2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

量子力学で哲学するスレ

1 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 20:21:27
量子レベルまでいくと、排中律が崩れるやら4次元が関わるやら言われてるみたいだが、
哲学板的には量子力学ってどうなのよ。

2 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:10:18
理解できないのでスルーということらしい。

3 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:11:46
だな。1時間近く放置がその証拠w

4 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:14:15
最新理論では11次元ですが、何か?

5 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:18:35
多分コペンハーゲン解釈あたりが一番濃密に認識論に関わるのかな?
で、箱の中のネコは死んでた?

6 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:33:25
>>5
マクロ系に移る間に波動関数は収束し、半殺しの猫は存在しないという事らしいが。

7 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 21:34:21
我無か?>>1

8 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:05:38
463 名無しのひみつ 05/01/04 15:50:04 ID:rfuI9YyJ
>>459

>シュレディンガーの猫は哲学に話題を与えたのでしょうけれど〜

同意。シュレ猫の問題は「アキレスと亀」みたいな
言葉の上でのパラドックスの問題だと思う。
>>409>>414のようにいろんなトリックが仕込まれてる。
既出だがもし実際に実験すれば猫は実験のたびに生きてたり死んでたりするわけで
数をこなせばその割合は5:5になる。それだけのこと。
サイコロ1個を振ってどの目が出るかはわからない。
振ってみて初めて結果がわかる。
しかし数多く振れば結果は事前に予想できる。

もしミクロ系で思考実験するなら、猫も観測装置も観察者もすべて量子として扱い
すべて箱の中に入っていて箱の壁はイベントホライズンにすべき

9 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:06:17
464 名無しのひみつ sage 05/01/04 16:33:08 ID:34N94MSx
>>463
量子力学に関してパラドックスと呼ばれているものの大部分は確率の解釈に関する
問題です。
人が日常生活において「確率」を考えるとき、そこにはどのような予測、信念、繰り返し
に関する経験則が想定されているのか?という問題です。

確率を、繰り返し事象やアンサンブルに関する頻度を与えると解釈する分には、何も
問題は感じないでしょう。
しかし、個別の事象に確率概念は適用できるのか?という哲学的問いがあります。

個別事象に関して確率を考えることはできないと切って捨てることは簡単だし、実際
統計力学の場合そのような解釈は可能でしょう。
難しいのは、量子力学の場合波動関数は個別の事象に関する何かの客観的属性を
表しているのか、それとも繰り返し事象やアンサンブルに関する属性を与える物に
すぎないと考えるべきなのか、という問題です。
私は、波動関数は個別の事象に関する何かの客観的属性を表しているという考え方
を捨ててもよいと思いますが、それが捨てられないのは、波動方程式が一切の統計的
仮定を含まず、あたかも個別粒子の方程式の拡張のごとく導かれているからだと思い
ます。
これが捨てられない人は、波束の収縮などの問題がパラドックスだと思えるのでしょう。


10 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:06:49
465 名無しのひみつ 05/01/04 17:07:35 ID:ncJf0suN
「シュレディンガーの猫」は、ある意味では、純粋に数学的な(確率的な)話題と
類似しているかも知れません。

ここにコインがあります。コインを投げた時、表になるか裏になるか、均質なコイン
であれば、機会は均等であり、投げる前は、表の事象は50%, 裏の事象は50%です。
つまり、投げる前は、そのコインの持つ状態(state)は、「表の事象50%, 裏の事象50%」
であり、これ以上確定のしようがありません。

ですが、このコインの持つstateは、投げることによって、表、または裏に「収束」
するわけです。

投げる前の状態から投げた後の状態に「収束」する過程について、哲学ではどのように
説明するのでしょうか?


11 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:07:26
467 名無しのひみつ sage 05/01/04 17:30:16 ID:34N94MSx
>>465
投げた後で、結果を見ることにより収縮します。
これは結果を見たことによって考えている確率の種類が変わるからです。

つまり、このような問題で我々が考えているのは常に何らかの条件付き確率だと
考えるわけです。
結果を見る前は、均質なコインを何のバイアスもない手段で投げるという初期状態
準備に関する条件付き確率です。
結果を見た後は、その結果を知ったという条件付き確率です。

条件が変わったので確率も変わるというのは当たり前のことです。

量子力学においても同様の考え方が通用します。
量子力学が記述している波動関数は、実は条件付き波動関数です。
初期条件が与えられた場合の波動関数
観測結果を知った場合の波動関数
など

従って、条件が変われば条件付き波動関数が変わり、それが突然変化することに
なんの不思議もありません。
条件付き波動関数は、完全な客観的属性ではありません。それは条件という
主観的属性にも依存しています。



12 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:09:05
468 名無しのひみつ 05/01/04 17:30:29 ID:BkHt/qov
>>465
コインの場合は決定論です。すべての要素を計算すれば、原理的には結果は不確定ではありません。



13 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:10:00
469 名無しのひみつ 05/01/04 17:49:43 ID:ncJf0suN
>>468

それでは、投げる前のコインの状態(state)は、「表の事象は50%, 裏の事象は50%」
ではなく、決定的であって、「表」または「裏」のいずれかでなければならない、
ということでしょうか?

実は、前の例にはトリックがあります。どのように投げるかについては、
一切情報が観察者に伝えられず、完全なブラックボックスです。
どのように投げたかは、投げた後で知ることができます。(これは、
「シュレディンガーの猫」のブラックボックス性の類似です)

このような状態であっても、投げる前のコインの状態(state)は決定的であり、
それは「表」または「裏」と投げる前から予め決まっていると主張されるのが、
決定論的な考えと思います。

つまり、「シュレディンガーの猫」も決定論的でなければならないと主張する人は、
この「コイン投げ」の思考実験でも、投げた後のコインの状態(state)は、
投げたことの影響により結果が変わり得るものだと認めず、それは*投げる前から
結果が決まっているもの*であり、ブラックボックスの条件下においても、
それは確率ではなく決定的に定まるものだと考えるわけですね。

ここに類似があり、「シュレディンガーの猫」のパラダイムは日常経験する
「コイン投げ」に帰着できるのではと考えた次第です。


470 名無しのひみつ 05/01/04 17:52:20 ID:ncJf0suN
パラダイム ==> パラドックス
でした。



14 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:10:34
471 名無しのひみつ sage 05/01/04 18:03:48 ID:34N94MSx
>>469
>>468は量子力学と統計力学の差違について述べているだけです。
この差違については言葉で説明するのが難しい。

統計力学の場合は、我々が知らないだけで個々の事象の状態は決まっている。
量子力学の場合、個々の事象の状態について我々は確定的言及はできない。

そんな感じでしょうか。

両者の違いは、

統計力学:状態空間の大きさ=観測空間の大きさ
量子力学:状態空間の大きさ>観測空間の大きさ

ということに起因していますが、これじゃわからないでしょうね。



15 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:12:14
474 名無しのひみつ 05/01/04 19:17:07 ID:ncJf0suN
> >>468は量子力学と統計力学の差違について述べているだけです。
>
> 統計力学の場合は、我々が知らないだけで個々の事象の状態は決まっている。
> 量子力学の場合、個々の事象の状態について我々は確定的言及はできない。

ちょっと物理と逸れてしまったようですね。ごめんなさい。

上の例は、実は「コイン投げ」の数学モデルです。
皆さんが高校などで確率を勉強するときに出合う*あれ*です。

現実では、100枚投げて「50枚が表、50枚が裏」とはなりません。100回投げて、
「50回が表、50回が裏」となることはありません。これを何回投げても、きっちり
そうなるわけではありません。幾ら投げる回数を増やしても、幾ら投げる枚数を
増やしても、数学の言う「コイン投げ」にはなりません。

つまり、現実でのコイン投げと、「コイン投げ」の数学モデルとは実際には違う
*もの*なわけです。そんなもの現実には存在しないのかも知れませんし、
「コイン投げ」の数学モデルは、純粋に思考でのみ行える実験ですので、
本当に決定的ではないと思われます。

そんな、ある意味あやふやなモデルに基づく確率論ですが、実験を繰り返すと、あたかも実際のコインが、この思考モデルで導かれた「確率」を持っているが
如く振舞まうところが、確率論が現実で支持される理由です。

ですが、その基礎(発想の?)の「コイン投げ」の数学モデルですら、
「シュレディンガーの猫」のようなパラドックスを持っている…と言いたかったの
ですが、ちょっと物理とは逸れてしまったようでした。

(実際の確率論は現代数学で厳密に基礎づけられていて、ちょっとやそっとな思考で
で崩せるものではない、頑強なものですけれど…)



16 :こぴぺ:2005/05/03(火) 22:13:23

475 名無しのひみつ sage 05/01/04 19:22:56 ID:34N94MSx
>>474
確率論の世界でおっしゃるように哲学的議論が積み重ねられてきているのは事実です。
いくつかの説があり、互いにお前の説はおかしいと言い合って収束しないのです。
量子論のパラドックスの半分はこの確率論の哲学と共通の問題であり、量子論特有の
問題ではありません。
それ以外に、量子論特有の特殊事情に基づく解釈問題があります。

いずれにせよ、科学の範疇の問題ではないと思われます。



476 名無しのひみつ 05/01/04 19:25:07 ID:ncJf0suN
>>475

> いずれにせよ、科学の範疇の問題ではないと思われます。

言いたいことを汲み取って頂き、感謝致します。



17 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 22:21:08
確かコンピュータの父ジョン・フォン・ノイマンが量子力学の認識の不確定性に関して、ムツカシイ論文を書いているのだけど、その最終審級はなんと「意識」なんだよね。
ちなみに、意識とはマイクロチューブル(!)における波動関数の収縮であると唱えて医学者から失笑を買った(ではなぜ腸は考えないんだ?と)ロジャー・ペンローズでは、
物質と数学的抽象世界とイデア界の三項が互いに自己参照し合い、最終審級を持たないことになっている。
ところで、ペンローズはマイクロチューブル意識起源説を捨てたんだろうか?最近ウワサ聞かないけど・・・。

18 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 22:38:12
波束の収縮とか、マクロ系の問題のあるコペンハーゲン解釈なんて
もう誰も信じてないだろ。

エヴェレット解釈でもう決着付いている。
宇宙はこれまで我々が考えていたより膨大に広いってだけ。
http://www.osk.3web.ne.jp/~qm/index_jap.html
http://aokihiro.at.infoseek.co.jp/paradigm/ParallelWorld.htm

しかも、それは干渉する距離にある。
http://aokihiro.at.infoseek.co.jp/paradigm/shadows.htm

19 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 22:57:59
それなら、どうも漏れはエバレット解釈があまり正しくないという世界の方に存在しているらしい・・・。
( ゜э゜)ヒューヒュー!


20 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:03:39
どこの世界にも馬鹿はいるからなぁ

21 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:06:27
パラレルバカざんすか!?

22 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:15:15
>>21
禿ワロス

パラレルバカ最高

23 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 23:39:02
>>1
ってゆーか、量子力学ってスレタイにあるけど、
量子論だろ。間違えんなよ恥ずかしいなァ。
量子論と量子力学の違いもわからんとは・・・。

24 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 00:28:31
バカの重ねあわせ状態

25 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 00:33:21
お約束の佐野量子と天地真理の登場はまだでつか?


26 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 00:58:34
森光子も忘れんな

27 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/04(水) 01:07:12
陽子の陽は太陽の陽

28 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 09:18:06
シュレディンガーの猫を俺にわかるように説明しやがれってんだコノヤロー

29 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 13:47:24
はやく馬鹿の壁を越えてね…哲学学ぶ人達…

30 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 13:53:39
一気にレスの質が下がったな

31 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 14:04:47
tes

32 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 14:08:40
エヴェレットでいいよ。

時間発展は1通りじゃなくて、樹のように広がり、相互作用している。

33 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 14:29:49
もともとレベルが低いが


34 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 14:31:40
<コペンハーゲン解釈>
ではなく
<多世界解釈>
で語ってみろ

35 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 15:04:58
先端科学は現実の抽象化です。
哲学とは真逆。

36 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 15:17:34
餅は餅屋
まかせときゃいいんだよ

37 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 11:51:55
哲学は妄想の具体化です。
科学とは真逆。

38 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 11:53:12
屑は屑屋
まかせといていいのかな?

39 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 17:18:33
>>37
そうかな?

40 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:07:14
>>1
他のスレでも割とやってるよ。

41 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 18:10:39
量子力学も法律学・経済学も同じ穴のムジナ
何でも難しく解釈すれば真実だと思い込んでいやがる

おまえら根本からわかってねーんだよ!教科書を読み漁るだけのバカチンが


すべての事象が発生する原理は凄く単純で、それが複雑に絡み合っただけで今日に至っている
つまりは漁師が使う網と同じで、網を構成する材料は1種類だけ
その1種類の網を規則正しく編み上げることで巨大な網ができあがる

しかしその大きな網が周囲からの力に受ける力によってグジャグジャになってしまえば、
網は複雑に絡み合ってひとつの塊になってしまい、それを原形通りに広げて使うことは
できなくなってくる

よって網は元の形とは似ても似つかない複雑な形として今日に存在することになる
しかしそれらの複雑化した原形のわからなくなった網でも、絡まった部分を丁寧に
ひとつひとつほぐしていけば、元がひとつの巨大な網だったのだという、網の原形が
見えるようになってくる

ここでいう「網」とは全宇宙を形づくっている、たったひとつの原材料「時粒子」だと解釈してもらうとよい
そのたったひとつの原材料「時粒子」が規則正しく配列されたり絡み合うことで、宇宙という巨大な「網」が
できあがり、巨大な宇宙という「網」が部分部分の「網」同士の力を、とてつもない長い時間の中で
受け続けた結果、「網」は複雑に絡み合ってしまい「網」である全宇宙は元の原形がわからないほど、
複雑に絡み合ってしまった

その複雑に絡み合っている「網」をひとつひとつ解きほぐしていくのに、哲学的思考が必要になるわけだよ
だから漁師学(量子学)とか言う、物事の発生原理を難しく考えすぎるトンチンカンな学問では、
「網」を解きほぐすことはできないよ

42 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:15:13
>>41
量子力学を全然知らないでしょ

43 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 18:22:48
>>42
間違った学問など覚える気はサラサラない

あんたはこの世に存在するすべての学問が、真実を表現しようと
しているのだと思い込んでいるようだが、学問にも良書と悪書がある
あなたは、まずは良書と悪書を見分けれる能力を身につけることから始めることだ

量子学は悪書なので、悪書を数万冊読み漁っても真実を何一つ解明することはできず、
何の役に立たないのと同じ

44 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:26:40
>>43
「量子論」が東洋哲学と融合しつつあることを知らないようだね

45 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:29:30
ファインマンは量子力学がわかる奴なんていない、と言っているよな。
わかる、わからないは別にして、こうやるとこうなるよ、ということならわかっているのが科学。

しかしそれでは理解していることにはならないよ。
もっとも特殊相対性理論から、科学者は科学を理解していない。

そういう意味では科学者は哲学を軽蔑できない。

46 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:31:19
>>43
量子力学は現在人類が見てる最も先端なんだけどね。まあ少し参考書物を
読んでみてから判断してもバチは当らないよ。

47 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 18:32:13
>>42
あんたは数十万冊もの書籍が収納されている図書館に行けば、そこにあるすべての
本が、真実を元に書かれていた本だったり真実を文字化している本だと
勘違いしているようだ

図書館にはすべての本が真実を文字化して表現していない
真実を文字化している本を「良書」と呼び、真実を文字化していない本を「悪書」と呼ぶ

図書館ですら「良書」「悪書」が存在するのに、その本を制作する立場の大学や
研究機関がすべて、真実だけを文字化する「良学問」のはずがない
とうぜん大学や研究機関が発表する学問の中にも、「悪学問」が存在する

世の中に「悪学問」が存在しているという事実は、図書館に紛れ込んでいる「悪書」の
存在によって証明している

48 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 18:41:54
>>46
誰もが理解しにくくなじめない学問が「量子学」

しかし現実に起きている事象は誰もがなじめることばかり
・水は高い所から低い所へと流れる
・風が強く吹けば軽い物は飛ばされていく
万人はなぜそうなるかは知らないが、万人はその力を利用することはできる

万人がなじめない「量子学」では万人がその学問を利用することすらできない

「量子学」が真実を文字化したものであるというのなら、万人が「量子学」を
理解していなくても利用できなければならない

49 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:42:01
正直科学者もメクラ状態で現実を手探りしているんじゃないのかな。

東洋哲学との融合、なんてのはまだ試論の段階だろう?
ビッグバン理論なんてのは、滅茶苦茶難問ばかり抱えているようだし。

しかしそれは科学がまだまだ発展する可能性をもった学問だということだろう。

俺は科学は現実理解において唯一無二の学問だとは思っているが。

50 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:47:17
存在するものの根源は原子でも量子でも粒子でもない。
科学者は分解すれば単純にものの本質が発見できると思ってる。
それが実際にそうあるのと物を要素に分解するのとでは意味が全く違う。
人が手足と胴と頭でできてるからといってそれを組み合わせれば
人ができるというのと同様の短絡。
単にミクロの次元でミクロな現象が発見できるにすぎない。

51 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:50:37
>>50

賛成するところが多いのですが、では何が根源だと理解しているわけですか?

52 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 18:58:41
>>48
あなたのパソコンは量子力学で作られたんだよ。

53 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 19:01:33
>>49
科学というのは、人間以外の他の生物がすでに生存と繁栄のために
応用している力を文字化しただけに過ぎない

「航空力学」はすでに何千万年も前から鳥が応用している力を文字化しただけだし、
他の学問もすべて他生物がはるか昔から応用している力を、人間だけが遅れて文字化して
応用しだしたに過ぎない

科学というのは他生物がすでに応用していることを、人間がマネをするため
文字化している学問である
だから「科学」も「量子力学」も他の学問も他生物から見れば、別に最先端でも
何でもないわけだが、人間だけが遅れているのだよ

54 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 19:09:39
>>52
パソコンというのは人間という群れの中で生息する生物が、他の人間へ情報を
すばやく伝達するだけの便利な道具でしかない

人間が本来持っていた情報伝達能力を退化させてなければ、パソコンなど不必要な
物でしかない
「量子力学」でパソコンを作ったとしても、それは単なる便利な道具をひとつ
作っただけの事実でしかなく、便利な道具を作れるに過ぎない学問「量子力学」が
宇宙や地球のすべてを解明できると拡大解釈する考えがおかしい

55 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 19:09:42
>>48
>・水は高い所から低い所へと流れる
>・風が強く吹けば軽い物は飛ばされていく

なるほど、ニュートンなどが作り上げた「古典物理学」だね、
それを、全ての現象(人間関係とかも含めた)に応用しているのだね。

「相対性理論」や「量子論」はもう少し進化しているよ、
「古典物理学」に修正部分があることが発見されたんだよ。
それを、全ての現象に応用した方が合理的だろ。

最新の科学はいいせん行ってるぜ。
食わず嫌いは良くないね。

56 :52:2005/05/05(木) 19:17:38
>>55
全くだ。

57 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 19:23:56
>>55
法律家は法律を作る際、できるだけ難しい文章を用いて、国民が簡単に
法律を理解できないようにする。  なぜか?

それは法律家は自分達の権威を高めるために法律を利用しているだけで、広く国民に
法律を普及させる気がないからで、すべての国民が法律を理解できるほど簡単な文章で
表現すれば、専門の法律家など必要でなくなる
そうなれば法律だけを専門職にして食べているプロの法律家は権威も落ちて失職してしまう

これとまったく同じことを科学者達は行っていて「相対性理論」「量子力学」などといった、
国民に理解しにくく難しい学問を立ち上げては、自らの権威の維持と「科学」を専門職にして
食べていきたいがために、次から次へとより理解しにくくした「学問」を立ち上げては発表していく

すべては「科学者としての権威の保持と科学職の安定化のために」
アィンシュタインが「相対性理論」を思いついたのも同じで、こういう手法は別に
法律家や科学者でなくても宗教家や政治家や教育家なども行っている

58 :51:2005/05/05(木) 19:25:58
俺は科学は人間とは何かを明らかにすると思っているよ。
今の科学には少なからぬ不満はあるけどね。

少なくとも自然存在である人間は理解できると思うよ。

59 :51:2005/05/05(木) 19:29:14
>>57

違うよ。
現在の科学の形を固定化して理解しているだけだよ。
ある意味で科学の根本は単純だろう。
現在それができていないだけだよ。

科学はまだまだの学問だよ。
というか、わたしたち人間がまだまだなんじゃないのかな。
これは否定的に言っているんじゃない。
だからこそ未来があると言っているんだけどね。

60 :52:2005/05/05(木) 19:37:50
>>57
理解するのが難しいのはほんとに難しいからであって、別に他の意図はないでしょW
いや面白いことを言う人だね。


61 :55:2005/05/05(木) 19:50:42
>>57
君は↓
>>41
>複雑化した原形のわからなくなった網でも、絡まった部分を丁寧に
>ひとつひとつほぐしていけば、元がひとつの巨大な網だったのだという、
>網の原形が見えるようになってくる

こういうのが得意なんじゃないのかい。
得意なら「量子論」も「相対性理論」も君が誰にでも分るように
簡単に表現してくれればいいのだよ、そうすれば、わざと難しく表現して、
儲けている奴が居るならば、そいつらの特権を奪えるじゃないか。

まあ、実際はそんな科学者がいたとすれば極少数だから、関係ないのだけれど。
どちらかといえば、簡単に表現できる人が居れば歓迎されると思うけどね。

62 :51:2005/05/05(木) 19:50:49
>>60

いや、まだ科学者が本当に理解しているわけではないんじゃないのかな?
本当に理解しているわけではないからこそ難しいんじゃないのかな。

だからこそ多重世界とかいろいろな解釈があるわけでしょう。
単純に理解できるのだが、科学者たちは未だそれを為していないという理解も排除できないのが現在の科学でしょう。

63 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 20:14:42
なんなんだ?この哲学板は????

8回連続でエラーだとさ  どこが8回連続なんだよ!俺ひとりで自演してたか?コノヤロー

ちゃんと相手がいて議論し会ってるじゃないか、このふざけた規制は何なんだ?
2ちゃんねる管理人ひろゆき氏ねよ!
これじゃあ真っ当な議論できないだろが、つまらん規制かけやがって

頭きたからメシ食ってきた この哲学板では真っ当な議論なんぞできんね
すぐに8回連続規制で書き込めなくなるもんな、連続でなくてもな

64 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 20:15:26
>>55
能力の劣る者は誰でも、権威を高められる専門職を持ち安定した収入を得て
安定した贅沢な生活していきたいと思っているし実行している

だからこそ、宗教家、法律家、弁護師、医者、政治家、教育家、科学者らが
何もない所から、独特の考えを立ち上げてはそれを専門職にしようと、権威を
高めることだけにやっきとなる

自分が専門職にしたい職業で、権威を高めるにはどうしたら良いのか?
・それはできるだけ多くの国民が理解しにくい言葉や文字の羅列で表現すること
・それはできるだけ多くの国民に自分の考えは真実だと専門用語の氾濫で信じ込ませること

このことは科学者といえど同じで、専門用語の羅列や国民が理解しにくい難しい学問を
立ち上げれば、多くの国民がこの学問の欠点や矛盾を見つけ出すことが困難になり、
間違った学問であるということを立証しにくくなってしまう

間違った学問であるということを国民が立証しにくくなれば、すなわち私が立ち上げた学問は
真実の学問であると言い張れば、そこから権威が生まれてくる
そして権威の後から安定して贅沢な生活の保障がついてくる

つまり安定して贅沢な生活をしたければ「まずは権威を発生させよ」
権威を発生させるには「難しい学問」「難しい教え」「難しい考え」「難しい法律」を立ち上げよ
そうすれば権威は自動的に発生してくるものだ
「相対性理論」「量子力学」も権威を発生させるために立ち上げたのだ

65 :51:2005/05/05(木) 20:16:32
ああ、俺もわけのわからない規制に時々会うな。

ちと野暮用で抜ける。

66 :51:2005/05/05(木) 20:20:28
>>64

一言。
それは違うな。
科学者は自然を論理的に理解したい人種だよ。
そういうことは考えない人種だよ。
たとえ一時的にそうなったとしても、よりシンプルな形を求めるのが科学者だろう。
天動説から地動説への転換なんてわかりやすいだろう。

わかりやすくしたいが出来ないのが<現在>の科学の現状という理解も排除できないのが現在だろう。

67 :55:2005/05/05(木) 20:24:38
>>66
同意

68 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 20:37:15
アインシュタインは天才詐欺師だった

アインシュタインが「相対性理論」という学問を立ち上げたのは、自らの権威を
高めて安定した贅沢な生活を得るためだったのだ

アインシュタインは「相対性理論」を長年研究していたが、「相対性理論」には
どうしても矛盾や欠点があり、この矛盾や欠点を解消すべく新理論が見つからなかった
しかしそうした矛盾や欠点を知りながらも、アインシュタインは「相対性理論」を発表した

物欲と金銭欲に負けて、自らの権威を高め安定した生活を得たいがために
そしてアインシュタインは「相対性理論」の矛盾点や欠点を指摘されて、ボロがでないように
ある仕掛けを「相対性理論」に施した

人間社会では、とある宗教の教え・理論・考え・主義・政策を立ち上げた時、それらに
矛盾や欠点がなければ、真実とされ正しい、宗教の教え・理論・考え・主義・政策であると認識される
つまり真実でなく間違った、宗教の教え・理論・考え・主義・政策であっても、矛盾や欠点を
指摘されなければ、真実で正しいという評価が下される

アインシュタインはこの人間社会の盲点を利用して、「相対性理論」の矛盾や欠点を指摘されないように
より複雑化して普通の人では理論が理解しにくい文章にして発表したのだった

そうすることによって、「相対性理論」の矛盾や欠点を指摘できる賢い者はいなくなり、「相対性理論」の
矛盾や欠点を指摘されなければ、後は部分部分だけの実験によって、「相対性理論」の一部だけが正しいと
立証するだけで「相対性理論」全体が真実で正しい理論だと、多くの学者達をだます事に成功したのだった

こうして天才的詐欺師アインシュタインは、科学を学ぶ者達から絶大な信用と権威を手に入れることができた

69 :51:2005/05/05(木) 20:47:30
何かなあ・・・
論理としてどこが真実でないかを指摘していないのに、神様のように一方的に裁断するのか。

それが出来ない限り、遠吠えだろうよ。
文学じゃないんだから、論証なしの罵言なら付き合えないよ。

70 :エーテル体はふと考えた:2005/05/05(木) 20:48:56
間違った理論に基づいて、原子爆弾できちゃったのはナゼなんだろ?

71 :エーテル体はふと考えた:2005/05/05(木) 20:50:07
とりあえず徳間のトンデモ本読み漁り杉と診断しておく。

72 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 20:54:59
>>70
間違っているから人類の破滅につながる原子爆弾なんか作るんだろが
正しければ理論を応用して人類の発展につながる物をつくるぞ
正しい考えを持った人間が隣人を殺すための道具を自宅でせっせと作るか?

殺戮するだけの原子爆弾など作り出す時点で相対性理論も
アインシュタインも間違った考えなんだよ

73 :51:2005/05/05(木) 20:56:09
>>72

釣りにしか思えないんだが。

74 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 20:56:41
それは詐欺では無くアインシュタインに与えられた当然の権利だと思う
次元の高次元への連続性にいち早く気がついたアインシュタインには
すべてを自分の掌握した範以内で合理性を決める権利がある。
次元とは元々そうゆうもの。

75 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 21:03:29
>>69
私が量子力学よりはるかに難しくて科学者の誰も理解できない理論を発表したとする

世界中の科学者達はクビをひねりつつも私の理論を全く理解できないために、
論理としてどこが真実でないかを指摘することができなくなる

そして私は理論の一部を使って実験をしたり、現実に物を作り出しさえすれば
理論の正しさを立証させることができる
そうなれば私が発表した理論全体が真実だと世間に認定されることになる

私だけがその理論の内50%はデタラメだと知っていてもだ、他の誰もが100%
私の理論を真実だと信じ込んでしまう

これが人間社会の盲点なんだよ

76 :エーテル体はふと考えた:2005/05/05(木) 21:12:55
E=mc^2で正しいから、悲劇は起こったんだ・・・ヨ。
間違ってりゃ、あの悲劇は起こらなかった。

77 :51:2005/05/05(木) 21:13:02
うん、じゃそういう理論を作り出してよ。
そうしたら君の理解を承認するから。

言うだけなら子供にもできるから。
アインシュタインはとにかくやってのけたからね。

78 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 21:16:45
>>72
ってか、これは笑えるなw
>間違っているから人類の破滅につながる原子爆弾なんか作るんだろが


79 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 21:18:11
>>74
量子力学の一部を応用してパソコンの原理が作れた
ならば量子力学は真実の理論だ

相対性理論の一部を応用して原子爆弾が作れた
ならば相対性理論は真実の理論だ

詐欺師が財布の中にある数百枚の1万円札のうち、
一部の本物のお金を取り出して見せた
お金を見せられたカモは財布の中の、コピー1万円札
数百枚すべてを本物と信じ込んだ

理論の中の一部で物を作ったり、実験が成功さえすれば
理論全体が真実と認定される今の科学に問題がある

80 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/05(木) 21:21:42
>>79
>理論の中の一部で物を作ったり、実験が成功さえすれば
>理論全体が真実と認定される今の科学に問題がある

それ、科学じゃないです。
少なくともまともな科学者はそんな考え方はしません。

81 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 21:23:35
まともに相手してどうするw

82 :51:2005/05/05(木) 21:27:01
やはり釣りだよな、釣り。

83 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 21:31:45
>>80
詐欺師から見れば科学者なんて赤子の手をひねるくらい騙すのは簡単
科学者なんて専門分野の知識は豊富でも、それ以外の知識は小学生並みで単純

ちょっと実験したり物を作ってやったりすれば、手品師でも科学者を騙すことができる
有名なのはテレパシー実験や超能力実験など

だからいいように政治家に利用されて毒ガスやら原子爆弾も作る
あと麻原に騙されてサリンを作ったオウム信者科学者もいたっけ
そして後で自分のしたことの過ちの重大さを知ることになる

84 :51:2005/05/05(木) 21:33:36
>>80

たしかにそんな珍論を展開した科学者は寡聞にして知りませんね。
韋駄天さんは、ボケたかっただけかも知れませんが。

85 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 21:48:45
話がだいぶそれてしまったが、量子力学理論のすべてを
真実だと言い張りたいのなら、まず量子力学理論の簡素化と
単純化に務めるように

つまり大きくなったニワトリを見せて、ニワトリのあちこちを分析して
理論を難しく展開するのではなく、ニワトリが卵の時点からどういう風に成長
して大きくなったかを簡単にわかりやすく理論を展開できるようでないと
量子力学は詐欺理論だといわれ続けることになる

宇宙の始まりは最初から複雑な構造をしていないことぐらい
あなたたちもわかるはず
なのになぜ相対性理論や量子力学という複雑な理論でないと
宇宙の始まりは説明できないのか?

単純な仕組みを説明するのに複雑な相対性理論と量子学理論が必要になる
すでにこの時点からあなたたちの論理は破綻してますよ

ではこれにて抗議(講義)は終わります

86 :エーテル体はふと考えた:2005/05/05(木) 21:49:24
そろそろ徳間書店の本の宣伝打っといた方がいいんじゃないでしょーか?
このままじゃ、電波系と見分けがつきませんから・・・。(^_^;)

87 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 21:57:53
韋駄天さんは、釣りでもなけりゃ、ボケでもない、電波だ。

「人生最大の発見★8」

このスレの★5から登場し(過去ログ参照)、
今尚怪しい電波を放ちつづけいるのであーる。
そう初登場は「完全理論武装論者」だったか‥‥‥‥‥

88 :51:2005/05/05(木) 22:00:07
せめて科学史くらい読んで欲しいですね。

初歩的な認識不足が多すぎるし、科学を外側から論じるにしてもちょっと。
科学という学問を舐めすぎていますよ。

89 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/05(木) 22:02:00
>>85
まともな物理学者にとっては、量子論も相対論も所詮近似で、世界をよりよく知るための道具に過ぎません。
また、量子論が難しいといわれますが、恐らく日本語よりは簡単だと思います。
真面目に基礎から学んでいけば、時間はかかりますが難しくありません。
長くても15年ぐらい真面目に勉強していけば、ほとんどの人がわかるようになると思います。

また、量子論が複雑というのも的外れです。
ある意味、シュレーディンガー方程式だけで世界を記述しているといえます。

90 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/05(木) 22:03:43
>>87
まさか、機械さんや、最高位さんってことはないですよね…。

91 :51:2005/05/05(木) 22:15:25
abcを説明する気にはなれないからなあ。

終了、ということで宜しいですね。>ALL

92 :エーテル体はふと考えた:2005/05/05(木) 22:18:34
>>90
もしそうだったら、漏れの立つ瀬がない、とエーテル体のケララがふと呟いた。w
たぶんトンデモUFO研究家のコンノケンイチ氏ご本人の光臨かと!爆藁!


93 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 22:47:59
エーテルさんは痛い人でつね

94 :wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww:2005/05/05(木) 22:58:27
・・・わたしたちが相手にしていた人の投稿でつ

239 :韋駄天はふと考えた :2005/05/05(木) 18:12:45
漁師学なんたらいうスレからのコピペ

量子力学も法律学・経済学も同じ穴のムジナ
何でも難しく解釈すれば真実だと思い込んでいやがる
おまえら根本からわかってねーんだよ!教科書を読み漁るだけのバカチンが
すべての事象が発生する原理は凄く単純で、それが複雑に絡み合っただけで今日に至っている
つまりは漁師が使う網と同じで、網を構成する材料は1種類だけ
その1種類の網を規則正しく編み上げることで巨大な網ができあがる

しかしその大きな網が周囲からの力に受ける力によってグジャグジャになってしまえば、
網は複雑に絡み合ってひとつの塊になってしまい、それを原形通りに広げて使うことは
できなくなってくる
よって網は元の形とは似ても似つかない複雑な形として今日に存在することになる
しかしそれらの複雑化した原形のわからなくなった網でも、絡まった部分を丁寧に
ひとつひとつほぐしていけば、元がひとつの巨大な網だったのだという、網の原形が
見えるようになってくる
ここでいう「網」とは全宇宙を形づくっている、たったひとつの原材料「時粒子」だと解釈してもらうとよい
そのたったひとつの原材料「時粒子」が規則正しく配列されたり絡み合うことで、宇宙という巨大な「網」が
できあがり、巨大な宇宙という「網」が部分部分の「網」同士の力を、とてつもない長い時間の中で
受け続けた結果、「網」は複雑に絡み合ってしまい「網」である全宇宙は元の原形がわからないほど、
複雑に絡み合ってしまった
その複雑に絡み合っている「網」をひとつひとつ解きほぐしていくのに、哲学的思考が必要になるわけだよ
だから漁師学(量子学)とか言う、物事の発生原理を難しく考えすぎるトンチンカンな学問では、
「網」を解きほぐすことはできないよ

95 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 23:10:36
痛い人でつね

96 :韋駄天はふと考えた:2005/05/05(木) 23:57:55
>>88
>>92
だったら宇宙の構造を説明してももらいましょうか?
あんたらの得意な量子なんとやらで

あんたらこそ宇宙の何たるかも説明もせず量子学はすばらしいから勉強しましょう
って詭弁を吐いても引っかかるのは、宗教にはまりそうな学者候補の学生くらい

私はこのスレで宇宙というのは「網」の構造と同じで、それを構成している
大元の物質は「時粒子」だと断言していますが、あんたらの書き込みには
「量子学から見た宇宙についての見解」は何も書かれてません

量子学を学ぶ者というのはこの程度なんですか?
量子学を学んでそこから宇宙についての新しい考えが生まれましたか?
量子学でミクロの世界を分解して宇宙の構造が見えましたか?

ズバリ言います!電波はあんたらですよ

97 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:03:13
>>89
スピンが入ってねーぞ?

98 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:05:54
波動力学と行列力学が完全に同じ事をいっているのが凄い。

99 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 00:09:07
量子なんたらを学ぶ者がこれほど無知ばかりとは驚いた
ミクロの世界ばかり覗き込んで世の中のすべてが解明できると信じ込む

批判されて論破されれば「電波」と一笑に伏すだけで、論理的に反論すらもできない
私に対して反論しても科学の専門用語や量子学の世界でしか通用しない言葉を
乱用しまくっては「どうだおまえにはこれが理解できまい」と上から見下ろすだけ

詐欺科学者にとって自分の理論や自分が信じる理論を簡単化すると、ボロが出て
しまい矛盾や欠点を指摘されてしまう。
だから絶対に簡単化せず、独自の世界に引きこもって権威を保とうとする

アインシュタインが生きてて日本語の読み書きができたなら、私がアインシュタインの理論を
簡単に論破させてみせるのだが
どうせまた方程式とか持ち出して自分の世界に逃げるに決まってるだろうけどな
アインシュタインの野朗は

100 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:11:48
あいたたたたたW

101 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 00:12:43
>>96
あんまりこういう言い方は好きではないのですが、
日常の言葉だけで宇宙の構造が説明しきれると思いますか?
数学にしろ、物理学にしろ、何かを説明する(しやすくする)ための言語です。

時粒子(粒子という言葉を使っている時点で噴飯ものですが)という言葉で、
一体何が説明できたのでしょうか?
量子論や相対論の応用のおかげで、身の回りの多くのものが作られていますし、
世界のいろいろなことがわかってきたのは、素晴らしい成果ですよ。

102 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 00:19:24
私は一応アインシュタインの「相対性理論」を理解しようと本も買ったし学びもした

ところがある日ふと気がついた
アインシュタインの野朗は宇宙のすべてを方程式で表現できると信じ込んでいる
方程式というのは数字と記号を組み合わせて使った概念であり、この方程式という概念で
果たして宇宙のすべてを表現できるのか?と本気で考えるようになった

そして私なりに出た結論が「方程式で宇宙のすべて表現するのは絶対に不可能」だった
それ以来私にとってアインシュタインの野朗は電波以外の何者でもなくなった

あなたがたに聞く。
あなたたちは「方程式で宇宙のすべて表現できる」と信じ込んでいるらしいが、もう一度
数字という概念から考え直した方が良い
そうすれば方程式というのが、どれだけ矛盾でどれだけ欠点だらけの概念かよくわかるから


103 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:24:51
量子重力理論と一般相対論は相容れないぞ。さあどうする?

104 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:26:09
まさに哲学の真髄だわな

105 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:26:45
漁師

106 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:28:45
すべてを記述できる方程式は多分可能なのだが、それは、宇宙の初期条件を同じにしても、
決して同じ解を与えないだろう。

107 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:29:01
>>102
相対性理論のことは、よくわかった、てかまあ、とりあえずそれでもいい。
このスレタイ見たか?相対性理論じゃないだろう。

量子論の方は、相対性理論より、断然理解し易いから読んで味噌。
食わず嫌いをやめてな。

108 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:31:00
食おう苦

109 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:32:39
>>107
頭いいな。

110 :美香 ◆RQ0Spv3q06 :2005/05/06(金) 00:38:14
☆ヽ(o_ _)oポテッ

111 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 00:38:26
>>103
では量子重力理論で地球の重力(引力)の発生原理を説明してもらいたい
もちろん中学生程度の知能の人でもわかるようにですぞ

私はすでに独自の理論「偏りの法則」によって地球で発生する重力の仕組みを
理解したし、そしてその仕組みを中学生程度の知能を持つ人なら、誰にでも
わかりやすく説明することもできます

もちろん地震が発生する基本メカミニズも知っています
(地中内部のマントルが動く仕組みと、その動力の元となる要因)

112 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:42:29
取り合えず数式に囚われずに読めばいい、
それだけでも十分に常識を疑わせてくれる、
頭を柔らかくしてくれるぜ、なにも丸々信じなくていい、
疑いながら読めばいい、電波本だと思って楽しんで読めばいい、
「量子論」も「相対性理論」も十分に楽しめる内容だぜ。

113 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 00:42:40
>>102
仮にですが、我々の世界がマトリックスの世界だった場合は、宇宙は1と0で構成されていることになります。

114 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 00:44:34
>>111
では貴方の論で、何かを予測したり、製品を改良したりすることができるのですか?
話はそれからです。

115 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:45:19
>>102 :韋駄天はふと考えた

おめーホントは全部理解した上でボケてるだろ!

116 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 00:46:31
>>101
「鉄」という物質(金属)はいまでは身近な存在となりましたが、誰も「鉄」の持つ
性質を根本から説明できる科学者はおりません、もちろんあのアインシュタインでさえ
こんなにも身近な「鉄」なのに、なぜ誰もその性質の仕組みを知らないのでしょうか?
それはあなたらが間違った学問を学んでいるからですよ

量子重力理論で「なぜ鉄は錆びるのか?」鉄が錆びる仕組みを説明してもらいたい

量子重力理論で「なぜ鉄は磁力を持つのか?」鉄が磁石になる仕組みを説明してもらいたい

量子重力理論で「なぜ鉄は溶けるのか?」鉄が溶ける仕組みを説明してもらいたい

ちなみに私の理論「偏りの法則」ではすべて説明できますが

117 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:49:25
数式で論理を表すと理解できずにキレる小学生がいます。

118 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:53:05
普通の量子力学や量子化学で説明できる事に、量子重力を使う意味が判らない??

119 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:54:20
>>117
俺も数式は嫌いだ。チョコッと数字のついた文字式が好きだな。

120 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:57:23
韋駄天さんじゃないですがちょっと同意。
最新の科学ほど意味や質を破壊します。
科学が時間を計測するとして、その計測している時間とは何なのか?
時間と空間の違いは何か?なぜ時間と空間という全く質の違う物を同じ方法で扱うのか?
両者を数値化すれば差異は見えなくなる。
科学は意味や質を要素に分解したり数値化したりして抽象化しているのだが、
その抽象こそが本質だと思ってる。実際は逆です。

121 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:01:43
「普通」の量子力学は時間と空間、古典的扱いだし、相対論でもictだし?

122 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:03:10
>>114
「偏りの法則」を応用すればなんでも作れますし、数え切れないぐらいの特許も取れます
>>112
私が「相対性理論」に興味を抱いたのは、時間と空間についてアインシュタインなりの
考察があったからです。これは後々、私の理論を構築するのに非常に参考になりました

一方私が「量子論」について全く関心を寄せなかったのは、時間と空間についての
考察部分がなく、「量子論」を学んでも、時間と空間についての考えに参考に
ならないと判断したからです

「時間」と「空間」これは非常に大事です
なぜならこの宇宙を形づくっている大元の「成分」だからです
だから「時間」と「空間」を無視している学問は真実を追究する学問ではありません

123 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:05:50
きさまらは原理ではなく「意味」が知りたいの?ねえ?「意味」が知りたいの?

124 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:06:27
>>122
特殊相対論では、時間が遅れたり長さが縮んだりしますが、座標変換上の保存量は何なのでしょうか?

125 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:07:11
>>116
>ちなみに私の理論「偏りの法則」ではすべて説明できますが

その法則で、反応速度論や固体力学が作れますか?
説明するだけではなく、何か結果を出す必要があります。

貴方の論で、構造材料がどれだけの強度を計算でき、安全な橋が作れるとか、
材料の劣化速度が計算でき、耐久年数が予測できるとか、そういう結果が出せるのなら、
世界は今の物理の論だけではなく、貴方の論を採用するでしょう。

まず結果を出してください。

126 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:07:54
>>123
意味なんて後付け。原理にくらべれば屁のようなもの。と、思っていますが。

127 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:09:16
>>123
科学の原理は抽象化された体系内での原理だよ。

128 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:10:11
トンデモが定量レベルまで説明してくれたのを未だかつて知らずなのだが。。

129 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:11:53
もっとも近似の良い抽象を与えているのが科学なのだが。

130 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:12:09
>>120
>最新の科学ほど意味や質を破壊します。

科学かどうか以前に、「理解」や「解明」という行為自体が実はこれなんです。

>その抽象こそが本質だと思ってる。

いいえ、この場合は本質ではなく根源ということです。

131 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:13:31
>>122
>「偏りの法則」を応用すればなんでも作れますし、数え切れないぐらいの特許も取れます

なら出してください。話はそれからです。

132 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:16:10
>>130
では意味や質はどこから出てくると思いますか?

133 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:19:37
>>122
食わず嫌いだなー、悪い事は言わねー、量子論の概念を掴むのは簡単だからさー、
読んどきな、サラッと理解しちまえるさ概念ぐらいはな。
ミクロのことも知ってて損は無いだろう、
そこから新たな閃きが生まれる事だってあるぜ。

134 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:19:38
要するに「答え」を確定することができない。

「答え」は各人ごとに飛び飛びの値を取る。

135 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:19:43
>>117
小学生くらいまでは本能で行動する部分が大きいですから
本能に数式で考えるという概念はありませんし、掛け算や引き算も本能の
思考には含まれません
大人は数式を学び、数式で計算してから計算結果に基づいて行動に移そうとします

しかし赤ん坊はすべて本能のみで考えて行動します(ほとんどは泣くか笑うかのどちらかですが)
赤ん坊には数式を使って計算して判断したり行動はしません
しかし的確に判断でき行動します

ここが大事なのです、本能の部分は数式を必要としなくても、世の中の力の微妙な
変化を理解して、的確に判断できて行動します
なのになぜ私たち大人は必要以上に数式にこだわり、数式を万能扱いして数式での
計算結果のみで判断して行動します

量子力学から数式を取り除いたら何も残りません
でも赤ん坊が行動するのに数式も量子力学も必要ありません
必要とするのは数式を学んだ中学生以上だけの人間です

136 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:23:18
>>132
無自性。空即是色。

137 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:24:34
>>135
いいジョークだw

138 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:27:50
>>131
出したくても出せない世の中だからこそ、私は悩み苦労してるんでしょうが

私は新しい考えを発見しました。世の中にその考えを出しました。
世界中の人が驚きました。すばらしい考えだと評価されました。
特許も権利もすべて発見者であるあなたの権利となりました。
めでたしめでたしです。

世の中こんな単純なものではないですよ
他人の発見や考えを横取りしてひと儲けを企む輩はゴロゴロいますからね
科学者といえども物欲と金銭欲に負ける人間は大勢いますから

私の発見や考えが良い方向へと使われるのなら横取りされても不満はないですが、
人殺しの道具や金持ちのさらなる金儲けの道具に利用されるだけだったら、一生
私の頭の中に封印した方がましですから

139 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:28:18
相互作用の結果がすべて中立的なら意味なんて生じなかったろうな。

140 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:28:50
>>135
>ここが大事なのです、本能の部分は数式を必要としなくても、世の中の力の微妙な
>変化を理解して、的確に判断できて行動します

そうですね。

>なのになぜ私たち大人は必要以上に数式にこだわり、数式を万能扱いして数式での
>計算結果のみで判断して行動します

ここが間違いです。
人間は本能から、言語、数式を生み出したのです。
この世の全ては本能の延長線上にあります。

141 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:30:22
>>135
だから量子力学じゃなくて量子論でいいって、数式も飛ばして読め。
電波本を読んでるつもりでな、薄っぺらい単行本で十分だ。
それすら読もうとしない凝り固まってたら柔軟とは言えんぞ。
それでも今の最先端の科学なんだからな、あんたにしちゃあ、
最先端の科学バカがこんなことを考えてるのか程度に斜めに読みゃあいいんだよ、
それでも大まかには理解出来るほどの簡単なものなんだからさー、
まあ、どうでもいいけどね、食わず嫌いバカはどうしようもないか。

142 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:30:24
>>138
うんこは出さないと身体に悪いよ

143 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:33:26
>>138
まあ何でもいいですから、結果を出してから、出直してきてください。話はそれからです。

144 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:37:42
>>136
存在を数値化するのも一定の性質に注目したものですよ。

人の身長を測るのは人の身長を測っているのであって存在を測っているわけじゃない。
時間を計測するということも時間そのものを扱っているわけではない。

145 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:39:57
>>125
安全性が高く耐久性に優れた構造物を作るのに複雑な数式や方程式は必要ありませんよ
法隆寺を建てた大工さんも、万里の長城を作った技師や、古代地下水路を作った技師も
数学など学んでなくても数千年以上耐えられる建築物を作れる

だから数式や方程式はあれば少しは便利な概念程度の認識で充分
とてもじゃないが数式や方程式はすべてを表現できる万能の概念ではありませんよ
ですから量子力学もそこまで威張れるような学問ではないということ

146 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:41:44
>>144
だからこそ、無自性なんでしょう。

147 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:46:05
>>145
>安全性が高く耐久性に優れた構造物を作るのに複雑な数式や方程式は必要ありませんよ

別に無くてもいいですが、あるともっといいのです。
コスト削減につながります。そうでなかったら誰も使っていません。

>法隆寺を建てた大工さんも、万里の長城を作った技師や、古代地下水路を作った技師も
>数学など学んでなくても数千年以上耐えられる建築物を作れる

これはそうですね。人件費や経験、教育が必要ですけど。

>だから数式や方程式はあれば少しは便利な概念程度の認識で充分

その通りですね。

>とてもじゃないが数式や方程式はすべてを表現できる万能の概念ではありませんよ
>ですから量子力学もそこまで威張れるような学問ではないということ

まともな科学者ほどそんなこと思っていませんけどね。
使いこなせる人には、強力な道具という程度です。

148 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:47:29
>>143
結果を出せない人間は、意見も言うな!他人の理論に文句も言うな!生意気だ!
結果も出せないおまえに議論する価値などないんじゃあぁ、ゴルアァ!!

こういう風に受け取ってよいですか、漁師力学さん?

149 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:49:39
韋駄天が
数字を見るとジンマシンが出る
ハクション大魔王に見えてきた
(ちと古いが)

150 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:49:51
ていうか、なぜこんなスレが哲板の最上階なのよ。すみやかに落ちて
くださいね。


151 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:51:24
>>146
矛盾してます。
科学者は先だって時間と空間の意味を知っていなければ
それぞれを区別し計測しようがない。
数値化する際にまさに自分で意味を補完してるのにその点はないことにします。

152 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 01:52:16
>>148
主張されるのは自由だと思います。どうぞご自由に。
でも、その論を採用するかどうかを決めるのは貴方ではありませんし、
何かを世に出すのであれば、議論され、批評されることを受け入れなければいけないと思います。

153 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:52:41
>>145
とんでもない勘違いしてるな

154 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 01:54:28
>>147
コスト削減ねぇ   ふーん  ふーん 
「コスト削減」こんな言葉が出るとは思いませんでした

ロケット打ち上げに何度も失敗している種子島宇宙開発事業団に、漁師力学とやらを
学ばせたいもんですなぁ、 え?すでに漁師力学を学んで深く理解していらっしゃる
技術者ばかりが、ロケットの設計しているのですか? これはこれはどーも失礼致しました

では永田町の国会議員や官僚達に、ぜひとも漁師力学を学ばせて国家予算のコスト削減を
図ってもらいたいものです

155 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:56:31
煽りビームを打ち込むとその人物は励起状態となりテンションのレベルが上がる。

その際、光子をひとつ放出する。

156 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:57:14
古代建築もいきなり出来たわけじゃない。
膨大な知識の集積と、その抽象化があってのことだ。
数学の元もそこから生まれた。

157 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 01:58:47
>>155
光子を放出するのは、煽りに気づいて冷める時ね。

158 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:00:29
数字なりの道具がないと長さを測り伝えるのもままならず仕事になりません。量子力学なりの論理がなければ半導体の加工プロセスの確立はできませんでした。

159 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 02:02:45
>>154
>「コスト削減」こんな言葉が出るとは思いませんでした

企業や産業はこれで生きていますからね。

>ロケット打ち上げに何度も失敗している種子島宇宙開発事業団に、漁師力学とやらを
>学ばせたいもんですなぁ、 え?すでに漁師力学を学んで深く理解していらっしゃる
>技術者ばかりが、ロケットの設計しているのですか? これはこれはどーも失礼致しました

まともな理系の大学なら、量子力学は一般教養課程で学ぶので、知っていて当然ですが。

>では永田町の国会議員や官僚達に、ぜひとも漁師力学を学ばせて国家予算のコスト削減を
>図ってもらいたいものです

別に道具を使える必要はないでしょう。
道具を使える人間や、さらにそれを扱える人間を使えればいいだけですから。

160 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:03:21
>>149
いいや違うんですよ
今の世の中、数字野朗が闊歩しすぎてるから論破して潰したいだけですよ
世の中右を向いても左を向いても、数字で物事を判断して数字だけで価値観や
人格から信用まですべてを決定しやがる

まるで数字がすべてを表現できる万能のように扱われて、数字を扱う野朗が闊歩しまくる
そういう間違った風潮を叩き潰したいだけですよ

161 :スレタイ無残:2005/05/06(金) 02:04:14
だいたい、スレタイの量子力学で哲学って何よ。意味わかんねぇ。
量子力学を哲学する、だろう?


162 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:05:46
数学が数値を扱うのは、最後の仕上げチェックか、応用される時ぐらいだろう?
主として、抽象概念同士の精密な関係を記述する学問だと理解しているが、間違えか?

163 :スレタイ無残:2005/05/06(金) 02:07:58
サゲロちゅうの


164 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:09:35
>>163
夜中なんだし、ええじゃないか?

165 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:10:16
買い物したら数字でお金計算するでちょー?数字はこんな所にも使われていたんでちゅね。わかりまちゅか?

166 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:11:34
>>158
そうそう量子力学も、長さを計算したり重さを計算したりする
ものさしの一部程度なんですよ。
さしずめ量子力学でメシ食ってる人間は「最先端のものさし屋」といったとこか

ものさし屋が万能気取りで世の中を仕切ってはいけませんぜ、旦那!
ものさし屋はものさし屋らしく、長さを計算したり重さを計算したりするだけに
専念してくだせぇ、旦那!

167 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:15:03
物差にすらならない腐れ哲学をどう処分するか、それが問題だ。

168 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 02:15:55
>>166
>そうそう量子力学も、長さを計算したり重さを計算したりする
>ものさしの一部程度なんですよ。
>さしずめ量子力学でメシ食ってる人間は「最先端のものさし屋」といったとこか

その通りです。

>ものさし屋が万能気取りで世の中を仕切ってはいけませんぜ、旦那!
>ものさし屋はものさし屋らしく、長さを計算したり重さを計算したりするだけに
>専念してくだせぇ、旦那!

他の能力が同じなら、ものさし屋の能力を持っている奴が強いのは当前です。

169 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:17:46
煽りビームもう少しだな、もう少しで臨界点に達するかも、
連鎖的に核分裂が起きて爆発しちまうぜ。

170 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:18:21
量子化学や量子エレクトロニクスと量子力学は目的が違う。

171 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:20:04
>>169
反射材で囲んでおいた方が効率がいいですぜ、旦那。

172 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:27:04
>>168
なんか違うんだよなぁ、私の考えが理解できないとは

ものさし屋が、最先端のものさし(量子力学)に方程式とやらの
新しい道具を取り付けました
これで万能です。
宇宙の隅々からミクロの世界まで、すべての長さと重さと
そこに発生する力の大きさを、正確に測ることができます

こういう風に信じ込むことに大きな間違いがあると、私はさっきから何度も
言ってるわけですが、アインシュタインもこのことに気がつかなかった

173 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:27:28
>>171
爆発させるより、安全棒を差し込んで、煽りビームを制御しつつ、
臨界状態を保ちながら、エネルギーを抽出して、原発的に平和利用といきましょうや。

174 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:28:04
もう、いまさら時間とか空間とか考える必要ないだろ。
感性の形式、それ以上のことは、人間様には有意義なことを言えない。
カントが250年前に結論している。これが正解。

175 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:34:06
で、漁師力学のものさし屋は地球で発生している重力が、地域によって
微妙に違うということを、漁師力学のものさしを使って計算できてるのですかね?

まさか地球表面での重力はどの地域でもまったく同じです
なんて珍回答はしないでしょうけど、心配だなぁ、ここのものさし屋は

176 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:35:41
意義を前提にしているわけだ

177 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:35:50
>>175
何が言いたいのやら??

178 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 02:35:53
>>172
>ものさし屋が、最先端のものさし(量子力学)に方程式とやらの
>新しい道具を取り付けました
>これで万能です。
>宇宙の隅々からミクロの世界まで、すべての長さと重さと
>そこに発生する力の大きさを、正確に測ることができます
>こういう風に信じ込むことに大きな間違いがあると、

まともな物理学者はそんな風に信じ込んでいません。
せいぜい、今までのものさしよりは性能がアップしているという程度です。

179 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:40:08
Q1:チョモランマ(エベレスト)の頂上で発生する重力と、太平洋の海面赤道上で発生する
重力と、南極の極点で発生する重力を、それぞれ量子力学の方程式を使って数値化せよ

Q2:Q1で計算した結果、重力の強い地域順に並べよ


この数値と順番を正確に計算できるものさし屋います?

180 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:43:15
おい、誰か安全棒差し込んどけよ、煽りビームが強くなってきたぞー

181 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:43:35
>>179
古典力学で十分じゃないの?

182 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:44:34
ロケット飛ばすのに量力使う馬鹿もいないだろうし

183 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:45:06
クソスレ、アゲンナ!!!!!!!!!!!!!!!!


184 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:46:36
糞スレはage晒しw

185 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:46:39
その微妙にちがうというのがわかったのは、ちがうかどうか
はかるための物差しがあるおかげだろう。

馬鹿なテツガク屋がきいたふうな(でもピントはずれな)口を
して悦に入れるのも、物差し様のおかげなんだから少しは
ありがたがれ、このアホんだら。

186 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:48:57
いかんいかん、連鎖反応が止まらない〜

187 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 02:51:41
>>179
量子力学を出さなくても、古典力学で考えればいいではないですか。
ビットマップの画像を見るのに、ダンプリストでも見るのでしょうか。
目的と道具の選択を間違えているとしか思えません。

188 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:52:21
カントが如何に偉くとも、溶鉱炉の温度を測ろうとした職人がいなければ、200年の眠りは破れなかった。

189 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 02:55:00
Q1:長さ1メートルで直径10cmの中空鉄パイプの中に水を詰めた場合と、中に砂を詰めた場合と、
中に粘土を詰めた場合での、それぞれの鉄パイプにかかる圧縮強度を計算せよ

Q2:Q1で計算した結果、圧縮強度の強い鉄パイプ順に並べよ


この数値と順番を正確に計算できるものさし屋います?

中空鉄パイプの中に詰める材質が違うだけで鉄パイプの圧縮強度が違ってくるのは
誰でもわかるはず
地球もこれと同じで、地球表面を鉄パイプとして中身に詰める材質を地球内部の
海水・地下水・岩石・砂・土・粘土土・などの物質とすれば、とうぜん地球表面の
圧縮強度(この場合は引力となる)が違ってきます

190 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:57:17
おもろいなー、この「量子力学でなるこざか」スレ。

191 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:59:49
>>189
アイソスタシー?

192 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 03:00:05
>>185
私は独学で地球表面の重力が、地域によって違うということを発見していましたが何か?

いまだに地球の重力はどこでも一定などと言う、ものさし屋なんかあてにしていませんよ

193 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 03:01:42
>>189
>この数値と順番を正確に計算できるものさし屋います?

実用上十分な精度で計算できる専門家は普通にいると思います。

194 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 03:02:37
>>192
>いまだに地球の重力はどこでも一定などと言う

まともな物理学者にそんな人はいません。

195 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:03:25
>>192
アイソスタシーは高校の地学でやりますよ。
21世紀に独学して発見なさらずとも、数百年も前から知られていた事ですが?

196 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:07:54
高校の地学でやる事を知らない≒中卒    でつか?

197 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:08:48
自演劇場は終わりか?

198 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 03:13:06
>>196
>>111 もちろん中学生程度の知能の人でもわかるようにですぞ
>>135 必要とするのは数式を学んだ中学生以上だけの人間です


199 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 03:14:59
Q1:厚さ10キロメートルの大陸マントルと、厚さ50キロメートルの大陸マントルと、厚さ100キロメートルの大陸マントルの、
それぞれが直径1000キロメートルの円周形だと仮定し、互いに同じ力でぶつかりあった場合、それぞれの
大陸マントルの力を受けた後の形状と、ぶつかりあった際にできる振動の強さを計算せよ

Q2:Q1で計算した結果、大陸マントル同士がぶっかりあった場所での、将来に渡って振動が
発生しやすくなる箇所を述べよ


この数値と振動箇所を正確に計算できるものさし屋います?

200 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:16:00
韋駄天さん、マントルが動くエネルギーの元は何なのでしょう?

201 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:17:49
それ以前に、マントルと、地殻と、プレートの違いも理解していないと思われ。

202 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 03:30:30
アイソスタシーを検索してチラッと見てきた

アイソスタシーでは肝心な重力の発生原理が、全然説明できていないので
重力が地球上では地域ごとに違うという実証にはならない
磁力の発生原理も知らないくせに、磁石の性質がどうとか語るのと同レベル


203 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:34:07
ヒポポタマス座が影響していると伝承にはありましたね。

204 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:41:00
>>202
ありゃりゃ?
地表に於ける重力加速度の不均一のことではなかったの?
いつの間にやら重力の発生原理?

205 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:46:01
一般相対論では時空の歪み。
量子重力では重力子の交換。

206 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 03:49:13
また8回連続規制に引っかかった ムカツクからもう書き込みやめた
>>200
はるか昔に地球に衝突した巨大隕石群です

この巨大隕石群によって、地球のある地域だけに集中して巨大クレーター群が
できあがって、この地域に地球内部で「偏りの力」が発生
「偏りの力」によって、地球内部の力は巨大クレーター群に向かって
移動しようとする力が発生して、それが大陸マントルの移動になり
大陸マントルの上に乗っかっている地域も大陸マントルごと動いていく

インド大陸がアフリカ大陸から切り離されたのも、この「偏りの力」のせいで
他にもオーストラリア大陸が「偏りの力」によって南極から切り離されている
大陸が動いているのは、この巨大クレーター群に発生した「偏りの力」のせいです

詳しくはここ↓の>50以降
理法書
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/6270/1089561506/

207 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:49:25
おまいら、機械だと分かってて何故付き合う?


208 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:52:30
>>207
馬鹿の相手も、眠れぬ夜の暇つぶしw

209 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 03:53:58
>>206
放射性元素の崩壊熱無視すんなよw

210 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:00:05
原始的発想はまあ、統一場理論と散逸系といったところか。
自分だけが思いついたと勘違いして、勉強せずに暴走するとなるもの、トンデモだな。

211 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 04:00:33
>>206

    彡ミミミミ))彡彡)))彡)
   彡彡゙゙゙゙゙"゙゙""""""ヾ彡彡)
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < 感動した!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________
     ,.|\、)    ' ( /|、
   ̄ ̄| `\.`──'´/ | ̄ ̄`
      \ ~\,,/~  /

これからも頑張ってください。ご活躍をお祈りいたします。

212 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:03:01
糞スレ畳んどけよ

213 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:06:28
なんというナウイ、スレタイだ!!!!!!!!!!!!!
感動した。


214 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:08:24
学問は所詮道具だ!的発言とか、大学・教育機関批判の発言とか、
付け焼刃の科学概念提示とか、稚拙な科学観のあわせ技で機械認定だな。
ついでに言うと、ローカルルール議論で反対派として頑張っていたり、
アカデミックな哲学を否定することに躍起になってどこにでも顔を出すのもこいつだ。
要するに人生終わってる電波オヤジだな。

215 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:09:06
そうそう。斜めにぶつかったクレーターが楕円になるって、これがねえ、観測事実によると、
ほぼ真円なのよ。物事は正しく見ないとね。
作業仮説も、最初の認識を誤ってると、わけわかめなことになるから、注意してネ。

216 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:11:48
泡食ってアイソスタシーgoogるところはまさに中卒認定だなあ。高校出てれば文系だって知ってるしょ?

217 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:26:41
機械タン、ガンガレ!
死ぬまで馬鹿言ってろ!

218 :51:2005/05/06(金) 04:32:53
ありゃ韋駄天さん、まだやってたんですね。
どこぞで「暴れてきた」という発言がありますが、症状を診てもらった、の間違いですよね。

219 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 04:36:29
>>218
warota

220 :51:2005/05/06(金) 04:47:37
>>211

ご冥福を祈ります、の間違いだろうよ。

韋駄天さん辻ちゃんのファンなんだって。 プッ
livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/6270/1065788891/

221 :51:2005/05/06(金) 04:51:31
220訂正

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/6270/1065788891/

辻ちゃんは池沼かもしれませんが、妄想は言わないから辻ちゃんの方がまとも。

222 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 12:06:41
わかっててわざとボケてる人だと思ってたんだけどなぁ…
本物のトンデモさんだったの?>韋駄天

223 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 13:55:02
おおっ!かなり私に対しての意見が湧いてでましたね
さっそく得意のプロファイリングで、あなたたちの書き込みを検証してみましょう。

210 :考える名無しさん :2005/05/06(金) 04:00:05
原始的発想はまあ、統一場理論と散逸系といったところか。
自分だけが思いついたと勘違いして、勉強せずに暴走するとなるもの、トンデモだな。


論破されても負けを負けと素直に認めたくない意固地な性格が見えます。
また自分の学んだ学問が最上位であると信じ込む心が強い方です、ですから私の考えを古臭いと
強引に決め付けて、自分の考えはおまえより新しいのだと強引に決定づける性格です。

あなたはすでに宗教にはまっているか?これから宗教にどっぷりとはまりやすいタイプでしょう
流行の宗教には警戒してください。

また会社づとめであれば、いまの性格では上司や経営者には向かないタイプです。
自分の考えが絶対だという思い込みが強すぎるので、一旦自分流のやり方で成功してしまえば
そのやり方を何十年でも押し通そうとします。その結果、違う考えを持った若手と意見が
対立しやすくなり、新しい考えを受け入れることを頑固として認めずに、時代の流れに
押し流されていくだけのタイプでしょう。

あなたの性格を以下のように改善することをお勧めします。そうすればより器の大きい人間へと成長します
・柔軟な発想を持てるように、もっと趣味の範囲を広げて視野を大きくしてください。
・答えが何十種類も見つかるような問題に取り組んでみてください。例えば音楽や芸術をテーマにするとか
・知識欲はすでに充分にありますので、後はとにかく新しい発見をできるような生活を優先してください
・環境が大きく変わるような場所で生活することをお勧めします。知らない土地へプラリと旅行をするとか
・いままで蓄えてきた知識が全く通用しない職業か環境への、生活を一度してみてはどうでしょうか

224 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 14:24:20
211 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/05/06(金) 04:00:33
>>206
   ミ彡゙ .._    _   ミミミ彡
  ((ミ彡 '´ ̄ヽ '´/ ̄ ` ,|ミミ))
  ミ彡  ' ̄ ̄'  〈 ̄ ̄ .|ミミ彡
  ミ彡|  ) ) | | `( ( |ミ彡
  ((ミ彡|  ( ( -し`) ) )|ミミミ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ゞ|  ) )  、,! 」( ( |ソ   < 感動した!
     ヽ( ( ̄ ̄ ̄' ) )/      \_______________

これからも頑張ってください。ご活躍をお祈りいたします。


あなたをプロファイリングしますと、ユーモアのセンスがあります。
芸術的才能がもしかしたらあるかも知れません。
また小泉総理のAAを持っているので、(私も保存してます)政治にはとても関心がある方です。
ただし、文章が丸まるコピペで短いので文章表現が苦手で直感力に優れた方です。

理論を熱弁するのには向かなく無口でじっと考え込むタイプです。
人の意見を柔軟に受け入れようとする姿勢があるので、社会での適応性は高いでしょう。
ただし相手から強引にやり込められたら引いてしまう気の弱さが、あなたの成功を拒んでいます。
良い部下に恵まれたら、部下の意見を積極的に受け入れるタイプなので、部下からの信頼が増します。

あなたの性格を以下のように改善することをお勧めします。そうすればより器の大きい人間へと成長します
・気の弱さを克服するために、他人の意見を聞けず気が強くなる趣味をお勧めします。単独登山、野宿生活
・自分だけで悩んでしまい自殺まで考え込んでしまうような、精神的負担の強い職場は避けてください。
・性格が真面目ですがユーモアのある人が好きなので、結婚相手はおしゃべり好きでにぎやかな人を選ぶとよいでしょう
・政治に興味がある人は他人のために何かをやりたい意欲がありますので、地域活動が盛んな場所に引っ越すのも良いかも
・たまには強気になれる生活をするのがベターです。犬を飼ってみて命令口調で支配するのもストレス発散になるでしょう

225 :もとく ◆TpifAK1n8E :2005/05/06(金) 14:46:37
AAで性格まで分かるなんて感動した。

226 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 14:51:00
>>212>>213は書き込みが短かすぎてプロファイリングできません

214 :考える名無しさん :2005/05/06(金) 04:08:24
学問は所詮道具だ!的発言とか、大学・教育機関批判の発言とか、
付け焼刃の科学概念提示とか、稚拙な科学観のあわせ技で機械認定だな。
ついでに言うと、ローカルルール議論で反対派として頑張っていたり、
アカデミックな哲学を否定することに躍起になってどこにでも顔を出すのもこいつだ。
要するに人生終わってる電波オヤジだな。


あなたは情報収集力に長けた人ですね、私の書き込みをよく調べている。
あなたの情報収集力の高さを生かせる職場に恵まれれば、あなたは成功できます。
議論や熱弁をすることも得意ですが、言動から敵を数多く作りやすいタイプなので
身の回りの生活はクリーンにしとかないと、それが原因で足を引っ張られてしまいます。

あなたは情報収集力には長けていますが、集めた情報を正確に分析する能力は苦手です。
上司になった場合は情報分析に優れた部下を手元に配置すれば、あなたの評価は格段に上がります。
あなたの知能は優れていますが単独で何かをやれないタイプなので、あなたの才能を生かしきれる
仲間が必ず必要になります。

あなたの性格を以下のように改善することをお勧めします。そうすればより器の大きい人間へと成長します
・あなたの能力を最大にしてくれる、判断に優れ分析が得意な結婚相手を選んでください
・周囲に敵が多く浮気などで足を引っ張られ人生が崩壊しやすいので、慎重に用心深く行動すること
・カッとなりやすく行動力がある反面、冷静な判断力が欠けやすいのでのんびりくつろげる趣味を選びましょう
・的確な判断力を磨くためにギャンブルをやるのも良いでしょうが、大勝負する性格なので嫁さんに財布をあずけましょう
・あなたの人生は嫁さん次第で成功か破滅の両極端になりやすいです、嫁さん選びはとにかく慎重に

227 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 15:06:35
マト外れの分析はうざい

228 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 15:10:18
215 :考える名無しさん :2005/05/06(金) 04:09:06
そうそう。斜めにぶつかったクレーターが楕円になるって、これがねえ、観測事実によると、
ほぼ真円なのよ。物事は正しく見ないとね。
作業仮説も、最初の認識を誤ってると、わけわかめなことになるから、注意してネ。


>>210の最後の文章で<トンデモだな。>と>>215の最後の文章<注意してネ。>の
終わり方が似ているので恐らく同一人物が書き込みしたのでしょう。

216 :考える名無しさん :2005/05/06(金) 04:11:48
泡食ってアイソスタシーgoogるところはまさに中卒認定だなあ。高校出てれば文系だって知ってるしょ?


プロファイリングするには書き込みが短いが、英語使いといい、書き込み文章の意味の
わかりにくさから判断すれば、まだ学生ぽさがにじみ出ています。
中卒とか高校とかやたら学業にこだわる面からも、学生であることは間違いないでしょうが
世の中は学歴がすべてだと勘違いの認識を持っていますので、あなたは有名大学の大学生でしょう。

もっと文章表現の技術を磨いてください。まだまだこれからですから
たった一言の文章で、相手をとりこにできる小説家やコピーライターには向いてませんが、
研究の分野で芽が出るかも知れません。
とにかく自分の特徴と個性を短い文章に表現できるようになれば、どんな分野でも
成功間違いなしでしょう。

229 :韋駄天はふと考えた:2005/05/06(金) 15:15:25
後の人のプロファイリングは同じ人の書き込みが重複しているのと、書き込みの文章が
短かくプロファイリングしにくいのでやめます。ではサイナラ

後、私からのプロファイリングご希望の方はできるだけ長文でお願いします。
短文でのプロファイリングは誤差が大きいですから

230 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 18:41:30
>>229
アカデミズムにコミットできない恨みの井戸を妄想で埋め尽くしましたね。
お見事>韋駄天

231 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 20:17:07
恨流、というわけですか。

時代の最先端を行く韋駄天様。

素晴しい。

232 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 23:48:36
定量的な説明に至らないトンデモに論破された覚えはないんですが?

233 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 01:17:08
最初は愉快なユーモアのある人だなぁと思ってたんだけど。

234 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 01:32:09
本物の馬鹿でスた

235 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 08:37:22
特殊相対性理論の認識論的説明は哲学の方が適任なのかな。
アインシュタインは科学者の認識論はあまり良いのは無いというようなことを言っていたそうだけど。

236 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 08:46:38
しかし30+30=30というのはやはり理解できないからなあ。

俺たちの現在がまだまだこれから新しく展開できる余地がここにあるのかもしれない。

237 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 11:34:53
>>236
あんたは粘土で足し算したことが無いのか?

238 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 12:44:54
>>237

説明してくれ。

239 :韋駄天はふと考えた:2005/05/07(土) 14:36:13
>>230
>>231
私の本心を見破りましたか 流石です

>>232
その考えがまだまだの証拠 議論での勝敗を見分けれるようにさらなる切磋琢磨を

>>233
私はユーモアはありますよ
ただあまりにも私の能力を見下していた人が多いようなので、手の内を変えて
少しギャフンと言わせただけですよ

>>234
私を馬鹿としか思えないあなたは凡人の証拠。
もっと知能をフル活用して鍛え上げましょう

>キチガイのように思えて実は天才。天才のように思えて実はキチガイ。
>馬鹿のように思えて実は天才。天才のように思えて実は馬鹿。

凡人はこうした判断ミスをよく犯すものです
キチガイと天才は紙一重の違い。(似ているようでもよく観察すれば違うものです)
この違いをはっきりと見分けれるようになれれば、あなたも知能の達人です

240 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 15:19:24
ab≠ba、a(bc)≠(ab)c な数。

241 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 23:58:11
韋駄天て人痛い… いいたいこと(議論したいこと)あるならはっきり言え

242 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 00:00:13
>>241
この種の人はそれができない。それ故トンデモであり続けられるのです。

243 :考える名無しさん:2005/05/10(火) 15:49:17
>>240
詳しく!

244 :考える名無しさん:2005/07/02(土) 12:35:06
age

245 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:31:37
電子は粒子であり、波でもあるらしいが、どうしてもイメージ出来ない。
哲学的にはどの様に解釈されてるんだろか。

246 :ぬえ:2005/08/15(月) 16:36:09
とりあえず、難しいよぉぉぉ(*´Д`)ハアハア

247 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:38:30
>>245

イメージできる人は物理学者にもいませんよ
優れた物理学者は、みんなイメージできないと言います


248 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 16:58:57
E=hν 、E=cp ⇒ hν=cp ∴p=hν/c
ν/c=1/λ ∴p=h/λ
1/λ=k/2π ∴p=(h/2π)k

つまり、(運動量)=(定数)×(波数) となり、
運動量という粒子的な物理量と、波数という波動的な物理量は、
比例定数を介してイコールで結ばれる。
不思議だ…。

249 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 17:07:28
>>248
分子ですらその存在は不確定なんですよ?
所詮、粒子や波動というのは不確定性を排除して考えるための
便宜上の概念に過ぎません。

250 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:47:27
粒子が波のように動いてるんじゃないか。瞬間を見れば粒子はとまって見えるが、時間経過を見れば波になる。


251 :ぬえ:2005/08/15(月) 23:25:46
考えようや見方でかわるっちゅーこっちゃね?

252 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:27:02
chaosとかも関係してるのかな

253 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:32:58
そのエベレスト解釈たらいうものは知らんが、
「起こり得る出来事のすべてとその確率は決定している」
って言うのは「決定論」になるのか?

254 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:36:37
なる。

255 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:45:04
>>243
八元数など

256 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:48:31
>>253-254
エベレット。
どこに転ぶか率でしか解らないものは、決定論とは言えない。

257 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:52:01
というか、波動として実在しているから重ねあわせとかが可能なわけだが。
コペンハーゲン解釈に煽られすぎ。

258 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 14:03:20
解釈は解釈。
厳密には数学で書ける以上には何もない。

259 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 18:04:13
コペンハーゲン=人間原理的解釈
エヴェレット=素粒子原理的解釈

前者は観測者を特別視する点で、人間を特別視するキリスト教と同じ矛盾を抱えている。
しかしながら、古典物理的解釈を部分的に存続させられる(部分的には矛盾だらけだが)
ことから、無責任に前者に違いないと決め付けてしまっている輩が多い。

彼らの大部分は、自分たちがロールシャッハ・テストで「私には眠る犬に思える」
「いいや、私には踊る猫に思える」と言い争ってる人たちと同じだということに
気付いていないのだ。どちらでも本質に違いは無いというのに。

260 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 16:18:41
解釈とは、文系の馬鹿役人に金を出させるための一手法である。

261 :考える名無しさん :2005/08/17(水) 17:51:35
エックルスが不確定性理論で脳の働きを説明してたけど、
高分子と電子のサイズが解ってたんだろうか?

262 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 18:51:18
ベンゼン環の結合と不確定性は関係あるの?

263 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 21:52:41
あげてみるよ。

264 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:06:17
>>250
そういう誤解が多い。

88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)