/www5d.biglobe.ne.jp/~tosikenn/4sumi1.html
そう、新参者であったかあるいは、東朝鮮から侵入したと考えるのが
自然だろう。

310 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:37:49
高句麗は満州系なので朝鮮系というローカルな表現は不適切だ。民族、言語、風俗
も後の朝鮮族とは異なる異民族だ。



311 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:40:07
http://www.hist.shimane-u.ac.jp/kouko/List.htm
ここにもあるこの歴史的な発見を闇に葬り去る
馬鹿ん頭人、呆怪憧人w

312 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:43:36
新参者が僻地から入り込み次第に倭の中枢を浸食していったという
ことはだいたい想像できる。
http://ime.st/www.hist.shimane-u.ac.jp/kouko/List.htm

313 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:47:58
日本にも朝鮮にも高句麗、百済人の血は混じっているだろうが、それを
日本人は朝鮮系と表現するのは朝鮮人の勝手な思い入れ、片思いに過ぎない。

 中国人が朝鮮人は中国系と主張するようなものだ。

314 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 15:54:50
そうは思ってないよ、この土井が浜タイプも先住系を征服しながら
倭の文化を受容し拡大していったのでしょう。
しかし、この考古学的な事実はもっと大々的に発表すべきではないでしょうか?
大和朝廷成立にも深く関わっているように感じる。

315 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 16:10:49
銅鐸と前方後円墳もやはりこの勢力が拡大発展するなかで
生み出したものだろうか・・
前方後円墳の時代的、場所的な広がりみるとそう感じる。

316 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 16:40:52
近畿・東海にいた銅鐸族を古墳族が滅ぼした事は間違いない。

古墳族が何処から来たかだ。

317 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 16:57:08
>>316

丹後、播磨、吉備、

318 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:15:56
四隅が前方後円墳、後方墳に発展したのではなかろうか?
裏、東日本の勢力が九州日向に入りその後畿内に入り
全国政権の下地を作った。
銅鐸そのものもどこから来たかわからん。
この辺、権力抗争と祭祀の変遷が目まぐるしく複雑に
絡み合ってる。

319 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:32:05
磐座信仰の東北太平洋側までの広がりを考えると
第一段階としてはこの磐座が全国規模で広がり、
次に裏日本、東日本の一部、瀬戸内の一部に四隅が広がる、
これが発展拡大し、変化したのが古墳文化。
最後にこの文化圏が西九州、畿内大和、東海(銅鐸)とぶつかったのでは?
最終的には古墳族と大和が和睦し大和政権の下地となる。

320 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 17:46:47
新羅は新生高句麗の属国、(源氏、白旗)
旧高句麗支配層は百済に亡命、百済は倭国と同盟
新羅の支配層は北方スキタイ文化色濃い新参者である

321 :苦無い腸:2005/08/07(日) 21:59:47
>>305
禿同

322 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:15:21
マジレスすると古代ユダヤ

323 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:20:49
>日本にも朝鮮にも高句麗、百済人の血は混じっているだろうが、それを
>日本人は朝鮮系と表現するのは朝鮮人の勝手な思い入れ、片思いに過ぎない。


0.2%ほどな。しかも当時の。
ほとんど入っていないと言って良いレヴェル。


>中国人が朝鮮人は中国系と主張するようなものだ。


朝鮮人が中国系というのは事実。
様々な遺伝学で朝鮮人には漢民族の遺伝子やハプロタイプが
高頻度に出てくる。

朝鮮人は縄文人に近い土着人と華北人と満州東部人のあいのこ。

324 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 22:33:55
>>323

ユダヤは??

325 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:01:43
様々な遺伝学で日本人種からコーカソイドの遺伝子なりハプロタイプなり
が確認されたという公表は今のところ一切無いが。

これからも無いだろうな。

326 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:05:42
皇族方のお顔を見ればどこから来たのか一目瞭然でしょうに・・・

327 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:07:08
>>325

古代ユダヤは白人じゃないだろ?
セム系じゃなかったか?

328 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:13:46
セム系ってのはコーカソイドらしいぞやっぱり
地中海人の末裔がドラだけどやぱし白(コーカソイド)

329 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:14:01
顔見たまんま、北方アジアに決まっとるわな。


>>327
ハムもセムもコーカソイド。
コーカソイドは白色人種と訳されてるが、黒いコーカソイドも
いっぱい居る。

逆に北方モンゴロイドのように白いモンゴロイドもいっぱい居る。

330 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:31:13
>>329
それだ!
小アジア地方にいるトルコ人も人種的には黒いコーカソイドだろう。
白いモンゴロイドはぜいぜいカザフかキルギス止まり。

331 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:35:41
カザフはコーカソイドとモンゴロイドの混血地帯。

キルギスも確か混血地帯。

332 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:49:44
お前らが何を言おうと
日本にユダヤが入っていることは
間違いないんだが・・・
人口の1%は
いると見る。

333 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:51:25
ここって研究室で実際に
DNA調査してる奴いるの??

334 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 23:59:52
>>332
ユダヤというより、東北や北関東の先住民は確かにコーカソイドの要素が
あるな。俺の新潟の親戚や、東北出身の学校の担任がコーカソイド的の
容貌を持っていた。或いは縄文的な古モンゴロイドかも知れない。
秋田のナマハゲ祭りも、赤い鬼がメインだからコーカソイドと関係あるかも
知れんが。

335 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:04:35
>>330
アナトリア少アジアは
アジアという名前のヨーロッパです。
アナトリア人が印欧語族なのは有名な話です。
トルコ人(モンゴロイド)とは異なります。
常識のレベルです。
>>334
はいはい、引きこもり、自殺志願者

336 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:13:12
天皇も大将頃までは南朝色が濃くて
先住系に改良してたんじゃなかろうか?
昭和の皇后が北の血が濃すぎて平成天皇、
皇太子とあんな顔ですが

337 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:15:30
>>335
アナトリア人とはオグズ族のセルジューク朝以来からトルコ化したコーカソイド。
だから、言語的には印欧語族からトルコ化したコーカソイド系の民族のことだ。
さらにギリシア・アラブ・クルドなどの多民族が複雑に入り混じり、オスマン朝を
経て、多種族国家として形成されたのが現在のトルコ共和国だ。
君こそ、もっと勉強したらどうだ?池沼君。

338 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:17:15
南朝がゆだやなのは間違いない


339 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:42:11
>>337
池沼はおまえだ。
335の意見と337のおまえの相違にさえ判断できないのだからなw

340 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 00:53:37
同人物の煽りの厨房と見た!煽るな!!
>>339
 ||
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/182
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/185
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/187
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/189
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/191
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1111024859/193

341 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 01:10:39
お母さんから来たに決まってる。

342 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 01:17:06
>>338
その発言は、人種差別ですか?
後日、人権擁護委員がお宅におじゃまします。
調査拒否をした場合は罰金30万円です。
礼状はありませんが拒否はで来ません。
調査・審議の結果、差別と認められた場合、
差別者として、貴方の個人情報は公に晒します。
異議申し立てを行いたい場合は、
裁判で受けて立ちます。
貴方は個人で裁判費用を負担してください。
こちらは国庫から潤沢な資金を使います。
では、ごきげんよう。



343 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 22:04:32
根拠のない妄想してるやつ
いい加減にしろ

344 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 22:11:43
土井ガ浜の人骨が
戦国の混乱から山東半島から
旅だった人てのは
定説じゃないの?

345 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 22:15:09
まあ、いずれにしろ
古代天皇家がそのはじまりの頃
瀬戸内海を拠点に活動する海洋民と深い関係があるのは事実。

どこから来たかと言えば海から来たと言える

346 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 22:22:10

土井が浜人は朝鮮半島に頭を向け埋葬されているということから
半島、それも北部の方という説もある。
というかそっちの方が有力。
初期の弥生人とは埋葬が違うこと等と辺鄙な場所に上陸していることから
全くの新参勢力である可能性が高い。

347 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 22:23:30
>>345

そのグループこそアークを運んできた古代ゆだや一行であると
断言できる

348 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:41:14
金官加羅

349 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:47:50
丑三つ時に活気付く電波系スレの謎。


天皇家て何処から来たの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1117987687/
日本人なんていない、コリア系渡(略 U
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1087072485/
【勧告】横浜人は歴史を直視せよ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114436344/
【DNA】西日本は中国系で東日本は半島系か
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114947979/
【江上】騎馬民族説は今。。。vol.3【波夫】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1120222213/
日本の支配階層は奈良百済人である! 
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119646322/
百済か新羅か?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1086007875/
★出雲国=韓人国家 【★古代史の真実】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1119821415/

350 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:48:01
金官加羅は金春秋の先祖の地。

351 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:49:10
>>348
という人もいるよね、でもあんな小さな国というより村から
日本の半分を治める勢力が生まれるというのは考えにくい
もっと大きな後ろ立てがないと無理。


352 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 03:03:04
天皇制を廃止して天皇陵全部発掘したい、
その意味で天皇制廃止を望む!

353 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/10(水) 04:51:44
どうも宮内庁.comです。

354 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/10(水) 05:50:13
【宮内庁@コラム】第1回『おなべ天皇』
どうも宮内庁.comです。記念すべき第1回【宮内庁@コラム】です。
少し前女性天皇の是非が議論されていた。しかし私はすでにもうひとつ先の問題を睨んでいる。
それはずばり『おかま天皇』あるいは『おなべ天皇』の是非である。
問題はすでにすぐそこまできている。aikoはすでにすぐそこまでにきている。
詳しく説明しよう。まず現皇太子の顔を思い浮かべて欲しい。…そう青ヒゲだ。
《ヒゲが濃い=男性ホルモン過多》 そして娘のaikoの顔は非常に現皇太子に似ている。
要するにaikoは皇太子の血を多くひいている。よって《aiko≒男性ホルモン過多》が成立する。
さらに同性愛者や性錯綜者には
・閉鎖的環境で育った
・両親が社会的地位が高い
・両親のどちらかあるいは片方が精神病
・異性ホルモン過多
・名前の頭文字がa
などのいずれかに該当する傾向があるそうだ。それではaikoで検証してみよう。
・閉鎖的環境で育った=(皇室)
・両親が社会的地位が高い=(皇室)
・両親のどちらかあるいは片方が精神病=(雅子様)
・異性ホルモン過多=(青ヒゲ)
・名前の頭文字がa=(愛子)
驚くべきことに5項目全てに該当しているのである。
以上の結果を踏まえ私が算出した結果99.902%の確立で同性愛者や性錯綜者になるとでたのである。
私の予想では彼女は小学校入学頃から青ヒゲが生え始め、10歳の時には下はボーボーだと思われる。
そして小学校卒業間近には自分の性に疑問を感じるであろう。
そこからは愛子本人の意思で行動するであろう。(性の決定)
そしておそらく《男》であることを選択し、ここで初めて『おなべ天皇問題』が浮上するだろう。
そうなってからでは遅いのである。私は今ここで問題提起をしてみようと思う。
・ご意見ご感想、投票はこちらへ→kunaicho_com@yahoo.co.jp
宮内庁.com

355 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/10(水) 06:00:22
【宮内庁@コラム】第2回『皇室報道』
どうも宮内庁.comです。大好評不定期発行の【宮内庁@コラム】です。
さて今回は『皇室報道』についてです。皇室の輩が結婚すると「ご結婚なされた」と報道されますよね?
ならば逆に皇室の輩が離婚すると「ご離婚なされた」となるはず。 私はいつか報道で「雅子様ご離婚」と
ニュースが流れると私は予想している。 あの皇太子の異常な性癖に耐えられる人間は少ないだろう。
その矛先がaikoに向けられるのではないかと私は危惧している。
人間がaiboのように扱われないことを祈るばかりだ。
*aiboとは一昔前に流行った機械犬
さて次回は皇室炉利ランキングの発表です。皆様の投票をお待ちしております。
・ご意見ご感想、投票はこちらへ→kunaicho_com@yahoo.co.jp
宮内庁.com

356 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/10(水) 06:23:00
【宮内庁@コラム】第3回『皇室炉満』
どうも宮内庁.comです。最近【宮内庁@コラム】の偽物が出回っているようなのでご注意ください。
私、宮内庁.comは必ずトリップを付けています(たまに忘れますが…)。本物の【宮内庁@コラム】は
宮内庁.com◆K.qmyQDBQcが発行しています。くれぐれもご注意を。
さて前回告知していたように皇室炉利ランキングの発表です。全部で5票の投票がありました。
1位-加古様(4票)
2位-aiko様(1票)
おおかたの予想ではaikoが人気と言われていました。しかし愛・地球博でテレビに映った加古が
ダークホース的に1位に踊りでました。いくつかメールを紹介します。
名無しさん(加古様)
−やはりあの清楚な顔だちがいいです。つるつるのおまん○こを広げあの顔が苦痛で歪むのを
 見たい。よって加古様に1票です。
名無しさん(加古様)
−愛知万博の報道で映った加古様に人目ぼれしました!加古様に1票!
大日本美桜塾さん(aiko様)
−女性天皇、大いに結構。皇太子様の血をしっかり引き継いだあの顔立ち。くすぐって悪戯して
 喜ばせてあげたい。国民に愛されているaiko様に一票です。
この他、無効票(圧力団体からのウィルスメール、アニメキャラクターへの投票など)が多数ありました。
投票結果から一言。女性天皇危ういか!?やはり私が提起した『おなべ天皇』問題に注目すべきだと
思います。
・ご意見ご感想、投票はこちらへ→kunaicho_com@yahoo.co.jp
宮内庁.com

357 :苦無い腸:2005/08/10(水) 20:19:39
>>352
禿同

358 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/10(水) 23:04:43
どうも宮内庁.comです。

359 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/11(木) 06:58:02
【宮内庁@コラム】第4回『八百長スペースシャトル』
どうも宮内庁.comです。これからは皇室関連ばかりではなく、時事ネタも【宮内庁@コラム】には
必要だと思います。ホモ顔野口さんらを乗せたスペースシャトル「ディスカバリー」がアメリカ
西海岸のエドワーズ空軍基地に無事着陸したそうだ。大気圏突入の際、燃えれば日本からでも綺麗な
流れ星のように「ディスカバリー」が見えるとの予測もあり、私は大気圏突入失敗を期待していた。
ホモ顔野口さんが船外活動中「自分が星になったみたいだ」と話してたとおり、大気圏で星になって
ほしかった。非常に残念である。
さてもうひとつ。プロ野球横浜ベースターズ、浜の番長?大魔人佐々木投手がリストラ引退により
最後のマウンドにたった。最後の対戦相手は球界の地蔵ゲイ番長、清原和博だ。JK(女子高生)
SB(ソフトボール)程度のストレートで追い込み、最後は山なりスローボール(フォーク(笑))で三振を
とりマウンドを降りた。終わり良ければ全て良し。大魔人佐々木にふさわしい終わり方であった。
しかしこう八百長がまかり通る野球界はいかがなものか…最近台湾で野球賭博絡みの八百長問題があった
ばかりだ。野球賭博といえば巨人終身名誉監督長島茂雄の命日予想ブックメーカーが売り出されている。
宮内庁.comは来年3月第2週あたりを予想し、買った。死因ブックメーカーは脳梗塞、脳管破裂あたりが
かたいであろう。
・ご意見ご感想、投票はこちらへ→kunaicho_com@yahoo.co.jp
宮内庁.com

360 :16歳中卒ヒッキー ◆HCmIhYMlyc :2005/08/11(木) 08:49:27
昭和天皇は戦争責任をとって
退位すべきでしたね・・そうすれば
天皇陵が発掘できたのに・・

361 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:51:28
一時期朝鮮に人質に取られてたから血は混じってるな

362 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:51:55
>>361
何を今さら。朝鮮の南側から日本の南側までは倭人が行ったり来たり。
ま、朝鮮と言われるあたりに住んでた民族もずっと同じではないけど
それでもそれだって、どうしたってそれぞれ入り混じるだろうよ。
アフリカから分岐しながら、入り混じりながら東の果てに散って来たんだろうよ。

363 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:06:06
こないだ、加羅のあたりの人の顔みたけど堀の深い
先住民顔で安心した、かれらは倭系の末裔だろうと。

364 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:12:24
たぶん朝鮮半島から叩き出されて日本へ来たのだろうけど
まさか叩き出されたとは書きにくいので天から降ってきたとせざるを
得なかった苦肉の策=古事記・日本書紀の天孫降臨

365 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:19:45
数知れず上陸していた亡命組みのなかで、勝ち残って政権を樹立できたのがオオキミ

366 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:21:00
でも、素戔嗚尊は一旦朝鮮半島に上陸してから出雲に行っている…。
こっちはきちんと明記しているよね。なんで。って出雲族だからか?

367 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:25:00
天皇族ってのは朝鮮半島からはき出されたというより
朝鮮半島の先住系をもはき出した北方の部族だろう。
もっと北の方で抗争に敗れ半島と列島に散り散りに
なった部族だと思う。

368 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 15:36:19
アメリカはヨーロッパから叩き出された香具師が寄り集まって
出来た国だが、まあロックフェラー一族が実力で王様になった
日本もアメリカと似たようなもので中国大陸や朝鮮半島から
叩き出された香具師が寄り集まって出来た国で、一番悪賢いのが
王様になったてなところだろう だからアメリカと日本は
似たもの同士の流れ者国家なので相性がよろしい

369 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 16:00:22
初期天皇がどうやって権力を集中させていったか、
考えると不思議でならない。武力のみでの征服は容易ではない
神懸かり的なことがあったのかもしれない、祭祀を中心として
先住系とは比べものにならない能力を持っていたのかもしれない。

370 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 16:45:39
農耕技術じゃないのか?

371 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:03:28
農耕技術はもっと早い段階のもの、生産力の増強によって
蓄え、分業という社会の基礎が築かれるが、それが直ぐに
国へと繋がるとは考えにくい。
実際、農耕がより発展した半島南部より北で国が興っている。
倭や半島南部では原始的な祭祀はあるが権力の集中がみられないので
建造物に関して小規模、中途半端なものが多い。
普通、人間は自分と家族が食えて、争いが無ければ十分と考え
原始的な部族では国(権力の集中)は興らない。


372 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:23:07
>>368

中国や朝鮮の王朝は
「中国大陸や朝鮮半島の支配層から叩き出された香具師が前王朝の衰退期に寄り
集まって出来た国で、一番悪賢いのが王様になったてなところだろう
 だから中国と朝鮮は似たもの同士の流れ者国家なので相性がよろしい」






373 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:25:59
新羅という国が倭に結束を促したか新羅の勢力そのもので
あったか、いずれにしても新羅に触発されて日本で国が
興ったとみるべきである。

374 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:33:41
氏姓制度も支配階層とそうでないものをより明確に
区別し権力をより堅固なものとした。

375 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:52:11
でユダヤ説はどうなったのよ?
かなり信憑性高いとおもうけど?

376 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 17:53:38
聖徳太子は景教の影響をうけていそうだが…

377 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 18:25:30
鉄器、米が国作りに欠かせないという説を唱える人がいるが
そんなの全く根拠がない、住民全員が生産者(農耕民)の社会で
なぜ鉄器で脅し征服する必要があるのか、よく考えて。

378 :世界平和を願い続ける地球市民☆:2005/08/11(木) 18:48:19

社民党に愛と平和の一票を!!


民主党も自民党も改憲派です!!!

地球市民の皆さん!  忘れてはいけません!  真の護憲派平和主義政党は社民党だけです!

民主党も自民党も改憲派です!!!


民主党もその本質は自民党と同じ平和憲法を破壊する反動右翼政党です!!

地球市民は平和を死守するために民主党と自民党による2大政党化を断固として阻止しなくてはなりません!


今回の選挙では社民党の議席が無くなってしまう危険性がかなり大きいのです!!



平和護憲派政党・社民党を廃した民主党と自民党による右翼2大政党政治の成立を阻止するために社民党に投票して下さい!


愛と平和の尊さを忘れていない地球市民のみんな!! 社民党に一票を!!


379 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 19:15:54
水争いとか、より利を得ようとする争いは自動的に起きるんじゃないの?
そうするとより力が欲しくなる。力があるものが弱いものを従わせられる。とか

多分、蓄えを持つことが出来るようになると、経済が発生して
富める者はその富で労働から解放されたり、好きなことができたりするようになった。
より、富を得て更なる勝ち組になりたい欲望とかが起きる。とか

あっ、それで豊かさを約束する農耕が上手くいくために
呪術的なことが出来る人間が中心の社会が出来たとか。

380 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 21:11:21
米を作っていると狩猟をやっていた連中の土地を勝手に耕し、狩猟の邪魔になる。
また自分で米を作るより他人の作ったものを強奪して行く米泥棒も発生する。
これらから自衛したり、農地を拡大し、狩猟民の土地を強奪する必要もあり、兵器が
発達する。日本人も米国人のような開拓者魂をもってインデアンと戦いながら、
国土を拡張していったのだろう。また黒人奴隷に代わる農業奴隷も発生していった
のだろう。


381 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/12(金) 00:59:36
【宮内庁@コラム】第7回『自閉症愛子』
どうも宮内庁.comです。さて今回は重度の自閉症を患った愛子様の処遇についてです。
実は私、宮内庁.comの独自調査によって、ある重大な問題が発覚いたしました。それは愛子替え玉『人身売買』問題である。
というのも生まれつき重度の自閉症を患った愛子が皇室の人間として失格であり、宮内庁では愛子本体をまだ成長前の
幼少期に健常者とすり替えようとしているとの噂がある。それはいくつかの方法が提案されているという。
@ゆかりのある朝鮮人極左団体の人身売買ルートによる本体すり替え
Aアメリカ航空宇宙局、NASA独自開発の人型ロボット
B「不慮の事故」と称した愛子本体の削除
続く…

382 :宮内庁.com ◆K.qmyQDBQc :2005/08/12(金) 01:00:34
続き
現時点で2番目に可能性が高いのが@だと言われている。朝鮮人極左団体の人身売買ルートからの子供を整形し(この場合ブスに)
長期休暇と称して公衆から遠ざけて摩り替えるというのだ。最近「チワワ誘拐事件」が多発しているのも、人身売買組織の子供を
狙った(子供はカワイイものに付いて行く)計画的犯行とも言われてる。本物確認は愛子本体の身体的特徴や癖、挙動で見分ける
ほかないだろう。あのブサイクな顔の特徴を覚え、長期間メディアから遠ざかった後に注視してもらいたい。
次に一番実行されないであろうAについて。このNASA独自開発の人型ロボットというのはそこらの玩具メーカーや車メーカーなど
の発表したロボットとは次元が違う。外見ではまったく判断できない(動向の開閉まで)よって、人工知能による会話パターンの
虚をつくほかないであろう。しかし公衆に出る場合宮内庁御用達記者が周りを固め、台本的質疑応答が繰り替えされるのは目に
見えている。いかに「虚を衝く」のかが問題だ…
そして最後に、1番実行される可能性の高いB「不慮の事故」と称した愛子本体の削除である。これは故、ダイアナ皇太子妃が
そうであったよう「不慮の事故」で削除するのが普通である。実は愛子が重度の自閉症と発覚した際、もう少し前(乳児期)に
発覚していれば乳幼児突然死症候群(SIDS)ということで削除できていたのではないかという話がでたという。現時点で一番
可能性のあるのは移動による「不慮の事故」である(航空機、車、鉄道)。静養先や宮内庁ではまずやらないであろう。
さてこれはおそらく誰にも判別はできないであろう。ただただ「不慮の事故」が起こらないことを祈るばかりだ。
以上が重度の自閉症を患った愛子の処遇の予想である。わずかな可能性「正式な持病の発表」は残っているが、雅子様の例を見て
もその可能性は…
・ご意見ご感想、投票はこちらへ→kunaicho_com@yahoo.co.jp
宮内庁.com

383 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 19:14:19
初期天皇が権力を握った理由、それは殺しのテクニックが抜群だったからよ
それまで、平和的に暮らしていたところに、突如大陸仕込みの
必殺テクニックを持った集団が現われて日本制覇 農耕技術なんて
甘いものではない

384 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 06:30:15
インベーダーとしての征服王の支配力が安定してくると、王化に従わぬ先住民族や、
反乱者征伐の物語が、王の英雄伝説として物々しく語りだされる。

やがてそれらの伝説や物語は国家の正史に取り入れられて、政治的、文化的統治の
一環として大いに活用される。

征服王が君臨すると、その血統は、古くから、その土地に伝わる神話や伝承や説話
を寄せ集めて、麗々しく美化される。

内外から寄せ集めた材料を下地にして、皇祖による国土創生神話がまず作られる。
そして無理矢理こじつけられ巧妙に偽造された王統譜によって、王権の正当化がは
かられる。

天武天皇によって編纂を命じられた、我が国の「古事記」「日本書紀」が、大筋で
はそのような経過をめぐっていることはあらためて述べるまでもないだろう。

その支配の安定をはかる為に、宗教的儀礼、身分制、位階勲等など、さまざまな装
置、パフォーマンス、道具立てが考案され、社会体制がしだいに秩序化されてゆく。

時間は人々の心に次第に作用して、人々に権威を納得させ、それを正当で理性的な
ものと思わせる。


385 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:10:33
かりに制服王朝として
何か問題が?

俺は征服された先住民の直系子孫だ!
なんて言い出すのか?藁

386 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:12:16
>>346
?半島南部はかすめてるが
北部は向いてないのでは?

387 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:18:10
原始天皇家はオノゴロ島を拠点に
列島沿岸を駆け巡った海洋民。
これが神代。
やがて日向から陸にあがり点在していた
拠点を辿りながら陸の支配を目指したのが神武天皇。

388 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:20:41
紀記に記された天之鳥船はまさに原始天皇家が
海洋民だった証。

389 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 21:23:55
神武に従った裏切り者は藤原

390 :決定打!:2005/08/15(月) 21:27:05
思い出して欲しい。
神奈川県中里遺跡では
海から上陸した人達が現地の人々に
農耕技術を伝え共生していた。

この海からやって来た農耕技術をもった人達こそ
原始天皇家と同じ種類の人達である。

391 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:52:09
皇族はずばりB52-DR15族。

元はシベリアのどこかに居て、南下してモンゴル東部〜満州北西部に
一時定着したが、再び南下して朝鮮半島には定着せずに九州北部に渡来した。

やがて人口爆発して西日本一帯に広がっていった。

これと土着系が混ざったのが大和民族。

392 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:16:44
違うね、本州は全く違う勢力が支配的、それは
四隅墓を残した

出雲武蔵族B52-DR13族!!!!!!!!!!!!!!!

天孫族渡来は邪馬台国の前後2世紀ほんとんど同化することなく
畿内にて定着。これはなんだべか

393 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:18:37
稲作を伝えたグループは江南系あるいは縄文の先見的グループであろう
つまり、関東人は四隅墓人

394 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:05:21
一気にビビンバ臭くなってきた。

395 :ニッカ:2005/08/16(火) 00:08:13
失われたイスラエル12支族のガド族=天皇家です。
馬の文化を持って渡来しました。

396 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:11:03
阿弗利加に決まっておろう。

397 :正しい血統:2005/08/16(火) 06:37:53
>>1


          正     直     田     布     施     か     ら

398 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 07:24:40
>1
知らないの? 太陽からだよ。ぼくらみんな。

399 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:56:56
政治家や官僚は大卒だから、不正はしないよ。
政治家や官僚を叩くのは高卒の妬みだよ!

lヽ
l 」∧_∧       
‖ ( ゜∀゜)アヒャーヒャヒャ
⊂    つ
  人  Y
 し(_)


400 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:31:53
変なオカルトはやめてくれ。

紀記にははっきりと
原始天皇は南九州に拠点を置いていたと書いてある。(三代だが)

また神代から古代の天皇家には
海との深い関わりが記されている。

これが事実。

401 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:35:02
三代て言っても長いよ。
今の天皇は関東四代目だし。
原始天皇は寿命が長いからね。

402 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:36:41
>>390
は原始日本の縮図だと思う。

403 :ジョン・レノン ☆ イマジン:2005/08/16(火) 22:45:13

私は左翼だけど・・・

なんか最近「国境のない世界」とか人類愛とかいわゆる地球市民思想の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に国境のない世界なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 地球市民とか、国境のない世界とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。


404 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 07:50:27
地球市民なんて。
足元を見ずに空ばかり眺めていたやつが
思いついた妄想。
下も見て歩かないとドブにはまるぞ。

405 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 07:58:04
テンコロ(天皇)一族は朝鮮系(w


       国籍ないヤツァ日本から出てけ!!
── =≡∧_∧ =           
── =≡( ´∀`)≡  ズガッ     -=○-○  
─ =≡○_   ⊂)_=_  \ 从/-=≡ r.(  π )   
── =≡ >   __ ノ ))<   >  -= 〉裕仁 つ
─ =≡  ( / ≡  _/VV\-=≡⊂ 、 ノ
── .=≡( ノ =≡   /|   ,,   -=  し'
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ,,,   ─━━━─
                                              


406 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 08:51:22
判っているだけでも、継体期、南北朝、幕末期・・・何度か途絶え
てる可能性があるので、遼東半島から来たといってる中国の史書の
記述をそのまま使えるのかどうか・・・


407 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 09:26:22
天武のとこでも途絶えてる。
天武のところで天皇制は確立したんだけどw


408 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 10:57:44
>406>407
やれやれ
何を根拠に・・

409 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 13:03:39
古墳にミイラとかないの?
DNAが見られればいいわけだが

410 :日本@名無史さん:2005/08/21(日) 15:07:14
>>407 天武は天皇家の人間ではないという説がありますが、光仁で天智系に戻り、今の天皇は天智天皇の末裔です。

411 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 03:29:56
どっちにしても天武、天智の前の大王に天の文字が入っていないし
幼名?にもそういった名前が無いので、天孫っていうのはこの天武、天智の
頃に権力を正当化する為に朝鮮の天君をマネしたか何かで天皇と
名乗り始めたわけでしょう?まあ、僕はこの天皇と名乗ったのは
朝鮮系の血の濃い人だと思っていますが・・


412 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 07:20:56
>>403 朝鮮半島に国境の無い世界が実現するのは遠い未来だ。

 北鮮国内では国内でさえ移動の自由がない国境だらけの世界らしい。

 朝鮮を祖国とする人間が国境の無い世界に憧れるのは無理も無い。

413 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 15:40:20
>>408>>410
お前ら、泉湧寺さえ知らずにこの板にいるのか?
バカ。


414 :408:2005/08/22(月) 20:30:39
知っているが
それが天武士と一体?

415 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 20:02:23
>>414
じゃあ、知らねえんじゃねえか。アホか。

416 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 00:13:22
>415
時代が全然違うだろ
だから何が根拠だよ?
また変な適当な憶測から作り出されたオカルト説かよ(藁

417 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 00:17:59
415のようなのはスルーすべし。
紀記の正確さにびびって否定したくてしょうがないやつの
妨害工作にすぎないから。

418 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 01:03:34
>>416>>417
バカとはお前らの為にあるような言葉だな。
泉湧寺と天武天皇の関係を調べてみろ。
憶測などどこにもない。泉湧寺に電話でもして訊け。ドアホ。


419 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 07:20:03
そんな一部のオカルト説の歴史だされても・・
スレと関係ないのでこの話しはもういらね

420 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 13:32:17
天智 中大兄 = 百済王子・・・残念

421 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 14:47:17
仁徳天皇陵を発掘すれば何か解ると思うのだが・・・


422 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 19:21:23
>>419
無知ほど醜いものはないな。
調べりゃすぐわかることさえせずに、オカルトかい?www
お前につける薬はないよ。

423 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 22:07:58
天君の元祖は馬韓なのであるいは百済から入ったかも

424 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 22:30:56
今の天皇家は、日本製だぞ。多分。
その前は知らんが。

425 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 02:48:09
>>424
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1106455514/
のことか?

426 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:26:51
先ずですね大陸と近い北九州が発展しますよね
そのあと日本海づてに出雲が発展しました
同時期に吉備、畿内にも勢力網が出来ました
吉備をはさんで交通ルートの奪い合いを各地でしてたら
北九州が没落して行きました


427 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:31:47
それを気に出雲系機内勢力一派トヨ派が北九州の山門?を遷都しました
しかしその後トヨは朝鮮にも出兵して機内に煙たがられました
その為畿内派に南九州に追いやられました
しかし祟りを恐れた機内政権はトヨ派の皇子を大和の王に立てて
日本は安定しました
でも白村江の戦いでボロ負けして朝鮮利権も失いましたとさ

428 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:37:16
という訳で「何処から来たか?」などと言うのは愚問です
各地勢力が対朝鮮、対中国を睨み日本安定の為担ぎ出しただけです
だから不可侵なんです
今で言えば憲法九条ですかね


429 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:43:42
イワレヒコは名前の通り縄文人です。

430 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:54:21
京都御所に堀等が無いのは有名ですよね
皇室は古代から精神的主柱だったんです
政治、軍事は出雲系の物部氏とか蘇我氏が取りまとめていたんです
何処から来たかと言われても天皇という漢字、制度は中国から来てますから
大和の国を治める一制度に過ぎません
最初の皇子が誰かと聞かれればトヨと武内宿禰の子供かな?
位しか思い付きません

431 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 13:58:12
新羅=天智天皇系列、百済=天武天皇系列っていう説もあるみたいよ。
半島の歴史をキチンと丁寧に調べて矛盾の無いストーリーになってる。
日本だって建国の歴史くらい創作してもおかしくないよなあ。

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31554737

432 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 17:22:43
天皇は知らないが、卑弥呼は孫権の国から来たんだよ。
人類学って凄い。

433 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 17:36:14
北海道で事件→また北海道か
青森県で事件→また青森か
宮城県で事件→また宮城か
茨城県で事件→また茨城か
新潟県で事件→また新潟か
埼玉県で事件→また埼玉か
千葉県で事件→また千葉か
栃木県で事件→また栃木か
神奈川県で事件→また神奈川か
静岡県で事件→また静岡か
愛知県で事件→また愛知か
三重県で事件→また三重か
岡山県で事件→また岡山か
広島県で事件→また広島か
香川県で県で事件→また香川か
福岡県で事件→また福岡か
熊本県で事件→また熊本か
鹿児島県で事件→また鹿児島か

こういうことを書いてはいけません

434 :日本@名無史さん:2005/08/26(金) 18:25:48
秘密がばれるから古墳なんか掘らせないんだよな!
まあ、あまりさしたる根拠もなく、天皇を名乗っているのは事実。
早く廃止して日本は大統領制にすべし。

435 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 00:20:47
>>431
全く逆だろよ。天智が親百済、天武が親新羅だ。どういうアタマだ、おまえ?

436 :日本@名無史さん:2005/08/27(土) 01:18:01
九州は秦氏(畑姓)が異常に少なく、
古賀氏が異常の多いのだけれど
(他は関東や近畿からの天武士の末裔。)
これも、大分の八幡(秦氏)信仰を頑なに拒否し
中国系の古賀氏を受け入れた歴史の顕れだと思う。
ただ、現在の古賀さんがみな中国系というわけではなく
一部は、関東の天武士との姻族関係、百姓(開拓農民)に
つけられた苗字もあるそうです。
しかし、現在でも九州は古賀氏の政治力が強いので、
本州とは全く異なる血統であるがあるとは言えると思う。
とはいえ本来の土着民はほとんど息絶えた状態だ。

437 :日本@名無史さん:2005/08/28(日) 11:18:05
だから南方から野間岬に
漂着したて書いてあるだろ

121 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)