2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【諸学】自然科学と社会科学に差異はあるのか?

1 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 03:29:27
どーなの?

2 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 03:31:45
自然科学→過去の学問
社会科学→ゴミ

3 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 03:41:06
哲学=過去のゴミ

4 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 06:06:44
世界において人間以外の自然を対象にした分野=自然科学
現象において人間の規則を対象にした分野=社会科学

5 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 07:18:44
自然科学→1+1=2
社会科学→1+1=1or2or3or4or5・・・・・・・

6 :寺嶋眞一:2005/06/12(日) 18:51:41
英米の社会では、自然科学も社会科学も共に哲学博士(Doctor of Philosophy; Ph. D.)の管理下にある。
博士号のない人は、学者とは考えられない。
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
And at http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/main


7 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 23:36:50
訳語による巧妙な誤魔化しだね。

Doctor of Philosophy を、日本語の機械的直訳:哲学博士から
多くの日本人がいだく日本語の意味でとらえるのは間違い。
もちろん、元をたどれば、諸学問が分化する以前からの由緒在る存在としての意味がある。



8 :考える名無しさん:2005/06/14(火) 02:59:20
科学哲学/認識論系の方にお尋ねしたいんだけど、昔の方法論的二元論って今でも主流の考え方なのですか?

9 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 13:53:50
自然科学 普遍性に到達するための学問
人文科学 難問をうまくレトリックでごまかす学問 浅田彰、柄谷がいい例
芸術    しばしば科学と接近する レオナルド・ダ・ヴィンチがいい例 また未来の社会を予測し言い当てたりする
宗教    諸悪の根源
技術    便利になる たまに科学になる
政治    妥協の連続
農業    生きるために必要な物 これがあるお陰で人間は今まで生きてこれた
量子コンピューター  多世界解釈の鍵を握る

10 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 13:55:36
>>5
逆です
勘違いしないように
自然科学のほうが創造性があります

11 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 23:58:50
>>9
なるふぉど

12 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:05:30
自然科学→単なる自然宗教
社会科学→単なる社会宗教

13 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:07:30
工学→諸学の根源
科学→工学の定式化
人文→工学の散文化

14 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:07:52
自然科学は物の研究。客観的。
自然科学は社会の研究。間主観的。
他に主観の研究というのもありうるけど、あんまり発展性はないよね。

15 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:14:25
工学→諸学の根源

www

16 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 00:51:20
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1101649169/47
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088844008/714-715
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087670422/657


17 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 02:55:31
工学は公害の元
工作は人間不信の元

18 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 03:09:21
工学にはどうしても「手段の目的化」というイメージがついてまわる。

19 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 17:27:16
>>1
昔はあったろうけど、今はもう無い。

20 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:20:17
>>19
ある。全然違う。

21 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 09:56:17
>>20
例えば、経済学は?
実験できるかどうかが、自然科学と社会科学の差異だとよく言われるけれど、
ケインズの加速度原理が正しいか否かを実験によって確かめられないのは、
どこかの小国を実験台にするのもマズイだろう、というような
倫理的、道徳的な問題があるからでしょう。
それは、哲学的には、瑣末な問題だと思うけど。いかがか?

22 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 10:02:44
一つは「歴史」を扱うかどうかということがある。
歴史の特質は「一回性・個別性・再現不可能性」。
再現不可能だからこそ、「実験する」ことができない。
逆に言うと、他のスレにあるような「自然科学で宇宙のすべてが
解明できる」という考えの難点も、ここにある。



23 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 10:15:50
学問全体が数学基礎にした分野と、そうでない分野に
分かれつつあるというのはいえるかもね。

24 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 10:30:50
このスレの人たちは、ウリクトの『説明と理解』とか、読んだことある?

25 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 10:34:03
しかし経済学でも、数学を基礎に観察と多少の実験
(フリードマンがチリで行ったマネタリズムの実験など)を行い
いわば客観的な事実を追求する部分と、政治の現場で
間主観的な合意を形成する部分とに分かれている。
前者が後者を「専門用語を本来の文脈から離れ
いいかげんな意味で使う」と批判するが、そういうものだから
しかたがない。主観はさらにあいまいだからね。

26 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 11:21:44
>>25
「付加価値」なんて世間では全然違う意味で使われてるよ。
「比較優位」も、「絶対優位」と混同されて使われてるし。
経営学用語「リストラクチャリング」の略「リストラ」も、
本家は「事業再構築」だから、前向きで創造的な意味合いなのに、
日本では「解雇」と同じ意味で使われている。
ネガティブな言葉になってしまった。

27 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 11:28:01
スレタイの趣旨から外れるけど、
「構造改革」ってのも、ヘンだよな。
数学的には、変わるものを「過程」と呼び、変わらないものを「構造」と呼ぶ。
「構造改革」なんて、言葉自体が自己矛盾ていうか。

28 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 16:19:13
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1101649169/47
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1088844008/714-715
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1087670422/657


6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)