2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

心理学を用いて治療する

1 :没個性化されたレス↓:2005/06/25(土) 22:04:18
医療心理師もできることですし
心理学を用いた治療について話し合いましょう



2 :没個性化されたレス↓:2005/06/25(土) 22:17:25
臨床についてる臨床心理士って実際どれくらいいるの?



3 :没個性化されたレス↓:2005/06/25(土) 22:17:49
けっこういる

4 :2:2005/06/25(土) 22:42:50
他所で少し見たが4千人くらいかな?
(臨床心理士全体を13000人くらいとして)


5 :まるまる:2005/06/26(日) 00:07:49
治療についての議論求む

あとCPって臨床心理士のことみたいだけど何の略?
普段臨床でCP使うときはセレブラルパルシーの略だが、違うし


6 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 00:09:19
まるまるはCPじゃないよな?
医療現場の人か?

7 :まるまる:2005/06/26(日) 00:15:17
私は顎関節症や歯科心身症治療のために認知行動療法を学んでいる歯科医師です

P医でも認知行動療法をきちんと実施している人は少ないようです
よければ少しアドバイス下さい

ところでCPって何の略ですか?


8 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 00:18:09
臨床心理士だよ

9 :まるまる:2005/06/26(日) 00:23:21
CP=クリニカルサイコロジストですな
いくつか具具ってると出てきました



10 :まるまる:2005/06/26(日) 00:24:30
>>8の人は臨床やってるCPですか?


11 :まるまる:2005/06/26(日) 00:41:18
歯科の病態は宿主・病原体・環境・時間の4ファクターにより進行を左右されますが、口腔外の宿主・環境要因に偏った病態が一部にあります
これまでは口腔内の宿主・環境要因(歯磨き・甘味食など)が主な論点でしたが、心療的ファクターが主な原因の口腔疾患をこれからのターゲットに据えてます

鬱・統合失調の除外診断・紹介と、口腔疾患の心療的治療を独自色にしたくて勉強中です
薬物療法以外のアプローチには特に興味あります



12 :まるまる:2005/06/26(日) 00:43:01
薬物療法は普通に心身療法の本に載ってるのでそちらで見れるが、認知行動療法を中心に据えてる人はまだ少なそうなので




13 :まるまる:2005/06/26(日) 00:49:43
臨床心理士の方に質問です
よければお答え下さい

1 精神疾患の除外診断は何を基準にしていますか?
2 1にも絡みますが、「自分で抱え込む」ときの基準、「P医に紹介する」ときの基準はどのへんにおいてますか?

教書に基づいたもの、経験に基づいたもの、何でもいいのでアドバイスお願いします


14 :8:2005/06/26(日) 01:02:13
ちがうよ。
気まぐれでのぞいただけ。

15 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/26(日) 10:09:08
>>13
>臨床心理士の方に質問です。よければお答え下さい

この板は、臨床の実務的な事は、返事が返ってきません。多分。臨床経験がある
臨床心理士が少ないためです。

>「自分で抱え込む」ときの基準、「P医に紹介する」ときの基準はどのへんにおいてますか?

歯医者さんだから「P医に紹介する」と言うことが可能なのですねぇ
羨ましいです。

実例「免疫革命」の名医たち
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062722879/qid%3D1119699500/250-1000867-4610625

この本に歯医者の人が、歯科からアトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症の治療の
話が書いてありました。

16 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 12:44:22
>>15を書き込んだ人間は,心理学徒でも隣接領域の者でもなんでもありません。
心理臨床に対する知識は僅かな上,その僅かな知識も現状認識も大きく間違っているのですが,
いくら言って聞かせても認めようとしません。

勝手な思い込みで間違ったことを語る癖がありますので,放置してください。

17 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/26(日) 14:06:05
>>16

なら、誰かまるまるさんの質問に答えてあげなよ。できないでしょ。

18 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 14:15:08
だからといってお前がくだらないことを書く必要はないよ。

19 :まるまる:2005/06/26(日) 14:32:43
>>15歯科からアトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症

これらは普通歯科疾患とは考えないので疑われれば紹介します
掌跡のう胞症のほうがまだ口腔起因としては近いですよ、検査を皮膚科へ依頼して逆紹介してもらったり
扁平苔鮮や前癌病変は管理できるようなら自分とこで診たりします


>>18

CPは心身症の勉強や治療はしてるんでしょうか?
それとも、CPの仕事は人生相談やソーシャルワーカーのようなものなんでしょうか


20 :まるまる:2005/06/26(日) 14:34:28
他所のスレに精神保健福祉士との比較が出てたが、似た業務内容なのかな?


21 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/26(日) 14:46:15
>>19 >まるまる

>これらは普通歯科疾患とは考えないので疑われれば紹介します

そう思うでしょ。私も歯医者さんとは関係ないと思っていたのだけど、
この本を執筆している池田歯科口腔外科の池田先生と言うのは、口呼吸を鼻
呼吸にするように指導したり、口腔粘膜を刺激するツボと爪もみで、
アトピー性皮膚炎やぜんそく、花粉症を治療しているって書いてあったよ。

ところで、歯科の場合、どのような症例に認知行動療法って適応になるのですか?


22 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 14:46:29
18はCPじゃないから、彼らがどういう勉強をしてるかは知らない。
業務内容は、勤務先によって違うと思う。
CPだからといって、臨床心理士資格保持者とは限らないし
CPが臨床心理学をやっていたとも限らない。

23 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/26(日) 14:56:18
>まるまる

>扁平苔鮮や前癌病変は管理できるようなら自分とこで診たりします

このような疾病の場合、当然、精神的・物理的ストレスとの関係も疑われると思うのですが
それには、どのように対処されているのですか?

24 :まるまる:2005/06/26(日) 16:35:49
>>23

前癌病変は原因除去で収まってくることが多いです
早ければ1ヶ月くらいできれいに治ることもあります
増悪か停滞か収束のどれかの病期にあるので、病変が大きい時または増悪のスピードが速いときは患者さんと相談して検査のために送ります



25 :まるまる:2005/06/26(日) 16:45:13
扁平苔鮮はいわゆる意図的には治せない病気ですね
特定疾患なのでビタミン補充療法なども比較的保険通りやすいので出したりとか
保険で通るビタミンは種類限られてるので他にも総合的なサプリメンテーションを考えたりします

あと生活改善のための聞き取りを念入りにやりますね


26 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 16:54:09
>>17

答えられなければ沈黙するほうが,答える資格も能力も無く話題を逸らしてしまうよりよほど良心的な行動だが。

27 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 17:11:15
まるまる氏も気の毒に。

汚物に目をつけられたら,もうここでは心理臨床の話なんか出来ないな。
どうせ,頼んでもいないのにコイツの大好きな代替療法の話を延々書き込まれる羽目になるんだぜ。

28 :まるまる:2005/06/26(日) 17:31:03
>>ところで、歯科の場合、どのような症例に認知行動療法って適応になるのですか?

これについては自慢できるような意見はないです
しかし顎関節症や咬合症や外傷性咬合による歯周病増悪など、口腔の清潔確保だけでは発症進行を抑えることが出来ないものも多いのは確かです
心身医学療法のマニュアルを見れば診断・治療・経過が具体例と共に載っているので参考にしつつ、いわば場当たり的に対応しています



29 :まるまる:2005/06/26(日) 17:34:29
>>27

他所で見たけど、マリリンさんはたしか獣医だったよね

ここで世間話してればそのうち認知行動療法やってるCPも立ち寄ることあるかも


30 :まるまる:2005/06/26(日) 17:35:23
認知行動療法がどういうものかマリリンさんはご存知でしょうか?
私も大して知りませんが
現場の臨床心理士がどうやっているのかはこの私も聞きたいんです この板の人が何をどう治療しているのかもまだ何も聞いていないので
認知行動療法以外に有効な問診・治療の手段があればそれも聞きたい


31 :まるまる:2005/06/26(日) 17:36:06
面接検査は何を用いているのか 
心身症と精神疾患の鑑別・除外・紹介はどうやっているのか 他科を経由してきたものと自分で初診から診たものでも違うでしょうけど

自律訓練法やセルフモニタリングなどはどの程度やるのか


32 :(世界的認知行動療法家:2005/06/26(日) 17:36:33
残念!
何も書いてやらんw

33 :まるまる:2005/06/26(日) 17:37:47
ん〜

普段の業務を聞きたいだけなんだけどね


34 :32:2005/06/26(日) 17:41:57
わしの本読めばよいのだがね。
ちなみに、英国の医学部で使われている教科書なんだがね。

35 :まるまる:2005/06/26(日) 18:11:20
>>34

ヒント少なすぎWW



36 :まるまる:2005/06/26(日) 18:12:41
認知行動療法でいくつか具具ってみましたが、どうも特定の術式や手技ではなく、面接者の姿勢やアプローチの仕方を説いたものであるような印象です

患者と話し合い、原因や行動を詳らかにし、自覚させ、以後の行動変容を惹起し、治癒に至らしめるってくらいの意味だろうか

患者の自覚や習癖が原因・増悪因子になる疾患にはすべて応用できそう 感染症や外傷以外の殆どの慢性病にあてはまりそうな概念だね



37 :没個性化されたレス↓:2005/06/26(日) 19:26:40
>>29
甘いよ。隔離スレになるかもよ。

38 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/27(月) 22:28:07
>>36 >まるまる

>患者と話し合い、原因や行動を詳らかにし、自覚させ、以後の行動変容を惹起し、
>治癒に至らしめるってくらいの意味だろうか

>患者の自覚や習癖が原因・増悪因子になる疾患にはすべて応用できそう 感染症や
>外傷以外の殆どの慢性病にあてはまりそうな概念だね

獣医は認知行動療法ではなく、行動療法を用います。上記の貴方の書き込みに
書かれていることは、とりわけて認知行動療法として言うほどの事ではなく、日常の
診察で歯医者さんの場合は患者さんを、私達獣医の場合は飼い主さんを、教育指導して
おかなければいけない話に思えます。

獣医の行動療法は、こうした一般的な診療の一部として行われるものではなく、一つの
独立した治療法として確立されつつあります。。大学病院でも、専門の講座を
持つ大学もちらほら出てきています。

歯学部でも、獣医学部でも多分、医学部でも心理療法の重要性は認識されつつあるのに
本家本元の心理学科では、行動心理学が他分野で何に応用されつつあるのか、良く分かって
いないようなのが私としては残念です。

39 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 00:52:23
そもそもこの汚物が行動療法というものを全く誤解しているんですけどね

40 :まるまる:2005/06/28(火) 08:58:57
>>38教育指導しておかなければいけない話に思えます

患者に促した認知と行動が疾患の治癒に結びつくとき、それが意図して行われるとき、療法と呼ばれるんじゃないでしょうか



>>38
>>39

お二人にお願い、行動療法の具体例をおしえて下さい


41 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 09:24:50
>>38
獣医が行っている行動療法って
どんなだか興味あるね
あなたの症例よろしく

42 :まるまる:2005/06/28(火) 14:27:38
>>38

具グルとけっこう出てきました
要するに 行動療法=しつけ のことみたいですね
主に、人間にとっての問題行動(動物学的に生理機能異常でなくとも、吼える、咬みつくのように人間社会で生活をおくる上で障害となるもの)を矯正するための手段のようです

人間には命令できないので 認知→行動→治癒 という手順ですが
動物には命令できるので  命令→行動→治癒 となるみたいですね

以上、にわか獣医学なので補足などありましたらお願いします



43 :まるまる:2005/06/28(火) 14:31:11
このスレでは、人でも動物でも(?)心身症の原則に則り、心理社会的因子により機能的または器質的異常症状を呈するもの病態とその治療、というところに議論をもっていきませんか?
問題行動まで範疇に含めてしまうと犯罪でもない限り、人の場合は余計なお世話になってしまいそう
ガムの吐き捨てや会議中の居眠りなど本人が自覚してやっている問題行動は、人間の場合、法ででも裁けない限りはムリっぽい
もちろん患者自身に病識があり、「問題行動を矯正したい」という主訴があれば治療対象になるでしょうが



44 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 17:53:30
晒しあげ

45 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 20:13:29
クソスレ化進行中

46 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/28(火) 22:23:00
>>43
>問題行動まで範疇に含めてしまうと犯罪でもない限り、人の場合は余計
>なお世話になってしまいそう

歯医者さんと獣医の違いなんでしょう。私達は飼い主が負担に感じるような
問題行動でない限り、行動療法の対象にはなりません。


47 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/28(火) 22:36:42
>>42
>動物には命令できるので  命令→行動→治癒 となるみたいですね

これは、間違っています。ペットでも命令して大人しく従うようなら、治療の対象には
なりませんから。

噛みつくという問題行動の治療を考えた場合、噛みつくという行為が、どんな原因で条件
付けされているのかを分類します。

1.捕食行動、
    この場合は、生理的欲求によるものですから、「猫をぼうより皿を引け」の
    諺通り、引き離すしかないようです。

2.相手より優位に立てることに快感を覚えて噛みつく場合
    この場合は、去勢手術が第一選択肢になる。

3.噛みつくことで恐怖から逃れることを覚えている場合。
    この場合は、去勢しても効き目はないようです。安心させ自信をつけさせる
    事が必要なようです。

軍用犬が牙をむきだして、噛みつきかかりそうな写真を見せてもらって、この犬の
噛みつき行動は1.2.3.のどれか分かるかと勉強会で講師より聞かれた事があるんです。
この時先生は、この凄い顔を見ていると2.だと思うでしょ。だけど、尻尾や耳のサインで、
明らかに恐怖から逃れようとして噛みつこうとしていると説明されました。
したがって、この場合は、去勢手術は何の効果も現しません。

軍用犬と言うのは恐怖で噛みつくように躾られているんですね。

48 :まるまる:2005/06/28(火) 22:38:35
>>46

以前、他所でペットロスについてコメントしてたようなので教えてください

・治療は飼い主に対して行うんですか?
・ペットロスの本態は何だと考えますか?(鬱・神経症など既存の病名にあてはまると考えますか?)
・ペットロスの症状と鑑別ポイントは何ですか?
・ペットロス治療の具体例があればお願いします


49 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/28(火) 22:41:27
私は動物の行動療法は専門ではないのであんまり詳しくは、話してあげられないんだけど
問題行動が何によって条件付けさているのか分析して、個体事に生理的にも肉体的にも
無理のないようにその動物種が持つ習性を利用して、良い行動が出るように条件ずけ
し直すと言うのが、ペットの行動療法の原理です。

勉強していると、なかなか面白いんだけど、やり方が今までの身体医的な方法と違うんで
マリリンはお手上げです。

例えば、問題行動を起こしているペットの家族に対する聞き取調査を綿密に行わなければ
ならない。それだけでもマリリンには難しい。
    

50 :まるまる:2005/06/28(火) 22:48:59
>>47

私は動物の訓練には素人なので 体罰や処置等も含めて命令だと思ってました
原因によっては去勢までされるんですね ペットも大変だ
どれだけ人間にとって有益かを求められるわけなので、下手すると動物愛護からはかけ離れてしまいますね
すすんで人間と仲良く暮らせる一部の利口な動物以外は野生で暮らすのが幸せなのかな


51 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 22:50:28
去勢はひどすぎる
人間のエゴだね

52 :まるまる:2005/06/28(火) 22:52:53
>>49

レスありがとう
ペットにおける行動療法はあくまで飼い主のためのもので、動物自身の心身症と因果関係の有無は求められないようですね

ところで>>48のペットロスの質問はどうでしょう?


53 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/28(火) 22:53:46
>>48

まるまる。私がペットロスについて触れたのはずいぶん前です。貴方はいつから
心理学板にいるの?どうして、歯医者さんがペットロスに興味を持つの?

ペットロスも、一言では言えるモノではなく説明するのに時間がかかります
今日はちょっと疲れたんで少し考える時間を下さい。

54 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/06/28(火) 22:57:41
>>52
>動物自身の心身症

これも難しい問題だな。これも整理して考えておくね。今日はこれで落ちます
お休み。

55 :没個性化されたレス↓:2005/06/28(火) 22:59:57
またマリリンか。
これで俺がチェックするスレがまた一つ減った。

56 :まるまる:2005/06/28(火) 23:01:35
>>53

リアルタイムじゃなく過去ログで読みました
そのときペットの病気だけじゃなく飼い主の調子まで診るのかと思って

個人的にはペットロスの本態は鬱じゃないかと思ってますが 



57 :& ◆TQtMhTiObU :2005/06/29(水) 07:31:41
>>53 自分の専門だけど忘れてしまったから後でググります。ちょっと待ってね。
久し振りに相手にしてくれる人が来たから、どんなに頑張ってもレスを書きます。
お願い、まるまるさん見捨てないで!私の相手をするのは決して時間の無駄では
無いわ。

58 :没個性化されたレス↓:2005/06/29(水) 16:01:34
嘘をついていると瞬きが多くなるというのは
本当ですか?

59 :没個性化されたレス↓:2005/06/29(水) 17:13:10
その論理だと都知事は嘘つきってことになる。


60 :没個性化されたレス↓:2005/06/29(水) 19:40:27
命題と対偶をわかってない>>59

61 :まるまる:2005/06/29(水) 19:55:16
心理板って議論好き多いよね

学生:院生:アカポス:他リーマン:自営など=?:?:?:?:?

どのくらいの割合なんだろう?


62 ::2005/06/29(水) 21:22:12
そうでもないよ

63 :ホントのマリリン:2005/06/30(木) 06:58:06
まるまるさん戻って来て私の相手をして!ふん、もういいわ。

64 :没個性化されたレス↓:2005/06/30(木) 13:10:23
>>63
そっちがその気なら
http://66.102.7.104/search?q=cache:_YZYRObEZLsJ:amor1029.exblog.jp/1579724/+&hl=ja


65 :まるまる:2005/07/01(金) 23:58:45

どんな病名が多いのだろう? >心理士の患者



66 :まるまる:2005/07/02(土) 00:00:44

他のスレであったが、心の問題ってなんだろう?

 

67 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/07/02(土) 08:33:52
>>66 >まるまる
>心の問題ってなんだろう?

>>15で紹介した本に書いてあったよ。

実例「免疫革命」の名医たち
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062722879/qid%3D1119699500/250-1000867-4610625

>最近の私の研究では、ちょっとした病気が、癌を発病する過程で現れることも分かっています。
>その好例が歯槽膿漏と痔疾です。ストレスを受けた後、自律神経のバランスの乱れに始まる
>体の異変は、その人の最も弱い部分に現れて来ます。もちろんそうした体の弱点は、人によって
>違っているものです。しかし、一般的に言うと体内で最も外部からの刺激による影響を受け
>やすいのは、バリア機能の弱い粘膜器官です。そのためストレスを受けると、粘膜によって
>形成されている歯ぐきや肛門に異常が現れることが少なくないのです。

歯医者さんは血液検査はしないのですか?できるのなら歯槽膿漏で来院した人に血液
検査を実施して、自律神経のバランスをチェックしてあげれば良いのではないですか?

その後の患者さんの心理的問題は、獣医のペットロスと同じで、歯医者さんや獣医では
手におえないのも事実ですけどね。


68 :まるまる:2005/07/02(土) 18:31:59
>>67

お久しぶり
こんどは本物登場だね


69 :まるまる:2005/07/02(土) 19:26:45
>>67歯医者さんは血液検査はしないのですか?

必要ならしますし必要ないならしません
採血は一応侵襲検査なので根拠がはっきりしなければしませんね
マリリンさんはどの検査値が歯周疾患と相関を示すと思いますか?



70 :まるまる:2005/07/02(土) 19:33:04
>>67 歯槽膿漏で来院した人に血液検査を実施して、自律神経のバランスをチェックしてあげれば良いのではないですか?

これは予防医療に近い概念ですね やってる先生もいますよ

心身症と精神疾患の違いはご存知ですか?

すべての疾患には心身症的側面があります 

私には精神疾患は治せないし診るべきではない しかし心身症はちょくちょく診ている 


71 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/07/03(日) 09:35:37
>>70
>私には精神疾患は治せないし診るべきではない しかし心身症はちょくちょく診ている 

凄いね。私は飼い主さんが、ちょっと変だと思うと、あたらずさわらず逃げること
にしている。

歯医者さんと患者さんの関係って、患者さんが口を開かせられているから
診察中には話せないでしょ、いつ話すの?
獣医は特別に繁盛している病院じゃないと、一日に診察する患畜の数は少ないから、
時間があれば世間話が始まる。往診も行くしね。医者や歯医者さんより、クランケと
話す機会は多いとおもうよ。

>>69
>マリリンさんはどの検査値が歯周疾患と相関を示すと思いますか?

これは、白血球スレを読んでもらえば分かるんだけど、白血球数とリンパ球数、それと
顆粒球とリンパ球の白血球に占める割合だよ。

リンパ球の割合が35%以下か顆粒球の割合が60%以上だと交感神経興奮状態で
強いストレスに晒されているんだって。
また、リンパ球の割合が41%以上か顆粒球の割合が54%以下だと副交感神経興奮状態
で、これはこれで病的な状態らしい。安保先生によると楽しすぎだそうだ。

癌の患者さんがリンパ球数が1700以上に上がってこれば、良好な状態で、この状態を
2年以上維持できれば、癌の自然退縮が始まる可能性があると書いてあった本もあった。

まるまるは歯医者さん何だから自分で血液を採って、自分の自律神経の状態をチェック
すると良いよ。結果を知ると案外ショックを受けるよ。働き過ぎたかなって思うかも知れない。

72 :まるまる:2005/07/03(日) 12:45:27
>>71

そういうエビがあるんですか
保険適応になれば毎日のようにやると思うんですが >歯周で採血
今はまだ保険外なので、予防医療や趣味で個人的にデータ集めていくくらいですかね
これから保険枠はなかなか広がらないと思います 逆に減ってるし また気が向いたら調べてみますね


73 :マリリン ◆dRwnnMDWyQ :2005/07/04(月) 08:43:12
>>72
>そういうエビがあるんですか 。

自律神経免疫療法を実施する医者(数十人)からは、ある程度のデータは出てるようです。

>今はまだ保険外なので、予防医療や趣味で個人的にデータ集めていくくらいですかね

まるまるは歯医者さんなので診療内容が保険で縛られるんだね。獣医は全部、自由診療
だから、マリリンはそんなことあんまり考えなかった。白血球数や百分比の検査って、
検査センターで保険使わなくても数百円でやってくれるじゃない。

それにまるまるの利益と採血料を入れて2000円ぐらいで実施しても、
人間の患者さんは高いと思うのかなぁ?

それと人間の患者さんは採血が難しいと思う。歯科医院じゃ歯科衛生士が
採血できないだろうから、まるまるが採血することになるじゃない。ペットの場合は
飼い主をを別室に待たせておいて採血すれば、失敗しても文句言われないけど
人間はそんなわけにいかないから、ちょっと慣れるまでは大変かも知れないね。

74 :まるまる:2005/07/04(月) 11:34:06
歯科衛生士は診療の補助が仕事なので採血OKですよ
職域的に看護がうるさいので最近学校ではあまり積極的に実習させてないみたいだけど
知り合いのところはルーティンで採血してるところもあるから、やれば保険でも血液検査組み込めるみたいです

しかし個人的にはもっと明確なエビ出てきてからしようかな
検査は項目いくらだから(生化とかはマルメもあるけど)返戻くるときついしね

心理に興味持ってるのも非侵襲的だからだし 患者に負担かかることはなかなか続かない
心理検査とかいいね 手間はかかるけど うちでも臨床心理士雇おうかな


75 :まるまる:2005/07/08(金) 19:52:55
別スレにて臨床心理士の時給は6000円と判明しました
高くて雇えん…




76 :没個性化されたレス↓:2005/07/09(土) 04:17:02
いい加減他の板に移動しろマリリン。ここは人間の書き込む板だ。板違い。
死んで世間に侘び入れて来い。迷惑とかの範疇を超えている。死ね。

77 :PPP:2005/07/09(土) 05:02:45
>>76
無駄。

おそらくマリリンはすべての心理板住人がいなくなっても残るだろうな。
マリリンにとっては「心理学板にいて『あげる』」ということだし。

78 :まるまる:2005/07/11(月) 23:27:00
治療あげ


79 :没個性化されたレス↓:2005/07/12(火) 00:51:58
鹿と獣が心理療法を語り合う
なんともあれなスレ

80 :没個性化されたレス↓:2005/07/12(火) 00:55:40
いや,あの鹿は馬ですよ

81 :まるまる:2005/07/12(火) 21:31:49
治療の話は?


82 :まるまる:2005/07/12(火) 21:39:07
STスレより
こういう話なら他所でもされてる
臨床心理士的にはどう思うね?

8 :名無しさん@おだいじに :2005/06/14(火) 04:18:52 ID:OMvk8BHs
今回の学会のテーマと養老の講演の内容が>>6のおかげでつながったかも。

私の見方だが、標準化されている検査ですらその小項目のカテゴライズにどれほどの根拠があるのか?
また、>>6のついででデカルト的に言えば(よく調べずに書くので厳密な言い方ではないが)
自然界を客観的にとらえるための確信の持てる唯一の実体であるところの「主体の意識」というものを、そもそも科学的に分析しうるのかという、心理学分野ではすでに言われてきている問題もある。
そもそもちょっと現代思想をやれば問題意識を持たざるを得ないこういうところを言語聴覚障害学ではすっとばして海老と言っても、真面目に学問すれば行き詰るのはわかるはずだ。
よくわからないが、医者の言う海老はほとんど身体症状の治療についての根拠であって、STの取り扱うものには心理学的、言語学的な過程についてのものが多く、勝手が少し違うのでは?
「心理機能のカテゴライズは便宜的に言っているだけのこと」と割り切って議論するなら良いが、
便宜的ではない根源的な議論の土俵で果たして、そのカテゴリーは実体として存在するというその根拠を示せるのかという問題は保留しておかなくてはなるまい。

養老は自分の主張をSTが果たして受け入れるか警戒しながら話しているように見えた。
(それこそ私の主観だが。)
いくつも例を挙げ、言い方を変えてみたり、挙句の果てには「わからなければ帰って調べて」みたいなことも言っていたからだ。
また、講演途中で「バカじゃない!」と言って帰ったSTもいたようだが、その反応はある意味正しい。エビを信奉するなら、怒らなくてはなるまい。
公演中に会場にいなかったかもしれない会長も(もし本当にいなかったとすれば)
ある意味正しい。

ところで、会長退任セレモニーをしようというのに、大半が席を立ったのはまずかったよね。




83 :没個性化されたレス↓:2005/07/12(火) 21:41:20
>>75
非常勤時間給パートで雇うのではなく、常勤で雇うならもう少し単価が低くても申込者はいるでしょう。


84 :没個性化されたレス↓:2005/07/12(火) 21:45:30
>>75
臨床心理士を買い叩くコツは、
「実習させてやる」と称して院生とかを入れることです

コンビニバイトなみの薄給とかでも人は来ます
(どんなのが来ても知りませんけどね)

85 :まるまる:2005/07/12(火) 22:34:16
>>83-84

ためになるなぁ
福利厚生にこだわらないなら医療心理師より臨床心理士のほうが雇う側はいいね


86 :没個性化されたレス↓:2005/07/13(水) 20:21:10
雇用契約書類はシッカリ作っておくこと。
ナニカの時は責任が雇用主に及ばないように。
臨床心理士の連中なんて契約書なんて読めないから、
責任をおっつけておけばいい。

87 :まるまる:2005/07/13(水) 21:45:23
>>86

トンクス
しかし自分で取りに行くのが良いかな
通信で取れるとも聞いたけど…費用や期間はどれくらいで、試験とかどうするんだろうか
あと放送大学って簡単?


88 :没個性化されたレス↓:2005/07/13(水) 21:46:57
いま法案審議中だからなぁ。
どうなるやら、さっぱりわからん。

89 :まるまる:2005/07/13(水) 21:59:51
たしかにな、現行資格がそのまま有効というのでないなら今検討してもダメか
新規募集は再来年くらいかな


90 :没個性化されたレス↓:2005/08/23(火) 16:27:12
訴えられる事覚悟でやりなさい

30 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)