2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【憲法】無効論に乗り換えよう【無効確認】

1 :たてたろ:2005/05/04(水) 20:13:40 ID:Ij2GO+VH
よく聞く話に、
A「日本国憲法」が無効だとすると戦後の政体組織や戦後成立した下位の法律などは、その根拠を失いすべて無効になってしまう。
B 約60年も使ってきたのだから、いまさら無効にはできない。
C 国民は「日本国憲法」を憲法だと追認した。
というのがあります。

私は、現行憲法無効帝国憲法改正論者です。
よく言われる上記AやBやCに反論します。

1、「日本国憲法」は憲法ではありません。
2、「日本国憲法」は占領地基本法です。
3、ゆえに「日本国憲法」は憲法としては絶対無効です。
4、したがって【憲法として無効】【占領地基本法として有効】との確認決議(過半数)を行うのが正しい。
5、このように「日本国憲法」の縛りから解き放たれた上で、じっくりと帝国憲法の改正審議を行う。
6、改正審議が整うまでは占領地基本法を通用させますが、4の決議後もそのまま通用させるのは屈辱的なので(前文
と9条を除外した形で)今後は国家暫定基本法だと格づけます。
7、帝国憲法改正が成立の段階で国家暫定基本法「日本国憲法」の廃止決議をすればよいです。

8、この方式ですと4の確認決議をしても法的秩序の安定は失われませんのでAやBの心配がありません。
9、憲法である「日本国憲法」に支えられてきたと信じられている国家の法体系が、4の議決以後は占領地基本法である
「日本国憲法」に支えられていると説明されることになるだけです。私の憲法無効論は、客観的事実の確認議決をして
明確にするだけのことです。

10、尚、Cは論者みずから「日本国憲法」は原初的に無効だと言っているのと同じことです、又、生きている人間だけで追
認できると考えるのは、あさはかだと考えます。

11、改正論よりも論理も正しいですし、実際的です。(過半数で決着できるます)


2 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/04(水) 20:17:48 ID:ePiKH9It
>3、ゆえに日本国憲法」は憲法としては絶対無効です。
>4、したがって【憲法として無効】【占領地基本法として有効】との確認決議(過半数)を行うのが正しい。

無効な日本国憲法に従って選ばれた国会議員が無効決議してもなんの意味もないじゃん。

3 :法の下の名無し:2005/05/04(水) 20:30:32 ID:GIsWxI25
どうせなら大宝律令あたりまで遡れよw

4 :たてたろ:2005/05/04(水) 20:58:10 ID:Ij2GO+VH
>>2
>無効な日本国憲法に従って選ばれた国会議員が無効決議してもなんの意味もないじゃん。

占領地基本法にしたがって選ばれた国会議員が、「日本国憲法」を憲法ではない(憲法として無効)、自らの公務の基礎になっている
のは「日本国憲法」という名の占領地基本法(占領地基本法として有効)だと確認することは意味があります。
現行「日本国憲法」59条にもとづく法律群にも、無効確認自体による法的変革はありません。


5 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/04(水) 21:01:07 ID:ePiKH9It
>現行「日本国憲法」59条にもとづく法律群にも、無効確認自体による法的変革はありません。

いや、それ、八月革命説とかわらんじゃん(笑



6 :たてたろ:2005/05/04(水) 21:03:19 ID:Ij2GO+VH
>>5
具体的に述べてください。
こちらは素人ですから。
どんなところが、どのように変わらないのか。

7 :◆u0ZYnEjMF6 :2005/05/04(水) 21:20:15 ID:ePiKH9It
>>6
いや、無効だというなら、憲法に基づく法律の根拠が全部否定される方が論理的にすっきりするわけでしょ。
とはいえ、八月革命説論者もあなたも実際にはそんな事は主張しない(革命説ではポツダム宣言と
明示的に反する規定の有効性が失われたとされるが)。
だったら、結局八月革命説と同程度には不明確凪論難じゃないの、と。

8 :たてたろ:2005/05/04(水) 21:30:38 ID:Ij2GO+VH
>>7
「無効論を主張するなら、無効憲法にもとづく法律群も全部無効だと主張しなよ」
と言ってるのですか?

私は、公的な秩序破壊を起さないで無効確認をしたうえで、正統な憲法の改正をしたいのですが・・・・・
法律群まで無効だと主張したくはないです。
占領地基本法に支えられた法律群として有効でいいです。

いきなり、8月革命説を引き出して似ているといわれてもね。ついていけない。


9 :たてたろ:2005/05/05(木) 12:15:20 ID:uc+1YzxO
>いや、無効だというなら、憲法に基づく法律の根拠が全部否定される方が論理的にすっきりするわけでしょ。

これだと、経過措置を取り決めるにしてもAのように心配だとして対抗されて逆にすっきりした論理にならないから
占領地基本法として有効と(改正論者の大半の心情としても、あたりまえの感覚)公認してしまえばいいだろうと。
憲法学者が占領地基本法学者だということで少々困るかもしれないが、そのほかには、混乱はおこりそうにない。

戦後の法律群が全部肯定されるところが、私の憲法無効論の目玉なんですけど・・・・・




10 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 12:27:18 ID:eyXPr+9U
私じゃなくて右翼サイトに掲載されてるどっかの弁護士の憲法無効論でしょm9(^Д^)プギャー

11 :たてたろ:2005/05/05(木) 12:31:04 ID:uc+1YzxO
あたり。
ばれた。

でも、完全に理解してないから、私流ということで理解をたのむ。

12 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 12:58:37 ID:EcKyCOCL
>>6
>具体的に述べてください。
>こちらは素人ですから。

だったら単独スレなんて立てんなよ
素人のくせになんでそんなにえらそうなんだ!

13 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 13:35:07 ID:YBD8p4KZ
>>1
素人なら教えてやるよ。
「日本国憲法の無効を確認する条約」を外国と結べば、
そんな煩わしい手続しなくても憲法の破棄ができるって、知ってる?

14 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 14:27:02 ID:EcKyCOCL
>>13
できないだろw

15 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 14:54:35 ID:yUvBDToO
デムパな理論スレでやれよ…
>1、「日本国憲法」は憲法ではありません。
完全に論点先取。それに、ある法規範が憲法であるために満たすべき条件とは何かが全く触れられていない。
当たり前だが、帝国憲法による授権がなくとも憲法自体は制定可能である。
帝国憲法自体は別に先行する憲法典の授権によるものではなかったのだから、
帝国憲法の憲法としての有効性を主張するならば、帝国憲法と現憲法の連続性は無用であることを認めねばならぬ。
押し付け憲法も何も、法文の決定と承認の討議が分離されているだけの話で、
ハリントンのオセアナ共和国にも見るように、それ自体はなんら正統性問題を引き起こさない。
>2、「日本国憲法」は占領地基本法です。
占領地基本法であろうと、それらが他の法規範に対して優越的な地位を有するのならば、
それを「憲法」として扱えない理由はどこにもない。
>3、ゆえに「日本国憲法」は憲法としては絶対無効です。
「憲法としては」という表現が何を意味しているのか不明。
下位の法規範に対する授権を含めて何も変わらないのならば、
そのような「憲法としては絶対無効」なる主張はおよそ空虚である。
>【占領地基本法として有効】との確認決議(過半数)を行うのが正しい。
で、その確認決議とやらの法的根拠と法的効果は何か。
>5、このように「日本国憲法」の縛りから解き放たれた上で、じっくりと帝国憲法の改正審議を行う。
決議とやらをしようとすまいと、長らく使われてきた現憲法が参照点になるのを防ぐことはできないだろうな。
>6、改正審議が整うまでは占領地基本法を通用させますが、4の決議後もそのまま通用させるのは屈辱的なので(前文
>と9条を除外した形で)今後は国家暫定基本法だと格づけます。
誰にとって「屈辱的」なのか。まさか「国民」?
そんなもん「屈辱的」とか思って悶々としてる暇人がそんなにいるとは思えないが。
で、前文と9条を除外する根拠は何なの? 「屈辱的」だから?
でね、暫定基本法、っていうのはドイツのボン基本法もそうだったわけだけど、
それって憲法と何にもかわらないんだよね。正統性問題も含めて。
>7、帝国憲法改正が成立の段階で「日本国憲法」の廃止決議をすればよいです。
不思議なんだけど、現憲法の憲法性を否定したときに、帝国憲法が憲法として復活するわけでしょ?
改正根拠がそもそも帝国憲法なわけだからさ。
で、貴族院もないんだけど、どうやって帝国憲法改正ができるわけ?
帝国憲法が定める形式による正統な議会が存在しないのに、
衆議院や参議院ごときが、帝国議会の正当性を僭称していいのかね。
>8、この方式ですと4の確認決議をしても法的秩序の安定は失われませんのでAやBの心配がありません。
帝国憲法上どう考えても日本国憲法(と言う名の基本法)は(衆議院とか参議院とか正統でない議会を定めており)違憲なのでは。
もしここで、憲法訴訟起こされたら法的安定性もへったくれもないじゃんよ。
>9、憲法である「日本国憲法」に支えられてきたと信じられている国家の法体系が、4の議決以後は占領地基本法である
>「日本国憲法」に支えられていると説明されることになるだけです。私の憲法無効論は、客観的事実の確認議決をして
>明確にするだけのことです。
客観的事実も何も、法が根源的に擬制であることは周知の事実でして。
なんの意味があるのか良くわからない。人々がそう信じる、と言うことを越えた
正統性など、最初からどこをさがしてもありはしないのだが。
>10、尚、Cは論者みずから「日本国憲法」は原初的に無効だと言っているのと同じことです、又、生きている人間だけで追
>認できると考えるのは、あさはかだと考えます。
過去は取り戻せないので、現時点で追認を受けているのなら何の問題もありませんね。
生きている人間だけで追認も何も、アナタ、私は帝国憲法に同意したこともないわけでね。
憲法の正統性を、制定当時の人間の承認に還元しようとする試みが失敗に終わらざるを得ない、
というのはアメリカ合衆国憲法の時点で既にいわれていたことなのですが。
現在の追認で正統性が調達できないと言うのならば、
現在の我々の承認を経ていない帝国憲法の正統性もまた存在し得ないのだよ。
>11、改正論よりも論理も正しいですし、実際的です。(過半数で決着できるます)
論理が全然正しくないし、全然実際的じゃありません。

16 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 15:17:18 ID:EqbpkY7k
もういいよ。
このスレを無効にしようよ。

17 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 15:39:11 ID:jk1LbaOl
なんだかんだ言っても
八月革命説!

18 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 17:04:22 ID:cipEBDID
なんで大勢の専門家が約60年もかけて議論してきた話題に
自称素人が口を出せると思えるのかね・・・

19 :法の下の名無し:2005/05/05(木) 22:25:17 ID:wVtg8jBI
まあ口を出すだけなら自由だがな
恥かく度胸と覚悟があるならだけど

20 :法の下の名無し:2005/05/06(金) 01:19:27 ID:CmbQaGjs
ここへどうぞ。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1095458363/

21 :法の下の名無し:2005/05/27(金) 15:55:36 ID:4uwvmGKY
無効→新憲法制定だと一時的に帝国憲法秩序が復活する訳か。
軍部大臣武官制が有効だとすると、軍部大臣になる人がいないから
組閣できないぞ。

22 :法の下の名無し:2005/05/28(土) 09:32:05 ID:rdnOKzEg
9条は沖縄にアメリカ軍の基地をおくことと引き換えに成り立ってます
9条支持派は一見平和主義者ですが、沖縄を無視した残酷な主張でもあります

23 :たてたろ:2005/05/28(土) 14:38:30 ID:9oP/kmhn
>>21

あくまでも今有効なのは、
憲法としては帝國憲法であり、昭和27年に名目上独立回復したことにはなっているが、国民に対し、公的秩序の
元になっているのは、帝国憲法上の講和大権の発動から生まれた占領基本法かつ憲法的条約たる「日本国憲法」
です。
ざっくり、いうと「大日本帝国憲法」も「日本国憲法」も有効ってことです。
このことと、「日本国憲法」は憲法としては無効ということは両立する論理なのです。
「日本国憲法」を日本が被占領期に受け入れたのは、独立回復への条件整備ですから、講和大権の発動とみてもいい。
これは、法律の有効を支えているのが憲法であるよに、「日本国憲法」(=占領地基本法)の有効をささえているのが帝
国憲法であると考えれば済む。
簡単にいえば、基本法に対する特別法のようなもの。帝國憲法が基本法で「日本国憲法」は特別法。
どちらも、有効。現在は帝國憲法秩序に、「日本国憲法」というキズを連合国にはめ込まれた状態であるので、
このキズを治癒するための第一歩として「憲法でないものを憲法と呼ぶのは、ふざけているよ」ということで、
憲法としては無効、現行憲法の無効確認をすべしという主張です。
「日本国憲法」は占領地基本法として有効なのだから、一時的に帝国憲法の政体組織を必要とするなどという
問題は発生しません。
「日本国憲法」はあくまで暫定の公的秩序の元として有効なのであって、憲法でないのですから、改正するのは
その上位にある帝国憲法を対象にすべきです。



24 :たてたろ:2005/06/11(土) 12:02:32 ID:lyFbtj9a
「日本国憲法」を憲法として有効だという論理が、護憲論者や改正論者の考えの前提だと思うが、
「日本国憲法」を占領地基本法として有効と主張するのが、現行憲法無効論(←憲法としては無効という意味)
です。



25 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 12:04:48 ID:c3HcV2pO
日韓基本条約は無効だ、っていうキチガイ論法とこれとは大差ないとおもうが

26 :たてたろ:2005/06/11(土) 12:05:51 ID:lyFbtj9a
あ、そう。

27 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 14:33:53 ID:eVi7RvLN
まず憲法として無効だという根拠が必要だな。
占領地云々は憲法の有効性とは無関係。

28 :たてたろ:2005/06/11(土) 15:18:37 ID:lyFbtj9a
>>27
まず、憲法として有効な根拠が必要だと思うよ。
無効なもの、ないものは、証明が困難だから。
これこれで、「日本国憲法」が憲法として有効と説明してもらわないと。
また、当時占領地状態にあったのだから、「憲法としての有効性」と関係あると考えるのが自然。
無関係といいきるなら、その理由が必要だよ。

29 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 15:24:08 ID:eVi7RvLN
>>28
現に日本国政府が有効なものとして認めている法規範については、無効であると
主張するものがその証明責任を負う。


30 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 15:24:14 ID:c3HcV2pO
>>28
それだと、韓国併合は日本に強制されたから無効ニダ!みたいな論法と大差ないとおもうが

31 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 15:34:04 ID:BVK4fV7L
>>28
>憲法として有効な根拠が必要だと思うよ
あんまし使いたくないが(笑)日本国憲法上諭

>無効なもの、ないものは、証明が困難だから
そもそも(法的に)無効なものと、(存在が)ないものは
意味が全く異なった用語であって、あなたの倒錯に過ぎない。
ところで、「無効確認訴訟」って知ってるかい?
当然、法的に無効なものは証明しなければならない。
これ(↑)は、あなたが立証すべき問題である。

32 :たてたろ:2005/06/11(土) 15:34:25 ID:lyFbtj9a
>>30

「それだと」は、>>28の文章のどこにかかるの?
どの部分の論法が、「〜ニダ!みたいな論法」と大差ないの?
君は「日本国憲法」は強制されたと思っているのかな?
この世には強制されて有効なものも、無効なものも色々あるのではないかな。





33 :たてたろ:2005/06/11(土) 15:37:59 ID:lyFbtj9a
>>29
そうなのか、しらなかった。

34 :たてたろ:2005/06/11(土) 15:39:56 ID:lyFbtj9a
>>31

そうなのか、こっちが証明しなければならないのか。

35 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 15:47:22 ID:BVK4fV7L
>>34
じゃあこれ(↓)でも読んで持論を補強してから来てね。

ttp://www.soshisha.com/books/1172.htm



36 :たてたろ:2005/06/11(土) 15:53:38 ID:lyFbtj9a
>>31
上諭に「〜帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を裁可し、ここにこれを公布せしめる」
とうあるから、憲法として有効ってこと?
ふーん。


37 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 15:55:57 ID:BVK4fV7L
>>36
ま、それでいいが、そもそも、あなたの脳内では「憲法」を
どのように定義しているの?

38 :たてたろ:2005/06/11(土) 16:03:13 ID:lyFbtj9a
>>37
専門用語はしらないけど、
政体といえばいいのか、空間的国家の形と
世襲価値といえばいいのか、時間的国家の
両方を確認的にあらわしたもの。

政体組織を規定しただけのものは憲法とは、いえないと考えてます。



39 :たてたろ:2005/06/11(土) 16:05:25 ID:lyFbtj9a
>>35

その本なら、読みましたよ。


40 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:12:58 ID:BVK4fV7L
>>38
そうなると、あなたの憲法理解は「固有の意味」での憲法ということになる。
普通、この板で日本国憲法「典」を扱う場合、少なくとも私は
「立憲的意味」での憲法として定義しているし、それに伴う三原則、
つまり、自由の基礎、制限規範、最高法規を念頭に置いているわけね。
(つーか、この板にくる人にとって見れば当たり前の前提だと思うけど)
さて
>政体組織を規定しただけのものは憲法とは、いえないと考えてます
であれば、日本国憲法は、「憲法」と言えるね。
で、めでたし、めでたし。

41 :たてたろ:2005/06/11(土) 16:13:35 ID:lyFbtj9a
無効理由の一覧
一 改正限界超越による限界
二 「陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約」違反
三 軍事占領下における憲法改正の無効性
四 帝國憲法第七十五条違反
五 憲法改正義務の不存在
六 法的連続性の保障声明違反
七 根本規範堅持の宣明
八 憲法改正発議権の侵害
九 「帝國憲法発布勅語」違反
十 政治的意志形成の瑕疵
十一 改正条項の不明確性
十二 帝國議会審議手続の重大な瑕疵

ttp://www.meix-net.or.jp/~minsen/mukou.htm

42 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:14:03 ID:BVK4fV7L
>>39
じゃあ、法論理的に憲法無効を証明してよ(笑

43 :法の下の名無し:2005/06/11(土) 16:20:12 ID:c3HcV2pO
>また、当時占領地状態にあったのだから、「憲法としての有効性」と関係あると考えるのが自然。

>この世には強制されて有効なものも、無効なものも色々あるのではないかな。

ふ〜んw

44 :たてたろ:2005/06/11(土) 16:21:40 ID:lyFbtj9a
>>40

それは、たまたま、世襲価値的なものもふくまれていますが、当時の国民の望む帝国憲法に含まれていた
世襲価値的なのものを、薄める方向で「日本国憲法」がつくられています。
 
尚、>>37の問いに対する>>38は、「憲法」の脳内定義であって、有効条件に答えたわけではありません。

45 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:25:33 ID:BVK4fV7L
>>41
一 法実証主義的無限界説(功:概説4版)によりOK
ニ 休戦条約が陸戦法規の特別法と解されOK
三 軍事占領下であろうとなかろうと、旧憲法手続により改正されている
 のでOK
四 昭和天皇が健在(摂政なぞ置いていない)なのでOK
五 旧憲法73条を満たしているのでOK
六 八月革命説を受け入れなければOK
七 根本規範は堅持されているのでOK
八 枢密院の諮詢があるのでOK
九 勅語や前文に法規範性はないのでOK
十 普通選挙を実施しているのでOK
十一 73条は改正条項なのでOK
十二 衆・貴両議院及び枢密院で十分審議可決されているのでOK

46 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:27:45 ID:BVK4fV7L
>>44
>当時の国民の望む帝国憲法に含まれていた
>世襲価値的なのものを、薄める方向で「日本国憲法」がつくられています

意味が解りません

47 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:37:21 ID:BVK4fV7L
>>41のサイトを読んだけど、全然法学になってないね。
そういった政治闘争を試みたいのなら、政治板又は政治思想板でスレ立した方が
いいよ。(賛同者もいっぱいいるし(笑))
ここでやると、単なる電波で終わってしまうからね。

48 :たてたろ:2005/06/11(土) 16:45:35 ID:lyFbtj9a
>>46

貴殿が紹介されていた本を読まれているものだとの理解で書きました。
国民は憲法どころではなかったようですが、それでもいくらか憲法の案が
各界から提出されており、民間の平均的な案も政府の松本乙案に近いもので
1条4条の性格を存置するものであった。象徴天皇というなら、帝国憲法のように
天皇が統治し、統治権を天皇が総攬するというのが本来の日本の象徴天皇である
と考えるが、現行の象徴天皇は国民主権とあいまって、傀儡天皇になっている。
当時の国民の意思も政府の意思もいったん拒否されたうえで妥協として出来上がっている。

49 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 16:59:02 ID:BVK4fV7L
>>48
全く説明になってないと思うが、類推して
世襲価値的なものの希薄化とは、天皇の統治権総攬がなくなったことを
指していると理解しよう。
しかし、この論は、旧憲法起草時に井上毅が「治ス論」を展開して
そのことをして、天皇の歴史的地位を指したのであって、統治権の総攬を
どう解釈するかにもよるが、現憲法の象徴と何ら変わらないため問題ない。

>現行の象徴天皇は国民主権とあいまって、傀儡天皇になっている
意味が解りません。

>当時の国民の意思も政府の意思もいったん拒否されたうえで妥協として出来上がっている
別に拒否されたと捉えるのは構わないが、憲法改正は73条によって成立するもので
政府がどうだとか、一部の国民がどうだ、つー議論は改正と関係ないね。

50 :たてたろ:2005/06/11(土) 17:00:26 ID:lyFbtj9a
一 改正限界超越による限界
  法実証主義的無限界説(功:概説4版)によりOK
二 「陸戦ノ法規慣例ニ関スル条約」違反
  休戦条約が陸戦法規の特別法と解されOK
三 軍事占領下における憲法改正の無効性
  軍事占領下であろうとなかろうと、旧憲法手続により改正されている
 のでOK
四 帝國憲法第七十五条違反
  昭和天皇が健在(摂政なぞ置いていない)なのでOK
五 憲法改正義務の不存在
  旧憲法73条を満たしているのでOK
六 法的連続性の保障声明違反
  八月革命説を受け入れなければOK
七 根本規範堅持の宣明
  根本規範は堅持されているのでOK
八 憲法改正発議権の侵害
  枢密院の諮詢があるのでOK
九 「帝國憲法発布勅語」違反
  勅語や前文に法規範性はないのでOK
十 政治的意志形成の瑕疵
  普通選挙を実施しているのでOK
十一 改正条項の不明確性
  73条は改正条項なのでOK
十二 帝國議会審議手続の重大な瑕疵
   衆・貴両議院及び枢密院で十分審議可決されているのでOK
(整理しました)

51 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 17:01:06 ID:BVK4fV7L
ま、現憲法の9条が改正されて、国軍が明示された時、
>>48は、政府のこれまでの解釈と違うからダメだとか
一部の護憲派や平和主義者(国民)は反対だったからダメ
とでも言い出すのかなあ?(笑

52 :たてたろ:2005/06/11(土) 17:03:50 ID:lyFbtj9a
おつきあい、ありがとうございました。
ここらで、休憩ください。
静かに考えてみます。

53 :保守考 ◆W.9LetItBE :2005/06/11(土) 17:06:38 ID:BVK4fV7L
っていうか>>15で終わってんじゃんorz

54 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 19:07:32 ID:xiaSLoZm
思うのだが、
イラクでの新憲法制定の方が、日本国憲法制定過程よりも、随分マシ、
だと思う。

イラクでの新憲法制定について、日本の識者が述べていることを日本国憲法制定
過程に当てはめると、日本国憲法というのは、落第憲法のように思える。

もちろん、
「イラク国民の意思?そんなの別に関係ねーよ。立派な憲法を用意してやるんだから
別にいいじゃない?内容さえよけりゃ」
という議論を肯定されるのなら別ですが。

55 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 23:16:50 ID:uKWW1+YO
>>54
どこがどうマシなのですか。

56 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 23:29:08 ID:xiaSLoZm
>>55
そりゃ、世界各国の監視のなかで、選挙が行われ、また、その選挙が民意を反映
しているのか、まで議論されている、という点。

日本国憲法の場合、
当時の日本国民では、日本国憲法のような素晴らしい憲法は思いつかなかった。
この素晴らしい内容の憲法に、日本国民は満足している

と言った言葉でごまかされているのに比べたらね。

それに、何たって、日本国憲法の制定過程には、当代随一の知識人、学者が
関与していたんだし。
例えば、宮澤俊義、佐々木惣一、和辻氏らは、「貴族院」議員として、
また、美濃部達吉氏らは、「枢密顧問官」として。



57 :法の下の名無し:2005/06/12(日) 23:33:06 ID:uKWW1+YO
>>56
なにを言いたいかぜんぜんわからないのですけど。
逆説的に語るからそういうことになるんですよ。

58 :法の下の名無し:2005/06/13(月) 01:16:10 ID:9/pZRQOv
当時の日本は今のイラクのように内戦状態だったとは思えんのだが

まあ、スレ違いじゃな

59 :法の下の名無し:2005/06/14(火) 17:18:50 ID:R1hMzIju
ぷり

60 :法の下の名無し:2005/06/24(金) 19:52:24 ID:GVVV1VRT
にょ

61 :平下流:2005/07/18(月) 16:10:03 ID:c1YVZlt8
173 :平下流 :04/12/27 00:12:22 ID:0hO/VhWn
歴史的事実を知らない上に、万人に平等に与えられているはずの思考能力をも持ち合わせていないヤシが多いので、別の板に書いたことをもう一度書く。
<不毛、不毛。
だいたい「日本国憲法」なんて幻。
所謂「日本国憲法」ができたとされている時、その日本は占領下、
ストでさえGHQの命令で中止された。
主権さえない独立さえしてない国に憲法なんておこがましくて。
それに、言葉の矛盾だ。
そこんとこ先入観なしによーく考えてみよう。
そうすればバカでも解る。>


62 :平下流:2005/07/18(月) 16:12:06 ID:c1YVZlt8
216 :平下流 :2005/07/18(月) 14:43:30 ID:c1YVZlt8
175 :法の下の名無し :04/12/27 11:23:16 ID:01XKDH0l
>>173
でも改正選挙法後の帝国議会で修正のうえ可決されたね。

歴史的事実とは?
なぜ主権さえ独立していない国に憲法がおこがましいのか?
言葉の矛盾とは?具体的に。
先入観とはどのような先入観か?具体的に。



217 :平下流 :2005/07/18(月) 14:45:54 ID:c1YVZlt8
178 :平下流 :04/12/29 17:50:42 ID:GUapnF10
>>175
Q『でも改正選挙法後の帝国議会で修正のうえ可決されたね。』
A 独立していない国家の議会で何を決めようが意味がない。


Q『歴史的事実とは?』
A 昭和20年9月2日から昭和27年4月28日までは「日本国」という国家は無かったこと。


Q『なぜ主権さえない独立さえしていない国に憲法がおこがましいのか?』
A 国家さえ無いのに憲法なんてありえない。それなのにずうずうしくも制定したと思い込んでいるハジ知らずということ。
 
Q『言葉の矛盾とは?具体的に。』
A 憲法は国や国の機関を義務付け拘束するもの。
ということは憲法を制定する権能を持っているのは、独立国の主権者であり、それ以外ではありえない。
独立国と憲法は切っても切り離せない。憲法があるということは、その地域は独立国であるということ。
従って、独立国でないのに憲法の制定とは言葉の矛盾。

Q『先入観とはどのような先入観か?具体的に。』
A 憲法なんかあるはずが無いのに、学校でも社会でもあると教えられ、
本当にあるかないかを自分の頭で考えようとせず、あるものと思い込んでいること。


63 :法の下の名無し:2005/08/06(土) 19:54:32 ID:8XbftTuB
>1
ほほほ

64 :法の下の名無し:2005/08/21(日) 02:17:17 ID:6rVOYC9U
>63
ははは

65 :法の下の名無し:2005/08/22(月) 19:57:28 ID:uBe/ntby
>>1
へへへ

66 :法の下の名無し:2005/08/26(金) 11:27:07 ID:AxQ8sAUn
被占領下の、
形を変えた武力のはしくれでしかない東京裁判や日本国憲法を
守れというサヨクこそが、
弱肉強食の国際社会を肯定する
軍国主義者である。
現行教科書の大半は、そういう東京裁判や日本国憲法の
もつ被占領史観に従順に占領利権を受けた敗戦利得者たちの弟子
たちにより引き継がれており、サヨク史観イコール軍国主義者(表見平和主義者)
による史観である。

憲法破棄じゃなく無効確認をするべし。
破棄という言葉は有効なものを捨て去るという意味にもとれるから
これだと「インチキ憲法」という言葉と有効がつりあわない。
「インチキ憲法」は本来無効だから、
憲法としての無効確認と、占領地基本法としての有効確認と
帝國憲法の有効確認を行えばいい。
帝國憲法の改正完了までは占領地基本法たる「日本国憲法」を
暫定的に使用することおよび、日本国憲法は帝國憲法の13条の講和大権にもとづく
憲法的条約であったことも確認宣言する。
占領地基本法たる「日本国憲法」を帝國憲法改正後に廃止すればすべて解決。
憲法の正統性が復元される。
日本国憲法を土台に改正案を練るかぎり、トンデモな憲法しかできない
が、過半数で現行憲法無効確認をやればおおきな思想転換がおこる。
9条がどうのこうのケチな話もふっとぶ。


67 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 12:03:38 ID:mYZEbgyG
最初に戻ったな・・・

68 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 12:06:49 ID:DIuizIVz
帝国憲法も薩長政府の押し付けだから無効だな
とりあえず武家諸法度や寛政のお触書あたりまでさかのぼっとこう

69 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 13:36:43 ID:3n7l5a63
帝国憲法の改正は帝国憲法を再施行してからでなければできないよ。

70 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 13:44:35 ID:3n7l5a63
帝国憲法は天皇の制憲大権に根拠を持ってるんだから
現憲法の無効と帝国憲法の有効を宣言するのは
天皇でなければならない。現憲法のもとで選ばれた国会の
決議にこだわるのはわけがわからん。

71 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 13:52:46 ID:3n7l5a63
天皇の統治大権は帝国憲法の授権に因るものではない。
もし現憲法が成立当初から無効だとしたら帝国憲法に定める国家機関が
消滅している現状では天皇の意思が国家の意思となり、天皇の超憲法的
権力行使が適法となる。


72 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 14:12:19 ID:3n7l5a63
天皇が現憲法を明示的に承認して順守を誓っちゃってるから
現憲法無効論はアウトね。

73 :法の下の名無し:2005/08/31(水) 18:53:00 ID:DHLNloun
改正権無限界説からはな

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)