2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東北地方におけるキリスト教の伝播について

1 :山田孝:2005/06/23(木) 00:01:18
 東北には「〜戸」と付く地名が多いですが、
その元となったものにヘブライ語の「へ」を
とったという話をどこかで聞いたことがあります。
そのときに迫害されたキリスト教宣教師が東北を北へと
逃げていくときに「一戸」「二戸」と名前をつけたという
ような話だったと思います。
 東北における宣教師の話やキリスト教の伝播について
(書籍などの)情報お願いします。

2 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:29:41
アホな事書くな。
一戸二戸・・・・・・・九戸
1334年南部師行公が根城を築城し、所領である糠部(岩手北部〜青森南部)を九つの郡に分けた。それが後に市町村名になった例も有り。
キリシタンや宣教師には関係ない。

3 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 00:56:36
東北地方におけるキリスト教伝来は2000年程前です。
青森県三戸郡新郷村戸来(へらい)に、イエスキリストが逃げ延びて来ました。日本最古のキリスト教の布教したかもw
宣教師なんて胡散臭い輩より、本人が居たんだから真の教徒が居たと思うw
勿論キリストの墓も有るぞググって見れ!


4 :日本@名無史さん:2005/06/23(木) 13:06:34
戦中の混乱により消失した竹内文献という、神代文字で書かれた文書にすべてが記載されていた。
今残った部分をかき集めて再編集されたものには、モーゼの到来について述べた部分しか残っていない。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)