2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大日本帝国の意思決定過程論

1 :法の下の名無し:2005/04/11(月) 20:19:24 ID:UR2Ey6S6
世界史板の
民主主義国家同士の戦争はあった??
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1105895835/ 
で、大日本帝国の国家意志最高決定権は、第4条に基づいて天皇にある。
いや、第5、37条に基づいて議会にあると言う議論がありました。

法学板の住人から見て、大日本帝国の国家意志最高決定機関とはなんだったのでしょうか?
法制度論と実態論の両面から語ってもらえないでしょうか?

2 :法の下の名無し:2005/04/11(月) 20:46:33 ID:qLN1GHSd
>>1
単発質問スレは禁止です

3 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 00:58:12 ID:870jF8j7
帝国憲法スレは食いつきがいいから、伸びるかも。

4 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 01:25:53 ID:AWp+8fAl
大日本帝国の国家意志決定機関とは?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1110981456/

5 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 01:59:40 ID:kmOLq1zj
むかし帝国憲法スレあったよね
1000までいったのかなぁ・・・

6 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 02:16:59 ID:kmOLq1zj
大日本帝国憲法
ttp://www.houko.com/00/01/M22/000.HTM

大日本帝国憲法 - Wikipedia
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%B8%9D%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95

7 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 07:55:57 ID:qBfTjzZu
国家意思の決定をするのは以下のもの。

帝国議会の協賛を受けた天皇
各部大臣の補弼を受けた天皇
参謀総長や軍令部総長の補弼を受けた天皇
天皇の名の下の各裁判所

以上。まちがってるかも。

8 :法の下の名無し:2005/04/12(火) 23:47:07 ID:G9zPxWnw
結局帝國憲法の方がよかったんじゃない?
http://makimo.to/2ch/academy3_jurisp/1093/1093646855.html

9 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 00:55:23 ID:nYX5Lz0W
>>8
このスレ盛り上がってたね〜

10 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 01:12:57 ID:nYX5Lz0W
今だ!メタルスライムが適当な番号をゲットォォォォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄≡≡。+  . . .。.:゚・ *
   ∧ + 。 ≡。.  。. 。.:*・゜゚・*
  (゚ー゚ *)≡≡.:*・゜゚・;;≡≡≡
        ̄ ̄  . .。.:*・゜. .。.:*・゜
      ズザザザザーーーーーッ



11 :法の下の名無し:2005/04/13(水) 22:16:44 ID:AZ8RAb+A
日本国憲法と大日本帝国憲法との主要な比較
ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/kennpouhikaku.htm

12 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 00:15:03 ID:/fUt+KA4
日本国憲法の国民主権と大日本帝国憲法の天皇主権は同じ次元の問題なのかそもそも疑問だけどな。
そもそも主権って何なんだよ。

13 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 18:00:55 ID:YnfDqTiy
宮沢が天皇主権から国民主権へといったとき国家法人説での国権を念頭においた
ものなのか?
宮沢が当時どのようなモデル論で主権を語っていたのか誰か教えてください。

14 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 19:15:28 ID:bnraMdR8
ケルゼンだろ。

15 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 20:41:08 ID:8+r2Ncfn
>>14
主権の変動の問題は実は「根本規範」の変動の問題と言う意味?

16 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 21:35:43 ID:/fUt+KA4
ここで根本規範とは誰の言う意味での根本規範かがまた問題になるわけですが,

17 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 21:45:26 ID:sONPN76r
内容になにを盛り込むかでかわったとも言えるし、その反対も
成り立ちそうだな。
尾高も宮沢も同じ次元の争いであったとも言い得るわけだ。
もっともそれでも内容を提示しえない(であろう)尾高はやはり
不利か。

18 :法の下の名無し:2005/04/14(木) 21:46:21 ID:/fUt+KA4
そもそも主権概念なんていらないんじゃないかな。

19 :現実:2005/04/15(金) 00:26:22 ID:x9Wip4or
>>1
このスレは他の板とのマルチ。とりあえず日本史板のスレを下記に貼る。

ネット右翼のお兄さんが理論武装のための情報収集目的のスレかな?


大日本帝国の国家意志決定機関とは?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1110981456/
1 名前:日本@名無史さん[] 投稿日:05/03/16 22:57:36
世界史板の
民主主義国家同士の戦争はあった??
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1105895835/ 
で、大日本帝国の国家意志最高決定権は、第4条に基づいて天皇にある。
いや、第5、37条に基づいて議会にあると言う議論がありました。

日本史板の住人から見て、大日本帝国の国家意志最高決定機関とはなんだったのでしょうか?
法制度論と実態論の両面から語ってもらえないでしょうか?


20 :法の下の名無し:2005/04/15(金) 00:44:13 ID:dW/JiGQ0
>>19
>ネット右翼のお兄さんが理論武装のための情報収集目的のスレかな?
なんか、勉強熱心ぽくて感心ですね。

21 :法の下の名無し:2005/04/15(金) 12:35:34 ID:fTVQZJkP
天皇を、憲法上の手続きを求めることにより名義上の主権者にとどめる「立憲君主」と規定するか、
法を超越して存在しうる「絶対君主」と規定するかの争いだろ。
そりゃー明治大正のころは天皇の意向に反してでも政府が活動しても問題なかったが、
昭和になって政府(政党)が機能不全に陥ったから、「天皇陛下万歳!」と叫ぶ右翼が増えたわけだ。

22 :法の下の名無し:2005/04/16(土) 12:23:29 ID:JprSX0+6
>>19
おそらく民平太郎君でしょう>スレ建て人

23 :法の下の名無し:2005/04/17(日) 23:54:18 ID:Ogy0054a
枢密院とか元老院とかはどの程度影響力あったの?

24 :法の下の名無し:2005/04/27(水) 18:41:50 ID:lsQi9HzB
>>23
元老院には殆ど権限がなかった。
枢密院は内閣にイヤガラセして倒閣するぐらいの力はあった。

25 :23:2005/04/27(水) 21:41:42 ID:tRPmZjOb
よく考えてみたら元老院じゃなくて元老だった
まぎらわしいね

26 :法の下の名無し:2005/05/24(火) 00:59:15 ID:sjlMbPq/
元老ってのは帝国憲法外の存在かい?

27 :法の下の名無し:2005/06/26(日) 22:13:12 ID:SsaEDMxT
内閣の閣議決定とは国務大臣の全員の賛成

開戦決定したら・・
1天皇に上奏
2枢密院により、意思形成上の瑕疵(違法)の有無の審査
3天皇は(自己の意思が反対でも)裁可し、条項により、大権を行う(しなければならない=義務)
4天皇は(いやでも)戦いを宣し、(なければならない)
5国務大臣は、副署。(開戦の詔勅)


28 :法の下の名無し:2005/06/28(火) 13:36:04 ID:DvryFAaI
日本国憲法下では意思決定機関はしいて言えば国民。
もっとも権制定権力を行使した後はほとんど権威的な
地位に縮退。
じゃあ、三権分立のもと、三権のそれぞれの意思が国家
意思となるということか?
ヤヌスみたいだな。

29 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 00:56:47 ID:u74gG5Dr
三権分立とは、国家意思決定機関を分立している事。

太政官布告で立法、行政、司法と定まる。
五箇条の御聖文 (国家意思は)万機公論に決定。(天皇の意思ではない)


30 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 00:59:23 ID:u74gG5Dr
天皇の個人の意思と命令は法的拘束力を発生させるか?

天皇は帝国議会の協賛(意思決定)に基づかなければ、立法できない。


31 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 01:05:04 ID:u74gG5Dr
国務大臣は、天皇の違法命令執行防止の輔弼責任がある。

国家意思決定に基づかない天皇違法大権執行に対しては副署を拒否
副署がなければ、形式不備により法律その他勅令は、効力を発生させない。


32 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 01:10:36 ID:u74gG5Dr
国家意思形成と国家意思決定は違う。

国家意思形成→国家意思決定→国家意思表示→国家意思執行
 (臣民) (立法行政司法) (天皇)  (執行機関)

 

33 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 01:17:01 ID:u74gG5Dr

勅令→政令(両方とも内閣の意思決定)

非常大権と参議院緊急集会の要件は同じ。(会期中ではない無い事)


34 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 01:20:43 ID:u74gG5Dr
天皇親政は帝國憲法に違反する。

なぜならば、立憲君主制法治主義とは違うから。


35 :法の下の名無し:2005/07/13(水) 23:04:47 ID:Ctcu8zfV
主権論が衰退した理由がわかるようなスレッドだな。

36 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 02:12:59 ID:hxh3p0sf
上杉慎吉の天皇主権説は、美濃部達吉の天皇機関説と比較すると
その論理構成から言っても児戯に等しい

37 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 20:11:29 ID:iyc0jpbL ?
>>781
オックスフォード大学ポドリーアン図書館終身名誉館友


詳細はぐぐれ。

38 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 20:15:56 ID:iyc0jpbL ?
>>37は誤爆。すまない。

39 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 22:33:02 ID:CVkfDoDS
上杉はもともと国家法人説だったと聞いたな。
ドイツでの下宿先もイェリネック。
美濃部と比較されてとかく馬鹿にされるような書き方
よくされるけどなにか違う事情あるいは政治的な背景が
あったのではないだろうか。

40 :法の下の名無し:2005/08/16(火) 23:25:16 ID:fe5t3Nbe
イェリネックの元へ行った後、ルソー研究に没頭。
その後下宿に閉じこもってニーチェ、ショーペンハウエルに耽り
ラーバントの本を暖炉にくべた。

とか長尾龍一の本に書いてあったような。
一連の寄行(?)の中に転向の原因があるのかは知らないけど。

41 :法の下の名無し:2005/08/26(金) 22:16:30 ID:LvXou8If
大日本帝国憲法下でのイラク出兵

小泉内閣の国務大臣全員が、出兵に賛成。
陸海各大臣は統帥部、軍務局、主計課、経理部等々常備兵額算定

内閣より、天皇に上奏
天皇は、裁可の義務、憲法条項に服従して大権の義務
すなわち、統帥しなくてはならないが

帝国議会で、出兵の為の予算が認められなく、否決
天皇は、常備、兵額定めることできないので
出兵はできず、小泉内閣はあぼーん!


10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)