2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

デカルト以前の哲学書読む必要あるの?

1 :初心者:2005/04/26(火) 19:13:40
所謂哲学史家って人だけがデカルトより前の読むんだろ?
普通に教養やより深い哲学の理解を普通に求めるなら
現代人が読む必要性があると言えるのはライプニッツとか
ヒュームとかカントとかスピノザらへんから以降じゃねぇの?
デカルトより前って、歴史的な意味以上の何かがあんの?
なくね?

2 :初心者:2005/04/26(火) 19:16:39
まぁ百歩ゆずってプラトンとアリストテレスくらい?
それだって聖書読むようなもんであって、思想の起源みたいな
の以上の意味ないと思うんだけれど。
半分トリビアみたいな。

3 :初心者:2005/04/26(火) 19:23:09
えぇと、以前なんて言ってますがデカルトは読む必要なしではなく
あると思いますんで、なんか変になっちゃった。
デカルトより前の〜ってすると長くなるから面倒くさくなり「以前」と
しました。ごめんなさい。

4 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:24:17
http://itpro.nikkeibp.co.jp/NIP/nip04_bn.jsp?BN=Y&OFFSET=1

5 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:27:39
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876981086/

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000003313/

6 :初心者:2005/04/26(火) 19:32:44
何がいいたいのかよくわからんです。

7 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:39:25
必要ってアンタ、
自分の問題意識にとって必要ない人は、ヒュームもカントも要らないよ。
問題意識があいまいなやつだけが、やみくもにビッグネームをあさるんだよ。

8 :初心者:2005/04/26(火) 19:41:36
んじゃ問題意識があれば、古典を読まないと得られないものもあると?

9 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:47:12
たとえば、ハイデガーでもプラトンでもいいが、気に入ったやつを勉強すりゃいいんで、他のやつを読む必要は、そのなかで自然と、必ず出てくるんで、そんとき勉強すりゃいい。デカルト・ヘーゲルくらいやっとかなきゃ、とか、脅迫観念もつ必要はまったくない。

10 :考える名無しさん:2005/04/26(火) 19:50:07
>>1
俺も同じような事考えてたよ。
文学なら教養として昔のものを読む意味は
あると思うんだけど。

11 :初心者:2005/04/26(火) 19:53:45
>>9
デリダ読もうとしたらどうやらフッサール読まないとまずいらしい、ってんで
フッサール読もうとしたんですけれど、そしたらデカルトやカントやヘーゲルも
やっとかないとわからないってんで、このままずるずる行くと永遠にデリダにまで
戻れないような感じがしたんで。
僕も必要性で読むんだと思うんですけれど、今の哲学は当然のように一定の
常識的教養を求めてくるので、どうしたらいいかなーと。

>>10
それはそうだと思います。
教養じゃなくても、面白いものはあるようだし。

12 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 19:55:52
おまえ、古代を引用する現代の哲学者が、単なる格好つけでやってるとでも思ってんのか?

13 :& ◆R7PNoCmXUc :2005/04/26(火) 19:59:04
とりあえず哲学史にはちゃんと「虐殺」されとくべきだろぉ。

14 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:03:00
なんでデリダ読もうと思ったんだ?

別にプラトン読もうと思ったっていいじゃんか。

15 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:03:11
今の哲学は当然のように一定の教養

教師がうるさいのか?でもそれは二次的につきあってりゃ十分だよ。自分の問題追究を妨げない程度に。

16 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:04:59
ちなみにフッサール読むんなら、
フレーゲやボルツァーノやロッツェのほうが
ヘーゲルよりは大事だと思うぞ。

17 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:06:32
1はj本当に哲学「史」家について言いたいのか?

歴史の記述なんだから「これ以前は要らない」
なんてことは生じないと思うんだが。

18 :17:2005/04/26(火) 20:08:06
あ、誤読してた。スマソ。

19 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 20:23:37
ある問題に関して「最初に議論した人に立ち戻らねばならない」という思い込みがあるとしたら、それはこだわらなくていい。
「これはプラトンがすでに言っている」「それはカントの繰り返しにすぎない」
と言われた場合、確かにそのとおりではあっても、
単にそれだけのことにすぎない、とも言えるので、気にする必要はない。


20 :初心者:2005/04/26(火) 21:45:47
>>12
よくわからないというのが本音です。

>>13
どういう意味でしょう?

>>14
現代思想を知りたかったというのが一番だと思います。
文学がもともと好きだったので、どういう風に考えていくのか
っていうようなのを。

>>15
いえ、単に読んでてわからないのは、わかってるという前提で
論理をすすめているのかな、とか。

>>16
そうなんですか?
フレーゲしか知らないですわ。
でもフッサールはデカルトに強い関心を持ってるみたいだし
読んどかなきゃあかんのかな、とか。

21 :ローカルルール審議中:2005/04/26(火) 22:08:20
確かに固有名詞が多いけど、それ脇にいったん置いても疑問を取り出せる。
アリストテレスでも、出てくる固有名詞をいちいち気にしてると、大変な勉強になっちゃうし。

22 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 02:33:23
孔子をよもうではないか。
私達と西洋哲学より近い、気がする。

23 :ローカルルール審議中:2005/04/27(水) 03:22:08
えっ、なんで、孔子?
デリダはどうなる。

24 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 21:18:34
老荘思想の方が好きかも

25 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 19:26:40
>>22
プラトン・アリストテレスの系譜の人たちの方が
孔子の系譜の人たちより
親日的。

26 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 20:26:39
で、結局デカルトより前の哲学者はアリストテレス・プラトン以外
シカトの方向でOK?

27 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 21:00:29
ギリシャ神話読まなきゃ現代思想ワカナラクネ?

28 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 21:03:31
>>27
ギリシャ神話は哲学書じゃなかろう。

ところでギリシャ神話が必須な現代思想ってなんだろう?
現代思想に詳しくないので純粋な疑問なんだけど。

29 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 00:41:19
いや、ギリシャ神話そのものが必要というより、意味もなくギリシャ神話の神にたとえてたり、
エピソード引っ張ってきたり、なんかわけわからんのが多い。

もう、開き直って日本の思想家もやればいいのにね。
ヤマトタケルコンプレックス。アマテラスオオミカミ現象。アマテルクニテルヒコアメノホアカリクシタマニギハヤヒノミコト病理みたいなの。
これですごい業績ができたら、海外に翻訳されるわけ。
Amaterukuniteruhikoamenohoakarikushitamanigihayahinomikoto-Syndromって。
一番長い英単語のできあがり。

30 :ローカルルール審議中:2005/04/29(金) 13:57:48
>ギリシャ神話が必須な現代思想って

必須とかガリ勉くんみたいな話じゃなくて、ギリシャ神話が、現代思想にとって、破天荒に訴えるパワーの源の一つになっているんじゃないの
結局、文化を体得してる人は強いし

31 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 23:26:58
>>29
Am-Syndromって略される罠

32 :bbs:2005/06/08(水) 12:53:49
発生論的に人間を捕えるには神話研究などもいいと思います。
哲学書ではもちろんありませんが、人間の根源的認識についてあれほどうまく書かれたものもないと思います。

33 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 13:19:08
まあオイディプス知らないでフロイト礼賛してる奴もフロイト批判してる奴も
普通に多いわけだが

34 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 23:13:02
デカルト以前で言えば、個人的によかったのはエピクロス。

35 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 23:54:57
プラトンの「国家」とか、為になると思うけどね。
現代社会は個人主義の限界に達してると感じる。
今、見つめ直さなければならないのは、現代思想ではなく、古代ギリシアや
中国の春秋・戦国時代の思想だと思うなぁ。
とにかく、現代思想は、ある種、行き詰っている。
昔の思想を毛嫌いするのは良くないねぇー。

36 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:11:10
社会によって人と人との間が
分断されちゃってるよね…

37 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:13:55
「荀子」いいよ

38 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 07:09:15
自分の目を通して、自分自身や社会をみるだけならどんなものだって
参考になるところはあるだろうけど、人となんらかの共通点を持って
話をするためには、どうしても特定のものに限定されるよね。

39 :考える名無しさん :2005/08/30(火) 14:43:54
>昔の思想を毛嫌いするのは良くないねぇー

毛嫌いしてませんよ
プラトンの国家も、幅広い話題、鋭い指摘を含んだ本だしね
(あれを政治論としてしか読まない人がいるとしたら、偏った評価しかできないと思う)
ただ、社会的/政治的関心が強い人だと、古い時代のものも比較的目が向きやすいけど
論理的/科学的関心の強い人だと、できるだけ最新の知見から勉強しようとするのは自然なことだと思う

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)