2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日常の疑問に対する答え

1 :tjrxf893:2005/05/02(月) 09:41:00
皆さんが、日常的に疑問に思いながら、その時々で自分に出している答えを書き込んで下さい。

疑問 「田嶋陽子は、なぜ、性差の問題になると、あんな革命でも起こすような勢いになるんだ
   ろう?」 

答え 「性差と社会的役割とを同一の地平で捉えてるんだな、きっと・・もっと、穏やかに話し合
   えばいいのに」


2 :伝統:2005/05/02(月) 09:58:17
池に落ちた石は浮き上がるか?ーーーいいえ

男は出産できるか?ーーーいいえ

女は男になれるか?ーーーいいえ

男女の性差をなくせるか?ーーーいいえ

性差と社会的役割は同一か?ーーーいいえ

田嶋陽子の主張は正しいか?ーーーいいえ

3 :tjrxf893は基地外です。:2005/05/02(月) 10:16:26
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552019921&tid=ffcbeoa4n5bflda4kbpa49a4keza4a8&sid=552019921&mid=1&type=date&first=1

4 :tjrxf893は基地外です。:2005/05/05(木) 12:09:44
愛犬家の中には「犬的存在」を、まるで「人間存在」と同じように認識しようとする者がいる。
しかし「人間存在」に含めるべきは、あくまで「人間的存在」だけである。

それは何故か?

「犬的存在」を主体にもたらすのは死の地平における「気付き」であって、生の地平での「感性」や
「理性」など「論理的判断」ではない。
それは、「無前提的」に「犬」と「人間」を分けるのであって、「疑うべからざる気付き」として主体に
認識されるのである。

ところが、生の地平では、「犬的存在」も「人間的存在」も区別がなくなる。
それは、論理的に「犬」と「人間」を区別する仕方が、どこまでいっても出てこないからだ。





5 :tjrxf893は基地外です。:2005/05/05(木) 13:20:55
人間の精神を「海」に喩えると、その「海」の表層で、様々な泳法を用いタイムを競うことが、いわゆる
自然科学、社会科学において行われている諸学問であろう。

「哲学」とは、この「海」を垂直に降下し、その深度を競うものでなければならない。

そのことをせずして、「哲学」を語ろうとする者は、実は「哲学」の何も語りえていないのである。
それは、「哲学」の解説にすらなっていない、単なる「哲学的方法」=「潜水泳法」を「表層的泳法」に
置き換えた「疑うべき論理的解釈」にすぎないのである。

「哲学」を語りうる者とは、「海」の深みの素晴らしさを伝えられる者のことである。


3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)