2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【肉食】 動物を食べるのはやめなさい! 【極悪】

1 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:00:15
屠殺場の壁がガラス張りだったら、人々はみな、ベジタリアンになるでしょう。
ポール・マッカートニー
「仏教」「地獄絵図」ってキーワードで検索してみてください。
というよりしてほしいと思う。
ひよこはオスだとわかると数十匹袋に入れられて圧迫されて叩き殺される。
食肉される牛は最後涙を流すこともあるらしいです。
片脚を鉄のチェーンで縛られ逆さまに吊るされ、宙に浮く。悲鳴を上げる。
牛は自らの重い体重を支えられず、
吊るされた脚は脱臼し骨がバキとへし折れる音が解体場に鳴り響き、
牛の頭は人間が持ってきた解体する大きなまな板のよな台に首が乗って目は充血し、
パニックになり鳴きつずける。人間はノコギリのような刃物で首に切れ目を入れ、
その瞬間に動脈が切れ大量の血が滴る。。
・・・生きてる鶏を吊るして羽をむしりとり首を切って、
中には動脈でつながり意識ある鶏を熱湯に放り投げフタをする。
俺このサイトみてから改心した。
「牛の作文1、2」ってコーナー見て人間は戦争をやめろだとか
平和を願ってるけど、家畜の動物たちに待ってるのは地獄。
安楽死させてると思ってた。
もしくはガスの中で意識薄れていく中で死んでいってると思った。
だけど、現実はそうじゃなかった。涙というよりショックで肉食べれなくなった。。
人一人がベジタリアンになると80の命が救われるらしいです。
俺は宗教あんま信じてるほうじゃないけどそんなんじゃなくて
普通にベジタリアンになろうと思った。
俺が食べないことで少しでも殺される数が減っていることに
なるならいいやなんて思った。。
グロテスクな映像は見なくていい。命ってなんなのか。文章だけでも読んでほしい。
ここを覗いた人が何かしら家畜たちに対して感じてほしい。
国道16号線を走っていた時、赤信号で止まって前のトラックの隙間から
見えた牛と目が合った。大きな瞳がすごく潤んで見えた。。
それから16年間肉は食べていませんって書き込みに泣いてしまった。

2 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:06:21
>>1
まずお前がやめろ

3 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:07:34
る3ちまん

4 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:08:06
1のコピペ専用のスレ立てろってどっかに書いてあったが
さっそくですかw

5 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:11:22
植物もかわいそうじゃね?

6 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 00:15:08
わかった。

ようするに、
肉が木に生れば万事解決だな。

7 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:07:23
牛肉うますぎ。

8 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 01:27:46
吉野家は実はベジタリアンなんだよ。
BS病を口実に、これから豚肉も鶏肉も規制していくぞ

9 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 02:13:41
>>1
とりあえず、鶏飼って自分で絞めて食え

10 :ぬえ:2005/08/26(金) 02:15:52
こういうスレが立つたびに人間はつくづく悲しい生きものだとおもうよ。
エゴの塊じゃん。矛盾の塊じゃん。
植物は生物じゃないのか?って思うよ。
確かに人間は必要以上に動物を殺しているとは思うよ。だからもっと大切に感謝して食べるんだよ。
ソレもエゴだとはおもうけどね。
1は差別してるね。人間と動植物を。
もっと考えろよ。人間も動物だってことをね。

11 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 02:17:48
平気で植物を虐殺して食べるやつは極悪人


12 :ぬえ:2005/08/26(金) 02:18:31
あ、あと釈迦も肉を食べることは畜生ではないっていってるよ。悪いことじゃなく自然なことだよ。

13 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 02:30:28
>>10
生きるため以上に、殺すことは反対ですね。もちろん、生きるためなら仕方がないと思います。

肉を食べずに生きていけるなら、動物を殺す必要はないでしょう。
痛みを感じる生き物を苦しませる必要はないでしょう。

自分が他の存在に生まれ変わったとしても、納得できるなら、その行為は問題ないと思います。
私の場合だと、植物に生まれ変わったとしても、人間に食べられることに文句は無いので植物は食べます。
牛に生まれ変わったとしても、屠殺のされ方は納得できないので、肉は食べません。
あと、自分で(技術的ではなく心情的に)殺す事ができないのに、肉を食うのも間違いだと思います。

心情的に殺すことができ、殺される側の立場で納得出来る場合だけ、食べてもいいと私は考えます。

14 :ぬえ:2005/08/26(金) 02:30:59
ま、ベジタリアンになるのぜんぜんかまわないけど。好きでやってんだから。
かわいそうという心も大切だしね。
でも1の考えはあさはかだよ。


15 :ぬえ:2005/08/26(金) 02:49:24
13
昔から人々は生きていくためにに動物、植物をたべてきました。なかには同種を食べる文化のある人々もいました。自分達で動物を狩り、自然に感謝し暮らしてきました。
しかし、文明は発達し、自分達で動物を殺さずとも動物を食べれるようになりました。動物を自分達で必要な分だけでなく、お金のために殺していきました。
そして人々は余った分を捨てていきました。
人々は肉が生きていた事を忘れました。だから感謝の気持ちも忘れてしまいました。
俺は殺す殺さないじゃなくて感謝の気持ちが大事だと思うよ。そのおかげで今の人間という種があるんだから。
許す許されないは人間のものさしだけれど、必要以上には殺しているね。
確実に。
そこは忘れてはいけないところだよね。

16 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 02:54:55
「生きるため以上」ってのがくせ者じゃないの。
例えば恋人とのデートでラーメン食堂ではなくステーキの出るレストランを
選択することは、「生きるため以上」なのか。それとも生命活動の維持だけではなく、
「恋人とおいしい食事をする体験」という付加価値を「生きる」に含めるのか。

17 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 02:56:01
>>15
私は感謝するのは当然だと思います。それすら無くなって来ている世の中というのは悲しいです。
テクノロジの力で肉を食べなくて済むようになったら、肉食は即刻やめるべきだと思います。

殺す事が許されるのは、生きるための場合だけでしょう。

美味しいからとか娯楽とかで生き物を殺すことには反対です。

18 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 02:57:30
>>16
ステーキを食べなくても、恋人と生きていけるでしょう。

19 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 02:59:31
そんなことかんがえるのはこのうちゅうでにんげんだけ

20 :ぬえ:2005/08/26(金) 03:04:52
人間は動物なんだよ。
動物だって娯楽?みたいに他種を殺す動物も存在するよ。
それに娯楽で殺しをするものなんてごく一部だろ?
人間、動物、植物、地球にとって一番いいのは原始の時代にもどる事だと思う。人間は雑食だ。何でも食うよ。
でも今のあなたがたが存在するのは他の生物のおかげだからね。


21 :ぬえ:2005/08/26(金) 03:06:53
あ、例えベジタリアンだとしても虫は殺していることになるね。

22 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:08:54
人間は感謝をしつつ、肉を食べる。
で、人間は、ときどき、他の肉食動物に食べられる。
それで良いじゃないか。

23 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:09:04
>>20
人間がただの動物ではなく、「人間」であろうとするのなら、
少しでも命を殺さなくて済む方向に努力していくべきだと思う。

24 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:09:26
>>17
では、蚊が血を吸ってきてはどうしますか?
人間は血を吸われても死なないが、蚊は叩き潰されると死ぬ。
こういう場合はどうするの?

25 :ぬえ:2005/08/26(金) 03:11:44
23
なんで人間を特別にしたがるの?
人間がそんなに偉いか?
なんで人間と動植物を差別したがるの?

26 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:11:58
>>24
蚊と命を懸けた戦闘だと考え、全力で叩き潰します。
ただ、仕掛けてこない虫まで殺そうとは思いません。

27 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:12:02
今日も歯みがきをして口のなかの雑菌を殺しました。ごめんなさい。

今日も食器用せんざいで後かたずけしました。河や海の魚も死ぬでしょう。ごめんなさい。

今日も電気をつかいました。木々をもやしてみずを蒸気にしてタービンを回してえます。ごめんなさい。

今日もクーラーをつかいました。あたたかい空気できこうがかわり生態系をかえました。ごめんなさい。

28 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:13:46
>>25
偉いからではありません。そういう努力が美しいと考えるからです。
私はベジタリアンですが、それを他人に押し付ける気はありません。
「肉を食いたい奴は勝手に食えば?」という感じです。
ただ、素晴らしいものとして、紹介はしていきたいですね。

29 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:15:00
ジョワッチ!

30 :ぬえ:2005/08/26(金) 03:17:34
素晴らしく美しいのは大自然のなかの人間だとおもうがね。
あなたがたみたいな考えの人がいるから人間は傲慢だと思われるんだ。


31 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:18:46
>>26
では道路や歩道にいる「小さな虫」はどうですか?
蚊と違って攻撃を仕掛けてこないけど、こちらは無意識に殺しているし、
意識しても殺すでしょう。なぜなら、移動速度が遅くなる(利便性)という、
それだけの理由があるから。これは、「美味しい(利便性)から食べる」
とは違うのですか?

32 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:19:50
人間も動物もほとんど陽子と中性子と電子でてきてんだから何しようが勝手だろ〜
所詮感情なんて電気信号だよ〜ん
可哀想とか言ってる椰子も自己満足のためだけじゃ〜ん


33 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:24:07
32 説得するときは説得口調で。さもなくば相手にされないよ。もっと伝わる度合いをあげてこう(当たり判定をゆるくしてあげよう)

34 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:28:43
>>30
大自然の中の原始的人間は菜食になると思います。
昔の日本人の多くもそうだったと思います。

35 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:29:48
>>31
単なる事故。

それに、私は自分で殺して食う人に食うなとは申し上げません。勝手に食えば?です。

36 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:33:46
ぬえ、SYN、と話しても無駄。二人は見解がせまく、問題をただしく導くスキルがない。

37 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:35:31
>>36
正しい方向があるとでも思っているのでしょうか。

38 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:37:02
肉を食う自由があるのなら、肉を食うことを残酷だという自由もあるでしょう。

39 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:38:17
>>23
同意。程度問題を理解しないオールオアナッシングな居直り、
開き直りこそが、真のエゴであり害悪だと思う。
そういうのはすべてをなし崩しにするだけだと思う。
やれることを自分だけでもやれるというのは、人間の意思だしな。

やはり肉というのは、ものすごく効率が悪いし、環境負荷やコストがものすごい。
家畜に草を食わせただけのものが返ってくるわけじゃない。
だったら、その面積で野菜や果物の自給率をあげたほうがよっぽど豊か、
というのは計算としては成り立つわけで。その意味ではかなりの贅沢品だ。
ただでさえ森林伐採で熱帯雨林が激減しているわけで、
それに植林が追いついているわけではない。
誰しもそれが永遠に続かない、いつかは限界が来て、
子孫においては頭打ちがくることはわかる。

40 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:39:14
>>35
自分が意識して禁欲すれば犠牲が減らせるのだから、
単なる事故ではないと思いますよ。
自分が意識して禁欲しなくてもいいのなら、ステーキを食べるのも単なる事故になるでしょう。

41 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:40:15
野菜さんを食べるのも残酷だと思うんです。
人間は牛乳だけで生きてゆくべきだと思います。

42 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:40:34
昔から、東京と大阪を1時間で結ぶという計画もあった。
でもリニアモーターカーはまだまだ試験走行、
エネルギー効率を考えると、新幹線よりさほど良くもない。
騒音だってある。いまだ地味に実用化されるのみ。
第二東名にしても、すべて電子誘導にして、
時速200キロでガンガン通す、というような計画も、
1960年代には本気で語られていた。
そういうのは技術的には、けっこう昔から可能だった。
民間旅客機としての宇宙旅行も、月着陸も、
21世紀にもなってなにか進んだわけでもないでしょう。

そういう未来観が全部ダメになって崩れた原因はわかる?
全部、環境問題。フロンガスによる温暖化もそう、
コンコルドなどの超音速旅客機も騒音などで廃止された。
これ以上地球をいじるとやばい、という限界が、
あちこちに出てきてしまった。もう、自然のコントロールに
ひとつの限界が見えちゃってる。つまり、技術的には可能でも、
資源制約的な問題があって、限界費用・限界効率的に
見合わないことがわかってしまって、もうそういう未来の
方向性を人類は「捨てた」という事実があるわけです。

もちろん、情報化は進むだろうけどね。
けれど、外への拡大はもう限界がくる一方だから、
派手なSF的未来へと無制限に発展することはもうない。

43 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:46:11
>>39
仰るとおりだと思います。
私は環境を守るためだけではなく、自分自身を守るためにも肉食は避けた方がいいと思っています。
毒性が濃縮されることや、近い生物であることによる病気の感染の問題がありますし、
地球環境の汚染が進んでいる今、肉に何が起こるかわかったものではありません。

中国などは肉だけでなく野菜もヤバイです。あの国の汚染状況はご存知かもしれませんが、
http://blog.livedoor.jp/safe_food_of_asia/archives/50010839.html


44 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 03:47:11
>>40
>>41
そう思うなら、その人なりの努力をすればいいのではないでしょうか。ご自由にどうぞ。


45 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:50:14
参考のため、こんなのを貼っつけときますね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E9%A3%9F%E4%B8%BB%E7%BE%A9

46 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 03:55:28
>>44
肉を食べる残酷さに気づいたのですから、
野菜さんを食べる残酷さにも気づいて下さい。
牛乳だけ、しかものびのびと暮らしている乳牛さんの
お乳だけを飲んで生きましょう。

47 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 04:02:25
>>44
という事はあなたの>>23の主張は自己欺瞞という事で(己のさじ加減)、
何の客観的妥当性も応答可能性もないという事でよろしいか?
>>40に論理的に応答する気がないのなら、あなたの発言は
自分の非論理的主張を押しつける、単なる権力ゲームということだ。

48 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 04:04:46
>>46
乳牛がどうなっているかも考えて、本気でそう思っているならどうぞご自由に。

私は、神が「誰が動物を食って良いと言ったか。誰が姦淫して良いかと言ったか。」
と言うことを、狂牛病とエイズをもって示したと考えます。
――「神」という文字は、示して申すと書く。

91 名前:考える名無しさん 本日のレス 投稿日:2005/08/26(金) 02:35:48
ちょっと気になったのだが。

「神はまた言われた、
わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、
種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。
これはあなたがたの食物となるであろう」
(創世記 第1章29節)
聖書によるなら、神が人類に与えた食物は、
ようするに「植物と果物だけ」だとしか読めないが・・・。

49 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 04:07:54
>>47
>何の客観的妥当性も応答可能性もないという事でよろしいか?

よろしくありませんが、そう思いたいならご自由にどうぞ。

>>>40に論理的に応答する気がないのなら、あなたの発言は
>自分の非論理的主張を押しつける、単なる権力ゲームということだ。

それは貴方の勝手な思い込みです。私は押し付けていません。
自分の主張を行い、菜食の素晴らしさを宣伝するのみです。

50 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/26(金) 04:20:00
おまけ。
押し付けていないものを押し付けたと思ってしまう場合、
その人の心の中に後ろめたいものがある場合が多いようです。

51 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 05:06:41
>>50
それはご自分のことでしょうか?

52 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 05:07:43
>>49
残酷な菜食を人に押し付けるのはやめて下さい!

53 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 05:13:42
>>49
残酷な菜食を続けるなら一人でコソコソとやりなさい。
宣伝して回るのは止めなさい。

54 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 06:56:43
はいはい無職ワロスワロス

55 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 07:04:44
乳牛は菜食だよね。

56 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 07:24:44
>>55
その罪は乳牛が負うからいいのです。
私たちは健康的にのびのびと草を虐殺する乳牛から乳を分けてもらって飲みましょう。


57 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 07:27:11
食物繊維を糖分に分解できないくせに。

58 :練馬哲人 :2005/08/26(金) 07:38:35
>>48
遊牧民やエスキモーは、神に背く民ではない。彼らには彼らの神がある。
姦淫しなくとも感染するエイズ・ウイルスは、ウイルスの都合による進化の必然かも知れないが、人間の美学的価値観とは何の関係も無い。

59 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 08:08:31
宮沢賢治の「ビヂテリアン大祭」を読むとベジタリアンは
不合理な単なる宗教的行為に過ぎない事が分かる。
どうか菜食主義者は宗教板他にお引き取りを。

60 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 11:34:40
>>49
他人の主張が論駁可能だと自分に見える場合には、他人の主張を論駁しようとする。
しかし他人の反論が論駁不可能になると、「ご自由にどうぞ」とはねつける。
全く、文字通りお話にならないインターネッツコミュニケーションの悪例だ。
しかも、肉を食べるのは悪いことだというのに、
歩道の虫を意識的に惨殺し続けてそれには全く後悔しない。
こういう独善的でそれに無自覚な手合いはわたしの倫理基準では、
無評価を超えて軽蔑に値するのですが、まあわたしがそう思うのも自由という事です。

61 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 11:52:26
>>56
で、牛乳しか摂取してないの?

62 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 13:29:59
虫とか野菜がどうのといっているやつアホか?
牛乳だけとか。どうも同じ一人のようだけど、必死すぎる。
やっぱり業者さんっているのかね?
そんなに血がしたたる動物の肉を食いたいなら、
いちいち言い訳いらないじゃん。
それをどう感じる人がいても気にせず食べていればいいし。
不気味な背後のものを理屈で隠してまで、
正当化するほうがよっぽどおかしい

63 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 13:38:47
肉草雑食という、人間の体を科学的に調べれば理にかなった
エネルギー代謝を、罪やら悪やらといった概念でねじ曲げる手前の所業のほうが、
よほど不気味な背後がないとやってられないと思うのだが

64 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:01:15
>>63
日本人はもともと肉は食べなかった。西洋文明が入ってきておかしくなった。

65 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:28:05
>>60
>しかも、肉を食べるのは悪いことだというのに、
>歩道の虫を意識的に惨殺し続けてそれには全く後悔しない。

その人が虫についてどう考えているのかは読んでないし、
肉を食べるのが悪いか良いかは、正直あまり興味ないんだが、
あらかじめ歩道で気付けば、
虫だってわざわざふんでつぶしたりするようなことはさけることだろうと思うよ。

問題はおそらく分類ではなく精神的な持ちようで、
屠殺の視覚的・生理的な残虐性から、
食えなくなるとか意識が変わってくることは、それはそれで自然なことだろう。
衣食住は精神的な持ちようから始まる、精神性が大切っていうのは、
宗教ではよくもののたとえとしてでてくる。
地獄絵図なんてのも、そういう地に足のついたものを
理屈でどこまでも麻痺させられる人間の感性を賦活するための
そういう代用かもしれない。つまり、テクノロジーがはさまれてしまうと、
人間がどこかで線引きをしないと、
いくらでも物質性として機械的に操作できてしまうことはあるわけだ。

66 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:29:23
自然というのは複雑で、人間の分をこえた環境問題も
不可避的なフィードバックとして生じる。
こういうことはサスティナブル(持続可能)な循環ということで
環境学的にも考えられてきている。
それは生態系のスケール、資源の効率や制約として、
当然でてくる自然の摂理であり、
まいた種はいつかはからねばならない輪廻として生じてきたのが
環境問題ともいえる。

虫の定義は、人・獣・鳥・魚・貝以外の、多くは昆虫をいう。
しかしそういう瑣末な分類で思い煩って、もっと本質的な生命の感性を粗末にするな、
なおかつ人間と動物は同じって、聖書もほんとはそういうことを言っている。
そういう文化を、単なる物質的な物量として形骸化されたものとして受け止めて、
誤読して居直りを与えてしまうと、皮肉にもかえって逆に作用することがある。
環境問題の一番の原因はキリスト教の勘違いにあるということもよく言われる。
ようは、どれだけ感性をもっているかの指標なわけで、
それがネイティブピープルなら儀式化になって表れるし、
自分でやれないならショックで食べられなくなるということにも人類学的に表れる、
ここまではほどほどにしとけ、という節度はそれはそれである。
お百姓さんが作ったものだからなるべく残さず食べるとか、
いただきますという儀式性だったり、そういうものは感性としてある。

67 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:35:05
>なおかつ人間と動物は同じって、聖書もほんとはそういうことを言っている。

聖書はどうみたってそんなことは言ってねえぞ

68 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:48:37
実はまたなるし、草はまた勝手に生える。
実をもいだり、草を摘むのは、動物とはわけが違うわけだが、
本来なら平気で自分で扱える対象ではないと思えば、
そういう基準というのはそれなりに自然のスケールにかなっている。
やはり生物にも単細胞と複雑生物というのはあって、
人間に近い動物など凝縮されたものは、
それなりに成人病などのリスクも上昇してくる。

それに虫がどうのは、議論上で極論を言っているだけで、
それをもって動物をたとえば虫の体積との比率ぶんだけ
さらに猟奇性を感じて後悔を感じるわけでもないわけだろ?

そういう、どうせ殺してしまうならなんでもいい、というものこそ、
なにかをごまかしているし、そういう居直りはブレーキが利かない。
動物はさすがにという躊躇をもっているくらいが、
人類学的・生態学的なバランスとしてはちょうどいいかもしれない。
倫理というのは本当は感性の質で、基準としては決められない。

69 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:53:22
>>64
>日本人はもともと肉は食べなかった。西洋文明が入ってきておかしくなった。

小学5年生レベルの知識と捏造しかできないのな。
これ嫁↓
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-59.htm

っていうか、悪だとか偽の歴史だとか、
形而上学と嘘にしかあなたがたの主張の根拠はないの?

70 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 14:55:07
>>65-66
草ばっかり食ってると読み手を意識した
まともな日本語が書けなくなるのはわかった

71 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:20:00
>>69>>70=食肉業者
理解能力がタコだな

72 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:22:54
動物はいけないが植物はいいというのはゴマカシだな。生命はみんな同じだ。植物を差別するのは倫理的に許されない。

あんなにひかえめで、物言わぬ植物こそ保護されるべきではないか。


73 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:24:16
>>72
野菜ショアーの論理では、痛みを我慢して表情に出さない子は
殴ってもいいみたいね。

74 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:26:35
>>72
都合のいいときだけ擬人化アニミズムか?
差別と区別の違いもわからないとは。
レベルが低すぎるな。

75 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:34:38
すべての倫理の究極の根拠は「快」と「不快」です。

「肉食それ自体」が不快である、という立場としては
1.肉が嫌い・まずくて食えない(例:中島義道w)
2.肉は味は美味いが、食べると罪の意識で心が痛む(例:ポールマッカートニー)
などがあります。

次に、「肉食それ自体は短期的には快でも、長期的に不快をもたらす」という主張として
3.肉食は健康に悪い。
4.地球環境に対する負荷が大きく、続けて行くと文明が持続不能になる。
等があります。

1.2.については、「人それぞれ」としか言いようがないので、
議論する意味は余りありません。
3.4.については、そのような因果関係が実際に存在するかどうか、
純粋に科学的な議論がありえるでしょう。
対応としても、肉食を全面的に禁止するのではなく、不快をもたらす
程度の少ない方法を考える、などもありえます。
無論、「健康などどうでもいい」とか「文明など滅んでもいい」
という人には、あまり意味のない議論ですが。

76 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 15:35:00
http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eCR-EJ,bT,hT,uaHR0cDovL3dlYi5hcmNoaXZlLm9yZy93ZWIvMjAwMTA4MDMxMDU1MzUvc3R1ZGVudC5hbnUuZWR1LmF1L0NsdWJzL0hhcmVfS3Jpc2huYV9WZWdldGFyaWFuX1NvY2lldHkvcmVsaWdpb24uaHRtbA==,f20050826152040-0,qlang=ja
↑これを呼んでおくと参考になるかもよ。
やっぱり肉ってのはどの宗教でも敬遠されている。
聖書の原典を誤読している人は、青ざめるかもね。

77 ::2005/08/26(金) 16:36:06
肉を食う=悪  ならば
肉食動物=悪  か?

他者の命を喰らって生きる
それは生物なら当然の事で
生きるにはそうするしかない
人間は生物として何一つ特別ではなく
だから人間は動物や植物の命を喰らう
「動物を食べてはいけない」という考えは言い換えると
「人間は特別な存在だから他の生物なんぞと同じルールで生きてはいけない」という強烈な特別意識を押しつけるメッセージになる。

死んでいく生命達に哀感を抱くのは悪い事ではないと思うが、自分たち人類を特別視し他生命に対し優越感を抱くような考えは受け入れ難い。

78 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:39:16
では、羊を捧げた弟を討ったカインは是認されるのかな?

79 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:40:59
>>77
優越感じゃないわな。逆だわな。
動物以下の行為をしていたのを動物レベルに戻すだけ。動物は必要以上に殺さないし、猿は肉を食べない。
人間は最悪の生き物だよ。

80 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:41:09
ヨーロッパでは、「狂牛病」絡みで、
牛肉や乳製品はレストランでも出せないくらい深刻だったし、
日本でも吉野家で牛肉出せなくなったわけで。
厚生労働省のトップ見てみ。
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/bse.html
http://www.mhlw.go.jp/index.html
クロイツフェルトヤコブ病、BSE、感染経路とかいうところ。
まだまだ過去形なんかじゃないみたい。

81 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:41:48
狂牛病が起こる前、
今世紀最大の人類学者、レヴィ=ストロースが、
イタリアの大手新聞『ラ・レパブリカ』紙に書いてたエッセー、
「われわれはみな食人種だ」(93年)と、
起こったあとの、「狂牛病の教訓―人類が抱える肉食という病理」(96年)、
哲学徒ならこれは知っておきたい事柄だな。
中央公論が2001年4月号で訳してもいる。

つまり肉食って文化は、
かつての人肉食習俗(カニバリズム)と構造的に一緒というのが、
狂牛病が起こる前から言っていた彼の自説だったわけ。

彼が言うには、狂牛病の原因のひとつとされる、
牛の飼料に混入された牛の骨粉ってのが、
牛に「共食い」を強要した人類への警鐘だとかいう話から、
16世紀フランスのパリでも、
地下墓地の人骨を砕いてパンに混ぜて食べてたとか、
20世紀初頭のニューギニアのカニバリズム的儀式だけで起こったクル病や、
ヨーロッパで死産児の脳の抽出物を発育不良の薬にしてたなんて話とかも絡めて、
「カニバリズム説」を補強している。

それで、もはや肉食は神聖なカニバリズム的儀式のみに制限して、
基本的な食習慣をベジタリアンへと徐々に移行していくべき、
いや、将来はきっとそうなっていくだろうという予測までしている。

ま、そのお手本が日本やインドってのが、ちょっとツメが甘いけど。

82 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:43:56
ちゅーか、聖書読んでいると、神様がよく「肉を捧げろ」とか言ってるぞ。

83 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:45:12
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%B7

84 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 16:58:43
>>79
猿は肉を食べないという誤った認識からまず正せw

85 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:02:27
クローニング技術でサーロインだけ作れば、個体を殺す必要無い罠?

86 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:04:45
>>48
ノアの洪水のところ読め。


87 ::2005/08/26(金) 17:06:53
>>78
命を奪うことが「罪」か、といえば、
知ったことではない,と私は考える。
私は他者を断罪できるような特別な存在ではないし,そんな存在は想像の中にしかいないだろう。
しかし、アベル(だったか?)が羊を殺したのは間違いだからカインがアベルを殺す、というのは
論理の飛躍というか不在なので、理解は出来まい。

88 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:11:11
>>82
それは>>76が参考になる。
まず旧約聖書では「理想的な状況」が菜食主義であることは
創世記の時点で明らか。

妄信者の、新約聖書で「キリストが肉を好んだ」という誤信だが、
元のギリシアの原典における厳密な研究論文によると、
「肉」と解釈される大多数の語が「trophe」や「brome」で、
これは最も広義な感覚での「食物」または「食べ物」を意味する
他の語でしかないことを示している。

本来の「肉」に対応するギリシア語は「kreas」で、
それはキリストと関連して「決して」使われてない。
新約聖書のどこにも、イエスが本来の意味の「肉」を
食べているといういかなる言及も存在しない。

89 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:18:10
レヴィ=ストロースによると、
「そもそもエデンの園で、アダムとイヴは木の実と穀物を食べて生きていた。
人間が肉食をするようになったのは、ノア以後のことにすぎない」
と言っている。

また、文字を持たない一部の人々にとって、
狩人と動物は親族関係にあり、
獲物を食べることは食人習俗(カニバリズム)の一形態だった。
つまり、動物という他者の肉を食べることは、
実は自分自身を食べていることを意味していた。

つまり、肉食というのはカニバリズムに近いわけだ。
カニバリズムをどう思うか?と言い換えたらいいかもしれない。
佐川氏のようなことが自分で出来るなら、肉食にも抵抗はないだろうが・・・。

90 ::2005/08/26(金) 17:21:07
>>79
人間は最悪の生き物、というのは同意見だが、
例え人間が他生物より低程度の動物だとしても、やはり人間が他生物に対し抱く感情は
ほぼ間違いなく自己を上位としたものになるだろう。
人間が自分たちの社会で自らに植えつけた感覚は
人間に「本気で」自らを動物以下だと認識させることはない。
このなかで誰か、犬小屋での一生や自分より弱い生物に飼いならされる人生を「仕方ない」と享受できる人間はいるか?
「自分は人間である」という認識の内に
他生命に対する優越感がすでに生まれているのだ。

91 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:22:34
ヒトは、他のさまざまな動植物を食す目的はもちろん様々な理由で殺しつづける。
しかも主に集団的テリトリーの奪い合いで常に大量の同種同士の殺し合いをしつづける。
そういう動物なんですよ、ええ。
物凄い獰悪な種ですね。

92 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:27:23
>>75
>3.4.については、そのような因果関係が実際に存在するかどうか、
>純粋に科学的な議論がありえるでしょう。

肉食を支える牧畜そのものが、
人類の存続にとって負担となりつつあるらしい。
レヴィ=ストロースによると、

”これからの半世紀のうちにおそらく二倍になる人口を抱えた世界で、
家畜や人間の飼育する動物のすべては、人間にとっての恐るべき競合者となる。
ある計算によると、アメリカでは、穀物の生産量の三分の二が
動物の飼料として使われている。
しかも、これらの動物が食肉の形でわれわれに返してくれるカロリーは、
彼らが生きているあいだに摂取するカロリーより、
はるかに少ないということを忘れてはならない”

生き残りのためには、近い未来、現在の穀物生産量のすべてが必要となる。
そうなると、家畜に与える分はなくなり、
肉食そのものが根本的見直しを迫られざるをえなくなる。

”専門家たちの見積もりでは、もし全人類が菜食主義者になれば、
現在耕作されている面積の土地で、いまの二倍の人口を養える”

こういうこと。

”西洋社会で、食習慣を変えようとしはじめているかのように、
肉の消費が自然発生的に低下傾向にあるのは注目すべきことだ。
そうであるとすれば、狂牛病の災厄は、肉の消費を方向転換させることで、
現在起こりつつある変化を加速させる役割を果たす”

人間の存続のために、肉食は負担が多すぎるということ。
それは単純にエコロジーの問題だ。

93 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:30:49
>>90
それがどうした?それによって肉食が歓迎されるわけではあるまい。

94 ::2005/08/26(金) 17:38:43
>>93
歓迎するわけではない。
私は「肉食を否定しない」思想だ。

95 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:53:41
>>94
じゃあ、菜食も拒否しないな。どちらも平等ってことだ。
さて、地球環境にはどちらがいいだろうかね。

96 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 17:58:57
菜食では、
人体では合成できない、必須アミノ酸が摂取できません。


インドの苦行であり宗教的習慣を、日本人が真似する必要がない。

97 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:06:49
地球環境に一番いいのは文明を捨てることだよw
クーラー使ってるベジタリ厨はクーラー使ってない雑食の人より環境に悪い

98 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:10:49
>>97
評価条件を変えるのはおかしいな。
クーラー使っている同士、使わない同士で比較するべき。

99 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:11:45
>>96
それは間違い。菜食でも摂取できるよ。

100 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:13:29
>>88
いやいや、そうじゃなくて、神様自身が
「羊の血を注げ」だの「生贄のヤギを捧げろ」だのという場面。

101 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:15:13
何でも適当に食うのが一番に決まってるだろ。

102 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:15:20
近代の菜食主義の流行は、60~70年代のヒッピー・ニューエイジから。
インドやらの東洋思想の表面を安易にかじっただけ。
しかし白人は極端に走る人が多いから流行ってしまった。

彼らにもあと付けの理屈はあろうが、
動物性蛋白質の忌避は身体を痛めつける事実は否定できない。

>>1のような感情論では、10代の少年少女しか扇動することが出来ない。

103 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:17:52
要するに、動物でも植物でも、「生命」のあるものしか
食べられないのが問題のもとだろ。
科学技術を駆使して、無機物から食い物を作れるようにすれば
いいんだよ。

104 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:19:46
本物のタラバガニでなくともそこそこ満足できる

105 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:21:59
>動物性蛋白質の忌避は身体を痛めつける事実は否定できない。


細胞は酸化で疲弊するよね。それは老化と呼ばれるか。酸化は人体には詰まるところ毒だよ毒。
肉は植物より酸化をうながす傾向がある!

106 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:25:28
論より証拠で、本当に肉を食わないで野菜だけ食ってれば
健康で長生きできるんなら、みんなそうするんじゃないの?
医者でそんなことを言う人は聞いたことないがね。


107 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:28:31
野菜くっても油とりすぎたり
必須ビタミンとってなかったり
バランスわるかったり

108 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:36:30
>>106
でも今は肉を食いすぎ。かなり減らした方が健康になれるのは事実だよ。
タバコも辞めれば健康で長生きできるけど、出来ない人が多いよね?あれと同じ。

109 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:41:23
>>105-106
戦後の日本人の長寿命化は、
動物性蛋白質の摂取率の増加によるという事実がある。

肌はつやがなくシワくちゃ、髪は針金、
それらを隠すために毎食ビタミン剤をザラザラッと流し込んでいる
>>1のコピペ元の様な人間は、ある種のノイローゼだと思う。

110 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:42:55
たまになるよね…衝撃的な事を知ると無茶苦茶な事いう奴。

111 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:44:03
宗教的行為でしょ菜食主義って。
板違い。

112 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:46:42
コラーゲンなんか植物で代用出来る?

113 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:47:24
動物性脂肪に含まれるコレステロールは、悪の権化の様に知られているが、
体内でのホルモン合成に必須。

非合理は、正当化出来ない。
そんなだから菜食主義は観念的、宗教だと言われる。
まあ、輪廻と転生を信じるインド人の宗教なわけだが。

114 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:51:57
別に好きで菜食主義をしているのはいいと思うが。
菜食主義者が、菜食が良いと言うことも言いと思うが。

反発している馬鹿がいる理由がわからん。

115 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:52:46
>>114
宗教板へお帰り

116 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:54:20
普通そういう人って他人の生活とか信条に干渉しないはずだよね
「教え」を垂れる時点で宗教になるからだろ

117 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:55:38
うまい肉を楽しく食ってどこが悪いのか。
菜食主義を人に勧めるのは余計なお世話。
哲学でもなんでもない。

118 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:56:10
>>116
別にネットで垂れてもいいんでは?DMで送られてこれば迷惑だが。

119 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:56:38
>>117
なら、こんなスレに来なければいいだろ( ´,_ゝ`)プッ

120 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:57:47
本当は動物が可哀相だと思っているから、菜食主義者が目に入ると心が痛むんだね。w

121 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:58:34
>>118
実社会に害毒を撒き散らかさなければね

122 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:59:04
肉を食べる事を極悪と非難するくせに
野菜や他の命を犠牲にしてる無神経を指摘されると
逆ギレするから面白いね。菜食主義者って。

偽善と無神経の見本みたい。

123 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 18:59:35
猫も可愛いし、牛も可愛いよ。

124 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:00:37
>>119
哲学板だぞ。お前等が去れ。


125 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:00:45
牛を食う奴は、犬を食う朝鮮人と似たようなものだな。どちらも悪くは無いが。w

126 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:01:05
一時医者が書いた、年寄りに肉食を禁じた本が流行ったが、
その後医師界から一斉に非難を浴びた件があったね。


現在の肥りすぎの老人から霜降ステーキを取りあげるのは正しいことだが、
菜食に限定してしまうと血管が弱るから、
クモ膜下出血で頭を開くことになると。
足腰も弱るしね。まあ、若い内にやって体を傷つけて、
早くお亡くなりになる自由も個人には許されているが、
>>1は他人に勧めているから許しがたい

127 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:02:23
>>125
菜食主義者は人種や民族に偏見を持ち差別を行う偽善者という意味ですね。

128 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:03:52
>>127
差別していないが。同じだといっているのだが。w

129 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:05:34
>>125
犬のウシの違いが分からないなんてあなたこそ朝鮮人では?

130 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:06:13
>>129
そうだが、それがどうかしたか?w

131 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:09:53
菜食主義は非合理な宗教的行為と
宮沢賢治も言ってるぞ。
この板の話題ではない。


132 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:12:28
>>131
なら読むなよ馬鹿。スレッド削除依頼でも出してこい。

133 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:16:10
菜食主義が明確な宗教行為や宗教的信念であるとするなら、
それはそれで尊重したいと思う。
しかしながら、当の菜食主義者がそうは思っていなく、
その行為を普遍的なものとして他人に勧め、あまつさえ
通常の食生活者(バランスがとれているという意味)を
「冷血漢、極悪人」と罵倒してみたりする。
これじゃ他者から菜食主義者が尊重されないのも当たり前だろう。


だからわたしはあなたがたに提案する。
「菜食教」「反動物食教」「ベジタリアニズム」として
日本の宗教法人資格の許認可を承けてから、
正式にその宗教活動に励みなさい。

134 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:17:25
  ∧ ∧ ミ _
 (   )┌-┴┴-┐
 /  ゙つ 終 了|
〜′ /´└-┬┬-┘
`∪ ∪   ||
      ゙゙ ゙゙

135 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:17:54
>>132
宗教板にベジタリアンスレが無いんだよね。
>>1さんは立てる板を間違えた

136 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 19:24:26
菜食がいいとは言わんが、生きるのに必要な量以上に肉は食わない方がいいのは確か。

137 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:22:37
俺は人間として生きていくための罪として殺生は、
不可欠のものとして認識してるよ。凄い犯罪的行為だがな。
だが、生きていくためには避けて通れない。
生きるためには、ひどい犯罪的殺生を繰り返さなければならない、
それが人間だ。
死=無なら問題はないが、後生で殺生の罪を問われたら・・・
ひざまずいて罪の償いをするしかあるまい。

138 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:24:59
>>137
心配するな。牛に生まれ変わって償わされる。

139 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:39:04
>>137
人間社会で生きて行く以上、人を殺すのは「すごい犯罪行為」だが、
ウシを殺すのもアリの巣をを踏みにじるのも、
大きさの違いこそあれ同じ様なものでは?

つまり、罪悪感を感じる必要はないということ。

140 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:42:30
つまりウシは社会構成員以外でしょ。
殺しても自分の所属する社会は阻害されない。
だから罪ではない

もちろん
他人の持ち物を壊したりする行為は犯罪だからのぞいて。

141 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:49:57
>>140
猫は?

142 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 20:56:23

欧米の放牧で育つ牛と、日本で育てる肉牛とは

家畜としての牛の見方が全然違う。


143 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:16:34
猫も可愛い。牛も可愛い。人間は糞。

144 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:32:27
殺して食肉にしても、売り残りと残飯で20パーセント以上は
食わずに捨ててる
無駄な殺し

145 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 21:35:12
ベジタリアンのキリスト教徒は
神が人間のために動物を与えたもうたことはスルーなんすかね?
彼らはキリスト教を捨ててジャイナ教にでも入信しなきゃ

146 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:40:58
>>145
>>76

レスぐらい嫁

147 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:47:20
キリストが肉を食べたという言葉も、
原本の肉の意味は、広く食べ物の意味であって、肉という意味ではない。
聖書では、肉を食べて良いと解釈する人がいますが、
原本の言葉の意味を正確にたどるなら、肉を食べて良いといっているわけではない、
ということが良く理解できる。
肉食にとって都合良い方向へとねじまげて翻訳している過ちが、
どれほど罪深いか考えると絶句してしまう。

慈愛の神が悲鳴をあげて怖がる動物達を殺したり虐待することを喜ぶはずがない。
キリストが動物を殺して、おいしそうに血のしたたるステーキを食べるとしたら、
この世にもあの世にも神はいないだろう。

そういう”信者”になることは欺瞞だろうな。
固まった概念で統一されたり、ゆがめられている部分があり、誤りも多い。
それは、宗教の素になった聖人がゆがんでいたのではなく、
宗教団体になった時点で、素のことわりがゆがんできた。
しかし、意味のない殺生や環境破壊が信仰の名において、
美化され正当化されているのには、驚く。

聖書の一部を都合良く盲信するだけの信者さんや牧師さんは、
さすがにもう時代遅れだろうな。

148 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:49:02
>>146
同じ起源を持つイスラム今日も一部にタブーはあるものの肉食可だし
ユダヤも可だよ
リンク先のキリスト教にかんしても、
肉食を禁じるをことついては厳密に書かれていないしね
タブーのような何の罰則もないし

149 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 21:54:01
>>146
>>147
何そのいいかげんな解釈。
同じセム系宗教である
コーランもタルムードにも聖書にも肉食に対して
一部の禁忌以外は認めているし、
それ以外の家畜を食べたからといって罪になっていないよ


150 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:54:50
もっと論理的に議論できないものか

151 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:55:30
>>149
それじゃ単なる宗教盲目妄信信者でしかないが・・・

152 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:55:46





                    「一切は許されている」








153 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:59:11
>>152
そうだよな、まさにそうだ。

胸糞悪くなるような極悪非道の行為をしたからって、
神が光臨してお前死ねよとぶち殺したりなんかしないもんな。

154 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 21:59:28
宗教論とか感情論じゃなくて
論理で考えてみたらどうかね

155 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:02:32

ドナ ドナ


156 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 22:03:13
むしろ食えって言ってるぞ。

コーラン 家畜(アル・アンアーム)の章

138. またかれらは「これこれの家畜と穀物は禁じられる。わたしたちが許す者の外に,
誰も食べることは出来ない。」などとかれらの勝手な決断により,
背中が禁忌になっている家蓄,また(屠殺にさいし)それに,
アッラーの御名を唱えない家畜などと(捏造して)言う。
(これらは凡て)かれに対する捏造である。かれはこの捏造に照らし,やがて報われるであろう。

145. 言ってやるがいい。「わたしに啓示されたものには,
食べ度いのに食べることを禁じられたものはない。
只死肉,流れ出る血,豚肉――それは不浄である――と
アッラー以外の名が唱えられたものは除かれる。
だが止むを得ず,また違犯の意思なく法を越えないものは,本当にあなたの主は,寛容にして慈悲深くあられる。」

146. ユダヤの(法に従う)者には,
われは凡ての爪のある動物を禁じ,また牛と羊は,その脂を禁じた。
只背と内臓に付着し,または骨に連なった脂は,別である。
これは,かれらの不正行為に対する応報で,われは本当に真実である。


157 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 22:08:17
ちなみに、
聖書
3 創世 1:26 神は言われた。
「我々にかたどり、我々に似せて、人を造ろう。
そして海の魚、空の鳥、家畜、地の獣、地を這うものすべてを支配させよう。」

なるほど人がこれらの畜獣を支配せよとな。

158 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 22:10:33
14 創世 8:20 ノアは主のために祭壇を築いた。
そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす献げ物として祭壇の上にささげた。

うわお。



159 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:10:38
ベジタリアンの人は、自由意志を信じてるの?
自由意志がなければ、罪の概念は存在しないし、
一切がビッグバンの時から機械論的に決まっているのなら、
肉食の責任は創造主にあることになるんだけど。

160 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:13:58
>>57
>食物繊維を糖分に分解できないくせに。

そもそも草食動物であれ、いかなる脊椎動物も、
自分の力で植物のセルロース(食物繊維)を消化することはできない。
もともと微生物の力を借りるような仕組みになっている。
微生物のところで調節できることこそが重要だからだ。
これはつまり、コリントTの手紙第12章12節、
「体は一つでも 、多くの部分から成り、体のすべての部分の数は多くても、
体は一つであるように、キリストの場合も同様である」
の本質を理解していないことになる。

還元論や教条主義にはまって思い煩うのではなく、
本質を捉えていくことだ。

161 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:16:25
人間減らしたらいいんだよ。
だから文明人は自ら人間減らしてるんだよ。
周り見てみぃ。子だくさんは馬鹿ばっかりだろ?

162 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:22:31
僕は理性的文明人ですので童貞独身です。

163 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 22:28:43
聖書
38 創世 43:16 ヨセフはベニヤミンが一緒なのを見て、
自分の家を任せている執事に言った。
「この人たちを家へお連れしなさい。
それから、家畜を屠って料理を調えなさい。昼の食事をこの人たちと一緒にするから。」

かちくはおいしい。

76 レビ記 1:2 イスラエルの人々に告げてこう言いなさい。
あなたたちのうちのだれかが、家畜の献げ物を主にささげるときは、
牛、または羊を献げ物としなさい。

主はかちく好き。


164 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:30:34
>>163
王は宮廷の肉類と酒を毎日彼らに与えるように定め、
3年間養成してから自分に仕えさせることにした。
ダニエルは宮廷の肉類と酒で自分を汚すまいと決心し、
自分を汚すようなことはさせないで欲しいと、
侍従長に願い出た。神の御計らいによって、
侍従長はダニエルに好意を示し、親切にした。
侍従長はダニエルに言った。
”わたしは王様が恐ろしい。
王様御自身がお前達の食べ物と飲み物をお定めになったのだから。
同じ年頃の少年に比べてお前達の顔色が悪くなったら、
お前達のためにわたしの首が危うくなるではないか。

・・・どうか私達を十日間試して下さい。
その間、食べる物は野菜だけ、飲む物は水だけにさせてください。
その後、私達の顔色と、
宮廷の肉類を頂いた少年達の顔色をよくお比べになり、
その上でお考え通りにして下さい。
世話係はこの願いを聞き入れ、十日間彼らを試した。

・・・十日たってみると、
彼らの顔色と健康は宮廷の食べ物を受けているどの少年より良かった。
それ以来、世話係は彼らに支給される肉類と酒を除いて、
野菜だけを与えることにした。

(ダニエル書 1章5節〜16節)

165 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:31:09
彼らは家を建てて住み、葡萄を植えてその実を食べる。
狼と小羊は共に草をはみ、獅子は牛のようにわらを食べ、
蛇は塵を食物とし、
わたしの聖なる山のどこにおいても害することも滅ぼすこともない、
と主は言われる。

園に入るために身を清め、
自分を聖別しその中にある一つのものに付き従い、
豚や忌まわしい獣やネズミの肉を食らう者はことごとく絶たれる、
と主は言われる。

(イザヤ書 11章21節〜25節、66章17節)

わたしは、お前達を実り豊かな地に導き、
味の良い果物を食べさせた。
ところが、お前達は私の土地に入るとそこを汚し、
私が与えた土地を忌まわしいものに変えた。

(エレミヤ書 1章7節)

これが聖書では「理想」とはされている。

166 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 22:54:04
蛋白質足りないとなあ、ロバが人を食い殺す事だってあるんだよ。
ボケてんじゃねーぞてめーら。

167 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 22:55:33
>>164
諸典というか偽典というかダニエルの書ですか。
ちなみにこの時ダニエルが肉を食わなかったのは
単に肉食反対のベジタリアンだったからじゃないのは知ってるよね。
>>165
だから穢れたタブーな物以外は肉でも食べても良いんだよ。
それがダメなのは、豚はもともと禁忌。忌まわしい動物とは、
15 レビ記 11:26 ひづめはあるが、それが完全に割れていないか、
あるいは反すうしない動物はすべて汚れたものである。それに触れる者もすべて汚れる。 だから。



168 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:00:23
>>167
そもそも、あんたは食べてよいだとか、
書かれたことをただうのみにしているだけじゃないか・・・。
それじゃ宗教の立場でしかないから意味がないんだが。

169 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:09:36
>>167
あんたはただのマニアだな。もう書かなくて良い。

170 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:13:27
クリスチャンベジタリアン
http://www.jesusveg.com/
こういうページの人こそ、敬虔だと思いたいね。
膠のようになってしまうのなら、
なんの意味もない。


171 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:16:03
>>167
自分で血がしたたることをやれないくせに、
ずいぶん偉そうだな。ほんとどこか勘違いした生き方してるぞ?あんた。
もうちょっと足元見つめなおしたほうがいいよ?
尊大というのは一番似合うよ。
本当の宗教性にそういうマッチョは似合わない。

172 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:25:33
>>157
植物の支配は入ってないじゃんw

173 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 23:28:11
>>168
あれあれ、ちゃんと始めに書いた>>145の意見読んでる?
俺は肉食に関するベジタリアンなキリスト者の立場について言及してるんだから、
宗教の観点でこれを指摘するのは当たり前だよね。
>>169
単なるマニアでなくて、単なる賢い哲学マニアなのさ(゚Д゚)y─┛~~
>>170
なにそのうっさん臭い派閥。畜獣を支配せよといったのもその主なんですがね。
理想の農園で大好きなヒンズー教に改宗して青虫みたいにレタスでも齧ってなさいな
(そのサイトのリンク先もアレばっかだし)(゚Д゚)y─┛~~
>>171
(゚Д゚)ハァ?

174 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:31:16
ベジ厨って何でこんなに必死なの?

175 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:31:32
ベジタリアンとキリスト教
http://www.edit.ne.jp/~akira/bbs/hilight.cgi?dir=./veg&thp=1027465126&ls=50
こういう真剣に考えている敬虔な信者もいるから、
膠みたいに居直ってしまうだけの、
宗教性をまったく勘違いした人がすべてじゃない。

そもそもこういう掲示板は、
宗教性を理解しないただ強気に押すことしかできない
独善的な人が多く寄り集まる。
このスレの1も逆に菜食主義に対して悪意があるのか、
煽っているのも悪いんだが。

そういう風に受け止めるたい。

176 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:34:16
>>173
喫煙者でもあるのかね?

>>174
必死なあんた自身に問いかけることだろ。



177 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:41:29
>>175
その宗教性を理解しろって言い方が独善的な暴力なんだよ。
他宗教に非寛容なイスラム原理主義者の考え方。
ここは哲学板なんだから、万人が平等な理詰めの議論しかありえない。
共感と馴れ合いの押しつけが目的なら早く宗教板行けよ。

178 :考える名無しさん:2005/08/26(金) 23:42:10
>>173
環境問題に対するキリスト教の責任が言及されるとき、
問題にされるのは、その創世記第1章26〜28節の解釈なんだよ。
ここだけ普通に読めば、人間は神に似せられて創られた特別な存在であり、
人間は自然すべてを支配してもいいのだと解釈できる。

特に「産めよ、増やせよ、地に満てよ」という表現からは、
自然は無限に広がっているのだというイメージがみてとれる。
この誤ったイメージは、自然を少しぐらい破壊しても、
自然は無限なのだから何の影響もないのだという錯覚を人間に抱かせた。
さらに「地を従わせよ」という言葉が、
人間の自然への傲慢な態度に根拠を与え、
秩序を破壊する行為を正当化することに誤って用いられてきたことは事実。

そういう独善的な暴力を考えたら、
あんたみたいに必死で偉そうになれることのほうが不思議だが?

179 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/26(金) 23:46:36
>>167
>触れる者もすべて汚れる

あなたの神様は差別主義者ですか。
ずいぶん、小さな神様ですね。

180 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/26(金) 23:55:58
>>172
うん、だから>>157に畜獣って書いてあるのがあqwせdrftgyふじこlp
>>176
コーランを焼いて吸っている(゚Д゚)y─┛~~
>>178
君はどういう立場の人ですか?
ベジタリアンなの?キリスト教徒なの?
平和主義者?ラブ&ピース?オムライス?
>>179
その引用文は聖書に書いてあるよ
ちなみに「差別」は本来仏教用語(・A・)

181 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/27(土) 00:02:17
>>180
聖書に書いてあんのか。じゃあ、穢れたものについて言及していたら
その聖書も穢れてんじゃない?触れているとは言及するという意味もあります。

182 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/27(土) 00:10:49
>>181
馬鹿だ、、、しかも真性の・・・ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ


183 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:13:43
スレタイと関係ないかしれないが、「聖書」をちょっと読んでみた
ことがあるんだけど、何というかさ、滅茶苦茶なことばっかり
書いてあるわけよ。「隣人を騙してどうたらこうたら」とか
「兄弟の奥さんとやっちゃってどうたらこうたら」とか。
別に煽りでも何でもなく、どうしてこれが「ありがたい本」なのか、
どうしても理解できなかった。
ちなみに「コーラン」もちょっと読んでみたことあるが、これは
もうほとんどお笑い種(もっともアラビア語以外はコーランじゃ
ないらしいけど)。
要するに「聖書にこう書いてある」とかいう話は、信者以外には
完全にどうでもいいんじゃなかろうかと。

184 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:18:09
どんなに綺麗なことば使っても止められなかったら意味ないでしょだから争うな

185 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:24:55
>>183
人間は、一見トンデモないものほど、
実はここに真理が隠されているんじゃないか?
と謎解きに取り付かれて、ノックアウトされちゃうんだよ。

支配の道具として集団をまとめるのに便利だったから、
ついつい教条主義としてそれを手放せなくなってしまうのさ。

麻薬みたいなもん。

186 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:28:30
>>183
キリスト教に限って言えば、自分に都合の良いところだけ読んで
ヤバそうなところはあえて無視する、もしくはアクロバティックな
曲解をするというお約束が確立しているから問題ないのだ。

ありがたそうなところだけ読んでありがたがる、
それがクリスチャンクオリティ。

187 :ぬえ:2005/08/27(土) 00:35:53
昨日よりかなりふえてるなぁ(>_<)
関係ない事まで書いてある(;・・)

188 :ぬえ:2005/08/27(土) 00:50:49
SYNさんはとりあえず神のせいにしてるなぁ。
自分の意志でしてるんじゃないの?
神のいいなりw

189 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 00:52:16
>>60
>他人の主張が論駁可能だと自分に見える場合には、他人の主張を論駁しようとする。

していません。

>肉を食べるのは悪いことだというのに

悪いとは申し上げておりません。嘘を付かないように。

私は、生きるために殺すのは悪いことだとは思いませんし、
心情的に殺す事が出来るなら、その肉を食べてもいいと思っています。

その上で、個人的に菜食が美しく理想に思えるので、
その努力をしていきたいと思っているだけです。


13 名前:SYN ◆Dgc0R/.dgc 投稿日:2005/08/26(金) 02:30:28
生きるため以上に、殺すことは反対ですね。もちろん、生きるためなら仕方がないと思います。

肉を食べずに生きていけるなら、動物を殺す必要はないでしょう。
痛みを感じる生き物を苦しませる必要はないでしょう。

自分が他の存在に生まれ変わったとしても、納得できるなら、その行為は問題ないと思います。
私の場合だと、植物に生まれ変わったとしても、人間に食べられることに文句は無いので植物は食べます。
牛に生まれ変わったとしても、屠殺のされ方は納得できないので、肉は食べません。
あと、自分で(技術的ではなく心情的に)殺す事ができないのに、肉を食うのも間違いだと思います。

心情的に殺すことができ、殺される側の立場で納得出来る場合だけ、食べてもいいと私は考えます。

190 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 00:53:11
>>188
自分の意志でもあり、神の意志でもあります。

191 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:55:37
>>188
自ら神の奴隷になるのが一神教の信者。
しかし、その神のイメージは実は自分で勝手にイメージしたもの
だったりするからやっかいなのだ。SYNなんかその典型だね。

192 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:57:29
奴隷の人格と神の人格を行ったり来たりしますね。
神の視点で語るときの高揚感が忘れられないんでしょうね。


193 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 00:58:31
>>191
>しかし、その神のイメージは実は自分で勝手にイメージしたもの
>だったりするからやっかいなのだ。

それが何か問題あるのでしょうか?
萌えキャラを好きなように妄想しても良いと思いますが。
他人にその神のイメージを理解しろとも申し上げていません。

194 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 00:59:36
植物でも魚類でも動物を食べる事に罪悪感を持つのは、キリスト教や仏教と関係なく、
「済まない」と生物に謝りたい気持ちが根源にあるからだ。
「ありがたい」という感謝の気持ちが根っ子にある。
宗教論とは切り離して議論して貰いたい。

195 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:00:59
>>192
ということにしたいのですね。
それは貴方の勝手な妄想です。他人の心情はわからないものです。

人は憶測で他人を見る時、そこに自分自身を見る



196 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:02:19
>>193
他人に押し付けなければ問題はないが、滑稽だね。
自分のイメージに過ぎないものをさも客観的存在のように
考えて、その奴隷になっているわけだからな。

197 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:02:22
>>191-192
多神教だって集団の奴隷になってますよ。
集団の不文律を自分勝手に思い描いて、それの奴隷になっているのが
多神教です。

198 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:03:19
>>193
バモイドオキ神みたいなもんかね・・・

>>195
いや、そういう人って多いのよ。世間にじゃなくて
哲学史や宗教史に残るような神秘主義者に。まあ
そうじゃないならいいんだけど。買いかぶり過ぎたかな。


199 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:03:31
>心情的に殺すことができ、殺される側の立場で納得出来る場合だけ、
>食べてもいいと私は考えます。

心情的に殺すことができる=P
殺される側の立場で納得出来る=Q
食べてもいい=R

(P∧Q)⊃R

対偶
¬R⊃(¬(P∧Q))

日本語に翻訳:食べてよくない(悪い)ならば、
心情的に心情的に殺すことができないかつ、殺される側の立場で納得出来ない。

∴つまりあんたは確かに「悪い」と言っている。


200 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:03:32
>>196
ということにしたいのですね。
それは貴方の勝手な妄想です。私は別に奴隷になどなっていませんが。馬鹿馬鹿しい。


201 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:05:40
>>200
だいぶ図星な感じだよ。モチツイテ。

202 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:06:42
>>193
自分の信念だと言うだけならまだ理解出来るが、神が自分の
イメージに過ぎないとわかっているのにあえて「神の意思」
などと言う必要がどこにある?

203 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/27(土) 01:07:49
>>199
>〜できないかつ、殺される側の
かつ(AND)も否定(NOT)されるから、か(OR)じゃないの?

204 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:08:06
むしろ下手な煽りをする>>201が落ち着くべきだろうな

205 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:09:18
>>202
誰でも言葉というものは、自分のイメージで使っていると思います。

206 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:09:59
>>202
あのさ、自分のイメージって自分が自由勝手に作れると思ってんの?
自分が生まれる前から、枠組みが用意されてるだろ。

207 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:11:56
>>206
誰もが、その枠組みを理解したつもりになって、自分のイメージで使っていると思います。
主観から逃れる事は不可能だと思います。

208 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:12:47
>>206
そりゃおおまかな枠組みはあるが、具体的なイメージは
100人100様だろうよ。例えばキリスト教の信者だって、
具体的な神のイメージはそれぞれ違うだろう。

209 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:13:35
肉を食うことに罪悪感を感じないか…
感じる人もいるし、感じない人もいる。
だから菜食主義者が肉食を罵倒したり菜食主義者じゃない人が菜食主義をバカにはできないな。
思想がおかしいところを俺はおかしというがね。
矛盾してる人おおいしw
ま、人間は矛盾の塊だしね。
あ、エゴには善も悪も何もないよ。ただ純粋なる思い。自分なんだから。

210 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:17:29
>>203
>殺される側のかつ(AND)も否定(NOT)されるから、か(OR)じゃないの?


その解釈(間違いだが)で日本語に翻訳:食べてよくない(悪い)ならば、
心情的に殺すことができないか、殺される側の立場で納得出来ない[場合]。

∴どっちにしろ、あんたは悪いと言っている(悪いと言える条件を自分で拡大している)

211 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:18:02
人格化された神www
自分のイメージした神以外には否定的なんだろ?言語ゲームになっちゃうよ

212 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:19:26
>>209
結局は好きか嫌いかの問題だと思います。
私は菜食が好きなだけです。肉食の人を止めさせようとは思いません。
あるキャラに萌えるからといって、他のキャラのアンチにならないのと同じです。

213 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:24:30
>>212
あんたは肉食より先におかしなヲタク世界から足を洗った方が
いいんじゃないか。

214 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:28:41
>>213
コミケは八百万の神の祭りです。神話も元は萌えキャラだったのかもしれません。

215 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:29:10
190
ここには神の意志は必要ありません。ここは宗教板じゃないしね。
でも、すべてあなたの考えで菜食主義をしているなら私は何も言いませんしすごいって言うと思います。あなたの努力ですしね。
自分で決めた事をきちんと実行する。とても素晴らしい事だと思います。
あなたにはあなたの考え方があるのですから。
でもあなたには神がかかわってくる。それが私は気にくわない。他のせいにしているじゃないですか。
そして1はとても考えがあさはか。子供だ。

216 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:30:34
>>196
決定論スレでも顕著だけど、こいつは自分の信念は絶対だが、
他人の信念は妄想だと考えてるみたいね。
自分の形而上学説は主張する(「『悟り』でそれに到達できる」とかw)が、
他人の形而上学説は否定する(「独我論や論理を否定する主張は
議論にならないので無意味です」とか)。
最近ようやつこいつの超・独尊論が見えて(見限って)きた。

217 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:31:43
>>215
別に宗教を持ち出しているわけではありません。
私の申し上げる「神」は自然や現象の総称みたいなものです。「自然」と置き換えてもらっても結構です。

218 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:34:52
あ、SYNさんヲタクだったの(;´Д`)
あ、うん。ごめん…
そういうの…
別にいいと思うから…
ど、どんまい…

219 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:37:13
>>217
ねえ、人に自分の主張を押しつける気はないんでしょ?
だったら何でまだこのスレにいるの?
早く出てけば?
なんで人に自分の意見を言ったり、答えたり(ようするに議論ね)するの?
他人を自分の観念世界に従わせて支配したいからでしょ?
なんでその独善、悪に気づかないの ?
それほどバカなの?
ねえなんでどうして?

220 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:37:17
>>216
そういうことを書かずにいられない所に、貴方の人間性が現れていると思います。
それに議論というものは、肯定したり、否定したりし合って進めていくものだと思います。


221 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:38:40
>>220
「そう思うなら、その人なりの努力をすればいいのではないでしょうか。ご自由にどうぞ。(>>44w)」

222 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:38:56
>>219
ここは菜食主義者のスレみたいなので、参加しているだけです。
肉食の悪い点を募集しています。

223 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:40:00
お、俺のともだちにもそういう趣味の人いるから…
俺は別にいいと思うよ…
が、がんばれ…

224 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:41:35
>>222
肉食は善で、菜食は悪ですよ。

(あなたの次のレスに対する僕の反論はこれ↓)
「そう思うなら、その人なりの努力をすればいいのではないでしょうか。ご自由にどうぞ。(>>44w)」

225 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:41:54
>>219
何で議論が悪なんだ?
自分の意見を主張・擁護するのが独善?
ふざけんな

226 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:43:28
224
いや、どちらにも善も悪もないだろw

227 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:44:42
>>218
実はそれほどオタではありません。
排他的な宗教も、それぞれの神を萌えキャラだと考えれば、
お互いに尊重して共存できるのではないかと思っていた頃があっただけです。
オタは戦争しませんからね。

228 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:47:09
>>225
単語に自分で勝手な意味を与えておいて、それを断りなく会話で使って、
それで意味が不明だといわれると「言葉は人それぞれの捉えた意味で使ってる」などと
開き直るのはどうかと思われるよ。お互いに共通の意味で使われてる言葉を
通して意志の疎通を図るというのでないと会話にならないよ。


229 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:47:57
そうか…
あなたにもあなたなりの考えがあるって事だな。
でも自然現象などその総称が神でそれに従うなら、肉を食べてもいいと思うけどなぁ。
所詮人間も動物なんだし…

230 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:48:18
>>225
「そう思うなら、その人なりの努力をすればいいのではないでしょうか。ご自由にどうぞ。」

このやりとりで、
応答可能性のないバカの存在が
いかに無駄か分かってほしいですね、どっかのバカには>>44

231 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:51:00
>>229
私は基本的に他人の肉食を否定するつもりはありません。
私が食べたくないだけです。

232 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:51:37
動物を食べるのはやめなさい!というスレタイであるのだが・・・

ヒトは肉食をなぜやめるべきであろうか(その論拠)?やめることができるのであろうか(その解決可能性)?代替すべきか(その解決手段)?

233 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:53:42
>>231
そうやってちゃんと整理すると話が通じてよいよね。わかった。
君は肉が食べたくないんだ。そして他の人には何の提案もない。
しかしそれは大した意見ではないよね。


234 :ぬえ:2005/08/27(土) 01:54:34
そうか…
おれも菜食主義は否定しないし。
ま、何でもいいか…
これからも続けなよ…
あなたがいいと思ったことがあなたの今の正義なんだからさ。
もう寝るわ。
おやすみノシ

235 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 01:56:45
肉食は続けてイイよ。しかし、食べ物がどうやって作られているか
分からない現代社会は異常じゃないかな。
生き物を殺して食べているんだという実感なしに食べてていいんだろうか。

236 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 01:57:45
>>232
>ヒトは肉食をなぜやめるべきであろうか(その論拠)?

個人の範囲では、心情的問題以外だと、
いろいろな毒性が濃縮されることと、人間に近い生物であることによる病気の感染の問題
があると思います。

237 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 02:07:52
BSEや鳥インフルエンザかな。ウイルスの、食肉による感染。繰り返せばヒトに常駐するウイルスに変種し、ひろがる。
まさにバイオハザード。防ぐべき。だがこれだけ?毒性の濃縮は食物連鎖だよね。ヒエラルキーのうえに立つ者ほど種の存続の危険を負う。しかしそれは自然では当たり前ではないかな

238 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 02:18:30
>>237
飼料が天然物だけなら、当たり前程度の危険性でしょうが、
とんでもない物を餌に混ぜているところがあるのが問題かと。
肉に限らず野菜もですが、生産者が自分は食べないようなものを作っていることが恐ろしいです。

239 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 02:28:24
@心情的に…。(動物に感情移入)
A肉食は激しい快楽をもたらす。がつがつした欲望は下品で好ましくない…。(性格的抑制嗜好)
B人体に有益でない…。むしろ有害。(さまざまな病気の原因の一つ。遺伝子にキズがつく?)

240 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 02:31:44
肉より遥かに危険かもしれないコンビニ弁当
http://www.nishinippon.co.jp/news/2004/shoku/shoku2/03.html

241 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 02:33:59
>238
ベジタリアン、少なくとも肉を控えているくらいの人を含めると、
現代ではそれほど珍しくなく、けっこうそれだけで
共通言語となりうるくらいコミュニティ文化として成熟してもいる。
以下がそれ。

NPO法人日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/p1/veg.html
国際ベジタリアン連合
http://www.ivu.org/japanese/faq/

一応、今後ベジタリアンを試してみる上で、基本となるFAQ。
ここに環境問題からの未来の予測データ、栄養学など、
気になる最低限のことは書かれている。



242 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 03:23:17
>>241 FAQわかりやすい。dクス!

243 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 05:04:00
植物は生命じゃないのか?

244 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 05:30:49
植物より動物を大切にするというのは、
自分に近いほうを贔屓することであり、
「ゲルマン民族が・・・」と同じようなもん

WHOの健康調査結果によると、世界で最も健康な民族はマサイ
彼らは肉と血と乳で生きてます

245 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 05:37:59
>>243
人間を含めて全ての動物は、体内のバクテリアなどの生命を利用する
以外に生きていけません。バクテリアだって生命です。
野菜を食べるときでも、昔の日本人は目を瞑り、手を合わせて「いただきます」
と言って食べていました。

246 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 05:43:14
>>244
大多数の日本人はラクターゼを体質的に作ることができないのです。
日本人にとって乳はあまり効率がよくない飲み物ですね。

247 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 05:57:25
>>244
マサイは相当特殊だと思うぞ。
日本人だとラクターゼの問題があって、下剤のように作用して、
牛乳を飲むと腹を下すような人は必ず何割かいる。
高地の、気圧の違うところに住んでいる人間とも、
また環境が違ってくるだろう。
そういう極論を出すのは大した意味がない。
日本人と西洋人だって、腸の長さがずいぶん違う。
胴長短足で、しょせん西洋人とは平均身長も一回りも違う。
日本人は元々、農耕的な食事の消化に向いてるよ。

248 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:05:33
肉食での精神面での影響は、
・暴力的な傾向が出てくる
・動物的な性質、動物臭の体臭が出てくる
・糞尿なども草食にはない異臭が出てくる

欧米人は肉食中心で来たため、
腸の長さは肉食動物並みの4メートル、
大腸ガンや潰瘍性大腸炎になりやすく、
アメリカでは大腸ガンは死亡率2位です。

日本人はもともと野菜や穀類中心で、
日本人も戦後の欧米化によって
肉食中心の生活になりましたが、
腸の長さは7メートルもあります。

こうした腸の長さの日本人が肉食すると、
長い分だけ腐敗便を作りやすいため、
悪玉菌増殖の危険性、
増加した動物性脂肪の影響などで、
大腸ガンや潰瘍性大腸炎、
その他の成人病を引き起こす可能性は、
他の民族に比べて大きくなります。

249 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:11:41
肉食動物は食べないよ、ふつう。
草食動物を主に食べるよ。

250 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:13:23
人間の犬歯は肉を引きちぎるのに便利な歯であることから、
人間は肉食も含めた雑食性であるとみられがちである。

これについては、犬歯は「肉を噛み切ることが目的ではなく、
身を守るための役割を果たしているにすぎない」と、
島田彰夫「動物としてのヒトを見つめる」で言われている。

「臼歯は数も多くもっとも発達している。
ウシ、ウマ、ヤギなども臼歯がよく発達しているが、
これらの草食動物とは違って、
イネ科植物の茎葉などは、ヒトの食糧ではない。
臼歯の形態もこれらの動物とヒトの違いが大きい。
これは植物を食べるといっても、
ヒトとこれらの動物とが食物で競合しないことを示している」

という、動物と人間は本来は競合しないとの見方が
有力になりつつある。

251 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:17:20
これを裏づけるのが、
人間のみがでん粉を分解する消化酵素であるアミラーゼを
たくさん分泌するということである。

肉食動物であるライオンやトラはアミラーゼを分泌しないだけでなく、
植物食をする動物でも
でん粉質が大きな意味を持たないウシやウマでは、
ウシは唾液アミラーゼを分泌しながらも活性が低く、
ウマは分泌がゼロという事実がある。

252 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:20:24
「食肉依存の西欧諸国でも、
たとえば500年以前まで遡ると、主食は肉ではなく、
パンまたはそれに類似した澱粉食であった。
肉食への以降を可能にしたのは、
新大陸の発見、植民地化の成功によって、
新しい土地に穀類の生産の場をつくり、
これを餌にした家畜の大量飼育が可能になったためである」
と、「肉食文化と魚食文化」に書いてある。

「アメリカ人が一番よく食べていた肉は植民地時代も、前世紀も、
牛肉ではなかったという事実だ。
アメリカで牛肉消費が実質的に豚を越えるのは、
ようやく1950年代になってからである」
とマーヴィンは言う。そして狂牛病が起こった。


253 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:27:37
穀物や牧草を家畜の飼料にして得られる食肉より、
同じ土地面積で人間が直接食べる農作物を作付けしたほうが、
はるかに多くの人をまかなう食料を生産できる。
環境問題と食糧不足の大きな要因である。

伝染病の危険の増大、
またその予防における大量の抗生物質の使用。
食肉に残留するこれらが、
健康に影響しないとは言いきれない。
肉食は、生活習慣病などの危険性を上昇させることは
指摘されている。

人間に肉食が必須なわけではない。
豆類、芋類、穀物などを積極的に利用することで、
健康に生きていくのに必要な栄養は充分に摂取できる。

人が肉食をやめられない理由の一つに、
肉を食べることにより、脳内でアーナンダミドなどの快楽物質が
分泌されることが挙げられる。

これは要するに、ドラッグの依存症と同じ仕組みである。

254 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:32:54
肉食動物は食物を噛まずに飲み込むため、
あごが発達しておらず、臼歯もない。

人間の歯は動物を取ってしとめるキバはなく、
草食に適した臼歯がある。
人間の顎は食物繊維を咀嚼するための顎である。

また肉食動物の顎は上下のみにしか動かないが、
人間や草食動物の顎は、横にも動く。
これは穀物や草をすりつぶすためにある。

人間には、動物狩猟用の殺傷能力のある爪はなく、
木の実や果物を採取できるような、
親指を向かい合わせる手になっている。

これは人間が動物肉を食べるのではなく、
果物や野菜を採集するのに適していることを示している。

肉食には本来、胃酸を多く含む胃液が必要だが、
人間や草食動物の胃酸は、肉食動物に比べ、
20分の1の濃度である。

また、肉食は体内で毒素を作り出すため、
短時間で消化し排出するために、
高濃度の消化器官と短い腸が必要となる。
肉食動物の腸は体長の約3倍であるのに対し、
人間の腸は草食動物のように長く、
体長の約12倍の長さの腸をもつ。

255 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:35:51

「腐」という字は、「府の中の肉」です。

256 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:37:44
なんか必死で肉食=不自然という主張してるの見ると心理がかいまみえるね。
本当は自分も食べたい、お前らだけずるいぞ、俺は正しいんだ、
こっちへ来いって亡霊の心理がね。
でもね、あなたがいくらそんな事言っても世界は永遠に肉を食べますから。
ルサンチマンはみっともないよ

257 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:38:27
もともと、熱帯付近に居た人間が、
穀物の栽培に不適なヨーロッパや砂漠に移動し、
止むを得ず、穀物の代用食として肉を食べるようになった。

肉は腸内で腐り、滞留します。

この腐った肉を早く排泄するために、
動物の乳を飲むようになりました。

離乳を終えた人間にとって「乳」は毒ですから、
人間の生理は早く排出しようとします。

これが下痢です。

つまり、彼らは下剤として「乳」を飲む必要がありました。

258 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:41:24
国民医療費の高騰に悩むアメリカ合衆国は、
約2年間かけて世界中の栄養学者・医師などの英知を集め、
病気の原因を調査・研究しました。

その集大成として1977年に提出された報告書が、
アメリカ上院栄養特別委員会の、
「アメリカ国民の栄養改善目標」(マクガパンレポート)です。

この原案には、
「肉・卵・牛乳は病因食なので摂らないように」と、
ありました。

この結論に、全米畜産協会などの業界団体が圧力をかけ、
公式発表された表現は大幅に後退したものとなりました。

この報告書では、
精製されていない穀物(玄米・玄麦など)を
主食として食べることが病気を予防する、
と述べています。

259 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:44:14
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&c2coff=1&q=%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%82%AC%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88&lr=lang_ja

「マクガバンレポート」で検索すれば事実がわかります。



260 :ベジタリアン:2005/08/27(土) 06:47:49


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。
だから、かみさましんじないやつらが、
ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。
あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…





261 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:56:23
1960年代、
アメリカ国民一人当たりの医療費は世界一となり、
平均寿命は世界26位で、
このままではアメリカの経済は破綻するとし、
当時の副大統領候補だったジョージ・マクガバンが
アメリカ上院栄養問題特別委員会の委員長となって、
発表されました。

「ガンや心臓病などの増加は食生活の誤り」ということを発表し、
「肉、卵、乳製品、砂糖などをほとんど採らず穀物中心の食事にする」
ように事実を提案しましたが、「国家権力だ」と、
業者から猛攻撃を受けたため、第2版では「できるだけ食べないように」
と訂正されました。しかしこの報告書によって、
マクガバンは医学界や畜産業界などから反発を受けて、
副大統領になれなかったそうです。

しかし、これがきっかけで、穀物菜食に重心が移行しつつあります。
この報告書の抄訳が、

「アメリカ上院栄養問題特別委員会レポート」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4766703480/

として出ています。

262 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 06:59:01
>>260
こういう卑屈な自作自演こそ、見苦しいですよ。
事実は事実。それをどう受け止めるかは個人の自由です。
あくまで判断材料にすぎません。
それにあなたがそう反応するのも自由です。

263 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:08:00
このマクガバンレポートは、日本食を高く評価しています。

その陰には、ある日本人の意見が色濃く反映されました。
アメリカで初めて「オーガニック」という言葉を広めた、
マクロビオティックに関わっていた久司道夫さんです。
1993年の食事目標では、マクロビオテックに沿ったものに
なっています。その功績が認められ、1999年、
アメリカ・ワシントンのスミソニアン博物館に殿堂入りしました。

アメリカではマクガバンレポート後、
心臓病などの生活習慣病が減少しています。                        

今、日本の本屋の健康コーナーには、
ガンに関する本が圧倒的に多く、
その次に肝臓、糖尿病、肥満、高血圧に関することが
多くなっています。

これはアメリカの一昔前の食事に移行してきたからです。
つまりこれは、皮肉にも、以前のアメリカの状況を
まさに今頃になって後追いしている格好なのです。

264 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:10:18


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。

だから、かみさましんじないやつらが、

ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、
ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。

あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…





265 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:43:33
アメリカ人は過剰に食肉しているだけ。
菜食主義も逆の過剰。

わたしは中道を行こうと思う

266 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:48:05
そうは思わないな。
主義とか思想とかではなく、日本人も肉を控える方向に向かうと思うよ。

267 :沖縄長寿の源は豚肉の摂取:2005/08/27(土) 07:52:11
現実に食肉業者に唾をはきかけ罵倒する奴って、
このスレで頑張っているようなベジタリアンなんだろうな‥‥

268 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:54:55
豚肉を食べると長寿になるという科学的な証拠はあるのかな。

269 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 07:56:54
>>1に牛は書かれ、チキンやポークに言及されていないところをみると、
大方この文を書いた奴は、アメリカ菜食主義の
翻訳ものばかり読んでいるんだろうな。
んでそれをそのまま日本に当てはめているだけ。

270 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:01:16
検索してみたよ。
沖縄では「ゴーヤ」と「シークアーサ」と「かつお節」の消費量が
全国一多いんだね。
豚肉だけが原因だとするのは科学的だと思わないな。

271 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:05:29
>>266
理由を説明してほしい。

>>268
沖縄は秋田の三倍肉を食べる。

琉球大学長寿科学研究プロジェクト
http://www.choju.net/shoyouin.html

272 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:09:07
>>271
しかし豚肉が長寿の原因かどうかを全然示してないんだよね。
それに、そんなに長生きしたからって何か意味あるのかね。

273 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:11:36
>>271
秋田県人が肉を今の3倍消費するようになったら、
どう変化するんだろうか。

274 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:12:02
動物性たんぱく質の摂取量の増加と平均寿命の延びは相関関係にある
http://kumamoto.lin.go.jp/shokuniku/eiyochisiki/niku_protein/nihon_tanpaku.html


反肉食の欠点
・貧血に結び付く
・コレステロールの摂取が出来ない
・植物性タンパク質からは、リジンやスレオニンなどは摂取されにくい

275 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:14:16
何で肉食にこだわるの。魚でいいじゃん。

276 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:17:01
>>272
> それに、そんなに長生きしたからって何か意味あるのかね。

長生きを重視しているわけではない。
いかに健康に結び付く食生活であるかどうかだ。
つまり、人間という生き物にとって正常な食事とはどういうものであるか?
客観的に捉えたら、反肉食は愚かしいことが明白。

277 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:41:26
快楽の為に肉を食い散らかすのは「善」である。



278 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 08:42:07
すいません、このスレのどこが哲学なのでしょうか?
医学板か健康板に移るべきかと思いますが。

279 ::2005/08/27(土) 11:21:42
確かにこの話題は、哲学とは感じにくいが、
肉食に関しての議論は医学的、宗教的方面という
全く別種の方向に広がりを見せるので、
それらを全て総括させ独自の理論を発展させてみるのも、
思索の可能性を追求するには良い実験領域ではないだろうか。

ということで、単に医学的見地、宗教的見地に縛られない意見求む

280 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:35:39
どうして
肉食=悪
菜食=善
みたいになってんだ?

281 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 11:39:54
Test

282 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 14:01:53
菜食の方がいいのは俺的には事実だ。
不殺生を心がけることが殺されないことに繋がるのだろう。安らかな死を向かえたいなら死体は食べない方がいいようだ。
どうしても生物を食べたいなら生きたまま食べた方がよいのだろう。


283 :ぬえ:2005/08/27(土) 15:49:39
人が肉を食べるのは何も悪くない。善いことでもない。
人が野菜を食べるのも何も悪くない。善いことでもない。
どちらも悪くないし、善いというわけでもない。
ただ両者とも相手を批判したり、相手に自分の考えをおしつけたりするから対立がおこるだけ。

284 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 15:57:08
>>267
私は菜食主義であっても、肉業者は尊敬します。
というのは、他人の食べる分まで殺し、業を背負っているからです。

自分で(技術的ではなく心情的に)殺す事ができないのに、その肉を食べるのはおかしいと思います。
自分では殺せないのに食べている人が、殺す行為を他人に押し付け、見下して差別しているのではないでしょうか。

285 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:14:08
菜食主義者は、肉さえ食っていなければ、
野菜だけ食っていれば、殺生にならないと思っているのか?

そんなに言うんだったら、電気も文明にも頼らず、
鉱物でも食って裸で暮らせ。

286 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:20:05
全くそんな結論は導き出されないだろうに、どのように考えたのだろうか。
殺生と対立するものには古代生活信奉者があると考えられており、それ以上
のものは考えられず、それだから、電気も文明にも頼らず、暮らすというよう
なものであると考えたのだろう。だが、鉱物を食べるべきであるというのが
勝手に招き入れて占有させている主張であると考えられる。

287 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:21:31
そこで果実食主義でつよ。
フルータリアニズム

288 :ぬえ:2005/08/27(土) 16:23:36
まぁ今の世の中何も殺生せずに生きていくのはムリだわな。
殺さずに肉を食べてるからゆるせないって言いだしたらきりがないよ。
日本にすんでいるかぎり、米国の戦争に少なからず加担してるんだし。

289 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:23:54
自然生活の愛好者はヨーグルトもぶどう酒も口にできないのかね。

290 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:29:18
別に死体を食べたい奴は食べればいいさ。生きながら死体のようになるだろうけど。そう思うから俺は食わん。

291 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:42:05
チーズや牛乳や粉ミルクやラードは大丈夫ですか?

292 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:49:14
俺は食べ続けるYO!!!!!!!
おいしいし、肉がなかったら食文化がお粗末になるし、
食肉業者がかわいそうだし、経済的によくないしね

肉ウマー!!!!!


293 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:50:59
ベジにもいろいろあるそうだね
魚はOKとか

294 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:52:11
食物連鎖

弱肉強食。

自然な事だ。

295 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 16:52:15
>>288
でも、それをある程度増やしたり減らしたりできることも事実ですよね。
どうするかは各個人の問題ですが。

(心情的に)飼っている生き物を殺して食べれるなら、私は問題ないと思います。
しかし、それが出来ないなら、その行為に間接的に加担しない方がいいとも思います。

296 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:53:57
牛肉はうますぎる。
やめられない。

297 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 16:57:32
もっと根本的な解決法はないのかね?
合成肉とか人工ステーキとかはまだ出来んのか!

そういえば将軍様の国で製造ってるという話だけど

298 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 17:02:48
>>297
大豆で作った肉もどきとかはもうあります。
http://kunitachi.shop-info.com/nakaichi/

299 :凡人:2005/08/27(土) 17:53:33
つまらない話ですが捕鯨禁止に成ったのは日本人に
牛肉を食わせる策略とか?
鯨の過保護が生態系を崩さないですか?
先々日光の猿みたいに鯨が増えませんかね。
動物を人が食べてはいけない、と言う議論は難しいので
コメントを控えさせて頂きますが人が生きる為いがいに
他の生物の命を奪ってはいけないとは認識して居ります。
魚釣りもしませんよ。


300 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 18:02:10
食わないくせに鯨油欲しさに捕っていた連中に
一貫した論理などあるわけがない

ああ、桃缶サイズの大和煮が懐かしい・・・

301 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 18:53:05
そんなに殺生したくなければ、ジャイナ教徒になればいいじゃん。
なるべく下等な物を食い、最高の死に方は餓死だそうだ。

302 :285:2005/08/27(土) 19:57:15
>>286
ならば聞くが、まず動物の殺生が減らすべきで、
植物なら構わないと言う理由を教えてくれ。

303 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/27(土) 19:59:47
>>302
減らすべきかどうかは別として、
食肉の殺生(生産)をやめると、トータルで植物の殺生も減らせます。

304 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 20:14:17
|  |
|  |∧_∧
|_|´・ω・`) くじらいらんかね〜・・・
|桃|o旦 o
| ̄|―u'
""""""""""
|  |
|  |∧∧
|_|・ω・`)
|桃|o旦o.
| ̄|―u'
""""""""""
|  |
|  | ∧∧
|_|(´・ω・`)
|桃|o   ヾ
| ̄|―u'   旦 <コトッ
""""""""""""""""
|  |
|_|  ピャッ!
|桃| ミ
| ̄|     旦
""""""""""""""""

305 :285:2005/08/27(土) 20:15:56
>>303
>減らすべきかどうかは別として、
なぜ別なんだ?減らさなくてもいいのか?

306 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 20:35:29
>>293
やっぱ同じ哺乳類だと生々し過ぎるんだろうな。
魚だと形が全然違うから、あまり罪悪感を感じずにすむ。
日本も伝統的にそうだよな。

本質的には変わらんのだけどね。
活け造りなんてグロ以外のなにものでもない

307 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 20:40:24
 (二二ニニつ
 ヽ   /
  |( ゚Д゚)
  |(ノ  |){おまいら きのこ れよ!
  |   |
  ヽ _ノ
   ∪∪

桃のおいしい食べ方教えれくれ
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1123079747/
肉、魚食ってるやつは動物虐待!!
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1104748800/
きのこがこの先生きのこるには
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1094356879/

308 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 20:55:07


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。

だから、かみさましんじないやつらが、

ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、
ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。

あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…





309 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:03:05 ?
大切なスレだと思います。
何となく習慣で、気にしながら食べていましたが、
今日からベジタリアンになります、ありがとう。

310 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:04:10
結局は主観的な問題に過ぎない。
かわいそうで食べられないなんて精神的に弱い奴は食わなきゃいいだけ。
俺は肉も女も食いまくりwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

311 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:13:10


野菜も土に種まいただけで

後は勝手に育つとでも思ってるのか?

野菜ひとつ育てるのに、何匹虫を殺すのか。

鳥に食べられんようにあらゆる策を講じる。





312 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:16:05


おい、ウンコベジタリアンども!!!

おめーらの先祖がどれだけ動物殺して生肉をむさぼってきたと思ってんだよ!!!!!wwwwwwwww

おめーがどんなに野菜食ってもその原罪からは逃れられないぜええええ!!!!!!!!ヒャーハッハッハッハwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww





313 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:17:24
植物は土と一体として語られるべきなんだが…(人間の髪の毛みたいなもの)。
畑で野菜つくってたり、本格的にガーデニングしてる人なら
わかる感覚だけどね。土が悪ければ育たない。枯れても切っても土に
還せば大地の養分になって命を更新する。

例えばガーデニング素人は花の切り詰めができなかったり(お花ちゃんが
カワイソー、きれなーい)して、花を擬人化して、逆に花姿を乱し、しまいには枯らす。


314 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:22:44
ベジタリアンになるっていうがベジタリアンもピンキリなのにな。
ちなみに上の方だと栄養生殖の野菜のみしか食べない。芋とかたまねぎとか。

315 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:26:30

草を食べて育った牛の肉を食べることは

間接的に草を食べていることにならないか ?

その草は、土の栄養分(窒素、リン、etc)と水で育つので

間接的に われわれは 

地球を食べていることになる。


316 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:28:32
別に地球食べててもそれが悪と感じるのは人間の身勝手な価値観だろう。
牛の胃からセルロース分解酵素を持つ微生物でも奪って自分の胃で飼ってたら?

317 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:28:49
|_|
|_|_∧  
|_|Д´>
|文|o ノ  
| ̄|u'

318 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:36:06
業を感じるヒマがあったら喰って食物連鎖に貢献しろ。
人間だけがこの大いなる体系から外れる事こそが罪だよ。喰え。
殺して喰って死んで、喰われろ。

所詮草喰うか肉喰うかの違いだけだがな。

319 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:38:48
家畜は自由自在に増減できるので食物連鎖とは関係ありません。

あなたはどこの原始人ですか?ww

320 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:43:15
肉も女も食いまくって寿命は短め(テストロン過剰型)と、
肉も女も食わないで寿命は長め(テストロン欠乏型)とでは
もう遺伝的な違いで行動の傾向が異なる。人類自体は前者から
後者へ進化しつつあるが、個体が進化のどの段階にあるかというのが
人それぞれ。ニグロイド>コーカソイド>モンゴロイドの順に
テストロンが過剰。

321 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:44:39
部屋に蚊が飛んでたら叩くだろ。腕を差し出して飼うのか

322 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:45:10
確かに、草ならいいが肉はダメというのは理解できんな。

要するにあれだろ、ナスなんて紫色で気持ち悪くて
食べられないよって言うガキと同じレベルなんだろ。

323 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:47:31
>>320
長寿かどうかは遺伝子の問題で、肉食、セックスは関係ないよ --
変な迷信にはまっちゃだめですよ

324 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:01:26
ベジタリアンって植物は可哀相じゃないの?水のなかの
微生物は可哀相じゃないの?

325 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:25:24
↓まずこの国に言わないと
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1125135345/
肉食、草食どっちでもいい気になる('A`)

326 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:32:39
ベジタリアンなんて自己満足のためにやるものなのに
なにもここまで叩かなくてもな。

327 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:03:11
肉を食うなら飼っている生き物を殺して食えとか
言っている奴がいるから叩かれるんだろ。

328 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:07:18
残酷なシステムだな、地球なんか爆発してしまえばいいのに

329 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:10:30
たしかに肉食は残酷だが、今更菜食主義になるってのもなぁ。
歳をとっても若々しくいられるのも肉を食べてるおかげだし、
今更100年前の日本人のようになれっていうのも、ムリだろ。

330 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:13:17
生きるために殺して食べるのは仕方ないんじゃないか?
本能に逆らうことはないよ。
他の動物だってみんな生物を食べている。これは自然の摂理。
それをやるなというのは氏ねと言っているようなものじゃないか?

331 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:14:16

やっぱり許せない!赤ちゃん食うな!
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1125135345/

中国人においては、人間の赤ちゃんを高級食材として食ってます。

332 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:15:09
http://gooo.net/~gray/ura/ura/yabai/can/file-0003.html
http://www.geocities.jp/tyuugokujinno2/

333 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:16:09
>>332は、赤ちゃんを食べる中国人の写真です。
グロなので注意してください。

334 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:36:19
いいからもうチューボーですよでも見ろよ。旨そうだぞ。

335 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:40:18



    じゅわーっ       

            じゅわーっ

ああ、ぎゅにく、おいしいな

じゅわ        じゅわーっ

赤い肉汁と   ふとい触感


     ごくん

       じゅわーっ



ああ、ぎゅにく、おいしいな

336 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:52:32
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm

337 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:59:58
菜食主義を優越化するために環境を口実にするのは間違ってる。
世界で1秒間に500トンもの、鉛や水銀を含む有毒金属や
その他汚染物質が海に垂れ流されている。
貨幣経済で暮らしている人間はみんな共犯。
殆ど何を作るにも汚染物が出る。
まだ無人島でヤギやら牛やらと野菜作って食べて暮らしている人の方が、
文明社会のベジタリアンよりも環境に優しい。

338 :337:2005/08/28(日) 00:11:23
だから開き直ってやけになって食い散らかすべきだ。

339 :337:2005/08/28(日) 00:20:22
いいや違う。野菜食いながら中古車買ってないで、
プリウスを買えと言っているのだ。


肉食プリウスオーナー>>>>>>>>>>>>>>>菜食中古車オーナー

340 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:23:11
菜食主義を正当化するために最もそれらしい口実は何だろうか?
やはり独りよがりの感情論しかないのか?

341 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:28:16
「僕はカレーが嫌い」と同レベルの趣味論

342 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:32:24
奈良漬け・酢漬けがきらいだ

343 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:33:32
>>339-341
大きなお世話だろ。

344 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:38:38
>>340
んー。。。
漏れも菜食主義にチャレンジ中の身だけど
現在の常識で「それらしい口実」を探すのは無理だ。
動物が可愛そう、と言ったら「じゃあ植物は」と切り返されるしねえ。
過去の漏れがそうだったから。

ちなみに漏れが菜食を始めたのはスピリチュアル学に触れてしまったから。
オカルトと思われかねないから詳細は書かないけど。


けっこう肉を食べなくても生きていけることを実感した。
しかも身体の調子は抜群。心身の健康にもお薦め。
肉というのは精神を荒ませる副作用がある、という説は本当だと思う。

345 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:43:01
>>344
ちょいと興味があります。
そのスピリチュアル学では何ゆえに菜食主義を選択するのですか。

346 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:45:07
綾戸智絵は高カロリーなステーキなど食うとクラクラして具合がわるくなるから、肉食を控えているそうだ。

おれは寿司がだめ!生の魚と酢飯の組み合わせは、胃のなかでグチャグチャで、すぐ吐いてまう。寿司ボクメーツ!!

347 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 00:58:40
初めのほう読んだけど>>1は駄目だなと思った。

豚カルビ食ってくるかな。

348 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:34:50
>>345
344でつ。
スピリチュアル的には人間というのは
他動物の成長と発達を推し進める役目・・・ようするに愛する義務があって
屠殺して食べたりすることはその道義に反すること、
というのが肉食反対の理由です。
なお、同じ理由で動物実験にも猛反対してます。


詳しくは「シルバーバーチの霊訓」という本の八巻に書いてます。
興味が沸いたらどうぞ。

349 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:40:37
>>348
キリスト教における神と人間の関係を人間と動物の関係に
置き換えたような感じですかな。

個人的には、動物実験に反対するなら現代医学の恩恵を
受けるべきではないと感じますね。ま、科学と宗教の
関係における矛盾はよくある話ですが。

350 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:59:55
動物じっけん・・・

まず、うさぎを動けないようにしっかり固定する。

つぎに、目にシャンプーを2、3滴垂らす→観察→さらに垂らす→観察

まあ、繰り返すわけだ。

そうやって、客観的安全性を確認された石油化学製品のシャンプーをおまいらは使用するわけだが。。。

351 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 02:35:32
>>330
それは同感。でも、食卓にどうやって運ばれてくるかは知っておく必要があると思います。
肉を食べるようになったら、屠殺場を見学した方がいいと思います。

自分の口に入るものを見ないようにしていれば、そこでどんな酷い事(残虐ではなく、毒性などの問題)が行われても気が付かないでしょう。

これは野菜でも同じです。反日の国が、日本向けの野菜をどうやって作っているかは知らないと恐ろしいことになるでしょう。

352 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 02:52:47
動物を殺さない馬鹿なこと言ってないで生物系の学科の奴等に話聞いて見ろ。
そんなこと言うことこそ屠殺場も見ないで動物愛護訴えながらステーキ食ってる奴等と同じレベルだ。
殺す殺さないじゃなくて糧になってる生き物への感謝の気持ちの方が大切。
日本人なら『いただきます』ぐらい言ってるだろ?

353 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 02:58:23
>>344
切り返されても構わないのではないでしょうか。
他の人がどうあれ、自分が良いと思う事をすればいいだけだと思います。

後ろめたい事はしないというのが、大切だと思います。

354 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 03:00:53
>>352
>糧になってる生き物への感謝の気持ちの方が大切。

これは当然のことで、その上での話だと思います。

355 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:03:31
毒を摂りたくないという欲
よいことは広めたいという欲
自分の環境はまもりたいという欲

自己の利益のため、自己を保存としたいため、また自己の思い通りにしたいため、というエゴ(利己的な考え)

356 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:10:57
>>352
俺の言った『感謝』の言葉の意味がお前は分かってないからそう言うんだろうな。
お前はただの偽善者だよ。

357 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 03:13:12
>>355
>よいことは広めたいという欲

これは微妙ですね。私は押し付けて広めたいとは思いません。各自の選択に任せます。

ただ、以前の私がそうであったように、知らないゆえに肉食が出来た人間も少なくないでしょう。
そういう人間が知るというだけで、菜食主義者はこれから増えていくと思います。

358 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:16:15
まるでマルチ商法の誘い文句。知らなければ・・・?。くそくらえです。啓蒙ぶらずに引き込むのは欺瞞でないのかい

359 ::2005/08/28(日) 03:18:28
シャンプーだが、合成のものは使わないほうがいい。
リンスインシャンプーというのも、やばいようだ。
若いうちはいい感じかもしれないが、CMのイメージで
肌に優しいと思って、表面的で刹那的な実感で満足していても、
電子顕微鏡で見ると、毛としては痛んでいるようだ。

石鹸シャンプーを吟味したほうがいい。
これも最初の一回だけは体質的に肌が戸惑ったりする
ようなことがあるようで、被れたりする人もいるが、
(もしかしたら特定の菌が死滅する反応だったのかもしれない)
合うのものを見つけて慣れてしまえば、
普通の合成よりはずっと肌に負担がないはずだ。

朝シャンとか言われるが、双子の一方だけが、毎日二回、
おまじないのように自己満足で調子に乗って洗っていたら、
若くして剥げたひともいる。実は、毎日洗えばそれだけ清潔、
というのは思い込みの単なる習慣としての意味合いが強い。
肉食ならそうもいかない、という人もいるかもしれない。また、
粉塵が多い季節や気候や環境ではそうもいかないだろうが、
化学的な洗浄による油の取りすぎは、肌荒れや抵抗が
なくなってまずい。肌に天然の自然な油分を適度に保つのが
もっとも好ましい。

そもそも、油が臭うとか、香水つけてごまかすというのは、
ヨーロッパの一部の貴族、そういう退廃的で不自然な食事に
始まっている悪癖だ。病的で倒錯した間違った潔癖症の
典型といえる。そもそも、典型的な現代人の死体は腐りにくい
らしい。これは良いことではなくて、それだけ一生で蓄積する
化学物質が多い、ということなのだろう。表が綺麗なら、
中身は汚くていい、これが現代人の虚飾ではある。

360 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:19:58


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。

だから、かみさましんじないやつらが、

ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、
ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。

あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…


野菜も土に種まいただけで

後は勝手に育つとでも思ってるのか?

野菜ひとつ育てるのに、何匹虫を殺すのか。



361 ::2005/08/28(日) 03:22:36
食生活という、根本の体質から元が絶てていれば、
そういうことがそもそも起こらない。そもそも肉食するから
妙な成分が分泌される体質にもなるし、それでなおかつ、
シャンプーで油を落としすぎるから、それを補おうとする反動で、
臭いのある油がすぐにたくさん生じるようになっている。
もちろん、ワキガなどのアポクリン腺によるものも、人によって
は天然の体質もあるらしいが、体臭や油というのは、
基本的に肉食で増しているもののはずだ。

すべては輪廻のようにサイクルしている。

菜食をつきつめ、元を断ち、質を高め、清めることができたとすれば、
精神状態も変わり、健康状態も変わる。
期間はわからないが、一定期間続けていくと、
次第に、菜食の体質というものに再配置(デフラグメント)されてくる。

それがアリストテレスのいう、ヘクシス(性向)に他ならない。

「ある種の状態・配置がヘクシスとされる。たとえば、健康が
 ヘクシスと言われるのは、それがこのような意味での配置
 だからである」
 アリストテレス

デフラグメントされると、動物臭の体臭が出てこなくなる。
また便の質もまったく変わってしまう。ここまでは現代人には
ハードルが高いだろうが、最終的にはシャンプーが
不要になり、水洗いで済む。そういう体質に変わってしまうということだ。
もっとも、万人に薦めるつもりはないが、
発想を提供したにすぎない。

362 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:26:40
>>360
水ですら微生物を薬物や熱湯で虐殺して供給されるのにネ。
動物が生きる上では他を殺すのは当たり前なのにわざわざ感謝しろとか残酷だ。とかなんなんでしょうね。
実際に殺される方からしてみればちょっと感謝した振りされたぐらいじゃ殺されても納得行かない。
それでも感謝するのが当たり前だとかって傲慢ですら無い。

363 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:27:38
実はコワい現代の植物シリーズ逝っときます?

364 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:29:09
神にとって人類は家畜並みの価値しかない・・・orz

365 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:40:03
だから人間のエゴの美化のためだろ。それにエゴ丸出しでも見苦しいから
それを覆い隠すことをして上っ面だけじゃなくある程度行動も伴えと。
その行動のあり方が感謝だの菜食主義者だのなんだろ?

そんなわけでもうこの話題はこのまま不毛なので終了。
あと神を話に出す基地外はいらない。万人が納得する神の定義を述べてからほざきやがれ。

366 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:41:12
364 むしろそれ以下。気にも留めないくらいに人類に興味ないかも。微生物以下?

367 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:42:48
神の定義を述べよにワラタ

368 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 03:50:34
>>365
神を侮辱するとあんた死ぬわよ。

神は大変お嘆きである。
私がせっかく作った自然の摂理を人間は壊しつつあると。
犬も猫もゾウリムシでさえも私が作った弱肉強食と言う摂理に従って生きているというのに
人間だけが勝手に私の意見を捻じ曲げ私の作った摂理を破壊して自己満足に浸っていると。


369 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 03:59:42
>>368
それは関係ないと思います。肉を食べる人が出るのもまた神の意志でしょうから。

ただ、以前の私がそうであったように、肉が出てくる過程を知らないから肉を食べられる人もいます。
そういう人が事実を知るだけで、菜食主義者はこれから増えていくでしょう。

370 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:01:45
>>365>>368
どっちもどっちだ。中道が理解できないやつは、
他人の言葉を借りて語るだけ。
それぞれがおのおのに勝手に思い込んで、
勝手に理由づけて納得する。
思い込まないのが自由。

371 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:02:54
>>370
思い込まないのが自由と思い込んでる時点でもはや自由ではない。


372 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:06:12
>>371
文脈から切り離して、独立するような言葉ではない。
口語的なものであって、それはたんなる揚げ足取りだ。
そうつっこむことを徹底するのなら、
そもそもこういうスレッド自体成りたたない。

373 :285:2005/08/28(日) 04:10:07
現在でも狩猟生活をしている民族(部族)がいる。
自らの手で動物を狩り、自らの手で殺し、調理して口に入れている。
菜食主義を唱える者は、そのような人たちにも同様のことを言うのか?

そしてそれでも本当に、人は、食用になる動物が殺されるところを見ると、
肉食をやめたくなると言えるのか?
すでに自らの手で動物を殺して食っていると言うのに・・・?

そんな事は単に慣れの問題だと思うがね。

374 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:10:34
てか哲学板自体精神病患者の集まりだしメンヘル板と統合していいよ。マジイラネ。

あ?俺?昔神経症患ってましたが何か?

375 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:11:33
>>372
それじゃマジレスしようか。

>どっちもどっちだ。中道が理解できないやつは、
>他人の言葉を借りて語るだけ。

決め付け。このような事を言うのは中道を理解してないに違いないという思い込みから始まっている。
他人の言葉を借りて語るだけというのも謎。
他人の言葉を引用している訳でもないのになぜ勝手に借りただけと決め付けるのか。

>それぞれがおのおのに勝手に思い込んで、
>勝手に理由づけて納得する。
>思い込まないのが自由。

勝手に思い込んで勝手に理由づけて納得する。そりゃそうだ。
で、思い込まないのが自由って言うけどそれを言ったらそういう風に思い込んでわざわざ書き込む段階で自由じゃないでしょ。
違うというのなら何処がどう違うのか曖昧な言い方をしないでハッキリとしたロジックを持って言って下さい。

376 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 04:14:38
>>373
>自らの手で動物を狩り、自らの手で殺し、調理して口に入れている。

菜食主義者の一人ですが、私はそれは素晴らしいことだと思います。

377 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:16:07
>>374
哲学と言う学問事態がもう死んでる学問だからね…
今ではたんなる言葉遊び以上の事を何もしていない。

378 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:17:04
>>371
どうして無理して他人に合わせることがあるのか。
だから人類学的・生態学的に、個体差というのはあるものだ。
比較して振り回されないことじゃないか。

菜食主義といっても、いろいろあるし、
”主義”というのに違和感を持つ人もいるだろう。
それをひとまとめにできるわけでもない。

実存としてあるがままに、
もともとそういう性向だった人もいる。
考えてやるわけではなく、やってから考えてもいい。

379 :285:2005/08/28(日) 04:18:41
>>376
それで君は、君が食べている野菜類は君が栽培し収穫しているのか?
それとも誰か知らない人が収穫したものなのか?

380 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 04:21:32
>>378
仰るとおりだと思います。
寧ろ現代は、肉を食べなければならないという迷信があるように思えます。
肉を食べなくても生きていける例を知った上で、どういう選択をするかは個人の自由ですね。

381 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:22:02
みなさん、そろそろスルーを覚えましょう。書き込みてば、顔の見えない匿名掲示板でありがちな、極論にはしりがち。

論点をせいりして、ミスリードをへらして、有益な議論をどぞー。

あ。そうそう、哲学すんじゃなくて議論(対話)をしてください。

382 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:22:44
>>378
何言っても相手に主張を押し付けるべきではない。という意見になるなら何であなたはこういう場に来るわけ?

383 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:24:34
>>380
ベジタリアンの存在を知らない人はいないでしょう。
人が肉を食べる最大の理由は美味しいからです。
その証拠に不味い肉を心の底から不味い不味い思いながら食べる人はまずいません。

384 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:31:40

牛肉・豚肉・鶏肉・魚肉・果肉・・・・



385 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 04:36:27
>>383
>ベジタリアンの存在を知らない人はいないでしょう。

私の場合、どういう人が、どういう理由で、菜食になっていたのかということを知りませんでした。

>人が肉を食べる最大の理由は美味しいからです。

私は美味しいものばかり食べているのですが、
その中で肉も食べていたのは、単に食べないといけないと思っていたからです。


386 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:40:45
>>385
野菜だけ食ってる人がいる。という知識がある=肉は食わなくても死なない。

この程度の論理が分からない頭なら私はもう何も言いません。

387 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:44:02

>寧ろ現代は、肉を食べなければならないという迷信があるように思えます。

菜食主義者には、肉を食べてはいけないという迷信があるように思えます。

388 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 04:57:45
>>383
美味しいといっても、けっこう味覚というのは麻痺するもので、
ドラッグ的な快楽物質による渇きや依存を覚える美味しさと、
本当のおいしいという充実感には「質的差」というのはある。

焼いて香辛料でまぶすのは、それだけごまかして食べる
人間の知恵だったわけで、ある意味、美味しいのは当然。
それはそれで、楽しみであり娯楽ではあり、
味覚を合成して楽しむ文化として否定するわけではない。

ただ、それだけだと見逃すものもあるわけで、
それはもったいないかもしれない。菜食で味覚が賦活され、
質が変わると、フェイクなものがわかってしまう。
もっと質のよいものを食べたりすると、
「あれ?肉ってこんなもんだったの?」ってことはあるものだ。

例えば、生きた生のフレッシュオレンジジュースと、
普通の実質果肉がほとんどない
死んだフェイクなオレンジジュースの違いというのかな。
例えば、例としてはあまりよくないが、
ほんとうにほとほと疲れきったときに飲む水の、
生命力が促されて賦活されるような美味しさと、
炭酸飲料の、その場しのぎでまぎらわす麻酔のような
ますます渇きを覚えぐったりくる美味しさの違い。

これはどうしてもわからない人にはわからないものなので、
あまり他人を説得するつもりはないのだが、
やっぱりやってみなければわからない「感覚質」の違い、
のようなものはある。

SYN氏にはのちのち気付いて楽しんでもらいたい。

389 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 05:00:05
>>386
そんなことを考えたことも無く、食事をしていました。

>>387
私は食べたい人は勝手に食べていいと思います。

390 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 05:04:51
今はサンマが安くて美味しいよ。
もちろん、たっぷりと大根おろしを添えて♪

391 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 05:36:56
>>389
道すがら、通りすがっただけでしたが、
SYN氏からは得るものが多かったです。
自分にとって穀物果物菜食というのはほんの一部分、要素であり、
つい最近完成したばかりの、もはや達成できたステップにすぎません。
それはすでに外された梯子のようなもので、
通りすぎた粒子の飛跡にすぎません。
いくら雑魚が釣れても、サービスはもうほどほどにしておきます。
次のステージに入ってきたため、この板には来ませんが、
飽きるまでは、ここで続きはやってもらったら、とは思います。
もっとも、もはや得るものはないでしょうが・・・。
SYN氏は、ハンドルについて聞かれたときに提示していた、
あのホームページの方と思っていいんでしょうか。
人を選ばないとつまらないもので、ここは適当ではない。
いずれ、メールでやりとりしたいものです。では。

392 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 05:46:30
動物を食べないというオナニーライフができるぐらい
現代人は恵まれてるって事に感謝しろよ糞ベジ
それと出された料理を食べられないとかほざいたり
野菜だけで作ってとかあまり人様に迷惑をかけるなよ
動物だけに気を使うおかしい人間に見えるから

393 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 05:56:04
>>392
恩着せがましいやつだな。他人に指図できるタマか?
あまりおまえの厚かましさを他人に押し付けるのは
それこそ迷惑だからやめとけよ。
もっとも1は1で煽っているから悪いんだろうが。

394 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 05:59:01
痛い思いして殺された牛をかわいそうと思うなら食ってやれよ。
せっかく痛い思いしたのに生ゴミじゃあんまりだろ。


395 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:07:42
>>392
>動物が生きる上では他を殺すのは当たり前なのに
>わざわざ感謝しろとか残酷だ。とかなんなんでしょうね。

という意見もあるようだが、それはどう思うんだ?
もし動物に感謝しろに反対なら、動物食べなくても感謝もない
ことになる。おまえが感謝を押し付けるなら、一方的だろうが。
そういうダブルスタンダードをはっきりさせられないなら、
余計な、適当なこと言うなよ。

なんで、おまえが見知らぬところで受けた迷惑を、
ここで当てつけてる?別人だし主義の理由も違うはずだから、
意味がないだろうが。はっきりいって、菜食にもいろいろ
理由が違うやつがいるし、理由が違うところもあるだろうが。
それをひとまとめにできるように思うなよ。

自分のことは自分で決めろや。

396 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 06:13:57
ほとんどの野菜は、人間が植物を品種改良したもの。この過程はある意味、動物実験より残酷かも知れない。
自然に自生してるわけじゃない。種そのものを、人間の都合に合わせて変化させちゃったわけ。

397 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:16:46
>>394
手を掛けて食べ残したやつに言うべきことを持ち出すのは、
あまりに卑怯な投影だろうが。食ったらなおさら理由を与えて、
余計に牛の需要が増えるだけだが。

残酷だと思うなら、それを他人にではなくまず自分に向けて
どう思うかということだ。そうしないことが欺瞞だということ。

398 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:19:19
>>396
そんなこと言われても、そもそもそこに理由がないから、
意味があるわけではない。

残酷だとか、悪いだとか、そういうことを理由にしている
人の後始末をなぜしなければならない?そういうことは、
食べている人が食べているものについて考えればいい
ことで、それを他人に聞いて考えさせるものではない。

399 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:25:38
>>249
と言いつつも白身魚を食ってる

400 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:27:38
>>396
だからそういう自分に都合のいい形容、擬人化というのは、
どういうところに根拠がある?

自然界や生態系にはスケール比というものがある。
複雑さがまったく違う植物や微生物に、そこまでの擬人的な
意識を持たせるということを、動物に当てはめるとどうなるのか。

また、加工することがすなわち悪いということにはならない。
加工されない自然はないし、人間もまた自然である。
加工にも質や程度や調節がある。
本当はそういうことはそこまで個別に考えてゆくことだ。

401 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 06:34:49
>>398
農業や畜産というのはそういうものだ、ということです。
善悪やスピリチュアルとは関係ありません。

402 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 06:57:24
>>401
1でもないし、スピリチュアルという言葉も使ったことが
無いため、そんなことを言われても仕方ない。
いらだたしいのは、他人と勝手に混同されるということだ。
あなたが想像するより、別人というのはいる。

自分は、そういうものだ、と納得するわけではない。
農業と畜産を、植物と動物を区別していることは変わらないし、
肉食が与える影響についてここで説明するつもりもない。
それは考えて証明したり説明するものではないからだ。

403 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:00:23
>>401
他人と一緒でなければ不安になるという思い込みを
捨てたほうがいい。
みんながみんな、そうあるべきではない、とはいえる。
多様性ということだ。
善悪とは関係ないとなし崩しにするほど単純ではない。


404 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 07:10:24
>>402
おお、それは失礼した。
しかし信念によって菜食主義であるならば、堂々と肉食批判をすべきでしょうな。

405 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:16:04
生き物云々とかではなく、
健康の為に、って考えで野菜だけを食べる人もいるわな。

卵OKだったり、牛乳(加工品含む)がOKだったり、
立場によっていろいろあるみたいだ。

ちなみに、

野菜だけでも人は生きられる、らしい。
不足するタンパク質とかは、
腸内で細菌が加工してくれるんで、
野菜ジュースだけ飲んでても、
牛乳を飲んでるのと同じにできるらしい。

でも、そのかわり、
屁は臭くなりゃせんかなぁ・・・。
いや、知らんけど。

406 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 07:18:54
>>403
それでは、食物生産の合目的的有用性に関して、あなたが善悪の概念を持ち込まざるを得ない理由をどうぞ。

407 :ぬえ:2005/08/28(日) 07:30:43
すべての人間に言いたい。俺も含めて。
『まだやってるよ。』
皮肉だけれど。

408 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:36:02
肉を食べるか否かは運命の分かれ道だ。
人生変わっちゃうよ。

409 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:45:18
たかが食いもので人生変わってたまるか!

410 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:50:56
てめ、食いもんなめんなよ(`o´)


411 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 07:56:43
人生を変えた一本のチクワ

412 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 08:40:55
>>391
>SYN氏は、ハンドルについて聞かれたときに提示していた、
>あのホームページの方と思っていいんでしょうか。

はい。

>人を選ばないとつまらないもので、ここは適当ではない。

私個人は、2ちゃんはいろいろな人の本音が聞けるので好きですけどね。
もちろん仰るとおり、目的に応じた場所はあると思います。

>いずれ、メールでやりとりしたいものです。では。

こちらこそよろしくお願いいたします。

413 :SYN ◆Dgc0R/.dgc :2005/08/28(日) 08:52:02
>>396
仰る通りかもしれません。
ただ、目の前で、植物を刈り取ることと、牛を屠殺することは、子供の感情を見るかぎり大きく違うように思えます。
大人でないと言えばそれまでですが、人間の精神に与える影響も含めて、その違いに何かがあるような気がします。

414 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 09:43:06
哲学的思考の持ち主や哲学を学ぶと、肉食をやめて菜食主義者となっていく。

これはその人の思考力が上昇したことであり、思考力が上昇することで
自分だけでなく、周囲の動物の生態・地球の自然・環境問題のことまで
考えて、食生活を選ぶようになる。

つまり思考力が進化した者ほどベジタリアンだということで
進化という定義であてはめれば
菜食主義者>>>>>>>>(野蛮人の壁)>>>>>>>>肉食主義者

415 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 09:54:21
>>396
そう思い込んでいるのは愚かな人間だけですよ。

実は人間は植物から餌付けされているのです。
植物が自らの繁栄のために人間を餌付けして利用しているだけです。
人間が品種改良したと思っているのは、実は植物が体の一部を提供して
人間を餌付けしたいがために、餌付けしやすい体に自ら変化していったのです。

人間は昆虫と同じなんですよ。
知らず知らずのうちに植物の作るおいしいエサの虜になってしまい、植物の繁栄を
手助けするのにせっせと仕事をしているだけです。

416 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/28(日) 09:57:44
>>415
その割には舗装したり熱帯雨林で焼畑、伐採したりしてるね。

417 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 10:02:35
>>413
それには同意です。屠殺場見学は、情操教育の一環として必要だ。
こんなことなら食べたくない、という選択をする権利も人間にはある。臭いから蓋をしておけば良い、というものではない。
もちろん>>1は事実と違う大嘘だけどね。

418 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:02:56
オレタチやポマトもその最終形か

419 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 10:11:30
>>400
>自然界や生態系にはスケール比というものがある。

その通りです。
そもそも植物とは何か?人も含めて動物とは何か?を、
考えることが欠けていますよ現代の人間は。

人や動物よりはるかに古くから存在している植物が、なぜ二酸化酸素を取り込んで
エネルギーを作り出しているのか?
そして植物が不要で吐き出した酸素をなぜ、人も含めた動物が体内に取り込んでは、
エネルギーとして使い再び二酸化酸素として大気中に放出しているのか?

これらの現象はすべてつながっているのですよ。
何十億年もの昔、地球上での火山活動が沈静化して、自然現象による
二酸化酸素の供給が減少した時代に、二酸化酸素を体内に取り込んで
エネルギーとして繁栄していた植物が、二酸化酸素不足に陥った。

そこで自然現象に変わる二酸化酸素の安定供給源としての生物を作り出した。
それが後の人や動物となる酸素をエネルギーとして、大気中に二酸化酸素を
吐き出してくれる生物だった。
だから人や動物は元々は植物が作り出した生命体のわけです。

人間を作り出した創造神とは、すなわち「植物」のことです。
植物を神として聖書や古代宗教を解読してみれば納得がいくでしょう。

420 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:18:05
スケールの問題を出してしまうと、地球上の全生態系の
食物連鎖の頂点に立つ人類は、何を食べてもOKという議論になるのでは?


421 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 10:28:45
人間も肉食動物にとっては食物である。食われちゃう人は身近にあんまりいないけど。
鳥葬なんか、人間を解体して見事に鳥の餌としてこしらえちゃう。
食肉は人間だけが例外なのではない。

422 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 10:28:55
>>416
現在、地上の植物界では二大勢力が繁栄を競い合っています。
そのひとつが樹木植物で、もうひとつが草木植物。
性質が分化して互いに分かれた、ふたつの違う植物は共存できず、互いの
縄張りを占領することで片方が繁栄できるという生態になってしまった。

そのために植物が作り出したたくさんの生物も、樹木植物の繁栄を
手助けする側と、草木植物の繁栄を手助けする側とで分かれてしまい、
人や昆虫や動物も含めて、陸上のすべての生物はどちらかの植物の繁栄の
手助けをしているのです。

かっての猿だったころの人間は、樹木植物の繁栄の手助けをしていましたが、
現在の人間は草木植物に餌付けされてしまい、草木植物の繁栄の手助けを
するために、邪魔な樹木植物の大繁殖地である森林を破壊しつくそうと
しているのです。
そして森林が消えた跡地に、草木植物の大繁殖地を作っているのです。

423 :練馬哲人 :2005/08/28(日) 10:50:35
樹林は草木の死骸がその土地を豊穣にした後にやって来る。
人間が植林しなければね。

424 :もぐもぐ名無しさん:2005/08/28(日) 10:52:22
>>1
おまい本当に(日本の)屠殺場に行った事あるのか?
俺は豚の屠殺場に行ったがそんなまだろっこしいやり方してなかったぞ。
>>413
見る者の感情は違っても「同じ事」だと解らせなければ。
ご飯を頂く時「お米を作ってくれたお百姓さんに感謝して」というのは嫌い。
なぜ「米作農家」だけに感謝するのか?「畜産農家」に感謝なしか?
差別は永遠に終わらない・・・。

425 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:55:26
人間の健康を維持するためという複雑な考え方を持っている訳ではないのだよ、
畜産農家の人は。
それが仕事なんだ。


426 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:56:42
育てた人、運んだ人、調理した人、
それから、食べ物そのものに感謝して、
「いただきます」だって、俺は習ったぞ。

427 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 11:00:36
草木植物が人間に麦や米の味を覚えさせて、これまで木の実や木の葉を主食に
させていたのを、穀物を主食にするようにさせて、樹木の大繁殖地である森林を
焼き払い、その跡地に麦や米などの草木植物の大繁殖地を作らせた。

しかしそれだけだとまだ樹木の大繁殖地である森林は減らないので、今度は
樹木植物の繁栄を手助けすめために、邪魔な草木植物を食べて消化することで
草木植物の成長を妨げる除草剤や草狩り機の役割をしていた、牛・馬・豚・鹿・鳥
などの肉を人間に食べさせて、それらの動物を家畜にさせエサとして必要な
草木植物の大繁殖地である放牧地や草原を人間に作り出させて、樹木植物の大繁殖地の
森林をさらに減少させては、草木植物の大繁殖地をさらに拡大させていった。

人間が肉を食えば食うほど、樹木植物の大繁殖地が消えていき、草木植物の大繁殖地が
増えていくわけです。
この流れを変えようと樹木植物が人間に対して、猿だったころの昔を思い出させて
懐柔したり、かって樹木植物が恐竜を絶滅させた事実を興味を人間に持たせて、
「恐竜のようになりたくないのなら言うことを聞け」と人間に脅しをかけたり、
花粉症や病原菌ウイルスを使って、人間を攻撃を加えているのが現在の状況です。

428 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:05:59
・・・面白い!

それはそれとして、
農薬を使わないことが良いことだ、
って考えがあるじゃん。

でも、農薬を使わないと、
病害虫にやられやすくなるんだよね。
植物を甘やかさずに、病害虫の脅威に立ち向かわせて育てると、
性格がキツクなる。

具体的に言うと、
病害虫に対抗できる体質に変化してしまう。
その結果、その実なんかを食べると、
植物アレルギーが起きやすかったりする。

果物食べると、口や喉が痒くなったり、
痛くなったりする人、けっこう増えてるでしょ。
病害虫に対抗するために、植物も努力してんのよ。

あと、テッポウムシだったっけ、
松を枯らしたりする昆虫。
あれの蔓延と、花粉症の拡大には、
関連があるんじゃないかと、俺は思ってる。

ムシに対抗するための手段が、
花粉と一緒に、人にまで被害を与えてるんじゃないかと。

429 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:13:10
今朝のメニュー

隣の家のぬこを解体

・ぬこのもも肉のフライ
・ぬこのほほ肉で味噌汁


430 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/28(日) 11:16:57
>>419
二酸化炭素不足、酸素過剰。
になると雷などでの山火事の頻度が多くなります。
山火事は養分と二酸化炭素を供給します。
つまり、動物イラネ。

431 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:24:49
ベジタリアンだと亜鉛とかビタミンBとか不足するよね。

本人が納得してベジタリアンなら構わないけど、
自分の子供に肉を食べさせたくないからって
赤ちゃんの時から食事制限して学校の給食にも文句つける
親にモニョる。肉食動物である猫をベジタリアンにする
馬鹿飼い主もいるしね。

http://www.jazzmens.net/vegetarian/


432 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:28:59
両親がベジタリアンだったら、子供にも肉を食べさせないだろうけれど、
そのぐらいはかまわないだろ。健康にそんなに悪影響があるわけでもない
しね。「猫をベジタリアンにする」の方は、蛋白源は猫が自分で調達して
んじゃないのか?

433 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:32:46
山は、手入れしてれば、
山火事になっても、
そんな早くは延焼しない。

葉が散ろうが、笹が茂ろうが、
木が倒れようが、放置しておくと、
燃え広がりやすくなる。

あと、
里の周辺を犬が走り回ってれば、
サルやらクマやらイノシシやらも、
里には下りてきにくくなる。

生活が変わると、
いろいろと厄介な問題も出てくるわな。

434 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 11:42:29
>>432
ネズミとか自分でとってる猫はいいけど、今時そういうのは少ない。
魚に多く含まれるタウリンは猫の必須栄養素だし
猫は野菜に含まれるカロチンをビタミンAに転化できないので
レバーなどから摂取する必要がある。
それなのにベジタリアン飼い主のエゴで玄米や野菜、一部乳製品を
与えられて体調を崩す(失明など)猫が結構いる。
犬ならベジタリアンでもなんとかなるけどね。

435 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:15:19
>>428
穀物はそういうことがあるかもしれないけど、果実は無いよ
もともと動物に食べてもらって、代わりに実を遠くに持っていってもらうためのものだしな
毒草化したら本末転倒なんだよ

436 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:20:09
>>434
うちの猫はノラだった頃、うちの犬のドッグフードを食って成長しました
結果、成長しきれずあまりデカくないです。
ただし良いハンターではあります
たまに鳩を捕って食べてます

437 :一応、貼っておきますね:2005/08/28(日) 13:22:05
241:08/27(土) 02:33 [sage]
238
ベジタリアン、少なくとも肉を控えているくらいの人を含めると、
現代ではそれほど珍しくなく、けっこうそれだけで
共通言語となりうるくらいコミュニティ文化として成熟してもいる。
以下がそれ。

NPO法人日本ベジタリアン協会
http://www.jpvs.org/p1/veg.html
国際ベジタリアン連合
http://www.ivu.org/japanese/faq/

一応、今後ベジタリアンを試してみる上で、基本となるFAQ。
ここに環境問題からの未来の予測データ、栄養学など、
気になる最低限のことは書かれている。



438 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 13:25:28
ねこ・・・

ごきぶりをボリボリ音たてながら食べてたの見た・
おや猫がこ猫をねちゃねちゃ食べてたの見た・


439 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:09:22
次のスレタイは、
【菜食】野菜を食べるのはやめなさい!【極悪】

440 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 14:25:02


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。

だから、かみさましんじないやつらが、

ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、
ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。

あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…


野菜も土に種まいただけで

後は勝手に育つとでも思ってるのか?

野菜ひとつ育てるのに、何匹虫を殺すのか。



441 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:06:16
>>435

つか、
農薬を使う場合との比較で、
アレルギー反応を起こす物質の増加が、
実際にあったって話なんよ。

442 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/28(日) 15:12:47
つーか、此処でよく出てくる「菜食のススメ」ってサイトは嘘ばっかだな
菜食主義者として宮沢賢治とか出てくるけど
実は彼はうなぎが大好物ですよ。
それに、シェークスピアやアリストテレスやキリストなんて
記録が極端に少ない伝聞だけに確認できるような人を取り上げてみたり、
菜食主義者かもしれないけど薬物をやっていて大騒ぎになったリバーフェニックス
を無節操に取り上げてみたり、なにが言いたいのかさっぱりだね
そんなの読むよりこっちのほうが面白い↓
ttp://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/essay/food.html

443 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:25:33
>>442

・・・確かに、面白い。
いや、ありがとう。w

444 :。oΟo〇◊ψ&rlo;♦&rle; ◆OvOoxo.wDQ :2005/08/28(日) 15:28:18
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
http://(◔ิд◔ิ)      。oΟo〇
http://O┬O )              
http://◎┴し'-◎ ≡          
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
        。oΟo〇
   ┌━┛
(◔ิд◔ิ) …試練とは何か
 ∧_∧


          _(◔ิд◔ิ)__
        / ( ( つ┳つノ   \
       /     ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ
       |   /         \  |
       |     ●     ●   | 雑談スレはのんびりと雑談を楽しむ場所です。
       |                | ‮http://‫参照 議論は議論スレで。コテ叩きは最悪板で。
       ヽ      (_人_)   ノ http://おいしいとこどりしかしない件について
〜〜〜〜  ◎――――――――◎
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

445 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 15:30:33
菜食主義の人は、肉食は野蛮で残酷だって言ってるわけ?
そして自分の子供には野菜だけ食べさせて、肉を食べるのは残酷ですって教えるの?
そうした子供は、肉を食べる人に対して差別意識を持たないのかね。
その子供は、自ら選んで菜食するのではなく、そのように教育されるだけだよね。

446 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 16:01:35
子どもに肉食を禁じると?
児童虐待のかどで通報されるべき
チビでガリ、ホルモンも正常に放出されないから、
見た目で男か女か分からないと。
虐待以外のなにものでもない。

菜食主義自体ゆるやかな自殺なんだから、
退職した年寄りだけが趣味でやってればよい。

447 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 16:14:01
そしてきっとこのスレでがんばってる菜食主義者は子供に言うんだよ。
「君が肉を食べたいなら、屠殺場に就職して自分で殺してから食べなさい。
或いは、自分で家畜を育ててそれを食べなさい。選択の自由は君にあります。
さあ、どうするか君の意思で選びなさい。」
ってね。

448 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 18:44:33
宗教的な理由やどうしても肉・魚の味が好きになれない
場合を除いて、菜食主義って飽食の傾向にある
食物の選択肢の多い先進国特有のものだと思う。
地理的に魚や肉を中心として食べざるを得ない場所なんて
沢山あるでしょ?イタリアはトスカーナ地方なんてひたすら
肉食で、ハムやらサラミやらフィオレンティーナステーキやら
肉食文化を突き進み流通が飛躍した今でも魚は金曜日ぐらいしか
食べない。モンゴルも乳製品と肉と少量の野菜・果物で
生きてるし、ロシアや北欧のような極寒の地も食物の選択肢は多くない。



449 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:19:25
肉食主義者が必死なことだけわかった。

450 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:24:12
>>449
>肉食主義者
・・・それ誰だよ(プ

451 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:29:38
動物臭に満ちたデブがたちが悪いのは、
自分がデブで食欲旺盛だからって、
それを単にまで押し付けることだよな。
油ギトギトのデブの体質も自由だが、
他人に自分の食性を押し付けるなよなw

452 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:35:16
肉食主義者は、よほど自分で食べる割合を
コントロールできないらしい。
他人の意見に左右されるだけで意味無いな・・・。
菜食主義者は肉を食えないわけではないし、
他にリソースもまわせるから、
単に上位互換というだけだ。
釣堀の野獣に糸をたらすのもそろそろ飽きたな。
ほかの菜食のやつらも、もうほっといてやれw

453 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:37:45
>>452
>菜食主義者は肉を食えないわけではないし、
主義じゃねえ…

454 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:39:15
生き物に優しい私はサプリメントだけで生きてます

455 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:42:34
そもそも植物とか動物とか区分けしてなんか意味あるわけ?

456 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:42:54
そういうネタもいいかげんパターンが見えたな。
どうせいくら肉食大食漢のデブが
自分の食性はこれだけなんだって
わめきちらしたからといって、
それで菜食のやつらがゆらぐわけでもない。
1もどうせ、肉食デブの陰謀だろ。

457 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:44:44
その通り。君の心的現象においてはね。

458 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:47:57
あんたが1か。

459 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:51:03
そう言うあなたが1でしょう

460 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:58:03
お前ら好き嫌いばかり言ってると
仮に、食糧難になった場合生きていけませんよ

461 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 19:59:27
結局、肉食にそこまでこだわるやつは、
他人と一緒じゃないと気がすまない病に取り付かれたのかね。
平均値なんてないよ。

462 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:04:34
お前ら止めろ!
妄想、妄言で貴重なエネルギーを擦り減らすのはやめろ!
お前達の下らん戯言のために一体どれだけの生き物たちが……

463 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:05:09
>>459
思い込みが激しいな。

464 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:07:46
>>460>>462
これは論点のすり替えと価値観の押し付けだな.

465 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:10:07
論点なんかあったっけ?

466 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:14:44
論点がないのに論点を決め付けるということが論点だった。
論点は1をでっちあげたやつに聞くしかない。
自分は1ではないということだ。

467 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:18:16
1のテイストが目立ちすぎるせいで、
何度も論点をそこに引き戻されて勝手に投影してくるやつが
絶えないから、
菜食の連中ももはやくだらなくて意義を見出せないだろ。

468 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:23:31
このスレッドも、SYN氏などが相手をするならば、
続くこともあるのだろうが、どうももう煮詰まってきたな。
ここは菜食といってもけっこういろいろ違う理由の
違う立場が出てくる。よって菜食派としても収拾がつかない。
いろいろあるし、けっこう菜食派はいるということがわかった
だけでも、収穫としたい。

469 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:27:59
>>468
SYNを相手にしたら一瞬で終わると思うぞ。

誰か
>これはこうではないか?

SYN
>それはあなたの好きにしたら良いと思います。

470 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:31:39
こういうものは哲学板だから新しく見えるだけで、
他ではさほど珍しいわけでもない。
どことは言わないが、他の板でも散々繰り返されたことだ。
そして、こういうものは決して決着がつくことはない。
それだけは、わかりきっている。
そういう意味では、こういうことが初めてだった人には、
いい啓蒙となりえたのかもしれない。

471 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 20:59:05
SYNってのは、善悪スレとか殺人スレとかで自作自演を繰り返してた奴だろ?

472 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 21:22:01
>>470
>こういうものは決して決着がつくことはない。

そんなことはない。
現にベジタリアンの私は病気知らずの健康体。
病院なんて病気でここ数十年行ったこともなく、薬も飲まないしほとんど必要ない。
肉ばかり食べている人はこういう健康状態でいますか?

菜食主義と肉食主義とでは病院に世話になる頻度も治療費額も全然違う。

473 :韋駄天はふと考えた:2005/08/28(日) 21:36:04
肉食の人は、毎日自分の体内に取り込む
食事の重要さが全然わかってなさすぎ。

車を運転すれば事故に気をつけるように、食事をする時には、
おいしいとかよりも第一に健康に気を配らないといけない。

「病は食事から」の危機意識が薄い。

自分で自分の体に食べ物による毒を入れて病気になってどうするのかと
肉がおいしいからといって、肉が絶対に安全で健康な食品だと
盲信することをやめること。

病気の原因のひとつであるウイルスの空気感染や接触感染よりも、
肉食感染に最も注意すべし。

474 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 21:56:06
>>473
絶対に安全で健康な食品だと盲信してる奴なんていねーだろw
何処のテレビでも本でも肉の食べすぎは良くない良くない言ってるぞ。


475 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 22:05:18
>>472
そんなの珍しかないだろ。
きんさん、ぎんさんがべジだったとも聞かないしな。
偏食が身体にいいとはこれいかに。
とりあえず、
>菜食主義と肉食主義とでは病院に世話になる頻度も治療費額も全然違う。
のソース希望。
しかしこれって哲学かしら?

ついでにコピペ。

906 :もぐもぐ名無しさん :2005/08/27(土) 19:07:25
ttp://www.nstimes.info/04-2004/special_report.htm
ここだとベジタリアンサイトと反対に
ベジタリアンは短命ってことが書かれてるね。

あと農学の本みたら、乳牛って肉牛より餌大量に要るようだから、
その分農地も肉牛より要る=環境への負荷高いってなるんだろうか。


476 :もいっちょ:2005/08/28(日) 22:10:30
ベジタリアンの母親の授乳児に神経障害リスク
ベジタリアンの母親の母乳で育った子どもは神経障害を来すリスクが高いことが米国で報告されている。
衛生当局によれば、昨年ジョージア州で、言語や運動の遅れなどさまざまな神経障害を来した小児2例が
ビタミンB12欠乏症との診断を受けた。調査で2児の母親とも子どもを母乳で育てており、
しかもベジタリアンであることが明らかになった。米国疾病管理センター(CDC)の週間レポートに詳細が掲載されているが、
米国ではこのようなケースが増加傾向にあるという。
ビタミンB12はコバラミンとも呼ばれ、神経細胞や赤血球を健康に保つほか、
DNAの産生にも一役買っており、主に魚、肉、乳製品、卵といった動物性の食物に含まれている。
CDCによれば、乳幼児がビタミンB12欠乏症になる原因としては、母親にこの栄養素が不足していることが最も多いという。
乳幼児が神経障害を来すと、必ずしも治るとは限らない。
妊娠・授乳期にはコバラミン補助食品等を摂取する必要があり、
特に授乳期はコバラミン欠乏症のリスクが高い。
(日本経済新聞/HealthDayNews 2003/01/30)



477 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 22:23:50
シンガーとか自分の倫理学説から肉食を制限する思想家はここじゃ扱えないの?

478 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 22:44:22
>>477
面白そうですね。どんどんやってください。

479 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:10:37
横山ノックは、無類の肉好きだった。
パートの主婦が稼ぐ一月分ほどの値段のステーキを
毎週のように食べていた。
その結果・・・
の人生を過ごしている。


480 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:11:09
>>475-476
やりかたが悪いんだろ。
あんたみたいに頭のわるい人に菜食はできない。

481 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:16:28
健康で長寿が多い沖縄で、老人はみな菜食主義なのか?

482 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:19:35
>>481
同時に野菜もたくさん食べているし、
肉も脂を取ったり、調理法がまったくちがう。
都会人には真似できない。

483 :考える名無しさん :2005/08/28(日) 23:22:43
>>480
私、>>475-476じゃないんだけど
そのやりかたについて詳しく教えて欲しい

>あんたみたいに頭のわるい人に菜食はできない。
>>475-476は菜食主義者になろうとしているようには見えないんだけど

484 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:24:55
>>482
おいおい、肉を食べてる奴が、野菜を食べてないとでも思ってるのか?

485 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:25:47
老人でも豚肉の赤身は食べた方が良いね。

486 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:27:42
菜食って結局生物食ってるじゃん…あんたらは動物・植物で分けるのかよ…生き物食いたくないなら死ね動物食いたくないってだけならただのその人のエゴにすぎない

487 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:36:01

元来、日本人は、魚や貝や鳥を食べていた。

それでも、十分に生きてきた。


488 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:42:07
>>487魚貝鳥は家畜と違って殺してもいいんですか?見た目の残酷さは多少ましだが命が無くなる結果はなにも変わらないが…

489 :とことん考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:55:02
 魚は、肉ではない様な捉えられ方をされているが
魚には、魚の骨と肉があり、人間は魚の肉を魚と呼
び食べているのだと思うが・・・
 

490 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:00:12
>>489今日魚も鳥も他の豚や牛と同じ「肉」だと普遍的に考えられています魚も人が食べるために養殖されていることを考えるとなんら豚や牛とかわらないと思う

491 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:03:11
だからといって肉に偏食したことによるいかなる健康の結果も
その人自身が負うものだということは変わりない。
そんなに肉が食いたければ、ごちゃごちゃ言い訳せずに
黙って食えばいい。あれこれそこに理由をつけるのは
見苦しく潔くない。食生活なんて人それぞれだ。

492 :とことん考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:03:44
 つまり、所謂魚と肉、他のものも同じように捉え
食べていこうと?

493 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:09:59
>492そういうこと菜食主義者だって植物という命を奪ってるというのにはかわりない
わざわざ命あるものを区別して自分の好き勝手にしているだけのこと

494 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:11:37
フィッシュベジタリアンが菜食のすべてではない。
理由も人それぞれで一般化できない。
菜食主義のふりをしたサクラも含め、
複数の菜食者がいるから、それをまとめることはできない。

495 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:14:57
>>486-490=>>492-493
あなたの価値観を押し付けて「食べていこう」というのはどうかね。
自作自演もほどほどにしとけ。

496 :ぬえ:2005/08/29(月) 00:15:16
どっちもどっちだな。

497 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:20:38
>>494植物を命あるものとして捉えていますか?家畜や魚を殺したら可哀想とか嫌悪感を感じるという理由で植物を食べるなら植物の命は?という意味です
他には健康的な生活をという人はもうちょっと生物学と栄養学の知識を身に付けてほしいエネルギーの効率を考えるとやはり家畜の肉も食べるほうが魚や植物だけを食べるよりよっぽど効率が良い
さすがに牛の魂が人体に〜などのオカルトぽいのは普遍的に考えるのは難しいな…

498 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:28:25
だからお前ら結局何が主張したいんだ?

俺の主張。人の食生活にそんな口出しすんな。独善的で見苦しい。

499 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:32:28
>>498
それはこっちのせりふだ。お前らなどとまとめるな。
私はこうしたスレッドを立てたおまえのようなサクラに対して、
ステレオタイプの形成を取り除く手助けをしているだけだ。

500 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:36:12
よってここで安易な理由をつけている
自称菜食主義者にすら、疑問があるということだ。
このスレッドに必要以上にからんで、
菜食に対するステレオタイプを固定しようとする
おせっかいな輩に対して、それを除去することのみを
行っているだけだ。つまり1にも迷惑を感じているわけだ。
つまり自分としては「主張したい」という人に関して、
すべて反対だということだ。
主張しないでもう立てるなというのが主張だ。

501 :◆EvilehrjfI :2005/08/29(月) 00:43:38
>>473
感染しないにせよ毒性が強い事があるから下手に取り込まないが無難だが

>>497
比較的に肉類は吸収されてから体に馴染むまで魚や野菜より時間が掛かる

502 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:47:06
>>497
わざとある視点を見逃しているのか、レベルが低すぎる。
そういうものに逐一してゆく労力を割くつもりはない。
もう一度、スレッドを読み返したほうがいい。
さもなければ駄弁は繰り返さないでほしい。

ちなみに私は菜食派ではあっても、
菜食主義者ではない。安易な菜食主義者は語らない。
ただどちらかというとそれを擁護するし、
安易な菜食主義につけこんでそれを叩こうとする
安易な反菜食主義には反対だ。

503 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:47:25
>>501毒性とは?具体的に説明がほしい
それから時間がかかるのは確かだが、だから駄目だとはならない。時間かかるといけない理由ある?

504 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:48:58
>>477
シンガーは命がどうとかじゃなくて最大多数の最大幸福に参入するかどうか
すなわち、快苦を感じる能力があるかで判断するんだったっけ
ググルと脊椎動物がダメなだけで肉食の否定ではないようだな

快苦を感じる能力の有無でいろいろ判断するやり方は
そのまま功利主義流の人格論につながっていくね
胎児の殺人の許容とか

505 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:49:00
ようは安易な菜食主義を持ち出す、
反菜食”主義”に反対しているだけだということだ。

506 :◆EvilehrjfI :2005/08/29(月) 00:49:08
一概に寿司を食うと新鮮な緑茶を飲む

507 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:50:38
今、水が危ない

さらに進む土壌汚染

大気に含まれる有害化学物質の実態

世界にひろがる深刻な水不足

化石燃料の代替をめぐる争い、次世代メジャーをさがせ

熱帯雨林の減少と砂漠の増大

生態系変化の決め手

食の現代

地球温暖化の罠

いま、産業機構が変わる。第○次産業への回帰

スポーツ観戦と肉食嗜好の類似性

地方による気候と長寿の相関

508 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:52:15
>>502オカルトなどは一般常識で考えることは難しいので時間をかけて考えていくべきだと思ったからあえて簡略化した
かなり個人差がありそれぞれの考え方によって答えも簡単にはまとまらない考え方がでてきてからもっとそこを深く考えていくべきだと思う

509 :◆EvilehrjfI :2005/08/29(月) 00:56:02
ftp://シュウカクトマトメ
>>473 :韋駄天はふと考えた :2005/08/28(日) 21:36:04
肉食の人は、毎日自分の体内に取り込む
食事の重要さが全然わかってなさすぎ。

車を運転すれば事故に気をつけるように、食事をする時には、
おいしいとかよりも第一に健康に気を配らないといけない。

「病は食事から」の危機意識が薄い。

自分で自分の体に食べ物による毒を入れて病気になってどうするのかと
肉がおいしいからといって、肉が絶対に安全で健康な食品だと
盲信することをやめること。

病気の原因のひとつであるウイルスの空気感染や接触感染よりも、
肉食感染に最も注意すべし。

>>497 :考える名無しさん :2005/08/29(月) 00:20:38
>>494植物を命あるものとして捉えていますか?家畜や魚を殺したら可哀想とか嫌悪感を感じるという理由で植物を食べるなら植物の命は?という意味です
他には健康的な生活をという人はもうちょっと生物学と栄養学の知識を身に付けてほしいエネルギーの効率を考えるとやはり家畜の肉も食べるほうが魚や植物だけを食べるよりよっぽど効率が良い
さすがに牛の魂が人体に〜などのオカルトぽいのは普遍的に考えるのは難しいな…

510 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 00:57:14
>>508
違う。生態学(エコロジー)的な視点がないので、
それはどうしてかなと思っただけだ。

511 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:00:41
毒て(わかりやすいのでは)重金属でないかい?鉛とかカドミウムとか。

たしかに体内にとりこめば濃縮されるが。細胞の変質の引き金のひとつだが。

ところておまえら きのこれよ!

512 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:04:09
菜食主義者と菜食派の違いが知りたい・・・・

513 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:05:35
菜食主義者と安易な菜食主義者との違いも知りたい・・・・

514 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:05:55
>>509現時点で肉食感染というのは医学上では確認されていない具体的にどのようなものかもわからない糖尿病などを指すならそれは感染と言わない
それからこれは「肉」=「毒」は間違いないと書かれた文章だが「植物」≠「毒」とは断定できない植物も有害物質を吸収していないとは言えない

515 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:08:21
>>513
確かに安易じゃわからん。だいたい想像はつくが。
半端な動物愛護思想とか、ちょろっと調べた学者の意見を鵜呑みとか
そんな感じ?想像でしかないけど

516 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:09:48
>>511重金属などを指すなら植物でも変わらないが…肉だけが危険だ!と言うのにはまったく説得力がないとおもう

517 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 01:12:54
たとえば、菜食主義者の人たちが言うように
世界的に菜食主義が進んだ世界を想像すると
世界の人々の食事が菜食に一方的に傾くわけだから
農家の需要が高まり農場を拡大する必要がある
しかもその需要を埋めるためには二毛作どころでは済まなくなるだろうし
農耕に使われる土壌は急速にやせていくことになる
それに、食べられなくなった穀物や植物を食べる種類の動物も増え続けるし
農地を確保するために森林が今以上の速度で消えていくことにもなりそうだ
魚などの加工品や魚などを輸出して収益を上げていた小さな島国の人々は
魚が近くを泳いでいるにもかかわらず
狭い土地を耕し、そこから収穫できる穀物や野菜を食べ
足らない分はわざわざ輸入することになるだろう
しかもそのうちに世界規模で
狭い市場の中の競争化が進み
新潟県魚沼産のコシヒカリみたいなブランド化が加速的に進んでいくだろうし
減農薬や無農薬などもふくめた高品質志向も進むだろうが
そうした品質を維持するために
さらに農家の負担は大きくなる一方だろう
価格競争も激化してゆけば日本のような第三次産業にウェイトを置く国々では
どうしても後手に回ることになる
つまりこうした食糧における世界のパワーバランスの乱れは
破滅的であり暴論としかいえない

518 : ◆n1001z04V2 :2005/08/29(月) 01:14:28
>>517
コンビニ生活について

>>516
じゃなくて重炭酸イオンでひぇひぇ〜満喫って感じ

519 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:18:58
>>517そうだね地理的にも耕作に向き不向きがあるしな遊牧に適したところや雨が少なく農業にまったく向いていないところなどで菜食は不可能に近い例えば北極圏のイヌイットやモンゴルの遊牧民などね

520 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:21:16
>>518すまんがまったく何が言いたいのかわからん

521 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:22:04
>>517
そうなったら口減らしするしかないか

522 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 01:23:19
>>519
そうそう。
現実的に考えると彼ら菜食主義者の言ってることはワガママだし、
リリシズムというかセンチメンタリズムというかロマンティックというか、、、

523 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 01:24:24
>>521
お野菜>人の命 ですか、、、あなおそろしや

524 : ◆n1001z04V2 :2005/08/29(月) 01:24:58
>>520
おまえたちは時間稼ぎが得意なことは伝わってくるがね

525 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:27:24
>>524何に対しての時間稼ぎだ?そもそも質問の答えになってない

526 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 01:27:59
>>518
えっなになに??コンビニ生活がどうかしたかい。

527 : ◆n1001z04V2 :2005/08/29(月) 01:30:03
>>525
其れが時間稼ぎそのもの嬉しいか?

>>526
憂える憂鬱な便利と危険は安心と油断なり

528 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 01:32:18
>>527
君が詩人なのは分かったけど
「憂える」と「憂鬱」は同語反復になるから憂鬱だけでいいんじゃないの?

529 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:32:32
>>527日本語もっかい小学校からやりなおしてこい文章が支離滅裂だ

530 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:34:10
>>517
この極論はどういう科学的根拠に基づいているの?
それらしい脳内妄想というのは、
どこまでももっともらしく聞こえるから注意が必要だ。


531 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:35:03
>>527
思いっきり勘違いしてるように見える
面倒臭がらずに答えなよ

532 :暗黒軍 ◆SONYnbfBLY :2005/08/29(月) 01:37:55
>>529 = >>531

533 :暗黒軍 ◆SONYnbfBLY :2005/08/29(月) 01:38:59
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

      輪廻概念図(暗黒版)
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

         何も得られない     執念
            ┗━━━┳━━━┛                  
┏依存心┳━時間━━━ 宿命━━┳━比較的餓鬼が不服になる
┣自尊心┫  ┗━成長しなくなる━┛              ┗┓
┃  ┃ ┗┓                ┏甘え         無理やりつりあう
┣自意識 依存している事を認めない━粘着┛          問題
┣意識的 無意識で┛┗逃げパターンが確立されている┳他者を否定して安心する
┣見下ろす┓ ┏道楽━━━┓他に原因を探す━すなわち依存 精神┛┗━情緒
┣ループ粘着状態┓贅沢━捌け口┓                 ┗━━不安定╋訪問販売
┣ひきこもり┛ドロドロ┛  お茶持って来い┳価値が下がる お茶持って来る┛健康食品┓
┣┛┗牡丹餅┛┗━━━嬲━━揶揄┓実力はある┳価値が上がる┛           ┃ 交尾し放題
┣安定を求める━普通になる━━╋嘲弄   無理があるエクスタシー━━━━━┓ ┏偶像崇拝┛
┣最初から普通━━まだ甘えられる ━━やばくなる━安定を求める━普通に授付╋挫折━━自己陶酔
┠学生が雪崩れ込み介入する┐┗┯現実逃避┯┛ ┌付き添い  ふられる━━┛ ┗━自己嫌悪したふり
├埋め合わせ┬―行き場を失ったエネルギー └花より団子┐     │       怖魔鬼羅阿┯┛
└面食らう妙な静けさ 甘え続けられる └面食らう妙な間誤付き 脊髄反射の期待       不規則
  │  適当にじりつさせる┼親がはやくじりつさせようとしている
  └www        ┌全体パワー不足┴矛盾
              肝  自律神経失調症┘
       。oΟo〇
   ┌━┛
(◔ิд◔ิ)
 ∧_∧

534 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:39:32
>>519
みんながみんな菜食という仮定をして、
みんながみんな肉食ということにはならない。
そういうことも含めて不断に変化するものだからだ。
またなぜそういうときにかぎって、
マサイやイヌイットやモンゴルや沖縄を出すが、
それを真似するほうがもっと難しい。
また、地理的に向き不向きがあるというなら、
日本の風土が農耕的だということも考慮に入れたい。
とにかく自分に都合のいい
自己正当化のバイアスだらけなため、
それでふうんと納得するのもそれはそれでおかしい。
未来に畜産を維持するほうが難しくなるかもしれない。

535 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:40:11
 472 :韋駄天はふと考えた :2005/08/28(日) 21:22:01
そんなことはない。
現にベジタリアンの私は病気知らずの健康体。
病院なんて病気でここ数十年行ったこともなく、薬も飲まないしほとんど必要ない。
肉ばかり食べている人はこういう健康状態でいますか?

菜食主義と肉食主義とでは病院に世話になる頻度も治療費額も全然違う。


↑こういうのにも「科学的根拠は?」とか「脳内妄想だね」って言えよ。


536 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:40:54
@肉食と菜食の『危険性の度合いの差』について

〜重金属蓄積による個体危険、環境ホルモンや食物添加化学物質によりキズついた遺伝子の母子連鎖の危険

A1.産業パワーバランスの崩れによる貧富の差のひろがりと、2.まかないきれない場合の人口削減策について

〜人が生活するには経済活動が必要。菜食世界への移行にともなう産業創生と現存産業の衰退。食料不足。

537 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:41:28
>>517
菜食主義が人類全体の生存によいのは事実だよ。
人類が肉食をやめて、家畜に与える飼料をぜんぶ人間用にしただけで、
全世界の人口に毎日5000キロカロリーという十分なエネルギーを与えられる。
肉生産はそれだけ効率が悪い

538 :暗黒軍 ◆SONYnbfBLY :2005/08/29(月) 01:41:41
385 : ◆Kw5TygDLwM :2005/08/13(土) 03:06:21
相手の悪いところばかり見えて気になってしまうのは相手の一点だけ
を見詰めてしまうところに自分として心に余裕がないから。
まぁ異常者と呼ばれる人に対しては別の話。
http://www.google.co.jp/search?q=%E2%97%86Kw5TygDLwM+&hl=ja&lr=&filter=0

539 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:44:33


おれ、ほんとは、ぎゅ、ぎゅにく食いたい。
でも、かみさまにしかられるから、食べられない。

だから、かみさましんじないやつらが、

ぎゅにく、食ってるのみると、くやしい。

ほんとうは、あいつらの健康とか、
ちきゅう環境とかどうでも、いい。
あいつらだけ、ぎゅにく、食ってるのが、ゆるせない。

あいつらは、わる者。おれは、よい者。
かみさまに、おしおきしてもらう。

ああ、ぎゅにく、たべたい…


野菜も土に種まいただけで

後は勝手に育つとでも思ってるのか?

野菜ひとつ育てるのに、何匹虫を殺すのか。



540 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:45:48
>>537
放牧、狩猟なら関係ないね

541 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:48:07
>>539
ここまで卑屈に必死になるのもどこか見苦しく余裕が無い。
畜産業者さんなんだろうか?

542 :。oΟo〇◊ψ&rlo;♦&rle; ◆OvOoxo.wDQ :2005/08/29(月) 01:48:16
>>539
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1119685271/

543 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 02:01:01
>>530
オッケー。
これは実に簡単な世界の仕組みなんだ
今世界の市場に出回っている食物は、その多くが畜産肉類、魚類、穀物類、菜類+その他だよね
これがもし菜食主義の世の中になって
肉や魚はいらないって市場から追い出したとすると
肉や魚の需要が激減する一方で、穀物・野菜類の需要が急激に高まることになる
そうすると畜産業は壊滅的打撃を受けることになるし
穀物や野菜のみが市場を席巻していくことになる
少ない品目間で需要が激化していけば
今以上に生産を増やさなければ供給が追いついていかなくなるのも当然のことだよね
(貧しい土壌にとって農地拡大は焼き畑農業や森林伐採による環境破壊を加速的に進めるのも有名だよ。)
もちろんこれらの食品の背後には流通ルートがあって
それぞれの土地に結びついている
例えばりんごは寒い地方でしか取れないけど
この販売ルートがあるから暑い国でも食べることが出来るんだ。
これはまた土地によって得意な作農物があったり不得意な作物があることも示している。
だから、極端な話、日照りが続くような国では耕作があまり出来ずに
一方的に輸入に頼るしかなくなってしまうなんてこともあり得るし
豪雪のために雪原が広がるような国では耕作自体が不可能かもしれない。
これはとても大きな負担だね。
最後にどういう科学的根拠かって聞いてるけど
これらは社会科学的な立場から見た現実的な視点だよ。(ブランド化以降の話も説明必要なら言ってね(゚Д゚)y─┛~~)

544 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:01:02
http://www.san-iku.co.jp/kudo/kokusaisyoku&ekoroji1.html

なにが悲しくて、畜産業者だけに、
そこまで肩入れするつもりもないな。
親戚にそういう業者がいるのなら必死にもなるだろうが。
まあ、2chというのも、畜産に不利なスレッドを
つねに検索してチェックしている人はいるんだろう。
もっとも、それで自分の健康を損なうくらいなら、
それは元も子もない。菜食している人はけっこう多いわけだし、
第一に、他人に動かされるのではなく、
自分のことは自分で考えることじゃないか。
哲学というのなら、結論を出すことではなく、
いかに自分で考えたかという仮定こそを大切にしてもらいたい。
もっともここにはそこまで哲学に立とうという人はいなく、
あくまで世間常識うんぬんのレベルにすぎなかったが。
一人でも菜食者がいるとなにか許せないかのように、
ヒステリックにぎゃあぎゃあわめくことのほうが、
どこか思想的に団体圧力的な、臭いものを感じるね。
テレビのCMみたいな洗脳刷り込み的な、
押し付けがましいコピペを繰り返すのもそうで、
世の中にはそういう人もいるのだろうね。

545 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 02:05:56
>>537
それ本気で言ってる?自分でおかしな点に気づいて!!!!
わかんなかったら教えたる(`・ω・´)シャキーン

546 :怨霊 ◆evilme7pG2 :2005/08/29(月) 02:07:11
参照
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1122210607/28-29

脳内確定と悩める妄想族を考える暇があったら睡眠不足と腰砕けについて知るべし

547 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:14:37
>>545
どっちもどっちだ。いきなり世界全体に短絡させて
一般化させようとすることがすでにおかしい。
そういう考え方しかできないのか?

菜食主義も、反菜食主義も、実はどっちもどっちなんだよ。


548 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:15:39
こりゃ永遠に堂々巡りだな。

549 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:18:45
菜食を続けてると一日一食程で済むようになる。って安易な一般化だが

550 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:23:56
簡単に思い込んで結論を急ぐやつはなにをやっても同じ。

551 :ストレスの結晶 ◆iKOo4VOMUo :2005/08/29(月) 02:24:10
>>548
コンプレックスがあるから明日にはスレ食い潰されてても不思議じゃないからね(w

552 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:25:48
>>549
ん?そんなことどっかに書いてあったっけ?

553 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:26:34
>>547
ならばミクロの世界を対象にすれば良いのかな
健康がどうとか

554 :自己暗示 ◆IANSony1T2 :2005/08/29(月) 02:27:43
                                               ,、::::::::::::::::::::::::::::. 、
                                           /::::::::::::::::::::::::::::::::::: \
                                          i:::::::::: . -=・=- i、-=・=-|
                                        / ``'ー 、_\   .. -=ニ=- /
                                    /ー 、_    `\:、_ `ニニ´/
              \,,|丿‐''"ニ,,-‐''''''""'ヽヽ    /、,,,,,-‐l" \ Q〜        っ |ヽ/
            \丿   / / /,-''''" ̄ /ノl   /    \   \____/__    ./ ||
           \ノ    __,ゝ‐'",--、-、  /'''""'''"      / \__/::::::::::::::::::::::/'''‐/   | |
           ,,,,ノ   ヽ‐‐'''"""二"_/           /、    |::::::::::::::::::/、 /|   / /_
       ,,-‐'''"~  ,,,      ゝ             /ヽヽ   |::::::::::::/,,/   ヽ /,‐'''\
  ,,,-‐'''''"~  ,,,-‐'''"// /、,,,、ヽ‐\            /   |    >‐"/      |  |
‐''"   ,,,,-‐''"     ///  ヽ|ヽ \       ,,,-‐''"~          /       ヽ_ |
  ,,,,-‐'"         /      |        ,.‐'''""~          ,-'"ゝ、         ─''''"
''~            /      ヽ     /   /      _,,,,/-‐、   \
片付けると怒られる場合もあるが効率を考慮して無論すぐに使える場所に優先的な配置が形成されるという
片付けても何故か妙に散らかる場合は恐らく散らかす連中に落書きをできる猶予を親方としているから困る
だから片付けることはしない屁理屈は自然に散らかす畜生が舵を握ろうとするから舵取りが上手くいかない
把握されていて既に原因は家畜として育つ団塊にある口封じは其の場凌ぎは発展途上を腐敗的な怒りである

555 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:28:34
でも案外菜食しているやつがいるってわかったし、
身近になったな。いろいろなやつがいたほうが面白いしな。
他にもいろんな食習慣のやつがいるし、
実際細かく見ると、個々人の違いなんてまったくばらばらだろ。

そう考えると、肉食だの菜食だの、
その程度の違いでぎゃあぎゃあわめくのがどうかしている。
実際はもっと偏食している現代人は多いだろうしな。


556 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:29:03
俺は、別に菜食主義を否定するつもりは無いが、
一部の菜食主義者が、まるで自分たちが道徳的で知的で進歩的で・・・etc
のように振舞う事に疑問を感じる。
菜食主義者も雑食派も同じだと思うんだがね。

557 :アイスバーン 卍 Eisbahn ◆PiN6ggVOMU :2005/08/29(月) 02:30:24
「精神と情緒や捌け口として←みおろす⇔ループ状態ひきこもり→ループ状態←自尊心⇔ひきこもり→みおろす」
「すなわち依存←自意識過剰⇔逃げパターンが確立されている→他(者を否定して安心する)に原因を探し放題」
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

558 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:32:14
>>547
結局、避けて通れんのだから順序なんてどうでも良いよ

559 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:37:22
>>556
困るのは、菜食側っていうのが、何人もいることだ。
どういうわけか。1だって違う人だろ?
菜食側からすると、その肩代わりをさせられるだけと感じた。
そういう意味では、
自称菜食側にも疑問がないわけではない。

560 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:45:38
菜食側の主張はだいたい3つだよね

1.エネルギー効率
2.健康
3.道徳的観念論

3は論外だけど

561 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:50:24
>>560
菜食ってのは、どの人であれパラメーターの一つに過ぎない。
菜食ってのはまったく関係の無い哲学をしている人であろうと、
それこそ、あちらこちらにいるからだ。
それをもってなにか人格的な共通性があるというわけはない。
それでその人のすべてを語れるわけでもない。

562 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:52:43
>>540
本来なら習慣といえば事足りるはずのことだ。
だったらなんでこんなスレッドが哲学板に立っていると
聞くかもしれないが、それは立てた誰かに聞くしかない。

563 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 02:55:09
メンヘル板よりも、生き死に、に敏感な哲学板

〜哲学板は生死を気にして、身近な問題として抱えてる人々の総体?。いきるってなにか?求めているが結論は出ない。哲学をしにきたのではない。さがしにきたのだ。議論しにきたのだ。

564 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 02:58:35
>>547
菜食主義の対偶に反菜食主義(?)を持ってくるのはおかしいよ
肉も魚も野菜も穀物も食べてるのが普通なのに
それだと反菜食主義(?)には含まれてしまうだろ( ´,_ゝ`)プッ
お野菜もだいじ。お肉もだいじ。
お魚だいじ。お米も豆もだいじ。
ベジタリアンという名の偏食家は(・A・)イクナイ!!
・人間が食べなくなって保護された動物が逆に増えても
結局生態系の維持とかで撃ち殺したり間引きして捨てちゃうけど
そのほうが可哀想(専門用語でMOTTAINAI)と思うけどね。
奥多摩の鹿みたいに(最近では名物料理になってるらしいが・・・)。
それにしてもなんと規制の長ーーーーーーーーーいことか。。。

565 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:02:02
だったら、マサイとかイヌイットは偏食なのか?
それを持ち出しているような輩は、
もはや反菜食主義とでも言っていいと思うが。

566 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:04:46
>>564
ある平均的な食事というものがあって、
(もちろんマサイとかには当てはまらないのだが、)
それに対して偏食してはならないという強迫観念をもつのも、
それはそれで息苦しいものがあるが。
理屈だけにおさまらない食文化の多様性というのが人間性だろう。
菜食もまた、そのひとつのジャンル、
バリエーションだということだろう。

567 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:05:54
人間だけがそういうことをできる。
そのことは、哲学的というに値する。

568 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:10:05
>>564
大事とか普通とか言っても、
外国に行けば行ったで料理の並びがまったく違うぞ。
それに、菜食ってのは日本でもけっこう多い。
世間知らずすぎるだけなんじゃないか。

569 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2005/08/29(月) 03:13:22
菜食の人は外食しないの?
それとヨーグルトにはゼラチン入ってるから食べられないね。

570 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:18:19
>>564
これは栄養学至上主義ということなのか?
そんなの徹底できている現代人が、
そもそもいったいどれだけの割合でいるのだろうか・・・
そのことのほうが疑問だ。
現代人というのは多かれ少なかれ偏食家だろう。
知人の食生活というのが、
自分とまったく違うんで驚いたなんていう経験は、
普通けっこうあるはずのものだが・・・。


571 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 03:22:36
>>565
確かに、マサイ族もイヌイットも大局的にみれば偏食がちかもしれない
だけどもマサイ族もイヌイットも野菜を食べないわけじゃないし
もちろん彼らの偏食は菜食主義(vegetarianism)の思想の潮流からきているいるわけでもない。
それは過酷な土地条件に合わせていく抜くためであったり
彼らの生活様式によってそうなったというのが正しい。
・なにより偏食になりがちな彼らの平均寿命は決して高くない(食によるだけではないけど)。

572 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:22:40
>>569
すまんが、他の人に聞いてくれ。
SYN氏とか、固定ハンドルで出てきた人たちにね。
これ以上、他人の不毛なものの
肩代わりをするほど、お人よしじゃない。
宗教的な「食べられない」というのではないのでね。
それでは自分はこれで。じゃあねん。


573 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:29:21
転移・・・またあんたか・・・コテもちなよ

574 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:30:30
なぜ野菜よりも肉のが美味いからを食べるというのはダメなのだろうか。
5年ほどベジタリアンやってたがやっぱ肉美味い。
ベジタリアンだった友人があっさりと病死したのと
ベジタリアンやってる知り合いが病気を良くするの見たら体に良いと言うのもうそ臭く見えるし

575 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:34:26
身近な経験を過度に一般化するのは注意が必要だけどな

576 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 03:41:33
>>566
バランスの取れた食事を心がけることは
強迫観念でもなんでもないですよ。
それにわざわざ菜食だけに限った文化を多様性とは呼ぶかどうか疑問。。
>>568
菜食は多いかもしれないけど
徹底した菜食主義者は稀だと思うけど?
>>570
(゚Д゚)ハァ?お菓子ばっかり食べている奴が基準なのアナタ?
いくら偏食(そもそも悪いこと)家をいくら集めてきたところで
彼らが正しいことにはならないし、反証にはなりえない。
で、バランスのよい食事を摂る人たちは栄養学至上主義(?)にされてしまうわけ?
まず「主義」という言葉と「偏食」という言葉を正しく使いましょう。
・ここにいる人たちの中にいる菜食主義者はゆくゆくは
アーミッシュの様な生活を本気で目指しているのだろーか????

577 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:45:48
しるかアホ

578 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:46:45
>>576
あんたもそればっかり?一生やってなよ

579 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 04:10:49
文科省は教育にバランスの良い食事を提唱していたぞ。
肉しか食わないのと変わらん。体に悪い。

580 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 04:35:27
>>579
厚生労働省「牛海綿状脳症(BSE)関係」
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/bse.html

厚生労働省「食事バランスガイド」
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/06/s0621-5.html

【主食(ごはん・パン・麺など)】<5〜7つ(SV)>
毎食、主食は欠かせない。主菜、副菜との組合せで、
適宜、ごはん、パン、麺を組み合わせる。
【副菜(野菜・いも・豆・海藻など)】<5〜6つ(SV)>
日常の食生活の中で、どうしても主菜に偏りがちに
なることが多い。従って、できるだけ意識的に主菜の
倍程度(毎食1〜2品)を目安に十分な摂取を心がける。

【主菜(肉・魚・卵料理・大豆食品など)】<3〜5つ(SV)>
多くならないように注意する。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
特に油を多く使った料理では、脂質及びエネルギーの摂取が
過剰に傾き易くなる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

581 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 04:47:42
じゃあ私は植物が可哀相なので植物は食べないようにします><

582 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 04:54:26
「バランス取れた食事はこれ 生活習慣病予防にガイド発表」
http://www.asahi.com/health/news/TKY200506210342.html

>肉類は控えて野菜やごはんを中心にした食事を勧めている。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>主菜は主食、副菜よりも少ない3〜5単位に設定。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
>「ハンバーグステーキ」や「鶏肉のから揚げ」は1品だけで
>3単位になるため、どちらか1品を選ぶか、それぞれ量を
>減らさないといけない計算になる。

「食事バランスガイド」だが、2005年6月、厚生労働省と
農林水産省が発表したばかりのもので、実はかなり変化した。
英語の「サービング(SV)」という単位で統一し、主菜は
その定義に反して、副菜と逆転したピラミッドになっている。
これは、アメリカのものを踏まえてきたということだ。

583 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 05:09:51
やはり生活習慣病が増えている。
働き盛りの男性の肥満の増大、塩分・脂質の取り過ぎ、
外食での野菜不足などが改善されないため、
作ったということだ。

584 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 05:20:26
こうした食生活指針は、日本では2000年にできた。
しかしそのときは、
「一日の食事のリズムから、健やかな生活リズムを」
「ご飯など穀類をしっかりと」など、
大きく10の目標が並ぶだけで、抽象的なものだった。

そこで、より具体的に「何を」「どれだけ」
食べたらいいのかをピラミッド型で図式化し、
まさにリアルタイムで、今年の6月になって初めて発表した。
それが「食事バランスガイド」だ。

「穀物 = 野菜 > 肉・魚・卵」ということだ。

世界的には「フードガイド」と呼ばれることが多く、
アメリカなど、諸外国ではもともとやっていた方法だ。
アメリカでは、かなりまえから、牛乳や肉のランキングが
低めに入れ替わってきていた。

585 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 05:25:22
http://www.j-balanceguide.com/

以上のピラミッド図がわかりやすい。

一応これは、広報や普及活動はされているということだ。
いやしかし、でも、これだけでも大した変化だと思う。

肉も牛乳も少ない少ない。脇役、だということだ。

586 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 05:36:23
ということで、生活習慣病やストレスなどは、
菜食を徹底しろとまでは言わないまでも、
いまの現代人の現状を考えたら、
肉を軽視するくらいがちょうどいいだろうということだ。
まあもっとも、そのぶん野菜と穀物を豊富にする。

そういう広報や普及活動はされているのだから、
それだけいまの現状では「問題あり」ということなのだろう。

よって菜食とはいわないまでも、
「食事バランスガイド」くらいの比率に考えていくといい。
おそらくここで肉ばっか言っているのは、
よっぽどたくさん食べているはずだから。

貢献はできたことと思う。それなりに満足だな。
ということで私はこの板にはもうこない。
あとはスキにやってくれたらいいことと思う。それでは。

587 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 05:47:44
1のこのスレッドの立て方は
その真意がどうあるにせよ、残念なことだったが、
結果的に、SYN氏と、凡人氏、あと、

 309 :考える名無しさん :2005/08/27(土) 21:03:05
 大切なスレだと思います。
 何となく習慣で、気にしながら食べていましたが、
 今日からベジタリアンになります、ありがとう。

の人が出てきてくれたことで、個人的には得るものが多かった。
まあ、そのくらいかな。得るものがあったのは。
共鳴者はそれなりにいないわけではないのだろう。

もっとも、肉食派も、軽視するわけではないし、尊重したい。
肉を食べてはいけないわけではないのだから。
まあ菜食も、ハードルはあるので無理にすすめる主義ではないが、
健康を考えるとメリットはあると考えている。
それは、フードガイドの優先順位に表れてきているとは思う。

それ以上、極端なことは、私個人は言うつもりはない。
とにかく、他にも菜食派がいるため、代表できるわけではないし、
いろいろな立場を尊重したい。

それではいいかげんにさせてもらう。

588 :◆MjAVYHSipQ :2005/08/29(月) 06:19:05
>>579
(゚Д゚)ハァ?言ってることおかしくない?
バランスが良い食事が肉しか食わない偏食と変わんなくて、しかも体に悪いって馬鹿?
>>580>>587
そう。だから肉も魚も野菜も穀物もバランスよく摂れと言っています。
ところで>>586の>肉を軽視するくらいがちょうどいいだろうということだ。って言い回しおかしくない?
>>587でもそうだけど、
「軽視」の使い方ちょっと変。(軽く考えてって意味だとしてもそんなに肉のことばっかり考えてる人いないから)
・同じ重さでの肉と野菜の単純なカロリーや脂肪・たんぱく質の比較では
肉のほうが値が大きくなるのは当たり前だから
品目だけで見たとき全体のバランスを考えた食事から肉の品数を減らすのは当たり前
しかしこの結果を持ってきて>>585の>肉も牛乳も少ない少ない。脇役、だということだ。
という結論は導き出せない。



589 :ぬえ:2005/08/29(月) 06:26:42
ま、どっちもどっちだと。

590 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:29:09
人気だな。なにしろ死活問題だからね。

591 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:48:05
>>588
こちらの言っていることは、
実のところすべて方便だということだ。
それは、君のように客観的な説明を求める人が
つっかかってくるから、その形式に変換しているだけだ。
それに先立って、菜食自体に特別な意味を見出している。
よって、表面的な理由が、ほんとうの理由なわけではない。
推測したからといってそれが事実とは限らない。
そもそも私はさほどこのスレッドに関わることを望んだわけではない。
菜食に興味をもつひとがいればそれはそれでいいと思うくらいだ。
自分はあえて特殊なかたちを取っている。
正直、他人に薦めるつもりはない。

592 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 06:51:11
肉食してる奴は「肉食しましょう!」なんて呼びかけない。
むしろ「野菜も一緒に食べた方がおいしいし、健康的だよね」と言う。
それを必死こいて鼻息荒くサイトやスレまで立てて菜食一品主義を宣伝する、
菜食派にはどこか不穏な動機−−−例えば亡者のような−−があると思われる。

本当は肉が食べたいから、肉を食べている人間を否定してこちらに勧誘したい。
そういうルサンチマンがあると思われる。

593 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:00:29
結局、雑食な人間の中の健康に気を使うやつと
ベジタリアンを比べないとどっちが健康かなんて導きだせないよな。
…と475のリンク先で触れられてた統計見て気が付いた。
ベジタリアンになるようなヤツは
べジになろうって段階である程度健康のことは考えるだろう。
(その知識が合っているかどうかは別として)
純粋に雑食とべジの健康を比べるなら
他の部分はできるだけ同じにしなきゃ比べられない。
偏食家を含む雑食者と健康に気を使うべジ、なんて比較は意味がない。
このへんは>>576の言うこととも被るね。

594 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:02:58
>>592
肉を食べないほうが、ほんとは贅沢のはずだ。
そこまでするからにはそれなりの理由があるということだ。
たしかに、菜食主義というのは、
それをロジックだけで考えると矛盾をはらんでいる。
しかしロジックではないところに理由があるのでしかたない。
ロジックがすべてではない、ということだ。
ロジックで戦わせる、そういう哲学板には正直向かない。
残念ながら、ロジックだけで考えるなら、
そのロジックに即して、そのロジックに限定される誤解を
されていくのもしょうがない。
ロジックでどうにか理解したいのかもしれないが、
残念ながらロジックではない。

595 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:15:59
動物の味のするものは植物であり、植物は食べられるものと考えられるのか。
動物の味のするものだけれども食べられますと言ってごらん?

596 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:25:04
>>593
はっきりいって健康至上主義ではないので、
「菜食のほうが健康だから菜食にしろ」と主張するつもりはない。
SYN氏と同じで、「他人は好きにしたらいい」ということだ。
ではどうしてこのスレッドにいたかというと、
こういうスレッドが立ったことが望ましくないからだ。
菜食に対しての偏見が形成されないよう、
固定した結論が確定しないよう、
ただそれを取り除くことをしていただけだということだ。
とにかく、菜食について安易に語られたくない。
ロジックではないものを、
無理して客観的な俎上に載せようとすることには、
やはり疑問があるということだ。
というわけで、何度もいうが1ではないし、
決め付けることはあきらめてもらいたい。
ちなみに自分は、肉も食べられるし、
宗教的に食べられないわけではないので、
その定義では菜食主義者ではない。

597 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:28:50
>>595
何度もいうが、菜食実践者と、菜食主義者は違うということだ。
自分にとっては、ようは割合以外の、
少しでも肉が含まれていたら、というような論理的な厳密さは、
あまり意味をもたない。あくまで健康法だからだ。
だからといって、健康であるべきという価値観でもない。
精神主義的なものだということだ。
だからといって、ほかのすべてもそうだというわけでもない。
アドホックにフレキシブルでかまわないということだ。

598 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:29:23
乳製品は先述したが、絹、羊毛製品、牛皮の靴やベルトは着物だと考えているのだろうか。
化繊製品や綿ならば、動物という訳ではない、石油製品や植物であるわけだ。
だがしかし、植物は動物を肥料にしているし、石油は昔の恐竜や昆虫や植物でしょうか。
そのような混合物が許されるのだろうか。
現実的な問題であると考えられる。

599 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:31:34
>>598
自分は思想的な理由ではないということだ。
そこのところ、他の人と混同されて誤解があったかもしれない。
ではなぜ哲学板でやるのかといわれても、
何度も言うが、立てた人が違うのでそこに居合わせただけだ。

600 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 07:54:18
>>598
ヴェジタリアンにもいくつかある。
ヴェジタリアンを、「菜食主義」と訳すことが間違いだったので、
ほんとうは野菜だけを食べているというわけではない。

イギリスのヴェジタリアン協会によると、
ヴェジタリアンとは、野菜を意味する「vegetable」とは関係なく、
ラテン語で「活力のある、生命力にあふれた」を意味する
「vegetus」が語源となっている。それは「健康主義者」という
くらいの意味だということだ。

>>598が言っている混合物がどうのとか一番極端な主義
主張をもって厳密なのは、そのなかでも一部のヴィーガンと
呼ばれる原理主義的な立場のひとで、困ったことに、
日本ではそのイメージが定着してしまっている。

それ以外にもいくつもの立場が分類できるということだ。
健康上の理由から、肉をほとんど避けていれば、
さしあたってはヴェジタリアン的ではあるということだ。

601 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 08:11:30
>>598
私はこれまで、情報収集や情報交換として、
他の板だがこれ系のスレッドにはけっこう書いてきたため、
なにかここで目新しいものがあったわけではない。
ここは通りすがりの小手調べのようなものだった。
こういうことはあくまでパラメータのひとつにすぎず、
あたりまえだがそれを大仰に、思想的にどうとかはあまり考えない。
それより具体的なノウハウに入っているということだ。
そこからいろいろと気付きなども得られることもあるとおもう。
それでは、本来の場ではなくさほど興味もなかったため、
いいかげんにさせてもらう。趣味として、健康法について
どれほど興味があるかどうかということでしかないのだから。

602 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 08:33:46
>>598
はっきりいって、
あまりにも神経質的に考える人がいるようなので、
引いてしまっている。
まさかそういう人が居るとは思わなかったからだ。
そういう考え方があるのだなとは思うが、
自分には無い考え方だった。
そういう意味ではそういう人もいるのだな、と、
世界が広がったこと、それもまた収穫ではあった。
そこまで考えるなら、菜食なんてしないほうがいいよ、
といいたい。主義というのはどうもおかしい。
あまりあれこれいちいち考えて理由が無いとだめ、
とは思わない。食文化をリベラルに考えている。
混合物が許されるとかそういう風にこういうことを
考えると、まったく泥沼なんではないだろうか。
そういう意味では、肉食はだめなんて考える人にも
疑問があるし、あまり極端なのはすすめない。
正直、1のような人が菜食を語ることは残念だ。
あやまったイメージというのはいくらでも作られるもので、
そういうものに対してはあきらめも必要かもしれない。
結論としては、いろいろな立場の人の意見を聞けて、
そういう意味では参考にはなったな。
しかしこういうことは場違いなので続けてほしくない。
まあ、他人が話すことの邪魔はできないのだろう。
すくなくとも、自分はもうこの板にはこないということだ。
正直、他人の毒気を当てられるだけで、
こういう掲示板というのはどうもな、という感じだ。
あまりこういうことは議論できないんではないだろうか?
議論するというのがどうもなと思った。

603 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 08:53:27
>>593
>結局、雑食な人間の中の健康に気を使うやつと
>ベジタリアンを比べないとどっちが健康かなんて導きだせないよな。
>…と475のリンク先で触れられてた統計見て気が付いた。

結局、生産的な議論がしたいのならば、
膨大なデータを見通して、バランスを取らないといけない、
ということなのだろう。掲示板のスレッドでは現実的では
ないことで、誰もそんなことをする人はいないだろうが・・。
そういうことをやったら、それだけ一生かかるかも。
人類学、栄養学、生態学、多角的に見てなにかが言える
ということはあっても、また違う価値観の指標なり尺度では、
また他の見方もできる、ということは容易に想像できる。
ただ、中には菜食で健康になる、病気が治るという人も
いるだろうなとは思う。かといって、下手に菜食にしたら
悪くなった、とか言う人もまた出てくるわけで、
それは結局、その人の責任としかいいようがないしな。

604 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 09:25:25
とっとと失せろや>>602

605 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 09:52:33
>>604
すまん。蛇足があまりに多すぎた。
もういい加減ここからは消える。
ただ、それだけ他人と混同されていたんでね・・・。

606 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 10:16:42
捨て台詞を吐く奴にはまだ執着がある。
その執着を振るい払うためにこそ捨て台詞を吐く。


607 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 11:03:20
ある意味、執着することこそ哲学といえるかもしれんな。
その意味では有意義なスレではあった。

608 :あまり考えない名無しさん:2005/08/29(月) 11:34:43
>>603
いや誠実に誤解を解いていく熱意はなんだか伝わったよ。
菜食についてこういう考え方もあるのか、と、
啓発されるところもあったし、俺には得るところはあったよ。
へえこんなのあるんだって、正直、知らないものも多かった。
っていても、俺も、哲板の住人じゃないんすけどね……。

609 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 12:41:41
長文連発した人の話は面白かった

610 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 14:08:08
>>1は、殺し方が気に食わないと言い出しといて、いつのまにやら肉食は反対の議論にすり替えている。

611 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 14:12:26
菜食主義者(≒菜食派?)の人たちは、「健康に気を遣うなら菜食に帰結する。」
と考えているように感じる。そこがおかしい。
そもそも、菜食主義で無い人は、肉ばかり食べているわけではないだろう。
健康に気を遣い、その結果、肉・野菜をバランスよく食べるべきと考えている人もいる。
菜食主義者は、まずこの思い込みを改めた方がいいのではないか?

それに、このスレでは、健康面から菜食を語るのではなく、
肉を食べると言う事は、動物が殺されると言う事なわけだが、
それが是か非かという事ではないのか?
つまり栄養面・健康面でベジを語る人はスレ違いと言う事。

612 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 14:24:43
人間に出合う前の牛と、出合ってからの牛では、後者の方が圧倒的に増えている。
これは種の戦略としては大勝ではないのか?

613 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 15:59:37
臓器移植なんて、形を変えた食人だとおもうから、人間が肉食するのは、
仕方ないことだと思います。

614 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 16:15:28
なら肉食がいいなら、人を食ってもいいわけだ。

615 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 16:20:30
>>614
中国標準を広めるなよ

616 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 16:21:08
>>613
輸血もか?

617 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 16:24:33
>>615
中国様は間違っていなかった

618 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 17:09:43
>>1は牛にも人権があるとでも言いたいのか?

619 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 17:21:36
肉食のすばらしさを知ってほしい。

620 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 18:35:24
反肉食派がどんなに言を左右しようが、

「偏食」は「完全食」にはかなわない。

621 :移動せよ不健康短命ベジタリアンよ:2005/08/29(月) 18:40:37
【菜食】 ベジタリアンの健康を検証する 第二節
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/supplement/1106316208/

622 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 18:40:57
動物を食べるのは手を加えることができるので、美味いんだ。
お乳は別にしても、植物でここまで可能であるのかと聞きたい。

623 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:19:45
懐石のような伝統的な和食は肉を使わないから不味いんだよ。

624 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:22:05
>>623
料理人しだい。腕のいい料理人なら、肉を使わない方が美味い。

625 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:26:01
>>623
不味くはないが、魅力に乏しいのは確かだと思う。

626 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:28:24
断っておくけど刺身なんてあんなの料理じゃないからね。

627 :ぬえ:2005/08/29(月) 19:39:39
最近肉がマズイ(・。・)

628 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:46:12
徳川綱吉の生類憐みの令による肉食禁止が、日本料理の未発達を招いたのだろう。

629 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 20:03:25
クローン技術で肉だけつくる事できればいいのに
せめて殺し方だけでももうちょっと考えてほしいもんだ

630 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 20:11:03
>>629
どういう殺し方ならかまわないの?

631 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 20:29:45
殺さずに脳だけ取り出す、脳はそのまま天寿をまっとうするまで生かす。
そして身体の方は、おいしくいただきます。


632 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 23:29:43
(゚д゚)つ丸本淑生

633 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 23:32:05
>>631
なんて残酷な…
思い通りに体も動かせず何も与えられず何年も無理に生かされるだけだ何て…

634 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 23:50:27
もう今晩あたり、自分の身体が解体されてて、それを
目と脳だけ培養カプセルに入った自分が見てる
なんて夢みそうだね

635 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:24:32
>>633
RPGつないどいてやるよ。

636 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:25:46
>>634
擬体にいい出物がありますぜ、旦那

637 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:29:31
もうサイボーグべこちゃんしかないね

638 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 00:59:57
漏れはつい最近まで、カレイシュウ(加齢臭)と言う言葉を聞いて
カレーが入ったシュークリームかと思ってた

639 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 02:27:01
俺らも、今そのMMORPGやってるだけだろ。

640 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:36:16
>>630
せめて安楽死

何といっても人間は肉食(雑食)だし仕方ない
言ってみれば良心をもって生まれた猛獣
猛獣には罪はなく、ただ自身が苦悩するのみ
このように仕組まれた地球の食循環であるだけで、人間に罪はない
ただその残酷な仕組みを呪うばかりである




641 :とことん考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:43:36
ふっ・・・ まさに飽食の時代
 現代社会の欺瞞だな
  極限状態になったら人間、泥水だって小便だって飲むし
   ミミズの肉だって食わずにわいられないんだぞ
    自己満の議論する前に戦争体験者の話を聞け!!
     

642 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:45:16
>>641
そりゃ「戦争が悪い」って種類の話だろ。


643 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:53:28
人間だけが肉を食うのならともかく、動物も食う以上
あまり説得力がないわな。

644 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:55:24
だいたい自然界の牛だって通常は相当悲惨な最期だし

645 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 12:02:06
そもそも植物と動物の間に明瞭な教会なんて無いんだけど。

646 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 12:52:50
細胞壁があるのが植物だろ

647 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 13:15:29
植物に神経はあるか?

人間と動物には明瞭な境界がないだろうけど。

648 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:22:28
人間と他の動物の間にも違いがあるし。動物と植物の間にも違いがある。同じことだ。


649 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:25:10
ライオンに生きたまま食べられるアフリカの草食動物が可哀そうでならない。
ライオンには人の手でペットフードを与えるべきで、必要が無くなった草食動物は
徐々に数を減らしていくべき。砂漠化の防止にもつながる。

650 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:31:39
それらは心の問題までのことでしょう、心だけで思うところを導き出せるの?

651 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:11:00
はぁ・・・愛玩動物板逝け!!厨

652 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:13:38
http://www11.big.or.jp/~magmell/diary/image/030806c.jpg

653 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:20:21

糞モナー

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1125269267/l50

654 :ぬえ:2005/08/30(火) 16:38:51
ちいさい

655 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:47:34
肉食‥‥野蛮で獰猛
草食‥‥知的で温厚


この考え方がファンタジーなんだよね。
このイメージを内心で押し進めると菜食になる。

656 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:58:17
ファンタジーにしろ、どうして人はそういうイメージを持つのだろう。

657 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:00:04
野菜の汁が赤くないから

658 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:03:22
心理

659 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:04:41
菜食が知的と思ったことはないな。阿呆だなとは何度も思ったが。

660 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:06:01
阿呆の見本
http://food6.2ch.net/test/read.cgi/food/1080183050/

661 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:19:47
このスレの反菜食のポエマーはアホ

662 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 21:40:04
>>644
自然界の生物における悲惨というのは、交尾によって次世代の種(卵)を
残せずに死んでいくこと。
メスに生まれた動物が、交尾もできず仔を産み育てないまま食べられて
死ぬのが悲惨なわけで、交尾をたっぷりとして仔を何度も産み育てた親は、
食べられても悲惨とは言わない。

人に飼われて放牧で家畜化されている牛や馬や羊というのは、メスもオスも
交尾もたっぷりでき仔を何度も産み育ててから、人によって殺されて食べられる。
こうした殺され方と食べられ方は決して悲惨ではない。

しかし家畜小屋や狭い檻にに生まれてから殺されるまで、ずっと閉じ込められ
続けて、交尾はまったくできずに仔を何度も産むことも育てることも、人から
抑圧されたまま殺されて食べられていく家畜は悲惨そのものである。

663 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 21:48:21
>>662
米や野菜や果物も同じだよね

664 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 21:55:33
それに肉食動物は、親ではなく子供や卵を狙う奴も多いね。

悲惨で残酷な事をする肉食動物は殺しちゃおうか?

665 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 21:56:36
人間でもそうだが、女性に生まれてきて、体に何の欠陥もないのに
すべての自由を奪われて、奴隷として働かせられ続けて、死ぬまで
交尾はおろか恋愛も結婚も子育てもさせてもらえずに、狭い小屋に
閉じ込められて換金されて死んでいく女性ほど悲惨な人生はない。

これは男にもあてはまり、人間に肉として食べられるためだけに
飼育されている家畜などは、上に例えたように悲惨な人生となった
人間の一生そのものである。

肉食人間の贅沢な食欲を満たしたいがために、かっての人間奴隷の
ように、家畜達は食肉奴隷させられているのが現状である。
この家畜の食肉奴隷化を、人の食欲を満たすためなら当然の行為と
受け止める肉食人間がいるのが、大きな問題でありただちに改善するべきことである。
現在の肉食人間と同じ考えを持つ人がたくさんいたからこそ(特に西洋人)、昔は
人間奴隷として悲惨な一生を終える人間も数多くいたのである。

666 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:01:16
人大杉、家畜大杉、大絶滅・・・

667 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:02:14
自己の立場を絶対視し基準にして、全ての事例にあてはめようとするアフォですか?
物事を片面的にしか見ることの出来ない思考停止した貴方は、哲学には全く向いてませんよ。


668 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:04:21
>>665
そうそう、そのように動物と人間を同等に考えるなら、
動物にも人間と同じように選挙権を与え、犯罪を犯せば裁判をし、服役させ・・・。
そうそう、税金を課さないといけないな。戸籍も作るか?
回遊魚や渡り鳥にはパスポートも必要だ。

669 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 22:05:18
>>663
米や野菜は人間に飼育されてても食肉奴隷じゃない。
自由に生育して自由に種を残している

肉食人間(昔の奴隷制度推進派)=現在の家畜の食肉奴隷思想推進派

菜食人間(昔の奴隷制度反対派)=現在の家畜の食肉奴隷思想反対派

670 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:06:20
>>79
人間が最悪の生き物であるのは認めるが君の間違いを正しておこう

狼は獲物が豊富な場合自分の好きな部位だけを食い大半を残す
川獺は遊び目的で魚を殺す
チンパンジーは群れで狩りを行い小型の猿や鳥類を捕食する


671 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:07:18
>>669
>自由に生育して自由に種を残している
栽培されているものは、収穫されたものと、苗とは違うんですけど・・・?

672 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:08:32
>>669
深谷ネギはほとんどクローン。全然自由に育成なんかしてませんが、何か?
文句も悲鳴もあげない植物相手なら、何をしても平気なのでつね。

673 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 22:10:07
>>668
自分の家の家電製品や車などの機械は大切に扱うくせに、
どうして牛や馬や羊は大切に扱えないのですか?

あなたにとって、こういう思想なら地球環境も含めて大きな問題
家電製品>>>>>>>(肉食人間にとって大切な価値)>>>>>>>食肉家畜

674 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:11:05
>>669
種無しぶどうをどう思う?
食べないまでも、去勢されたペットをどう思う?

675 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:13:23
ひかるが掲示板を再開させたみたいだよ

http://g2101.immex.jp/hikaru/



676 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:14:16
イチローは、肉食いながら、それからひっぺがして作ったグラブの手入れには余念が無い。
韋駄天にとっちゃ、悪魔みたいなヤローだなw

677 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:15:07
>自分の家の家電製品や車などの機械は大切に扱うくせに、
>どうして牛や馬や羊は大切に扱えないのですか

そりゃ当然。役割が違うから。
自分の恋人や親友は大切に扱うくせに、どうして赤の他人は大切に扱えないのですか

678 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:17:05
>>673
機械だから大切に使うのではない。壊さない事で価値を保つんだよ。
同列に語ろうとするなど、レベルが低すぎる。

679 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 22:17:35
>>671>>672
樹木以外の植物の大半が単年寿命の植物
人間が刈り入れをしなくても自らで寿命を終えて勝手に枯れていく
人間が刈り入れをする時期は、米や野菜が勝手に枯れていく季節に
合わせて収穫していれば、何ら問題はない。

また自然環境と生存競争の厳しい中で生育されている野菜より、
人間の手で管理されて生育されている野菜の方が、自然の力や
生存競争による減少分が少なく、はるかに恵まれている。

よって野菜は人に生育されている方が悲惨ではなく幸せだといえる

680 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:18:53
中国では、人間は羊か土嚢並みだそうです。

681 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:22:32
>>679
おいおい、どうなってんだ?
悲惨かどうかは、次世代に種を残せるかどうかじゃないのか?
苦しくなったら趣旨換えか?

682 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:22:43
>>679
種の寿命の長短で評価されてもなあw
べっとり粘着剤にまみれて一生を終えるネズミは、放っといても数週間の寿命だから問題ないのかな?

683 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 22:24:41
>>677
あなたにとって役割が違うというだけでこういう序列になるわけですか?
恋人や親友>>>>>>>>>>>>>自然環境・地球環境・家畜・人間以外の動物

恋人や親友だけを大切にしても世の中は成り立ちませんよ

684 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:31:48
他の命を奪わねば自分を維持できないような動物などという邪悪な下等生
物のために、なんで自立した偉大な生物である植物様が犠牲にならなきゃ
ならんのだ。動物こそ植物様のために貴い犠牲になれや。

というか、菜食主義者はそんな半端なことしてないで僻穀をやれ。

685 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:32:26
あいなかを取って、人間はどんぐりだけを食べるべきだな。

686 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:32:39
>>683
「仕事と私とどっちが大切なのよ?!」って言うのと変わらんな。

同列に語るなって。

687 :韋駄天はふと考えた:2005/08/30(火) 22:33:42
>>681
人によって栽培されている野菜は、自らの意志で次世代への種を残した後、
勝手に枯れていく時期に収穫されるので悲惨ではない。

しかし食肉家畜はといえば、次世代への種を残せるオスは何万頭の中の1〜2頭で、
メスにしても次世代への種を残せる権利をもらえるかどうかは人間のゼニ金欲次第。
用済みになったらさっさと肉にされていく。
食用家畜に選択の自由も自らの意志も尊重されない。

688 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:39:59
>>687
だから、今の農業は違うんだってば。
クローンや管理ハイブリッドで、全然自然の世代交代なんか起らないんだよ。

689 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:42:59
ただ不快だ、病気がうつるという理由だけで、ヒットされるネズミやゴキブリの立場はどうなんだ?>>1

690 :681:2005/08/30(火) 22:43:11
>>687
簡単なところで、米や果物を考えろ。芋だってそうだ。
その残された種となるものを食べてるんだぞ。
米の苗なんて、その苗は収穫されたものから出来るのではない。

691 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:52:37
ベジタリアンも主義は色々だしな。貧困が戦争の原因であるなら非効率的な食肉
をやめるのが私が平穏な生活を送るために草の根ながら大好きな肉は我慢するとか

692 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 22:59:42
米や麦は常温で保存がきくが肉はそうもいかないしね。
これは石油資源やら二酸化炭素削減につながるとかね。
おれは肉喰うが一元的に偽善であるとか批判するの間違ってるね。
やらない善よりやる偽善。

693 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 23:00:52
ま、そのための土地と水を争って戦いは起きるのだろうが。

694 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 23:05:56
水騒動とか?
あれは局地的なもので。プラスマイナスでは被害は少ない。
世界規模の石油利権とくらべたらカス。

695 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 23:38:54
>>692
偽善にも三通りあると思うがな。

なんだかんだいって一部の人の助けになる偽善と無意味な偽善と害になる偽善。
単なる偽善でもそれで気持ちが救われるならやらないよりやった方が良い。
無意味な偽善と言うのは役に立ってはいないけど害にもならないという話し。
でもまぁ無意味なら悪い事でもないわけだから趣味の範囲内。ただそれを人に押し付けるのは迷惑。という話し。
害になる偽善は自分は良い事をしている!と思いながら理不尽な事をして助ける予定の筈の人に害を与えたり
善い事をしないとは何て奴!と誰かを攻撃するとか。

このスレにいるベジタリアンは果たしてどの種類がどのくらい存在するのか疑問である。

696 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 00:21:21
何を言ってるんだか分からないな。
人の行動ばかり批判して、自分は何もせず他人の行為を「偽善」
とバカにするふざけた態度。そうやって人の行動に圧力を加えて
妨害する君の方が人に害を与えてるじゃないか。
肉を食べないからって、君に何の害があるんだ?
それなら「俺は葉巻は吸わない」「ペプシコーラを飲まない」
「マックシェイクは飲まない」と言う人も社会に害を与えてるのか?

「俺は豚足は食わない」これのどこが害なの?

697 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 00:27:17
ベジタリアンを攻撃して肉を食うことを押しつけて、
迷惑をかけているのは、むしろ>>695の方w

>>695こそ偽善者w

698 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 00:41:24
動物を食べるなといってる1は明らかに自分の考え方を他人に押し付けてるな。

逆に肉食派は他人に肉を食べろとはいってないから他人に自分の考え方を押し付けてない。

単に肉と食べるのも植物を食べるのも同じだといってるだけだ。

明らかにベジタリアンの方が偽善。

699 :695:2005/08/31(水) 01:07:10
>>696
下の方の行だけ読んでレスするのはやめてくれ
もう一度>>695。特に四行目辺りを熟読しろ。


700 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:09:24
相手のレスの極一部だけ見てレス全体を見れば分かるようなヒステリックな批判…
ベジタリアンのバカっぷりを拝ませてもらった。

701 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 01:09:37
前にも書いたが、
ベジタリアンは我が子にはどういう食事をさせるつもりなんだ?

702 :ウツボカズラ:2005/08/31(水) 01:24:11
もういいじゃん

俺らは食う
お前らは食わない

それ以上何が出来る?

703 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 04:22:33
ベジタの子供は蛋白質の不足で脳の発達が遅れる。
社会の単純労働奴隷になる運命さww

704 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 04:40:03
ベジタリアンも子供には魚や肉や大豆タンパクを食べさせてるから
心配ないんじゃないかな。
それより肉好きの703の子供がデブって、親子2代でキモオタのデブ
になる運命なのが可愛そう。親子2代でブタなんて・・・・・・・703の子供が・・・・・・・

705 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 04:52:52
子供には肉を食わせるダブスタベジ厨
そんならもう肉食でええやん

706 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 05:07:36
肉を食う奴=肉しか食べない奴としたい奴がいるようだな


707 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 05:13:53
ベジ厨の頭には雑食という概念はありません

708 : ◆EvilehrjfI :2005/08/31(水) 05:36:22
>>524

709 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 08:55:29

泣きながら肉を食え

そうゆう事だ

710 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 11:08:36
ほんと殺すなかれは生きるための第一原理かもしれないな。なんか破るほどヤバイ気がするゎ。

俺はそれを心がけて生きるみるから、だれか人間以外を殺しまくって生きてみてくれないか? 虫とか魚とか。で、経過報告ヨロw
いや間接的に殺しまくることになるか。
やっぱ撤回しまつょm(_ _)m

てか釣りって残酷だな。酷い遊びだ。
釣り師よ、オマイラ一回釣られてみろよ。


711 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 11:22:59
スーパーで買うか自分で獲るかのちがいでそ

712 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 11:47:36
魚釣りは縄文時代から続く先人の知恵を結集した立派な文化だけどね。

713 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 12:10:24
おい、いっとくけど、どうも俺は蚊にさえも嫌われたのか逆に愛されてるのか知らんが今年一度として刺されてないんだぞ。
すごいだろ。奇跡だな。神秘体験だよこれは。ほんとマジだもんな。蚊もわかる奴だようん。俺が生命を尊び出したのをわかってるね。

釣りはヤバイ。快楽のための殺生は特にヤバイよ。

714 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 12:16:49
殺虫剤とかもっとヤバイ。
何万と殺される蚊や蝿の命を助ける為には殺虫剤メーカーにテロでもするしかない。

715 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 16:41:30
世界中の牛豚鶏羊より遥かに多くの細菌、ウイルスを殺しているお前の免疫系、極悪!

716 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 16:52:34
蚊は悪くてダニや細菌はいいわけか。お気楽な脳天だな

717 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 16:52:49
>>715
俺はなんという罪を犯してしまっているのだ…
だが分かってくれ。俺が死ぬと俺の体に住んでいる菌やミトコンドリア達も死んでしまうのだ……

718 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 16:53:42
>>712
食肉というのも縄文時代以前から続く先人達の創意工夫の結晶だけどね

719 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 18:04:19
とにかくね、避けられるものなら直接的にも間接的にも殺さないように心がけるゎ。いやはや、どうなるかな。

そうそういっとくが実はここ一年蚊を目にしたことすらないんだよね。蚊って絶滅したかな。あんなに蚊には苦労させられてきたのにどうしたもんだろ。
どうやら蚊に愛されてしまったようだ。
吸血する蚊はメスというしな。
流石だ、随分モテルようになったもんだよw


720 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 18:16:22
吸血する蚊がメスだったら「もてなくなった」んだろうよw

721 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 19:27:10
貧しい土人の家族に「野菜しか食べない、よい生活ですね」と言ってやりなさい

232 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)