2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★ 英米法系 vs 大陸法系 ★

1 :法の下の名無し:04/12/15 17:29:30 ID:kqpOyYDN
今後、我が国において又は世界的にみてどちらの法理論が優勢になる
のだろうか?

2 :法の下の名無し:04/12/15 17:32:20 ID:VWQR+qXV
わかんね。

3 :法の下の名無し:04/12/15 19:53:56 ID:MnGU0zUb
まっだくわがんね、にぐじる〜

4 :法の下の名無し:04/12/15 20:14:12 ID:1AT2pkCF
少なくともわが国においては英米系が有利になるんじゃなかろか。

5 :法の下の名無し:04/12/15 20:37:48 ID:0C6U0PE0
憲法:英米>独仏
行政法:英米>独仏
刑法:英米<<独仏
刑訴:英米>独仏
民法:英米<<独仏
商法:英米=独仏
民訴:英米<独仏


6 :法の下の名無し:04/12/16 00:24:05 ID:JDOG8Wh2
ソ○トバ○クが、例の配分の件で、アメリカの
通商代表部に日本へ圧力をかけるようお願いし
てるとのこと。

法学者よりもアメリカの方が影響力大。法学者
の存在なんてそんなもの。

7 :法の下の名無し:04/12/16 17:23:19 ID:ieR7tV51
当たり前だ。
法学者にとっては一般人は原住民。
法曹は原住民の言葉を法律的な言葉に変換する通訳。
原住民と一緒になって喜んでいる奴など法学者として往生していない。

8 :法の下の名無し:04/12/17 07:44:53 ID:mqBeQviC
昔は英米法系と大陸法系の違いというのが
力説されたけど、最近はそうでもないね

やっぱりグローバリゼーションの影響で
両者の違いは収斂してきてるんだろうか。

禁止してないことはやっていいのが英米。
許可されてなければやっては駄目なのが大陸だっけ???

9 :法の下の名無し:04/12/17 08:32:35 ID:JFtKNZwc
国に国民の自由を侵害することなど出来ないのが当たり前,と
権利章典を入れるのを拒否しかけた国だからな。<米

英は違憲立法審査すらないし。

10 :法の下の名無し:04/12/19 18:51:49 ID:JWeVNh98
まぁ日本人には大陸法的な考えがあってるような希ガス。
「そんなの法律の何処に書いてあるんだよー!」っていうまぁ口ゲンカレベルの話だけど
一般人の規範に対する意識ってそんなもんじゃないかと

11 :法の下の名無し:05/01/03 06:06:44 ID:0+4oMaU6
北欧ってどんな感じですか?
英米とも大陸とも違うらしいですけど・・

12 :法の下の名無し:05/01/03 17:41:43 ID:m42cMIN+
北欧は社会主義に近いんじゃないかね。
そいやフィンランド法の英語の本を持っているが積読だ。。

13 :法の下の名無し:05/01/09 05:05:08 ID:FG2Pjl8T
>>11
比較法学の一分野である法系論だと、
北欧は大陸法の方に分類されているはずだよ。

14 :法の下の名無し:05/02/03 13:58:24 ID:TdIWCZgY
>昔は英米法系と大陸法系の違いというのが 力説されたけど、最近はそうでもないね
やっぱりグローバリゼーションの影響で 両者の違いは収斂してきてるんだろうか。

国際刑事裁判所やICTY、ICTRなどの国際刑事法の分野ではすっごく問題になってるらしいよ
英米法と大陸法の違いが。特にmes reaとか裁判の流れが問題になってる。うちのクラスでも
英米法と大陸法はやっぱ対立してる。

15 :法の下の名無し:05/02/04 14:27:33 ID:tIQaqNNs
初歩的質問ですみませんが。

 英米法というのは、コモンローということでしょうか。
 英米のうち、英というのは、スコットランド、ウエールズ、北アイルランドは、
 含まれると思いますが、これらの地域でもコモンローが用いられているということでしょうか。
 (独立後のアイルランド共和国は、大陸法に切り替えた?のでしょうか)

 もうひとつ、米のほうですが、フランスから得たルイジアナなどはどういう風になっているのでしょうか。
 ナポレオンとの条約では、現地の慣習など尊重する取り決めがあった筈ですが、
 法律関係も当然含まれるかと)
 それに、米は、法律も一応、州単位だと思いますし。

16 :法の下の名無し:05/02/04 15:15:46 ID:+U/xD8zv
> 英米法というのは、コモンローということでしょうか。

Common law は (1) (Equityに対して)中世に起源をもつ法体系 (2) (statuteに対して)裁判所により形成される判例法
(3) (civil lawに対して)英米法 と大まかに3つの意味で使われているが、(3)の意味でなら英米法の対象=コモンローでよいのでは。

>スコットランド、ウエールズ、北アイルランド、フランスから得たルイジアナ

スコットランドはイングランドと合併したときにすでに大陸法系の法をもっていたので
コモンローのたてまえ上―取得された土地にすでに自らの方がある場合国王は方を修正・変更できるが
国王がへんこうすっるまではその国の従来の法が存続する―イギリス法を継受していない。
ルイジアナも同様。もっとも英米法と大陸法の混合現象はあるらしい。
ウェールズは16世紀からコモンローの適用を受けるようになった。
アイルランドも16世紀以降アイルランド人がイングランドで法を学ぶようになり、コモンローの継受が確定する。

・・・と 田中英夫 「英米法総論上」 の第1章の受け売り(誤読があるかも)。
あとは専門の人お願いします。

17 :法の下の名無し:05/02/05 19:19:13 ID:JjJXPNpK
>>16
(1)の意味ではどうでしょう。(1)の意味でお願いします。

 ***そうすると、今のイングランドも、大方は成文法ということでしょうか。
   スコットランドにくらべれば、コモンローの比率が高いかもしれません。
   特に、「英米は」というのも変な気が。。。

    *単に、中世に起源を持つということですと、フランスもドイツも
     コモンローはあると思いますが。。。。

18 :法の下の名無し:05/02/05 20:07:44 ID:A87Z/ES7
>(1)の意味ではどうでしょう。(1)の意味でお願いします。

なんか言いたいことがよくわからない。
「英米法というのは、コモンローということでしょうか。」という質問は
「英米法(学)の対象はコモンローですか?」って意味ではなかったのか?
>>16はこの意味でなら(1)(2)よりは広く(3)が対象になっているという趣旨なんだけど。
(1)の意味でお願いしますとはどういうこっちゃ?

>単に、中世に起源を持つということですと、フランスもドイツもコモンローはあると思いますが。

これも誤解があるような気がする。
中世起源というよりEquityに対する概念であることがポイントなんだけど。
まずは英米法の基本書(上記 田中英夫など)を確認するのがよいのでは。

19 :法の下の名無し:05/02/05 22:55:37 ID:xB1mk02h
コモンローと大陸法って何を指している言葉かかわかってる?
簡単に言えば法文化の違いだよ。
地域ごとに法文化がことなるっていうだけの話。
もともとの起源はローマ法。ローマ帝国が崩壊したあとに、
ローマ法をもとにおのおのの地域で法が発展した。その結果
法をその性質によって分類したら、大陸法とコモンローに
わかれただけ。
 そして今話しをしているのはコモンローの話。コモンロー
という法文化が発展したのはグレートブリテン諸島。
コモンローの特徴は、今上で話している通り。

 ってか、こんなの法学の基礎とか概論でやるんじゃないの?
本をちゃんと読めばわかると思うんだけどな。ってか本を読んで
意味がわからないんだったら、法を勉強する前に日本語を含めた
語学を勉強したほうがいいと思う。リテラシーはミニマムリクワイア
メントだと思うよ。だって、こんなんじゃ判例どころか、条文
すら読めないじゃない。それから世界史もやったほうがいいよ。
もし、本当にこのあたりを理解したいのであれば。

20 :法の下の名無し:05/03/02 22:19:33 ID:GFG6tQEB
この間のイラク戦争のアメリカの侵略か否かって騒動も大陸法と英米法の違いなのかな

21 :法の下の名無し:05/03/03 00:08:44 ID:XsmkXveJ
軍事板や世界史板で著名な別宮暖朗氏の説だな

22 :法の下の名無し:05/03/15 23:30:10 ID:M2yLtNV0
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1110435685/l50

23 :法の下の名無し:05/03/16 00:40:55 ID:+hEEuXdO
民法だとイギリスとフランスを比較した場合、導き方は全く違っても、結果がほとんど
同じになった記憶がある。でも大切なのはこの導き方って気もする。

>>17さんへ
>>18さんの言っている通りだと思う。対大陸法の場合、16の(3)の意味で捉える
べきだと思うよ。

ちなみにイングランドの法律は判例(厳密には判例となった判決の裁判官の言葉の
中で決定的なもの)の積み重ね<(2)の意味での common law>が中心で、それを
statute で補っていると捉えるべきだと思う。そういう意味で大方が成文法という
のは間違い。

(1)の意味での common law は、上の common law と statute をあわせたもの
と考えるべきかな。簡単に言うと、現行の判例や statute にそって判決を下したら
不公平な結果になると裁判官が判断した場合、裁判官の独断で、公平さの観点から
判例やstatuteにはそぐわない独自の判断を下すことができるというのがあるんだけ
ど、それが equity(衡平)。

こんな感じかな・・・。間違ってたら誰か教えて。


24 :法の下の名無し:05/03/18 10:51:54 ID:b7KEVjNn
谷口知平先生の「英米契約法原理」を手に入れて見開きを見たら「謹呈滝川先生」
という谷口先生のサインがあった。宝物として秘蔵している。

25 :法の下の名無し:05/03/18 11:22:11 ID:bzOI67Kz
英米包茎vs大陸包茎('A`)

26 :法の下の名無し:05/03/18 17:33:04 ID:7CmRsgSX
古本屋で買ったら謹呈云々と書いてあった・・・って話は
ありきたりな話だろ

27 :法の下の名無し:2005/05/11(水) 14:16:18 ID:VzZw3SDz
フランスとドイツって大陸法系ってまとめるほど似ているの?

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)