2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

首都大の前田雅英

1 :法の下の名無し:04/10/27 09:41:17 ID:SbSIfqS/
刑法学者といえば。

2 :法の下の名無し:04/10/27 12:34:41 ID:vlN4II1y
masahide,gohanyo-

3 :法の下の名無し:04/10/27 16:36:42 ID:cTk3xLoq
数年後には新大学の学長になるとか…

4 :法の下の名無し:04/10/27 16:55:52 ID:RuZ28flS
最高裁判事のポストを狙っているのか

5 :法の下の名無し:04/10/27 21:08:30 ID:qOVyUX5e
【刑法】前田雅英【防犯カメラ】
http://school4.2ch.net/test/read.cgi/shihou/1094522576/l50

6 :法の下の名無し:04/10/29 17:56:54 ID:gZxS5Cue
故意とは、一般人ならその罪の違法性を意識しうる程度の犯罪事実の認識。

7 :法の下の名無し:04/10/29 19:38:14 ID:yryO288m
林幹人に「教授の故意論の混乱の原因は・・・」と言われたほどの適当な体系。

8 :法の下の名無し:04/11/02 02:47:52 ID:/ZLLXGDr
判例や他人の学説の分析・評価は緻密にやるのに、
自説の論証は適当。なぜ?

9 :法の下の名無し:04/11/03 17:45:13 ID:27WvvlRY
法学部長なのに法学部生の公開質問書とか完全無視

10 :法の下の名無し:04/11/03 18:29:48 ID:8jonwlIV
>>4
人望ないから無理。

11 :法の下の名無し:04/11/06 07:55:34 ID:r1/EXdvK
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/toritu/1086145840/
前田雅英なスレ

12 :法の下の名無し:04/11/08 10:16:15 ID:AutqQwmr
http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/toritu/1094141244/
首都大の法、評判悪いねぇ

13 :法の下の名無し:04/11/08 11:16:23 ID:RqNhrm6m
>>12
自作自演おつかれさま>kubidai.comのひと

すごく重大な虚偽があるね、kubidai.comの「崩壊」。

すでに着任してる人や、4月からの着任が既に決まっている人が書いていない。
ローのホームペーじみればすぐ分かる。

14 :法の下の名無し:04/11/10 02:43:47 ID:hQ5KPXsE
 学者としてはいろんなところから馬鹿にされているのに、
 受験生の間で広く流布しているのはどうしてなの?

15 :法の下の名無し:04/11/10 06:49:03 ID:9ZvvSSHI
馬鹿にされるのは相手にされている証拠で,相手にすらされていない紀要論文をせこせこ書いてる奴の方が圧倒的に多いのだよ。

16 :法の下の名無し:04/11/10 07:25:47 ID:Djcd7EJ5
13は都立大前田派院生

17 :法の下の名無し:04/11/10 07:59:39 ID:0MNUVmJx
で、学長どうよ。

18 :法の下の名無し:04/11/10 08:16:45 ID:dXb9G18z
>>14
結論が判例だから(判例理論ではない)。



19 :法の下の名無し:04/11/10 09:34:06 ID:Me43fSHJ
http://www.bcomp.metro-u.ac.jp/law/ls/staff.html

20 :法の下の名無し:05/01/07 11:44:48 ID:EHqFDXe0
>>14
辰已法律研究所兼任講師

21 :法の下の名無し:05/01/09 16:26:12 ID:yliqXCT5
刑事訴訟法でも辰已用のテキストを執筆

22 :法の下の名無し:05/01/21 16:59:25 ID:AVlUkniY
予備校講師か学者か微妙な人ですね

23 :法の下の名無し:05/01/24 10:25:44 ID:D9g2zEuz
でもダンディだぜ。

24 :法の下の名無し:05/01/24 13:41:56 ID:sicOIAig
都立大ちゃんねる
http://jbbs.livedoor.jp/school/5086/

25 :法の下の名無し:05/02/02 12:16:21 ID:4up8uSki
都立大なんて田舎大学ではなく慶應に来てもらいたい

26 :法の下の名無し:05/02/02 19:12:56 ID:4cPhgCwS
前田センセは外国人労働者の受け入れ賛成のようですな
失望した

27 :法の下の名無し:05/02/02 20:38:13 ID:B7NvMDYg
http://hidebbs.net/bbs/sososo?sw=7&m=10

28 :法の下の名無し:05/02/02 22:43:13 ID:naaU5MJD
厳密な要件での受け入れでは?

29 :法の下の名無し:05/02/03 01:32:26 ID:WalZHkdn
要件が厳しかろうと無かろうと入れてはいかん
ドイツやオランダのように必ずなるぞ

30 :法の下の名無し:05/02/03 12:31:38 ID:hUPQZbXu
それがどうしてだめなの?

31 :法の下の名無し:05/02/03 14:02:38 ID:WalZHkdn
価値相対主義かね
くだらん

32 :法の下の名無し:05/02/03 15:01:47 ID:LnTrvm3+
同志社の村田って、読売と提携してプロジェクトをやったりするのが
うまいようだし、そういう人事遊泳でのし上がってきたようだが、
「朝までなまテレビ」での村田の発言を聞いている限り、素人でも
言えるような単純なことばかり。あんな程度で、「国際政治学者」を
名乗れるのなら、誰でも、2,3の新聞の国際面だけ読んでいれば
なれると思う。とても、真摯に研究した成果での発言とは思えない。
まぁ、軽いんだよな。それに、村田の雰囲気って、ひょっとしたら
「Oモ」かな、と思わせるものがあり、気持ち悪い。これはあくまで
推測というか私の主観に過ぎないが。

33 :法の下の名無し:05/02/03 15:02:48 ID:LnTrvm3+
→書き込む場所、間違えた!

34 :法の下の名無し:05/02/03 17:01:43 ID:Og3W4wJ/
>>30
オランダではゴッホの一族の映画監督が殺され
ドイツではネオナチの台頭が問題になるほど
経済が混乱してるから。
その国の国民が再生産できるシステムを
構築するのが基本です。
他国の問題は他国で片づけるのが合理的。
援助するなどして。

35 :法の下の名無し:05/02/03 18:03:02 ID:IyhvbuTh
>>34
 「外国人労働者の受け入れ」と経済混乱、映画監督殺害・ネオナチの台頭
との間に、必然的なつながりはないと思われる。
 また、外国人労働者の受入に対して慈善活動程度の認識しかないと思われる
が、その認識は正確ではないと思う。

36 :法の下の名無し:05/02/03 18:43:48 ID:A37gXZN+
>>35
>「外国人労働者の受け入れ」と経済混乱、映画監督殺害・ネオナチの台頭
>との間に、必然的なつながりはないと思われる。
そうか?
「低賃金の外国人労働者流入」→「自国民の失業増加」→「経済混乱」→「外国人排撃思想」と繋がっている
と思われるんだが。
もちろん、ドイツの場合は統一後の経済格差の問題もあって、東ドイツでネオナチが台頭しているということもあるが、
それでも低賃金の外国人労働者の流入は、問題になってるぞ。

さらに、外国人労働者の二世・三世が宗教や文化の違いから、当該国民と摩擦を起こしてるのも事実。
オランダの映画監督テオ・ファン・ゴッホだってイスラム批判をして、イスラム青年に暗殺されたわけだし、
オランダでは現在もオランダ人vsムスリムの図式で放火事件や暴行事件などの対立が続いている。

外国人労働者が流入すると経済問題(自国民の失業増大)や(二世・三世との間での大規模な)文化的摩擦が
起こるのは必然的だと思われるけど。


37 :法の下の名無し:05/02/03 22:14:09 ID:ghDgn2xU
日本は外国人を入れなきゃもたない産業もある。
今後急速に少子高齢化するからね。
どの産業も中国に進出できるわけじゃない。
21世紀は異文化衝突の覚悟が必要。

38 :法の下の名無し:05/02/05 00:33:10 ID:Xaux9sZu
衝突の被害をモロ喰らうのは一般民衆で
こういう政策を推進してるブルジョワ層ではない
現にドイツやオランダではブルジョワ層は海外に逃げ出し
逃げる資金も無いような民衆が煽りを喰らい続けている
自分たちの地位を一時でも持続させるために民衆にだけ負担を強いるのは無責任且つ卑怯な行為だ

39 :法の下の名無し:05/02/05 03:08:15 ID:1WUODlIF
前田さんの話は・・・・・

40 :法の下の名無し:05/02/05 07:08:46 ID:O20VScGG
移民受け入れも結構だが
キリスト教徒に限っておくこと

41 :法の下の名無し:05/02/05 10:17:23 ID:rusZYbuo
アホか。
基督教原理主義者ほどたちの悪いものはないよ。


42 :法の下の名無し:05/02/05 10:23:07 ID:1l85v3Xh
前田先生の『日本の治安は再生できるか』(ちくま新書)
おもろいよ。

43 :法の下の名無し:05/02/10 10:14:33 ID:DAXlVEKt
前田本が最高の本。


44 :法の下の名無し:05/02/13 16:16:16 ID:OIf5rXm2
「誤解しやすいのは、よく言われる『結果無価値なら結果無価値、行為無価値なら
行為無価値を動かしてはいけない』という議論の意味なんです。結果無価値論者は
あらゆる問題で結果無価値を徹底しているわけではないですよね。・・・

・・・基本書を通して読むというのは重要なことだと思うのです。そのときに、
行為無価値論を採る以上、徹底して行為無価値を採らなきゃいけないという視点
だけで批判的に見ていくと、困るというだけなのです。結果無価値をどんどん
徹底したら刑法は成り立たなくなっちゃうんです。未遂だって結果がないんだから
全部不処罰でいいとか、行為無価値だったら既遂・未遂同じにしなきゃいけないと
いうところまでいってしまうわけでしょう。

現在の刑法学の課題は、誤解を恐れずに言えば、『今の状況で、国民の意識を
踏まえれば、どの程度行為無価値を加味しなければならないか』を判断するという
ことなのだと思っています。・・・」

45 :法の下の名無し:05/02/13 16:16:49 ID:OIf5rXm2

「私はこの頃、教科書や論文でも書いているんですが、行為無価値か結果無価値かを
対立軸に据える時代はもう終わっていると考えています。もっといえば、そのような
対立軸を設定して、結果無価値を重視すべきだとしてきたトレンドが、刑法の学界には
一定期間存在したのだと思います。その流れが変わろうとしている。

 結果無価値って何かっていろいろな捉え方ができると思いますが、やはり戦後日本
社会の中で言えば、『日本国憲法』なんだと思いますね。人権とか、個人の利益を重視
するとかいろいろな表現ができますがね。

 私が、そういう意味で結果無価値論かといえば、育ってきた時代状況の中でトレンドが
そうだったし、私の恩師である平野先生の理論も結果無価値論だったからということです。
先生の影響は絶対です。もちろん、私が学んだ時代の思潮もそうだった。

 ただ、個人の自由とか人権とか、『法益侵害が明確なもの以外処罰すべきでない』とか、
処罰は狭いほどいいとか、そういう議論がだんだん動いていくと思うんです。・・・」


46 :法の下の名無し:05/02/15 23:23:01 ID:GhIB2O94
>>42
それトンデモ本。
間違って読んでしまった人は河合幹雄『安全神話崩壊のパラドックス』で解毒すべし。
著者は隼雄の息子で棚瀬の弟子。

47 :法の下の名無し:05/02/16 00:35:38 ID:Ode1pHpD
>>46
河合幹雄の本は
いわゆる左翼的立場から
「日本の治安が悪いというのはウソで、問題はないのだから
警察権力は小さくすればするほど良い」
といっているのかと思ったら、全然そうではなかったな
賛否は別として、著者の姿勢には興味がもてた

48 :法の下の名無し:05/02/17 10:03:35 ID:JXkgDfS5
前田の本が別にトンデモ本だとは思わない。
いつだったか、前田の他に土本武司だとか、河合幹雄も出演して、
BS1かなんかで討論やってたと思うが、前田の主張がそんなに
説得力に欠けているとは思われない。
統計上の云々というが、犯罪が増えているのは事実だろうし、
刑務所が飽和状態なのも事実だと思う。昔じゃ考えられないような
外国人犯罪やサイバー犯罪、振り込め詐欺みたいなのはどう捉えればいいのか。

49 :法の下の名無し:05/02/17 22:01:15 ID:eu6Sifwf
河合主張の自転車盗の受理とか以前に、車上狙いやひったくりなんかは急増だろう。


50 :法の下の名無し:05/02/17 22:13:08 ID:eu6Sifwf
参考で
http://www.ndl.go.jp/jp/data/publication/refer/200402_637/063701.pdf

51 :法の下の名無し:05/02/21 23:56:29 ID:72JLsUj4
age

52 :法の下の名無し:05/02/23 13:08:30 ID:XUkg5uyD
田村正博氏(元警察大学校警察政策研究センター所長)が暗数が多い犯罪だけが増加しているのではない
として、河合批判を行っている。

53 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 13:23:43 ID:OqissPOy
>>48
あれをトンデモ本と見抜けない君は算数を一から勉強しなおしたほうがよい。

54 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 17:27:46 ID:Ory0Oc8N
河合本の根本的な欠陥は、統計数字の変化とともに
国民意識の変化を考慮しなければ無意味なのに、
その点を怠っている(気付いていない?)こと。

今の国民は、昔の国民よりも治安への感度が高い。
今の日本で昭和30年代のGNPだったら相当貧乏だが、
「同じGNPだから日本は貧しくなっていない」
と主張しているようなものだ。

河合本こそ、一種のトンデモ本である。



55 :法の下の名無し:2005/03/26(土) 18:59:13 ID:Oydt2j20
>>54
犯罪件数が同じでも、治安意識が高まったら、
「犯罪が激増」とか表現していいってこと?
それは無理だろ。
犯罪がふえてなければ、ふえてないと言っていいはず。

それに、いわゆる国民意識の変化なるものは、マスコミ
の煽りによる部分が大きい可能性がある。マスコミが
「激増した」と言いまくれば、「大変だ」となるのが
当たり前。

56 :法の下の名無し:2005/03/27(日) 00:30:23 ID:RbohMQ3p
前田はなー
肝心なところで単純計算間違えるわ
引用すべきデータを他のものに摩り替えるわ

ちょっとすごいね。



57 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 14:18:36 ID:Nwv9gsq5
大谷・・・説に一貫性なし
大塚・・・ほぼ結果無価値無視
山口・・・説が特殊すぎ
前田・・・要件の理由付けが曖昧
川端・・・話にならん

前田が一番まともだよ。俺が読んだ中では。

58 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 15:54:04 ID:IscxCECs
>>57
ここは法学板だということを忘れずに・・・

59 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 20:41:03 ID:OL4zB8Er
いやあ〜どうかねえ。確かに、自転車盗だとか、暗数の問題もあるが、
認知件数が増えているのは事実だし、昔でも暗数が少ないと思われる事件の
認知件数も増えているのは事実でしょう。データでもって河合説を証明するのは
難しいとは思う。とはいえ、河合説がまったくのデタラメとはいわんがね。

60 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 21:16:33 ID:qbkwuWXZ
認知件数の解釈をめぐる争いはさておき、少なくとも犯罪学者としての前田はトンデモということでよろしいか。

61 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 21:38:04 ID:qbkwuWXZ
真剣に統計分析している「治安悪化している派」の学者も本心では迷惑なんじゃないの?

62 :法の下の名無し:2005/03/28(月) 22:58:56 ID:A69ls24R
所詮学者になんかなる奴はバカだから

63 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:03:18 ID:Xp4RHUPy
犯罪の認知件数は警察の方針や国民の意識の変化しだいで大きく変わるからなあ。

64 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:40:12 ID:VAfAwGmR
「神話の崩壊」なんて仮説は検証可能だから
河合説は法社会学じゃなくて法哲学

65 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 06:41:49 ID:VAfAwGmR
検証「不可能」のマチガイでした
すんまそん

66 :法の下の名無し:2005/03/29(火) 12:43:54 ID:VQf4zkYK
安全神話の崩壊は仮説じゃないわけだが。

67 :法の下の名無し:皇紀2665/04/01(金) 23:34:26 ID:A8vq5/UE
>>66
うむ

「安全神話の崩壊」は仮説じゃなくて、一応の共通了解事項というべきだろう

仮説なのは、「安全神話の崩壊の実態・要因は何か」についてだな。

68 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 18:51:43 ID:YYb6I+cK
>>44
>結果無価値をどんどん徹底したら刑法は成り立たなくなっちゃうんです。
>未遂だって結果がないんだから全部不処罰でいい・・・

結果無価値を徹底したからってそんな結論にはなるとは限らないよなあ。
未遂の場合に「結果」があると理解する立場だってありうる(というか、現にある)わけだし。
なんか単純な構図をつくって自己の立場に無理やりひきつけた議論をしてるような感じが。

69 :法の下の名無し:2005/04/03(日) 21:17:33 ID:FBNdCui6
>>68
未遂の場合に結果があると理解することこそ、結果無価値を徹底しない立場。
ちゃんと勉強してから発言しましょう。

70 :法の下の名無し:2005/04/05(火) 09:07:36 ID:kGdspWjR
>>69
横槍すみませんが、結果無価値論の発展史に基づく理解と、結果無価値論そのものの理解とを混同されて
いませんか?
しかも、結果無価値論の「徹底」という言い方についても、若干>>68氏の理解をゆがめて捉えているように思われます。
結果無価値論を徹底するとしても、未遂犯を結果犯として構成することは可能である以上、全部不処罰でいいという
ことにはならない、というのが>>68氏の主張でしょう。
とすると、問題は、未遂犯を結果犯として理解できるかどうかであって、その点が可能であれば、結果無価値論の「徹底」
とは矛盾しないはずです。
他人の不勉強をあげつらう前に、もう少し他人の意見に即した発言をされてはいかがでしょうか。

71 :法の下の名無し:2005/04/06(水) 02:25:33 ID:v8cluGd4
>>70
もっとべんきょうしましょう。

72 :法の下の名無し:2005/04/08(金) 23:19:19 ID:Rqs8xSvQ
「観念的に図式化すれば」結果無価値論の徹底=未遂の不可罰
という言い方は可能かもしれない。なんかいかにも択一にでそうだ。
司法板じゃないのに悪いが、こういうときオレはときどき「図式
化すれば可能だから○」と「現実にそんなことをいう説はないのだ
から×」の選択に迷うことがある。

73 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 08:10:21 ID:D4DEMlKE
「徹底」というのは結局「アホにも分かり易く」しただけ。
平野大先生のように分かり難いのが神!

74 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 12:41:36 ID:3CfqUzvm
基本的には、平野先生が言っていたように
「相手の主張を黒く塗って、その黒い部分を批判する」
ってのをやってるから、無駄なすれ違い、言葉の意味の取り違えが多い。

75 :法の下の名無し:2005/04/21(木) 11:12:14 ID:vz4B2XQH
http://www.sankei.co.jp/news/050420/sha082.htm
 電車内での携帯電話など、公共の場所で多数の人を不快にさせる行為について
対策を考えるため、東京都は20日、学識経験者らでつくる検討会
(座長・前田雅英首都大学東京教授)
の初会合を開いた。

76 :法の下の名無し:2005/04/22(金) 22:50:37 ID:+3nBM4m8
実質出版規制な条例を作ろうとして、オタクには嫌われているよな。

77 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 23:49:36 ID:ofM6EcVR
たしか新書版の刑法入門書みたいなものを出していたはずだが、
余りに内容がテキトーなので立ち読みしていて腰抜かしそうになった。
前書き読むと実際に大学講義で使われたらしいが、
刑法学習のスタートがアレというのは余りに可哀相だ。

78 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 00:38:31 ID:bdsba7pE
>>77
具体的にどこがテキトーなのか。

79 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 01:03:57 ID:T2E41Sv8
全てが適当

80 :法の下の平等:2005/04/25(月) 11:50:04 ID:VtPMUE5o
首都大って法学部ないよね。何学部の先生になったの、前田先生は。可愛そうに。
でも法科大学院があるか。

81 :法の下の平等:2005/04/25(月) 11:53:11 ID:VtPMUE5o
すんまそん。都市教養学部に法律コーすってのがあった。

82 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 01:00:26 ID:PQ7S2rMw
78の言うとおり、どこを切り取ってもテキトー。
「国民が処罰を望んでいるんだから、その通りに立法・処罰しろ」
という悪夢のようなエスプリが充満している。
彼なりの正義感や視角は伝わってくるが、
刑法学者としての議論の緻密さは見られない。
ある種のエッセイ集としてなら読むに値するかもしれないが、
法学書としてあのクオリティはまずい。

83 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 01:05:49 ID:HC51eBho
というエッセイにもならない82でしたw

84 :法の下の名無し:2005/04/26(火) 13:10:12 ID:rlhpojIE
のところでは、特にこの頃思うのですけれども、結果無価値か行為無価値は、
きっとこれは本当はどうでもいいことに近いのかも知れません。具体的事案を
前提として処罰範囲をどこまで持っていくかという結論ですね。それが、先ほ
ど申し上げた法律家としての知恵といいますか、国民の常識がどれだけ汲み上
げられるかの勝負だと思うのです。ただ、それを安定的に行うということと、
それを説明するという点から、理論的なことも重要になるわけです。スッキリ
と割り切れる大所高所からの議論、公式から演繹してくる議論はその意味では
魅力的です。
http://www.j-wba.com/topics/20010616.html


85 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 07:57:05 ID:94dM61M0
バカクサ
前田なんてわざわざ議論するに値しない。
判例をわかりやすく説明している予備校の先生に過ぎない。

86 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 14:18:07 ID:gF5P2dg9
俺基本的に前田説だけど、たまに処罰すべきだから処罰するって感じの価値観が垣間見えて疑問に思う。
刑法理論って、感情的には処罰したいときでもそれを抑制するための理論じゃないのか。
少なくとも結果無価値って感情論・倫理論を刑法解釈から排斥する考えじゃないのか。
逆に感情的には厳しいなぁと思っても理論的に処罰すべき場合があるんじゃないだろうか。

前田が結果無価値らしくないってのはこのへんもあるんだろうね。
やっぱ藤木流の必罰的思考方法が色濃く反映されてるよ。

87 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 14:41:23 ID:FTZ5R3GJ
そこでお得意の「国民の法感情」ですよw

88 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 17:33:28 ID:9wo5n4cd
>>86
>少なくとも結果無価値って感情論・倫理論を刑法解釈から排斥する考えじゃないのか。

結果無価値論というのは、主観的要素が違法に(原則として)関係しないという考え。
感情論や倫理論を刑法解釈から排斥するかどうかとは別次元の問題でしょう。
このへん、混同している議論が多いようですが。

感情論を排斥するのは、むしろ形式的犯罪論の話でしょう。

89 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:34:53 ID:4SeJ5Eh7
結果無価値・行為無価値というのがそれぞれの論者で意味してるところが違うんだよなw

90 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 19:45:31 ID:9wo5n4cd
前田ではない人の文章をひとつ引用。


 「犯罪を減らすには重罰による威嚇に期待せざるをえない」という「消極的予防」への信仰を、
「積極的一般予防」と混同する人がいる。しかし、これは、とんでもない誤解である。・・・・・・・
「消極的一般予防」は、人々をいわば潜在的犯罪者とみなし、刑罰という害悪による恐怖や功利的計算で
人々の行動をコントロールしようとする刑法観に立つものである。

これに対して、「積極的一般予防」は、人々を社会の担い手=「市民」とみなし、この「市民」に共有されている規範
(その社会のアイデンティテーを形成している規範)を維持することが、刑罰ないし刑法の機能であるとする。
人々を統制の対象としてみるのか、それとも、社会の担い手とみるのかによって、この二つの刑罰論ーより正確には
刑法観ーは鋭く対立するものとなる。

91 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 21:23:04 ID:AVF2M2CX
松宮でつか?

92 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 21:58:14 ID:9wo5n4cd
>>91
そうです

93 :法の下の名無し:2005/05/07(土) 22:21:31 ID:jjsouiTR
ヤコブスの旧説だな。

94 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 21:34:57 ID:GLRvXG8m
>>91
松宮先生の論文て好き。
普通の人は、「〜の見解には賛成できない」「〜の説には疑問がある」
とか言うところを、「〜は誤解である」「〜は正しくない」
「〜は間違いである」ってはっきりいうからね。

前田先生は・・・エキサイティング刑法で顔見たけど、顔はいいね。
刑法って顔してる。

95 :法の下の名無し:2005/05/08(日) 23:13:49 ID:Uk3uBodu
>>94
本質とは関係ない理由で好きなんだな。
ま、そんなもんか。

96 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 17:50:50 ID:BAKu0Fd8
>前田先生は・・・エキサイティング刑法で顔見たけど、顔はいいね。
>刑法って顔してる。

そ〜か〜?
痩せた小林薫って感じじゃない?

97 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 21:17:00 ID:6ZUN/0pd
>>96
いやいや、いいと思うよ。
刑罰や犯罪に関して研究する人が丸々太った恵比須顔
で幸せそうな顔ばっかりしてたら説得力ないじゃん。

98 :法の下の名無し:2005/05/09(月) 21:50:52 ID:xi6/1Xvr
犯罪増加と矯正施設の過剰収容
法律のひろば平成17年1月号(前田雅英)

http://home.h07.itscom.net/maedam/ynews.htm

99 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 11:17:21 ID:YWltjwL9
>そこで、過剰収容と犯罪の増加とは結びつかないとするために、「本来刑務
>所に入らないでよい人間を法務・検察などが無理に公判請求している」とする
>説明も見られる。「1996年以降検察庁の新規受理人員に目立った変化はないの
>に、強盗、窃盗、恐喝、傷害、強姦等の公判請求人員が上昇傾向にある。その
>背景には、検察官の厳罰化志向」があるとし、検察が公判請求率を上げた等の
>問題を指摘するのである(『犯罪は本当に増えているのか』3頁)。

前田先生、この引用の仕方では何処の誰が書いたのか全然分からないし、読者は検証の使用がありません…

100 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 18:10:32 ID:wKdVe71J
>>99
脳内著作から引用しました。

101 :法の下の名無し:2005/05/10(火) 18:42:57 ID:e73OKX5L
>>100
ぐぐれば?

102 :法の下の名無し:2005/05/11(水) 11:10:14 ID:tPy6XnnC
刑法学者という人種は読書がわざわざくぐらなければ引用文の著者が分からないような論文ばかり書いているのか。

103 :法の下の名無し:2005/05/13(金) 19:05:58 ID:koQaql7W
一部の学者は変にめんどくさがります。

104 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 19:15:34 ID:0ArenIdn
一般市民を相手にして書いたもんではないでしょう。

105 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 19:18:48 ID:BwjKytIQ
前田先生の場合、その言い訳は使えない。

106 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 23:06:24 ID:R7h5SnjG
>>105
法律のひろばは一般市民向けだったのか!
わあびっくり。

107 :法の下の名無し:2005/05/15(日) 23:45:14 ID:LD9+FgN2
なお、前田は、一九七二年にシンナーが、毒物・劇物取締法に加えられたこと
により、シンナー遊びが虞犯少年ではなくなったために虞犯少年の数が激減し
たことを見落としている(鮎川潤『少年犯罪』平凡社新書。二三頁、参照)。
実は、これに限らず、そもそもこの書物は、犯罪統計の分析の初歩さえ踏まえ
ていない低レベルのものである。参考文献がひとつも掲載されていないこのよ
うな書物が、学問書を装って東京大学出版会から刊行されたことに驚きを禁じ
えない。荒木伸怡は、「統計学の名著をも多数刊行している東京大学出版会が
、その刊行書籍の品質を問われかねない本であると考える」と指摘しているが
同感である。

108 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 00:39:16 ID:mbw3JAwT
最近、わが国でも、「路上強盗」や侵入盗をはじめとして治安の悪化を憂う声が高まっていますよ。

109 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 00:39:56 ID:mbw3JAwT
1点だけを上げて「実はこれに限らず」というのも、学問を粧った駄言だな。

110 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 13:07:01 ID:9CPuNqC5
まあ確かに参考文献は一つも無い罠

111 :法の下の名無し:2005/05/16(月) 23:23:46 ID:wrwp4+pO
荒木教授のその書評読んだとき、狭い学者村のこと、だいじょーぶ
なのかいなと、門外漢ながら冷や汗がでてきたヨ。

112 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 00:10:56 ID:PWwzPhmV
荒木伸怡だから大丈夫。もともとああいう人だということは業界全体が知っている。


113 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 01:45:03 ID:tFC+Swce
東大出版の基本書の法改正対応版(4版?)がいつ出るか知ってる人います?

114 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 04:03:19 ID:e/JWnL/b
荒木伸怡って変わった人なの?

115 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 07:22:49 ID:8/6g0gPC
なんかさあ、IDが変わる時間帯見計らって自作自演してるやついない?

116 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 07:52:06 ID:jOeapBeb
111と112は別人だよ。
なぜかって俺が寝たのは23;59頃だからね。
111の俺が保証する。

117 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 08:06:33 ID:8/6g0gPC
>>116
そいつは失礼。
で、荒木教授の書評は具体的にどこがどういうふうにまずいの?

118 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 14:59:49 ID:k3GaS1GN
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/

119 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 15:19:55 ID:e/JWnL/b
>>118

同僚にはなりたくないな、、、

120 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 18:02:21 ID:8/6g0gPC
だから書評がどうまずいのよ

121 :法の下の名無し:2005/05/17(火) 22:58:55 ID:jOeapBeb
まずいなんて誰も言ってないだろ。
いかに正しい指摘でも、こういう物の言い方は、
ふつうの書評マナーではありえないことだ(良いとか悪いとかではなく)。
なにを絡んでいるのだ、キミは。

122 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 01:17:31 ID:k02Y04Vd
批評の当否じゃなくてマナーの問題かよ!

123 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 02:17:00 ID:QiLocvdb
最初から誰も荒木伸怡の当否なんて論じてないわけだが。

124 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 09:25:06 ID:TsDQdzC9
バカ相手にするのは疲れるよ。何年か前の法セミ、自分で読んで、
他号の書評と比較してみぃ。ペンで他人を評価・攻撃するのだから、
それなりに配慮は必要だし、逆にそういうことに拘泥しすぎて
なあなあ体質になって面白みに欠けたりするのが、日本の書評文化。
そういう意味で荒木氏の書評は極めて異質でギョっとするものであった。
荒木は間違い、前田が正義(あるいはその逆)だとか言ってるわけでは
ないんだよ。

125 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 10:33:56 ID:k02Y04Vd
荒木を嫌っている人間がいるのは分かったけど、
漏れは業界関係者じゃないから荒木の人間性なんか興味ないもん。

で、荒木伸怡の書評はどうなのよ。
前田はやっぱダメなの?

126 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 22:46:21 ID:GR1M2O5+
前田は思想的には一貫しているが理論的には一貫していない。

127 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 23:00:11 ID:4Q4fxY06
荒木って、サカキバラの時に、「S君」の人権を守れ、彼の人格はまだ発達途中だと叫んで
新潮社を狂ったように攻撃してた。

128 :法の下の名無し:2005/05/18(水) 23:38:59 ID:JsRprDmJ
結果無価値なら危惧感説で行けよ。一貫してねえんだよ。

129 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 14:27:10 ID:QFGce5Yi
>>128
(´,_ゝ`)プッ

130 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 15:44:56 ID:oirFkX67
けれども前田説信徒といたしましては前田説を信奉すればするほど、前田説の限界というか、その無頓着さというか、良いどこ取りの精神というか、無節操さというか、そうしたものをヒシヒシと感じてくるものなのですよ。

昨今の刑法学で提示される論文や、そこまでいかなくてもロースクールの勃興によって本屋に沢山並んだ屋上屋を架す無駄としか思えない刑法の書物を見ても、前田説というのはほとんど紹介されていないか、
たとえ紹介されていたとしても「おめー、こんなの刑法理論とかっていえると思ってるの?」くらいの批判しかされていないのが客観的な現状です。

これが誤解に基づくものなら「おめー、前田説の真髄が分かってねーなー」とかって反論もできようものなのですが、前田説に対する批判のほとんどは正当そのものなので、悲しいかな信徒といたしましては「へへー、すみませんね」とへらへら笑うしかない現状です。

131 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 21:58:04 ID:daBwk5f+
その「現状」は未来永劫変わることはない。

132 :法の下の名無し:2005/05/19(木) 22:29:58 ID:LinLFk7r
>>126
一貫してる刑法学者なんて一人もいないんだけどな

133 :法の下の名無し:2005/05/20(金) 13:48:38 ID:CDIWqPk/
>>132
(´,_ゝ`)プッ


134 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 13:18:46 ID:OF5j562a
前田の刑法理論はどうしようもないほど散らかっている。

135 :法の下の名無し:2005/05/23(月) 08:30:01 ID:chlZHHqj
忙すぎてじっくり練り上げる暇がないんでねえの。
研究に専念してりゃよかったのにね。

136 :法の下の名無し:2005/05/23(月) 22:27:12 ID:RCJ8swqX
元検事で元来捜査とか治安には理解があるはずの
落合弁護士のブログでも、批判されていたね
学説のことじゃなくて、会合での態度のことだが

137 :法の下の名無し:2005/05/24(火) 08:58:32 ID:nZcKmM5D
ヤメ検が「捜査とか治安に理解がある」と思ってる?
へえ。

138 :法の下の名無し:2005/05/24(火) 09:29:58 ID:/tJ9dErA
ヤメ検の話したいならよそ逝けよ

139 :法の下の名無し:2005/05/27(金) 21:22:22 ID:EMKap5Ax
緩やかな罪刑法定主義
俺は好きだけどねえ


140 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:36:37 ID:kwEIJJAe
103 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 11:21

>>102
『少年の「罪と罰」論』ではないですが(ちなみに私は>>101でもない)。
法学セミナー2001年1月号掲載の立教大学教授
荒木伸怡氏の『少年犯罪』書評を参照。
http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/naraki/gyouseki/mini/maeda.htm
全国の少年法研究者がこの書評で溜飲を下げたと思う。
「東京大学出版会が、その刊行書籍の品質を問われかねない」とまで言われた。
事実上「この本はウソだらけ」と言われたのと同じ。

104 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 12:42

荒木伸怡って…ドキュソでしょ。

106 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 13:16

>>104
こういうのは「レッテル貼り」という詭弁術の一種です。
荒木氏の書評に不満があるなら、具体的に指摘してください。

108 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/09 23:32

>>103
東大出版会までけなすのはやりすぎ。そんなことを言い出したら、
まともな出版社はないことになる。

112 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:51

>>103
っていうか荒木伸怡は電波だろ。
あの書評は、とうとう錯乱したかってかんじで業界では受け止められたよ。



141 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:37:36 ID:kwEIJJAe
113 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:52

>>106
そのまえに、あの書評がレトリックじゃん。
どこも実証的じゃなかった。

114 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 09:54

荒木伸怡がどれだけイっちゃってるかは、ここみると分かるYO!

http://www.rikkyo.ne.jp/univ/araki/

117 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 23:16

>>113
どこがレトリックなのか、
どこが実証的ではないのかが具体的に示されてません。
それこそ実証的とはいえません。

>>112
マスコミ業界?(w

118 名前: 名無しメンバーさん 投稿日: 01/09/10 23:23

ぜんぶだろ>>117

119 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/10 23:58

>>118
????????????



142 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:38:26 ID:kwEIJJAe
121 名前: しぇんぱい 投稿日: 01/09/11 01:02

>>103
どーもありー
前田鋭いという結論は変わらないが、多少政治性を帯びた問題に
なると論理をゆがめる面がある点で一般人と同病のようだ。
少々がっかり。

>>118
ちゃんと答えるとおもしろくなるのに。
くだらんレスするもんだから話が伸びなくなってるじゃないか。
それとも回答不能か?

122 名前: 名無しメンバーさん 投稿日: 01/09/11 10:16

>>121
悪い、いま手元にないんだ。荒木伸怡の書評。

123 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/11 10:22

>>122
>>103から行けますよ。



143 :法の下の名無し:2005/05/30(月) 20:39:24 ID:kwEIJJAe
135 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 22:53

これを機会にまじで補正してくれ

136 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 22:56

補正は必要かもね。
しかし、東大出版会まで狙ったやり口はテロそのものだろ。

138 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 23:13

狙ったのか...

139 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/12 23:30

荒木伸怡イッテヨシ。

147 名前: 荒木 投稿日: 01/09/14 07:52

テロだと言うなら、きちんと反論せよ。

183 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 06:02

荒木の書評はどうなったんだ?東大出版会を攻撃するのがやりすぎなのは
わかるが、他のどこがレトリックだかわからんのだが。

185 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 10:36

>>183
おまえのアタマガワルイだけ

186 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/09/18 11:22

それは知ってるよ。頼むから説明してくれ。

224 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/10/09 19:33

俺の頭が悪いのはわかったから、
法セミの荒木の書評のレトリックとやらを説明してくれ。

225 名前: 氏名黙秘 投稿日: 01/10/09 22:14

頼む、誰か。



144 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 17:46:14 ID:Vu65fYYS
頭が悪くて何が悪い! 俺にも主張させろ! という昨今の風潮を代表する学者。

145 :法の下の名無し:2005/06/16(木) 19:21:18 ID:AhB7SSUo
前田刑法は2冊とも改訂されないんでしょうか??
試験委員外れたから東大出版会も二の足踏んでるんのか?
それとも本人に出す気(または暇)がないのか・・・?
新試験委員は山口厚ってかいてあったからなぁ・・・

146 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 13:44:15 ID:3n5ML43H
刑訴の試験委員になったりしてね。

147 :法の下の名無し:2005/06/17(金) 19:31:22 ID:ul9TSZMP
総論は改訂されるってHPに書いてんじゃん。
細かな補訂は刷かわりのたびにされてるし。

148 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 08:50:05 ID:67UG+d/c
前田先生は猫好きとは本当でしょうか?

149 :法の下の名無し:2005/06/27(月) 01:49:46 ID:QGF8Gt8g
【強制執行妨害罪】に関する近時の法改正の動向とその背景・効果について論ぜよ
という設題でレポートの課題が出されているのですが、
何を書いていいのかわかりません。どうすればいいのですか?
答案構成をみせてください。

150 :法の下の名無し:2005/06/27(月) 03:21:34 ID:G0fwpg8d
>>149
まず刑法各論の本で近時の改正に対応済みのものでしらべよう

151 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 13:37:44 ID:lHqD4lwt
>>149
それなんの講義?

152 :法の下の名無し:2005/08/05(金) 15:02:55 ID:hhQ5ch6d
前田先生の基本書はかなり読みやすいと思うけどなー。演習講座や判例250とあわせて読めばさらにわかりやすいと思う。
大谷とかなんて理論めちゃめちゃじゃん。読んでてキレそうになった。

153 :法の下の名無し:2005/08/24(水) 10:43:28 ID:c+9H3UgB
いずれにしても、実際の執行機関である警察などでは前田師の評価は極めて高いわな。

154 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 05:28:49 ID:r+oxTC0P
Xはその住居から数十メートルにわたってうんこ臭を広め
その汚臭により隣人に迷惑をおよぼしている。
 また、これが原因で近所の商店街で売り上げが下がった。
さらに、近所に住んでいた住人も引っ越す人が増えて、
家賃収入を見込めない家主もいる。

かかるXの罪責について前田説で述べた上、刑事手続き上の問題点
を前田説で指摘せよ。

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)