2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【神話や民俗学における】鳥【について】

1 :天之御名無主:2005/05/04(水) 03:25:16
幻獣などでも有名なものは鳳凰などがありますが色々語りましょう。

2 :天之御名無主:2005/05/04(水) 03:48:58
あとでね

3 :天之御名無主:2005/05/04(水) 13:36:44
現代には正義の物盗りがいなくなっちゃったね

4 :天之御名無主:2005/05/04(水) 18:33:48
日本では死者の魂は白鳥になると言われている
インド神話ではガルーダ
アメリカ先住民族は自らの先祖を鳥だと信じていた。
確かに空を自由に飛ぶ鳥は人類のあこがれだったかもしれない

5 :天之御名無主:2005/05/04(水) 19:03:33
プラトンは人間の魂に翼をつけた
最上天に行くために

6 :天之御名無主:2005/05/06(金) 01:17:14
>>4
>日本では死者の魂は白鳥になると言われている...
白鳥信仰は、東日本それも常陸国以北に限られると思うが。近畿の例えば
近江余呉の羽衣伝説は天女であって、黄泉の魂とは無関係。

7 :山野野衾 ◆a/lHDs2vKA :2005/05/06(金) 16:46:59
死者の魂は別として、『山城国風土記』逸文に、餅を飛ばして矢で射たところ、
餅が白鳥となって飛んで行ったとありますね。
『豊後国風土記』にも類話あり。ただの「白い鳥」かもしれませんが。
『今昔物語集』巻31では、妻が白(い)鳥となって姿を消している。
ただ、日本武尊以外に、死後白鳥となったという話は、無い気がします。

『聖徳太子伝略』に、不思議な鳥がやって来て、太子夫妻の墓の木の枝にと
まっていたが、三年後に姿を消したという話があります。
本書が成立した10世紀以降には、ホトトギスが烏と並んで冥界の鳥扱い。

俗信の中には、幼い子供が死ぬと、梟の体内に入るというものがあります。
東北の「たたりもっけ」が有名ですが、愛媛などにもある。

時代ごとに傾向は異なりますが、鳥が異界との橋渡し役でした。

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)