2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

恋愛とは何か

1 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 21:50:28
いったい恋愛とはなんなのでしょう!リビドーの一形態?

ちなみに女人禁制です。

腐女子・ウザい女2ちゃんねらのガイドライン12
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1111236063/

2 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 21:53:36
自分以外と何かを作る最小の単位だ

3 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 22:17:35
なが〜い 勘違いです

4 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 23:12:08
どう違い、何だと思うのか書くのだ

5 :考える名無しさん:2005/04/27(水) 23:33:35
女人禁制ていいね。流行るかも。

6 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:23:34
動物って恋愛してるのか?・・・おそらく、してないよな。
でも、恋愛はしてなくとも、生殖活動はする。つまり、性欲はある。

人間は恋愛をする・・・知能が高いから、と言うかもしれないけど、
知能が高いからといって何故恋愛をするのだ?
そして現代では多くの場合恋愛の末に結婚が待っていて、
結婚は生殖につながる・・・。結局、人間の恋愛感情も
結局は性欲の1つのプロセス、または1つの性欲なのか?

7 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:45:31
恋愛など互いの思い込みのぶつかり合い。
思い込みの激しい奴ほど激しい恋をする。

自分の主観による思い込みで、相手を都合の良い様に錯覚し惹かれ合う。
思い込みの激しい奴ほど熱し易い半面、覚め易い。
当たり前、それは自分の主観による思い込みの錯覚なのだから。

しかし、人間は激しい恋を良しとし、それに憧れる。
それは逆にいうと覚め易いということには目を向けないで・・・
実は、激しい恋をしている奴ほどバカなのさ。

8 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 00:50:30
「現実の相手」に恋してるんじゃなくて、「自分の想像した相手」に恋してるんだよね。

恋愛は、俗世では褒め称えられている。
しかし、なんでそんなに褒め称えられるのだろう?
恋愛って言うのは、そんなに素晴らしいものなのか。
昨今の恋愛至上主義は、果たしてどうなんだろう?
恋に恋しているような状況って、倒錯じゃないかね?

もてないヤツの僻みと言う非難を受けるかもしれないけど、
それとは関係なく、普通に疑問なんですよねー。

9 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 01:08:30
なんで女って恋愛話が好きなんだ?

10 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 01:18:50
生殖は女性の存在意義の多くを占めているから

薬も使わないでハイになれるんだし実害もあんまりないし
いろんな面でやる気もでてくるよ
成就すれば終わっていくものだしね
いい恋愛ならどのような結末でも成長できるはず

11 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 01:22:52
その前に男らしさを定義してみろ。

12 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 01:57:36




固苦しい恋愛スレ w


13 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 02:15:16
恋愛を諦めた童貞達が恋愛を語るとはなんとも非生産的w

14 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 02:15:58
>>9
女に聞け。

15 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 02:40:47
恋愛について知りたいならどんどん恋愛をするしかない。
そうすればある程度女が分かってくる。

16 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 03:14:35
>>15
なんか・・・陳腐なレス。

おまいら哲板住人だろ?しっかり汁!

17 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 03:40:25
まずは「恋愛」を定義しようや。

18 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/04/28(木) 09:00:57
愛とは人間の弱さが表す現象であり、その愛は対象によりかわる。
相手を性対象に見れるなら恋愛(同性愛も)に、お互いを理解しあえるなら友情に、尊敬やある意味での信仰対象なら家族愛、師弟愛に。
この中で一番相手との距離が近いのはもちろん恋愛。他の愛と比べ深い分、傷つきやすく、壊れやすい。そして一番表に現われる。
そして今あげた恋愛はたがいに何%かで交ざりあう。その%の割合で一番をしめるのがあなたの「愛の形」
この恋愛というものの法則を見つけようとするならばまずあなたの恋愛を知る必要がある。割合で法則が違うからだ。
性対象恋愛ならば【自由と束縛の法則】
友情ならば【信じるという法則】
家族愛、師弟愛ならば【理解の法則】
何故このような法則になったかというと、人の愛は深いほど、理解→信じる→独占と自由さ。を求めていくからだ。
って似たスレに書いたんだが、ここから反論なり追記なりしていかないか?

19 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 13:48:37
>>18
いいよ。

まずは、
>相手を性対象に見れるなら恋愛

これは果たしてそうか?

20 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/04/28(木) 16:14:10
>>19
よし、
まずそれだが、まず全てに共通するのは「大事さ」だな?愛とは大事さと言っていい。自分がその対象をどれだけ大事に思うか。
そうなると、人間は欲深いもので、どんどんエスカレートしだす。
その順序が、【相手を知りたい】→【お互いを分かち合いたい】→【一緒にいたい】→【もういっそ、一つになりたい】となる
そこで相手を大事に思いすぎて、究極の愛欲の気晴らしとは「性行為・SEX」なんじゃないか?
文字通り、「一つになる」って事なんだから。違うかな。

21 ::2005/04/28(木) 16:23:35
恋愛は無い



22 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 16:36:18
>>20
まず、「愛」だが、愛と「欲」はむしろ相反するものではないか。
「愛」と「恋愛」はイクオールではない。
「愛」は見返りを求めないものだと思うが、どうだろう。
それから「愛」は「大切さ」とのことだが、特に大切とは思わない対象物
に対して発生する「愛」はないものか?

23 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/04/28(木) 16:41:42
>>22
>「愛」と「恋愛」はイクオールではない。

=っつーか【愛という袋に恋愛袋や友情袋や師弟愛、家族愛袋】があってそれぞれの袋にもまた色々入ってるみたいな?

>それから「愛」は「大切さ」とのことだが、特に大切とは思わない対象物に対して発生する「愛」はないものか?

それは面白いが今はないと思うよ。何かの裏付けで【大切】となるだろうし。

24 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 18:25:09

「愛」とは人間関係を崩壊させないために、あると信じたいものであり

「恋」とは人間関係を崩壊させないために、忘れようとするものである


25 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 20:51:18
「愛」は行動であり、「恋」は思いである。

26 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 21:00:52
恋は感情で落ちるもの、奪うもの

愛は意志であり、与えるもの

27 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 21:17:54 ?
おまいらのは熱病


28 :考える名無しさん:2005/04/28(木) 21:18:58 ?
漏れらのは信頼関係、ま、WindowsNTみたいな関係。w

29 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 17:15:41
彼女と別れ話になったときは、自分で話している内容が、
普段自分と話している内容と論理的にかなり破綻しているのが、
自分でも感じられたよ。いやぁ、私もまだまだ青いな。

みんなは彼女と哲学どっち取る?

30 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 17:30:25
恋愛から疎外されたキモヲタが哲学に走る。

31 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 17:37:35
恋愛から疎外されるとはどういう状況のこと?

32 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 17:57:54
>>29
もちろん彼女。

飯と哲学でも飯。
哲学と哲学でも彼女。

33 :考える名無しさん:2005/04/29(金) 23:45:46
愛はその根底に差別的要素を含んでいる
そして、愛とは己を正当化するための手段でしかない
どのような差別も愛の前でこそ堂々と正当に差別できる
愛を感じた相手に対して生まれるのはただ全てを対象にした差別感情のみである
これが差異にならないのは愛への道は全て負の感情へと繋がるからだ

34 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 00:22:21
>>33
はやく恋人を作りなはれ。


35 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 05:18:19
恋愛は動物的本能

今日も多くの動物さん達が求愛行動や交尾を繰り返しております

36 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 05:19:27
つまり
恋愛感情=性欲

37 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 06:23:31
↑それは真理

38 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 14:11:44
やっぱり性欲、生殖欲の流れなんだろうねぇ。

39 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 14:55:11
いや、イクオールでは結べない。
恋愛感情を持っていてもセックスしたくない相手っているよ。

40 :考える名無しさん:2005/04/30(土) 15:56:45
それは単なる思い込みまたは倒錯では?
そうした変種はともかく、元々、本来はどーゆーもんじゃろ。

41 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 00:02:37
恋愛なんて人それぞれ違うだろうよ。

などと言うお寒い思考は無しでお願いしますよ!

42 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 00:05:27
童貞ですが
セックスしたくてたまりません
でもこの年で童貞だと今更異性にぎこちないセックスを
見せたくないという思いもあります
この一年で3人の女性から告白されましたが興味がないと言って
拒否しました。
でもセックスがしたいです。
欲求が恥ずかしさに抑圧されているのです。
でもアダルトビデオは好きです。

これを哲学で説明して下さい。

43 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 00:20:10
ほほう、これは大した才能だ。

44 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 00:31:47
>>42
告白してきた女性にさらっと言ってみるとか?
それで女がひいたら、「ウソだよ」といい、その相手を断る。
やさしく受け止めてくれたら迷わずGO!
高齢童貞に安心する女もいることはいる。

45 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:10:17
>>44
21です

46 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:29:49
>>45
全然オケーイ

47 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:34:10
>>45
学生か?
とりあえずカント3批判読め
基本

48 :考える名無しさん:2005/05/01(日) 01:45:08
>>47
一万円札の大学の経済学部4年です

49 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 02:20:44
岡崎律子さんが作詞作曲した「fay」の歌詞(できれば曲を聞いてほしい)に愛とは何かを感じた
この曲こそまさに「無償の愛」を歌っている

岡崎さんは去年若くして病死してしまった


fay

お願いはひとつ
力になりたい
みつけて 今は
私についてきて
優しさは なによりも素敵なgift
I don't ask for any rewards
Because of only love

すべてを許そう
好きなことをして
みつけて そうよ
あなたのありのまま
その笑顔 なによりのウレシイgift
I don't ask for any rewards
Because of only love

その笑顔なによりのウレシイgift
I don't ask for any rewards Because ...
青空よ! ほら、見て 素敵なgift
求めない なにひとつも
Only love

50 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 06:22:20
>>49
そんなのはどうでもいいとして

>>48
慶應?

51 :元美 ◆J0JpeEYsvI :2005/05/02(月) 08:23:46
この世に無償の愛なんてあるの?
俺が思うに恋も愛変わらないと思う。


52 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 08:53:17
好きな人がいるんだけど、彼女と付き合いたいわけでもないし、結婚したいわけでもないし、
セックスしたいわけでもないけど、これって恋愛?

53 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 10:35:27
>>52
プロ野球選手が好きとかわらんだろ。

54 :52:2005/05/02(月) 14:09:08
んなこたぁない。
憧れてるわけでもないし、遠い存在と思ったこともない。
ただ、付き合ったりセックスしたりする意味を見出だせないだけ。

55 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/05/02(月) 21:13:22
>>54
それがあんたの愛の形。
家族愛、師弟愛などに近いな。

56 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 23:31:22
愛っていろいろ、人それぞれなんだなぁ


ーーーーーー終了ーーーーーー

57 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 23:50:07
人それぞれとか、そんなんどうでもいい。
恋愛の本質って何だろう。

58 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 23:54:59
性器友達という新しいジャンルもあっていいんじゃないか。

59 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 23:57:38
恋愛はチンポとマンポの間に起こる魔法だよ。

60 :diede:2005/05/03(火) 00:17:49
おれは恋愛とは
普段自分の中の主役は自分なのだか.ふとしたことでその主役が変わることを恋愛と言うと思う

61 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 08:24:11
恋愛とは子孫を残すための遺伝子による詐欺である。


62 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:40:56
性衝動の一つ

63 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:48:31
恋愛は人間の「絶対」や「永遠」への超越志向を去勢するための装置。


64 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 17:56:57
>>51
「無償の愛」ってのは、意識的に他人の為にしてあげているというものではない。
だんじてそんなものではない。
意識的に「自分のことは置いておいて、他人の為にしてあげる」
↑こんなものは無償の愛でもなんでもないのだよ、こんなものは奇麗事、
意識的にこんなことをしているというのは、突き詰めれば、どうやっても、
最終的に自分への見返りを求めていることに到達するのだよ、
「情けは人の為ならず」ってやつだ、最終的には自分への見返りを求めているから、
そんなことをするのさ。従って、これは無償の愛ではない。
悪く言えば偽善なのだ。

「無償の愛」ってのは、他人の為にしてあげるなんて意識なんざしていない、
自分がやりたいことをやっているだけ、
自分が自分の為にやりたいことをやっているだけってのが、
どういう訳か知らぬ間に、他人の為にもなっている、
そういうものを感じた他人は、ああ、あの人から無償の愛を受けたんだと感じればいい。
それが無償の愛だ。

親が子供の世話をするのは、親がそうしたいからするのである(通常はな)。
最近では異常な親も多いだろうから、例外も多いだろうがね。

65 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:47:44
今の世の中に一般的に溢れている、愛や恋は、
無償の愛のことを指していない。

愛されたいから愛する、見返りが欲しいから愛情を与える。
今の世間に溢れているものは、そんなもんだ、
そして、そんなもんが素晴らしいものであると思い込んでいる、
エゴとエゴのぶつかり合いだ、世の中バカばっかり。
そんなものなら、無い方がまだましであるのに。
そして、そんなもんであるが故に、最終的には結婚という契約を結ぼうとする。
互いが「無償の愛」どうしで、寄り添っているのであれば、
結婚と言う契約なんざ必要としないのさ。

66 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:55:33
おいら、結婚しねぇー。

67 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:58:13
>>64-65
確かに無償の愛なんていうのは奇麗事だ。
ただ、エゴイズムが意識下に沈んで、
見かけ上無償の愛に見えることは良くある。
まあ、そんな愛も結局はエゴイズムから生まれたものだけどね。

しかし、馬鹿な人間、特に女は奇麗事が好きだからなぁ。
昔の恋人に「私がお前を隙なのは、全て自分のためなのだ」と言ったら、
なんだか嫌そうな反応をされた。ああ、聖なる単純!聖なる無知!

68 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 19:34:37
恋愛とは人間にとって最も観念的精神活動である
観念論は人間にとって最も欲動に近い理論であり
理論と理性の境界線上に成り立つ
恋愛は理性と欲動の境界線上にある
ということは
       観念論ー理性ー(恋愛)ー欲動
と言う構図となり
恋愛は理性と欲動の力関係にのみ影響を受け
観念論(理論)は恋愛に対しては無力であると言える。

69 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 08:50:47
恋愛とは永遠の誤解だろう。

70 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 12:14:35
誤解は永遠に続かない、正気に返ったとき分かれるのが自然。
しかし、人間世界では一時的に誤解によって寄り添った二人を、
誤解のまま結婚という契約で縛ってしまう、
その後、正気に返った時、苦悩するのである。


71 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 12:26:34
男はその女に入れたいから入れる。
女はその男に入れられたいから入れられる。

お互いにやりたいことをやりたいのだ、
そのお互いの気持ちが自然に一致した二人が寄り添う。
恋愛の根底にある基本的なモノはこれだ。

72 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 13:54:10
じゃあなんで入れたい、入れられたいんだよ。

73 :阿弥陀:2005/05/07(土) 13:59:32
粘膜の接触により
ウイルスのやりとりを行い
意識の一体化を目指している

74 :ごくせん:2005/05/15(日) 17:26:42
ハンパな気持ちで人を好きになってんじゃねーよ!!

75 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 17:55:35 ?
熱病と信頼関係、で何か問題でも?・・・

76 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 18:09:47
ヒトの繁栄の為の、巧妙な罠

77 :聞きかじりの素人:2005/05/25(水) 23:34:14
無償の愛とは無私の心、有償の愛とは自我の心、無償の愛はイデアに通じ、有償の愛はカオスに通ずる。
だからこそ無償の愛は秩序たりうる。そして有償の愛は混沌になりうる。
コミュニケーションとは、最終的にはエントロピーの果てなき増大にいたる。
その中に、秩序をいくらか投げ込んでも無駄なのかもしれない。
確かに、有償の愛は確かめる気持に通ずる。
コミュニケーションとは、あいまいな混沌さであり、秩序を通すことも必要となる。
フラクタルな理論のような、精緻な美しさは、残念ながら有償の愛には宿らないのかも知れない。
可能性を信じる心はイデアとなる。可能性を削ってゆくことが、大人となることだとするならば、
それは人としての試練だろう。
素人の考えです。
検証してください。

78 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 22:02:13
  

79 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 22:09:54
>>76
罠とな。人の本質だろ。


80 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 22:13:09
H


81 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 15:02:13
生殖衝動

82 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 16:22:26
恋愛とは変わった愛のこと、変しい、変しい愛子様へ。

83 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 16:28:30
まず性欲があって、その上になんかがある。その両者を合わせて恋愛。

84 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 22:16:24
プラトニックなやつが恋愛だ

85 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 04:09:10
still

86 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 04:38:25
むしろsteal。
ただし第3者からでなく相手のハートを。

87 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 06:56:28
プラトニックラブにはまず、肉体を意識しない程に健康な肉体が必要である。


88 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 07:26:41
はい、はい

89 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 08:26:39
プラトニックと言えば
騎士道で行っとこっと
巡り巡って 逆に新しい


90 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 13:14:28
 恋愛=性欲?
確かに一面ではそうだけど、この公式ではそぎ落とされているものがあまりにも多くない?
一緒にいるだけで楽しいとか、たわいもない話ができただけで有頂天になるとか、笑ったり泣いたりとか
受け入れたり拒絶したりとか、そういうものは恋愛の外に放り出されていいのかな?

 あと恋愛=虚構とか言う意見。
これも確かにそういう一面がないわけではないけれど、そもそも「相手そのもの」なんてものは
私たちの理性が捉えられる範囲の外にあるはずでは?だから「恋愛」だけが虚構に彩られているわけではないでしょ?
それに、むしろ「恋愛」では「相手そのもの」には到達し得ないという「限界」があって
その「限界」がゆえに相手と「一体」になりたいという切実な「願望」が発生するのではないですか?
だから「恋愛」はすべては虚構、すべては無に帰す、すべてはむなしいというようなニヒリスティッシュな思いの
その先にある「たとえそうであっても」という、ほぼ「語りえぬ」領域の問題だと思うんだけど・・・。

91 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 13:24:21
恋愛ってあれだな、
恋愛をしている当の本人たちにだけわかるものなんじゃないかな。

で、恋愛期を過ごしたあとの人たちは想いだすことだけができて、
想いだすそのつど反芻するようにして恋愛の気分をいくぶん味わっているという。
そんな曖昧なもの。

92 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 13:30:31
>>90
性欲からあなたの挙げるその他のものが生まれてくるのだと思うけど。

93 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 13:47:12
>>92 
 たとえばそれは料理を栄養素に還元することに似ていると思うけど。
食事の楽しみとか、彩りとか、目の前にある料理の思い出とか、すべて栄養素に還元できる、
と強弁することは不可能ではないだろうけれど、料理を栄養素に還元してしまったとき
失っているものがあるのではないか、と思うのです。

 たとえば性欲の発露を拒絶されたときなんかは、恋愛=性欲の図式で行くと
恋愛に含まれないわけでしょ、それは重要な行き違いでこういうやり取りも「恋愛」は
という場に含まれるべきだと思うんだけど。


94 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:27:36
恋愛とは、
世界で最も強力な誇大広告のもとに流通する商品ではあるまいか?

また騙されるに決まってる、と心のどこかで思いながら、それでも

95 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:30:27
>>93
料理を栄養素に分解した際に失っているものって具体的に何?

96 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:35:15
>>95
横レスだが、

>食事の楽しみとか、彩りとか、目の前にある料理の思い出とか

これが、その失ってるものなんじゃないの?


97 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:50:09
>>90
恋愛はまず性欲がないと恋愛そのものが成り立たない。
その意味で成人の恋愛と幼児の恋愛は違う。
性欲から恋愛って言うものが生まれて、
「人間がそこに何を見出すか」ということになる。
恋愛にまつわる種々のことっていうのは、人間がそこに見出したもの。
だから、恋愛は性欲が基になっているといっていいのではないかな。

ところで気になったんだが・・・じゃあ、幼児の恋愛って一体何?

98 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:52:20
>>95
 たとえば料理を栄養素に還元することが可能でも、栄養素の羅列から
料理に逆戻りすることは永遠にないのではないでしょうかね。
だとしたらそこで失っているものも(要素に還元できないとしても)
料理の重要な一側面として考えるべきなのでは?

99 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 14:57:05
>>98
栄養素というのが適切かどうかは分からないが、料理の構成要素が無いと、
味も色もないんじゃないかな、と思うわけですが、いかがでしょう。
ついでに料理を栄養素に分解することと恋愛の基礎を性欲に求めることは
ちょっと違うように思うわけですが、どう説明したらいいか分からないな。
だから、料理の思い出に関してもなんとも云いがたいねー。

100 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 15:01:15
>>97
 幼児の恋愛こそ性的でしょ。よく隠れてキスしたりしてるはずです。
そういう意味では恋愛が性欲と密接に関係しているというのは間違いないけど…。
 幼児の恋愛が大人の恋愛の劣化コピーだとしたら、恋愛=性欲とか、性欲中心の
恋愛観というのは「幼い」といえるのかも。
「それだけじゃない」ということを排除しようという姿勢において。

101 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 15:05:25
劣化コピーというか、異種のもののように俺は思うけどなぁ

102 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 15:05:45
>>99
 栄養素を構成要素に切り替えたら結論も切り替わるでしょうね。

103 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 15:17:13
ロマン主義的恋愛はキリスト教圏のヨーロッパ貴族の間で生まれた。
日本には明治に入るまで「恋愛」という言葉すらなかった。
ロマン主義的恋愛ではキリスト教の神を相手の異性に投影し、信仰し、
繋がることに聖を感じ、この世界よりも大きなもの、素晴らしいもの
と規定する。聖/俗の区別を用いれば性欲的なもの(後者)は恋愛に
は本来あたらない。

104 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 17:31:48
>>103
 しかしそれは今や「憧れ」に近いのでは?

105 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 18:43:48
なんかこのスレおもしろいですねw
エゴイズムとか性欲とかに還元できない魅力も含まれてるんじゃないでしょうか。
20なのに今の彼氏としか付き合ったことの無い私が言っても説得力ないでしょう
けど。。。

106 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 19:25:57
たとえたった一度きり、
せつなであったとしても、
儚くも燃ゆる慕情をおぼえる瞬間がある。
それが恋心でなくてなんであろう!!

107 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 21:38:43
>>104
同意。

>>105
還元できない魅力を挙げてくだせい。

108 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 21:42:17
恋愛は性欲からなる分野だけじゃないという人よ。
性欲がなくとも恋愛は成り立ちうるのか?
性欲がなくとも恋愛の性欲とは関係ない分野は成り立ちうるのか?

109 :K:2005/06/24(金) 22:16:53
>>108
恋愛感情は性欲が根源となっていることは間違いないと思います。
ロマン主義的恋愛は性欲をオブラートで包む思想でしょう。
なぜ動物の基本欲求である性欲をそこまで否定あるいは隠蔽しようとするのでしょうか?
誰かご教示を。


110 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 22:20:50
そんなの知らんよ性欲あるし

111 :うんこ:2005/06/24(金) 22:32:57
クラウゼビッツは戦争を「自国の意図を相手国へ強制すること」であると定義したが、
これは国家から縮小して個人にも当てはまるだろう。

すなわち、恋愛においては、自分の意図を異性に強制すること。
このマクロとミクロに貫徹する人間の「意図」の根元にあるものを
「拡大への意志」とでも公理しよう。
それは、自らの意志、また意志が所有する価値観や資産を拡大したい本能である。

例えば、自らの価値観(生活、性格など)を好いてくれる相手を作りたい(意志の拡大)、
または、相手の持っている資産(美貌・金・権力など)を所有したいなど。

112 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 22:55:24
恋愛が戦争だとすると、恋人が捕虜とか、今日の出来事を聞く事が暗号解読とか、
エッチが自国への融合政策とか、戦争プレイをしたい方なんでしょうか。
やっぱり、彼という響きはプロパガンダと考えているんですか?

113 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 22:57:56
私の好きな事を好むようになった彼はイデオロギーを刈り取られた羊のような人と考えるのですか?

114 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 23:09:40
>>109ボクは性欲隠蔽派っす 正確に言うと隠蔽ではないです
セックス自体 急激な快楽のピークを迎え 迫力を持つのですが 
セックスすると急激に冷めちゃいます 恋愛にすぐ飽きてしまうのです
んで 快楽を持続可能なものにしようと思うと 
どうしても セックスの断念が必要になるのです
もちろん セックスみたいに激しいエクスタシーはないっす
トリニティー・ラブが持続するんです 革命はもう結構 
たぶん 一人の女性に恋を続けることを美徳とすると
セックスの諦念はうってつけのトリックになると思うっす


115 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 00:37:51
>>114
革命前夜の寸止め生殺しを反復するってことだな。ちとわかるぞ
折れはニンフォだがプラトにあこがれる

116 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 21:21:35
>>108-109
恋愛に分かちがたく性欲が結びついているというのはいい。
たぶんそれは現実的であるし、また欲求に基づいて人間の
行動がなされているという説明は有力であろう。

けれどもそれでは説明しきれないものがある。
何故?
恋愛はその恋愛をしている当の本人たちにとってまさに
現実的な意味をもちえるから。
ここでいう意味とは情緒であって性欲だけでは説明がつかない。
恋愛を恋愛とうけとめる当の者がある、恋愛はこのことによって成立している。

料理のたとえで言っても、料理はただの食料とは異なる。
味わうわれわれという行為者があって料理は料理となる。
食料であれば食欲を満たし生存を可能とするためのものと
いえようが、料理はこれにくみつくされることができない。
では、それはどのような味わいであるか、これについてこたえるべきであろう。

恋愛にたいする私の見解は>>91にあります。

117 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 22:03:34
>>1
女人禁制ワラタ

118 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 23:33:33
新しいコースを考えてやろう
『Die neue Weise』
 関税
 コース
ナショナリズム 90分
 ;捕虜→暗号解読→占領
冷戦 45分
 ;プロパガンダ→暗号解読→自由主義

119 :K:2005/06/26(日) 00:04:48
>>114
なぜ一人の女性を恋し続けることが美徳とされるのですか?

>>116
恋愛=性欲+情緒。
この情緒の根源をどのように考えられていますか?


120 :哲学埋葬派:2005/06/26(日) 00:18:37
G・バタイユの著書全般がオススメですけど、迷路にはまる恐れがあるので
「マダム・エドワルダ」(ポルノです)
「空の青」「わが母」(性欲+情緒を問題にしている)あたりが良い。

理論としては「エロティシズム」が○

121 :K:2005/06/26(日) 00:26:18
>>120 哲学埋葬派様
参考書を紹介してくれてありがとうございます。
>理論としては「エロティシズム」が○
この意見をもう少しくわしく教えていただけませんか?


122 :哲学埋葬派2:2005/06/26(日) 00:56:17
理論書の詳細はG.バタイユ「エロティシズム」筑摩書房を読んで下さい
「エロティシズムは人間の内面生活の一面である。
 エロティシズムは欲望を対象を外部に求めるために、
 私たちはとかく思い違いをしているのである」
「エロティシズムは死に至るまでの生の称揚である」
「エロティシズムは人間の意識の中で、人間における存在とは何かを
 問題とするところのものである」
と言っているが、別著G・バタイユ「呪われた部分」で
禁止に対して侵犯があるから、死は恐ろしいがそこを乗り越える快楽
がそこにはあると言っているわけです。
 だから燃える恋愛をしたいなら障害が多い方が燃えるのは
多くの恋愛マンガや小説でも判ると思います。逆に障害がないと愛は
冷えるし覚めてしまうことも。この欲望の理論だけで一冊の本ができて
しまうほど哲学では根源的な問題なんですよ!

123 :K:2005/06/26(日) 01:55:14
>>122
たびたびレスをいただきありがとうございます。
ご紹介いただいたバタイユの著作を拝読し、「エロティシズム」について勉強させていただきます。


124 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 02:43:47
>>119
>なぜ一人の女性を恋し続けることが美徳とされるのですか?

別にボクはロマンティック・ラブの人が主張しそうなことを>>114
書いただけで ご質問に答えることは出来ませぬ
でも 嫉妬と言うことが 問題になると思う。


嫉妬というものが パロディーみたいに軽くなるのならば
もっと言えば パロディーのパロディーとなって。。。

そのとき 多夫多妻ってのもありかと思う

125 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 04:58:47
愛とはお互い足りないモノを分かち合うって事じゃないの?例、セックス男はペニスを女はワ…ヴァギナを。結局恋の定義は?馬鹿ばっかりだから無理か。

126 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 05:41:54
恋、いわゆるラブ

127 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 06:04:13
>>125-126発作でつか? 恋の定義を求めるなんてカワウソ

128 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 08:20:03
>>119
情緒の起源をもとめることが私は重要と考えていませんし、いまのところ
明確な答えもありません。
ただ、私が述べていることは、恋愛に関して、<わたし>に立ち現れてくる
情緒面を切り離して考察してしまうならば、恋愛をしている当の本人にしか
わからない、それも言葉で言い表せないような恋心を捉えきることは
おそらくできないだろう、ということです。
情緒とは、いつもすでに何かしらの気分として移ろいでいるものであって、
それを言葉だけに写しとってしまうならば、そのときどきの情緒それ自体とは
ことなるところのものとなってしまうのではないでしょうか。

「恋愛=性欲+情緒」という定式がまったく無意味のものとするわけ
ではありませんが、それでもしかし性欲と人にあらわれてくる情緒面
をつなぎあわせて説明がなされなければならない、とは必ずしも思いません。
それが可能か不可能かということでなく、そうしなければならない
必然がはたしてあるのでしょうか。

129 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 02:49:16
もし恋愛成立に性欲が関係なかったら、
ホモでもない男が男友達同士でも恋愛が成立する事になる。
レズでもない女が女友達同士でも恋愛が成立する事になる。
性欲は関係あるんだよ、そして、どう理論をこねくり回しても根本はそれなんだよ。

130 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 22:19:25
同意

131 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 22:23:42
小生 谷欠←ゲシュタルト崩壊

132 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 22:34:07
シャラポワと恋するためには身長178p以上ないとつらいかもね。
男に方が背が低い場合身長差は5pまでじゃないかな。

133 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 23:03:52
>>132むしろ凸凹コンビの方が面白いかもしれん。

134 :考える名無しさん:2005/06/30(木) 23:13:08
まあシャワポワは俺の隣でまたおっぴろげて寝てるけどな

135 :元美 ◆DlyW/s8ibQ :2005/06/30(木) 23:13:59
恋愛に身長とか全然関係ないと思うよ!

136 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 00:11:20
  ∧_∧
 ( ´∀`)
 /,  つ
`(_(_, )
  しし'

137 :129:2005/07/01(金) 07:41:51
男には女とやりたいという性欲がある。
女には男とやりたいという性欲がある。
そのお互いの性欲が満たされる、
その性欲に関してだけにスポットを当てて見れば、
男女どちらにとってもいいことなんだ。

138 :129:2005/07/01(金) 07:54:43
だけど人間同士がつき合うということには性欲だけで完結するものではない。
それと同時に、それぞれの男女には性欲以外にも様々な欲望をもっている、
そういうものも同時に絡み合うから複雑になってしまうのさ恋愛は。
しかし、恋愛をする根本である動機は、
お互いに性欲を満たしたいという事なのは間違いないのさ。

だからさ、本当のことを言うと、性欲の無い人や、性欲が無くなっちまった老婦夫婦なら、
必ずしも一緒に居る必要は無いのさ、根本の理由が無くなっているんだからな。
だけれども、その夫婦が老夫婦になるまでに積み重ねてきた年月により、
性欲以外の欲望たちも知らず知らずのうちに互いに絡み合ってしまって、
離れるよりは一緒にいた方がシックリいくようになっちまっていて、
わざわざ離れて暮す必要も無いだろうということになってしまっている状態の方が多くなってしまうのかもな。

139 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 13:53:58
恋愛とは
「おっ、こいつの遺伝子イイナー」と思った同士が
セックスに至るまでの「過程・真っ最中・その後」の狂乱状態。

前:「やっぱこの遺伝子いいわー。こいつとやりてえ。多分すっげー気持ちいい」
と無意識のうちにその快感を想像し、とにかく相手とセックスするために
優しくし優しくされる。

中:「自分が望んだ相手(重要)」とセックスできているという満足感・達成感・幸福感・優越感。

後:セックスをしたことによる精神的結びつき強化月間。
親兄弟、友達にも見せられない恥ずかしいことをし合った同士なので
外部にもう一人自分が出来たとでも言うような、そこまで行かなくとも
自分の信頼をかける相手が出来たことによる精神的安定&近い将来への希望
(もうしばらくの間寂しくないぞ)でウキウキ。

ここまでが恋愛。
このあとの結婚は自分や子供を守るための打算的行為・・・というか「生活」。
助け合って生きて行くほうが楽&生き延びる率が高い。

長く生きれば生きるほど身もフタもない考えになってくるものだとは思うが
どうも「恋愛」っていう言葉は単なる目くらましで「生殖行為」と言い換えたほうが
よっぽどぴったりだと思う。
外出てみ。セックス相手に飢えた連中がわんさといて、異性とみるや
「こんなに好きになったの初めて」だのなんだの言いながら近寄ってくるから。
ただ単にやりたいだけじゃねーか。

140 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 16:18:25
>>139
痛快

141 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 17:24:06
若い制服女に遺伝子を求めているとは思えない

142 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 17:47:57
>>139 >>140
 ゲノム等の科学的根拠?を持ち出して説明するというスタイルに対してはここ(哲学板)にいる
われわれはもっと神経質になるべきだと思いますよ。

 まず疑問なのはゲノムによる選別で恋愛=繁殖活動?が行われるのに、なぜわれわれのゲノムは
解析に時間がかかるのだろうかという点。明確な判定基準があるのにそれを隠しているという不可解さは
私にはどうしても引っかかってしまうところです。
仮にゲノムの優劣が恋愛=繁殖活動に影響するとしたら人間は額あたりにゲノム情報を表現するような形で進化しても
よかったのではないでしょうか。優秀なゲノムを選ぶという明確な判定基準を持ちながら、その当の優秀なゲノムを
知る方法がないとしたら、とてもおかしなことになると思うのは私だけでしょうか。

 ちなみにこの疑問に、「意識的には理解していないが無意識的に理解している」などと答えることはナンセンスだと思います。
なぜならこのような解答はもはや「検証」も「反証」もしえないからです。「科学」が「神学」や「伝統」、「習慣」などに
対して圧倒的な優位を保ちうるのは「検証」や「反証」などの批判制度が高度に整備されているからでしょう。
だから、仮に批判制度を整備していない「科学」があるとしたらそれは圧倒的優位を持ち得ないでしょう。
「意識的には理解していないが無意識的には理解しているゲノム」は、「意識的には理解していないが
無意識的には理解している運命(神の意図)」と最も重要な意味において同格といえるでしょうから。

143 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 18:21:52
>>116 >>128
 とても面白いです。

 特に>>128の話でいくと「恋愛の同一性」、「昨日の愛と今日の愛は同じといえるのか?」
が問題として浮上しそうですね。
 恋愛とは「流転」し「生成」「消滅」を繰り返すものなのでしょうか。それとも <わたし> が
この私の同一性を保証するように、「恋愛=性欲+情緒+α」のような等式が求められ、 <α> に何か決定的なものを
補わなければならないのでしょうか。
とても面白い問題ですね。

144 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 21:52:46
「責任」
事物・人物、あるいは言動などに対し、それが及ぼす影響・被害など、もっぱらマイナス面での損失
があったと仮定される際に、その損失を自分が及ぼしたものと外的に判断されてもしかたない、とする判断。
    はてなダイヤリーより

@立場上負わなければならない任務や義務 A自分のしたことの結果について責めを負うこと。
B法律上の不利益または制裁を負わされること。特に、違法な行為をしたものが法律上の制裁を受ける事。
    辞典より

『恋愛の責任とは何か。』

145 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 21:57:49
 恋愛の責任は
@男女が立場上追わなければならない任務や義務のこと。
A男女がしたことの結果について責めを負うこと。
B習慣上の不利益または制裁を負わされること。取り分け、マナー違反をしたものが習慣上の
 制裁を受けること。
辞書的なことに加えて考えるとすると、これくらいことは即座に考えられるか。

146 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 22:07:48
 男女が無責任と罵るのはよくある出来事だ、すると、ここにおける
責任とはどのように考えられるものであるのか、或は責任を求めるべきも
のであるのか。言語を手掛かりに意味の解明をしてみよう。
 ○男女の責任
@それは男の立場において考えられる任務や義務であるのか。
 それは女の立場において考えられる任務や義務であるのか。
Aそれは男がしたことの結果から責めを負うことであるのか。
 それは女がしたことの結果から責めを負うことであるのか。
Bそれは習慣上の不利益・制裁を負わされることであるのか。

 責任とすると、一般的にはこのような仕方で考えられる。これ以外だと
他のことにおいて考えられなければならないのか。

147 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 22:24:17
『責任は善い』は@に該当するものであろうか。
しっかり種蒔者である、しっかり授卵者である、これらが善いと考えられるのか。
理屈的に考えるとこうなるのかね。

148 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 22:36:55
男の責任は、@で考えられるとすると、善い種蒔者であることであろうか。
男の無責任とすると、汝は種を蒔く人にあらざるなりや、ということになる。
女の無責任とすると、馬猿羊のコンコンチキとなりますかな。
理論上はこのようなことが考えられていることになるまいか。

149 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 16:17:40
逃避として恋愛という価値を
つくったのではないか。

150 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 20:08:29
イバラの道

151 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 20:56:38
ディオティマ
「ではもっと詳しくいいましょう。ソクラテスよ、
すべての人間は精神的にも肉体的にも、必ず「妊娠して」生むべきものをもっている。
恋とは、単に美しいものを得ようとすることではなく、じつは、美しいものの中で
「出産」を目指すものです。というのは、産むという行為は神秘的なものであり、
およそ醜いものとは不調和であるから、身ごもったものは、美しいものに近づくとき
心はなごみ、清々しくなり、生の意欲が満ちて出産にいたる。
身ごもったものが美しいものに恋い焦がれる思いが尋常ならざるものとなるのは
そのためです。そういうわけでソクラテスよ、恋が美しいものを永遠につかもうとするとは、
つまり「恋はまた必然的に不死を目指すものでもある」という意味なのです。」


152 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 21:45:59
アガトン
「最も愛の秘儀に参するディオティマよ、どうか、我々に不死を目指す正しい道標を
示してください。我々が美しい肉体を求めたらならば、美しい肉体が生産に適してい
るものでしょうか。何故なら、最も美しいものは生産することに卓越している訳では
ないのではないでしょうか。おお、ディオティマ教え給え、我々が美しさも、生産欲
も同時に具えているのです、どちらで考えればいいのでしょう。」

153 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 08:12:03
アガトン
「私は美しさが表面的なことがらであると思えるのです。表面が望ましいものこそを美しさ
であると思われるのです。表面をなぞることが望ましいのです。美しいものだからといって
、表面がそのまま思想の美しさを反映しているのでしょうか、美しいものは美しい思想を具
えていると考える訳にはいかないのですから。我々が欲望するものはすでに欲望が充たされ
ているものでしょうか、それともそうでないものでしょうか。」

154 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 09:05:18
40才超えました。
彼女イナイ歴=年齢です。
信じてもらえないでしょうが、男性的魅力は平均点よりは上だと
思います(すくなくとも一見して避けられる方ではないし、告ら
れたこともあるし)。
今にして思えば「恋愛に理想を求めすぎていた」のですね。
「彼女でなければ」という思いが強すぎる。「そんなに好きでもないけ
どつきあってみようか」という姿勢がない。それが誠実なことだと信じて
いたんですね。「とりあえずヤレるかな?」とかをきっかけにつきあって
も、それは悪いこととは限らなかったと思います。

何にせよ、現状となっては、恋愛を現実のものとする可能性は減るばか
りです。すでに年相応の相手とは恋愛観もスキルも合わないし、性欲と
いう天の配剤も減少してきましたしね。それでもこの特殊状況ゆえの
出会い、というものがないとは言えないでしょうが。
哲学とかやっている人は、あまり考えすぎないことですね。こうなりた
くなければ。まあ、別にクヨクヨしてませんけど。

155 :154:2005/07/06(水) 09:07:54
おお、愚痴コーナーじゃなく「恋愛とは何か」でしたね。
「強烈に意識させられながら自然にまかせておけばよいもの」
神とか死とか正義とかいう観念と同じで、フツーに拝んだり、フツー
に恐れたり受け入れたりすべきもの、ではないかと。
性欲はあらゆる欲望と親和する(フロムだったかな?)といいますから
恋愛を神より上においたりすると、うまくいかないですよ、と。


156 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 11:44:14
心の琴線に触れる相手に出逢うこと。
その響き合いにズレがないこと。
本来ひとつに成り得ないはずのものが、
SEXによりひとつに成り得るという奇蹟を持つもの。
不安と緊張とそれを解消させるための確かめ(sex)の連続であり、
多くは時間的空間的に無理が生じ儚く終わってしまうもの。

157 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 00:01:50
>>134
男性的魅力ってなんなんでしょうね?
女性的魅力、もですけれど。

世間の目は冷たいかもしれませんけどね、
人間的魅力はそんなもんじゃありませんよ。
まぁ、わたしのような弱卒にいわれなくともわかっているでしょうが。

158 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 00:02:03
154でした。すまそ。

159 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 00:11:00
美しい女性や美しい男性、または美しい絵画がある訳だ。
美しい人間の中に生産するというのは、美しい絵画の中に生産する訳には
いかないのではないか。

160 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 00:34:20
         ___
      ./´     `ヽ、
     ./         .'、
     |  ノ」ノリ人Lノ、 .|
      ヽ, / --./ .-- .', /
      |('i| _,. (,、_,、)、_ .リ)|  そうっすね
     .ヽ_|.  ト===イ  |_/
       '、 ヾニノ  /
         .|\___/|

161 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 00:48:57
>>157
なんというか、自分で魅力だと思うところがまったく何でもなかったり、
自分でなんでもないところがアピールしていたりする。
特定の相手に関しては尚更だ。自分が相手に気にいられようしてする行動
はことごとく裏目にでたり、こっちが実に普通に接している相手から好かれたりする。
「恋愛とは<他者の発見>であり、自己の喪失である」


162 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 06:09:17
中身の無いものに出会うと表面が美しいと考えてみたり、
中身しか無いものに出会うと思想が美しいと考えてみたり、
独りの想像に出会うと生産なんて考えてみたり。

163 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 06:30:09
つまりは犬に骨を与えるようなものであるな、
或は、子供に信仰心を問うようなものか。
信仰心のある骨、なんてあるのか?
別にそんなもの欲しいと思わないから、混ぜるもんじゃない。

164 :考える名無しさん:2005/07/07(木) 07:13:31
車をもたざれば人に非ず

165 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 23:51:36
>>146
どこに中心があるのですか?

166 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 04:43:49
恋愛とは結ばれない両想い、
付き合うとは一方の片想いと他方の妥協


167 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 04:48:27
妥協して付き合えない奴は子供である。


168 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 04:50:21
妥協されることを受け入れられない奴も子供である。

169 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 04:59:57
付き合いとは妥協である。

170 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 10:04:50
妥協してまで恋愛する薄汚れた人間にはなりたくないものだ。

171 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 10:52:00
tp://www.nextftp.com/kinkouen/web/zouen9.htm

172 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 10:57:43
tp://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/shakai/20050514/20050514i106-yol.html

173 ::2005/07/13(水) 11:59:38
なんで妥協なんだろう

174 ::2005/07/13(水) 12:02:18
恋愛って楽しいじゃないですかヽ(^o^)丿


175 ::2005/07/13(水) 12:05:33
妥協するときもあるかもしれないですが、好きではなかったら付き合うことってできないと思います。
好きだから、悪いところも許せて付き合っていけるんだと思います

176 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 12:34:36
僕は月まで旅行をするつもりだから、
少なくとも一年分までの食料が必要だよね。

177 ::2005/07/13(水) 12:38:42
なんのお話でしょう??
つきまで行ってみたいなあ


178 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 13:03:14
男と女の欲望の奪い合いです。

179 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 14:48:53
孤独を埋めるためのもの。
凹凸ははまるためにあるわけですよ、、、、

ちなみに性行為はお互いを所有したいために起きるのだと思う。

180 :考える名無しさん:2005/07/13(水) 15:21:27
性行為をしたいという気持ちがお互いを所有したいという気持ちを生むんだろ?

181 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 08:50:04
悪い所を許すってそれが妥協だろう。
本当に好きなら悪い所なんて見当たらないさ。
どこか軽視、軽蔑できる所がないような人となんて付き合えない。恐くて仕方ない。


182 ::2005/07/14(木) 10:35:27
悪いところはあると思うけど
それがすきより勝るかそうでないかだと思う
だって私だって完璧ではないから
悪いところも含め好きになってもらいたいもんだーね(・o・)

183 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 00:54:58
愛っていうやつが来てから俗悪化してる。

>>1

184 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:00:03
俗とは何か。
これは恋愛とは何か、という問いと関連深くおもえる。

185 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:39:07
愛は哲学を極めた者かもしれない。
哲学を極めると愛になるんだよ。

186 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 03:44:22
ウホ

187 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 10:27:40
愛みたいな美女はみんなこんなに楽天的な感じなのか? しかしリアルで出会った美人達はそうは見えなかったが。概して普通以上に悩ましく見えた。いや、顔が整ってるからその動きが目立つだけか。


188 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 20:41:38
生殖の為の装置だよね、れないわ

189 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 21:11:01
自らの理想を相手に投影することだろう。

190 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 12:31:00
苦痛を排せず受け入れるだけでなくそれに向かっていくような人間の方が脳天気なんじゃないか? 悲劇を楽しむ精神がそこにある。

逆に快楽を求める人間は絶望してんじゃないか? 悲劇に身震いする精神がそこにある。

191 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 13:04:17
恋愛感情=性欲
これにきまり


192 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 13:07:02
>>191
これはちとわからないですね・・。
恋愛感情がすべて性欲に根ざしているというのならまだしも、
欲求と感情とが等しいとは何を言い表そうとしているのでしょうか?

193 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 13:35:06
恋愛感情=性欲+思い入れ(妄想とか)

194 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 23:10:45
性欲に依存しない恋愛が存在すると信じたい

195 :さる:2005/07/19(火) 01:53:16
恋とは、特定の対象に特定の親近感を望む心の状態の名前。
愛とは、対象を無条件に受け入れようとする事が出来る心の状態の名前。
恋愛とは特定の対象を特定の親近感の対象として望み、その対象を無条件に受け入れようとする事が出来る心の状態の名前。
いくつかある愛の種類の一つ。
恋愛感情とは、心の状態が恋愛状態になっている時の心の働き。
恋愛感情を持つと、親近感を望み受け入れている特定の対象(恋愛対象)に、自分に対しても、特定の親近感を望み、受け入れてほしい(恋愛感情を持ってほしい)と望むようになる。
恋愛関係とは、互いに互いを特定の親近感の対象者として認め受け入れ合おうとする事の出来る関係。
性交渉を望むのは、単純に気持ち良いから。
それが気持ち良いだろうと感じられる相手なら、性交渉の対象は特定される必要は無い。
性欲は性欲として独立しており、恋愛感情に関係無く抱く事が出来る。
それが気持ち良いだろうと感じられる相手なら恋愛対象に性欲を抱くし、気持ち良いだろうと感じられない相手なら恋愛対象にだって性欲を抱かない。
気持ち良いだろうと感じられるか否かは、同一の対象であっても、自分の状態や周囲の状況によって左右される。
対象が性交渉を望んでない状況で、対象に性交渉を求めるようなら、「性交渉を望んでない相手」を受け入れていないので、そこに愛は無く、それは恋愛感情に関係無い独立した単純な性欲であるといえる。
「性交渉を望んでない相手」を受け入れて性交渉を求めないようなら、そこには愛があり、恋愛感情を持っていると言える。
そんなふうなんじゃないかなって思いました。

196 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 02:27:38
恋とは、特定の対象に特定の親近感を望む心の状態の名前。
愛とは、対象を無条件に受け入れようとする事が出来る心の状態の名前。
恋愛とは特定の対象を特定の親近感の対象として望み

こういった現象が起きる原因は何か?

197 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 02:36:38
生存競争

198 :さる:2005/07/19(火) 02:50:16
エンドルフィンかしら?

199 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 02:55:04
結婚という手術に耐えるための麻酔だな。
麻酔がメインになると、おかしなことになる。

200 :さる:2005/07/19(火) 04:21:18
僕は、移植手術のための免疫抑制剤の方に近いんじゃないかなって思う。
異物を取り込むんだから拒絶反応の可能性は否めない。免疫機能を調整して、異物を快として騙し騙し折り合いをつけてるんじゃないかな?
抑制剤少ないと拒絶反応が始まるし、多いと免疫機能が弱まって異物に喰われかねないからね。
エンドルフィンの作用の一つとして親近感を感じた時の快の刺激があるらしい。集団を作る事は異種族間での生存競争を生き残るのに有効だろうし、その為には同族他者と折り合いつけなきゃいけない。
自我をぼかすって意味では、麻酔は上手い例えだね。

201 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 04:46:19
ホモは勘弁してくれ。

202 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 23:24:02
愛っていうのはとても崇高なもの。気になる異性とであって、付き合う。
これは恋。愛には及ばない。なぜなら、恋には終わりがある。別れたら次
にいける。これは愛とは呼べない。
本当の愛は、たとえ離れ離れになってしまっても、忘れられない。実態の
ないその人の面影をずっと抱えて生きていくと誓い合える人が始めて
たどり着けるのが愛だ。
恋したまま結婚し、長い間連れ添った結果生まれる愛は隣人愛である。
純粋な男女愛とは呼べない。

203 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:01:34
名スレ発見

204 :202 :2005/07/20(水) 01:41:04
こんな話もある。この世に自分と相手の二人以外いなくなったら(ありきたりな
たとえで申し訳ないが)、そして、相手が不治の病で先に死んでしまう事が
わかっていたら。みなさんならどうするだろう。
・相手を追って自分も死ぬ、というのは相手を愛している、というまえにただ
単に孤独に耐えられないだけなのかもしれない。ひとりじゃ寂しい。だから
死ぬ。それは愛と呼べるだろうか。
・生き残るという選択肢も、果たして愛に結びつくだろうか。愛しているから
その人の分も生きる、と綺麗事も言えるが、単純に死ぬのが怖いのかもしれな
い。相手のことは愛しているが、死の苦痛には耐えられない。または、生への依存
かもしれない。いずれにせよこれも愛とは呼べないんじゃないだろうか。

結局のところ、俺は「恋愛」を「恋」と「愛」に分けて考えてみた。
昔これに似たドラマがやっていた。当時10代前半の俺が、そして現在の俺が、
いろいろ経験や思考をこらしたが、結局のところわからずじまいだった。
その間に彼女も代わったりした。どうやら俺も本当の愛にはたどりつけていない
ようだ。
長い分に付き合ってもらって申し訳ない。しかし、ここのみなさんの意見も
聞いてみたいと思ったものだから。失礼。

205 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:49:38
恋愛においては恋や愛など様々なものがある。
恋はさめるとそれまでのことがまるで嘘であったかのような気分になる。
愛は恋とは異なるというのは昔から言われている。
当然、結婚して何十年も連れ添うこととなれば恋愛感情ではもたない。
そこで愛を登場させる。この愛によってなるべく長くよい夫婦のままで過ごせるよう努力する。
その状態は夫婦や連れ合いによって様々である。
さらに、愛に関しては、「真実の愛」といった類のものは存在しない。
「真実の友情」「真実の恋愛」「本当の男」「本当の女」などなど。
これらは「真実性」のもんだいなのだ。


206 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:55:00
恋愛とは饒舌な発情。

207 :スレンダー:2005/07/20(水) 13:41:12
なにか今までの書き込みを読んで思ったのは
恋は精神病の一種なんじゃないか?とか。
まあ心理学版で言えって感じなんですけどね。

208 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 13:47:03
恋は美しくするというものね、思い人はたれかしら。

209 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/07/20(水) 14:13:21
とりあえず>>18についての意見くれ

210 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 14:54:33
凸と凹の結合欲

211 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 00:57:59
恋愛≒性欲
あくまでも中核部分のことだけれど……。
われは、恋愛について1時間も考え抜いた結果そのやうな結論に達したのだが、それはそのほかの部分を中核にしてしまうと恋愛と他の愛との差異がほとんどなくなってしまうやうに思えたからだ。(;´Д`)ハァハァ

212 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 01:00:48
虚構世界のエスと百合はすばらしい。
水野蓉子さまと小笠原祥子さまの関係に萌えまくりで死にそう。

213 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 01:09:26
>>211
ホッカル隊長ですか?!

214 :ホットカルピス(;´Д`)ハァハァ ◆PDG4DGZXd2 :2005/07/21(木) 02:01:04
>>213
(;´Д`)ハァハァ ホッカルって誰だよ?w


215 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 02:12:49
>>214
やっべ、ホッカルさんだよ!
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

216 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 09:01:24
エロいコテハンだなー

217 :… (刈・∀・)つ:2005/08/01(月) 18:48:06

がっつりと「愛」を定義してみました。

http://mabilis.ph/love.htm

どんなもんでつかね〜|∀゚) …

218 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 16:43:49
恋愛感情=(性欲+打算+執着心)/3

という感じじゃないかな。
打算というのは自分の性的魅力と相手の魅力を比べて、だいたい釣り合いそうな
人を選ぶこと。そうやってターゲットを決めてから今度は執着心を発揮する。
そうすると性欲と執着心が上手い具合に連携して、ある特定の個人への愛なるものが
生まれてくる。

あまり身も蓋もないこと言ってても人間社会は円滑に回っていかないから、愛というものが
必要だったんでしょうね。

219 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 16:47:06
金、才能、名誉、○○ポ、
これらを考えに入れると絶対何かある。

220 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 21:37:42
神よ、わたしは不貞をはたらきますた・・・。

221 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:12:01
恋愛って神経症じゃないかな。情熱的であるだけ生活に多大な影響を与えるし。

222 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:32:51
ただの本能(欲望)ただそれだけの事

223 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:09:36
恋愛のために性欲がある。

224 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:16:33
っ ホルモン

58 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)