2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

心っていうモノのソンザイを立証してほしいのです。

1 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:06:46
ココロってどうすればソンザイを立証できるのでしょうか。

2 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:11:32
ないからできません



-----------終了----------

3 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:12:57
そんな・・。

4 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:20:13
どなたか立証してください・・。お願いします・・

5 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:22:07
出来ません、無いから



-----------終了----------

6 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:44:27
心あるから、心って言える。

7 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 03:45:04
せめて情緒と言い直してください

8 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 04:15:17
そうやってキー叩いてるのが心が存在してる証拠。もし心がなかったら腕作動装置がキーを叩いてることになる。


9 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 04:18:55
せめて情緒、あるいは感情と言い直して下さい

10 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 04:21:48
心は比喩です
あるのは、右脳内の情緒を司る部分です
心臓からは情緒は生まれませんよwwwwwww
小学校からやり直してくださいwwwwwwwwwwww

11 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 05:14:07
>>1
わrた。できません。

12 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 05:33:53
心?「良心」て言うべき。
ちなみにそんなものは先進国にはありません。

13 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 05:36:08
心とか、魂とかは、比喩表現です ><

14 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 05:39:22
無い物ねだりはやめませう

15 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 06:31:06
ていうか言葉は全部比喩表現

16 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 06:47:16
んなこたーない

17 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 06:49:21
心と云う毎日聞いて居る物の所在だって>>1は全く知らない侭大人に成ってしまったんだ

18 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:18:03
>>16
「言葉は暗喩である」 by フロイト

19 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:30:38
暗喩×

直喩○

20 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:41:05
自分にとって心があるなら、それが証明だとしか言い様がないんだが。
心の物質的根拠は脳の中、中脳にあるとされているようですが。


21 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:43:50
自分の腕を切ったら痛いだろ。それが「心」だ。
その証拠に、筋肉だの神経だの何だのは自分のでも他人のでも同じ構造なのに、
他人の腕を切ってもちっとも痛くないだろ。

22 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:43:54
間違えた。中脳じゃなくて、大脳旧皮質。
悲しかったことを思い出してくださーい、とか言って、
脳の血流量が増えたところがあれば、そこが心の物質的
根拠だと証明されるんじゃないですか〜


23 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:57:24
そういうところに血流が集まると、その心が生じるのだろうか。

24 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 08:59:03
>>23
そうとしか言いようがない。そこから先は現時点では記述不可能。だから最初に

>自分にとって心があるなら、それが証明だとしか言い様がないんだが。

と述べている。


25 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:02:08
>>23

僕の下半身に心が芽生えそうです。

26 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:03:16
換言すると、或る部分に血流を集めると、必ず心が生じるのか。
脳は血液が流れているので、心が少しずつ生じていて、
沢山集まった血液のところから心が生じている、と考えられるのだろうか。

27 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:07:28
>>26
そうじゃなくて、脳細胞の機能から心が生じるので、
脳細胞への血流(栄養の供給)が増えるという事は
その部分で心が発生している可能性が高い、と推測
するんでしょうよ。


28 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:15:51
>>1
あなたは心の無い人なんですか!!!

29 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:27:22
心って言うのはプシュケーのことで、プシュケーってのはいわば幽霊だな。
おまいらは、人間の肉体に憑依した幽霊なのだ。
自分で憑いといてそれを忘れてお払いに行ってしまうぐらい阿呆だがな。

30 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:31:16
体の各部所でも脳でもないとしたら、、、
人格=心って言えるかもしれないんじゃ、、、

31 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:41:04
>>30
ちんちんを切り落とした人にもこころがあるので、ちんちんに心がないのは確かでしょう。
とはいえちんちんを切り落としたら心に影響はありますね。でも修行した人は影響がないかも。


32 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:49:54
脳に重大な損傷を受けたら、もはや心がないという状態になるかな?ロボトミーとか。

33 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 09:52:06
かわいそうな猫ちゃん。

>ネコなどで中脳網様体を破壊すると昏睡状態におちいり
http://web.sc.itc.keio.ac.jp/~kokikawa/seisin/seisin29.html


34 :怠け者 ◆iNBjqX98Mc :2005/08/30(火) 10:00:28
「心がある」という事はつまり「感じる」「想う」という精神活動を行っているという事だ。
もし仮に感じたり想ったりしていないのであれば、
外界でいかなる出来事が起きてもそれに対して反応を返す事がないだろう。
だからおそらく他人にも心があるのだろうと憶測される。

表情の変化や視線、言葉はこういった憶測を成立させるために重要なので
事故等によってこれらを失った人に心を感じるのは難しい。
それどころか言葉の通じない異国の人間についてさえ、私たちは、心があると思う事が難しい。

35 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:00:46
>>32
知り合いに脳梗塞で脳幹、ゼントウヨウ、左脳
その機能がマヒしてる状態であっても会話をし、自分の感情で動こうとしてます
それはやっぱりまだ心があるからでは・・・?


36 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:11:07
ないからできません



-----------終了----------

37 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:11:17
心は大脳旧皮質にあるということになってるから。
そこだけがうまく?損傷して生きていて意識はあるけど
心はないという状態になるということはありえるのかしら?


38 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:24:06
心は現象であって実在ではない!みたいな

39 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:31:23
「物が実在する」って素朴に考えちゃうから、物みたいに確かめられないものは実在しないって極端な結論に達しちゃうんだよ。


40 :凡人:2005/08/30(火) 10:36:36
心の存在は本人が感ずる事象ですので立証はできませんが心の存在を意識できる方法は有ります。
その前に誰でもが生まれつき持っている心の存在『明確な心の仕組み』を何故、意識する事ができないのか?
と言う疑問を解決しなければ成りません。
心には皆さんが心と思っている心の果肉の部分とその中心に果実だと種の部分に当たる心の核が有ります。
心の核の中には蒙昧意識の作り出す陰の心の種と啓蒙意識が作り出す陽の心の種の二つが有ります。
陰の心の種は蒙昧意識の特徴で有る力を崇拝し人の知能の成長を拒みますが反対の陽の心の作用は人の知能
の成長を促進します。
誰でもが生まれつき持っている知能の最大成長を100と仮定すると陰の心の知能の最大成長値は3止まりで
陽の心は100の知能を持ち主の思いの侭に自由に使うことができます。
過去に於いてもほんの数人しか陽の心を使う事ができなかった理由「仕組み」は蒙昧意識の因習を代々
に受け継いで人は幼少のころ、既に心の核の陰の心が強い力を付けてしまい当然、心の果実は糖度が3%以下の
不味い果肉と成ります。
それでも諦めるには及びません。
純粋な目的を自己の持つ良心と照らし合わせ探求を繰り返せば心の核の中に有る陽の心が成長を始めると
陰の心は永久冬眠に入り心の果肉は日毎に糖度を増してきます。
この段階に至れば心の存在も人類史の全て仕組みも明確に意識できるでしょう。
陽の心の核を育てる根底に無数の確立を潜り抜け得る事のできた己の命と関連する全てに感謝の心が必ず必要です。



41 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 10:43:46
実在する物質による現象を実在のエンティティとして実在する
もの同義と定義しようではないか
(こんなスレたてるような変態さんの為に)


42 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:29:25
>>41
医学的な知識がないと心の実在を確かめられないような前提は、どこかおかしいようにおもわれるよ。


43 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:42:56
>>41
心は実在ではなく現象もしくはイメージだと思うのですよ
言ってしまえば実在とは言えないという事なのです


44 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 11:44:03
「存在する」とか「実在する」の意味自体が大問題だろ。

45 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 14:55:03
>>44
無定義語としてあつかわなきゃならないきそがいねんだお!

46 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 15:52:51
きれい、の具体例が花
赤い、の具体例がりんご
心、の具体例が体


47 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 16:10:21
>>44
それはどういうことなのでしょうか。
存在、実在の意味がどのように問題なのでしょうか

48 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 16:23:05
心の存在よりも、心を教育できるのか立証してほしい。

49 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 16:24:44
>>48
ソレは個々の問題だと思う

50 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:05:39
心は哲学のジャンルなの?そもそも

51 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:17:08
心が無い人と冷たい人では、どっちが好きでつか?

52 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:28:23
心が熱い人>心が冷たい人>心が無い人、でしょ。

小動物とか猫とか、エスカレートすると人まで殺してしまうのは心の無い人。

53 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:32:42
心とはプライベートなもの。
自分に対してしか示すことはできない。

54 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:34:55
テレパシーが使えたら、心の存在を立証したことになるのか。

55 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 18:49:36
>>54
そうなのかもしれない

56 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:00:06
感情=心
っていうのは成り立つ?

57 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:06:18
女が増えたのかな
心理学板なみのレベルのスレだ

58 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:16:54
真理 心理 どっちがどう違うの?

59 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:31:22
テレパシーがテレパシーであるということはどうやってわかるのだろう。

60 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 19:48:12
あうんの呼吸ってやつじゃねぇの?
>>59

61 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 20:36:25
つまり、テレパシーはテレパシーでないものによって確証される。

62 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 21:12:33
よくわからんこのスレ

63 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 19:18:23
ヽ(A`*)ノ≡とりあえず優しさがあればいいとおもうよ!

12 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)