2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■■南京大虐殺は日本政府も認めています■■■

1 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 01:49:06
報道官会見要旨 (平成10年12月25日(金)17:00〜 於 会見室)
「南京事件」関連の民事訴訟判決

 なお、政府としてはいわゆる「南京事件」をめぐり種々の議論がある
ことは承知しているが、1937年の旧日本軍の南京入城の後、非戦闘員の
殺害あるいは虐殺行為等があったことは否定できない事実であったと考
えている。また、政府としての歴史認識については、これまで累次表明
してきている通りであり、1995年8月15日の内閣総理大臣談話を柱として
おり、このことは先の江沢民中国国家主席訪日の際の会談で小渕総理より
伝えた通りである。その考え方には何ら変更はない。

日本政府が公式に認めた以上、南京大虐殺は歴史の事実となった

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1114917992/l50

南京大虐殺を否定するぐらい強引な論法を使えば 前スレ

2 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 02:19:13
そりゃ、否定できん罠。

3 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 02:26:10
ところで、法律解釈はまだだろうか?

4 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 08:20:20
南京大虐殺の証拠写真

http://www.geocities.jp/pipopipo555jp/higashi/143photos/photofiles/c-77a.jpg

後ろ手に縛られている点に注目
背景も積み上げられた死体の山と思われる

松井石根元大将
「さういふやうな勢で捕虜も相当出来たけれども、捕虜に食はせる物もない。
さういふ状態で戦闘しつヽ捕虜が出来るから捕虜を始末することが出来ない。
それでちょん斬つてしまうといふことになつた。それで大したことではないのだが、
南京の東南方の鎮江との間で一万余の捕虜があつたのだけれども、
そんなのは無論追撃中だから戦闘中と見てもよろしい、又捕虜となつても逃亡する者もあるし
、始末が付かぬものだからシヤーシヤーと射つてしまつたのだ。」


5 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 11:19:00
「捕虜の処刑・虐殺」はあったが、
それは戦闘行為の枠内で論ぜられるべきものであって、
非戦闘員の大量虐殺の事実はなかった。
それがさも事実があったかのように伝えられ、
教科書にまで記載されていることは、見過ごしていいことではない。
なぜ歴史がゆがめられたのか。
それは、戦後の東京裁判史観によるものだろう。
日本に悪感情を持っていた第三国人でさえ、
難民区内の平穏な生活や日本兵の親切な行為に感謝しているというのに、
日本の教科書がどうしてこのような事実を曲げてまでねつ造記述をのせ、
自虐的教育を小国民に植え付けなければならないのか、私にはわからない。

6 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 11:39:17
南京大虐殺を否定するぐらい強引な論法を使えば
http://makimo.to/2ch/academy3_history/1114/1114917992.html
前スレのミラー

7 :日本@名無史さん:2005/06/09(木) 21:19:06
>1
日本は自国のフリになる歴史も歪曲しない。
チベット大虐殺やベトナム侵攻を認めない中国は歴史を歪曲している。


8 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:10:57
チベット大虐殺って何ですか。
ベトナム侵攻を認めないってのも初めて聞いたがほんと?

9 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:27:00
■■■南京大虐殺は裁判所も認めています■■■

★南京虐殺訴訟: 被害女性の名誉毀損、歴史家らの敗訴確定

・「南京虐殺の被害者ではないと本で名指しされ、名誉を傷つけられた」
 として、中国人女性の李秀英さん(故人)が、著者で歴史研究家の
 松村俊夫氏らに1200万円の賠償などを求めた訴訟で、最高裁
 第1小法廷(島田仁郎裁判長)は20日付で、松村氏側の上告を
 退ける決定を出した。松村氏らに150万円の賠償を命じた1、2審
 判決が確定した。

 松村氏の著書「『南京虐殺』への大疑問」(展転社)は、南京虐殺被害を
 訴え国賠訴訟を起こした李さんについて、「証言のたびごとに内容が
 クルクル変わるのは、実体験ではない証拠であろう」などと記述した。

 1、2審とも「合理的理由がないのに、被害者ではないと推測して名誉を
 棄損した」などと李さんの訴えを認めていた。


10 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:47:30
>ベトナム侵攻

江沢民主席はノン・ドク・マイン共産党書記長ら政治指導者と会談して、ベトナムの高校歴史教科書や共産党史に
書かれた中越戦争についての記述に不満を表明し、「友好的な記述」に変えるよう踏み込んだという。

 この「友好的な」というのがくせ者で、実際は「中国寄りの」と置き換えた方がより実態に近いと思う。

 一九七九年の中越戦争では、中国は、ソ連に傾斜するベトナムに対し、前年のカンボジア侵攻への「懲罰」だと
公言して、中国が人民解放軍に進撃を命じ、ベトナムを侵略した。ところが戦争慣れしたベトナム軍の反撃にあって、
十万の大軍はすべてを投げ捨てて逃げ帰った。中国にとっては極めて屈辱的な戦争であった。

 だが、ベトナムにとっては大軍の進撃を跳ね返して勝利したのだから、だれはばかることなく教科書に「勝利」を刻印した。
これに侵略側の中国が「過去を忘れなさい」と要求したわけで、中国外交の身勝手さもここに極まれりである。

 江主席は首脳会議の密室だけでなく、翌日には国営ベトナム・テレビが全国放送したハノイの講演でも、この中越戦争を
ちょっとゴタゴタした「曲折」があったと述べ、ベトナム側にこの「友好的な」歴史認識を受け入れるよう示唆している。

 他国の歴史教科書の気に入らない部分を墨で塗りつぶそうというわけで、明らかに中国が嫌いな内政干渉である。
ところが江主席は、「格上」意識からかそんなことは少しも省みない。
書記長らとの会談では、中越戦争を「曲折」ほどに薄めて、ベトナム戦争中に中国が支援したことをより具体的に
盛り込むべきだと主張した。

11 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 01:50:27
外交部:キルギスへの派兵・駐留に慎重な構え
http://news.searchina.ne.jp/2005/0601/politics_0601_002.shtml
 劉・報道官は「キルギス南部に中国軍が駐留することで、国家分裂主義などの勢力に対抗することは、
有効であるかもしれない」としたものの、これまでに中国が他国に派兵したことがないという事実を挙げ、
慎重な構えを示した。

 中越戦争の時には20万の大軍をベトナムに侵攻させてますが、忘れましたか?
それとも平和維持活動では派兵したことがないってこと?

 因みに、ベトナム外相が江沢民に「中越戦争の謝罪」を要請しましたが、「もっと未来志向にならなくては
ならない」と謝罪を拒否しています。

12 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 10:39:25
>20万の大軍をベトナムに侵攻

10万だったのがどんどん増えてるなぁw

13 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 11:58:38
南京の中国側虐殺は、本当のところ何人くらいなんだい?

14 :日本@名無史さん:2005/06/10(金) 13:09:11

この話題日本史板でやってるのか?
他にふさわしい板があるだろうが・・・世界史、中国、ハングル、極東、層化、共産
1スレ目は勘弁したが2スレ目は勘弁ならんよ。このマターリした板に。
「漫画ゲームに見る日本史」とかいうスレ立ててもお前らは文句言えんぞ。



15 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 16:40:50
日本外務省、「日本軍による南京での殺人・略奪行為は否定できない事実」

日本の外務省スポークスマンの沼田貞昭氏は19日、当時の日本軍による南京
における殺戮(さつりく)行為は否定できない事実であると語った。

上記は、沼田貞昭氏が新華社の記者によるインタビューに応じ、語った言葉で
ある。沼田氏は、旧日本軍が1937年南京に侵入し、一般市民を殺害し、略奪行
為を行なったことは、否定できない事実であり、政府によるこれらの認識は、集
会を催した団体の認識とは異なっていると表明し、以下のように強調した。

日本政府の歴史認識に関する考えは、日本の村山富市元内閣総理大臣が
1995年8月15日の談話において明らかにした、「我が国は遠くない過去の一時
期に、植民地的統治と侵略によって多くの国、特にアジア諸国の人々に極めて
大きな損害と苦痛をもたらした。我々は、この歴史的事実を謙虚に認め、ここ
で改めて痛切な反省と心からの謝罪を表する」という言葉と変わっていない。
現在に至るまで、日本政府のこの考えには、いかなる変化もない。

「人民日報」 2000年1月20日1面
ttp://fpj.peopledaily.com.cn/2000/01/20/newfiles/a1020.html


16 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 16:49:13
【南京事件とは?】

日本軍が一般兵、便衣兵&間違われた一般市民を拘束後、または投降時に不法殺害したとされるのが虐殺内容の主流。
犠牲者数・裁判が無かった事・捕虜資格などが議論対象。
虐殺「とされる」行為が存在した事は、否定派の研究者も認めてる。

数は中間派で4万程度。否定派の研究者で上限二万程度。(主に日本側資料に基づく)
ハーグ規定の解釈に基づき、不法殺害の確証が無いという研究者もいる。

中国共産党の言う「猟奇的で残虐極まりない市民皆殺し行為」に付いては明確な裏付けがない。

国際委員会が認定した「非行」による殺害は49件。
これは日本軍による組織的な捕虜殺害(不法殺害・虐殺)とは区別される。


●便衣兵の解釈について●
国際法によればゲリラ戦術「非正規戦」を行う勢力であるが、日本軍が南京戦で便衣兵としたのは大半が私服逃亡敗残兵と見られ、武器も手放していた。
武器を隠し持つ一群が居たとの話もある。
いずれにせよ軍服を脱いだ兵士は、一般兵における捕虜資格を喪失する。(ハーグ規定による)


17 :これがまとめ:2005/06/11(土) 16:49:45
中共の言う民間人30万無差別大虐殺は裏付け無し。

拘束兵や投降兵の殺害等の不法行為は、裏付け(日本側公文書等の比較検証)あり。

司令官の逃走等で、法解釈が分かれる面もある。

私服敗残兵と市民の区別が曖昧な処刑なども解釈が分かれる。


18 :結論:2005/06/11(土) 20:27:58
規模や手法の残虐性において中共や國府に遠く及ばない
日本のみが執拗にストーキングされるのは
反日厨が如何に陰湿であるかの証左であると言えよう

19 :日本@名無史さん:2005/06/11(土) 22:42:17
とうとうウヨ基地が敗北しましたね。テンコロ(天皇)をマンセーしている香具師の泣きっ面が見たいね(w

<靖国参拝>日本遺族会「近隣諸国の配慮」求める異例の見解
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050611-00000097-mai-pol

 日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、東京都内で幹部会を開き、小泉純一郎首相の靖国神社参拝について
「遺族会の悲願としてありがたいが、英霊が静かに休まることが大事だ。近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが必要だ」との見解をまとめた。
遺族会はこれまで、首相の靖国参拝実現を活動の最重点項目に掲げてきたが、これと同時に中国、韓国などへの配慮を求める異例の見解となった。
 幹部会ではこのほか、(1)A級戦犯の分祀(ぶんし)問題に政治は介入すべきでない(2)靖国神社に代わる追悼施設の建設には引き続き反対する――ことも確認した。
関係者によると、幹部会は靖国参拝問題が政治・外交問題に発展したことを受け、古賀氏が呼びかけたという。
 小泉首相は01年の自民党総裁選で、遺族会に対し「首相に就任すれば靖国神社を公式参拝する」との意向を示し、その後「公約」になった。遺族会が近隣諸国への配慮を求めたことで、首相の参拝継続方針に影響を与える可能性もある。
 古賀氏は2日の自民党堀内派総会などで、首相の靖国参拝が遺族会の活動目標との認識を強調しつつ「単に『(中国側の)内政干渉だ』というだけで議論を進めていくのは危険。お互いの国の立場に対する思いやりを必要としている」などと述べていた。【平元英治】
(毎日新聞) - 6月11日21時52分更新



20 :14:2005/06/11(土) 23:24:54

【もう一度警告します】

他板で散々やってることをこの板でやるというのなら、

『歴史アニメ、歴史ゲーム、歴史漫画、歴史ドラマ、歴史創作同人のスレ』


を日本史板に立てていいということとみなし、VIPの方にスレ立て依頼に行ってきます。
最終警告です。



21 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 00:12:52
基地外相手に何やってんだか
このスレ主の目的は日本史板を荒らすことだろ
それに加担してどうするんだ?

22 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 19:14:47
朝日が作った歴史、従軍慰安婦と南京大虐殺
http://power-ch.cun.jp/uploader/src/up0335.wmv

たかじん委員会 南京大虐殺はあったのか?(どっちも同じ)
http://30-c.upup2.com/src/upup0807.zip
http://neko.loader.jp/loader/50M/ の17756


正しい歴史を動画で勉強しよう。
そして早く学校による反日左翼教育の洗脳を解こう。

23 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 19:18:46
朝日が作った歴史、従軍慰安婦と南京大虐殺
http://power-ch.cun.jp/uploader/src/up0335.wmv

たかじん委員会 南京大虐殺はあったのか?(どっちも同じ)
http://30-c.upup2.com/src/upup0807.zip
http://neko.loader.jp/loader/50M/ の17756


正しい歴史を動画で勉強しよう。
そして早く学校による反日左翼教育の洗脳を解こう。

24 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 19:28:45
中華街は元々南京町と呼ばれてたそうだ
南京が南京虫とか南京大虐殺を連想させるからか確かに蔑むような語感を受けるな
改名してよかったな

ところで、北京は北京(ペキン)って読むけど南京の中国読みは何

25 :日本@名無史さん:2005/06/12(日) 21:18:35
ピョンヤン

26 :日本@名無史さん:2005/06/13(月) 19:57:56
日本版Wikipedia「南京大虐殺論争」より引用:

>また一部の社会学や心理学の研究者の間では、「なぜ大衆が非学術的な
>否定派の言述を信用するのか」という研究の対象となっている。

WWWWW


27 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 17:22:36
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/travel/2887/1079636219/l100

28 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 18:21:46
シナちんだろ?
殺しちゃいけなかったの?ゴミンネー

29 :日本@名無史さん:2005/06/15(水) 19:50:43
>>26
ワロタ!

30 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 13:00:28
日本版Wikipedia「南京大虐殺論争」より引用:

>また一部の社会学や心理学の研究者の間では、「なぜ大衆が非学術的な
>否定派の言述を信用するのか」という研究の対象となっている。



31 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 13:05:25
ウィキもそんな寝言を野放しにしておくなよな。

32 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 15:16:24
>>19
古賀の「私見」をサヨマスコミが嬉々として誤報

◆靖国参拝、近隣諸国に配慮を…日本遺族会が異例の見解
> 日本遺族会(会長=古賀誠・自民党元幹事長)は11日、都内で正副会長らによる幹部会を開き、小泉首相の靖国神社参拝について、
>「首相の参拝は遺族会の悲願なので粛々と進めて欲しいが、>それと並行して近隣諸国にも気配りと配慮が必要で、
>理解してもらうことが大事だ」とする見解をまとめた。
> 遺族会が中国や韓国などへの配慮を打ち出すのは異例だ。
>古賀会長が会議の中で「一番大事なことは英霊が静かに休まることだ」と述べ、この見解をまとめた。
> 一方で、靖国神社に代わる新たな戦没者追悼施設の設置に反対していく方針を改めて確認。
>靖国神社からA級戦犯を分祀(ぶんし)することについても 「政治の宗教への介入であり困難」との意見で一致した。

靖国参拝、古賀誠氏「配慮が必要」 
>遺族会会合で日本遺族会(会長・古賀誠自民党元幹事長)は11日、都内で幹部による会合を開いた。出席者によると、
>古賀氏は小泉首相の靖国神社参拝について「遺族会の悲願で、ありがたいが、並行して英霊が静かに休まることが大事だ。
>近隣諸国に配慮し、理解してもらうことが必要だ」との考えを示したという。
> この発言について、古賀氏は13日、記者団に対して「発言は私見だ」と説明し、遺族会としての見解ではないとの考えを示した。
 
日曜日の新聞各紙に報道番組や月曜日の朝の情報番組のほとんどが、 古賀氏の私見での発言をさも遺族会全体の総意であるかのように取り上げ、 『サンデープロジェクト』は、それを前提で討論してましたし、
『とくダネ!』では、「遺族会まで『参拝を配慮して』と言っており、
小泉首相の立場はますます苦しくなった」なんて言ってたし、
今日は朝日と毎日新聞が気合を入れて社説に書いてるし、
靖国参拝 遺族からの重い問いかけ(6月14日付:朝日社説)
靖国と遺族会 近隣諸国への配慮とは?(6月14日付:毎日社説)

韓国まで遺族会の総意として報道してくれちゃってますが、


33 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 16:34:55
またまた、情報戦に負けですか。
今、世界で一番弱いかもね。
しっかりしてらわんとな。

34 :日本@名無史さん:2005/06/16(木) 21:06:13
ま、四面楚歌ってのは事実だと思うけど?

35 :日本@名無史さん:2005/06/17(金) 21:56:00
>1
非を認めない中国とは雲泥の差だ

http://swfz.hp.infoseek.co.jp/R3_temp.swf?inputStr=%96%AF%8E%E5%89%BB%82%F0%90%ED%8E%D4%82%C5%93%A5%82%DD%92%D7%82%B5%82%BD%92%86%8D%91+%0D%0A%98Z+%8El+%93V+%88%C0+%96%E5+%8E%96+%8C%8F

36 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:38:46
日本軍ビルマの村民600人虐殺 カンボジアで生体解剖

記録によると、一九四五年七月、陸軍第三三師団歩兵第二一五連隊第三大隊が、
ビルマ中部のカラゴン村を急襲。男性百七十四人、女性百九十六人、子ども二百
六十七人の計六百三十七人を銃剣で刺し、井戸に投げ込むなどして殺害したと、
難を逃れた当時の村長が証言した。

 四六年四月、兵士三人とともに死刑判決を受けた同大隊の少佐が「(英軍に協
力する)住民を殺せという連隊長命令に従っただけ。子どもを殺したのは、助け
ても孤児になって生きていくことはできないと判断したからだ」と供述した調書も見つかった。

カンボジアのプノンペンの北約五十`にあるウドンで四五年七月、窃盗容疑で逮捕
した住民一人を生体解剖し、軍医三人が死刑になった事件や、「慰安婦」になること
を拒否したビルマ人女性七十五人が集団暴行を受けたとされる事件の記録もあった。

一九四二年二月、シンガポールのアレクサンドラ陵軍病院で医師、患者ら二、三百人
が殺害された事件では、第二五軍第一八師団の牟田口廉也中将を逮捕。


37 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 10:41:21
ま た 倭 人 か !

ま た 牟 田 口 か !

38 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 11:52:14
日本軍朝鮮人部隊ビルマの村民600人虐殺 カンボジアで生体解剖

記録によると、一九四五年七月、陸軍第三三師団歩兵第二一五連隊第三大隊が、
ビルマ中部のカラゴン村を急襲。男性百七十四人、女性百九十六人、子ども二百
六十七人の計六百三十七人を銃剣で刺し、井戸に投げ込むなどして殺害したと、
難を逃れた当時の村長が証言した。

 四六年四月、兵士三人とともに死刑判決を受けた同大隊の少佐(朝鮮人)が「(英軍に協
力する)住民を殺すなという連隊長命令は甘い。
子どもを殺したのは、助けても孤児になって生きていくことはできないと判断したからだ」と供述した調書も見つかった。

カンボジアのプノンペンの北約五十`にあるウドンで四五年七月、窃盗容疑で逮捕
した住民一人を生体解剖し、軍医三人が死刑になった事件や、「慰安婦」になること
を拒否したビルマ人女性七十五人が朝鮮人馬方に集団暴行を受けたとされる事件の記録もあった。

一九四二年二月、シンガポールのアレクサンドラ陵軍病院で医師、患者ら二、三百人
が殺害された事件では、第二五軍第一八師団の牟田口廉也中将を逮捕。後証拠不十分で釈放。

39 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 14:11:33
ま た 牟 田 口 か !

40 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 19:18:45
牟田口と辻と服部はA級戦犯でいいよ…。

41 :日本@名無史さん:2005/06/19(日) 23:30:15
中国でまた冤罪事件 肉屋の被疑者はすでに処刑済

[北京 16日 ロイター] 中国で肉屋の男性がウェイトレスを殺害したとして処刑されたが、一転、被害者が生きていたのが判明し、男性の子どもらが父に下された有罪判決を抗議している。最近の中国で世間の注目を浴びた裁判所による大失態は、これで2度目になる。
***中略***
「トウさんは処刑場でも、無実を訴えて泣き叫んでいました」とトウさんの弁護士の一人が話していたと新聞で伝えている。
***後略***

http://www.excite.co.jp/News/odd/00081119055138.html


>被害者が生きていた 被害者が生きていた
>被害者が生きていた 被害者が生きていた
>被害者が生きていた 被害者が生きていた


42 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 09:40:43
戦争中の子供たちはこう言われて育てられた。

「国民は天皇陛下の赤子で、天皇陛下からもらった命は天皇にお返しすべきである」
「神州不滅だから日本は必ず戦争に勝ち、国難には神風が吹く」
「支那事変は正義の戦いで、邪魔をする鬼畜米英は断固撃滅する」
「日本兵は死を恐れないが支那兵は日本軍が突撃すると泣いて逃げる弱虫だ」
「天皇のために手柄を立てて名誉の戦死をせよ」

「沖縄戦 米兵は何を見たか 50年後の証言」吉田健正 彩流社 P164

「洞窟の外で泣いている女の子を見たことがある。背中に爆薬が仕掛けてあった。
数十メートルほど後方に、日本兵の姿が見えた。日本軍は、このように子供を
ブービートラップ(仕掛け爆弾)として使うことが多かったという。
米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。日本軍はそれを知っていて、
敵をおびき寄せる手段として子供を利用したのだという。マックの記憶では、
その子供は無事救出された」

フランク・マック(イリノイ州シートン在住)
第六海兵師団第二二連隊衛生兵


43 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 12:00:06
>米兵は子供を見ると、必ず駆けていって助ける。
朝鮮人は息をするように嘘をつく。と、よくいわれるがフランク・マックってコリア系?
よくもこんな大嘘を言えるな・・・

44 :日本@名無史さん:2005/06/21(火) 13:51:01
米兵はよく子どもを助けたね。
なんでだろう?

45 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 01:24:50
そして南京での生活を書き送るが、その中に揚子江沿岸での虐殺事件が報告されていたのである。
兵士たちは、捕えた中国兵(そのなかに一般人も含まれていただろう)を揚子江岸で大量に惨殺
したのである。

[自分等のいるところは此の城外である。城外でも揚子江の沿岸で中国銀行。
家は五階であるが、三階までは焼けている。
自分等のいる隊は乙兵站部で、隊長は青木少佐であって良い人です。
兵站部は食糧等の分配をして各部隊にやるところである。
揚子江を船で来る全全部の荷物が自分等の所に来るのです。
沢山な荷物を五十人足で歩哨に立つのでなかなか苦労は多いよ。

去年の三十一日まで支那兵の捕まえたのを、毎日揚子江で二百人ずつ殺したよ。
川に、手を縛って落としておいて、上から銃で撃ったり刀で首を切ったりして
殺すが、亡国の民は実に哀れだね。まるで鶏でも殺すような気がするよ。

十二月二十七日の夜は、兵站部に食糧を盗みにきたので七人捕まえて銃剣で突き
殺したが面白いものだったよ。全く内地にては見られない惨状だよ。]

この部隊だけで3000人!以上殺している


46 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 01:39:40
■■■皇室も認めた南京大虐殺■■■

昭和天皇の弟である三笠宮崇仁親王は南京で四ヶ月滞在されたことがあり、
南京の虐殺についていろいろ調査をおこない、天皇に報告されたことがあります。
昭和天皇はそれをきき、したの将領を厳しく批判しました。
これも天皇の英明の歴史観ではないでしょうか?ほんとうに天皇のことを尊敬すれば、
天皇さまのように、人の生存権を大事にして、正直にしなさい。

この話は日中友好協会全国本部からうかがいました。
98年南京で城壁修復のとき、三笠宮の南京で滞在の旧跡をさがそうとおもって、この話を教えてくれました。



47 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 02:25:49
蒋介石によるインテリ虐殺事件

日本が敗戦で引き上げた後、台湾は大陸からやってきた蒋介石率いる国民党の支配下に置かれた。
1947年2月28日のことである。闇タバコ売りの取り締まりに際しての国民党政府による平民殺傷事件
が発生した。これが導火線となり、日ごろから国民党の抑圧的政策に不満を感じていた台湾本省人
は抗議のデモを起こした。政府は中国本国から援護部隊を呼び、武力行使に出た。それから血も涙
もない弾圧がはじまり、多くの知識人が逮捕、連行され、数万人が虐殺された。

48 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 04:23:25
揉めてるのは死傷者の数だろ?
支那が30万人なんて出鱈目な数字を主張しなきゃ簡単に片付く問題だよ。
あったとしても、1万から3万人だろ。それでも虐殺と呼べるから問題ない。
あ、支那にも通州事件だっけ? 謝罪させないとね。
自分たちだけ被害者面する支那蓄には反吐が出るぜ。
チベット人は100万人支那に殺されたそうじゃねぇか。
ふざけるんじゃねぇ! 虐殺は支那の文化じゃねぇか!
人民を捨て駒としか思ってねぇ支那が人道云々を語るな!

49 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 06:00:23

↑はげどう。スレタイみて「意味不明」と思ったら同じこと書いてくれてる。
東京裁判終わって主張が何倍〜何十倍にもなる国の言い分を信じるべきか、が論点でしょ。
現代(最近もいっぱいあったねぇ〜)も昔もウソツキ国家ってことは変わらないってことだろ。
といっても、ウソ・はったりで押しておいて値を下げるってのは、交渉の定石。日本外交+国民が世間知らずなだけ。
誰が祭られてるかも知らないのに、参拝中止が半数以上って、ほんと無知すぎw異常国家だよ。

50 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 06:02:04
あ、だから、スレタイなおすか削除依頼しときなよ

51 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 07:23:46
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1119382280/

52 :日本@名無史さん:2005/06/22(水) 22:03:45
■中国人 謝永光著『日本軍は香港で何をしたか』
最初の数日間は平穏無事で、「皇軍」の姿は全くみられなかった。
ところがある日、突然五、六人の‘獣兵‘が現れ、麻雀をしていた四人の女優を輪姦したという。
女優は日本軍の馬丁に暴行されたが、この馬丁とは恐らく朝鮮人に違いなかった。
(中略)
一般の日本人よりも背が高く、日本の正規軍よりももっと凶暴だった。
民家に乱入して婦女暴行を働いたのは、ほとんど日本人の手先となって悪事を働いていた朝鮮人であった。
当時香港住民は日本軍に対するよりももっと激しい憎悪の念を彼らに抱いた。

■当時の中国人が描いた漫画「日本の軍旗を振り回す朝鮮人が中国人を殺す!」
http://photoimg.enjoyjapan.naver.com/view/47/43/enjoyjapan_13/40000/39250.jpg

■仏誌Paris Match元特派員アルフレッド・スムラー著『日本は誤解されている』
別に日本人戦犯の責任を軽減するつもりはないが、占領地域で最も嫌われたのは、
このころ日本国籍を持っていた朝鮮人だったことに注意しておかなければならない。
http://bookwebpro.kinokuniya.co.jp/files/magazine/Paris%20Match.jpg

■ある医師の述懐『キヤンガン、山下将軍降伏の地』
(登山中の)小休止の時アンがコリアンと知らないフィリピン人の彼が言った。
「日本の占領下で最も残虐だったのはコリアンだった。赤ん坊を投げて銃剣でうけたのも彼らだった。皆がそう信じている。」
一気に遭難しそうになったパーティを何とか支えつつ、私はキアンガンの将軍の亡霊を見たような心持だった。
その後も各地でこの噂のような言説をきくたびに、愛国者たるアンの胸中が想われてならない。
http://www.net-ric.com/advocacy/datums/95_10irohira.html

■オーストラリア人ケニス・ハリスン著『あっぱれ日本兵』
その日の締めくくりとして、コリア人に引き合わされた。
彼らは(日本人に比べ)顔は平たく、知性に劣り、日本人が与えた屈辱を我々に転嫁した。
どんなに試みても、我々は彼らと本当の付きあいは確立できず、体罰となると、日本兵よりも彼らをはるかに恐れた。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4425946316/qid=1099204982/sr=1-1/ref=sr_1_8_1/250-8480028-1317830

53 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 20:50:34
「ルーズベルト大統領の息子で海兵隊大尉のジェームズ・ルーズベルトも加わっていたカールソン襲撃隊は、
戦死した日本兵の死体を切り刻み、男根と睾丸とを日本兵の口中に詰め込んだ。太平洋戦争について熱
心な研究者で著書もあり、またテレビの連続番組(戦線、Battle-Line)のプロデューサーであるシャーマン・
グリンバーグが、二十年後にカールソン隊員の一人にその時の模様を(テレビで)詳細に語らせている。そ
の隊員は戦友たちのやった蛮行を写真に撮っていた」

「しかし彼等は傷つき、おまけに降伏を望んでいます」と、日本軍の大規模攻撃が失敗に終わったあとの
戦場で、大佐が少将に反論した。「私の言うことが聞こえただろう」と、両手を挙げた日本兵からわすか数
ヤード離れただけの少将(司令官)は答えた。「捕虜はいらない。全員射殺してしまえ」。そして彼等は撃
たれた。」
  軍事歴史家デニス・ウォーナー

太平洋の激戦地ペリリュー島および沖縄で、日本兵の死体から手を切り取って戦果のトロフィーとする、
金歯をあさる、死体の空いた口を目がけて小便をする、恐れおののく沖縄の老女や幼児を撃ち殺し、「
みじめな生活から、解放してやっただけだ」と気にも留めない海兵隊員の様子を目撃した。
  E・スレッジ

「日本兵の死体に金歯があると、靴で踏み付けたり、棒でつついてその歯を取り出して集めて、小さい
袋にため込んでいる兵士が何人もいる。砲弾で出来た穴の中に日本兵の死体を投げ込む。その上を
ゴミ捨て場にする例もある。死体処理はブルドーザーでなされ、墓標がたてられることは、けっしてない」
ニューギニアでは二千人ほどの日本兵捕虜に機関銃が乱射された。オーストラリア兵のパイロットたち
は飛行機で日本人捕虜を輸送中、山の上に突き落としたので、途中で「ジャップたちはハラキリをした」という。

54 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 11:13:33
『南京戦犯裁判』

南京大虐殺の出来事は街の魂の中に恐怖と憎悪が何十年間も押し込められ、
深くただれた傷跡のように残っていました。
B級戦犯とC級戦犯の裁判が1946年8月に街の中で始まると、この傷跡は裂け、戦争中に
蓄積された毒を洗い流し始めました。
一掴みの日本戦犯が南京で裁かれましたが、一般中国市民にもこの浄化裁判に参加し
て不平を述べる権利が与えられました。
1947年2月まで続いたこの裁判で1000人以上の人々が約460件に上る殺人、強姦、放火、
略奪などの事件について証言しました。
12人の地区官たちが中国全土からの報告書をまとめている間に、中国政府は南京の通り
上に通知を貼り、目撃者たちに証人として進み出るように要請しました。
やがて次々と証言者が法廷に現れ、偽証罪が5年の刑だと警告する中国人の裁判官に従い、
署名と印と十字架に誓い報告が真実だと宣誓しました。
またこの証言者たちの中には、中国人の生存者たちだけでなく、マイナーシールベイツ
やルイススマイスなどの安全地帯のリーダーたちもいました。

裁判中に何年間も入念に隠されていた証拠が次々に出てきました。有名な証拠物件の中には、
日本兵自身の手で撮影された16枚の虐殺写真が入った小さなアルバムがあります。
これは虐殺時、ある日本兵が写真現像店にネガフィルムを持って来た時に、店の従業員が密
かに写真をもう1セット複製して、アルバムの中に入れ、まず風呂場の壁の中に隠し、後に
仏像の下にこっそりと保管したものでした。
このアルバムはその後も次々と人の手に渡り、日本兵が脅迫して犯罪証拠をなる写真を捜索
したときも命がけで隠し通されました。
ある男性はこの16枚の写真のために南京から脱出し、まるで逃亡者のように街から街へ何年
間も放浪しました。(この写真が写真店から戦犯裁判の最終地点に到達するまでの長くて入
り組んだ旅は、多くの記事や完全収録ドキュメントになって中国全土に広がりました。)


55 :日本@名無史さん:2005/06/24(金) 11:23:59
有名な殺人コンテストに参加した二人の少尉、ノダタケシとムカイトシアキの裁判に
持ち込まれました。
裁判中、両兵士はもちろん150人以上の人々を殺害したことを否定し、一人は記事が
外国通信員の想像上のものだと非難し、もう一人は日本へ帰国したときに妻をさらに
魅惑しようとコンテスト話をでっち上げたと主張しました。
しかし評決が1947年12月18日に法廷で下されこの両少尉は銃殺隊の手で処刑されました。
南京戦犯裁判で一番、注目を浴びたのはタニヒサオでした。
1937年当時、タニは特に中華門一帯を含める多くの虐殺を犯した日本陸軍第6番師団の
陸軍中将でした。
1946年8月、タニは裁判のために中国へ戻され、南京の留置場へ護送車で運ばれました。
彼の裁判の基礎準備のために、白いオーバーオールを着た法廷の専門家たちが前もっ
て中華門付近で5箇所の埋葬地を掘り起こし、何千に上る骸骨や頭蓋骨を明るみに出し
ました。
その大半が銃撃で砕かれており、まだ黒い血痕がこびりついているものでした。
タニヒサオにとり、街全体にある凝縮した怨念に直面することは、恐ろしかったに違いあ
りません。彼が被告席に立ったときには既に黄色い日本軍服には星や縞模様が取り除かれ
ており、80人以上の目撃者が延々と話す恐怖の連祷を聞くためだけに法廷にいました。
起訴裁判はタニの師団に犯された刺殺、焼殺、溺死殺、絞殺、強姦、窃盗、破壊に関する
何百に上る事件を聴聞する長いものになりました。
非難する証言が始まると、中国人検察官たちによって法廷の机の上に頭蓋骨の山が展示され、
さらに劇的効果を高めるために専門家たちが呼び寄せられました。
タニに対する評決が発表される1947年2月6日、法廷は出席を希望する人々全員を収容する許
容範囲がなくなるぐらい混雑しました。
2000人以上の見物人が法廷の中にぎっしり入り、外では拡声器が集まっている何十万人に上
る居住民に裁判の進行を放送しました。
有罪判決が下されて驚くものは誰もいませんでした。
1947年3月10日、裁判所は、タニの軍隊が「大陸での戦争における習慣と戦争における戦時中
の捕虜に対する処置」のハーグ陸戦法規を違反し、南京において推定30万人の命を奪う虐殺を
犯したという結論を出して、タニヒサオに死刑の判決を下しました。

56 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:40:39
■■■旅順大虐殺事件■■■

日清戦争で、日本軍に虐殺された市民や兵士が眠っている。
1894年11月、 旅順を占領した日本軍は、一般市民、婦女子に対する虐殺事件を
ひきおこした。
事件は現場にいた外国人記者によって世界中へ報道され、当時大きな国際問題となった。
犠牲者の数は「ニューヨークワールド誌」によれば、約6万人といわれる。
旅順口の白玉山の東麓にある。


57 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 10:46:34
↑ 全部近年の捏造です

58 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 11:00:18
つか反日君ネタ切れ?

59 :日本@名無史さん:2005/06/25(土) 19:43:19
南京虐殺を持ち出して、通州事件を隠蔽する中国。
通州事件の方が先に起きた。


60 :日本@名無史さん:2005/06/26(日) 10:53:25
南京大虐殺 中国のサイト

http://www.ngensis.com/jap5/jap05.htm
http://www.ngensis.com/jap5/jap05-1.htm


61 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 16:37:17
上海派遣軍 朝香宮鳩彦中将

昭和十二年(一九三七)十二月十七日の南京入城式の前後に組織的な大虐殺が
行はれた一背景としては、「金枝玉葉」たる皇族、上海派遣軍司令官朝香宮鳩
彦王の存在そのものを無視することが出來ない。

詳細については、@に所収の『飯沼守日記』(記主は上海派遣軍參謀長・陸軍少
將)を一讀頂きたい。
朝香宮鳩彦王は、その舊宮邸が日本國に現存する唯一のアール・デコ建築である
(現、東京都庭園美術館)ことで有名であるが、大東亞戰爭に於いては、終始
「強硬な主戰論者」であり、本土決戰に備えた陸海軍統合(統帥一元化)を主張
・力説してゐたことでも知られてゐる。

朝香宮鳩彦という軍人貴族がいた。
明治天皇の第八皇女を妻とし、軍人としてはガリガリの強硬論者だったそうだが、
文化には開けていた。
http://www.fujitv.co.jp/events/art-net/clsc_02mumu/004.html


62 :日本@名無史さん:2005/06/28(火) 21:07:17
どうでも良いことだが
>「金枝玉葉」たる皇族
って変な言い回しだな。

63 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 22:54:38
A級戦犯の七人は、戦死でなく、刑死である。私は、東京裁判の判決が絶対
正義だとは思わぬが、太平洋戦争の何百万という内外の犠牲者を出した責
任、あの凶暴な陸軍の行動基準を推進した責任(陸軍二等兵だった私は、今
でも許せないと思っている)、憲兵、特高警察による暴力的思想統制の立案、
責任等については、日本国民自身による歴史検証を経たうえで罪刑の普遍
的妥当性を判断すべきだ。           〜読売・渡辺恒雄氏の意見〜



64 :日本@名無史さん:2005/07/04(月) 23:02:33
>>1
基地外国家を相手にするのが面倒くさいので、適当なことを言ったんでしょう。

65 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 09:13:05
>>1どうせいつもの韓国の捏造でしょう。

66 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 23:22:23
南京大虐殺を否定してる奴はネタとしか思えん。
国内のほんの極少数の人達が、根拠も無く否定してるだけで
既にアメリカのジャーナリストが撮影したフィルムは、証拠として国際的に認められている。
戦友会の会長他多数の従軍者が証言していて、日本政府は認めている。

否定し続けている奴は、決まって戦争経験が無い者だけだ。
彼らは自分の妄想をあたかも事実のように、国内だけでネチネチと発言しているが、
その妄想が確かだと思うなら、国外に向かって発言するのが筋。
ちっぽけなナショナリズムを煽ろうとする姿勢は、
同じ日本人として情けなく実に哀れだ。

67 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:44:38
ようは“数”の問題なんだよ。
中国政府は40万人って言ってるがそんなに多い気はしない。
旧日本軍は確かに南京で虐殺を行った。これは疑いもない事実であろう。しかしその人数にいささか疑問が残る。
40万は多すぎると言うことだ。
せいぜい5〜8万。

68 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 01:49:45 ?
数年前、福岡で中国人による大虐殺があった。
中郷人留学生が福岡に住む一家を全員殺したものだ。
中国人が言うように、人数が問題でないなら、あの事件も
「大虐殺」と言ってかまわないだろう。早速教科書に載せないとね。

69 ::2005/07/07(木) 03:43:50
バカ

70 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:09:19
中国人がドサクサ紛れに火事場泥棒やったことまで日本は知らんよ。

71 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 09:32:59
1.数の嘘
 中国政府は世界中に30万だ40万だの嘘を垂れ流し
 日本の残虐さを訴えているが
 議論の中で数をつっこまれると「数の問題じゃない」と開き直る
2.捏造
 中国が南京虐殺の証拠として出してくるモノの多くが捏造
 合成写真や、中には中国人に殺された日本人の遺体を
 南京虐殺の証拠として提示している
3.便衣兵
 虐殺があったとしてその原因の大部分がこの中国が使った卑劣な戦術にある
 民間人に紛れて、民間人を盾にして日本軍に襲い掛かるこの戦術は
 中国自身が民間人を戦闘に巻き込んだもので過失は中国にあると言える
4.日本の被害
 日本が被害にあった民間人虐殺に触れられることはほとんどない
 通州事件などの虐殺事件や戦後中国に残された日本人の虐殺など
 その被害は尋常ではないが中国側の被害のみが取り立たされている


72 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 14:27:01
 そもそも、戦時中なんだから中国人の犠牲者が出るのは
仕方が無い事だ。
 ましてや、当時の中国人の戦争の仕方を検証すると
どうも、中国人が「日本軍が残虐な方法で殺した」をしたと主張
している南京大虐殺と呼ばれるものは存在しないのではないだろうか?
 
 当時の南京の写真から推測する限りでは「普通に戦争が起こって
中国側に多数の死者が出た」と言う事実しか見えない。


73 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:29:12
日本にも原爆があった!!
俺は絶対そう思う。
南京で使ったんだよね。そうだろう?みんな?

そうじゃなきゃ南京で30万人も殺せない

74 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 21:25:25
最近中国に疑問を感じる方、
なんだか、ムシャクシャする方、
是非、ご一読お願いいたします。

★拠点
【日中友好】中国バカーVS日本ビパー【祭だワッショイ】part106+
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120685905/

★まとめサイト
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/

★初心者必見サイト
http://vvipper.e-city.tv/1.htm

田代砲を打ってくださる、民間の反日系中国ウエッブサイトへの抗議をしてくださる、お持ちの知識を活用してくださる 等

・  ・  ・  ・
日 中 友 好  目的 での、ご参加をお待ちしております。


75 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 00:26:00
>>66>>既にアメリカのジャーナリストが撮影したフィルム
ソースとしてに信頼性はあるの???戦争写真の場合局地的に起こった事象をあたかも全体的に起こってるかの様に
報道するのは常套手段。フセインの像が倒されてたのと同じ。
>>戦友会の会長他多数の従軍者が証言していて
これが微妙だよね!大部分の人は見てただけって事???

76 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:56:17
朝まで生テレビの出演した、元軍人の寺嶋芳彦さんの南京事件を証言しているの動画ないの?

77 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 17:08:54
ttp://jp.chinabroadcast.cn/205/2005/07/07/1@44464.htm
高 洪インタビュー

北京放送BBSフォーラム
 ttp://jpbbs.chinabroadcast.cn/index.php

78 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 19:01:13
■ 一 般 市 民 虐 殺 命 令 ■

福田治夫(1915年10月生まれ)
第16師団歩兵第9連隊 第2大隊

 一週間ほどして南京からいくらか離れた南西方向の裕渓口に駐屯しました。
聯隊で下がりました。そこは夜でもうっかり寝てることできませんのやで。
子どもとか年いったお婆さんまで、抗日排日の教育で手榴弾かくして持って、
宿舎に入ってきたのが子どもですやろ、こっちは油断しますわな。
寝てる所に放り込まれるのが再々あってね。
「子どもにしても年寄りにしても誰でも全部殺してしまえ」と聯隊長の命令がでました。
二人とか三人とかの百姓を捕まえてきて、「そこらに兵隊はおるかおらんのか」など
の尋問して地形を聞いて、後は殺してしまうんです。
クリークの縁に連れ出して、そこに座らせました。
将校は、めったに刀で首切りなんてできへんのやから、軍刀持ってるさかいに試し切り
をするんです。私ら兵隊は突き殺しました。
鉄砲の弾できるだけ使うなと言われてました。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P173

野田典吾(1915年11月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 連隊本部

 上海の白茆口に上陸した時すぐ松井石根大将が、この地方は共産党思想が強いので
あらゆる者は殺せと指示したと聞きました。
その時、野田聯隊長がそれを聞いてだめだと言ってました。
十七日の入城式は朝香宮が南京に入ってこられましたな。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P77

79 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 19:03:17
大川護男(1916年4月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 大隊砲

 駐屯してからな、慰安的な女の子をさがしてきたこともあったな。
その場でやったな、その時分は少々悪いことしても、後でわかったらいかんと
いうので、殺してしまやいいんや、自分らが悪いことしたら殺してしまえと部
隊の中で言ってる者がいた。
反日の思想が強いので全部殺してしまえという部隊があったと聞いている。
その証拠に武器なんか隠してるかちょっとおかしかったら家を全部焼いてたわな。
上海から南京に行くまで、自分らはいつも後方部隊やから、燃え落ちた後の部落を通った。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P325

朝香進一「初年兵日記」 P140〜 1938年8月29日 

 南京攻略戦では、住民が反抗的態度に出たと言うので、「十里四方の住民全部を殺せ」
という軍命令が出された。
兵隊たちは村落を包囲し、手当り次第、住民を銃剣で突き殺した。
婦女子は特にむごい殺し方をした、と彼等は酔がまわるほどに手ぶり、身ぶりで、
その状況を実演して見せるのである。
その残酷さは目をおおわせるものがあった。

 夜半、帰還兵の一人、泣き上戸の彼が泣きわめきながら、

「許してくれ―おれのせいじゃないんだぞ―」と、暗いローソクのもとで半狂乱の姿を
さらしていた。


80 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 19:05:26
外山武雄(1914年2月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第1大隊

 上海の近くで敵前上陸して南京に向かったな。
途中、クリークや大きな池を越えたりして行くので大変やった。
工兵隊が橋を作ってくれたりしてな。南京へ攻めていって、揚子江でたくさんの
死体が流れていくのを見たな。
女や子どもも入っとるやろね。
いや入ってて当然や。私も下関で軽機で撃っとるけどね。
敵が(揚子江を)下って行くのを撃った。
しかし南京のことは忘れてしまった、ぜんぜん憶えてない。
ただ上から「男見たら殺せ」と命令されたことだけはよう憶えとる。
南京へ行くまでに、常熟か無錫辺りかな、もうそういう命令が出ていたな。
部隊長の××中尉が言ったんじゃないか。あるいは「人見たら殺せ」とな。
何しろ、喰うか喰われるかの戦争や。うっかり見逃したら、こっちがやられるからな。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P159-160

鬼頭久二(1916年8月生まれ)
第16師団歩兵第33連隊 第1大隊

南京戦の時、当時の宮さん〔朝香宮〕から命令があって、その命令は中隊長か
小隊長から聞いたけど、「犬も猫も含め生きている者は全部殺せ」ちゅう命令
やった。天皇陛下の命令やと言ったな。
当時のことを書いた日記帳は終戦の時に全部焼いた。

『南京戦-閉ざされた記憶を尋ねて』P271


81 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 13:46:12
日本軍が集団虐殺した中国軍民の数
出典:「南京事件」(笠原十九司 岩波新書)224〜225ページ ただし、原典にあった出典・資料の列は省き、備考はkoβによる。
戦闘詳報・陣中日誌などの日本側史料に基づく、日本軍が集団虐殺した中国軍民の数   日時 部隊 殺害数 範疇 備考
第16師団 12/13 歩兵36連隊 5000〜6000 長江渡江中殺戮  
    歩兵33連隊 約2000 〃   佐々木支隊 一万数千 敗残兵殺戮  
    〃 数千 投降捕虜殺戮   1中隊 1300 〃  
    重砲兵第2大隊 7000〜8000 投降捕虜処刑  
  12/14 佐々木支隊 (約2万) 捕虜とする 処刑の記述なし。
    歩兵第20連隊 800 武装解除して殺害  〃 310 武装解除して銃殺  
    〃 (約1800) 捕虜を連行 処刑の記述なし。 〃 150〜160 敗残兵を連行処刑  
    〃 600 〃  
  12/24〜1/5 佐々木支隊 数千 敗残兵狩りで処刑  
第13師団 12/14 山田支隊 約1000 敗残兵掃蕩  
  12/16〜17 〃 約2万 捕虜殺害 下記参照
第9師団 12/13〜24 歩兵7連隊 6670 難民区の敗残兵刺殺  
第114師団 12/13 歩兵66連隊 1500余 捕虜を背信行為で処刑 安全を保障する旨の投降勧告に従った捕虜を殺害
第6師団 南京攻撃中   (5500) 捕虜捕獲 処刑の記述なし。
  12/10〜13   (11000) 上河鎮下関遺棄死体 処刑の記述なし。
  12/12〜13   (1700) 城壁遺棄死体 処刑の記述なし。
第5師団 12/13 国崎支隊 (約5000) 捕虜の処置軍に委任 処刑の記述なし。
  12/14 歩兵41連隊 (2350) 捕虜を後刻処置する 処刑の記述なし。
第2碇泊場司令部 12/16   (約2000) 下関で敗残兵処刑 目撃記録。他の殺戮との重複の可能性有り
  12/17   (約2000) 下関で敗残兵処刑 処刑の記述なし。
海軍第11戦隊 12/13   約1万 長江渡江中殺戮  
  12/14 軍艦「熱海」 (約700) 敗残兵武装解除 処刑の記述なし。
  12/15 第2号掃海艇 約500 敗残兵殲滅   軍艦「栂」 約700 敗残兵殲滅  
  12/16前後   数千 八卦洲の敗残兵殺戮  
■合計値 最大値 140,990人 最小値  80,830人 ■


82 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 23:36:54
>>81

この資料だと、中国の軍人が多いようだけど、中国、民間人の虐殺はいったい何人なの?
民兵、攻撃をしかけてくる子供、女性も除く、一般の市民の数を知りたいんだよね。
だって、戦争なんだから軍人の犠牲者は、数に入らないでしょ。

83 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 23:39:40
3000人

84 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 09:23:51
>>82
捕虜を殺しちゃいかんでしょw

85 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 18:13:07
>>83

私も純粋な民間人は少ないと思っていますが、3000人の根拠を教えて下さい。

86 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 20:57:28
■■■フジテレビも認めた南京大虐殺■■■

最近では,フジテレビの“あいのり”という,恋愛旅行?番組で,
突然,南京大虐殺の話がでてきて,驚かされました。

若者達に宿を貸したおじさんが,私のお母さんは,私の弟の
鳴く声がうるさいという理由で,銃剣でさされたんだ,と
なきながら訴えていました。(信じきってはいませんよ。
テレビですし,演技ということも考えられますしね。でも,
素直に信じて差し支えなさそうでした)



87 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:44:06
奥宮正武「真珠湾までの五十年 真実の「太平洋戦争」前史」PHP研究所 

奥宮正武[オクミヤマサタケ]
元大本営参謀、歴史家。1909年、高知県生れ。1931年、海軍兵学校卒。
1933年、飛行学生教程終了。1941年、第十一練習連合航空隊参謀として
搭乗員の急速養成に従事。1942年、第四航空戦隊参謀としてアリューシャン
作戦に参加。第二航空戦隊参謀として南太平洋海戦に参加。1943年、第二
航空戦隊参謀として「い」号作戦に参加。1944年、第二航空戦隊飛行機隊は
最後のラバウルでの航空作戦を終了、撤退。マリアナ沖海戦に参加。軍令部
部員、大本営海軍参謀に任命さる。1945年、海軍解体により、第二復員省史
実調査部で勤務。1948年、退官。1954年、自衛隊に入隊。統合幕僚会議
事務局、防衛研修所で国際問題を担当。航空自衛隊の部隊長、学校長を歴任、
退職時空将。1956年、退職。その後も戦史の調査研究に従事。1964年、
本年以後、松下電器、国際PHP研究所、PHP研究所に勤務、最後はPHP研究
所研究顧問。その間、私費で西欧、アフリカ、中近東、南アジア、北アジア、
太洋州、南北米の三十一か国を歴訪。平和と戦争に関する調査・研究に従事


88 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:54:06
中国人の命の軽さ 
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

>>1は↑見てからものを言え。

89 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 01:27:42
(2)逃亡兵の処刑

祖父の日記を見ますと、逃亡兵の記事があるんです。

祖父が晩年に酒を飲みながら話したことですけど、明日はいよいよ激戦だという
晩になると必ず逃亡兵が出ると、ここに逃亡兵の人数がちゃんと書いてあります
けれど、だいたい腹づもりで計算したら3%位の兵隊は逃亡兵になるんです。
 
逃亡しちゃうと、それを探して見つければそれは文句なしに銃殺ですね。
ところがそれを報告しないんです。報告しないというのは、逃亡兵が出たという
ことを上部に報告しますと、書く書類が大変なんだそうです。
やたらいろんな書類を書かされて、一日中忙しくてたまらんと、だから逃亡兵が
出るとみんな殺しちゃって、名誉の戦史だと言って靖国神社に送っちゃうのです。
遺族は息子が神様になったって喜んでるわけですけれど、靖国神社なんていうのは、
何パーセントかはインチキが混じってるわけですよ。
なにしろそういうのはこっそり殺しますから、上級将校が口裏をあわせているともう
どうにも証拠が出てこないのです。

そういったようないろんなことが書かれている陣中日誌の方は非常に正直です。
そういうところは酒に酔っぱらって言ったことと同じことを陣中日誌に書いてあります。



90 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 01:35:27
>>1
板違い、中国板逝け


91 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 01:37:28
首都南京が陥落したときの南京安全区国際委員会代表ジヨン・ラーベの日記

1937年12月20日午後6時、ミルズの紹介で、大阪朝日新聞の守山特派員が訪ねてきた。
守山記者はドイツ語も英語も上手で、あれこれ質問を浴びせてきた。
さすがに手慣れている。
私は思っているままをぶちまけ、どうかあなたのペンの力で、一刻も早く日本軍の秩序が戻る
ように力を貸してほしいと訴えた。
守山氏はいった。
「それはぜひとも必要ですね。さもないと日本軍の評判が傷ついてしまいますから」  
いまこうしているうちにも、そ遠くないところで家がつぎつぎ燃えている。
そのなかにはYMCA会館も入っている。
これは故意の、というよりむしろ当局の命令による放火ではないだろうか。
             
「南京の真実」 ジヨン・ラーベ著 1997年10月9日 「講談社発行」


92 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 00:38:16
便衣兵云々のトリックに騙されてはいけない。

南京に便衣兵がいたという日本側の記録はない。
戦闘を行った平服を着た者の記録もない。
記録が無い便衣兵をゲリラとするのはトリック以外の何物でもない。

南京に便衣兵が居たとするのは捏造である。

93 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 15:47:00
>>1
日本政府の言うことを鵜呑みにするのか?権力の犬め。

94 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 18:01:22
>>92
伝聞すらないから、これは致命的だよなw

95 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 18:13:18
中国共産党がゲリラ戦略を行ったのは歴史上の事実だと思ったが。
その後ベトナム戦争がゲリラ化し、アメリカは対抗上枯れ葉剤を撒いた。
もちろん責められてるのはアメリカです。

96 :日本@名無史さん:2005/07/27(水) 20:50:41
あいかわらずヴヨクは妄想が禿しいなw

97 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 02:41:23
>>92
残念ながら北支の治安戦を例に出すまでもなく便衣兵はかの国の伝統です。
戦史叢書でも読んで見ればいいと思う。

因みに左翼系人士の「捕虜」には敗残兵を誤認している場合が多い。
また、戦闘能力を失った兵を殺すのは云々(つまり敗残兵)の記述を
よく見かけるが其れが通るまらビルマ、ニューギニヤ、ルソンは大変な事になるw
そもそも>>81の部隊の報告なんて水増し、誤認、二重の賜物が多いだろう。

海外のメディア、日本政府などの発表を以って虐殺の肯定に結びつける者は多い。
しかしトルコはアルメニアの例を認めていない。中蘇等は論外。
所詮「政府」とやらは素人であるし政党、個人の信条に負う所が大きく時流の問題もある。
海外といっても中国系の者の情報の垂れ流しであり中共の戦術の成果だろう。

漏れとしては虐殺があろうとなかろうとゼークト線の突破こそが見物w



98 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 11:12:45
南京防衛軍司令官の唐生智は、日本軍の降伏勧告を拒絶し、徹底抗戦を命じて、
指揮権委譲もせずに南京から逃亡。これによって、南京防衛軍は降伏すること
ができなくなった。
南京には、国際法上の中国兵捕虜はいなかった。いたのは投降兵・敗残兵。


99 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 11:30:20
投降兵は捕虜だろ

100 :98:2005/07/29(金) 11:35:09
>>99
戦時国際法上、投降兵と捕虜は区別される。
白旗を揚げたからといって、当然に捕虜になれるわけではない。

101 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 12:07:01
どう違うんだい?
あと、投降兵なら殺してもいいのか?

102 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 12:23:26
投降した支那兵の中には「小銃は捨てても懐中に手榴弾や拳銃を隠し
持っている者が、かなりいた。」 
証言
捕虜の取り扱いは国際条約で定められており、捕虜とは戦意を失い、降服して
我が方の命令支持に従順に従う者をいいます。
しかし、捕虜と言われている中には戦闘に敗れ抗戦力を失い一時降服の意を表し、
収容されると群れをなしてただちに反乱したり、偽装降服して再度戦線復帰の機を
うかがうものがいます。
捕虜護送中、捕虜が護送兵を急襲して武器を奪い、大脱走した例もあり、捕虜と
して確認するのには相当の日時を要する事が多いのが現実です。
                  兵士たち南京事件  阿羅健一  

103 :98:2005/07/29(金) 12:38:21
>>101
ハーグ陸戦法規やジュネーヴ四条約を御存知ない?

104 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:00:36
投降兵を偽投降と理解してるんだな。
確実に投降したものは捕虜。

105 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:13:17
>>104
違う。

106 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:40:16
>>105
違うっていうのなら、その条約の条文でも示せよ。
ネット検索でいまなら条約の内容を見ることできるだろ。

107 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 13:43:36
靖国神社で詫びをいれる。

108 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 15:33:57
韓国にはもう限界なんですけど。韓国若者の現状

大邱達西警察署は16日、聴覚障害のある日本人学校女子中学生を監禁強姦した容疑で、
金某君(17歳、高2)など高校生12人を検挙し、金など8人を逮捕、残る4人を非拘束
立件した。
警察によると、金はインターネットチャットで知り合った日本人少女(15歳、聴覚障害者)
を、自分の家で去年12月から最近まで8ヶ月にわたり友人たちと一緒に監禁し、
「日本の女は便所だ」などと暴言を吐きながら殴る蹴るの暴行後気絶した少女を強姦し続けた疑いを受けている。

警察の取り調べの結果、少年達が日本の少女を物色していた事や、少女が警察に申告しようとしたとして金らから
集団で殴られていたことが分かったほか、現在妊娠12週であることが分かると腹部を集中的に蹴られ、殺害の
手筈を整えていた事も判明している。

109 :日本@名無史さん:2005/07/29(金) 19:38:57
謝罪と賠償を要求する!

110 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:15:11
>>108
ガセ流すな

111 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:40:32
情けない話ではありますが… 私がホテル勤めをしていた頃の話。

ある披露宴、新郎が陸自の方でした。同僚上司達は制服で出席。
披露宴も御披楽喜に近づき、新郎のおじいさんの挨拶がありました。

一通りの祝いの言葉の後に、 自分が陸軍にいた事。
孫が戦車に乗っている事を誇りに思う事。
自分達の世代の不甲斐なさのせいで今の陸軍勤務の方達には苦労を掛けていると思う事。
たとたどしくですが話されました。
同僚達は知らなかったらしく酔っ払っていたのが、段々背筋が伸びていき神妙に聞き入っていました。

挨拶が終わり高砂の席の一人が
「どこで戦っておられたのだ」
と尋ねると、新郎は小声で
「南京です」

それを聞いた陸自組一同すっ転ぶような勢いで立ち上がって取り囲み罵声を浴びせました。

「百人首を斬った首斬り魔はおまえか!」
「強姦魔め!」
「無抵抗な捕虜を殺し捲くりやがって 鬼畜が!」
「シャルフェンベルクの高級ネクタイを返せ!」

おじいさんは申し訳なさそうに謝罪しました。
私はその後は仕事になりませんでした。
ウェイトレスの女の子達は当然そうな顔をしておりましたが。


112 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 01:50:02
>すっ転ぶような勢いで立ち上がって

最近の在日流行言葉?

驚くならともかく、すっ転ぶような勢いで立ち上がれるのかw

113 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 14:16:46
>>106
条約の条文には、捕虜になる資格は規定されてるけど、捕虜と投降兵の区別
ってのはないな。捕虜と投降兵の区別は意思表示についての一般論による。
つまり、捕虜になる意思が明確か、双方に合意が成立したか、によって区別
される。

a 指揮権を有する者が、降伏文書に調印した場合
 →その者及び指揮下の兵隊は、捕虜となる。
 南京戦では、南京防衛軍司令官・唐生智は、日本軍の降伏勧告を拒絶し、
 徹底抗戦を命じながら、指揮権を委譲せずに逃亡した。したがって、南京
 防衛軍の兵士は、この方式によって捕虜になることはできなかった。

b では、個々の兵士が捕虜になる意思を表示した場合はどうか。
 この場合も、捕虜になる意思が明確か、双方に合意が成立したか、によって
 判断されることになる。
 ここで重要なのは、双方に合意が成立することが必要だということ。
 つまり、敵兵が捕虜になる意思を表示したとしても、相手側にそれを
 受け入れる義務は無い。
 b1 合意成立→捕虜になることができる。(権利・義務が発生)
 b2 合意不成立→捕虜ではなく、投降兵。殺しても戦闘行為とみなされる。
      実際、南洋に送られた日本兵の多くが、捕虜になることができずに
      米軍に殺された。

兵隊の日記には、捕虜と投降兵を区別せずに、「俘虜」と書かれているが、実際には
その多くが上記b2だったのではないか。
        


114 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 14:36:56
>>113
根拠ないのね…、 悲しいね。

115 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 14:45:39
>>114
十分根拠になってますが。。。

116 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:01:33
それが反日クォリティー

117 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:06:15
>>113
>b2 合意不成立→捕虜ではなく、投降兵。殺しても戦闘行為とみなされる。

降伏を受け入れず、戦闘を継続して殺す、というのなら分かるが、
一旦捕らえたあと殺すのが戦闘行為なのか?

118 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:12:49
>>117
実はその辺は曖昧。
で、曖昧な場合には、「疑わしきは主権国家に有利に」という、国際法解釈
の大原則が働く。即ち、自国に有利に解釈しても良いことになる。
したがって、殺しても国際法上は合法。

119 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 15:29:39
マッカーサーは日本兵を捕虜にすると監督責任が生じるから投降兵扱いにすることを好んだらしいね。
秀才はやることが違うと言えばそれまでだが・・・

120 :日本@名無史さん:2005/07/30(土) 18:29:24
>>118
根拠が一切示されないじゃないかw
どこが、十分根拠になっているだよ。

121 :113:2005/07/31(日) 14:54:17
>>120
きみの言う「根拠」ってのは、明文上の根拠のことだね?
法解釈の一般論としては、制度趣旨や法理論も根拠とすることができる。
ここでは、意思表示についての一般原理を示した。
また、国際法というのは基本的には慣習法である。明文の条約があるから
といって国際法として成立しているとは限らないし、明文の条約がなくて
も慣習法上行われていれば国際法である。
捕虜と投降兵の区別は現実に>>113で書いたとおりに行われており、慣習法
として成立している。したがって、十分根拠になっている。
人のことを笑っている場合ではないよw


122 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 16:17:47
>>121
慣習法としてそのようなものがあったとする根拠はw

123 :日本@名無史さん:2005/07/31(日) 17:31:52
>>122
いくら匿名掲示板とはいえ、馬鹿を晒すのはそれくらいにしておいたほうが
よろしいのでは?

124 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 01:34:31
写真:南京近郊の処刑された捕虜(1937-1938年):半裸で,後手に縛られているので,
戦闘による死者ではない。一ヶ所に集められて処刑されたようだ。
http://www.geocities.jp/torikai014/nanjing/nanjing-bodiesJAP4-04.jpg

後ろ手に縛られている 
http://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/XiakangMatou.jpg


南京では、中国軍によって多数の市民が殺されていたらしいね。

ところで、中国の処刑方法(写真あり)。南京の死体の有り様と酷似している。
      ↓
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

125 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 17:55:20
>>124
http://www.geocities.jp/torikai014/nanjing/nanjing-bodiesJAP4-04.jpg
が見れない。

126 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:01:52
政府が認めるのと「それがあった」というのとは違うでしょ。
そうすると、古書や史料で史実が決まるのではなく、
政府見解が歴史の事実となってしまう。

まるで共産主義者の立てたスレのような・・・

127 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:10:21
当日、都内・近隣県在住のねら〜はプラカード他を持って現地に突撃!!
他の都道府県ねら〜は2ちゃんねるで後方支援汁!!

★次回採択の日程はまだきまってないぞ。
場所は杉並区役所前。

受付時間/午前8時30分〜午後5時
お休み/土・日曜日、祝日、12/29〜1/3

まとめサイト
ttp://hw001.gate01.com/dec2750/
ttp://dentotsu.jp.land.to/archives/A-suginami.html

現行スレ
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1123142271/
            o
            /   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
           / 2ちゃんねるノ興廃、   /
           /  コノ一戦ニ有リ!    /
          / 総員一層奮励努力セヨ /
          /                /
         /                 /
         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/
  ∧_∧  /                /∧_∧
 ( ・∀・) /                /(・∀・ )
 (    )つ                ⊂(    )
 | | |                   | | |
 (__)_)                  (_(__)




128 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:12:20
おい、肯定派。そもそも30万人虐殺を唱えている中国に30万人分の被害者の名前・年齢・住所・性別が保存されてなくては
おかしい。戸籍制度が充実した中国の首都南京で被害者の名前を相当探してもなかなか見つからない矛盾に
気づく。
沖縄戦・広島長崎のように1桁の人間までしっかり確認され、親戚ににも確認された正式な被害者数と決定的に
違うところだ。
数十万人虐殺を唱えている肯定派はせめてそのかわいそうな犠牲者の名前・年齢・住所・性別をココに出してから
ゴタクを並べるべきだろう 。

ここに被害者の名前を出せ、被害者数十万人いるんだろ。

129 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:52:08
2002.12.22
■南京の旧日本軍 元将校撮影フィルム見つかる
--------------------------------------------------------------------------------
捕虜収容所は存在「即時処刑」否定の根拠に

稲垣氏が9.5ミリ映画撮影機で撮った南京の捕虜収容所風景の1コマ

 昭和十二(一九三七)年末の南京戦で、旧日本軍が中国軍捕虜を収容したことを示す
映写フィルムを当時の従軍将校が保管していたことが、東中野修道・亜細亜大教授の
研究で二十一日、分かった。フィルムには、「捕虜収容処(所)」と書かれた看板が写っている。
南京事件をめぐり、捕虜を即時処刑したとする説が一部で流布しているが、そうした見方を
打ち消す有力な手がかりになりそうだ。(石川水穂)
         ◇
≪昭和12年12月ごろ≫
 元将校は、南京戦に十六師団輜重(しちょう)兵第十六連隊の獣医少尉として従軍した
稲垣清氏(九二)=三重県御薗村在住。そのとき、稲垣氏は家庭用映画撮影機
(仏パテーベビー社製、9.5ミリ)を携行し、南京などを撮影したフィルム二巻を自宅に保管して
いた。これを南京事件の研究に詳しい東中野教授に届けた。

130 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 18:57:00
>>129
 東中野教授はこれを業者に依頼して現在のビデオテープに転写してもらい、映像を観察。
その結果、稲垣氏が南京の麒麟門付近で撮ったとみられる映像に、「捕虜収容処」と書かれ
た看板を写した場面や、近くで警備する日本兵や道を行き来する一般市民などの日常的な
風景が写されていた。中国兵の捕虜らしい人影が写っている場面もあった。

 稲垣氏は撮影時期をはっきり覚えていなかったが、獣医として付けていた「馬衛生一覧表」
などから、南京陥落から三日後の昭和十二年十二月十六−十九日の間に撮影されたもの
と東中野教授はみている。同じ時期、稲垣氏の同僚の兵士が稲垣氏のカメラで同じ麒麟門
付近を撮った写真も見つかり、それにも「捕虜収容処」の看板が写っている。
         ◇
≪「虐殺考えられぬ」≫
 東中野教授は「十六師団長、中島今朝吾中将の日記に『捕虜ハセヌ方針』とあり、当時の
日本軍は中国兵を捕らえても、捕虜として扱わず、無差別に即時処刑したとも解釈されて
いた。しかし、日本軍が捕虜収容所を置き、そこに捕らえた中国兵を収容したとみるべきで
ある。映像にはショッキングな光景はなく、捕虜収容所で虐殺が行われたとは考えられない」
と分析している。
 稲垣氏は「私の連隊は十六師団の最後尾につき、私は獣医として軍馬四百二十頭を管理
していた。携行した9.5ミリ映画撮影機は8ミリが出回る前のもの。研究のお役に立ててうれ
しい」と話している。
 東中野教授の研究結果は、二十五日発売の雑誌『正論』来年二月号で詳しく報告される。

131 :日本@名無史さん:2005/08/04(木) 19:01:52
>>125
ここで見つけた写真(右側に同じ説明文あり)なんだけど、こっちでは見られるか?
      ↓
盧溝橋事件・上海事変・南京事件:日中戦争の序章 東海大学(鳥飼行博)
http://64.233.167.104/search?q=cache:ugYiYdLsKksJ:www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html+%E6%97%A5%E4%B8%AD%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%AE%E5%BA%8F%E7%AB%A0+%E6%9D%B1%E6%B5%B7%E5%A4%A7%E5%AD%A6&hl=ja

132 :125:2005/08/05(金) 11:25:13
>>131
キャッシュだと写真がでない。
http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html
で見られる。


133 :日本@名無史さん:2005/08/05(金) 12:03:09
>>92,>>94
第三師団第二陸上輸卒隊の兵士の出した手紙(南京攻略時の軍事郵便 引用)
 「今いるところは天津であるが、毎日天津より南西の二十里位の所の列車
警備に行くのですが、実弾がビューと音立てて走って来るのですこぶる
気持ちが悪いよ。-----天津でも毎日毎日便衣隊が我々の手に捕われるの
ですが、道路上で皆銃殺してしまいます。幾日も幾日も置いて紫色にく
さった様を見て、初めは食事もとれませんでした。しかし今は何とも思
いません。故郷の方でも相当騒いだことでしょう。天津の戦いは、大き
な建物は我が空軍の為に全部破壊されまして見るも哀れな姿です。---」

http://www.geocities.jp/torikai007/japanchina/1937.html
http://www1.vecceed.ne.jp/~swtamura/asaba.htm#rontenichi

134 :日本@名無史さん:2005/08/06(土) 03:38:33
旅の途中、南京に滞在した。

市内を見渡そうと何気なく小山に登ったときのことだ。
20頭近い野犬の群れに囲まれてしまった。頂上の私を睨みながら中腹を列をなして
ぐるぐる廻り、だんだん迫って来る。自転車を急発進させて辛うじて逃れたが、後で会
社の人に言われた。

「あれは1年2ヶ月前の南京攻略戦の時、数千人の遺体を埋めた土饅頭だ。
地元の人は鬼(幽霊)が出ると恐れて、誰も近寄らないところだ。
ああいう巨大な土饅頭が市内に幾つかあり、小さなものはたくさんある」

鳥肌が立った。野犬達は飼い主を殺されたのだろう。墓を踏みつけて登った私を許せなかった
のだと思う。
後年、日本軍の従軍僧と親しくなった。彼は日本軍司令部の許可を取り、
腕章を着けて中国の仏教団体と一緒に2ヶ月かけて多くの土饅頭を作り、
犠牲者の遺体を葬ったと言っていた。

また、私は、南京攻略戦の渦中にいた兵士達とも話す機会が多かった。
城壁に囲まれた大都会の逃げ道をすべてふさいだため、戦闘を終えた時点で
各部隊は自分たちの何十倍もの捕虜を抱え込んで大混乱に陥り、処置に困って虐殺
に及んだようである。

日中戦争の中の青春より 元中支派遣陸軍特務機関員  中谷孝 

135 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 08:37:07
南京市崇善堂埋葬隊活動付属文書

「郊外の民衆で、まだ他所へ避難できず、難民区にも入れない者は、昼間は
一ヶ所に集まって助け合って身を守っているが、不幸にして日本侵略者にみ
つかると多くが被害に遭う。
背後から撃たれて倒れている者がいたが、逃げる途中で難にあったものである。

口や鼻から血を出し、顔面が青くなり、脚が折れているのは、大勢の者から殴ら
れたり、蹴られたりしたものである。
婦人で髪が顔にかかり、乳房が割れて胸を刺され、ズボンをつけていない者、これ
は生前辱めを受けた者である。
また、頭をもたげ、目をむき、口を開けて歯をくいしばり、手足を突っ張り、ズボン
の破れている者は、乱暴されるのを拒んだものである。
惨たるかな、惨たるかな。

毎日夜になると、集団をなして遠方に逃げる。
声が聞こえると草叢に隠れたり、田の畦に隠れる。
一番危険なのは、夜が明けてから、敵が高所から見渡すときで逃げるところを見つかると、すぐ弾丸が飛んでくる。

中に婦人がいると、手で止まれと合図して、追ってきて野獣の仕業をなす。
言うことを聴かないと殺されるし、言うことを聴いても輪姦されて殺される。
立ち止まらずに行こうとする者には銃声がいっそう激しく浴びせられ、死者がますます増える
それゆえ、農村部の遭難者は都市部より多い。


136 :日本@名無史さん:2005/08/07(日) 14:25:32
>>78-80

当時、歩兵第33連隊第5中隊の第1小隊長だった市川治平さんは、歩兵33連隊の生き字引とも言われ、
野田連隊長をも、天野中隊長をも知っていて、戦後になって書かれた「歩兵第33連隊史」の刊行では中心的な役割を果たした。
その市川さんが、この本をこう語る。

「本当にばかばかしい本です。私のところに聞き取りには来ませんでしたが、元気な2人の戦友に尋ねたら、
2人にも来なかったと言っています。まともな話をする人には行かないようです。
確かに予備役には悪い事をする人もいましたが、この本をざっと読んだところ、強姦などの話は、創作8割、本当2割でしょう」

「南京戦・元兵士102人の証言」のデタラメさ
―テレビ「ニュースステーション」が増幅垂れ流した反日・自虐報道の正体

「正論」平成14(2002)年11月号より転載

137 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 00:26:36
正論の記事という時点で怪しいと思うのはダメか?

138 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 04:46:16
南京大虐殺30万の虚妄はすでに証明されている事。
まだループしているのか。

偕行社の調査であらかた終了だよ。事実認定は。

139 :知識はないけど:2005/08/10(水) 07:05:51
「変態的な殺し方で日本の捕虜を虐殺」 スイスの写真家が撮影
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/index.html

1937年当時、上海に住むスイス人写真家によって撮影された、18枚の写真には中国兵の日本人捕虜に対する
残虐性が記録されていた。
「彼らは楽しんでいた」 
「彼らは、首が切り下ろされるのを待ち、その首でフットボールをプレーし始めた…、本当に酷いことだ」
「中国兵は、木の枠に首をはめ込み、餓死するまで放置するなど、日本の捕虜に対して様々な虐待を加えていた」

スイス人写真家Tom Simmen氏の撮影した写真。↓
http://www.cnn.com/WORLD/9609/23/rare.photos/china.photos.mov

こいつら、自分たちがやってたことをそのまま南京大虐殺に当てはめて、嘘吐いてただけじゃねえか。
「南京大虐殺」でよく提示される写真は、デタラメのつぎはぎか適当な本から勝手に引っ張ってきた、
関係のない写真が殆どだが、これは写真家の名前も日にちも撮影の経緯もはっきりしてるし、こら本物だわ。
こいつら自分たち自身がこんなことやってたからこそ「南京大虐殺」みたいな発想が浮かぶんだな。
アブナイアブナイ。

140 : :2005/08/10(水) 07:41:34
>>1
「非戦闘員の殺害あるいは虐殺行為等があったこと」を認めることは、中国人が言う「南京大虐殺」を
認めることでは全然ないだろ。
いままで、その規模が数千人〜だったのか、それとも30万人だったのか、中国人が言うような
猟奇的な虐殺やレイプ(2万人と主張している)があったのか、そこが論点だったんだろ?
馬鹿かお前は?死ねよ。

>>139
これ見て気持ち悪くなったわ。俺は。

141 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 15:10:54
南京大虐殺と石原莞爾

今から63年前の1937年12月南京事件が発生した。

半年後の日中戦争真最中の1938年5月頃、二人の外人記者が満州国新京
の石原莞爾将軍を訪れてきた。

記者 「南京の虐殺事件は世界に隠れなき明白な事実だ。日本側に好意を持っ
ているが、現地では勿論のこと、わざわざ東京まで行って尋ねると そんんこ
とはない と事実を否定する。
最後に世界的に有名な貴官のご意見を伺いたいと思ってわざわざ新京まで訪ね
てまいりました。」

石原は 「誠に恐れ入りました」と、二人の外人記者の前に真剣に頭を下げて謝った。
   
「日本の道義がすたれ、軍隊の風紀も低下しましたから、聞くがごとき日本軍の虐殺
も絶対にあり得ないと否定することは出来ない。
あなた方が見て、あったとすればあったであろうと、私はお詫びするのです。」

二人の外人記者は 
「判りました。新京まで来た甲斐がありました」
と、納得して帰って行った。

石原は満州事変の兵は若い現役兵だったから、軍紀が厳粛に保てたが、日中戦争は戦時編成で
将校も兵も予備役が多いからどうしても軍紀がゆるむ、困ったことだと心配していた。
石原の謙虚な誠実な人柄が偲ばれる。

             元満州国牡丹江省次長 山口重次 談


142 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:19:51
原爆投下によるホミサイトを正当化する為に、米中によりでっち上げられた
南京大虐殺。 原爆投下されるに十分値する悪事を日本軍が働いたという
事実がどうしてもアメリカは必要であった。人類史上最悪の大虐殺=原爆
と同等の大罪を日本が行っていなければ、アメリカこそ世界最悪の国家と
レッテルを貼られてしまう危惧があった。上手に中共を扇動しでっち上げ
られたのが南京大虐殺です。幾らかの虐殺行為があった事実は認められるが
人数については原爆に匹敵する大虐殺であろう筈はない。
情報により一番功利を得る者が、率先して情報操作をするのは情報戦の常。
もちろん、戦後補償の側面を考慮すれば米中共同の情報操作であることは
疑う余地はない。本質的に、南京大虐殺の自虐史観をもつ日本人はどういう
神経をしているのか、疑いたくなる。別に俺は右翼でも無いが、反米中の
立場ではある。というか、いい加減にしろ中国!って感じだ。


143 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:24:07
名簿を出せないなら、南京虐殺なんてでっち上げだろう。
原爆は95%以上の名簿が出てるぞ。

144 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:25:53
当時は、戸籍がきちんとしている日本のような国の方が特殊。

145 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:48:39
「南京事件」日本人48人の証言
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4094025464/qid%3D1124113475/250-2652386-1245838

真実が知りたい人はこれ読んだらいいよ。
当時、南京にいた人48人の証言。

48人が、憶測ではなく実際に見た事を語っている。
全員の証言を並べれば自ずと当時の南京の様子が浮かび上がってくる。

146 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 22:58:35
南京虐殺はあったと思うがNHKの討論に出ている
安達という女教師には自分の子供を預けたくない!!
奴は危ない

147 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:03:51
南京大虐殺は、アメリカが東京大空襲と広島と長崎の原爆を正当化
するために30万という数字をでっち上げたんだ。本当は原爆の実験を
したかっただけだろ、ウランとプルトニウム使いやがって、合わせて
21万人それに東京大空襲たして30万ぐらいか、中国は本気でこんなの
信じてるんか。腹立つわ。

148 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:10:33
火病?

149 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:47:47
日本政府が認めたのは、南京虐殺が行われた事実で実際に
虐殺の方法、人数、範囲、強姦の有無など、どのような事が
行われたかは今も論議されている。

150 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:48:43
>>147
広島・長崎・東京大空襲合わせて30万人大虐殺説は、でっちあげ。

1.それぞれの地区はその後人口が増えている。
2.被害当事者の目撃談や資料は全部信用できない。
3.地上には竹槍便衣兵が大量にいてB29遭難兵が実際に被害に受けている。
  この条約違反の便衣兵をやっつけるため、仕方なく原爆を使用した。
4.被害者名簿は当然捏造。
5.写真も数々の問題点が指摘されている。

数々の証拠は30万大虐殺説を証明するものではない。あったのは、小虐殺だけである。

151 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:56:28
つくづく、教養の無い奴だな・・・と再確認した夏の夜>>150

152 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:00:30
>>151
は?論破できないとすぐこれだ。
米国様を貶めようとするサヨクは困るなw

153 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:33:14
日本人に産まれたくなかった。こんな国に住んでいたくない。自分が日本人である事が恥ずかしい。

154 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:37:26
>>150 大丈夫?ちょっと心配。

155 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:46:18
>>154
ブサヨ キター!!

156 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:53:31
>>150
どんな教育を受けたの?
アメリカは自分のやったことを全て正しいと思ってた。
極東軍事裁判がその典型だね。アメリカの主張を受け入れるなんて
信じられないね。

157 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:59:44
150は皮肉だな

信用できないにしろ、どう信用できないか具体的に説明しないといけないし
写真の問題も、本で否定してるが、書いてる内容が正しいのかというと
それもまた議論になるだろうしねぇ

問題は、支那は歴史事実ではなく政治問題として使用し
日本は、政治問題と歴史認識と思想による対立等で混迷してるトコか

こりゃ永久に平行線だわな

158 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:40:29
まー日本がしたことは解放か侵略か、どっちにしても戦争を仕掛けて
決して許されることではない、虐殺をしたことも大きな罪だと認めればいい
右翼に教科書作らせずに全ての罪を認めよう、東条英機が全部悪いのだと。

159 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 02:31:45
       ■■■極右団体「つくる会」 ■■■

「つくる会」教科書への批判が高まり、採択を阻止する市民などの運動が
高まりはじめた2001年6月26日に、「つくる会」の教科書採択活動をサポートする
目的で、「若手議員の会」の活動を民主党議員などと連携して進めるために設立された
のが超党派の議員連盟・歴史教科書問題を考える会(会長・中川昭一)である。
「超党派の会」には、自民党以外に民主党、自由党、保守新党、無所属の会の議員
が参加していた。 小池百合子も所属してる「超党派の会」は、文科省幹部を呼びつけて、
★「南京の犠牲者数が限りなくゼロに近いという説を教科書に載せろ!」
★「南京大虐殺まぼろし論も学説だから両論併記で記述させろ!」
★「検定基準の『近隣諸国条項』(日本の侵略戦争記述を検定で削除・修正させない
と国内外に約束した内容)を無くせ!」などと迫った。
「超党派の会」は、市民運動を敵視し、教科書採択に市民の声を反映させることを
違法行為と決めつけ、01年8月の採択後、「人間のくさり」などの市民の活動を排除
するように文科省に圧力をかけてきた。
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2003.12.3/1.html#Anchor251424

160 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 03:07:54
馬鹿チャンコロはもっと死んでおけばよかったのに

161 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 09:27:01
右とか左でしか判断できない香具師ってマジ馬鹿ですね。
自国を愛する=右翼だったら、中国人は全員右翼じゃん。
日本人はもっと自国を愛するべきだ。


162 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 10:20:02
愛しているがゆえに、苦言を呈したり、事実は事実としてみとめ直視したりするんだよ。
嫌な部分は見ないってのは真実の愛なのか?

163 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 10:23:43
ていうか、同じ日本人同士でも暴力、イジメなど枚挙にいとまないのに、
戦地の兵隊が全員聖人君子のわけねーだろ。

164 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 10:25:53
昔の軍隊は徴兵だから、今で言うDQNみたいな連中も混じってるだろ。
そんなヤツが下士官や古年兵の部隊の場合、ガクブルものだなw

165 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 12:06:53
>>163
あーいえる。
スーフリとかね。早稲田の学生さんでさえW

166 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:10:52
ここの掲示 話分かる 人たくさんです。中国から勉強に来て最近の日本 軍たくさんみたい。昔にもどらないで。昔中国の人たくさん日本軍人に死なされました。平和大事 自衛隊あぶないよ!中国に攻撃きます。平和のために自衛隊なくすよ!

167 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:30:19
NHKで南京は幻とさかんにぶっていた若い女性、
かつての連合赤軍とかにいそうな雰囲気だったのがおもしろい。
つまり、自分は他のちゃらちゃらした女の子と違うのよ、
知性理性で語るのよ、もっとも進んだ考えなんだから、となると、
やっぱああなっちゃうのか、と。

168 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:53:50
南京虫大虐殺は,フマキラ−か?

169 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 14:25:25
NHKでのウヨクの発言を読んでいると、どっかで読んだコトがあることばっかりだったな。
特にネットで…。で、中国や韓国の人に「真実を学べ」とか言っているんだよw
既視感が発生し、思わず「2chか」と思ってしまった…。
メディアに洗脳されているのは自分自身だってのは、あれしゃべっている人思いもつか
ないことなんだろうな。

何が、「日本は東京裁判の『判決』をうけいれて、東京裁判そのものは受け入れていない」だw
同じコトだろ。

170 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 16:17:03
マンガ 『「百人斬り」報道を斬る』 ―敵はシナ中共政府と我が国の偏向マスコミだ―
日新出版 畠 奈津子 (著) 定価1000円(税別)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405805/qid%3D1124120298/249-8387828-8707562

『ここがおかしい中国・韓国歴史教科書』 読んで呆れる「正しい歴史認識」
日本政策研究センター編 定価300円(税込)
ttp://www.seisaku-center.net/booklet/cm-booklet/bl-akireru.htm


171 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 18:02:54
>>169
違いのわからない男

172 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:25:22
>>171
かりに、その2つが違っているとしても、きちんとそれを「外国」に「違いますよー」って
明言してないだろ。アメリカとか中国とかイギリスとかオランダとかに、それを言って
いるのか?
そうじゃないなら、普通常識として「同じ」だろ。

173 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:28:44
違いを説明してくれ。

--------------------------------------------------------------------

「一九四三年一月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に
 赴任しました。そして一年間在勤しましたが、その間に私は日本軍の
 残虐行為を知らされました。・・・ある青年将校――私の陸士時代の同級生
 でしたからショックも強かったです――から、兵隊の胆力を養成するには
 生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。また、多数の
 中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験
 をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
 かつて満州事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
 コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
 (三笠宮崇仁『古代オリエント史と私』学生社 一九八四年)

174 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:29:42
アメリカは原爆の補償はしないのか?

175 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:35:38
>>174
アメリカをうったえてみたら?一応、できるらしいよw

176 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 22:59:14
>>174
戦勝国が賠償するわけが無いだろ W
アメリカは寛大にも日本に対して賠償を放棄し、戦後多大な援助をした


177 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:04:29
サンフランシスコ条約によって解決済みとして、
元アメリカ兵捕虜が日本相手に起こした訴訟も退けられている。


178 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:06:34
ただし、ここ以外で熱意はない。勢いだけでは限界があるから、すぐ見破られる。

179 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:14:25
176>>
日本は中国に負けた覚えは無いのだが…

180 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:23:56
言論はヤクザだな。したいところで、したい話をする。

181 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:39:43
反日史観のカラスを殺し
ぬしと朝寝がしてみたい

182 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 23:44:16
自慰史観になった悲しみに
今日も小雪の降りかかる

183 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 00:29:52
広島原爆が捏造であるこれだけの理由。
・いままで全く地上に存在していなかった原爆なるものが都合よくできるわけがない。
・できたとしても当時の技術では空輸する手段がない。
・以前は犠牲者は7万人としていたのにいつのまにか15万人以上に増えている。
・戦前より戦後のほうが広島の人口は増えている。
・人道的なアメリカ人が民間人を虐殺するわけがない。
・日本が主張する15万人の死体はどこにも見当たらない。
・アメリカがやったのは、あくまで軍都広島への攻撃。地上には竹槍便衣兵がうようよ
 していたから、一般人と見分けがつかない。一般人と便衣兵を区別せずに虐殺したとしても
 国際法違反の便衣兵を配置していた日本の責任。


184 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 00:46:35
≫171
だから違いを説明していただきたい。

--------------------------------------------------------------------

「一九四三年一月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に
 赴任しました。そして一年間在勤しましたが、その間に私は日本軍の
 残虐行為を知らされました。・・・ある青年将校――私の陸士時代の同級生
 でしたからショックも強かったです――から、兵隊の胆力を養成するには
 生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。また、多数の
 中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験
 をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
 かつて満州事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
 コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
 (三笠宮崇仁『古代オリエント史と私』学生社 一九八四年)


185 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:22:00
南京大虐殺なんて、UFOや幽霊と同じだろ
「あるのなら証明しろ」と言えば、「俺は見た。無いと言うなら無いことを証明しろ」
ってなる。

186 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:46:17



マンガ 『「百人斬り」報道を斬る』 ―敵はシナ中共政府と我が国の偏向マスコミだ―
日新出版 畠 奈津子 (著) 定価1000円(税別)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405805/qid%3D1124120298/249-8387828-8707562

『ここがおかしい中国・韓国歴史教科書』 読んで呆れる「正しい歴史認識」
日本政策研究センター編 定価300円(税込)
ttp://www.seisaku-center.net/booklet/cm-booklet/bl-akireru.htm




187 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:38:00
そもそも日本刀は続けて100人斬れるほど性能よくないしw

188 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:57:12
>>187
1人で日本刀ふりまわしてたら、ただの基地外だが
師団がおくりこまれたわけだからw

189 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:55:03
>171
違いを説明していただきたいのですが。

--------------------------------------------------------------------

「一九四三年一月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に
 赴任しました。そして一年間在勤しましたが、その間に私は日本軍の
 残虐行為を知らされました。・・・ある青年将校――私の陸士時代の同級生
 でしたからショックも強かったです――から、兵隊の胆力を養成するには
 生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。また、多数の
 中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験
 をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
 かつて満州事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
 コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
 (三笠宮崇仁『古代オリエント史と私』学生社 一九八四年)


190 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:01:58
>>187
2本ぐらい持っていって、部下に1本を手入れさせつつ、もう1本で「突きまくる」と
100人ぐらいいくと思うぞ。宅間は何人突いた?

191 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:03:32
南京で殺された中国人は100人だったという事が証明された訳だが…
30万人には到底及ばないし、刀で30万人殺すのは何年かかるのか?
瑣末な小事例を針小棒大に誇示する手法に振り回されるなんて、いい加減
脳みその矮小さが計り知れて恥ずかしいぞ。
30万人殺すには原爆かガス室のような専門の施設が絶対必要だろう?
日本軍の狼藉は認める所であるが、それと南京大虐殺をイコールとする
米中の恣意的なプロパガンダに日本人が踊らされるなっつーの!
しかも馬鹿左翼は、反戦と南京大虐殺を関連付けるもんだから、ここぞと
ばかりに中共に上手く利用されている。
別に、反戦なんて南京大虐殺があろうとなかろうと当たり前の事じゃん。



192 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:31:55
違う板にもレスしたがここにもしとくか。

中学と高校の時使った教科書から南京の所だけ抜き取ってみた。

中学の歴史教科書
【東京書籍 P170】
日本軍は、同年末に首都南京を占領しました。その過程で、女性や子供をふくむ中国人を大量に殺害しました(南京事件 *1)。
*1 この事件は、南京大虐殺として国際的に非難されましたが、国民には知らされませんでした。

193 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:33:40
高校の世界史教科書
【実教出版 P322】
日本軍は、1937年12月、南京を占領したが、そのとき市内外で多数の捕虜・民衆などを虐殺した(南京大虐殺事件 @)。

194 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:34:45
@日本軍は、占領時の数週間に、戦闘員ばかりでなく、女性・子供を含む非戦闘員や武器を捨てた兵士をも虐殺した。被殺者は20万人以上といわれるが、中国ではその数を30万人以上としている。なお、こうした虐殺・破壊・略奪などの行為は、当時強い国際批判をあびた。

195 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:46:49
朝日新聞の記事は他新聞と比べて一番まともではないだろうか?
日本が右傾化しないように社説で繰り返し述べている。
はき違えた愛国心を煽るようなマスコミを信じてはいけない。
売れさえすればいいという軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で懲りたであろう。
機会ある毎に日本の過去の過ちに対する反省を促し、
関係諸国との友好を深めようとしているのが朝日新聞である。
なまじ知った歴史の一部で全てがわかった顔をすると恥をかくだけだ。
のうのうと生きていられるのは平和憲法のおかげであることは間違いない。
できもしない自主防衛を唱えていては過去の過ちを繰り返すだけである。
不利なことがわかっていながら、国民を煽って戦争に突入し、
買い物も切符が無ければ買えもしないような生活をさせながら、
運用される資金はすべて軍事行動向け。
動力になるべき燃料もなく、資源も無い日本が何の大義もない戦争を
推し進めるのは狂気の沙汰としか言い様が無い。
進軍ラッパをもう一度聞きたいのか?



196 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 23:21:30
>171
違いを説明していただきたいのですが。

--------------------------------------------------------------------

「一九四三年一月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に
 赴任しました。そして一年間在勤しましたが、その間に私は日本軍の
 残虐行為を知らされました。・・・ある青年将校――私の陸士時代の同級生
 でしたからショックも強かったです――から、兵隊の胆力を養成するには
 生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。また、多数の
 中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験
 をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
 かつて満州事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
 コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
 (三笠宮崇仁『古代オリエント史と私』学生社 一九八四年)


197 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 23:59:37
これが韓国、中国だと自国に対する批判、不利な意見は
けされるんだろうね。
日本は自由でいいね。


198 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 11:37:26
>>196
これでも見て餅つけ。
http://www.peacehall.com/news/gb/china/2004/12/200412130343.shtml

199 :るい:2005/08/19(金) 14:56:05
台湾の歴史教科書には南京はどう書かれているのか?
 --------------------
 台湾の教科書でも大部分、30万人と記載されてきた
 事実がある様です。

  http://jun-gw.sfc.keio.ac.jp/JP/thesis/WangXueping/syuron.pdf
   教科書から見る対日認識 -- 中国と台湾の教科書の比較 --

   例:p46の部分

   【中華民国】
    国民中学歴史科教科書 第2冊、1999年版、2000年版

    十二月中旬、国軍が南京から撤退し、日本軍は
    南京に入ってから、彼らの野蛮さを発揮し、日本
    軍に殺害された中国人は三十万以上に達した。
    南京大虐殺、日本軍「七三一」部隊は東北地方
    で中国人を細菌戦争の試験に試用した。また韓
    国、台湾などの女性を「慰安婦」にした。日本軍
    の中国侵略の重大な罪を十分に表した。P137


200 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 16:22:17
認めますた。

201 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 16:34:07
終了

202 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 20:02:30
平和記念資料館の大嘘に抗議しようぜ!
日本国民なら,執拗に抗議すべきだ。
抗議しないのはチョソやチャンコロに国を売り渡そうとしている広島長崎厨だ!

【卍】≦予 ̄>
 G\(^■^ ラ 諸君!南京大虐殺だけでなく、広島、長崎の原爆も捏造だった!
  \ <!>+\
Sieg・Hail〜
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1124441299/

肯定派は捏造した張本人であるアメリカ、日本政府、糞サヨク広島、
長崎住民が出した証拠か「無理やり肯定させる」権威、権力、学者に
頼るしかない。何一つ確かな証拠を出せないのです。

藻前らいまだに南京大虐殺を騒いでいるチャンコロか?
それとも従軍慰安婦や強制連行を叫んでいるチョソの同胞か?
そんなにチャンコロ・チョソ・広島長崎に支配されたいのか?
こんな抗議もしないで打たれてばっかりだから「倭国」「倭寇」とバカにされる。

天皇陛下、国家の威信に関わる重大な問題だ!
神国日本が鬼畜米国に原子爆弾の投下を許すわけがない!

203 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 20:04:13
↓左翼をわざわざ選んだのではなく、反対派を探したらみんな粘着左翼繋がりだった!

つくる会教科書 採択反対・人権擁護法案 賛成派 が【口先で】国民を騙し、署名・動員を呼びかけているHP 

・子供と教科書ネット21 (左翼圧力団体 兼 教科書出版社(ジェンダーフリー系)
http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/top_f.htm
・つくる会反対運動のページ(左翼運動家 上杉 聰 が関係。裁判好き)
http://www003.upp.so-net.ne.jp/eduosk/kyoukasyo-mein.htm
・中核派全学連(極左過激派)http://www.zengakuren.jp/
・中核派・前進(極左過激派) http://www.zenshin.org/
・杉並親の会 (中核派プロ市民団体)http://members.jcom.home.ne.jp/kyoukasyo/
・共産党 赤旗 キャンペーン
http://www.jcp.or.jp/akahata/html/senden/miryoku.html#kyokasyo
・ピースボート(日本赤軍 支援組織ADEFの表の名)
http://www.peaceboat.org/index_j.html
・在日コリアン青年連合 http://www.key-j.org/
ピースボート(赤軍)とだぶるメンバーあり
・自由法曹団(共産系弁護士集団)
http://www.jlaf.jp/html/menu1/2005/20050707164414.html
・日弁連(サヨク系弁護士集団)
めざす会http://www.mezasukai.org/news/
・中核派 ユニオン労働組合  数多すぎ。「ユニオン つくる会 教科書」でググレ 
これの下のほう面白い →http://www.ewaosaka.org/jp/adobe/05textnews2.PDF
・平和をつくる富山連絡会(新左翼)http://www.fitweb.or.jp/~peace/
・都政を革新する会(珍左翼) http://www.tokakushin.org/
・北島邦彦(都政を革新する会メンバー 反対運動中に暴行を働き逮捕) http://members.jcom.home.ne.jp/kjmirai/
この人もそうだけど、労働者組合運動に専念するため会社を退職して労働者じゃ無くなる人が多くて、本末転倒スギマス…w
・韓国・中国NGO団体(アジア平和と歴史教育連帯とか)
・【参考】新しい歴史教科書をつくる会の教科書に反対する内外の諸声明
http://www.linkclub.or.jp/~teppei-y/tawara%20HP/2001.3.14/2001.3.14.htm

教科書も人権も平和も反戦も、内容は置いてきぼり。すっかり彼らの利用材料になってしまった。

204 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 20:35:25
いいんじゃない。別に

205 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 21:03:19
韓日友好!
日本は直ちに大胆かつハードな謝罪と賠償をすべき。

206 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 21:08:22
>>205
てか韓国の干渉をやめさせるべき。そして共に徹底的に歴史検証すべき。
韓国は自国が世界でういた存在で、多くのアジアの国々に嫌われてること
をまだ気がつかないのか?

207 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 21:11:42
>206
 半分賛成、半分反対

208 :日本@名無史さん:2005/08/19(金) 21:14:32
>>206
全部反対!
韓日友好!

209 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 11:46:06
>171
 違いを説明してくれ。
 出来ないからダンマリですか・・・
―――――――――――――――――――――――――――――

三笠宮崇仁殿下
「一九四三年一月、私は支那派遣軍参謀に補せられ、南京の総司令部に
 赴任しました。そして一年間在勤しましたが、その間に私は日本軍の
 残虐行為を知らされました。・・・ある青年将校――私の陸士時代の同級生
 でしたからショックも強かったです――から、兵隊の胆力を養成するには
 生きた捕虜を銃剣で突きささせるにかぎる、と聞きました。また、多数の
 中国人捕虜を貨車やトラックに積んで満州の広野に連行し、毒ガスの生体実験
 をしている映画も見せられました。その実験に参加したある高級軍医は、
 かつて満州事変を調査するために国際連盟から派遣されたリットン卿の一行に、
 コレラ菌を付けた果物を出したが成功しなかった、と語っていました。
 『聖戦』のかげに、じつはこんなことがあったのでした。」
 (三笠宮崇仁『古代オリエント史と私』学生社 一九八四年)

 三笠宮崇仁→昭和天皇の弟
http://www.kunaicho.go.jp/02/d02-12.html
『古代オリエント史と私』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4311201311/qid%3D1124411399/249-2382024-6036322


210 :171:2005/08/20(土) 18:23:39
>>209
毎日2ちゃん見るほど暇じゃないんで。

サンフランシスコ平和条約第11条
 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の
 裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を
 執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、減刑し、及び仮
 出獄される権限は、各事件について刑を課した一または二以上の政府の決定及び日本
 国の勧告に基く場合の外、行使することができない。極東軍事裁判所が刑を宣告した
 者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国
 の勧告に基く場合の外、行使することができない。 

この条文の「裁判を受諾する」という箇所は、
英語正文では accepts the judgements
フランス語正文では accepte les jugements prononces
スペイン語正文では acepta las sentencias
となっている。これらは、「諸判決を受諾した」と訳すのが正しい。
日本語正文は英語正文の翻訳を基礎に書かれたにもかかわらず、意味が異なってしまっている。




211 :171:2005/08/20(土) 18:36:45
では、このサンフランシスコ平和条約第11条はなんのために定められたのか。
第一次世界大戦以前の時代には、交戦諸国は講和に際して、平和条約の中に
「交戦法規違反者の責任を免除する規定」(アムネスティ条項)を設けるの
が通例だった。また、アムネスティ条項が置かれない場合にも、講和の当然
の効果として、アムネスティが国際慣習法上認められていた。
サンフランシスコ平和条約第11条は、アムネスティを阻止するために規定さ
れたのである。つまり、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止すること
を狙ったものに過ぎない。

212 :171:2005/08/20(土) 18:46:42
仮にサンフランシスコ平和条約第11条が、日本語正文のとおりに「裁判を受諾した」
ものだとすると、東京裁判を合法な裁判であると認め、判決理由に示された東京裁判
史観の正当性をも認めたことになる。
しかし、前述のように「判決を受諾した」のである。したがって、日本は刑の執行を
引き受けたにすぎない。東京裁判の合法性を争うことは可能である。また、東京裁判
史観に拘束される義務もない。

ついでに


213 :171:2005/08/20(土) 19:03:36
ついでに。 
   172 :日本@名無史さん :2005/08/16(火) 19:25:22
     >>171
     かりに、その2つが違っているとしても、きちんとそれを「外国」に「違いますよー」って
     明言してないだろ。アメリカとか中国とかイギリスとかオランダとかに、それを言って
     いるのか?
     そうじゃないなら、普通常識として「同じ」だろ。

などという書き込みがあったが、日本語以外の正文では「諸判決を受諾する」という意味なので、
わざわざ明言する必要は無い。

訂正   >>210「諸判決を受諾した」→「諸判決を受諾する」
     >>212 ついでに・・・ 削除


わかりましたか、粘着質の暇人さん?
    



214 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:05:48
>>208
友好というのは、相手の言いなりになることではないと思うが。

215 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:11:52
アウシュビッツを否定するネオナチだとか、南京を否定するウヨだと
かはクズだ。何故偉大なる先人が行なった英雄的行為を否定するのか。
それでは先人の行為を弾劾するサヨと一緒である。結局こういった行
為を悪いことだと認めているのではないか。何も悪くないのである。
否定する必要はない。大いに認めるべきである。

216 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:14:40
ホロコーストを否定するネオナチはいるが、
アウシュビッツを否定するネオナチはいない。

217 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 19:38:14
>>213
常識的には両者同じだろ。詭弁をいくら弄してもね。

違うっていうのなら、「こう違いますよ」って外国にきちんと説明してから行うべきだ。
違うか?

218 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 20:19:22
>>213
文句ある連中はブッシュに直接言えよ
今時反米なんて何のメリットもないけどな



219 :日本@名無史さん:2005/08/20(土) 21:13:12
「判決を受諾した」のならば、逆に判決の根拠となった理由を受け入れたことになるのではないか?判決理由に示されたものを「東京裁判史観」と捉えるかどうかは別として。
判決理由なくして判決を受諾するならば、その判決には判決理由が無いことになるが・・・

一般的に考えて裁判を受諾せずに判決だけを受け入れるという論理は理解し難い。判決とは裁判を構成する要素であるから、判決だけ認めて裁判を認めないということにはならない。もしこれを否定するならば、それは「判決」とは言えないのではないか。

ポツダム宣言の受諾により日本は「戦争犯罪人の処罰を加へら」れることになった。宣言を受諾した以上、連合国が行う裁判を受け入れる義務が生じている。

 

220 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 00:10:51
詭弁だな

221 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 00:15:38

おまいがきべんじゃぼけ

222 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 11:30:40
戦後生まれへ

戦後生まれの日本人は、戦争の悲惨さを肝に銘じるだけで充分。
 中国人や韓国人に対して、卑屈になったり、後ろめたさを持ったりして、史実を歪曲してまで日本人を自虐的に貶めたり、正当な手段で手に入れたりした権利や財産を中韓に差し出す必要はありません。
謝罪に関しては、キャスターの筑紫などの戦中派が土下座でもすれば良いのです。

戦後生まれの日本人のすべき事は、史実に忠実な歴史を学んで、政治的意向で歪曲されまくった教科書を強制されて反日となった中韓の人々を助けて、本当の友好を結ぶ事です。


223 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 18:07:06
>>217
理解できないと詭弁と言い出すんだね。みっともない。

>違うっていうのなら、「こう違いますよ」って外国にきちんと説明してから行うべきだ。
違うか?

何をほざいていらっしゃるのですか?

224 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 18:18:39
>>219
東京裁判の合法性・正当性は措いておいて、裁判の結論である判決は、
条約締結国間で尊重することとし、日本は刑の執行を引き受ける義務
を負った、ということです。

>ポツダム宣言の受諾により日本は「戦争犯罪人の処罰を加へら」れることになった。
 宣言を受諾した以上、連合国が行う裁判を受け入れる義務が生じている。

ポツダム宣言にいう「戦争犯罪人」とは、戦時国際法規に違反した者のこと。
戦争指導者を裁くための裁判のことなど、ポツダム宣言には出てこない。

225 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 18:25:46
>>217
>常識的には両者同じだろ。

自分の勝手な思い込みを「常識」だと言い張るのは、
小学校低学年までにしましょうね。

226 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 19:17:37
マンガ 『「百人斬り」報道を斬る』 ―敵はシナ中共政府と我が国の偏向マスコミだ―
日新出版 畠 奈津子 (著) 定価1000円(税別)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405805/qid%3D1124120298/249-8387828-8707562
ttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31429647

『ここがおかしい中国・韓国歴史教科書』 読んで呆れる「正しい歴史認識」
日本政策研究センター編 定価300円(税込)
ttp://www.seisaku-center.net/booklet/cm-booklet/bl-akireru.htm



227 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 19:34:05
>224
>ポツダム宣言にいう「戦争犯罪人」とは、戦時国際法規に違反した者のこと。
宣言の文言「俘虜を虐待せる者を含む一切の戦争犯罪人」には戦争指導者は入らないということですか?

>戦争指導者を裁くための裁判のことなど、ポツダム宣言には出てこない。
確かに裁判の文言はありませんが、実態としては宣言第10項を根拠にして
進められた訳ですよね。
国土を占領されて連合国の管理下にあった訳ですから実質的に裁判を受け入れたことになるのではないですか?
日本は裁判を拒否していない(出来ない)のですし。
連合国側は戦争指導者も含めて考えて裁判をしたのであり、日本側も戦時国際法規違反者のみならず
戦争指導者も含まれていると捉えていたのではないのですか?

228 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 20:06:04
ケツの穴を舐めさせろ

229 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 20:59:19
>>227
>宣言の文言「俘虜を虐待せる者を含む一切の戦争犯罪人」には
 戦争指導者は入らないということですか?

入りません。
戦争指導者を戦争犯罪人とするような条約や国際慣習法が、
ポツダム宣言受諾の時点でありましたか?

>国土を占領されて連合国の管理下にあった訳ですから実質的に裁判を受け入れたことになるのではないですか?

そもそも、「裁判を受け入れる」というのが、どういう意味なのかわからないんですが。
占領中に行われたことは、全て既成事実として受け入れ、諦めろということですか?

>連合国側は戦争指導者も含めて考えて裁判をしたのであり、日本側も戦時国際法規違反者のみならず
戦争指導者も含まれていると捉えていたのではないのですか?

日本側がそう捉えていたとしたら、それはどの時点でですか?


230 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 21:03:14
>>218
ちゃんと読んだか?
英語正文の"accepts the judgements "は、「諸判決を受諾する」という意味。
これが「裁判を受諾する」とは違うことは、いくらブッシュが馬鹿でもわかる。


231 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 21:11:03
   217 :日本@名無史さん :2005/08/20(土) 19:38:14
      >>213
      常識的には両者同じだろ。詭弁をいくら弄してもね。

常識的法解釈学の権威でいらっしゃる>>217さんへ。
刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
の「実行」と、
刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
の「実行」は、常識的に同じでしょうか、違うでしょうか?
また、あなたと異なる解釈をすると、詭弁になりますか?

232 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 21:50:04
>戦争指導者を戦争犯罪人とするような条約や国際慣習法が、
ポツダム宣言受諾の時点でありましたか?
わかりません。
けれども連合国は戦争指導者=戦争犯罪人としていたのではないですか?

>「裁判を受け入れる」というのが、どういう意味なのかわからないんですが。
占領中に行われたことは、全て既成事実として受け入れ、諦めろということですか?
極論的に言うとその通りです。

>日本側も戦時国際法規違反者のみならず
 戦争指導者も含まれていると捉えていたのではないのですか?
>日本側がそう捉えていたとしたら、それはどの時点でですか?
宣言発表以降、日本側に伝わった時点から


233 :日本@名無史さん:2005/08/22(月) 21:59:48
「東京裁判は日本は国家として受け入れてます」
と、最近首相が繰り返してるね。

サンフランシスコ講和条約で受け入れたからかな?

234 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 00:59:03

【百人斬り裁判判決】
8月23日(火)午前11時から東京地裁103号大法廷
(ただし、傍聴には10時30分に東京地裁前に集合し、抽選を受ける必要があります。)
ttp://andesfolklore.hp.infoseek.co.jp/intisol/hyakunin.htm

東京地方裁判所へのアクセス
ttp://courtdomino2.courts.go.jp/K_access.nsf/0/1143dadf668de59149256b6000121f59?OpenDocument

マンガ 『「百人斬り」報道を斬る』 ―敵はシナ中共政府と我が国の偏向マスコミだ―
日新出版 畠 奈津子 (著) 定価1000円(税別)
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4817405805/qid%3D1124120298/249-8387828-8707562
ttp://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31429647

『ここがおかしい中国・韓国歴史教科書』 読んで呆れる「正しい歴史認識」
日本政策研究センター編 定価300円(税込)
ttp://www.seisaku-center.net/booklet/cm-booklet/bl-akireru.htm



235 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 07:57:20
>>234
百人斬りだって…その2人誤報を知っていて、かつ日本で講演とかしていて、そこで
百人斬りはなかったなんて訂正しなかったんだろ?

それなのに今更裁判?

236 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 09:34:23
>>232
「わかりません」って・・・。
戦争指導者を戦争犯罪人とする条約も国際慣習法も、未だに存在しません。

>けれども連合国は戦争指導者=戦争犯罪人としていたのではないですか?

連合国がそう考えたとしたら、それは占領後に一方的にです。
国際法上の根拠もなく、戦争犯罪を作れますか? 作ったら違法ですよ。

>極論的に言うとその通りです。

事実状態として受け入れるのと、合法性・正当性まで認めるのとは別です。


>宣言発表以降、日本側に伝わった時点から

戦争指導者を戦争犯罪人とする条約も国際慣習法もないのに、なぜ
日本側が、戦争指導者も戦争犯罪人に含まれると捉えるんですか?
「もとより日本政府は『ポツダム宣言』を受諾するに当たって、『(連合国側の)捕虜を虐待した者を含む
 一切の戦争犯罪人』の処罰(第十項)は覚悟したが、ここにいわれる『戦争犯罪人』なるものは、伝統的な
 戦時国際法規に違反した者を指すと解釈していた。このため開戦と戦争遂行の政治的責任者ではあるが、
 そうした『犯罪』とは縁がなさそうな東條氏が真っ先に逮捕されたことは日本人にとって大きな衝撃であった。
 いったい連合国は『戦争犯罪』の概念をどのように拡張し、どのように恣意的に適用しようとしているのか、
 連合国は大掛かりな復讐をするつもりではないのか、という不安、不審の念が国民の間に広がり始めた。」
   世界がさばく東京裁判(ジュピター出版) P97〜98


237 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 09:35:58
>>233
>「東京裁判は日本は国家として受け入れてます」
 と、最近首相が繰り返してるね。

あんな基地外の言うことを真に受けないように。

238 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 09:40:02
サンフランシスコ平和条約第11条
 日本国は、極東国際軍事裁判所並びに日本国内及び国外の他の連合国戦争犯罪法廷の
 裁判を受諾し、且つ、日本国で拘禁されている日本国民にこれらの法廷が課した刑を
 執行するものとする。これらの拘禁されている者を赦免し、減刑し、減刑し、及び仮
 出獄される権限は、各事件について刑を課した一または二以上の政府の決定及び日本
 国の勧告に基く場合の外、行使することができない。極東軍事裁判所が刑を宣告した
 者については、この権限は、裁判所に代表者を出した政府の過半数の決定及び日本国
 の勧告に基く場合の外、行使することができない。 

この条文の「裁判を受諾する」という箇所は、
英語正文では accepts the judgements
フランス語正文では accepte les jugements prononces
スペイン語正文では acepta las sentencias
となっている。これらは、「諸判決を受諾する」と訳すのが正しい。
日本語正文は英語正文の翻訳を基礎に書かれたにもかかわらず、意味が異なってしまっている。

では、このサンフランシスコ平和条約第11条はなんのために定められたのか。
第一次世界大戦以前の時代には、交戦諸国は講和に際して、平和条約の中に
「交戦法規違反者の責任を免除する規定」(アムネスティ条項)を設けるの
が通例だった。また、アムネスティ条項が置かれない場合にも、講和の当然
の効果として、アムネスティが国際慣習法上認められていた。
サンフランシスコ平和条約第11条は、アムネスティを阻止するために規定さ
れたのである。つまり、日本政府による「刑の執行の停止」を阻止すること
を狙ったものに過ぎない。

仮にサンフランシスコ平和条約第11条が、日本語正文のとおりに「裁判を受諾した」
ものだとすると、東京裁判を合法な裁判であると認め、判決理由に示された東京裁判
史観の正当性をも認めたことになる。
しかし、前述のように「判決を受諾した」のである。したがって、日本は刑の執行を
引き受けたにすぎない。東京裁判の合法性を争うことは可能である。また、東京裁判
史観に拘束される義務もない。


239 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 09:40:35
ついでに。 
   172 :日本@名無史さん :2005/08/16(火) 19:25:22
     >>171
     かりに、その2つが違っているとしても、きちんとそれを「外国」に「違いますよー」って
     明言してないだろ。アメリカとか中国とかイギリスとかオランダとかに、それを言って
     いるのか?
     そうじゃないなら、普通常識として「同じ」だろ。

などという書き込みがあったが、日本語以外の正文では「諸判決を受諾する」という意味なので、
わざわざ明言する必要は無い。


240 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 10:03:04
この説明が詭弁だと?
知性の低さを自ら証明してどうする。

そもそも、>>169=172=173=184=189=196=209=217は、「日本は東京裁判を受け入れたのか、判決を受け入れたのか」
ということが、サンフランシスコ平和条約第11条を巡って問題になっていることすら知らずに議論をふっかけてきた
みたいだな。恥ずかしい奴だ。

>>217
>常識的には両者同じだろ。
常識だけで法解釈できるなら、法律学者はいらないんだよ。>>231の質問に答えてみろ。

>詭弁をいくら弄してもね。

「仮にサンフランシスコ平和条約第11条が、日本語正文のとおりに『裁判を受諾した』
 ものだとすると、東京裁判を合法な裁判であると認め、判決理由に示された東京裁判
 史観の正当性をも認めたことになる。
 しかし、前述のように『判決を受諾した』のである。したがって、日本は刑の執行を
 引き受けたにすぎない。東京裁判の合法性を争うことは可能である。また、東京裁判
 史観に拘束される義務もない。」
これのどこが詭弁なんだよ。理解できなかったのか? 漢字が読めないのなら、全部ひらがなで書いてやろうか?

>違うっていうのなら、「こう違いますよ」って外国にきちんと説明してから行うべきだ。
 違うか?

何度も書くが、日本語正文以外の正文では「諸判決を受諾する」という意味だ。
これが「東京裁判を受諾する」と同じ意味だと思っているような激烈バカは、おまえを含めて
日本に少数存在するだけなんだよ。
外国に対して、何をあらためて説明する必要があるってんだ? この真性ドキュソが。


241 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 10:07:31
231 :日本@名無史さん :2005/08/22(月) 21:11:03
     217 :日本@名無史さん :2005/08/20(土) 19:38:14
        >>213
        常識的には両者同じだろ。詭弁をいくら弄してもね。

   常識的法解釈学の権威でいらっしゃる>>217さんへ。
   刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
   の「実行」と、
   刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
   の「実行」は、常識的に同じでしょうか、違うでしょうか?
   また、あなたと異なる解釈をすると、詭弁になりますか?


242 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 10:15:36
近衛文麿の言葉
「大局的に考えて、一体戦争犯罪人としての逮捕命令には、従うべきものかどうか。
 戦勝国が何でもでき、誰でも逮捕できるというななら、ヒューマニズムも法律も
 あったものではない。すでに指名される理由を認めずとすれば、これを拒否すべき
 ものと思う。然るに今日のわが国の実情では、こっちにその権利は、何一つないと
 いう考え方が風をなしているし、その熱意もどこにもない。」
  児島襄「東京裁判(上)」P72

243 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 11:54:11
日中戦争時に「百人斬(ぎ)り」をしたとする虚偽の報道や記述で名誉を傷つけられたとして、
戦後処刑された旧日本軍少尉2人の遺族3人が朝日、毎日両新聞社と本多勝一・元朝日新聞記者らに
総額3600万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の土肥章大裁判長は23日、請求を棄却した。

訴状によると、東京日日新聞(現毎日新聞)は日中戦争中の1937年11−12月の記事で、
南京へ向かう途中、2人が中国兵を殺害する「百人斬り」の競争をしていると報道した。
朝日新聞も71年、本多元記者の連載「中国の旅」の中で、2人が「百人斬り」競争をしたとの伝聞記事を掲載。
さらに同様の記述がある本を出版した。

遺族側は、記事は戦意高揚のための創作だったのに、毎日新聞は訂正せず、朝日新聞も本を出版し続け、
戦犯として処刑された両少尉や遺族の名誉を傷つけたとして、2003年4月に提訴していた。

共同
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=main&NWID=2005082301000716

244 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 12:25:11
アホかいな。
市街戦で一般市民が反発してゲリラ行動や、民兵になって、反撃してきたのを
占領軍が撃ち殺しても、そんなのしょうがないじゃないけ? 当たり前だろう。
こんなこと言ってると、支那人や朝鮮人が攻めてきた時、いいか、ジャップ
これが戦争というものだぞ、と教えてあげました、、、なんて、百年後の
歴史教科書に書かれてしまうぞ

245 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 13:14:43
諸判決を受託しているんだから裁判を受託してるでいいんだよ。
現在の日本政府の公式見解は
「東京裁判を日本は国家として受け入れている」だからね。

246 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 13:59:15
>諸判決を受託しているんだから裁判を受託してるでいいんだよ。

俺の説明が理解できないのか?
やっぱり全文をひらがなで書き直したほうがいいのかな。。。

>現在の日本政府の公式見解は
 「東京裁判を日本は国家として受け入れている」だからね。

日本政府がその公式見解を発表したのは、いつですか?
日本政府の言うことなんか真に受けているんですか?

247 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:01:13
>>245
刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
の「実行」と、
刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
の「実行」は、常識的に同じでしょうか、違うでしょうか?
また、あなたと異なる解釈をすると、詭弁になりますか?

248 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:14:43
だから文句あるなら安倍ちゃんはブッシュに言えよ
まあ、そんな根性無いだろうけど W



249 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:33:13
>>248

230 :日本@名無史さん :2005/08/22(月) 21:03:14
>>218
ちゃんと読んだか?
英語正文の"accepts the judgements "は、「諸判決を受諾する」という意味。
これが「裁判を受諾する」とは違うことは、いくらブッシュが馬鹿でもわかる。

これが読めなかったのか?
「安倍ちゃん」てアメリカの飼い犬の晋三坊ちゃんのことか?
俺はそんな奴とはかかわってないぞ。

250 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:35:54
>>247
意図が分からんけど、同じだろ。
で、なに?

251 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 14:59:52
>>250
刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
の「実行」と、
刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
の「実行」同じかどうか。
これは、予備罪に共同正犯が成立するかということに関連して問題となる。
予備罪の共同正犯を否定する説は、これら二つ「実行」は、共に基本的構成要件の実行を意味すると解している。
同じ「実行」という言葉をつかっているから同じ意味に解するという、「常識」にかなった解釈だ。
一方、予備罪の共同正犯を肯定する説は、これら二つ「実行」を別の意味に解している。
すなわち、43条の「実行」は基本的構成要件の実行だが、60条の「実行」はこれに限られず、修正構成要件の
実行をも含むとする。
そして、最高裁判例は、予備罪の共同正犯を肯定している。
どうだい、これは詭弁かね?
あ、それ以前にきみのオツムじゃ理解できないか。こりゃ失敬。

252 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:04:51
解釈論で講釈垂れたって誰も相手にしないっての W



253 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:12:02
>>252
やはり、きみのオツムでは理解できなかったようだね。
あくまで、サンフランシスコ平和条約第11条の解釈が問題となっているのだよ、低脳君。


254 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:14:56
>>251
>解釈論で講釈垂れたって誰も相手にしないっての W

で、幼稚な常識で解釈してしまうんだね。
その大文字のWはなんなんだ。
ブッシュのミドルネームか? w


255 :254:2005/08/23(火) 15:31:45
おっと! 誤爆しちまった!
>>252だ。スマソ。

256 :254:2005/08/23(火) 15:34:45
書き直し。

>>252
 >解釈論で講釈垂れたって誰も相手にしないっての W

で、幼稚な常識で解釈してしまうんだね。
その大文字のWはなんなんだ。
ブッシュのミドルネームか? w



257 ::2005/08/23(火) 15:36:21






258 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:50:48
>>251
247 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/08/23(火) 14:01:13
>>245
刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
の「実行」と、
刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
の「実行」は、常識的に同じでしょうか、違うでしょうか?


251 名前: 日本@名無史さん 投稿日: 2005/08/23(火) 14:59:52
>>250
刑法43条本文「犯罪の実行に着手してこれを遂げなかった者は、その刑を減軽することができる。」
の「実行」と、
刑法60条「二人以上共同して犯罪を実行した者は、すべて正犯とする。」
の「実行」同じかどうか。
これは、予備罪に共同正犯が成立するかということに関連して問題となる。
予備罪の共同正犯を否定する説は、これら二つ「実行」は、共に基本的構成要件の実行を意味すると解している。
同じ「実行」という言葉をつかっているから同じ意味に解するという、「常識」にかなった解釈だ。


やはり正解か。で、だから何なの?


259 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 15:51:20
>>251
>同じ「実行」という言葉をつかっているから同じ意味に解するという、
>「常識」にかなった解釈だ。
・・・お前もあんまり理解できてないみたいだけど
なんで突然、予備罪の共同正犯?

260 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 16:21:56
>240
>>169=172=173=184=189=196=209=217がすべて同一人物か
どうかはわからないが。
>>169=172=173=184=189=196=209=217はただ単純に違いがわからないから
質問してきたのではないかな?

もっとも、知っていても質問してくると思う。
どういう理由なのか?って。


261 :日本@名無史:2005/08/23(火) 16:44:19
ひとまず南京大虐殺で死んだ人数はほっといて、
日本が中国に侵略したのは事実なのだから謝罪すべきだと思う、
中国の新聞からみて中国が譲歩するとは考えられない。

此処で話しは変わってしまうがこれも中日友好に関係するので見てもらいたい
ドイツは世界第2次世界大戦の時ユダヤ人を虐殺した、
だから戦後時のドイツの評判は最悪だった、
しかしその後ドイツが過去やったことを潔く認め、ユダヤ人に謝罪したため
世界のドイツにたいする評価は改善された。

この中からわかると思うが南京大虐殺があったにせよなかったにせよ、
世界からの日本の評価を上げるには謝ったほうが得策という事だ。



262 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 16:46:04
日本はアジア諸国に対し、思いっきりハードな謝罪と賠償をするべき。

263 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 17:06:20
謝罪は何度もしてんるだが、政治的理由で受け入れる気のない中国には無意味

【外交】小泉首相の中国への謝罪 無意味 ―米国紙社説[08/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1124707383/

264 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 17:19:06
>>261
ドイツは経済的、政治的に土下座外交はしていない
この意味で戦後もドイツと周辺国との関係は対等
これに対し日本は中国を中心に謝罪とともに、経済的にも政治的にも
譲歩する対応を基本としてきた
ドイツとことなり日中関係は過去の帝国主義を叩いとけば
政治的優位がとれるという政治的な要素が介入している

265 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 20:53:02
>236
 >戦争指導者を戦争犯罪人とする条約も国際慣習法も、未だに存在しません。
 詳しくはわかりませんが・・・。了解しました。

>連合国がそう考えたとしたら、それは占領後に一方的にです。
 国際法上の根拠もなく、戦争犯罪を作れますか? 作ったら違法ですよ。
 では、1945年8月の国際軍事裁判所条例はどう考えればいいのですか?
 それと、戦争犯罪を作ったら違法とのことですが、どのような国際法に違反するのですか?

>事実状態として受け入れるのと、合法性・正当性まで認めるのとは別です。
 事実状態として受け入れていると考えます。
合法性・正当性についてですが、これを否定すると論理的に不都合ではありませんか?
つまり、違法不当な裁判の判決を受け入れるという不可思議なことになると思います。
その裁判に基づいた判決を条約で認めてしまうことになりませんか?

ここで、裁判の合法性・正当性を認めると「東京裁判史観」を認めることになるとのことですが
それは、裁判の判決理由=「東京裁判史観」なのであって、
裁判の合法性・正当性=「東京裁判史観」ではないのではないですか?

>戦争指導者を戦争犯罪人とする条約も国際慣習法もないのに、なぜ
日本側が、戦争指導者も戦争犯罪人に含まれると捉えるんですか?
昭和天皇が戦争責任者として連合国へ引き渡すのは忍びないと最高戦争指導会議で述べているからです。

最後に、繰り返しになりますが、一般的に考えて裁判を受諾せずに判決だけを受け入れるという論理は理解し難いと思います。
判決とは裁判を構成する要素であるから、判決だけ認めて裁判を認めないということにはならないのではないか?
もしこれを否定するならば、それは「判決」とは言えないのではないか?ということです。
この点については、どのように整合的論理的な説明をしたら良いのでしょうか?


266 :日本@名無史さん:2005/08/23(火) 20:56:46
我々はリンチを認めます。
御約束どおり、我々の手でリンチを続けます。

267 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 00:10:14
檄文
今、法政大学学生会館の存在が窮地に立たされています。
国家権力と法政大学当局の学生自治への不当な弾圧により法政大学学友4名が公安警察により逮捕されています。
その中には学生会館を運営している理事長と事務局長が含まれており、このままもし起訴されるようなことがあれば
学生会館を運営している法政大学学生連盟は混乱状態になるとして、学生単独管理という今の状況を法政大学
当局が不当に認めないこととなることが予想されます。
この事件の不当性は、理事長の逮捕容疑が威力業務妨害と建造物不法侵入とされているが、その事件の時間帯には
理事長はカレー屋でカレーを売っていたという証言が多数あることからも判断できるのである。この事件を利用して法政大学
当局が公安警察を介して学生自治を弾圧しようとしていることは明白である。大学当局による弾圧行為は1977年5月27日の308人
学友逮捕以来25年ぶりの不当行為である。この事実を法政大学学友及び関東学生探検連盟関係者諸氏は断固として認める
わけにはいかない。明日1月26日午後7時より、1・26法政大学当局追及学生集会が行われ、法政大学学生部長に対して公安警察を通じた
不当捜査の取りやめと大学当局が出した被害届の取り下げによる4人の学友の奪還釈放を要求する。不当逮捕は基本的人権の侵害
にあたる。それに抗議するため明日学友及び関東学生探検連盟関係諸氏に集会の参加を求める。関東学生探検連盟はその創設以来
法政大学学生会館を総会の会場として利用してきた。その恩義に報いるため、また我々の権利を守るため、関東学生探検連盟関係者
諸氏に集会の参加を呼びかけるものである。

1998年度関東学生探検連盟副会長  戸田聡 ・ 林剛
http://www.karin.sakura.ne.jp/~tanken/renmei/

後期探検報告会の講演者は 【本多勝一氏】(予定)
http://www.karin.sakura.ne.jp/~tanken/renmei/soukai/00/zenki-houkokukai-houkoku.htm

イラク侵略戦争断固阻止!ムスリム人民と連帯を!
http://www.surfline.ne.jp/ibn-stoda/saddamposter01.htm

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Lake/4673/buinnsyoukai.htm
8回生 林剛 通信教育学部経済学部商業学科4年
部友 戸田聡 明治大学大学院文学研究科史学専攻博士前期過程3年

268 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 01:04:19
>>265
>判決とは裁判を構成する要素であるから、判決だけ認めて裁判を認めないということにはならないのではないか?
>もしこれを否定するならば、それは「判決」とは言えないのではないか?ということです。
>この点については、どのように整合的論理的な説明をしたら良いのでしょうか?

東京裁判が不当なものであったことは、国際法を学んだ者にとっては当然に帰結する結論
しかしながら、日本はすでにサンフランシスコ講和条約に調印している
そこで講和条約というものが戦争終結のための戦争賠償等の条件を連ねるものであるという性質から
日本は刑の執行を講和の条件とし手受け入れたとすれば事足りるというもの

日本政府の立場は、日米関係及び国連との関係を重視して、
「日本政府はサンフランシスコ講和条約を受け入れた」あるいいは
「日本政府は東京裁判を受け入れた」または「判決を受け入れた」などとして
裁判の内容自体を受け入れたか否かはグレーゾーンとしてきた
内容自体をどうとらえるかは、各自の判断にまかせるよってことだな

269 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 01:10:26
>>1
日本政府が認めたことと、事実がどうであったかということは別のことだろ。
日本政府が認めた瞬間にいきなり真実になるのかよ。

270 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 01:37:14
サンフランシスコ講和条約で日本は東京裁判を受諾などしていない。
11条はあくまでも、そのときに拘禁されていた囚人に対しての扱いに関する条文。
条文には、「諸判決を受諾し、拘禁されている日本国民に対して刑の執行をすること。」
と書いてある。「諸判決を受諾し」はあくまでも「拘禁されている日本国民に対して刑の執行」
に掛かっている。
つまり諸判決とはあくまでも「現在拘禁されている囚人に対して下された判決」でしかない。
このようなもので、日本が東京裁判を受け入れたなどとは言うことはできない。

271 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 08:02:07
>>270
国連で言ってみな。
安倍が首相になったらぜひ。

272 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 08:07:39
東京裁判の受刑者の放免は当時の社会党まで何故か賛成して国会で可決されたらしいが。


273 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 09:07:48
>>270
それ国内向けだろ?
きちんとそれを諸外国に説明しているか?していないんだったら、普通裁判を受諾したと取られても
しかたないんじゃないのか。

274 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 10:17:50
東京裁判における受刑者の処遇については独立した後はアメリカや中国の意向ではなく
日本国民の総意に委ねられるので、民意の代表機関である国会がアメリカ、
中国などの意向に反する可決だとしても、干渉する余地は無かった。


275 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 14:12:08
だから?

276 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 14:40:49
日本は東京裁判を国家として受け入れています
現在も政府公式見解はこう言ってます

277 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 15:10:33
>>264
それはないよ、歴代のドイツの首相がユダヤ人墓地に赴く写真を
フランクフルトアルマイナーで見たことあるけど、処刑場に
足を踏み入れた、一人のオッサンって感じだ
どれも、、、
悲しい

278 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 16:20:04
独立した後は日本が東京裁判をどう捉えるかは日本国民が決める事であって、
例え国会で東京裁判を否定する決議が成されたとしても、それが民意である以上、
アメリカはサンフランシスコ条約違反だから国会の決議を撤回しろなどとは言わないだろう。


279 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 16:26:36
此処で話しは変わってしまうがこれも中日友好に関係するので見てもらいたい
ドイツは世界第2次世界大戦の時東欧スラヴ人を虐殺した、
だから戦後時のドイツの評判は最悪だった、
しかしその後ドイツが過去やったことを潔く認め、ロシアを始めスラヴ諸国に謝罪したため
世界のドイツにたいする評価は改善された。

この中からわかると思うが南京大虐殺があったにせよなかったにせよ、
世界からの日本の評価を上げるには謝ったほうが得策という事だ。


280 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 17:37:54
>>278
サンフランシスコ講和条約と著しく矛盾するから、さすがに文句くるんじゃないのか?

281 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 18:26:03
アメリカを始め調印国は日本独立を認めた以上、
日本の極東裁判に対する評価は日本国民自身に委ねられることは承知だろうし、
軍国主義復活だなどという非難はするだろうが
日本政府に条約を盾に国会の決議を覆せなどという要求はしないと思われる。



282 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 19:12:55
>>281
はあ?
「裁判(の判決)を認めますよ〜」って条約結びながら、その評価は別個にゆだねられるのを
向こうは「承知」しているだろう…だって。なんつーか、希望的観測もここまで来れば…。
だったらさー、しっかり「承知」してくれているか確認したんかい?

ふつー、それを覆そうって言うんだったら、条約破棄が本当だろうに。

283 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 19:39:59
極東裁判で収監されていた囚人の釈放を国会で社会党も賛成で可決したが、
アメリカも中国も条約破棄どころか何ら政治的圧力をかけてこなかったが。


284 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 20:31:04
少なくとも今はまずいな、東京裁判自体よりは
日本は反省してないみたいな趣旨のことを言われるだろう

285 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 22:17:16
解釈論で講釈垂れたって誰も相手にしないっての W

まだ分からないのか



286 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 23:23:53
アメリカとの軋轢や中韓の反発など外交的リスクはあるが、
日本が国会で極東裁判を否定する議決をすること自体に直接これらの国々が介入してくることは無い。


287 :日本@名無史さん:2005/08/24(水) 23:56:17
>直接これらの国々が介入してくることは無い。
当たり前じゃねーかw占領時じゃあるまいし、くだらねぇ

288 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 02:20:21
日本以外の国では判決を受諾で統一されているのを知らないな。

実は「(判決だけを意味しない)裁判を認知する」という解釈のほうがまさにそれにあたる。
そもそも「裁判を受諾」の時点で裁判=判決の解釈しかできないわけで、どうやって上の解釈がでたかというと
・あえて判決とかいてないから裁判は広い意味での裁判であろう
・しかしそれなら「裁判を受諾する」は日本語として意味をなさない
・なんとなく意味が似てそうだから受諾→認知と読みかえよう
・「裁判を認知する」なら日本語として成り立つからこう解釈しよう

こういった流れで人は簡単に誤解する。
予備校いってたやつでしっているやつもいると思うが、これが思い込み(ひとつめ)と置き換え(みっつめ)の原理。
英文解釈に限らず、国語の問題でも同じようなことがおきる。


289 :グリーン・中山:2005/08/25(木) 08:31:14
最近の台湾の教科書について 
 南京の記述
------------------------------
日本では、南京虐殺について、虐殺数や事件そのもの有無について
盛んに論じられていますが、最近の、主な台湾の教科書でも、概ね30万人です。
(人数の書いてない教科書でも虐殺自体は否定していないようです。)

ちなみに台湾でも、現在は検定制になっています。
(認識台湾は、社会科の中に組込まれてなくなったようです。)
以下に高級中學(学)や國中(9年一貫の7,8,9學年)の検定教科書の
内容を紹介していますのでご参考下さい。

(原文の画像等は以下のHPで、UPしています。
  つくる会東京支部掲示版
   http://www.e-towncom.jp/iasga/sv/eBBS_Main?uid=5428&aid=2&s=1280
     > |下へ|を数回押す
   http://www.e-towncom.jp/iasga/sv/eBBS_Main?uid=5428&aid=2&1108874335945
   翻訳は大体です。)

290 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 11:35:58
>>289
まあ、いいんじゃないの、台湾を占領すれば大支那帝國もいよいよ、
本格的に、太平洋へ侵攻だ

291 :日本@名無史さん:2005/08/25(木) 23:25:30
中国政府を抹殺しろ!

292 :>0<:2005/08/26(金) 12:56:53
南京の(大)虐殺はあったようだね。これ、自体は認めよう。
第二次世界大戦をこれまでも戦争と画期的相違点をあげれば
非戦闘員の殺傷じゃあないかな。前にふれていたユダヤ人虐殺もそうだろう。
しかし、一番の問題は米国のB29によるじゅうたん爆撃であり
広島、長崎の原子爆弾投下だよね。それに触れられることを
アメリカは危惧しているんだよ。だから、南京大虐殺をクローズアップさせて
かわしているんだ。事実無根とはいわないが、その規模と性質は十分把握して
おいたほうが、いいぞ。中国政府は笑っている。が、彼らも本質にある問題を
理解していない。

293 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 19:51:38
毛沢東は1938年1月週刊誌「群衆」で
「南京大虐殺は人類に対する犯罪」と述べている。

その内容は次の通りである。

「・・・9・18に敵軍がわが東北・華北ではたらいた残虐な行為は、
すでに世のともに知るところとなっている。
しかし、南京・上海沿線、とりわけ南京市の大虐殺は、人類有史以来
空前未嘗有の血なまぐさい残虐な獣行記録をつくることとなった。
これは中国の全民族に対する宣戦にとどまらず、全人類に対する宣戦
でもある。
敵の凶悪な残忍さは、人道と正義を血で洗い、全世界・全人類の憤怒
と憎悪をよびおこした。・・・」


294 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守:2005/08/30(火) 23:12:21
百人斬り(←セックスじゃないよ)競争も本当だったのかもね。
実際に二人の将校が百人だの数十人だのを殺すことが出来たとは
考えられないが、それを目指して(?)殺人競争をしたのかもしれん。

295 :【^▽^】酔鯨ジョーカー土佐守:2005/08/30(火) 23:20:33
南京はともかく、香港占領の際には日本兵よりかも
台湾人や朝鮮人の軍属が略奪・強姦・殺人をしまくったらしい。

296 :日本@名無史さん:2005/08/30(火) 23:27:23
ありもしない事を記事にする朝日新聞

朝日記者が虚偽の取材メモ 選挙記事に誤り、懲戒解雇

 朝日新聞社は29日、長野総局の西山卓記者(28)が作成した虚偽の取材メモに基づき、
誤った総選挙の記事を掲載したとして、西山記者を懲戒解雇、
監督責任を問い木村伊量東京本社編集局長と金本裕司長野総局長を減給・更迭とするなど
関係者を処分した。
 問題の取材メモは、亀井静香元自民党政調会長と田中康夫長野県知事が
総選挙の新党づくりをめぐり長野県内で会談したなどとする内容。
朝日新聞は同日、両氏側に社内調査結果を伝え、謝罪した。
30日付朝刊でも詳しい経過を掲載する。
 西山記者は社内調査に「書いたこと自体悔やまれる。
田中知事からこれぐらい聞けるんだというのを総局長に見せたかったのかもしれない。
あとから考えれば功名心だったかもしれない」と説明したという。
 朝日新聞によると、
亀井、田中両氏が8月中旬に会談したとの情報をつかんだ東京本社政治部が
詳しい取材を長野総局に依頼した。
 西山記者は20日、長野県内での田中氏の集会を取材。
その場で国政の話は出ず、直接取材もしなかったのに田中氏から「亀井氏と長野県で会談した」
と取材できたような虚偽のメモを政治部記者らにメールで送った。
 朝日新聞は21日付朝刊の記事「『第2新党』が浮上」で、2人が「長野県で会談」と報道。
22日付朝刊の記事「追跡 政界流動」では田中氏が亀井氏に
「郵便局を守れっていうだけでは選挙に負けますよ」と話したと報じたが、
このメモを基にしたため、会談場所や発言内容が誤っていた。
 両氏は13日に実際に会談していたが、
田中氏が23日の定例記者会見で「亀井氏と会ったのは東京都内」
「朝日新聞記者の確認取材は受けていない」と指摘し、虚偽メモの作成が発覚した。
 西山記者は2001年4月入社。静岡支局(現静岡総局)を経て昨年4月から長野総局勤務。
今年4月に県政担当になり、田中氏や県議会などを取材していた。


297 :日本@名無史さん:2005/08/31(水) 17:53:46
もし百人斬りができたら中国兵って雑魚だね。刀一振りの日本軍将校に小銃持ってんのに勝てないんだ。

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)