2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【A級戦犯】安倍晋三・東条の孫娘痛すぎる

1 :名無し:2005/07/05(火) 12:57:51

だいたい戦争犯罪人の孫がテレビ出るなよw
いくら庇っても無垢の民を戦争に駆り出した罪は消えない。


2 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 13:04:21
お門違いだよぉ おととい来やがれってんだ

3 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 13:17:01
A級戦犯が統合神社に分詞されるって話はどうなった

4 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 13:17:37
東郷神社ね

5 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 13:38:04
ってか、なんで東郷平八郎に押し付けるんだよ。
全然無関係じゃん。

勘弁しろよ。

6 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 13:43:09
東郷神社って小さい神社だよな

7 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 14:11:01
政府を突き上げて、日本を戦争に駆り立てたのは、
他ならぬ「無辜の民」です。

「無垢の民」って日本語は珍しいね。

8 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 14:35:52
あの婆さんにとっては、先祖を全面的に正当化することにより、
自己のアイデンティティを保っている訳だね。
まあ、そういう風に育てられてきたんだろうし、戦後教育の犠牲者の一人と言えよう。

9 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 14:39:41
憲兵に脅かされて言いなりだった無辜の民の方が悪いとは思えぬ

10 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 14:42:05
なんかやたらと「東条はいい人だ」って事を強調してたが、
そんなことはどうでもいいんだよな。
問題は首相としての業績な訳だから。

11 :東條幕府:2005/07/05(火) 14:47:49
孫にとっては良い祖父だったかもな
でも「良い祖父」を国民にアピールするのは間違い
彼によって理不尽な仕打ちにあった者も多い

12 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 17:46:51
>>10
首相としての業績がどうであれ、慰霊を行ってはならない理由はないし、
海部だの村山だの橋本だのなんて首相よりは有能であったことは間違いない。

13 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:03:27
>>12
慰霊したけりゃ東条一家で勝手にやってろ。
政治家の責任は結果責任であり、東条は数百万の国民を殺した総責任者。
連合国認定のA級戦犯だからではなく、国を破滅させた敗戦責任者として落とし前をつけさせるべき。
かかる人物を、戦死者でもないのに靖国神社に祭るなどもってのほか。
なお、東条が果たして海部〜等より有能であったか否かなど知らんが、
そのもたらした災禍は比較にならない。

14 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:15:53
>>13
それは日本国民が独自に判断することであって、
支那やチョンにとやかく言われる筋合いのものではない。

>そのもたらした災禍は比較にならない。
東條がいなければ、大東亜戦争は起きなかったのか?
大東亜戦争敗戦における東条英機の寄与率は何%くらいなんだ?


15 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:35:19

首相なんだから腹切ってでも止めるべき。
止められなかったんだから100%だ。

16 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:45:31
>>15
首相が腹を切ったら戦争は起こらなかったのか?

17 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:46:49
>>15
東條首相の寄与率が100%であるなら、
A級戦犯は東条英機一人でいいってこと?

18 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:47:50
>>15
国民の多くが対米開戦を望んでたのに、なぜ止める必要があるのでしょうか?

19 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:57:54
>>15
東條は、どの法律に抵触したの?

20 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 18:58:39
どうでもいいけど東条一人に責任負わせようとしているのはお前らだろ。
みっともねーな

21 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:33:33
じゃあ誰が責任を負えばいいの?

22 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:34:51
>>1も負けて劣って痛い

23 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:38:49
>>21
世界中全ての人間。

24 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:46:15
普通の組織ではなんらかのチョンボしでかした時は最高位にいる人間が責任とる
たとえ本人に直接の責任がなくても組織の代表者として責任とるのが普通
まして自国民だけでも300万を超える人間が死に戦災で家財産を失った者は数知れず
こうした惨状をもたらした結果責任を政府・官僚だけは免れるというのは異常な国

25 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:48:49
でも、あの婆さん少し変

26 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:49:19
東条は、気の毒だけど、責任免れんわな。

27 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:51:11
満州から撤退しろと要求されたんだから、もう世論を抑えられず、日米開戦しかなかった。
誰がやっても日米開戦しかない。

そもそも、明治時代にアジア進出をして、満州に権益をつくった薩長人が元凶。

満州の権益がなければ、日米戦はなかった。


真のA級戦犯は、薩長人。


薩長人は、各戦争慰霊碑の前で、毎年、各祈念日に土下座をして謝罪する必要がある。

28 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:51:55
>>24
当時の最高位にいた政治家たちのほとんどは、責任を取ったじゃないか?

普通の組織なら、自分の支持した方針を実行して失敗した上司に
石を投げるやつは少ないよ。
経営者は代表して責任を取るかもしれないが、その経営者を支持してきた
社員たちは決して罵声を浴びせたりしないよ。


29 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:53:54
>>24
>惨状をもたらした結果責任を政府・官僚だけは免れるというのは異常な国
惨状をもたらした責任が政府や官僚だけにあるとすることこそ異常。

30 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:57:46
だから!真の原因はどこにあろうとも、組織の責任者が責任とるのがあたり前
もし、それがされないのなら不祥事起こした会社の社長が、オレがやったわけでもなし
名前も顔も知らん下っ端のやったことに責任取れるか、と開き直るのといっしょ

31 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 19:58:34
多くの国民が望んでいたって?
情報統制して偽情報ばかり流して世論操作したんだろ?
ブッシュがイラク戦争の時にやったやり方と同じ。
イラク戦争はアメリカが絶対負けるはずが無い戦争だったが、負けたら奴も処刑だろう。アメリカ国民によって裁判を受けてな。
東条は勝てるはずの無い戦争に偽情報で勝てると言って国民を戦争に駆り立てた。
350万人が死んだのだ。
東条一人の責任では無いかもしれないが奴は無罪ではない。


32 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:02:53
>>30
責任者が代表して責任を取ったからといって、
それを支持して後押ししてきた人たちが、涼しい顔をして
責任を取った責任者を糾弾するのは恥ずかしい行為。
代表して罪を引き受けた責任者に対して憐憫の情を抱くのは
無理からぬこと。

33 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:06:43
涼しい顔をしてる??


34 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:07:21
多くの国民たって、国民のどの層を指しているのかで違ってくる
今だって、官僚は、巨額の財政赤字のもたらした原因は国民(地方自治体、土建業者が多い)
の要望に応えて財政支出した結果こうした結果になった、と屁理屈こねるのと同じ


35 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:07:44
>>31
反戦的なメディアをつるし上げたのも国民や他のメディア。
その結果として戦争翼賛体制になった。
反戦的な政治家の多くも朝日新聞をはじめとしたメディアや
国民につるし上げられた。
戦前の政府はかなり穏健で、なんとか戦争を回避しようと
柔軟外交を行っていたが、それを「弱腰」と非難したのは
国民やメディア。政治家に比べ平民出身者の比較的多い軍部が
力を持ったのも世論やメディアの後押しがあったればこそ。
国民は一方的被害者ではない。むしろ加害者。

36 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:09:13
>>34
国民の選挙で選ばれた政治家の決定ですよ?
民主主義は、民が主(あるじ)。
主が最終的な責任を取るのは当たり前。

37 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:10:04
東条のいた軍も当然加害者だね。
しかも東条は首相だね。

だめじゃん。

38 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:10:19
>>34
戦前でいえば、地方の貧しい国民ほど軍部を支持し、
政府の弱腰外交を非難していた。

39 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:11:20
国民が東條家に脅迫状まで送りつけて煽った戦争、それに負けたからといって
東條を悪役にしてに罵る者は人間として卑怯極まりない。
なにより東条英機はすでに、死刑に処せられている。
それでもまだ東條家を罵る者は、連合国の洗脳に気付かないバカ者だ。


40 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:13:35
>>36
東条やその他の政府指導者が国民の手で選ばれたというのは初耳身だが

41 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:13:41
>>37
東條も加害の一端を担っていることを否定しているわけではない。
その加害に荷担してきた多くの人たちが、手のひらを返したように
A級戦犯だけに戦争責任を背負わせて非難するのが間違っていると思うだけ。
俺は、じぶんが支持してきた政策を実施し、その政策が結果的に失敗だった
としても、その政治家を非難する気にはなれないよ。
むしろ哀れみたい。

42 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:16:02
>>40
「今だって」以降の文章に返したスレだ。
それに、当時の日本でも文官の弱腰外交を非難し、
軍部の主張に拍手を送った国民が多かったのだから、
そのことに目を瞑って、責任者だけを糾弾するのは
間違っている。


43 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:16:42
>>38
そう、国民は万事慎重な政府よりも軍部の行動力に期待した。
とくに地方住人にはある種の閉塞感があったのだろう。
知識人による言論や都市部の華やかさは、それほど豊かではない人達にとって
自分達の意見が反映されていない、もどかしさがあった様に思われる。
自称知識人がマスコミで机上の空論をもてあそぶ様は現代にも通じるものがある。
それを眺めながら鬱屈したエネルギーを蓄えていく様子も現代に似ているかもしれない。



44 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:17:04
>>36
では、民主制では国民が政治家の責任を問う機会は選挙でしかない、ということかな?
政治家がどんな愚行をしても、国民は文句も言えず、次の選挙まで耐え忍ぶしかないと。

選挙によらない政治家の愚行はどうだろう?

45 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:17:14
>>39
いまだって、首相にイラク派兵するなと脅かしかける国民だっている
それを国家指導者たる者、何処の誰とも知らぬ人間の脅かしに乗れっていいたいの?

46 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:18:24
>多くの国民が望んでいたって?

講和して、かろうじて勝った日露戦争は、
賠償金が取れずに、
国民が焼き討ち事件とか起こしたからな。

ハルノートなんか受け入れたら、
クーデター・暗殺・暴動が起きた。

47 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:18:30
>>41
>その加害に荷担してきた多くの人たちが、手のひらを返したように
>A級戦犯だけに戦争責任を背負わせて非難するのが間違っていると思うだけ。

じゃあ加担してない人はいいんだろ?
俺、加担してないんすけど。

48 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:25:09
ま、暗殺やクーデターを恐れて開戦した、というのも当時の指導者のホンネだろ
だが、こうした行動を起こすのは右翼、軍部、ウヨに煽られたdqn国民の一部
普通の真っ当な生活人はこうした愚行は行なわないのが一般的

49 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:25:26
>>44
>選挙によらない政治家の愚行はどうだろう?
政治家は選挙で選ばれています。

50 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:27:26
1945年8/15の無条件降伏の時ですら、
陸軍はクーデターを起こしたからな。(失敗して終戦となったけど。)

長州藩のつくった、アホ陸軍をおさえられるはずがない。

51 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:27:40
>>47
荷担してないだろうが、反対もしてないだろ?
あなたが戦前に生きていて、軍部の強硬路線に反対していた人であるなら、
A級戦犯を非難する資格があると思う。
それ以外の日本国民には資格はない。

52 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:28:13
>>49
東条って選挙で選ばれたの??

53 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:29:02
>>47
岡目八目や結果論で、他人を糾弾することこそ無責任の最たるもの。

54 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:29:44
>>51
生まれてないのに反対なんかできるわけないだろ。
あきれたな。

55 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:30:22
>>52
東條の話ではなく、現代の話。
東條については選挙ではなくても、国民の大部分は軍部の路線を支持していたのは事実。

56 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:31:26
現代でも選挙を経なくても大臣になれますが。

57 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:34:20
今の政府を見ていると、歯痒いだろう?
親中派議員とはなんだ?共産党に篭絡されただけじゃないのか?と。
金か女で吊られただけだろう、と。

それと同じ気分を当時の日本国民も味わっていたのだ。


58 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:34:35
当時の首相は政治家の手で選ばれることは絶対になかった。元老あるいは重臣が
選んだ首相候補に大命降下、国会は承認するだけ

59 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:34:57
>>54
なら歴史の評論程度にとどめておけ。
歴史の評論を現実の人物や、現実の事象に拡大して批判をするな。
徳川家康に対する批判や、源頼朝に対する評論はよいが、
それを日光の批判や、八幡宮の批判に展開するのは哀れ。

60 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:38:07
開戦はアメリカにはめられたので仕方がない面もあった。
東条以下政治家がアホだったという事だ。

しかし、少なくとも国民がそれほど多く死ぬ前に戦争を止める事は出来ただろう。
少なくともポツダム宣言がでた時にすぐ受け入れていれば原爆も落とされずに済んだ。
ソ連が参戦してくる前に受け入れていれば北方領土を取られずに済んだ。
千島列島は全て日本の物だ。

奴は終戦に反対し、特高警察を使って厭戦気分になっている国民を狙い打ちにして
徴兵令状をだして戦線に送った。
国民を洗脳して相互監視させ批判的人間を引っ張って拷問を加えた。

細かい指令は出していないかも知れないが軍のトップとして責任があり、無罪ではない。


61 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:39:27
>>59
言ってる意味がよく分からないけど、東条英機は徳川家康や源頼朝と同じくすでに過去の人ですよ。


62 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:39:36
>>58
そう。当時の総理大臣は国民選出の政治家が選んだわけじゃない。
だから文民政治家は国民から乖離していた。
一般国民が政治に関わる最も一般的なルートは、軍人になること。
だから、国民の意見は文民政府より、軍部に強く働き、
その結果として軍部の力を突出させる原因になった。
選挙で選ばれた衆議院議員の多くも、政府の弱腰を非難する
急先鋒だったから、選挙で選ばれた政治家が総理大臣を
選んでいたらもっと早くに対米開戦に踏み切っていたかもしれない。

63 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:40:36
>>59
だから東条批判してもいいんだろう?
別に靖国は批判しとらんよ。
何でそっちに話が飛んだのかよー分からんが。

64 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:43:39
>>63
娘の批判や靖国批判に展開しないならどうぞ。


65 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:44:16
歴史上に悪者なんていないさ。
最近は歴史学者でもその辺のところが分ってない。



66 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:45:53
>>64
ありがとう。

67 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:48:25
>>65
歴史学者ですら分かってないのに、一介の2ちゃんねらーの君は分かってのか
えらいな

68 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:50:55
天皇の股肱の臣を自認する軍人が明治天皇の下し賜うた、軍人は政治に関与するなかれ
という勅諭の精神を忘れ果てたような行動が解せぬ。天皇を敬っていたというのはタテマエ?

69 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:50:59
>>67
2ちゃんねらーって職業や身分があると思ってるの?



70 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:51:01
源頼朝を軍国主義者としつ非難するのは滑稽。

71 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:51:48
>>64
安心しろ。東条の罪を娘にまで着せようとは誰も思わんだろう。
ただし、娘が愚行に走れば叩かれる可能性は十分あるがな。

72 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:54:33
>>69
あれ??なかったっけ??おかしいな。

73 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:55:32
育った家庭内では祖母と母親だけでおまけに行かず後家
あの婆さんがなんか変なのは、そこいらへんに原因があるのだろう

74 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 20:55:45
東条一人でどーこーできる国内外の状況じゃないさ。
東条、東条ってののしる奴は単にプロパガンダに毒されているだけ。

75 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:00:01
この中に、俺が東篠に代わって総理になっていたら、
日本をもっといい方向に導け、今の日本よりマシな国にできた!
と思うヤツはいるか?

76 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:02:12
他人に死ね死ね、と言いつつ、自分は未練たらしくMPが逮捕にくるまで
ノウノウと生き恥さらしてたんだから叩かれてもやむをえぬだろな


77 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:02:37
きっと>>75なら我々を薔薇色の時代へと導いてくれたであろう。

78 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:06:44
>>76
それは歴史的評価とは全く関係ない。
俺としては自決の仕方も気に食わないが、んなことはどーでもいい。

79 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:08:25
>>76
叩いているヤツは少ないけどね。

80 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:19:56
現代では死刑になるほどでなくとも、エイズにかかるかもしれない血液製剤を売った緑十字の社長は有罪で懲役だからな。

安部を無罪判決したトンデモ裁判官でもなければ東条を無罪にはしない。


81 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:37:18
>>80
どういう法律に違反した罪?

82 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 21:58:33
国益損滅罪

83 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:21:32
自決に失敗してなければA級犯罪人になっていない。
自決していれば近衛文麿のように悲劇の宰相と言って貰えたかも。
戦勝国が見せしめに殺すのは当たり前。だれを殺すか、生かすかは
戦勝国が決めること。

84 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:27:51
近衛が悲劇の宰相というのは、初めて聞いた。
そんな風に呼んでくれるアマちゃんがいるんだ。

85 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:32:55
親父はともかく、息子のほうはかわいそうだな。

86 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:34:30
日中戦争に目をつぶって、講和を急がせた点だけ見れば、
悲劇かもね

87 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:34:33
ともかくお婆さん、テレビに出ていいが、分祀に賛成してくれ!
                      じゅんいちろう

88 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:36:51
分祀には断固反対!

89 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:42:24
分祀すれば、天皇も靖国へいける。
昭和天皇はA級合祀に批判的だった。
東郷神社にでも引き受けてもらえ。
乃木神社かw?

90 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 22:45:19
いっそ昭和神宮造って、ネロヒトと一緒に押し込めてしまうのはどうよ?

91 :日本@名無史さん:2005/07/05(火) 23:46:11
分祀したって靖国から東条の霊が居なくなるわけではない。
分祀した先に新たにコピーが出来るだけ。

大体名誉は回復してるし、本人も刑を全うしてるのに叩きすぎ。

92 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 00:22:43
現代の認識でやると後々揉めるだろうに。。。変に分詞なんぞすると100年先にどうなるやら・・・。

93 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 10:15:55
大体、1978年だっけかに合祀した訳だから、分祀もできる筈。

94 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 10:23:42
>>93
混ぜるのは簡単でも、一端混ぜたものを分離するのは簡単ではない。
それが物理学の常識。

95 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:13:40

ぶん‐し【分×祀・分×祠】
[名](スル)本社と同じ祭神を、別に神社を設けてまつること。また、その神社。

概念自体が存在しないし靖国神社事態だって否定してる。。。政治的に東郷神社に分祀しても魂は靖国と東郷神社にあると言うわけで
。。。




96 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:19:06
東条の孫娘が痛いってのは同意。
連合軍の裁判じゃなく国内で裁判してても東条は有罪だったと思う。
なのになんで被害者面ででしゃばってんだあの女は。

97 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:25:22
>>96
>国内で裁判してても東条は有罪だったと思う。
あなたが思ってるだけ。w

例え東京裁判が国内の裁判で、判決が有罪だったとしても、
すでに刑を終えているから罪人ではない。

98 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:30:34
>>95
そうだね。
「分祀」ってのは、一部分を分離することじゃないもんね。
Windowsでいえば、ショートカットを作るようなものだから、
分祀した先も本社全体にリンクされている。
「A級戦犯の分祀」なんて言葉自体がヘンだね。


99 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:31:03
法律的にはそうでも道義的には罪人でOK

100 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:32:19
>>95
合祀はホイホイやっておいて良く言うよw

101 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:47:35
>>99
道義は政府が決めることではなく、個人がそれぞれに決めること。


102 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:50:22
>>99
道義的にも無罪だな。
てか、道義的には無罪どころか日本国家のために殉じた英霊として称えたい。


103 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 11:56:05
>>96
真面目な話、なんの罪で裁くんだ?

104 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:22:40
>>102
日本人を多数死に至らしめ、日本をアメリカの奴隷国家にしたのにか?

105 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:30:48
>>104
日本兵を殺した実行犯は連合国軍の兵で、首謀者はルーズベルト、トルーマン、
チャーチル、スターリン、蒋介石。
東條は一人も殺してないよ。
日本を占領したのもアメリカ。東條がアメリカに占領を指示したわけじゃないよ。


106 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:42:27
東條の宰相としての評価が低いのは、人格そのものに問題があったからだろ?

107 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:44:56
戦争を止められなかった等の政治的手腕の無さは、よく取り沙汰されるけど
人格そのもののに問題アリとする評価は訊いた事がないな

108 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:49:26
ま、人間魚雷や沖縄戦で無くなった人達からすれば、人格が良ければ
何とかアクションを起こし得ただろうに、と思われるかも知れんが

109 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:58:51
>>105
>日本兵を殺した実行犯は連合国軍の兵で、首謀者はルーズベルト、トルーマン、
チャーチル、スターリン、蒋介石。

お前は無知杉。
沖縄で住民に銃を突きつけ、自殺を強要したのは誰だ?

満州でソ連が侵攻して来た際、軍は真っ先に逃げ出し、取り残された
日本人に手榴弾や青酸カリを渡して死ね、と言ったのは誰だ?

みんな東条英機率いる陸軍じゃないか 。

それでも無罪か?
軍のトップとして部下のやった事に責任は無いと言うのか?


110 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:59:16
>>108
それは東條失脚後の話だろ。

111 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:59:27
>>106
懲罰召集や憲兵政治など
人物に対する批判も多いが

112 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 12:59:57
>>108
人格がよければ、具体的にどういうアクションを起こしたの?

113 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:04:00
>>107
ホントかどうかはともかく、民家のゴミ箱をチェックしたって話とかで
せせこましい、器の小さな人間だったとは言われていると思うが。

114 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:04:56
>>109
東條が沖縄戦で沖縄の人を射殺したという話も聞いたこともないし、
そういう指示や命令を出したという話も聞いたこともないし、
そもそも、沖縄戦の時に首相だったとというのも聞いたことがないし、
ソ連が満州に侵攻したときに首相だったという話も俺は知らないよ。

115 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:10:36
>>109
沖縄で自殺を強要された人は何人くらいいたの?
現在でも自衛隊員が時々人身に関わる不祥事を起こしてるけど、
その都度首相や防衛庁長官や統幕議長などは処刑されるべきなの?

116 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:12:25
政治能力については言うまでもないが、
そもそも東条は将たる者の器ではない。
人がいないとあんな奴が出てくる。

117 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:12:27
総合すると、

・懲罰召集
・憲兵政治
・民家のゴミ箱をチェックしたって話とかでせせこましい、器の小さな人間

だという事は間違いないらしいな

118 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:12:59
>>109
古今東西の英雄、豪傑と伝えられる武将や王侯、政治家で
部下が不祥事を起こさなかった人がいたら教えていただければありがたい。

119 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:15:15
>>116
あの当時、他に総理大臣に就いてくれる人が、日本にいなかったんだから仕方ない。
他に選択肢がなかった行為について罪は問えない。

120 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:16:15
>>109
最近、自決を強要したのは陸軍では無かったという調査結果が出て、
天皇の戦争責任を問う団体もそれを認める形で「当時、集団内で出た意見と
軍令の区別を付けられる状況じゃなかったのだから、ほとんどの者は自決を
軍令(天皇の命令)と考えて死んだはずだ」っていう反論をしたと思ったが。

それと上にも書いたが、終戦時には東條は失脚しているぞ。

集団自決に繋がった大元は東條の軍人勅諭だというのは確かだが、それは
教育勅語が軍国主義に繋がったって言ってるのと同レベルの飛躍だと思う。

121 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:24:58
>>109
無知なのはおまえ。w
東条英機は1944/07/18に首相辞職と同時に、
軍務も退いて予備役になっている。
沖縄戦や満州での関東軍の撤退劇などに
関わっているはずもない。

122 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:32:28
東條が日本を戦争に引きずり込んだというのは間違いだが、東條のせいでより多くの日本人の血が流れたという点での罪は重い。
さらに付け加えるなら、東條のような官僚的で狭量な人物を総理に選んだ人たちの罪はさらに重いだろう。
近年、東條に同情的な発言をする人がしばしばいるが、同じ日本人として恥ずべき行為だろう。


123 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:37:40
>>122
>東條のせいでより多くの日本人の血が流れたという点での罪は重い
どの局面でどういう判断をしていれば、より被害が少なかったのかを
述べてください。

>東條のような官僚的で狭量な人物を総理に選んだ人たちの罪はさらに重いだろう。
具体的に東條ではなく、誰が首相になればよかったのかも述べてください。


124 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:39:02
安倍家ってA級戦犯なの?

125 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:44:23
>>124
安倍家じゃなくて、安倍晋三の父親である故安倍晋太郎の嫁、つまり安倍晋三の母親が
A級戦犯であった岸信介元首相の娘だった。

126 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:44:40
>>124
母方の祖父が岸伸介。

127 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:45:08
>>123
首相になった段階で陛下では無く、自分の首を差し出して無条件降伏すれば
沖縄も広島も長崎もソ連参戦も神風、回天も無かった。

128 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:45:55

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/khronika/1945/1945_05.html
http://www.ne.jp/asahi/rekisi-neko/index/aguni-21.html
沖縄が永らく反日・半自衛隊的だった理由はここにある。


129 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:49:07
>>127
なかったことを証明してください。

130 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:50:14
>>128
沖縄が反日だとしたら、なぜ本土復帰を望んだの?

131 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:51:19
>>127
どこに対して無条件降伏するの?

132 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:52:49
失敗の本質→東北人

成功の秘訣→長州人


133 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:53:22
>>127
おいおい もうーちょっと勉強しようなw
ハルノート前面受諾くらいはいってほしいもんだ
無条件降伏て・・・

134 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:53:27
降伏してアメリカに侵略されたのなら兎も角、
ずるずる先延ばしに自軍を消費していくのに委せたのだから論外でしょう。

一緒くたにするのは、英霊に失礼。消極的な牟田口。能力がないなら自分から
退任するべきでした。

135 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:55:48
>>131
連合国。加えて自発的に東南アジア、太平洋の島々、中国、朝鮮から完全撤兵。

136 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 13:59:05
>>135
東條が首相になったとき日本は仏印までしかいってないんだが・・・

137 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:01:45
>>134
降伏の方がよかったというのは、たまたまそう転んだという結果論
情勢によっては、日本はソ連中国アメリカに分断統治、独立はなかった
可能性もあった

138 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:03:38
>>134
あの消費があったからこそ、米軍による占領統治が穏やかなものになったんだよ。
今のイラクのような国家指導部の全面破棄ではなく、天皇陛下を柱とする国体が護持できたのも、
米軍が日本軍、および日本人を恐れたからこそ。
既存権威が消滅してしまった後の国家再建の難しさは、今のイラクやアフガンを見れば
わかるだろ。

139 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:09:55
>>137
なるほど。東條の判断が間違っていたという確証が無いから、日本人らしい
死生観に基づいて、合祀のままでも良しって事ね。それなら分からないでもない。

>>138
こちらもなるほど、そうかも。東條がそんな感じで心底泣いていたなら良いんだけど、
日記とかつけてないだろなぁ・・・

140 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:11:04
ソ連が参戦してきたのは8月13日。

もっと早く降伏していればソ連が参戦する間もなく、火事場泥棒のように千島列島取られる事もなかった。


141 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:14:06
結論から言うと


子孫に罪はありません
責任を問うって言ってる奴は朝鮮や中国と同等だ

142 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:16:20
>>140
そう簡単でもない。
米軍の主力が十分に日本の近くにいたから、降伏後速やかに米軍が日本を占領できた。
例えば米軍がフィリピンに達していないような時期の降伏であれば、日本軍の残存兵力を
警戒して、簡単には日本本土に乗り込めない。
そういう空白時期が発生すると、それこそ地の利のあるソ連に蹂躙される危険性があった。


143 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:19:12
>>139
日米開戦の話か?東條の決断で戦争が始ったわけではないし
日米開戦できたかどうかという話なら第二次三次近衛内閣時代になると思うのだが

144 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:19:26
>>140
いや、日本軍に戦闘続行能力が残っている段階で降伏したのでは、
米軍は日本占領に手間取る可能性がある。
ヘタをすると内戦の危険性や、ソ連が侵攻してくる可能性もあったんだよ。
そういう意味ではかなり絶妙のタイミングと言えなくもない。

145 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:20:28
141が今いいこと言った

146 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:29:18
>>140
千島のソ連占領は、ヤルタ会談で密約ができていたので、
次期時期には関係ないよ。

147 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:29:55
訂正

>>140
千島のソ連占領は、ヤルタ会談で密約ができていたので、
降伏時期には関係ないよ。


148 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:32:14
戦没せずに敵国に絞首刑となった恥ずかしい人物を
英霊の住まう場所に一緒にするな!!
罪なしと明言したくせに
おとなしく絞首におうじたくせに
能無しが士官学校の成績だけで陸軍大将となり
無名の兵卒後ろだてのおかげで首相までつとめて
己の功名心だけて、一億総火達磨にした責任は重いのだ
大陸の宦官みたいな卑しいやつ、その子孫なら
普通それを恥とは思わないのか?
しかも、実権のある立場であるにかかわらず
上司の責任を言い連ねる(上司とはお上のことです)
その矮小さ、ペテン師まがいの人相で歴史に映像を残してるし
はっきりいってこの人物は思い出すのも嫌だ
TVをみてむかつくこと甚だしいわ


149 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:34:33
ともかく靖国から出て行ってくれ、迷惑だ

150 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:35:01
>>148
つりだとは思うが、一応聞いておく。
>上司の責任を言い連ねる(上司とはお上のことです)
東条英機が陛下の責任について、どう言及したのでしょうか?


151 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:35:40
>>149
鮮人に迷惑をかけたことなどない。

152 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:49:06
陛下の意に反するなど臣下としてとんでもない、と裁判で証言して、
ある筋の圧力を受けて裁判で訂正した。

153 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:50:27
>>152
それのどこが、「上司の責任を言い連ねる」にあたるの?

154 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:50:29
>>151
アホ、日本として迷惑なんだよ。
おかげで天皇も参拝できなくなってしまった。

155 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:52:03
>>153
開戦責任、作戦責任が天皇になるところだった

156 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:53:52
>>154
天皇が参拝しないのは、政府が助言を行わないから。
迷惑なのは外務省。

157 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:57:44
>>15
実際、陛下の意に反してなかったわけで
陛下に責任が及ぶと指摘されて、後日訂正したってことだけど
何か問題が?

158 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 14:58:30
↑ >>155

159 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:03:10
>>155
天皇は開戦に断固反対してたのか?

160 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:09:48
>>159
東京裁判の話だから、東條が罪を逃れれば
アメリカは体裁のために天皇を断罪するほかなくなる

161 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:11:25
>>160
アメリカの描いた戦後処理のストーリーを理解していなかった罪か?

162 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:13:16
>>161
そんなとこかなw

163 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:22:33
取り合えず出て行ってくれ。

漏れも靖国おまいりしてみたいと思うが、奴がいると思うと御参りする気になれん。
天皇陛下も同じだろ。

164 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:24:19
>>163
出て行くのはおまえの方だ。
天皇が参拝しないのは、政府が阻止しているから。

165 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:24:33
>>159
してたよ
東條も天皇の意に添って、開戦を止めようと粘ってた

166 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:25:38
>>163
お前と同じなわけねーだろ

167 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:30:52
東条英機は、昭和天皇から信任が非常に厚かった臣下であり、
内閣失脚後、昭和天皇からそれまで前例のない感謝の言葉(勅語)を送られた。
そして東京裁判時には親しい関係者に「戦犯の指定を受けたとは言え、
国に忠義を尽くした国民の一人である。被告人として立たせるのは忍びない」と
言い悲しんでいた。


168 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:33:43
じゃあ、一体誰が開戦させたのか?

169 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:35:17
>>168
アメリカだろ

170 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:36:43
>>168
アメリカ。
さもなければ、民意、あるいはマスコミの突き上げ、
あるいは下士官の突き上げ。

171 :大陸の行動が原因:2005/07/06(水) 15:37:10
中国での行動で他列強との軋轢(列強間における保全条約違反)

南部仏印に進駐
オランダ領等を狙った前線基地を作ろうとした
結局アメリカという虎の尾を踏んでしまう

禁輸処置を取られ、資源のない日本は窮鼠猫を噛む決意

米艦隊奇襲→南方資源地帯を占領→短期間で講和条約
という都合の良い戦略

当時の指導者層にはアメリカに勝てるという者は居ず
同盟国であるナチスドイツの善戦に期待


172 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 15:59:14
ブッシュが参拝するって言ったのにどっかからストップがかかったっつうハナシもあったらしいね。
あと、各国の外交官が靖国に参拝しようとするのを、外務省がスケジュールをいじって妨害したというのも。
靖国に記帳している外交官達は全て妨害を振り切ってのことなんだろ。
一体どういうつもりなんだ?政府は。

173 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:01:50
>>171
同意
具体的に言えば 北支工作と支那事変後の蒋介石との会談で
近衛がうまくやれなかったことだな

174 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:06:59
天皇陛下は東条に騙されたのだ。
それで決着。
いまさら東条を無罪にして天皇を断罪するのか?

175 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:07:17
>>172
日本の外務省には中国の工作員(チャイナスクール)がいるから。
連中は中国共産党の命を受けて堂々と行動しているのにクビにならない。

今の小泉政権がやっている外交はもどかしい部分が多いが、外務省の
状況を考えれば、よくやっていると思うよ。後ろから撃たれながら戦ってる。

176 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:10:26
ハマコーみたいな何かと言うと「アンポアンポ」いう奴は嫌いだったが、
「中国から許可得てないでしょ?」「面子より日中友好」とかいう連中
より数段マシのような気がしてきた今日この頃。

177 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:16:32
>>176
戦後、金ばらまくだけで、まともな外交をやってこなかった
日本にとって日米安保だけが頼みの綱なんだよ
大陸は敵ばかり、
おまえけに、以前は海軍力が弱かった中国が
強大な潜水艦艦隊をつくっていることがわかった
安保 安保 しかないのよ
ハマコーは不条理なこともいうが、ある意味合理的なことを言ってる

178 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:17:18
>>174
その決着に異論はないが、それは飽くまでもA級戦犯の人々を生贄にして、
国家(日本、および日本を統治する米国)としての実利を取ったものであり、
東条英機をはじめとするA級戦犯をことさらに貶める必要はない。
少なくとも、国内において悪者扱いする必要は皆無。

179 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:20:43
自決しきれなかったというのが、晩節を汚しているな
手榴弾でド頭吹き飛ばせば確実だったのにね
やっぱ合祀は無理だな

遺族に投票して貰えば良いんじゃないか

180 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:22:41
百年前の外務省は世界のミリタリーバランスを読み切って、大国相手にも互角の外交を展開
していた。せっかく経済大国になったというのにこれでは小村閣下に申し訳が立たない。
東アジア共同体?バカか。アメリカまで刺激してどうする。


181 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:26:39
>>179
自決に失敗したが、東京裁判で日本の正当性、米国の不当性を
訴えるため戦った
結果として、東京裁判の実態を世界の識者に知らしめることができた

182 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:46:53
週間ポストに、「A級戦犯は東郷神社に合祀する案が急浮上」とか書かれてるらしいじゃん。
つーか、いわゆる78年に加えられた「昭和受難者」は全部そこで良いんじゃないかと。もともと
処刑された人たちや拘留中に死んだ人たちで、「戦没者」じゃないんだから。
これなら、右翼の人も納得できる案では?

183 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:49:41
>>180
変な倫理感からか敵と見方の区別がついていないのが問題だな
外交とは一種の戦いなのに

184 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:50:19
そもそも国難に殉じたのではなく国難を作り出した連中を祀るなどもってのほか

185 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:53:37
>>13
国を破滅させたのか?
現在、日本は世界第二位の経済大国で戦前より遥に先進国だが?
第二次世界大戦によって植民地体制は崩壊して、実力で勝負できる世界になって、
敗戦国であったはずのドイツと日本は世界第二位と第三位の経済大国になった。
一方、東南アジアなどの植民地から追い出されたイギリスやオランダなどは没落した。
戦闘には負けたが、50年の長いスパンでは、大局的には勝利したともいえるのではないか?

186 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:54:05
>>182
東郷神社に押し付けんなよ!これぞ謀略以外の何者でもない。
こうしてじわじわと日露戦争=侵略戦争みたいな縮図が出てくると思わんのか?


187 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 16:54:44
>>181
なるほどなぁ・・

188 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 17:24:56
日本の最高の戦犯は石原かんじ(名前が変換出来ない)なんだけどね。
東条を戦犯のナンバーワンにするのは左翼の俺でも気の毒な気がするな。

石原は八つ裂きにしてもいいくらいの本物の大悪党だったんだが。奴を
戦犯ナンバーワンとして処刑してれば、極東国際軍事裁判の正当性も
ここまで云々される事は無かったろうな。諸悪の根元は柳条湖自作自演事件だからね。

189 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 17:26:09
日本が真珠湾攻撃しなければナチスドイツがイギリスを攻略していただろう。
戦線拡大はイギリスがナチスに占領されてからで好かった。
それを馬鹿があせってアメリカに介入のきっかけを与えて、結果、ドイツも日本も負けたのだ。

190 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 17:33:53
>>189
真珠湾攻撃の時点では、ナチスにドーバ海峡を超える力は残ってなかったよ。

191 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 17:58:39
>>188
「五族協和」なんて聞くとあなたは心臓マヒなんか起こしちゃうわけですね?


192 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 18:10:24
>>191
てゆーか、そんなインチキスローガン出して恥ずかしくねーのか???www

193 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 18:14:45
>>192
インチキじゃないし。

194 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:05:29

チョンとかチャンコロって言って馬鹿にして差別しておいて「五族協和」も無いもんだ。
笑わせるな。

195 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:08:40
「五族協和」は満州国内ではうまくいっていたけどね

196 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:16:54
俺の親父世代は朝鮮人をバカにしてるけどね。長嶋と同い年なんだけど。
近くに朝鮮人の小さい部落が有って、戦時中は無論、戦後も虐めたって
逝ってたよ。ちなみに、戦時中は何されてもおとなしくへつらってたが、
戦後は「何で朝鮮人だからって虐めるんだ!朝鮮人だって同じ人間だぞ!!!」
って逆らってきたと逝っていた。しかし、日本語のイントネーションがおかしいので
それを面白がって尚更虐めたって逝ってたよw 戦前戦中の一般的な日本人の
朝鮮人・中国人に対する認識ってのはそんなモンだ。ましてや日本人だけが一等市民
で、残りは奴隷同然の扱いだった満州なんて推して知るべしだな。戦前・戦中は
「大陸帰りは気が荒れる」と言われてたそうだよ。満州じゃ朝鮮人・中国人をこき使い放題
なんだから、そりゃそういう相手が殆どいない日本に一時帰国してる時は、当時の普通の日本人からも
異常に見えた事だろうなw

197 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 19:33:56
そもそも、先の大戦までの教訓を全く理解せずに
アメリカと戦うのはアホとしか言えない
アメリカ屈服させるのは東海岸まで進駐する必要がある
そこまで兵站が維持できる単独の国なぞないわ
そもそもシベリア出兵ですら失敗してるのに船も飛行機も車両も
多数必要な大作戦が実行できるわけなかろう
世界大戦に仲裁者などという都合の良い国はないのだ
幕末の滅亡から成長したら欧米と戦ってまた滅亡
もう官僚体質で何度も痛い目にあってるのに
惨めな敗残をもたらした国賊をなにゆえまつらねばならんのだ

198 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 20:05:31
> 俺の親父世代は朝鮮人をバカにしてるけどね。長嶋と同い年なんだけど。
> 近くに朝鮮人の小さい部落が有って、戦時中は無論、戦後も虐めたって
> 逝ってたよ。ちなみに、戦時中は何されてもおとなしくへつらってたが、
> 戦後は「何で朝鮮人だからって虐めるんだ!朝鮮人だって同じ人間だぞ!!!」
> って逆らってきたと逝っていた。しかし、日本語のイントネーションがおかしいので
> それを面白がって尚更虐めたって逝ってたよw 戦前戦中の一般的な日本人の
朝鮮人・中国人に対する認識ってのはそんなモンだ。

これ、今の「いじめ」と何にも変わらんよな。言ってることもやってることも。
じゃあ、今の日本の学校に居る人間はみんな「いじめ」をやっているっていうのか?
今の「一般的」な学生の「いじめ」に対する認識なんてそんなモンだっていうのか?

そういう人間が多数居たのは事実だろうが、あんたの親は恥ずかしい人間の部類だよ。
時代を問わずな。

199 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 20:11:50
>ましてや日本人だけが一等市民
>で、残りは奴隷同然の扱いだった満州なんて推して知るべしだな。
んなこたーない
そんな場所に人が集まってこないだろ
匪賊が山賊まがいの圧政やってた場所だから、強盗泥棒は日常茶飯事という危険な場所で
一等も二等もなくみんな開拓民よ
「大陸帰りは気が荒れる」はそのため
満州国成立後に日本人としての既得権益はあったみたい
これも後に排除された
朝鮮や台湾でもそうだが、差別意識は内地の方が遥かにひどかったらしい

200 :199:2005/07/06(水) 20:14:24
アンカー忘れてた
>>196

201 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 20:37:03
漏れのじいちゃんが支那戦線からなんとか帰ってきたら、大阪駅前の先祖代々の土地
に朝鮮人どものいわゆる「事件師」がバラックを建てて居座ってやがる。
「住んでる」っていう既成事実を盾に(ん?どっかで聞いた話だ)いっこうにどこう
としない。「あの時ほど腹が立ったことは無かった」じいちゃんはあらゆるコネをフル活用し
若者を百人ほど集め、がたがた言う朝鮮人どもを叩きだし、その足で警察に出頭。
刑法改正にまでハナシは大きくなり、やっと賠償金を手にして建てたのが今の大阪駅前某ビルよ。
>>196よ。火の無い所に煙は立たない。アンタの親みたくなんの根拠も無しに朝鮮人を憎んでた
奴ばかりじゃないんだよ。

202 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 21:00:56
阿南陸相の子孫が中国駐在大使だったことにオドロキ
なんつーか懐が深いな中国。絶対朝鮮には赴任できんだろ

203 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 21:14:45
こんなデータがあるよ。
1940年版の満州労働年鑑によると、
日本人経営の企業おける賃金はこんなもんだったらしい。

日本人工場労働者 3.78円
朝鮮人      1.52円(日本人の40.2パーセント)
中国人      1.09円(日本人の28.8パーセント)


204 :日本@名無史さん:2005/07/06(水) 22:05:40
>>203
満州全体の平均では、(管理職は除外した場合)
朝鮮人が日本人の七割、中国人が五割ってとこ。
ただし熟年労働者が多く、比較的年齢が高い日本人と、
出稼ぎなど短期労働者が多い、中国人ではそのくらいの差は当然かと思われ。
それに当時の日本人は働きものだしね。

さらに、満州といっても広く、物価の差が大きいから、一概には比べられない。
今の日本さえ、東京と九州では物価が三割、4割は余裕で違うが、
当時の満州は、今の中国ほどではないにしてもかなり激しく、
都市部と農村部では10倍もあったそうな。

205 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 05:12:40
東条がマッカーサーの考え(天皇利用に関する)を変えたなんて妄想も甚だしいよ!
ウヨのプロパガンダに易々と騙される低脳が多すぎ

こういう事本気で信じてる香具師って、やっぱり
2ちゃんねるの書き込み読む→ネット上のウヨサイト読む→ネトウヨ一匹出来上がり
ってなルートが多いんだろうな
ネット上のウヨサイトなんて、学会では電波として全く相手にされてないような
馬鹿学者の説(南京虐殺を否定してる東中野が代表例)を受け売りしてるだけのところがほとんどなのに

206 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 07:58:01
安倍親子の名前「晋」は高杉晋作の晋をもらったもの

207 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 08:12:01

そのころ高杉晋作はとっくに氏んでいた。
という事は、高杉晋作の許可を得ていない。
つまり、安倍親子は高杉晋作から名前を朴った。

208 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 08:23:11
>>205
残念ながら、学会の意見が必ずしも正しいわけじゃない。
特に歴史学系の研究は、再現性が無いのに実証主義の真似事を
しようとしているから制約が多くて、「過去の事実を探る」という本来の
目的に迫っているかというと、とてもじゃないが言えないよ。
少なくとも自然科学をやっている連中からすれば失笑するレベルだよ。
(自然科学にも制約というか学会ルールは山のようにあるけどね)

それを「学会が相手にしていない」なんていう理由で自説の強調になると
思っているとは…世間知らずもいいところだね。

209 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 08:24:47
>>208はデータねつ造野郎

210 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 08:59:49
>>208
学会というのは、大作先生の学会のことでしょう。

211 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 13:09:50
>>185
>イギリスやオランダなどは没落した

ロンドンもアムスも行ったことないだろ?
本当に没落してるかどうか、自分の目で確かめてみたら。

212 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 13:14:28
1人当たりの援助額はオランダが確か世界1位

213 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:19:07
>>211
両方とも行ったことがあるけど、確かに没落してるね。
かつての世界帝国の首都であった賑わいはないよ。



214 :強者、権力者には絶対服従であり、:2005/07/07(木) 18:30:02

日本皇軍兵士も子供の頃は他の国の子供たちと同様、天真爛漫であった。
しかしいったん小学校に入って『教育勅語』による教科書を習いはじめてから、
彼らの中に軍国主義思想がはびこるようになった。

支那派遣軍の情報係下士官のひとりは、次のように証言している。
「当時の私達には、根強い日本民族の優越感があり、他民族蔑視感がありました。
そして、
殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり、又、
天皇崇拝の絶対主義によって強者、権力者には絶対服従であり、
弱者、非権力者を絶対服従させる非人道的な思想があったからこそ、
侵略戦争を正義と考え、
平気で鬼畜の行為をやってのけたのです。」
洞富雄:決定版『南京大虐殺』(現代史出版会、1982)上P188
http://esashib.hp.infoseek.co.jp/fukasaku05.htm


215 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:42:15
>>214
そのれはその下士官特有の感情だろ。
単にその下士官が差別主義者だったってこと。

216 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:50:52
上司、管理監督者に絶対服従ていうのは今だって古い体質の大企業には結構ある
役所なんか、もっとひどいだろ

217 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 18:56:09
>>216
絶対服従ってのは、大学の体育会みたいに、
先輩には「はい」以外の返事をしちゃいけないみたいなやつ?
役所なんて労組が強いから、上司の命令なんて完璧に無視して
仕事しても平気ってところが多いよ。
絶対服従なんて笑える。

218 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:06:31
警察とか自衛隊と一般の官庁、自治体は別に考えないとな。

219 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 19:08:51
昔、漏れの家の小作やってた爺さんが満州で、馬賊n十人殺した。女n百人やったと自慢してたが。
そいつの息子自衛隊に入った。
今は退役したろうが期待はずれだったんじゃないかな。

220 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:23:09
>>217
あなた民間大企業の労組知らないのでしょう。今の労組なんて経営者のポチ


221 :日本@名無史さん:2005/07/07(木) 20:30:58
>>220
誰も民間企業の労組のことなんか書いてないよ。
とはいえ、絶対服従なんてありえない。

222 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 01:56:12
安倍ちゃんは昭和の妖怪の孫だしな。

223 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 12:29:31
>>214
つか、
> 殺人を英雄的行為とみなす残忍な武士道精神があり
って言っている段階で無知が服着て歩いているって独白してる。

恥を感じない人間は自己保身のために嘘をつくことを躊躇わないから、
そんな人間の語った証言なんて何の価値もない。常識だろ。

224 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 15:13:46
結婚式に荻野目ちゃん
つぎは、中山忍を頼むとか
アイドルだ〜いすき

225 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 16:52:03
なんであんなヤシ人気があるのか解らん。
北朝鮮に経済制裁すべし、と息巻きながら消極てきな小泉を支持している。

典型的二枚舌野郎。

226 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 20:16:56
安部しんぞう、あたまわるそう。

227 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 20:41:36
東大生の平沢が家庭教師についてて
成蹊大学に行ったくらいだから頭良くないんじゃないの。
裏口で慶応早稲田行くよりはマシだろうが。

228 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 20:41:40
安倍晋三最高!

229 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 22:34:02
安倍ちゃんのアホさは地元では超有名だよ。

230 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 22:42:04
人間味のある馬鹿は冷たい秀才よりも人々から愛される。
ブッシュはこの戦術でゴアに勝った。
ひょっとしたら安倍=馬鹿伝説は、これを踏まえたイメージ戦略かもしれない。

231 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 22:46:34
なるほど。本当は冷たい馬鹿なんだけど、
ブシュみたく人間味のある馬鹿に見せかけようという作戦なんだな。
騙されてなるものか。

232 :日本@名無史さん:2005/07/08(金) 22:55:53
田岡一雄山口組組長の回顧録「山口組三代目 田岡一雄自伝」より転載

一瞬、ぎくりと立ちどまり、悲鳴のあがる方角に走った。
途中で四、五歳の女の子が泣きながら夢中で駆け寄ってきた。
「どないしたんや」「おかあちゃんが、おかあちゃんが」
少女は私に泣きじゃくりながらしがみつく。
この世のものとは思えぬ女の狂気じみた悲鳴がきこえつづけていた。
「ここにいるんやで。ええな」私は少女をその場において一目散に走った。
少女の母親は木立の中で数人の男に犯されていた。
飛行服の男たちだった・・・(中略)
通りすがりの通行人の目つきが気に食わないといっては難くせをつけ、
無銭飲食をし、白昼の路上で集団で婦女子にいたずらをする。
善良な市民は恐怖のどん底に叩き込まれた。
こういった不良分子(朝鮮人)は旧陸海軍の飛行服を好んで身につけていた。
袖に腕章をつけ、半長靴をはき、純白の絹のマフラーを首に巻きつけ、
肩で風を切って町をのし歩いた。腰には拳銃をさげ、
白い包帯を巻きつけた鉄パイプの凶器を引っさげたかれらの略奪、
暴行には目にあまるものがあった。警官が駆けつけてきても手も足も出ない。
「俺たちは戦勝国民だ。敗戦国の日本人が何をいうか」警官は小突き回され、
サーベルはヘシ曲げられ、街は暴漢の跳梁に無警察状態だ。


三国人の不法行為
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/1664/didi/sangokuzin.htm
慎太郎が三国人と呼ぶのは当然だ!
http://2ch.dumper.jp/0000014415/

233 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 02:35:42
北チョンに米支援する国賊 = 安倍

234 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 03:37:22
>>1
無垢の民を戦争に駆り出すのが戦争だ。
国民を戦争に駆り出すのが悪いのではなく、そうならざるを得ない状況が作り出されたことが悪いのだ。

それから、戦争犯罪人などという言葉は無い。どこかの国がどこかの国を一方的に裁く権利など無い。
日本は極東軍事裁判や、A級戦犯など認めていない。つまり、国内の文脈では犯罪人などではない。
日本人が認めていない国内で無効な概念を前程に当時の指導者を語ったりする必要は無い。

戦争とは、いきなり始められる物ではなく、常に外交の延長線上にある。アメリカのハルノートが事実上の、
先制攻撃・宣戦布告ということもできる。アメリカも戦争を回避する努力など全くしておらず、
戦争を作り出した張本人の一人。

235 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 03:54:59
>>1
日本は敗戦国である。それにもかかわらず、戦後世界第二位の経済大国となった。
また文化大国としても尊敬を集め、躍進した。
これは何故であろうか?僕は、これは日本が戦争を起こした結果だと思う。
日本がイギリスやオランダを東南アジアから追い出した結果、植民地体制が崩壊し
どのような人種にも関わらない。平等な国際社会を実現した。その結果、実力があれば
発展できる社会となり、代わりにイギリスやオランダは没落した。
彼らは、潜在的に西洋に支配されている社会に怒りを感じており、それが戦争への原動力となった。
第二次世界大戦も「文明の衝突」のような大局的な流れの上にある事象なんである。
我々の生活は、過去の指導者の礎の上に成り立っており、彼らがいたからこそ今の私達もある。
結果、日本は理想を達成した。現在、我々は平和で豊かな生活を送っている。大局的には日本は
戦争に勝利したといえるのではないだろうか?
私は、日本人の一人として彼らのことを尊敬し、感謝ている。

236 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 08:45:48
そうか!
昔の日本人はアルカイダだったんだね。

237 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 08:50:29
>>232
まあ、広域暴力団組長の話を100パーセント真に受けるっつーのも何だかな。

238 :?♪:2005/07/09(土) 12:33:37
イギリスやオランダの没落は,経済が植民地への依存したために,国内産業資本への投資が
植民地へ流出したのが原因ですね.植民地を失ったから没落したのではなく,植民地をもって
ゐたから没落した.
日本やドイツもその轍を踏みさうになったが,ちょうどうまい具合にさうなる前に
植民地を手放してスリムになったので,経済成長に成功したのですな.

239 ::2005/07/09(土) 12:35:54
本当は,もっと早い時期にくだらない植民地なんか手放すべきだったんだよ.
さうすれば,1930年代から高度経済成長が始まってゐただらう.

240 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 14:16:41
農地改革と独占禁止法がないと無理だヨン

241 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 21:32:38
詳しく知らないんだが、1930年代って経済は復調傾向にあったんではないの?


242 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 21:34:08
そら、満州事変の軍需景気ですやろ

243 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 21:51:48
ともかく靖国からは出て行って欲しい
戦死じゃないんだから

244 :日本@名無史さん:2005/07/09(土) 22:28:18
一番の悪は昭和天皇ですよ。
GHQと組んですべてを東条のせいにした。

245 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 02:46:35
満洲事変で軍需景気があったなんて始めて知った。

世界恐慌(日本では昭和恐慌)から日本がいち早く回復傾向に入ったっつうのは
概説書なんかではよく見かける記述だけど違うのか?

246 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 04:15:38
>>238
ちなみに、オランダはインドネシアから撤退する際に、油田施設だのを放棄する対価を
インドネシアに払わせているようですねw。

247 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 04:27:34
>>243
その理屈なら戦後「法務死」ということで合祀された人がみんなダメになる。
A級戦犯以外にも大量に追い出すことになるんだが、いいのか?

248 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 07:14:40
いいよ。
ってか、当たり前じゃん。

249 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 10:19:00
現地の人に役務をやらせた朝鮮人台湾人を含む末端の兵士が
B級戦犯で大量に処刑されてるけど 全部追い出すのか ひでー奴だな

250 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 12:34:39
法務死て、ややこしいことば使うけど簡単にいえば、法に違反したヤシの死刑のこったろ

251 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 15:39:54
釣られちゃダメだ、釣られちゃダメだ、釣られ・・

>>250
法の勤めで死んだ人の意味だろ!

釣られちゃった・・

252 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 17:33:22
東条英機の次女はたしか戦後敵国であり
極東国際軍事裁判の中心であったアメリカ人と
結婚してアメリカにいっている

孫がいまさら・・・

253 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 19:37:19
>>252
東条英機の遺言読んでから文句言ってくれ。

254 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 19:54:59
靖国って戦死じゃなくて、国の為に死んだ人間を祭ってるところだろ?
元々明治維新の時に作られたもんだし。

255 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 20:35:00
国の為じゃなく、天皇の為、時の政権の為に死んだ者を祀る。

西郷隆盛は立場は違え、国を滅ぼす為に戦ったのではない。
しかし、官軍に逆らったと言う事で明治維新にあれだけの功績を残しながら靖国には祀られない。

2・26事件の兵士達も正しい事だったかは別にして、本心は国の為に立ち上がったのだ。
しかし、天皇が自分に弓を引く行為として怒り、彼らは処刑された。
彼らは国のため、天皇の為に戦おうとして処刑された。
だが靖国には祀られない。

先の大戦に反対し、特高に捕らえられ獄中死した人は国の為に戦ったのではなかったか?
戦争は国のためにならない。
戦争をやめさせる事が国のためだと考えて戦って死んだ人はなぜ祀られないのだ。

靖国は国の為に死んだ人間を祀るところでは断じてない。
基本的に時の政権の為、戦意を高揚し国民を戦争に駆り出す為に作られた神社なのだから。

安部は自分が政権の座に着いたとき自分の為に死んだ者だけを祀るだろう。

256 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 20:42:28
何を今更そんな当たり前の事を・・・小学生いや、中学生か?

257 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 20:49:13
つーか、
>>255が政権の為だけじゃなくて、天皇の為という一文を入れた意図がわからん。

258 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 20:59:47
>>255
上二つはクーデター
三つ目は政治犯

259 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 21:04:11
要するに犯罪者だね。
そんな奴ら、畜生塚でも造って晒し者にしとけばいいんだよ。

260 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 22:17:19
例えば金正日をクーデターで倒そうとした北朝鮮の軍人が居たとする。

金正日が倒れれば英雄だが、失敗すれば処刑される。
彼らを犯罪者と呼ぶのだろうか?
漏れは彼らは愛国者だと思うぜ。祀られはしないだろうが・・・

2・26事件を起こした皇道派も、東条ら経済界とつるんで腐敗していた統制派より、真剣に国を思っていたと思う。
だから靖国は国の為に死んだ人を祀ってはいない。

国と言うと間違う。政府と言おう。
政府が行った犯罪でも、その政府の犯罪に加担した人間なら祀るのが靖国だ。

261 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 22:21:04
東条って経済界とつるんで腐敗してたの?

262 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 22:58:19
軍事クーデターを肯定するのか?
民主主義を否定した軍事クーデターでできる政権は軍事独裁政権しかない
って知ってた?

263 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 23:08:09
まあウヨ厨の言うことだから。

264 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 23:49:24
>民主主義を否定した軍事クーデターでできる政権は軍事独裁政権しかない

東条政権は民主政権だったのか?

265 :日本@名無史さん:2005/07/10(日) 23:51:42
>>262
軍事政権だけど民主主義の否定と必ずしも結びつくわけではないだろ。

266 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 00:04:10
>>264
2・26と東條政権は関係ないと思うけど 
一応こたえとく
翼賛体制が民主主義から離れる方向にいったけど
軍事独裁などではない 戦時体制だっただけで
戦中に民主的にはずされたろ?

>>265
軍事クーデターが前提、
わかりやすいように民主主義を否定といれたんだが

267 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 00:24:54
>>261
三菱との人脈はあったろうが、金銭的なやり取りはない。

268 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 00:25:30
>>260
ホントに基本の基本から知らんのだな…。
靖国神社ってのは、国(政府でもいいが)の行為で命を落とした人達に、
「貴方達は犬死じゃないんだよ、我々は感謝しているんだよ」と言うことで
成仏してもらう施設なんだよ(正確には和霊になってもらうんだが)。
基準は体制側の人間が「国(我々)のために命を落とした」と感じるかどうか。
愛国者かどうかなんて関係ないんだよ。

A級戦犯も、彼達をアメリカの報復裁判の生贄に差し出すことで国体を
維持できたのだから、上の条件としては同じなんだよ。戦死かどうかじゃない。

269 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 00:27:10
ありゃ誤変換、「和霊」じゃなく「和魂」だった。

270 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 00:30:33
260は結論は靖国反対でも
言ってる内容は、極右のそれだな

271 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:08:40
国体は維持されてない
人間宣言で、神聖天皇は死んだ

A級は、靖国からとっとと追い出せ。英霊が浮かばれん。

272 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:34:04
BC級のうち冤罪じゃない奴も追い出せ。

犯罪者はクズ。国賊。

273 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:36:23
1、ちっとも痛かぁねえよ、生まれにこだわる、てめえが痛え

274 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:44:40
誰も生まれになぞこだわっとらんが・・・。

275 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:47:21
国民が東條家に脅迫状まで送りつけて煽った戦争、それに負けたからといって
東條を悪役にしてに罵る者は人間として卑怯極まりない。
なにより東条英機はすでに、死刑に処せられている。
それでもまだ東條家を罵る者は、連合国の洗脳に気付かないバカ者だ。


276 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:47:44
国民が東條家に脅迫状まで送りつけて煽った戦争、それに負けたからといって
東條を悪役にしてに罵る者は人間として卑怯極まりない。
なにより東条英機はすでに、死刑に処せられている。
それでもまだ東條家を罵る者は、連合国の洗脳に気付かないバカ者だ。


277 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 13:47:56
国民が東條家に脅迫状まで送りつけて煽った戦争、それに負けたからといって
東條を悪役にしてに罵る者は人間として卑怯極まりない。
なにより東条英機はすでに、死刑に処せられている。
それでもまだ東條家を罵る者は、連合国の洗脳に気付かないバカ者だ。


278 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 14:33:52
274、孫と言ってるじゃねえか。1には発言内容が書かれてねえよ

279 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 15:21:33
>孫がテレビ出るなよ
>いくら庇っても

ここから東条の孫がテレビで何らかの擁護発言をしたことが分かる。
スレタイからそれが痛かったことが分かる。
あくまでそれが責められているのであって、
東条の孫であることが責められているのではない。
発言内容がかかれていなくても誤解のしようがない。

よって>>278は池沼



280 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 16:12:17
>>271
いわゆる天皇の「人間宣言」ってやつをちゃんと読んだか?

> 然レドモ朕ハ爾等國民ト共ニ在リ、當ニ利害ヲ同ジクシ休戚ヲ分タント欲ス。
> 朕ト爾等國民トノ間ノ組帶ハ、終止相互ノ信頼ト敬愛ニ依リテ結バレ、
> 單ナル神話ト傳説トニ依リテ生ゼルモノニ非ズ。天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ
> 旦日本國民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ
> 有ストノ架空ナル觀念ニ基クモノニ非ズ。

これは「天皇と国民の関係は、『天皇は現人神で、日本民族は優れていて、世界を
支配する運命だ』っていう軍事政権下のスローガンで結ばれているようなものじゃない」
って言っている。つまり明治以後の「国家神道」の否定だ。
今生天皇だって大嘗祭をやっただろ?あれは「現御神」となるための儀式だぞ。

281 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 16:37:22
読んでなくて、字面だけで勘違いしてる奴多いよな。

282 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 16:55:55
>>280
大嘗祭とか皇室の儀式は昔は神権天皇の意味合いがあっただろうが今は別にそういうつもりじゃなくて
慣例として行ってるんだろ。うちの大学の憲法の先生と同じこといってるよ。

283 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 17:12:46
その慣例が大事なんだろうよ。

284 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 17:16:32
元々神主の元締めを兼ねたようなもんだからな、
慣例化してても儀礼が大事なんだろう。

285 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 18:02:52
>>282
同じに聞こえるんだったら、天皇を理解してないかその「憲法の先生」
とやらに騙されているかのどちらかだと思う。

「現御神」てのは本来の意味は「八百万の神々と交信できる、人であって
神でもある、霊力を有している人」って意味でしかない。その「神」の概念を
西洋の「唯一絶対神」と同じにしてしまうことで、全く意味合いを変えたのが
「国家神道」なんだよ。昭和天皇の詔はこの考えが「架空なる観念」と言っている。

この「人間宣言」の後ですら、国会の場で「天皇は神であるがゴッドではない」
という答弁(前田多聞・文部大臣)が存在するんだから。
大嘗祭で現御神となられても何の問題も無い。


この手の誤解を解消するには、西洋の「神」を別の名称にするか、天皇関連の
「神」という言葉を「霊」とか「魂」にするかするしかないんじゃないだろうか。
「天皇は大嘗祭によって、八百万の神霊たちと会話する『現御霊』となる」
っていう方が現代人に正しいニュアンスが通じるんじゃないのかな。

286 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:27:36
> (略) 天皇ヲ以テ現御神(アキツミカミ)トシ
> 旦日本國民ヲ以テ他ノ民族ニ優越セル民族ニシテ、延テ世界ヲ支配スベキ運命ヲ
> 有ストノ架空ナル觀念ニ基クモノニ非ズ。

これ読む限り、天皇が現御神であるというのが架空の観念であるといっているだけで、
国家神道云々は出て来ないが。
という事は、国家神道での現御神という観念も、本来の意味?の現御神という観念も
もはや架空であるということを意味する。

現代の大嘗祭はただの伝統儀式。天皇は現御神に非ず。

287 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:32:20
まぁ、人間宣言で現人神じゃなくなったとしても、
(はっきり言ってこんなモンは読む人間の解釈一つでどうとでも読めるし。)

先祖が神だという事は否定してないんだよね・・・

288 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:41:45
っていうか、現代の神職たちってキリスト教の神父達と同じく進化論は認めてないのかね?


289 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 19:53:01
そりゃ神のしもべだから。
・・・東照宮とか人間が神になった神社はどうか知らんが。


290 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:00:39
>>288
神道は、確固とした教義もないし、経典もないし、
進化論を認めても教義が破綻することもないだろう。
人間の先祖が猿であれ、原生動物であれ、神の否定には
つながらないもの。
神道では、人間は神に選ばれた存在でもないし、
神自体が過たない存在でもないから。

291 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:12:13
でも国造り神話とかあるじゃん?
進化論認めちゃうとおかしなことになる神社も結構あるのでは?

292 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:19:13
>>291
人間の先祖が猿だったら、国造り神話が破綻するとは思えないよ。
猿だって神様は宿ってるし、猿がご神体の神社も結構ある。
例えおかしなことになったとしても、神道の神様は全知全能の神じゃないから、
「スマソ、間違ってた」で終わりじゃないのかな?

293 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:20:19
>「スマソ、間違ってた」

ワロタww

294 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:21:46
しょーもない神様いっぱいいるしな。

295 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:28:33
みっともない神さまや、アホな神さま、負けてばかりのだらしない神さま、
疫病神に貧乏神に末社の神、狐の神さまに蛇の神さま。
神さまが間違えても、人間や動物に負けても、神道なら平気。

296 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:30:07
チ○ポの神様

297 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:33:32
火の神産んで、それであそこ火傷して死ぬって・・・
ファンキー過ぎるだろ。

298 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:50:37
あらゆるものに魂が宿るっつう考え方だからね。
・・・テレビとか電灯みたいな人工物にも神(魂)が宿るって考えるべきなのかな?

299 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 20:55:41
>>298
針供養、人形供養なんてものもあるから、どんな人工物にも魂は宿っていると思う。
船神社はもちろん、航空神社なんて、飛行機を祀っている神社もある。

300 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:02:17
>>299
事故で死んだ飛行士じゃなくって、飛行機をまつってるのかよ!!
そりゃまた奇特な神社があるもんだワイ

301 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:02:59
ヒント:タイガース神社

302 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:04:45
大魔神社

303 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:06:47
キリスト神社とかあっても別に不思議じゃないのが、凄いところだよな。
こういうところに暮らしてると、一神教を本当に理解する事は不可能なんじゃないか?

俺なんかいまだに聖三位一体が理解できん。
俺が理解力ないだけかもしれんが。

304 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:25:36
仏さまをまつった神社はあるからな。


305 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:36:33
ともかくA級は出てけってこっちゃ
そうすれば天皇も参拝できる

306 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:36:40
>>304
そういう神道と仏教の融合した新興宗教を政府が弾圧した経緯が戦前あったな

307 :日本@名無史さん:2005/07/11(月) 21:46:11
>>306
新興宗教?

308 : :2005/07/11(月) 23:56:15
まるでフォースだ

309 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 10:31:11
>>286
どうしてそこまで頑ななのかわからんけど、聞く耳持つ気が無いようなので
もうやめるわ。体力の限界まで祈りを捧げる「『ただの』伝統儀式」なんて
ものがあるんだって考える人間には永久に理解できないと思うから。

>>298
知り合いの教授は年度末に、実験に使った動物達と壊れた機材の
供養をやっていた。「自分達がデータを出せて、私などはそれでご飯を
食べていられるんだから、感謝の気持ちを忘れないようにしている」って
ことだそうだ。(「まあ、学生に『大事に使え』と何百回言うよりも効果的
だからって意味もあるんだがね(笑)」とも言ってたが。)

だから愛着とか、感謝とか、壊れて後悔する気持ちとかがあれば
何にでも神が宿るんじゃないのかな。

310 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 10:47:03
>>309
>どうしてそこまで頑ななのかわからんけど

頑ななのはあなたのほうだと思うが。
少なくとも文言の解釈は>>286の解釈が正しいし、
そういう「伝統儀式」だったのなら、
「現御神」ではなくなってもその儀式の形態を墨守することは
意義のあることではないだろうか?

311 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 10:47:25
京都の嵐山には電気神社なるものがある。
電気業界からの参拝者がたくさん訪れることで有名。


312 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:16:34
> 少なくとも文言の解釈は>>286の解釈が正しいし、
んなわきゃーない。286は典型的な詭弁。

313 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 12:38:23

どこがどう詭弁なん?

314 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 13:41:51
>今生天皇だって大嘗祭をやっただろ?あれは「現御神」となるための儀式だぞ。

違うよ。宮内庁に聞いてみれば?

315 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 15:34:52
今上天皇じゃねね〜のか?
今生天皇ってなんやねん?

316 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 15:41:53
よくハルノートをつきつけられたから仕方がないという無知
そのハルノートまで持って言ったのは日本政府の不拡大方針を
無視した軍部

317 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 15:57:15
>>316
その軍部の拡大方針に圧倒的な支持を与えたのは、大多数の国民。

318 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:18:35
>>317
そんな事実ない。
軍部がマスコミに言論統制していただけ。

軍部が乱用している「統帥権」について議題にしようとしただけで
国民の支持する民主主義の犬養首相が暗殺されたんだよ(515事件)。
歴史学的に民主主義の議会政治が終わったのは1932年とされている。

319 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:20:13
>>317
軍部の恐怖政治で、軍部不支持を公に表明した人はみんな
暗殺されたり、刑務所に入れられて拷問を受けましたとさ。
これで圧倒的支持?

無知すぎなんで日本史板からいなくなってほしいんだけど。

320 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:24:12
東条の息子たちって戦争行ってないよな。
東条の孫も戦争中に生まれてるよな。
日本の若者を戦地に送り込んではむちゃくちゃな作戦で
殺していたくせに、本当に自分たちの遺伝子を残すことには
熱心だったようで。
ここにも嘘を書き込んでまで東条を擁護しようとする
子孫っぽいのがいるけどさ。

321 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:25:04
今回でてきた孫にも子供が4人もいるようで、東条英機の子孫が
繁栄していることはよくわかった。


322 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:33:21
>>319
軍が権力をもつ前、例えばポーツマス条約で小村寿太郎宅が焼き討ちを
受けたりした時代、すでに国民の大半は拡大主義。
文民政府の弱腰を非難し、軍部の強硬路線を支持していた。
弱腰外交の文民政府は、「お公家政治」と国民からもメディアからも袋叩きにされていた。

323 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 16:45:19
>>319
時系列が滅茶苦茶なDQNは日本史板からいなくなってほしいんだけど。

>軍部の恐怖政治で、軍部不支持を公に表明した人はみんな
>暗殺されたり、刑務所に入れられて拷問を受けましたとさ。
こんなのは全部戦時下の話で、戦争に至る以前にはなかった話。


324 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:05:04
日露戦争の話とか持ち出してアホかと。それが権力の話とか。
無知すぎて相手にするのがばかばかしい。
>>323 あった。


325 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:09:47
>>324
日露戦争当時に比べて、第二次大戦前の国民は益々強硬路線、軍部支持、
文民政府批判に傾いていたよ。

>>324は、日本国民が日露戦争当時に比べて、穏健になってたと主張するの?
何をきっかけに穏健になったのかな?

326 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:10:20
マスコミを初めとした国民世論がテロを起こした青年将校たちに
思いっきり同情的なのも恐怖政治だったからですか、そうですか。

327 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:12:25
>>324
>それが権力の話とか。
権力の話じゃないよ。
だって、日本国民が戦線拡大に傾いていったのは権力とは関係ないから。
むしろ、反権力(反文民政府)の結果だから。

328 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:13:17
世論は言論統制されてたから何の意味もない。
日露戦争の時に賠償金が取れず不満だった人々と、拡大方針はまったく関係がない。

329 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:20:48
328はいつ頃から言論統制されていたのかはっきりさせてくれ。
じゃないとツッコミすらしようがない。

330 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:22:56
>>328
昭和初期にどういう言論統制があったのか具体的に教えて欲しいよ。
むしろあの時代は大正デモクラシーと呼ばれる、言論の自由な時代に
国民大衆と乖離した弱腰の文民政府への批判が醸成され、
景気のいい拡大路線を主張する軍部への支持に世論が傾いていった。


331 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:25:58
>>329
言論統制がきつくなったのは満州事変、つまり昭和5年ごろから。
で、昭和7年に515事件で議会制終了と。


332 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:26:49
>>330
だからそんな事実ないよ。

333 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:27:47
>>331
具体的にどんな言論統制が行われたの?


334 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:29:23
>>331
226事件なんかの、反乱将校に対する賞賛世論も言論統制の結果で、
国民は本心では軍部をいまいましく思っていたのかな?

335 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:40:56
庶民と縁のない雲上人ばかりの政界に対して、
軍部には将校にも地方の庶民出身者が多かったからね。
軍部の拡大路線は、恐慌の煽りで困窮する地方農民の
世論にマッチしたんだよ。
目の前の餌に食いつこうとしない政府の方針には、
多くの国民がストレスを感じ、軍部の拡大路線を支持していた。

336 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 17:41:27
>>331
なんか痛い奴がいるな。
昭和五年に満洲事変とか、515事件で議会制終了とか。

337 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:02:45
大衆が軍部を支持してたってソースは軍の御用新聞だったアカヒか?w

338 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:05:41
>>333
江戸川乱歩もエロ小説が反戦的であるとして発禁処分くらったw

339 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:09:53
エロ小説とか直接的関係のないところまで軍のダメだしは及んだわけだ。
源氏物語も教育的でないとして、教科書から消えて、平家物語や
太平記などの軍記物ばかりになったんだよ。

340 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:13:09
>源氏物語も教育的でないとして、

軍国主義的教育ね

341 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:20:16
漫画のらくろに朝鮮人を羊として中国人を豚として登場させたら
情報局に最友好国の人民を豚とは何事か、
ブルジョワに迎合し国策を侮辱していると叱られ
紙の配給が来なくなったw
まぁ直で民衆が強硬論を支持しなかった証拠にはならないけどね。

342 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 19:27:49
民衆でも支持者はいると思うぞ。
東条英機の家族とかなw

少数だけどね。
ゴーストップ事件でも明らかなように、信号すら守らないわ、
借金を踏み倒すは、「皇軍」の名の下にすべてが許されると
主張する軍部が好きだった”一般人”は少ないだろ。
軍関係者や家族は優遇されたから東条由布子もおじいさん良い人とか
いってんでしょ。
でも他人にとっては嫌なやつだよ。

343 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:29:16
アホか!
兵隊さんは庶民の憧れだよ。
男の子の大半は『大きくなったら兵隊さんになる!』と答えたもんさ。

344 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:29:29
>>342
軍部が嫌われていたとしても、それ以上に財界や穏健派の外務省は嫌われていたよ。


345 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:34:41
戦時中の非常時の例ばかりを論って、軍が嫌われていたかのような情報操作。
戦時の統制なら現代のアメリカにだってイギリスにだってあるよ。

346 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:49:57
戦前の政治家と軍人を比べたら庶民は圧倒的の軍人支持だな。

347 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 21:50:30
嫌うべき戦争を好きにさせるところに教育や情報操作のうまさが・・・

348 :家族殺しを称揚するキchiガイカルト神社>1:2005/07/12(火) 21:54:53
528 :侵略殺人強盗兵士の家族殺しを称揚するキchiガイカルト神社:2005/06/17(金) 21:29:34 ID:Fjbs3pW
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-24/01_01_1.html
>極右暴力団改憲軍需利権集団が、KIチガイ神社を拠点として活動(Nタイムス、ルモンド)
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジア数百万の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>靖国の英霊がアジア侵略強盗・家族殺しの犯罪者であり共犯者であるという重い事実を取り除く術などある筈もない。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、今、英霊という犯罪者を裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
>北朝鮮の愛国拉致特攻兵士に家族を葬られた拉致被害者の怒りと
>侵略強盗家族殺しの靖国英霊兵士に対するアジアの凄まじい怒りは同じものだ。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-01/2005070101_05_3.html
>http://www.h2.dion.ne.jp/~kyokasho/0_conb07.htm


349 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:00:37
>>347
嫌うべきではない戦争を思考停止状態のまま嫌いにさせられているのが洗脳教育の恐ろしさ。

350 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:09:04
民衆が支持していたんだから
当人を批判するべきではないってのは
近衛や松岡らにより適用されやすいはずなのに
そういう声があまりない件について。

351 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:09:31
昭和19年東南海で起こった地震で起きた被害を軍が隠蔽した。
この地震では大きな被害が発生し、名古屋近辺にある軍需工場で徴用されて働いていた学生などが被害を受けた。
この地震被害を伝えると国民に動揺が走る事を畏れての事だった。
この地震で発生した津波はアメリカまで届き、アメリカの方が「日本で地震が発生し、軍需工場に大被害」と新聞が伝えた。

この地震の記録は隠蔽されたが故に残っていない。
それで20年位前東大地震研究所の助手がこの地域で地震がしばらく発生していないから地震がいつ来てもおかしくないと発表した。
それがきっかけで東海大地震の予知研究が始まった。
しかし、その後他の地域で地震が頻発し、今では地震予知は出来ない言われる様になった。
軍が情報統制を行なわなければ、無駄金が使われる事はなかった。

352 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:16:49
>>349
で、君は戦争のどういうところが好きなんだい?

353 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:17:37
>>351
戦時中の話はうんざり。

354 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:21:34
>>352
どこに戦争が好きなんて書いてあるの?
洗脳教育は恐ろしいな。勝手に脳内変換しちゃうんだから。

355 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:24:07
むしろ日米開戦の原因になったのは支那事変の事態不拡散を欧米に宣言しながら
軍部を止めようとせずに世界から非難を浴びた近衛文麿だろ?

開戦わずか4ヶ月前に首相になった東條が全責任を浴びせられるのはおかしい。
近衛が導火線に火をつけた爆弾を東條が直前で渡されたような物。


356 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:25:37
>>349
>嫌うべきではない戦争

どういうところが嫌うべきではないんだい?
「嫌う『べき』でない」と「好きになろう」の差はあるのかい?

357 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:26:32
戦争は最も重要な外交手段の一つ。
戦争でしか解決しない紛争も残念ながら存在する。

358 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:31:04
>>355
まぁ要するに東條の罪は戦後になってさらに上積みされていった、ってこった。

359 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:31:27
>>356
日本語が不自由なのね。

360 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:37:44
>>357
んなこたぁ小学生だって知っている。
最悪に近い外交手段の一つの戦争を「嫌うべきではない」
理由を聞いているんだよ。

361 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:41:27
>>360
好きとか嫌いの感情論で判断すべきで無いものだから
嫌うべきではない。
当然、好むべきではない。
必要と有ればそれをし、不要とあれば避ける。
熱くなってるんじゃないのか?ポマイ

362 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:54:17
>>360-361
よくわからんけどさ、東条は韓国を侵略したクズ、ということで両者とも仲直りしない?

363 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 22:57:25
>>361
いいこといった。
歴史的事象に善悪とか感情を持ち込むからおかしなことになるんだ。

単純に割り切って考えればいい。
東条は陸相時代は積極派だったし、日米戦争開戦時の首相だが、
普通は政治家の失敗なんて辞職したらおしまいだ。
大体、東条に戦争を回避する力なんてない。

364 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:03:31
日本が南鮮を侵略したことなど一度もない。
増してや東条が侵略したことなどあろうはずもない。

365 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:13:51
東条が侵略するはずないだろ。
むしろ、東条が一人で侵略できるなら他の戦犯いらないじゃん。

366 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:15:01
東条の孫は南鮮生まれだよね。
プロフィールに書いてあった本名も由布子じゃなくてもっと
違うやつ。

367 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:15:41
東条は犯行グループのリーダー格だからしかたがない


368 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:19:54
東条の孫はソウル生まれ。本名は淑枝。
韓国といえば、第二次大戦中、空襲もなければ徴兵もない、
アジアで一番安全なところだね。

369 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:24:44
>>368
朝鮮に住むくらいなら、広島に住んだほうがまだマシ。

370 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:29:04
どこに住んでようが、娘が徴兵されることはないわなw

371 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:46:44
娘は赤ん坊だし徴兵はないな。問題は徴兵適齢期の東条の長男(由布子父)だよ。
東条の長男が朝鮮に行ってたんでしょ。
日本にいるとやっぱ徴兵されないと非難されるからな。

372 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:49:15
朝鮮に行かされるくらいなら、ガダルカナルの方が何倍もマシ。

373 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:52:59
確かに東条は家族には甘かったようだ。
嫌いなやつは硫黄島とかに飛ばしてたのにね〜。

374 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:55:37
家族を朝鮮送りにするなんて地も涙もない非常な男だね。東条は。

375 :日本@名無史さん:2005/07/12(火) 23:59:53
栗林は派閥争いに関わらず中立を保ったらしいけど、
東条に靡かなかったから硫黄島に飛ばされたのかね?

376 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:00:44
よく知らないんだけど、当時は長男でも徴兵はあったのかい?

377 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:03:41
>>376
あった。っていうかその質問はネタか?
長男で徴兵がなかったのは日露戦争のときでしょ。
ただ、神風特別攻撃隊を選ぶときは次男以下から選んでった模様。

でも東条の場合次男以下も徴兵されたって話を聞いたことがない。

378 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:05:43
>>374
なんかこういうレス見てると、いかに東条の擁護派の根性が捻じ曲がって
いて最悪かわかるな。

379 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:07:23
うちのじいさん、長男で40過ぎてたけど徴兵されたらしいよ。
つっても内地で遊んでたみたいだから、
多田野訓練にちょっと参加してみただけかもしれんが。

380 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:07:34
農業、工業の管理者は徴兵されなかったってのはあったよね

381 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:08:47
徳川二等兵を徴兵したのも東条?

382 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:34:11
東条英機の息子はたとえ日本人全員が戦争に行かなくても最前線で
いかなきゃいかんだろ。
結局徴兵適齢期の息子が3人もいて誰も徴兵されてないみたいだが。

>>381
ああ、虚弱体質だったけど、戦争末期に行かされた人ね。
加賀百万石の跡取りの前田ミイ子の父も東條に嫌われてどこかに
飛ばされて戦死した一人だっけね。

383 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:36:43
誰が行かせたのかは知らないが、
文麿の子近衛文隆は二等兵として満州送りにされたな。

384 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:40:00
徴兵された人はみんな東条のおじちゃんのせいなの?
水木しげる先生も東条のおじちゃんに連れてかれたの?

385 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:41:45
赤紙には当時の責任者の名前が書いてあっただろうな。
太平洋戦争中ほとんどの場合、東条英機だろう。

386 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:46:27
>>384
そうだよ、ぼうや。
悪いのはみーんな東条なんだ。国民は無垢だからね。


387 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 00:46:33
じゃあ徴兵されなかったからって自殺したお兄ちゃんたちは、
東条おじちゃんのことを恨んだろうね。

388 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:02:36
最近戦争論とか映画で風潮が変わりつつあるからって
調子に乗ってノコノコ出てきたんだね。

389 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:35:29
>>388
最近の変わりつつある風潮?
最近生まれてきたような奴が何か仰られている様だ。

390 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:44:33
戦場で「帰りたい」とか「また負けた」「栄養失調になった」とか
家族への手紙に書くと、手紙を検閲した憲兵科に呼びつけられて
殴る蹴るの暴行や拷問を受けた。もちろん手紙は焼却だ。
その後、もっと致死率の高い戦場に送られた者もいる。

391 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 01:51:10
↑言論統制の例
あと一般人の手紙も一部抜き打ちで検閲していた模様。

392 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 02:10:27
>>390,391
戦時中の言論統制がなにか問題でも?
現代人の視点で語るべきじゃない。
それから、拷問はともかくとして、
強い師団が、悲惨な結果に終わった戦場を渡り歩くことは有ったようだ。
精鋭が送り込まれるのは重要拠点。致死率の高さはあくまでも結果だろ。
1個人が愚痴をこぼして、1個人がワザワザ致死率の高い戦場に送られたという話は
不勉強の為か初耳だ。

393 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 03:10:29
だからこそ、戦時中のことは軍のトップが全責任を負わなきゃいけない。
軍隊はそういう組織。


394 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 03:16:34
国民は勝っているかどうかも正しく知らなかった。
東条はすべての情報を持っている位置にいて決定権を握っていた。
情報誘導や隠蔽も普通の戦争でやるレベルではないくらいにやっていた。
気に入らない人間をどっかに飛ばす力もあった。
だから東条は責任を取らなければならない。

395 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 03:23:50
>>60
無条件降伏が条件の相手に簡単に降伏できるわけないだろ。
あほか、おまえは。

396 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 03:32:12
東条英機の孫って東条に責任があるなら国民の全責任とかほざいたらしいね。
兵法の1つに兵隊には何も知らせず、何も考えさせずひたすら戦わせろは
異常なくらい実践してたくせに。

397 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 03:49:07
無知な国民に正しい情報を知らせず、勝ってるマンセーとだけ伝え
嘘の情報で勝ってると信じさせた国民にあおられただ?
いいかげんにしろよ。

398 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 06:40:12
サイパン陥落の失態で東條は首相を辞職しているが。


399 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 08:21:14
>>390
戦時中の言論統制が時系列的に既に過去である国民の対支、対米開戦強硬姿勢や
226事件などの反乱将校称賛や軍部への高支持率にどう影響を与えたか教えてください。


400 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 08:32:47
日本が勝ってるなんて信じてる国民はいなかったと思うよ。
最前線がどこまで後退しているかは、大本営発表でもつかめたしな。
当時とはいえ、日本が勝っていると信じてたのは、去年の年金改革法案で、100年先まで年金は大丈夫だと思ってる人数並に少ないよ。


401 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:20:30
>>399
その粘着さんは上でも何度も時系列のおかしさや戦時中の言論統制を
昭和「5」年の満州事変以降の言論統制の例として出していることを
指摘されても無視しているので、聞いても無駄だと思う。

402 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:28:07
>>382
ちょっと待てよ、
お前の理論だと犯罪者の息子は親の責任とらなきゃならなくなるぞ。

403 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:35:29
>>402
何故か、戦争責任だとか平和が云々とか言っている連中ほど
「小泉の息子は率先してイラクに行くべきだ」とか言っている
民主主義の基本中の基本が判ってないんだよな。

404 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:51:43

率先垂範という言葉を知らないな。
国民の反対の多い政策を実施するばやい、自らその渦中に飛び込む事が反対を抑える手段だ。
明治維新の時、ちょん髷禁止令を出したが抵抗する輩が多かった時、天皇が断髪して率先垂範した。

天皇が断髪した事を聞いた庶民は皆納得してちょん髷を落とした。
小泉も反対の多かったイラク派兵に息子を出していれば、反対は少なくなったと思う。


405 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:56:13
>>404
息子が自衛隊などに所属していたら、自衛隊に関する予算案や法案の都度、
あらぬ突込みや疑いを受けるだけ。

406 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 09:58:24
いくら親でも一人の人間である息子を、本人の意思無視して戦地に行かせられるわけないだろ。
現代においてそんなことしてみろ、人権問題になっちまう。

407 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 10:07:06
>>404
道路を作るときも空港を作るときも、自分の家の場所に道路を作って率先して立ち退き。
郵政民営化を行うときは、自分の息子を特定郵便局長にして率先して首切り。
イラクに自衛隊派遣するときは、、、、、
息子や家がいくらあっても足りないなw


408 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 10:09:15
チベットQ&A TIBET SUPPORT NETWORK JAPAN
http://www.geocities.jp/t_s_n_j/
students for a free tibet : japan
http://www.sftjapan.org/

1)どうして中国はチベットを侵略したの?
これは、難しい質問です。なぜなら侵略の理由はひとつではないからです。
I. 理由のひとつは、イデオロギーです。
中国共産党の主席であった毛沢東は、宗教は人々に悪影響を及ぼすと強く信じていました。
宗教により人々は自己満足に陥り、
毛沢東が目指した共産主義による世界支配のための闘争に参加しなくなり、
堕落する、と考えたのです。
毛沢東は、チベット伝統の仏教思想を「根本的に後退的」であると見なしました。
そして、「中国はチベットを支配することによって、実はチベットを助けているのだ」
と主張したのです。
II. もうひとつの理由としてよく知られているのは、
中国が人口過剰に苦しんでいたということです。
チベットは広大であり、大量の中国人を移民させるに十分な土地がありました。
チベットを手に入れれば、中国の人口密度は緩和されると考えたのです。
III. また、チベットには、鉱物や森林など、
中国が産業成長に利用したいと考える資源がありました。
また、チベット人を、奴隷として労働改造所で働かせる人的資源にできると考えてもいました。
2)チベット問題は途方もなく大きな問題です.私ひとりだけで何かできるのでしょうか?
「大量の羽毛を積めば船も沈む」ということわざがあります。
伝達と輸送手段の発展により、今日私たちの住む世界は、以前考えられていたよりも、
ずっと小さくなってきました。
人類は今、かつてない、国境を越えたひとつのコミュニティの中にいます。
私たちはもはや、世界のどこであっても、人権が侵害されていることに目をつぶるわけにはいきません。
草の根の活動は、世界中の政治的・社会的状況に、大きな影響をもたらしてきました。
発言を許される立場にいるひとりひとりが声をあげ、その努力が結びつくことによってのみ、
我々はチベットを支援できるのです。お願いです。支援活動に参加してください。


409 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:32:05
>>400
現在の言論統制のレベルと比べてるアホがいるしw
っていうか、情報操作したせいといわれたらとたんに、国民は
負けるって知ってたよ、かよw
いつの時点で?w戦争開始した時期じゃないよな〜?


410 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:34:09
>>406
他の日本人には戦争行きたいか行きたくないかを選択する人権がなかったが、
東条の息子だけにはあったんだなw
戦争に行かせるときに自分の息子だけは意思確認が必要だったんだw

411 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:36:13
>>409
やっぱり日本語が不自由だったんだねw

412 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:42:13
>>411
そのようだな

413 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:42:17
>>409
年間問題で、どんな言論統制があったの?

414 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:52:57
このスレにきて、東条が100倍嫌いになったよ。

415 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:56:38
>>409
「勝ってるなんて信じてる国民はいなかった」と「国民は負けるって知ってた」。
この2つの文は全く違う意味があるってことを日本語学校の先生に
教わってからもう一度スレを頭から読み返してみてね(ハート

日本語は難しいね。
「負ける」と「勝ってる」、微妙だけど時制が異なる単語なんだよね。
日本語の時制が理解できてないから、>いつの時点で? なんて
ヘンな質問になっちゃうわけ。

416 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:59:41
チベット人虐殺で、江沢民らスペインで起訴される[07/01]
マドリードからの報道によると、マドリードに本部を持つチベット人権運動を支持する
NGO団体は6月27日、江沢民前国家主席、李鵬前国家首相及びチベット自治区政府の
幹部らを相手取り、ジェノサイド(集団殺害罪)、国家テロリズム、拷問などの罪で
スペインの国家裁判所に提訴した。ラジオ自由アジアが伝えた。
 スペインの法律では、他国で起きた犯罪に対してもスペインの裁判所は裁判管轄権を
もつと規定している。提訴を起こしたNGO団体によると、1951年、中国政府の軍隊が
チベットに進駐して以来、百万人にも上るチベット住民が殺害され、または行方不明に
なっているという。これはこの団体が初めて、チベット問題のために中国政府の指導者を
訴えた。
 スペインはかつて1998年にチリのピノチェト元大統領に対して有罪判決を下し、ロンドン
訪問中のピノチェトを逮捕した。
 今回の提訴が受理されるかどうかはこれから注目される。受理の決定は数週間後に
発表されると思われる。


417 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 12:59:57
ほんと、東条オタって低能すぎてどうしようもねーなw
このスレはじめのころはまともな人がいたのに最近いないのは
こいつらの相手をするのが嫌でいなくなったんだねw

418 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:03:07
東条マンセーが1人だけまぎれてるなw

419 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:18:11
やっぱ一人か。
「おじいさんは家族にはとてもいい人だったから悪くない」とかいってる
東条の孫娘みてると、孫は
「東条家は代々頭が悪いんです。おじいさんは池沼だったんで責任能力が
ありません」
とでもいったほうがまだ説得力があったよ。

420 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:20:29
>当然、好むべきではない
それがわかってるならよろしい

421 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:31:13
wくん乙

422 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:37:54
GHQも「わしは今は百姓」という名言を吐いて責任逃れしようとしている
小物が、東条なんて思わなかっただろうな。
「こ、こんなやつがトップかよ。日本って一体」と思っただろうな。
ナチス幹部は自分の幼い子供ともども自殺したのに比べて、日本の恥だな。

423 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:41:07
1945年9月10日。東条の長野の疎開地に尋ねていった
アメリカの従軍記者に東条は「現在わしは百姓」と心境を語る。

424 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 13:49:04
>>404
「危険なところに『赤の他人』を送るっていうことがイラク派兵反対派
の理由だったら反対が少なくなったかもしれないが、全く違うだろ。

「自衛隊が海外に派兵すること=軍国主義の復活だ」って寝言を言う
極東三国とそれの伝書鳩たち、それに配慮した方が良いっていう人達と
テロの標的になるような厄介ごとに首を突っ込まない方が良いっていう人
くらいしか記憶に無いんだが。

425 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 14:03:17
前のほうで世論が問題になってるが、
世論なんて関係ないよ。
あの戦争は内閣の上に立つ「統帥権」を利用して行われた戦争だから。
統帥権を持つ天皇陛下か、統帥権を天皇から奪い取って好き勝手してた
軍の責任者か、どちらかに全責任がある。

426 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 14:58:42
> 内閣の上に立つ「統帥権」を
おいおい。
「統帥権は内閣から独立している」ということにされて内閣が軍をコントロール
できなくなってなり、内閣が弱体化して軍部に乗っ取っとられたのであって
「統帥権」そのものはあくまで天皇と軍の間で、内閣との間に序列はないぞ。

427 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 15:00:10
なんか文章メチャクチャだな。添削。

> 内閣の上に立つ「統帥権」を
おいおい。
「統帥権は内閣から独立している」ということにされて内閣が軍をコントロール
できなくなり、その結果、内閣が弱体化して軍部に乗っ取られたのであって
「統帥権」そのものはあくまで天皇と軍の間で、内閣との間に序列はないぞ。

428 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 17:41:05
東条一人に責任を押し付けるのは酷だろ。戦時中日本には明確な責任者がいなかった。


429 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 18:51:29
>>425
世論の後押しは文武に対し大きく影響してるよ。
いくら軍部と言えども、内閣とも国民の大多数とも乖離した政策を
強行するつもりはないよ。
内閣とは対立しても、軍部には強力な世論やメディアの後押しがあったから、
突出するのも可能だった。
そもそも、政府の弱腰政策に極めて批判的な貧しい農村部出身の将校も大勢おり、
軍中枢部自体が世論を濃厚に反映していた。



430 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 18:52:27
>統帥権を天皇から奪い取って
ネタですかね?

431 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:21:27
あのババアこそ非国民

432 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:22:02
このスレ見てると東条は神だったんだなと思う。
日本中のあらゆる言論を統制して国内を掌握し、統帥権を握って一人で戦争を推し進めた。

このような完全な統率のもとでは国力を最も効率的に発揮することが出来たんだろうに
対米戦争には勝てなかった。神をもってしても勝てなかったということか。

433 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 19:33:31
>>410
ヒント:現代

434 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:07:28
>>410
ハァ?小泉首相のイラク派兵の話なんですが?
戦時中の徴兵制の話したいなら全然別の話じゃねーか。

それにしたって
>>382が、

>東条英機の息子はたとえ日本人全員が戦争に行かなくても最前線で
>いかなきゃいかんだろ。

こんなトンチンカンな事言い出すしな。

自分の息子もちゃんと徴兵制で出せって言う主張なら理解できるけど、
何で日本人全員戦争に行かなくても、息子だけださなかきゃならんわけ?

435 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:42:21
金持ちとか権力者は徴兵を逃れる為いろいろやった。

漏れの家は金持ちだったから徴兵されたヤシは一人も居なかった。


436 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:48:19
>>435
似非金持ちだからでしょ。
社会的地位があれば、徴兵逃れしたら
その後信用を失って社会で生きていけないよ。


437 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 21:53:00
>>436
435みたいな徴兵逃れの一族が、戦争=悪に決め付けておきたい最先鋒。
戦争の賛否を問うのと参加するのは別問題なのにさpgr

438 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:38:34
同じ事を東条もやっていたんだろ?

漏れの一家は徴兵逃れをしたが靖国神社賛成派だ。

自民党の二世議員、三世議員も徴兵逃れをしていた親の子供達だろう。
安部の一家もね。


439 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:46:31
中曽根とか鳩山とか、ちゃんと戦争いってるし、政治家の子息は
あまり徴兵逃れしないよ。塩爺も慶応から学徒出陣だっけ。
当時国民の義務だった徴兵を逃れるっていうのは年金払ってなかった
どころの騒ぎじゃないアウトなことだから。
ブッシュだって、ベトナム戦争に行かなかったことについて
叩かれているし。

政治家で徴兵逃れしたのって宮沢喜一くらいでしょ。
喜一の家は貧乏な小作農の家が父親で急激に成り上がった家
だから社会的責任の意識が皆無だったんだろうね。

440 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:53:47
海外では、貴族や社会的地位の高い人が最前線で戦う意識が強いから、
死亡率が下層の庶民の3−4倍あるんだよ。
日本も明治から戦前まではそういう意識があったから、家柄の良い
金持ちの家は徴兵逃れなんてしないよ。
華族を最前線に送ろうみたいな話もあったくらいだよ。

東条の息子が最前線にというのはそういうアイデアから来てるん
だろうけど、東条の家なんて田舎の貧乏な家出身でしょ。
期待するほうが無駄。

441 :日本@名無史さん:2005/07/13(水) 23:57:25
>>439
運がいいことに、うちの祖父母方、すべての親戚中で戦死はいない。
要は、徴兵検査の基準を満たさなければいいの。
たとえば、病気とか身体的な障害とか。

戦争に行けなかった(徴兵検査に合格できなかった)祖父は、
「生き残ったこと」に劣等感を一生もってた。

442 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:07:46
そういえば宮沢喜一は、身長が極端に低かった。
155cm未満だと、丙種(不合格)で、よほどのことがない限り
召集されないはず。

443 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:14:47
やめろ!東條ゆうこりんはまだ子供なんだ!
夜は9時までにぬいぐるみ抱きながらひとりで寝るんだ! ないと寝れないんだ!寂しがりやなんだ!
お気に入りのオルゴールを聞きながら寝るんだ!暗くなると怖くて泣くんだ!
男の子見ると恥ずかしくて照れちゃうんだ!ほっぺが赤くなってかわいいんだ!
仕事で忙しくてプライベートの時間ないんだ!遊んでる時間ないんだ!
ゆうこりんは仕事で疲れてるんだ!でも弱音はかないんだ!頑張りやさんなんだ!
うんこするわけないんだ!想像できない!汗もかかないんだ。 出るのは涙だけなんだ!よだれなんてしないんだ!
鼻毛なんてないんだ!腋毛もないんだ!あそこの毛もないんだ!脛毛もないんだ!背毛もないんだ!
尻毛もないんだ!腹毛もないんだ!ひげなんか生えてないんだ!処理する必要もないんだ!
ゆうこりんのパンツはしろなんだ!!染みなんてないんだ!黒なんてもってないんだ!
Hな声なんて出さないんだ!出せないんだ!出るわけ無いんだ!
電車にひとりで乗れないのに男に乗るわけないんだ!まだHな事知らないんだ!


444 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:26:19
ブッシュの父、ブッシュ旧大統領は、太平洋戦争中、
パイロットで、戦闘機に乗って日本にやってきて、小笠原諸島で
撃ち落されて終戦まで捕虜として日本にいたんだってね。

445 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:28:12
え?捕虜??

446 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:34:13
一緒に乗ってたブッシュ大統領の戦友は墜落のときに死んだらしい。

447 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 00:35:43
>>445
戦闘機が落ちたって生き残る可能性はあるよ。
戦闘機に重くなるからってパラシュートをつまないで、いったんやられたら
終わりなのは日本軍オリジナル。

448 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 01:47:23
>>477
なんかすんごい頓珍漢な事言ってんだが・・・

ブッシュ父は捕虜になどなっていない。

449 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 02:02:01
悪いのは軍人勅諭を作ったやつだろう

450 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 03:12:54
6年以上の懲役を食らった人は兵役に服することが出来ないことになっていた、法律で。
兵役は名誉なことなので、重犯罪者には資格無しということですな。

451 :441:2005/07/14(木) 03:32:29
>>442
宮沢さんの身長を知らないからわからんけど、祖父は150p台だった。
昔の人の中でも、かなり低いよ。
宮沢氏が150cm台だとしたら、徴兵検査不合格の可能性があるね。

徴兵検査において、なんらかの基準を満たしてなかった場合、兵隊にはとられない。
でも、遊んでられたわけじゃなくて、ちゃんと兵隊の召集令状のような召集状が
送られてきて、指定された工場まで、出向かなくてはいけない。木とか使って
戦闘機を作ってたって言うから、彼が作ったものが戦争末期には特攻に使われていたの
かもしれない。そういう工場は頻繁に米軍に狙われて空爆されたっていうから、
戦地ほどではないけども、いつ死ぬかわからない生活だったみたいね。まぁ、彼は
生き残ったわけだから、とっても運がいいのでしょう。

452 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 03:49:53
三島由紀夫は後年、肺病と誤診されたため徴兵されなかったと言っているが
これは実は強がりで、
本当は体力検査の時米俵を少しも動かせなかったから
君は来なくてもいいと言われた。

453 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 04:04:02
そういえば、この間韓国のテレビ局が孫娘を取材していたが、
それは八月の番組で使われるらしいね。
そうするとソウル生まれって所はどう説明されるんだろう。
無視かな?
もしその理由が説明されるとしたら少し歪曲する必要がある。
ソウルが息子を逃がすのに最適な日本有数の安全な都市だったとなると、
日本は独立運動を弾圧していた、
ウリナラは独立軍として戦った戦勝国という史観に傷がつきかねないからね。
東條は勇敢な独立軍に最も手を焼きわざわざ自分の息子を差し向けた、
と言うのはどうかな。
ウリナラ史観にぴったりあうし、東條家の名誉も守れる。

454 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 04:57:45
徴兵検査に不合格ってことは成人男子として欠陥があるってことで
見合いも難しかったらしいしね。

455 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 06:23:47
津山 八つ墓

456 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 08:24:00
>>447
大変申し訳ないが、米軍機だって第二次大戦当時に緊急脱出用のパラシュートなんて積んでないよ。
米軍機に緊急射出装置が装備されはじめたのは1960年代。
射出装置なしでパラシュートだけ積み込んでも意味ない。
軍用機のコクピットにはパラシュートを装着するようなスペースはないし、
コクピットのキャノピを開けて機外に飛び出しても尾翼に叩きつけられるのが落ちだわな。

457 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 09:56:40
中曽根なんか海軍経理の将校だかんね。
危険が一番少なく美味しい部署。
食い物なんか戦線に送る前に自分たちで思いのまま。
漏れの爺さん(海軍経理の下士官)が言う事だから間違いない。
終戦時には軍需物資(毛布、缶詰等)をトラックにいっぱい積んできて隣近所に配ったと自慢しておった。
将校だった中曽根はもっと金目の物を持って来たに違いない。
鳩山だって生きて還ってきたところを見ると危険な戦線には送られなかったのだろう。
一応、金持ち権力者の子供はそう言う待遇(内地勤務など)を受けたと言う事だ。

一方、著名人でも戦争に批判的として特高に睨まれた奴はインパール作戦など危険な所へ送られた。


458 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:04:33
>>457のじいさんが盗人だったからって、経理関係者全員がそうだったということにはならないよ。
それは単にあなたのおじいさんのモラルが低かったということを証明しているに過ぎない。
まー、『みんなやってる!』ってのは、モラルの低い人間の決まり文句だから。

459 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:08:58
>>457のじいさんが盗人だったからって、横領犯の孫が妄想してます。

460 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:33:36
田中角栄は満鉄の建設資金くすねて持ってきて吉田茂に渡して政治資金にしたとされる。
児玉誉士夫は軍属として中国で軍が調達した物資を持ってきて、刑務所で一緒になった鳩山にその資金を渡して政党設立の資金にさせた。
笹川良一も上海資金を元に政治資金を自民党に供給し続けフィクサーとなった。

本来、日本国家に返すか、中国に返すべき物が保守派の資金になり政治が歪められてきた。


461 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:38:47
>>460
満鉄をなぜ支那に返す必要がある?


462 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:42:17
>>460
東条英機なんかより、そういうヤツこそ戦犯だよね。


463 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 10:50:14
日本史板ってもうちょっとマトモなんだと思ってたけど、妄想で
歴史を語り、特定の人物を批判するような連中ばかりなのか?

464 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 11:58:30
超Å級戦犯第一候補は瀬島龍三だろうな。
陸軍参謀として影で軍や政治を操り、終戦時には関東軍の将兵をソ連に売って5万人を死に追いやった。

465 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:21:46
制島龍三がソ連と取引して抑留問題を発生させたという証拠を示してください。
証拠無き場合は犬人間の戯言と判断し、逝ってもらいます。


466 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:30:49
>>457
鳩山も中曽根も、危険な外地に行ってるよ。
しかも中曽根は召集軍人の経理で、尉官クラスなので、
そんなおいしい目にはあえません。
むしろ、召集軍人の尉官は危険なところに行かされます。
軍隊の世界は、職業軍人優遇です。貧乏人だらけなので、
金持ちの息子ということがわかると通常の数倍はいじめ
られます。
経理試験は大卒の人が殺到したので、合格率はきわめて低く、
選び抜かれた賢い人がやっているので、貧乏人の子供でも
賢ければなれます。

467 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:40:17
ああ>>457のじいさんは尉官ですらないんだっけ。
当時大学に行くような人は>>457のじいさんみたいに
貧乏人じゃないからそういうこそ泥みたいなことしないんだよ。
角栄も貧乏人だしな。

468 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:42:01
>>457
首相にまでなった東条はものすごいものを盗んでったんだろうね。

469 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:44:35
「欲しがりません勝つまでは」といってたくせに、
東条の家族は、車で送り迎えだったらしいしさ。
軍の最前線ですらガソリンが足りないというのにね。


470 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 12:56:44
>>469
現在だって、省エネ、環境保護のためマイカー通勤を自粛しましょう!
なんて政府主導のキャンペーンをやってても、政治家は電車通勤しないもんな。


471 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 13:16:05
>>468

あなたの心です。

472 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 13:31:02
安倍なんかよりこのスレで嘘八百を並べてるバカのほうが百倍痛い

473 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:24:50
>>471
感動した

474 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:25:33
>>471
全米が泣いた

475 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:30:30
>>471
日本の戦前の領土の4分の3と320万人の日本人の命を盗んだんですよ。
心=魂ってことですか。

476 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:37:50
>>475
盗んだのは連合国。

477 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 14:57:48
>>476
そんな小学生みたいなあおりにはついていけません。

それに、戦死者大半は餓死および栄養失調死。
軍の無茶な作戦失敗による死人です。

478 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:03:18
>>477
補給船を攻撃したのも連合軍。
日本軍が殺せと命令したこともなければ、
餓死させろと命じたこともない。

479 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:08:19
真珠湾奇襲で特殊潜航艇の撃沈や十数機の日本軍機撃墜したのもアメリカ軍。

480 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:22:54
日本の作戦はたいてい、立てた段階からむちゃくちゃで、
補給など妨害されるまえに餓死してます。

それにしても東条マンセーは無茶区茶だな。
こんなのに同類として支持されてるだけでもやばいやつだね。

481 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:26:41
>>480
第二次対戦以前は全てそれで勝ってます。
そんな滅茶苦茶な作戦の前に撤退を余儀なくされた、
英仏蘭支の軍はもっと滅茶苦茶だったんだろうね。

482 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:40:36
>>481
もっと歴史を勉強したほうがいいかと。

483 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:43:19
戦犯などという言葉は無い。

484 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:46:40
戦前の我が国は貧富の格差が大きく、
貧乏人の多くが”銀シャリ”を「腹いっぱい」食うために、
帝国陸軍に入隊。天子様に仕えたんだろ?

現在の小泉「貧富の格差拡大」政策と、
後門のA級戦犯の孫に対する「宰相待望論」・・・

現内閣(+取巻きの財界人等)の狙い=日本の再軍備、と言うことが露見されている。

485 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 15:48:19
>>482
反論できなくなったときの月並みな逃げ口上だな。w


486 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:07:22
>>480
例えば、インパール作戦以外の他の作戦の兵站計画のどこが無茶苦茶だったのか、
具体的に教えてくれませんか?

487 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:07:51
>>457
>著名人でも戦争に批判的として特高に睨まれた奴はインパール作戦など危険な所へ送られた。

どこの誰がどこに送られたのかを陸軍の編成を踏まえて、もう少し詳しく語ってもらえるかな?
まさか、わざわざ疑わしい奴を選別して招集して、
わざわざ激戦地への増援の部隊に編入させたに違い無いという妄想前提で語ってないよね?

457改行前の文章には「違いない」とか「間違いない」とか、
チミ個人の脳内フィルターを通した所見が多く見受けられるようだが、
私が抜粋した部分も文末に「違いない」を付けたほうが良いのでは?
それから、海軍と陸軍は別組織。海軍がこうだからとかの決め付けは早計だろ。

488 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:08:55
>>471
なんつーか、野暮だねぇ…久々にこの台詞思い出したよ。

「ネタニマジレスカコワルイ」

489 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:13:57
>>487
>>457の文章の中に書かれている事実は1つだけ。
「457の爺さんが物資の横流しをしていたこと」
これだけ。
あとは全て妄想。


490 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:16:25

合宿研修とか研修訓練を国家公務員なり大企業なりに、
就職したヤツなら誰でも経験したことがあると思うが。

徴兵制度も研修制度もその本質は同じである。

491 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:23:53
>>490
曖昧な表現で、個人の経歴絡みでの配属を匂わしてるつもり?
旧陸軍の召集者は召集地域ごとで師団編制されてたってのを踏まえて語っているの?

492 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 16:51:33
>>491
東北勢は愚直で逃げ出す人間も少なかったから死亡率が高いとか
大阪人は世渡り上手でさっさと逃げ出すので死亡率が低かったとかって
伝説ができたのも出身地ごとに編成されていたかららしいね。

493 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 17:07:31
私の親類の例

祖父、(三十路)ボルネオだが最前線は未経験で終戦
大叔父(弟、二十歳前後)ガダルカナルで戦死
大叔父(その下の弟)レイテで戦死

もう一人の祖父(三十路)徴兵されるも内地で終戦

長男は偶然にも↑の祖父と同い年だ。
今でもそうだが、戦前なら立派なオッサンです。
普通に徴兵されても最前線は考えにくい。

494 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 17:59:36
>>493
それは単なる偶然。35までの年齢考慮なんてない。

495 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:04:25
米軍だってイラクの輸送部隊なら50歳まで募集をしてるぞ
運転手だが

496 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:06:15
自虐日本史が蔓延してますね。

497 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:13:10
>>494
東條が気に入らない新聞記者を無理矢理徴兵しようとしたんだが、
当時、大正生まれのオサーンは徴兵対象から外れていたので
どこかの部隊に大正生まれを徴兵して辻褄を合わせたはず。

東條を擁護する気はさらさら無いが「年齢考慮なんてない」は違うと思う。

498 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:21:11
正直、太平洋戦争のときの徴兵適齢期は大正生まれだろ。
昭和生まれは20歳未満だし、明治生まれは35以上。
大正生まれで当然なわけだが。

499 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:23:48
>>497
大正生まれ(20−35)が徴兵対象からはずされてたなんてアホすぎ。
太平洋戦争のメインの兵隊が大正生まれなんだよ。


500 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:43:06
うんこ

501 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:45:25
>>498-499
言われてみればそうだな…と思って昔見た記事を探してみたよ。

> また、個人的に嫌いな人物や敵対者を招集して激戦地に赴任させるというやりかたも
> 東條酷愛の方法で、実際に「竹槍では勝てない、飛行機だ」と自分に批判的な記事を書いた
> 毎日新聞の新名丈夫記者を37歳という高齢で二等兵召集し、硫黄島へ送ろうとした
> (これに新名記者が海軍従軍記者だった経過から海軍が抗議した。新名記者は大正年間に
> 徴兵検査をうけたのであるが、まだ当時は大正の老兵は1人も召集されてはいなかった。

「大正の老兵」だから大正生まれじゃなかったな。すまん。

502 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 18:46:37

http://sp.mt.tama.hosei.ac.jp/users/igajin/kinyoubi.htm

503 :日本@名無史さん:2005/07/14(木) 23:19:00
>>501
それでカムホラージュのために老兵を一船召集したと。
記者は海軍が助けたが、
船は船ごと沈められたなかったけ、その老兵軍団船

504 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 03:37:38
>>457
>食い物なんか戦線に送る前に自分たちで思いのまま
なんか勘違いしてるみたいだね。
おまいのイメージによると経理(正確には主計科)は、
みんな戦闘とは無縁の後方に位置してるみたいだけど、
彼らの多くも兵科の人たちと一緒に船に乗ってるんだけど。
実際、中曽根の船も攻撃されて目の前で人が焼け死ぬのを見たらしいし。
詳しいわけでもないのに主計科を
>危険が一番少なく
と言い切るのもどうかと思いますよ。
危険なら法務のほうが少ないと思うがね。

505 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 10:46:40
>>504
中隊の経理掛は下士官だけど、大隊の経理は尉官クラスの将校だね。
当然最前線の大隊にも経理将校は必ずいるもんね。



506 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 10:57:54
で、東条の息子はどうして戦争に行かなかったの?

507 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:20:41
「一切喋るなかれ」とかが東条の遺言じゃなかったのか?
いったんタガが外れたらよくもまあペラペラ喋ること。

508 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:55:17
主計科の経理は、戦闘記録つけるのも仕事で、書類資料をもって最後に
逃げないといけないから、けっこう死亡率高かったりするよ。
玉砕段階まで行かなければ、武器を持つことはないから、
軍人になるのにそれほど積極的でない一般大卒に人気だったけど。

法科こそ、公務員キャリア官僚からの移転が多くてコネちゃうの。

509 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 11:56:59
>>506
3人ともいかなかったのは確かにおかしいなあ。

510 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 12:34:08
靖国は分詞しないと言って、自分の首を絞めてるアホタレ

511 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 13:01:03
考えてみりゃアレですな?
東京大空襲、横浜大空襲、長崎、広島原爆投下、そのたもろもろ、
アノ当時の青春諸君は内地にいたものは全員、黒焦げになった死体を
見て片付けてたってだけで、PCの前で青春してる漏れらには想像はつきません
がな。
親や、兄弟が入院しただけで大騒ぎ。 その後、メンタルケアーだって、
彼らそんな、ケアもうけず、今の日本の礎を気づいたものな。
それだけは、凄いと思う。 漏れは、いまの小学生や生まれる児たちに何か
築けるのかな、なんてのんきに夏を待ってます。
ブログ風ですまん 

512 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 15:33:24
>>511
別に戦争に限らず、「死」というのはつい最近まで身近なものだった。
病気での死亡率は高かったし、事故や戦争などでの死も多かった。
しかも死体は野晒しだったり、週刊誌に写真が掲載されていたりした。
(今でも日航機墜落事故の時の朝日グラフは目に焼きついている)

それが現代では、どんどん現実感の無いものになってきている。
尼崎の事故の話をしていた高校生が、死体の状況を想像できなかった。
人が圧死して「モノ」になっている状況というのをイメージできていなかった。

それが良いのか悪いのかはわからんけどね。

513 :日本@名無史さん:2005/07/15(金) 23:02:21
瀬島龍三こそ戦犯。
死刑に城。

514 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 00:34:53
>>513
具体的にどんな戦争犯罪か言ってみれ

515 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 21:25:38
戦争犯罪と言うより日本国に対する裏切りの罪だ。
戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き
日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行っている。

さらに瀬島は関東軍の武装解除交渉の時、ソ連に日本兵捕虜を労役に使う事を提案した。
日本軍が捕虜を同じように扱ってきたから、日本将兵にも同じ扱いをするようにと提案した訳だ。

日本人は連合軍側の捕虜を労役に使った事で戦犯として裁かれた。
日本兵を労役に使ってくれと提案した瀬島は日本によって裁かれるべき戦犯と言える。

さらに外国兵の捕虜が労役に使われていた事を瀬島は知っていた。
彼の指示で捕虜の扱いが行われていた可能性も残る。
となれば東京裁判でも彼は裁かれるべきだった。
しかし、彼はソ連と取引し、これを免れた疑いがある。


516 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 21:50:54
それは何で得た知識なのか?

517 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 21:55:59
>ソ連に日本兵捕虜を労役に使う事を提案した。
>日本人は連合軍側の捕虜を労役に使った事で戦犯として裁かれた。
>彼はソ連と取引し、これを免れた疑いがある。

以上の点に関しての質問である。>>516

518 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 22:03:57
ソビエトがいきなり満州に雪崩れ込んできたと思っているヤシが多いが、
ソビエトが同じ連合国で中国が中国領と主張している満州に勝手に侵攻
できるわけがないんだよね。
ソビエト・中国・日本である種の合意があって初めてソビエトの満州
侵攻とシベリア抑留が可能となる。


519 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 22:47:14
国民党政府の合意は理解できるが、
日本の「ある種の合意」が不可欠となる理由が判らない。

520 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 23:30:15
>それは何で得た知識なのか?

それは常識として覚えておく事。
昭和天皇も彼をこっぴどく批判していた。
ロシアが関東軍との合意文書を発表した時、彼は酷くうろたえていた、らしい。
新聞にも載っていた。
漏れの親父は瀬島ファンで著書を5冊くらい持っていたが、その事実が新聞、文芸春秋に載るとみんな棄ててしまった。

彼の著書はウソで固められている。彼をソ連のスパイと称する人間もいる。
持ってる本があれば棄てた方がいいぞ。

521 :日本@名無史さん:2005/07/16(土) 23:50:11
>>520さんはちょっと可哀想な人なので許してあげてください。
世界の全ては陰謀で動いていると思ってるんです。
次あたり出てくる話題はユダヤとかでしょう。

522 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 00:36:31
昭和天皇の瀬島評

「先の大戦において私の命令だというので、戦線の第一線に立って戦った将兵たちを咎めるわけにはいかない。
しかし許しがたいのは、この戦争を計画し、開戦を促し、全部に渡ってそれを行い、なおかつ敗戦の後も引き続き
日本の国家権力の有力な立場にあって、指導的役割を果たし戦争責任の回避を行っている者である。
瀬島のような者がそれだ」
(田中清玄自伝:文芸春秋:1993)
田中は「私のみるところ瀬島とゾルゲ事件の尾崎秀実は感じが同じだとね」としている。
田中は瀬島をソ連に屈服したスパイとみなしているのだろう。

523 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 01:24:57
>>515
●最初の3行について
「日本国に対する裏切りの罪」それなら話は分かる。
が、>>513で「戦犯」だとか「死刑にしろ」と言ってるのは電波だろと。
>>513と別人なら失礼。

●4行目以下は、基本的な部分を勘違しているみたいなので意味を為さない。
・下士官兵の捕虜に労役を課すこと
・将校の捕虜にその監督をさせること
以上の2点は戦時国際法で認められた合法行為なんですけど。

524 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 10:50:06
山田乙三名でワシレフスキー極東ソ連軍司令官宛文書が残っている(当然、起案したのは参謀だが)
「(ワシレフスキー元帥に対する報告書=8月29日付)、居留民については、其の希望者はなるべく
駐満の上、貴軍の経営に協力せしめ、其の他は内地に帰還せしめられ度い。軍人についても同じく
希望者は駐満、その他は逐次内地帰還を願う。右、帰還までの間に於きましては極力貴軍の経営に
強力する如くお願い度いと思います」
ソ連はこの文書がなくとも、捕虜はシベリア等で使役に使うことを決めていたにしろ、関東軍司令官名で
こうした申し入れていたことは動かせない事実

525 :524:2005/07/17(日) 10:53:28
強力>協力

526 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 11:16:23
東条の孫娘ね。普通はおとなしくしてるもんだが。

527 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 13:43:48
コメントお願いします。

マスコミ評論 社会*政治
http://blogs.yahoo.co.jp/tlabyo

528 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:13:04
遺族が騒いだら、東条英機が恥を忍んで絞首刑になった意味がないじゃん。

529 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 14:14:44
>>528
 靖国に東条英機を合祀したら、東条英機が恥を忍んで絞首刑になった意味がないじゃん。


530 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 23:35:10
>>524
軍人についても同じく希望者は駐満、その他は逐次内地帰還を願う。

531 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 23:35:32
セカキョウいけw
http://www.kiken.nu/bbs.html

532 :日本@名無史さん:2005/07/17(日) 23:36:11
セカキョウいけw
http://www.kiken.nu/bbs.html

533 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 11:05:24
>>529
そりゃ宗教法人靖国にいわな、国が手出しできんのやから

534 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 13:45:54
靖国は癌だな

535 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 20:38:04
>>533
 というのは建前で、国から靖国に送る名簿で合祀しているんだったよな。


536 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:03:06
>>1は人権侵害行為。
「犯罪者の孫はTVに出るな」と言ってます。
明らかに犯罪者とその家族の人権を踏みにじっています。

といってみる

537 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:43:50
>>535
そうだそうだ、そうだった!
確信犯だな。名簿送った方も靖国も。
昭和天皇は非常に気分を害したらしい

538 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 21:58:00
そもそも、現在合祀されているA級戦犯に、生前「靖国神社に合祀しても
いいか?」と聞いたら、全員が絶対にそれだけは止めてほしいと本心から
言ったと思うね。それにもかかわらず合祀した人々は実に意地が悪い。


539 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 22:00:04
そうなんだよ、昭和天皇は1945、52、54、57、59、65、69、75年と毎年ではないが
参拝していた、それが78年にA級戦犯が合祀されてからはいっさい参拝していない
勿論、今上天皇はゼロ。靖国神社にとって何が痛いといってこれくらい痛い打撃はない

540 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:00:24
A級戦犯を合祀し、先日亡くなった松平宮司は非常に陰険な性格で、高松宮日記
も焼けと言ったそうだな。
http://www2.big.or.jp/~yabuki/doc01-8/yasukuni.htm

『高松宮(宣仁親王)日記』を如何にすべきかといふ喜久子妃の相談に對しては、
之を燒却すべきとの意見を述べてをり(高松宮妃喜久子『菊と葵のものがたり』
中央公論社、一九九八年十一月、四八頁)、歴史に對する認識に於ても著しく缺け
てゐる人物であつたことが窺はれる(『入江相政日記』昭和五十五年五月三十日、
昭和五十八年三月十四日)。


541 :日本@名無史さん:2005/07/18(月) 23:00:32
>>539
自分で決めたことだから。
でも、予想しなかったのかな?

542 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 06:58:12
そんで窮し果てた神社側が遺族会使ってせめて首相の参拝を、と運動したのか?

543 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 08:40:54
でさ、日本の古来の宗教は神道になってるらしいけど
天皇家って、どこの神道に属してるの?
例えば吉田神道とかありますよね?
それと、聖徳太子が一時記、神道より、仏法を敬えなんておっしゃってた
けどあれって、皇室の神道離れと相反してるんじゃないんでつか?
詳しい方、教えてチョンマゲ

544 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 09:49:08
>>543
そういう発想をしている限り、神道を理解するのは難しいと思う。マジで。

545 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 10:23:48
>>544
そうか、ありがとう。
じゃ、そんなこと考えるの止めて
専攻の物理学に戻ります

546 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 11:35:39
天皇はキリスト教徒

547 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 13:13:16
痛いね>靖国

548 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:05:21
国立無宗教戦没者慰霊地を望んでるのが世論では圧倒的なようで

549 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:19:48
今上陛下がカミングアウトしてくださるのが最善かと。


550 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:22:59
靖国の問題には、天皇の意思は一切関係ねぇっす。

大体、無宗教で慰霊ってものすごい矛盾だよ。


551 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:34:16
靖国なんかいらないよ。

552 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:40:47
「無宗教」教という宗教なんだから全然問題ない。


553 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:45:50
>551
靖国には戊辰戦争からの戦死者が奉ってある。
それも全否定するのか?
それじゃどこぞの宗教がやってた事と同じだな。


554 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:47:49
>>553
免罪符を否定したプロテスタントか?
免罪符を買った人はあの世でさぞ嘆いただろうな。


555 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 22:49:40
新興宗教の「国家神道」と神道は別物。

556 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:03:59
>555
仏教と日本の仏教は別物


557 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:41:25
最近の右傾化に気を強くしたのか、急にマスコミに登場したかと思えば、
古臭い「大東亜戦争肯定論」まくしたてるだけ。
東条家では、戦争のことは言わないって決めてたんじゃないの?
見てて見苦しい。引っ込めよ。

558 :日本@名無史さん:2005/07/19(火) 23:46:37
林の「大東亜戦争肯定論」はなかなか斬新だよ。
なにしろ、大東亜戦争で日本が背負った宿命を現代では中国が背負って
いると主張しているんだから。


559 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 00:01:51
>>558
中国ではそういう野望が出来てるみたいだね。
でもアメリカも着々と中国の周りの国(インド)を見方につけ始めている。
最後はエネルギー問題で秤量攻めするかもしれない。
中国も駄目だね。
ロシアから石油のパイプライン引いちゃって、
依存して、中国が戦争起こしたら、石油切られるだろうな。
中国もロシアも裏切るの平気でやる国だから、まいいか。
また昔の日本みたいにロシアから裏切られるだろうな。


560 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:02:42
とにかく安部氏と東条女史は痛すぎます。
そんなに靖国が大切なら自分で運営しろと言いたい。
あるいは靖国マニアだけで運営してくれ。

561 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 19:04:08
安倍だ。間違えた。

562 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 20:04:27
>>560
別に税金で靖国運営してるわけではないし、運営云々はお前が口を出す問題ではない。

563 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 20:08:33
太平洋戦争は自衛の為の戦争だったことはあきらか。
ABCD包囲網により資源を求めるには海外進出しか道はなかったのだ。
また欧米列強の植民地であったアジア諸国を独立させ,
大東亜共栄圏を作り共存共栄を計ろうとしただけで侵略の意志はなかった。
結局、東京裁判は勝者が敗者をいいように裁いただけ。

564 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:01:03
 かくて世界は欧州大陸強国を中心とするヨーロッパ、
アフリカに亙る一大ブロックと北米合衆国を中心とする
南北アメリカの一大ブロック、ソ聯を中心とする一大
ブロック、これに対しわが日、満、支、南洋を包含する
東亜大ブロックの四大ブロック国に大別せられんとする
趨勢にあり、世界の新らしき秩序が現実の課題となつて
来た。
 帝国の大理想は東亜に於ける新秩序の建設である。即
ちアジアの復興であり、興隆であり、繁栄である。その
東亜とは日、満、支を枢軸としこれに更に南方を包含し、
これによつて始めて世界のブロック圏に対して立ち得べ
き自給自足圏を確立し、帝国は東亜の指導国家たるの実
力を具備することが出来るのである。
 この自給自足圏は別言すれば、帝国の国防圏である。
この国防圏を確保せんがためには、我々は前途に於て、
いくつかの民族との戦ひを常に覚悟しなければならない
であらうし、これなくしては東亜の新秩序建設も望めな
いのである。しかも東亜新秩序建設の目標は大であり帝
国の大理想達成の前途には大いなる試練が横たはつてゐ
る。この大事業は勿論一朝一夕で出来上るものではな
い。満洲事変はその第一段階であり、支那事変はその第
二段階である。南方政策実現はその最後的段階であると
いへる。

 ”世界情勢と事変処理の目標”  陸軍省情報部 15.7.3

565 :日本@名無史さん:2005/07/20(水) 21:21:07

 世界新秩序建設を目ざす大東亜共栄圏の確立といふ皇国
の大方針は、日独伊三国条約の締結によつて新たなる段階に
入つた。政府としてはこの事態に照応すべく、基本的経済政
策中「日満支経済建設要綱」を過日の閣議に於て決定し、今
後この方針に基づき政策を統一し実行することとした。
 而して右政策の目標とするところは、新経済秩序観に
基づき日満支経済の綜合的発達を基底とする、大東亜共栄
圏の飛躍的前進を計画せんとするにある。
 憶ふに、各国が自由に物資を交易し得ることを建前とする
自由貿易の世界経済は、既に旧秩序としてわれ/\の眼前
に崩壊しつゝある。皇国の経済も、この旧秩序依存の旧体
制を振り捨てて、新たなる編成を決行せねばならぬ。

 ”「日満支経済建設要綱」決定す” 内閣情報部 15.11.13

566 :日本@名無史さん:2005/07/24(日) 15:36:50
>>562
ああ〜確かに税金で運営してるって勘違いしてる奴多いな。

567 :日本@名無史さん:2005/07/28(木) 11:58:10
>>566
あと首相が行けば公式参拝だとか思っている奴もな.

役所のモノの考え方を少しでも知っていたら
首相が当日の朝決定する「公式行事」なんて有り得ないのに.

568 :日本@名無史さん:2005/08/03(水) 01:30:17
第二次世界大戦って日本人何人ぐらい死んだの?チョンとか偽日本人はいれないで。

569 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 05:40:25
誇らしげにパフォーマンスしに行きたいだけだろ。
ほんとに追悼の念があるならこっそり変装して行けばいんんだ。

570 :日本@名無史さん:2005/08/08(月) 09:38:23
>>569
本当に追悼の気持ちがあるなら、逃げ隠れせず堂々と参拝すべき。

571 :どの国も資源や市場が目当てだよ:2005/08/09(火) 01:28:05
>>563

>太平洋戦争は自衛の為の戦争だったことはあきらか。
>ABCD包囲網により資源を求めるには海外進出しか道はなかったのだ。

オランダ領等を狙って、南部仏印に前線基地を作ろうとしたから、ABCDをされたんだろ

>また欧米列強の植民地であったアジア諸国を独立させ,
>大東亜共栄圏を作り共存共栄を計ろうとしただけで侵略の意志はなかった。

経済圏確保の為に、自国に都合の良い政権を建てていこうとしたんだよ
侵略か解放かは立場によって変わるだけ



572 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 02:08:27
>>571
仏印進駐は、日独仏の関係で平和的に進んだよ
英米蘭がこれを危険視し、敵対関係あったというだけで侵略とかそういう問題じゃない

独立の意思がある植民地の独立運動を援助することは開放といっていいだろう
結果として日本よりの政権ができたとして何の問題がある

573 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 03:00:39
>>572
>仏印進駐は、日独仏の関係で平和的に進んだよ

南部仏印進駐は自衛の範疇を越えて、蘭印等を狙ったリスクを取った行為。
仏印進駐時も恫喝外交の側面があった。

>結果として日本よりの政権ができたとして何の問題がある

都合の悪い運動は押さえ込み、皇軍への忠誠心を抱かせる方針だったよ
資源も日本優先で現地は後回し(まあ当然だが)
南方占領地行政実施要領を読め


574 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 04:01:32
けっきょくアメリカが世界のチャンピヨンになったわけだ

岸信介は昭和の偉大な政治家だ

東条は無能な軍人で日本を敗戦にした張本人。

岸は処刑されずみごと内閣総理大臣になって日本国家を作ってきた。
東条と岸は仲が悪かったらしい。


575 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 04:08:39
東條が糞なのは承知だろう。

576 :東條大将は:2005/08/09(火) 07:05:43
>>575おまいよりは、立派な人物ってのは確かだがな!

577 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:11:31
>>576
普通の日本人の何倍も有害だったろう。
あいつほど酷い日本人は歴史上探しても居ないんじゃないか。


578 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:23:24
東條は国内法でも有罪の犯罪者だろう。
本来なら日本人の手で処刑して、靖国に祀られるべきではないんだよ。

579 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:32:54
>>577おまいよりも東條首相が立派ってのも確かだろうなー
オウムの麻原の方が極悪人の糞だ!

580 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:37:05
極悪人ですらない。小悪人だ>トージョー

581 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:38:54
まともな日本人は、みんなA級戦犯が嫌いだよ。

582 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:42:18
>>580おまいより東條大将の方が器はでかいがなー

583 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:42:44
麻原もカルト的犯罪者だが、東条も同じような犯罪者だな。
私的で国家機構を動かして国士を自殺に追い込んだ売国奴東条だろ。

どっちも国益になっとらん。
東条が麻原より勝ってるのは、無能な指揮で、より多くの人を殺したことだろう。
陛下の赤子を餓死させちゃうんだから・・・東条は屑以下だな。

584 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:43:30
東条は懲罰人事するくらいの小物
器なんてないんじゃないの?

585 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:45:09
東條は当時の国会でも嫌われてて、登壇してもシーンとしてたくらいよ。
ゴミ宰相、、、ストーカーみたいなもんだからな。

孫娘もストーカーみたいに粘着なんだろうな。

586 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:47:06
靖国も東条なんか祀らなければ良かったのにな。
こいつは祀られる資格はないよ。

587 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 07:51:33
>>579
麻原は鮮人の血筋だからな。
東條も鮮人の犯罪者と比較するのが似合ってるってことかw

588 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:03:19
東條→大東亜戦争で日本を護るために敵をたくさん倒そうとした。
麻原→神聖オウム帝國樹立のためにオウム以外を全部殺そうとした。
大東亜戦争で同胞を殺したのは、連合軍なんだがなー
こんな簡単な事実も踏まえず東條大将と麻原同じような犯罪者って言い切る
>>583の脳みそも屑以下なんだがなー。


589 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:12:35
>>585シーンとしてたくらいよって・・。
見てきたように言うなよw

590 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:26:06
>>589
本くらい読めよ

591 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:27:03
>>588
陛下の赤子が餓死したのは連合軍のせい?


592 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:28:34
>>588
東条は己の立場を守るために憲兵を利用して強制自決させてるやないか。

593 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:31:36
>>590お前もな


594 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:32:18
東条のどこが立派なの?

595 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:35:01
>>594
日本必敗のレポートを無視して開戦し、
明治の先人が築いた遺産を失い、
当時、もっとも大切にしてた国体を崩壊させ、
多くの陛下赤子が餓死、水没死した・・・・


反日の人にとっては神のような人ですね。

596 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:36:51
>>591物資を積んだ我が輸送船を撃沈したのは、主に米潜水艦ですが、何か?


597 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:43:50
>>594
犯罪者として立派ですよ。

(1)中野正剛の自決
  中野の論文に東條が激怒し、憲兵隊の監視下で自決に追い込まれる。
  全国憲友会編「日本憲兵正史」では陸軍に入隊していた子息の「安全」
  と引きかえに自決を迫られたものと推定している。
(2)中村検事の召集事件
  東條の圧力で中野を取り調べた検事局は容疑不十分で釈放。
  その報復として四十三歳の中村登音担当検事に召集令状が届く。 
(3)松前重義の懲罰召集
  反東條派の松前工務局長は召集対象外の四十三歳にもかかわら
  ず二等兵で召集され爆薬船に乗せられ南方に送られた。冨永陸軍
  次官は「これは東條閣下の直接の命令で絶対に解除できぬ」と述べた。
(4)塚本少佐の処罰転任
  東條へ直言を試みて激怒を買い、即日サイパンの守備参謀に追い
  やられ戦死。当直将校のとき、東條夫人から私用の車を要求されて
  断ったのが伏線になったともいう。懲罰で玉砕地に追われた軍人は
  ほかに数例ある。
(5)新名丈夫記者の懲罰召集
  毎日新聞の新名記者の記事が東條を刺激し、陸軍へ一兵卒で召集
  された。
(6)谷田勇少将の左遷人事
  早期終戦を説いた谷田少将は憲兵に調査されたあと、最前線の
  ラバウルに転任させられた。

598 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:49:13
>>597の続き)
もし東京裁判がなく、代わりに日本人の手による国民裁判か軍法会議
が開かれた、と仮定した場合も、同じ理由で東條は決定的に不利な
立場に置かれたろう。既定法の枠内だけでも、刑法、陸軍刑法、
戦時刑事特別法、陸軍懲罰令など適用すべき法律に不足はなかった。
容疑対象としては、チャハル出兵、陽高の集団虐殺、中野正剛以下の
虐待事件、内閣総辞職前の策動などが並んだろう。

>>596
君は電波杉・・・(呆)

599 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:50:50
>>592やないかw
古来より時の権力者が己の立場を守る為に部下を謀殺したりする時はあるが何か?
オメーその遺族なのかよ!!あ?人の褌で相撲とるなよ!
おぞましい犯罪の発明者はだいたいお前と同じ訛りなんだよ!!



600 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:53:56
ここまで電波な東条擁護の釣り氏が居るとは・・・
マジなら真正厨房だろうな。夏だし・・・

601 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:57:44
>>595東條大将を悪し様に言うお前もとても支那人的だけどね。

602 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 08:58:02
夏ですね。

603 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 09:05:24
>>598その言葉そっくり返すよ。それに加えて君は共産党的で、社民党的で
支那人的だけどね。

604 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 10:44:31
東條擁護君は、東條上等兵の立派な点を指摘できなかったのね。


605 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 10:59:45
批判されている人を擁護するのに、立派な点をあげる必要はないよ。
批判にあたらないことを述べるのが筋というもの。
批判されていると別何とかところで立派なことを行っているとしても、それは別の話。
東條を批判している人間は何もかも話がごちゃ混ぜなのが特徴だな。

606 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 11:26:30
>>605そうそう。多分彼らは大東亞戦争の時の我が国の国情と東條の事を良く知らんのでしょう(^_^;)見方が著しく左翼的だし。左翼は不勉強で感情的だから。

607 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 11:37:42
>>1だいたいA級戦犯なんて用語は真の日本人なら使うなよ!!支那人は支那へ帰れ!

608 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 11:42:14
>>607
「無垢の民」なんて奇妙な日本語を使ってる時点で日本人じゃないでしょ?


609 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 12:35:40
>>608覚えたての日本語を駆使したものの無垢の民(^^)プッ

610 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 13:56:25
>>597
秦郁彦の著書からですか?

中野正剛の件は痛いな。

611 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 14:02:35
>>604 
君みたいな人がいざ戦時になると上官にへーこらすんだろうな。

例えば↓

604
「ワタスは生粋の日本人でありますニダよって皇国日本の
為に命を奉げる覚悟でございますニダ」

上官
「おいおい君!末尾の小ちゃいニダは生粋の日本人じゃないだろう?
おい誰か!こいつを対中工作の為に生粋の北朝ゾセン人に仕立て上げろ!」

604
「上官。ワッワッワタスはキッキッ生粋の日本人でありますニダ〜〜〜!」

てな感じで君は中共の囚われ者となるニダ。ww

612 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 14:23:15
>>611戦場にすら行かんて(^_^;)電話線切断、交通網破壊、その他我が自衛隊の邪魔をしてくれるさ。

613 :東條幕府:2005/08/09(火) 14:33:14

なんなんだここは?
東條を批判するとチョン工作員認定か?
東條は戦時中から嫌われてた事も知らないのか?アホウヨは


614 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:00:18
>>613
火病を発病したウヨ厨が必死に自演してるだけだ。
気にすんな。

615 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:03:11
>>613敵と味方の区別も出来ね〜テメ〜よりはまし。お前みたいなのがいれば支那も首相の靖国公式参拝にイチャモンつけがいがあるってもんよ。戦前の日本人の東條批判と敗戦後の東條批判の意味は性質が違う物なんで、あまり卑怯な真似すんなよ!田中隆吉もどきよ!!

616 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:07:03
なんなんだここは?
東條を擁護するとウヨ認定か?
東條は戦前戦中戦後を通じてから天皇の信任が厚かったことも知らんのか?アホチョンは


617 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:08:43
>>613もっとも田中隆吉の(罪を東條その他にひっかぶせ天皇に塁を及ばないように)した、小さな正義は、まだお前よりましだがな!!

618 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:11:17
軍国主義はやめましょう。

619 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:11:58

東條批判に過敏に反応しすぎるウヨ工作員により荒れてるな
戦時中から憲兵政治等で評判は芳しくなかったがね

620 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:23:42
森、
やっぱり小泉と阿吽の呼吸の小芝居だったなー。
ニコニコして8chのインタヴュー、受けやがって。
森、あんたもあいつらを追い出すために、解散したかったんでしょ?
そしてあいつらをうまーーく誘導したんでしょ?
小道具はビールとウーロン茶と干からびたチーズとサーモンか。
安くついたね。

621 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 15:30:16
>>618共産主義よりましだ。だいたい我が国の歴史に軍国主義だった時代はない。戦局悪化に伴う戦時体制の強化の事実誤認だろ?戦争の最中なら仕方ないな…

622 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 16:02:31
↑バカウヨ

623 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 16:20:22
>>622支那とチョソシンパの国賊左翼よりまし。だいたい621の言う通りだ。貴様歴史に疎いな(^_^;)しっかり勉強せえよ。

624 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 16:32:47
病んでるなこのスレは、日本史板とは思えん

625 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 20:01:44
夏なんだよ。

626 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 20:16:01
夏といえばヤスクニ厨の季節だが、今年は解散総選挙でそれどころじゃないな。

627 :日本@名無史さん:2005/08/09(火) 23:47:05
バカヴヨクは相変わらず多いな。
あるいは自作自演で多く見えるだけか?

628 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:41:36
左翼と書いて何と読む?左翼(くず)左翼(くそ)左翼(しな)左翼(あか)
同義語編 左翼=国賊 左翼=売国奴 左翼=国家転覆 左翼=反自衛隊
左翼=支那万歳 左翼=金正☆将軍マンセー左翼=北朝鮮拉致完全否定
左翼=靖国放火を夢見る 左翼=昭和殉難者冒涜 左翼=昭和殉難者遺族いじめ大好き
左翼=極悪犯人大好き(何人殺しても死刑に反対遺族無視)
左翼=軍人の偉大な功績と、異常殺人者の殺人の区別つかない
左翼=毛沢東、スターリン崇拝 左翼=皇室廃止を念願
左翼=日本人の敵


629 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:53:44
>>628
そんな左翼今時いねーよ(w

630 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 01:55:38
そういえば関東軍にいたという
うちの爺ちゃんも東条ヒデキを良く言わなかったな・・・

631 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:06:50
>>631東条ヒデキな・・
それはたぶん西城ヒデキのことの言い間違いだね。


632 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:09:13
>>630の間違い↑

633 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 02:22:37
くだらんネタでアンカーミスか。
ダサすぎるな。


634 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 14:20:31
>>1テメーの方が痛いよ!!遺族いじめしやがって!!貴様支那人だろ?さっさと大陸に帰れ!!!

635 ::2005/08/10(水) 14:20:40
戦争のこと詳しくは知らないけど、なんか東條さんカワイソウって感じ・・・
内閣にならなければ良かったのに・・時代が悪すぎたね。あの時代で内閣になった
ら戦争辞めるとかしたら国民が納得しなかったじゃない。ショウガナイよ。韓国も
中国ももう反日とかしてるけど日本は弁償してるんだからいいじゃん。

636 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 15:46:34
>>635
可哀想じゃないよ。元から対米強硬派だから。
対米戦回避の近衛首相を退陣に追い込んだ。
(元々は近衛のアホが元凶だが)

首相に任命されたのも、天皇の意から外れた言動を抑える為だろ。
とりあえず対米交渉を続けざるを得なくなった。


637 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 15:50:50
>>636
東條以外が首相に就任したところで、ハルノートを突きつけられては、
戦争に進展しない可能性は低いな。おそらく近衛首相が継続していても
対米戦は必死だったろう。

638 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:01:27
しかし近衛らが東条内閣を倒さなきゃ
今の日本があるかどうか・・・

639 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:06:51
東条はハルノート突きつけられるまでの責任もじゅうぶんあるだろ。

640 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:14:11
ないな。

641 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:16:48
和平派の近衛内閣が倒れた時点でアメリカも交渉する気ない

642 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:18:26
交渉する気がなく「戦争ありき」のアメリカ相手じゃ、
誰が首相だろうが戦争は避けられんな。

643 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:19:13
この禿は吊されて当然。

644 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:24:35
東条英機は漢!

645 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:33:56
勝つか負けるかやってみなければわからないとは言うが、
昭和二十年二月に
「敵は開戦前四週間にして日本を屈服せしめることができると豪語しておりましたが、
四年後の今日ようやく硫黄島にとりつくことができたといえようかと存じます。
空爆の程度もドイツとくらぶれば、ほんの序の口であります。」
と言っていた東条は負けそうになればどうするか、
どのように負けるかということは考えていなかったように思われる。
勝つか負けるかわからないなら、負けそうな時のことも考えておこうよ。

646 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:49:29
http://tinyurl.com/d8lf9
国力から行って、負けが決まってた戦争だ。

647 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:54:42
>>645
負けそうになったらどうするか、具体的に策があるか?
多分ソ連の腹が読めずに、米国との和平仲介をしてもらうつもりだったのだろう。


648 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 18:55:28
>>646
国力からいえば、日露戦争だって負けが決まってたよ。

649 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:06:19
>>647
だろうじゃなくって仲介をお願いしてなかったか?
何の本で読んだか覚えてないのでソースは出せないんだが.

650 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:06:25
しかし日露の時は勝っているうちから
早期終戦を目指そうと頑張っていたね。
東条はそんなこと考えてもみなかっただろう。

651 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:23:41
>>647
少なくとも近衛は陸軍学校の酒井に
無条件降伏をすればどうなるか研究をさせ、
外務省の伊藤にルーズベルトは天皇をどうするか調べさせるなどして、
終戦の為に東条内閣倒閣を目指していましたよ。

652 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:40:01
しかし、自分が訴追されるとは思ってもいなかった。

653 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:55:35
>>650
対米開戦だって、開戦前からソ連への仲介の根回しはしてただろ。
最終的にはソ連にそのつもりはなかったから失敗したが。

654 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 19:56:38
>>650
>日露の時は勝っているうちから
日露戦争には勝ってるうちしかないだろ!

655 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 21:49:58
>>654
そりゃ勝っているうちにやめたんだからそうだよ。
しかしこのスレにあるように国力からいえば
どう転ぶかわからなかった。
だからそこで日露の指導者と皇軍無敵の神話によった東条との差が明確になる。
東条はちょっと勝ちを拾っただけで「勝っている戦をなんですぐやめる」だからな。

656 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 21:58:43
勝ってるうちだろうが負け始めた段階だろうが、
あの戦争に関しては途中で和解する選択肢はないよ。
どういうプロセスで和解が可能だというんだ?


657 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 22:02:09
韓国ブームの正体

徴兵国家韓国に親しみを持たせて、日本にも徴兵制度を取り入れる気だ!

恐るべき、糞サヨども!


658 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 22:43:24
東條英機−軍隊=鈴木善幸

あー、この公式はテストに出るので良く覚えておくように!

659 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 22:55:47
援蒋ルート遮断
米太平洋艦隊に壊滅的損害
蒋介石および毛沢東拘束 日中戦争終結

この辺までいければなんとか・・・

660 :日本@名無史さん:2005/08/10(水) 23:49:02
>>656
和平っていうのは状況の悪化を想定してとる対策の一つだ。
そして俺は東条は敗戦の可能性を頭に入れていなかったと言う話をしている。

661 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 02:37:10
>>648
日清戦争モナー

662 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 03:58:20
日本軍の指導者たちはまず、南方資源地帯を早期確保。資源を日本に送還。
(これにより長期不敗の体制を築く)比島奪回を企図する米艦隊(戦艦を中心とする旧来型の編成の大艦隊)
を我が連合艦隊マーシャル沖、マリアナ沖いずれかで日本海海戦型の海戦で撃滅。
(キンメル提督は大艦巨砲主義者パイロット達をフライボーイと蔑称、もっとも
真珠湾以前の米海軍の主な提督は大艦巨砲主義)米艦隊の度洋形態は根拠地を設けず(あるいわ極小化)
決戦場への長躯進攻が予想された(戦前の米側の演習、フィリピン救援の国民世論などから)
真珠湾攻撃の戦果は撃沈ではなく沈座であって引き上げ修理可能、洋上の撃沈は艦の復活不能。
航空機は真珠湾攻撃以前は集団使用構想は(海上での)日米共に主流ではなかった。軍令部は迎撃戦略で
(上記のような)戦うつもりだったが、山本長官の強い決意に屈して、我が方に有利な迎撃戦略を放棄した。
次の米艦隊来襲までに駆逐隊を敵の通商破壊戦に備えさせる。これをくりかえし、両軍勝負なしの
長期持久戦に持ち込もうとした。戦後の日米両軍軍人の日本はこのようにすればよかったという構想は(日本必勝でなく不敗の戦略)多少の差異はあるが、上記のようなもの。
ちなみにドイツが欧州で勝利するという、前提。陸軍は早くから戦線を一気に後退させ、(後の絶対国防圏の線)
島の防備と負担軽減した連合艦隊から一部を船団護衛に回すよう、海軍側に度々懇請した。(連合艦隊の作戦構想により却下)
陸軍軍人は攻勢終末点、や補給の重要性 (実は陸大では相当厳しく教育していた)などから、海軍の提案による、南方全力展開に
相当強い危惧を抱いていた。戦後南方での補給不全将兵の餓死などの責任がなぜか、不当に陸軍のせいにされている。
しかも東條のせいだと血迷った認識まである。


663 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 05:42:24
大本営、東條参謀総長が補給の目処がないのに、
前線に兵を送り続けてるからしょうがないだろうよ。

陸海軍供に大好きな『統帥権』が災いしたんだな。

664 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 05:44:36
662を読むと名実供に日本帝國陸海軍は屑だな。


665 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 06:17:02
東京裁判自体不当なのになぜ東條英機ひとりこうもつるし上げられる。
大東亜戦争すべてのスケープゴートにされてしまったとしか思えない。

戦犯(正式には戦犯にされた)とはいえ英霊なんだから分祀するなんてひどすぎる。

666 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 06:22:45
一国の首相であるので負けたことに対する責任はとるべきだけど
他国に戦犯などと決めつけられて貶められてるのは納得いかない
戦犯にされた人々がキングカワイソス
東京裁判は不当なんだし、もうA級戦犯などという言葉は使うべきではないと思う

667 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 06:37:16
餓死の件は海軍のせいで、陸軍参謀総長の東條には責任がないってかw
さすが、無責任主義が跋扈する国だけあるな。

668 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 06:56:17
極東国際裁判(東京裁判)は「平和に対する犯罪者」を裁くわけだからねえ。
そういう意味で不当な裁判って事だろ。陸軍海軍云々じゃないだろ。
むしろ本来ならとるーまんあたりも死刑にされてもいいはずなのになあ。ピカドン落としたわけだしね。
勝者はなんでも正当化できるからね。
戦争なんてすべてが理不尽なもの。それがまるで戦犯=東條みたい。

>無責任主義が跋扈する国だけあるな。
君どこの国の人?

>>666
確かにA級戦犯って言葉は使うべきではない。
責任者が責任とって処罰されるのはもっともであるが、他国からの不当な裁判でもちゃんと受け入れ捌きを受けた人を自国(日本人ねw)の人間がここまでこき下ろすのはどうなの?

669 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 07:16:27
やはり東條一族はクズの集まりだな。

まずは、国民に迷惑をかけたことを一族全員が自決して詫びていただきたいものだ。


670 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 07:16:37
>>664当時の陸海軍をクズだと言うのは勝手だが当時の日本が軍隊を持ったらアレが精一杯だって。だいたいクズと言い切るところが極めて皮相で浅薄だがな。まるで土井たか子並に無知だなお前。

671 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 07:29:51
>>667は?当時は陸海軍並立で互いに完全平等だぜ?参謀総長と軍令部総長は同格。だいたい征海権のない島になんで補給できるのよ?陸軍に征海権確保させるなんて話、古来からね〜し。

672 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 07:40:30
669は日本人ではないな〜支那人だろ?東條さんと毛沢東比べたら単純に毛沢東の方がひどいからさ〜日本の事に首つっこむなよ。日本はおたくの国よりレベル高いからさ〜自分の国をシッカリさせなよ。

673 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:01:58
>>668
同じ意見みたいなので嬉しいです

今の学生運動世代が定年でいなくなることによって今のような風潮も変わるのかな?
魯迅か誰かが「その国の未来を見るには青年の意見を見るべき」みたいなことを言ってた気がする
んだけど、今の若者ってこうやってネットで意見を述べてる人たちなのか無関心の若者たちなのかがわからない

674 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:12:22
>>660
逃げずに答えなよ。w
敗戦の可能性を頭に入れた人が首相だったとしたら具体的にどんな和平交渉のプロセスをとるの?

675 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:20:56
あの戦争は和平なんて出来るわけのない戦争だったと思う
日本はアメリカの執拗な嫌がらせからの自衛戦争で国民もそれをわかっていた
早期決戦での和平を考えてたみたいだけどそれさえ叶わない状況だったんだから
和平なんぞ無理だった

676 :660:2005/08/11(木) 08:26:19
>>674
あの戦争では日露のような和平は出来なかっただろう。以上。

677 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:38:00
>>676
できないものを望んで、それを行わなかったものを非難しても意味がない。


678 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:44:01
>>665まったくその通り!!

679 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:45:13
やはりネトウヨは好戦的なクズの集まりだな。

680 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 08:55:08
サヨは自国民を大虐殺してでも権力にしがみつくクズの集まりだな。
他国に国を売ってでも権力の座に固執する。それがサヨの本質。

681 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:04:12
>他国に国を売ってでも権力の座に固執する。
親米ウヨも(ry

682 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:06:03
なぜ右翼になるのかがわからない
真実を言ってるだけでしょ

683 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:08:52
近代になって、自国民の大量虐殺を行ったのは例外なくサヨw

684 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:26:40
>>677
だから対策の一つと書いてあるだろう。
和平を試みていれば敗戦の危険性を考慮していたと言うことが成り立つが、
和平を試みていなければ敗戦の危険性を考慮していなかったとはいえない。
よってこの時点では日露の指導者の考えを判断できても
東条の考えを判断する事はできない。
しかし、東条が勝っているからどんどん侵攻していいと考えていたり、
敗戦確実なのにまだ序の口と言っているのをみればもうアウト。

685 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:39:09
>>684
>和平を試みていれば
具体的にどういう和平プロセス?

686 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:42:30
>>670
あれで精一杯?
あの無能な連中には精一杯だろう。
電波もほどほどになw

>>671
ばかか?
そんなとこにがんがん兵を送るなよ。
例:フィリピン

687 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:44:28
銃剣術に重きをおく陸軍なんて日本ぐらいでしたね。
これで間抜けっぷりが分るだろうよ。

688 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:46:54
>>682きみきみ。右翼ってのは誉め言葉だから。左翼なんてレッテルよりいいじゃね〜か(^^)気にするな。左翼なんぞ、オウムの破防法に反対したり、北朝鮮に融和的だったり、永山則夫を偉大な文学者と言ったり。左翼は脳みそ腐ってます。これからは右翼の時代です。

689 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:51:15
>>687
馬術に重きを置いてたフランス陸軍は?

690 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:51:57
右翼の故野村氏は「右翼は左翼のアンチテーゼとして存在する。」と言ってました。
左翼が消えれば、右翼も終わりだね。

>>670
ちみね、
完全に平等なんて言われても、協力できないってことにならんでしょう。
宿題でもやってなさい!

691 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 09:53:21
>>689
4航で敵前逃亡しなかった鈴木参謀の陸軍批判だからね。


692 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:03:22
>>670完全な平等だったから協力すらできなかったんだよ。だからその教訓が活かされて防衛大学校と自衛隊の組織があるわけ(統幕議長の下に陸海空の幕僚長)ちなみに当時の軍人達はお互い協力関係ではなく競争相手と言っていた。(酷い時は敵とも)

693 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:10:24
>>687君は無知だなー明治末頃にはマシンガンについての議論もあったし第一次大戦後には火力の重視、飛行機、戦車の導入など陸軍の首脳も認識してたの!!思い切った改編ができなかったのは日本が極端に貧乏で資源がないからだろうが!

694 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:10:24
>>692
統幕議長を置いても、統幕議長にどこの出身者がなるかでもめるでしょ?

695 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:18:02
>>688

右翼が褒め言葉?w
左翼と同様、アホがなるものだろw


696 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:22:03
>>694スムーズなもちまわりさ(^_^;)まぁ戦前の凄まじい内部抗争か?ってぐらいよりはだいぶ前進だよ。 まぁ完全な組織など有り得ないから、戦中の陸海の対立の教訓は活かされてるね。

697 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:37:20
>>695ノンポリで澄まして俺こそ利口なのさ!なんてお前はただのクズだけどな。

698 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:42:44
>>693
その言は帝國陸軍の鈴木参謀のものな
鈴木参謀が無知だってことねw

良く分りました。

699 :ウヨサヨは日本史板の迷惑:2005/08/11(木) 10:43:08
>>697
ノンポリじゃない歴史知識を持った人でも
ウヨサヨを迷惑がる人は多い

物事を一面的にしか見ず、相手をヒステリックに罵倒するアホ共

ここも東條批判にすら耐えられないアホウヨによって荒らされてる


700 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 10:44:24
アホウヨはうんこ

701 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:03:02
>>698鈴木参謀だか何だか知らんが、まぁアンタは絶対に鈴木参謀より軍事知識ないのは確実だね。国が貧乏で資源がないのは軍人の責任でもなんでもないし。道理も分からん貴様みたいなのが東條けしからんとか言う事すら笑っちゃうよ(^^)

702 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:05:02
700は支那

703 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:06:23
×シナ
○中国

704 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:07:10
○支那
×中国


705 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:22:53
シナなんてバカウヨしか使わない死語

706 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:25:36
>>705
「フランス語は死語」ってことね。
どこぞの知事の支持者?

707 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:34:07
>>705このご時世に支那に気使う気持ちがわからん。反日暴動は見ていて気持ち良かったかい?

708 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:34:08
フランス語はシーヌ、シノワだろ。
日本語なら中国。

709 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 11:35:24
ことさらに半世紀以上前の死語にこだわるレイシストこそ、某知事のはずだが。

710 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:00:11
以前、チャンコロ政府が日本の中国地方が気に入らんから解明せよと、内政干渉
つまり、いちゃモンをつけてきた。しかし、由来を聞かされてを恥をかいたという。
まあ、政府高官もその程度の民度ですわ。

例えば、アレキサンドリアって地名、アメリカのワシントンDCの近くにあるが
エジプトのアレキサンドリアがいちゃモンを、言ってきたとはトンと聴かない。
徹底的に、野中や、河野、加藤、橋本の土下座外交が響いてるな。

711 ::2005/08/11(木) 12:01:26
解明は 改名レス スマ祖

712 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:02:06
日本語では支那。
「中国」は、日本の中国地方のこと。
あるいは、中華民国、中華人民共和国のことであって、
夏や周、秦、漢などから始まり中華民国/中華人民共和国に至る
あの地域一体をあらわす言葉ではない。


713 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:03:06
>>709
支那という言葉と差別はなんら関係ないな。


714 :?♪:2005/08/11(木) 12:04:47
>>658
鈴木善幸は,政治家としてそんなに無能ではないと思ふ.よって
東条英機ー軍隊=鈴木善幸
が成り立つためには,軍隊<0でなければならぬ.

715 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:09:53
鈴木善幸は、凡庸で鈍牛のように見えて、
首相になったときには、抜群の調整力を発揮したからね。
現在のように自民党内の抗争が激しい渦中に総裁になったが、
見事に党をまとめ上げ抗争を鎮めたからな。
地味ではあったが極めて実務能力の高い人物だった。


716 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:09:59
>>701
おまえもなw

717 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:11:56
東條批判にも耐えられず狂ってるバカが居るな。
今時、ウヨの極東でも耐えてるのに・・・夏にしてもレベル低すぎ。

東條信者も糞だな。

718 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:14:04
とうの東条さんはあの世でサッカーのレフリーとたこ焼きや屋さんをやっています。
本当だよ!!臨死体験で見かけたから!!

719 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:20:11
東條なんざ、首相当時から影口をたたかれてたろ。



720 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:21:45
>>696
> >>694スムーズなもちまわりさ(^_^;)まぁ戦前の凄まじい内部抗争か?

だから糞なんだろうw
君は厨房らしく宿題やりなよ。

721 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:23:05
>>719
陰口を叩かれたことのない国家指導者って、
例えば誰がいますか?

722 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:28:04
日本人が東條を罵倒する姿は支那人からみたらお笑いだ!!支那人から見たら我々全員小日本!まぁここのスレの反東條は支那かチョソだろうが(^^)日本人で東條罵倒する奴は糞だ!!まして遺族まで罵倒する奴は人間以下。

723 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:28:05
>>721
指導者なんだから陰口叩かれて普通なんだから、
目くじら立てて必死にボケた反論して馬鹿じゃないの?

と言いたかっただけですね。

724 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:30:14
>>716おいおい、ちゃんと反論せぇよ(^^)涙拭いてからで良いからさ〜ぼく?泣かないのよ?

725 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:31:28
>>724
いいかげん迷惑なんだよ。
スレ荒らして楽しいのか?
小学生君。

726 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 12:55:34
>>725テメーみて〜なのはこれからの日本に迷惑なんだよ!赤ちゃん。

727 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:01:43
>>726
貴方も迷惑ですから。
そろそろ良い年なんじゃないの?

728 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:02:50
まぁ左翼ってのは不勉強で無知な人が多いですね。阪神大震災で村山がオロオロして被害拡大したけど、ここのカキコの左翼見てると納得だ。

729 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:18:53
シナなんて死語を得意げに使ってる連中が何を言ったところで説得力ゼロ

730 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:24:33
東條は自決すべきだったな

731 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:32:17
「支那」は生きた日本語!

732 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:36:53
>>729
支那と書いて「ちゃいな」と読ませれば無問題。

733 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:43:05
支那(北京政府)でいいじゃん。

734 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:49:10
ネトウヨだらけだな、おい

735 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 13:53:34
支那竹もだめ?一発変換できたぞ。

736 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 14:01:37
シナチク 一発変換できんぞ。嘘つくな!!

737 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 14:07:45
支那の便所(大の方)は仕切りがない。

738 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 14:13:30
メンマ

739 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 14:39:38
けっこう双方やりあっている気がするんが「ネトウヨだらけ」
と言うからには反論しているのは一人なのかな。

740 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 14:51:00
>>739
東條批判する人(サヨとは限らん)

東條批判に耐えられず、相手をサヨ認定して叩くウヨ(板荒れまくり)

↑をうっとうしがる人


741 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 21:06:22
東條擁護する人(ウヨとは限らん)

東條擁護に耐えられず、相手をウヨ認定して叩くサヨ(板荒れまくり)

↑をうっとうしがる人


742 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 21:09:10
東條は生まれた時代が悪すぎた
他の軍人、政治家どもにも言えることだが
結局(時代遅れの)帝国主義、
極東という地理的不遇、
無理矢理近代国家への道を歩まされた歴史、
日本の暴走・敗戦は必然ですかね?
なら、歴史を勉強する意味ってなんでしょうか

743 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 21:16:50
歴史に学んで成功することもあれば、失敗することもある。
別に未来のシミュレーションとして歴史を学んでいるのではないからそれでいい。

744 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 22:08:11
>>741
東條批判に対して、下らんレッテル張りを始めたのはウヨの方だが

745 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 22:57:07
東條は戦争を抑えるために、天皇から希望されて総理になったらしい。
しかし、日本の現状と各国欧州の思惑から終戦にはできず、アメリカ戦線布告となってしまったらしいし・・・
A級戦犯なんて作られたレッテルはこだわる必要ないんじゃないか?
なんかゴーマニズムかじってるような書き込みが見受けられる気がする。


746 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:04:21


東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 

東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 

東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 



747 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:11:12
東條の行動には見下げ果ててため息が出ます。

748 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:15:13
でもあの時の日本はもう戦争するしかなかったんじゃないか?通州事件やABCD包囲網なんてやられたら誰でもキレるだろ!

749 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:21:31
東條さんは東京裁判のとき「アジアの人々に、この大戦を理解してもらえなかった
ことが、敗因だ」と言った。
でも、東條さん、日本は負けたが、歴史のパラドックスによって、
アジアの人々は、白人の隷属から解放され、今や世界は人種差別を否定してます。
先の大戦は決して無駄ではなかったのです。
どうぞ、安らかに靖国で眠って下さい。

750 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:33:22
当時日本はもうなすすべもない状況下だろうよ。
東條も国のために色々考えたのだと思うよ?
なのにそのときの困難な状況も考慮せず「悪いのは東條だ!」と戦争のすべての押し付けるのはおかしい。
A級戦犯=スケープゴートとはよくいったものだね。
天皇の代わりに全責任かぶったのに。

ちなみに東條英機擁護=ウヨではないと思う。
個人の意見を書き込んでてだからお前はウヨだ!って、つまりサヨ=在日と同レベルだよ。


751 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:38:26
>>748
同意。追い込まれてたね。
キレルまではいかなくてもまあ黙っちゃいられないですよ。日本人なら。

752 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:41:15
>>744
東條擁護に対して、下らんレッテル張りを始めたのはサヨの方だが

753 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:48:54
日本人にもっと自尊心を・・・

754 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:49:21
>>748,751
こらこら、通集事件とABCD包囲網を同じように語るな

755 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:55:07
サヨって言われるならウヨのほうが(ry

756 :日本@名無史さん:2005/08/11(木) 23:59:38
軍国主義はやめましょう。

757 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:00:43
やっぱりネトウヨ東條厨はバカ丸出しだな。
ついでにティムポも丸出しにして町の中を歩ってろ。

758 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:00:41
>>748 通州事件当時の状況

よその国に居て、しかもその国の市民が血みどろになつて国運改新の悪戦苦闘を続けて居る真ん中に踏み留つて、己れの躯には一指をも触れさせまいとするのは余りに虫のよ過ぎる要求ではあるまいか。
 生命財産が惜くばすみやかに一時引き揚げたがよい。
 現に北京天津方面では西洋人などは婦人小児を皆安全な地点に移したといふではないか。
 この方面で婦人や子供の呑気さうにブラ/\して居るのは日本人に限ると云ふ。
 そして彼等はそのままの生活を安楽に続け得るように保護してもらひたいと、しきりに本国に出兵を要求するのである。
(”対支出兵問題” 吉野作造 昭和二年)


759 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:04:46
>>758
この文は1927年だから第二次山東出兵時(済南事件)頃の話ね。
 でも日華事変勃発後の通州も状況は同じだったはず。 

760 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:05:40
>>758
通州事件 昭和12年7月

761 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:17:01
>>750
東條英機批判=サヨはないと思う。
個人の意見を書き込んでてだからお前はサヨだ!って、
つまりウヨ=荒らしと同レベルだよ。

762 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:19:53
>>748
日本の行動を完全無視するなってw

763 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 00:26:45
『東條が悪い』と『東條だけが悪い』をウヨは混同してるんじゃないか?


764 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 01:21:40
天声人語 一九四八年一月八日
 キーナン検事の尋問に対して東条被告は『首相として戦争を起こしたことは道徳的にも法
律的にも正しかった』と答えている。東条が法廷で何を言おうとそれはかまわぬ。思った通
りをそのまま言えばよい。東条一人が前非を悔いてしおらしいことを言ってみても今さら何
の足しにもならぬ。われわれもまた東条の言辞を相手に論争しようとはおもわぬ。
 問題は、東条の陳述に国民がどんな反応を起こすかである。アルカリ反応するか酸性反応
を示すかである。諸外国の注意もそこにある。外人記者も言っている。『世界は東条の口許を
見てはいない。東条の言を聞いた国民の表情を注視しているのだ』と。
 このごろ電車の中などで『東条サンは人気を取りもどしたね』などと言うのを耳にするこ
とがある。『朝日』への投書などにも東条礼賛のものがよくある。沈黙している大部分の国民
は、いまさら東条らのカストリ的、璽光尊的迷句に酔うとは思われない。が一部に東条陳述
共鳴の気分が隠見していることは見のがしてはならない。
 それは歴史のフィルムを逆に回すことだ。民主主義のプールに飛び込んだはずの水泳選手
が、開戦前の侵略的飛び込み台に逆もどりするにひとしい。それはまた、美しいワイマール
憲法を作ったドイツ国民が、ナチスの毒虫にむしばまれてしまったことを連想させる。


765 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:07:52
東條の開戦責任とか、敗戦責任とかはあるが、東條内閣だけではないのは分る。
東條英機は大日本帝國憲法下で私欲による違法行為>>597がやばすぎる。

極東裁判なるまやかしで処刑されたおかげで、東條は靖国に祀られてるが、
本来なら、大日本帝國下の法規に従って処罰されるべきだったよな。
国会で所謂A級戦犯の復権された時にでも、これらの悪行を裁いて公平にすべきだった。

その方が日本人の為になったんだが・・・言っても始まらん話だがな。

766 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:11:51
>>736
人によるんじゃね?
東條が全部悪いと頑なに信じてる人もいらっしゃるようだし。
A級戦犯とされている東條への擁護と、政治家としての東條の批判が混同しすぎだしね。

>>764
反吐がでそうな文章だね。
でも、過去を切捨て、気持ちを切り替えてやっていこうというメッセージなのかなこれは。
東條という人柱を捧げて。

767 :766:2005/08/12(金) 03:13:07
訂正
>>763

吊ってくる

768 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:35:30
>>766
つか人物の評価と行動の評価を区別できてない輩がいると思う。
それと個人としての犯罪(粛清とか)と、歴史的に断罪すべきこと
(政治的な誤り)を分けて考えられない輩もいるな。
同一人物かもしれんが。

ついでに言えばその辺をごちゃ混ぜにして書いている当人が馬鹿に
されたのに東條擁護と受け取ってウヨがどうのと騒いでいる輩もいる。
同一人物かもしれんが。

769 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:41:23
東條は首相(政治家の頭)、陸相(軍政の頭)、参謀総長(軍令の頭)と兼任した時期があったからな。
責任が多岐に渡り混同しやすい側面はあるな。

770 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:44:18
ウヨと言われてる奴も混同してるな。

771 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:46:41
ウヨ・サヨ論争する人がまともな意見を述べてる事は少ない。
そういう方々は迷惑ですが、煽って遊ぶのは面白い。

772 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 03:52:39

結局、東條批判に対して、
シナ工作員だのチョンだの騒ぎ出したウヨが馬鹿

それだけの事
話の路線を戻そう


773 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 04:00:10
>>772
>>771

774 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 06:22:12
東條天皇閣下と揶揄されるほど役職を兼任してたから、
軍事上の責任の一端もあるだろうよ。
東條だけではないが、東條に責任がないわけではない。


775 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 07:43:52


東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 

東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 

東 條 は 存 在 自 体 が 大 罪 



776 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 08:46:22
   

   東 條 閣 下 は 日 本 が 世 界 に 誇 れ る 英 雄

   東 條 閣 下 は ア ジ ア の 解 放 者

   東 條 閣 下 は 靖 国 に 祀 ら れ て る 神

777 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 09:05:08

   東 條 は 日 本 が 世 界 に 恥 じ る 戦 犯

   東 條 は ア ジ ア の 侵 略 者

   東 條 は 靖 国 に 祀 ら れ て る 邪 神


778 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 09:09:34
>>777
バカサヨ氏んでね(^^)支那かチョソなら国に帰ってね。

779 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 09:11:01
>>774
その責任は日本国家に対してのものであって、
他国に追及されるべき筋合いのものではない。
また例え日本国民が彼を裁くにしても、他にどういう選択肢があり、
その他の選択肢を採用しなかったことが極めて不合理であり国家の利に反することを企図して行ったことが証明されない限り、
背任には問えないら現在の日本で裁判しても無罪だよ。

780 :774:2005/08/12(金) 09:21:23
>>779
他国云々は当然でしょう。

多岐に渡る責任があると裁判にはならんでしょう?
そういう常識は持ち合わせてますよ。
失敗した責任=犯罪、みたいな思い込みをもってると勝手に推察されてもね(呆

>>597-598の内容に関しては秦郁彦氏が法律に照らし合わせて有罪であると言ってる。
其の部分に関しては東條は犯罪者になる可能性は有るが、
それは戦争犯罪とか、戦争責任とは無関係の話。

781 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 09:47:10
>>780
では、具体的に東條の何に対して責任を問うているの?

782 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 12:08:23
ウヨの言ってることは、単なる戦争肯定派の負け犬の遠吠えに過ぎない。

現実を受け入れろ。

783 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 12:11:04
サヨの言ってることは、単なる支那朝鮮工作員の負け犬の遠吠えに過ぎない。

現実を受け入れろ。

784 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 12:22:28
左翼やリベラルと称する人種は戦争とか軍隊とか考えない方がいいよ。まして東條とか…君らには手が余る問題だ。環境とかそっち方面考えなよ。軍事、戦争(過去の戦争)とかの方面じゃ、無理だし邪魔くさいよ。

785 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 12:32:53
>>1
なに!それは本当か?
俺は逆にシンゾー君のファンになっちゃったよ。

786 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 14:49:46
日本でアメリカを恨んでいるのは旧軍人だけw
庶民は冷めた目で見ていた。
むしろ庶民は軍人を嫌っていた。
なぜなら庶民を軽蔑して苦しめていたからだ。

その点アメリカは軍と市民はお互いに尊敬して仲が良かった。

787 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:05:00
ここ百数レスぐらい東条擁護派はファビョってばっか。
もはやサヨチョソ認定に逃げることしかできないようだ。

788 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:11:53
ここ百数レスぐらい東条批判派はファビョってばっか。
もはやウヨ認定に逃げることしかできないようだ。 w


789 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:14:58
>>786
それは順番が違うんじゃないか?
大正の軍縮の中で、先に軽蔑されて苦しめられたのは軍人の側。
維新後の武士と同じように「戦うことしか知らない」退役軍人達を
庶民は揶揄と冷笑の対象にした。
昭和の暴走にその反動が大きく作用しているのは事実だよ。

日本人の悪い癖で,集団心理で動き始めると止まらなくなってしまう。
同時に「我慢する」ことでも世界一の民族だけに臨界点まで行って
ドカンとなってしまう。ガス抜きが下手なんだよな。

790 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:23:14
極東板のほうがまだレベル高い

791 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:24:21
>>786
>その点アメリカは軍と市民はお互いに尊敬して仲が良かった。
それは単にアメリカが勝ってるからでしょ?

>むしろ庶民は軍人を嫌っていた。
そんなことはない。政治家は世間から乖離していたが、
軍人は貧しい庶民が出世できる数少ないルートだったから、
庶民とは近かった。政治家や官僚には縁者はいなくても、
軍の将校には一人や二人の知人や縁者がいた。
負けが込んでくると締め付けが厳しくなったのは確かだが、
それは軍の性質というより、戦争の性質。

792 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:42:58
>>789は昭和の陸軍軍人の暴発の根本原因を完全に理解している。流石!!

793 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 15:57:41
5.15や2.26のクーデターの勢いは
明治維新から受け継がれる改革の志士の心意気ということか?

794 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 16:13:24
デモクラシーの影響で大正時代の一般国民の軍人蔑視はとても激しいものだった。軍人が道を歩いていると税金泥棒の罵声と共に石を投げつけられると言うような…荒木貞夫もその手の苦い思い出を語っている。

795 :794続き:2005/08/12(金) 16:26:02
第一次大戦後、戦争成金が増えるにつれ軍人蔑視の風潮はいよいよ高まり、ドイツ軍閥に対する批判がなぜか陸海軍に対する批判に転嫁されたり徴兵忌避の風潮の蔓延…軍不遇の時代だった。さらにシベリア出兵にたいする軍に対する不満も重なりいよいよ軍は苦境に立たされた。

796 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 16:45:32
政党の軍攻撃、デモクラシーによる(大戦後の世界的な軍縮ムード等も)反軍思想の蔓延軍の威信は地に落ち、士気は低下。その時軍人達の危機感(軍存立の危機感と逐次増大する米国の対日圧力、その他対外圧力の危機感)の反動が昭和陸軍の暴発の真因。

797 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 18:31:42
 大正十一年のワシントン条約、昭和五年のロンドン条約を中核とし
来るべき日に備へて、彼等は日本の手をもぎ足をむしり、
そして外濠を埋め、甲冑を剥ぐに些かの仮借もなかつた。
 しかも間断なく放つ「世界平和」「日米親善」「軍備縮小」の呪言によつて、
麻酔せしめられた我が国民の大多数が、むしろ欣然として、進んで
自己の弱体化に拍車をかけたのは、時代風潮の然らしむるところとは
いひながらも、甚だ遺憾千万のことであつた。
 ロンドン条約締結に先だち、加藤軍令部長が国家の前途を憂へて
帷幄上奏を決意したけれども、浜口総理大臣及びその他の人々に
暴力的に阻止せられたことは「統帥権干犯」事件として心ある人士を
憂憤せしめた。
 またロンドン条約成るの日、海軍参謀草刈少佐は国家の将来を深憂し、
屠腹以て世を警めたが、しかし、それはたゞ「狂死」と嘲り葬られたに過ぎなかつた。
 痛憤血凝、泣いて訴ふる加藤、末次両提督らに対し、聖将東郷元帥また
倶に哭きながら

「しかし訓練には制限がなからう」

と悲壮な訓諭をせられたのも、またこのころの出来事であつた。


798 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 18:36:48
 山雨将に到らんとして風楼に満つるの観を呈しつゝあつたその頃、
これ等の情勢を無視して氏はあくまで所信を貫徹すべく、二月十七日の
議会演説において左の要旨の獅子吼を敢行したのである。
 「本員モ聊カ世界ノ形勢ヲ観察シテ居リマスガ、国際関係ガ日本ニトリ
今日ホド良好ナ時代ハ本員六十年ノ政治生活ニ於テ未ダ曾テ見タ事ハナイノデアリマス」
 現実の事態には一切眼を閉ぢて、たゞ机上に空論する氏の説は、魂を米国に
売つた謀略俘虜の悲しき妄語であつた。
 「アメリカハ目下盛ンニ軍備ヲ拡張シテ居ル。
 イギリスモ、ドイツモ、ソヴィエトモ皆軍備ヲ拡張シテ居ル。
 故ニ日本モ軍備ヲ拡張シナケレバナラナイ。コレヲ多分危機トカ非常時トカ
言フノデアリマセウガ、之等ノ言葉ハ私ニハ一切ソノ意味ガ分ラナイノデアル。
 何故ニ日本ガ危機デアルノカ。
 欧米ハ互ニ軍備拡張ノ競争ヲヤツテ居ルカラ、ナルホド欧米ハ危機デアルガ、
然シナガラ欧米ノ危機ハトリモ直サズ東洋ノ安機デアル。
 ニモ拘ラズ欧米ガ危機デアルカラシテ、東洋モ危機ナリト申スノハ、
余程事態ヲ解セヌモノノ言葉デアル。
 第一、米、英、蘇ノ三大国ガ日本ニ向ツテ手出シヲシナイノハ明カデアル。
 欧米ガ懸命ニナツテ軍備ヲ拡張シテ居ル現在コソ日本ニトツテ軍備縮小ノ
絶好ノ機会デアル」
 何たる堂々の詭弁であらう。
 しかしてこの軍縮演説に対しても、例によつて万雷の如き拍手が送られたのである。
 再言する。
 これが支那事変の始まる五ケ月前、 大東亜戦争の始まる僅かに四年前に
於ける日本帝国議事堂の議会風景であつた。

799 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 18:43:52
>>798
コピペに対して細かい突っ込みだが、
>山雨将に到らんとして風楼に満つ
「将に」は要らない。
「到らん」は「来たらん」とすべき。
「として」ではなく「欲して」とすべき。
許渾の「咸陽城東楼詩」"山雨欲来風満楼"が出典だろうから。

800 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:13:44
職権乱用ならルーズベルトもあった点を指摘しておきたい。>>765
平時でもそうであるが、政治家がまったくホコリを出さないことは困難だ。


801 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:27:58
サヨじゃなくても東条批判はするよ
てかサヨの場合は東条を利用して日本を批判する
東条自身が罪人なのは言うまでもないが
東条の孫には罪はない…で済ませられることでもなくなってきた
孫がメディアに出てくるのは構わない
しかし罪人である東条英機を掲げて出張るのはお門違いというものだ
そこんとこを孫はわかってない
だから批判される

802 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:30:12
>>801
>罪人である東条英機を掲げて出張るのはお門違いというものだ
罪人じゃないし。

803 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:34:42
はあ?

804 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:39:47
>>786>>789
アメリカ憲法至上主義のクサヨは失せろよ。
日本人はガス抜きが下手だ?歴史を勉強してから出直して来い。
明治時代に日本に来たアメリカ人は
日本人は封建制度のような厳しい環境でもまったく悲壮感にかられてないことに驚いてますが〜?

805 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:46:42
>>789
お前はいつの時代限定の日本人のことを言ってんだ?

806 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 19:48:28
>>805
おまえは何時の時代限定の日本人のことを言ってんだ?

807 :世界平和を願い続ける地球市民☆:2005/08/12(金) 20:05:22

共産党と社民党に愛と平和の一票を!!


民主党も自民党も改憲派です!!!

地球市民の皆さん!  忘れてはいけません!  真の護憲派平和主義政党は共産党と社民党だけです!

民主党も自民党も改憲派です!!!


民主党もその本質は自民党と同じ平和憲法を破壊する反動右翼政党です!!

地球市民は平和を死守するために民主党と自民党による2大政党化を断固として阻止しなくてはなりません!


今回の選挙では共産党と社民党の議席が無くなってしまう危険性がかなり大きいのです!!



平和護憲派政党・社民党を廃した民主党と自民党による右翼2大政党政治の成立を阻止するために共産党と社民党に投票して下さい!


愛と平和の尊さを忘れていない地球市民のみんな!! 共産党と社民党に一票を!!




808 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 20:33:29
>>807=反日朝鮮人

必死だなw

809 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 20:36:53
>>789は戦後直後の日本を指してるんだろ
最も、時には自分をだし、時には柔軟に一指団結できるからこそ
日本は他の国じゃ不可能な、高度経済成長を遂げた、ってことくらいバカでもわかるよな普通。

810 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 21:03:15
日本オタ、必死だな。

811 :?♪:2005/08/12(金) 21:17:35
高度経済成長は,コドモがオトナになるときに,どんな国にでも,一回は,そして一回だけ
あるものです.日本経済だけが特別ってわけぢゃありません.
日本の場合は,いろいろな条件が同時に重なったので,10%を超える成長率がおよそ15年ほど持続した
のですが,他の国だとこれほどの高い成長率ではないですが,そのかはり,もっと時間をかけてオトナになって
ますからね.まあ,成長期が,太く短くなのか細く長くなのかの違ひにすぎないので,どちらがエライといふわけでもないでせう.

812 :日本@名無史さん:2005/08/12(金) 21:33:23
日本オタてw

813 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 02:00:57
>>781
職責というものはないのかね?
役職や地位は、権限だけかね?
それだけの話だろう。

814 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 03:07:21
>>811-810
日本以外には不可能だよ
日本の高度経済成長は子供が大人になるときだけじゃないしね
江戸時代に入る前の日本や、明治から戦争に入るまでの日本も同じく
新しい文化を驚異的なスピードで吸収して発展できたんだよ

815 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 05:27:40
あ〜あ戦地に行ってみたかったな・・

816 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 07:42:10
行く前に水没だな

817 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 11:43:16
>>813
その職責に照らし合わせて、どういう背任行為があったの?

818 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 11:59:04
背任は犯罪だよw
責任と罪を区別したらどうですか?

物事を実行し、その結果には責任が伴うだろう。
その結果とは、敗戦、作戦失敗や戦死者数とかさ。

819 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 11:59:33
責任=悪という被害妄想的思考を修正したほうがいいんじゃないか?

820 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:04:51
>>818
他に選択肢がないなら責任はないよ。
明らかに他の選択肢を実行するべき合理的な理由があり、
当該選択肢を実行したことについて合理的理由がない場合に初めて
背任になる。
例えば、牛肉の輸入が停止して商品が作れなくなったことで
倒産した会社があったとしても取締役は背任を問うことはできない。
牛肉料理に特化したことには合理的な理由があっるからだ。

821 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:07:03
>>818
作戦失敗を理由に敵軍から死刑宣告ですか?


822 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:08:39
>>820-821
そういうのを思考停止というんだよw
作戦失敗で死刑なんて誰も言ってないのに・・・
おまいと話すのは無駄だな。

823 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:13:28
あらら、お決まりの一方的勝利宣言逃亡ですかw

824 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 12:27:54
>>822
キレやすいな。
冷静に東條の有罪性を弁償すればいいのに。

825 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 13:08:02
>>804
それが「我慢することには世界一」なんだって。
いわゆる「庶民」が暴動を起こしている頻度を考えたら
(記録に残ってないだけという可能性も無いわけじゃないけど)
日本は他国に比べて圧倒的に少ない。

つか,反論するなら一つでいいから具体例書いてくれればいいのに。
こういう連中っていつも「勉強しろ」しか言わない。
論拠に客観性があるかどうかもわからない反論なんて意味無いのに。

826 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 13:10:07
我慢することが世界一なのか、
それほど過酷な統治がなかったのかは分からないな。

827 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 14:22:04
そもそも、日本人の我慢強さ世界一ってのは4,5年前の海外メディアかなにかの統計であったのは知っているが、
これは不快な環境に対する適応のような要素も評価になっていた希ガス。
過去の事象に対する引用としては不適切と思われ。

828 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 15:04:59
>>827
「和を以って尊しとせよ」「郷に入らば郷に従え」ってのは
時代を問わず、日本人の基本的姿勢だと思うんだけど。

まあ、所詮主観でしかないから言っててもしょうがないんだけど。

829 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:08:20
日本でアメリカを恨んでいるのは旧軍人だけw
庶民は冷めた目で見ていた。
むしろ庶民は軍人を嫌っていた。
なぜなら庶民を軽蔑して苦しめていたからだ。

その点アメリカは軍と市民はお互いに尊敬して仲が良かった。

830 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:19:54
>>829アメリカ恨んでるのが旧軍人?知らないな〜そんな話。初期の自衛隊幹部は陸士、海兵卒の軍人達だが彼らは米軍の温かい支援により感謝してるよ。特に海自の海兵卒幹部の感謝は凄まじい。

831 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:28:19
誰だったかの話で、戦後の少年時代、米兵に向かって
「ヤンキーゴーホーム」と言う度胸試しが仲間内で流行ってて、
その人と友人二人で、電車に乗ろうとする米兵にそれを叫んだら、
ニヤっと笑いながら指で二丁拳銃で撃つ仕草をして、その後
電車に飛び乗ったんだそうだ。
占領軍でここまでフレンドリーだったのは、歴史上無い。

832 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:31:32
東條の憲兵政治よりはGHQの方がマシだったから日本人が大人しかった。
それでGHQもフレンドリーだったんだろう。

833 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:32:55
東條批判派 東條に責任がある。
登場擁護派 東條の有罪性を証明汁!

話がかみ合ってなくて笑ったwwwww
これは、話し合っても無駄だとなるわwwwwwww

834 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 19:46:20
>>790
嘘だと思ったが試しに見てみたら納得しますた。

835 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 20:07:27
>>834(^^)ぷっ!

836 :日本@名無史さん:2005/08/13(土) 23:12:01
新展開!
極東裁判によるA級戦犯の不当性、理不尽さは誰もが認めるものということでいいのかな?
良いなら、東條に対する、日本人の評価に話を進めてもらえますか。
当時、現代共に。

因みに、>>597,598の中には、戦後の、A級戦犯東條をスケープゴートとする風潮の中で
語られた物が有るように見受けられるが、出典を明らかにされたし。

スケープゴートへの悪評は差し引いて判断する必要性があると思われる。

以下、お願いします。

837 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 00:02:39
>>836

(1)中野正剛の自決
  中野の論文に東條が激怒し、憲兵隊の監視下で自決に追い込まれる。
  全国憲友会編「日本憲兵正史」では陸軍に入隊していた子息の「安全」
  と引きかえに自決を迫られたものと推定している。
→中野の息子が中野の家で憲兵監視のもと自決した状況を手記にしている。

(3)松前重義の懲罰召集
  反東條派の松前工務局長は召集対象外の四十三歳にもかかわら
  ず二等兵で召集され爆薬船に乗せられ南方に送られた。冨永陸軍
  次官は「これは東條閣下の直接の命令で絶対に解除できぬ」と述べた。
→松前本人が懲罰召集の本を書いている。

(5)新名丈夫記者の懲罰召集
  毎日新聞の新名記者の記事が東條を刺激し、陸軍へ一兵卒で召集
  された。
→新名本人が懲罰召集の本を書いている。

838 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 00:21:39
>>834
向こうは日本を言う国家や皇室を強く意識しているから東條に個人的な思い入れを持つ人は案外少ないんだろうね。

839 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 00:24:04
http://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN4-486-00338-1
二等兵記 付記 召集事件の背景 松前 重義著
http://homepage3.nifty.com/kadzuwo/biblio/shinmyo.htm#st
『政治――この事実を黙つて見のがせるか』 光文社 (カッパブックス)、1956.08。
新名丈夫著
(「竹槍事件」 の顛末を皮切りに、55年体制下の日本の矛盾を鋭く指摘)


840 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 02:05:41
東条は日本政治史の恥

841 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 03:01:39
東條の復権と同時に、上記の罪で有罪にし、靖国に合祀しなければよかったのにな。
終戦後の処刑を戦死扱いってのがな。


842 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:07:43
少し長くなるが、日本が何故日本が太平洋戦争にやむなくも至ったかの原因から述べさせて頂く。

昭和48年11月、スーパーマーケットで品薄と言われたトイレットペーパーを買おうと押し寄せた人々のニュースは、当時の日本を大きく揺るがした出来事
、オイルショックの始まりでした。 しかし、この時のエネルギーの需要の中の大部分を占めるとはいえ石油の輸入は、わずか10%前後の減少でしか無かった
のです。わずか10%の減少で物価は跳ね上がり、モノは買いだめで店頭から姿を消してしまう。。。。

しかし、昭和十年代当時、太平洋戦争に至る少し前、黄色い猿と蔑視していたアジアの黄色人種が、第一次世界戦でロシアを打ち負かし欧米列強と互角に渡り合
う力を付けたイエローモンキー日本を封じ込る為に、当時からの世界最大の超大国アメリカが次々にアジアを侵略し、日本への石油や鉱物資源の80%を奪取し、
日本への輸出を禁止してしまったのです。

日本はわずか10%の、しかも石油だけで狂乱物価になりパニックに陥るほどの資源無しの国なのです。 エネルギーや鉱物資源の80%もの減少とはどういう事
なのか読者の皆さんは想像できるだろうか? 無理だろう。。。。80%という数字は減少という数字に表れる程度のインパクトでは無いのである。 国に与える
その衝撃!影響たるや、もはや0の世界、無の世界、死の世界なのである。国の消滅なのです!

鉱物資源が20%しか無いという事は、病院での薬は20%しかないという事なのです。 80%の人達は死ぬか病気の悪化を座して待つしか無いのです。 病気に
罹る以前に、食料が無い、農薬も肥料も、たった20%しか無いのです。 

ガソリンが無いのだから動かせる農機具も20%しか無い。 食料を運ぶトラックも20%しか動かせない。 農家から都会まで残りの全てはリヤカーで運ぶしか無
いのです。 そんな事が可能でしょうか? 食料だけではない、リヤカーで都会へ工場や会社、店舗などへの物資の輸送など、0.00001%も出来はしない。

こうして日本は、ただ、ただ、猿!汚し、気持ち悪し、憎しとしいう、アメリカやイギリスロシアなどの白人人種の人種差別だけの意識により息の根を止められたのでした。





843 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:09:03

もちろんアメリカはそれを画策し、そのように仕掛けてきたのです。 「日本よ!どうだ!俺達白人の奴隷にしかおまえ達、猿には、方法は無いんだぞ!さっさと手を上げ
て降参し、他の猿共、同様俺達の植民地に成れ!!」 そうした態度で、、陰に陽に迫って来たのです。

さあ、読者の皆さん、 皆さんはこのような立場に追い込まれたら何もせず、座して死を待つのだろうか??それとも世界中に物乞いをして歩くのだろうか? それとも他の
アジアの国々のように日本民族が白人の奴隷として扱われても良いと思うのだろうか??

戦後、国民の多くを戦争で失ったアメリカは、その反省に立ち、政府や議会が一体となって戦争に至った経過を洗い直しました。 
その公聴会などでの政府の証言が残っています。 アイシャルリターンで有名な、ジェネラルマッカーサーでさえ「日本は自衛の為に戦争をした」 と証言しているのです。 
決して侵略の為の戦争では無かったのです。

余談ですが、その後アメリカは、他国がテロや軍事独裁、覇権や民主弾圧をしていない限り、封じ込めるという強圧的な行動はしなくなったのです。 その過ちはいかに高くつ
くかという代償を払いすぎたからでした。
http://hw001.gate01.com/funwaka/mass.htm



844 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:23:59
昨日のNHKの零戦の番組で東條息子が出ていたが、親爺によく似てたね。


845 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:32:16
東條のガキは恥ずかしくなくテレビに出てるとはな。


846 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 10:33:30
東條の息子もみんな戦死でもして、東條もちゃんと自決してればちょっと違ったかもな。
乃木みたいにな。

東條の息子は戦争行ってるの?

847 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:09:18
行ってないよ。

848 :日本@名無史さん:2005/08/14(日) 12:33:01
フィリピンでは日本軍の赤ん坊の串刺しの話も有名

849 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:12:38
ひどいことしやがる。靖国は謝罪しとけよ。

850 :日本@名無史さん:2005/08/15(月) 23:25:00
開戦責任は国民に有り。
よって国民1億3千万余は総自決、東条英機閣下並びに東条内閣々僚の御子孫に
日本国の行く末を託しましょう。
昭和殉難者のみに罪を着せ、のうのうと生延びているのも忍びないだろから、
先ず>>7>>39>>170>>317が自決して
高潔なる日本国民としての規範を示してくださいますようお願い申上げます。

851 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:18:16
>>850馬鹿野郎!!貴様みたいな糞反日野郎が愛国者を皮肉る為に昭和殉難者と言う言葉を使うんじゃね〜よ!糞野郎がぁ!!

852 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 00:48:01
噂どうりだ・・・。日本人の癖に裏切りものが多いスレだな。
一見保守っぽい意見を吐いてる奴もなんか腰引けてるし・・・。
政党に例えたら民主党的というか、アジア板の東條さんのスレの方がハイレべルだなー。
今どき土井たか子が喜びそうな事ほざいてる奴が多いのも驚きだ。
ここにも東條さんの事分かってる奴少しはいるが・・。

853 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:15:52
東条の無能軍人と岸信介を同列に扱う>>1は池沼w

東条英機→死刑

岸信介→総理大臣になり政界引退後も政界に多大な影響力を与える。
    中曽根内閣を影で動かした。
    アメリカとの戦争、インパール作戦、には大反対だった。
    サイパン陥落の時、和平してくれと東条に言ったが聞く耳を
    バカ東条はもたなかった。
    満州国の歴史に幕をとじた

854 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:19:21


お邪魔してすみません。

■ネット世論調査。ワンクリック・アンケート■

終戦記念日の今日、多くの国会議員が靖国神社に参拝していますが・・・

■あなたは小泉首相の靖国神社参拝を支持する?支持しない?(9月15日まで)
http://www.dotch.org/modules/xoopspoll/index.php?poll_id=90

お邪魔しました。



855 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 01:43:18
『東條討つべし―中野正剛評伝』
 室 潔(早稲田大学教育学部教授)
朝日新聞社 1999年


856 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 08:10:50
>>852
学問板を右翼の基準で判断するなw。

857 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 08:50:44
靖国とテンコロは潰せ!!


858 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 12:52:04
>>856さん>>857さん私中国から留学生です 最近日本人昔に戻ったみたい。恐い。平和大切です。天皇、東条どっちもだめだよ!856さん857さん素晴らしい方。真の日中友好わかってる人たち。日本自衛隊だめよ!アジアの平和のために解体しなきゃね。

859 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 13:07:13
おもしろいか?はたからみてて白けるんだが・・・

860 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 14:01:13
犯罪者東條が靖国に祀られてるのは問題がある。
東條だけは分祀もやむなしです。



861 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 14:30:46
松岡は?近衛は?
東条だけに全責任があるのか?

862 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 14:52:33
近衛だってさw

863 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 15:05:58
A級戦犯がいるので、陛下は行かれません。
分詞は神の声。

864 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:22:33
分祀というのは御魂分けの事
つまり新しく施設が建てられたとしたら
靖国と新施設、両方に東条が祀られるということ

865 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:26:00
>>864
神道には、ご神体の一部分だけを切り離すなんて概念すら存在しないからね。


866 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:26:24
しかし新施設というのは無宗教らしいから靖国は関係ないわな
新施設でA級戦犯を追悼したければどうぞ御自由に

867 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:32:26
廃祀して、巨悪の東条を除いて祀りなおす

868 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:36:18
>>867
廃祀なんて概念もあるません。

869 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:36:56
少なくとも無宗教施設に移すなどという事はありえませんな
東条神社を設立するっていうなら靖国神社も考えるかもしれないが

しかしそうすると自民党議員も両方参拝することになるので
面倒だからやっぱり今のままでいいってことに落ち着く

870 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 19:57:08
靖国神社を潰して、新しい靖国神社にすればいい。
そこに東条を合祀しなければいいさ。

871 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 20:00:37
>>870
誰がつぶすの?


872 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 20:45:25
>>861
そういや近衛文麿は合祀されているのかな。
されていれば東條が自殺に成功していても合祀されていたことになる。

873 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 20:48:19
>>872
近衛文麿は祀られていないよ。


874 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:26:27
合祀されている。

ttp://www.jiyuu-shikan.org/frontline/sonota/yasukuni-iwata.html
> GHQよりA級に指定されたが、逮捕前に自決された人達も合祀されている。
> 例、近衛文麿首相、本庄繁関東軍司令官、杉山元参謀総長、小泉親彦年医師中将(厚相)

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A1%9B%E6%96%87%E9%BA%BF
> 靖国神社に昭和殉難者として祀られている。

875 :日本@名無史さん:2005/08/16(火) 21:51:35
支那人や鮮人に殺された警官も靖国でまつろうよ!

876 :ジョン・レノン ☆ イマジン:2005/08/16(火) 22:56:38

私は左翼だけど・・・

なんか最近「国境のない世界」とか「人類愛」とかいわゆる地球市民思想の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に国境のない世界なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 地球市民とか、国境のない世界とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。


877 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 00:14:11
>>851
なにのうのうと空気吸ってんだよ。恥かしくねえのか?
自決して殉難者に詫びろ。日本人批判する前に国民に見本をしめせ。

878 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:06:21
東条は無能だね!
こいつが大事な日本人を無駄死にさせた。

唯一、いいところは努力の人だったらしいw
日本陸軍大学に3回不合格。4回目で合格したらしい。
まあ、今でも2浪するのは恥ずかしいのによくやるわー

東条はどこ出身?

879 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:15:14
でも、その東条に無罪判決をだしたインド人がいるんでしょ??東条は日本国民に対しては戦争犯罪人かな

880 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:49:33
戦争犯罪人って意味もわからず適当に言ってますね
ま、適当に作られた造語ですけど

881 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 01:58:54
A級戦犯は平和に対する罪
東条は平和に対する罪って言うより、日本人に対する罪をもつ側面が強い

882 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 02:18:56
東条らの遺体ってどこに行ったのかな〜??

883 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 02:19:39
>A級戦犯は平和に対する罪

これ最初に言い出したヤツも意味は深く考えてないよな
東京裁判の為の造語だもん

884 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 03:58:11
裁判により戦犯の罪は償われたはず。その後の条約においてぬかりない策もとっていたはず。
にも関わらず、戦後数十年経った今でさえ彼等の罪は償われない。
何故だ?
戦争の責任は消えない。軍と呼ぶには恥ずかしい旧日本軍が非常に横暴な振る舞いをしていたのも事実。
許されるべき事ではない。これもわかる。
だが、罪は償われたはずだ。
今存在する東条の罪は何の罪か?教えて欲しい。

885 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 04:13:12
そして、中国やその他諸国側の主張する靖国参拝への懸念は、
靖 国 神 社 そ の も の を 否 定 す る も の で は な い 。
勘違いしている人間が多い。
首 相 の 靖 国 へ の 公 式 参 拝 を 否 定 し て い る の だ 。
つまり私人として参拝する等は自由だ。公人としての参拝は避けて欲しい、こう言っているはずなのだ。
というのは、戦後今まで、様々中国との友好関係改善に努めてきた日本は、その戦争責任を非常に重く感じ、その上で外交を行ってきた。
故にかなり無茶な外交をしてきたと思う。「日本人は外交が下手」と言われる所以でもあろう。
その1つに、中国との外交で「靖国等への公式参拝は控えるように」という事があったと思う。それを日本が認めた上で中国側はそれ以上戦争責任を追及しなかった。
「戦後ずっと中国その他諸国を支援してきたじゃないか」は反論にはならない。それは素晴らしい事ではあろうが、その主張が出てくる時点でその「支援」は偽善的であり、自己満足であったと認めた事になる。
支援される側にとっては願わしくもまた、当然の事だと思われていただろうし、それに支援される側に「心から哀願していたわけではない。別に支援された事は重要ではない。」と言われればそれでオシマイ。
それを理解していないか、単に反発している人間が靖国参拝を肯定しているだけ。

886 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 04:26:41
>>882
粉が三河にあるよ

887 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 06:31:46
支那はムカつく。首相は毎朝靖国神社公式参拝すりゃいい。文革野郎どもが何言って来てもシカトすりゃ良いんだよ!

888 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 06:59:07
>>865
そもそも靖国は神道っていうより明治に作った国家神道だから何でもアリだろ。

889 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 07:24:01
要するに、戦死じゃない軍人じゃないけど、戦争で死んだ一般国民、
それに朝鮮人やアジア人やついでにヨーロッパ人や、戦争被害者
全員祀れば文句ねえんだろ。めんどくせえ、全部祀ってやれ祀ってやれ、
神道の奥深さを見せてやれ。

890 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 08:31:47
みたままつりも何のことはない、宮司が盆をヒントに考え出した祭りだし。
まアレだ、よさこいソーランまつりみたいなもんだな。

891 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:09:45
粉、三河のどこにあるの??

892 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:40:24
東條の痛さより、孫の由布子の方が痛い。
A級戦犯の定義は不当だが、開戦と敗戦の決定に大きな影響を及ぼした
人物の遺族が、どうしろと要望するんじゃねえよ。

893 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:48:00
>>892
>開戦と敗戦の決定に大きな影響を及ぼした
どうすれば開戦に至らず穏便にことを収められたの?
どうすれば負けなかったの?

894 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:56:30
はじめから戦争なんてしなければいい、多少 米英のいうことを聞いて友好的にしてればよかった!!
由布子の要望についてはテレビ局がうければどうでもよかったんじゃない??

895 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:58:36
>>889
無理
靖国は国の為に働いて戦死した人を祭る神社だから
だから東郷平八郎とか祭られてないし、空襲で亡くなった人も祭ってないぞ

一応鎮霊社ってとこにだttか靖国に祭られてない人たちや世界各国の戦死者たちがを祭られてるらしいけどね


896 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 10:59:14
>>892そりゃ、君の国と違って儒教的な「相続罪」なんてないからねぇ。
まあどうでもいいけど、東条家ってまだ名門なの?

897 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:12:08
>>894
自分がするつもりはなければ、戦争は起きないってものじゃないよ。

>多少 米英のいうことを聞いて友好的にしてればよかった!!
多少ってどの程度?
どの程度の要求を聞けば、英米は日本と仲良くしてくれたの?
満州、朝鮮からの完全撤退?
日本領土の割譲要求や、租界要求?


898 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:18:06
>>895
鎮霊社は靖国の敷地内にありますよ。
目立たないところですが・・・

899 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:23:54
結果には必ず原因あり、米英が仲良くしなかったことには日本にも原因あり


900 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:26:30
>>899
どういう原因。
どうすれば仲良くしてもらえたの?

901 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:28:12
>>899
例えば、アフリカの黒人が欧米に友好的に扱ってもらえず、
奴隷にされたのもアフリカの黒人に原因があるの?
欧米の植民地になった諸国にはどういう原因があったの?

902 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:37:17
>>900降参すりゃよかった!勝てないんだから!当然だろ?

903 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:38:27
>>902
降参したら仲良くしてもらえたの?
インドやインドシナ諸国、支那も欧米に降参したけど、
仲良くしてもらえたのかな?

904 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:39:54
世の中は弱肉強食でしょ? 人間誰もが上下関係にある!!

905 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:48:17
>>904
弱肉強食の世界でも、抵抗しない弱者はいないよね。


906 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 11:57:49
それは抵抗するものもいるだろうな、しかし、弱者が弱者でなくなったときその弱者は強者になるだろうな
だから歴史はくりかえされる

907 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:08:18
弱肉強食の世界なんだから、戦争くらい起きるさ。
戦争が起きればどちらかが勝ち、どちらかが負ける。
個人的には死にたいとは思わないが、戦争が絶対悪なのか否かは判断できない。
例えば、健康で長生きをしたいという自然な気持ちはあるが、
「死」が絶対悪かといわれると、そうは思わない。死は必要不可欠だと思う。
論理というものの検証は、今の人類では完全には行えない。
論理で完全に決着がつかない以上、戦争という武力による解決も止む終えない
側面もある。



908 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:09:14
日米開戦前にもうちょっと妥協点を探る余地はあったし。

909 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:11:33
同感

910 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:25:07
三国干渉は妥協できたのに、
シナ事変前後では妥協する勇気を失い、
国家の舵取りを誤った。

もっとも、あの敗戦で天皇陛下と国民は狂気の軍部から解放されたので吉。

911 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:30:47
>>910
三国干渉に懲りて、更なる強兵に専念した結果、
ロシアに勝利することができた。

>あの敗戦で天皇陛下と国民は狂気の軍部から解放されたので吉。
むしろ狂気(強気)だったのは、国民の方。


912 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:44:01
取りあえず支那って言葉は日本を大和って呼んだりヨーロッパをローマって言ってるのと同じだから
素直にチャイナとか中国使えよ、と思う

913 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:56:36
チャイナもローマと同じじゃん。


914 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 12:59:39
>>902
ヒトラーがもっとしっかりしてれば勝てた
大体第二次対戦ってのは1945年に終結したんじゃなく休戦したみたいなもんだろ
ドイツと日本は社会主義の敬遠の為にあれこれ小細工してたんだから
むしろ裏切ったのはアメリカともとれる
普通にアメリカが日本を攻めずにいれば冷戦なんて無かっただろ?
米英、日独で均衡出来てればソビエトを封じるのも簡単で皆ハッピーだっただろう
まあイタリー、おフランスは知らんけど


915 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:04:57
要するに日本が何もしなかったら社会主義の占領軍が来て台湾と日本で朝鮮戦争みたいなギリギリチョップな戦争しまくってもっと悲惨だったと思うがどうか?
日米同盟は出来ても今頃日本政府はハワイ辺りにあるだろうよ

916 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:05:41
>>912
ローマ皇帝をイタリア皇帝と呼ぶようなまねはやめよう!

917 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:11:28
あの戦争で勝利を収めれば東條は英雄のひとりだったろ。
現実には負けたんだから責任あるだろ。

918 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:12:07
戦争は不可避だったみたいなことを言って、正当化するヤツがまだいるんだな

ア ホ か

919 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:18:29
>>912
清=CHINA=支那 じゃないの?
中国ができる前なのに支那を中国と呼ぶのは明らかに間違い
日露戦争をソ連との戦争というようなもの

920 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:25:34
>>919
多分、秦=支那=Chinaだと思う。
中国だと、現在なら中華人民共和国しか意味しないからな。
中華人民共和国の歴史は精々半世紀だから。

921 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:39:46
>>918
戦争は不可避だったみたいな。

922 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:42:49
>>918
戦争は不可避だった?みたいな

923 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:43:56
>>918
戦争は不可避だった〜っ!みたいな 。

924 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 13:55:20
戦争?は不可避?だったみたいな

925 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:05:41
この板じゃ左翼思想つうじない

926 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:09:10
何故か突然ハルノートから始まる不可避論者の日本史

927 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:11:33
>>936
どうすればハルノートを突きつけられずにすんだの?

928 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:16:25
>>926
野村駐米大使がハル国務長官と秘密裏に会談して対米開戦を阻止しようとしていた
けど、アメリカ側はその意思がなかったんだ。
だからハルノートが出されるのは必然だったんだよ。


929 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:19:08
軍国主義はやめましょう

930 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:19:53
前線で死んだ兵士の遺族がA級戦犯は合祀してほしくない、
と言ったらなんと答えるか、との問いをはぐらかした孫。

931 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:22:58
前線で死んだ兵士
行軍中置き去りにされた兵士
餓死した兵士
玉砕した兵士
特攻した兵士

いわゆるまともな戦場で死んだ兵士より、以下の兵士のほうが多いだろうな
大日本帝国陸軍の場合

932 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:26:02
>>930
答える必要なし。
靖国にまつられることに他の遺族の同意など不要。


933 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:26:58
ガダルカナル島は約90%が餓死病死との説あり


934 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:28:43
東条は無能

935 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:32:05
だからなに?


936 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:46:57
>>932
それなら答える必要なしと回答すればいい。
逃げたからね、あの勇ましい孫娘は。
東條の息子ですら遺族が合祀について意見を言うべきでないと言っている。


937 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:47:08
当時中国は中華民国と中ソ共和だったんだけど中ソ(毛沢東)が壊滅まっしぐらで日本との共闘を強く求めた
結果的に一番美味しかったのは毛沢東だし日中戦争の直接原因も毛沢東だろう
そして国がでかくなるとソビエトと手を切り逆に国境で戦い始める
かなりの戦闘民族だろ

938 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:49:14
東条もだが漏れは阿南陸相の割腹自殺が気に入らんね
自分じゃあ、責任を取ったつもりだが、やはり戦争継続の陛下への
馬鹿な若手将校を、いかにも自分で抑えたつもりなんだろうが。
まあ、自分ジャや、有終の美、男の花道のつもりで、酔ってたんだろうな
馬鹿な男だよ。その血筋に支那の大使がいるんだからしょうもないよな。
だからといって、漏れは今の反日の馬鹿どもみたく、東京裁判は認めないがね〜♪

939 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:51:32
間違えてはいけないのは中共がおかしいわけで
そのおかしいのに国民が付いて行ってるわけでもなく
天安門事件始めことあるごとに虐殺されてるわけで
中共さえ消えてくれれば良い国になると思う


940 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:53:08
>>936
答える必要なしなんて、回答する必要なし。



941 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:53:54
つーか近衛文麿はどこに奉られてんだ?

942 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:54:48
普通に自殺して逃げた近衛の方が罪重くね?

943 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:56:38
いい加減やったやられたを全部表に出してほしい
朝鮮や満州、中国大陸引き上げのときに日本人も結構やられたんだろ
李氏朝鮮や軍閥や欧米の居留地・義和団とか中国は無法地帯に等しかったんだろ
シベリア抑留者を政府は支援してソ連に抗議しろ
マレー半島での中華系虐殺もあったようだし
731部隊だか知らんが毒ガス兵器も確実にやってただろ
中華系がもっとパワーアップすれば一応折り合える気もするが

944 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 15:59:12
>>317
神社ですから、生臭坊主はいませんな。



945 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:00:54
>>943
日本はやってもないことまで言われてるだろうが

946 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:01:43
>>938
よく中国が文句言わなかったな
その時点で実利があったのだろうか
これから言いそうだが>阿南元中国大使

947 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 16:53:34
自殺して逃げようとして失敗した東條よりは、
自殺に成功したやつの方が立派であります。

948 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 17:34:19
俺の生きる上での唯一の確証は自殺して死んだ奴は人としてダメ
それまでの人生を否定して逃げてるんだから自殺も自決も割腹も切腹も唯一の悪
三島由紀夫もどれだけ太宰治否定しようと同じ穴

949 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 18:04:09
石田三成が言ったように上に立つ者はどんなに落ちぶれようとプライド捨てて最期まで頑張らないとダメなんです
東条英機は自殺未遂はしても結局は最期まで頑張ったと言えるんジャマイカ?
因みに満州国皇帝の溥儀タンは北京植物園の記録係として余生を過ごしました

950 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 18:33:57
>>948
個人の価値観だからとやかく言わんが、諫死とかは別に
「それまでの人生を否定して逃げた」わけじゃないんだが。

951 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 19:07:02
>>950
王累が逆吊りになったりするあれだろ?

952 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 19:15:26
あれはちょっと…w
諫死にもお国柄ってのがあるし。

やっぱり日本人なら切腹して、遺書かと思って読んだら
「あれはだめです,これをやってください,くどくどくどくど…
私の最後の願いだと思って聞いてください、さようなら。」
って感じのが一番しっくり来るなw

953 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 19:24:48
近衛はアメリカ人は日本の事情を知らず理詰で考えるので
自分の裁判で統帥権というものを訊かれると国体が危ないから
自殺したんだよ。

954 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 19:51:37
東条よりも近衛よりも
軍人でなくて、自殺やまして戦死や刑死でもない松岡が祀られているほうが謎
天寿を全うした病死やん。こいつ

955 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:09:36
対馬丸で遭難した学童が祀られてるのも謎だがな。


956 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:18:36
スレタイがスレタイだから仕方ないが、見事に脱線しておる。

安倍のA級戦犯って、なに?


957 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:20:32
>>955
徴用で軍の管轄となった船なので、
学童といえど軍属に入るからではないか。

と、いうのは、まったくの想像。
でも、あたらずも遠からずかなと。

958 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:24:39
>>956
A級戦犯の祭られてる靖国神社に関して、安倍、東条孫が痛すぎる

って意味じゃねぇの?

959 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:25:44
>>958
それなら小泉首相の名前がなければおかしい。

960 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:28:37
18 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:51:25 ID:2KNtGKyM
ニュースではまだ有名人を探しているんだって。
今はワイドショーでコメンテーターをしている女性をあたっているらしい。
しかも小泉側近自ら。w


19 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:52:06 ID:y3sBSjuj
>>18
南希美子だな


20 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:53:03 ID:AMgdi32q
加藤タキとか


21 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:53:18 ID:o3mjXUeF
小泉さんは金某に倣って喜び組でも作ろうというのか?


22 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:53:40 ID:LeRHUKpZ
>>19
いや、おすぎ。


23 名前:無党派さん :2005/08/17(水) 17:53:44 ID:5ID3oWgo
加藤タキとかゼッターランドとかにも声かけてるのか?
湯川れい子はないだろうなw

961 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:32:37
>>959
小泉はA級戦犯の孫じゃないだろ

962 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 20:40:41
>>961
安倍も同じ。
岸はA級戦犯ではない。

963 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:09:30
もう六十年前の話なんだからさぁ
張世平の孫が北伐中の孔明に祖父が貸した金と馬返せって言ってるようなもんじゃん

964 :オイルふえち:2005/08/17(水) 21:11:00
おじいさんがトビで、合図粉鉄とトラブルもあった、らしい。その孫なので

965 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:19:22
東条の孫が、英機に似て痛いってだけだろう。

966 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 21:35:56
英機間撃

967 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:02:14
孫の顔が英機首相に激似ている点について

968 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:25:48
人の顔の事は言うなよ!お前だって悲劇的な面してるくせに!

969 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:31:16
英機的な面だろ

970 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:46:18
英機撃滅。中野正剛万歳。

971 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 22:53:11
拝啓 松平定知様

http://spaces.msn.com/members/ny1990in/

972 :ジョン・レノン ☆ イマジン:2005/08/17(水) 22:56:12

私は左翼だけど・・・

なんか最近「国境のない世界」とか「人類愛」とかいわゆる地球市民思想の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に国境のない世界なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 地球市民とか、国境のない世界とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。



973 :赤尾敏:2005/08/17(水) 23:05:54
私は右翼だけど・・・

なんか最近「国民国家」とか「愛国心」とかいわゆる民族至上主義の限界を感じる・・・


なんかもうこういう言葉は聞き飽きたって感じ。

実際に民族主義なんて実現しても本当に良い世界なのか?という疑問も世界中からボツボツ出てきてるし、

悔しいけどもう駄目だね。 国民国家とか、愛国心とか・・・

もう陳腐になってる。 
こういう思想で若者の支持を得ることはもう無理だね。



974 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:32:42
右翼のHP見たけど
日本民族こそが優秀でありどーとかこーとか
何月何日官憲の防備を突破しどこそこを凱旋したとか
なんか暴走族の延長に右翼があるような
この人達いつになれば大人になれるのやら

975 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:35:45
左翼が煽るから右翼が昂ぶる、右翼が煽るから左翼が昂ぶる。
要は両者は茶番、心配しなくても国民はちゃんと分かってるから。

976 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:47:24
オナニスト小林よしのりの漫画本知識で
知ったかしてる痛い人のいるスレはここでつか?


977 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:49:42
この板には、右翼だとか左翼だとか自分が敵とみなす相手ににレッテルはりをすることは意味のないことだという認識はあるものと思いたい。


978 :日本@名無史さん:2005/08/17(水) 23:50:28
「に」がダブった・・・

979 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:01:12
小林よしのりがTV出てるの見て
漠然と小男ってイメージが付いた
漫画では立派な気がしたけど
「ワ、ワシ、いやだから、ワシは〜


980 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:38:39
>>956,958
茂前らほんとに知らんのか。
安倍晋三はA級戦犯容疑者、岸信介の孫なのだよ。
だからムキになって靖国擁護してる。

正義の戦争とかキャンペーンしてるのはこういう二世議員どもで、
ネットウヨも実はのせられてるだけ。

981 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:40:53
ウヨだサヨだウゼーよお前ら

982 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:47:42
>>980
細川は逆だったよな。この差は何なんだろ?出自?

983 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:47:49
上に同じ

984 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 00:51:48
本当に痛すぎる

985 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 02:31:16
暫く見ない間に急激に加速してるね・・・

986 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 03:55:41
>980
パカたなあ、おまえはw

987 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 08:28:06
>>980
容疑者の意味を考えろ。
岸は起訴もされてないぞ。


988 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 10:16:56
この東條の孫が他界すれば、A級戦犯合祀に積極的に賛成する
遺族はいなくなるわけか?

989 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:08:07
A級戦犯ではなく、東條が問題なんだけどな。
東京裁判とは無関係に東條の合祀に疑問を持ってるだけだ。

990 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:58:03
東條閣下最高!!大東亞戦争は聖戦!!昭和殉難者は神!何か疑問でも?

991 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 11:59:29
991

992 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:04:34
992

993 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:07:16
993

994 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:07:58
994

995 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:08:53
995

996 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:10:07
996

997 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:12:33
>>990
精神病院逝け

998 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:13:59
998

999 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:15:02
999

1000 :日本@名無史さん:2005/08/18(木) 12:16:12
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

252 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)