2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★【友か】カール・シュミット【敵か】★

1 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 18:07:51
カール・シュミットの政治哲学について語りましょう。



2 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 18:15:49
2

3 :初心者:2005/07/04(月) 18:18:21
卒論でシュミットを論じようと思うのですが、
カール・シュミット入門には何から入ればいいですか?

シュミット自身の著書と解説書のおすすめを
それぞれ教えてください。

4 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 19:20:41
つ【政治的なものの概念】未来社
つ【劇場政治を超えて―ドイツと日本】ちくま新書


5 :初心者:2005/07/05(火) 00:02:35
>>4
どうもです。感謝♪

6 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 02:52:52
>>5
騙されるな!
俺のお勧めは

つ【政治的なものの概念】未来社
つ【劇場政治を超えて―ドイツと日本】ちくま新書

だ!

7 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 09:01:39
こんなのもありますた

>【政治的なものの概念】

http://www.logico-philosophicus.net/gpmap/books/SchmittCarl001.htm

8 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 08:16:54
>>3
シュミット『憲法論』 みすずのやつのが訳は良い。
鰐『教会・公法学・国家―初期カール・シュミットの公法学』
だよ。この2冊で十分いける、他の読む必要なし。

9 :考える名無しさん:2005/07/06(水) 10:24:12
>>8
>他の読む必要なし。

和仁陽の本は確かに良い本だし、多分
日本のシュミット研究では最も優れた本だが、
そんなことないんじゃない?

哲学やってシュミットに興味を持っているなら、
デリダ「友愛のポリティックス」
デュットマン「友愛と敵対」
をお奨めする。

10 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 07:53:22
応援age

11 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:47:58
>>9
別に研究するなら、山ほど読む必要はあると思うが、卒論でしょ?
卒論なら鰐本で楽勝

12 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 02:45:25
>>8
『憲法論』は創文社の尾高訳の方がいいらしい。
法学部のセンセが言ってた。

13 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 12:17:26
尾吹さんのは定評あるわな。まぁ俺はみすずのが読みやすいかなと思っただけよ。

14 :関連スレ:2005/07/28(木) 01:41:59
★和仁陽スレッド★
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1094272531/


15 :考える名無しさん:2005/08/11(木) 21:38:33
ん?

3 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)