2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

井筒俊彦「意識と本質」を読むスレッド

1 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 13:58:09
はじめます

2 :考える名無しさん:2005/05/12(木) 14:00:12
  

3 :筒井筒:2005/05/14(土) 22:24:20
期待してます。

4 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 21:31:33
おーい、君は待たれているぞーい。

5 :考える名無しさん:2005/05/16(月) 16:57:39
最近、古本屋に行ったら『意識と本質』があったんで、なかを見てみたんだが、
むつかしそうだったんで、本棚に戻してしまった。

そのうち読もうとは思っているが…。

6 :筒井筒:2005/05/29(日) 10:01:24
まだですか?

7 :ちょび:2005/05/31(火) 21:07:53
コップが存在するのでなく存在がコップしている。ケプラー、サルトルの嘔吐を克服。

8 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 16:05:21
難しいのに買ってしまった。イスラムの知識がいりそうだよ。


9 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 15:20:17
このくらい読みこなせよ

10 :考える名無しさん:2005/06/02(木) 15:27:30
カバラなんて分かるのか?

11 :ちょび:2005/06/03(金) 08:51:47
我々はどこから来たのか 我々とは何者か 我々はどこへ行くのか 一本の直線の時間の中のある時点で生まれある時点で死んでいく自分が生まれる前と死んだ後にもこの世界が存在し時間と空間の無限性の前に嘔吐せざるを得ない自意識を解決するヒントとなる本です

12 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 11:31:30
セフィロートってなーに

13 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 10:42:32
エヴァ見ろ

14 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 22:39:57
エヴァしらん

15 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 10:42:02
エヴァ知れ

16 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 21:08:50
エヴァってなーに

17 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 02:53:52
アニメ

18 :筒井筒:2005/06/10(金) 01:49:55
おーい、>>1よ、どこへ行った?

19 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 17:31:01
行方不明

20 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 01:36:40
保守

21 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 01:46:51
読めません

22 :筒井筒:2005/06/19(日) 20:40:53
ホシュしておくか。

23 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 21:24:40
T これはイスラムについて書かれた井筒さんの本に出ていたんだけど、「無意識
層・言葉荒野層・イマージュ・表層意識」という分け方でだいたい平仄があっている
と考えていいですか。

N いいと思いますが、その前提として、分けること自身がすでに恣意的ですから、
むしろ何とでも分けられると考えた方がリアリティに近いと思うんです。ただし
こういう目的のためにはこういう分け方をした方がいいということは言える。
井筒さんのお考えにしても、フロイトを含めた西洋流の考え方では光がよく当たらな
い部分に、鮮明に光を当てているんだと思う。

24 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 02:40:04
食わず嫌いせずに読んでみたら。高校生でも解かる位にやさしく説明してるから。
個人的にはマラルメが仏教を経ずして虚無に到達したってところの文章と、
禅の対話の説明のところが好きだな。井筒の文章って所々詩みたいに綺麗な感じがする。

25 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 20:49:32
本日、神保町で『意識と本質』を買ってまいりました。
そのほかに、中村雄二郎の『共通感覚論』とか、バタイユの『エロティシズム』とかも get。

26 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 22:47:56
>>25
読んだら感想書いてね


27 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 23:02:25
そういや親方のこの本も昔読んだな。その頃は親方が一部では天才のように
喧伝されていたんで、この本読んで拍子抜けしたよ。


28 :考える名無しさん:2005/07/16(土) 03:11:56
井筒さんの『意識と本質』を読んでものすごい衝撃を受けた。
このような東洋の共時的構造化の研究がやりたいんでつが?
どこでやれるんですかね?

29 :のん:2005/07/23(土) 20:16:18
T.本質否定(的)論
    大乗仏教の本質虚妄説、シャンカラの不二一元論、イブン・アラービーの存在一性論

U.本質肯定論
    本居宣長の非普遍化的認識論、アヴィセンナの本性論、フッサールの本質直観
    リルケのフウィーヤ的認識、松尾芭蕉のマーヒーヤ・フウィーヤ転成的認識
※ 普遍的本質(マーヒーヤ)と個体的本質(フウィーヤ)について

V. 存在と本質
    マーヒーヤ肯定論の三類型
      1.深層意識における本質把握、2.元型意識における本質把握、3.表層意識における本質把握
※ スコラ哲学における「存在」と「本質」について

W.マーヒーヤ肯定論(1)
    マラルメのイデア追求的詩論、宋学の格物窮理

X.意識の多様性
    メルロ・ポンティをもとに
      1.意識の垂直性(表層・深層)、2.意識の水平性(文化的差異)
    原子論論争(意識の水平性のもとに)
      1.ガザーリーの哲学的相対主義、2.アヴェロイスのアリストテレス主義

以下続く。。。


30 :のん:2005/07/23(土) 20:18:33
今読んでる所。
「禅」の箇所はすごいよ・・・ほんと。
濃くて深くて、上のようにはまとめきれない。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)