2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

和ってそんなに大事?

1 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:22:10
例えば「わをみだすやつはサイアク」だとか
「マターリしようや」とか「荒らすな」とか「空気嫁」とか
「人の気持ちを考えろ」とかいうけど、
「和」ってそんなに大切なものなのか?
そうだとしたら、何故それは大切なのか?

※ちなみに理不尽な荒らし行為を肯定してるわけではないです。

2 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:23:36
輪じゃなくて?

3 :1:2005/08/18(木) 02:24:39
>>2
和の精神っていうでしょ。

4 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:34:34
寛容と秩序のバランスが大切。
「和こそ絶対」も「和なんてイラネ」も双方間違ってる。
さじ加減が不明確な場合には法が求められる。

各々が自分中心に世界が回っていると考えると社会が立ち行かなくなるからな。

5 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:36:54
大衆は和を以て尊しと為す

6 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:40:33
社会性を身につけるのが、社会人のエチケットですお。

【あなたは、分別があるのに、まさに適した年頃になりました。】

7 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:41:05
>>4
なるほどもっともだが、よいバランスってのはどんなんだ

8 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:53:56
模範解答を示すとこんな感じか
  ↓
「和」に懐疑的なのは結構だが、短絡的に和を乱す行動をとるべきでない。
熟慮に熟慮を重ねた上で「和」に異議を唱えるなり行動するなりすべきである。
周囲はそうした反乱者の熟慮を尊重し、現在の「和」が本当に正しいかどうかを
再検討してみるべきである。

模範はあくまで模範でしかなく、現実にはいろいろ複雑な事情が絡むが、
そもそも>1の設問が状況から切り離された抽象的なものなので、こうとしか
答えられない。


9 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 02:55:05
内部告発も必要なのよ

10 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 03:47:11
和が大切なのではない。
そこに関わる人たちが幸せになるために
和を必要とし重んじているだけ。
1さんが不満に感じているのはおそらく

和を重んじるあまりに人の思いを軽視してしまった本末転倒さんと
であってしまったのかもしれませんね。

11 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 03:53:40
>1の思いなどどうでもよろしい。
無条件で自分の思いが受け入れられるべきだと考えるのは餓鬼。
そういう餓鬼をのさばらせないために「和」が尊重される。


12 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 03:57:41
また、ぴかスレが建ったのか?どうせ、文脈病からパクるのだろう?ぴか、板荒らしにまで成り下がるな!

だいたい空気嫁!!

13 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 03:58:57
集団でくすぶってる所から抜け出すのはいいことかもしれないな

14 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:00:33
中島義道氏の『哲学の教科書』のなかに「「和」は哲学を栄えさせない」っていう
文章が載ってるね。

第3章の「5「他人」という謎」のいちばん最後のところ、学術文庫版では216〜
219ページ。

15 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:03:39
>>14
和を疑問視する根拠が「思い」などなら、なおさら哲学からは遠ざかるが。
中島あたりの文章を文脈・背景考えずに引用し、自分の思いを哲学に摩り替えるのは阿呆。


16 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:10:39
和なんてくそだぜ

17 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:16:39
>>11
そう言う餓鬼がもし正しかったとしたら?

18 :ラスコリーニコフ:2005/08/18(木) 04:24:13
ネットの掲示板とかでよくこういう注意書きあるよね。

「他者の人格を否定するような誹謗中傷はもちろんのこと、
相手を罵ったり挑発的な言葉は書き込まないようにお願いします。
また、相手の言葉尻をとらえるような揚げ足取りの書き込みも、
掲示板が荒れたりトラブルの元になりますのでご遠慮ください。 」

こういうの見ると思うんだよなー、「正しければ良くない?」って。
いや、荒らすことを目的にするんじゃなくて善くするのを目的にしているのが大前提であって、
無駄な挑発を避けたり、出来るだけ言葉を選ぶって言うのは当たり前だけどさ。

19 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:28:42
無駄な挑発は避けてくれ!出来るだけ言葉を選べって。言うのは当たり前だけどさ。

20 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 04:34:05
正義感が強くて一本気な香具師は和を乱しがちだけどそのソウルは良いと思う

21 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 05:19:35
>>17
正しいかどうかを検討してもらうための手続きを踏めないから餓鬼なんだろ

22 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 05:32:05
和の定義

23 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 06:06:47
>>1
獣の仲間になりたいニカ?

24 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 15:55:18
「和」ねぇ〜 足の引っ張り合いという面が大きいように思う
周りがアホだらけなせいかもしれないけれどね

25 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 16:39:02
>>21
周りが正しいを理解しないDQNだとしたら?

26 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 16:57:16
場の空気を読んで、
それに沿った対応をすることは、
重要だと思うよ。

環境を読んで、
適切に適応するというか。

まあ、その常識を逆手にとって、
ヤクザ屋さんとかは、状況を掌握しちゃうんだけどね。

27 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 23:59:58
>場の空気を読んで、それに沿った対応をすることは、重要だと思うよ。

どうして重要なのかおせーてけろ。

28 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:01:22
和原理主義者ばっかりな世の中だからな、日本は。

29 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:05:33
その表現いいなw

30 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:05:56
和して同せず。

31 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:06:45
>>28、30
(・∀・)イイ!!

32 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:09:01
和を乱す不利益を知りつつ和を乱すやつは、より良い和を求めているだけだ。
和原理主義者は目の前のことしか考えられないアホなだけだ。

33 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:12:11
勝手に「〜原理主義者」を作り出し、糾弾し、気持ちよくなる マッチポンプ乙


34 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 00:17:14
日本の「和の精神」は、歴史的には聖徳太子が憲法十七条で
「和を以て尊しと為す」と定めたのが始まりだとさ。

耳に快い考えではあるよな。女が好きそう。

35 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 18:18:09
>>34
そう、女系思考だよね。”女性の思考”ではないけど。
和原理主義の代表はポルポト政権だね。
和を乱す人間を殺しに殺してなんと国民の4分の1を処刑してしまったスゴイ奴。
本人の伝記を読むといつもニコニコしていて寛容、学生時代に知り合った誰もが
「こんなに優しい人はいない」と感じたそうだよ。
思ったんだけど和原理主義って「今自分たちには何の問題もない」って感じている
人達が作り出す思想なんじゃないかと思う。
だから「変な人間、馴染まない人間は見えない所で殺してしまえ」になる。
昔の間引きとか、らい病隔離とかね。今そういう極端なのは問題が表面化している
ので誰も殺したりはしないけど、「空気を読まない奴は死んで当然」な世の中に
なってきてる気はする。

36 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 19:01:19
人間は生きるためには仲間が必要で、それに必要な程度の「和」は必須だけど、
必要以上の「和」は別に要らないし、「和」を至上命題にすることによって、
異端者を排するというのはどうだろうね。

それ自体が「和」の原理に反するような気がしないでもない。

37 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 19:26:30
「和」に限らず、原理主義とはそういうもんだ。
「嫌なら出て行け」と言ってもいい集団なら原理主義でもいい。
そうは言ってはいけない集団なら原理主義は弊害が多い。
それだけだ。
殊更に「和」だけを敵視する理由はない。

38 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 19:30:43
いや日本の原理主義と言えば和だろってことでは。

39 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 19:40:10
規格外は捨てられるみたいですね。
とは言え日本人は基本がケチなので(長らく貧乏国だったから)
再利用につぐ再利用を考える節がありますが。
問題は、それが当人の望んだ通りの道であるかですよ。
いくらカードを何枚か見せて貰って「選べるよ♥」と
笑顔で言われたって…ねえ…

40 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 20:41:01
>>35女系思考と女性の思考の違いって何?

41 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 20:59:13
>>40
マザコン社会とアマゾネスの社会は違うでしょ。

42 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 17:33:49
ポルポトの虐殺は共産党独裁の弊害。現在の北朝鮮なんかもそうだな。「和」とは関係ない。「和」がないからああいう虐殺をやるわけだ。


43 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 17:42:42
聖徳太子の時代は、蘇我馬子がわかりやすい独裁政治をやりかけてた頃で
旧来皇室を支えていた諸豪族の不満を宥めるのと、
馬子の力を抑えるのと二重の意味があったのだと思われ

44 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 17:44:07
和をもって〜の下りについてね

45 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 18:49:27
聖徳太子は実在しない〜w
知っとけ!

46 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 19:30:37
正しいものは常に少数派である。
多数に頼るものはバカ。
和の精神はバカの精神。
踏みつぶしていくべきものだ。

47 :凡人:2005/08/22(月) 19:47:24
46番さん
下、二行が現社会の多数派です。

48 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 20:43:07
>>42
そうやって和の全面肯定を繰り返していくうちに大量処刑に至ったんでしょw
和は権力を持つと粛清を始める。これは歴史上の「全ての独裁政治」が証明してるよ。

49 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:29:23
和は差別主義

50 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 16:13:20
和がもてはやされた原因は何?

51 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 16:19:15
>>50
和が持っている権力を志向したから。

52 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 16:30:02
バカばっかりの集団内で対立してるなんて一番消耗するしバカらしいです。
バカ集団においては、和はとても大事だと思います。
優秀な人格者たちの集まりにおいて、初めて争いや対立に価値が出てくるのです。
バカに対しては無駄な争いはせずニコニコしてればいいんです。

53 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 17:25:13
>>52
まったくその通り。
バカばっかりの集団の中での争いは個人が敗退するようにできている。
それがなんのためだかわからない「和」とかいうものの役目です。
しかし、聖徳太子は存在しなかったでしょうし、
十七条の憲法も聖徳太子がつくったのではない。
後から付け加えられたものも多いのです。
さらに「和」は本来政治に携わる者が求めなければならないものであり、
民衆において和の効用はすべてをあいまい化できるだけです。
それは日本独特の「以心伝心」「空気」「雰囲気」などという
ほとんどお化けみたいな存在であるオカルトを信じているようなものなのです。
それは談合をさせます。それは臭いものに蓋をします。
それは真実を隠蔽します。それは葛藤によって永遠に苦しませます。
それは日本人の恐怖です。それはすべてを生きていないようにします。
それは呪いです。

54 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 17:55:38
しかし人間の大多数はバカという罠。

55 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 18:49:02
100人の集団のうち99人はバカだとしたら、
残りの1人の人格者はニコニコしているべきか?

ところで、「人類」自体がそもそも「バカばっかりの集団」であるわけで、
人格者なんていうのは100人に1人もいないわけだ。

すると、そういう人類全体に対して「和」に反した提言をするのはバカらしいこと?
やはり無駄な争いはせずニコニコしているべきか?

56 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 18:53:01
1)大衆が無知なのに正しい事を言い過ぎる。
2)大衆が誤ったことを信じているのに正しいことを言う。

1)は無駄だろ。理解されない。2)は身の危険がある。
ラオコーンみたいになってしまう。ちなみにラオコーン↓。
http://www.asahi-net.or.jp/~NA3N-YKYM/greatjourney/greatjourney002.htm


57 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 18:55:38 ?
なんだこのスレは、バカだから、バカしか見えないのだろ。

58 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:17:49
周囲から馬鹿にされて生きてきたので
周囲に同調できないでいる引きこもりの
考えそうな理屈ばかりだ。

普通の人間っつーのはなぁ、時と場合によって和を重んじたり自己主張したり
きちんと使い分けるんだよ。

59 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:23:21
と言う割には、
集団から浮いた存在の不器用な人の自己主張に見えるが

60 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:29:49
>>58
哲学板なんだからさ、そういう常識的見解はやめて、
本当のところどうなの?って考えてみて欲しい。

>時と場合によって和を重んじたり自己主張したり、

それはどんな必要からそうするのか。

61 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:30:17
>>59
お前、時と場合を考慮できないで馬鹿にされたクチだろ


62 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:43:35
>>60
>それはどんな必要からそうするのか。

周りを見ずに自己主張ばかりする人間は相手にされなくなるね。
自己主張すべき場所とそうでない場所との区別が出来ない人間なんかと付き合いたくないし。
イエスマンか叛逆者かという二者択一しかないような主張こそ、事実を歪める非哲学的な考えだよ。




63 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:48:20
と言う割には、的外れな自己主張でズレているが

64 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:55:41
自己中で非合理的なことを言うやつはダメなのは当然。
自己中でも合理的なことを言うやつがいたら、
「空気嫁」と非難轟々でも、「和」を乱してでもそいつを支持すべき?

65 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:09:35
>>64
合理的で賢い主張だと判断したなら指示する。
「和」もそちらに傾く可能性が高い。
最悪、傾かないとしても、その主張を中心とした別の「和」を作り上げればいい。

何度も言うが、和か自己主張かという二者択一の問題ではない。


66 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:09:45
こう考えたらどうだ。
和には快楽がともなう。和を乱す人間はこの快楽を感受できない。
和の快楽に溺れるうちに、同類の意見だけが正しいと判断する真偽判断基準が根付く。
和を乱す人間が和集団から排除され、和集団内の真理が和集団内だけで決定されるようになる。

暴走、独裁、粛清へ。
よって
>>64は支持すべきだと思う。
和というのは単なる快感なのでどこかで歯止めをしなければ。

67 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:12:24
思うに、和の精神っていうのは目の前のことしか考えられない人間に
特に快い考え方である気がする。だから>>34が女が好きそうって言うのも納得。

敢えて和を乱すときは、とても心苦しい。
短期で見れば、周りの人に対して不快感を与えることは間違いないから。
しかし、現在の和を重んずることによって得られる快楽よりも、
一旦、現在の和を乱すことになろうとも、皆が真理に辿り着き、
それによって現在の和よりも良い和を達成できたら良いなと思うからこそ、
敢えて和を乱したりもしてみるのです。

漏れは一面的に和=悪と考えているわけではなくて、ただ、
「今の和よりもより良い和の可能性があるのではないか」と思うときくらいは、
「より良い和を目指してみてもいいんじゃないの?」と思うだけなんです。

満足した豚よりも不満足な人間であるほうが良い!

68 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:13:37
>>65
和がどちらに傾くかは集団の質によるべ。

69 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:14:23
いくら賢く正しくても集団に都合の悪い意見は排除される。
ある程度、和を乱してしまうのはやむを得ないね。
和を乱してでも闘う覚悟がなければ自己主張は出来ないよ。

70 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:15:19
>>66
>和には快楽がともなう。

いかにも、和から疎外され続けてきた人間の抱きそうな幻想だ。
「和」それ自体に快楽や苦痛が伴うわけではない。
世間の人間たちはそれほど馬鹿ではない。

71 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:16:54
>>70
すると、「和」はどうして重視されるのか?「和」の効用とは何ぞや?

72 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:18:39
>>69
>いくら賢く正しくても集団に都合の悪い意見は排除される。

そういうのは、利害関係に基づく排除であって、「和」原理主義的な排除とは異なる。
なんでもかんでも「和」の精神に還元して考えるのはやめたほうがいいぞ。


73 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:19:08
和があるからこそ俺は生きていけるわけだ
アウトサイダーは和があるから生かされているんだな

74 :66:2005/08/24(水) 00:19:36
>>70
ああ、たしかに。長く疎外されたこともある。
>>66は僕自身今その快楽を強く感じているからそう書いたんだが
僕がおかしいのかもしれないな。

75 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:19:55
>>70
社内で法律違反や条例違反を見ることがあるでしょ。
そういう時にどうするの?見過ごして黙ってるの?

76 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:20:04
利害関係と和って結構近い気がしないでもないな

77 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:21:37
多数者の利害関係ってのがよりマッチしてるかも

78 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:22:15
>>71

単なる感性原理主義者たちの「心を一つにして」が全てですよ。
飲み会とかにあるやつだよ。

79 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:23:04
>>72
意味不明だな。利権の繋がりを乱せば和は乱れるのですよ。

80 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:26:01
>>78
ちょっと待って、意味がよく分からない。論客さん、説明キボン!

81 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:26:47
>>75
好き好んで見過ごすわけではなく、腹の中はもやもやしていたり煮えくり返っていたりする状況と、
付き合いを断りきれなかったり、他人と一緒にはしゃいでいることを求められる状況とは
そもそも全く異なる。
これらを一緒くたに「和」の精神のせいにするのは愚かだと言っているんだ。


82 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:30:44
>>81
で、君は社内の関連法規違反を目撃したときは具体的にどうするわけ?
和を尊んで悪を見逃してるの?

83 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:37:00
>>82
どのような違反かにもよるだろ。
俺が建築業界で食ってる人間だとしたら談合なんて余裕で見逃すだろうが、
あからさまな手抜き工事で人の生き死にがかかわるようなら見逃さない。
こういうのは「和」とは何の関係もない。



84 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:42:40
>>83
告発すれば社内の慣習を乱して多額の損害を会社に与える事になる。
君は干されて最終的に解雇だろう。そうなったら会社と闘うしかない。
和を乱す覚悟が必要になるよ。和と関係ないわけないじゃん。

85 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:45:56
関係ありじゃね?
和に個人的なメリットを感じないんでしょ?
手抜きを止めるのはいいけどそれが何故起こるかを考えたら
和というのは見逃せない要素だと思うけど。
あ、メリットがないから考える必要もないか。

86 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:48:00
>>83-84の「和」の捉え方にギャップがある気がする。
>>83は言わば狭い意味における「和」、>>84は広い意味における「和」。
まずはそこを埋めないと話にならないのでは。

87 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:48:59
>>84
そういうのは「和を乱す」とは言わない。
素直に「会社の方針に逆らう」という。

とんでもない手抜き工事をする方針の建設会社なんて、どのみち先はないけどな。


88 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:49:03
空気読まずに悪いけど

ネット(特に個人の趣味サイト)って結構「和」原理主義だよな。

俺は競馬板の住人なんだけど、特定の馬(の子ども)応援スレみたいなのは
もう、「和」原理主義そのもの。

89 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:50:17
>>87
ではなぜ起きてるんだろう?先がないはずなのに

90 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 00:59:52
>>87
いや、実態は方針という明確なものでなく、社内の慣習となって
暗黙の了解として通ってるんだな。無言の圧力として。
これは「和」ですよ。おかしい事があるのに黙ってる。

91 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:02:52
>もう、「和」原理主義そのもの。

哲学板住人もストレンジャーを排除しようとする、「和」原理主義そのものですよ。

92 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:09:27
俺個人としては、聖徳太子の言いたかったことの真意は一般的に考えられてる所よりも高い所にあると思うんだけどな
ただ、世間一般では「和」の精神って言うと「とにかく波風を立てるな」、「多数者が正しい」「長いものには巻かれろ」みたいな感じに
解釈されていると思う
それが昨今のとにかく「秩序を乱す奴=悪」みたいな悪しき風潮を生んでいるんじゃないかと・・・。

確かにいたずらに秩序乱す奴は集団にとって迷惑以外の何ものでもないわけだし、意味も無く波風を立てることは悪でしかない
しかしながら、現実を見渡してみれば多くの人間を苦しめるような無益な秩序もあるわけで、そういうものに対して異を唱えること
は悪とは言い切れないと思う。
そういう「奴隷の安全」や「墓場の平和」を甘受するよりは、流れに逆らって既成の秩序に立ち向かうべきではないかと

93 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:13:15
聖徳太子・・・釣りか・・・!

94 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:15:08
>>90
具体的な事例を検討せずに「和」が悪いといっても始まらんだろ。


95 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:18:25
>>91
例えばよ、経済の話をする場で恋愛相談にもっていこうとする奴は排除されて当然だろ?
「場違い」ってやつだ。
哲学の話がしたいなら哲学勉強してこいや。



96 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:20:24
んー、

まあ、悪意を持って考えれば、
和を保とうとするのは、
自分が周囲から浮かないためだわな。

そのせいで、いきすぎた異常な状況に対しても、
和を保とうとして、意義をとなえなかったりしてしまうかも。

97 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:25:28
「浮いても平気」という豪胆あるいは間抜けならば、
逆に和がどうのこうのと恨み言を言うこともしないわな

和を利用する才気もなく、和に未練たらたらな人間こそが
ここで文句言ってんだろ。


98 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:28:07
>>97
ルサンチマンねえ〜、どうだか。

なんというか、こういうレスを見ると
寂しさを感じるのは俺だけか。

99 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:31:36
>>97
社会と集団が常に個人を正しい方向に導けるならこういうスレは立たないんだけどな
しかしながら、現実には自分の信念と場の秩序との間で板ばさみになることが往々にしてあるんだよ
まぁ、自分の考えを持たない大勢順応主義者の俗物にはそういう悩みは持てないんだろうけど


100 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:34:24
出る杭は打たれる
暖簾に腕押し
四面楚歌
八方美人
二階から目薬

101 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:37:11
>>99
「皆と違う自分は偉くて、皆の意見と同じ人間は馬鹿なんだ、俗物なんだ」

こういう主張は虫唾が走る。
皆の考えを引っ張れるくらいの努力もできない人間に限って
こういう方向へ逃げて、自分ばかりを可愛がる。マジで虫唾が走る。


102 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:39:42
>>101
誇張しすぎ。そんなことは書いてないだろう。

103 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:43:22
>周囲から馬鹿にされて生きてきたので
>周囲に同調できないでいる引きこもりの
>考えそうな理屈ばかりだ。

護送船団に例えられ不況の根源として叩かれた”甘え”も
今は叩きの対象がニート・ヒッキーに変わったな。
和叩き→基地外叩きに時代が変化したような。

104 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:43:38
まあ、日本の社会って、
一種の舞台劇じゃん。

役割を外れたら駄目だわな。
たまにキレて、舞台から排除される人もいるけど。

105 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/08/24(水) 01:47:51
ヤマトンチュは御輿を担いで廻る民族だよ?

106 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/08/24(水) 01:52:27
和とファシズム(結束)は似てるよ?

107 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:53:33
な。ファシズムは嫌うくせに和原理主義者の日本人はハゲワロス

108 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:57:55
和とファッショはなんだか違う希ガス。

109 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:58:38
共和主義と帝政とボナパルティズムとファシズムとの違いも分からん奴が
なんかほざいてる


110 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:00:15
和と言うのは、舞台の芝居を継続するために必要なんだよ。

理想の舞台を演じることで、
理想の社会を維持しようとする努力。

111 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:02:22
指揮官命令や法に服従するのまで和の精神とか言いそう。


112 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:04:21
命令遵守は、
和に従いたい個人の感情に優先するから、
ぜんぜん、違う。

113 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:07:03
ファッショから一席。

ファッショが元になってファッション。まいとし春夏冬、最先端のモードを追い求めるよね。しかし緻密に仕組まれた流行りなのさ。
みんなと同じ、でも同じなかでもよりよく見せたい・所有したい。

114 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:07:55
和は現象でしかないんだから
原因性を引き出している体制の合否は別問題だ

ファッショとかは体制のほうで
和とかは現象での再現性の話だ

115 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:08:52
わーわーわー ワニ成って踊ろう〜

116 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:25:06
>>113
fashionの語源は、ラテン語のfactio, facereで、「製作」「作る」という意味です。
古代ローマの独裁官が手にした斧であるfascisとは関係ないです。
出鱈目な連想ゲームで自説を補強するのは恥ずかしいことですよ。

117 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:30:20
じゃあ何ですか!
路上で裸になっちゃいけないっていう法律でもあるんですか!


118 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:34:16
>>117
ある。
試しにやってみ。
k察につかまるから。


119 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 02:39:21
>出鱈目な連想ゲームで自説を補強するのは恥ずかしいことですよ。

hot airでスマソ。。

『人は自らの存在を知らしめるために、ペンをとる』

120 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 14:34:26
和は和であって、みんなと意見が違うから迫害するのとはぜんぜん違う。

それは迫害であって和ではない。

121 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 16:32:23
>>120
で?

122 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 16:58:56
人間が生きていく以上、人間同士の関係はどうしても必要なわけで、
人間関係を良好に保つためには和が必要になってくるかと。
和って言うのは人間関係のあり方の一つで、>>68が言うみたいに和と集団の良し悪しは別だと思う。
集団がの性質によってそこに出てくる和の質も変わってくる。
>>1みたいなのは、そこの人間関係を壊すようなことを言うといわれる。
「お前俺たちと仲良くするつもり無いだろ。」
ってことなんじゃん?

和を乱さずに集団の間違いを指摘することもできるはず。
「〜だから、こうしたほうがいいんじゃん。」
「ああ〜。なるほど!!」
って感じで。様は言い方ではない?

談合とかは利害関係が絡んでくるからそうなると悪いってわかっててやるから知らんが。

123 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:10:54
>>122
談合の当事者になれば、和を乱さないってのは要するに談合破りをしないこと。
身内の視点から身内の利益だけを重視するのが和の精神。正義感面しても嫌われるだけとおもわれるよ。


124 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 17:28:28
要するに相手の感情をなるべく害さない方法をとればとるほどうまくいく。

125 :122:2005/08/24(水) 17:38:51
>>123
談合に関してはそうだけど。場合によっては、
「絶対談合はしたくない!」
って言う状況(和?)もあるだろうし。
和は集団が持っている性質の一つで、必然的に出てくるもの。
利益はまた別で・・・
まあ人間関係を良好にやっていこう。というのも利益と言えば利益だけど。
それ以上でも、それ以下でもないと思う。

126 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:02:02
>「絶対談合はしたくない!」

「絶対に談合はさせない!」なら有り得るだろうけど。和ってのは結局、
自分達の利益を増やすか守るか、他人の利益を損なうか奪うか、そういう
方向でしか働かないものと思われるよ。


127 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:12:55
>>126
それ以外には和はあり得ないってこと?
和を尊重している時は常に自分達の利益を意識してるってことかな。
間違ってると思うけど。

128 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:19:54
>>127
そういうことだと思うよ。合ってる。最初に自分の利益、次に自分達の利益。
そうやって狭い範囲から考え始めるというのは非常に健全だ。逆に最初から
人類全体の利益とか世界全体の利益とか宇宙全体の利益とかを考えるのは不健全。

129 :122:2005/08/24(水) 19:20:37
>>126
A「談合って悪いよね〜。」
B「そうだよね。俺らは絶対やりたくないよね〜。」
って言う人たちがいて、そこで
C「いや!俺は儲けたいから談合するぞ!」

と言ったらCは和をみだしたことにならない?

130 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:27:28
>>129
ある会社が「談合はしない、入札は全部うちが取る」という方針を掲げたとしたら、
その構成員の間でそのような会話が成り立つ可能性はあるね。しかしそもそも人が
和を求めるのは自分が弱いから、自分が一人では生きられないと気づいての事なので、
Cは社員で「いや、俺は談合には反対だぞ」と言って、それが和を乱したという事に
なるのだとおもわれるよ。


131 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:48:16
和の精神の基本には「困ったときはおたがいさま」という道徳的規範があるのよ。
だから>>129のケースでも、「俺は自分の会社を作ってそれで談合して稼ぐ」と主張するのは
和を乱す事にはならない。助け合いの輪(=和)から出るんだから。

一般に会社から独立するときに顧客を奪っていくのは和の精神に合わない。
これまで助け合っていた仲間を裏切ることになるから。しかし話し合った結果、
独立を支援する意味で顧客を紹介してもらうのはいい。それはこれまで助けて
もらった事に対する感謝を表現していて、それに対する相手側の了承があるから。


132 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:53:29
う〜んw
じゃあ
談合とは縁もゆかりも無い人たちが(例えば学生とか)テレビのニュースを見ながら
A「談合って悪いよね〜。」
B「そうだよね。」
って言う人たちがいて、そこで
C「どこが?俺はなんでやったらダメなのかわからない。」
と言う。
周りはポカーンとなっていっきにしらける。

この場合は?




133 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 19:59:27
>>132
その場合もAとBとが「自分達はニュースを見ている。世間の時流に乗り遅れていない」という
安心感を共有している訳でしょ?そこに(仮に正しくても)個人的な意見をぶつけるのは和を乱すことになるとおもわれるよ。

Cだけが仮に談合から利益を受ける立場である場合でもだまっておくべき。これは和の精神で
処世術的にも正しいと思われる。将来談合で利益を得る立場を目指していても、その場では黙っておく。
ただ、「一緒に談合で儲けよう」と提案するならいい。話が具体的じゃないとダメだけどね。
「もし談合で儲ける立場だったらどう?」というのもたぶんダメ。自分達がそういう立場になる
可能性が殆どないんだったら、話すのは無意味だからね。



134 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 20:07:50
なるほど。やっぱり快感なんだ。

135 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 23:08:35
問題は「和を乱す」なのか「輪を乱す」なのか、だ。

136 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 23:39:30
和を乱すと和を乱した意見の内容について反論されるより
和を乱した事実をとがめられる場合が多いよねぇ。
何度も実験したからわかる。

137 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:21:23
まあ社会に出れば気がつくさ。
喧嘩する覚悟がなきゃいいように利用されるだけだってな。
和なんて暢気な事を言ってるとバカを見る。
嫌われてもいい、俺は俺だというのがないと男は生きていけないね。

138 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:42:20
>>132
その程度で一気にしらけるかよw

もし、本当にそんな集団内で生きてきたならちょっと気の毒。


139 :飛べないカラス ◆hslonKolMc :2005/08/25(木) 01:03:13
多細胞生物の細胞は和があるから多細胞としてやっていける。共存のかたちは試行錯誤して
育てられていくものだ。

140 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 01:13:37
暗黙の了解による和の形ってのがあって、
それを踏まえてるかどうかじゃねーの?

新しい要素が加わると、
和の形も変えなきゃならなくなる。

141 :オレオレ詐欺:2005/08/25(木) 01:17:52
問題は「和服を乱す」なのか「いや、着付けができないし」なのか



142 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 05:32:05
ガンジン和上

143 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 07:29:45
和を乱さずに意見を言える奴はいないのか

144 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 07:40:04
>>125
まあ人間関係を良好にやっていこう。というのも利益と言えば利益だけど。
それ以上でも、それ以下でもないと思う。

っていってるみたいに、「人間関係を良好にやっていく」っていう利益のためにあるのが和。
遊んでるときに楽しむっていう目的に向くか、お金を儲けるっていう方向に向くか、会話を楽しむって言うほうに向くか
それはそのとき次第ってことだろ。

145 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 07:46:16
>>143
その場合はたいてい、多数派によるスルーの刑が待っている。

このスレひとつ取ってもよくわかることじゃない?

146 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 08:23:45
>>143
それが根回しでは?名目上のリーダーに発言してもらう。あらかじめ上司に意見を言ってもらうように頼むとか。

>>145
武士はいくらたしなめても意見を言おうとする若者がいると、最後にはただ笑ったそうだ。皆で。
2ちゃんの(藁とかwとかワロスとかにもその原理が引き継がれている部分があるとおもわれるよ。


147 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 08:45:48
>>146
それでもさ。
今はもう武士の時代じゃないし、武士は滅んでいる。
wやワロスは苗字帯刀の権利を持つ武士に憧れた庶民のまね事に過ぎない。
武士の時代は二度と戻ってはこないのに、空しいことやってると思うけどな。

148 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 08:48:54 ?
和が判らないのは、現代社会の被害者でもある。
育った環境に於いて、豊かな心を持った人と、深く触れ合った
経験が無いと思われる。ゆえに人心喪失状態で、頭でしか実感
が持てず、物事の表面しか捉える事が出来ない。
キレやすいのも、同じ要因と思われる。
このスレを見て、驚きと共に、文明崩壊の顕著な現れと思われる。

149 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 13:23:03
>>148
和が判らないってどういうことだい。和を乱したり、空気を読まないやつとかのこと?

150 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 13:34:15
逝っちゃってる人みたいだし、質問しても無駄だろ

151 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 13:36:01
年功序列を守らないで発言する若者などだろう。
会社社会が成果主義に移行しつつあるので若くない人はとまどうんだろうな。


152 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 15:19:09
年功序列を守らないで勢いだけで発言する若者と、年の功も無いのに年功序列を主張する年寄り。
はたしてどちらが和を乱しているのだろう。


153 :ラスコーリニコフ:2005/08/25(木) 15:35:10
凡人は和を乱す権利はないけど
非凡な人間は和を乱してもいいと思いますよ

154 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 16:12:50
>>152
かつて和を守らなかったせいで管理職になれなかった年寄りの若者に対する愛を感じて欲しいものだね。

>>153
和というのは弱者が互助をする原則なので、非凡なまでの弱者には是非、和を守ってほしいものだけどね。


155 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 17:33:42
>>154
そーゆー俗世間の人生訓みたいなのって他所でやって欲しいんですが

156 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:23:48
>>154
管理職になったり立身出世するのが人生の目的ならそれで構わないんだけどさ。

そういったことを人生の目的にしない人間は、和をどう取り扱うのが良いのだろう。
和は人生において何を意味するか?

157 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:28:21
>>156
管理職になりたいふりをするのも和の一環です。
人生における和とは「困ったときはお互い様」という原則を実践するものでしょう。
ですので強い人は守らないでもいい。とはいえ結局一人で生きられる人はいないのだから
自分も弱いと思って振舞うのがいいと言うリスク回避の思想でしょう。相手の感情を重視する
という意味で、デール・カーネギーの説く処世訓にも似ていると思われます。



158 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:30:06
人一人では得られないものを共有することが和の本質。
また情報のスムーズな伝達、平均化を行う手段でもある。

159 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:30:28
和か…
「まあまあ、硬いこと言わずに」
の空気がイメージかなあ。
穏やかになる面もあるけど
かえって、ぎくしゃくもする。
この板の雰囲気がちょうどいい空気では?
和を持ってはいないかもしれないけど
荒らしもないし。

160 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:31:40
となると、困っていないときは和は要らないわけですね。
困っていないときに和を強要するのは如何ですか?

ところで、何だか>>157さんはやたらプラクティカルな思考をしますね。

161 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:34:36
>>158
平均化というところが弊害になりうるのかもしれないね。
それに満足できない、もっと上を目指したいやつが出てくるから。

162 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:40:35
和か・・
輪になって踊ろ♪っていう歌を思い出すなあ。

163 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 19:45:08
一言に「和」といっても色々あって、良い「和」と悪い「和」がある。
良い「和」は基本的に乱すべきでない。反対に悪い「和」は乱すべき。
いずれにせよ何の考えもなしにただ「気に入らないから」といって
自己中心的に「和」を乱すのはナンセンス。

良い「和」を乱すなら、まず現在の「和」がどういう性質の「和」であるかを判断して、
「これより良い『和』が存在するか、可能であるか」を踏まえ、
より良い「和」を目指したものでなければならない。

でも何をもって良いとするか、悪いとするかが人それぞれで難しいね。

164 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 21:56:25
和して同ぜず
言うは優し、行うは難し、だな
同して和せず
になってしまう

165 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:36:12
すまん、まちがえた
言うは易し、だった
だから同して和せずになるんだな
これこそ空気が読めない証だな

166 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:20:16
>>154
それ反対。
厳しい環境では弱者は主張しないと駄目だ。

167 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:26:54
空気も和も糞くらえw
特に低脳馬鹿集団に付き合わされた時www

168 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 09:51:14
和は日本独特なんだろうか。

169 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:49:41
んなこたないと思うけど、
唯一絶対の善悪って考えがある地域なら、
和より大事な価値観もあるかも。

170 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 12:01:58
俺の周りで、空気読めばっかいうやついる。
たしかに状況を観るのは大事なことだが、
強制させることでもないし、なんか否定することでもないと思う。
もっと個々の独立とか、人間を表面でみようとしないとかに重点置いた方がいいと思う。
アメリカまねするわけではないけど。

171 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 12:10:14
「空気嫁」って他人から言われるのは一種の危険信号とおもわれるがな。
その場であんまり尊重されていないという事だから。上司が普段から認めていると公言してる部下が、
自分の意見を言ったって空気嫁とは言われない。


172 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:33:20
>>170
空気嫁≒俺の話を聞け

173 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:30:49
聞ける話、たまにはしろよwww

174 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:37:00
5分だけでもいい

175 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 16:34:05
でも、本当にヤバいやつは、
空気嫁なんてことさえ言われんだろ。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)