2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

セカチュードラマ版ラストシーン研究所

1 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 22:30:50
あのラストシーンの意味内容をドラマ全体との関連で
分析・検討・考察しまくります

2 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 22:39:22
>>1
乙です。

3 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 22:51:33
>>1
GJです

4 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:06:02
【ガイシュツな主張】

・死後の再会説
#朔の死後の亜紀との再会シーン
・緒形朔の夢説
#明希との生活を決意した朔の見る夢
・お任せ説
#ドラマを見てショックを受けた人向けの鎮痛剤であり
#見た人が自由に想像してその内容を決定すべきもの
・生きる支え説
#単なる回想でもなくまた死後のイメージでもない、
#強く生きて行くために必要な意味のある時間・瞬間
・朔の願望説
# 夢島での
#「あの世は残された人達があって欲しいと願う世界」
#にリンクする朔があって欲しいと願う世界

5 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:11:20
>>1
乙です。
 
追いつけない速度で去っていく亜紀を
ぼくはもう、捕まえることができない。
生きている限り、君とぼくとは遠くなるばかりだろう。
だけど、ぼくは走ることをやめない。
走り続けるぼくたちの足跡は
君がいた証だから。

走り終えたその時に 笑って君に会えるだろう。

6 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:11:36
【分類】

(朔の)脳内説
→ 夢説 支え説 願望説

非脳内説
→ 死後説

分類不能
→お任せ説

7 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:14:22
とりあえず、死後説に1票

8 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:18:07
>>4
一つ付け加えさせてください。
「このドラマのテーマを、朔と亜紀の堤防での再会という形で
象徴的に表現したもの」

9 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:18:45

【主な論点】

Q1:亜紀は死後の世界を否定していたのか?
Q2:亜紀が死後の世界を否定していた場合、
ラストシーン=死後の再会
という構成はもはやとりえないのか?
Q3:回想だとすると未練ぽくてせっかくの
明希との新生活への朔の決意がボケないか?
Q4:死後の世界だとすると、他が現実的なのに
ここだけ妙にファンタジーっぽくなって不統一?
Q5:別腹理論はこのドラマにおいて肯定できるか?
Q6:朔は別腹理論に納得したのか?

10 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:22:17
【ガイシュツな主張】

・死後説
#朔の死後の亜紀との再会シーン
・夢説
#明希との生活を決意した緒形朔の見る夢
・お任せ説
#ドラマを見てショックを受けた人向けの鎮痛剤であり
#見た人が自由に想像してその内容を決定すべきもの
・支え説
#単なる回想でもなくまた死後のイメージでもない、
#強く生きて行くために必要な意味のある時間・瞬間
・願望説
# 夢島での
#「あの世は残された人達があって欲しいと願う世界」
#にリンクする朔があって欲しいと願う世界
・テーマ説
#ドラマのテーマを、朔と亜紀の堤防での再会
#という形で象徴的に表現したもの

11 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:27:47




















板違いにつき削除依頼よろ











12 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:45:21
かんばれ!

13 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 23:55:21
私見

Q1:亜紀は死後の世界を否定していたのか?
YES
Q2:亜紀が死後の世界を否定していた場合、
ラストシーン=死後の再会
という構成はもはやとりえないのか?
NO
Q3:回想だとすると未練ぽくてせっかくの
明希との新生活への朔の決意がボケないか?
YES
Q4:死後の世界だとすると、他が現実的なのに
ここだけ妙にファンタジーっぽくなって不統一?
YES
Q5:別腹理論はこのドラマにおいて肯定できるか?
YES
Q6:朔は別腹理論に納得したのか?
YES

結論としてお任せ説。で、死後の再会を選択。

14 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:00:29



















板違いにつき削除依頼よろ













15 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:14:22
私見

Q1:亜紀は死後の世界を否定していたのか?
  不明 理由:否定の言葉はあるが、矛盾する言動も残している。
   ・謙太郎とサトさんの散骨にこだわったこと
   ・ボウズへのテープ「わらわはばっちり聞いておるぞよ」
    これは天国(死後の世界)で聞いているよという意味ではないか。
    もし、生きている人の願い、と言うとらえ方をすれば、 
    ボウズに対して嘘を言うことになるから
Q2:亜紀が死後の世界を否定していた場合、 ラストシーン=死後の再会
という構成はもはやとりえないのか?
 無回答
Q3:回想だとすると未練ぽくてせっかくの
明希との新生活への朔の決意がボケないか?
 YES
Q4:死後の世界だとすると、他が現実的なのに
ここだけ妙にファンタジーっぽくなって不統一?
 NO 理由:第1回のリクエストのメッセージは
  「ありえない」といいながら視聴者に対して
  死後の世界からのメッセージととらえられるから。
  このラジオからドラマ(緒形朔)の行動がスタートしているから
Q5:別腹理論はこのドラマにおいて肯定できるか?
 YES
Q6:朔は別腹理論に納得したのか?
 YES

結論としてお任せ説。で、死後の再会を選択。


16 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:14:29
>>14
板違いではないと思うがもし削除依頼したければ自分でやれよ。

17 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:24:52
>>11, >>14
削除依頼も自分ではせず改行だらけのレスは荒しと同じだよ ゴミクズくん

18 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:37:52

2ちゃんねるは公共の掲示板です。
「使用上のお約束」「削除ガイドライン」および
学問・文系、哲学板というカテゴリーを遵守して下さい。
ルールを守らないスレは、停止・削除されます。

使用上のお約束
http://info.2ch.net/guide/faq.html#B0
削除ガイドライン
http://info.2ch.net/guide/adv.html#saku_guide

よろしくお願いしますm(_ _)m


19 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:41:18
田中角栄の哲学、とか、異色のアニメ作品「火垂るの墓」を考える
がOKで、このスレがNGな理由を書けよ

20 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:49:38
>>18
>>ルールを守らないスレは、停止・削除されます。
>>よろしくお願いしますm(_ _)m

こういうくだらんことを書く前に、どのスレのどこがルールを遵守していない可能性があるのか書けよ ゴミクズくん

21 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:55:29
主な内容が
死後の世界の有無を
ドラマを通じて論議するわけだから
哲学でOKだろうよ。

22 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 00:59:12
この板に来る連中はセカチューとか見てなさそう

23 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 01:05:27
じゃ、この機会にセカチューを見て
見識を高めてもらおうじゃないの。

24 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 01:44:35
この板、IDないから議論しにくいんじゃね。トリップめんどいし。

25 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 01:51:51
>>24
同意
ID出ないからダメだな。

26 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 02:37:25
あのさぁ、ラストシーンから色んな妄想をするのもいいんだけど、
1話から最終話までのセリフやテーマをきちんと追ってみたら?
自由な解釈をするのと、ドラマの流れを無視するのは別物な気がする。

27 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 07:10:32
こんだけ人の生きる意味、生き方をテーマにした話が、
ラストは天国で再会かよwww
夢オチ以下だな。

28 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 09:21:10
天国で再開は稚拙であまりにも少女趣味の締めくくり

29 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 09:55:29
Q4:死後の世界だとすると、他が現実的なのに
ここだけ妙にファンタジーっぽくなって不統一?

の問題ですね

30 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 10:08:20
身体が無くなってもお互いを想う気持ちが強ければ、
何処でも会うことが出来るという、
人間の愛と魂の一体化の話しだよね。
オレ見て感動したよ〜



いま、会いにゆきます




31 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 11:18:47
作品のテーマとかは別にして、
朔は死んだ後の世界を信じてたよ。
「走り終わったそのときに、君に笑って会えるだろう」 って言ってるし。
だから生きてる間は明希とラブラブな生活をして、死んだ後に亜紀と会えるのを楽しみにしていた。
亜紀もあの世はないと思ってたけど、
天国ならあっていいかなぁ〜て思ってて、死ぬ直前まで悔いを残さないように生きたいように精一杯生きた。
だから天国で再会できたんだと思う。

32 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 11:42:55
>>1
2ちゃんねるは公共の掲示板です。
「使用上のお約束」「削除ガイドライン」および
学問・文系、哲学板というカテゴリーを遵守して下さい。

ルールを守らない奴に掲示板を使う資格はありません。

>>19
田中角栄の哲学 → 板違い、未依頼
異色のアニメ作品「火垂るの墓」を考える → スレスト済み

>>21
だったら、重複につき誘導。

死後の世界について
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088138254/



33 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 14:30:03
>>31
ドラマの「笑って会えるだろう」は、人生を全うしたとき満足して
死ぬということでしょう。
ドラマでは死までは描いてるけど、その先は描いてないし描いてはいけないと思います。
このドラマは「生きる意味」または「生きてる意味」を描いてるのであって
誰も経験したことの無い死後の世界を映像にするはずがないと思う。
死後の世界は想像だけの世界だから。
天国で再開すると思うのはドラマを見た個人個人がこうであってほしいと思う
願望に過ぎないのではないですか?
勿論全員が同じように考えてるわけではないし、それぞれが好きな様に
考えいいことですが、それが只一つの正解みたいなレスを見るたびに
違うんじゃないか?と思います。
ラストシーンは朔の心の中、思い出の中にある一番安らげて幸せだったときの
シーンなんだと思いますよ。
亜紀が思い出に成りつつあるという意味のシーンだと思います。

34 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 15:40:49
>>32
このドラマのテーマは
・愛する人との死別はなぜつらいのか
・↑の状態でもあえて生き続ける意味はあるのか
・ていうかそもそも生きる意味とは何か
・死ぬ意味ってあるのか それを求めていいのか
・いわゆる自発的積極的安楽死は善か
・いわゆる別腹理論は善か
等々、たいへん多岐にわたっておりまして
中には哲学的内容のものも含みます。
そして、このラストシーンの意味の解釈は
当然これらテーマと無関係ではありえません。

35 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 15:59:40
おい!夢オチを馬鹿にするな!!
夢は実在するけれど、天国は証明できん。
だから夢オチの方が現実的。

36 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 16:08:47
夢オチが真実かどうかは疑問だが
本放送当時は、ラストシーンに関係なく夢オチでも良いよ。みたいな流れがあったのは事実
そのぐらい視聴者が熱かったって事ですね。
再放送、DVDが初見だと一気に見るから、この心境は理解できないだろうけどね。

37 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 17:35:13
【損得勘定】

死後説の長所:
死長1 朔の脳内ではなく会っている設定なので癒し効果が大きい
死長2 「走り終わったあと笑って会えるだろう」のセリフと整合的
死長3 爺ちゃんの言葉(別腹理論)ともリンクし構成として綺麗
死後説の短所:
死短1 現実路線のドラマなのにここだけファンタジーになって不統一
死短2 亜紀は死後の世界を信じていなかったことと不整合的?

夢説の長所:
夢長1 現実路線で一貫できる
夢長2 亜紀は死後の世界を信じていなかったことと整合的?
夢説の短所:
夢短1 朔の脳内出来事にとどまるので癒し効果は少ない
夢短2 「走り終わったあと笑って会えるだろう」のセリフと不整合的

★「現実の中で解決する」というドラマの解答との整合性について

・夢は現実にあるのだから夢説の方が整合的だよ説(夢派)
・死後の再会はそれで解決したわけじゃなくて、あくまでも
生きてるうちに一生懸命がんばって生きる意味を見出して、
で、そうやってがんばったからこそのご褒美の再会なんだから
別に「現実の中で解決する」とは矛盾しないよ説(死後派)

38 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 17:42:33
わたしが思うこの作品のテーマは、
生きるということは、どんな辛い状況に置かれても、
希望や目標を持って最後まで生き続けなくてはいけない。
それが生きている証だから。

だから「走り終わったそのときに、君に笑って会えるだろう」 は希望や目標だから死後の世界はあった。
だから天国で亜紀に再会出来たんだと思う。

39 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 17:53:58
朔の臨終の瞬間で、最後の夢じゃないだろうか。
人生を走り終えたところに亜紀が現れ、
亜紀と一緒に死へ向かうというイメージ。
死後の世界ではなく、死の間際の夢の世界。
こうありたいと願った夢。
最後の幸せな夢。

40 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 18:07:44
夢か… 現か… 幻か…

今わの際に
松本朔太郎
の見た風景



41 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 18:11:32
あのさぁ、天国でも願望でもどっちでもいいんだけど、
「何故そう思うのか?」理由を書いてくれない?
今更「あれは天国で〜」とかラストシーンの描写を書かれても議論にならないんだけど。
言ってる意味わかるよね?

42 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 18:57:59
>>41
大体対立状況としては>>37なのでは

43 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 19:12:35
>>42
ゴメンナサイ>>37は何が言いたいのか良く解らないんだけど・・・
なんか、木を見て森を見失う、本末転倒な気がするのは私だけ?

44 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 19:15:06
>>43
長所=理由
短所=批判
とでも読みかえて。
本スレで出て来てた理由や批判をまとめたもの。

45 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 20:48:04
ドラマは、朔が立ち直った時点で終わってるんだよ。その後の大人になった智世とか
坊主とかラストの再会のシーンとかは、ドラマの続きじゃないんだよ。
エンディングの歌の後だろ。大体あれは誰の目線で表現しているんだよ?
朔か?亜紀か? 違うだろ。物語後のそれぞれがこうじゃないかな?こうあって欲しい。
とかいう第三者の願望や想像だろ。

46 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 21:23:02
このドラマでテーマ上のポイントとなっているのは、
”絶望の位置づけ”だと思う。
確かにサクは立ち直った、でもここでいう立ち直りとは、
人としてあるべき生き方を取り戻した、といったことでは決してない。
サクは人間らしく生きてきた、17年間、誰よりも。
ただ、そのことを自分で気づかずにいたのだ。
小林明希や一樹の前で笑顔を絶やさなかったとしても、
心の底からから笑ったことはなかった。
でも、エンディングの堤防でのサクの笑みはどうだろうか。
『ソラノウタ』によって亜紀の死の意味を示されたとき、
同時にサクは、自分のその17年間の意味を知ったのだと思う。

47 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 21:27:04
>>45
おれも近い感想。
ドラマスレのいくつか前に書き込みをした。
このラストシーンは
@過去の思い出
A今朔の夢
B走り終えた(死んだ)ときの再会
で、Bが回答として多かった。

で、なぜこういう書き込みをしたかというと
おれは、死後再会説を支持しているが
どうも納得がいかなかったのよ。

で、今の考えてるところは
本編は緒形朔の散骨で終わり、
エンディングタイトルもすべて終了してからの
1シーンだから本編のリアル路線は
終わっているのではないか?
と思っている。


48 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 21:56:38
表面的には明るかったりコメディタッチだったりするけど
智世とスケちゃんを安易に一緒にさせたりはしないとか、
結局はこのドラマは徹底的に現実路線で辛口だよねぇ。
主題歌もメロディはすごく明るいの歌詞は切ないし。
羊の皮をかぶった狼つう感じ。w

やっぱこのドラマのテーマは>>38さんとかぶるけど
「人生必ずしもみんな第一希望通りにはいかないけど、それぞれ
与えられた場で希望を見つけてがんばるのもけっこう(・∀・)イイ!」
みたいなモノだと思うよね。

そういうテーマや全体の流れから見ると確かに
死後の再会説はちとアレなんだよなあ。
ただ、自分は最初あれを見たときに直感的に
死後の再会だと思ったんだけど、そのときの感動は
ちょっと筆舌には尽くしがたい。人によるんだろうけど。

だからどうとでもとれるようにぼやかして撮ってくれたのはありがたい。

49 :48:2005/04/25(月) 22:02:08
あ、よく見たら>>38さんとはテーマの捉え方微妙に違ったかも。

50 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 22:03:08
小説にしろアニメにしろ映画にしろ
名作と言われる作品は
ラストシーンの感動が不可欠なんだが
このドラマはその常道をいっている。

また、いずれの名作もその解釈が
別れるというのも常道。

このドラマが名作たるゆえん。

わたしは死後の再会を
最初の直感を信じて
支持したい。

51 :夢・熟睡中:2005/04/25(月) 23:28:08
夜な夜な骨とセクースする名作「牡丹灯篭」の
要素を入れてほすぃかった。

52 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 01:23:25
あのシーンが無かったら、結局別の相手と幸せになって亜紀が消えていく感じがして
ドラマにはまってた俺は嫌な気持ちになったと思う。
あのシーンのおかげで悲しい中にも爽やかな印象をもって番組を見終われたよ。

ちなみに俺はサク死亡後の再会と思いたい。
ファンタジーでもいいからある種のハッピーエンドみたいなのがいい。

自分でも何書いてるんだかよくわからなくて纏まり無い文章でスマンorz

53 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 10:47:29
亜紀が死んで17年間苦悩したけど気持ちを整理すると結局
「亜紀と過ごした時間は幸せだったんだよ」に辿り着いた
というのがラストシーンだと思います。

54 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 17:00:07
そもそも、天国なんて無いよ。
誰か行ったことあるの?

55 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 17:08:11
>>50
ラストシーン初見のとき私は疑いもなく朔の夢だと思いましたよ。

56 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 18:11:13
天国、死後の世界がある、ないという話になるとキリがない。

朔が、「走り終わったその後に、笑って君と会えるだろう」とナレーション
を入れてる所から、自分の人生を走り終えたら、笑顔で亜紀と会いたい、という
朔の死後再会の願望(夢)を表してると思います。

57 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 18:51:09
エンドレスで一生やってる気かよ?

58 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:31:15
亜紀は、あの世なんて無いという主張を終始一貫しているのか?
もしそうなら、息を引き取る間際の”ウルルに・・・撒いて・・・私”は
どう説明したら良いのか?

59 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:41:11
亜紀が「あの世は無い」と思っていたら、あの世は無いの?
「あの世は有る」と思っていたら、あの世は有るの?



www

60 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:43:25
>>58
あれは亜紀の最後の願い(想い)だよ。
臨終の亜紀をそこまでいじめるなよ。

61 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 21:25:32
あの世で亜紀に会えるというなら、小林明希はいない方がよかった
サクには一生独身を貫いてほしかったよ

62 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 21:39:27
>>61
死んでみたら、あの世が無かったらど−すんのさ?

63 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 21:59:16
でも、ラストシーンの海を見つめる亜紀の表情って、
なんか意味あり気な感じを受ける。
朔が思い浮かべる亜紀の姿というより、
明らかに亜紀自身の主観・感情がある様に見える。

気のせい?



64 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:04:16
>>61
だよね。>>56というふうに、新婚当初からいきなり
死後の亜紀との再会を夢見てるようじゃちょっと。。

> Q3:回想だとすると未練ぽくてせっかくの
> 明希との新生活への朔の決意がボケないか?

てことだね。その点でちと夢説も弱点あり。





65 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:12:09
>>64
あのさぁ、水を注す様で悪いんだけど、
それは単なるお節介なのでは?

66 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:13:42
朔の最後のセリフの一部

「走り続けるぼくたちの足跡は君がいた証だから。」

この場合のぼくたち=朔と亜紀

つまり新婚の時から朔は亜紀を
忘れていないですね。
当たり前の話ですが。




67 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:38:39
>>66
でも、その亜紀は、”恋人としての亜紀”じゃないと思う

68 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:48:15
明希も了承済みだしな。
っておい、ラストシーンと関係ないだろ!w

69 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:07:38
みんな、綾瀬亜紀を愛しすぎ。
だから、せめて死後には朔と亜紀が・・・
なんて、二人の幸せ祈っちゃうのでは?
でもここは飽くまで哲学スレ。
自分の願望とは少し距離をおくべきかと思ふ。。

70 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:15:24
板違いにつき誘導

世界の中心で、愛をさけぶ Part63
http://tv7.2ch.net/test/read.cgi/tvd/1114065044/l100

71 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:19:51
亜紀を愛してこそ成り立つドラマつう面もあるからな。
しかし他方で感情移入を促す徹底したリアリティあってこそのドラマでもある。
その葛藤がこのラストシーン問題とも言えるわけだが。

72 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:31:14
移転しますた

セカチュードラマ版ラストシーン研究所
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/denpa/1114525407/

73 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:34:40
これは朔太郎と亜紀をめぐる実存主義的ドラマです!

74 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 23:50:12
まちがいた
こっちです

セカチュードラマ版ラストシーン研究所
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/yume/1114526825/

75 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)