2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【遠州】南朝落人ロマン【三河】

1 :逢魔:2005/04/18(月) 22:09:18
 落人といえば平家、その平家の影にうずもれたもう一つの
落人伝承、南朝方の落人。後醍醐天皇の皇子の多くが逃げ込んで
ゲリラ化した東三河、北遠州について語りましょう。
 語るのは落人にとどまらずその地の文化全般でもOKです。
ネタの収集は誰かの個人サイトででもよろしく、、、。

2 :天之御名無主:2005/04/18(月) 23:42:12
国が南北に分かれたとき、大抵北側が優勢になるのはなぜだろう。
日本
中国北朝
ベトナム
イエメン・・・・

さて朝鮮はどっち。

3 :天之御名無主:2005/04/20(水) 21:08:20
>>2
米ソ冷戦時代を知らない少年乙

4 :天之御名無主:2005/04/29(金) 21:33:24
尹良親王の話があるのは長野県下伊那郡浪合村ですね。
地元では「ゆきよし」と言っているとのこと。
浪合記という軍記もあります。

あとこれも長野県ですが天龍村坂部(さかんべ)の『熊谷家伝記』も
落人伝説の一つ。
東三河や北遠江ではどんな話があるのでしょう。

5 :taka:2005/05/05(木) 00:30:54
三河地方に住んでいます。
奥三河の有力者の名前には「熊谷」が多いですね。

静岡県水窪町(現浜松市)あたりに南朝時代の都があったとも聞きます。

 水窪周辺や、春野町・天龍村等ではとんでも人が住んでいますね。時間があったら
お話をしてみたいです。


>>4 
「熊谷家伝記」面白そうですね。


6 :天之御名無主:2005/05/05(木) 01:48:11
三河って中央コンプレックスが強いのか、なにかってーと「中央にも影
響力あったんだ」「実は本流が落ちてきたんだ」的伝承がありますな。

と、本籍が三河な「平家の子孫」が言ってみる。

7 :逢魔:2005/05/11(水) 23:36:26
「難場道」 ナンバンドと云へり地名なり。水窪町より水窪川の谷に沿いて
溯ること五里ばかりにして戸中といへる部落に至る。戸数十戸に足らず。
此谷筋の最も奥なり。此処より更に山道ニ十町ばかり入りたる処を難場道
なす。一ツ家あり、難場道の一つ家とて有名なり。之より戸中山御料林中
の中小屋を経て、大井川の上流寸又川の源に出づる間道あり。狩人の他に
知るものなし。因に戸中山御料林の中小屋附近に、長者屋敷といふあり。
別に伊東長者の跡ともいふ。三十年前迄は密林中に礎石三十余個草に埋れ
居たりといへど、山深ければ其後の様子を究めたる者も無しと言へり。
一説には足利時代覚伝といへる山伏が五十二人の同勢にて来り、其処に
屋敷を構へ居たりと謂ふ。宝篋印塔経塚七人塚などあり。又いろいろの伝説
あり。(P.339)「参遠山村手記」

うちはこの覚伝さんの末裔だって爺様が言ってたがほんとかどうか、、、。伊東じゃないし、、。

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)