2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

民俗学ってどこの大学で勉強できるの?その2

1 :天之御名無主:04/06/17 23:15
前スレ
民俗学ってどこの大学で勉強できるの?
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/986027608/

2 :天之御名無主:04/06/17 23:16
<民俗>筑波・成城・國學院<大学>
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1042642965/

國學院大學に合格
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1012897326/

民俗学を大学で学んだ後できる仕事
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/996033841/

神話学が勉強できる大学は?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/1022255486/

3 :天之御名無主:04/06/18 00:19


4 :天之御名無主:04/06/18 00:41


5 :ダンの花:04/06/19 11:11
大学の特徴

成城=柳田國男 正統派
国学院=折口信夫 国文学的傾向
神奈川=渋沢敬三 アチックミュージアム 
筑波=宮田登 比較的新興勢力

こんなところであってるかね?
訂正があれば、どうぞ。

6 :天之御名無主:04/06/22 18:54
國學院だと訂正してみる

7 :土佐源氏:04/06/25 02:43
武蔵野美術大学=宮本 常一、膨大な民具コレクション

8 :天之御名無主:04/06/25 11:13
>>7
美大でも民俗学やれるのか、知らんかった

9 :天之御名無主:04/06/25 18:42
大学では歴史をしてたけど、日本史の連中は結構「それって民俗学でないの?」って
感じの研究してたなぁ。ゼミの雰囲気にもよるのかに?
そんで社会人になって最近「定本柳田国男集」を読んだり、赤松やら宮本常一やら手当たり
次第に読んで「ああ尾もしろ」って思うようになった。70くらいのおじいさんで詳しい人と
いろいろ話しして以外なことを教わったり、たまに来る大学のせんせとあれやこれや話したりして
ぼちぼち楽しんでまつ。なんか勉強・研究ってか好事家っぽくなってるかもしれんが、何も書く
つもりもないし、日本人って何か?って長年わかんなかったのが、わかんないんだろうけど自分の
中でのアプローチ方法として「これってよいかも?」って思ったりして。
関係ないことかいたな |彡サッ 

10 :天之御名無主:04/06/25 21:44
各大学の現在の教員で有名な人っている?

11 :天之御名無主:04/06/25 23:23
>>5
筑波で新興勢力じゃ、日本中ほとんど新興勢力やで(笑)
一応、東京教育大からの伝統校なんだし。って思いませんか皆さん?

 ところで今年の学会の会場になる某大学はどんなモンなのかな(笑)


12 :天之御名無主:04/06/26 00:01
それを言うなら、昌平坂以来、じゃ。

13 :天之御名無主:04/06/26 01:03
昌平坂は昌平坂でも学問所の後進っつーんならともかく、
跡地に建ってただけやんけ。

14 :11:04/06/26 07:30
>>12
いやいや、民俗学での伝統の話してるんやけども。
東京教育大学といえば和歌森太郎とかが初めて国立で民俗学の
講義とかを作ったところやろ(^^;)
なにも大学の古さを言ってるわけではないで(^^;)



15 :天之御名無主:04/06/26 08:06
和歌森太郎って、修験道研究のアレか。
論文に脱線が多いのは民俗学の伝統かね?

16 :天之御名無主:04/07/01 13:07
高校三年の者です<(_ _)>大学では歴史を学びたいと思ってたのですが、自分がやりたいのは民俗学の方面だと最近気付きました。そこで今大学を再考してるのですが、いまいちよくわかりません。九州や中国・関西で民俗学を学べる大学ってありますか?

17 :天之御名無主:04/07/01 16:19
和歌 森太郎?
和歌森 太郎??
どっち

18 :天之御名無主:04/07/01 16:40
>>16
熊本大とかはどうよ
国立大では日本に数少ない民俗学研究室を置いてある大学のひとつ。

>>17
後者
次からはググれ

19 :天之御名無主:04/07/01 20:33
18さん
先程の高三の者です。ありがとうございます!そうなんですか〜いいなぁ!だけど私、私文系なんです(T_T)忘れてました…折角教えて下さったのにすいません…m(_ _;)m 今更熊大行きたくなってきました(>д<)

20 :天之御名無主:04/07/01 20:52
>>19
民俗学のカリキュラムを置いてるところはそれほどないからな。
有名なところを列挙していくと、

筑波大学、國學院大学、成城大学、神奈川大学、
新潟大学、佛教大学、大阪大学、近畿大学、関西大学、
帝塚山大学、熊本大学、鹿児島大学、琉球大学

くらいなもんか。
ほかにも人文学科や史学科に講義をおいてるところはいくつもあるが、
専門性でいうならやはり前掲の大学。
本気でやるなら関西か関東へ出てくることを勧める

21 :天之御名無主:04/07/01 22:58
20さん
なるほど…やはり関東関西ですかね(>_<)ありがとうございました!とても情報が少なかったので大変参考になりました<(_ _)>再度考えようと思います。

22 :天之御名無主:04/07/01 23:18
>>21
まあがんがれ。
あとは基本書読んだり専門書買うなどして自分の興味がどこに向いているのかを知り、
そのフィールドを対象にしている先生がいるところにいくのもいいだろうな

民俗学は活気がないから数十年後にリーダーシップを取れるような研究者になってくれ

23 :天之御名無主:04/07/02 09:52
最近話題になったといえば、京大で暴走族の行動を報告してた奴とか
そんなレベルだ。

24 :天之御名無主:04/07/04 00:55
社会学の宮台みたいなオモシロ学者は民俗からは出ないね。

25 :天之御名無主:04/07/04 13:55
むしろ出ないでいいよ。
社会学の世間の評価は宮台のせいで地に落ちたんだし。


26 :天之御名無主:04/07/04 14:12
そこで大月隆寛先生ですよ

27 :天之御名無主:04/07/04 18:37
大月が民俗代表だね。世間的には。
大塚英志も筑波で民俗やってたけど学者じゃないし。

28 :天之御名無主:04/07/04 18:45
大塚隆寛。代表だったんだ…

大塚英志、どこぞで講師やってなかったっけ?

学者と非学者の境界線て何?
別に擁護するわけでないので。ただ気になっただけ。

29 :天之御名無主:04/07/04 19:55
・どこぞのポストについている(院生・研究生・ODも可か・・・?)
・定期的(ある程度コンスタント)に研究成果を発表している
・研究発表に際ししかるべき慣習にのっとっている(アマチュアでありがちなのはリファレンスを挙げないなど)
・学会に所属している

あと何かあるかな

30 :天之御名無主:04/07/04 20:26
>>29
てことは、大月隆寛は非学者、大塚英志は学者になんないか?

って、どうでも話だけどさ。

31 :天之御名無主:04/07/04 20:35
大塚は学者ってかんじしないな、佇まいが。
変態のイメージが強いし。

32 :天之御名無主:04/07/09 23:12
中国文学科教員 問題言動集(1)

N.S教授・・・・・授業中に、
          「人間は働かなくても生きていける」
          「(自分のことを棚にあげて)中国語学科の学生は
          常識が無さ過ぎる」
          「一般教養など必要ない」
          「セクハラというものはその行為を行う本人に
          悪意が無ければセクハラには当たらない」
          「大学教授は世間を知らなくて当然だ」
          etc迷言多数
H.T教授・・・・・授業中に当時の総理大臣の暴言を擁護した。
          数年前まで、
          「中国のことなんか本だけ読んでいれば全部分かる。
          だからわざわざ中国まで行く必要などない」
          と豪語していたはずなのに、
          大学の仕事で実際に中国に行った途端に、
          「本に書かれている中国と実際の中国は全く違う。
          だから皆もできるだけ早いうちに実際の中国を
          観ておいたほうがいい」
          と主張を180度転換させた。
          試験を受けなかった学生に「B」評価を与えた。

33 :天之御名無主:04/07/09 23:15
中国文学科教員 問題言動集(2)

W.Y助教授・・・・同じく授業中に、
          「第123代天皇は精神異常者」
          「N.K(D大名誉教授)、F.N(T大教授)、
          H.I(N大教授)、I.S(作家・都知事)、
          K.Y(妄想漫画家)は人間の屑」
Y.Y助教授・・・・退学願を提出した学生に、
          「私の言う通りに行動すれば、君の主張が
          通るように私が裏で話をつけておいてあげよう」
          という内容の取引を持ち掛けた。

以上のように、中国文学科はキ○ガイ教員の巣窟です。
これから大○文化に入学・編入を考えている皆さんは、
中国文学科にだけは絶対に出願をしないようにして下さい。

34 :天之御名無主:04/07/09 23:17
クダラネ-

35 :天之御名無主:04/07/10 18:30
民俗学と文化人類学ってどう違うの?

36 :天之御名無主:04/07/10 18:48
民俗学→じぶんち
文化人類学→植民地

37 :天之御名無主:04/07/13 23:56
狭義で言えば民俗学は(自民族の)口承文芸を主題に研究する学問
明治・大正期の土俗学とほぼ同義

38 :じじい:04/07/17 01:25
あまりにもものをわからんやつが多すぎる。
もっと勉強せい!
なんじゃ、口承文芸を主題にする研究とは?
民俗学の来歴と現状をわからなすぎるぞよ!

39 :じじい:04/07/17 01:28
名を残すかわかんないけど、今後の注目株。
おれの知ってる人で5人ほど注目しつつ、けなしつつあげてみよう。
まず、東大のI本ミッチー。
都市民俗標榜していたむかしからカリスマだったね。知名度はぴかいち?
でも、もう彼も50近いのか。近代論なかに位置づける彼の手法は、歴史学では常套だけど、民俗学には一定の影響力持ちそう。
もうひとり東大からS豊。自然論、環境論関係で他分野で名が売れているな。
理論と調査のバランスが魅力か?しかし、如何せん民俗学での知名度はむちゃくちゃ低い。
やっている領域がそもそも民俗学ではマイナーなのよ。正直言ってこてこての民俗学を愛する立場から言えば、なんでこの人民俗学なのってんだろうって思う。
環境社会学でも名乗った方が良いんじゃなかな。
次に、ご存じ千葉大のH本H之。彼、ここ10年ほど戦略的にアメリカン・フォークロアーを摂取しているね。
学問の国際化の問題には、最後発の民俗学もじきに直面するな。良いとこ突いてると思う。
国際化が否が応でも進んだときに、民俗学の知的資産をごそっーーともって行って、日本の代表研究者という地位をちゃっかりせしめてしまうんじゃない。
国際化、とくに欧米とのつきあいに対応できる民俗学者は希有だもんね。
でもこういう抜け目のなさと打算的生き方が彼が多くの人に嫌われる理由なのね。
あと、歴博のT光さん。口承文芸をどう発展させるんだろう。でも彼もけっこうな年か・・・。若手じゃないね。
最後に、O月T寛が復活するかどうか見物だね。でも、復活しても民俗学会とは関わらないだろうな。
みんなは誰に注目してる???


40 :似非古老:04/07/17 08:58
じじい、こんちわ。
待ってました!


41 :似非古老改め僕:04/07/17 11:33
そこらへんはもう落ち着いちゃってるじゃない?
あんまフォローしてねーな。
I本さんの昔の仕事は好きだな。火消しとか職人さんとかね。
S豊さんは赤坂さんの本を辛らつに書いてたけど、どうもねえ。
シャケの実証的な研究?そそらないなあ・・・
H本さんはどうも派閥を作りたがる人のようだから若手は注意が必要だね。
たまに見るO月さんの書評はいい感じ。民俗学的なものの見方ってのを
O月さんなりに示してる。心意気を感じるな。
書評といえばこの頃見かけるS谷さんが抜けてるね。
でも自身の著作はアマゾンでの評判が良くないんだな。ちょっと固すぎ?

それよか、じじい的見地から若手の仕事っぷりを評してみてよ。
Y野さん、島mさん、m車さん、菊Tさんらの仕事の印象を聞いてみたい。

僕的には「餅と日本人」がおもしろかった。
あとがきでYANAGITAの叙述への距離感を率直に吐露していたのに親近感がもてた。
世代交代が進めばオモシロ研究者がでてくるかもね。

42 :天之御名無主:04/07/17 16:13
>>自身の著作はアマゾンでの評判が良くない

アマゾンの書評如きで作品の質を云々されては
Sも死んでも死に切れまい

43 ::04/07/17 21:35
>>42
ハイハイじゃあ評してみておくれ。

44 :天之御名無主:04/07/18 09:21
しょせん 
ア マ ゾ ン の 書 評 レ ベ ル
なボクチャンの学識(プ

45 :天之御名無主:04/07/18 17:23
じじい氏、僕氏
こんにちは〜

>>39>>41を見てみると、国公立に優秀な人が育ってきているらしいという印象ですけど、
世間的に「民俗学」の学校と思われている成城、国学院、神奈川には優秀な若手は育っていないんでしょうか?


46 ::04/07/21 09:06
>>45
こんちは。レスありがとう。
それにしても、威勢よく登場したわりに後が続かねーな<じじい

上にあげたのは、ここ何年か精力的に学会発表してたり、HP持ってたり、
ロムってるみんながふむふむと思いつくであろう人を
僕の知ってる範囲であげてみただけっス。

僕的には「宗○民俗学評論」ってHPに注目してる。国の院生?
なんか研究室の仲間内で語られていそうな内容が書かれていて興味深い。
若い調査者が調査地の現実に直面したときの戸惑い、論文や発表の場では
そこに生きるひとへの関心が希薄になってしまっている現状、
業界の“しかるべき慣習”と田舎の現実とのズレに苛立つ気分は
大学・テーマは違えど似たようなもんなんだな、と。

研究室やジャンルをこえた若手の交流の場ってやっぱ必要だね。
じじいの若かった頃には「宗教と社会」研究会があったんでしょ?
うらやまスィ

みんな個人HPつくって情報発信しよう!
どっちみち就職ないし金ないんだし(´・ω・`)

47 :天之御名無主:04/07/22 19:56
ありがとうございます。やっぱり「名門校」も頑張っているんですね。
宜しかったら他の大学の活動も教えてください。
この板で研究者内部の声ってめったに聞けないので、お願いします。

それと内部の人間としてはイニシャルじゃないと言いにくい事なんでしょうけれど、民俗学の本を面白がって散読しているだけの僕は半分くらいしか見当が付かなかったです。
僕のような趣味人や真剣に民俗学を学ぼうとしている学生・高校生のためにイニシャルトークじゃなくしませんか?
イニシャルを止めることで、本当に差し障りが出てくるんでしたらいいですけど。

48 :天之御名無主:04/07/22 23:42
(・∀・)ニヤニヤ

49 :じじい:04/07/23 00:32
>>46
僕ちゃんや。
すまんの〜期待に添えなくて。
あまりの暑さに、体が様うごかなんだ…もうしばらく待ってくれ…

ちなみにわしが若かった頃は「民間伝承の会」じゃった。
あの頃は、先生、先生ともちあげられたもんじゃ。

しかし、民俗なんぞはどこでも学べるんじゃないか?
わしが学んだ頃は、そんなもん学べる大学はなかった。
柳田先生も民俗学を学んだんじゃないぞよ。
民俗学を作ったのじゃ。ゴホッゴホッ…
いかん…今日はこれぐらいにしとこ。

50 :天之御名無主:04/07/23 01:10
どこでも学べるようでどこに逝っても大したことは学べない現実

51 ::04/07/23 05:27
>>47
じれったいのはよく分かるけど、イニシャルトークで勘弁して。
実のところ、僕は研究の世界から逃げ出しちゃったクチ。それも世話になった
先生や先輩方を裏切るような形でね。自由に研究させてくれる快適な環境。
でも挫折してしまった。だからぜんぜん偉そなことは言えない。

とはいえ、研究室もある種のムラ社会みたいなもんだから“某研究室潜入記”
としてくっちゃべってみたら>>47さんは(・∀・)だろ。差し障りが無さそな話
しかできないけど・・・
ある先輩が“なじみのある”教授の著作を手厳しく批判するカキコしてるの
みたことがある。そう、アマゾンでね。こうゆうの案外よそでもあるんじゃないか
と僕は踏んでる。

自分自身の話。
帰省中地元の祭りの準備をしてるとき、T塚山大の院生にインタビューされた。
ていうか、こっちから手招きしてべらべらしゃべったんだけどね。馬鹿でかい
一眼レフぶら下げてヌーとこっち見てたからすぐ民俗学専攻だと分かったよ。
ただ、祭りに使う飾りの起源がテーマらしいので、あんまり「良き伝承者」では
なかっただろうね。あそこはある範囲の地域を設定し、学生は各自の関心に
したがって調査するやり方らしい。調査する側とされる側、
「羅生門」方式で連名で論文にすればおもしろいのができたかも。



52 ::04/07/23 05:31
>>アホリの諸君
ツッコミいれる相手まちごうてへんか?
おまいらのスプーンいっぱいの知性と貴重な労力を現役研究者らしいじじいに
ぶつけろ。“こてこての民俗学”ってなによ?とか、そんなもん“愛する”値打ち
あんのかよ?とか、“こてこての民俗学”なるもんは若い世代に利用可能な
方法論的資源を蓄積してきたのかよ?とか、オマエはその代弁者気取りかよ、
おめでてーなとかいろいろあるやろ。

>>49
じいい。そんなんはもうええ。
詮索したりせえへんから肩の力抜いて50歳前後の設定で再登場してくれ。
隆寛の復活云々なんぞ、年会で一緒に焼肉食うた世代が言いそなことや。
そおゆう話が聞きたいんや。
あんたはミイラか?それとも徳さんか?(並列)



53 :天之御名無主:04/07/24 03:36
阪大の日本学ってどうなんですか?個人的にはここが一番良いように
思うのですが…。

54 :天之御名無主:04/07/24 23:39
ちょっとサヨすぎ。

55 :今年から民俗学始めた者ですが:04/07/25 21:01
初めてカキコさせてもらいました。
今民俗学のレポート作成中なんですけど、教授の話が矛盾している気がするんです。
伝統って創造されていくものですよね??
それを前提とした場合伝統と近代が対抗する意味を考えて来いなんて言われまして・・・。
でも、創造されていくのなら近代との境界線があやふやになるし、
近代の定義も難しいですよね!!??
みなさんはどうお考えですか???

56 ::04/07/25 21:22
軽いノリで実名を出せ。話はそさからだ。

57 :天之御名無主:04/07/26 08:03
>>55
ネタかと思いつつマジレスするよ

朱に交われば赤くなる。
新芽は枯葉を養分にする。
そして弱い物は淘汰される。

そして年の功にはなかなか勝てない。

58 :じじい:04/07/26 23:27
>>51
僕ちゃんや、そう焦るでない。
お主は、もう関西へ帰ったのか?
あったら若い命を無駄に使いおって。
喝!

59 ::04/07/27 10:38
>>55
早々にネタだと判断してしまった。ゴメン
難しいな。ボクチャンの学識ではとても>>57氏のような含蓄のある返答も
できそうにない・・・。民俗学のレポートということだから、身の回りの
事例に即して考えてみなはれ、つーことじゃないかな。


60 :天之御名無主:04/07/27 20:11
自演でも何でもいいけど

ほほえましいスレでつねw

61 ::04/08/04 00:41
祝隆寛報ステ出演記念sage

62 :天之御名無主:04/08/08 01:06
筑波がいいだろ。
俺は違う大学だけど。
やっぱり研究の蓄積が違うって。

63 :天之御名無主:04/09/01 12:16
中国の大学で民俗学が勉強できるところないですか?

64 :天之御名無主:04/09/01 12:59
北京大学とか?

65 :天之御名無主:04/09/01 13:06
民俗学系に日本人受け入れてんの?まあこれは、困ることはないか。

66 :天之御名無主:04/09/01 18:16
慶応・成城  民俗学やってなかったか?このへん

67 :da-:04/09/24 22:40:08
筑波大学、國學院大学、成城大学、神奈川大学、
新潟大学、佛教大学、大阪大学、近畿大学、関西大学、
帝塚山大学、熊本大学、鹿児島大学、琉球大学

この中で、お勧め!な、教授がいる大学はありますか?
誰か、教えてください!

68 :天之御名無主:04/09/24 22:44:45
具体的に何がやりたいの?

69 :da-:04/09/24 22:51:33
ぁ、すいません。こんだけじゃ、言いたいことよくわかんないっすね。
自分は、主に日本神話が学びたいです。
それで、日本神話を研究していらっしゃる、教授のいらっしゃる大学に進学して
その教授のゼミで勉強させてもらいたい。と考えてます。


70 :天之御名無主:04/09/24 23:04:10
日本神話を学ぶにしてもいろいろあるんだが。
例えば海外のそれと比較研究をして神話類型を学びたいのか、
民俗学的に地域信仰と神話の関係性をみたいのか、
神仏習合の過程をみることで日本の宗教史を学びたいのか、
日本古代史の一部として寺社と神話の政治的関連性について学びたいのか、
はたまた文芸的な要素から神話研究をしてみたいのか。
それがはっきりしてないとどの大学がいいとは一概に言えない。
上記の大学は民俗学専攻を置いてるとこだけど、やりたい内容によっては
他の大学のほうが薦められる場合もある。

もうちょっと自分の中で内容詰めてみ。

71 :天之御名無主:04/09/24 23:18:25
個人的な意見だけど、日本史としてやるなら
専修の矢野センセとか面白いと思うが。
比較神話なら和光の松村さんとか学習院の吉田さん。
民俗系でやるならそれこそテーマにあわせて山のごとくいるけどw

72 :山野野衾 ◆UJr4Al4ZYM :04/09/24 23:40:58
中世神話もあれば、それこそいざなぎ流などの祭文の世界もあります。

73 :da-:04/09/24 23:49:16
そうですね・・・。自分は、基本的に海外の神話などはあまり興味がわきません。(もちろん嫌いなわけではありません。)
一番、興味のそそられる神は、イザナミ、イザナギです。
つい最近、本などを読み、興味をもった私は、正直、知識は乏しい私ですが、
それでも、二神について調べて調べてみると、
二神は改ざんされ神話にねじ込まれ、その背景には二人を信仰する人々がいた、や、
実際にいた人がモデルで、イザナミは、渡来人だった、や
イザナギと、イザナミと言う、部族がいて、この二つの部族が、国取り?統一?に乗り出したことが書かれている、など
様々な、解釈ができることに大変興味がそそられました。
このように、なぜ神が生まれた(つくられた)のか?どのような人々が、何をおもい、どのように信仰していたのか?
などを、考えてみたいです。
このようなことが、一番なのですが、
ちなみに、神道と仏教はどのような経緯があって、今の時代に共存するにいたったのか?や
陰陽道とはなにか?なぜ、陽陰道、でなく、陰陽道なのか。
廃仏毀釈などはどのような背景があったのか?そのとき人々はどうだったか?
人柱、人の命をささげることなど、なぜこんな悲しいことをするようになったのか?

こう考えてみると私は歴史全般、特に宗教?思想?神話より、それをつくったり、信仰したり、した人々の思想のついて学びたいのかもしれません。

天之御名無主さんは、これを読まれてどうおもわれますでしょうか?
ご意見、お願いします。

74 :天之御名無主:04/09/24 23:49:38
>69
高校生ですか?
大学生ですか?
それで答え方はかわります。
民俗・歴史・国文それぞれ神話研究はあります。

75 :da-:04/09/24 23:56:57
高三です。
へ?と、おもわれるかもしれませんが、工業高校に通ってます。

76 :天之御名無主:04/09/25 00:12:00
宗教思想の成立背景にある社会心理のみを専門に学ぶのは相当きついと思うよ。
というより記紀神話の場合起源を定かにするのはほとんど無理(心理面では尚更)。

テーマ設定としてはかなり無理があると思うけど、どうしてもやるというなら
文献史からの間接的アプローチになると思います。
現代の事を調べる民俗調査と違ってインフォーマントとなる人間が残ってる訳じゃないんだし。
当たり前な話だけど直接的な史料が存在しない以上は、文献上に残る初期の記録、
あるいは儀礼形態から類推される社会との関わり方などを足がかりにするしかない。
成立前後の政治権力によるバイアスのかかり方をみるならやはり日本史、
民間レベルにおける信仰形態の成立の必然性(つまり共同体と信仰の関わり方
という切り口なら民俗学での研究が想定されます。
けど結論的には神話成立当時の社会背景など間接的根拠を示した推論、という形に
終始してしまうのではないかと思いますが。

77 :da-:04/09/25 00:34:22
なかなか、難しいですね・・・。
では、日本の歴史全般(と、言っても、神道の教授がいる)が学べる
大学をよろしかったら教えていただけますか。
大学で日本史全般を学びながら、ゼミのテーマを絞れる環境であると
おもわれる?なんかよくわかりませんね。
どんなことに興味をもっても幅広く勉強できそうな?
幅広く対応できそうな、大学、教授を教えていただけませんか?
専修の矢野先生でしょうか?ほかにもありましたらお願いします。

78 :天之御名無主:04/09/25 01:06:06
>75
神話に興味があって、まだ大学にはいっていないなら、
国文学で、中世以前のひとがいる大学を選ぶか、
歴史学で、古代の人がいる大学を選ぶか、というのが無難です。
あえてここで民俗にこだわると方法論的に苦しいと思います。
古代中世どの分野でも専門分化が甚だしいのでぜんぜん違うところに
行くと、おもしろくないかもしれません。
ホームページをこまめに検索しておもしろそうな先生をさがしてみてください。

79 :天之御名無主:04/09/25 01:07:33
追加。
自分で探す、とういう行為が大事です。

80 :da-:04/09/25 03:21:12
肝にめいじます。他人に頼りすぎるのも、よくありませんね。
最後にひとつだけ答えていただけないでしょか?よろしくお願いします。

私の住んでいる町は田舎なんで、ある、伝説?昔話があります。
それは、ある川が流れているのですが、むかし、むかしは、その川は、上物のうなぎやコイが取れたそうです。
なので、漁師達はこぞって、とったそうです。そのせいで、うなぎやコイはすっかり少なくってしまいました。
それをみた神様は、困っているうなぎやコイを哀れにおもい、うなぎとコイをつかいに出しました。
うなぎやコイは、集団で川岸に行き、漁師たちにこういいました。
「私たちは、人間に食べられるために、神様につくられた物でございますが、七月に入りますとコイさんが
子供を産む時期になりますし、私たちウナギも冬の産卵の時期にそなえて、海に帰れるだけの体力を
付けておかなければならないのです。でも、皆さんが私たちを根こそぎ捕ってしまうので、
仲間が減って大変困ってしまったのです。これを神様がお知りになり、私たちをこのようにお使わしになったのでございます。
どうか、このご神体を神社に奉り、七月中は漁をお取り止め下さい」
そんなこんなで、私の町では、七月はうなぎとコイは食べてはならず、このことがきっかけとなり祇園祭がおこわれるようになったそうです。
詳しく調べたわけではないのですが、だいだいこんな感じです。

また、私の住んでいる地区(かなり狭い範囲です)は、何か信仰している神様がいるらしいです。
この神様は関係なかったとおもいますが、私たちの地区は七五三はおこなわないことになっています。
どうゆうことなのか聞いたのですが幼かったのでよく覚えていません。

身近にも、こんな興味深い話があります。こうゆうことを学ぶ、研究する学問はなんと言うのでしょう?
民族学というのでしょうか?
よろしかったら、こういう学問のいい先生、まなべる学校を参考程度にしますので教えていただけないでしょうか?
是非よろしくお願いします。

81 :天之御名無主:04/09/25 10:03:03
方偏と人偏は違う学問だよ
>>80のは人偏のほう

82 :天之御名無主:04/09/25 10:16:43
http://www.fhgstore.com/wcpcash.html
↑マジ でっけー! 


83 :いこかもどろか:04/09/27 23:30:16
 いよいよ今週末、園田で学会ですが皆さんは参加されますか??
前評判は・・かな〜でも公開シンポのタイトルはなかなかウケねらいですね(笑)
 それから若手の飲み会とかもまだしてるんでしょうか?

84 :天之御名無主:04/09/27 23:36:04
ほとんど知らない

85 :天之御名無主:04/09/28 22:15:46
筑波大の民俗学研究の方向性ってどんなもんなんでしょうか
浪人ですが比較文化志望っす

86 :天之御名無主:04/09/29 02:14:05
比較神話を学べるのは他にはどこがあるんでしょうか?

87 :天之御名無主:04/09/30 09:15:30
>>83
年会、行くのめんどくさい・・・はあ・・・

88 :天之御名無主:04/09/30 11:09:28
大塚英志氏の「北神伝綺」と「木島日記」を読んで民俗学に興味を持った
民俗学の知識に関してはまだひよっこの者なのですが、この本で読んだ系統の
民俗学をやるにはどこの大学が最適でしょうか?

89 :天之御名無主:04/09/30 12:30:03
>>85
筑波で民俗学ったら人文学類のほうじゃん?

90 :85:04/09/30 15:15:46
>>89
民俗学一本に絞るわけじゃないんで(というか今は興味があるくらい)。
比較文化の地域専攻に民俗学講義入ってるんす。

91 :天之御名無主:04/09/30 16:51:05
たとえ体育学群でもどの学群でも、比文だろうが人文だろうが民俗学の授業は取れる。
(卒論が関係する一部の授業を除く)
民俗学で卒論を書くぞ!程度の意気込みがあるわけじゃないなら
そのほかの興味のある蛾狂いにいくのも一つの手だね。

92 :天之御名無主:04/09/30 16:51:53
と、>>85の本来の質問を見過ごしていた。
「方向性」・・・か。

93 :85:04/09/30 23:13:25
>>91
了解しております、記述不足でした失礼

94 :じじい:04/10/01 22:19:14
久しぶりじゃの〜
明日から年会じゃ。
すでに大阪入りしたぞよ。
園田であいましょうぞ。
シンポは最悪。
おもしろい発表はあるかの〜。
そいじゃ、あした。


95 :天之御名無主:04/10/02 00:05:00
じじいさん、なんかわかるサインよろしくおねがいします。
ぼくも明日園田です

96 :天之御名無主:04/10/02 01:01:49
ネラーなら逆さペットに決まってる

97 :天之御名無主:04/10/02 23:16:05
で、どうだったんオマイら

98 :天之御名無主:04/10/03 09:57:30
>>85
先生方の方向性はそれぞれの近年の論文などを見ていただければわかるかと。
学生の間ではここ数年「祭礼」研究が流行。

99 :天之御名無主:04/10/04 01:18:10
じじいレポしてよ

100 :天之御名無主:04/10/04 08:45:08
名古屋にある南山大学に民族学科あります。
いったいどこに就職するんだろ?

101 :天之御名無主:04/10/04 23:53:16
櫻○翁は、ホスピタリティーが!とお褒め遊ばしてござった。


102 :天之御名無主:04/10/05 00:02:40
>80
こういうことを学べる学問:民俗学
こういうことを学べる大学:こんなところで聞くよりも、朝日新聞社のムックでも
よんだ方がいいんじゃないかと。。。

103 :85:04/10/05 00:36:18
>>98
遅れ馳せながらありがとうございます
知人に頼んで論文探してみます

104 :天之御名無主:04/10/05 11:20:52
来年の学会はどこ?

105 :天之御名無主:04/10/05 13:42:24
>104
灯台

106 :天之御名無主:04/10/05 22:35:27
デモクラシー

107 :天之御名無主:04/10/05 22:44:54
受験生です。
アイヌ神話について大学で学びたいんですが、
北海道以外の民俗学がある大学で、アイヌ神話は学べるんでしょうか?
やはり北海道大学の文学部北方文化コースに行くのが一番ですか?

108 :天之御名無主:04/10/06 00:57:04
>105
東大でやるんですか?
I本さんとかが呼んだのかな。

109 :天之御名無主:04/10/06 09:19:33
浅羽通明「日本現代文化論」に小林よしのり降臨!★10・13,早稲田に結集せよ!!
 「SAPIO」誌の新ゴー宣の欄外で、講演は嫌いだし向かないし暇もない。どうしてもというならば、
一回百万円だと釘をさしたよしりん・・・・・・。だが続く頁では、若者へ訴える必要あるばあいならばただでも赴くと彼は言い切った。
 その言葉に嘘はない。謝礼二万しかでない早稲田大学教育学部国文科「日本現代文化論」のゲストスピーカーをよしりんは快諾した。
浅羽通明が頼むなら、そりゃ何でもいくねん、わし。というわけで・・・・・・↓

日時:10月13日(水) 午後4時20〜5時50分
場所・早稲田大学本部キャンパス 15−102

110 :天之御名無主:04/10/06 13:08:56
クダラネ-

111 :天之御名無主:04/10/06 16:21:56
エセ知識人のだいひょうだねそいつ。


112 :天之御名無主:04/10/09 22:50:23
国公立で民俗学を本格的にやってるのって、筑波だけですか?
大学で民俗学や禁忌を学びたいんですがさすがにちょっと偏差値が高すぎて難しいので
他に国公立で民俗学を本格的にやってる大学があれば教えてください。
「大学の偏差値が関係あるのは入試と付き合う人間のレベルだけで他は大差ない」
という言葉をいただいたので偏差値の高さに特に執着してません。

お願いします。

113 :天之御名無主:04/10/09 23:43:35
>>112
>>67のなかからぞうぞ
国公立だと阪大は最近落ち目かな・・・

114 :天之御名無主:04/10/11 00:03:42
民俗学が学べる国立大の院を探してます。
現在大学一年生です。
どなたか教えてください。

115 :天之御名無主:04/10/11 01:59:16
筑波大学人文社会科学研究科歴史人類学専攻の文化人類学
http://www.hass.tsukuba.ac.jp/ha.html

116 :天之御名無主:04/10/11 05:41:24
誰か年会レポしてくれ

117 :天之御名無主:04/10/11 09:23:50
じじいどこ逝ったんだよ

偉そうな事ぬかしてたんだから早くレポ汁

118 :天之御名無主:04/10/12 00:21:37
とりあえずパワーポイントは使いこなせるようにならなきゃだめだな。ああ。
菅豊すげーよ。バリすげー。

119 :名無しさん@社会人:04/10/12 00:57:30
>>115
教官がそそりません


120 :天之御名無主:04/10/12 18:46:15
>114
千葉、山口、熊本。。。

121 :天之御名無主:04/10/12 22:12:04
>118
たしかに。しかし、立ち見でて、内容も引っ張ってた。
Sさん確かにバリすげ。

122 :じじい:04/10/12 22:21:23
>117
おひさ〜
しようがないの…いつも先走って
おぬし民俗学徒で学会にはいかんかったのか…
とっとと立ち去れ!
おぬしには、民俗学を語る資格はない!
…といったところで、聞く耳もたんの〜。

去年からうすうす感じとたんじゃが、今回の年会も含めて客が寄る発表が偏ってきたの。
動くぞ、間違いなく動くぞ!
若いモンよ!学会に出て、何が論点になっているか見れば、自ずと未来の行く末が分かるはずじゃ。

123 :天之御名無主:04/10/12 22:26:27
で、じじいにはどんな未来が見えたん?

124 :じじい:04/10/12 22:38:57
>>117
ついでじゃ。こめんとしたろ。
徳さんには、久しぶりおおて、「ほすぴたりてぃー」やなんぞやというのを学んだ。
まだまだ若いぞ櫻iト9太郎!でも、手が震えてた…

>>118
わしもSガ豊の発表は見たぞよ。何とも盛況じゃ。内容もピカイチであった。確かに、パワーポイントの有効性もあったの。若いモンの手本になるの〜。
あとK池の発表も人が集まっとった。でんもスマートすぎるんじゃねえのか???
でも、ひどい発表もあった。いまだに本質主義だ。かわいい女の子だからゆるそうぞ!

来年はついに灯台だそうじゃの…
ついにアカデミズムの牙城へ乗り込むのか。
SガがI本と組んどるようじゃの。大月たちの二の前にならねば良いが…。

>>117ならびにじじいファン
学会ネタすれをつくりんしゃい。
そしたら、たまにカキコしてやっても良いぞ。
できれば、このスレから撤退じゃ!


125 :天之御名無主:04/10/12 22:45:35
学会ネタはすぐ落ちそう・・・

126 :天之御名無主:04/10/12 22:48:37
年に何回上がるのやらw

127 :じじい:04/10/12 23:07:51
もうやめじゃ!

128 :天之御名無主:04/10/13 00:07:34
じじいさんに質問。本質主義とは?

129 :天之御名無主:04/10/13 00:29:33
じじいとやらが本当に分かってる人なのか
分かってる風に装ってる人なのか
いまだに読めないんだが

130 :天之御名無主:04/10/13 08:55:48
成城って海浜地帯の研究多いんでしょうか?
教授陣の論文見たかぎりではそんな印象だったのですが

131 :じじい:04/10/13 22:00:17
>>128
本質主義ぐらい自分で勉強せい!essentialismじゃ。

>>129
わしのことを、知りたいか。
おぬしのそばにおるぞよ。

132 :天之御名無主:04/10/13 23:28:05
>じじいさん
 本質主義勉強しました。
 民俗学にはどんな未来がありますか。

133 :天之御名無主:04/10/13 23:39:05
あまりじじいさんばかりをいじるなw
せっかくの(ry

134 :天之御名無主:04/10/19 20:55:24
柳田国男氏の「酒の飲みようの変遷」という著作を見たのですが、ああいう風なことも民俗学のうちに入るのでしょうか? いまいち民俗という定義が理解できておりませんで、恥ずかしながら

135 :天之御名無主:04/10/20 01:00:10
文字によらず習慣によって伝承されるのが「民俗」ととらえれば、
身体技法やしぐさも「民俗」に入るでしょうね。

136 :天之御名無主:04/10/23 15:16:51
神奈川大学に興味を持ったのですが、ここは大学院でしか民俗学は学べないのでしょうか。

137 :天之御名無主:04/10/23 19:36:22
>134
民衆の生活文化全般を扱う学問と考えれば、
酒の飲み方、座り方、飯の食い方なんでも
民俗だろう。

138 :天之御名無主:04/10/24 04:49:59
必ずしも文字じゃない必要はないでしょう

インターネットなんて文字で会話してるわけだし。
顔文字とかギャル文字とかも漏れ(←こういうのも民俗?)には民俗に見えるがどうだろうか?

139 :天之御名無主:04/10/24 09:41:35
>138
ある程度の期間存続し、伝承されていれば民俗でしょう。

140 :天之御名無主:04/10/24 11:52:38
九州なので熊大狙ってるんですが、民俗学と文化人類学はどう違うのですか?
社会学との違いも良ければ教えてください。
今のところは映画で描かれる人々の生活に興味があります。

141 :天之御名無主:04/10/24 21:26:49
>140
それが、日本なら民俗でしょう。
でも、それをどう「評価」しようという点がわからないので、
確定はできません。

142 :天之御名無主:04/10/24 21:30:04
>>138
あなたの挙げている例も、
文字によって伝承されてるわけじゃない。
わかる?

143 :天之御名無主:04/10/30 21:11:58
合掌岩崎敏夫氏。

144 :天之御名無主:04/11/13 05:00:06
成城大は柳田國男で有名なんだよな。

民俗学研究所特別展のお知らせ

下記の日程で郷土玩具展を行います。
ご来観をお待ちしております。
  
 『郷土玩具展 子守りの人形・玩具』
期 間 平成16年 11月2〜3日、11月5日〜30日(但し、日曜日、祝日は休館)
時 間 午前10:00〜午後4:00(土曜日は正午まで)
会 場 成城大学4号館3階 民俗学研究所展示ホール

http://www.seijo.ac.jp/research/news/news041001.html


145 :天之御名無主:04/11/13 05:04:56
 東北大大学院文学研究科に入学した脚本家の内館牧子さんのエッセー「内館牧子の仙台だより」は、毎月最終水曜日、読売新聞宮城県版に掲載しています。

 内館さんは女性初の横綱審議委員で、東北大大学院では「横綱神学」をテーマに修士号取得を目指しています。
杜の都での「発見」や学生生活をつづります。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/kikaku/053/main.htm


146 :天之御名無主:04/11/13 19:07:40
弘前大学でも民俗学できると本で読んだ

147 :天之御名無主:04/11/15 21:35:03
歴史学とかに比べて論文を投稿できる
査読ありの学術誌が少なくて困りません?

『日本民俗学』『民具学研究』『民具マンスリー』くらい?
みんなどうやって業績あげてるんですか?
マジで。

148 :147:04/11/15 21:42:33
てか、スレ違いか・・・
適当なスレが見当たらなかったもんでスマソ

149 :天之御名無主:04/11/16 00:02:43
民俗学徒が業績業績言うな。
さもしいの一言。

150 :天之御名無主:04/11/16 13:35:00
>147
ちほう学会の雑誌でも査読規定があるところは多いだろうに。


151 :天之御名無主:04/11/20 01:33:35
>>147
あなたが民具研究者なら雑誌があるかどうか知らんが、
少しでも他分野に敷衍できる研究内容ならば全国学会でも
掲載可能なところがあるでしょうよ。
「民俗学」「民具学」と狭く区切るとみつからんですよ。

152 :天之御名無主:04/11/20 01:36:33
海外のでもいいしな

153 :じじい:04/11/20 14:35:25
おひさじゃ。
149よ。業績は大事じゃ。いくら民俗学とはいえな。
150よ。ちほう学会なんぞに出しとる場合じゃないぞ。
147よ。『民具マンスリー』なんぞ、わしは論文にカウントしとらんぞよ。あんなもん評価されるときは、研究ノート扱いじゃ。
151,152がいうとおりじゃ。もっと広くアプローチせい。それより、ぬしら『日本民俗学』に何本投稿した?
まずかいよりはじめよ、じゃ。

154 :天之御名無主:04/11/20 15:03:50
吉野家が牛丼首位転落、売上高17%減…9月中間決算

 牛丼チェーン大手4社の2004年9月中間連結決算が19日、
出そろった。BSE(牛海綿状脳症)問題に絡む米国産牛肉の
輸入停止が響いた吉野家ディー・アンド・シー(8月中間決算)は、
売上高が前年同期比17・5%減の585億円と、4社で唯一減少し、
業界首位の座をゼンショーに明け渡した。(読売新聞)


155 :天之御名無主:04/11/21 07:50:18
じじいお前若いだろ。
業績業績と言ってる奴は嫌われるよ。
みんなが耕作を休んでる時に、せっせと田を耕すみたいなもんだ
たとえ口に出さなくともなんとなくさもしいオーラがでてみえる。
それをリアルじじいは>>149みたいな感じで不愉快に思うから、ほされる

156 :天之御名無主:04/11/21 07:54:13
じじいついでに「まず隗より始めよ」の使い方まちがってるぞ プ
所詮民俗学者

157 :天之御名無主:04/11/21 12:48:03
民俗学者は歴史学者にバカにされてるよ、
古文書読めないくせに何が学者だって。


158 :天之御名無主:04/11/21 16:11:50
確かに、あるわりと有名な祭礼研究者と一緒に仕事をした近世史研究者が
「彼はぜんぜん文書読めなくてねー」とこぼすのを聞いたことある

159 :天之御名無主:04/11/23 00:25:58
古文書、40過ぎからはじめて
読もうてのは無謀でしょうか?

160 :天之御名無主:04/11/26 11:42:48
生きてる限り始めるのに遅すぎることはない。


161 :天之御名無主:04/12/04 02:37:45
文化人類学と民俗学の違いが解らん

162 :天之御名無主:04/12/04 08:29:47
そこで多文化主義民俗学ですよ。

163 :天之御名無主:04/12/07 13:50:23
神話とか伝説とか民具とかも好きなのですが、
例えば明治の何年に、人々はどんな暮らしをしていて、何が流行していたか、
とかそういうのに非常に興味があります。
これが民俗学かどうかもよくわからないのですが、
こういった事を研究できる大学はあるのでしょうか?

164 :天之御名無主:04/12/07 16:09:53
もはや歴史学の領域かも

165 :天之御名無主:04/12/08 01:58:39
要するに先生だよ先生。民俗学を専門とする先生がいれば民俗が学べる。
佛教大に民俗学の紹介があったけど、明らかに浮いてたもん。


166 :天之御名無主:04/12/08 03:06:45
 
 東北大大学院文学研究科に入学した脚本家の内館牧子さんのエッセー「内館牧子の仙台だより」は、
毎月最終水曜日、読売新聞宮城県版に掲載しています。
 内館さんは女性初の横綱審議委員で、東北大大学院では「横綱神学」をテーマに修士号取得を目指しています。
杜の都での「発見」や学生生活をつづります。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyagi/kikaku/053/main.htm

167 :天之御名無主:04/12/08 09:39:24
どうして佛教大の民俗学が浮いているんだ?佛教大民俗学は今日本でもトップクラスだ。先輩も優秀な人ばかりだし。

168 :天之御名無主:04/12/08 10:31:01
( ´,_ゝ`)プッ

169 :天之御名無主:04/12/08 11:24:25
小中学生ら少女30人暴行の50代男を検挙

小中学生ら10代の少女数十人を日常的に暴行してきた50代の会社員が警察に検挙され、
衝撃を与えている。
光州(クァンジュ)南部警察署は23日、日常的に小中学生の少女30人を凶器で脅して暴行
した容疑(性暴力犯罪の処罰および被害者保護に関する法律違反)でユン某(53/保険外
交員)容疑者に対し拘束令状を請求した。
警察によると、窃盗など前科6犯のユン容疑者は昨年12月13日午後2時ごろ、光州西区
ファジョン洞の住宅街で通行中のA(11)さんを凶器で脅し、近くの空き地に連れ込んで
暴行するなど、昨年7月から最近まで小学生約20人を含む10代の少女30人を暴行した
疑いが持たれている。
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/08/23/20040823000004.html


170 :天之御名無主:04/12/09 12:30:48
質問なのですが、東京大学に民俗学を研究する文化サークルってありますか?

171 :天之御名無主:04/12/09 18:52:48
>>163
まずその手の本を読んで著者のディシプリンや出身校を自分で調べて下さい。
民俗学でも歴史学でも社会学でもできなくはない分野だが、
どの学問でも周辺領域であることは確か。

172 :天之御名無主:04/12/09 19:56:47
>>163
 文化史や風俗史の研究は、比較的に底の浅い領域だと思われ
がちなのでしょうが、戦前の好事家は好んで江戸・明治期の
市井の文化・風俗の類を諸雑誌等に載せているのです。
 しかしそれらは体系化されたものでもなく、また研究対象と
しては必ずしも高評価されなかったために、現今こういった
領域の研究を中心にされている学者は極めて少ないと
感じます。
 民俗学では中山太郎の系統をひく学者を探すか、
あるいは風俗史では田中香涯の著作なんかを読むのが
勉強になろうかと思いますが。
但し、どちらもかなり過去の人ですが…。
 あなたがあくまで民俗学として、こういった研究に
挑みたいと思っていればですけどね。

 


173 :天之御名無主:04/12/16 03:24:58
女の子だったら学習院女子の日本文化もいいと思う。

174 :天之御名無主:04/12/16 21:02:20
ここで文化人類学畑を歩いた俺の登場ですよ。

>>161
基本的にやる事は似たようなもんだが、うちのセンセには
民俗学  :日本・および日本周辺のこと、「アメリカ民俗学」みたいな言い方はないとも。
文化人類学:もっと広範囲
みたいな感じで教えられた。
文化人類学も一応日本は含むし、やりたきゃやってもいいんだが
何となく民俗学との住み分けができてるというニュアンスだった。

ここは民板なので結局民俗学の人の話をちゃんと聞いてバランスとった方が良いと思うが。
しかし、「向こう側」でも同じ疑問をもつもんなんだなw

175 :天之御名無主:04/12/16 23:46:42
>>161
>>174

民俗学と文化人類学
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/min/993193239/


176 :175:04/12/17 02:43:25
>>175
民俗学と文化人類学スレあげて、こっち上げないのは本末転倒ですな

177 :天之御名無主:04/12/20 03:41:19
大塚英志さんは学習院女子っていうところの講師やってるみたいだね。

178 :さたん:04/12/20 13:02:37
八雲一樹さんに聞きなさい。

179 :天之御名無主:04/12/22 23:24:37
文学板 『比較文学?ふざけんな!』スレ
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1103703448/l50

180 :天之御名無主:05/01/05 11:18:11
偏差値40位くかいかないかの人間が入れる
関東近辺の民俗学、文化人類学やれとトコってないかな?



181 :天之御名無主:05/01/10 23:21:32
あと16くらい偏差値上げれば成城入れるぞ。やる気あるならまだ見込みあるだろ
成城の入試は記述が多いんで敬遠されがちだが、問題自体は大したこと無い
むしろマークシートの日大や東洋のほうが難しいくらいだ

182 :180:05/01/11 05:27:16
>>181
俺はもう3年なんだよ
もう無理だな・・・浪人は良くないな

183 :天之御名無主:05/01/11 10:04:57
まだ入試まで一ヶ月あるしと3年生向けに書いたつもりだったんだがな
まあ今から諦めているヤシはどこいっても大して変わらんかもしれんが
ちなみに桜美林の国際学部も文化人類学学べたはず

184 :ライオン丸:05/01/11 17:33:23
文化人類学をやりたがったが、わしの学力では三流私大の歴史学科が限度だった。だけどサークルとかで結構カバーできる。わしは東西文化交流系のサークルに入って、論文の書き方、史料の見方、他大学の歴訪(外語大ト文研)させてもろた。卒論は歴史にならざるを得ないが。

185 :天之御名無主:05/01/11 19:34:13
>>184
そういうサークルってどうやって探すの?
気になる…

186 :天之御名無主:05/01/11 20:11:15
>>185>>182か?
悪いことはいわん。
確かにサークルでもある程度勉強できる。
でも本当に勉強したいことがあるなら学部いけ。
ちなみにサークルや部活にもよるが、自由度が高いところは高い。
人文系であれば何やってもOKに近いくらい自由度が高いところもある。
あと入学すれば多分、部活紹介のパンフレットとかもらえるはず。
でも大学いくならやりたいことで4年間過ごした方が楽しいぞ。

187 :ライオン丸:05/01/11 22:10:22
では、もっと現実的に。民俗学やら文化人類学に興味あるなら、当然書物はあさっとるな? なら著者の所属する大学は分かるやろ。なるべく長く任官しとる方が確実なので大学に問い合わせろ。

188 :ライオン丸:05/01/11 22:17:59
まぁ、非常勤や客員教授ではあまり利用しづらいやろうからね。わしはたまたま、吉田敦彦が大学に来た時、受講した。自分の書いた論文持ってったが、相手されんかった。それと、大学では遊べ! 旅行・バイト・酒・女・堕落・挫折! 全部できるぞ!

189 :天之御名無主:05/01/11 22:20:48
そういやそうだね
城西国際に述語100のあの人がいるんだな
剣道三段ってはじめて知った、すげー

190 :天之御名無主:05/01/11 22:28:38
>>188
>バイト・酒・女・堕落・挫折! 全部できるぞ!
質問者が女だったらどうするよ



191 :天之御名無主:05/01/11 22:34:09
バイト・酒・男遊び(手玉に取る?)・堕落・挫折
ならどうだろう

192 :ライオン丸:05/01/11 22:38:44
決まってら〜! バイト・旅行・アバンチュール・恋の三又四つ又・修羅場・清算・復活・就活・またそこで出会い! ぜ〜んぶ、論文作りながらできる。

193 :天之御名無主:05/01/11 22:41:31
ま、とにかく楽しいことは確かだ

194 :天之御名無主:05/01/11 22:46:21
お前が三流私大だというのはよくわかったw

195 :ライオン丸:05/01/11 22:53:23
ごめん。

196 :天之御名無主:05/01/11 23:10:55
風俗学ってどこの大学で勉強できるの?

197 :天之御名無主:05/01/11 23:13:58
都立お水商だな

198 :天之御名無主:05/02/19 16:47:24
今から受験できて民俗学やれるところってありますか?
成城落ちました。

199 :天之御名無主:05/02/19 18:12:13
筑波。国立はまだだろ

200 :天之御名無主:05/02/19 18:15:39
んーと。>>199だけじゃあおりに見えちゃうので。
自分は筑波後期で合格したのだが、早慶はもちろんMARCHも軒並落ちた。
でも、小論が自分でも完璧と思えるほどよく書けたので、合格したんだと思ってる。
こういうことを自慢すると早慶を蹴って筑波に来た奴に白い目で見られるんだけどね。
ま、いくらでもチャンスはあるさ。

201 :天之御名無主:05/02/19 19:06:05
>>198
来年受験できるところならいくらでもある。
あせらず頑張れ。

202 :天之御名無主:05/02/19 23:18:45
國學院のB方式は月曜日に窓口受付。
がんがれ。


203 :天之御名無主:05/02/20 00:48:14
>199
千葉大のほうがはいりやすい

204 :天之御名無主:05/02/20 02:07:11
203
苦労しない?

205 :& ◆elRirjljpI :05/02/20 20:17:14
アメリカの大学の人類学はよかったよ。
みんなでドライブして先住民の遺跡発掘したり、アルコール依存症の助け合い組織AAでフィールドワークやったり。
アメリカ礼賛するつもりではないが、発想も行動も実に大胆・自由になれる。
日本だとこうはいかない。

206 :天之御名無主:05/02/20 20:29:10
みんなでドライブしてフィールドワークに行ったり謎の組織で参与観察する程度なら
日本でもやってることはやってるが、「人類学」っていう分類はうやらましいね。
日本じゃ文化人類学で遺跡の発掘なんて、まず出来ないし。

207 :天之御名無主:05/02/20 20:30:13
×文化人類学で
○文化人類学の授業で

208 :天之御名無主:05/02/21 14:48:18
>204
研究者になるなら、筑波か。
成城とかは評判はどうなんでしょう?

209 :天之御名無主:05/02/21 23:08:28
>>208
成城の評判を知らないなら
民俗学なんてやめといたほうがいいよ。

210 :天之御名無主:05/02/22 12:05:05
>>206
日本だと、人類学者は掘らないの?
掘るのは、考古の人たち?

211 :天之御名無主:05/02/22 15:14:46
>209
さいきんきかないよ。。。

212 :天之御名無主:05/02/23 18:36:58
>>210
日本で言う人類学は「文化人類学」「形質人類学」のどちらか
形質人類学なら掘ることもあるが日本ではメジャーではない
(少なくとも学部生は作業に参加する機会は無い)
民俗学でも遺物・遺構の実測や分析は行うが近世以降のものが対象となる
考古学はいわゆる「歴史学」の範疇であり人類学・民俗学を隣接領域としているが
人類学者に掘らせることはまず無い

213 :天之御名無主:05/02/23 22:02:02
>>212
最近、中公の世界の名著でマリノフスキー読んでるんだけど、
その付録の対談で泉精一氏がペルーで掘ってるみたいなことを
読んだので、>>210を書いてみました。1967年の作品だから、
いまだと事情が変わったのかな…。

214 :天之御名無主:05/02/25 14:07:39
日本でオカルト色強い民俗学とか学べる大学ってあるのでしょうか?

215 :天之御名無主:05/02/25 14:13:03
>214
具体的なテーマをだすべし

216 :天之御名無主:05/02/25 14:15:33
「オカルト色強い」
ってなんですか。具体的に。

217 :天之御名無主:05/02/25 14:21:34
錬金術や魔術みたいな超自然的なものを民俗学として研究してるところは
ありますか?というような質問がしたかったんです、すいません

218 :天之御名無主:05/02/25 16:57:36
「超自然的」って……
>>214さんはそもそも「錬金術や魔術」が何か知らないようだから、
ちくま学芸文庫の「魔術と錬金術」や文庫クセジュあたりを読んで、
ビブリオテカ・ヘルメティカのようなホームページを見に行って、
いったいどの時代のどの地域が対象で、どういう学問の方法がとられているか、
近隣分野はなんなのか、ということを勉強してきてから質問しなおしてください。

219 :天之御名無主:05/02/25 17:25:48
>>218さん,出直させていただきます
本当にありがとうございました。

220 :天之御名無主:05/02/26 13:48:36
家など、それぞれの民族の美意識から生活環境などで大きく違うだろ。
北欧などの寒冷地の建物は、屋根が急勾配で雪が積もり難い構造になっている。
日本の建物は湿気が多い、日本の夏の生活環境を考慮した設計だし
熱帯地方の建築物は当然のように風通しが良いのが多いね。
こんな建物を見れば、それぞれの民族の生活スタイルや知恵がわかって面白いのだが

建物から見る民俗学を語るスレはあったかな?

221 :ダンの花:05/02/26 17:15:35
>>220
確かないはず。

つーか物を扱うスレは殆どないね。
民具に関するスレもない。
あるのは「こけし」なんかの郷土玩具系のものが少しあるけれど、それもなんだかなあって感じだし。

もし建物系の民俗学を語るスレを立てるのであるならば、頑張ってくれ。

222 :天之御名無主:05/03/03 00:41:44
オカルトって何ですか?

223 :天之御名無主:05/03/12 21:54:09
スレが建てられないので、多少それているかもしれませんが皆様、お願いです。
私は、高校卒業後、大学で史学や民俗学を学び、院に進み将来的にそれらの教員になりたいと考えています。
教授や教員には派閥があると聞きました。どこの大学が教授職としては良いか教えてもらえませんか?
学問で食べて行くということが甘い考えかもしれませんが・・・
どうかよろしくお願いします。

224 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :05/03/12 23:40:47
つまらない話ですが、大学入学もまだだという事であれば、出来るだけいい
大学に入学なさって下さい。話はそれからです。残念な事ですが。

225 :天之御名無主:05/03/13 00:14:42
>223
まずは、東大・京大に入ることです。

226 :天之御名無主:05/03/13 01:10:15
>>223
>>225さんも言うように修士・博士は旧帝レベルになければいけません
研究職目指すなら院からでも構わんので
学部はそこそこのとこ逝ってロンダすれば労力は少なくて済みます


ちなみに貴方のように歴史学に情熱を持った人が年に100人いた場合、
70人は学部時代に諦め普通に就職します
30人は修士へ進みますが博士まで残っているのはうち10人です
修士で諦めた20人のうち地歴科教員や地方公務員、予備校講師、出版社など
研究職とは似て非なる関連業種へ進めるのは8人、
研究に嫌気がさしまったく関係ない業種へ進むのも8人、残りの4人は無職です
博士へ進んだ10人のうち3人が海外へ留学し、2人はドクターを取得してきます
国内に残った7人のうち2人は課程途中で諦め無職となります
3人はODとなって研究室に居残り、2人は何らかの形で研究職への足掛かりを得ます

助教授になれるのは海外でドクターを取得した2人のうち1人と
研究職の入り口に立つ2人のうち1人、計2人です
教授になれるのはそのどちらか1人です

当業界では毎年このような淘汰が繰り広げられています
目指すなとは言いませんがそれなりの覚悟を決めましょう

227 :天之御名無主:05/03/13 07:59:29
>>226
223ではないのですが、そんなに厳しいんですか・・・orz
教授じゃなくて学芸員等も同じくらい厳しいんでしょうか?

228 :天之御名無主:05/03/13 08:03:50
無職が計6人というのは信じられん

229 :天之御名無主:05/03/13 09:06:59
人文系はそんなもんだ
もちろん4〜5人は数年以内に何らかの職には就くだろうが
院やめて何の目的もなくなるヤシは多いよ

230 :天之御名無主:05/03/13 09:10:41
40越えて1コマ数千円、月給数万で働かされる非常勤とか悲惨だよ

学芸員は高卒程度の給料(初任給平均16万くらい)はあるが
募集が少ないので厳しいのは同じ

231 :すごい皮算用だが:05/03/13 15:52:12
>>226-227
史学分野でそれなりの業績をあげている大学として、旧帝(東・東北・京・阪・名・九)、
一橋、筑波、早慶上智、マーチ関関同立、日東駒専、大東亜帝国、成城の30校が挙げられる。
西洋史・東洋史・日本史・関連領域(考古学・民俗学地理学・美術史など)の4種類の専攻に
非常勤でない正規採用の教官が各5名ずついるとして、30×4×5=600のポストがあると仮定する。
各校(全専攻合わせて)博士前期で史学・人文社会学を学ぶものが10名ずついるとすれば、
>>226の割合でいけば300名中100名は博士後期へ進学。うち20名がアカポス予備軍に。
600の席が毎年20名ずつ入れ替われば一通り世代交代が進むのに30年ほどになる計算。

歴史学会の動向を見てると任期の推移はこれよりやや早いくらいじゃない?
実際は無名大学にもポストあるからもう少し緩いだろうけど、院進者数十人に対して
正規採用枠がひとつってのは割合として妥当な線だと思う。
それ以外はみんな使い捨ての非常勤だなw

232 :天之御名無主:05/03/13 17:51:08
この民俗学斜陽時代に教授を目指すのは難しいよ。
大学でその実情を学び、将来性のある研究材料を見い出して
からだろうね。
土台自体があやうい昨今だし、若手への期待は大きい。
頑張ってほしいね。

233 :天之御名無主:05/03/13 21:20:30
民俗学の道に進むなら筑波だろう。
層が厚い。
ただ、今後は東大・京大で民俗をやった連中が
ポストをくっていくかもしれない。
学芸員も研究職並に困難。

マスターを出る→出た時点で堅実な論文一本ないし二本
→行政職→まちづくり・地域おこしの実務を積む
(その間に学会に出入りし、論文に準ずるものをコンスタントに出す)
→40歳以上で研究職に転身

こんなパターンは今後ありそうな感じがする。

234 :223:05/03/14 21:04:31
沢山の情報ありがとうございます。
少子化の結果、大学の二極化が進むといわれている現代の日本において、やはり大学教員の職は、難しいようですね。
日本の人間が築いてきたものが研究対象の民俗学分野は、やはり斜陽化なのですかね。
考古学なんかは、最近よくニュースや紙面を騒がせているようですが・・・
旧帝大をはじめとする大学に入れるようにこれから勉学を励みたいと思います。
視野を広げながら、よく考えます。
やっぱり、夢と掲げる以上は、実現させたいですしね。
今後も、何か情報がありましたら、よろしくお願いします。
本当に、ありがとうございました。


235 :天之御名無主:05/03/18 21:53:27
皆様真剣に検討下さっているので小生がお答えする必要はないかもしれませんが、
一言。
大学は長期的な少子傾向のためよりは、近年の実学志向の強化により、
文化学全般の領域において研究者を整理淘汰する傾向があります。
民俗学はもともと弱小な領域です。民俗学研究者の後任に民俗学が据えられる
とは限らないことを承知しておいていただきたい。
たとえば、「日本文化論」という枠組みで教員を一人公募したとしましょう。
ここに民俗学、文化人類学、日本文学、日本史学等等、数多の研究者が
公募をしてきます。この中から専任を一人採用するというような形が、
研究者を養成しない(共通科目の)大学等では多くなっています。
こういう場合、採用に強いのは、やはり同じ大学の教員が多く専任にいる
大学です。これは東京大学、京都大学、・・・など旧帝大です。
私は民俗学の教員をしていますが、この熾烈な異業種との競争に耐え抜く力量も必要だという
ことは強く肝に銘じていただきたい。
ことに日本文学・日本史学などは最近では、民俗学とほとんど近接しています。
「カルチュラルスタディーズ」という60年代の英国左翼なんどで起こった
流儀が、「文化研究」と翻訳されて流布していますが、
これなどは日本近代文学の中堅、若手研究者がこぞって取り入れています。
というのは、従来のように「日本近代文学」というった公募がないので「日本
文化論」に合わせて研究テーマを選択しているのです。
同様にして、80年代から日本でも広く受け入れられるようになった
「社会史」(フランスの『年報(アナール)』派の日本的展開)もまた、
民俗学と重なるテーマを取り上げています。
そうして、日本文学科や日本史学科は上記旧帝大にもありますので、
同じような論文ならば、彼らを採りましょうとなります。



236 :天之御名無主:05/03/18 22:20:22
したがって、民俗学という名義に別段拘らずに同じ研究対象を選択してもよいというのであれば、
日本文学科や日本史学科を受験されても一向に構わないかと存じます。
ただ、大学を必ず旧帝大と縛るのもどうかと思います。
現在活躍している教員についての事例を紹介しておくと出身のバラエティに気づかれるかと存じます。
たとえば、妖怪の第1人者が横浜国大の一柳廣孝さんだということぐらいは、ここをご覧の方は
ご存知でしょうが、彼が妖怪を研究するきっかけが「芥川龍之介」研究にあったこと、
名古屋大学の近代文学が(現在は坪井秀人さんが活躍)こういう研究を醸成したことなどは
知っておくべきでしょう。
同様にして、現在、民俗学を学ぶ上で充実しているのは大阪大学ですが、これも川村邦光さんが
東北大学の宗教学から来ていることは知っておいてよいことです。
千葉大には橋本裕之、三浦祐之、荻原真子、中川裕という超豪華な教員陣がありますが、
これはそれぞれに出身が違います。早稲田、成城、東大などです。
実は、筑波大学や國學院大学ばかりで民俗学を研究しているのではなく、いろいろな
大学でも研究はできます。旧帝大は、就職に有利ですが、一番大切なのは、個人の資質です。
教員に何でも教えてもらおうという人はまず、ダメです。自分で考えていける人です。かつ、
ひとりよがりにならない人。これが難しいんですね。
名古屋大学で中世神話を研究している阿部泰郎さんは大谷大学のご出身です。
同じく中世神話の山本ひろ子さん(和光大学)は、寺小屋で勉強したんだと思います。
よい仕事をしていれば、学歴には拘らなくてもよいということは言えます。
弱者が学歴に拘る必要が生じるのです。ちなみに和光大学は語り物の山本吉左右さん、
中央アジアの叙事詩の坂井弘紀さん、古代神話の津田博幸さんなどこれも錚々たるメンバーです。
世間で知られている研究者ではないかもしれませんが、世間で知られている研究者の多くは
使い物にならないということもあります。


237 :天之御名無主:05/03/18 23:33:24
>>234
大学に入る前に大学教授を目指すなんて馬鹿としかいえない。自分を何様だと思っているのかね。

238 :天之御名無主:05/03/19 10:43:07
学問的には「・・・としかいえない」という断定は、よほどの具体的な検討を経た
上で用いる表現です。2チャンネル的にはご自由に。

239 :天之御名無主:05/03/19 11:00:54
235・236です。私は高校生の頃から柳田國男や折口信夫の文庫本は多く読んでいました。
東京堂『民俗学辞典』なども高校生のときに購入して読んでいました。
(かつては角川文庫で柳田國男の代表作は10冊以上入手できたのです。また、
『折口信夫全集』は中公文庫で出ていました。)
研究者になるために10代から20代をどう過ごすかは大切です。
私の感じでは、大学4年で研究者を目指すことを決めたというのでは、手遅れに近い気がします。
高校生の頃から受験勉強とは別に専門書とはいいません、啓蒙書を読んでおくのは必要でしょう。
私が重宝したのは専門辞書です。東京堂『民俗学辞典』、弘文堂『民俗学事典』などを
自前で購入することは有意義です。後者は縮刷版が廉価で出ています。


240 :天之御名無主:05/03/19 15:28:28
>>239
年収どれくらいですか?
副業のようなものはやってますか?

241 :天之御名無主:05/03/19 19:08:05
収入を重視するならば、理系(特に医学部、薬学部系)研究者に
を目指されたほうがよいです。
大学の賃金体系は、独立行政法人の場合は、教「官」つまり公務員ですから、
低いです。これは、公開されているのではないのでしょうか?
ただし、これにはウラがあって、官舎などがあり、住居費を官舎で我慢すれば
月額2−3万(場所によってはそれよりもっと安く)家賃になります。
福利厚生面での充実も私立の比ではありません。
かつ、「官」には権威がありますね。
同じ「官」でも公立大学は、概して待遇が悪いです。都立だけがひどいのではありません。
同じ公務員でも、大学教員は「特別研究職」なのですが、これを特別視しないところもあり、
市民オンブズマンの目などを利用する市民派首長がいるところなどは、
教員は夏期休暇などに関わらず月曜から土曜まで
登校すべしなんてナンセンスギャグを本気でさせていることろもあります。
これでは、フィールドワークができませんね。
普通は週4日就業が一般的です。(ただし、これは文部科学省の指導です。
私立の方は千差万別。「公務員並み」で公募かけてくるところもあります。
(この場合、官舎など福利厚生はないのだから、悲惨です)。


242 :天之御名無主:05/03/19 19:25:44
後半が、今ひとつ分かりにくい文でした。
「私立大学の給与体系は千差万別です。」
の意です。4日出勤は文部科学省の指導です。
一般的に、大学教員のよいところは、学問をすることが趣味ではなく、
仕事として行なわれることでしょう。
ただし、研究をしているかどうかは、定期的に審査されます。
たとえば大学基準協会など。そういうところで定期的に大学がジャッジされるわけです。
そこでクレームを付けられないように、年間最低1本は論文を書くことが望ましい。
皆さんはなんだそれだけ?とおっしゃるかもしれませんが、それすらできない
研究者もどきが専任教員にいるものです。
世間に突出している研究者は、(1)論文数が多いが一般向けで当たらしみがない
(2)論文もなく、ただタレントなだけ
が多数派です。
論文が多く、内容が専門の目から見ても優れているというのは、ごく一握りです。
私はそういう意味では、川村さんはすばらしいと思います。周りの助手や院生をみていても
立派な人が多いですね。
歴史民俗博物館の小池淳一さん、静岡大学の矢野敬一さんなどもすばらしい仕事ぶりです。
見ていてほれぼれしますな。
副業については、これは就業規則上微妙な問題がありますので、これまで。





243 :じじい:2005/03/23(水) 22:44:34
241、242>>おいおい…じゃの。
旧国立大は、独立行政法人じゃなく、国立大学法人じゃ!
そこの先生は、もう教官とはいわんし、事務の人たちからもそう呼ばれない。タダの教員じゃ。いつのはなしじゃ!
大学教員が公務員の「特別研究職」?なんじゃそりゃ?「教育職」だろうが。
あと、週4日就業が義務づけられている???お主の知っておる大学は国立大か?
国立大の大多数は、裁量労働制になって、勤務時間は教員の裁量に任されておるはずじゃ!
とうしろが、しったかぶりしよって!喝じゃ!!!
自作自演か???

244 :天之御名無主:2005/03/23(水) 23:58:38
http://www.kokudaikyo.gr.jp/

245 :天之御名無主:2005/03/24(木) 23:28:38
1柳廣タカさんの自演です。交友関係でバレバレ。
しかし、ここまで手前味噌とは…。

246 :天之御名無主:2005/03/26(土) 22:46:20
>>243
そんな情報イラネ

247 :天之御名無主:2005/07/12(火) 06:01:14
昨年だか、一昨年だか、
都立大で妖怪の授業があったらしいよ。
出たヤシの話じゃ全然面白くなかったそうだが

248 :天之御名無主:2005/07/28(木) 18:57:44
もうネタなしですか?

249 :天之御名無主:2005/08/03(水) 20:30:06
慶應の内部進学生なのですが、慶應の民俗学・文化人類学部の内情を知っている方は
いないでしょうか? ここだとほとんど名前が出てきないので…。 お願いします。

250 :天之御名無主:2005/08/03(水) 21:56:23
慶應だと池田弥三郎が折口信夫の直弟子じゃなかったっけ。
話が古すぎ?

251 :天之御名無主:2005/08/05(金) 21:48:33
>>249
民俗学部?文化人類学部?ほんとに内部?

252 :ダンの花:2005/08/06(土) 00:55:44
慶應義塾大学 アジア基層文化研究会
http://www.flet.keio.ac.jp/~shnomura/index.html
こんなのがあるくらいだから盛んでしょう。

253 :249:2005/08/10(水) 19:21:53
正しくは慶應大学文学部社会科学専攻になるんでしょうか? 適当ですいません。
とりあえず嘘をつく理由がないので、信用してくださいませ。

254 :天之御名無主:2005/08/11(木) 21:04:44
社会学専攻ですね。人類学を学べる場所としては小さい規模ですが
悪い評判はあまり聞きませんよ。OBもたくさんいるし。

255 :天之御名無主:2005/08/12(金) 23:53:10
さっき、別スレにアップしたけど、日本民俗学会のホームページが、最近、民俗学を専門に学ぶことが可能な(≒民俗学関連の卒業論文が書ける)大学への暫定的なリンクなんかをつくった。
世の中変わった。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/fsj/links/links3.html
でも、やっぱりそれぞれの研究室の内実を語る内部情報が必要だよな。
学会ホームページにのっている大学ではどこがお勧め?


256 :天之御名無主:2005/08/22(月) 15:35:44
フランス人、スペイン人、イタリア人などを総称して呼ぶラテン人の間にひそかに
PAXという人種差別主義が現在広がっているそうです。
これは、白人優位の世界をつくり、
他の人種を徹底的に差別していこうというものです。
(アングロサクソン種のドイツのネオナチのようなもの)

しかし、ラテン人の肌の色は白ではありません。
黄色、茶色、時に緑がかった肌の色をしています。
ところが、彼らは、男性も女性も化粧を施し、
オールドムービーや写真の俳優の肌の色を
リメイクすることにより自身たちは白人だと
思い込んでいます。

また、彼らの肌の色を自然に、白色に変えることができる化粧品は、
日本の医者が、重度?の皮膚病用に開発した
AZAREというファウンデーションを使用しているのです。
つまり、日本を差別しながら、日本の優秀な化粧品を使用しているのです。

それとは、反対に、ラテンの国々から輸入されている
外国製の化粧品には、使用を続けると、肌を荒らしてしまうような
物質が混入されているそうです。
日本人の肌は、昔は肌理細やかで繊細な色調であったのに
現在の日本人女性の肌は荒れてしまっています。
日本に出回っている、外国製の化粧品や、食品を
プロの方に調べていただければ、わかるかと思います。

ラテン人は白人?至上主義のために男性も女性も白めの化粧を施しながら、
その化粧品は、黄色人種と差別視している日本のドクターズコスメのものを
恥ずかしげもなく使用しており、

かつその後ろで、日本人の肌を傷つけるために、外国製の製品には
毒性の物質を混入しているそうです。

257 :天之御名無主:2005/08/25(木) 20:26:28
>>256
風説の流布にあたるぞ!
ロレアル化粧品を明らかに侮辱している。
世界一の化粧品会社ロレアルが商品に毒を入れているなら、
大変な問題ということになるぞ。それこそ商品安全委員会かなんかに
訴えないといけない。こんなところで、高説たれてる場合じゃない。

258 :天之御名無主:2005/08/25(木) 20:48:54
日本人女性の肌がストレスで男性化してるだけのこと

259 :天之御名無主:2005/08/30(火) 01:15:19
東北芸工大に民俗学なかったっけ?

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)