2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

僕はなぜ僕なのだろう?

1 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 22:47:52
僕はなぜ君じゃないのだろう?

2 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 22:50:50
出発点が間違っている。
僕はなぜ君じゃないのだろう? となぜ僕は考えるのだろう?を
解決してからまた来いよ

3 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:05:15
僕は君でも良かったんだろ?
なぜ僕は僕でなければならなかったんだ。

4 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:08:09
何いってんの?僕は君だよ?

5 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:11:49
ゆく僕の流れは絶えずして
  しかも もとの僕にあらず

よどみに浮かぶうたかたは
  かつ消え かつ結びて
   久しくとどまりたるためしなし

昨日の僕と今日の僕は同じ僕か?

6 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:12:29
死ね永井廚

7 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:14:39
>>1
俺もよくそう思ってる。
なぜ俺は俺なんだ?俺が君で君が俺でもよかったんだろ?
つーか、なんで俺は俺なんだ?
俺が俺と君とで俺でもよかったんだろ?

8 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:14:53
>>2
何でそう考えるんだろう?

9 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:15:51
僕と君の記憶が入れ替え可能だったら事情は違っただろうね。

10 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:20:39
永井廚は馬鹿だから哲学を感傷的にしか味わえません


11 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:22:59
>>10
そいつはどうかな?

12 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:29:31
>僕は僕?

寝て起きても俺は俺だ。やっぱ記憶だろ?。


13 :考える名無しさん:2005/07/10(日) 23:51:08
うん、そうだろう。

それと、周りの人間からお前はお前って言われることもそうだろう。
記憶喪失になった場合はそれにたよるしかない。

14 :ウルトラマン:2005/07/11(月) 00:14:13
若いころに僕は何故君ではないのか。と言う思いをする人がわずかだがいると言う。
そして私は君たちがそうなんだと知った。多分哲学的素養に恵まれているのではないかと思う。
しかしその才能も今の社会では金儲け万能のこの社会では生かされない。
大変残念に思う。しかし多分年齢が行ってくれば忘れてしまうだろう。

15 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:17:39
212 :ウルトラマン :2005/07/07(木) 21:49:47 ID:0keTQ/HC
究極の理論は昔は素粒子論だった。しかし今は弦理論だ。しかも数学が
難しい。しかも正しいか分からない。だから私は弦理論はやらない。
正しいと分かったらそのときは多分基礎物理学選書で超弦物理学で出るだろうから
それをやろう。素粒子物理学はその意味において私にはあまり魅力はない。
今は趣味として物性論的数理物理学をやっている。科学哲学的に。


215 :ご冗談でしょう?名無しさん :2005/07/08(金) 12:12:09 ID:vV3giGf2
物性論的な数理物理って何だ?
いみわからん

216 :ウルトラマン :2005/07/08(金) 18:45:00 ID:gR9NH33h
数理物理とはすでに確立された物理学的事実を数学的手法を使って
解析していく学問だとある本に書いてあった。物性論は原子を原子核と電子
に分けたところで再び現実界に立ち戻ってくる。確実であり将来に渡って変らない事実
である。その中で一般的法則の性質を見つける。その法則の性質は素粒子にも通じるものであるべきである。
量子力学の粒子と波動像の新しい見方が出来るかもしれない。時間や空間の新しい見方が出来るかもしれない。
なにもチョウゲンまで小さいものを研究しなくても分かるかもしれない。

220 :冗談でしょう?名無しさん :2005/07/10(日) 20:31:07 ID:0ilj2mHq
>>212、215、216
なるほど、物性論的な数理物理というのは物理の一般的法則の性質を見つける物理学的事実を数学的手法を使って
解析していく学問となるわけだな。でもわしはまだ意味わからん。早い話が物理的観測現象を数学を使って説明する
という事でいいのかな?でもこれなら今でもやられている手法じゃろ?なら最後に出てくる{科学哲学的に。}とは
なんじゃらほい。 物性論的な数理物理と科学哲学は相反する事になってしまう。だれかこれらの文章をもう一度
解説してくれ!


16 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:21:04
哲学的素質に似た思いがこの程度の人間しか生まないなら、それは素質に恵まれてい
なかったとハッキリ言ってやることが大事

17 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:22:24
>>1
スレタイを下のようにして立て直せ話はそれからだ


【アイデンティティー】僕はなぜ僕なのだろう?【自己同一性】

18 :ウルトラマン:2005/07/11(月) 00:44:01
>>15 一体僕の後から後からついてくる君は誰だね。なにが言いたいのかね。

19 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 00:45:49
君の影

20 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:33:00
僕思う故に、僕です

21 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:38:36
そもそも「僕」ってなんですか?
そこは問わないんですか?

22 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:50:01
頭蓋骨の中の、コックピットに
ちょこん、と座って
我が肉体を操作する何物かが
「僕」です。

23 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:53:15
エゴ=自己
自分・僕・俺・私。色々呼び方があるけれど、はっきりいって何か分からない。なぜここにいるの?なぜ私なの?なぜこの世界なの?私って誰?何なの?何をしたらいいの?何もわからない。
とっても恐いけれど、自由だね。何をしてもいいんだよ。法を破っても、人を殺しても、自分を殺しても。ただ自分を守りたいから必然的に自由の選択肢は減るけれど。
無限に広がってるんだよ。すべての人の未来はね。

24 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:55:18
さようであるか

25 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 02:58:32
多重人格者の「僕」とはなんですか。



26 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:01:07
みんな自分が大切なんだ。何ものなのか、どこからきたのか、何をしなければいけないのか分からない自分が。
結局一番分からないものは自分ということだね。
とっても恐くなってきたよ

27 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:03:21
自分の事もわからない人間なんかに多重人格などわかるわけないだろう?
わかったとしても多重人格になる過程。

28 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:06:00
>>27
永井某の本読んでて
魂=<ぼく>みたいなこと書いてあった。
多重人格なら、<ぼく>は複数いる解釈になるのかなと。

29 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:10:27
「<ぼく>はこういう人格だ」というような
フィードバックの自己認識機能が働いているから
僕は<僕>を知っているんでしょう?

30 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:19:49
>>1
何いってんの?
お前わお前にきまってんじゃん
それ以外わ他人
自意識わ自分だけのものだし・・・
他人の自意識は想像わできても
分からないのがあたりまえ


31 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:21:27
ばかはしんで

32 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:26:13
がきとまんこにてつがくはむり

33 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:27:51
はいーばかー
哲学=知識?
むりじゃねーよ 

34 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 03:28:22
一生哲学「研究」やってろ
そちんやろー

35 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 04:04:23
>>33-34
女?

36 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 04:18:10


>>1 今度、チンポ触ってやるよ★



37 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 06:52:15
>>35
男。精神年齢は子供。
ぼくにも哲学は出来る。
小難しい哲学者の原本解読が精密に出来ないだけだ。

38 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 07:09:38
また永井廚か

39 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 07:12:17
永井の本は1冊読んだだけ。
工学部中退。
ニート。

40 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 07:26:31
永井の<こども>は子供を気取る存在じゃない、君は勘違いしてる

41 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 07:58:24
1のような奴に調子づかせて 罪だな

42 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:10:47
>>37
無手で哲学がやれる天才降臨ですか?

43 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:33:40
哲学する事を、そこまで難しい事だとは
ぼくは考えていません。
なぜ「天才」とかいう大げさな言葉が出てくるのか
わからない。
おたくら哲学徒や哲学屋は、それはもう大変小難しい単語で
ひーひー言っているでしょうが。
そしてそれこそが哲学と思っているでしょうが。

44 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:42:53
>>37
自分より遥かにキレるヤツが
自分と似たような問題を考えてたりしたら
それはもうラクチンじゃない?最悪無駄は省けるし♪
だから哲学者の本も読もうよ

45 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:46:04
馬鹿言え。
哲学者の言っている事を理解する脳力が
ぼくには欠如してるんだYO!

46 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 08:47:34
真理は単純だとアインシュタインは言う。
哲学者の言う事は難しすぎる。
なぜああまでぐちゃぐちゃな言い回しにしなければ
ならないのか。

47 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:01:41
けどアインシュタインの見つけた真理だって
相当な予備知識ないと俺らには理解できないでしょ

48 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:03:24
高校生でも理解できる数式だそうだよ。
ぼくは論文を見た事が無いからわからない。

49 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:13:00
>>48
でも真理の導出まで噛み締めなければ
アインシュタインの言う単純さゆえの美しさってやつも
完全に理解したとは言えないんじゃないかなあ

50 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:17:52
科学の場合、矛盾無く説明できる時、成立する。
哲学者のいう真理は、解釈が幾らでもできるし
そういう考え方も出来るね、と結局信仰の問題
ではないのか。複数個ある真理を各々が主張し
言い合っているだけじゃないのか。

>>49
言えないね。難しい変換公式などを理解しないと。
解釈の余地の無い、一本筋の通った理論は
素晴らしいよ。

51 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:22:58
だからね哲学者の著作に出てくる小難しく見える用語とかもね
読む側がちったあ前もって勉強してくれててもバチは当たらないと思うの

52 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:29:52
なるほど。でもぼくは国語が苦手なのだ。

53 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:44:39
飽きれて物も言えぬと見た。sagesage
僕が僕なのは、僕以外の者ではない者を僕と認識しているから、
では駄目なのか。何が問題なのか。
問題意識すらないものを哲学する意味は、ぼくにはない。

54 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:48:32
ぼくに哲学する資格はないのか。
ぼくはだれ。

55 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 09:50:19
ぼくはなぜしもべなのだろう

56 :店長4代目:2005/07/11(月) 09:51:48
自分のゴーストが信じられないのか?

57 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:15:06
自分はどこからきてどこへいくのか?
一番わからないのは自分だね。
でも、いつかこんな事を思う日がくると思う。
『この時、この瞬間の為に自分は存在したんだと。』私はそんな日の為に、その時の為に私は存在してると思う事にしている。

58 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:19:21
充実していれば、存在意義を考えない気がする。
ぼくはどこからどこへいくのか。
揺り篭から墓場です。
ぼくの骨は太平洋のさんご礁へ撒いて下さい。
よろしくどうぞ。

59 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:20:38
終わっちゃったよ・・・

60 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:26:31
じぶんの脳のスペックを変える事が出来
好みや執着を変える事が出来れば
ぼくはぼくでなくなる。
能力開発よろしくどうぞ。

61 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:32:14
存在意義なんて人間にはないのかもしれないね。
少なくとも他のすべてのものには存在意義があるよ。すべて相互作用であるけれど。


62 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:34:24
存在意義はあるでしょう。
意味はないかも知れんけど

63 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 10:35:16
食物連載の一部として
ぼくは機能させて頂いております。

64 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 12:53:50
もう何もわからないね。
人のココロはいつ天国へいけるんだろうか?
人は意味がなくちゃ何もできないから。虚しくなっちゃう生きものだからね。

65 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 15:18:45
.    ___     __   .   ___
    |  :  |     |  : _.|     |._ : _.|
    |_:_|     |_i´/     ヽ`|´/
.    ∩、|,∩  .  ∩、|∩   .  ∩|∩



         ____
         \/ 〜 ⊂ (・w・ )
                ヽ   )
                 ∪∪


                 どうして僕は〜
                  ここにいるのだろう〜♪
   ____
   \/ 〜         (・w・ )
                 (   )
                  ∪∪


66 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 01:13:30
僕は一つしかないから、『僕は僕』であるんだと思いますよ

今から僕が君になったとしても、『僕は”君の中の僕”』じゃないでしょうか
”僕”にかわりはないですね

それとも僕が『僕は僕』と認識する前に、僕が君となるのであるなら
”僕”があってこその”君”ですから、”君”は存在しないということになりませんか
ゆえにこの場合も『僕は僕』となるのではないでしょうか

あなたが自分自身を想う時は、あなたがどこに存在しても『僕は僕』

67 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 02:48:51
何故「僕はなぜ僕なのだろう?」という疑問を持つのだろう?
を考えれば謎は解けるよ>>1

68 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 02:59:59
「この本は何故自分の手元にあるのだろう?」

69 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 05:08:34
宇宙は生物が生まれてつまんなくなったな

70 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 05:21:21
おお、かっこいいフレーズだ。いただいときます。

71 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 12:58:50
宇宙は生物が生まれておもしろくなったんだよ

72 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 16:40:16
平凡なフレーズイラネ(o_ _) つ⌒●d

73 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 23:36:09
人間の存在理由はない?バカいうな。この世に存在理由のないものなんか
あるもんか。皆プラスの方向に存在理由を見出そうとしすぎなじゃないか?
人間が今までやってきたこと良く考えればわかりそうじゃないか。
人間は他の生き物のように食物連鎖の一端を担ったりできないかもしれない
(担ってたとしても特殊な位置づけであることに変わりは無い)し、地球
や環境と共存できないのは皆わかってると思う。つまり人間は、地球に対しても
他の動物に対してもヒール的な扱いなんだよ。つまり「地球という星に住む
生物のリセットをする役」というのが人類の存在理由なんだよ。


74 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 23:44:26
人間だけを殺す不明なウィルスが突然蔓延して
人類だけがリセットされたりしてね

75 :零式 ◆irkBpkytss :2005/07/20(水) 00:05:55
ようやくある答えを入手しました。

私たちの未来永劫は既に因果律により一通りにDataとして完結しております。
そして私たちの意識Dataは、電子が軌道に入るのに順番があるのと同じように、ある規則に従い全生物を順番に駆け抜けます。
つまり私の人生の次はあなたの人生かもしれませんし、5年前に死んだ猫かも知れません。

自分というDataは何も特別なものではなく、普遍的なものであり、故に全存在は一つの同一Dataであるように思われるのです。

つまり、この説明でいくと、私は私であると同時に、あなたであるというわけです。



76 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 00:40:24
みんなはなぜそんなに意味が欲しいの?
自分達の存在に意味がないのが恐いの?
意味がないなら自分で創ればいいんだよ。
存在の意味をねw

77 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 00:42:06
>>75
いや、そういう私という意味ではないと思うよ。
私とあなたは同じにならない。

78 :零式 ◆irkBpkytss :2005/07/20(水) 00:53:42
私とあなたは同じかもしれませんよ。
既に私はあなたを経験したかもしれません。
この事を確かめる方法もないし、否定する方法もないのですが。
しかし個人的にある規則を作り、それに従ってある説明を否定する事なら可能です。


79 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 00:58:21
私は私であって、あなたではありませんよ。
私の名前を山田太一として、
あなたが山田太一を経験したかもしれないが、
しかし、私はそのとき山田太一ではないから。

80 :考える名無しさん :2005/07/20(水) 01:03:15
僕と兄弟は何が違うんだろうね。
双子の兄弟は同じように見えるよ。

81 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:12:13
79
その通りだな。

82 :零式 ◆irkBpkytss :2005/07/20(水) 01:21:37
私が山田太一を経験している時は、あなたも山田太一なのです。自我を分割しないで考えます。

意識の順番について、

…→山田太一→零式→猫→加藤→…

というように順番が決まっているだけで、全員を独りで演じている。という説明です。
自我を分割して考えると多くの説明不可能な矛盾が生じるので、この説明を提案してみました。


83 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:26:25
自我の話ではありません。
現に今、私とあなたは自我を持っていますが、
違う自我を持っています。
その違いの話をしています。

84 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:27:49
「僕はなぜ僕なのだろう」と問いうる者は、僕以外にはあり得ないのであるから
「僕はなぜ僕なのだろう」と問う時点において、他の可能性の一切の拒絶を強いられ
僕が僕であることに埋没することしか出来なくなる。

85 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:32:43
自我とは、自我は自我である、と、自我は他我でない、の統一であるから、
私とあなたは自我を持っているが違う自我を持っている、という結論は必然である。
以上終わり、このスレ終了。

86 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:33:28
自我の話じゃない?

87 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:34:59
違う自我を持ってる。
その違いは何かって話だろ。

88 :零式 ◆irkBpkytss :2005/07/20(水) 01:42:17
さっきの説明で1の
『僕はなぜ僕なのか』
という問いに答えるとしたら、解答は
『全ての生物の意識は、僕が順番に経験するものであるから(、ある意識Xを経験している時に認識する僕は常に僕である)』
というものになります。あくまで一つの仮説に過ぎませんが。


89 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:42:23
1
そんなに意味が必要かい?

90 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:43:56
1
なぜ意味が欲しいの?

91 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:45:54
1
意味こそ意味がないんだよ?


92 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:48:00
意味がないと生きていけない生物w
人間w

93 :零式 ◆irkBpkytss :2005/07/20(水) 01:48:15
つまり『僕がAさんである事』に特別な理由はなく、それは極めて平凡な出来事であるという事になりますが、こういう解答に対して脳は不快感を発生する事が多いかも知れません。そのような際には否定されます。


94 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:52:07
ものすごく悲しい生物w


95 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:53:42
意味ありげな文は時として幻想を措定する。

96 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:53:50
受け入れるしかないっすよ。

97 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:55:32
>>93
単にトンデモ仮説だからだろ。
実証なしの仮説ならいくらでも出せるからそれだけでは意味はない。
作品なしのSF的発想としても面白みがないから価値もない。

98 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 02:03:31
一般的な説明だって実証不可能なんだから同じだと思う。
結局みんな妄想の中からは抜け出せないんじゃないかな。


99 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 02:06:05
すべて人のものさし。
そんなものではかってどうする?
それこそ意味がないねw

100 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 02:25:08
自我非分割説をトンデモ仮説だと思う人の場合、
『意識は過去に逆行したりしないはず』
『意識はある宇宙の時間軸に沿って、単純な経路で移行する』
『自我はたくさんあるはず』
という実証不可能な規則を個人的に作って考えているのかな。



101 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 02:31:39
>>99
人のものさし=個人の思いこみじゃないよ。
そこが分からない君は阿呆。

102 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 02:38:41
101
個人w
君が分かってないねw
そんなこと一言も言ってないよw

103 :97:2005/07/20(水) 02:47:13
>>100
俺のことかい?たしかにトンデモ仮説ってのは言葉が悪かったな。
しかし零式はたちの悪いものの言い方をしてることは確か。
>ようやくある答えを入手しました。
と言いながらただ仮説を言うだけというのはいかんち。
こういうネタスレすれすれの場合は特にね。

104 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 03:03:27
そもそも哲学ってほとんど仮説だらけなんじゃないかな?


105 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 05:03:30
僕が僕であるために勝ち続けなきゃならないー

・・・。負け続けた俺は僕じゃない。

106 :例式:2005/07/20(水) 05:13:12
すみません。仮説の域を超える事が出来ない事はわかっているのですが、自分的には最もしっくりくるのです。
変態ですかそうですか。

107 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 05:26:59
>>93
たくさんある僕の中から、"僕"を区別するにはどうすればいいか?ってことだよ。
そんなことしてもなんの解決にもならない。

108 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 05:37:52
たくさんあるというが、この僕しか確認できないんだから僕は僕と思うのはごく普通。


109 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 05:43:51
みんな僕、僕と言ってるじゃない。
その僕の中で、僕なのはなぜか。
普通と思うかどうかは、まあ、価値観だわな。

110 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 05:49:46
http://www.jwic.com/cemetery.htm
テーズ・ラッセルの墓の写真


http://www.jwic.com/abuse.htm
エホバの証人「せっかん死」事件の報道


http://www.d2.dion.ne.jp/~majinbuu/books3.htm
創設者ラッセルの虚像と実像


レイモンド・フランズ
統治体内部での「良心の危機」
http://www.jwic.com/franzbio.htm


http://www.jca.apc.org/~resqjw/index.html
エホバの証人の夫たち〜恢復へ向かう志

111 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 10:59:48
僕が僕であるために。
君が君であるために。
互いに地獄へとどめゑふ。

112 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 11:02:27
他人なしでは自分は確認できない。だからみんなで互いに確かめ合い、この低次元へとどめあってるんだよ。みんなの脳がみんなと一緒にいるために。

113 :松本 博:2005/07/20(水) 13:30:41
スレ主さんの言いたい事わかります!
例えば僕の両親が結婚しなかったとしたら、僕は生まれてこなかったのだろうか?
それとも別の人間としてこの世に生まれてきたのだろうか?


114 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 13:59:54
はあ?

115 :松田:2005/07/20(水) 14:32:21
例式の説を受けて、神経細胞がネットワークを形成した瞬間の速い順番に意識が進んでいく、などと仮定すればいいよ。意識が進む順番はいずれにせよ何らかの法則によって決まっているんだ。

同時に意識が何個もある必要あるの?
意識を分割したとしても、僕らの体が空間内で位置がバラバラなように、時間上でも、意識はバラバラな部分を進んでいるかもわからない。
根拠なしに意識が同時に進んでいると仮定する事はどうも難しい。


116 :考える名無しさん :2005/07/20(水) 15:35:10
汎我論

117 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 15:50:38
実際、意識は何個もあるしな。

>>神経細胞がネットワークを形成した瞬間の速い順番に意識が進んでいく
この意味がわからん。

118 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 16:20:12
>>1
私は「輪廻」を信じるようになって、その疑問から卒業しました。

119 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 16:25:18
輪廻の問題じゃないだろ。

120 :118:2005/07/20(水) 17:31:27
私は輪廻の問題だと思ったんです。

121 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 17:40:52
その問題は輪廻の問題かもしれないが、
この問題は輪廻の問題じゃない。

122 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 17:55:12
とりあえずそういう輪廻とかの説明はいいから。

123 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 18:07:30
カルマです。

124 :哲子:2005/07/20(水) 18:58:52
サンサーラです。

125 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 02:04:47
零式さんの考えだと、「僕はなぜ僕なのだろう」という問いの中の僕とは
群の中の確立の一つとして「僕」になったにすぎず、もしかすると「君」であったかもしれない
と、いうことでしょうか??
そうなるとオカルティックな話題ですね
アカシックレコードなど、近いような気がします

126 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 08:18:13
意識は一つしか確認出来ないよ。それが知覚という現象の限界。
その外については、ただの推測でしかない。
他人を見ても肉と骨のロボットが動き回っているようにしか見えない。

意識が分割されなければ、僕は君でもあったかもしれない、というよりも、僕が君の意識をやる番はいつか必ず来る。
順番が見えないところで決まっているだけで。

なぜ今が1980年でも2010年でもなく特異的に2005年なのか。
意識はまるで線路の上の滑車のようだ。

各意識は特異的にバラバラに時間軸上を動いているのかも。。


127 :考える名無しさん:2005/07/21(木) 22:48:30
俺もたまに考えることがある。とはいえ、「なぜ僕は僕なんだ?」ではなく、
「なぜ世界は僕を僕として生かしているんだろう」と。そこには必然的かつ
先天的な大きな要因があるのではないだろうか。僕は君でもあなたでもなく
紛れも無く僕。つまり、「君」でも「あなた」でもなく、「僕」じゃなきゃ
いけない何か特殊な理由があるんじゃないかって。いや、きっとあるはず
なんだ。そうでなければ人類にこの世の必然性を説く資格は無い。自分の
存在の必然性すら解けないんだからね。
考えてみると、例えば僕が僕じゃなかったら、なにができる?
同様に、僕が僕であるというゆるぎない自覚は何をして得る?
「僕が紛れも無く僕であるから、僕は〜ができる」とか、きっとあるはずなんだよ。

128 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 06:17:06
ゴキブリだって僕なんだよ。意識の存在に意味は特にない。
存在するかしないか、というだけのゲームだお。

129 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 23:29:15
僕はなぜ僕なのか

意識の存在について、ふと思ったのだけど
細胞に意識はあるんだろうか・・・

130 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 23:59:25
神経細胞が意識を生み出す。

131 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 01:19:12
輪廻 ワロタ。

132 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/07/23(土) 02:20:42
どういつ-りつ 4 【同一律】

〔論〕〔law of identity〕思考の原理の一。一般に「 A は A である」という形式で表す。
いかなる事物も自己自身と同一であり、我々の思考過程においてもこれを否定する
ような思考をしてはならないという要求をいう。同一原理。同一法。自同律。

133 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 13:09:55
なぜ君は君であると断言できるのか?

134 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 14:53:54
そういう質問をすると怒り出す人がいるのよ

135 :幸せ人:2005/07/24(日) 23:06:56
今一匹蚊を殺した。
この蚊も何かに生まれ変わるのだろうか。
ー火の鳥・鳳凰編よりー

136 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 01:08:00
今の僕は僕じゃない

137 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 15:03:59
小学校の時に定義なのに「なんで?」って言う子いたよ

138 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 21:03:51
同一律は、思考の定義として入れられるべきしかないかと。
そうでなければどう定義付けをすればいいのか。
或いは絶対に理解できないものではないかとも思う。

ゲーデルの「不完全性定理」で謂うところの事ではないかと。
ヴィトゲンシュタインの言語ゲーム論とかもそうかな?
詳しくないからわからないけど。
よく言われるのは、「1+1=2なのはなぜか?」と問うのと同じ事だと思う。

SFの「ソラリスの日のもと」(映画の「ソラリス」は糞)に、を読んでいろいろ考えたときがありました。

ちなみに138であるところの僕は中卒ニートなので難しくつっこまれると困る。

139 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 23:27:13
中卒なのによく知ってるね。なぜ中卒?


140 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 23:46:24
僕ではあらんよ

141 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 23:59:36
人が肉体や精神、概念をひっくるめて自分の存在のことを呼ぶときに
共通のルールとして僕と呼ぶと決めたから。
その理由は
自分のことを指すときに
呼称が無いと不便だから

そして、それらの交換ができない以上
僕は君(自己とは他の存在)ではない。

仮に交換ができたとしても
交換した先に概念としての僕は残るわけだから
僕は君ではない。

142 :138:2005/07/26(火) 10:48:55
>>139
独学の方が楽しいから。
あと、読書が趣味なので。


143 :零式:2005/07/26(火) 21:33:07
『僕はなぜ僕であり君でないのか』

『AはなぜAでありBでないのか』

同一律により
A=A≠B




144 :零式:2005/07/26(火) 21:39:29

f(A)=B

g(B)=A

なる関数f、g



145 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 20:58:00
>>144
関数f、gが満たされてればA=Bなんだよね?

146 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 22:26:18
操作fが施されればAはBになる。

147 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 23:18:06
つまりfは何?
fが分かれば僕が僕である理由が分かるわけでしょう?


頭痛い・・・

148 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 23:29:07
勝ち逃げするから

149 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 17:23:58
操作fが施されていないうちは僕は僕なんだよ!

150 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 17:40:27
そしたら操作fが施されれば僕は君にも成り得るってことだろ

151 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 19:14:01
君と同じものを何個つくっても、
全部、違う君だろ。

152 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 20:18:29
他人に自我があることは確かなことだろうか。

153 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 21:04:52
取りあえず、人が何かを疑っているって事だけは確か。

154 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 21:15:39
「僕はなぜ君じゃないのだろう?」と言いたくなるような「君」があることが
自明だとは思わない。

「僕はなぜこのようであって、あのようでなかったのか」とは時々考える。

155 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 09:42:30
>>151
いつどこで生まれたかも同じでなければ同じ人間ではない
環境あっての僕で、僕あってのこの世界
we are all one

156 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 10:12:08
僕が僕であるという事は周りが決めることだ

157 :考える名無しさん:2005/08/02(火) 01:14:35
僕が僕であるような操作が施されているから僕は僕なんだ。
それ以上の説明は不可能。


158 :命の選別天使ガブリエル ◆rhBkSD3Ino :2005/08/02(火) 01:17:13
>>1
それは「呪い」だから永遠に阿修羅界に追放される・・・運命だから、
同情のしようもないけど・・・そういうことだから。

159 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 02:55:13
Aは何故Aなのだろう?
自分でAを定義しておいて何言ってんだ?

160 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 11:41:47
つまり、僕はなぜ僕なのだろうと問う前に、
君はなぜ自分は自分であると分かるのだろう。

161 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 11:46:22
正気かね

162 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 11:58:14
とことん正気。

163 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 12:30:02
僕を含め、周りの人全員が君を君を認めなければ君は君なのか?

164 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 12:51:16
>>163
最後は「君は君じゃないのか?」ではないのか?

165 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 13:04:02
>1
>僕はなぜ君じゃないのだろう?

うっそ。僕は君で君は僕なのにどうして?


166 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 13:59:38
恋愛中彼に【僕はなぜ君じゃないのだろう?】と
まさしくこのスレタイ通りに言われたことありました。
私なりに考え、得た結論は、
「そうか、私という存在は、彼にとって鏡でしかないんだ」
ということでした。
彼を鏡のように写し出し、彼の期待通りの自分になることに必死だった
自分のあり方にも気づきました。
恋愛中は彼と私が同一になることばかりに必死で、そうならないことへの
焦りや不安は素晴らしいSEXには繋がったけれど、結局それだけでした。
結果、彼とは別れ恋愛にも興味が失せました。


167 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 14:31:56
166です。訂正です。
【僕はなぜ君じゃないのだろう?】ではなく、
【君はなぜ僕じゃないのだろう?】でした。
暑さでボケたみたい。苦笑

168 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 15:46:00
すごく古い歌だけど「キミと僕はキミと僕はふたりでひとーり」
ってのがあったよ。最後はそーらにたいよーがあるかぎりー♪

169 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 15:48:35
>>166
恋愛は僕と君が同じじゃないからできるんだと思ってます。

170 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 16:25:40
この問いは「僕はなぜこの人間であって、他の人間ではないのだろう?」
に直した方がいいと思う。

171 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 17:18:06
畳表,むしろ,ござ,編笠,草履 etc etc

172 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 17:56:36
>>166

結局それだけでしたなんていわず、楽しくいこうよ。
恋愛はしていなくても今、誰かや何かを愛してるでしょう。

173 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 20:37:21
他の人間は僕ではない

174 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 20:46:46
>>173

なぜ君はそれが確かに分かるのだろう?

175 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 21:00:20
ま、同一性と差異性の問題だな。もう少し考えてからスレを立ててくれ。

176 :考える名無しさん:2005/08/03(水) 22:10:00
>>174
僕の定義に当てはまらないよ?

177 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 11:26:45
>>176

君はなぜ自分は自分であると分かるのだろう?

問題はここからだ。

178 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 23:24:00
>>177 他の誰かの体をお前の意思で動かしてみたらどうだ?
ここで時間の連続性の問題を持ち出すのかな?

179 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 23:35:48
1=1です。

180 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 23:47:49
意識が情報の局所的自己組織化によるメタプログラムであるとするならば、
すべての意識はある種の孤立感を余儀なくされるのは自明のことだ。
情報の大海へと還りたい想いが、望郷の念を惹起し、他者との連帯を希求させる。
ときにそれは、自己を解体することで実現を図ろうとさえする。
自己組織化された我々は、常に状況を把握し内省し、この情報の大海で有利に

181 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 09:11:44
>>179

 1=1 が
なぜ自明であることがわれわれには分かるのだろう。

182 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/08/05(金) 09:24:30
自分がもし他人だったらというように他人の気持ちになれる能力を獲得することによって
思考力が身に付くのでは。

183 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:00:41
疑いだしたらキリがない。
まず自分は自分だと信じて、裏切られてみるとよい。

184 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:12:57
>>181
A≠Aを想像して御覧なさい

185 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:26:22
いわゆるアイデンティティ・クライシスという奴だね。
厨房くらいの頃に漏れもスレタイ通りの事に悩んだ事があった。
でも当時は受験勉強に忙殺されててそれどころじゃなかった。
自我確立の次は自分は無だと考えると断然気が楽になる今日この頃。

186 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:29:09
何だ、このスレは。
「おお、ロミオ。どうしてあなたはロミオなの?」のナルシス版か?

187 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 13:30:18
なるほどな。柳澤圭子氏が全てのものは粒子として繫がると言ってたけど
「無」というのもそれに近いのかな。

188 :181:2005/08/05(金) 17:21:16
>>184

想像できません。
犬は犬でない。1は1でない。

189 :考える名無しさん:2005/08/05(金) 23:35:37
となると俺の出番だな。

俺の名は、よくわからない。
どこの誰だかよくわからない奴とよくわからない関係の人間だ。
世界中がなんだかよくわからない
ところがこれがさっぱりわからないんだなぁ・・・。
ま、自分で言うのはなんだけど、
自分が何者で何をしたくて何をしてるのか、皆目不明の意味不明。
それが、この俺だ。

なんだからわからない俺の相棒。
なにをしてるのかよくしらない。
そのうえ、たよりになるのかならないのかさっぱりわからない。

いつごろの誰とどんな関係なのかさっぱりわからない男。
なにができるのかさっぱりわからない。
なんでもさっぱりわからない、怒らせるとどうなるかわからない

謎の女、なにがなんだかさっぱりわからない謎の女。
いつもさっぱりわからないが、憎めないんだなぁ。
俺はなにがなんだかさっぱりわからないからねぇ・・・。

だれだっけ?
どこのだれかわからない。俺をどうしたいのかわからない。俺はこいつをどう思ってるのかわからない。

これらさっぱりわけのわからない連中に囲まれて、何の話をしてるんだがぜんぜん想像できない。

190 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 02:45:15
我思う
故に我在り

191 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 02:40:59
せっかく僕が>>1>>1として知覚してあげてんのに
そんなこと言うともう>>1を知覚してあげないよ

38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)