2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

竹田現象学について語る(Part 10)

1 :ローカルルール審議中:2005/04/21(木) 21:41:07
竹田青嗣を語る
http://mentai.2ch.net/philo/kako/955/955159799.html
竹田青嗣を語る2
http://mentai.2ch.net/philo/kako/974/974326375.html
竹田青嗣氏についてまったりと語るスレ
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1000/10008/1000867468.html
竹田現象学について語る(続き)
http://mentai.peko.2ch.net/philo/kako/1015/10151/1015172785.html
竹田現象学について語る(続きの続き)   
http://f61.aaa.livedoor.jp/~sslogbbs/2ch.philo.1030.10303.1030344961.htm
竹田現象学について語る(続きの続きの続き)
http://f61.aaa.livedoor.jp/~sslogbbs/2ch.philo.1040.1040304077.htm
【人格最高】竹田哲学について語る【哲学最高!】
http://f61.aaa.livedoor.jp/~sslogbbs/2ch.philo.1055.1055871301.htm
竹田現象学について語る(part8)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1072264688/
【デリタを論破】竹田現象学について語る(part9)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1104414031/

公式サイト
http://www.phenomenology-japan.com/takeda.htm

2 :ローカルルール審議中:2005/04/21(木) 22:10:20
>>1
乙です!

3 :ローカルルール審議中:2005/04/21(木) 23:19:16
あ?

4 :66:2005/04/22(金) 00:53:09
>>1
乙。

5 :疑問者?:2005/04/22(金) 01:36:08
そもそも竹田氏は主客問題を近代哲学上の大問題と勝手に位置づけているが、
本当にそうなの?こじつけなんじゃないの?竹田主観による我田引水じゃないの?

6 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 01:42:59
そんなことはないですよ。


7 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 01:51:00
竹田氏の理論の理解にも個々人によって、色々と幅があるみたいで、
細かい部分でかなり違ってきます。しかし、竹田氏の基本的な概念や
後期に展開された理論でも、不思議とその概念は符合してきますが、
これはそれだけ竹田氏の理論の射程が相当広いということでしょう。

8 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 01:56:26
主客問題が近代哲学上の問題の一つであることは確かでしょう。しかし竹田氏がいう
ほどの大問題ではないこともまた確か。
竹田氏は、パーソナルな問題としての「主客問題と自分」と近代哲学史上の問題としての
「主客問題の扱われ方」を混同しすぎていると思う。笠井潔が弁証法を考察する際にも
同じような混同が見られる。


9 :疑問者?:2005/04/22(金) 02:15:18
しかしこの主客概念が多くの哲学者が共有する哲学上の大問題としてあるのか、
それとも竹田氏個人の思いなしであるのかは大変重要なことだと思うのですが、、、

だからこそ主客が一致すべき理由なるものを具体的に知りたいんですが、、、

10 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 02:41:24
>>9
>主客が一致すべき理由

???そんなこと竹田は問題にしとらん。主客が一致する、という
言い方がもう客観を前提してる。主客問題自体が意味をなくすというのが
竹田の主張。あと具体的というが現象学入門にも書いてあるから
↑の問題も含めてもう一度読んでみることをすすめる。
あまり飲み込めてないようなので。

11 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:01:27
近代哲学の難問に主客問題を設定したのは竹田なりの近代哲学の
アプローチの仕方なので、その点は別に思いなしでもなんでもいい。
そこからどういう展開があっているかが議論の対象となる。

それから主客が一致すべきだとは竹田は一言も言ってないはず。
全てが主観であるはずなのに、あるレベルでは共通了解が
なぜ成り立つのかということについての考察を通じて、
確信成立の構造を探ろうというのが竹田現象学。

確かに主客問題自体の意味をなくすのが竹田の主張だが、
それが果たしてうまくいっているのかはかなり疑問ではある。
竹田の「間主観性」は、主観の間の妥当の成立ではなく、
主観の内に生じる信憑のことだから、
自分に妥当していることが他者に妥当していることの根拠は
どうしても取り出せないのではないか。
であれば、主観の内に世界像を成立させているだけだと言われても
仕方がないだろう。


12 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:05:10
>>11
うん、大体その通りだと思う。

>であれば、主観の内に世界像を成立させているだけだと言われても
>仕方がないだろう。

主観の外には出られないのだから、結局そういうことになる。
注意すべきなのは、だからといって他人が存在しないだとか
世界は幻だとか思う、のとは違うってこと。

世界や他人が本当に存在するかどうかは厳密には分からないが
存在するであろう、という確信を抱くことは確かだ。
↑この確かなところからアプローチしよう、というのが竹田現象学。

13 :疑問者?:2005/04/22(金) 03:19:31
>>10
なら「現象学入門」の第一章の1に相当なページ数を使い、20ページの太字で
もまともにこのことを問題視しているわりには、具体的なことを書いてはいない
のはなぜでしょうか?何か抽象的な言い方ばかりで主客が一致しなければならない
本当の理由が書いてあるようには思えないのですが、、、


14 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:30:37
>>13
「(条件さえ完璧に揃えば)主客は一致するものだし、しなければならない」と考える人は
過去の哲学者にもいたし、現在、一般の人で漠然とそう考えているも多くいるでしょう。
そういう人たちを仮想の対話者として、現象学的懐疑(主客問題そのものが果たして正しい
のかどうかという懐疑)が提示される、という書かれ方がされているのだと思いますよ。


15 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:36:56
>>8
>笠井潔が弁証法を考察する際にも
同じような混同が見られる。

詳しく。

16 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:39:18
自分と相手のやりとり(その複合)から共通了解が客観として生成するが、更なる他者はこの
客観を脅かす。放送業界に対するホリエモンのように。

17 :疑問者?:2005/04/22(金) 03:53:15
>>14
なら竹田氏は、主客一致は自然的な生活をする多くの人たちが漠然
ととっている態度であるから、それの正誤を確かめるために現象学が
あると言っているのでしょうか?
「現象学入門」の文脈からしてちがうと思うんだけどなあ。

竹田氏は自分なりには主客が一致すべき理由をはっきりとわかって持っている
と思うんだけど、それがこちらには伝わってこないのです。具体的にそれが
わかれば竹田現象学への反論ももっとはっきりできるのですが、、、

18 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:57:52
>>13
繰り返し書くが、主客が一致しなければならないとは竹田は絶対言わない。
なぜなら、竹田によれば主客の一致は背理だから。
カントのアンチノミーによってそれは解決済みの問題だとされている。

それから『現象学入門』の20ページは今ちょっと眺めてみたが、
近代哲学や実証主義にとっての主客が一致すべき理由についての記述だった。
もっと具体的な記述を求めるのならば、『はじめての現象学』の方がいいんじゃないか。
ただし、俺にとっては『はじめての現象学』はかえって分かりにくかったが。

19 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 03:57:59
>>15
簡単にいうと「テロルの現象学」などでなされている笠井の弁証法批判は周知のように、
連合赤軍の内ゲバ事件という具体的問題およびそれを引き起こした思考原理(と笠井はみな
す)である弁証法への彼自身の違和感を根底に書かれている。竹田が現象学について書く
場合も、マルキシズムだけが唯一客観に到達できる原理である、という当時の教条的マル
キシズムへの違和感を根底に書かれている。
これらは弁証法自体、マルキシズム自体の批判・検討というより、弁証法やマルキシズム
の副作用の批判・検討というべきではないだろうか。社会批評とまでは言わないが、それ
に近いと思う。だから彼らの持つ文脈を離れて純哲学理論的に彼らの書物を読むと、理解
不能なところも少なくない(と俺は思う)。


20 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 04:12:09
>>17
>なら竹田氏は、主客一致は自然的な生活をする多くの人たちが漠然
>ととっている態度であるから、それの正誤を確かめるために現象学が
>あると言っているのでしょうか?

俺は14ではないが、自然的な生活をする(生活世界)多くの人たちにとっては
主客一致なんかそもそも問題にはならない。(自然的態度)
主客が一致する、あるいは自然を客体化できると考えているのは
逆に実証主義(自然主義的態度)の方で、
むしろ実証主義を生活世界によって基礎付けようとフッサールは考えた。
竹田もその線をほぼ踏襲している。


21 :疑問者?:2005/04/22(金) 04:45:08
>>18
なら近代哲学や実証主義にとっての主客が一致すべき理由というのは
具体的には一体何なのでしょうか?

22 :疑問者?:2005/04/22(金) 04:51:30
私には竹田氏が勝手に科学の実証主義における仮説をたて実験で証明する
という方法を無理やり主客図式にかぶせているように見えるのですが、、、

23 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 05:16:41
そもそも、数学的幾何学的手法による証明が我々の知覚する世界を
完全に捉えているという保証は元々ないんですよ。
デカルトはそれを保証するために神を持ち出したほどです。
ニュートンの科学もはじめは根拠が無いとして信用されていませんでした。
カントがフォローしたおかげで信用を得たんじゃないのかな。

しかし現代では科学技術の恩恵による社会の繁栄がものを言って
殆ど科学の信憑を疑う人はいないわけです。
まぁ、別に科学が自然に向けられているうちはまだいいんですど、
これが人文学的領域にまで鳴り物入りでやって来られて、そんでもって
人間のあらゆる価値までも客観的に科学で規定できるとか皆が思い出したら
危ないぞ、といいたいわけです。

24 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 17:13:11
カントの不可知論では物足りない。
ニーチェの解釈があるだけだとする論も行き過ぎ。
ここは先ず、我々が実際に体験している主観の世界を落ちついて観察してみて、
我々の認識の確信や、妥当を可能にしている条件を探ってみようではないか。


25 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 20:14:32
>これが人文学的領域にまで鳴り物入りでやって来られて

おいおいおいおいおい、誰が危ないんだ?wwww

26 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 22:16:37
>ここは先ず、我々が実際に体験している主観の世界を落ちついて観察してみて、
>我々の認識の確信や、妥当を可能にしている条件を探ってみようではないか。

ちゃんちゃん♪

これが「竹田現象学」のオチなんだよね。

この先の光景を見た者は果たして存在するのか?

27 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 00:11:42
>>22
言わんとすることは分からないでもないけど、たぶん「生活世界」や
「自然的態度」に竹田が込めている意味は、「主客問題」の解決じゃ
ないと思うよ。

19が書いていたけど、竹田のフッサールの読み込みには、個人的
体験が色濃く反映されていると俺も思う。
多分、竹田は「実証主義」にマルクス主義の「真理」を見ていて、
一方で「生活世界」を吉本隆明の「大衆の原像」と重ねあわせている
んじゃないんだろうか。(丸山圭三郎との対談でも、それらしきことを
言ってたし。)
だからもともとのフッサールの意図とは離れて、実存哲学との
結び目として「生活世界」を捉えているよね。

28 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 02:37:45
実はハイデガー入門が一番出来がいいかも。




29 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 02:39:37
>>11

だいたい同じ認識だが、

>自分に妥当していることが他者に妥当していることの根拠は
>どうしても取り出せないのではないか。

ここだけ違和感があった。

30 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 05:32:31
自分が妥当していることついて、他人が妥当しているとは
限らないし、妥当していたとしても、厳密に言えばその根拠は
(主観の側からは)どこからも取り出せない。
ただし、それについて「他人が妥当しているであろう、という確信」を
抱く根拠なら意識を内省すれば取り出すことはおそらく可能だ。

だから
>自分に妥当していることが他者に妥当していることの根拠は
>どうしても取り出せないのではないか。

というのは、竹田なら、それは確かに取り出せないが、自分が
そう(相手に妥当している/していない)だと確信しているその
根拠は何か、という問いに変更すれば回答可能だ、みたいな
こと言うだろうと思う

31 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 05:34:59
>>26
その先の光景は、高度な学問としての哲学とはちょっと
趣を異にしてるからなぁ。。西研「哲学的思考」の最後のほうに
本質直観をみんなでやったみたいな話があるでしょう。
それがその光景だと思うよ。まぁ、自分でもやってみて
それを難しい文章にすれば、哲学書が一冊できたりするん
だろうけど。

32 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 06:36:36


♪ど〜でもいいですよ



33 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 08:00:44
>>31
そういうことじゃなくて。

竹田が文芸評論家としての筆を折ってしまった理由を一度よく考えてみる必要があると思うよ。

34 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 12:31:21
>>33
それだけじゃさっぱり分からん。どういうこと?

35 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:03:44
でりた君の脊髄反射アンチも問題だが余り実り多い議論になっていない。
問題点整理するから長文しばらく済まない。
竹田さんへの文句に見えるところもファンとして後で反論するため。しばし我慢を。
925 :66:2005/04/15(金) 02:10:10
「妥当」についての解釈がなぜ問題になったかというと、
でり田君の>>86は「条件」の問題と「結果」の問題が混同されていたから。
これに関連して、でり田君の問題の一つは「他者との関わり」のサンプルをを匿名掲示板から得ている事。
言動の同一性や全体性が(いやでも)必要となる「日常」でないと、竹田の思想はうまく機能しない。
エクリチュールだけで無限に空虚な議論を続けられる掲示板では、「妥当」は極めて成立しにくい。
そうでなく、竹田現象学の本領は、それぞれの人の「日常」で試されている。
その結果は竹田氏を支持する人の多さから、ある程度推測がつくというもの。
だが、でり田君の批判の中心は実はそこではない。で、その事がこの議論をややこしくしている。
というのも、彼の不信の理由は、寧ろ竹田氏が、こうして支持された「竹田現象学」のノウハウを、
余りにも簡単に、社会思想へ転用しようとしている所にある。社会や国家は、個人の実存を合計したものではない。
社会や国際関係を語りだす瞬間、現象学の「原理」は凶暴な現状追認装置として、一人歩きするよう見える。
そこで、でり田君としては、そもそも実存論としての「竹田現象学」自体に、危険な志向があるんでは?
と疑いたくなるわけだ。
926 :66:2005/04/15(金) 03:05:27
なぜ議論がややこしく紛糾するかというと、
竹田氏は今の所(説明や理論化を詳しくしていないという意味で)、
実存論(哲学)と社会理論(社会学)という二つの「竹田現象学」の連絡を十分につけていない。
ここには、まだ飛躍がある。
一方、でり田君もまた、自分の批判の焦点を絞らず、
二つの竹田現象学を同じレベルで批判し、あまつさえ、竹田現象学に関わるものすべてを糾弾するという、
飛躍した批判を繰り返している。これでは議論が議論でなく単なる言い合いになるのは仕方ない。




36 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:10:15
続き
927 :亀吉:2005/04/17(日) 00:28:00
竹田現象学では、間主観性にしても主観の内で信憑が生じるという形で「妥当」が成立する。
主観が外に出て他者の実在や他者の意識を確認するというわけではない。
「妥当」の成立する最終的な論拠は明証性で、それのみを「妥当」の根拠にするのを
竹田との対談で廣松渉はそれを「直感主義」と呼んでた。
それで本当に「妥当」(ゲルテン)が成立するのか、
成立するのならそれこそまさに「独我論」でなないかと廣松は竹田を批判していたな。
「信じてるだけでは独我論の外に出たことにはならない。」と。
この点では確かに廣松の方が筋が通っているように思う。
928 :亀吉:2005/04/17(日) 00:29:23
>>925 >>926
>彼の不信の理由は、寧ろ竹田氏が、こうして支持された「竹田現象学」のノウハウを、
>余りにも簡単に、社会思想へ転用しようとしている所にある。社会や国家は、個人の実存を合計したものではない。
>社会や国際関係を語りだす瞬間、現象学の「原理」は凶暴な現状追認装置として、一人歩きするよう見える。

>実存論(哲学)と社会理論(社会学)という二つの「竹田現象学」の連絡を十分につけていない。
>ここには、まだ飛躍がある。

確かに。実存論はフッサール、社会哲学はヘーゲルだからね。
だからこの二つは、独立したものとして考えなければならない(今のところは)と思っている。

37 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:13:41
続き
956 :竹田ファン :2005/04/20(水) 22:17:48
聞いてもらいたいのだが、問題になっているフッサール的実存論とヘーゲル社会哲学が何故一致するのか。
鍵がある。教えるので怒らないで聞いてもらいたい。
バタイユに象徴される、侵犯の弁証法が鍵。
意識の内部と外部の関係性。バタイユ的枠組みに連なり意識の分析と全体性をつなぐ。
デリダが「精神について」でハイデガーの人間中心主義を批判した。
ハイデガーは人間を言葉を使う死に向き合う特権的存在=現存在として動物を排除し言葉を取り上げた。
そいうったあやふやでいい加減な差別と排除を物語だとデリダは批判したが、同じ仕組みは多くの思想で共有されている。
フーコーの言葉と物や蓮実の物語批判序説も同じ圏域の問題。
宗教的超越性喪失後の狂った動物=マイナスの価値による特権化のロゴス。動物。
人間学のまどろみの科学的対象としての死に区切られた有限原理へのおしゃべりとしての死の言語。言葉。
大戦以降の大量死の近代知に不透明な欲望再導入して全体性を回復する逆説の侵犯の弁証法。死。
この3つのわかりやすい露出。
ハイデガー。ラカン、ジジェク。パンサル論、唯幻論、唯言論。ブランショ。
そういった動物、言葉、死の無自覚な特権化の流れに棹さしている。
竹田さんの著作で突然、バタイユが出るのも、一端排除した外部代表として欲望を再導入するため。
フッサールとヘーゲルの間にバタイユ入れればわかる。
問題はそういう囲い込みが何をもたらすか。

38 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:14:38
957 :竹田ファン :2005/04/20(水) 22:38:55
言葉の意味は内面にはない。発話者にもわからない。
それを通じて喚起される様々な出来事の結果としてしか捉えられない。
ある程度長い分話すとき、書くとき、言葉通り文字通り受け取られることは期待していない。
現実の中で誤解されさらにはこちらの思いもよらない物をもたらしてくれる事をこみで言葉を使う。
他者、身体、集団、社会、経済、歴史。
信憑だ、構造だ、妥当だと言ってもどうしても構図として予め一つの視点からの切り取りをトレースして他者に押しつけてる側面はぬぐえない。
閉ざされた関係性がある。
そこでフッサール、バタイユ、ヘーゲルがつながる。
958 :竹田ファン :2005/04/20(水) 23:26:33
バタイユにはそれなりの意義は認める。それでも一面的だ。
例えば岸田秀が人間は本能の壊れた動物だ、全ては幻想だという時、そういうおまえは何様だ、幻想から自分一人で目覚めているという気なのかという突っ込みが入る。
ヘーゲルが批判されたのも、独我論=一つの視点からの一面的真理を、対話=弁証法の名で一般化して他者に押しつけたから。
ヘーゲルがフランス革命への反革命で資本主義狡猾に利用しつつ、統制はかったのは事実。
竹田さんにしてもどうしても抽象的図式振り回して、同意や妥当の枠組み押しつける構図は振り切れないと思う。
信念対立調停すると言っても、パレスチナ紛争に本質学ではなく事実学とか言っても通じない(ry


39 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:28:26
続き  随分、遠くの方から論じていると文句あるだろう。
しかしファンとしてリスペクトのためだから勘弁。もうちょっと続く。
バタイユを評価することはやぶさかではない。
しかし全体性を回復しようというあつかましさは勘弁。
大戦以降、自分達の世代に失われた知の特権性を取り戻したい、
裏口から掴み取りたいという子供じみた安易さがある。
竹田さんには内部と外部の弁証法の図式が残る。
欲望や衝動を一端還元して、その構造を現象学者が特権持って解釈し押しつける。
問題はそれが閉ざされた内面の信憑や妥当性でしかない事。
928のように独我論に見える。
言葉一つ取っても内面に収まらない何かがあるから使う。
そういうダイナミズムは信憑や妥当では切り落とされる。
妥当性を受け入れる共同体性を前提にする。
928の言うネオコンに近づくのはヘーゲル的安易な押しつけがあるから。
システムは意識の信憑と言っても、現に動いてシステムに戦っている人間にはとどかない。
パレスチナ問題では及びではない。

40 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:39:53
村上春樹やセカチュー、古くは舞姫式に何もしない男が女を不幸にしながら、
現実の力に屈する無力な自己正当化の文学がある。
何もしないで内面だけ傷ついて、自己回復目指す文学。
そういうものとに親和性を疑われても仕方がなく見せる部分がある。
盟友の加藤典洋は春樹の擁護者だった。
そういう傷のなめあいの共同体を匂わせてしまう。
春樹がベストセラーのように、一定の人間がそれで救われ、
社会的影響力持つことは大切なこと。
社会のシステムから逃げ括弧に入れて逃げ出したいことはある。
そういうモラトリアムのための必要悪。かけがえのない大切な思想。
以上、終わり。長文済まない。

41 :竹田ファン:2005/04/23(土) 13:54:36
竹田さんや竹田ファンの間抜けな言動をウオッチさせてもらい書いてみました。
では悲しいことだが、ファンを離れて公正に観察結果を言いたい。
・一人一人の視点からは現実や世界は微妙に違うという当たり前のことをくどくど言う思想。
・現代思想ブームで出たゴミで、岸田や栗本やジジェクと同じ商売人だが自覚はない。
・バタイユ的流れ引き継いで全体にコミットしようというろくでもない物語の犠牲者。
・フーコーデリダドゥルーズが微細な差異を問題にした努力を無にする馬鹿。
・妥当も信憑も閉ざされた仲間内のシステムでしか通用しない。
・システムと戦っている人間には迂遠で役立たない。
・一面的視点で現実の多様性無視している。
・セカチューで泣くようなメンタリティーの負け犬に自信与えるためのモラトリアム思想。
・こういう分析すれば信者以外は皆が納得できるもの、膝を打つもの。
・ヘーゲルはそんな悪い奴じゃないとか愚かな詮索する奴は哲学がわかっていない。
・↓以下、延々祭りが始まる。どうぞ。

42 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 14:04:07
>>35-41
こんなにスペースをとって一番実りの無い書き込みは自分のものだってことはよく自覚しておくように。

こういうヌルい自己分析に基づいたモノローグを書き込むべき場所はわかっているよな?

43 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 14:50:48
あーあ、せっかくの良スレの予感がすべてぶち壊し。
前スレのしょうもない議論もちだすな。
今、それなりに面白い論点がいろいろ出てきてたのに。

44 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 15:07:07
「良スレの予感」なんてキモい野郎だな。
お前みたいなのがローカルルールとか必死になってゴチャゴチャいじってんだろ。

「それなりに面白い論点」があるならお前もちゃんと参加して展開してみろよ。
くだらねえ愚痴垂れて「ぶち壊し」に加担してるのは自分自身であることに気付けよ。

45 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 15:51:41
>>35-41

別にバタイユを持ち出さなくても、ヘーゲルに主人と奴隷の弁証法があるから、
竹田も外部と内部の弁証法を持ち込んでいることは分かる。
竹田にとっての「他者」は、自己中心的な欲望をとき放つ可能性を持つ存在で、
自他の接触が「自由の相互承認」を弁証法的に成立、発展させていく、ってのが、
竹田の主張でしょ。
ところが、「自由の相互承認」が成立していると了解している場所は、
竹田の場合は、主観内の「妥当」にすぎないのではないか、
言い換えれば、他者にも「妥当」が成立していることの根拠を取り出せない
竹田の哲学は、主観内にしか成立してない「自由の相互承認」の妥当を、
あたかも自他に成立したものとして(特権的に)記述しているにすぎない。

こんなふうにまとめていいのかな?


46 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 16:00:45
バタイユは全然関係ないよな。バタイユと言ってみたかっただけ。

47 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 22:28:37
>>45
>竹田の場合は、主観内の「妥当」にすぎないのではないか、

それすらもグレイでしょ。明確にそう言っているところも見当たらない(竹田がね

48 :疑問者?:2005/04/24(日) 13:00:01

結局、主観客観図式というのは竹田が全く新しく哲学界に持ち込んだ概念で、

その主観客観図式という自分なりの色眼鏡でいろいろな哲学者をバッサバッサ

と勝手に斬っていってるんじゃないの?

他の哲学本読んでもこの主観客観図式なるものが哲学上の大問題などと言って

いる人は一人もいないような気がするけどなあ。

49 :66:2005/04/24(日) 13:08:11
>>48
>結局、主観客観図式というのは竹田が全く新しく哲学界に持ち込んだ概念で、

だとしたら竹田氏は、哲学史に残る偉人ということになるな。
もう少し考えて書きなさい。ついでに古典の一冊くらいは読みなさい。

どうも、最初はまともに疑問を発したり、議論をしようとする
ポーズだけ表しても、すぐに本性を見せるパターンのアンチが多いな。
心根の貧しさをよく表している。

50 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:14:32
「心根の貧しさ」ならお前に負ける者はいないだろう。

いつまで恥を重ねれば気が済むんだ? お前は。

51 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:28:56
>「66」
>>35で引用されている前スレのお前の拙劣な反批判への問い直しについても毎度のごとくスルーされているんだが。
「お人形さんごっこ」をひとりで始めたり、***〜とかいう最悪コテを脈絡なく呼び寄せてみたり。
そんなお前には「議論をしようとするポーズ」さえ感じられないのだが、そこんとこどうなの?

939 :ローカルルール審議中 :2005/04/19(火) 02:19:03
騙り野郎がキーキーうっせえから>>925-928に対する俺の考えでも提示しておくかな。まず、

>「妥当」についての解釈がなぜ問題になったかというと、
>でり田君の>>86は「条件」の問題と「結果」の問題が混同されていたから。

これじゃ全くわからん。阿吽の呼吸じゃあるまいし自分の主張ならちゃんと責任をもって説明しろ。

>「他者との関わり」のサンプルをを匿名掲示板から得ている事。
>言動の同一性や全体性が(いやでも)必要となる「日常」でないと、竹田の思想はうまく機能しない。
>そうでなく、竹田現象学の本領は、それぞれの人の「日常」で試されている。
>その結果は竹田氏を支持する人の多さから、ある程度推測がつくというもの。

俺は竹田の著作活動においてもそういう事例が全く見当たらないことを指摘しているのだが。
そういう「日常」で「うまく機能」してる例って何? 
相手もお前らに倣って自分の「確信成立の条件」を内省することによってお互いの対立をほどいちゃったりしてるわけ?

それに、お前、ここの書き込みだって「日常」の延長だよ。
「自作自演」「騙り」「サクラ」がお手のもののお前らから見たらひどく馬鹿げた話かもしれないが、
俺はこの場で演じられる「日常」を疎かにはしたくないね。

「竹田氏を支持する人の多さから、ある程度推測がつく」ってこれは実売部数の話じゃなくて?
商売の話じゃないの? 単に売れた数が多いからって「支持する人が多い」なんて随分ナイーヴな話だな。
売れているのは『〜〜〜入門』だからだよ、単に。買う人は対象にしてる『〜〜〜』の方に興味があるだけ。
そんなのは竹田の個人的な論説書の部数や日本最大の掲示板であるここでの賛同者の少なさから言ってもわかるだろ。

52 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:29:31
940 :ローカルルール審議中 :2005/04/19(火) 02:20:25
>なぜ議論がややこしく紛糾するかというと、
>竹田氏は今の所(説明や理論化を詳しくしていないという意味で)、
>実存論(哲学)と社会理論(社会学)という二つの「竹田現象学」の連絡を十分につけていない。
>ここには、まだ飛躍がある。

「議論」などちっとも「紛糾」していない。「議論」自体が成立していないのだから。

そもそも何で「竹田現象学」がきれいに2つに分けられるわけ?
こっからここが「哲学」でそっからあっちまでが「社会学」でなんて風に峻別できるわけ?

てめえがどんな風に世界を認識していようがどんな確信を得ていようが構わないが、
それを他人に押し付けようとするんじゃねえ、ってのが俺の基本的なスタンスであって、
俺の竹田批判はそこに尽きる。もし押し付けようとする意志が全く無いと言うのなら批判をきれいに撤回しよう。

>徹頭徹尾「わたしにとっての意味」であるはずのものが、何でいとも簡単に、
>「社会においてはこうあるべきという『原理』」なる「一般性」に転換されるわけ?

ここに飛躍があるということは以前のスレでも触れたが、俺の違和感は確かにこういうところにある。
しかしこれは竹田自身の問題であって俺の問題ではないことは言うまでもないことだろう。

53 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:30:25
941 :ローカルルール審議中 :2005/04/19(火) 02:21:25
>二つの竹田現象学を同じレベルで批判し、あまつさえ、竹田現象学に関わるものすべてを糾弾する

それに竹田自身が2つに峻別しているのか? お前らが勝手に分けて考えているだけなんじゃないのか?
そんなお前らにはこの言葉を贈っておこう。

>しかしこれだけでは確固とした確信は成立しない。
>この内在的確証が揺るぎないものとなるためには、
>その上に他者の承認ということがつけ加わらなくてはならない。
>つまり現象学的な「妥当」の概念でもうひとつ重要なのは、
>(以下原文ゴシック)「妥当」とは相互的な確証を条件にするということである。
(竹田青嗣『自分を知るための哲学入門』)

ここでは「妥当」という概念に「内的な確信の条件」と同時に「他者の承認」が導入されている。
俺は、言うのも飽きたが、何度も何度もこの「他者の承認」に向かうときの姿勢のあり方を批判してるわけで、
これはまぎれもなくひと続きの「竹田現象学」内の話であって、何で分けて考えなきゃならないわけ?

あと、俺は別に「すべてを糾弾」してるわけじゃない。確かに愚劣なものを叩くことに躊躇はしないが。
単純に不思議に思うから問い直しているだけだ。何でそんな程度で思考停止に陥っちゃうの?って。

で、亀吉は? 病院行き?

54 :66:2005/04/24(日) 13:31:28
>>50
貧しいと言われて反応するだけの矜持はまだあったんだね。
安心したよ。

西洋哲学史、とりわけ近代以降のそれを、
全て「主観客観図式」で読み解くのは確かに力技だが、
近代哲学の主流の一つがドイツ観念論の隆盛から始まり、
ヘーゲルで最高点に達した事を考えれば、むしろかなり保守的な
アプローチだろう。
「主-客問題」ではなく、ギリシア以来の「理性」の能力の問題から
読み解くこともできたとは思うが、<他者>についての問題が
クローズアップされてる現状では、
前者の方が面白いと感じる読者が多い気がするね。

55 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:34:52
1000 :ローカルルール審議中 :2005/04/22(金) 01:02:31
で、「主客問題」が解けたとしたらそれがいったい何だっての?
いつまでもコップだのリンゴだのイスだのがどうのこうの言ってそれが何だっての?
コップだのリンゴだのイスだのの「間主観的」な「一致」を見たらどうだっての?
問題はその先にあるんだよ。俺はその先の批判をしてるのにお前はどうしてそこに戻るのか?
つ〜か、お前らはそこに戻ることしかできねえんだよな。それ以上の複雑なことは考えられねえんだよ。

ケンカするなよ! コップだのリンゴだのイスだのの「間主観的」な「一致」があるのだから他人との「合意」は「可能」だろ!
メデタシメデタシ! で、思考停止。つ〜か、最初っから何も思考してねえ。理念があるだけ。くだらねえ。マジくだらねえ。

56 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:37:54
>>48
>結局、主観客観図式というのは竹田が全く新しく哲学界に持ち込んだ概念で、
>その主観客観図式という自分なりの色眼鏡でいろいろな哲学者をバッサバッサ
>と勝手に斬っていってるんじゃないの?

主客図式という言葉自体は使っていないかもしれないが、
デカルトやフッサールはそのような問題意識を持っていたことは
テキスト読めば察せられるけどね。
まあ、それはともかく、それが竹田の哲学の切り口なんだから、
その観点から使える哲学者と使えない哲学者を仕分けていくのは、
別に何も問題はないんじゃないの。
ただ、もし竹田が主客問題を解けていないことをもってその哲学者の
営為を全否定していたら、確かに問題だがね。
そんなことは竹田は言わないだろう。
それから、竹田が哲学から主客問題を抽出したのは、それなりに
鋭い指摘だと思うよ。
例えば政治思想でも経済思想でも、「個人と社会」の関係については
やっぱりアポリアだけれども、竹田の問題設定はそれとパラレルだからね。
だから竹田の主客図式を批判しようと思えば、そういう図式から漏れることの中に
重要なテーマがあることを指摘しないとダメだよ。


57 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:45:59
>>35の内容はわかりやすくまとめられていて、>>51だけわからないようだから、
もういいよ、繰り返さなくても。
>>35の内容については、妥当の問題とか主客問題とかいろいろ出てきてるから、
その中ですでに議論になっているじゃないか。

58 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 13:55:12
で、「主客問題」が解けたとしたらそれがいったい何だっての?

59 :66:2005/04/24(日) 13:59:37
>>57
その意味じゃ、>>11とか>>19とか>>27あたり、面白い論点が出てると思う。

60 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 14:27:59
>>58
哲学が問題にすべきテーマがはっきりする、ってことかな。
竹田の場合、欲望論がテーマになったが。

61 :66:2005/04/24(日) 14:46:49
>>11と12のやり取りは、どちらもよく分かる。
亀吉氏も、廣松を引き合いに出していたが、
「真理」への探求をバッサリと捨てて、
「信憑構造」の解明に向かうというのは、かなり思い切った発想だし、
まさにそれをして「独我論」というのではないか、という疑問には一理ある。

例えば我々の言語というのは、骨の髄まで自然的態度に犯されていて、
それなしには実はどんな推論も不可能に思える。
つまり、独我論(主観一元論)も、結局は客観の混入を
免れていないのではないか、という問題が出てくる。
もちろん、竹田現象学はそういうことも全部エポケーして、
虚心坦懐に、人間が生きている世界における、
意味と意味との相関を把握せよと言う。

62 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 14:54:51
>>60
そりゃ、商売の話でしょ。延々と続く「言葉遊び」の。

>>61
>人間が生きている世界における、意味と意味との相関を把握せよと言う。

自分ができないことを他人に言うなって話だよな。


63 :66:2005/04/24(日) 14:59:30
>>62
哲学的には出来ているし誰でもその気になれば
(ニヒリズムに陥る危険はあるが)可能だろう。
ただ社会や政治が絡むとどうかなという問題が大きい。
事実、亀吉氏も言っていたように、イラク戦争での竹田氏の立場取りは
明らかにおかしかった。

64 :66:2005/04/24(日) 15:13:47
「なぜりんごはりんごに見えるか」これについては、
比較的、端的に意味と意味の相関を取り出せるだろう。

しかし「皆が一番幸福になれる政策は何か」という問題ではどうか。
思うに利害関係が大きく関わる場合、途端に危なくなってくる。
その理由は、利害関係が人の認識を狂わせるからではない。
利害関係が大きいと、その哲学的実践に、本人や一思想が負いきれない
「責任」が掛かってしまうからだ。

65 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 15:23:31
だから、何?

66 :66:2005/04/24(日) 15:35:08
66げっと。

67 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 18:31:25
>>62

>そりゃ、商売の話でしょ。延々と続く「言葉遊び」の。

もちろん。文筆業だからね。哲学は言葉遊びに過ぎないとも言えるし。

>>65

>だから、何?

「だから、何?」でないことってこの世にあるの?あるとすれば何?


68 :疑問者?:2005/04/24(日) 23:40:41
で、結局のところ主観と客観が一致すべきほんとの理由ってのは何なの?

そんなものないの?ないなら竹田現象学も机上の空論なんだね。



69 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:04:24
>>68
まだ69しかレスついてないから今までのをしっかり読め

70 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:24:34
>>68
>主観と客観が一致すべきほんとの理由ってのは何なの?
という問いは、
「主観と客観が一致すべきである」という当為の本当の存在理由エックスは何か?
という問いと同じであることはわかるよね?
で、このエックスを満たす回答がない場合、竹田現象学(これもそうとう曖昧な言葉だが)
が机上の空論になるという主張を「君のほうが」しているわけだ。
なので君の疑問のコンテクストをはっきりさせてくれないと回答すらできないのだ。
竹田がもし、「世間では「主観と客観が一致すべきである」という当為のニセの存在理由が
まかり通っているが、私は「主観と客観が一致すべきである」という当為の本当の存在理
由を提示することが出来る」もしくは「近代哲学においては「主観と客観が一致すべきで
ある」という当為の存在が自明であるかのように言われているが、私はそれを批判できる」
と主張しているならば(竹田の思想や発言から鑑みて、竹田が主張するとしたらおそらく後
者であろう)、君の疑問は正当な疑問である。竹田の批判対象である「近代哲学においては
「主観と客観が一致すべきである」という当為の存在が自明であること」が実は虚偽な
らば(近代思想は本当はそんなこと言ってないならば)、竹田は存在しないものを勝手に批判
しているから、彼の哲学は机上の空論である、と。君の疑問はこのようなコンテクストの
中から発せられたということでいいのかな?まずはそこからはっきりさせましょう。


71 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:46:35
客観=客体・対象かと思ったら、「正しい意見」なんだね

72 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 01:04:14
>>68
騙りはやるならもうちょっと上手くやれ

73 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 03:07:15
騙りなんてどうやって分かった??言ってることほとんど変わってないが

74 :疑問者?:2005/04/25(月) 12:09:48
>>70
はい、そうですよ。

私が不思議なのは竹田氏が、自然な生き方をしている人たちは主客の一致が当然

かのごとく生活していると決めつけているところです。その理由とまあなんとかいえる

ものが私が読んだ限りでは「走ってくるバスに飛び込む人はいないから」です。


私は、自然な態度で生きる人たちは主客は一致しているかもしれないし、

もしかしたら一致していないかもしれないという迷いの中で生きているというのが

真実だと思うのです。 

人間一人一人は機械仕掛けの人形ではありませんし、そんな単純なものでもありま

せん。「走ってくるバスにとびこまない」からといって主客の一致が当然と思って生き

ていると決めつけるのはあまりに強引なんじゃないでしょうか?

75 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 18:10:16
他人のことを考えず一行空けで書く人間の書き込みに
ろくなものがあったためしがないね

76 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 18:59:37
>>74
>私が不思議なのは竹田氏が、自然な生き方をしている人たちは主客の一致が当然
>かのごとく生活していると決めつけているところです。その理由とまあなんとかいえる
>ものが私が読んだ限りでは「走ってくるバスに飛び込む人はいないから」です。

は?
何を読んだら竹田のそんなきめつけが載ってるの?
竹田は、いかに懐疑論者が不可知論を言おうとも、普通の生活ではあるレベルでは、
客観があることを信じて生きていることの例としてバスの話を挙げているんだろう。
普通の人が主客の一致が当然かのごとく生活しているなんて竹田が言ってるのか?
「愛」だの「絶望」だのの抽象語は自然な生活をしている人は使わないとでも竹田は言っているのか?

生活世界の中にも、自然主義的態度が入ってきているのは当たり前で
例えば時間だって朝の一時間も夜の一時間も、楽しくてあっという間に過ぎる一時間も、
退屈で長く感じられる一時間も、我々は同じ一時間と了解しているだろう。
そういうのが自然的主義態度だよ。
そういうものも含めて我々の生活世界をもう一度捉え直そうというのが、
「自然的態度」ってことなの。わかる?


77 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 19:02:53
>>76
スマソ ちょっと訂正

>そういうものも含めて我々の生活世界をもう一度捉え直そうというのが、
>「自然的態度」ってことなの。わかる?

そういうのも含めた我々の生活世界そのものが「自然的態度」ってことなの。
わかる?


78 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 20:33:38
>>74
なるほど、竹田は「主客一致主義を疑わない一般人」なるものを勝手にでっちあげて
勝手に批判している、という意見ですね。その意見は間違っています。竹田のバスの話は
>>76が言っているように、一般の人々の多くは「一般生活においては素朴実在論(世界は私
の知覚の通りに実在する)という信憑を適用して生活していても特にさしつかえない」と
考えているという事実の指摘以外のものではありません。
重要なのは、感覚や知覚だけが主観の関わる全てではないということです。特に現象学では、
感覚や知覚のみならず、近代哲学では客観対象と見られていた法則や概念なども主観の
構成物として捉え返されるわけです。バスの話も、そういうとてつもなく広い射程を持つ
現象学的考え方に入門するためのヒントとして読むべきものです。そもそも入門書的な
書物をもってして誰かの思想や主張が本当に妥当なものであるかどうか(もしくは机上の
空論なのかどうか)を決めるのは、特に哲学のような分野ではほとんど意味がありません。
その人の主張を総体的に見てはじめて判断すべきことでしょう。


79 :疑問者?:2005/04/25(月) 21:15:40
>>76
私は70さんとの話のくだりからそういう書き方をしたのですが、竹田氏がそこまでの飛躍をしているとは本当には思っていません。

しかし76さんの文章では、自然的態度をとるものは朝の一時間も夜の一時間も
楽しくてあっという間に過ぎる一時間も、退屈で長く感じられる一時間も、同じ一時間
と了解していると決めつけていますよね。私は自然的態度で暮らすものの一人です
が朝の一時間も夜の一時間も楽しいときも退屈なときも全部ちがう長さの時間に
感じられます。
このことはどうなんですか?

80 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 21:28:32
>>79
ううん・・・そこは突っ込むとこじゃないんだよね、横レス悪いけど。

>私は自然的態度で暮らすものの一人です
>が朝の一時間も夜の一時間も楽しいときも退屈なときも全部ちがう長さの時間に
>感じられます。

これ76さんを言い換えただけだから。

81 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 22:00:15
>>79
80氏が言ってるとおりなんだけど、その点については、
竹田は『エロスの世界像』で展開してるから、読んでみたら?

82 :疑問者?:2005/04/25(月) 23:12:27
ならば自然的態度とそうでない態度の決定的違いはどこにあるのですか?

83 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 23:22:09
>>82
そうでない態度って?自然主義的態度のこと?
自然的態度は、我々が生活しているときの普通の態度のこと。
その自然的態度の中に、楽しい一時間も退屈な一時間も時間としては
同じ一時間として了解する自然主義的態度も含まれる。
別に大したことではなく、時計を信用して僕らが生活しているのがそれ。
つまりそれだけ自然主義的態度が日常生活の中に内在化しているってこと。

84 :疑問者?:2005/04/25(月) 23:50:41
>>83
私はその自然的態度なるものが何であるのかを厳密に聞いているのですが、、、
我々が生活しているときの普通の態度?その場合普通っていうのはどの程度なん
ですか?
別にごく普通に生活していて同じ一時間を同じと感じるときもあれば違うと感じる
ときもあります。同じと感じたときは自然的態度で違うと感じたときは不自然的態度
ですか?

85 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 23:53:52
>>84
厳密には言えないから自然的態度なのです。
同じと感じようが違うと感じようが一時間は一時間と了解しているから
自然主義的態度なのです。

86 :疑問者?:2005/04/26(火) 00:10:58
>>85
ならばなぜわざわざ自然的態度などというのですか?
哲学や現象学をやっていないものは自然的態度でしか生きられないと馬鹿に
しようとしているんじゃないですか?

87 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:16:50
>>86
>>78を読め。竹田の言ってるバスの話やなんやらは現象学入門のそのまた
取っ掛かりの話にしかすぎないの。イントロだけで楽曲全てを判断するなよ。

88 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:21:31
つ〜かさ〜、お前らが「主客問題」に逃げ込んだときに俺が問いたいのは以下のようなことなんだよな。

>721 :死刑囚。 :03/09/14 16:32
>うーん。
>なんか「主客構造」の矛盾を解く理由が分からないのが多いみたいだな。
>いまさらだけど、オレも死刑執行が近いんで教えといてやる。

>人間は長い間これまで(恐らくこれからも)複雑で難解な問いを様々に
>発してきて、その解答が得られずにいるわけだ。
>しかし、解答が得られない理由は、その問題の裏に「主客構造」を前提にした
>考えがあったからなわけ。
>で、この矛盾を解くのは難解だったけれど、解いてみれば形式的な、どうでも
>いい矛盾だったんだ。にもかかわらず、この矛盾を根拠にもっともなことを
>言う輩が、今までも、これからも沢山でてくるわけ。
>(以下略)

お前ら信者の見解はこやつの見解とは違うか? 違わなければ聞きたい。

まず、「主客構造」を前提にした考えがあったから生じていた「複雑で難解な問い」って具体的に何?
「この矛盾を根拠にもっともなことを言う輩」の言うところの「もっともなこと」って何?
で、それに対して、「主客構造」の矛盾を解いた立場からどういう「解答」を得ているわけ?

お前らが「主客問題」について言ってることってリンゴだのコップだのから一歩も進むことがないのだが、
それのどこがどのようにわれわれの生活に具体的に関わってくるのか? 問われてるのはそこだよ。
そこでその考え方が単なる「言葉遊び」「机上の空論」なのか、それともそうではないのか測られるわけ。
それだけの単純な話じゃないか。単刀直入に答えてほしい。ちなみにこの発言の主からの答えは無かったが。

89 :疑問者?:2005/04/26(火) 00:23:45
>>87
78に書かれてあることは現象学を独我論としているところがありますね。
それは竹田氏の主張とはまるっきり方向性が違いますが、、、

90 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:31:40
>>89
独我論じゃないって、78はちゃんとした理解に基づいてる。
疑問者?の理解が間違ってるから78を誤解するんだよ。

91 :疑問者?:2005/04/26(火) 00:32:22
>>88
それには答えられますよ。
哲学がわれわれの生活に具体的に関わってくるかこないかはその人その人しだい
です。「言葉遊び」や「机上の空論」もときには使い方しだいですからね。


92 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:35:02
>>88
>まず、「主客構造」を前提にした考えがあったから生じていた「複雑で難解な問い」って具体的に何?
>「この矛盾を根拠にもっともなことを言う輩」の言うところの「もっともなこと」って何?
>で、それに対して、「主客構造」の矛盾を解いた立場からどういう「解答」を得ているわけ?

>お前らが「主客問題」について言ってることってリンゴだのコップだのから一歩も進むことがないのだが、
>それのどこがどのようにわれわれの生活に具体的に関わってくるのか? 問われてるのはそこだよ。
>そこでその考え方が単なる「言葉遊び」「机上の空論」なのか、それともそうではないのか測られるわけ。
>それだけの単純な話じゃないか。単刀直入に答えてほしい。ちなみにこの発言の主からの答えは無かったが。

何度も答えてるけど、理解できてないだけじゃん。
君も学的に無知じゃないなら、自分で考えるられるだろうに。

93 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:35:39
アホクサー

94 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:43:45
>>92
>何度も答えてる

どこで? いったいどこ? レス番指してみな。

95 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:45:45
>どこで? いったいどこ? レス番指してみな。

しょうがないので、探してくる。
しばし待て。


96 :疑問者?:2005/04/26(火) 00:45:58
>>90
私には78の文章を読むかぎりでは現象学を独我論と捉えたがっているようにみえ
ますが、、

ならば現象学と独我論のちがいは何なのか、おわかりですか?できればあまり
むずかしい言葉を並べたてずご自身の言葉で簡潔に答えてほしいものですが、、

それと固定ハンドルでお願いしたいものです。

97 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:50:52
>>94
見つけた。
君の引用した死刑囚氏の丁度意図的に消した部分があるだろ、
そこで丁寧に答えてる。

98 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:53:03
>>97



「何度も答えている」ってお前が答えてんじゃないの?

99 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:56:44
>>96
>ならば現象学と独我論のちがいは何なのか、おわかりですか?

現象学が竹田さんの理解を採用したものであるとして言ってるとすると、
竹田さんは独我論じゃないし、むしろその逆だから最近の自由論をかけるんだよ。

100 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 00:58:21
>>98
1人だけじゃなくて、このスレの人全員が

「何度も答えている」

101 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:01:01
>>100

ハァ?

じゃあ、すぐ出るじゃん。

何もったいぶってんの?

あんまりチンタラしてると寝るぞ、マジで。

102 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:04:48
>>96
>>78の文章が難しいと感じられるならば、竹田の理論が間違っているか否か主張
するとか、現象学と独我論の違いを理解するとか、には時期尚早です。
もっと勉強してください。

103 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:05:58
>>101
別に寝てもいいよ。
どうせ説明してもわかんないだろうし。

104 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:11:10
>>103
答えられるか、答えられないか、どっちかだ。

お前には自分がカマした>>92>>97>>100のハッタリなりの答えが求められているが。

105 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:16:10
>>104
君が>>88で(以下略)した箇所は、

>だから重要なのよ。「主客」の矛盾を解き、「主」と「客」が非対称の関係
>であることを言うのは。
>オレたちが「客観」と言うとき、それは常に「客観像」として「主観」の中に
>存在しているに過ぎないんだ。
>絶対的な「客観」というのは「主観」によって想定されることはあるけれど、
>それは竹田曰く「無限大∞」という概念と同じで、想定はされるけど、存在は
>しないんだな。

以上を君が意図的に消した可能性が高いので、
わざとだろうな、と思った訳だよ。


106 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:25:07
>>105
それが>>88の問いのいったい何に答えているんだ?

お前は、

>見つけた。
>君の引用した死刑囚氏の丁度意図的に消した部分があるだろ、
>そこで丁寧に答えてる。

と、>>97で断言しているのだが。


107 :疑問者?:2005/04/26(火) 01:25:24
>>102
78の文章はわかりにくいだけでちゃんと理解できますよ。やたらとむずかしい言葉
を使いたがっているようで読むのが面倒なんですが。

私は現象学と独我論のちがいは、はっきりわかっています。90さんがどれだけ
竹田現象学を理解しているのか試してみたかっただけです。なんなら出し比べでも
しましょうか?竹田現象学と独我論の違いの。


108 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:27:34
>>106
>それが>>88の問いのいったい何に答えているんだ?

すべてに。

>>107
何をやりたいのかがよくわかりません。


109 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:30:07
>>108
会話にならんな、このバカは。

「何をやりたいのかがよくわかりません。」と言いたいのは俺の方だよ。


110 :疑問者?:2005/04/26(火) 01:30:29
>>106
私が91で答えたことはスルーなんですか?106さん。

111 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:35:51
>>110
うん。バカはスルーが俺のモットー。ただし竹田信者は別扱い。

112 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:37:14
「疑問者?」ってかなり性格曲がってんな。理想的ちゃねらーだ。




哲学板以外の板ならな。

113 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:38:07
心配しなくても>>91>>111ほどバカじゃないだけマシだよ。


114 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:41:23
いや〜、今夜も竹田信者を言い負かしちゃった。

「すべてに。」には爆笑したな。

さ〜て、寝るか。

115 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:45:01
>>114
質問したいことがあるなら、煽りで手に入れようなどと
思わずに、率直に聞けば答える。それをしないのならば答えない。

116 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:46:17
>>115
「答えない」じゃなくて「答えられない」じゃん、お前。

117 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:48:27
>>116
答えられないのなら、そもそもこのスレに出入りしない。
答えを知っていても、それを相手が理解できる頭を持たない
場合は答えられない人間と相手に認知されるに過ぎない。

118 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:53:02
>>117
「答えられない」のをガタガタ言い訳したところで何にもならんよな。

いいか? 答えられるか、答えられないか、どっちかだ。

お前は答えられなかった。
それだけの話だ。

つまらん話を引っ張るな。

119 :よこから:2005/04/26(火) 01:57:56
像というのは対象の「写し」なんだから、どのような写りでもそのように写ってることは否定しがたい。
「理想的な写り」かどうかはまた別だけど。
例としてぼろいレンズだと直線が歪曲して写ることがある。その場合でも対象の「写し」であることは間違いない。
しかし魚眼レンズなら話はまた変わってくる。この場合は別の尺度で判断されるわけだ。


120 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:59:53
>>118
教えろと一言言えば済む。

121 :疑問者?:2005/04/26(火) 02:21:26
なんか結局竹田現象学への憧れみたいなのは持ってるけど、中身のほとんど
わかっていない奴ばっかりなんだね。やたらとむずかしい言葉をさるまねのごとく
使いたがる。よくいるよね、そういうやつ、近所の汚らしいおっさんとかに。

もしそうじゃないっていうならそれこそ猿にでもわかるように竹田現象学を簡潔に
自分の言葉を使って説明してみな。なんなら説明対決したっていいんだよ。

122 :& ◆qChjSRPCNk :2005/04/26(火) 02:23:31
現象学入門の一章は粗雑な印象・・・・・

123 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:23:43
そもそも竹田現象学なんてない。単なる似非現象学。

124 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:24:13
>>121
よかろう。説明対決しようじゃないか。

125 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:29:18
>>121
本当に性格曲がってんな、お前。他の板でウヨサヨ議論でもしてろ。

126 :疑問者?:2005/04/26(火) 02:29:46
>>124
なら手始めに竹田現象学における本質直観について説明してみな。

127 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:32:12
>>126
いいだろう、竹田氏の著書「意味とエロス」を用意しろ。

128 :& ◆QWv3R1XL8M :2005/04/26(火) 02:32:29
P17〜18のフッサールの客観は「対象」、P22での客観は「正しい意見」
で、言葉使いもバラバラ。

129 :疑問者?:2005/04/26(火) 02:34:39
>>127
だから自分の言葉で簡潔にって言ってるだろ。まさか何ページの何行目とか
いいだすつもりか?

130 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:36:51
さあ、盛り上がってまいりましたw

もちろん、でり太くんは話が難しくなると参加できないwwwwwwww

131 :& ◆QWv3R1XL8M :2005/04/26(火) 02:43:21
現象学入門
P27「カントの物自体は世界の本質のこと」・・メチャクチャとしか言えない。


132 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:44:10
>>131
コマいこといいなんな

133 :疑問者?:2005/04/26(火) 02:45:04
今必死になってそれらしいところを読んでるのかな。
本当にわかってるならそれこそ2〜3分で答えられそうだけどな。

それと対決するつもりあんのならコテハンでくるべきだと思うが、、、

134 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:47:47
つーか、でり太くんは出てこないの?
必死に今寝付こうとしているんだろうな、議論に参加させられたら
自分のオツムがわかってしまうからなwwwwww

135 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:48:46
疑問者?って奴、頭悪そうw

136 :疑問者?:2005/04/26(火) 02:51:22
>>135
だまってろ!チンピラ。

137 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 02:52:43
>>126
>>129
横レスでスマソが、
つーか、まず言い出しっぺの自分から説明するのが筋じゃないの?


138 :疑問者?:2005/04/26(火) 03:04:51
>>137
私が先に書いたらそれをパクラれる可能性があるからね。別にだしおしむわけじゃ
ないがそれをそのままレポートにしたやつが前にもいたし。
なんでもいいからまちがいでもいいから書いてみたら。

139 :& ◆QWv3R1XL8M :2005/04/26(火) 03:11:21
>>パクラれる可能性があるからね。
せ、せこい・・・

140 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:15:03
>>138
パクられて、何か困るの?

141 :疑問者?:2005/04/26(火) 03:19:20
>>140
何が困ろうがほっといてほしいが、、、
それより本質直観の説明、間違っててもいいから説明してみれば、、
そうすれば返答しないでもないのに、、、


142 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:31:02
じゃあ横レスになるが書くね。
いっさいのドクサを括弧入れしたときに残るものが「原的な所与」で、
それが知覚直観と本質直観ですね。
で、知覚直観は不可疑的なものとして表れるのだが、
それは常に本質直観に転化されるということ。
つまり、本質直観は知覚に付随する意味の表れってこと。

そんなとこでよろしいか?なんせ酔ってるもんで。

143 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:35:47
>>141
本質直感ていうのはたしか、フランス新観念論派の旗手であるフィヒテがハーバーマスの
著書「ミル・プラトー」を批判したときにはじめて使った言葉ですよね。
超越論的表象の弁証法的分析における意識律のエネルゲイアの本質的直感可能性を
言い表した言葉だと理解しています。
でもちょっと間違ってるかもしれません。もし間違っていたら訂正ねがいます。


144 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:39:47
>>143
私の負けだな。全部間違ってるから私の力では訂正することはできん。
お前の勝ちだ。

145 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:40:46
>>143
すばらしい!

>>142
ちなみに「知覚直観」ってのは、竹田の造語ね。

146 :疑問者?:2005/04/26(火) 03:57:26
なんか誰が誰だかわからんのだが、本質直観というのは知覚直観と並ぶ客観世界
の存在を確信(妥当)するための与えられだよ。人間が対象を知覚するとき自分の
意思とは関係なく向こうからやってくるはねのけられない対象物の意味だよ。
人間は物を知覚するときどうしてもそのものからやってくる意味をはねのけることは
できないんだ。そうして外部世界の確実性を確信(妥当)する。

それと143が言ってるのは哲学史であって本質直観の説明になってないよ。

147 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 03:59:51
>>146
>それと143が言ってるのは哲学史であって本質直観の説明になってないよ。

ばか。

148 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 04:48:42
>>146
稀に見るアホ
しかも説明も間違ってるし。

149 :疑問者?:2005/04/26(火) 11:21:46
>>148
なら正しい説明をどうぞ。148さん。
148さん。148さん。

ひゃくよんじゅうはち!

150 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 12:20:37
>それと143が言ってるのは哲学史であって本質直観の説明になってないよ。

これはネタ?それともマジ?

151 :疑問者?:2005/04/26(火) 12:31:55
143はだいたい直感じゃないし直観だし、、

直感てのもあるのか、、私は知らないが。

152 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:25:46
>>149
もうちょっと痛々しいから、やめたら。

>本質直観というのは知覚直観と並ぶ客観世界の存在を確信(妥当)するための与えられだよ。

ここも間違ってるし。
客観世界の存在を確信(妥当)するため?
客観世界の存在をエポケーするため還元を行うんだろうが。

意地をはるのはやめて、謙虚になれよ。そうしないとでり太2号と呼んじゃうぞ。

153 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:31:13
>>151
例えば「現象学入門」にも本質直観の説明はのってるだろ。巻末とかに('Д`;)
意地張って質問攻めするより、竹田現象学に興味・疑問があるんだったら
読んでみれば早いのにさ。ま、見るところ、竹田現象学を知りたいんじゃなくて
竹田や読者を揶揄したいだけに見えるがね。

154 :疑問者?:2005/04/26(火) 23:01:30
>>152

>客観世界の存在をエポケーするため還元を行うんだろうが。

あほか、、、全然わかってないな。やり直せ。
コテハンでくる勇気もないくせにえらそうに言いやがって、カスが。

155 :疑問者?:2005/04/26(火) 23:03:45
>>154

チンピラは黙るがいいよ。

156 :疑問者?:2005/04/26(火) 23:04:41
>>153だ。

157 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:09:01
>>154
負け惜しみキタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!!! 

158 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:32:59
>>154
え?どこが違うの?


159 :疑問者?:2005/04/26(火) 23:52:11
>>158
客観世界の存在をエポケーするために還元するって、、、それこそ独我論者のいい
そうなことじゃないか!

エポケーによって客観世界は事象それ自体へ還元されるんであって、客観世界の
存在をエポケーするんじゃねえよ!

これだけ言っても違いがわからんのだろうか、、、

160 :疑問者?:2005/04/27(水) 00:25:47
うむ?ノーリアクション?
あわてて一生懸命本読んでるのかな、、、wwww

161 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:29:28
ノーリアクション=バカは放置

162 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:30:59
でも竹田信者にはこいつ位のレヴェルがちょうどいいんじゃないかな。

163 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:32:54

でも哲学信者にはこいつ位のレヴェルでももったいないんじゃないかな?


164 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:37:43
>>159
「事象それ自体」は現象学のテーマだから間違いだとは言わないが、
今は本質直観や知覚直観の話じゃないの?
「客観世界は事象それ自体へ還元される」=「客観世界の存在を確信(妥当)する」
なのか?

ついでに竹田だけでなく木田元『現象学』も引いておこう。

>自然的態度の一般的定立つまり世界の存在についての確信にストップをかけ、逆に
>われわれに直接与えられる意識体験からいかにしてそのような確信が生じてきたか
>を見ようとするのが、超越論的還元なのである。

客観世界の存在をエポケー(ストップ)するのが還元でどこがおかしいのかな?
それと竹田現象学が独我論か否かは別問題。

165 :疑問者?:2005/04/27(水) 00:39:35
>>161>>162>>163
だまってろ!チンピラ。

166 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:40:17
こいつ相手に信者が息巻いていたのは昨夜だっけ?

>130 :ローカルルール審議中 :2005/04/26(火) 02:36:51
>さあ、盛り上がってまいりましたw

>もちろん、でり太くんは話が難しくなると参加できないwwwwwwww

もちろん、今夜も「難しい話」で盛り上がるんでしょ?

167 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:40:21
>>160
気になって本を読んでいたのは事実だが、
まだ30分ちょっとしかたってないじゃん。
気が短いのね。

168 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 00:53:58
>>166
>もちろん、今夜も「難しい話」で盛り上がるんでしょ?

もちろん。でり太くんにとっての「難しい話」だけどねw
なんなら、「還元」についての君の説も聞きたいな、絡んでみてよw

169 :疑問者?:2005/04/27(水) 00:59:37
>>164
私が本質直観の話をしていたら、エポケーや還元のほうに話をもっていったのは
そっちだろうが。
「客観世界は事象それ自体へ還元される」=「客観世界の存在を確信する」じゃない
よ。だれがそんなに飛躍したっていうんだ。

客観世界の存在に「ついての確信」にストップをかけることと、客観世界の存在を
直接エポケーするのは超越論的に見て、天と地ほど違うわ!

170 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 01:08:21
>>168
クドクド言ってねえで、やってみせてくれよ、「還元」。
俺は理論なんかどうでもいいから実践してるところを目の当たりにしたいわけ。

「リンゴ」と「コップ」はもう飽きたな。それ以外のところでやってくれよ。

171 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 01:11:49
>>170
よかろう、教えてやろうじゃねえか。

172 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 01:28:04
>客観世界の存在に「ついての確信」にストップをかけることと、客観世界の存在を
>直接エポケーするのは超越論的に見て、天と地ほど違うわ!

なるほどね。それならよくわかる。
しかし、これはどうなの。

>本質直観というのは知覚直観と並ぶ客観世界
>の存在を確信(妥当)するための与えられだよ。

本質直観・知覚直観によって主観の外に存在するものを信憑するというのは
分かるが、それは「客観世界」と呼べるものなのか?

173 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 01:31:04
>>170
>俺は理論なんかどうでもいいから実践してるところを目の当たりにしたいわけ。

馬鹿キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

実践って?
還元の実践って、理論じゃないのかw

174 :疑問者?:2005/04/27(水) 01:58:21
>>172
実在を確かめるすべはない。ただ主観内で妥当するのみ。

こういう言い方が好きなんじゃないの、察するに。

175 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:00:44
>>174
だからなんだっての?

176 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:04:56
>>175
はあ?
誰だかよくわからんが一体何を聞きたいんだ?
はっきりしろ!

177 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:06:28
>>174
好きっていうか、結局竹田の議論ではそうなるだろうと思うのね。
疑問者?さんは、竹田現象学に、「客観世界」の実在が妥当できる
可能性があると思っているのかな?

まあいいや、もう遅いから寝るね。

それから、このスレの住人への提案だけれども、
「理論なんかどうでもいい」と言ってるでり太くんは、
「だから何?」と「教えてくれ」と「やってくれ」しか言えないんだから、
もちろん適当に煽ってもいいけど、基本的には放置してくれないかな。
せっかくの議論が、うっとおしい展開になってしまうから。
俺にそんなことを言う権利はないんだが、一応提案ってことで。


178 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:08:03
>>176
その言葉を、そっくりそのまま返してやるよ。
おまえこそ、スレを荒らしてまで何をやりたいのかがわからん。

179 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:15:28
>>178
君がでり太くんか?
わからんことなら答えるよ。そのかわり何を聞きたいのかはっきり言ってくれよ。

180 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:18:22
>>177
竹田現象学は一つの思想モデルだ。可能性があるともないとも思ってないよ。


181 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:21:28
>>179-180
全然荒らす理由になってない、疑問があるなら普通に聞け、
ここまでやって何をやりたいのか全く訳わからん。

182 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:24:47
>>181
何を言ってるのかわからん。177の言ってるようにこれから君はスルーね。

183 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:26:55
疑問者なんじゃなくて、>>180みたいなことをただ言いたいだけだろう・・

184 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:27:54
何がチンピラだ。自分のことだろ('A`)

185 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:28:26
>>182
しょがないな、でり太は実践云々を聞く人だから、別人。
それで、聞きたいのは、わざわざ「疑問者?」というコテを使いつつ、
現状では、疑問に大して質問したいわけではなさそう、というか、
質問にかこつけて、竹田現象学を貶めようと画策してんじゃないかってこと。

186 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:30:05
>>183
そういうお前は何を言いたいんだ?

187 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:33:04
>>186
>>185に書いてあることが聞きたいだけ。

188 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:38:22
>>185
前スレからのつながりを読めばなぜ私が「疑問者?」と名乗ってるかわかるはず
だろ。ここのスレの人間が竹田を全然理解せず、えらそうなことばかり言ってるので
質問から入っていったんだよ。

それとややこしいからそれこそコテで来いよ。いつでも逃げられるようにしている
心理は理解できるがな。

189 :66:2005/04/27(水) 02:41:51
でり田くんといい、疑問者くんといい、
言ってることはぜんぜんわかんないけど、
なんだかここに「勝負」しにきているところが、
とても良く似ているね。中身が全然ないわけだが。

190 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:42:23
>>188
>ここのスレの人間が竹田を全然理解せず、えらそうなことばかり言ってるので
>質問から入っていったんだよ。

その言い方だと、疑問者?は竹田支持に読めるが、実際は逆だろ?
なんでわざわざいかにも竹田支持という嘘をついてまで質問するのか意味不明。


191 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:43:17
同意。どっちものっけからケンカ腰だから何にしても答えづらい

192 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:43:45
>>191>>189

193 :疑問者?:2005/04/27(水) 02:52:59
>>189
私の言ってることが全然わからんのなら66は全く竹田を理解していないね。
でり太くんとのレベルの低い小競り合いだね。

194 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:55:40
でり太と同レベル(と思わせる)の質問者を出すことででり太を貶める作戦か・・??
芸が細かいな。

195 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 03:05:15
「竹田現象学について語る」というコンセプトのスレが空転するのは当然だ。
このコンセプトを真面目に受け取り、竹田現象学とは何か?ということを議論するならば、
フッサール現象学、ハイデガー現象学、メルロ=ポンティ現象学などと比較して竹田の
現象学の独自性を考察するというスタンスでなければそもそも意味がない。
しかし、竹田ははじめから竹田現象学なるものを構築するつもりはなく、登れば外しても
構わないハシゴとして「竹田流現象学入門」を書いているだけなのだから、それがよい
ハシゴか悪いハシゴかの議論は出来ても、それ以上の議論は出来ないのである。


196 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 08:30:02
>>195
ハイデガー現象学

聞き慣れないコトバだなw

197 :でり太、遂に馬鹿を認める:2005/04/27(水) 13:13:04
170 名前:ローカルルール審議中 投稿日:2005/04/27(水) 01:08:21
>>168
クドクド言ってねえで、やってみせてくれよ、「還元」。
俺は理論なんかどうでもいいから実践してるところを目の当たりにしたいわけ。

「リンゴ」と「コップ」はもう飽きたな。それ以外のところでやってくれよ。

-------------------------------------------------------------------

ただでさえ水準の低い竹田スレの中でもダントツの頭の悪さを誇っていた
竹田でり太くん(13)が、ついに自らの頭の悪さを認め、自爆しました。

でり太くんは以前から竹田関連スレに出没し、自分に反論する者、並びに自分には
理解できないことを書く者を「竹田信者」と罵倒し、自分のカキコが無視されると自分
には誰も反論できないと勘違いするなどの電波活動を繰り広げていました。

しかし前スレで、明らかな煽りカキコに踊らされてからは、関係妄想に陥り、理論的
な話になると入門程度の内容にでもついていけなくなることに思い悩んでいました。

今回の自爆も、最近の話題に全くついていけないが、何とか発言はしなければなら
ないといういじらしいジレンマからの行為だと思われます。


198 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 13:16:25
でり太くんカワイソー*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n`∀`)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!!! 

199 :66:2005/04/27(水) 13:57:12
ここ五年くらいの著作を読んでいない人と、ある程度追っている人では
竹田青嗣に関する印象は大分ちがうし、話がかみ合わないだろうね。
『言語的思考へ』
『近代哲学再考』
『現象学は<思考の原理>である』
『人間的自由の条件』
だんだん実践寄りになっている。俺なんかは寧ろ、こんなにアッサリと
実践に移るのに危うさを感じる。もっと慎重でもいいと思うくらい。
なわけで、「何ができるの?」「やってみろよ」とか言っているのは
相当ピントがずれている。
俺の勝手な印象から言うと、竹田と言えば『意味とエロス』『〜入門』と思ってる
年季の入った文芸オヤジという感じ。

200 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 18:50:24
age


201 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:00:06
おまいらでり太くんを馬鹿にするな!
村上春樹の『海辺のカフカ』の主人公田村カフカは、でり太くんがモデルなんだぞ。

202 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:34:22
なんかおとなしいスレになったね。

203 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:40:58
>>202
じゃあ負け犬でり太くんでも呼ぶ?

204 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 01:48:50
>>199(「66」)
>だんだん実践寄りになっている。俺なんかは寧ろ、こんなにアッサリと
>実践に移るのに危うさを感じる。もっと慎重でもいいと思うくらい。
>なわけで、「何ができるの?」「やってみろよ」とか言っているのは
>相当ピントがずれている。

「だんだん実践寄りになっている」のだから、俺はその「実践」に向かう場合の姿勢を批判してるんだろが。
何度言わせりゃ気が済むんだ、お前は。「相当ピントがずれている」のはお前の覚束ないオツムの方だろう。
他でもねえ竹田自身が「実践」を志向しているのだから、それに対して「だったら何ができるんだ?」という
問いが提示されるのは特に不自然な流れではないだろう。
「実践」志向に勝手に「危うさを感じ」ているのはお前自身の認識なんだから、それと俺の認識には何の関連もないんだし。

>てめえがどんな風に世界を認識していようがどんな確信を得ていようが構わないが、
>それを他人に押し付けようとするんじゃねえ、ってのが俺の基本的なスタンスであって、
>俺の竹田批判はそこに尽きる。もし押し付けようとする意志が全く無いと言うのなら批判をきれいに撤回しよう。

>俺は、言うのも飽きたが、何度も何度もこの「他者の承認」に向かうときの姿勢のあり方を批判してるわけで、
>これはまぎれもなくひと続きの「竹田現象学」内の話であって、何で分けて考えなきゃならないわけ?

お前は「竹田現象学」には「哲学」的な側面と「社会学」的側面があってそれを混同して批判してはならない、
とかいう訳のわからない逃げ口上でお茶を濁しているのだが、この「何で分けて考えなきゃならないわけ?」という
問い直しにはまたしても答えられないわけ? 竹田自身も「妥当」について言ってるじゃん。

>しかしこれだけでは確固とした確信は成立しない。
>この内在的確証が揺るぎないものとなるためには、
>その上に他者の承認ということがつけ加わらなくてはならない。
>つまり現象学的な「妥当」の概念でもうひとつ重要なのは、
>(以下原文ゴシック)「妥当」とは相互的な確証を条件にするということである。
(竹田青嗣『自分を知るための哲学入門』)

205 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 01:49:56
明確にしておきたいのは、俺は「竹田現象学」がコミュニケーションの次元に現われてきた場合に叩いていることだ。
「竹田現象学」の弱点はコミュニケーションの次元にあるんだよ。俺が突いてるのは一貫してそこであり、ブレは無い。

ホントにお前らが世界をどのように解釈してようが勝手なんだよ。そんなことは俺の知ったことではない。
ただ、それがコミュニケーションの次元に現われてきて「こっちの認識方法の方が世界を有効に把握できる」とか
主張し出した場合に「どうしてそっちの認識方法の方が世界を有効に把握できるのか?」と改めてその根拠を
問い質しているわけだ。その問いに対して有効な回答が全く得られないから俺の不信は募るばかりなのである。

「主客問題」にしてもそうだし「現象学的還元」にしてもそう。 いったい何についてどのように有効なわけ?

それをコミュニケーションの次元で相手に感得させること抜きにしてひたすら主張したってどうしようもないことじゃん。
いっつも「リンゴ」と「コップ」止まりじゃん。
「信憑構造/信念の成立条件を明らかにする」って言ってるのは死ぬ程見たが、やってるのを一度も見たことがない。
お前らがあまりに馬鹿揃いだからまた強調しておくが、俺が「実践」と言うのはそこだよ。

そんなわけで、自分達と同じような認識方法をとれば、相手がより的確に世界を把握することができる、
という主張は全く説得力がない。お前らがより的確に世界を把握してるなんて冗談にも思えないから。

って、またループしてるな、俺は。 だって何度言っても通じないんだもん。アホを相手にするって実に疲れるねえ。

206 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 01:50:37
で、亀吉。

楽しそうだな(>>197)。なんか春らしくていいや。

>実践って?
>還元の実践って、理論じゃないのかw

何これ? 現象学における「還元」って「実践」じゃねえわけ?
お前が「理論」としての「還元」を崇め奉っている様子だけは伝わってくるが。
現象学的還元ってのはその場その場で何事かについてなされるものなんじゃないの?
スタティックな「理論」としてあると言うより「実践」を伴う「態度」であると言う方が適切であろう。
「実践」がなければ、お前のように干涸びた「理論」のための「理論」を振り回す「コップ=リンゴ野郎」に堕する他ない。

で、亀吉さあ、つまんないウソばっかり並べるのヤメにしない?
お前の嘘八百を見抜けないと本気で思い込んでいるなら、あまりにも2ちゃんのユーザーをナメ過ぎ。
お前のしらじらしい恣意が額面通り受け入れられるような場所だったら俺は最初からこの場には居ないよ。
その程度に俺は2ちゃんのユーザーやシステムを信用している。

お前の態度は全般的に言って2ちゃんナメ過ぎ。過去ログに復讐されるのはお前自身であることを肝に命じておくがいい。

207 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 02:28:51
でり太くんキタキタキタキタ━━━(゜∀゜≡(゜∀゜≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━━━!!!!!!!!!! 

208 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 03:16:26
「現象学的還元」というのは化学で例えたらむしろ物質の一番小さい単位を、原子を、とりだす作業なんだよ。その作業を実践しろって言われてもナア。

要するに現象学が人間の一般生活にどう役立つのか知りたいんだろ。
期待するな、まず役になどたたん。まあ強いて言うなら現実など個人の考え方
次第でどうにでもなる、という慰めの理由を少し得られる程度かな。

209 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 03:21:46










http://www.zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz

















210 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 03:46:20
>>208
じゃあ役に立つ哲学ってなにさ。経営哲学?w

211 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 05:25:19
>>208
その回答はどう見ても竹田支持者のものじゃないね。
別に反発しなくていいんでは?デリタ?君は竹田信者を対象にして
言ってるんだからさ。

212 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 05:28:57
フッサールが「生活世界の隠蔽」と言ったのと同じで、竹田も同様に
実際の生活世界にとって哲学、科学が生き生きとした意味をもった
ものになるように、ということで、諸学の基礎付けをしようとした
フッサールの仕事を継いだ(と思ってる)のだろ。

アカデミックな世界でだけの話として竹田を読んでるっておかしいね。
著書のどれを見ても、一般人にとって哲学が意味がないとか
純粋思想であるべきとかいうニュアンスは毛ほどもないのに。

213 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 05:30:29
ちょっと過剰なレスをつけた。>>212下の3行は無視してくれm(_ _)m

214 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 12:10:56
>「だんだん実践寄りになっている」のだから、俺はその「実践」に向かう場合の姿勢を批判してるんだろが。
>何度言わせりゃ気が済むんだ、お前は。「相当ピントがずれている」のはお前の覚束ないオツムの方だろう。
>他でもねえ竹田自身が「実践」を志向しているのだから、それに対して「だったら何ができるんだ?」という
>問いが提示されるのは特に不自然な流れではないだろう。

「実践」の意味がさっぱり分からないのだが。
マルクス主義者が言う「実践」か?
カントの「他者を手段としてのみならず、同時に目的として扱え」という格率のことか?
それともたんにコミュニケーションをとるということか?
66の「実践」の使い方も疑問だが、竹田が「実践」を志向しているのか?何の根拠で?

>俺は、言うのも飽きたが、何度も何度もこの「他者の承認」に向かうときの姿勢のあり方を批判してるわけで、

「他者の承認」?曖昧すぎて分からない。
自己が他者を承認するわけ?それとも他者が自己を承認するわけ?
あるいは自他以外のものを自己と他者が承認するわけ?
それから竹田のどういう「姿勢のあり方」が問題なのだろうか?全く書かれていないから、さっぱり分からない。
何度も何度も批判しても、言われていることが分からないから答えようがないよ。


215 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 12:11:22
>お前は「竹田現象学」には「哲学」的な側面と「社会学」的側面があってそれを混同して批判してはならない、
>とかいう訳のわからない逃げ口上でお茶を濁しているのだが、この「何で分けて考えなきゃならないわけ?」という
>問い直しにはまたしても答えられないわけ? 竹田自身も「妥当」について言ってるじゃん。

独我論的な現象学がどうして社会哲学とつながるのかというのは誰もが感じる素朴な疑問ではないか?
しかもこの点についてはこのスレでも議論されているではないか。
「妥当」についても同じ。竹田の「妥当」が問題含みであるというカキコもたくさん出てる。
そういう議論には君は全く絡んでいないようだな。
君は竹田の現象学と社会哲学は整合性があると考えているのか?それとも両者とも同じ問題点が
内包していると考えているのか?
「妥当」についても同じ。竹田の言う「他者の承認」とはどういうものだと君は捉えているわけ?
そしてどこが問題点なわけ?今までのカキコとは違った観点を持っているのか?

>ホントにお前らが世界をどのように解釈してようが勝手なんだよ。そんなことは俺の知ったことではない。
>ただ、それがコミュニケーションの次元に現われてきて「こっちの認識方法の方が世界を有効に把握できる」とか
>主張し出した場合に「どうしてそっちの認識方法の方が世界を有効に把握できるのか?」と改めてその根拠を
>問い質しているわけだ。その問いに対して有効な回答が全く得られないから俺の不信は募るばかりなのである。

「こっちの認識方法の方が世界を有効に把握できる」かどうかは、仮説→演繹→検証の過程を踏んで
反証があがらなかったら、とりあえず有効だということになるんではないか?
で、ポパーの言葉を借りれば、「反証可能性」が開かれていれば科学、開かれていなければイデオロギー
になってしまうというということ。
もちろんこういう科学観がはたして有効なのか(特に社会科学で)という議論は起こっているが、
何が有効な認識方法かなんて竹田現象学の課題では全くないと思うんだがなあ。
もちろん、竹田現象学が有効な認識方法かどうかは検証される必要があるし、
科学をどう位置付けるかというのは当然現象学の射程には入ってくるが。


216 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 12:12:14
>「主客問題」にしてもそうだし「現象学的還元」にしてもそう。いったい何についてどのように有効なわけ?
>それをコミュニケーションの次元で相手に感得させること抜きにしてひたすら主張したってどうしようもないことじゃん。
>いっつも「リンゴ」と「コップ」止まりじゃん。
>「信憑構造/信念の成立条件を明らかにする」って言ってるのは死ぬ程見たが、やってるのを一度も見たことがない。

「有効」って、どういうことが達成されたら「有効」となるわけ?
哲学なんか現実には大して役に立たないというのは、哲学を少しでも齧ったものであれば共通了解だと思っていたが。
「コミュニケーションの次元で相手に感得させること」の意味も分からない。具体的に説明してよ。
自分の確信を他人にも確信させるってこと?
「リンゴ」と「コップ」は「実践」ではなく、超越論的還元を分かりやすく説明するための例だろう。
確信成立の条件については問題点まで含めてすでにこのスレでも散々話題になっているじゃないか。

>お前らがあまりに馬鹿揃いだからまた強調しておくが、俺が「実践」と言うのはそこだよ。

つまり、「実践」とは「コミュニケーションの次元で相手に感得させること」のこと?

>そんなわけで、自分達と同じような認識方法をとれば、相手がより的確に世界を把握することができる、
>という主張は全く説得力がない。お前らがより的確に世界を把握してるなんて冗談にも思えないから。

繰り返すが、竹田現象学は「世界を把握」するためのものではなく、世界像の確信成立の条件を探るものだ。
もちろんその結果、「世界」をよりクリアーに「理解」できるということはあり得る(かもしれない)が。

>って、またループしてるな、俺は。 だって何度言っても通じないんだもん。アホを相手にするって実に疲れるねえ。

ループするのは、君が問題にしている(らしい)ことは、もうこのスレの中でも議論されているのに、君がそのことに
全く気付いていないからと、君が何を問題にしたいのかが今ひとつ不明だからだよ。


217 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 13:30:43
>>216
>「コミュニケーションの次元で相手に感得させること」の意味も分からない。具体的に説明してよ。
自分の確信を他人にも確信させるってこと?

でり太くんが言いたいのは、「ボクちゃんにもわかるように書いてよ」ってこと。
かわいそ〜・゜・(ノД‘)・゜・

218 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 13:50:42
死刑囚は死刑が執行されていなくなったんですか?

219 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 14:32:09
>>214
>>215
>>216

そんな問いかけをしたってでり太くんは絶対に答えないし、答えられないよ。
で、誰かが問いに触れれば、そのカキコに対してあれこれまた書いてくるに決まってる。
だから煽る以外はスルーがいいって、絶対。

それから66氏が言う実践とは、社会のことにも目を向ける位のことでしょ。
でり太くんの言う「実践」の意味が分からない以上、
(「スタティックな「理論」としてあると言うより「実践」を伴う「態度」であると言う方が適切であろう」
とあるから、フェミニズムみたいなことを考えているのかな、
あるいは217の言う通りかもしれないし)
ああいう答えになるのも仕方がない。



220 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 19:24:53
>>214-216
はたから見ても、あまり核心をついてるとは思えない

>実践

竹田現象学のキモの一つはね、他者との信念対立を合意に
導くために、思考の原理をどう捉えるかみたいなところにあるわけで
「どんなに正しいと思えることもひとつの信念だ」という、とりあえず
まぁおそらく正しい理屈がその柱な訳。まぁ今参加してる人に
分かりやすいことを挙げれば、素朴な物理学信仰みたいな信念とか

だから、何か対立があったとき、お互いの信念を絶対視せず
ひとつの確信とみなすことで、合意へのハードルを少し下げよう

ということだから 実践というのは実際にこの方法を用いて
他者との合意を得てみせろ、ということだろう(そこで 相手が
竹田現象学の方法取らなきゃ意味ねーだろ、というでり太?
君のもう一つの論点も出てくるが)。

でり太君が繰り返し言ってるのは、↑のようなことを言いつつ
合意を得ているところなど見たことがないから 竹田が正しい
というなら 実際やってみせろ ということ。

ま、このスレ見てもじゅうぶんわかるが、竹田が割と好きで読んでても
そんなエッセンスは全然感得してない人も多いし というか
2chじゃ無理なんじゃないの、この手の合意ってやつは。

221 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 19:31:58
理屈、理想、論理的な正しさよりエロスへの可能性が人間の行動を決める
(カントの定言命法が効力をもたない理由でもあるだろう)
みたいな竹田の論も見たことはあるが、実際その通りで
でり太君もその相手してる人たちも、理屈より相手を打ち負かす
ことへの可能性をめがけてて、対立の調停どころじゃないな
こと、こういう場合に竹田現象学は全然無力だよ

特にBBSでのやりとりなんてね。友達間のメールですら
ちょっと文面とちると険悪になっちゃったりすんのにさ
お互いムカついてる状態で、顔の見えない議論しても
合意得るのは難しいでしょ

222 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 19:38:00
竹田現象学でいう本質観取みたいなことは、フッサール以外の哲学者も
(フッサール自身が絶賛していたアウグスティヌスとか、恋愛論として
竹田がよく引くバタイユとか)無自覚にやってることで、竹田はバタイユを
引いて「優れた本質観取である」みたいなこと言ってる(確か現象学入門)
別に現象学を特別支持していなくても、学んでいなくても、人が深く考える
時には似たような思考法を取るんだろう
実生活でも話の分かる奴ってのは無自覚に行っていることだと思う

当たり前のことをあえて自覚的に取り出しているだけのことだよ。
本質観取に関してはだけど。

223 :66:2005/04/29(金) 19:38:29
>>220
前スレでも言ったが、でり田君が期待するところの
コミュニケーションツールとしての現象学は、
「日常」でしか試されないのが当然で、匿名掲示板では困難。
というより、そんなものを匿名掲示板に求める方が、ネットの世界と日常の世界
の本質的な違いが理解できないオタク的発想を疑われても仕方ない。

それでも例えば、俺と亀吉氏なんかは、いくつかの論点や解釈で離れつつ、
合意できている部分もある。でり田君ともリアルで会えば意外と誤解が減るんじゃないかね。
コミュニケーションというのはそもそも非言語的部分の役割が極めて大きいのに、
それが大きく捨象された場で「試せ」と言うほうが異常な要求だと思う。

224 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 19:39:51
あまり推敲せずに文章を書いた 誤字誤用法あったら失礼m(_ _)m

225 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 19:42:11
>>223
少しずつズレがあるのは当然だからね。竹田現象学はあらゆる
信念対立をほどく力があるなんてことは竹田も言ってない。
人には、変更可能なレベルの確信と、ゆるぎない信念が存在する
後者に関しては、認め合うことが肝要ということも含みこんでいる

226 :66:2005/04/29(金) 19:49:44
>>225
あなたの言っていることは、俺は概ね妥当だと思うけど、
ここで批判をしている人たちは認めないと思いますよ。
また、認めない理由もそれなりに分かる。
ただ、彼らはその表現方法が下手すぎるので、議論にならないのだと思う。

趣味嗜好等についてはゆるぎない部分は認め合うのが、竹田現象学ではキモの一つ
だけど、あまりに普遍性と離れた考え方や表現方法は排斥されますわな。
で、例えばそのことも問題になっているわけで。

227 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 22:26:07

クドクド言ってねえで、やってみせてくれよ、「還元」。
俺は理論なんかどうでもいいから実践してるところを目の当たりにしたいわけ。

「リンゴ」と「コップ」はもう飽きたな。それ以外のところでやってくれよ。

-------------------------------------------------------------------

ただでさえ水準の低い竹田スレの中でもダントツの頭の悪さを誇っていた
竹田でり太くん(13)が、ついに自らの頭の悪さを認め、自爆しました。

でり太くんは以前から竹田関連スレに出没し、自分に反論する者、並びに自分には
理解できないことを書く者を「竹田信者」と罵倒し、自分のカキコが無視されると自分
には誰も反論できないと勘違いするなどの電波活動を繰り広げていました。

しかし前スレで、明らかな煽りカキコに踊らされてからは、関係妄想に陥り、理論的
な話になると入門程度の内容にでもついていけなくなることに思い悩んでいました。

今回の自爆も、最近の話題に全くついていけないが、何とか発言はしなければなら
ないといういじらしいジレンマからの行為だと思われます。



228 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 13:35:38
あge

229 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 20:14:51
     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 天狗じゃ、天狗の仕業じゃ! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー----−' |__////

230 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:40:55
>>214-216
もしもし亀よ、亀吉よ。なんて歌っている場合じゃねえ。

亀吉、お前キモいからやめてくんね? 俺のモノマネ。 若人あきらじゃあるまいし。
パロディなんて気の利いたレヴェルに達してもいないし、言い合いの相手に影響を受けてるなんて情けねえぞ。

お前のは「問い直し」じゃねえ。ログを読んでも理解できないウマシカの怠惰な「聞き返し」だよ。
ボケ老人が聴こえないのか何度か聞いたのを忘れたのか理解できないか「あああ??」と聞き返してるのと同じ。
あるいは人をウンザリさせるような愚鈍な「聞き返し」の反復で他人の論点を有耶無耶にしようとしているか。

で、お前が万が一つでも俺が言ってる意味を理解したとしてどうすんの? 沈黙か? 半狂乱か? 今度はどっち?

>「実践」の意味がさっぱり分からないのだが。

それはお前がバカだからじゃないのか? それはともかく、お前の頭の中では「竹田現象学」って社会と全く接点ないわけ?
んなわけねえだろ。社会において「竹田現象学」という一つのモノの考え方を試していく営為が俺が言う「実践」だ。

>竹田が「実践」を志向しているのか?何の根拠で?

そういう意味において逆に問い直したいのだが、「竹田現象学」は「実践」を志向していないのか? 何の根拠で?

お前が「竹田現象学」とは社会とは何も接点を持とうとしない箸にも棒にもかからない独我論であると
頑として主張したいなら、それはそれでいいけどさ。

231 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:41:45
>「他者の承認」?曖昧すぎて分からない。

これもつまらん「聞き返し」。そんなに知りたきゃ竹田に直接聞け。「人間アカデミー」でも受講してさ。
俺は竹田の言葉を引いてきてるんだよ。文脈を理解する力が欠如してるからこういうアホ丸出しの「聞き返し」も平気でする。

>独我論的な現象学がどうして社会哲学とつながるのかというのは誰もが感じる素朴な疑問ではないか?
>しかもこの点についてはこのスレでも議論されているではないか。
>「妥当」についても同じ。竹田の「妥当」が問題含みであるというカキコもたくさん出てる。

で、どういう結論に至ったわけ? お前と「66」は、「この2つは別に考えられなければならない」と思考停止してそのままだし、
「バタイユ」とか言ってた「竹田ファン」という「ダンスファン」みたいなつまらんコテハンは名詞を羅列するばかりで、
何の説明にもなっていないし、頼まれもしないのに一人で勝手に自爆して終了じゃん(>>39-41)。お前らは見て見ぬふりだし。

それに竹田が独我論の蟻地獄に陥っているのは自業自得で、あくまで奴の問題じゃん。『「妥当」が問題含み』ってのも奴の問題。
それらについて疑問を呈しているのに納得のいく説明は一つもない。あると言うならレス番指示してみろよ。

232 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:42:34
>「有効」って、どういうことが達成されたら「有効」となるわけ?

また下らねえ「聞き返し」。「竹田現象学」が「有効」であるとか言ってるのはあくまで信者の側。自分の胸に聞いてみやがれ。

>「リンゴ」と「コップ」は「実践」ではなく、超越論的還元を分かりやすく説明するための例だろう。

それって「分かりやすく説明」して終わりなの? って何度も聞いてるよな、俺は。質問の意図をわかってくれ。頼むから。

>繰り返すが、竹田現象学は「世界を把握」するためのものではなく、世界像の確信成立の条件を探るものだ。

俺も繰り返すが、「世界像の確信成立の条件を探る」んならそれをやってくれ。クドクド言ってないでやれ。即刻やれ。

>ループするのは、君が問題にしている(らしい)ことは、もうこのスレの中でも議論されているのに、
>君がそのことに全く気付いていないからと、君が何を問題にしたいのかが今ひとつ不明だからだよ。

「君が何を問題にしたいのかが今ひとつ不明」なのにそれは「もうこのスレの中でも議論されている」?
支離滅裂なくせに一丁前に主張なんかするな。「(らしい)」なんて弱気な留保を付けるくらいなら最初っから言うな。

233 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:55:07
ではでり太くん、>>220>>221>>222 の言ってることでOK?


234 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 02:04:01
>>233
亀吉、常駐ご苦労。

で、>>230-232の言ってることでOK?

235 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 02:25:12
>>234
OK

236 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 02:42:04
つまり、実践について前向きに検討する方向で議論を深めて行きたいと。

237 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 06:21:13
チンポ太郎が竹田バカにしてるぜwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

238 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 09:46:12
無視。

239 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 10:48:43
でり坊、はよ答えんかいw

240 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 15:46:59
    || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    || でり太くんはヘタレ       ∧_∧  いいですね。
    || 負け犬の弱虫       \ (゚Д゚,,)
    ||_____________⊂⊂ |
  ∧ ∧    ∧ ∧    ∧ ∧    | ̄ ̄ ̄ ̄|
  (  ∧ ∧ (   ∧ ∧ (  ∧ ∧ |      |
〜(_(  ∧ ∧ __(  ∧ ∧__(   ∧ ∧ ̄ ̄ ̄
  〜(_(  ∧ ∧_(  ∧ ∧_(   ∧ ∧  は〜い、先生。
    〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)〜(_(   ,,)
      〜(___ノ  〜(___ノ   〜(___ノ



241 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 15:58:07
          ___
         | 竹 |
         | 田 |
         | デ |    でり太くん、竹田信者との戦いで自爆
         | リ | ご冥福をお祈りします
         | 太 |
         | 君 |
      ,,,.   | 之 |  ,'"';,
    、''゙゙;、).  | 墓 | 、''゙゙;、),、
     ゙''!リ'' i二二二二!゙''l!リ'''゙
     ‖  `i二二二!´ ‖
     昌 |: ̄ ̄ ̄ ̄:| 昌
    | ̄:|_|;;;l"二二゙゙l;;|_| ̄:|
    |  :|::::::| |;;;;;;;;;;| |::::|  :|
    |  :|::::::|┌─┐|::::|  :|
 ./゙゙└‐┴ ┴l,,,,,,,,,,l┴┴‐┘゙゙゙゙\


242 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 21:56:18
>>240>>241

しょうもない煽りやめれ しかもズレてるしw

それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK?


243 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 03:02:04
なんか盛り上がってるな。論点をまとめてくれ。

244 :疑問者?:2005/05/04(水) 02:57:18
>>190
私は竹田傍観者の一人だよ。竹田現象学にはいい所も悪い所もある。

245 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 22:33:39
本当かよ。

246 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 00:29:45
2ちゃん嫌韓主義について意見してほしい

247 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 01:02:35
>>246
>2ちゃん嫌韓主義について意見してほしい

それでは意見しよう。

どうでもいい。

それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK?

248 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 22:28:48
でり坊、馬鹿のひけらかし乙。いちいち答えるのもうんざりだから、簡単にすませる。

>社会において「竹田現象学」という一つのモノの考え方を試していく営為が俺が言う「実践」だ。

普通そういうのを「実践」とは言わねーんだよ。実践は、何かやるから実践なんだよ。

>また下らねえ「聞き返し」。「竹田現象学」が「有効」であるとか言ってるのはあくまで信者の側。自分の胸に聞いてみやがれ。

お前にとって「有効」をどういう意味で捉えているのかを聞いてるんだよ。

>俺も繰り返すが、「世界像の確信成立の条件を探る」んならそれをやってくれ。クドクド言ってないでやれ。即刻やれ。

余計な心配しなくても、『言語的思考へ』でやってるだろう。

以上、終わり


249 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 22:35:12
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!でり太くんの登場はまだですか?
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


250 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 04:00:37
どうかな?

251 :竹田ファン:2005/05/07(土) 15:47:08
アンチに告ぐ、アンチに告ぐ。
信者の間では、狭い仲間内で妥当も了解も成立しています。
それで救われるものもいます。あなたのやってることは無駄です。
ただの負け犬の遠吠えです。
みっともないから、このスレから出て行きなさい。

信者と竹田に期待する暇人に告ぐ。暇人に告ぐ。
その狭い了解や妥当は、小さなサークルの外では通用しません。
意味はありません。学者間では誰も本気になって相手にしていません。
これが現実です。
いい加減諦めて、もっと外の現実に触れなさい。
仲間内以外では認めるものなどいません。気づいて下さい。
このスレから出ていった方が人生にとっていいです。
これは忠告です。良く聞いてください。

252 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 19:06:20
>>251
釣り乙

それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK?


253 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:37:50
>>251
>アンチに告ぐ、アンチに告ぐ。
>信者の間では、狭い仲間内で妥当も了解も成立しています。
>それで救われるものもいます。あなたのやってることは無駄です。
>ただの負け犬の遠吠えです。
>みっともないから、このスレから出て行きなさい。

このカキコの通り、負け犬のでり太くんはみじめにもこのスレを出て逝ったので、
竹田ファンとでり太くんの勝負、竹田ファンの圧勝!!
でり太くん、みじめにもあわれにも現実からだけでなく2ちゃんからも引篭もるw

254 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:57:04
コラ、亀吉。

>ではでり太くん、>>220>>221>>222 の言ってることでOK? (233)
>でり坊、はよ答えんかいw (239)
>それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK? (242)
>それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK? (247)
>それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK? (252)

お前はいったい全体何なんだ?

俺は面倒ながら、てめえの214-216のクソつまらねえ「聞き返し」に正面から答えてやった。
それに対するてめえのこの態度は何なんだよ。
248のとってつけたようなお座なりの逃げレスはともかく、これは何?

丁寧に答えてやったレスには見向きもせず、自分が「聞き返し」したこともすべてうっちゃって、
他人の意見に恥も外聞もなく乗っかって、それを自分なりの言葉で言い換えもせずに「これでOK?」とか
繰り返し繰り返ししつこくしつっこく毎日毎日GW中聞いてやんの。 どういう意味だ? こりゃ。

220-222が何か有意義なこと言ってんのか? お前が有利になるようなこと言ってんのか?
もし「OK」なら何なわけ?

255 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:58:01
で、220-222って、まず第一に、他でもないお前の書き込みに対して向けられてんじゃん。
「はたから見ても、あまり核心をついてるとは思えない 」だってよ。これってお前的に「OK」なわけ?
そんなことを言われた奴の尻馬(?)に乗りたがってるお前からは、その執拗きわまりないしつっこさも含めて、
何か物凄え必死な感じが伝わってくるだけなんだが。

220-221ってのは、要するに「実践」が2ちゃんでは無理だっていう「66」だかがしてた話と同じだろ。
それには>>51で読めるように反駁しているし、それに対する異議としては220-221では全く不充分である。
「理屈より相手を打ち負かすことへの可能性をめがけてて」とこいつは中立を装って一方的に決め付けているが、
俺のやり方ってのは「問い直し」が多く基本的に論理に沿って相手の論理的矛盾を突くタイプの言説なんで
「理屈」としては明らかに一貫性を保っていて破綻がないんだな。その辺の評価を完全に避けてるよな、こいつは。
何なの、こういう奴って? 前にもこういう中立を装ってたアホがいたから突っついたら信者だったってことがあったが。

「顔の見えない議論しても合意得るのは難しい」ってさ、顔見たから「合意」に至り易いってこともねえだろ。
発言をしている人間の立場が明確になった場合、その立場によって言葉の受け取られ方には当然差異が出て来るわけだし、
逆に言葉の属性が完全に括弧に入れられているこういう場の方が抽象性が高まるから論理が論理として受け入れられやすくなる
という事態だってありうるし。そういう簡単に想起しうる可能性をあらかじめ排除してるお前らの議論には説得力が欠けてるよ。
どうしてそういう言説を重ねようとするのか、そういうところを内省してほしいわけよ。全然フェアじゃない。
だから、何が「確信成立の条件を探る」なのかって言ってるわけよ。どこが「本質看取」なんだって問うているわけよ。
対話の過程でお前らの恣意が全然括弧に入れられてないじゃん。

256 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:59:06
でも、正直なところを言えば、こないだ「竹田現象学」が「実践」としてうまく機能している具体例を見つけてしまった。
他スレなんだけど、チンポ次郎とか三郎とかいう下品なHNの奴のスレで。

>138 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :2005/05/01(日) 04:47:29
>あとね、死刑囚は、こんなことも言ってた。

>>昔ヤフーで、やたらニーチェに詳しいヤツと大喧嘩したことがある(笑)
>>オレがあまりにも簡単にニーチェの概念をまとめちゃったから、そいつが
>>オレをバカにするわけさ。
>>でも、オレは何の痛痒も感じなかった。ニーチェ解釈には自信があるし、
>>なによりその解釈を実践することがオレにとって凄くプラスになってるから
>>惑わされることがなかったわけ。ただ、そいつの言うことはこのスレの1より
>>は説得力があって、オレの方が先にチョットだけ譲歩したら、向こうもオレ
>>の言ってることを認めてくれた。お互いに人格攻撃したことを謝罪して、
>>相手の言わんとしていることを理解しようと努力した。まさに現象学的実践。
>>あれはいい議論だった。最後にはお互い涙を流して抱き合ったよ。

>キモッ!(笑)

これには俺も腹を抱え、いや、心の底から感心し承服せざるを得なかった。
やっぱ、 「現象学的実践」って実際にあるんだね。

ただ、ネットを介して「お互い涙を流して抱き合った」ってどうやってやるかってのはよくわからんが。

257 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 01:12:05
>220-221ってのは、要するに「実践」が2ちゃんでは無理だっていう「66」だかがしてた話と同じだろ。
>それには>>51で読めるように反駁しているし、それに対する異議としては220-221では全く不充分である。
>「理屈より相手を打ち負かすことへの可能性をめがけてて」とこいつは中立を装って一方的に決め付けているが、
>俺のやり方ってのは「問い直し」が多く基本的に論理に沿って相手の論理的矛盾を突くタイプの言説なんで
>「理屈」としては明らかに一貫性を保っていて破綻がないんだな。その辺の評価を完全に避けてるよな、こいつは。
>何なの、こういう奴って? 前にもこういう中立を装ってたアホがいたから突っついたら信者だったってことがあったが。

すっげえ言い逃れ&負け惜しみキタ━━━━━━\(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!
さすがでり坊、感動したwwwwwwww

>これには俺も腹を抱え、いや、心の底から感心し承服せざるを得なかった。
>やっぱ、 「現象学的実践」って実際にあるんだね。

電波に電波で反応する熱い「現象学的実践」をしているでり坊キタキタキタキタ━━━(゜∀゜≡(゜∀゜≡゜∀゜)≡゜∀゜)━━━━!!!!!!!!!! 

さすが今まで逃げまくってただけある。GWは博多どんたくと愛地球博を見るために忙しいんだと、
言い訳まで用意してw

>で、220-222って、まず第一に、他でもないお前の書き込みに対して向けられてんじゃん。
>「はたから見ても、あまり核心をついてるとは思えない 」だってよ。これってお前的に「OK」なわけ?

うん、OK

それはそうとでり太くん、>>220-222の言ってることでOK?負け惜しみ以外で。


258 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 01:15:23
でり田来たのか、ついに逃げたと思っていたがw

259 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 02:36:33

>>253、釣り乙
でり太くん、釣られ乙


260 :疑問者?:2005/05/08(日) 03:25:12
ははは。釣って釣られて哲学音痴のオタクどもが。

261 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 19:02:08
>>254-255

でり坊、僕は君のカキコを見て涙を禁じえないよ。・゚・(ノД`)・゚・。

>「顔の見えない議論しても合意得るのは難しい」ってさ、顔見たから「合意」に至り易いってこともねえだろ。
>発言をしている人間の立場が明確になった場合、その立場によって言葉の受け取られ方には当然差異が
>出て来るわけだし、 逆に言葉の属性が完全に括弧に入れられているこういう場の方が抽象性が高まるから
>論理が論理として受け入れられやすくなる という事態だってありうるし。

>社会において「竹田現象学」という一つのモノの考え方を試していく営為が俺が言う「実践」だ。

まさかこんなところで君がひきこもりだとカミングアウトするとは思わなかったよ。
そうか、君は顔の見える相手と合意に至ることがなかったために、
合意だの妥当だのを言う竹田に憎悪を抱き、
2ちゃんねるに引きこもって「論理」(でりた流)を武器に竹田信者撲滅に邁進しているんね。
なんか見てはいけないものを見てしまったなぁ。
気の毒だな。元気だせよ。強く生きろよ。にんげんだもの。

262 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 21:08:31
319 :考える名無しさん :2005/05/09(月) 07:56:30
名前: 考える名無しさん
E-mail:
内容:
 J. Claude Evans 『Strategies of Deconstruction』読了。デリダの
『声と現象』を詳細に検討し、そこでのフッサール批判がフッサールのテキ
ストの歪曲によって成り立っていることを示した研究です。

 本書によれば、デリダはフッサールの『論理学研究』を(おそらく
意図的に)誤読することにより、その中に“現前の形而上学”を不当
に読み込んでしまっているとのこと。そしてそうである以上、デリダ
の脱構築的読解はほとんど意味をなさない、と、本書は厳しい結論を
下します。『声と現象』はフッサールの厳密な読解を踏まえた実践と
して大きな影響力をもった著作であっただけに、本書の主張はなかな
か大胆なものに聞こえます。しかし『声と現象』をこれだけ詳細に全
般にわたって検証した研究は、本書以前にはおそらく存在しなかった
(らしい)だけに、本書は重要な意義を持つものと言えます。



263 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 22:14:36
251 :竹田ファン :2005/05/07(土) 15:47:08
アンチに告ぐ、アンチに告ぐ。
信者の間では、狭い仲間内で妥当も了解も成立しています。
それで救われるものもいます。あなたのやってることは無駄です。
ただの負け犬の遠吠えです。
みっともないから、このスレから出て行きなさい。

信者と竹田に期待する暇人に告ぐ。暇人に告ぐ。
その狭い了解や妥当は、小さなサークルの外では通用しません。
意味はありません。学者間では誰も本気になって相手にしていません。
これが現実です。
いい加減諦めて、もっと外の現実に触れなさい。
仲間内以外では認めるものなどいません。気づいて下さい。
このスレから出ていった方が人生にとっていいです。
これは忠告です。良く聞いてください。



264 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 22:32:08
     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!でり太くんの負け惜しみはまだですか?
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||



265 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 23:38:24
   ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧  ∧ ∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` )  (゚Д゚ )  でり太くんが救われますように
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ ) ⊂  ⊃
  |_|_|_I(/)_|_|_|__|  |
  /////ノ,,,,,,ヽ ////||  |〜
////////////  |∪∪
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|        奉  納        |


266 :考える名無しさん:2005/05/10(火) 01:05:55
あんまりでり太くん煽るのはやめれ
>>261 は案外シャレにならんかもしれんぞ。

でり太くんがなぜ「実践」というのかは、前スレ、前々スレで、異なった
見解を持つ者たちの意見の対立をときほどく可能性を竹田思想に見
出している香具師が結構いたわけ。彼らが「妥当」「合意」をよく使って
いたことにでり太くんは違和感を持ったんだろうな。竹田批判をするの
であれば、竹田の使う「妥当」や「合意」にどういう問題点があるのかを
検討すればいいんだが、残念ながらでり太くんにはその知力が、ない。
そこで、お前らが「妥当」や「合意」と言うのであれば、それを実践して
みせろ、実際に「合意」を作ってみせろと言うしかないわけ。でり太くん
が「実践」にこだわるのは、実はそれだけのこと。

煽るには面白いキャラなのはよく分かるが、どう考えても中学生だろう。
あまりイジるのはどうなんだろうか。ちょっとイヤな予感がするのだが。




267 :考える名無しさん:2005/05/11(水) 23:52:01

                        \ | /
 ⊂⌒⊃        ⊂⌒⊃     ―‐ ● ―‐  ⊂⌒⊃
         ⊂⊃                 / | \          ⊂⊃
                  ⊂⊃
/~\へ/~\へへ/~\/~\へ/~\へ/~\へ/~\へヘ/~\/~\
,、,,,,,、,,,,、,,,、,,,,,,,,,,、,,,/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\_________
,, ,,,,,, ,,,, ,, ,,,, ,,,,,| 逃げた逃げた!でり太が逃げた! |            \
 ,,,, ,,, ,,,,, ,,,,,,, ,,,, , \ _____________/  負け犬でり太!   |
||=||=||=||=||=||∨=||=||=||=||=||=||=||=||\__  ______/
,,,,,,, ,,,,, ,,, ,, ,,,, ,,, ∧_∧ ,, , ∧_∧,, ,,,,, ,, __ ,,,, ,,,,,  ∨  ,,,,, ,,,, ,, ,, ,,,,
,, e@@e ,,,,,, ,,, ( o´∀`) ,,,,, (∀・ ; ) ,,, , , |   || ,,, ,,,, e@@e , ,,,, ,,, ,, , ,,
,,, (,・∀・) ,,, ,,⊂   ⊃,,, ,,⊂⊂⌒ヽ、, ,,, |!____i|| , ,,,♪ (・∀・,)_ノ ,,,,, ,,,, ,, ,
,〜((  ,,), ,,,, ,,,○(   ノ ,,,, プル ))   )○/_/) ,,,, ,, とと,,__つ , ,, ,, ,,
,,,, ,UUU ,,, ,,, ,,,,,, )__)_) ,, ,,, ,(( (_(_ノ ))プル,,,,◎ ,, ,,, ,, ,,,,, ,,,,, ,,, ミ ピョン
| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |,,, ,,,,| |
| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |二二| |



268 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 22:04:24
負け犬でり坊、>>266 の言ってることでOK?


269 :考える名無しさん:2005/05/13(金) 00:02:46
>>266
でり太くんの件はそれでいいとして、竹田の「妥当」や「合意」には
どんな問題があると考えているの?

270 :考える名無しさん:2005/05/13(金) 21:21:34

でり太くんはタイーホされたのでもうここには書き込めない

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050512-00000016-maip-soci.view-000

271 :考える名無しさん:2005/05/13(金) 21:59:35
まぁすごい煽られ様。
でもでり太君も、無駄に攻撃的だからしょうがないと言やしょうがないか。
痛み分けというかなんというか・・

272 :竹田ファン:2005/05/14(土) 09:46:18
>215
>「妥当」についても同じ。竹田の「妥当」が問題含みであるというカキコもたくさん出てる。
>266
>でり太くんがなぜ「実践」というのかは、前スレ、前々スレで、異なった
>見解を持つ者たちの意見の対立をときほどく可能性を竹田思想に見
>出している香具師が結構いたわけ。彼らが「妥当」「合意」をよく使って
>いたことにでり太くんは違和感を持ったんだろうな。竹田批判をするの
>であれば、竹田の使う「妥当」や「合意」にどういう問題点があるのかを
>検討すればいいんだが、残念ながらでり太くんにはその知力が、ない。

でり太君はおいといて(煽ってて言うのも何だが
ちゃんと議論できる奴は全面的に認めてる奴も否定している奴もいないのが現状。
>意見の対立をときほどく可能性があるのか
それとも反動なのか議論して欲しい。

現実は視点毎に相対的だ、現実のシステムは絶対的じゃない。
と相対的立場に依りながら、他の理論を相対主義だと罵倒すること。
そのくせ独我論的で他者に一般性対称性求め基底性の形而上学的構え示す。
竹田現象学の正しさ受け入れる人間だけの狭い共同体主義を押しつけといて
相対主義装う絶対主義が入っちゃってかえって罪深く見える。
そこらへんの問題クリアして可能性見いだせるなら謙虚に話しを聞きたい。



273 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 11:10:54
>>272
つ〜かさ、お前の>>39-41の自爆って何だったわけ?

>・↓以下、延々祭りが始まる。どうぞ。

とか言って自分としては大反響を巻き起こす予定だったのに完全スルーだったじゃん。
あれには笑ったよ。
そこんとこどう思う?

274 :竹田ファン:2005/05/14(土) 11:31:47
始まった。スルーで。

275 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 16:52:54
>>272
そのキャラ相手では話しにくい。66とか出してきて( ;´Д`)

>一般性対称性求め基底性の形而上学的構え示す。

これとか、よく意味がわからない

>竹田現象学の正しさ受け入れる人間だけの狭い共同体主義を押しつけといて
>相対主義装う絶対主義が入っちゃってかえって罪深く見える。

誰が誰に押し付けたのか、さっぱりだよ
竹田って書籍出してるだけだろ、、??

276 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 19:36:11
でり太くん釈放キタ━━━━━(゚(゚∀(゚∀゚(☆∀☆)゚∀゚)∀゚)゚)━━━━━!!

で、弱虫負け犬でり太くん、>>266 の言ってることでOK?

277 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 23:07:56
    / ̄ ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (  人____)< つ〜かさ、そこんとこどう思う?
   |./  ー◎-◎-)  \______________
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

Mr.Derita


278 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 23:24:53


ハァハァ ____   
     /:::::::::::::::::::::\        
    /::::::::::::::::::::::S ::|
   (================
    |ミ/  ー●-●-)    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (6     (_ _) )  < 俺も自爆、でもお前も自爆! 
  _| ∴ ノ  3 ノ    \____________
 (__/\_____ノ_____∩___
 / (__))     ))_|__|_E) ̄´
[]_ |  |  でり太君ヽ
|[] |  |______)              
 \_(___)三三三[□]三)            
  /(_)\:::::::::::::::::::::::/           
 |s u  f|::::::::/:::::::/                 
 (_n _ f_);;;;;/;;;;;;;/               
     (___|)_|)                 (´A`) またかよ・・・




279 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 00:07:43
>>276-278

そんな煽りするから、でり坊に「煽りには釣られない」と、
>>266に答えない理由を与えちゃうんだよ。
しばらく煽るのやめてくれよ。でり坊が答えられるか見たいんだから。



280 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 00:09:53
でり坊も、ここ見てるのはバレてるからさ、ちゃんと答えなよ。
答えられるのなら。

281 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 00:58:04
>>261
>そうか、君は顔の見える相手と合意に至ることがなかったために、
>合意だの妥当だのを言う竹田に憎悪を抱き、
>2ちゃんねるに引きこもって「論理」(でりた流)を武器に竹田信者撲滅に邁進しているんね。

しかし実際そういう理由じゃぁなさそうだね。
竹田が強烈に批判した哲学者・思想家のいずれかのファンなんじゃない。
誰だかはしらないけど。デリダじゃないんだろな多分(よんでないらしいから・・)

個人的じゃなく党派的な理由で怒ってる人って、本当合意もクソもない
よなぁ。ウヨサヨの論争見てると特に思うが

282 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 01:06:45
もし本当に純粋に竹田の思想が気に食わなくて、ここまで
信者とか竹田本人に憎悪を抱けるなら ちょっと変わった人だ
死んでも竹田だけは認めてやるかというオーラがバリバリ出てる
し。

283 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 21:29:13
>負け犬でり坊、>>266 の言ってることでOK? (268)
>で、弱虫負け犬でり太くん、>>266 の言ってることでOK? (276)
>そんな煽りするから、でり坊に「煽りには釣られない」と、
>>266に答えない理由を与えちゃうんだよ。
>しばらく煽るのやめてくれよ。でり坊が答えられるか見たいんだから。(279)
>でり坊も、ここ見てるのはバレてるからさ、ちゃんと答えなよ。
>答えられるのなら。 (280)

オラ、亀吉。ワケワカメのキチガイ野郎。オメエのことだよ!

オメー言いたいことがあるならテメー自身のツルツルの脳味噌でちゃんと考えて自分なりの言葉でぶつけてみろよ。
「>>〜(他人の書き込み)に対して答えてみろ」ってのはいったい何だ? それも何度も何度もしつこくしつっこく。
恥ずかしくねえのか? 他人のレスに乗っかって「どうだ?」なんてふんぞり返ってやがる。馬鹿が。
答えてやったら何だっての? また前のようにスルーじゃん。で、また新しい「>>〜に対して答えてみろ」だろ?
加えてくだらねえAA。そんなもん煽りに使ってる奴久しぶりに見たわ。もうちっと工夫しやがれ、このカス。

284 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 21:30:22
で、「266」がいったいどうしたって言うんだ? お前の最後の頼みの綱、溺れる馬鹿の掴んだ藁がどうかしたのか?  
こいつが俺に対して何かを問うているのか? 有効な批判を提出しているのか?

>竹田批判をするのであれば、竹田の使う「妥当」や「合意」にどういう問題点があるのかを
>検討すればいいんだが、残念ながらでり太くんにはその知力が、ない。

一方的な断定に基づいた「何も見なかった何も聞かなかった」の竹田信者典型の逃げ口上じゃん。
俺がまさに「竹田の使う「妥当」や「合意」にどういう問題点があるのかを」コミュニケーションという次元から
「検討」しているのは明白なのに、それを読み込む「知力」が無いのはこの「266」の問題だろ。
読み込んだ上でもまだその批判が受け入れがたく存在すら容認できないのも「266」の「知力」の器の問題。
まあAA貼って煽ってるような白痴の肩を持つような重度の信者には俺の批判は全く受け入れ難いことだと思うがね。
毎度のごとく見なかった聞かなかったでゴマカして済ますのもいいけど
俺の批判は必ずコミュニケーションの次元でお前らに回帰するから覚えとけ。

>意見の対立をときほどく可能性があるのか

俺はその可能性があるとするなら、何度も言ってるように、具体的なコミュニケーションの過程で
竹田現象学の有効性をデモンストレイトする以外にないと思うね。ここに限らず議論の場でね。それ以外に何がある?

でも、無理だろ。この有り様を見ても。特に相手が俺だからってわけじゃねえよ。

お前らには自分の恣意を真摯かつ徹底的に追い込む強さが完璧に欠けているし、竹田にしたところで同様だ。
さらに自分の恣意に気付く「知力」もないし、気付かされてもその恣意を曖昧に肯定するだけだし。

独我論で自分に対して甘いと最悪の自堕落に陥るという具体的サンプルがお前ら竹田信者なんだよ。

285 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 18:56:17
天才負け犬のでり太くんが
両手両足の爪に太目の爪楊枝を刺し込まれ、
5時間経ってから、テコの原理を利用してまた3時間変えてゆっくりとメリメリと爪を剥かれ、
目の玉に怪我しない程度に強い勢いの水を直接5時間ほどぶちかまされ
その後に裁縫の針で少しずつ3時間ほどチクチク刺されたあとに、ハシでくり抜かれ、
チンコの中に火薬を仕込んで爆破させられ、髪の毛を20本ずつ丹念に引きちぎられ、
ワキの下の部分を少し粗めの紙やすりで3時間ほど強力に削られて、
乳首をハサミで切り落とされて、耳の穴と口の穴にも火薬を仕込んで爆破させられ、
口の中に犬のウンコと猫のゲロを詰められて、1時間経ってから飲み込ませられ、
風呂場に連れて行って、深さ20センチほどの水かさの風呂桶に頭から叩き落され、
身動きを取れないようにされ、 死なない程度に呼吸をできない苦しみを丸一日味わさせられて、
その後、炭に火をつけたものを、死なない程度に体中に押し付けられ、
その後、全身の皮を一日かけてゆっくり丁寧に剥かれて、薄皮がはがれた体を、
さらに皮剥き器でシャリシャリされて、
とどめにギザギザの切れにくいナイフで体中をズタズタにされる

そんな拷問を受けて無残に死にますようにぃ☆


286 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 23:36:06
でり太君に自分の恣意を真摯かつ徹底的に追い込む強さが完璧に欠けている件について

287 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 23:38:59
独我論で自分に対して甘いと最悪の自堕落に陥るという具体的サンプル、でり太君

288 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 23:39:38
>>285

激しく同意

289 :名無しさんだよ:2005/05/16(月) 23:54:01
ある人には竹田氏の主張が、脳天気にみえる。

でも、竹田氏は、たとえ脳天気であっても、

この方向性を突き進むしかないと考える。

議論は堂々巡り。

290 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 01:45:58

    / ̄ ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (  人____)< もうちっと工夫しやがれ、このカス。
   |./  ー◎-◎-)  \______________
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

Mr.Derita


291 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 02:06:22
>>283

つーか、亀吉って、誰?

292 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 11:57:58
これはまた酷い・・

293 :critic-cricis:2005/05/17(火) 13:18:23
でり太君頑張れ。お前の方が論理に徹底し、無駄な中傷に走らない分偉いぞ。お前の論敵は中傷に走る分不徹底に見える。中傷者は結局論証不能を自ら認めたようなものだ。でり太にきちんと自分の立場を説明しなきゃ駄目だろう。

294 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 20:54:18

    / ̄ ̄ ̄ ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (  人____)< 俺にだって理解者はいるんだ、このカス
   |./  ー◎-◎-)  \______________
   (6     (_ _) )    カタカタカタ
   | .∴ ノ  3 ノ  ______
    ゝ       ノ  .|  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  \___      |  |    |__|
  | \      |つ    |__|__/ /
  /     ̄ ̄  | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
 |       | ̄

Mr.Derita



295 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 21:47:54
>>293

お前さぁ、何レフェリー気取って偉そうなこと書いているんだよ。
他人に自分の立場を説明しろってんなら、まず自分の立場を説明しろ。バカが。

296 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 21:56:18
でり太君を支持すれば煽られるし、といって竹田支持の発言をしても
でり太君が闇雲に信者認定しつつ噛み付いてくるし。
今このスレで自分の立場明らかにするのは勇気要る罠

297 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 22:10:13
>>296
でり太がそんなに恐いのかw ただのバカだろ、あいつ

298 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:03:04
【社会】小林泰剛容疑者 拳法悪用し暴行繰り返す 少女監禁時も練習続ける
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115951728/

【社会】小林泰剛容疑者 世田谷のマンションで別の若い女性も監禁か
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115944561/

【少女監禁】小林泰剛容疑者 青森県の実家在住時から計画 実家を捜索し動機の解明へ
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116060984/

【少女監禁】「監禁でなく同居」 小林容疑者、少女の住民票移す…ささいなことで拳法も
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115952289/

【少女監禁】「警察に連絡すると殺される」 脱出の少女、教会のミサに加わり次第に回復
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116079691/

【少女監禁】小林泰剛容疑者 少女を周囲に「自分の妹」と紹介するなど偽装工作
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116059524/

【少女監禁】小林泰剛容疑者の動き、保護観察所は7か月確認できず
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115971226/

【少女監禁】「"泰剛ちゃん許してあげて"と母親が」 エロゲー1000本押収の"王子様"、同級生が当時を語る★6
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1116201478/-100

299 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:15:54

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ.ツノ i i l'``゙゙ `"''⌒`ヽヾミ=ツ,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'シ// /,! |     ,.,   ! !ヾ;_'ノ)||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'//ツノノ,ノl l    {,!ゝ、 ! l i ヽ_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//彡'////..,,,,,_   ヽ, ''ヽ, ヾ;ヾ、;;_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//`メ///"-=tッミ`  ;;;;':, ,.ヾ_"`i.'、ヾ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///!`//  ` ̄   ;;;;;;':,  ヽ、ノ /.|||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:''| |,//       {´`'ヾ    ヽ;'||||;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||| |//      ヽ、,> 、  ヾ    l|||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;::| ||||/:':,    .,,__'、        !||::;  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::://|::::::::':,    '─く "       |ヽ <俺の批判は必ずコミュニケーションの次元でお前らに回帰するから覚えとけ。
::::::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::l ' ,     `ヽ       !   \_______


300 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:20:33 ?
>>299
それは漏れが散々キモぃといったAA。おねげえだから、そのAAを使うの止めろ。
マジ、吐き気してきた。


     う  ぉ  ぇ  〜  っ。



301 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 23:27:37
>>300
おまいはこのスレの大論客をバカにするのか

302 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 00:36:39
なかなかほどよい荒れ具合になってきたねw

でり太君もその反対者も大きな勘違いをしているのは、
竹田現象学は、「他者といかに接するか」という「実践」の哲学ではなく、
「自己と他者・世界はどういう関係になっているか」を知ろうとする
「認識」の哲学だということ。
だからそもそも竹田の思想がコミュニケーションについて
具体的に何かをもたらすのを期待するのはお門違いもいいとこ。
コミュニケーションにどういう意味があるのかを明らかにすることはできても。

「それにどういう利益があるのか」という問いに対しては、福田和也流に言えば、
「お前のようなバカにならないためだよ!」と言ってぶん殴るとか、
そういう対応しかないんじゃないかな。

303 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 01:55:47
竹田がどんな哲学を語ろうとウソくさく感じる。彼はマスコミ批判をするのはお門違いの見当はずれだ、みたいな事を書いていたからだ。真実を隠蔽しながら生きている哲学者など信用できるか

304 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 02:02:42
>>303
ソース頂戴

305 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 02:05:12
>>302
>竹田現象学は、「他者といかに接するか」という「実践」の哲学ではなく、
>「自己と他者・世界はどういう関係になっているか」を知ろうとする
>「認識」の哲学だということ。

へ〜え。

「認識」して終わり? じゃあ完全な独我論だな、それは。つ〜か、「論」以前の話だな。
コミュニケーションとは全く関係のない所作だと言い張りたいわけだな、お前は。

「自己と他者・世界はどういう関係になっているか」という自分の認識を他人の認識と比較したり
共有したりすることすらできないと言うことなんだな。
コミュニケーションの次元に現われないということはそういうことだよな。

完全に孤立した「認識」か。

笑わせるな。お前、支離滅裂なんだよ。
じゃあ、何でそもそもそんな「哲学」に関する本を出版してんだよ。このドアホ。

306 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 02:06:03
>コミュニケーションにどういう意味があるのかを明らかにすることはできても。

コミュニケーションから隔絶しているはずなのに、何でそれに「どういう意味があるのかを明らかにすることはでき」るんだよ。ふざけるのもいいかげんにしろ。

だから、もういいんだよ、前口上は。「できる」もんならやってみろって言ってんだよ。
「できる」「できる」って、お前らがいったい、いつ、何を、対話の過程で「明らか」にしたかを聞いてんだよ。
お前らの言ってることにつまらん恣意にまみれたドクサ以外の何があるのか聞いてんだよ。

「福田和也」に倣って「ぶん殴る」とか言って俺の笑いをとってる余裕があるならもうちょっと真面目にやれ。

>「自己と他者・世界はどういう関係になっているか」を知ろうとする
>コミュニケーションにどういう意味があるのかを明らかにする

これらの試みが「具体的に何かをもたら」さないとしたら何のためにそれをやるのか?

307 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 03:31:25
>「認識」して終わり? じゃあ完全な独我論だな、それは。つ〜か、「論」以前の話だな。
>コミュニケーションとは全く関係のない所作だと言い張りたいわけだな、お前は。
>「自己と他者・世界はどういう関係になっているか」という自分の認識を他人の認識と比較したり
>共有したりすることすらできないと言うことなんだな。
>コミュニケーションの次元に現われないということはそういうことだよな
>完全に孤立した「認識」か。

おいおい、「「他者といかに接するか」という「実践」の哲学ではなく、」がなぜ、
「コミュニケーションの次元に現われない」になってしまうんだ?
自己が他者との関わりによって成立している以上、
他者が自己を成立させる上での前提になっているのは当然だろう。
だから、他者が自己にとってどういう意味を持つかということについては、
竹田現象学は示すことが出来るが、
他者に対していかに接するべきかということの具体的な指針を(カントやサルトルのような)
竹田現象学は、目的としていないってことだ。
もちろん、他者のもつ意味から派生する倫理を解き明かすことはするが。

竹田現象学は方法論的であるなしを問わず独我論だ。
徹底的に自己に内閉し、自己に表れてくる他者についてその意味を記述する。
だから自己にとっての他者とはどういう存在でどういう意味をもつのか、
という問い方をするわけだ。
その時に、コミュニケーションのもつ意味が明らかになる。
(赤ちゃんにとっての母親の意味、恋愛が自己中心性を解き放つ、などなど)
完全に孤立した「認識」など、自己の成立過程を考えれば、ありえないんだよ。

この方法論で竹田は主客問題を解いたと言っているが、俺は解けてないと思う。
しかしだからといって竹田の営為がすべて無駄だとは言えない。


308 :人力飛行機:2005/05/18(水) 03:34:24
ちょっと記憶が不鮮明だが、ヤスパースがハイデガーの思索に感じた疑問に似てるなあ、て思ったんですけどね。ヤスパースはハイデガーに対して、まさに“貴方の思索は具体的に何を我々にもたらすのですか”と尋ねてた、と読んだような記憶があります。

309 :人力飛行機:2005/05/18(水) 03:39:13
まさにヤスパースにとってはハイデガーの思索は具体的に何物ももたらさない代物であり、何をやろうとしているのか甚だ不明瞭に違いない代物だったと思うんです。そこがヤスパースはずっと不満であった、と。彼は終生そこに疑問を抱いたようです。

310 :人力飛行機:2005/05/18(水) 03:43:32
だけど僕の感想はヤスパースと違うんですね。具体的には何物ももたらさないことはその仕事がなくてもあっても変わらない理由にはならない、と思えるんです。それはその思考を否定する理由にはならない。ただ単なる思索ということに存在理由はあったと思えます。

311 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 03:44:24
>「できる」「できる」って、お前らがいったい、いつ、何を、対話の過程で「明らか」にしたかを聞いてんだよ。
>お前らの言ってることにつまらん恣意にまみれたドクサ以外の何があるのか聞いてんだよ。

「お前ら」が誰を指すのか、また、「対話の過程」がどういう意味なのかさっぱり分からないが、
竹田だったら、『エロスの世界像』や『言語的思考へ―脱構築と現象学』で自説を展開しているが、
それへの批判があるってことなのか?

>じゃあ、何でそもそもそんな「哲学」に関する本を出版してんだよ。このドアホ。
>これらの試みが「具体的に何かをもたら」さないとしたら何のためにそれをやるのか?

もう一度同じことを繰り返すが、
「それにどういう利益があるのか」という問いに対しては、福田和也流に言えば、
「お前のようなバカにならないためだよ!」と言ってぶん殴るとか、
そういう対応しかないんじゃないかな。



それから、「コミュニケーション」の意味するところが分かりにくいんだが、
それは後日聞く。





312 :人力飛行機:2005/05/18(水) 03:50:50
具体的には何物ももたらさないと同時に、自己の生に対する理解や、或はより良く生きることの思考、人間とは何かへの思索…様々なことをもたらす力があったと思います。で、それらは、具体的には何の役にも立たないことを補って余りあるものだった気がします。

313 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 03:58:15
>>308-310

哲学じゃないけれど、宮台真司が姜尚中と共著を出していて、
宮台が姜への問いかけとして、姜さんのやってるポストコロニアリズムは、
結局のところ「国民国家は幻想である」という啓蒙であって、
そんなことは今や「作る会」の連中だって知ってる常識に過ぎない。
それよりも、国民国家を操縦していくノウハウを考えるほうが
今では意義があるのではないかと。
姜は、確かにそれは自分の盲点だったって認めていたけどね。
姜が認識、宮台が実践ってことになる。
よく考えれば、以前明治学院大学で宮台が竹田を批判していたが、
それは姜への批判と全く同型だな。
今時リベラリズムと言ったってリベラリズムで行くしかないのは分かっている、
ではどうやってリベラリズムを運営していくのか考えるのが大切だとね。

ただ、でり太君の言ってることはそんなに高級なことではなく、ただの混乱w
>>302で書いていることで全て。全く訂正の必要は感じない。


314 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 08:25:45
>>307
>この方法論で竹田は主客問題を解いたと言っているが、俺は解けてないと思う。

それっていうのは、「客観を遮断して主観に閉じこもる」という方法を取っただけで
客観を解明してない、という意味においてかな?

315 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 12:27:47

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ.ツノ i i l'``゙゙ `"''⌒`ヽヾミ=ツ,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'シ// /,! |     ,.,   ! !ヾ;_'ノ)||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'//ツノノ,ノl l    {,!ゝ、 ! l i ヽ_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//彡'////..,,,,,_   ヽ, ''ヽ, ヾ;ヾ、;;_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//`メ///"-=tッミ`  ;;;;':, ,.ヾ_"`i.'、ヾ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///!`//  ` ̄   ;;;;;;':,  ヽ、ノ /.|||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:''| |,//       {´`'ヾ    ヽ;'||||;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||| |//      ヽ、,> 、  ヾ    l|||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;::| ||||/:':,    .,,__'、        !||::;  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::://|::::::::':,    '─く "       |ヽ <笑わせるな。このドアホ。
::::::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::l ' ,     `ヽ       !   \_______

でり太容疑者(24)



316 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 14:15:06
「世界はメタファーだ、竹田でり太くん」と亀吉さんは僕の耳もとで言う。「でもね、僕にとっ
ても君にとっても、このスレだけはなんのメタファーでもない。このスレはどこまで行っても
―――このスレだ。僕と君のあいだで、それだけははっきりしておきたい。」
「もちろん」と僕は言う。
「とってもソリッドで、個別的で、とくべつなスレだ。ほかのどんな糞スレにも代用はできない。」
僕はうなずく。
「さようなら、竹田でり太くん」と亀吉さんは言う。
「さようなら、亀吉さん」と僕は言う。「そのAAはとても素敵だよ。」
彼は僕から離れ、僕の顔をまっすぐ見て微笑む。「いつそれを言ってくれるか、ずっと待って
いたんだ」

317 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 16:20:07
 竹田現象学を我流だと批判している人、慶応の斉藤さんにしても現象学を
我流で解釈しているし、現象学の解釈など哲学史的にもみな我流でやってきた
とおもうのだが、一番フッサールの考えを厳密に継いだ解釈をしていると思われるのは
誰だと思うんですか?

318 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 22:23:22
>>317
みんな我流だったら後継者なんかいないはずじゃんw

319 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 23:19:13
 傍から見ると我流なんだけど、本人は後継者を自称するのがパターン・・・w。

320 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 23:22:34
数学の基礎も学んでない馬鹿がフッサールの後を継げるとでもおもってんのか?

321 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 23:40:06
フッサールをダシにして名を上げようと言う輩が....w。

322 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:38:26
>数学の基礎も学んでない馬鹿が

フッサールの数学なんて古すぎ(w。あほらしいなーもうw。

323 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 19:23:59
>>311

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ.ツノ i i l'``゙゙ `"''⌒`ヽヾミ=ツ,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'シ// /,! |     ,.,   ! !ヾ;_'ノ)||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'//ツノノ,ノl l    {,!ゝ、 ! l i ヽ_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//彡'////..,,,,,_   ヽ, ''ヽ, ヾ;ヾ、;;_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//`メ///"-=tッミ`  ;;;;':, ,.ヾ_"`i.'、ヾ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///!`//  ` ̄   ;;;;;;':,  ヽ、ノ /.|||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:''| |,//       {´`'ヾ    ヽ;'||||;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||| |//      ヽ、,> 、  ヾ    l|||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;::| ||||/:':,    .,,__'、        !||::;  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::://|::::::::':,    '─く "       |ヽ <変なこと聞くな。このドアホ。
::::::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::l ' ,     `ヽ       !   \_______

でり太容疑者(24)



324 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 22:00:11
>>307

>>この方法論で竹田は主客問題を解いたと言っているが、俺は解けてないと思う。

オーイ。これはなぜそう思うんだ?


325 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 22:08:30
あと
>>307
現象学的還元とか本質観取とかは確かに自己の観念とかを内省するための
方法だが、それを考えると普通は、コミュニケーションの次元にも影響をおよぼす
と一歩踏み出したくなると思うんだけどね(自分が反省するだけでも
影響がないことはない)。

例えば、とある信念対立があるとき、それをどうしようもないとか、漠然と
歩み寄ればいいなどと考えないで、対立を解く方法(の原理)があると
したら、それをどう考えればいいか、それを現象学は提供しうる
みたいなことは竹田も言ってた気がするよ
(今 手元に本がないのでスマン 「現象学入門」とか「現象学は
<思考の原理>である」あたりに書いてあると思う)

326 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 22:39:18
>>314

竹田の場合、間主観性も主観内の信憑で解いてしまうから、
他我を問題にしえない。
これは、フッサールの「感情移入(自己投入)」をそのまま間主観性の道具立てに
使ってしまったから。
木田元は感情移入による他我を「マネキンに投射された自我」と言っている。
でり太君が引用している竹田の文を使うと、

>しかしこれだけでは確固とした確信は成立しない。
>この内在的確証が揺るぎないものとなるためには、
>その上に他者の承認ということがつけ加わらなくてはならない。
>つまり現象学的な「妥当」の概念でもうひとつ重要なのは、
>(以下原文ゴシック)「妥当」とは相互的な確証を条件にするということである。
(竹田青嗣『自分を知るための哲学入門』)

ここで言う「他者の承認」も、結局は「他者の承認」が成立したという主観内の信憑、
「相互的な確証」もそれが成立したという主観内の信憑にすぎないことになる。
この手の「妥当」は、可疑性がものすごく高くて、すぐにひっくりかえる性質のはずだから、
結局独我論以上にはならないのでは?


327 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 22:47:32
あと、そんなに哲学詳しくないからあんまり言えないけど、
竹田の間主観性はかなり独特のようだね。
そこらへんが竹田がアカデミズムで受け入れられない原因じゃないのかな。

328 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:18:15
>>326
主客問題に触れてない気もしないではないが
ふたつ疑問点がある。

前段の文は、要するに自我とは別の「他我」が存在するものと前提して

竹田現象学の方法では、自我に閉じこもって、自我にあらわれる光や
音の情報の集合を認識・統合、記憶して生じる「他我が存在するという
確信」しか扱えない、「他我」を真に扱えないのではないか、と言っている
ように見えるのだが、そもそも扱えるのが「確信」のみなのでは?

何に自我があるかなど判断できないのだから(できる、とは恐ろしくて
俺なら言えない。精巧に出来たロボットと人間の区別などつかないし
精巧に出来たロボットにあるのなら、どれくらいその精度を落とせば
自我が無くなるのかなど考えれば考えるほど袋小路に行き詰まる)

他我がそもそも存在するものなのだ、と考える(確信とせず、真理(前提)
とする)とそういう結論になるのもうなずけるが。
「他我が存在する」という揺るぎない「確信」なら俺にもあるが・・

329 :人力飛行機:2005/05/19(木) 23:18:29
今、廣松vs竹田の対談読んでるんだけど竹田の立論に異和感は感じなかったな。これはこれで人間存在のリアリティも獲得している立論だという感想を持った。

330 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:22:42
後段、
>ここで言う「他者の承認」も、結局は「他者の承認」が成立したという主観内の信憑、
>「相互的な確証」もそれが成立したという主観内の信憑にすぎないことになる。

竹田現象学なら、そういうことになると思う

>この手の「妥当」は、可疑性がものすごく高くて、すぐにひっくりかえる性質のはずだから、

これがなぜそうなるのかが分からない。可疑性のものではあるだろうが、
それは全ての信念に言える(この世界は実在しているのか否か、なども)
「ものすごく高い」とは何と比べて??一週間前の夕食はなんだったか
とかいうおぼろげな記憶などはものすごく可疑性が高かったりすると思うが・・

>結局独我論以上にはならないのでは?

独我論とは何か、ということだけども、「他我や世界が実在しない、それらは自我の
意識内容にすぎない」と考えることがそうなら、現象学はどちらとも言いづらい
なぜならそれについてはエポケー(どちらか分からない)としてしまっているから。
そこから独我論になるのかそうでないのかは、その人の信念体系のいかん
じゃないかな?

331 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:28:44
他我が存在しているという考えは全然間違っていないし、俺はむしろ
正しいと思う。ただ、それは真理ではなく、普通に考えるぶんには
疑う余地のない類の「確信」「信念」であるということだと思う。

332 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 01:50:19
>>328
>他我がそもそも存在するものなのだ、と考える(確信とせず、真理(前提)
>とする)とそういう結論になるのもうなずけるが。
>「他我が存在する」という揺るぎない「確信」なら俺にもあるが・・

そういうことだね。
もし竹田の道具立ての中に、他我を前提としなければ成立しないものがあれば、
竹田現象学の矛盾ということになるんだろうな。
言語なんかはそういうもののような気がするが、断言はできない。

>>この手の「妥当」は、可疑性がものすごく高くて、すぐにひっくりかえる性質のはずだから、
>これがなぜそうなるのかが分からない。可疑性のものではあるだろうが、
>それは全ての信念に言える(この世界は実在しているのか否か、なども)
>「ものすごく高い」とは何と比べて??

間主観の問題になると、「他者の承認」が成立していると言う信憑は
割合簡単に崩れるんじゃないか。
独我論については、廣松vs竹田の対談でも最初に話題になっていて、
モナドはひとつなのか複数なのかで廣松はかなり竹田に突っ込んでいたが。
あの対談は廣松の疑問に竹田は答えられていないという感想を俺は持った。




333 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 10:22:43
またもや竹田信者との論争にでり坊あわれにも逃亡!
負け犬でり坊、竹田信者にも敗れ去る!!!!!

334 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 10:23:59

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ.ツノ i i l'``゙゙ `"''⌒`ヽヾミ=ツ,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'シ// /,! |     ,.,   ! !ヾ;_'ノ)||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'//ツノノ,ノl l    {,!ゝ、 ! l i ヽ_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//彡'////..,,,,,_   ヽ, ''ヽ, ヾ;ヾ、;;_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//`メ///"-=tッミ`  ;;;;':, ,.ヾ_"`i.'、ヾ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///!`//  ` ̄   ;;;;;;':,  ヽ、ノ /.|||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:''| |,//       {´`'ヾ    ヽ;'||||;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||| |//      ヽ、,> 、  ヾ    l|||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;::| ||||/:':,    .,,__'、        !||::;  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::://|::::::::':,    '─く "       |ヽ <俺は逃げる。このドアホ。
::::::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::l ' ,     `ヽ       !   \_______

でり太容疑者(24)


335 :竹田ファン:2005/05/20(金) 19:05:00
>>332
>もし竹田の道具立ての中に、他我を前提としなければ成立しないものがあれば、
>竹田現象学の矛盾ということになるんだろうな。
>言語なんかはそういうもののような気がするが、断言はできない。

言葉の意味は内面にはない。発話者にもわからない。
それを通じて喚起される様々な出来事の結果としてしか捉えられない。
どうしてもそういうものをはらまざるをえない。
言葉を発する時、発話者の中にないものを求めて部分があることに気付く。

それを無視すると結局内輪向けの話でしかなくなる。
妥当性を受け入れる共同体性を前提にする。
しかもその事を忘れて、内輪じゃない人間に押しつける。
これが基底性の形而上学。
275わかった?勉強になったね。


336 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 21:45:29

>>335

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ミ.ツノ i i l'``゙゙ `"''⌒`ヽヾミ=ツ,ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'シ// /,! |     ,.,   ! !ヾ;_'ノ)||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l'//ツノノ,ノl l    {,!ゝ、 ! l i ヽ_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//彡'////..,,,,,_   ヽ, ''ヽ, ヾ;ヾ、;;_ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//`メ///"-=tッミ`  ;;;;':, ,.ヾ_"`i.'、ヾ||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;///!`//  ` ̄   ;;;;;;':,  ヽ、ノ /.|||;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:''| |,//       {´`'ヾ    ヽ;'||||;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:||| |//      ヽ、,> 、  ヾ    l|||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;::;::;::;::;::;::;::;::;::| ||||/:':,    .,,__'、        !||::;  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:::::::::::::::::::::::::::://|::::::::':,    '─く "       |ヽ <つ〜かさ、お前の>>39-41の自爆って何だったわけ?
::::::::::::::::::::::::::::|||:::::::::::l ' ,     `ヽ       !   \_______

でり太容疑者(24)




337 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 23:02:02

またもや竹田ファンにしっぽを巻いて逃げるでり太くん
でり太くん、竹田ファンに2連敗!!
もはやこのスレに出てくる勇気も消え失せる!!!



     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生!でり太くんはいつまで負け続けるんですか?
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


338 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 00:22:10
別にでり太の肩持つわけではないが、煽りウザい

それよりでり太くん、>>307 >>311の答えでOK?


339 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 01:42:09
>>335
口調変えることでキャラの差別化をはかる意図はわかるんだが
その口調ではよく文意がつかめない;

340 :考える名無しさん:2005/05/22(日) 16:37:01
でり太くんは撃沈したみたいだからそれはそれとして、
竹田さんの哲学の中に実践の要素はあると思うが。
相互の合意は、確かに妥当自体は主観内にしか生じないかもしれないけど、
他者に向かうなんらかの指針になってるんじゃないの?
そこのところはどう?

341 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 01:43:59
agde46

342 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 02:55:17
竹田なんて何言っても所詮実存の囚人。三流政治家と体質は変わらない

343 :人力飛行機:2005/05/26(木) 09:21:51
340に共感。

344 :考える名無しさん:2005/05/26(木) 10:23:39
>>340
「主観内にしか生じない」という考え方を現象学はしないんだ。
もとより、一個の人間がもてるのは、自身と不可分の一つの
主観のみなのだから。
主観の「内」と「外」があるのではなくて、いったんすべて
主観にとってあらわれる世界のみに絞ろうと
(この言い方も主客を前提していて嫌だが)というのが
現象学。「主観にとって」主観内、主観外「と感じられる
(確信してる)」という区別があるだけ。。

素朴に客観(他者)の視点なんかを前提すると、科学の方法が
最適になる。哲学の出る幕はないよ。なぜなら、他者の視点が
扱えるのだから、そっから見るのが手っとり早いし。
コミュニケーションの次元の問題は心理学、社会行動学?に
まかせておけば良い。

345 :人力飛行機:2005/05/26(木) 11:03:20
344に共感。とても興味深し。竹田vs廣松対談も両者の差異が浮き彫りになりなかなか面白かったと思う。対談読んだ限りでは生の構造により肉薄しているのは竹田の方という印象を持ちました。344氏の言う意味でですね。

346 :竹田ファン:2005/05/28(土) 16:44:26
膠着状態やね。
344と345に言ってみる。
竹田内面上等もいいけど、全部内面でいいなら、言語とか社会哲学とか、
欲望とかコミュニケーションを竹田が語るのはどうなん?
おかしくない?
読み方間違っていない?

347 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 21:22:44
>>346
主観と客観の一致は背理だと竹田は言うだろう。
しかし、これだけは客観的真実である。





              巨人はロッテよりも弱い








348 :人力飛行機:2005/05/28(土) 23:23:10
しかし、「巨人はロッテより弱い」への意味づけはまた個体によって変わる訳でしょう。つまりそこでやはり対象への情態性は生き続ける。つまり我の内部での〈主―客〉に過ぎないというそのことはどこまでも附いて回る。

349 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 23:34:19
>>346
内面とか外面じゃないんだよ;
そういう風に主観客観の区別をすることが意味無いと竹田は言ってるの
ちなみに竹田という一個人にとっての「主観、客観」はあるさ。
竹田にとって「周りの世界」や「哲学という言語ゲーム」に
自分の言葉を投げかけるのは無意味なわけないさ。

主観のみに絞るということを心の中(内面?)でのみ考える
みたいに取るからそうなる。

>>347
主客の一致は不可能、なぜなら客観という概念が背理だから
だよ。

350 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 23:34:50
科学はともかくとして「多数決」とか「流行」、「世論」が客観なのか?

351 :竹田ファン:2005/05/30(月) 18:36:40
それなら、それで社会とか他者について語れる原因教えて?
コミュニケーションに有効な理由は?

352 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 21:17:52
>>350
科学も別に客観を示してるわけじゃないでしょ。
多数決とか世論よりは客観的(と感じられる)だけどさ。
君が唯物論者か、物理学的世界観を信じてる人なら
別の考え方をしてるだろうけど。

>>351
とりあえず、「他者や世界は実在しない、それらは自己の
意識内容にすぎない」という考えが独我論だとしたら、
現象学は別に独我論ではないということは理解できるよね。

ていうか、別に独我論的な考えたをしてたって、自己の
思いなしではどうともできない現実があることは否定できない
わけじゃん。ヒュームがいい例だけど。
独我論だとしたって、自己の意識内容の中で、自己を無化する
他者の視線があったり、自分をとりまいてる(と感じられる)社会の
いろいろな有形無形の事物があるのだから、それにはたらきかけて
よりエロスを得ようとするのは自然だと思うけれど?

なぜ「独我論なら、他者や世界にはたらきかけるのが意味無い
と考えてるんだろう」みたいな捉え方をするのかな。
頭の中で何を考えようと、その思いなしでは自由にならない
ものが目の前にはあふれてるし、自己の意識内容なのかそうでない
のかはさほど重要なことではない。

353 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 21:58:32
>>352
そんな定義は、でり太くんばりのよっぽどの電波でなければ当てはまらないだろう。
廣松渉に従えば、「他人および他者という超越的な他者が、主観(エゴ)とは独立に
存在する」と言えなければ、独我論になる。
そういう意味では竹田現象学は見事に独我論じゃないのか?
他者の実在を前提としない(「実在しない」ではなく)わけだから。

俺の理解では、竹田ファンが言いたいことは、現象学では他者の実在を前提としない
一方で、社会哲学では当然のように他者の実在を前提としなければ成立しない、
その結び目は、どうなっているのかってことじゃないのか?

で、竹田ファンにも聞きたいんだけど、君が以前バタイユを持ち出してこの結び目について
いろいろと語ってたけど、それは>>45 のまとめでいいのかな?

354 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 22:29:05
>>353
単に言葉の言い換えしただけじゃないのか?それは

強い意味での独我論 「実在するのは自己とその意識内容だけで、他我や事物は自己の意識
               内容に過ぎない」
弱い意味での独我論 「外界の事物の存在はともかく、少なくとも他人に関しては内的な心や精神や
               自我の存在を認めない」

(岩波 哲学・思想辞典、「独我論」の項、永井均執筆)


前スレから引っ張ってきたが、これの上の意味と同じこと言ってた
んだが。よっぽどの電波しか理解できないことが辞典に書いてある
のか?;

355 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 03:25:36
>>353
広松の意見に従ったとしても、他者が実在するかどうかなんて
厳密には確かめようが無いってことは揺るがないと思うよ。
それとも、何らかの学問なら「存在する」と言い切ってるのかな?

(無批判に)前提する、ってことと、「存在する」と言える、ってのは
かなり違うと思う。それとも社会哲学とかは、そのあたりの
(「存在する」と言える)論証も踏まえて上で前提しているの?
そりゃ無理だよね。ちょっとカント的な言い方にはなるが、客観世界が
実在するとしても、人間の能力では客観を正しく把握することは難しい、
というか能力的に限界がある。

実在するかしないか、どちらか断言することが至難というか
不可能であるから、その主客問題を、信憑構造、信念体系の
問題に編み変えて回答可能な形にしたのが竹田現象学。

356 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 03:31:29
結び目はどうなっているのか、ということだけど、そもそも
社会哲学などが前提している客観世界という概念が
背理である、というのだから、従来のそれらの学問とは
そこで既に袂を分かってる。

ただし、現象学とそれらは別に対立しないと思うが。
素朴な前提、確信を、信憑構造に読み替えればいい。


357 :竹田ファン:2005/05/31(火) 18:27:56
>353
45のまとめじゃ全く良くない。それを読みとれないなら駄目。
合成の誤謬、経済学とかならおなじみだけど、イメージしてもらえば、
そんなもんに竹田も陥ってるということがいいたいのだが。
それを読みとれないならトンチンカンな議論。
353以降の流れに陥らないために色々書いたがやっぱり無理みたい。
もっといろんな本読んだ方がいいよ。
内向きの合意、妥当で頑張ってくれ。


358 :竹田ファン:2005/05/31(火) 18:47:07
言葉と物も精神についても社会科学についてもわかってない人間とは
やはり議論の前提が難しい。

359 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 20:08:22
一体何を分かったふりしてるのか、それすら分からんよ。

41のまとめ(観察結果?)を見てみたが・・

・一人一人の視点からは現実や世界は微妙に違うという当たり前のことをくどくど言う思想。
・現代思想ブームで出たゴミで、岸田や栗本やジジェクと同じ商売人だが自覚はない。
・バタイユ的流れ引き継いで全体にコミットしようというろくでもない物語の犠牲者。
・フーコーデリダドゥルーズが微細な差異を問題にした努力を無にする馬鹿。
・妥当も信憑も閉ざされた仲間内のシステムでしか通用しない。
・システムと戦っている人間には迂遠で役立たない。
・一面的視点で現実の多様性無視している。
・セカチューで泣くようなメンタリティーの負け犬に自信与えるためのモラトリアム思想。
・こういう分析すれば信者以外は皆が納得できるもの、膝を打つもの。
・ヘーゲルはそんな悪い奴じゃないとか愚かな詮索する奴は哲学がわかっていない。

これ、何か実のある批判が含まれてるの?論拠もなくバッサリ斬り捨ててるが
ただそんだけのことで、突っ込む箇所もないよ。

360 :竹田ファン:2005/06/02(木) 19:13:51
じゃあ直感でわかりやすく表現すると、自由の相互承認が近代とかそれが
本質とか竹田は言う。
けどもしそれが本質だとして何故それが実現しなかった?
何でそれなら始めからそうならなかった?
歴史、衝動、欲望、いろいろと竹田が括弧のくくった外部があるわけ。
そういう唯物論を現実を括弧にくくって同意したからとルールを押しつける。
頭の中だけで考えた「現実」を現実と取り違える。
それがヘーゲルとか形而上学が批判されたり、フーコーの権力批判の
なされたところだ。
確かに哲学者の教室だけで現実の葛藤無視してそこでの構造押しつける
ところがヘーゲルや近代哲学にはあった。
竹田にしても構造拾いあげる時にはどうしても構造の下に抽象化されて
おしつぶされる物が出てくると思う。
それをうまく説明してもらったという覚えがないんだよ。
自由や平等や相互承認だけではうまくいかない。
何故始めからそうならないか。それだけじゃおさまらない外部があるから。
それを見ないと理性的にふるまっていると称するだけで、非理性的に
ふるまってしまう。

361 :竹田ファン:2005/06/02(木) 19:24:20
個が理性的に振る舞えば、全体が理性的になるというのは勘違い。
合成の誤謬。
健常者が8人いて、障害者2名を理性の名の下で断罪するのは困るよね。
白人8人が理性的に振る舞い2名の黒人虐めるとか、金持ち8人が以下略。
ヘーゲルはそういう健常者が他者を虐げるための理性の暴力、
権力に都合の良い後付けの正当化をしていた。
前のスレッドからの流れの個で成立することは全体では成立しないという
問題はそういうこと。
個で明確に分析すれば社会哲学は完璧に答えられるかというと全くの嘘。
成り立たない。
そしてそこいらへんの問題に竹田から答えてもらった記憶が無い。
この話はすごいおおざっぱな話だからあんま穴をつつかないようにね。
わかってもらうための物の例えだ。
バタイユはそれでも反動的に全体を求めて、理性を非理性にくっつけた。
フーコーの言葉と物とか蓮実の物語批判序説はそういう物語への批判。
今度読んでみた方がいい。
後、359、ネタにマジレス括弧悪い。

362 :考える名無しさん:2005/06/03(金) 00:34:06
竹田ファンに告ぐ、竹田ファンに告ぐ。

マジレスをネタ処置、マジ格好悪い。

自分で播いた種は自分でしっかり刈り取ってくれ。

363 :人力飛行機:2005/06/03(金) 01:13:50
ドゥルーズは病を苦にして飛び降り自殺をした。人間が一人で生まれ、一人で死んでゆく。病を抱えたら緩慢な苦痛に冒され、死ぬまで苦しまねばならない。ドゥルーズほどの哲学者でもそれには耐えられなかったのでしょう。実存の問題はいつでも人間に附いて回る。

364 :人力飛行機:2005/06/03(金) 01:23:21
死の問題とか、今更古いという見方もあります。しかし人間がいまだに解決出来ていない問題には主体が独力で引き受けるしかない問題も残っている。死について考える、その時に〈人間は分子の集合である〉などという命題にどれほどの力があるでしょう。

365 :竹田ファン:2005/06/03(金) 20:44:22
>362
せっかく前スレッドからの流れ、個と全体の流れまとめたのに何か?
君は頭悪いの?
病院行ってね。

366 :竹田ファン:2005/06/04(土) 13:11:12
竹田は意識に現れる構造を引き出すわけだが、その下に込められている
ものをやはり軽視しているところがあると思う。
人が自由で相互承認しあえばいい。
皆が合理的に考え行動すればうまくいく。
そのようにミスリードしてしまっている。
それではうまくいかないこともあると人間直観的にわかる。
歴史が社会が生活がそれを示している。
うまくいかないと皆は思う。
それらを無視して合意が成立する内ムキの話でしかないのか。
そのことに向き合っていないことが竹田の問題だと思う。
だから誇張したわかりやすい比喩も使ってみたんだが。
だけど、それに気付いて考えよう竹田を修正しようとする人間がいないんじゃ
意味ないな。
所詮は批判の言葉は信者の中で成立している合意、妥当を動かせない。
信者はその合意妥当が他者には通じないことに気付かない。
スレ続けても意味ないね。



367 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 20:21:15
>>360
本質って、なるようになってることを指すのか?違うでしょ
ルソーらの見出した市民社会の原理が、今の資本主義社会の
本質を成していると言ってただけじゃないの。
ルソーが見出さなきゃ、最初からそうなってるわけない。

>歴史、衝動、欲望、いろいろと竹田が括弧のくくった外部があるわけ。
>そういう唯物論を現実を括弧にくくって同意したからとルールを押しつける。

物凄くあいまいな言い方でよくわからないんだが、竹田の
どの著書のどの文章がそれにあたるのか示して欲しい。
まさか読まず、文章を検討せずに言ってるわけじゃないよね。

「現実を括弧にくくる」って還元のことを言ってるのか?君の
その文章のニュアンスだと「ただ無視した」みたいな感じだが
そんな意味で還元を用いてるとこがあるのか??

あと「ルールを押しつける」ってなんのこと?繰り返し言うが
竹田は著書を出してるだけ。哲学という言語ゲームに、自分の
哲学を投げ入れているだけ。

368 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 20:31:14
>>360
>竹田にしても構造拾いあげる時にはどうしても構造の下に抽象化されて
>おしつぶされる物が出てくると思う。

構造主義と竹田は違うと思うが、その「構造」ってのはどんな意味なの?

>>361
>個が理性的に振る舞えば、全体が理性的になるというのは勘違い。
>合成の誤謬。

個が理性的に振る舞えば、全体が理性的になる って、
そんなこと竹田は言ってないと思うんだが。少なくとも俺の
読んだ著書の中では。

>個で明確に分析すれば社会哲学は完璧に答えられるかというと全くの嘘。

これも別に言ってないと思うが、現象学の方法が必要だとは
言ってるね。「完璧に」とは言ってない。社会科学の方法の有効性も
竹田はそれはそれとして認めてるよ(確か「現象学入門」にそういう
文章があったが)

>そしてそこいらへんの問題に竹田から答えてもらった記憶が無い。

ここなんだが、割と俺もそう思う箇所はあるにはある。366で言われてる
のは、ちょっと俺の違和感と重なるところもあり

369 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 20:39:18
>>366
>人が自由で相互承認しあえばいい。
>皆が合理的に考え行動すればうまくいく。
>そのようにミスリードしてしまっている。
>それではうまくいかないこともあると人間直観的にわかる。
>歴史が社会が生活がそれを示している。

これなんだが、そうなんだ。俺もそう思うわけだが、
竹田現象学自体からは、これをクリアする方法論は
あまり導き出せない。

確かに、強力な信念も素朴な思い込みも、信憑構造として
捉えなおせば合意へのハードルは下がるんだが、かといって
誰もがそれに従う理由がない。
それ以前に、誰もが合意を得たいと思わないわけではない(はず)
なのに、現実には理想的な合意を得られてる場面のほうが少ない。

かといって、信念対立起こしてる両者に竹田現象学の方法論
説いたとこでどうにかなるとは思えないしね。

しかし、別に竹田は「こう考えればすべてうまくいくんです」みたいな
怪しいこと主張してるわけじゃない。「ミスリードしてる」とは思わない
ね。もしそうなら、(あんたから見れば「信者」なんだろうが)
竹田読みである俺もそう信じ込まされてるんじゃないの。
「皆が合理的に考えればうまくいく」というのはただの理想であって
現実にはそうはいかない、というのは、別に普通に竹田読んでて
出てくる結論だよ。

370 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 20:44:27
人間や世界はこうなっているんだ、理解した。と思えるんだが、
さて現実のトラブルなどに実際役立つかというと、いまだ
竹田現象学の有効性は疑わなくてはならない。

もちろん、自分の手が届く身の回りの人間関係なら、
自分のドクサを出来るだけ信憑構造として捉えることが
潤滑油となるかもしれないが、せいぜいその程度のこと。
マルクスやヘーゲル哲学が社会に与えた影響くらいのことを
竹田もやってみせないとなんともいえない。

それはもちろん「押し付け」とか「洗脳」ではなくて、
単に認められることによってだが。しかしまぁ、現実には
そうなってない訳で、結果だけ見ればこの程度の哲学
だったと言われてもしょうがないだろうね。

371 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 22:02:53
竹田現象学を実践するのに、竹田現象学を学ぶ必要など無いの。
それがわからんやつはペケ。

372 :考える名無しさん:2005/06/04(土) 22:37:15
竹田現象学を知らない人間がどうやって竹田現象学を実践するんだ? このオタンコナス。

373 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 01:50:31
>しかし、別に竹田は「こう考えればすべてうまくいくんです」みたいな
怪しいこと主張してるわけじゃない。

いいこというね。

374 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 01:53:32
竹田は世間的常識を哲学的にいっとるのだよ。

375 :竹田ファン:2005/06/06(月) 19:01:43
370で結論出ているだろう。
別に竹田が悪いわけじゃない。哲学に穴や弱点があるのは当たり前。
補完や修正していけばいい。
また、竹田を通じて救われる奴がいるのも良くわかる。
その事は重要だし高い価値を持つ。評価している。
だけど、それはその外の人間には通じない、関係無い一般人には迂遠で役立たずで
ただの人生相談の焼き直しぐらいにしか見えないのも事実。
その事はわかっていた方がいい。
あんまり内容のない擁護すると竹田にも迷惑だと思う。
竹田を批判したいわけじゃなくどっちかというとその擁護者のスタンスに
疑問があったから色々書いてきた。
と書くとまた荒れるか?

376 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 19:48:04
>>375
荒れるつーか、それがだいたい落しどころだから、
そんなこと書いちゃうと話が終わって面白くないんだよ。
でり太煽ってた時は面白かったな。もう出てこないの?あの負け犬クソ野郎

377 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 14:01:05
>>376
つまり竹田哲学は虚偽によって面白さを求める、と。

378 :竹田ファン:2005/06/07(火) 18:18:20
>>376
ああ、そうか遊んでいるのか(ry
そろそろ俺も退場した方がよろしいようで。
どうせ377のようなアンチや反対の信者がわいてくるから、
結論出てもまとまるわけはないけどね。
まあ、誰か結論らしきものが出たことを心の片隅に留めておいてくれ(ry。

379 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:27:27
>>378
退場?君は遊んでなかったのか?

380 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 21:29:56
竹田ファンは竹田の批判ばかり書いていてどこが竹田ファンなんだと思っていたが、
>>378 を見ると確かに竹田ファンなんだってことがよくわかったよ。

381 :竹田ファン:2005/06/10(金) 18:46:14
同じ文章読んでも376,377,379,380と全員言ってることが違うのが笑える。


382 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 22:42:58
>>381
それは当たり前だろう。
竹田ファンは小難しい本は読めても日本語は読めないの?

383 :竹田ファン:2005/06/11(土) 08:30:25
いや、それが竹田の魔性かなあと言いたかった。
そしてそれが私の文章に繋がると。ループするが。
それと何怒ってるの?

384 :竹田ファン:2005/06/11(土) 08:38:27
結論出されたのが悔しいの?

385 :竹田ファン:2005/06/11(土) 08:41:08
そうか382は結論出されても知力が無いからついていけないのが悔しいのか。

386 :382:2005/06/11(土) 16:52:33
いや、別に怒ってないし怒ってるという反応も予想外だったが、
3つも連続カキコしているのにはワロタ

387 :竹田ファン:2005/06/13(月) 18:34:44
悪い悪い。
アンチにも信者にも言い分はあるだろうが、369や370の意見は妥当な
処なわけで、それ導き出したのは俺の功績。
にも係わらず、362とか368とか馬鹿が絡んでいたのがむかついていた。
それで頭に血がのぼった、当たって悪かった。
水に流してくれ。


388 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 20:34:24
いいから早く退場しろや、このカス

389 :竹田ファン:2005/06/14(火) 21:44:23
>388
あ、馬鹿が来ている(ゲラ
病院行った方がいいよ。
竹田なんか小さいものに囚われてちゃ駄目だよ。
人生をお大事に(ゲラゲラ

390 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 13:36:19
竹田ファンさんのレスっておもろいな。
ずっと竹田スレスルーしてたんだけどたまたま読んだら
生産的な流れになってんのね。このスレ初めから読んじゃったよ。
竹田ファンさんが好きな哲学者は誰どすか?書くと荒れるか

391 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 23:54:23
>>390
なぜ荒れると思うんだい?いいと思うならどんどん褒めて
語り合いな( 'ー`)y-┛~~~

392 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/06/16(木) 23:58:11
で、「人間的自由の条件」の評価はどうなってます?

393 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 01:10:44
ハンナアレントよりは上


394 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 13:37:41
そいやまだあの本読んでないわ。
竹田ファンに聞けば精確無比に答えるんじゃあないのw

あと竹田ファンは390の声援には返事してやらないのかい。

395 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 13:37:59
そいやまだあの本読んでないわ。
竹田ファンに聞けば精確無比に答えるんじゃあないのw

あと竹田ファンは390の声援には返事してやらないのかい。

396 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 13:38:56
2連投しちまった。スマソ

397 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 16:26:23
390=394=395=竹田ファン

こいつの品性がよくわかる自作自演。恥ずかしい。

398 :竹田ファン:2005/06/17(金) 18:44:46
>390 ヒント
http://mentai.2ch.net/philo/kako/990/990681617.htmlの召喚してみよう
http://mentai.2ch.net/philo/kako/982/982695233.htmlの968から
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1001/10016/1001691809.htmlの言葉と悲劇



399 :竹田ファン:2005/06/17(金) 18:46:47
>397
http://www.nisseikyo.or.jp/

400 :382:2005/06/17(金) 22:30:11
>>397
だれが何を書こうがどうでもいいじゃないか。
お前はでり太か、あんなに生き恥晒した香具師と同レベルなのか?
あんなになっちまったら人間おしまいだぞ。
でり太みたいに堕ちたくなかったら書かれたことだけに反応しなさい。

401 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 23:28:32
で、亀吉さあ、つまんないウソばっかり並べるのヤメにしない?
お前の嘘八百を見抜けないと本気で思い込んでいるなら、あまりにも2ちゃんのユーザーをナメ過ぎ。
お前のしらじらしい恣意が額面通り受け入れられるような場所だったら俺は最初からこの場には居ないよ。
その程度に俺は2ちゃんのユーザーやシステムを信用している。

お前の態度は全般的に言って2ちゃんナメ過ぎ。過去ログに復讐されるのはお前自身であることを肝に命じておくがいい。

402 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 23:31:03
竹田ファンってはじめだろ?
この品性のなさからすぐわかる。

403 :考える名無しさん:2005/06/17(金) 23:33:45
>だれが何を書こうがどうでもいいじゃないか。

じゃあいちいち反応するなよ竹田糞。
捨てハンで自演してると己が糞虫になるぞ。ぼけ。


404 :考える名無しさん:2005/06/18(土) 11:05:29
>397、403
普通に読んで、394は竹田ファンを揶揄しているだろう?
それも読みとれないの?

405 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 14:38:27
ぴかぁと俺以外に誰か書き込まないのかなぁ
議論が何も進まん

ぴかぁは持論が受け入れられないとすぐ煽りに走るし

406 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 14:40:57
竹田さんの「しみったれた僧侶根性」ってのは受けるな。

407 :竹田ファン:2005/06/20(月) 18:54:11
人の事自演呼ばわりでさんざん騒いだ馬鹿、病院行ったか?

何の本読んでいるんですか?教えてください!
なんて自演、ありえねえだろう?何のためにそんな事するんだよ。
意味ねえよ。

妄想こいていないで薬飲んで安静にしていろ。
心配してやるから有りがたく思えよ。忠告だぞ。

自分の気に食わない意見は全部誰かの陰謀とか、病気だぞ。自覚しろ。
名無しの臆病者が何言ったって無駄だぞ。

屑!って病気が悪くなるか(w


408 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 21:11:50
何しにきてんの、こいつ?

退場するとか言っておいて、何するわけでもなく醜態を晒しに繰り返し現れたりして。

409 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 22:41:49
>>408
>退場するとか言っておいて、何するわけでもなく醜態を晒しに繰り返し現れたりして。

自分のこと言ってるの?君はw

410 :考える名無しさん:2005/06/20(月) 22:49:25
>>407
また徹夜で、2チャンかよ。お前の人生のむなしさ
寂しさがにじみでてるぞ。
お前が人生のかなりの時間を2チャン連続投稿に
費やしてる姿、そして407で書いてる言葉使いの下品さ
そしてその言語からおのずと想像される下種な性格。

己の醜さを自ら宣伝してるようなもんだろうに。まったく。

411 :竹田ファン:2005/06/21(火) 19:10:18
だから390とか394で自演なんてありえないだろう?390本何読んでいるんですか?
教えてください。394教えねえで竹田ファンは何やっているんだ。ちんけな奴だ。
そんな効果も意味もない自演する奴なんていねえ、ありえねえよ。

徹夜で自演ではりついてるなんてお前じゃないからやってねえよ。暇じゃないよ。
お前の脳内だけだぞ。

400とか409とか俺じゃないからな。名無しでなんて書いてないよ。
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!

そんな所に座っていないで、病院行け。お前の事が心配だ。

自分の気にくわない意見は全部陰謀か?
病院に行け。現実を知れ。

400とか409もお前の事心配して注意しているんだぞ。
他の住人には悪いが治療行為だ、堪忍してくれ。
入院しろ。

412 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 21:45:30

皆見てやってくれ。
407と411を
これが竹田ファンの人格と本性

美しいだろw


413 :竹田ファン:2005/06/21(火) 22:14:24
>412
自演とかはお前の脳内妄想。いい加減に気付け。
現実に帰ってこい。

414 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 22:27:57
はあ?誰にしゃべってんの?
俺は自演など口にしてねーよ。

頭沸いてんじゃねえの?>>413


415 :竹田ファン:2005/06/21(火) 22:29:47
周りに迷惑だから、多少は建設的な事を。

スレの流れを振り返る。
俺は新参者だから細かいことはわからないが大まかな印象。

まったりと語るスレの465→468前後で、竹田式の確信成立分析の
あり方が綺麗に説明される。
現象学について語る(続き)の569以下でデリタ君がなら実践してみろ。
俺にも確信させてみろ切れて以下大騒ぎになっていく。
スレを引っ張った死刑囚は611で竹田に実践迫るのはお門違いだと言い
そのくせ竹田に従えば対立が無くなるとか(別の所だが)言う変な奴だったから、
混乱に拍車がかかった。
以下、延々、この方法で確信や合意が探れる、そこまで言うなら俺にも
確信させてみろの押し問答。無益にスレが消費される。

思えば、そんなものはじめから結論が出ていた。
答えはお互いいい加減にしろ、そんなところは問題じゃない。
確信成立分析と現実の信念対立はほとんど関係がない。接点がない。
個人の思いこみ超えたより複雑な社会の網の目の中にしか、
本当の問題はないしそれには個人の確信は関係ない。
はじめからわかっていたことだ。
電波なデリタ君がその当たり前の事言えるだけの頭が有れば
紛糾はしていなかった。
以上総括してみた。



416 :竹田ファン:2005/06/21(火) 22:31:47
>414
なら口出しするなよ。文章読めないのか知障。
同類だぞお前。

417 :竹田ファン:2005/06/21(火) 22:34:01
>414
内容の無い事スレッドに書き込むなよ馬鹿。
病人治療してる所なんだから余計な口出しするな。

418 :竹田ファン:2005/06/21(火) 22:45:41
>414
411はスレッドで粘着している自演呼ばわり馬鹿を救ってやるための文章
なんだからそれをわからずに、文章読んだり揚げ足とっても意味ない事はわかるだろう?
400とか409も困っているわけだ。
そのヘン誤解するなよ。

419 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 22:56:48
本当の病人は誰か? 

それはここ最近の某ファンの一連の書き込みを見れば明瞭なこと。

勝手に総括したつもりになっているのは御愛嬌だが、
誰も認めてくれないのが物足りないのか「退場する」とか宣言しておきながら、
何の用もないはずなのに意味なく現れて目も当てられない醜い悪罵を撒き散らす。

「敵」に「精神病」のレッテルを貼るのって、
「竹田のイヌ」、「死刑囚。」、「亀吉」、その他名も無き信者達の誰もが必ずやってたことだが、
その意味でもこの某ファンも何の特別のところがない典型的な竹田信者であることがわかる。

何か徴候的だよね、ここまで「精神病」にこだわるのって。

竹田と何か関係あるの? 「精神病」って。

420 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 23:06:01
竹田ファンって、所詮は竹田「信者」にしかすぎないってことだろうね。
自分の頭で考えらない「信者」って思い入れがバイアスとなってる分
こわいよね。

何でこの人「病人」とかいう言葉連発してんだろう。こんなことろからも
逆に彼自身の「病的」な所があぶりだされてしまった格好かな。言葉も
汚いし。

421 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 23:37:07
>確信成立分析と現実の信念対立はほとんど関係がない。接点がない。

竹田自身が「現象学は思考の原理だ」などと「実践」への志向を明確にしつつ息巻いているのに、
これで「総括」をしたなどとホザいているんだからオソマツきわまりないんだよ、このダンスファンは。

そうした実践志向を間に受けてる側の信者の反応を見ろよ。
一言もねえじゃねえか。

今、このスレには竹田信者が2種類いる。竹田自身の志向を汲む実践志向の奴らと、
竹田現象学は「哲学」と「社会学」の2つの側面があるから「実践」とは何の関係も無いとか言ってる奴ら。

まあ、どちらもアホに違いないが、俺にとっては非常に紛らわしいわけ。

そこを何とかしないから膠着してるわけ。
別にダンスファンがうまく「総括」してしまったからじゃなくて。

まずは、お前らの内紛から何とかしろっての。

ダンスファンは竹田読者という狭いサークルの中では相互の了解は済んでいるとか嘯いていたが。
こいつってほんと適当だよな。

422 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 19:42:55
でり太キタワァ*・゜゜・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*!!!!! 

しかも超アホなカキコをひっさげてwww

これででり太は竹田ファンに3連敗の悪寒(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

423 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 22:21:27
でり太君さぁ、もうちょっと厳しくないかい?
いったん負け犬になったからか、かつての勢いがないよ。
内容はからっぽだったが煽りにかけては天才的なものがあったのに・・・
もうやめなよ、悲しくなるよ


424 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 22:22:58
何だよ「ダンスファン」って?ちっとも面白くないよ。
煽り返される前に退却した方がいいよ。

425 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 00:13:28
「亀吉」つ〜か「竹田のイヌ」に聞きたいんだが、お前の言う「連敗」って何の話?

俺がいつ誰に負けてんの? 言ってる意味がわからねえよ。

まさかお前じゃねえだろうな。
何も言い返すことができず幼稚なAAでスレを汚すことしかできねえお前ごときが。

何だ? 「キタワァ〜」って。恥ずかしくねえのか、それ。

お前は俺に絡む前に「実践」に対して否定的な連中に対して何か言うことはねえのかよ。
ねえだろうがな。お前の頭じゃ無理だろうがな。議論に全く絡むことができねえ。
くだらねえ煽りばっかカマして事態をウヤムヤにしたいだけだもんな、お前は。
だから「竹田ファン」なんて勘違い野郎のウジ虫に「総括」したなんてデカイ面されるんだよ、タコ。マジつまんねえ奴。いつまで経ってもガチの議論ができねえ腰抜け野郎。

俺はお前のような竹田の言うことを鵜呑みにし素朴に「実践」を志向する奴には問い直しでその「有用性」に徹底的に疑問を投げ掛け、
その疑問に付された竹田現象学の「有用性」を隠蔽するがために「実践」的側面を封印しようとする奴にはその論理的な矛盾を突いている。

それに対する有効な反論が全く無いのに「負け」もへったくれもないだろう。

でさ〜、この「イヌ」ってさ、俺が言い負かすと、あとは何の言及もなくスルーなんだよな。
で、また出てきて、またやられる。その永遠の繰り返し。俺はこの展開に飽き飽きしてるんだ。

改善しろ、カス。

426 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 00:20:48
竹田ファンてダサい名前だな。

哲学かじってるくせに一つの思想にのめりこんでるような情けない名前だ。

竹田ファン.....プッww

427 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 02:01:46
あげます

428 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 18:57:40
>>425
>「亀吉」つ〜か「竹田のイヌ」に聞きたいんだが、お前の言う「連敗」って何の話?
>俺がいつ誰に負けてんの? 言ってる意味がわからねえよ。

何を今さら。
お前は竹田ファンのカキコにびびって亀みたいに首をすくめていただけじゃないか。
なるほど、亀吉ってお前のことか、そうか、わかったよwww

>だから「竹田ファン」なんて勘違い野郎のウジ虫に「総括」したなんてデカイ面されるんだよ、タコ。マジつまんねえ奴。いつまで経ってもガチの議論ができねえ腰抜け野郎。

改行くらいしろよ、本当に必死だなww
じゃあ亀吉でり太くん、お前が亀みたいに首をすくめたりせずにきちんと反論すればいいじゃん。
あ、まさか>>421が反論だなんていうんじゃないだろうなwww

>俺はお前のような竹田の言うことを鵜呑みにし素朴に「実践」を志向する奴には問い直しでその「有用性」に徹底的に疑問を投げ掛け、
>その疑問に付された竹田現象学の「有用性」を隠蔽するがために「実践」的側面を封印しようとする奴にはその論理的な矛盾を突いている。

なるほど、じゃあ実践してみろってのが「問い直し」なんだなwwww

>それに対する有効な反論が全く無いのに「負け」もへったくれもないだろう。

よっぽどコテンパンに竹田ファンにやられたのを根にもっているんだな。
必死なのが哀れをそそるよwwwww




429 :竹田ファン:2005/06/23(木) 19:15:41
こんな話するとこのスレッド終わっちゃうけど。
369や370、375でもう話は終わってるんだよな。
後は落ち葉拾いとか、別な角度から細かく詰めるとかの議論ならいいけど。

ただ375以降まともな議論なんて一つも出ていない。
おまえのせいだと言われそうだが(ry
もし論じる気のある奴がいるなら、関係ないわけで。
どうみてももう論じる気のある奴いなさそうなんですけど。




430 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 21:53:36
 竹田は単品では読んだ事ないけど、編集に関わった「はじめての哲学史」というのを読んだ。
 フッサールの部分は多分竹田が書いてると思うが、初めて「志向性」の意味がわかった。
 それはニーチェの言う「力」とほとんど同じだということも。
 わかりやすいと思う。 
 解説者としてはいいんじゃないですか。

431 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 00:25:50
なあ、亀吉〜。

お前、いつまで俺を退屈させる気なんだ?

お前の煮ても焼いても喰えねえ相変わらずの低レヴェルの煽りなんざ用はねえんだよ。
このクソ蒸し暑い季節にいたずらに不快指数を上げるんじゃねえ。

ところで、お前、日本語は読めるのか?

俺は、俺がこのスレでどこで誰にどのように「連敗」してるのか、って聞いてんだよ。
他でもねえお前自身が断言したことなんだよ。その論拠を尋ねてんだよ。
言えねえのかよ。また言いっ放しかよ。てめえはよ。

>よっぽどコテンパンに竹田ファンにやられたのを根にもっているんだな。

だから、どこで? 挙げてみな。全然自覚ねえや。ピンピンしてるんですけど、俺。

お前をコテンパンにやっつけた楽しい記憶しかねえや。

432 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 00:26:04
なあ、亀吉〜。

お前、いつまで俺を退屈させる気なんだ?

お前の煮ても焼いても喰えねえ相変わらずの低レヴェルの煽りなんざ用はねえんだよ。
このクソ蒸し暑い季節にいたずらに不快指数を上げるんじゃねえ。

ところで、お前、日本語は読めるのか?

俺は、俺がこのスレでどこで誰にどのように「連敗」してるのか、って聞いてんだよ。
他でもねえお前自身が断言したことなんだよ。その論拠を尋ねてんだよ。
言えねえのかよ。また言いっ放しかよ。てめえはよ。

>よっぽどコテンパンに竹田ファンにやられたのを根にもっているんだな。

だから、どこで? 挙げてみな。全然自覚ねえや。ピンピンしてるんですけど、俺。

お前をコテンパンにやっつけた楽しい記憶しかねえや。

433 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 00:26:30
「竹田ファン」って奴は「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立たない」ってことを、
何の論証の過程もなくただ箇条書き的に一方的に断言してるだけで、
その主旨は俺が言ってることの主旨とはそう違わない。
(そんなことを言う奴さえ媚びへつらう亀吉a.k.a.竹田のイヌのなりふり構わぬ惨めさときたら...)
俺だって「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立たない」って言ってるんだから。

ただし、俺の場合はいちいち問い直しと言う過程を踏んでいるんだな。

てめえらに「こう言ってるけどその根拠ってどうなっているのか」と問い掛けを与え、てめえらを相手に
いくばくかのやりとりをしながらその断言の根拠を崩していくという手続きをこの場で公開している。

箇条書き的に一方的な断言するだけなら亀吉a.k.a.竹田のイヌだってできる。
ただひたすら吠えればいいだけなんだから。

だが、その根拠付けを俺はこの一連のテクストの過程として展開している。
「竹田ファン」が言う「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立たない」ということは、
俺がもうとっくにテクストの過程として展開し根拠付けていることなので、
このスレでは「竹田ファン」はその説得力にタダ乗りしてるようなもん。
違うと言うなら「竹田ファン」が「『竹田現象学』は社会では何の役にも立たない」と言う論旨に、
単独で説得力を与えている論拠を教えてくれ。
突拍子もない一方的な断言調の箇条書きなんで絡むこともできないと信者さえ嘆くその書き込みのどこに
そういう箇所があるのか見物だが。

まあ、亀吉a.k.a.竹田のイヌはまた何も見えない何も聞こえないのタートル・ポジションになってスルーして、
ほとぼりが褪めるころにその恥も忘れてバウワウ吠えるだけなんだよな。

まあ、一種の動物に「恥」や節度を求めるのは酷かもしれないけど、俺は許さねえから。

で、「竹田ファン」にまた聞くが、自分が「総括」したとか「もう話は終わってる」とか言うスレに、
いつまで未練がましくブラ下がってんの? 何で?

434 :竹田ファン:2005/06/24(金) 18:48:57
そうだよ。俺とお前で主張において争うことは特にないよ。

ただ方法が違う。テキストつついてスコラ談義しても泥試合は避けられない。
読めてる読めていないの押し問答。効果があるかないかは、その人間の知識前提受け取り方で違う。
細かいところをつついても駄目。
だから一般的にみて、その言説が実践の中でどういう効果を期待できるか、裏口から簡単に論じないと駄目。
距離を取らないと駄目。一字一句つつき回してもののしりあい揚げ足取りになるばかり。
何よりお前の態度が駄目。一人一人知識前提受け取り方が違うのに、お前にとっての正しさだけ一方的に叫ぶ。
相手の気持ちがわからない。それでは相手は話しを聞いてくれない。
お前は孤独にこのスレッドで震えていた。お前のやり方では誰も相手にしない。
それはさんざんわかったろう?もういいから素直になれよ。まだ続けるのか無理するな。


435 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 18:49:53
>>431>>432
何慌てて連続カキコしてるんだよ、必死なのはよく分かるが、慌てなさんなwww
論拠を尋ねる?ピンピンしている?そりゃあよかったねw

>>433

>その主旨は俺が言ってることの主旨とはそう違わない。

ついに亀吉でり太が竹田ファンになきを入れたwwwww
ヘタレ負け犬亀吉でり太くん、君は本当に正直者だね
でも素直じゃないな

>このスレでは「竹田ファン」はその説得力にタダ乗りしてるようなもん。
>違うと言うなら「竹田ファン」が「『竹田現象学』は社会では何の役にも立たない」と言う論旨に、
>単独で説得力を与えている論拠を教えてくれ。

なんて、陰惨な言い訳をたらたら書いているからな。
お前、本気で言ってるのか?それとも頭が逝ってるのかwwww

>亀吉a.k.a.竹田のイヌ

新しい呼び名を考えたのか。じゃあお前は自分を「亀吉でり太」って認めたんだなwww
しかもよっぽど竹田ファンが恐いんだろうな

>で、「竹田ファン」にまた聞くが、自分が「総括」したとか「もう話は終わってる」とか言うスレに、
>いつまで未練がましくブラ下がってんの? 何で?

そこまで惨めなカキコまでして竹田ファンにお引取り願いたいのか?
2ちゃん信者の亀吉でり太くんよ、必死杉なのがかえって好印象なんだが、
お前がもう完全に受身にまわって、いかに言い訳すればいいかに終始しているのが、
かつて竹田の読者をカリカリさせた煽りの名人であったお前を知る者としては悲しいよwww


436 :竹田ファン:2005/06/24(金) 19:01:56
聞いてみたかったが、竹田に批判的な俺にお前が執念燃やす意味がわからない。
俺はむしろお前のやれなかった事をやってやった白馬の騎士だろう?
今言ったように、距離取らないと駄目。一字一句つつき回しても、人それぞれ受け取り方が違う。
支持する側、反対する側どちらから行っても、それを相手に届かせられないなら無意味。
その議論は無効。テクストつつき回しても仕方がない。それがこのスレの状況だった。
視点を離して理論が現実にどういう効果を持つかを考えるしか判定しようがない。
で結論は社会的実践で考るならヘーゲルやマルクス読んだ方が早い。わざわざ現象学的手法使う意味はない。
竹田たたくのも普通に369や370引き出せればもうそれ以上はいい。あれで十分限界画定した。
そういう結論導き出したのは俺。ほとんどの人はわかっているのにデリタ君には難しすぎたみたいだ。

後、俺が怖いんだね。早く追い出したいみたいだが。
言い負かされて悔しいんだね。
怖いんだね。怖いんだね。モニターの前でぷるぷる震えている小心者。
何よりお前の態度が駄目。一人一人知識前提受け取り方が違うのに、お前にとっての正しさだけ一方的に叫ぶ。
相手の気持ちがわからない。それでは相手は話しを聞いてくれない。
お前は孤独にこのスレッドで震えていた。お前のやり方では誰も相手にしない。
それはさんざんわかったろう?もういいから素直になれよ。まだ続けるのか無理するな。



437 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 21:07:07

     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< もうすぐでり太君の負け犬トークが始まりま〜す!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


438 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 22:16:06
それよりでり太くん、>>421のイタ〜いカキコはこのままで大丈夫?
訂正するなら今のうちにしておいたら?


439 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 22:29:39
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!
現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!現実を知れ!

440 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 00:39:03
>>436
>そういう結論導き出したのは俺。

やけにこだわるけど、あの点でひとつ合意を見たというだけのこと
じゃないの?(;´へ`)

ま、誰が導いたとかなんとかは割とどうでもいいんで、どっちだろうと
いいんだけど
その他の点では全然 解消されてない論点が370以前以後に山盛りなんだよね。

あの一点で合意を見たことで、でり太君以外のスレの住人が
君の主張全て認めたってのはミスリードね。

あと、君の書き込みで今回もひとつ同意できるとこがあるよ

>支持する側、反対する側どちらから行っても、それを相手に届かせられないなら無意味。

これはまぁ、そうだね。まぁ、最初から合意など眼中にないって議論が
2ちゃんには溢れているけれどね。自分の立場が固定しちゃってて、
最初に自分が主張した内容を絶対曲げずにどこまでもこじつけるとかね

まぁ議論そのものが楽しいっていうのも、別に悪くないとは思うけど。

441 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 00:40:44
>君の主張全て認めたってのはミスリードね。

ああ、スマン。別に「主張全て認めた」ってニュアンスの発言はないな。
この行は撤回するよ

442 :竹田ファン:2005/06/26(日) 16:27:42
いや所詮仮説なんだから。有効な議論があるなら何だっていいよ。
出来たら、例えば竹田理論で実践に有効だという証明出してスレッド
引っ張っていってもらいたいけど。
後、俺の見方で無意味な誤解だらけの揚げ足取りつぶしたのは功績だろう?

デリタ君も病院に行ったみたいだし。

さすがにショックか書いてこないな。

それに俺含めた素人一般人にとっては結局、現象学が社会への影響を
どうもちうるかが問題なんだと思うが。
デリタにも言ったがそれ以外は自分にとってどう有効だったか無効かの
押し付け合いは避けられそうもない。特に無茶苦茶煩瑣内面的な現象学の議論では。
そういう問題無視して、例えばテクスト読める読めない議論しても仕方は無いと思うが。
まあこの点ももっと説得力のある有力な議論できるなら構わない。任せる。期待している。

しかし本当に静かだな。久しぶりに。

443 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 17:38:32
竹田ファンの功績は

>確信成立分析と現実の信念対立はほとんど関係がない。接点がない。
>個人の思いこみ超えたより複雑な社会の網の目の中にしか、
>本当の問題はないしそれには個人の確信は関係ない。

この指摘をしたこと。全く同意。これに尽きる。
でり太にはまったく意味が分かっていないようだがw



444 :竹田ファン:2005/06/26(日) 18:04:40
>443
まあ、そうだあね。
さっきの話で言い足りない事を付け加えると、社会レベルで有効じゃなくとも、
ミクロで有効という議論は私の議論は全く否定していないこと。
個人レベルで内面で確信与えてくれるからいい。とか心理学の臨床で有効でありうるとか。
そういう議論は私は否定していない。
どんどんやってもらっていい。

但し、個人レベルの話は、俺には有効じゃないとかそういう物は必要としない人間からの
否定をどうしても招くから混乱が避けれられない。
覚悟していた方がいい。そういうこと。

445 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 00:55:40
>>435
亀吉。お前、また逃げてんじゃん。まあ、毎度のことだけどさ。

>俺は、俺がこのスレでどこで誰にどのように「連敗」してるのか、って聞いてんだよ。
>他でもねえお前自身が断言したことなんだよ。その論拠を尋ねてんだよ。
>言えねえのかよ。また言いっ放しかよ。てめえはよ。

完全にスルー。全身でスルー。全く答えられねえじゃん。てめえが言ったことなんだぜ。しっかりしてくれ。

>お前は竹田ファンのカキコにびびって亀みたいに首をすくめていただけじゃないか。
>よっぽどコテンパンに竹田ファンにやられたのを根にもっているんだな。

俺は何度も念は押さねえ。これはお前の切実な願望が込められた真っ赤な嘘ってことでOKだな。
しかし、つまらねえ念押しだな。アホらしくなってきた。わかるか、この気のねえ書き込み。

>このスレでは「竹田ファン」はその説得力にタダ乗りしてるようなもん。
>違うと言うなら「竹田ファン」が「『竹田現象学』は社会では何の役にも立たない」と言う論旨に、
>単独で説得力を与えている論拠を教えてくれ。
>突拍子もない一方的な断言調の箇条書きなんで絡むこともできないと信者さえ嘆くその書き込みのどこに
>そういう箇所があるのか見物だが。

これもスルー。これを「陰惨な言い訳」だって意味が全くわかんねえよ。
俺は自分の「言い訳」をしてるんじゃなくてお前に「問い直し」をしてるんだよ。
いいか、お前は馬鹿だから何度も説明するが、お前の断言の根拠は何か? と尋ねているんだよ。
問われて根拠が無ければこの文脈上でのお前の放言の説得力が無くなる、それだけの話だ。
それのどこに俺の「言い訳」が介入するするんだよ。訳分からねえことを言うんじゃねえ。アホが。

しかし俺って本当に律儀だな〜、こんな卑小なゴミに対しても誠実に返答しちゃったりしてさ。
しかし、つけ上がるんだよ、こういうバカ放置しておくと。便所バエのように煩せえんだよ。
でも、このやってもやっても効かないカエルの面にションベン的な空しさ、何とかなんないかな〜。

446 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 00:57:13
この「竹田ファン」ってのもアホ極まりないよな。亀吉a.k.a.竹田のイヌと同レヴェルのアホ。しょうもない。

>お前は孤独にこのスレッドで震えていた。(434)
>俺はむしろお前のやれなかった事をやってやった白馬の騎士だろう?(436)
>後、俺が怖いんだね。早く追い出したいみたいだが。
>言い負かされて悔しいんだね。
>怖いんだね。怖いんだね。モニターの前でぷるぷる震えている小心者。(436)
>お前は孤独にこのスレッドで震えていた。(←2度目!)お前のやり方では誰も相手にしない。
>それはさんざんわかったろう?もういいから素直になれよ。まだ続けるのか無理するな。(436)

恥ずかしくならねえかな〜。よくここまで自分を過大評価できるな、お前は。自分を自分のことを「怖い」だって。
小学生の「いじめっこ」だってそんなことは言わねえだろ。笑えるどころか呆れたよ。
レヴェルとかそういう問題じゃねえな、もはや。

お前が他のギャラリーに与えたいネガティヴな俺のイメージってのも亀吉a.k.a.竹田のイヌの提示するものと寸分違わず一致していて、その恣意のレンジの狭さだけを露呈しているだけ。やっぱりお前は生粋の「信者」だよ。

447 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 00:57:59
でさ〜、何か勘違いしてるんだけど、お前は俺の「問い直し」のプレッシャーに堪えきれずにタップ・アウトした人間だよな〜。
「『竹田現象学』は現実社会で何か役に立つの?(何にも役に立たないでしょ)」という俺の問い直しの連続に対して、
耐えられずに「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立ちません」と断言してしまった人間。しかも竹田信者として。
極められて音を上げてしまったのは、他の誰でもないお前の方。いったいどこで俺の言ったことが退けられているのか。

なのに、何でそんなに威張っているんだか、全く理解できんな。やっぱアホとしか思えない。

「言い負かされて悔しい」ってお前と俺は「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立たない」という意味では
見解の一致を見ているわけで「言い負かされる」もへったくれもねえじゃん。何言ってんだ、てめえは。

それに何だ? 「テクストつつき回しても仕方がない。」ってのは?
ここで展開される相互のテクストを軸にしないで何を軸にして書き込みをすればいいんだ。バカも休み休み言え。
そんなにキツイのかよ、「問い直し」が。つまらねえ牽制してんじゃねえよ。意味ねえこと言って泣き入れてんじゃねえっての。

「早く追い出したい」とか言ってるが、早くこの「議論」を打ち切りにしたいのはお前の方だろうが。
ログ見りゃ、「総括」した、「もう議論することはない」と絶えず逃げ腰なのは他でもないお前の方なのが明白なんだが。
で、その反応が得られないからまたノコノコやってきて「総括」した、「もう議論することはない」とか何度も念を押す。
その滑稽な姿は何だと聞いてるんだよ、お前の苦手で仕方がない「問い直し」という方法で。わかるか? アホ。

448 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 00:59:01
>>442
>しかし本当に静かだな。久しぶりに。

そりゃ少ないもの。書き込む人間の数が。圧倒的にな。
発言者の恣意の方向が限定されているんで、多くの者がここに来ているとは全く思えないもんな。

>433 :考える名無しさん :2005/06/24(金) 00:26:30 ←俺(sage、ずっと沈んでいる)
>434 :竹田ファン :2005/06/24(金) 18:48:57(sage)
>435 :考える名無しさん :2005/06/24(金) 18:49:53 ←亀吉(age)
>436 :竹田ファン :2005/06/24(金) 19:01:56(sage)

ずっと沈んでいたスレで、「ファン」がsageの書き込みをして、亀吉が1分も反応してage。 何これ?

で、その前の書き込みも亀吉と「ファン」のすげー近いんだな〜。

>428 :考える名無しさん :2005/06/23(木) 18:57:40←亀吉
>429 :竹田ファン :2005/06/23(木) 19:15:41

で、今日。

>442 :竹田ファン :2005/06/26(日) 16:27:42(sage)
>443 :考える名無しさん :2005/06/26(日) 17:38:32←亀吉(sage)
>444 :竹田ファン :2005/06/26(日) 18:04:40(sage)

ずっと沈んでいるスレですかさず「ファン」の恣意を代弁する発言を時間を置かずに書き込む亀吉。
香ばしいな〜、実に。何でお前らは同じ時間に現われるんだよ。見え透いた怪しい動きしてんじゃねえよ。

なんか、いつも通りの展開だけどさ。ウンザリだな〜。ガチで議論ができねえからってこれだもんな。
情けねえよな〜。たかが掲示板の論議だろが。何でそこまでしてと思わざるを得ない。

449 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 12:29:42
亀吉でり太君、今年はなかなか暑い日々が続いて、君の頭の調子が大丈夫なのか、
とても気になるよ。
あ、イカれているのは暑さのせいじゃないかw

>>445

は?何これ?「俺は負けてないぞ、どこが負けているのか教えてくれ」って言ってるだけじゃん。
竹田ファンのカキコの後にお前が亀のように首をすくめて恐れおののき逃げ回っていたのは、
お前自身がよく知っているだろうが。
これ以上恥の上塗りをするとは本当におめでて〜なwww

>>446>>447

竹田ファンの方が俺の「問い直しwww」に負けたんだとさw
バカと言われて、「バカと言う奴がバカだ!」と言い返しているみたいだな。
小学生の「いじめられっこ」だってそんなことは言わねえだろ。笑えるどころか呆れたよ。
レヴェルとかそういう問題じゃねえな、もはや。

>>448

ふーん、で、何が言いたいわけ?
さすがに以前大恥かいただけあって多少は慎重になっているようだなwwwww


450 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 12:40:59
あ、そうそう亀吉でり太くん、

>亀吉a.k.a.竹田のイヌ

のakaってどういう意味?教えてねん!

451 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 18:42:28
怖いよキミタチ

今はじめの一歩で間柴vs沢村が骨肉の殴り合いやってるが
あれを連想するぞ

452 :竹田ファン:2005/06/27(月) 20:51:26
でりた、でりた。
>433 :考える名無しさん :2005/06/24(金) 00:26:30 ←俺(sage、ずっと沈んでいる)
>434 :竹田ファン :2005/06/24(金) 18:48:57(sage)
>435 :考える名無しさん :2005/06/24(金) 18:49:53 ←亀吉(age)
>436 :竹田ファン :2005/06/24(金) 19:01:56(sage)
時間が近すぎる。434は433を読まないで書いたに決まっている。
偶然重なっただけ。頭は大丈夫か?

>442 :竹田ファン :2005/06/26(日) 16:27:42(sage)
>443 :考える名無しさん :2005/06/26(日) 17:38:32←亀吉(sage)
>444 :竹田ファン :2005/06/26(日) 18:04:40(sage)
443は442までの一連の感想。近くて当たり前。
頭は大丈夫か?

ガチで議論ができねえからってこれだもんな。
情けねえよな〜。たかが掲示板の論議だろが。何でそこまでしてと思わざるを得ない。

お前がここ数年まともに議論したことあった?スレッドの住人の記憶にはおそらく無いぞ?
頭が大丈夫か?


453 :竹田ファン:2005/06/27(月) 20:58:21
一方的に相手の事を考えないで叫んでもそれは議論じゃない。
つるんでいるとかいないとか内容の無い事書き散らしても議論じゃない。
相手の気持ちをわからないで一方的に押しつける。それでは相手は話しを聞いてくれない。
お前は誰にも相手にされていない。
いい加減自覚しろよ。このスレッドで暖かい言葉をかけてもらった事がないだろう?
素直になれ。現実に戻れ。何年いてもわからないのか?

後、俺が怖いんだね。早く追い出したいみたいだが。
言い負かされて悔しいんだね。
怖いんだね。怖いんだね。モニターの前でぷるぷる震えている小心者。
何よりお前の態度が駄目。一人一人知識前提受け取り方が違うのに、お前にとっての正しさだけ一方的に叫ぶ。
相手の気持ちがわからない。それでは相手は話しを聞いてくれない。
お前は孤独にこのスレッドで震えていた。お前のやり方では誰も相手にしない。
それはさんざんわかったろう?もういいから素直になれよ。まだ続けるのか無理するな。



454 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 21:05:07
>>451
でり太相手にまともな議論が展開できるわけがない。
なぜならでり太には文字が読めないから。
そのくせ本人は文字が読めるつもりでいるから笑える。
議論自体も一応の結論はとっくに出ている。
ただでり太にはそれがわからないだけ。

しかし、>>421は何度読んでも笑えるな。
これだからでり太の相手はやめられないw


455 :考える名無しさん:2005/06/28(火) 00:28:31
あー、つまんねえ。つまんねえ。

竹田ファンa.k.a.亀吉a.k.a.竹田のイヌときたら、
煽り文句の乏しいストックが早くも枯渇してリピート・モードに入っちゃったよ。
相も変わらず俺の発言に具体的に言及することもできねえし。
進展がねえんだな〜、こういうふうに完全に守りの体勢に入られちゃうと。

おまけにもうキャラクターの使い分けも怪しくなってきて、
「2人」して俺の書き込みをパクって(気が利いてるつもりなのか?)煽った気になってるし...。

次はお得意のAA攻撃か? 「キタワァ〜」とか、どこで拾ってくんだか、ひどく冴えないやつ...。

俺をどこまで退屈させる気なのか想像もつかないのだが、そんな奴が偉っそうに説教まで垂れてやがる。

>一方的に相手の事を考えないで叫んでもそれは議論じゃない。
>つるんでいるとかいないとか内容の無い事書き散らしても議論じゃない。
>相手の気持ちをわからないで一方的に押しつける。それでは相手は話しを聞いてくれない。
>お前は誰にも相手にされていない。

456 :考える名無しさん:2005/06/28(火) 00:29:14
だからさ〜、「一方的」なのはお前じゃん。

何の説得的過程も無く一方的な断言をして「総括」したとかぶっこいてるのはお前以外の誰なわけ?
あまりにも一方的で箇条書き的な具体性のない断言なんで、誰にも相手にされないのを、
一人で勝手にポジティヴに解釈して、自分が「総括」しただの言い募ってはいるが、
それさえも相手にされないので、生「暖かい言葉」を自分で自分に掛けて悦に入っている始末。
それがお前のやってることなんだよ。お前、自分のやってることについての自覚ねえの? 

お前の「総括」の過程のどこに「議論」があったんだよ。言ってみろよ。

お前ってさ、完全に自作自演体質なんだよ。
自作自演ってもっとも「議論」から遠い行為なんじゃねえのか?
もう、自分の恣意を通すことしか頭にない。そのためには何でもやる。「相手」なんてどうでもいい。
何が「確信成立条件の分析」だ。アホが。お前には節度や余裕ってものが全く欠けているんだよ。

そんなお前が「相手の気持ち」のことを考えろだと。笑わせるな。
自作自演をする卑怯者の気持ちなぞ慮ってやるお人好しがどこの世界にいるんだよ、こん畜生が。

で、お前は、俺の「『竹田現象学』は現実社会では何の役にも立たない」独我論である
という主張以上のことを、いつ、どのように言ったんだよ。

お前が答えねえ限り「議論」なんかいつになっても始まらねえんだよ。
お前とのやりとりは本当につまらねえ。いつになったら改善するんだよ。

457 :考える名無しさん:2005/06/28(火) 21:07:56
>>455
>>456

ごめんね、つまんないカキコしかできなくてw
じゃあこっちからでり太くんに質問するね。答えてちょ

@どんな気持ちでいつもカキコしているんですか?
 煽りのつもりで書いているんですか?それともまさかマジなんですか?

A「竹田ファン」と「亀吉a.k.a.竹田のイヌ」を同一人物だとでり太くんは見なしているみたいだが、
 イマイチ踏ん切りがつかないようにも見えます。
 でり太くんは、同一人物だと考えているんですか?

B「亀吉a.k.a.竹田のイヌ」のa.k.a.ってどういう意味ですか?
 でり太君が熱烈に愛し支持し世界で最も大切な場所だと思っている
 2ちゃんねる特有の用語なんですか?

C本当に議論がしたいんですか?
 であれば、でり太君の考えは、>>421にしか表れていないように思うんですか、
 率直に言って、こんなバカげたカキコをネタに議論するのははばかられます。
 このままで議論していいんですか?それとも書き換えますか?

以上答えをお待ちしています。よろぴく


458 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 00:43:12
は、腹痛え、亀吉〜、腹痛えよ〜

よりによってお前が、煽りオンリーの、一度も「意味」を発したことのない、他人の意見に乗っかって「>>〜の言ってることでOK?」とか言ってるコバンザメ以下の、AAコピペの連発でスレッド汚すだけのお前がさ、
「本当に議論がしたいんですか?」って、何だ? いったいどういう意味なんだ? それは?

俺には全くわからねえ。あんまりに不条理なんで。

こんなナンセンスな発言をナチュラルにかますなんて、ひょっとしてお前ってかなりセンスある?
お前に対して初めて「敗北」を感じたね。いやマジな話。

打ちひしがれているそんな俺を叩くならまさに今だろう。
早いうちお前の切札の>>421に対する揚げ足取りでもやったら?
俺を潰したくて潰したくて潰したくてしょうがないのに何もったいぶってんの?
これまでのように揚げ足を取ろうとして逆にカウンターを取られて何度も潰されたことなんか忘れてるだろ。
学習能力がなくて自分に都合の悪い記憶は一切抱えることのないお前のことだから。
早くやれよ。是非やれ。即刻やれ。

しかし、お前さ〜、俺の数々の問い直しを散々スルーして、よく「質問」なんかできるよな〜。
常識からすると考えられないよ、この無神経さ。答えるのが当然だと思ってるのかな。


P.S. ”a.k.a.”とは新種の2ちゃん語か、と、しつこく尋ねられている様には再度笑いました。
  さすが、粋な2ちゃん語を駆使し、最新のAAをいち早く展開し、華麗な自作自演もお手のもの、
  沈んでいるスレのsageレスにも即座に食い付くほどの2ちゃん哲板滞在時間と粘着力を誇る亀吉さん
  ならではの発言ですね。

459 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 00:44:52
でり太?君が相手にしてるのは、竹田信者じゃなくて
哲板随一の煽り・自演・etcの達人のあの人だと思うんだ。
今回たまたま↑が竹田側にいるが、これ相手に論戦するのは
骨が折れるし得るものないと思うなぁ

議論したいんじゃなくて、誰かに相手してほしいだけって感も
あるしなぁこの人は

460 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 01:38:58
ぶっちゃけ竹田哲学のよれば大抵の「哲学的」疑問は解決する。
無駄な議論が多すぎる。

461 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 19:52:08
もう止めろよ、この論争
でり太君のノックアウト以降、ただ惰性でスレが伸びているだけ。
でり太君も亀吉?氏も竹田ファン氏もヒマなんだねw

462 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:48:27
亀吉でり太くんの熱烈なリクエストにお応えして、>>421についてコメントしておこうかな。
一応竹田ファンへのレスだから遠慮していたんだが、誰もこんなカキコに
レスつけたくないよな。
あ〜かったりい〜。

>>確信成立分析と現実の信念対立はほとんど関係がない。接点がない。

>竹田自身が「現象学は思考の原理だ」などと「実践」への志向を明確にしつつ息巻いているのに、
>これで「総括」をしたなどとホザいているんだからオソマツきわまりないんだよ、このダンスファンは。

「現象学は思考の原理だ」ってのがなぜ「実践」への志向を明確にしているのかは、
でり太の脳内でしかわからない不思議な理屈だがw
(でも、今に始まったことじゃないけどねwww)
まあ、出来る限り好意的に見れば、個々の信念対立を説きほどく可能性を竹田が示唆している
ことを差すのだろうと思う。
で、竹田ファンはなぜ竹田信者が竹田の示唆にひきつけられるのか、そして
それが実は論理の類似性からもたらされるカラクリに過ぎないことを、
この一文で鮮やかに示している。
しかし、でり太はそれを読み取れないから、オソマツきわまりないなどと、
オソマツきわまりないコメントを発している。
本来は、でり太こそ竹田ファンに同意して然るべきことを、
竹田信者である俺の方が竹田ファンのコメントを高く評価しているとは一体どういうことだろうwww
理由を言おうと思えばいえるのだが、めんどいからやめる。








463 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:48:41
やっぱめんどくさいからやめるわ、こんなアホな文にコメントつけるのは時間の無駄だもんな。
一応アホなところだけでも引用して短いコメントだけつけておこう。

>そうした実践志向を間に受けてる側の信者の反応を見ろよ。
>一言もねえじゃねえか。

たんに飽きたんじゃない、お前のカキコにもキレがなくなったしww

>今、このスレには竹田信者が2種類いる。竹田自身の志向を汲む実践志向の奴らと、
>竹田現象学は「哲学」と「社会学」の2つの側面があるから「実践」とは何の関係も無いとか言ってる奴ら。

そんなのとっくに竹田ファンが指摘しているだろ。論敵の言葉をパクるなwww

>まあ、どちらもアホに違いないが、俺にとっては非常に紛らわしいわけ。

もう一人アホがいるぞ。竹田から「実践」の志向をなぜか勝手に読み込んでいる大アホがw

>そこを何とかしないから膠着してるわけ。
>別にダンスファンがうまく「総括」してしまったからじゃなくて。

膠着しているのはお前だけw
別に亀吉でり太がうまく「問い直し」してしまったからじゃなくてw

>まずは、お前らの内紛から何とかしろっての。

内紛?どこの世界のことだw

>ダンスファンは竹田読者という狭いサークルの中では相互の了解は済んでいるとか嘯いていたが。

お前が昔よく言ってたことを竹田ファンが繰り返しているだけじゃないかw
お前ってほんと適当だなw


464 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:54:26
>>459
残念ながら、俺は「あの人」じゃないし、「あの人」が誰なのか見当もつかない。
でもまあ悪くない推理ではあるね。
ちなみに俺が竹田側にいるのはでり坊のおかげだからねw
竹田ファンまででり坊は竹田信者呼ばわりしているしw

465 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 01:29:43
やはり現象学は独我論だよね? 
終着点としてではなく出発点として、それでも独我論だよね?

466 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 01:33:44
イエス(・∀・)b

467 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 01:45:20
方法的独我論だって。

468 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 02:04:47
永井も独我論だよね? 竹田と永井はどのへんに確執があるの?

469 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 02:10:44
近親憎悪のたぐいだろ。

470 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 21:15:09
永井は堂々とした独我論だが、
竹田は少なくとも本人は独我論であることを否定しているからね。

471 :竹田星人:2005/06/30(木) 21:33:39
永井は純粋意識の感じる感覚すら疑うバカ。
というか純粋意識というものがあっても快楽を得る経験が少ないから、
楽しかったことさえ疑う(他人の愉快と自分の不快という価値観を、
すべてチャラにしたい)んだろうね。

青嗣は純粋意識以外の存在は確信にすぎないが、
まあ快楽は得られるから楽しもうってスタンス。


つまり学生時代にちんぽをインサイトできなかったのが永井で、インサイトできたのが青嗣。

472 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 22:33:00
インサートでしょ。
インサイト、ちょっと欲しい。

>青嗣は純粋意識以外の存在は確信にすぎないが、
>まあ快楽は得られるから楽しもうってスタンス。

これ割と的を射てるね

473 :竹田星人:2005/06/30(木) 22:41:17
インサイトというのは永井の「翔太と猫のインサイト夏休み」にかけているノダッ


474 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 22:57:44
わからナンダ

475 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 10:11:53
結構オモロイね。このおっちゃんの本は。

476 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 02:36:33
竹田現象学は真の仏教です。

477 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 11:19:32
ふー

478 :竹田ファン:2005/07/04(月) 18:59:12
>462〜464
餓鬼の相手ご苦労様です。感謝しています。
結局何がいいたかったんだデリタは。
反論してこないところ見ると、いくらか正気になって喧嘩する必要ないと考えてくれてるのかな。
普通に文章読めばそれ以外ありえない。
俺の議論は実践においてあまり有効じゃないと丁寧に説明している以上でも以下でもないし。

後、周りに言いたいが俺は哲板で2,3年書き込みしていなかった一般人だぞ。
デリタ以外でも勘違いしている奴いるみたいで気味が悪いが。
普通に個と全の把握の違いとか初歩的な話のやりとりしかしていない。なんで陰謀論になる?
話がでかくなっている(ry


479 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 23:57:16
>白馬の騎士
つ〜かさ〜、お前、人の言ったこと(>>447)にしっかり絡めよ。お前はスルーしかできねえのか。
「一方的に相手の事を考えないで叫んでもそれは議論じゃない」とか偉そうに説教垂れたのはてめえだろ。
「丁寧に説明している」っていったいどこで? 粗雑な一方的断言しかねえじゃねえかよ。
何度言わせるんだよ、このアホ。お前が乗ってるのは鹿じゃねえのか?  山城新伍じゃあるまいし。

お前はいったい何しに来てるのか俺には皆目見当つかないね。
「竹田現象学」が社会では何の役にも立たないことなど、もう、とうにわかっていることなんだよ。
同じことを何度も何度も繰り返すな、うっとうしいから。んなこと、お前に言われるまでもねえんだよ。

が、その認識はまだ竹田信者の中ではお前のものでしかないんだな。
あと、亀吉な(俺は同一人物だと思うが)。

お前がどう思うかっていうのは勝手だ。
しかし、例えば、竹田自身が自分の唱えた「竹田現象学」が社会にとって何にも役に立たないとでも思っているか?
そんな控えめな人間じゃねえだろう、奴は。もうブリブリ役に立つと思っているだろう。
そうでもなきゃ、「現象学は思考の原理である」などとブチ上げはしねえだろう。
「原理」だぜ、お前、「原理」。あらゆる思考の基礎となる「原理」として「現象学」を提示してんだろが。
奴は「普遍性」を志向してるんだよ。そこを忘れてもらっちゃ困るな。
いやしくも「普遍性」を求めるなら「社会」との関わりは不可避だよな。

480 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 23:58:53
「現象学」は「社会」の中で「普遍性」を求めてゆく思考であるという竹田自身の意図と、
お前の言う「社会では何の役にも立たない」思考という断定は完全に食い違っている。

その辺の食い違いをお前は「普遍性」を尊ぶはずの竹田信者に説得力を込めて説明することができない。
そこんとこをどう処理するんだっつってんだよ。これは俺には全く関係ない。
「信者」同士の「内紛」にしかなりえない話だ。竹田自身の意図が否定されているんだから、それに賛成か反対か。
現状としては、もう一方の信者達は、お前の一方通行的な断言に閉口して「内紛」にもなってないが。

竹田はこうも言っている。

>わたしにとっては、現象学はむしろ、ひとはいかに独我論を超え出るのかという思考の見事なモデルとして現われた。

お前が粗雑に素描した「竹田現象学」は独我論の限界に閉ざされたものであったが、
竹田自身は現象学をむしろ独我論を越えうる思考であると位置付けている。

モロ食い違っている。そういうところをどう処理するかって聞いてんだよ。
「竹田ファン」として、異端の信者として。これもてめえの問題。しっかり考えろよ、白馬童子。
馬みてえなツラしやがって。

>>462-463
亀吉名義のレスについてはほぼスルーだな。あまりにも下らないんで。
ひとつだけ絡みたいのは「論理の類似性からもたらされるカラクリ」。
ハァ〜? 何これ? 自分の言ってること判ってんの? てめえ自身にわからないことが俺に伝わるかっての。
あと、お前みたいなカスに「カキコ」の「キレ」を云々される謂れはねえな。
「カキコ」なんて言葉使うセンスの持ち主にさ。

481 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 21:32:36
よう、でり太、お前そんなに俺たちに議論でからんで欲しいのなら、

「竹田ファン様、亀吉様、その他の竹田信者様、どうかこの2ちゃんねるにしか居場所のない、
関係妄想に陥っているあわれなこのでり太のカキコをスルーしないで、
ほんのわずかでもいいから返事を下さい、お願いします、神様、仏様」
って言いな。

そうしたら、多少絡んでやってもいいぞwww


482 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 23:40:06
このスレは本当に名スレすぎる
一回オフ会やれば

483 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 04:17:50
竹田はデリダを論破したの?

484 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 04:53:44
デリダはしょせん隙間産業

485 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 05:00:37
竹田は自分の思想の枠を哲学に押し付けている。

486 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 05:10:03
彼の思想のモチーフは自己構築にあるが、歴代の哲学者のそれは自己の脱構築だった。

487 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 05:20:50
竹田の仕事はニーチェの価値相対論とデカルトの独我論以外のなんであるか。
それだけなのだこの男は。
例えば政治の党派対立や民族宗教対立からどうやって妥協点を見つけるんだ?
対立しているもの同士の価値観の共通了解は低レベルなものになる。当たり前。

そりゃみんなが無宗教地球市民に徹せるならパレスチナ問題は解決してるっつーの
アホ論ですよ

488 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 05:22:20
それは西田や三木においても同じかもしれない。
日本人の日本人による日本人のための日本哲学だ。


489 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:07:52
>>487
>竹田の仕事はニーチェの価値相対論とデカルトの独我論以外のなんであるか。
>それだけなのだこの男は。

んなこた、ない。後の文章もそうだけど さらっと流し読みして
得た感じに、自分の中にある思想のパターンを当てはめた上で
それに批判加えてるだけ。

>例えば政治の党派対立や民族宗教対立からどうやって妥協点を見つけるんだ?
>対立しているもの同士の価値観の共通了解は低レベルなものになる。当たり前。

「妥協点が見つからない」という態度もいいさ。けど「見つかる」というなら
それがどのように「見つかる」のか説明すべきじゃないの?低レベルなら
低レベルでもいいけど。
それをやったのが竹田現象学なんだよ。別に、「こーすれば全部解決」
なんて竹田は言ってない。

490 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:25:11
>>489
>それがどのように「見つかる」のか説明すべきじゃないの

だからさーそれやって何になるの?
新約聖書をアメリカのキリスト教右派が現象学的還元したら
「これは断定口調のキチガイのホラ話だったのか!」とか言って進化論を信じるんか?
イスラム教徒がコーランを現象学的還元したら便所に流しても怒らなくなるんか?

結局、現象学的還元とやらは自分が誠実で利他的じゃないと不可能なわけ。
そんな人間が人類の多数派なら共産主義も成功してるっつーの。

そして誠実で利他的なたぐいの人間なら現象学などやらずとも
「相手の言い分に耳を傾け、価値観を尊重しましょう」程度のテーゼは自分で発見するの。


491 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 06:36:51
>>489
>後の文章もそうだけど さらっと流し読みして得た感じに、
>自分の中にある思想のパターンを当てはめた上でそれに批判加えてるだけ。

…オマエほんとうに竹田の本読んだことあるの?俺は都合四冊読んだけど、
ニーチェの引用は頻出じゃん。ベースはニーチェ+現象学で、その現象学はデカルトのバリアント。
だからデカルト+ニーチェと言った。

なにより問題なのは、竹田現象学自体が魅力的な思想じゃない(価値を作り出す類の思想ではない)
という事だ。ニーチェを引用して「世界の正しい「意味」ではなく、
人間の生を支援するような新しい「価値」の基準を作り出すことが問題なのです」
(「現象学は思考の原理である」)と自身で言っているが、
現象学自体は純粋な認識の原理でしかない。これでは諸々の思想にとって代われはしないのは当然だろう。

492 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 13:28:16
>>490
何を言ってるんだ??誰も彼もが自分の価値観を投げ棄てることが可能
なんて竹田がどこで言ってる???
利他的とかいきなり持ち出されても・・

確信成立の過程、信念を信憑構造に編みかえることによって
「相互了解の可能性」を見出すことに力点があるのであって
そりゃ「相互了解も不可能ではないんだな」ってことをなんとなく
明らかにするだけの意味しかないわけ。
実際にどう適用していったらいいんだ、なんて話をしてもしょうもない。
そのへんには現状、役立たないってことはこのスレの共通了解。

>>491
引用が頻出=デカルト+ニーチェ って・・・・
「とって代われはしない」ってなんの話だ??
ニーチェの価値相対論とデカルトの独我論合わせたものにすぎない
ってのが487の主張でしょ。別に独我論に傾ききってるわけじゃないし。
完全な価値相対論でもないし。「原理」とか言ってるわけだから

493 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 02:30:27
>>492
>確信成立の過程、信念を信憑構造に編みかえることによって
>「相互了解の可能性」を見出すことに力点があるのであって
>そりゃ「相互了解も不可能ではないんだな」ってことをなんとなく
>明らかにするだけの意味しかないわけ。

亀吉よ、お前の言うことにエクスキューズをつけないで大方信じたとしても、
「しょうもない」のは、それだけの「意味」しかない「竹田現象学」の方なんじゃないのか。

その程度の「相互了解の可能性」なんてのは「自然的態度」で日常において充分に感得できるじゃないか。
何言ってるんだ、お前は? わかりあえないこともあれば、わかりあえることもある。それだけの話だろ。
お前は七面倒臭い独我論を経由しねえとそんな当り前のことさえわからねえのか。全くしょうもねえ野郎だな。

「独我論」から「相互了解」へ至るなんて無茶苦茶思考が歪んでいるよ。

そんなもんに変に脈絡をつけようとするから結局「信念補強」の醜態を晒すことになるだけになるわけ。

494 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 02:45:24
思うに、亀吉が俺の「コミュニケーション不全」をことさら強調してレッテル貼りするのって、
自分自身の「コミュニケーション不全」を隠蔽するためだろ。無意識に自分自身の弱点を他人に投影して誤魔化している。

変な「独我論」で武装しないと「相互了解も不可能ではないんだな」と実感することすらできないことを告白してんだから。

こういう奴が「確信成立の過程、信念を信憑構造に編みかえる」とか言うんだから呆れ返るよな。
頼むからもっと内省してくれ。お前に必要なのは本当の内省なんだよ。

495 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 19:08:55
>>493-494
なんで俺自身の話になってるんだよ。メチャクチャだな。
独我論を経由しないとわからない??何言ってるんだ。。
なんとなく感得してることを論理的につきつめて考えてみる、
これは典型的な哲学だろう。
哲学そのものが意味ないと考えてるんならスレ違いだろ。
哲学いらないとかそういう名前のついたスレ、沢山あるぞ

>「独我論」から「相互了解」へ至るなんて無茶苦茶思考が歪んでいるよ。

なんだこの断言は、意味が分からない。現象学は独我論でもないし
独我論だろうと、個人のもつ「相互了解」の意味になんら変わりはないだろ、別に。

496 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/07(木) 19:32:41
独我を認めないやつは独我

497 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 19:43:17
493はたんに哲学が嫌いなんだろう。しちめんどくさいことを
考えるのが嫌いな493は、哲学なんかには関わり合いにならず、
近所の爺さんと囲碁の相手でもして自然的態度の相互理解で満足
してればいいの。その方が君にとっては幸せだよ、  うん。

498 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 23:10:55
でり太にマジレスはやめれ。かっこ悪い。

それよりもでり坊、今まで散々論破されて負けつづけて亀みたいに首を引っ込めていたのが、
久しぶりに攻めのカキコ、君の心の傷も癒えたようで、ほっとしたよ。
しかし>>492が「亀吉」のカキコとはw 君の頭の中を一度のぞいてみたいなwww


499 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 13:24:57
671 名前:ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/08(金) 11:56:06
ラカン知らずに人間を語る(哲学、心理学、社会学等)ヤツの気がしれない



500 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 17:18:23
500ゲット!

なんて書くと、またでり坊に何か言われるんだろうなwww

501 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 10:49:00
このスレも電車男みたいに書籍化映画化してほしい。
さぞ醜悪劣悪で楽しみだ。

502 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 13:00:41
おまえら、循環論に陥っているぞ。

503 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 21:36:57
竹田は2chネラーなわけだが。


504 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 21:44:05
デリダを論破した竹田を論破したデリ太

505 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 22:27:38
でり太とたけ太

506 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 23:35:04
たけ太現象学
けけ太現象学

507 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 19:07:11
けけda現象学wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


508 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 19:09:33
たけだ たけだ たけだ〜
って知らないだろうな

509 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 22:52:25
でり太が一番まとも実は

510 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:04:44
まったく同意。
でり太こそこのスレの良心、ゴミにまみれたレスの中に咲く一輪の花だ。

511 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:05:44
というよりも、
でり太こそが21世紀の哲学を担う最高の人材だ。

512 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:51:27
でり太現象学

513 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 21:56:59
デリダの衣鉢を継ぐ脱構築論者、でり太


514 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 06:39:04
竹田の主著ってある?

515 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 07:12:43
つ「エロスの世界像」

516 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 07:24:44
>>515
サンクス。

よし竹田を馬鹿にするために暇な時にでも読もうかな。 なぜ馬鹿にしたいかというと、竹田に劣等感を抱いているからに他ならない。尊敬の裏返しであるところの軽蔑なので悪しからず。



517 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 07:57:49
>>515
俺持ってるぜ。読み直してみる。

518 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/14(木) 15:23:41
論点が見えない

519 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 19:12:42
>>518
このスレの論点はでり太を煽って楽しむこと

520 :ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU :2005/07/14(木) 19:27:26
レベル低っ!

521 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 19:57:29
ばかもの!!!
このレベルの高さがわからんのか!

522 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 21:40:48

     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< またでり太くんの醜態が見たいです!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


523 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 11:22:35
結局、竹田現象学において「共通了解」を可能ならしめているのは「神」ということでも
いいんですよね?

524 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 11:35:27
身体の類似性だろ バカ

525 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 16:53:38
ところで,竹田現象学と西研の現象学の違いってあるの?
二人の間で論争とかはないのか??

526 :考える名無しさん:2005/07/27(水) 21:50:28
>>493-494でのでり坊の書き込みに対し、>>495-497の反論があったが、
いつものことながらでり坊は亀のように首をひっこめてスルー

なんと、竹田ファンに手ひどく3連敗をくらった上に、再び負けを喰らう!

こ れ で 何 と 4 連 敗 !

もはや唯一の生きていく場所、2ちゃんねるに生息することも危うくなってきた!


     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< 先生、でり太くんをこれ以上いじめるのはやめて下さい!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||



527 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 13:45:50
ところで,竹田現象学と西研の現象学の違いってあるの?
二人の間で論争とかはないのか??

528 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 20:09:48
フッサールの現象学に対する解釈は同じでしょ。まったく。



529 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 17:51:41
西研と竹田青嗣ってどっちがまともなの?

530 :考える名無しさん:2005/08/01(月) 23:44:41
>>526
亀吉、お前本当にワキ甘過ぎ。

>337 :考える名無しさん :2005/05/20(金) 23:02:02

>またもや竹田ファンにしっぽを巻いて逃げるでり太くん
>でり太くん、竹田ファンに2連敗!!
>もはやこのスレに出てくる勇気も消え失せる!!!



>     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
>    ( ´∀`)/< 先生!でり太くんはいつまで負け続けるんですか?
> _ / /   /   \___________
>\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
> ||\        \
> ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
> ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
>    .||          ||


>338 :考える名無しさん :2005/05/21(土) 00:22:10
>別にでり太の肩持つわけではないが、煽りウザい

>それよりでり太くん、>>307 >>311の答えでOK?

お前の設定ではAAで煽ってるアホと「〜の答えでOK?」しか言えないバカというのは上記のように別人だったんじゃないの?
まあ、誰にもわかっていることだけど、こんな露骨に尻尾を出すとは恥ずかしい奴...。
自作自演をしてまで煽り続けるのって自分が議論で勝てないことを自ら晒してるようなもんじゃん。
議論で勝てる相手に対して自作自演までやって煽る人間ってのは存在しないからな。

531 :考える名無しさん:2005/08/01(月) 23:46:43
で、>>495>>497-498の流れ、これがまた自作自演の臭いがプンプンするね。
>>495>>497って別人という設定なのか?
竹田現象学は現実の問題(信念対立の解消等)に対して「役立たないってことはこのスレの共通了解」であるという「竹田ファン」〜亀吉ラインの恣意に忠実に沿っているんだが、何でこんなに都合のいい奴らばっか現れるわけ?
「共通了解」なんていつ成立したわけ? で、どこへ行ったわけ? そいつらは。
これに明らかに亀吉の書き込みである>>498を加えてさらに複数であるかのように見せ掛ける。

言ってることも何とも亀吉ックで幼稚な「哲学」信仰を披露してるだけだしな。

>なんとなく感得してることを論理的につきつめて考えてみる、
>これは典型的な哲学だろう。

それが「典型的な哲学」であるかどうかは俺の知ったことではないが、
お前ら信者や竹田に「論理的」な「つきつめ」があった試しがあったのかよ。
自分の思い込みを「本質看取」と称し、それをかりそめにも疑うことなく後付けの補強に専念し、
都合の悪いことは「エポケー」でごまかすだけじゃねえか。

>哲学そのものが意味ないと考えてるんならスレ違いだろ。
>哲学いらないとかそういう名前のついたスレ、沢山あるぞ

「竹田現象学」について「意味がない」と言ってるのに、何で「哲学」にすり替えられているのか。
そんなバカの発言に何の迷いもなく賛同する>>497

こんな茶番は亀吉の仕業じゃないと成立しねえ。
あんまり寒いんでスルーしてたんだが、レスをしたとしたら何なわけ?
ご褒美でも貰えるのか?

532 :考える名無しさん:2005/08/02(火) 14:06:42
もう一度盛り上げたい意図はよく分かるんだけどね。
反論めちゃくちゃだよ。

533 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 00:36:05
笠井 竹田青が、「週刊読書人」で、文芸時評を一年やってきたまとめを書いて
るんです。…。吉本隆明の現状分析というか、…

『ポスト・モダニズム批判』

この時評は本に入ってるの?
あったら教えてください

534 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 20:11:59
おい、亀吉でり太、お前でり太のくせに生意気だぞ。
まあ先月は楽天も勝ち越したのにお前は4連敗で立つ瀬がない気持ちなんだろうがな。
でも安心しろ、楽天はプロの集団、チームが固まればそれなりに勝てるんだよ。
文字が読めないお前が負けつづけるのは当然、そんなに気がするなw

でもちょっとオイタが過ぎるのもナンだからもう一回言っておこう。

よう、でり太、お前そんなに俺たちに議論でからんで欲しいのなら、

「竹田ファン様、亀吉様、その他の竹田信者様、どうかこの2ちゃんねるにしか居場所のない、
関係妄想に陥っているあわれなこのでり太のカキコをスルーしないで、
ほんのわずかでもいいから返事を下さい、お願いします、神様、仏様」
って言いな。

そうしたら、多少絡んでやってもいいぞwww

535 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 22:56:27
別にでり太の肩持つわけではないが、煽りウザい
それよりでり太くん、>>534の答えでOK?


536 :533:2005/08/03(水) 23:27:17
キチだぜ。

537 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 01:32:11
>>534
亀吉よ、俺にはお前がどれだけ果てしなくバカか、どこまで恥を重ねれば気が済むのか皆目見当が付かない。
ワキが甘いとかそんな生易しい水準じゃないな。
底無しのバカと言うかナチュラルボーン・バカと言うか、お前には紛れもない「本物」の手応えがある。

>よう、でり太、お前そんなに俺たちに議論でからんで欲しいのなら、

>「竹田ファン様、亀吉様、その他の竹田信者様、どうかこの2ちゃんねるにしか居場所のない、
>関係妄想に陥っているあわれなこのでり太のカキコをスルーしないで、
>ほんのわずかでもいいから返事を下さい、お願いします、神様、仏様」
>って言いな。

お前、「俺たち」とか言ってるが、これってどういう意味?
何の権利があってお前ごときが「竹田ファン」だの「その他の竹田信者」だのの俺への接し方を取りまとめて律してるわけ。

この言い方だとまるで「一心同体」のようだね、亀吉サン。

で、どこ行っちゃったの? 「竹田ファン」とか、>>495>>497とかの都合のいい「信者」は?
前に数字コテで俺に絡んでいた奴らは?

結局亀吉だけじゃん。いつもいつも最後まで残っているのは。
どういうことなの、これは? バカの一つ覚えの「関係妄想」じゃとても説明つかないよ。

お前、他人は誤魔化せても自分だけは誤魔化すことはできないよ。

538 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 19:49:42
ナチュラルボーン・バカ

539 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 00:59:49
亀吉が消えると他の批判者(つ〜か俺に絡んでいる奴)がすべて消えちまうんだよな〜。

全く不思議な現象だよ(棒読み)。

いっつも難癖つけてる奴とひたすら煽る亀吉でワンセット。
そのやり方が効果あると思ってるんだろうな〜。
あんまりワンパターンなんで退屈なんだよな〜。
もうちょっと工夫してほしい。友達の竹田信者を連れて来るとか。
恣意の方向がいっつも同じなんだもん。

亀吉のせいでこのスレが煮詰まってんど。どうすんだ、てめえ。

いったい全体、竹田信者って亀吉しかいねえのか?

あまりにも退屈だ。退屈すぎる。

たまには信者同士の対話でも読みたいよ。
とっとと竹田現象学と西一の現象学の違いでも論じろよ。
亀吉の無意味な煽りよりナンボかましだから。

540 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 19:54:12
>>539
>たまには信者同士の対話でも読みたいよ。
>とっとと竹田現象学と西一の現象学の違いでも論じろよ。

では、まず君からどうぞ。


541 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 22:10:19

     ∧_∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ( ´∀`)/< でり太先生の竹田・西現象学講座がはじまりまーす!
 _ / /   /   \___________
\⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄\
 ||\        \
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||          ||


542 :考える名無しさん:2005/08/12(金) 14:19:20


2005年8月12日(金) new!!


前回の「管理人日記」に書いたイベント2件が終了した。
どちらも熱いやりとりが行われ、それぞれ終わった後、
仲間内でも活発な議論となった。
竹田現象学が立体的に理解できたように思う。

お知らせ
今週土曜日(8月13日)NHK教育テレビ、午前11時から11時45分
子供向け番組
「宇宙船ソフィア号の冒険〜なぜ人は人を殺してはいけないのか〜」
が放送されます。竹田先生の監修だということです。
難しいテーマがどんな番組にまとめられたのか。
楽しみです。                 /管理人(副)




543 :考える名無しさん:2005/08/12(金) 23:14:07
竹田現象学って言葉は本人も認めてんのかよ。
2ちゃん哲学板用語じゃないの?

544 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 00:14:42
>>543
本人が認めるほど自惚れてはいないだろうが、
2ちゃんに限らずよく使われているよ。
竹田の現象学は一般の現象学理解とはかけ離れているから、
否定的に使うこともあるだろうしね。

545 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 13:38:32
一番はじめに言い出したのは死刑囚。なんだけどな。

546 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 15:45:23
俺がはじめて竹田現象学って言葉聞いたのは十数年前なんだが、
その時に2ちゃんはあったか?

547 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 22:01:24
でり太先生の竹田・西現象学講座、まだ〜?

548 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:20:05
>>542
まったくしらんかったwてかもっと宣伝しろよ信者w

549 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:51:03
見た奴れぽキボン

550 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:07:31
なんかヤバイくらい評判いいみたいだよ。


551 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:35:20
http://64.233.179.104/search?q=cache:X6kSllFabFYJ:shima-t.ameblo.jp/+%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8F%B7%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA&hl=ja&lr=lang_ja&inlang=ja

552 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 01:37:33
8/20に再放送やりますよ。

http://64.233.179.104/search?q=cache:deB6IrTiFfgJ:www.nhk-jn.co.jp/wp/bod_sat_a.htm+%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9%E3%82%BD%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%A2%E5%8F%B7%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA&hl=ja&lr=lang_ja&inlang=ja

553 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 13:42:07
でり太先生、竹田・西の現象学講座、まだですか〜?

な〜んちゃって。
そんなもんでり太に出来ればでり太なんて呼ばれてないしな。
またもやいつもの通りスルーかよ。
さすがに負け犬は違うなw

554 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 14:04:14
まったく竹田と西は一緒でしょ。

555 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:17:52


130 名前:ぴかぁ〜 ◆wMDHqGPerU 投稿日:2005/08/03(水) 16:59:20
思春期セカイ系

2ちゃんねる哲学板にいると、自分の不安を世界の不完全さと短絡させ、「世界が間違ってるから、悪いから、
正しいボクは苦しくなる」的な言説の人が多々来る。思春期という、経験よりも知識(理想)が多いアンバランス
な時期に、「なんで大人はこんなこと簡単なことがわからないのだ!」的なある種の全能感をともなってあらわ
れやすい。特に、引きこもり系の人に多いように思う。ボクはこれを「思春期セカイ系」と呼んでいる。

「思春期セカイ系」を内部/外部の構造として考えると、内部という自己と外部という社会の間に境界を引き、
社会悪を外部の問題へと解離させる。自分とは関係がなく、自分は完全な部外者なのに、災難を振りかけら
れるという、被害者の位置におく。この完全なる被害者の位置に立つことによって、完全なる被害者という
「短絡」は成立する。それが、自分の不安を解消するためのトリックがある。

このような「思春期セカイ系」に対して、社会悪には、完全な部外者、被害者はいない。だから単に社会悪のみを
あげつらい、さらに被害者を装う、遠巻きにものいう言説には注意が必要だ。だから、社会悪を指摘するとき
には、その彼がその問題に内部としてどう向き合っているかが、重要になる、ということができるだろう

556 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 02:30:00
よくこうも毎回自分が書いたレスをソースに出来るなあ
頭狂っちゃったか

557 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:44:05
ttp://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/

2004年4〜6月の日記にかなりの批評が。

255 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)