2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★発心集☆12世紀の説話文学☆雑談集★

1 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/19 10:28
古事談、閑居友、宇治拾遺物語(のスレはまだあるか)、古今著
聞集、十訓抄、沙石集などの説話について語りましょう。
基本的に怪異談が好きなのですが、「古今著聞集」の「後白河院
の御所にして小侍従が懺悔物語の事」(好色)には笑いました。

2 :名無氏物語:03/04/19 10:31
俺としては疾風のごとく立った瞬間に2ゲットすることも容易い。
だがしかし、俺も大人だ。
貴様らにも「もしかしたら、俺でも2ゲットできちゃうかも〜?!」って期待を
させないと可哀相だしな。2ゲッターは1日にしてならず。
厳しいナローバンド時代は、そりゃ苦労も多かったさ。
>>4あたりに( ´,_ゝ`)プッ とも笑われたこともある。悔しかったなぁ
だがそれを乗り越え、心の傷を背負ってみんなが尊敬する「2ゲット」のレスができるわけだ。
しかし、俺はそんな素人には「2」は譲れない。なんせ2ちゃんねるの2ゲッター暦は13日になる。
ここまでの長文を書いても余裕でみんなの憧れ「2」はゲットできる。
2ゲット!

3 :名無氏物語:03/04/19 10:37
スレタイトルは13世紀の間違い?

4 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/19 10:42
>3
その通り。12世紀なら「今昔物語集」や「宝物集」になるところ。

5 :名無氏物語:03/04/19 12:32
ざつだん集マンセー

6 :あらいぐま ◆/Y6pYhGED. :03/04/19 13:38
宇治拾遺くらいしか読んだ事ないけど。
浦嶋子には浪漫を感じる。(´▽`)

7 :動画直リン:03/04/19 14:46
http://www.agemasukudasai.com/movie/

8 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/19 19:50
>6
「宇治拾遺物語」には浦島の弟と名乗る老人(妖怪?)が出て来てい
きなり「私を祀れ」と男に言って来たのですぐには無理だと言うと怒
って蹴り上げたうえ一口で食べてしまったという怖い話がありますね。

9 :あぼーん:03/04/19 20:30
( ´Д`)/< 先生!!こんなのを見つけました。
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku01.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku02.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku03.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku04.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku05.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku06.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku07.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku08.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku09.html
http://muryou.gasuki.com/hankaku/hankaku10.html

10 :動画直リン:03/04/19 20:46
http://www.agemasukudasai.com/movie/

11 :あらいぐま ◆/Y6pYhGED. :03/04/19 22:00
今昔でもそうだけど、「一口でわんぐりと」みたいな表現多いよなー

12 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/19 22:05
>11
五来重先生は「鬼むかし」の中でこういった「鬼一口」の話を色々ととりあげ
ておられますね。古いのは「日本霊異記」のものでしょうが指などを残してい
るのが恐ろしい。

13 :牛沼久太郎 ◆.CA8T6GEL6 :03/04/20 00:06
鴎外の「山椒大夫」を読んで感じたことだけど、
何故、「安寿と厨子王」の物語はどの説話集にも収録されなかったんだろ?
貴種流離譚、護り本尊による仏の加護、安寿の犠牲。
説話のアイテムは揃っているのに。
物語の舞台も都に近い丹後由良だし。
博覧強記な説話集の著者が知らなかったのだろうか?
誰か説明できる人いる?


14 :名無氏物語:03/04/20 00:13
どうでもいいけどお前ら、作品名は『○○○』のように二重カギカッコで括るって教わらなかったのか?
常識のないヤツらだ。

15 :牛沼久太郎 ◆.CA8T6GEL6 :03/04/20 00:17
>>14
それは論文での話だろ。
べつに学会じゃないんだから構わないだろ。
論文でも区別がないやつも多いし。

16 :名無氏物語:03/04/20 00:24
>>13
「どの説話集にも」って、現在知られてる説話集に限定して言ってるだけだろ。
まだ知られてない説話集(別に、必ずしも“集”である必要もないが)が、その何倍、何十倍あると思ってるんだよ?

答え〜「たまたまです」

17 :名無氏物語:03/04/20 00:27
>>15
だからといって、わざわざ混乱しやすい「」で括ることもなかろう。
『』を出すのに苦労するわけでもあるまいし。

18 :牛沼久太郎 ◆.CA8T6GEL6 :03/04/20 00:50
>>16
まー、「たまたまです」ってのは最強の答えだな。
それで済むなら学術論文なんか必要ない。
現代の作家論なんて「たまたま」をどうやって意味あるものに
無理にこじつけるかが鍵だし。
おれが言いたいのは説話文学全盛の時期に何故取り上げられなかったのか?
「たまたま」にしろその過程を考えれば何らかの発見があるかもしれない
ということだ。
学生もしくは修士だったら卒論、修論のテーマにもなるんじゃないの?
ちなみにおれは近世だから畑違いだけど。
>>17
苦労はしないけどいちいち変換するのめんどい。


19 :名無氏物語:03/04/20 01:05
発疹は困る

20 :名無氏物語:03/04/20 01:51
>>18
だから、その「説話文学全盛の時期に」「取り上げられなかった」ということを、
現在知られてる極々わずかの資料だけから断言できるのか? ということだ。

資料調査とかしたことある?

21 :名無氏物語:03/04/20 01:52
〜とか、したことある?  でした。失礼。

22 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 11:17
滅多に書き込みの無い板で荒れるのも不毛だと思うので落ち着いてや
りましょう(笑)。しかしここまで来て『』云々を言われるとは。
まあ論文ではないうえに作品名か否かは明らかなのでご勘弁を。
(上にもあった通り変換が面倒ですし)
散逸といえば13世紀の作品ではありませんが「宇治大納言物語」は
惜しかった。「古今著聞集」を纏めた橘成季は知っていたようですが
取り入れていないらしい。無住ももう少し書いてくれれば・・・。
それを言っていたらきりが無いと言われそうですが。

23 :名無氏物語:03/04/20 18:17
荒らすつもりは毛頭ありません。
質問に対する、自分なりの答えを書いただけです。


ただ、
「説話文学全盛の時期」と言っておきながら、「たまたま」現存している資料、
しかも、説話全般ではなく“説話集”だけに限定してモノを言ってる御仁が
非常に滑稽に思えたのは確かではありますが。

24 :あらいぐま ◆/Y6pYhGED. :03/04/20 19:08
ミンナンカヨク ヽ(゜д゜)人(゜д゜)ノ シナチクー

25 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 19:14
「マターリ」と行きましょう。とりあえず一番好きなものの名前を挙げてみる
とか・・・ああでも『宇治拾遺物語』も『古今著聞集』もいいので決め難い。

26 :あらいぐま ◆6IX3ooIIIo :03/04/20 20:27
鯖移転後、トリップ化けしてるって今気が付いたので変えてみる。

散逸してタイトルしか残らなかったり、
タイトルさえも残らなかったりって、切ないね。
うちには400年来の家伝があるんだけど、
歴史的には大して価値もない事だし、
いつか失われてしまうんだろうなぁ。

で、「瘤取り爺さん」に出てくる鬼ってやっぱ日本に漂着した白人なのかな。
と、デンパを飛ばしてみる。

27 :名無氏物語:03/04/20 20:46
散佚っていうかさ…
まだ調査の手が入ってない旧家や寺社なんかには、知られてない資料が山ほどあるよ。
公刊されてる資料が、如何に氷山の一角であるかわかるよ。

28 :あらいぐま ◆6IX3ooIIIo :03/04/20 21:10
実はうちにも、世間に知られてない家伝がある。
明智光秀に関する事で。
でもぜんぜん調査の手入ってないから、このまんま消えてくかもなぁ。

スレ違いだけど。

29 :あらいぐま ◆6IX3ooIIIo :03/04/20 21:11
>>26で書いたのは母方の祖母の実家で、
28に書いたのはうち、つー事で。

30 :名無氏物語:03/04/20 21:18
じまんですか?自分で調べたらどうですか??

31 :あらいぐま ◆6IX3ooIIIo :03/04/20 21:44
なんか突っかかるなぁ。
自慢に聞こえるー?

32 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 22:22
>30
いいじゃありませんか。たとえ自慢であったところでどうという事もない。
>31
良ければ聞かせて下さいな。それと『宇治拾遺物語』の瘤取り話ですが、
類話は欧州まで世界的に分布していますよ。ただ日本的な部分を見出そう
とすれば五来重先生の解説が面白い。
酒呑童子の話もそうなのですが、山伏の延年の舞の作法が入っている。

33 :牛沼久太郎 ◆.CA8T6GEL6 :03/04/20 23:18
>>23
人口に膾炙して、なおかつ内容的にも説話集編者の本意に叶っている話が
何ゆえ「説話集」に取り上げられなかったかに疑問を呈しただけだよ。
「たまたま」著者が知らなかったというなら、
なにゆえその著者は知らなかったのか?
そこまで考えていけば面白そうな論文ができるんじゃないの?

34 :k:03/04/20 23:24
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

35 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 23:24
ただ『山椒太夫』の話が13世紀にすでに成立していたものかどうか・・・。

36 :名無氏物語:03/04/20 23:29

この文脈ではむしろ「山椒太夫」じゃないの?

37 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/20 23:34
>36
この際どっちでもいいでしょう(笑)。

38 :名無氏物語:03/04/20 23:42
説話は文学ではないの?

39 :牛沼久太郎 ◆.CA8T6GEL6 :03/04/20 23:54
「山椒大夫」の話が13世紀に成立していたかどうかは微妙なところだろう。
だた、それ以前の素朴な形での伝説のようなものは成立以前から
人の口から口へと伝播していたと思う。
「竹取の翁」の話が「竹取物語」成立以前に素朴な伝説として
存在していたのと同じようにね。
「山椒大夫」の話の時代背景は平安中期11世紀の頃だから、
時代的には十分だと思うよ。

40 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/21 00:04
話が変わりそうですが『竹取』も『今昔物語集』、『海道記』、『神
道集』から『本朝神社考』まで色々と異伝がありますね。
歴史学者の保立道久先生は『物語の中世』のなかで桃太郎の使用した
道具などから発生というか確立時期を中世後期と判断しておられまし
たが、なかなか面白いものでした。こういう試みが出来ればいい。

41 :あらいぐま ◆6IX3ooIIIo :03/04/21 20:30
桃太郎といえば、愛知県犬山市にある桃太郎神社がすごいよ。
桃太郎も裸足で逃げ出すテ゚ンパぶり(w

42 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/21 21:10
ここですね(笑)。起源は竹取物語同様、雷神・水神の申し子たる「小さ子
説話」だというのを信じたい。
ttp://www.sagisou.sakura.ne.jp/~arakawas/backn001/momotaro/momotar1.html

43 :佐々木健介:03/04/21 21:19
     ______
    /_      |
    /. \ ̄ ̄ ̄ ̄|
  /  /  ― ― |
  |  /    -  - |
  ||| (5      > |
 | | |     ┏━┓|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| | | |     ┃─┃|  < こんなサイトを見つけた
|| | | |  \ ┃  ┃/    \  正直、スマンカッタ
| || | |    ̄         \_________
http://www.muryou.gasuki.com/kensuke/index.html

44 :bloom:03/04/21 22:14
http://homepage.mac.com/ayaya16/

45 :名無氏物語:03/04/22 14:08
「山椒太夫」は説経より古い文献に見えますか?

46 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/04/22 21:29
>45
見えないはずですが・・・なお「散所太夫」であったという説も。

47 :山崎渉:03/05/28 15:21
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

48 :t-akiyama:03/05/28 18:53
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

49 :山崎 渉:03/07/15 12:39

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

50 :名無氏物語:03/07/24 13:13
50

51 :名無氏物語:04/05/07 19:48
444位のスレです。

52 :名無氏物語:04/07/29 13:39
雑談スレage

53 :名無氏物語:04/08/16 21:43
山野野衾ファンアゲ

54 :名無氏物語:04/08/23 19:17
         ∧_∧
       (■∀■)(^ヽ
 ‐=≡t─‐/ヽ、_つ) __s)
‐=≡(ニニ(  ) /\\-.\
 ‐=≡( (ニ:( /暴| (O)T
 ‐=≡ヽ、__,ノ ̄  ヽ、_,ノ

ぶんぶんブブブン!!立正!ぶんぶん!!



55 :冬のオイラ:04/08/26 01:56
3人の兄弟が山登りに行って遭難した。
夜になって、「このまま死ぬのか?」と思ったとき、1件の民家が見えた。
助かったと思い訪ねてみると、その家には美人の娘と、めちゃくちゃ怖そうな親父が住んでいた。
「よそ者は泊めない」という親父を、「かわいそうだから」と娘が説得し、
物置小屋に一晩泊めてもらう事に。しかし、その娘のあまりの美しさに目がくらんだ3兄弟は、
夜中にトイレに起きてきた娘に襲いかかった。

しかしすぐに親父に取り押さえられ、「お前等、全員殺す!!」と日本刀を抜かれた。
だが3兄弟は土下座して必死に謝った。父親は、「ここは山奥で食料も少ない。
山から食料を持ってきたら、山のふもとへ抜ける裏道を教えてやろう」と、条件を出した。
3人はすぐに小屋の近辺を探した。

はじめに戻ってきたのは次男だった。次男は、山ブドウを持ってきた。
それを見た父親は、「それをケツの穴にいれて見ろ」と言った。
次男は言われるまま、1粒のブドウを自分のケツの穴に入れた。
そして次男は裏道を教えてもらい、無事山を降りた。

次に、三男が大きく実った栗を沢山抱えて戻ってきた。

56 :名無氏物語:04/09/06 16:18 ID:/hkC+npa
二松のライバルage

57 :名無氏物語:05/03/03 15:02:35 ID:1IXcToKi
ひどいいわれようage

58 :神降臨をしずかにまつ男:2005/03/22(火) 14:42:09 ID:RqEyepbo
「叡実、路頭の病者を憐れむ事」の訳きぼんぬ



59 :名無氏物語:2005/03/22(火) 17:07:44 ID:txRE0vtt
本文を書くぐらいの手間もかけられんのなら、自分でやれ。愚か者。


60 :名無氏物語:2005/03/22(火) 17:21:12 ID:ABxbRNbD
還暦

61 :神降臨をしずかにまつ男:2005/03/23(水) 15:30:16 ID:tdH7CoLg
スマソ。自分でやりまふ。

62 :香奈恵:2005/04/15(金) 23:57:49 ID:33G76kIN
発心集の和訳したサイト探してます。
教えて下さい

63 :名無氏物語:2005/04/24(日) 22:48:44 ID:uOxLHA+i
「叡実、路頭の病者を憐れむ事」の和訳が分かる方、是非教えてください

64 :名無氏物語:2005/05/01(日) 18:33:47 ID:D+djYCaN
無視

65 :名無氏物語:2005/06/12(日) 17:43:44 ID:DJkxzy5P
  

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)