2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

梅原 猛は、人のよさそうなおっちゃんだった

1 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 11:13:24
戦後60年という節目、若い人へ伝えておきたいメッセージというテーマでNHKラジオの特集があった。
いろんな著名人が出て来て話をする一つに、梅原猛さんの回があった。
 梅原猛ですぐにイメージされるのは、あの百科事典並みに分厚い本の数々で、そのルックスからして「読むのは後にしよう」というものだ。
実際読み進むのは骨が折れるし、2さつめもそうであろうと考えつつあの厚みを見ると、なえるのである。

 果たして、ラジオに出て来たのは中野区あたりに住んでそうな陽気で楽しげな小太りのおじちゃんという感じのわかりやすい話をする人だった。
 戦争体験というのは梅原さんにとってはまさに実体験なのであり、思い出したくない経験であり正直触れないようにして来たという気持ちがあったらしい。
 戦争だけはしないほうがいいという勧めが45分にわたって語られた。

 東京と京都では哲学の雰囲気も違っていたという。東京は西洋哲学しかやらない。
 和風のものも見直すべきだという。ひょっとしてこれからの世界を救っていくのは和の哲学ではないかという。
人間中心の西洋的なものはだめなんだな。縄文の文化は自然との融合を図りつつ一万年近く安定して続いていたのだからそこには相当高度な思想があったに違いない。
 そんな思いがあるけど、「人生って短いものだから、(私は自分が)芯でからを期待している」「(和の哲学が注目されるようになり)そのうちには翻訳が世界に出て読まれるようになるかもしれない」
「そのためには和の哲学というものをもっと体系化して形として発信する作業を進めなくちゃいけない」(「」中は漏れの記憶による)というようなことを言っていた。

 「核爆弾はいけない。核配備が進んでしまっている。最近の雰囲気は良くないなぁ。また戦争が始まっていそうだ。若い人は、その危険性を考えてないな。
戦争が始まる危険が高まっているし、第二の被爆国がまた日本である可能性も高いんだな」

2 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 11:14:36

 哲学者さんのお話であるこの回は、難解な言い回しによる無用な言葉遊びが続くのかと思ったのだか、実際はとても聞きやすくてわかりやすいお話だった。
 さらっと聞いてしまったのだが、実際内容的には広いものがあり、難しい言葉を一言も使わずに話していたが、すごいことだなと思ったわけでした。
(哲学者だってわかりやすくも話せるじゃんというのは却下)
人のよさそうなおっさんが、思いつきを次つきにめぐらせていく作業が哲学なのかって思った45分間だった。
(それを文字に現すと、ああなるのだというのも、ある意味却下)

さて、みんなで話を続けてみようか。

3 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 11:18:06


 お し ま い。

4 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 13:26:52
そもそも梅原猛って哲学者じゃないし。

5 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 19:37:29
とりあえず和の哲学とは何であるのか教えれ

6 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 23:14:22
残念ながら第二の被爆国は北朝鮮

7 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 00:13:09
>>5
この板は新参だから「ならわし」がわからない。
梅原の全集嫁とか書いてもしょうがないのかな。
書ける人が書いてくれれば助かる。

哲学・思想って人々の生活だとか文化だとかに密着してるんだろうと思う。
日本人は、幸い島国だから戦争をやりつづけなくてもすんだ。それに、自然のなかで自然と共存しながら長い期間戦争せずに生活が続いたという文化を持ってる。
江戸時代しかり、平安時代しかりで。さらに縄文は1万年近くにわたってつづいていたらしい。
そこにあっただろう哲学だとか思想を体形的なものとして形にする作業が必要だと梅原氏はいっていた。それが和の思想ということになるんじゃないかと思う。

仏教も(戦争をせずに済む知恵が詰まった)イイ思想なんだが、アメリカには積極的に反戦運動やった仏教を信じる集まりがあったようだが、日本ではそこまでの行動は見られない。
そこんところはチョット残念というか今ひとつだという事ももらしていた。

ラジオからの聞きかじりね。

8 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 01:06:59
ちなみに最初の被爆国はアメリカだな。核実験に参加した兵士が被爆してるから。


9 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 01:59:11
脳死移植断固反対爺

10 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 07:38:45
むずかしいことばを使わないという高等芸は、いわゆる「京都学派」の多くの人が
そうだよね(まあ、西田とかその弟子の上田閑照とかは置いといて)。河合隼雄なんか
もそうだよね

11 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 07:40:46
>>8
被爆そのものでいえば、キューリー婦人が最初の被爆になる。
でも、アメリカの場合、国策として公明正大にやったわけだからね。その責任と罪が大きい。
これ、ナチス・ドイツの話もそう。日本が大陸で惨殺したとかいろいろいわれるけど、一部の暴走だった。
思想とかそういうところに根があるとスケールの問題としても出てくるのではないか?

>>9
臓器移植議論の時、
最後には仏教の自分を捨てて他人を救済する考えなどまで出して来たんじゃなかったっけ?
反対派の人でも、行為を合理化する論理が見つけられないという事で反対する人があった。
 どっちにしても先進国でこれだけもめたのは日本だけらしい。私的には「日本だけが」のところに興味がある。


12 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 12:59:34
>>11
被曝

13 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 23:41:21
思想家に改めてほしい。

14 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 01:17:28
13は思想家を蔑称として用いているんだな
永井厨め

15 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 01:32:22
思想家の頂点はルソーあたりかな?

16 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:21:39
永井は遺伝論者。アフォの遺伝子を受け継いだものはどんなに教育してもアフォだかから無駄、論者。

17 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 22:57:39
梅原は京大出身、田中美知太郎の弟子だが、反逆。
師もなく、弟子もなく、立命館を追い出され、
哲学を放棄。
 
 中曽根元首相とも近く、
いわば「清濁あわせ飲む」タイプの現実的な人物で、
そこがユニーク。


18 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:24:21
>1
 「和の哲学」って何ですか。


19 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:36:00
>>18
アンタ知らないの? プ

20 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:02:48
>18
 >「和の哲学」って何ですか。
 そんな哲学、どこにもないよ。


21 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 01:08:10
 梅原猛は、実存主義から東洋思想へと転換した人です。
一種の日本的自然主義です。これが和の思想じゃあないかね。

 ファシストと呼ぶ人もいるけど、ファシズムじゃありえない。


22 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 07:00:39
初期のころは当時のいろんな大物に論争しかけたりして面白かったけどねえ。
今は正直凡庸じゃない?森の思想論とか縄文文化論とかもなあ・・
『地獄の思想』『隠された十字架』『学問の発見(だったけしたっけ?)』なんかは
影響受けました。お勧めします。

23 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 07:48:25
世界平和のためには、>>21みたいなものを哲学として世界に出していくために
体系化する作業がいるんじゃないかって言ってた気がする。

これはこれでおいとくとして、日本発の哲学ってあるの?
西田哲学?


24 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 08:16:28
日本発の体系的哲学ねえ・・
安藤昌益、三浦梅園、井筒俊彦あたり入れていいのかな?
南方熊楠、宮沢賢治は必ずしも体系的ではないけど。
あと最近の科学系の思想でいえば清水博や三木成夫が独自のものかな。

25 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 12:10:38
なんで分析哲学者ってこういう文脈にからんで来ないんでしょうか?

26 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 21:55:28
>>22
>初期のころは当時のいろんな大物に論争しかけたりして面白かったけどねえ。

初期のころと後期、
とくに最近はずいぶん考え方が変わっているのではないでしょうか。
近著『仏教と戦争』でも
最近、考えが変わった、より仏教にコミットしてきたと書いている。


27 :考える名無しさん:2005/08/24(水) 21:58:25
>最近、考えが変わった、より仏教にコミットしてきたと書いている。

 911事件やイラク戦争の衝撃があった、とご本人が示唆しておられる。
井上ひさしなんかと「9条の会」にかかわっているのは、
梅原氏の深い思想の次元とかかわっているような気がする。
 
 

28 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:06:55
 梅原猛がファシズムとはとんでもない言いがかりだが、
でも丸山眞男流に言えば、梅原日本学は
天皇制ファシズムと共通したところがあるかも知れない。

 丸山眞男は天皇制ファシズムの「無責任体制」を批判したけど、
梅原は丸山眞男のそういう風な考え方を批判しているのだ。
梅原がファシズムというよりも、天皇制ファシズムを生み出した
日本文化の問題性を理解していないのが、
梅原は日本学で、そこが革新的な人びとに梅原が受け入れられない原因だ。
いくら護憲、反戦といっても、やはり梅原は違っていると、
彼らは思っている。


29 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:32:41
 梅原猛は実存主義というよりもニヒリズムだろう。
ここが梅原理解のポイントだ。
ニヒリズム、そしてそこからの脱却への苦悩。
 梅原は「笑いの哲学」だったかで、
世に知られるようになったらしいが、
この連載は単行本化されているのだろうか。


30 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 00:38:54
 梅原猛は
 愛知県南セントレア市出身です。
 『中日新聞』による。


31 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 02:42:01
>>22
>今は正直凡庸じゃない?森の思想論とか縄文文化論とかもなあ・・

「森の思想」「縄文文化論」!
 何ですか、それは?


32 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 09:51:40
>>29
西洋の哲学には若い時かなりはまったとラジオで言ってた。
若い時の悩みとニヒリズムが同居しているような苦しみの中から救い出してくれたのが
女房だったと、さらりといってた。
 ぼくは素行が悪いんでね・・・ってわけで学んだ大学の研究室に入れずに? 他の
大学を紹介してもらったらしい。で、そこは仏教の大学? 仏教かどうかのことより
若い夫婦にとっては収入が少なくて生活が大変だったという事のほうが一大事だった
ようで、「宮仕えはお腹が減りますなぁ!」って先輩に? いってたとか。

33 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 10:36:05
>>32
なるほど


34 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 15:03:44
五木寛之『運命の足音』(幻冬社、2002年8月15日、1429円)を読みかけたと
ころ。五木寛之は龍谷大学(浄土真宗本願寺派の大学)に40歳を過ぎてから仏
教を勉強しに行った人だが、この本を読んでみると、基本的には梅原猛と変わら
ないようだ。五木と梅原の共通性。日本人に親しみやすい仏教なのだろうか。



35 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 17:34:44
>若い時の悩みとニヒリズムが同居しているような苦しみの中から救い出してくれたのが
>女房だったと、さらりといってた。

 ニヒリズムを思想的に克服したのではなく、「女房」とは、
まったく率直な人ですね。


36 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 23:01:01
>>35
しかも、研究室への不満が「お給料が少ない」ってことだった件。

37 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:01:28
>>36
正直者ですね。

38 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:04:43
卒論だか修論だかに引用が全くなくて、担当教授に「これは小説だ」とこきおろされたそうだが。

39 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:10:15
>>38
 ますます、親しみを覚えるな。
 しかし、修論に引用がないとやばいよな。


40 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:18:20
アメリカで仏教の立場から反戦運動があった、
梅原猛の本の英訳が出る、
しかし和の思想が世界に広がり、人類を救う可能性は
あるだろうか。


41 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:10:18
筑摩書房から梅原猛編の『ニヒリズム』という本が出ていましたね。


42 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:23:55
>>1
のラジオ番組(本人が語る、インタビュー物)は、28日の深夜1:00よりNHK第一放送
で再放送だそうです。

43 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 22:25:07
ありがとう


44 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 01:49:55
聞き逃した。


45 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 12:45:39
 聖徳太子や親鸞についての本が梅原にある。

聖徳太子は以前からその実在が疑問視されているけれども、
要は、『日本書紀』とうにおいて
「聖徳太子」に仮託されている、
理念が大切だと言うべきだろう。


46 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 10:53:38
梅原猛は朝日の御用文化人

47 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 18:32:44
>>46
TBSの「ニュース23」にもよく出ます、
 『産経』にもよく出ます。
 なんか、出まくりですね。


13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)