2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

商法学者といえば…。

1 :法の下の名無し:04/11/06 09:07:42 ID:1WW/oVMw
日本の商法学者について語るスレです。

関連スレ
鈴 木 竹 雄
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1098800252/

2 :法の下の名無し:04/11/06 09:10:28 ID:1WW/oVMw
関連スレ その2

【いつまで】商法改正スレッド【やるの?】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093683554/

民法学者といえば…。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093680466/

3 :法の下の名無し:04/11/06 12:35:58 ID:CbYR4lv7
終了

4 :法の下の名無し:04/11/06 19:36:25 ID:qLBVSHjW
スレタイ違うじゃんw

102 :法の下の名無し :04/11/06 09:08:57 ID:1WW/oVMw
立てました

【ウザイ】筑波のOってどうよ?【キモイ】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1099699662/

「法学者の名言・珍言・妄言を取り上げるスレッド」っていうくくりのほうがよかったかも


5 :法の下の名無し:04/11/07 05:55:29 ID:fZfIz2mO
東京帝國大學法科大学での岡野・松浪の関係が
我が国での商法学者の確執の事始めw

6 :法の下の名無し:04/11/08 23:53:58 ID:nCEO9xUL
竹内昭夫の夫人は前田庸の夫人の実姉。
福田歓一の夫人は竹内昭夫の夫人の実姉。

7 :法の下の名無し:04/11/15 21:21:43 ID:8OK8i1cQ
代表的な学者あげてみましょ

東大・・
京大・・
その他旧帝大・・
早大・・
慶大・・
その他私大・・
その他・・



8 :法の下の名無し:04/11/15 22:10:29 ID:FCWjB/5a
東大・・江頭
京大・・森本
その他旧帝大・・近藤(神戸)・森(九州)・吉原(東北)
早大・・上村
慶大・・宮島
その他私大・・永井(中央)
その他・・

あとよろしく。

9 :法の下の名無し:04/11/21 00:12:29 ID:pUGRtZbh
東大・・藤田
京大・・なし
その他旧帝大・・森田(東北)榊(神戸)
早大・・なし
慶大・・なし
その他私大・・大杉(中央)伊藤(同志社)中村(立命館)

10 :法の下の名無し:04/11/23 12:32:24 ID:ZKJZpH3x
東大
落合誠一 江頭憲治郎 岩原紳作 山下友信 神作裕之 藤田友敬 神田秀樹

京大
森本滋 前田雅弘 洲崎博史

11 :法の下の名無し:04/11/23 22:25:50 ID:Unw5BpUu
>>8
森先生は福岡に移りました。

12 :法の下の名無し:04/11/26 20:20:44 ID:YNCMLVJb
神戸は旧帝大じゃないぞ。一橋もないし。
その他扱いもあんまりだから、
一橋と神戸で旧商大でくくってしまえ。
マイナーな括りだが、商法スレだから構わないだろ。

東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・ 弥永(筑波)、永井(中央)、大杉(同志社)、中村(立命館)


13 :法の下の名無し:04/11/26 20:51:56 ID:/Ve+dVpc
やすえたん人気あるんだね。

14 :法の下の名無し:04/11/26 21:59:00 ID:o8IJYdaW
>>12

  かつては、大阪市大学も含めて「旧三商大」と言っていたけど・・・。


15 :法の下の名無し:04/11/27 00:33:22 ID:Y+sV+hjW
>>12
同志社に大杉って先生居たっけ?

16 :法の下の名無し:04/11/27 08:38:37 ID:YowFjknZ
>12
中央には丸山もいるぞ。
名古屋の濱田道代オバサンを忘れてはいけない。江頭・森本と並んで、
団塊の世代のホープだからね。
筑波の弥永は、受験生向けの本で儲けてるだけでしょう。学界で発言力
はあるのか?



17 :法の下の名無し:04/11/27 14:44:49 ID:FZRU4PQp
法政の田中亘と北大の高橋美加を少し読んだけど
明晰な感じがした。法解釈論の範囲だけどね。

18 :法の下の名無し:04/11/28 00:11:49 ID:a9MErBlu
田中亘先生は成蹊でしょ

19 :法の下の名無し:04/11/28 12:19:11 ID:dGt6oIZ8
15年くらい前だけど、森本先生の講義で、日本の商法の基礎は、鈴木竹雄と大隅健一郎と
河本一郎が作ったと言っていた。
また、一流の学者と二流の学者を一緒にするのは失礼だといって、一流の学者として、鈴木、
大隅、河本のほか、竹内昭夫、上柳克郎、龍田節、北沢正啓、神崎克郎の名をあげていた。
森本先生は、浜田先生に「学会の暴れん坊」と呼ばれたという話をしていた。ちなみに、江頭
先生は、「学会のプリンス」。

おれ、弁護士で、商法に関する論文を昔書いたことあるんだけど(雑誌にも載った)、商法の
分野で引用する論文って、東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い気がする。

20 :法の下の名無し:04/11/28 15:53:27 ID:Ht1JirP9
河本先生の名前を見て、大昔に抱いて未解決のまま忘れてた疑問を思い出しました。

手形法17条但書の悪意の抗弁で「河本フォーミュラ」ってあるじゃない?
あれって誰が名付け親なの?まさか自分で言ったりはしないだろうし・・・。



21 :法の下の名無し:04/11/28 16:03:45 ID:kewz8sdp
>商法の
>分野で引用する論文って、東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い気がする。
これは結構面白いところだね
商法に限らず、多くの分野で東大、京大、神戸大、東北大の先生の割合が圧倒的に多い、とすれば、
これらの大学にはいい先生があつまっているからだということになるが、
もし商法は特にそういう傾向が見られると言うことであれば、商法改正利権をどれくらい握っているかが重要だということになろうw
利権なしで、味の素の竹ちゃんって一流だったんだろうか?

22 :法の下の名無し:04/11/28 16:09:23 ID:ly3oQUqm
田中、松本は、どうなの?

23 :プライム:04/11/28 16:31:54 ID:x2+wr6C2
関俊彦先生はどうでしょうか。会社法の本とか名著だと思うんだけど。

24 :法の下の名無し:04/11/28 17:25:52 ID:dGt6oIZ8
>>20
名付けたのは、鴻常夫だと聞いたことがある。
どこで初めて言ったのかは不明。

>>22
会社法は、第二次大戦後に、英米法流の考え方が入ってきて性質が思いっきり変わってるから、
田中耕太郎、松本蒸冶の影響って少ないんじゃないでしょうか。

改正会社法について、改正に関与した当時若手の鈴木竹雄や石井照久が、松本蒸冶と
対談した法律時報を読んだことがあるが、松本さんドイツ法に英米法の考え方をいれるのは
整合性がないってかなり不満げだった(授権資本制度とか)。

一橋の商法って田中誠二の一門で占められていて、東大、京大、神戸大、東北大のお歴々と
比べて、ちょっと独特の世界ですよね。

25 :法の下の名無し:04/11/28 18:26:57 ID:tRk6ScoB
>>21
法学系は古くなればなるほど東大・京大・東北大が有利かと、
戦前内地の旧帝大で法学系学部があったのはその3つしかない(あとは京城帝大)
から学者供給源もそこしかなかった。

26 :法の下の名無し:04/11/28 21:15:04 ID:hTZdKDEA
>>25
> 戦前内地の旧帝大で法学系学部があったのはその3つしかない
ヲイヲイ、九州帝大を忘れるなよ(w

27 :法の下の名無し:04/11/28 21:35:17 ID:tRk6ScoB
おう、すまん。すっかり忘れてた。

28 :法の下の名無し:04/11/29 00:23:22 ID:l6JLa6S5
東北大の法学部民事系は東大の支店みたいなもんだからな。

29 :法の下の名無し:04/11/29 21:48:44 ID:gZkD0wY0
>>28
支店ではなく、出店でしょう。
刑法は木村亀二⇒阿部純二(生え抜き)⇒岡本勝(生え抜き)、ですね。

30 :法の下の名無し:04/11/29 22:23:49 ID:AFaaKu0h
一時、民法は東北>東大って頃もありましたしね

31 :法の下の名無し:04/11/29 22:35:46 ID:gZkD0wY0
>>30
広中・幾代・鈴木、ですね!

32 :法の下の名無し:04/11/30 00:00:29 ID:O5b8pT3D
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 上村(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、大杉(同志社)、中村(立命館)


33 :法の下の名無し:04/11/30 00:28:35 ID:5Hu+hu7h
平出

34 :法の下の名無し:04/11/30 00:56:36 ID:vXoNTrpX
だから大杉謙一は中央じゃねーの

35 :法の下の名無し:04/11/30 00:59:59 ID:BakypP0t
なんで中央3人もあがっているのに早慶は1人ずつなん?

36 :法の下の名無し:04/11/30 01:05:46 ID:vXoNTrpX
>>35さん、前から気になってたんだけど、「なん」というのは、
どのへんで使われるの?大阪?京都?兵庫?滋賀?奈良?


37 :法の下の名無し:04/11/30 01:27:52 ID:tvW7vYdB
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、大杉(同志社)、中村(立命館)



38 :法の下の名無し:04/11/30 02:22:40 ID:oU73ggd+
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・ 弥永(筑波)、龍田・大杉(同志社)、中村(立命館)

39 :法の下の名無し:04/11/30 03:49:44 ID:ESIPCkij
中央は昔から伝統的に商法強いから。
ただそれだけ>>35

40 :法の下の名無し:04/11/30 04:13:49 ID:4ipPvPM/
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・大杉(同志社)、中村(立命館)



41 :法の下の名無し:04/11/30 06:53:12 ID:woNSxIdS
慶應に山手いれてやれ


42 :法の下の名無し:04/11/30 09:42:15 ID:SJGBg69Q
>>36
非常に広い範囲で使われる

43 :法の下の名無し:04/11/30 09:59:22 ID:H8Qkp5ZB
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼、岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)、中村(立命館)

早稲田と中央と同志社を修正

44 :法の下の名無し:04/11/30 13:07:48 ID:Q5vMd/WN
早稲田の黒沼と岸田って去年まで神戸だったよね。

45 :法の下の名無し:04/11/30 13:42:19 ID:527xu2XB
上で、田中、松本両先生に関連して、
戦後商法にもアメリカ法の影響が、という話があったけど、
商法って民法の特別法ですよね。
民法がドイツ法系列(実際は、フランスの影響が強いそうだが)
なのに、それにアメリカ法の影響っていうのは、
どういうことなんでしょうか?
整合性ってあるのでしょうか?

46 :法の下の名無し:04/11/30 19:09:07 ID:BakypP0t
>>45
簡単にレスするけど。

民法典論争ってのは知ってるよね。
そのあおりで現行商法もドイツ法を継受しますた。
だけど、第二次大戦に負けた後の昭和25年に大幅な改正をして
アメリカ法を取り入れたわけです。
さらに平成14年の改正ではアメリカ型のガバナンスモデルである
(といわれる)委員会等設置会社制度を導入してまつ。
一時期グローバル・スタンダード=アメリカン・スタンダードみたいな
感じだったからね。

整合性?
あるわけないじゃん。
つぎはぎだらけでもう滅茶苦茶よ。
来年の改正で条文の並びとかは整理されるだろうがこんがらがった
体系は直らない。困ったもんだ。

47 :法の下の名無し:04/11/30 19:15:34 ID:527xu2XB
>>46
ありがとうございました。

整合性はないですか。
でも、私法って一般の社会生活に取って必要不可欠な法ですよね。
その私法で、基本法典である民法と
特別法である商法とで整合性がない、というのは困ったものですね。

ところで、大改正があるのですか?
民法も口語化に向けての改正があるそうですが、
その段階で民法と商法の整合性って、取るわけには行かないんですか?
(できないだろうけど)。

ところで、こんがらかった原因は誰にあるのですか?
昭和25年というと、独立した年ですから、
GHQの強制ではないと思うのですが。

48 :法の下の名無し:04/11/30 20:28:24 ID:R7vaXz4Y
江頭と森本ってグルなの?

49 :法の下の名無し:04/11/30 22:24:54 ID:XM3aogKK
あの二人昔から仲いいね。
年齢も学会デビューもテーマも同じで、若い頃から商法学会はあの二人が牛耳るだろうと
言われてて、そのとおり実際牛耳るようになったわけだ。

50 :法の下の名無し:04/11/30 22:33:13 ID:BakypP0t
>>47
またまた簡単で申し訳ないが。

そもそも日本法ってのは大陸法系と英米法系がごっちゃになってるっつーのがある。
まあ外国法の継受に失敗したんだか成功したんだかわからんが。

戦後すぐの商法改正はやはりGHQの影響が大きい。
改正作業は昭和25年の前からやってたはずだ。
戦後の財閥解体で放出された株式の受け皿として一般大衆を市場に取り込もうとした
という経緯がある。だから戦前と戦後とで株式会社の性質はかなり変わった。

民法と商法が交錯するような分野は結構あるけれど、どっちかっていうと民法の人の方が
熱心に研究しているね。商法だと商取引法をどうするかっていう問題になるかな。

勘違いとかあるかもしれないのが勘弁してね。

51 :んじゃ久しぶりに貼るか:04/11/30 22:34:03 ID:XM3aogKK
鈴木竹雄─┬竹内昭夫─┬神田秀樹
        │       ├岩原紳作
        │       └弥永真生
        ├前田庸
        ├田村諄之輔
        ├松岡誠之助
        ├平出慶道
        └北沢正啓──浜田道代

石井照久──鴻常夫 ─┬江頭憲治郎
                ├近藤光男
                └藤田友敬

大隅健一郎─┬河本一郎─┬神崎克郎
         │       └岸田雅雄
         ├上柳克郎──森本滋
         ├川又良也?(大森忠男の弟子?)
         └龍田節───前田雅弘

52 :法の下の名無し:04/11/30 23:52:53 ID:gRM10atB
藤田先生って鴻先生の弟子?江頭先生の弟子?

53 :法の下の名無し:04/12/01 07:26:21 ID:FZY1ePIy
29
生え抜きにしたせいで見事に没落したいい例だよな。だれも相手にしてないし。

54 :法の下の名無し:04/12/01 09:22:43 ID:QRGLHJ16
藤田先生はシカゴ大学のなんとかって教授が実質的な師匠

55 :法の下の名無し:04/12/01 22:25:28 ID:YUVHkFL8
>>51
神崎先生は、八木弘先生の弟子で、河本先生とは同僚の関係だ。



56 :法の下の名無し:04/12/01 22:34:48 ID:ihIylim9
北村雅史は川又の弟子。
同志社の森田章は河本、川口は神崎、伊藤靖史は森本の弟子。

(故)岩崎稜は大森の弟子でいいのかな?

57 :法の下の名無し:04/12/02 04:08:08 ID:O3TJn+Kl
>>47
> でも、私法って一般の社会生活に取って必要不可欠な法ですよね。
> その私法で、基本法典である民法と
> 特別法である商法とで整合性がない、というのは困ったものですね。

別に困りはしない。民法の特別法といえる商行為法はほとんど改正されていない。

また、「会社法」(商法典の1部)のほとんどは会社組織法で構成されている。
会社組織を創ったり変更する部分はそれほど理論的でないから(社団論とかは問題アリだが)、アメリカ法を採り入れてもあまり問題はない。
授権資本制度創設で資金調達の際に株主総会を通さなくても良くなったが、その代わりに株主代表訴訟制度が創設された。
これはこれでバランスが取れている。一部の人間が騒ぐほどメチャメチャな法体系になったわけではない。

> ところで、こんがらかった原因は誰にあるのですか?
> 昭和25年というと、独立した年ですから、
> GHQの強制ではないと思うのですが。

もちろんGHQの強制。あと、日本が「独立」したなんてたわ言を信じてはいけない。
最近の株主代表訴訟の手数料引き下げもアメリカの圧力。
日本会社法の急速なアメリカナイズと弁護士市場の門戸開放とは軌を一つにしている。

参考:衆議院会議録情報 第104回国会 法務委員会 第6号
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/104/0080/10404150080006a.html
弁護士の国際化・将来像についての提言
http://www.hoyukai.jp/seisaku/kokusai_syourai_teigen.html

58 :法の下の名無し:04/12/02 09:07:27 ID:XSnZmtsm
>>57
> 別に困りはしない。

一国の法体系として現状でいいのかというのは議論のあるところだと思うよ。
民商法の交錯する部分もかなりあるんで今後問題が生じる可能性も無いとはいえない。

> 最近の株主代表訴訟の手数料引き下げもアメリカの圧力。

これは違うだろ。改正の時期は構造協議のころとかぶるけど、
もともと議論のあったところを、ドサクサに紛れて入れちゃったというのが
本当のところ。

たしかに最近言われているキャッシュ・アウト・マージャーなんか
アメリカが強く要求しているけどね。

59 :法の下の名無し:04/12/03 13:39:59 ID:cZVxph0B
この分野では西の横綱だった神戸大がちょっとスタッフ的に寂しくなったんだね
ぇ。
現時点では関西(西日本)のトップは京大。次点が神戸。それに同志社が競り掛け
るといった所かな(あくまで商法の陣容とか教育レベルの話)。
大阪市立大も、北村さんが母校に帰ったとはいえ、小柿さんとか釜田@御令嬢とか
若手の良い人がいてなかなかだと思う。いずれも、その内、各自の出身校に戻るの
かも知れないけど。


60 :法の下の名無し:04/12/04 02:22:01 ID:cBFX91oj
いつだって西の横綱は京大だったけどね
>>58
日米構造協議の項目の中に市場の閉鎖性の指摘があって、その中で会社法も
検討されている。情報開示規制の強化の方向らしいからそれについて影響はあったかもしれない。
千葉大の遠藤美光が論文を書いてる。「日米構造協議と企業組織法の課題」


61 :法の下の名無し:04/12/04 03:28:07 ID:7vln/j7X
>日米構造協議
相も変らぬ視点だことw

62 :法の下の名無し:04/12/04 09:07:44 ID:cBFX91oj
>>61
そこを笑われても意味不明

63 :法の下の名無し:04/12/04 09:41:01 ID:A/jrEaCO
問題の立て方が馬鹿っぽい、ってこと

64 :法の下の名無し:04/12/04 17:40:17 ID:3egk2tgV
全然わからん。
教えてくれんか。

65 :法の下の名無し:04/12/05 03:24:02 ID:5nqLeGJi
>>64
「拒否できない日本」でないか?

66 :法の下の名無し:04/12/05 09:15:30 ID:KWhMiRCd
商法を政策法とするのは如何なものか。
時限立法を含めた特別法で行くのが筋ではないか。

67 :法の下の名無し:04/12/05 12:13:28 ID:7Bf+C1uj
>>66
なんで特別法で行くのが筋なのかわからん。
そういう例はあるのか

68 :法の下の名無し:04/12/05 14:35:37 ID:LjHJmLY0
1円会社は特別立法。

69 :法の下の名無し:04/12/05 20:55:16 ID:m5ZOr76c
>>67
たとえば不況対策なら不況時だけでいいよね?そーいうこと。

つーか商法改正についてならこっちがいいんじゃないかな。

【いつまで】商法改正スレッド【やるの?】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093683554/

70 :法の下の名無し:04/12/06 04:02:16 ID:ORml4TWp
>>68
「制定法がこうなってるから・・・」
って、典型的な○○法律家だなww

71 :69:04/12/06 08:12:22 ID:XHGh++VM
>>70はキチガイか?
>>68>>67が「例はあるのか」と聞いたから答えただけなのに。

72 :法の下の名無し:04/12/07 10:53:30 ID:asHP9Wo9
>商法を政策法とするのは如何なものか。
どういう意味で政策法って使ってるかわからないけど、
しょせん法律なんて政策だろう、って思うがな
政策と異なる後生大事な基本法/一般法があると思ってるの?

73 :法の下の名無し:04/12/07 11:15:17 ID:A5CMz2K6
>>72
66は理論にもとづかない場当たり的な立法を言ってるんでしょ。
昔から商法の分野ってそうだけどね。
「266の3は法定責任だから10年の時効だ」とか。
松本蒸冶が、「法定責任だから」なんて法律でそうなってるからこうだと言ってるのと同じで
なんら中身がないって怒ってたな。

74 :法の下の名無し:04/12/07 11:25:30 ID:+O2CQMxQ
でも「ドイツの誰々の唱えるなになに理論によると」なら
中身があるというんだろうな

75 :法の下の名無し:04/12/07 12:03:18 ID:R6EtDsvA
「法理論」と称して、法律論それ自体から「理論」を語る余地なんてあるのかな?
結局そこは、他の学問から何か借りてこないと議論できないように思える

76 :法の下の名無し:04/12/07 14:25:01 ID:vILtYTYZ
体系的に首尾一貫しているかどうか、っていう判断基準の
ことだと思うんですけどね<「理論」 それはまさに
法律論それ自体で語られていたものなんでしょう。ただし、
もっぱら輸入に励んでいた頃にはそれもまた大事な論件だ
ったと思いますが、今はどうなんでしょうね。特に商法は、
暴走しがちな金融の論理にちょうど具合の良い鞍と手綱は
どんなかたちで、それをつけてやるにはどうしたらいいか、
っていう話題の方がよっぽど大事なような。

77 :法の下の名無し:04/12/07 15:31:00 ID:B8wYDFBW
>ちょうど具合の良い鞍と手綱は
>どんなかたちで、それをつけてやるにはどうしたらいいか
ここにどんな基準を持ってくるかが問題でしょうね
「法理論」って強調する人に限って、ろくな基準持ってこないからw

78 :法の下の名無し:04/12/07 22:59:20 ID:AUUWShvM
たとえばどんな基準?

79 :法の下の名無し:04/12/08 02:42:26 ID:mDWbLFs1
>ちょうど具合の良い鞍と手綱
ってのが明らかになれば、きっと・・・

80 :法の下の名無し:04/12/08 08:06:45 ID:nj39XQPp
細かい調整を商法でやろうとするからクソみたいな枝番号が
死ぬほど出るんだ。商法は最低の守らなければいけないラインを
骨太に定めておいてくれればいい。後は特別法か規則でいいだろ。

81 :法の下の名無し:04/12/08 22:43:19 ID:L7K4WIk3
田辺光政の師匠の伊沢孝平(東北⇒関西)は、どう位置つける?

82 :法の下の名無し:04/12/09 01:03:41 ID:nYrZEVvr
>>80
>商法は最低の守らなければいけないラインを
>骨太に定めておいてくれればいい。
最低の守らなければいけないラインとは何なのかが聞きたい罠

83 :法の下の名無し:04/12/10 15:40:43 ID:LMwXKS72
宮島司さんって会社、手形、どっちが専門?

84 :ぐぐれよ:04/12/10 16:37:26 ID:NNPsd8XC
http://www.zenjuku.net/souran.law.miyajima.htm
<研究領域・研究対象>
 現在、私は、研究会においては会社法を、法学部法律学科の一般的講義としては、商法T(会社法)と商法W(保険法)を、他大学においては手形法・小切手法を担当している。
そして、現在の私の研究上の興味も、これら商法上の重要な三領域に及んでいる。商法担当者の授業担当の関係からこのように三分野を引き受けたということよりは、意識的に
は商法学の中での研究対象を広げたものである。
   それは、10年ほど前までは、自分の能力の問題もあって、もっぱら会社法の研究に打ち込まざるを得ない状況であったが…以下、略

85 :法の下の名無し:04/12/11 18:51:07 ID:sBGcTE1y
慶應の宮島教授は、よく2CHで云々されるが、並木和夫教授のことが
話題にならないね。
彼の知親の並木俊守(弁護士で元日大教授)のことも話題にならない。
親子学者は、話題になることが多いのにネ。



86 :法の下の名無し:04/12/11 19:01:13 ID:he5NpmdV

何か問題のあった人でしたっけ?

87 :法の下の名無し:04/12/11 19:37:34 ID:nlgAhqNz
並木俊守の恩師の田中誠一はいい学者だ。「法学概論」は秀逸。
多摩の並木家は頭がいいので有名。

88 :法の下の名無し:04/12/11 20:04:28 ID:sBGcTE1y
>>86
弁護士法違反で起訴sれ、執行猶予付の有罪判決を受けた。逮捕された
ときは、警視庁刑事部顧問でもあった。
>>87
府立立川中学1年終了⇒中央幼年学校(首席卒)⇒陸軍士官学校
(首席卒)。
中央経済社から多数の著書が出ているが、その内の一冊の奥付の
経歴では恩賜賞2回拝受とある。首席卒のとき、天子様から短剣
を賜ったのでしょう。
和夫教授の上に、男の子がいたが、中学受験の最中に過労死した
らしい。

89 :法の下の名無し:04/12/11 22:31:19 ID:yqOeHtvL
なんで弁護士法違反に問われたの?

90 :法の下の名無し:04/12/11 22:54:47 ID:o9qO/SZA
>>89
ttp://www.nmt.ne.jp/~sengoku/121910821.html

91 :法の下の名無し:04/12/11 23:07:21 ID:Ip37GxN0
高鳥正夫ってもっと評価されていいように思う

92 :法の下の名無し:04/12/12 21:42:15 ID:MIpzJug8
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)
       中村(立命館)

93 :法の下の名無し:04/12/13 00:43:54 ID:OufqjN6X
邪道ははずせ、頼むから。

94 :法の下の名無し:04/12/13 09:19:11 ID:Leix0O7z
中央にIが入っていないのが(・∀・)イイ!!

95 :法の下の名無し:04/12/13 11:23:25 ID:V3faPokE
大塚先生は?

96 :法の下の名無し:04/12/13 13:19:33 ID:D2u1JFsh
一橋の商法はどうなの?

97 :法の下の名無し:04/12/13 17:57:17 ID:vmwITjAM
>>88
司法試験一番で合格。新憲法が初めて試験に出された年で、憲法は満点。
前日に出場したインターハイのハンマー投げで優勝。夜行電車に東京に帰ってきて、
その足で司法試験を受験。出身学部は商学部。

98 :法の下の名無し:04/12/13 18:49:18 ID:kOfrzOIf
>>94
>Iが入っていないのが(・∀・)イイ!!

ワロタ

99 :法の下の名無し:04/12/14 00:19:10 ID:RNmNhAkh
>>97
やけに詳しいですね。日大OBの方? >>92に日大教授を追加してやって下さい。

100 :幸五郎:04/12/14 01:22:08 ID:rbJ8tFeS
京都以外の関西圏、特に大阪はどうなのでしょうか?

101 :法の下の名無し:04/12/15 18:02:19 ID:GMQc00R1
神作先生、って誰のお弟子さん?


102 :法の下の名無し:04/12/15 18:26:34 ID:/HCkG2n0
>>101
竹ちゃん

103 :法の下の名無し:04/12/15 19:53:00 ID:yhYznmpY
>>92
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社) 、中村(立命館)

河本(元神戸)・龍田(元京都)・前田(元学習院)・酒巻(元早稲田)・倉沢(元慶應)
なんてのも入れとく?

104 :法の下の名無し:04/12/15 20:35:41 ID:0C6U0PE0
倉澤さんって今所属何処なの?

105 :法の下の名無し:04/12/15 21:56:50 ID:TsQhL73V
武蔵工業大学の環境情報学部にいたはずだけど、いまHP見たら
兼任教員になっちゃってるから、こっちも定年かと思われ。
1932年生まれってことは72歳か。どっかのローで(ry

106 :法の下の名無し:04/12/15 23:36:54 ID:sDllA72H
それぞれの大学に所属している学者を調べるのは簡単だが、ここに載せるに値する学者かどうかは判断に迷う。
上表にも、載るべきなのに書かれていない人、載せなくてもいい人、それぞれいるしな。

107 :法の下の名無し:04/12/16 01:39:16 ID:uZDdh3DC
千葉

108 :%8dK%8c?Y:04/12/16 02:03:29 ID:5QuGbLys
>103
京大には、北村・斉藤もいれなきゃ

109 :法の下の名無し:04/12/16 02:14:09 ID:a1WoKo1O
>>106

うん、そうだね。数の多寡は問うつもりはないけれど、レベルの低いものしか
発表できていないのに上表に載っている人もいるしね。

110 :法の下の名無し:04/12/16 16:44:55 ID:tiAn9vQX
たとえば誰よ?

111 :法の下の名無し:04/12/16 20:13:59 ID:3dNHt0EX
>>100
山口幸五郎先生にあやかったHNですか?


112 :法の下の名無し:04/12/16 21:06:25 ID:3dNHt0EX
商法学者で上場企業の社外監査役をされる方が増えています。
社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられな
いようですから、殆どなにもせずに、年間数千万の収入で、
笑いが止らないでしょうね。
日大の某教授が辰巳の講義で、「総会屋とのコンタクトを上
司から指示されたら、悩まず監査役に相談せよ」と仰せでした
が、監査役が何もしなかった場合の法的効果はおっしゃいま
せんでした。ノン・サヨで、哀れなリーマンの味方をしてくれ
う商法学者はいないのでしょうか?

113 :法の下の名無し:04/12/16 23:49:24 ID:UfLED55i
けいおうの えーすは だれですか?

114 :法の下の名無し:04/12/17 22:03:25 ID:qgQSCX6C
>ノン・サヨで、哀れなリーマンの味方をしてくれ
>う商法学者はいないのでしょうか?
商法学者のほとんどはノン・サヨだと思うが、
普通は会社の味方だなw

115 :法の下の名無し:04/12/18 00:02:28 ID:tnpKM6QF
>社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられな
>いようですから、

そうだったっけ?


116 :法の下の名無し:04/12/18 10:00:45 ID:Ew9LjdoY
>>115
「商法上」ではなく、「事実上」でした。スマン。

117 :法の下の名無し:04/12/19 05:05:32 ID:luVzFq1B
>>112
>社外監査役が責任を問われることが、商法上、まず考えられないようですから、

商法特例法18条の4第1項、商法277条、280条1項をご覧下さい。

>監査役に相談せよ

監査役は会計監査と取締役の業務の適法性監査が主な仕事ですから、使用人の違法行為については原則としてタッチしません。
日大のI山教授?は何を考えているのでしょうか?

>監査役が何もしなかった場合の法的効果はおっしゃいませんでした。

一般法である民法の不法行為責任を負う場合があるかも知れません。
善管注意義務違反は契約責任ですので、株主でない使用人が追及することはできません。

118 :法の下の名無し:04/12/19 09:40:13 ID:JNtHDrTq
>>117
私の勤務先には、著名な商法学者が社外監査役に就任されています。
その御大に直訴する場合は、部課長の違法違法行為を放置する取締役
の不作為を是正して欲しいと言えばよいのですね?



119 :法の下の名無し:04/12/19 22:01:18 ID:YtaqUIPR
>>117
総会屋とのコンタクトってことは利益供与ってことでしょ?
上司ってのが誰だかわからんけどそいつが取締役だったり、取締役の指示
に基づいている場合だってあるわけだ。
違法行為の抑止も監査役の重要な職責だから、そういう場合に監査役に相談
するのは別におかしくないよ。

何もしなかった場合の「法的効果」ってのが良くわからんけど、
監査役に報告した時点でそいつの責任は果たしたわけで、あとは監査役自身の
責任問題だな。

120 :法の下の名無し:04/12/27 02:28:40 ID:6IsQcsAO
商法、会社法あたりでこれから有望な学者あげていただけませんか?院への進学を考えています。
助教授でもいいので。

121 :法の下の名無し:04/12/27 02:56:11 ID:dE4lD/WQ
>>120
そんな質問してるんだったら、院なんか行かないで働け。
自分で本読めば分かるだろ。


122 :法の下の名無し:04/12/27 03:14:28 ID:CWtneVAB
>>121

禿同。
有望かどうかの判断はまだ難しいとしても、それを他人に聞いて
どうするんだ?とは思う。

123 :法の下の名無し:04/12/27 04:09:53 ID:ehm3oAFw
>>120
どこでもそうだけど、あんまり他に院生がいないとこがいいな
その他大勢扱いになったらまずおしまい

それに商法だと有望な学者はひっぱりだこでかなり多忙だから
下手すると容赦なく放置されるよ
まあ最終的には自分でがんばるのは当然なんだけどね


124 :法の下の名無し:04/12/28 00:34:46 ID:wdT+JgPA
>>123
研究者目指すのであれば名の知れた大学院に進むべきなんじゃない?
まあ指導教授が忙しいと放置プレイの危険があるのは確かorz

125 :法の下の名無し:04/12/30 12:12:14 ID:cAnMtmVU
>>123
マジレスになるが,124の言ってるのが正解.
もう一つ付け加えると,他にレベルの先輩・同輩の院生がいるかというのも重要.
その分野が自分だけとなるとレベルがつかめない.

126 :法の下の名無し:05/01/01 22:03:38 ID:LZmKCNr0
混同先生の株式会社法の本はどうなのだろうか

127 :法の下の名無し:05/01/06 23:17:41 ID:DjHT5YhT
森本先生、京大の学部長になっちゃった。

128 :法の下の名無し:05/01/07 02:59:41 ID:YHOCDGa8
どうせ異動する可能性はあるんだから、一人の有望な人を頼るべきじゃない。
特に今の時代は。
行けるならどうみても東大に行くのがベスト。
東大OBは20代・30代前半の層が厚いから、研究会つながりなんかで得るものは大きいだろう。
それ以上の世代になると東大京大とも互角だと思うが(どっちも優秀な人はいるが層が薄い=研究者の数が少ない時代)。
50代になるとローで死んでるだろうから、あまり指導は期待できない。

東大に行けないならば、関西圏の大学(ベストは京大、次は神戸。今だと同志社もいいか。市大の現状はわからん)にいっとけ。
他のエリアだと、東京に学者が引き抜かれて層が薄くなってる。
名古屋は研究会は維持できているようだが、浜田先生の定年後が読めないからかなり不確実だ。
東京圏の東大系でない大学は、内々で固まっているような印象があるから、漏れはパス。


129 :法の下の名無し:05/01/08 08:26:00 ID:WeFIzUzo
邪道先生は今年もご健在でしょうか?

130 :法の下の名無し:05/01/08 12:18:47 ID:Gu2Up3+l
会社百選の改訂はいつごろになりそうですか?

131 :法の下の名無し:05/01/08 16:02:41 ID:GeZXbDyv
まだオファーは来ていない模様。
でも今年中にはあるでしょうな。

132 :私信:05/01/09 16:40:58 ID:ERj2HjtW
T先生へ
寒さ厳しき折柄、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申しあげております。

133 :法の下の名無し:05/01/10 10:24:14 ID:Mfa3ALEk
金判の判例評釈の参考文献にシケタイが挙がっていたのにワロタ。

134 :法の下の名無し:05/01/11 22:39:55 ID:ePIhlDLu
>>113
慶應ならY手が随一だと思うんだが…。
国際取引法での活動が多い&体系書がないから司法試験受験生の間では知名度が0だけど。
はっきり言って慶應の商法は層が薄い。

>>131
会社法関係で重要な判例ってでてたっけか?そんなに多くない気がするが。

135 :法の下の名無し:05/01/11 22:51:21 ID:5alA0jJ4
>>134
大和銀事件とか野村証券事件とかポーラ事件あたりですよね。

136 :法の下の名無し:05/01/12 00:12:42 ID:/mNDHZSk
商法なら私大だと早稲田、中央、同志社だと思う。
(上智、立教、学習院は植民地だから対象からはずそう)

しかし慶応はともかく、明治、立命館あたりは…。

137 :法の下の名無し:05/01/12 00:36:35 ID:C/Hsy91F
>>135
それもあるけど、横組みにするんでしょうね。

138 :法の下の名無し:05/01/12 23:08:47 ID:KWtI+tWM
>>104-105
日大のローで教鞭をとっているという噂を聞いた。もちろん専任じゃないけど。


139 :法の下の名無し:05/01/14 06:30:11 ID:8qn3M2L7
こんな下で低迷していてはいけません
ageておきまつ

140 :法の下の名無し:05/01/14 15:45:41 ID:lqWvRuvr
砂田TAIJI

141 :法の下の名無し:05/01/14 22:57:27 ID:EYK7KlJE
>>128
濱田先生は、最高裁判事という可能性はあるでしょう。


142 :法の下の名無し:05/01/15 06:23:05 ID:upKpjBeM
学者枠の藤田宙靖判事(昭和15年4月6日生)が退官するのが、5年後、2010年4月。
浜田先生は1947年生まれ。藤田裁判官退官時は、63歳。ちょうどいい年回りだな。

143 :法の下の名無し:05/01/15 13:36:16 ID:cEsv9HWB
浜田先生は、トヨタ系の大手自動車部品メーカーの社外監査役に就任されて
おられますが、本務校での講義・ゼミ・教授会のある日に会社へ行かねばな
らない場合(監査役会出席・株主総会出席)もあると思います。この場合、
浜田先生は、どちらを優先されるのでしょうか。大学の方を優先される方で
あれば問題ないですが、会社を優先されるのであれば、最高裁判事になって
欲しいとは思いませんが。


144 :法の下の名無し:05/01/15 14:00:02 ID:grogdYS1
悪意擬制説支持者がごちゃごちゃ屁理屈並べて弁解しとるけど結局は
浜田に頭の悪さを指摘されて悔しがってるだけだよねー。

145 :法の下の名無し:05/01/15 17:47:32 ID:WbE0Dkmm
大塚説を採れば話が済むことだろ。

146 :法の下の名無し:05/01/19 01:42:11 ID:UKf6rqMe
俗物のE頭、M本に比べれば浜田教授は聖人だ。

147 :法の下の名無し:05/01/19 01:55:15 ID:VMsRX1Tb
浜田先生が頭の良い人であったことは確かだと思うけれど、
ここ数年に出された百選の解説とかみているとどうもいまいちな印象。
最高裁判事は荷が思いのではなかろうか。


148 :法の下の名無し:05/01/19 06:57:03 ID:jZa2QEAV
東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野・弥永(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社) 、中村(立命館)

149 :法の下の名無し:05/01/19 07:32:55 ID:8nGb35Gv
>>148
おつ

できれば業績や得意ジャンルみたいのもあげてくれるといいかも
憲法みたく番付方式ってのもありかな

150 :法の下の名無し:05/01/19 07:45:43 ID:A+OE0kcG
横綱 江頭 森本

は確定だな。

151 :法の下の名無し:05/01/19 08:10:12 ID:lYkOxCr6
>>143
その会社の社外監査役の報酬って、どの位ですか?
名古屋大学教授の年俸の2倍はあると思うが。

152 :法の下の名無し:05/01/19 12:47:46 ID:cserItr2
>>148
筑波は一人でいいだろ。

153 :法の下の名無し:05/01/19 18:07:02 ID:Rq3dfU3x
>>158 わかったノシ

東大 ・・・ 江頭、神田、藤田、落合、岩原、山下、神作
京大 ・・・ 森本、前田、洲崎
地帝 ・・・ 森田・吉原(東北)・浜田(名古屋)
旧商 ・・・ 近藤・榊(神戸)
早慶 ・・・ 奥島・上村・尾ア・大塚・黒沼・岸田(早稲田)、宮島(慶應)
中央 ・・・ 永井、丸山、野村、大杉
その他 ・・・大野(筑波)、龍田・森田・伊藤(同志社)、中村(立命館)


154 :法の下の名無し:05/01/19 20:44:56 ID:h1Bnklrz
>>153
そっちを残しちゃうんでしゅかw

155 :法の下の名無し:05/01/19 21:11:56 ID:mD4Bf1Iy
京大生だけど森本ってそんなにすごいんだ。
何か講義は前田の方が評判良かったりする。
まあ俺は隣の経済学部生なんで門外漢だけど。

156 :法の下の名無し:05/01/20 22:13:25 ID:7icJUUzg
前田雅弘教授ね。

157 :法の下の名無し:05/01/24 09:44:34 ID:oE4iTTW8
私大バブル期神戸学院だが
俺がいたとき法学部には

河本一郎、森田章、田辺光政が同時に在籍してた。
刑訴法には渡辺修もいた。

当時はなんとも思ってなかったが・・・・
そういやかつて大隅健一郎もここにいたんだよな。

国立定年後の天下りと、これからの教授なんで神戸学院なんて通過点に過ぎないんだろうけど。

158 :法の下の名無し:05/01/27 21:46:47 ID:cvgjr7Fe
本日の読売朝刊に小塚先生が出てますね。

159 :法の下の名無し:05/01/29 02:27:08 ID:HpwLq/q7
>>143
大学優先という条件で社外監査役引き受けたらしいよ。

160 :法の下の名無し:05/01/29 11:03:47 ID:Gz/0CVq8
神戸学院は龍田節、川口恭弘も一時期いましたね。龍田先生なんか、そのため
わざわざ神戸に家買って引っ越したのに結局、京都に戻っちゃった。
民訴だけど関学LSに行った堤さんもここじゃなかった?

今いる商法スタッフも悪くないですよ。今川、岡田両Prof.や若手の森、小松氏らは、
ランキング表に載ってしかるべき力量はあると思う。純粋にスタッフだけで順位付け
すれば京大、神戸、同志社、大阪市大に次ぐ顔ぶれじゃないかな。


161 :法の下の名無し:05/01/29 12:09:04 ID:rq0cvI/y
>>159
相手にとったら最高じゃん

162 :法の下の名無し:05/01/29 15:10:51 ID:wkEF4YfO
>>159
社外監査役は、会社の顧問弁護士を呼びつけて、報告を求めることが
出来るのですか?

社外監査役に直訴(サービス残業・社内イジメ)して、効果はありま
すか?

163 :法の下の名無し:05/01/29 15:40:49 ID:9rFVaeX5
金さえ払っておけば、商法の有名どころが名前だけ貸してくれる。
そういう会社で、問題が起きて、社外監査役として何もしてませんでした、って話し早く出て来るといいね。
まともな制度になるのはそれからだよねw

164 :法の下の名無し:05/01/29 16:56:33 ID:CEWKUfox
風の中の羽のように、いつも変わる日本の商法。


っておまえかおまえの手下が変えとんやろがボケエエエ
死ね。

165 :法の下の名無し:05/01/29 17:42:38 ID:HpwLq/q7
>>162
社外監査役でも法律的には常勤監査役と変わらない権限を持つ。
実務のことは良く知らないので、条文を読む限り、商法274条2項では
「監査役はいつでも取締役および支配人その他の使用人に対し営業の報告を求める
ことができる」としている。だから前者の点はできるのではないか。

後者の点はあまり効果ないかも。社外監査役が意見を言えるのは基本的に月一回の取締役会だけだし、
監査役の監査対象になっている取締役が作成する営業報告書の記載事項の中に、
「従業員の状況」ってのがあって(商施規103条)、それが法令に違反していれば監査役が
口出すこともできる。ただ第一「従業員の状況」って人数と平均年齢と平均賃金くらいしか
書いてないのが普通なのでそもそもこの条文は使えないか。
それに営業報告書は決算期にしか作らないからねぇ…

素人なのでよく分からん。労働基準監督庁に行くのが一番いいんじゃない?

166 :法の下の名無し:05/01/29 17:45:56 ID:HpwLq/q7
あ、監督署か orz

167 :法の下の名無し:05/01/29 20:41:06 ID:k3RYXv1R
黒沼も岸田もつい最近まで神戸大だったのに。。

168 :法の下の名無し:05/01/29 22:22:29 ID:YJe06Qb+
これからは、藤田友敬が商法学会を担うよ。

169 :法の下の名無し:05/01/30 01:22:13 ID:Eij2f2e1
商法学者といえば・・・・・
政治家に怒鳴られる

170 :法の下の名無し:05/01/30 02:11:49 ID:TZntT3Km
>>167
神戸大学から見れば、
要らないのが消えただけじゃないの?
特に、○者は。
(なお、○には前or後の文字が入る)

171 :法の下の名無し:05/01/30 17:04:05 ID:ZMdwdE3o
浜田道代先生って、どこの会社の社外監査役をしているの?

172 :法の下の名無し:05/01/30 22:57:17 ID:VfdohWCM
>>171
アイシン精機

173 :法の下の名無し:05/01/31 02:51:57 ID:qvIjaxjf
違う違う。アイカ工業だ。
こ〜〜れ〜も〜アイカ、あれもアイカ

174 :法の下の名無し:05/01/31 15:37:21 ID:qjU0Kd+e
龍田節先生は住友生命保険の取締役として
稼動しておられるのであらうか?

175 :法の下の名無し:05/01/31 21:15:21 ID:71D0vORz
商法学者って品のない人間ばかりだな。

176 :法の下の名無し:05/01/31 23:23:06 ID:3DbXA2GL
前田庸なんてLEC大学所属だぞ。
幾ら貰ってるんだか。

177 :法の下の名無し:05/01/31 23:45:53 ID:BZpNVerX
>>173
適当なことを…アイシン精機だ。だいたいそんなの役員名簿見りゃわかるでしょ?
>>174
彼はもう任期満了で退任してる。

178 :法の下の名無し:05/02/01 15:03:37 ID:tONLe3IV
民法学者みたいに穴蔵に閉じこもって浮世離れした法理を考えている方が
尊敬できる。

179 :法の下の名無し:05/02/01 22:36:43 ID:zJJP3vdE
いつの時代の民法学者だよw

180 :法の下の名無し:05/02/02 10:26:07 ID:wXJ46/Cv
何かと話題のO先生が信山社から新しい本を昨年暮れに出されたそうですけど。
私はまだ未見なんですけど、売っているのですか?

181 :法の下の名無し:05/02/13 10:15:43 ID:Sd2rXxHf
筑波ローって、O野先生の教えを受けることになるの?

182 :法の下の名無し:05/02/14 17:48:33 ID:Ellwz8Ot
>>181
>>180指摘の本の前書きには、筑波のローで教えている
みたいな事を書いていますよ。

183 :法の下の名無し:05/02/19 23:09:31 ID:RojAJ/IY
「商取引法」(江頭憲治郎著)を使っていらっしゃる方、どんな感じの本か教えて下さい。

184 :法の下の名無し:05/02/19 23:14:26 ID:hLxq2PzH
>>183
まあ、現代において商法学会の第一人者wの本ではある

185 :法の下の名無し:05/02/20 00:51:07 ID:nl9QK/UR
>>183
実は保険法も載っているw

186 :法の下の名無し:05/02/24 23:12:45 ID:2snFIac6
>>183
商法典の中の形式的な商行為法の体系にとらわれずに、商取引の実態に即した叙述をしている非常にいい本

187 :法の下の名無し:05/02/27 15:48:57 ID:7h0zrUZU
伝統的に複雑な議論がなされた論点でも、
現在の商取引法を祖述するために適宜端折っているとこがいい。

188 :法の下の名無し:05/03/14 18:20:35 ID:BpCaVBoO
>>179きっと石器時代

そんな馬鹿な

189 :法の下の名無し:05/03/16 17:55:35 ID:wT+G1iBV
法典では保険も商行為法だ
どうして試験範囲外?

190 :法の下の名無し:2005/03/21(月) 08:23:52 ID:r0iITnFr
学者の研究が進んでないからじゃないの。
保険会社の法務のほうが詳しい。

191 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 16:31:02 ID:FSVIgHnI
さ〜て、新年度が始まったわけですが、




192 :法の下の名無し:2005/04/07(木) 22:05:47 ID:qJ/ppjFb
U村先生がローの最初の講義で何を言うか見もの

193 :法の下の名無し:2005/04/09(土) 01:23:41 ID:i/73a1yJ
日経新聞に「守るに値しない株主」という趣旨のことを言ってたあの人ですか?>U村

194 :法の下の名無し:2005/04/09(土) 02:15:46 ID:Uii8U6tP
損失保証の脱法手段としての損失補填が問題になったときは
U先生の問題意識は正しかったと思う。

今回は・・・

195 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 00:10:34 ID:KSf7cdZc
神田先生の意見は無視されたの?結局?

196 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 22:27:34 ID:DqP5qwC+
整理

東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 森田・(東北)・浜田(名古屋)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田(同志社)

197 :法の下の名無し:2005/04/23(土) 22:28:52 ID:DqP5qwC+
ちがった

東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋)
早慶 ・・・ 奥島・上村(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社)

198 :法の下の名無し:2005/04/24(日) 22:12:47 ID:KdBDVwqH
東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社)


199 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 13:46:09 ID:GQn5Bx04
吉原とか黒沼とかしらねーし

200 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 15:40:00 ID:XoOa1ApT
>>199
あんたバカ?無知の恥って怖いね…

201 :法の下の名無し:2005/04/25(月) 20:31:02 ID:BSuUdjbs
学問的に言ったら奥島先生の方が・・・

202 :CONTROVERSY:2005/05/05(木) 23:13:53 ID:4VUDYQT8
 多分いまマスコミにでている学者は、新株発行における既存株主の保護は、
講義でも、あるいは、試験でもよくやるところだが、一応自益権と、共益権
に分けて分析し、ソシテ、現在における経済の逼塞している状況などを書き
結論は、認めざるを得ないと書いとけばB位呉れたが、これからは、企業防衛
についても書かなければならなくなる。私は、そんなこと習ってないが、それ
も、想定外のことですか?

203 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 23:57:45 ID:G5JnnQYn
内容以前にそんな文章書いてくるような学生には単位やりたくないな。

204 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 02:27:10 ID:CmbQaGjs
東大法学部の来学期の商法第二部の講義では企業防衛も扱うんだってさ。

205 :法の下の名無し:2005/05/14(土) 00:14:31 ID:f4zs6yza
岩原ってあんなDQNだったのかね?
預金者と銀行は同じ土俵ですか?

206 :法の下の名無し:2005/05/22(日) 19:44:05 ID:OM6Ctmem
西原寛一

207 :法の下の名無し:2005/05/29(日) 00:58:10 ID:NurdvSw6
K○は●。としないねー

208 :法の下の名無し:2005/06/05(日) 12:03:29 ID:gtuoWpPj
東北の森田氏は自分のblogでいろんな論文を勝手レフェリーしとるな。

209 :法の下の名無し:2005/06/06(月) 10:02:05 ID:Gh06hYoA
この人直接本人に向かってこんなこと言えるのかね?
何様のつもりなんだろ。

210 :法の下の名無し:2005/06/08(水) 21:38:06 ID:J4N9SqRy
学士助手出身のエリート助教授様だろw
自分のblogで著者晒しageはイクナイなぁ。

211 :法の下の名無し:2005/06/18(土) 04:08:27 ID:9zOvju/v
>>209
> 何様のつもりなんだろ。

神様のつもりなんだろうな。

212 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 09:50:47 ID:27Jx3S95
森田果晒しアゲ

213 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 10:18:52 ID:ElaPRVc/
森田先生は司法試験に受かっているので
何を言ってもいいのです。

214 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 12:29:50 ID:uJl3YBed
>>213
って本人が思っているとしたら、アレだな.

215 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 13:49:47 ID:gBMvMK7s
さいきん邪道先生の話題が少ないですな

216 :法の下の名無し:2005/06/25(土) 14:30:16 ID:nhVx26Dx
性格の悪さと見た目の醜態さは比例しますからね。別に若き助教授のこととは関連して発言はしていないよ。

217 :法の下の名無し:2005/06/26(日) 14:53:23 ID:64N/lEfy
>>215
最近燃料を投入してくれないしね。
信託法学会に期待していたのだけど。

218 :法の下の名無し:2005/07/01(金) 02:44:01 ID:5S+Qcb4A
東大 ・・・ 江頭、神田
京大 ・・・ 森本、前田
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
早慶 ・・・ 奥島・上村・黒沼(早稲田)、宮島(慶應)
その他 ・・・弥永(筑波)、龍田・森田(同志社) 、関(法政)



219 :法の下の名無し:2005/07/03(日) 22:16:07 ID:gPh4kXv4
加美先生;;

220 :姉妹スレのお知らせ(商法会計につき参照されたし):2005/07/06(水) 20:04:41 ID:OXuSwGpb
姉妹スレです。
さすがにこの板の全ての各法律分野の学者スレに
姉妹スレのお知らせを出すと大変多いので、
商法会計として会計学に関係のある商法学者スレにのみ
姉妹スレのお知らせを出しておきます。


  日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part1
  http://money3.2ch.net/test/read.cgi/tax/1083465705

  日本の会計学者 及び 世界の会計学者 part2 (現役)
  http://money4.2ch.net/test/read.cgi/tax/1110614525


日本の各大学の会計学研究者のひととなりについては、これらを参照されるとよいでしょう。

221 :法の下の名無し:2005/07/06(水) 20:30:49 ID:OXuSwGpb
>>220
商法会計でも公正さは必要なんですが、
なんかとっても公正極まりないことを陰でやらかしている会計学者さんとそのお弟子さんが
いらっしゃるようですね。

222 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:09:25 ID:CJh26e/r
>>221

223 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:09:56 ID:CJh26e/r
>>221
(´・ω・`)kawaisosu

224 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:10:17 ID:CJh26e/r
>>222
nn

225 :法の下の名無し:2005/07/08(金) 00:10:43 ID:CJh26e/r
なぜみんな同じIDなんだよ

226 :法の下の名無し:2005/07/09(土) 19:42:24 ID:Wpmd/xP0
DTP・印刷板を観ろ!DTP・印刷板を観ろ!DTP・印刷板を観ろ!

227 :法の下の名無し:2005/07/18(月) 17:48:23 ID:wpvkGRBF
地帝 ・・・ 浜田(名古屋) 、吉原(東北)
北海道・大阪・九州はどうなんでしょう?

228 :K:2005/07/19(火) 02:39:33 ID:Wm3FgZqq
九州と大阪は・・・いるのでしょうか?まともなのが。
東北はぜんぶランクインだとおもう。北大は大塚。

229 :K:2005/07/19(火) 02:41:29 ID:Wm3FgZqq
あと、名古屋は小林量もはいるでしょう。

230 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 17:50:12 ID:QsntVw7q
九州には徳本先生いなかったかな?

231 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 21:07:30 ID:YsFcr2s4
徳本は休題出身なだけ。
琉球⇒先週

232 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 21:08:26 ID:YsFcr2s4
名大といえば中東はどうなの?

233 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 22:47:20 ID:QsntVw7q
>>231
dクス

>>232
中東先生も若手として有望な人じゃないかな?
商事法務とかでも論文をいくつか書いてらっしゃるし

234 :法の下の名無し:2005/07/19(火) 23:59:05 ID:U0FII7V3
神作(東大),藤田(東大),中東(名大),高田(慶大),野村(中大)
あたりがだいたい同世代だけど,この辺はまだ若手なのかな・・・

235 :K:2005/07/20(水) 00:10:31 ID:LN9tKGmS
>>232
中東先生は、ちょっと前までの論文はかなり良いとおもったけれど、最近のはちょっと。
>>234
神作先生、藤田先生は教科書を書いていないから受験生にはあまり知られていないけれど、とても優秀ですね。


236 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 00:14:07 ID:TrI1Q7YE
>>235
俺も神作先生と藤田先生は非常に優秀だと思う

237 :K:2005/07/20(水) 00:27:20 ID:LN9tKGmS
>>236
研究も教育も、高度かつ分かりやすい。

238 :法の下の名無し:2005/07/20(水) 00:57:35 ID:TrI1Q7YE
>>236
そうか、東大の人か
藤田先生はローアンドエコノミクスの観点からの論文が多いよね
今はちょっと前の論文だけれど「自己株式の法的性質」を読んでる
まさかこんなにも法律の論文を読み漁る生活なんてゼミ入るまで
考えてなかったから先生のことなんて分からなかった。
ゼミ入ってしばらくは東大にいけなかった自分の頭の悪さを悔やんでた

中東先生も片面的だけど論文でかなりお世話になったな

239 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 01:12:31 ID:/NvOPCNv
>>218
早稲田が三人ってことは商法は早稲田トップですね。

240 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 03:45:23 ID:27eg+ko/
そういや近藤(神戸)とかいるんじゃないの?

241 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 12:12:04 ID:iTes3d7g
>>239
>>219
うーむ,早稲田の3人の方が,東大の岩原,山下あたりより上という評価なのですか。
まあマスコミ露出度だけで判断すればそうなりそうだが。

242 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 19:59:11 ID:zfe0o2av
>>239は単に人数で言ってるんだとおもうよ

243 :法の下の名無し:2005/07/21(木) 22:16:21 ID:oWr3Ap0s
東北の森田が東大の藤田先生と北大の大塚先生を絶賛してるよね

244 :法の下の名無し:2005/07/22(金) 00:09:59 ID:ID7nBnrK
あと京大の上柳先生のことも。古い話スマソ。

245 :法の下の名無し:2005/07/22(金) 02:28:00 ID:ODY0IPoj
なんで「森田」だけ呼び捨て?他「先生」ってつけてるのに。

246 :K:2005/07/22(金) 05:39:25 ID:a9YZ85/c
>>240
神戸なら、今はむしろ榊先生かと。近藤先生はもう過去の人の感が・・・。
>>241
私は上村・奥島先生よりは、岩原・山下(友)先生の方が断然上だと思いますが。
黒沼先生は同格かもしれませんが。所属は早稲田だけど、東大系だし。


247 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 00:09:11 ID:PmTtLYIK
商法学者で全分野やってる人って、もうおらんやろ。
少なくとも△■先生以降は。
分野別で見た方がいいと思う。
会社、手形(いるのか?)、総則・商行為、保険・海商、証券取引法、中小企業承継法ぐらいで。

248 ::2005/07/23(土) 00:12:05 ID:PmTtLYIK
「会社」とひとくくりにするのはあかんか。
どう分けるといいか思いつかないが。

249 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 09:45:30 ID:9ISPigna
>中小企業承継法

これを単独カテゴリーに掲げると、アノ人を挙げなきゃならなくなるw

250 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 18:17:31 ID:DT+newNB
アノ人ねぇw。

251 :法の下の名無し:2005/07/23(土) 23:33:41 ID:novfOXDZ
まあ論文とかは読むとけっこうおもしろいんだけどね
U村先生といっしょで

252 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 02:54:39 ID:dQH9kRSP
江頭(東大)
落合(東大)
神田(東大)
岩原(東大)
藤田(東大)
新作(東大)

253 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 09:23:12 ID:Lyca4wXx
>新作(東大)

(゚Д゚)ハァ?

254 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 17:50:05 ID:3OFgcONR
新会社法公布されたね。

255 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 18:30:57 ID:GzUPWiAi
新会社法と、会社法の抜けた商法と、どっちが六法じゃなくなるの?

256 :法の下の名無し:2005/07/27(水) 18:53:07 ID:HY+OJvmA
シンサク先生って岩原先生のこと?神作先生のこと?

257 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 01:49:54 ID:uvt27sE1
>>256
岩原先生は別にあがっているし、神作先生ジャマイカ?
てか、読みは「かんさく」だよな?

258 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 09:07:24 ID:DM7o3lPJ
当たり前のことを聞くな

259 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 09:20:44 ID:Qe7pQ11T
とりあえず、252は神作を「しんさく」と読むんだと
勘違いしていたヤツが書いたということでFA。

260 :法の下の名無し:2005/07/28(木) 22:14:32 ID:fbtwAV2Q
岩原先生は弘文堂の手形本をちゃんと書いてるのだろうか

261 :K:2005/07/28(木) 23:26:23 ID:xmD7Pev1
>>260
たぶん、出ないだろーという噂がありますが

262 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 04:30:36 ID:t9O7jyG2
全国の商法学者の中には会社法の改正についていけてない方も多数お見受けする。
なげかわしいことだ。

263 :K:2005/08/02(火) 19:01:38 ID:fECP51za
「現代化」に対応しているかどうかは、教科書だけではなく、教員についても問題となるのです。
「会社法学者の現代化」はどれだけ進んでいるのか・・・

264 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 20:09:45 ID:7VfGzNfz
未だに、鈴木=竹内会社法レベルの教員てのも結構多いんだろうな

265 :法の下の名無し:2005/08/02(火) 23:45:16 ID:Cji8iyKE
でも新会社法わけ分かんないよ。
省令委任大杉。

266 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 08:58:07 ID:s3+g7jGZ
いまたまたま古い法学教室(2004年4月号)を開いたら、
落合誠一が、商法重点講義(第1回)の中で、商法と経済学との違いについて、
「対象は同じ人間行動ではあるが、商法学は、利益を獲得しようとして行動する人間間の利害を妥当に調整しようとする
法的ルールの定立あるいは解釈によって、人間行動にアプローチするのであるが、経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、商法学と経済学とは相違するのである。」って文章が目に入った。

勉強もろくにせずに大層なこと書いちゃってるの丸分かり、落合って東大教授なのに恥知らずの馬鹿?

267 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 11:33:33 ID:Bk6NTcAZ
>>266
じゃあ、おまいが「商法学と経済学の違い」について説明してみて

268 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 13:05:29 ID:QQagwlcn
オレも聞きたい。

269 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 13:45:27 ID:7nqzMevG
経済学は、通常、経済主体の合理的行動を仮定するから、「利益を獲得しようとして行動する人間」が区別の基準にはならない。
また、経済学が資源配分について規範的判断を下す場合、効率性基準を重要視するが、(商)法にとっても、効率性基準はやっぱり重要だろ。

そうすると、落合は、商法で効率性基準が重要でないと考えているか、単に、「法的ルールの定立あるいは解釈」というところが言いたいだけということになる。
前者だとすれば、商法学者としての落合の資質に疑問符がつくだろうし、後者だとすれば、『商法の意義』なんていうタイトルの下でわざわざ書く必要のあることか?


270 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 17:40:19 ID:bAfXmTOk
↑ちょっと読み落としてたかも。
落合の場合、商法は、
「利益を獲得しようとして行動する人間間の利害を『妥当に』調整しようとする」もので、それに対して、経済学は効率性の基準一辺倒だという理解っぽいね。
そうすると、自分と妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃないという理解なんだろうか?

271 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 18:12:32 ID:lC2cSoGE
「妥当」の落し所かどこかを検討するのも商法学ってことでは?

272 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 22:55:07 ID:cdlL7drU
>>269>>270は同一人物のレスなのか?
とりあえず

>>270
妥当性の判断基準についてはもちろん、学者によって変わるだろうし
商法における「公正性」と「効率性」の概念対立はどちらを重要視するかで
妥当性判断にも差が生じうる。
それが「妥当に」という、価値判断の基準を敢えて具体化しない記述に結びついていると思えるが。


というか落合先生の記述からは
>自分の妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃない
と言っているとどこをどう読んでも理解できないのだが。

経済学においては、「妥当性」の判断に「公正性」という判断基準は 出てこないのではないか?

落合先生の記述は
商法学は、経済的合理人の利害を妥当に調整することを目的に、法的ルールの定率あるいは解釈によって
       人間行動にアプローチする

と読めるのだがな。これは明らかに経済学と違うだろう。

273 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 06:31:29 ID:cQjWcKlV
>経済的合理人の利害を
念頭に置くのは経済学も同じこと
>法的ルールの定率あるいは解釈によって
ここは違うが、これだけ言いたいのならわざわざ比較の必要はないだろう
>人間行動にアプローチする
これも経済学その他も同じこと
だから
>(経済的合理人の利害を)妥当に調整することを目的に、
しているところに意味があるんだろう。

>というか落合先生の記述からは
>>自分の妥当性の判断基準が違うやつの議論は、商法学じゃない
>と言っているとどこをどう読んでも理解できないのだが。
素直に読めば出てこないと思うから、
>それが「妥当に」という、価値判断の基準を敢えて具体化しない記述に結びついていると思えるが
という理解が素直だと思う。
ただ「法的ルールの定立あるいは解釈」に大した意味があるとは思えないんで、「妥当性」を強調せざるを得ないように思う。

>経済学においては、「妥当性」の判断に「公正性」という判断基準は 出てこないのではないか?
経済学が効率性基準に重きを置いているのは事実だろうが、「効率性」vs.「公正性」といった対立軸自体が、経済学的な整理だよね。
平井だったら、ローエコって言われたくないせいだと思うが、「効率性」vs.「正義性」って、わざわざ言葉変えるくらいだから。

274 :272 :2005/08/07(日) 10:51:50 ID:IpD9TVSI
>>273
これは>>269->>270と同一人物なのか?
少なくとも名前にレス番入れてくれ

おまい自身、商法学と経済学が類似しているという考えを持っているじゃないか。
それは共通認識だと思う。

だから落合先生は
共に「経済的合理人」の行動を対象にしているが、目的とアプローチが違う、
商法学では、「法的ルールの定立あるいは解釈」という手段(これは絶対的な差異)で
経済的合理人の「利害の妥当性」の確保を図る、これが経済学との差異である
と言ってるだけ。
それを分かっているなら
>ただ「法的ルールの定立あるいは解釈」に大した意味があるとは思えないんで、「妥当性」を強調せざるを得ないように思う。
大した意味があると読めるはず。

ちなみにローエコはそんな悪いものでもないと思うが。
特に商法学では、経済学と同じく「経済的合理人」を想定して、立法解釈がされるから
どのような立法を行えば、どのような行動をするのか、ということを考える上で
経済学的な分析(特にゲーム理論)は有意であると思う。

そろそろスレ違い

275 :法の下の名無し:2005/08/07(日) 12:10:35 ID:Nwkkriyd
269=270=273だが、
>>274
>おまい自身、商法学と経済学が類似しているという考えを持っているじゃないか。
>それは共通認識だと思う。
そうだね。商法=企業法説という理解はその昔からだが、藤田がミクロ経済学における企業理論の展開を紹介した論文なんかを経由して、商法学と経済学の類似性は進んだと思う。

>経済学的な分析(特にゲーム理論)は有意であると思う。
と思ってる人が落合を読めば、「法的ルールの定立あるいは解釈」が決定的な違いで、あとはほぼ同じで了解なんだと思うし、漏れもそれには賛成。
ただ、落合の場合は、経済学者とジョイントでやったときに(どこで読んだか、かなり記憶は曖昧だが)効率性基準に乗ることにかなり躊躇を見せていたように記憶している。
それと、「経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、商法学と経済学とは相違するのである。」というくだりは、効率性重視の経済学と妥当性重視の商法という区分のところに重きを置いた方が、落合の理解としては正しいように思う。

それはともかく、「経済的合理人」というのと「妥当性」というのがうまく接合できるのだろうか?
>商法における「公正性」と「効率性」の概念対立はどちらを重要視するかで
>妥当性判断にも差が生じうる。
というのはその通りだと思うが、経済学が「効率性」だけでなく「公正性」(あるいは、公平・衡平)も重要ですといいつつ、実際のところほとんど顧慮していないのは、
実は、「経済的合理人」の行動を前提にしたとき、「公正性」をうまく入れ込むことが困難だからではないのか?
「経済的合理人」を前提にした場合の制度設計では、インセンティブ・コンパティビリティが重要視されようが、どうもそれと「公正性」ってのはうまくくっつかないような気がするんだが・・・

276 :272 :2005/08/07(日) 13:07:14 ID:IpD9TVSI
>>275
確かに、従来の商法学者は効率性の基準よりも公正性の基準を重視しがちなのは否めない。
それが、おまいが指摘する、
>「経済学にあっては、いわゆる効率性の基準をもって人間行動へアプローチするから、
>商法学と経済学とは相違するのである。」というくだりは
>効率性重視の経済学と妥当性重視の商法という区分のところに重きを置いた
ということになるのかもしれない。



>「経済的合理人」を前提にした場合の制度設計では、インセンティブ・コンパティビリティが重要視されようが、どうもそれと「公正性」ってのはうまく>くっつかないような気がするんだが・・・
たしかに、効率性と公正性は相反する性質がある。
しかし、商法は「法」という性質上、効率性を犠牲にして公正性を重視する(しなければならない)場合があるのも事実で
それもまさに効率性を重視しがちな経済学との相違だろう
ただ、効率性と公正性が対立するというが(自分でもそうレスしたが)、自分では決して矛盾する概念ではないように思う。
たとえば、ある程度公正性を重視した制度設計を組み立てておくことは、事後的な紛争の発生を抑えることが可能で
それは究極的には、効率性へとつながるものだと思うが。
紛争自体が、当事者だけではなく社会的な費用の増加を伴うものだし。

ちなみに、自分で「経済的合理人」と使ったが、「合理的経済人」の間違いだ、と思う。

あぁぁ、学部4回生の頭ではこれ以上は無理だ。。。
何が言いたいのか分からなくなってきたし
かなりスレ違いだし
東大でもないから落合先生の肩持つ必要もないし。
ただ前々からローエコは興味があった。
実務家としても必要な観点だと思うし。

とりあえず、俺の自己満で稚拙な議論に付き合ってくれた>>273に感謝。

277 :K:2005/08/08(月) 01:30:30 ID:rQKWh9C3
少しだけ横やりをいれますが、「効率性 v. 公正性」という対立軸を設定しがちなのは、
むしろ法学者のように思います。
276で書かれているように必ずしも対立するわけではないのですが、
経済学でいう「効率性」の意味をロクに知らない法学者が安易に設定して、「ローエコ批判」をしています。
(もちろ、落合先生はそんなことはよくご存じなので、安易に両者を対立させてということはないでしょうが)
「効率性」をパレート効率性とする場合は、定義上それほど公正が問題になることはないでしょう。
というのも、状態S1からS2への移行がパレート最適といえる場合には、
S2においてS1より悪い状態におかれる(wore off)人おらず、少なくとも誰か一人がより良い状態におかれる(better off)はずだからです。
もっとも、worse offにはならなくてもbetter offにならなかった人からすると「何でオレがbetter offにならずにあいつがなるのか?」と感じるかもしれず、
その限りでは公正性の問題はありえます(とはいえ、これも「公正」の捉え方によりますが)。

もし、「効率性」をカルドア=ヒックスの効率性とする場合には、パレート基準の場合よりも多く「対立」が生じるでしょう。
ただ、その場合でも、当たり前のことですが必ず効率性と公正性が対立するというわけではありません。
それに、この場合でもそこでいう「公正」とは何かを明らかにして、どのように対立するのかを明らかにする必要があるでしょう。

経済学者は「効率性」の定義を知っている(はず)ので、抽象的に「公正性」との対立軸を設定してどうこう言うことはないように思います。


278 :法の下の名無し:2005/08/08(月) 16:42:52 ID:QZU9LczW
↑何を言いたいの?
K=川濱だったら面白いけど。

279 :法の下の名無し:2005/08/08(月) 17:15:45 ID:FdF8xRwi
>もっとも、worse offにはならなくてもbetter offにならなかった人からすると「何でオレがbetter offにならずにあいつがなるのか?」と感じるかもしれず、
>その限りでは公正性の問題はありえます(とはいえ、これも「公正」の捉え方によりますが)。
ここは、むしろ「パレート効率性」を弱基準として定義するか、強基準として定義するかの問題なので、これで公正云々いう必要はないよ。

280 :K:2005/08/08(月) 19:31:09 ID:rQKWh9C3
>279
ご指摘どうも。後でみてみるとあまりよくない書き方でした。
要はパレートでも公正の問題は残りうるということなのですが、次のようにいったほうがよいかもしれない。

状態S1からS2に移行することで全ての者の効用が増加するとしても、
富める者の効用が大きく増加し、貧しい者の効用は少ししか増加しない場合は公正の問題がありえます。



281 :K:2005/08/08(月) 19:33:13 ID:rQKWh9C3
277の訂正
「というのも、状態S1からS2への移行がパレート最適といえる場合には、」

「というのも、状態S1からS2への移行がパレート改善といえる場合には、」


282 :法の下の名無し:2005/08/09(火) 07:00:56 ID:ptY7NZ1P
>>280
>要はパレートでも公正の問題は残りうるということなのですが、
>状態S1からS2に移行することで全ての者の効用が増加するとしても、
>富める者の効用が大きく増加し、貧しい者の効用は少ししか増加しない場合は公正の問題がありえます。
指摘自体間違っているわけではないが、効率性基準だけキチンと定義して、公正性基準を定義せずにグチャグチャ言っても無意味じゃないか。
実際、パレート改善になっている場合に、所得再分配は比較的容易だから、『妥当なw』結果を出すのはそれほど難しくはない。
しかし、パレート改善にならない場合に、所得再分配を行うのは利害がもろに対立するためかなり困難。


283 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 04:17:58 ID:Vs1xCStZ
手形法・田辺光政教授の評価はいかがなものですか?

284 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 08:17:57 ID:5YWGmC0z
昔ながらの先生でつね

285 :法の下の名無し:2005/08/12(金) 11:50:59 ID:FCnMtq/U
>>283
関大出身

286 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 00:47:41 ID:en9qfaZo
>>285
違います。大阪学院出身です。

287 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 07:49:21 ID:o2STnKbU
名古屋大学出身だろう

288 :法の下の名無し:2005/08/13(土) 13:28:22 ID:5QLzUuYw
慶應の商法の先生はどうですか?

289 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 04:06:58 ID:LhMRAMxa
>>288
学生さんですか?

290 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 07:17:50 ID:mg6RvF5M
近藤光男教授の評価如何?

291 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 13:03:27 ID:pPddbVf9
>>288
さぁ?

>>290
もう神戸にはこの人しかいない。

292 :法の下の名無し:2005/08/14(日) 17:44:13 ID:6QUDetVa
倉沢先生はすごかった

293 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 00:31:31 ID:kkEnI8uP
遠藤美光はどう

294 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 01:06:37 ID:VKc/gskz
近藤光男、愛想悪いで。

295 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 01:17:29 ID:70DBGWV9
>>288
ていひょうがあります。

296 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 03:44:39 ID:FvCsao0j
手形はもう研究するところがないな。

297 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 06:51:37 ID:MNNVEEwm
ていひょう=「定評」or「低評」?

298 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 08:12:00 ID:oI3GVclx
神戸は神崎・黒沼・岸田と商法が看板といっていいくらいだったのにな。
今は近藤だけか。榊もまだ若いし。
行澤・志谷ってどうなんだろ?

299 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 10:28:45 ID:KnXwLyPH
>>293
dare?

300 :法の下の名無し:2005/08/15(月) 21:23:06 ID:8952sIkT
>>296
あるよ。
現に年に数本論文出てるしw

301 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 00:27:26 ID:Fe2CUAjh
>>300
筑波のS先生がほとんどだったりしてw

302 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 00:45:56 ID:M4VHwPRd
手形法の今の権威は?

303 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 01:31:27 ID:30x+qJR/
手形法かあ。
学生時代、木内先生や高窪先生にお世話になったな。
既にお二方とも亡くなられてしまったが。
久しぶりに読んでみようかな。

304 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 09:32:26 ID:FQcHGZL0
>>301
S先生筑波辞めたんじゃないの?

305 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 09:40:27 ID:7ORsvAbo
>>304
あと一年。

306 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 12:16:03 ID:v/ZmZGPP
手形法みたいに、もはや過去の遺物を研究し続けるのも、確かにいいね。
多分新規参入はないだろうから、第一人者で居続けられる

307 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 18:48:40 ID:wfY3gr4x
そのうち法解釈学じゃなくて、法制史学者と言われることになりそうだな。

308 :法の下の名無し:2005/08/17(水) 17:11:20 ID:O8xXb/T8
手形取引激減してるってホント?

309 :法の下の名無し:2005/08/17(水) 18:16:36 ID:ityE4s0P
>>308
ホントだよ。

310 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 01:00:23 ID:I3AZ0B7K
スタンドバイ信用状などではまだ少々議論の余地が在るのかも

311 :法の下の名無し:2005/08/18(木) 18:11:32 ID:6JaR++Lf
S25改正法はアメリカの強制とはいっても、日本の商習慣をいちいち調べる
暇がなかったので、当時できたばかりのイリノイ州の州法典をそのまま移植
したと聞いたが。てことで、当時最新最先端の法典だから、そんなに不満を
言うべきじゃないかも。

312 :法の下の名無し:2005/08/26(金) 03:22:29 ID:h8YVUxMg
民法と商法がなんで同じ学会なんだ?分離しろ、これまで分離案がでなかったのは
なんでだ?

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)