2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

霊・魂・心・精神の違いとは何か

1 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 06:44:31
「霊魂」はスルーでお願いします。

また、脊椎動物、昆虫、植物、微生物はこの四つの内、どれを持っていて、どれを持っていないのか。

2 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 07:34:44
意識

3 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 07:50:54
定義があいまいで地域・時代・状況等に応じていろんな意味に使われる
言葉ばかりなので答えは出ません

4 :bbs:2005/06/09(木) 11:03:25
霊は死んだ後も残り続ける信念や怨念で、魂は今の私たちの現象的な心の形で、心はその中心点であり、精神は連続的な時間性を持った象徴的なものといったところでしょうか。
心はあらゆる物が持っているでしょう。たとえ物であっても「物の心」があるでしょう。
霊も要するに過去の残像ですから物であったらそれなりにあるでしょう。魂も同じです。
精神は言語的象徴という意味で人間だけのものでしょう。
もちろん実際には曖昧なのですが、一応はこういったところなのではと認識しています。

5 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 11:22:58
幽霊
大和魂
唐心
精神病
の違いがある。

6 :純一:2005/06/09(木) 11:23:26

魂は、<私>の内面にあるものです。
私の魂とは言うけれど、彼の魂とは言わない。
主観的で、心の奥深くの、秘密を宿したところのものを
魂と言う呼び名で表すのがふさわしいと思います。

心は肉体の内面的なものの現象をさすように思います。

精神は、意思を秘めています。感官の受動的なものに対する
心の内に秘めた自律的なものの反応を精神と呼ぶのがふさわしいでしょう。

霊は肉体に依拠しない心です。心が文字通り形骸化されたものと表すのが
ふさわしいと思います。


7 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 12:45:49
心(Gemuet, mind, esprit):精神能力一般を漠然と言い表す。感性的なものも含まれる。

精神、霊(Geist, spirit, esprit):精神能力のうち物体的なものとの対比のうちで語られる。つまり感性と対比される限りでの知性、意志を含む。

魂(Seele, Soul, ame):精神を言い表す時に実体的なもののニュアンスを含む。

霊と言った場合、
物質的動物的なものを超えた人間の高貴さ(精神)や
完全に精神的なものとしての天使、神を指す場合と、
実体的に捉えて魂の意味で使う場合(犬の霊)がある。

8 :考える名無しさん:2005/06/09(木) 13:14:28
1センチの虫には5ミリの魂がある。

9 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 02:26:05
3センチだか1センチだか知らないが…
昆虫の霊はいるのかな

10 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 18:52:39

    おしながき

 魂のラーメン ...........
 心のラーメン ...........
 霊のラーメン ...........
 精神のラーメン .........

 ギョーザ
 チャーハン
 御飯 大 ..............
    中 ..............
    小 ..............


11 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 22:54:47
意志を突き通す・・「魂」・・・・・情熱・・・・穴倉・・・・・・真昼
情を匂わす・・・・「心」・・・・・柔和・・・・テラス・・・・・微妙な時刻
浮遊する・・・・・「霊」・・・・・半透明・・・外庭・・・・・・早朝か丑三時
扉を開ける・・・・「精神」・・・・密接・・・・無音室・・・・・時間なし
すする・・・・・・「ラーメン」・・細長い・・・海の家・・・・・昼か夜中
かきこむ・・・・・「チャーハン」・乾いた水気・日本の中華店・・昼
丸み帯びた・・・・「銀シャリ」・・つやあり・・おばちゃん家・・20:00頃

12 :考える名無しさん:2005/06/15(水) 22:59:36
時・場所・状態・現象で色々変わりそうだな。

13 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 11:34:56
どれもこれも実在しないものを無理やり定義つけたという点では一緒。

14 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 20:57:13
結局 >>3 でしょ?

15 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 01:41:28
精神・心は存在するだろ

16 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 01:49:38
>>15
どのようなかたちで存在するかが問題なのであろう。

枕元の靴下にドキドキしている子供にとっては、
サンタクロースは確実に存在する。

怪談話の舞台であれば
ある意味、舞台の上に幽霊は存在する。

最愛の連れ合いをなくした者にとっては
おそらく、常に見守られている思いがあるであろう。
その時、その者にとって故人は確実に存在しているであろう。

17 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 07:19:52
>>16
人によって存在したり存在しなかったりするあやふやなものは実在しないと言う。

18 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 10:32:59
自分にとって
霊とは客体としての死後(意識の時間的残像)
魂とは主体の超時間的存在(意識構造の四次元的実在)
心とは自我と自我となる可能性のある無知覚な情報
精神とは自由そのもの

19 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 10:36:16
>>18
意味不明だ

20 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:01:33
霊って東洋的な意味と西洋的な意味で違うでしょ。

21 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:22:24
>>17
君の言うのは自然科学的に限定された「実在」概念なので、
哲学的には、反省を経ていない「素朴」なものです。
確かに、誰にでも妥当する普遍妥当的なものが「実在する」のは
言うまでも在りません。

しかし>>16の言う通り、何を「実在」とするかは、各人によって異なります。
そして、現に誰しも、そのように何かを「実在」とみなすことなしには、
生きていけないでしょう。

「誰にでも妥当するものしか存在しない」という君の意見もまた、
「オレにとっての実在はそういうものだぜ」とみなしていることに
他ならないのですが、君はそれに無自覚で、「素朴」なのです。

>>16の言うことは的を射ていると思います。
「どのようなかたちで存在するか」=「存在の仕方」が問題なのです。

22 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:46:46
動物に精神は有るの?

23 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:53:10
単に言い方、使い方の違いで、霊でも魂でも心でも。。。あとなんだっけ?
精神か。
要は全ての物の実態っていうのか、物質として表現しているものの中にあるもの。
うまく説明できません。。。

24 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 21:55:46
すべてに共通するのは、言葉であること。

25 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 22:20:16
霊・・・ガイスト・・・知を与える存在

魂・・・スピリッツ・・・生きる力、本能

心・・・善悪、全てをひっくるめた(人、動物の)心的活動の中心
    総括物

精神・・・心に社会性が加わったもの


26 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 09:31:48
>>21
そういう悪しき相対主義はソーカル事件で徹底的に叩かれている。
君の方こそ脳みそが20年遅れている。
そもそも実在と存在の言葉の区別もついていないのか?

27 :21:2005/07/01(金) 11:12:56
>>26

「ソーカル事件」について
この事件では、純粋な自然科学という領域の内部にまで、ポストモダン的な
思想の言説を持ち込むことにより、客観的であるべき科学を相対化してしまう、
という「イタズラ」がなされた。しかし、そこで「相対化」が試みられたのは、
あくまで自然科学そのものに対してである。自然科学の領域の内部においては、
当然ながら普遍妥当的な認識が尺度であり、それ以外の「主観的な」基準などを
受け入れることはできない。そんなことをしたら、自然科学が自然科学として
成立しなくなってしまう。しかし、あえてそれをやってみたのがソーカル事件であった。

つまり、これは純粋な科学を基準として、科学の内部で起きた問題なのであり、
科学の絶対的な基準にとって、「悪しき相対主義」なのである。
そのため、ソーカル事件を例に出すのであれば、自覚しているかどうかは
知らないが、君もすでに、科学的な立場にもとづいて発言していることになる。
もちろん、自然科学という普遍妥当的なものの領域が確固としてあることは、
私も>>21の発言ですでに認めている。しかし、人間の経験とは、自然科学の
世界に尽きるものではない。例えば文学も芸術も、自然科学ではない。
両者を混同すれば、ソーカル事件のように大問題となるが、
それぞれが自分の領域を持ち、その全てが人間の経験の一部であろう。
それぞれの対象が、人間にとってどのように存在するかが異なる、と言ったのである。

だから、私の「脳みそが20年遅れている」と言うよりは、
君の脳みそに「哲学のセンスが欠けている」と言う方がより良いでしょう。

28 :21:2005/07/01(金) 11:25:18
>>26

「実在と存在の言葉の区別」について
「実在」も「存在」も、哲学の伝統的な術語であり、どの時代の
どの哲学者に依拠するかによって、全く意味が異なってくる。
しかし、まだこのスレッドにおいては、そのように厳密な使い分けを
するほどの段階には、議論が進められていない。
そもそもが、>>1のようないい加減な問いの立て方や、>>4のような
ホラーもどき、>>18のような自分の思い込みが、好き勝手に
放言されているスレッドです。術語の使い分けをするほどのことですか?
そんな中でも、たまたま>>16がきちんとしたことを言っているのを
見かけたので、私は通りすがりに書き込んでみただけです。
そのため、まだ「実在」という言葉も、現在の普通の語感として、
リアリティがあるという意味で使っているだけです。

君が「実在と存在の言葉の区別」をした上で>>26の発言を
しているのだとすれば、たったこれだけの議論の中で、
どのような根拠にもとづいて、どのような意味で「実在」と「存在」
を使い分けているのか、ぜひとも教えてもらいたいですね。
これもまた思い込みでなければ。

29 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 15:28:29
唯一の真理 ローマカトリック教会
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1123912686/

30 :考える名無しさん:2005/08/13(土) 22:05:33
それらは、違いはあっても、同じものだよ。
そして、同じであっても、違うものなのだよ。
枝葉に囚われて、森を見ないと見失う事になるのだよ?


11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)