2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

小室直樹☆統一スレッド [パート8]

1 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 08:22:46
【前スレ】
小室直樹☆統一スレッド [パート7]
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1095413989/

【過去スレの倉庫】
http://www.geocities.jp/gechi_getuo/library.html

【小室直樹文献目録】
http://www.interq.or.jp/sun/atsun/komuro/

2 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 08:23:07
<小室直樹のプロフィール>
1932年東京都生まれ。京都大学理学部卒業後、大阪大学大学院経済学研究科を経て、
フルブライト留学生としてミシガン大学大学院、マサチューセッツ工科大学大学院、
ハーバード大学大学院に学ぶ。帰国後、東京大学大学院法学政治学研究科博士課程を修了。
東京大学法学博士。
’80年に発表した「ソビエト帝国の崩壊」でソ連崩壊を的確に予言したことは有名。 
弟子に宮台真司、橋爪大三郎、副島隆彦などがいる。

著書に『日本人のための宗教原論』『世紀末戦争の構造』『資本主義のための革新』
『痛快!憲法学』『日本国憲法の問題点』『日本人のためのイスラム原論』『論理の方法』
『数学嫌いな人のための数学』『経済学をめぐる巨匠たち』『経済学のエッセンス』他多数。

3 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 08:24:13
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1087720065/171-117

4 :d:2005/04/23(土) 08:33:15
dvvc

5 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 11:08:04
乙でーす

6 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 11:24:03
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1087720065/170-177

7 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 12:28:00
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4623035654/qid%3D1114226802/250-5540442-9557848
これどう?

8 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 12:55:50
98 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん[] 投稿日:2005/04/15(金) 05:47:21 ID:3VFseNmj
こんなところからも学級崩壊→日本人破壊を企てています。
ちなみに川崎市は在日の多いところです。

>わが川崎市では条例で「人権オンブズパーソン」が設置されていますが、
>公立小学校のある教師は、授業中に立ち歩きをし、クラスメイトとおしゃべりする生徒が
>言うことを聞かず、授業の障害になるので、そのたびに大声で叱責したそうです。
>
>ところが「大声で注意をしたり、聞き入れられない時には腕を強く引っぱるなどの言動が
>あった」ことをもって、人権侵害と認定され、オンブズパーソンが介入して、教師と校長は
>謝罪に追い込まれ、研修を受け入れました。

>かくて、わが息子(小3)のクラスで現にあるように、生徒が授業中マンガを読んでも、
>教科書を見ながら答案を書いても、教師が注意して聞かなければもはや放置するしかない、
>そういう子をクラスメイトが注意すると注意した子が注意される(「口を出すな」「放っておけ」
>「あなたが注意散漫だから他の子のことが気になるのだ」などと言われる)という状況に陥ります。

>人権オンブズパーソン条例の条文を見ても、訴えられた側に異議申し立ての機会はありません。
>もちろん弁護士もつきません。訴えられた本人が所属する(関係する)市の機関は勧告を
>尊重しなければならず、是正措置をオンブズパーソンに報告しなければなりません。これらは
>必要があれば公表できるので、訴えられた側は事実上、嫌でも受け入れざるを得ないのです。
ttp://plaza.rakuten.co.jp/mizuhonet/diary/200503260001/


9 :コピー将軍 ◆yFMuWdrwnw :2005/04/23(土) 13:08:46
中国華南在住。反日騒動に関しとても嫌な体験をしました。新聞テレビのニュースにはならないけど、
一般人のレベルではこういう嫌がらせも蔓延しているんだっていう事をみなさんにお知らせします。
特に、ゴールデンウィークに中国旅行を計画されている人がいたら、絶対に中止するように伝えてください。お願いします。
おとといお客と同僚(日本人3名、通訳のマレーシア華僑女性1名)で近くの中華料理店にディナーに行った時の事。時期が
時期だけに、一応5つ星のホテルに目立たないように出かけ控えめに談笑しながら食べていた時、同僚が異物感を覚え吐き出
してみると、黒い破片と細い棒状の物、よく見たらゴキブリの胴体の部分でした。調べてみると、醤油味の炒め物のような色
の濃い料理の中に小さく刻まれたゴキブリの黒い破片や足、半透明の羽と思われるものがちらちら混じっていました。一匹紛
れ込んで間違って調理されたのではありません、丁寧に刻んであったのです。
気持ち悪さをこらえて必死に中国語で抗議しました。店員達は、最初は「そんなはずはない」「間違ってはいったのだろう」
と適当な返答でしたが、途中から逆ギレし「小日本が何を言うか!」他のお客達の視線も鋭くなりました。幸いマレーシア華僑
の友人が広東語で店員とやりあってくれましたが(彼女も最初は日本人と勘違いされていた)、「仕事でデモには参加できない
が同じ気持ちだ」「歴史を反省しない日本人を懲らしめてやるのが何故悪い」等等、論理も何もない低レベルな言い訳を繰り返
すのみ。他の店員達も集まってきて私達を取り囲んで威嚇しはじめ、身の危険を感じとにかくお金は一切払わないで帰ってきました。
店を出たとき、店内から拍手する音があがったのには怒りとくやしさがこみあげてきました。

10 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 13:42:09
小室直樹氏の宗教分析は一流だと思う。
しかし経済分析は三流だと思う。

11 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 14:18:02
>9
実話だとすれば悲しい話だ。
しかし怒りとくやしさは関係ないだろう。
というか小さなグループの独自のサブカルチャーだろ>怒りとくやしさ
とはいえ日本国内の中国シンパロシアシンパと接すると
その民度の低さに唖然とせずにはいられない。
これは驚くべきことである。


12 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 18:35:00
>>10
日本人で一流は誰ですか?

13 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 18:35:57
>>12 追加補足

経済分析で
お勧めの書籍あったら教えて

14 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 19:42:55
丸激に出演

>マル激トーク・オン・デマンド第212回「憲法シリーズ第2回」(
>ゲスト:小室直樹氏)は25日(月)正午の更新予定です。


15 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 19:57:21
>>14
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお奇跡!

16 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 20:07:23
>>14
嘘ツケ

17 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 20:09:09
>>16
俺もそうおもって確認したけマジだったぞ

18 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 21:53:35
動画で見るのはじめてだ

19 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 22:31:58
小室さんって今考えると一寸アスペルガー障害くさくね

20 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 22:36:31
小林よしのりとか黄文雄以上に本で読める文章と話しぶりにギャップがあるから
ショックを受けないように注意。

21 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 23:33:40
滑舌が激しく悪くて
声が小さい
言葉が出てこずに詰まる
とにかく聞き取りにくい

と言う人なんで、あまり期待しないでね
MXの時は、うまく橋爪がリードしたりフォローしたんで
なんとか見れたが・・
司会者がよくないと結構沈黙とかの時間が増えそうw

22 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 23:44:14
それは考えてるから沈黙してしまうのですか?

23 :名無しさん@社会人:2005/04/23(土) 23:56:38
資本主義のための革新についてたCDで肉声聞いてるから大丈夫

24 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 00:15:28
>>22
どうなんだろうね
たぶん竹村健一みたいな感じかな
単語度忘れみたいな

それと話振られても短い言葉で
一言二言しか言わない時あるから
司会者がもっと言うのかと待ってて
それで終わるから話のリズムが出てこない

あまりテレビ向きの人じゃないね
田中角栄擁護してた若い頃はどうだったんだろうか・・・
若い頃はよく切れたみたいけど
歳のせいなんだろうか・・・

25 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 04:16:55
一応、リンクも。
■4月23日
マル激トーク・オン・デマンド第212回「憲法シリーズ第2回」(ゲスト:小室直樹氏)は25日(月)正午の更新予定です。

http://www.videonews.com/

26 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 22:44:09
>>25
なんだ有料なのか・・・
本読んでれば何を言っても殆ど同じだろうから
見るのは辞めておこう

27 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 10:33:54
同じ年の石原慎太郎は元気なのに小室はヨボヨボだなあ
酒好きで、貧乏時代が長く栄養失調になったりしたのが効いたのかな
それとずっと独身が長かったからロクなもん食べてないんだろうなあー

28 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 10:38:39
渡部恒三と小室は同じ学校出か

29 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 12:11:54
やばい小室先生また老けられたorz
ああ・・


30 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 19:10:02
完全にお爺ちゃんになっちゃってる・・・・orz

31 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 19:11:02
石原慎太郎と偉い違いだな
石原慎太郎みるとまだ老け込む年じゃないだろ

32 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 19:20:14

初めて動く先生を見たのですが・・・

どうも質問に対してちゃんとお答えになってないことが多いように見受けられました。

質問をスルーしちゃってるときもあったし・・・。

昔はもっと違ったのでしょうか?

33 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 19:28:57
みんな金払ってみてるの?

34 :名無しさん@社会人:2005/04/25(月) 23:12:40
韓国に資本主義の精神は根付いているのだろうか

35 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 00:22:41
知らない人が見たら単なるボケ老人にみえるだろうね。

36 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 00:24:06
若い頃はもっとキビキビしてたのかな?

37 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 02:03:15

時代の終わりを感じたよ。

38 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 04:57:33
まあ、かなり前からあんな感じでしょ

39 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 06:17:11
アノミーには、単純アノミー、急性アノミー、複合アノミー、原子アノミーといったものがあるけど、
今の日本のアノミーは急性アノミー?

40 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 06:25:11
今、中国市場をめぐって日米の投資競争が起こっているのかな?

41 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 09:26:26
小室がいなくなったらどうすっかな
宮台、橋爪も今ひとつ
副島にいたっては・・・

42 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 09:58:35
小室さんの伝記誰か書いて欲しいなあ。

43 :名無しさん@社会人:2005/04/26(火) 17:13:30
天皇の原理と奇跡の今上天皇と天皇恐るべしは内容はどう違うんでしょうか?
どれかがどれかの改訂だったりするんですか?

44 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 21:20:37
既出?今日本屋で新刊見たよ数学嫌いな人のための数学みたいな本 
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898310826/qid=1114604184/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/250-3125443-0531409


45 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 21:46:33
世の中には
生まれつき正常な色彩感覚が抜け落ちている人間がいるように
道徳的な感情が先天的に欠落した性格異常者がいる。
こいつらは、社会にあれこれ迷惑をかけて一生を送るわけだが
戦場では英雄に祭り上げられる可能性がある。
できそこないが脚光をあびる時代というものがある。
こいつらを1人でも多く焼き払うことが
平和を維持する第一の方策である。


46 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 21:49:02
動く小室

47 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 21:49:52
『これが答えだ!』に載ってる小室と宮台の受け答えが面白いね。

48 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 21:56:17
小室「宮台君、天皇は凄いと思いませんか?」
宮台「思いません」
小室「残念。とすれば、君はかわいそうですなあ」


49 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 22:00:26
小室直樹お薦め本3つ挙げてください

初心者用とか政治経済用とかでもOK

50 :名無しさん@社会人:2005/04/27(水) 23:29:36
経済以外ならどれもオススメ

51 :名無しさん@社会人:2005/04/28(木) 04:11:13
スルーかよ
既出ぐらい言えよ

52 :名無しさん@社会人:2005/04/28(木) 13:52:49
>>49
1、「危機の構造」
2、「日本教の社会学」
3、「日本人のための宗教原論」

初心者は、「痛快!憲法学」
中国を知りたければ、「中国原論」
韓国を知りたければ、「韓国の悲劇」
アメリカを知りたければ、「アメリカの逆襲」

53 :名無しさん@社会人:2005/04/28(木) 23:43:00
アノミーで全て語れるとおもっているところは痛いな。

54 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 01:52:00
>>47
対談本がでないかな、思想塾レベルだったら一冊一万円でもいいよね。
マル激は良かったよ、忙しくても後で時間ができたら
ネットで見れるなんていい時代になったぽ

55 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 05:18:14
>>32:「初めて動く先生を見たのですが・・・」

ワロタw



56 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 05:19:03
>>46:「動く小室」

これにもワロタww

57 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 05:22:01
小室先生が老けた一因には米国での研究生活があるんじゃないか?
米国人のおじいさんも小室先生ぐらいになると話し方があんな感じだもんなあ。
宮台が爺さんになったら、どうなるのだろう?

58 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 08:23:23
小室先生の伝記がでて宮さんが解説とか読んでみたい。

59 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 13:41:35
教えてクンスマソ
1加入ISPって何?
2エアエッジでマル激って重くて見れない?



60 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 14:07:55
>59 Hじゃなくコレなら見れる。
ttp://www.au.kddi.com/data/packetwin/index.html

61 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 16:40:20
おおサンクス

62 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 16:57:34
>>57
それよりも、積年の過剰な飲酒が原因だと思う。
アルコールは脳関門をいとも容易く通過して脳細胞を破壊する
そうだからね。
頭脳労働者は酒を控えたほうがいいのかも。
そういえば、宮台も下戸だよね。


63 :62:2005/04/29(金) 16:58:44
文法の訂正

×宮台も⇒○宮台は

64 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 17:04:40
>>52 日本教の社会学が2番すか、結構評価が高いんだね。 俺的にアレは
   七平との対談よりも、末尾につ載ってる「ソ連よりもアメリカが怖い」
   「日本人と世界」の方の対談が重要かなと思う。

65 :名無しさん@社会学:2005/04/29(金) 17:45:24

 マル激でゲスト出演しているからか、やはりスレが揚がっている。

66 :名無しさん@社会人:2005/04/29(金) 22:12:12
ガイシュツみたいだけど、この先長そうもないね。

67 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 06:05:45
平気で置石してる奴はアノミー?

68 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 07:58:22
小室先生は全集でるのかなあ。。
ていうか山本七平の本がこのところでてたからあんな風に商売に使われんのかね

69 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 10:04:23
>>43
「天皇の原理」「天皇恐るべし」は、宗教比較により明治以後の
天皇はキリスト教的な神だと理解させる書物です。
天皇恐るべしは儒教・キリスト教などの宗教を論じたあと、
保元の乱をサンプルに天皇を論じます。
天皇の原理は、儒教・キリスト教だけでなく親鸞などにも
言及しており、承久の乱をサンプルに天皇を論じます。
内容的には大きな違いがあり、改訂版の関係にはありません。
語り口は天皇の原理のほうが学術的、天皇恐るべしのほう
が啓蒙的と言えるでしょう。
「奇蹟の今上天皇」は、昭和天皇を論じる書物です。
カッパの「昭和天皇の悲劇」を深くしたような本です。
昭和天皇の地方巡業、マッカーサーとの対面など伝記的な
記述にはじまり、日本人にとって天皇とは何かを考え、
最後には戦争責任論への反論などを記述した、学術的とい
うよりは保守派と論客が書いたような書物です。
「諸君!!」を読むように面白い本ですね。

70 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 23:10:58
http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro3.htm
 日本人とユダヤ人は神によって土地を約束された。日本は天照大神が皇孫瓊瓊杵尊に
神勅を下された。これは日本書紀による。一方イスラエルは,旧約聖書で,主がアブラハムと
契約を結ばれ,カナンの地を与えられた。しかし,その後ヤコブの時代の飢饉のために,
その一族はエジプトに移住した。その後モーセにひきられてエジプトを脱出しカナンの地に
帰っていくが,この「約束の地」カナンへの帰還こそがユダヤ教の最大のテーマである。
ここで中心となるのが,「脱出の書(出エジプト記)」である。「脱出の書」の前半は,神の救いの
恩恵(グレイス)を語り,後半は神の律法を語る。律法はまさしく法律である。「救いの恩恵」と
「律法」はユダヤ教の中心概念であるが,「律法(法律)」を守ることが「救いの恩恵」を与えら
れるための条件である。(この点がキリスト教と根本的に違う)

71 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 23:11:28
http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro4.htm
 日本人とユダヤ人だけが,神からのぞみの土地をたまわった。日本人は「神勅」によって,
ユダヤ人は,神と太祖アブラハムとの「契約」によってである。根本的な違いは,日本人が
無条件に与えられたのに対して,ユダヤ人の場合は「法(神の命令,神との契約)を守る」という
条件を満たす限り約束の地カナンを享有することができる。しかもこの条件を満たさなければ
ジェノサイドである。神が何度奇蹟によって危機からイスラエルの民を救っても,彼らは神を
信じようとせず,法を破り,神の命令に背く。これが旧約聖書の主テーマである。イスラエルの
民は,本来ならジェノサイドされるところを,不思議に生命を長らえて流浪の民となり,約束の
地に住んだり出ていったりを繰り返してきた。一方の日本人は,約束の地葦原の瑞穂の国に,
天壌とともに窮無く住着いたきり一度も出ていくことはない。
http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro4-2.htm
 このことは,非常に重大な意味をもつ。受戒は外面的儀式によらず内面的信仰による,という
ことになり,仏教の原点は,外面的行為から人間の内面的な信仰へと引き込まれていった。
日本仏教(すすんでは,それを中核とする日本教)は「キリスト教化」へ向けて,決定的な一歩を
踏み出したのである。
http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro4-3.htm
http://homepage3.nifty.com/junsoyo/kai/kmemo/khiro4-4.htm

72 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 23:34:24
>>68
全集なんて出せるわけないじゃん
なんにもわかってないなあ

73 :名無しさん@社会人:2005/04/30(土) 23:45:29
そもそも改訂版ですら、普通の人が新刊を出すよりも難しいんだから…

74 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 02:17:19
小室先生は経済にさえ言及しなければなかなかすばらしいのだが。
経済はトンデモだよ。

75 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 08:26:55
>>69
丁寧にありがとうございます。非常に参考になったです。
どれも違うんですねえ。ううむ

76 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 10:33:54
>>74
小室以外での経済のお勧め本教えてください。
一般書あたりで。

77 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 12:07:45
小室せんせと中村修二の対談きぼん

78 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 16:22:40
経済はトンデモって意味がわからん。
トンデモも何も、むしろオーソドックスな当たり前のことしか言ってないと思うが。。

物理学だったらニュートン力学をそれが特殊な前提条件でのみ近似的に成立するにすぎない
モデルだからといってトンデモ呼ばわりする奴は物理学者はおろか学部生にもいないが、
経済学の話になるとこういうトンチキが溢れているのはどういう訳だろう。

79 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 17:28:30
>>78
証明ができるかできないかの違いだろ

80 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 21:44:48
>>78
近似と言っても制度が違いすぎるから。
たとえば星の運動はニュートン力学のみでnearly100%予測される。
次の日食がいつ、とか完全に予測されてるでしょ。

81 :名無しさん@社会人:2005/05/01(日) 22:25:42
それは経済が物理に比べてはるかに複雑すぎるから起こる問題なだけ。
学問の手法としてはまさに正統だと思うが。



82 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 00:21:09
線路に置石した理由「おきたいから置いた」ありえないな・・

83 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 01:17:28
>>81
経済はこれから物理の一分野になってくんだろw
物理は簡単なモデルから少しずつ解いていって、
最終的にはどんな複雑なモデルも解き明かそうとしている。
学問としての器が違いすぎる。

まぁそれは置いといて、何やかんやで世間の人間は結果を求める。
例えば数学も哲学もそれそのものが訳わからんという点では似たようなものだが、
数学が基盤になって現代の豊かな生活が成り立っているのは
どんなアホでも知っているから、数学をトンデモ扱いする奴はいない。
一方、哲学はただの趣味、自己満足の世界で完結していると
世間の人間は思っているから得てしてトンデモ扱いされる。
経済学とて少しは目に見える成果を出さないとな。

84 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 12:56:50
初めて小室先生を見たのが渡辺昇一の新世紀歓談だったな
あの時もしゃべり方は変わった方だったけど
今はちょっと老けたのがわかるな、
若い時の小室先生に御教授してもらえてたらなぁ

85 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 13:08:05
>>48
これってトークオンデマンドの中の会話?
誰か中の会話の要約を少し教えてくれないかな、俺会員じゃないので

>>48の会話が本当だとして、
宮台は朝生でも天皇について単なる無知なる大衆の共同幻想みたいに一蹴する発言をして
周りから馬鹿にされてたのに
いまだに気づいてないのだろうか
ちなみに俺は個人的には天皇への敬意など持って無いが
日本社会における天皇のすごさってのは途方も無いことくらい理解できる

吉本隆明が宮台を評して
「本物の馬鹿が出たなって印象だ、私が馬鹿という時、例えば柄谷蓮実浅田を3馬鹿というのはある種比ゆ的に言ってるが彼は本物の馬鹿だ」
みたいなこと言っていたけど、まさに正しい評価じゃないのかな。



86 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 20:12:36
>>85
わけのわからんことで熱くなる人だな。一歩間違うと危ない奴のような。。
いや、それは宮台の著書からの抜粋。
たぶん『自由な新世紀・不自由なあなた』あたりじゃなかったか。

どういう文脈で使われているかといえば、近代化の過程で忘れ去られた
自足的な感受性に注目しろ、それを象徴するものが
聖性に痺れる天皇主義(であり、天皇主義者小室直樹)だ、というような文脈。

確かに天皇主義者の天皇への感情は「王は侵略者から国を守ったから貴い」のように
社会的な価値に還元して言葉で他人に伝達可能な[貴/賎]の概念では説明できない。

要するに>>48の宮台の発言の意味は、単に個人的に聖性を感じないとうだけの話。
日本の近代化に天皇が果たした機能を過小評価しているわけではない。
というか、著書読めばわかるがむしろ過大評価しすぎのきらいがある。

87 :名無しさん@社会人:2005/05/02(月) 20:13:55
>>85
自分は知識不足で、良くわからないけど、面白い。

88 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 00:10:27
小室全集はいずれ出るんでしょ?
宮台が責任編集、全解題で。

89 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 06:16:25
『自由な新世紀・不自由なあなた』は小室と宮台が対談しているような本なの?

90 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 06:23:55
朝日新聞など反日勢力の恨みを買った人なんだな

91 :くろしろー(本物):2005/05/03(火) 12:34:30
>>89
無いよ対談は。あんまし面白くないし、
内在型の本。
宮台は映画の本が一番面白い。彼の紹介する映画をレンタルしてみると
面白いから。
あとブログの文章で内在や超越に触れているところは面白い。

92 :くろしろー(本物):2005/05/03(火) 12:36:19
>>89
無いよ対談は。あんまし面白くないし、
内在型の本。
宮台は映画の本が一番面白い。彼の紹介する映画をレンタルしてみると
面白いから。
あとブログの文章で内在や超越に触れているところは面白い。

93 :くろしろー(本物):2005/05/03(火) 12:38:10
>>88
誰かがそれも没になったってうわさを書いてたよ。

94 :名無しさん@社会人:2005/05/03(火) 21:50:57
>>93
やはり副島隆彦が責任編集、全解題しないとオモシロくないでしょ

95 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 02:54:04
小室の指名で宮台になって、それが没ったんなら…。
他の出版社を待つしかないか。

96 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 08:21:59
新刊が出てた。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4898310826/qid=1115162358/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-3385758-5228311

97 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 09:19:27
復刊「超常識の方法」, 2005/04/28
レビュアー: フォークルファン (プロフィールを見る)   千葉県 Japan
書店で見て「おっ,ひさびさの新刊」と思ったのですが,前書きを読んだところ,この本は
小室直樹ファンの間でも復刊リクエストが強い,祥伝社から以前刊行されて絶版になって
いる「超常識の方法」を改題し,適宜イラストを加えて読みやすくしたものだ,ということが
わかりました。同書は持っていたので,買いませんでしたが,名著の復刊を喜びたいと思
います。内容も今読んでも面白いですよ。

98 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 09:33:26
なんだ、超常識の方法か、
俺も持ってる。この本は小室の名著の一つ
俺にしてみれば目からうろこが落ちる考え方の宝庫だったが
小室先生には今の時代を鋭く分析する著作を最後一発ドカンと出してもらいたいものだな


99 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 11:31:38
てことは、買えるうちに買っておいたほうがいいのか?
前が'81年初版らすいし。

100 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 15:21:45
最後とか言わないでください。

101 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 16:24:50
新刊読みマシた。超常識の方法見たこともなかったからおもしろかったです。
自分小室センセ知って何年も経ってないので、他の本も復刊してほすぃ。

102 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 19:23:06
「超常識の方法」って、今までの小室の本と被ってる?

103 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 19:49:19
被ってないね、むしろ初期の小室の鋭さや異端とも正統とも取れる視点が際立ってるだろ。


104 :名無しさん@社会人:2005/05/04(水) 23:56:55
天皇の本と戦争論の本と危機の構造も復刊させてくれ。
そして政治学の教科書書いてくれ。

105 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 00:33:17
安部英に少し似てるね

106 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 09:15:34
>>105
謝れ!小室先生に謝れ!

107 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 13:42:41
105じゃないけど、たしかに大正とか昭和初期の教育受けた医者って
なんか独特の雰囲気がある人がいて、それと非常に似た雰囲気が小室さんにはあるよ。
そういうお医者を見たことがない最近の若い人には実感わかないだろうけど。

まああんまり安部英に似てるとは思わないが。

108 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 20:27:00
安部英に似てるよ。
顔も甲高い声も。
ただ目だけは違う。
安部の目は死んでた。

109 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 21:33:56
>>105
少し似てるんだから少し謝れ!

110 :名無しさん@社会人:2005/05/05(木) 22:26:42
安部は耄碌。
小室は健在。

111 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 08:21:53
>>103
おお、ありがとう。まだ読んでないから買おうっと。

112 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 13:11:07
空気支配は日本だけの特徴というけど、アメリカも空気に支配される時あるよな。
911テロとか。反対意見見事に社会から葬りさられて、
空気が冷めてからアレはおかしかったとかいう話になったもんな。

真珠湾攻撃の時も同じだったのかな?

まあ、もっとも日本はいつもある感じだけど。
今はJR叩きの空気だな。

113 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 15:29:08
日本の空気支配の怖さは
今のJR叩きの様なものというよりも、
もっと日常に根ざした慣習による暗黙ルール的な支配による空気の方が怖い。
それを批判すると変質者扱いされる。

114 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 15:40:18
>>113
具体例でいうとどんなのあるんだろ?

115 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 15:42:48
>>113
え〜と。昨日覚えたての言葉なんですけど
民族主義ってやつ? 違うかった?

116 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 18:25:36
同調圧力

117 :名無しさん@社会人:2005/05/07(土) 19:54:26
韓国の反日が今まさに「空気=pneuma」でしょう

118 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 02:05:07
空気というのはやはり日本特有のものだと思うよ。
お祭りのトランス状態がそれだ。
2chの祭りにも通ずるところがある。
俺がいちばんそれを感じたのは3年半前の田代TIME表紙投票祭り。
祭りにはわけのわからん楽しさと盛り上がりがある。
アメリカや中国や韓国のやつとはちょっと違うと思う。
アメリカにしても中国にしても韓国にしても一応はそれなりに大義名分など
理屈があって盛り上がってる感じ。
それと民族的な歴史や記憶に基づいたものだ。
日本の場合は理屈も記憶も歴史も二の次でただそのときのノリだけで
みんなでトランスを楽しむイメージ。

119 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 03:29:57
残念ながら小室先生は負け組

ソ連体制、中国体制の崩壊の不可避なこと、
北米におけるキリスト教原理主義(まだイスラム原理主義という言葉は
ホメイニ叩きのジャーナリストが使っていたぐらい)を分析
・・・
したまでは良かったが、湾岸危機段階(湾岸戦争の前年の1990年)で
フセインを20世紀最後のヴェルトガイストと評価し、湾岸戦争は第2の
ヴェトナムとなる!と指摘した
だが、湾岸戦争はアメリカが短期決戦で我慢したため小室の評価は
ソ連崩壊の半年前に地に墜ちていた

また日本のバブル崩壊後の分析も量的金融緩和ではなく公共投資に
重点を置きすぎたものになり97年橋本構革デフレ以降は論点を変えた


だが、小室が生きながらえたのは唐沢俊一らがネット上(当時はニフティなど)で
小室ネタを持ち上げることで左翼や反マクロ経済学寄りのニューアカデミズムを叩く
ことで盛り上げたからだ


120 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 04:58:12
そういえば、小室哲哉と小室直樹は名字が一緒だ。親戚かなあ。
小室哲哉:現代日本を代表するポップ音楽作曲家&製作者。
小室直樹:現代日本を代表する知識人&文化人。

121 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 08:55:59
>>118
>3年半前の田代TIME表紙投票祭り

それは小室氏の言う空気が支配する、というタームとは違う、
むしろ「日本人には規範が無い」という指摘の方だろう、
同じように見えるがその二つは微妙に違う。
空気が支配するとは、
今から万博行ってくるので後で書く。

122 :名無しさん@社会人:2005/05/08(日) 09:45:44
「超常識の方法」にインテグリティ integrity について説明していた気がする

123 :くろしろー(本物):2005/05/08(日) 13:57:40
疲れた時は哲板のキョウサンゲリオンを探しましょう

124 :日本@名無史さん:2005/05/08(日) 23:44:13
この板にしかスレが無い、つーことは小室翁は社会学者だったのか・・
てっきり歴史学者とオモタ。



125 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 07:33:29
integrityって誠実性・一貫性の意味じゃないの?

126 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 22:07:15
また新刊出たが小室の数学の手引き系の本で数学出来るようになったためしがない


127 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 22:17:03
>>76
> >>74
> 小室以外での経済のお勧め本教えてください。
> 一般書あたりで。

小室がトンデモだと言われると
脊髄反射で沸いてくる「お勧めを教えて下さい」厨。

こいつは小室以外の本を読んだことがないのだろうか?

128 :名無しさん@社会人:2005/05/09(月) 23:05:39
>>124
最新刊の奥付には「政治学者・経済学者」となっている。

>>126
数学を謳っているけど、論理学メインじゃないのか?論理的思考。
「数学=計算がスラスラ解ける」というのはあの人の頭になさそうだし。

129 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 06:22:39
>>127
ただ聞きたいだけだろ
何を読んでいるかで大体そいつが何者かが分かるし

130 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 06:49:22
小室に粘着してた山形って、アレだったね・・・。

131 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 11:57:08
またお前か!ヨッポド恥かいたのが悔しかったんだろうな。。

132 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 21:29:11
宮台のやってるビデオニュースの小室先生はヘビみたいにニョロッ、ニョロッ
とベロをしょっちゅう出すね。
あれなんなんだ?

133 :名無しさん@社会人:2005/05/10(火) 22:53:25
万博からいつ帰ってくるのだろう・・・

134 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 13:21:45
小室みつ子や小室由里も親戚なのか?

135 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 19:51:52
うちの大学の教師は小室を明確にドキュン扱いしてたな

やはり人間性の部分でかなり損をしているんだろうな、小室は



136 :名無しさん@社会人:2005/05/11(水) 23:45:59
小室先生の本愛読してらっしゃる方で高坂正尭先生読む方いらっしゃいますか?

137 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 00:33:36
>>136
どっちも読んでるけど何でその組み合わせ?

138 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 01:13:43
>132
飲料水くらい用意しないとね

139 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 12:42:49
「日本人のための宗教原論」をブックオフで500円で買った。
序文を読んで感じ悪かったのでそれ以上読まなかった。
俺の唯一の小室直樹体験。

140 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 12:48:34
カッパの本って、いつもベストセラーで1位に入ってたよね
リーマンとかが買って読んでたんだろうか

141 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 19:13:26
videonewsみたら脳はまだ健康なようだが、口調がかなり弱々しいな・・・
もうそろそろだめか。
岡崎久彦とどっちが先に逝くか。


142 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 20:28:44
誰よりもまず、森繁が先だ!

143 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 21:41:20
>>132
そのベロをニョロッて出す瞬間をキャプって壁紙にしよう!

144 :名無しさん@社会人:2005/05/12(木) 21:55:29
先生肌つやよいね

145 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 02:11:21
小室大先生がビデオニュースのまるげきトークに出ているのを
見た人いる?
よかったら内容や先生の様子を教えてくれ。


146 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 15:02:38
小室先生がドラマ化されるとしたら萩原健一に先生を演じてもらいたい。

147 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 15:56:32
>>145
最初の数分は無料で視聴ができるよ。

148 :名無しさん@社会人:2005/05/13(金) 19:54:13
最初の数分はほとんど喋らないよ

149 :名無しさん@社会人:2005/05/14(土) 08:37:52
無料の部分はほとんど話さないって言うよりも話す機会を与えてないって感じだけど
後半はしゃべってるの?
誰か見た人教えて

150 :名無しさん@社会人:2005/05/14(土) 09:19:11
普通にしゃべってるよ。てか痛快憲法学みたいな話を。

151 :名無しさん@社会人:2005/05/14(土) 21:15:42
宗教原論といえば、「何度交わっても童貞を失わない美少年」というものを
一度で良いから見てみたい。
こんな俺は性転換して「女たちのジハード」でつか?
あれ、イスラム原論だっけ?

152 :名無しさん@社会人:2005/05/15(日) 00:39:35
>何度交わっても童貞を失わない美少年

これってなんか意味あるのかな。
何回やってもカリの部分がピンクで敏感で
初めてのときと同様の感動と感度が維持できるってことか。

153 :名無しさん@社会人:2005/05/15(日) 04:50:50
>>145
500円くらい払え。

154 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 11:34:00
ビデオニュースを試聴した。

小室爺さんはもうダメだ・・・

155 :名無しさん@社会人:2005/05/16(月) 22:35:42
いやでも、5年くらい前からあんな感じだよ。

156 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 19:58:05
最近知ったのだが
どうやら人類の歴史を階級闘争の歴史と捉え、平等化に向かって行くのが正しい歴史の方向性と考える「進歩派」と平等よりもむしろ自由を強調し平等社会を悪と考える「保守派」に人々の考え方が別れているようだな
大学などでも政治学だの法律学の世界は教授連中なども進歩と保守に考え方が別れて居るようである
政治家や法律家、裁判官の中にも、進歩派、保守派の対立があるようである
(さらに言うと教育界は個性無視の完全なる平等化を目指す人々に牛耳られて居るようである)
世間知らずだな、俺w


157 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 20:09:14
>>156
何歳?って匿名掲示板で聞いても意味ないが

158 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 20:32:00
稲葉『経済学という教養』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492394230/249-1817468-4202736

著者が一番やりたかったことは、おそらく、最近なにかと旗色がわる
く迫害を受けがちな「サヨク」を励ますことだったらしく、本書は、
西洋近代を否定しなくても、近代科学を否定しなくても、私有財産を
否定しなくても、市場を否定しなくても、変動相場制を否定しなくて
も、不平等を否定しなくても、文化相対主義に走らなくても、モラリ
ズムに走らなくても、なおサヨクの「志」を生かす道はあるのだ、
ということを教えてくれる本になっています。

159 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 20:59:29
保守対革新の戦いという図式は神が死んだ事と関係して居るのかしら
近代ってのは人間中心の世界だ
言い換えれば人間が手段では無く目的(カント)となった世界である
すると人々はそれぞれ自己を最高存在として考える訳で、最高存在と最高存在がパイの配分を巡って必然的に神と神の争いに成る訳だ

我々は全てニーチェとマルクスの刻印を受けた世界に生きて居るのである(ヴェーバー)

と言うのが二十世紀前半の思想だったな
国際社会もマルクス・ニーチェ・ダーウィン的な思想も加わって展会して居た訳だが

二十世紀後半はケインズの時代だったね
さて、この先どうなるのかね


160 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 21:34:57
>>159
>二十世紀後半はケインズの時代だったね

ケインズの時代ってどういう意味?要約すると何なの?
公共投資の時代?

161 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 21:47:45
階級対立の緩和
或いは資本主義社会の永久成長の可能性その道筋を示した、という意味でケインズの時代とした
ケインズなかりしかば、資本主義社会は崩壊し、社会主義に取って代われ、社会主義も崩壊し、混乱の闇の中で神権政治に退行し、永劫回帰だろう



162 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 22:19:32
>160
社会主義の時代


163 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 22:30:26
この板は2chの中でも特に書き込みが少ない部類に入るな。

164 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 22:50:46
生半可な知識の学部生ほど論理実証主義を軽視する発言をしがちな件について


165 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 23:10:31
論理実証主義ってなに?学部生にも分かるように説明してくれ

166 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 23:14:08
>>165
まずググれ!

167 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 23:19:50
いや、携帯からだし‥
それに
知識って減るもんじゃないよね

168 :名無しさん@社会人:2005/05/18(水) 23:41:47
>>167
Wikipediaだとこうなっている。
でも、2ちゃんで訊ねるより図書館に行った方が早いと思うよ。
−−−−−
論理実証主義(ろんりじっしょうしゅぎ、Logical positivism)とは、20世紀前半の哲学史の中で、
特に科学哲学において重要な役割を果たした主義思想。科学経験主義ともいう。

有名なのはウィーン学団で、1920年代後半のウィーンで、エルンスト・マッハの経験主義哲学を
受けたシュリックを中心に誕生。経験論の手法を現代に適合させ、諸科学の統一を目的に、オッ
トー・ノイラート、A.J.エイヤー、ルドルフ・カルナップなどのメンバーで活動。1929年ウィーン学団
を名乗る。英のバートランド・ラッセルとオーストリア生まれのルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの
与えた影響は大きい。

ウィーン学団の主なメンバーがナチスの弾圧を逃れてアメリカに亡命してくると、論理実証主義運
動自体は消滅。その主張は英米で発展した。

主な特徴として、経験論的な方法で形而上学を否定し、言語分析によリ厳密な指向を目指す。

ヴィトゲンシュタイン『論理哲学論考』にあるように、形而上学は問題化できないもの(神、世界の
限界、自由)を問題化していると規定する。なお、本書は、論理実証主義の聖書のような扱いを受
ける。「語りえぬものについては沈黙しなければならない」の言葉はあまりに有名。



169 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 00:35:32
共産主義と社会主義って何が違うの?

170 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 00:49:46
>>165
「学部生にも分かるように」じゃなくて「馬鹿にも分かるように」だろ。
辞書すら引かない池沼。

171 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 04:20:31
論理実証主義はヴィンデルバンド並にすごいってことだな

172 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 08:27:10
しかし論理実証主義が〜とかわかったかのように言う奴がいる限りそいつから聞いた方が明らかに早いだろ
実際アウトプットの訓練にもなるしね
また馬鹿にも解るように説明出来なきゃ単なる知ったかぶりとしか理解されないだろうな
つまりそいつの中で全然知識が整理されて居ないことを意味する訳だからね


173 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 12:19:06
>>172
同意


幼稚園児に説明できるくらいにならないと
真に理解できたとは言えない



辞書を暗記しても仕方がない
論語読み論語知らず

174 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 17:49:36
なぜ小室スレで関係ない話が?

175 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 19:05:52
なんで急に論理実証主義の話が(w
確かに論理実証主義は現代人必須の教養だと思うけど。
論理実証主義、ポパー主義、分析哲学、分析法理学はしっかり抑えておいた方が良い。
必ず人生で役に立つよ。

176 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 19:49:46
>>175
お勧めの書籍を

177 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 22:31:27
>>173
165の学部生は幼稚園児なのか?

178 :名無しさん@社会人:2005/05/19(木) 22:33:36
専門用語の基本的理解もないやつが、
一体社会学板に何しにきてるのかね。
やっぱ小室信者は池沼が多いな。

179 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 10:18:45
しかし知らないものは知らない訳で
「論理実証主義」とか言って大見得切ったからには説明する責任があるんじゃないか?
話しの流れとどうかかわって来るのかも良く分からんしな
ちなみに小室なんかは「日本人にはデモクラシーが分かって居ない」とかいう「デモクラ屋」こそデモクラシーが全然分かって居ない訳で
キリスト教予定説から始めてその本質について滔々と語っていたが
そこまで突き詰めても本当に解ったとは言えないんだろうな
そう考えると気軽に「民主主義は〜」とか言えなくなる訳よな
さらに「論理実証主義」とか言われると、或いは確かに現代人の教養かもしれないが理解が追いつかんよ
お前らはそういう事まで理解してるって言うんだから、大学者ですな


180 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 11:13:38
↑何のことはない、ただのニヒリストだ。

181 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 11:51:33
>お前らはそういう事まで理解してるって言うんだから、大学者ですな

皮肉を言って済まそうとしているんだから悲しいものだな。

論理実証主義を極めるとかそんなレベルの話じゃなくて
常識レベルで抑えておかないといけないって話だよ。

182 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 12:34:40
つーか常識レベルでは知ってるっての
論理実証主義ね、うん聞いた事はあるよ、ただそれがどうしたって話だ
或いは興味深いから御説を聞かせてくれと言って居るのになw


183 :名無しさん@社会人:2005/05/20(金) 22:20:59
こうゆう話なら野矢茂樹『論理学』でおkじゃない?
あと彼のトレーニング物。

184 :名無しさん@社会人:2005/05/21(土) 20:29:55
>>182
それ以前の問題だろ。
>>165 は明らかに常識レベルの論理実証主義の意味すら知らない。
そんなやつと何を議論しろと。


185 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 00:03:12
議論じゃなくて教えてくれと言ってるぞ
意固地にならんで教えてやればいいじゃないか
俺も聞きたいしな


186 :名無しさん@社会人:2005/05/22(日) 01:47:06
しかし、小室に言わせれば日本人で必要条件、十分条件を理解してるのは
2−3万人ってことだからな。
そんなわけないだろ、と思うけど小室クヲリティではそのレベルなのさ。
「理解する」の基準が厳しいのだろう。

187 :名無しさん@社会人:2005/05/23(月) 20:11:07
分かったつもりになっている人は、たくさんいそう

188 :名無しさん@社会人:2005/05/24(火) 13:36:00
誰か中国の現在の政治状況について発言してるサイト知ってる人いない?
小室先生に今の日中関係について国際外交の視点から発言して欲しいな。



189 :名無しさん@社会人:2005/05/24(火) 13:52:07
>しかし、小室に言わせれば日本人で必要条件、十分条件を理解してるのは
>2−3万人ってことだからな。

んなあほな


190 :名無しさん@社会人:2005/05/25(水) 07:55:39
一切の思想文化を包含する原理としてヘーゲル哲学に注目しているんだが着眼点としてどうだろう
小室オタの皆さんはどう思う?


191 :名無しさん@社会人:2005/05/25(水) 21:26:35
>>185

>>178


192 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 04:32:31
日本人は働き者じゃないということらしいが
ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson6.html
ttp://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson7.html

193 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 19:14:22
明治に入って資本主義者を育てる教育をしてたって 小室ちゃんいってたね
勤勉の精神もその中で醸成された部分も少なからずあるんじゃないか
それが 最近の教育ではそんなこと教えてないからね 
最近の若者から勤勉の精神みたいなものが失われてるのは 
あきらかじゃないだろうか

194 :名無しさん@社会人:2005/05/27(金) 22:46:01
250 名前:     [] 投稿日:04/12/04 23:24:20
つーか、尊敬する人物は誰?なんて話題にならんだろ。厨房工房じゃあるまいし。

195 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 01:58:31
               _,,..,,,,_
  <⌒/ヽ-、___   ./ ,' 3  `ヽーっ
/<_/____/   l   ⊃ ⌒_つ
 ̄ ̄            `'ー---‐'''''"


   ∧∧
  (  ・ω・)  …     _,,..,,,,_
  _| ⊃/(___   ./ ,' 3  `ヽーっ
/ └-(____/   l   ⊃ ⌒_つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `'ー---‐'''''"


  _,,..,,,,_
  / ,' 3 /ヽ-、__
  <⌒/      ヽ
/<_/____/

196 :名無しさん@社会人:2005/06/02(木) 01:58:37
               _,,..,,,,_
  <⌒/ヽ-、___   ./ ,' 3  `ヽーっ
/<_/____/   l   ⊃ ⌒_つ
 ̄ ̄            `'ー---‐'''''"


   ∧∧
  (  ・ω・)  …     _,,..,,,,_
  _| ⊃/(___   ./ ,' 3  `ヽーっ
/ └-(____/   l   ⊃ ⌒_つ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    `'ー---‐'''''"


  _,,..,,,,_
  / ,' 3 /ヽ-、__
  <⌒/      ヽ
/<_/____/

197 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:09:43
ウィトの語れない問題については沈黙せよと言う話は、単に彼がユダヤ人であり
宗教的な問題に科学が踏み込んで来る事を嫌っただけの発言と思ってたんだけど
もっと深遠な解釈があるの?


198 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:19:41
「世界がいかにあるかは、より高きものにとってはどうでもよいことである」
「事実は解答を与えない」
「世界がいかにあるかが神秘では無く、世界があると言うことが神秘である」

こんな酔った独り善がりの宗教的前提から→沈黙せよ
なんて言う道徳を引き出すおっさんを聖人みたいに崇める連中の気がしれない


199 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:34:10
少なくとも科学とは「世界がいかにあるか」を探求して来たのである
それを「よりたかきものに取ってはどうでもよい」とか言っているのである

ウィト的なセンスでは科学者なんて連中は真理を探求する事で神聖な信仰を冒涜する下劣な精神の持ち主と言う事になってしまうだろう


200 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 10:35:11
少なくとも科学とは「世界がいかにあるか」を探求して来たのである
それを「よりたかきものに取ってはどうでもよい」とか言っているのである

ウィト的なセンスでは科学者なんて連中は真理を探求する事で神聖な信仰を冒涜する下劣な精神の持ち主と言う事になってしまうだろう


201 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 11:01:34
或る意味小室なんかもそうだろうな
なんせ天皇を冒涜したら日本刀をもって切りかかって来るって話だからな
野蛮人、と言わざるを得ないだろう


202 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 11:52:37
たしかに小室さんの「天皇」は事実ではなく信仰だからな


203 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 13:33:29
しかし天皇は人間であるという事実を指摘しただけでムキー!とか発狂するのであれば話の通じない狂人としか言いようがないだろう
また当の天皇にさえ発言を撤回せよとせまる
まさしく信者だな
正直、小室さん自身が急性アノミー発症ぎりぎりのところに居る事は言うまでも無い



204 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 13:52:54
>正直、小室さん自身が急性アノミー発症ぎりぎりのところに居る事は言うまでも無い

???
アノミーの使い方間違っていないか。
小室的にいうとアノミー=無連帯だから個人が対象の症状ではないだろう。

205 :名無しさん@社会人:2005/06/03(金) 17:42:20
ま、こんなもんでしょ・・・。

206 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 13:28:31
だれか論理実証主義の解説をお願い。

207 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 14:51:54
俺はこの御方を見るとスターリンの晩年を思い起こす。
誰も信じられずヒッソリと死んでいった強迫観念論者

208 :名無しさん@社会人:2005/06/04(土) 16:28:34
文庫・危機の構造158P
アノミーは「社会的状態だけでなく、それによって生ずる心理的危機をもあわせ意味する」
なら個人も対象でしょ
「小室さん自身が発症ぎりぎりのところに居る」は知らんけど

209 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 18:07:17
書店で『数学を使わない数学の講義』が平積みしていたよ。
一ヶ月もたたないうちに重版していた。

210 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 18:55:29
色々批判も多いと思うが、確かに偏差値教育の弊害なんてのはその通りだろうと思うな
偏差値30の人間は30の、偏差値80の人間は80の、現代日本人のプライドの根拠ってのは2ちゃんを見れば分かるが偏差値である事がかつては多かった
郷土の為にとか国の為にとかゾマホンとか伊藤博文みたいに命懸けで勉強したりしている学生は居ないだろう
勝手に自分で自己限定してしまい
スーフリじゃないが、高偏差値の場合も(使命感ゼロで)享楽的刹那的に生きてしまう場合が多いんじゃないか?
まぁ2ちゃんねらやスーフリの方が例外だと思いたいし
実際、そんなやつばっかりだったら社会が成り立つはず無い訳で、多くはしっかりとした倫理観使命感を持って生きて居る事だろうと思うが
しかしキリスト教圏でもなく国家神道にも絶望した日本人を支える倫理観の根拠って何?
俺には思い付かないんだが


211 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 19:20:00
そこで小室さんは小室教育論として鬼神のような親父の定言的ミッションこそ日本人の道徳の根拠だから怖い親父を復活させろとか言う訳だが
実際、どうだろう、理論倒れじゃないか?
また小室氏もいってるようにこの説教が教育的効果を持つ為には当の親父もミッションに従って無くてはならず、教育勅語を暗記して、髭とかを蓄えてサーベルでももって常時不動明王みたいな貫禄で振る舞ってなきゃならないわけだろ?
これを現代人に要求するのはちょっと無理だろう
また、現代人のアノミー化アパシー化は神が死んだこととも関係があるだろう
今更聖書や教育勅語に従って生きろとかいってもかなり無理があると思うぞ


212 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 20:22:18
ミッション・パッション・ハイテンション
鼬貝須磨

213 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:01:26
>>211
>小室教育論として鬼神のような親父の定言的ミッションこそ日本人の道徳
>の根拠だから怖い親父を復活させろとか言う訳

もう小室なんて社会学は無理だね。
定言的ミッションなんて使い古しの道具立てもここまで来ればギャグだな。

214 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:06:51
まあ教育論が?なのは異議なし

215 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:08:16
>>208
学説による違いじゃないの。国家に心理があるか、ないかっていう奴だな

216 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:26:17
いや、もちろん個別にアノミーに陥るのは個々人に決まってる。

ただ、小室の場合は、人がアノミーに陥る原因がその人個人の
個人的な出来ごとだけでなく、国家レベルの出来事である場合が
あるってことを強調したいあまり、「社会の病気」なんて言い方をするから
かえって話をわかりにくくしているんだと思う。

217 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 13:32:58
>>213
>定言的ミッションなんて使い古しの道具立てもここまで来ればギャグだな。

そうだね。
ブルデューなら、定言的ミッションが問題ではなく、スピノザ的コナトゥス
が問題だと言うだろうな。
家族は子育てにおいて文化資本を伝達するわけだけど、それが中学受験等学校
制度と組み合わせられ、その全体が文化資本の分配構造の再生産として機能し
ているわけ。

家族は社会的存在を賭けたコナトゥスを駆動力として再生産戦略をとる。
それは具体的に教育戦略、経済戦略、婚姻戦略、相続戦略として展開する。
各種戦略の弱点は塾とか家庭教師によってより具体的な投資で補われる。

218 :名無しさん@社会人:2005/06/12(日) 19:43:52
>>210
現代日本人の倫理観の根拠は、社会の中で醸成される空気だろうね。
ニュースで個別の犯罪が盛んに報道されるのも、人々が何を道徳の基準として考えればいいか参考にしようと言う無意識的な結果だと思う。
後は法律かな。法律と空気によって日本人の道徳観は決められているんだ。


219 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 02:35:07
何か、この人、書店にゴネて
新刊は必ず平積みさせるんでしょ?

220 :名無しさん@社会人:2005/06/13(月) 21:37:09
219 名前:名無しさん@社会人[sage] 投稿日:2005/06/13(月) 02:35:07
何か、この人、書店にゴネて
新刊は必ず平積みさせるんでしょ?

221 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 01:12:22
奥様でしょ

222 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 04:47:13
もともと小室は金儲けとかに興味がなく学問一筋の人だったからな

223 :名無しさん@社会人:2005/06/14(火) 12:41:47
釣りは釣堀池

224 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 11:29:38
101 :法の下の名無し :2005/06/12(日) 21:54:09 ID:QpKfAH1R
川島武宜の「ある法学者の軌跡」に小室直樹が登場するよ。


102 :法の下の名無し :2005/06/13(月) 17:56:33 ID:zeWrGawr
教えを受けた一人だからね


225 :abc:2005/06/16(木) 21:46:19
小室は、山本七平に一目おいていたけど、山本が死んでから小室は急速に右傾化かつ
表現が過激になったような印象が僕にはあります。山本というbig figureがいなく
なって、好き勝手にものが言えるようになったのかな、なんて僕は思いました。
たとえば「韓国の悲劇」(85年)ではずいぶん韓国に好意的だったけど、90年代の
「これでも国と呼べるのか」では、かなり韓国をボロクソに言ってる。

226 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:22:50
右傾化というかモノの見方が単純になっていったって印象だな


227 :abc:2005/06/16(木) 22:35:08
単純というのはある意味大切なことでしょうね。あれだけキッパリものを
言うから、小室ファンも多い。彼の言う事には個々に反対したくなる事も
多いけど、キッパリした態度は、いいのかも。
誰でも年をとると単純な文章になってくるようですね。河合隼雄や長谷川
慶太郎の20年前ぐらいの本を読むと、難しくてびっくりする。今の彼らの
本はマンガみたいに簡単だけど。
 小室は昔からキッパリものを言ってたけど、山本の生前に、今ほどドギツイ
右的な発言って、あったかなあ…。


228 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:56:04

いつの時代も単純なことを言う奴の方が多い。それに抗うという役割は小室氏にはもう期待できないのか。

229 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 22:59:13


230 :名無しさん@社会人:2005/06/16(木) 23:25:30
>>225
だからさあ、そういうの「愚者のオブジェクト指向」っていうんだよ。
韓国に好意的とか韓国をボロクソとかって、なんで著者の「意図」を
勝手に妄想してギャアギャア騒がずにいられないんだろうね日本人って民族は。

「韓国」を褒めちぎってやろうとか、「韓国」を貶めてやろうとか、
そんなくだらない意図で本なんか書いてるわけないだろ。

韓国の肯定的な面を書いたからって韓国に好意があるとは限らないし
韓国の暗黒面を書いたからって韓国に悪意があるとは限らない。
こんな当たり前なことがわからない奴が溢れているのが日本の不思議なところ。

小室の『ソビエト帝国の最期』に次のような文章があるが、本当このまんまだよ。


(大韓航空機)事件が発生して二、三週のあいだ、日本のマスコミはソ連は悪者、
日本とアメリカは正しいという姿勢に終始した。ここまでならまだ、日米は軍事同盟国、
ソ連は仮想敵国なのだからいいとして、思考過程の混乱は、どうしようもない。
いや、日本人の体質的混乱性が、ここに露呈したといってよい。すなわち、
「好き嫌い」と「善悪」と「言っていることの正否」とが見境もなく混同されている。つまり、

「ソ連はひどいことをしたからソ連は嫌い」ゆえに「ソ連は悪い」ゆえに
「ソ連の言うことなんか信用できない」という論法になる。
これが、マスコミの論調と大多数の日本人の考え方の図式ではなかったか。

嫌いで悪い奴がいうことでも、正しいということもじゅうぶんにありうるということが、
なかなか腑に落ちないのである。

かかる感情と倫理的判断と事実認識の混同、これは個人の国内における隣人関係では、
あるいはやむをえないことであるかもしれないが、熾烈きわまりない国際紛争のなかにまで
もちこまれると、日本人はたちまち禁治産者になりかねない。ならまだいいが、
蹴殺され落伍して、抹殺されて消えてゆくことだろう。

231 :abc:2005/06/17(金) 00:04:30
僕は作者の意図を問題にはしていません。表現や傾向のことを申し上げた
つもりです。あしからず。

232 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 00:11:04
韓国に関するかかわりだけで右か左かを決める単純な思考にも
驚くけれど、右傾化もなにももともとウルトラナショナリスト
でしょ。
しかし、在日朝鮮人への参政権付与を提案し続ける小室が
韓国に冷淡とはとても思えないね。

そもそも、好意的だのボロクソだのという書き方はして
いないでしょ。素直に分析を提示しているだけでね。

233 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 00:29:28
>>225
それは冷戦構造下では小室は通用していたけど、冷戦崩壊後の
グローバリズムの中で自分の理論と現実が乖離してきて、その
うち、悪いのは現実の方だということになって、だんだんと信念
の人(単なる原理主義)になったということだと思う。
小室は徹底的に冷戦時代の人なんだろう。

234 :abc:2005/06/17(金) 00:43:52
興味深い意見です。ケインズ主義者ですしね。でも、彼の本は今もよく売れ
ているし、左翼思想のような、絶望的な理論と現実の乖離があるとは思えま
せん。もし彼が冷戦時代で終った人なら、alternativeはあると思いますか?
あるとすれば、誰がポスト冷戦のイデオローグでしょう?彼の理論は根本から
無効になったのでしょうか?それともminor changeしてこれからも通用する
のでしょうか?僕は、いくら現実と乖離していても小室は魅力的だと感じま
すが。

235 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 01:24:44
>>234
>彼の本は今もよく売れているし
必要とする若い層が絶えず存在するから。

>もし彼が冷戦時代で終った人なら、alternativeはあると思いますか?
スティグリッツあたり

>彼の理論は根本から無効になったのでしょうか?
いや

>それともminor changeしてこれからも通用するのでしょうか?
いや

>僕は、いくら現実と乖離していても小室は魅力的だと感じますが。
まさにその通り。
最初は誰もがモダンの鬼に遭遇すれば、その教えによって万能の神になれた。
かのように思うがな。

236 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 01:26:49
>必要とする若い層が絶えず存在するから。

と言ったけど、市場的には経済学のやり直し組みも結構いるだろうね。


237 :abc:2005/06/17(金) 03:20:57
小室を原理主義というのは、一言で言うならそれしかない、という感じですね。
でも、若くて真面目に考える人はみんな原理主義だし、またそれをを一回は
経験すべきだと僕は思います。でも、その「小室原理主義」が、これからの時代
にどんなふうに通用するのでしょうか?左的な原理主義はもう若者をひきつける
力などない中で、小室は若い人に受け入れられているというのがあなたの意見
ですよね。
 それに関連して、小室の世代の後に来る人たちって、誰がいるのでしょう?
僕がよく読む本は、日本人では、小室、七平、長谷慶、堺屋、渡部昇一といっ
た感じですが、彼らは全員70を越えてますね。ドラッカーみたいにいつまで
も生きているとは思えません。彼らが平均寿命あたりでバタバタ死ぬとしたら、
誰が彼らの代わりをするのか、と思います。目ぼしい人がいるのでしょうか?
中曽根元首相がよく言うけど、今、政、財、学の各界の第一線が退いた後に、
深刻な人材の端境期が来る、というのは、その通りかなあ、と思うのです。

238 :名無しさん@社会人:2005/06/17(金) 23:20:36
>>218
それが宗教的寛容、道徳的寛容の帰結だろう。
日本人は江戸時代から価値相対的な都市生活になれてるからまだ良いが、
道徳の根源を一神教に頼ってきた大陸欧州や最初から無道徳な中韓人にとっては
近代社会はつらい。共産主義というのも近代への反動の一環だからね。


239 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 01:24:08
>>238
馬鹿じゃなかろうか。
>>238>>218の書いていることとなんの脈絡もない上に、
救いようがない盲目的ウリナラマンセーと来ている。

小室がつとに書いていたように、日本の弱さの根源はまさに無宗教・無規範にあり、
アメリカの強さの源泉はキリスト教原理主義にあるというのに。

正直、こういうお馬鹿さんはハングル板あたりにでウリナラマンセーしてろといいたい。

240 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 02:54:29
若い世代でいい人材知らないな
コムラーのみんなのお勧めいないかな

241 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 10:49:34
近代主義者の日本批判はその通りだと思うが
近代主義を徹底したらキリスト教も天皇主義も否定されるはずだろう
ニーチェ的感覚で言えば小室を始め原理主義者は欺瞞に満ち溢れた最悪のニヒリストなんじゃないか?


242 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 11:12:25
狂気の法案を拉致問題の安部晋三先生と阻止しよう!!【■■2ちゃんねるが消滅します】

とんでもない言論弾圧法案=「人権擁護法」が国会に提出されようとしています!!!
この法案の真の狙いは、
@社会的には、2ちゃん/ブログをはじめとしたネット世界の一般人の小うるさい言論の圧殺であり、
A政治的には、拉致問題強硬派&在日参政権反対の自民右派の消滅です。
民族(朝鮮・中国・韓国)/ 同和 /信条(宗教・層化・赤化)他に関する一切の差別的発言を禁じるという狂気の法律です。

この法律の前例の無い恐ろしい特徴は、特定人に関する言動は当然、不特定多数の集団に関する一般的発言
(朝鮮人は〜〜と書くこと)までも圧殺しようとする点にあります。
◆違反者には、無令状捜索・差押、出頭要求、矯正教育が待っており、それを拒否すると、
さらに罰金30万&氏名・住所などの全国晒し上げを食らう(61条)という仰天内容です。

一刻も早く、防戦する安部先生達に、日本国民の怒涛の援護射撃をお願い致します!!!
※※以下5つともアドレス中に★をはさんであります、★を消去の上、どうか必ずご覧下さい!!※※ 
http://zinkenvip.fc2web.co★m/
http://blog.livedoor.jp/no_gest★apo/
http://blog.livedoor.jp/monste★r_00/
↑↑【凶悪法案の問題点&背景の全て】
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goik★en.html
↑↑【首相官邸ご意見フォーム】イメージと違って、ここは非常に効果ありです!
全部読んでくれます、投稿テーマで返事が変わります!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/mey★asu-entry.cgi
↑↑【自民党目安箱】事態は急を告げています。文章は簡単でいいので、国民の「人権擁護法」への反対意思を、
とにかく 1 秒 も 早 く 党本部に伝えて下さい!
■□■人権擁護法ストップin日比谷公会堂 6/19(日)12:30〜16:00・無料・超大物国会議員登場・皆さん大挙してご参加を!■□■

243 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 13:55:26
今こそ戦え!

「罵声でぶちのめせ」
http://kn.sakura.ne.jp/~en-dai/cgi/basei/basei.cgi


244 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 18:54:48
小室直樹に詳しい方にお聞きします。テリー伊藤「お笑い外務省機密情報」は小室直樹が監修か何かしてるのですか?
何て本だったかなあ、「自ら国を潰す気か」か「封印の昭和史」だったか、と主張がそっくりだなあと思って読んだ覚えがあるのですが。


245 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 19:35:10
隠に陽にって感じ。

246 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 18:27:43
>>239
日本が無規範だというのは表面しか見ていない人間が言うことだ。
日本の規範は「慣習法」で、経典宗教のような「成文法」じゃないから
わかりにくいけど。
多かれ少なかれ、キリスト教が死んだ欧米諸国も日本型社会に近づくと思うよ。


247 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 19:18:32
>日本の規範は「慣習法」

鎖国の時代じゃあるまいしw

248 :名無しさん@社会人:2005/06/20(月) 22:13:33
キリスト教を殺したのは近代合理主義(科学)だろう
キリスト教が死んでも合理主義の精神は生きている訳で彼らが個人の利益追及とか幸福追及に不合理な日本的慣習に従う訳がない


249 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 04:06:56
>>240呉善花なんかどう?小室みたいなアカデミックじゃなくて、山本七平タイプの、山のけもの道を開いていくという感じの人だけど。

250 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 06:16:36
>>246
小室が師事した大塚や丸山や川島がそもそも近代主義の負の側面を象徴したような思想家。
そこから抜け出れない連中が247みたいな書き込みをする。
小室も変なところを引きずっている。
保守思想が分からないまま、小室の天皇論とか読んでも駄目だね。
小室の天皇論なんてほとんど革命思想。
皇室崇拝者から見ても、天皇がキリスト教のgodに相当するなんて冗談もいいところだ。
こんな考えは2,26の将校と似たような発想だね。
あと、
>多かれ少なかれ、キリスト教が死んだ欧米諸国も日本型社会に近づくと思うよ。
というのはどうかね。
日本はアメリカの影響もあって、ますます契約論的な人工国家に向かおうとしてますよ。
大塚や丸山がまいた毒がいよいよ全身に広まってきたという感じだな。


251 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 07:51:35
ライブドア美人広報・乙部綾子の写真集発売キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1119321338/l50

252 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 08:17:22
>>250
保守思想だってw
賭けてもいい。こういう奴のいう保守思想とは、思想でもなんでもなく、
単なる盲目的ウリナラマンセーに熱狂して忘我の境地に至ることに過ぎん。

宮台がよく言う、近代を皆目理解できない馬鹿の唱える「近代の超克」の一種だわな。

253 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 08:21:23
いや、もう一つの可能性もあるな。
破壊衝動の矛先として「保守思想」を無自覚的に僭称するタイプ。
西部邁なんかが典型。

254 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 12:21:05
いい議論だな
250の主張を聞きたい
近代主義の負の側面とはなんぞや


255 :名無しさん@社会人:2005/06/22(水) 13:57:27
横レスだけど
>>246
とりあえず、こいつは、「規範」「無規範」「慣習法」の意味するとことを、よく理解もしないで使っていると思われる。

>>250
>小室の天皇論なんて
まぁ、こんな言葉が吐けることから察するに、随分怪しい奴だと想像できる。

>皇室崇拝者から見ても、天皇がキリスト教のgodに相当するなんて冗談もいいところだ。
こんな考えは2,26の将校と似たような発想だね。
 
より詳しい説明を宜しく(W

>日本はアメリカの影響もあって、ますます契約論的な人工国家に向かおうとしてますよ。
大塚や丸山がまいた毒がいよいよ全身に広まってきたという感じだな。

コレも意味不明だね。説明宜しく。


256 :名無しさん@社会人:2005/06/23(木) 03:11:37
小室先生、年をとったなぁ。
石原慎太郎と同じ1932年生まれなのにもうヨボヨボ。

健康なうちに、鶴見俊輔の『戦争が遺したもの』や
網野善彦の『「日本」をめぐって』のような
半生を振り返るロングインタビュー本を出した方が
いいと思うな。

橋爪や宮台といった小室ゼミ生(副島はトンデモなので排除)が
集まって、そういう本を企画してくれないだろうか。

257 :名無しさん@社会人:2005/06/23(木) 22:23:16
>>230

この文章はいまでもガンガン心に響くな。すげえ。

258 :名無しさん@社会人:2005/06/23(木) 22:47:32
小室は国が共同体であるべきであり愛国心を教えろと言ってるんでしょ
賛成ですな
企業は機能集団でいいじゃん
契約社会だから五時に帰って親孝行でもすりゃいいじゃん
土日には映画や文学でも見ながら教養を深める
マターリした良い生活だよねぇ
憧れるなあというか21世紀の最先進国の国民にこれくらいの文化的環境は保障されてしかるべきだろ


259 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 00:05:46
いや、最先進国になればなるほど、ゆっくりなんかさせてくれないんじゃないの?
豊かさがたくさんあるということは、豊かさをたくさん作らなくてはいけないから。
残業して豊かさ作って、休日にも休むかわりに豊かさ作って、過労死するまで豊かさ作って、という逆説があるんじゃないの?
豊かな国はみんな忙しくて、貧しい国ほど呑気じゃん。

260 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 00:13:53
かつての先進国で今はトップをねらっていない、というのが
一番のんびりしていていいな。
スペイン、ポルトガル、イタリアあたり。


261 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 00:42:25
おいおい所与の現実を相対化して理想に近付けるよう作為するのが近代人なんだろ?
だったら国民の幸福を最善に考え場合によっては企業の暴走を規制するべきだろう

262 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 00:59:02
ラテン系の考え。働くのが一番って人はアングロサクソンには多いし、もちろん日本にも。
ようするに、「豊かさとは何か?」を問い直す必要がある。先進国とは何か。いちばん大
きな要素の1つは、GDPだと思うけど、GDP自体、半世紀ぐらい前に用いられはじめた尺度。
その前は国の豊かさを測る目安は鉄鋼生産量だった。だから、働かずにゆっくりするのが
豊かさになる尺度を提唱する必要がある。もちろん、それは相対的なものです。ラテン系、
カトリックが豊かだと感じる人生とアングロサクソン、プロテスタントのそれは違う。
日本はどっちか?というか、それ以外の可能性を含めて、どんなふうか。というか、どん
なふうであるべきなのか。「豊かさとは何か」というところから問い直す作業が、日本社
会に必要とされていると僕は思う。もちろん、全員が「それでいい」なんてすごい尺度は
望めないにしても、今は明らかに問題があるようにみえるから。また、時代の変わり目で、
変わるとしたら今しかない、っていう何十年に一度しかないチャンスだから、この問題に
ついて考えることは大事だと思います。
僕の考える豊かな人生は、こんな感じです。好きでもないのに働かされるのは嫌だけど、
これが本当に好きだ、というもののために寝食を忘れて働く、というのなら、僕はいいか
も、と思います。だからラテン系のライフスタイルは、いいけど、理想とも思いません。
僕はある時思ったけど、楽ができて苦しみが少ない人生が理想じゃなくて、これをやるた
めなら、苦労することも厭わない、っていう状態を自分の中に作るのが僕の人生の理想じゃ
ないか、と。ここは文学版か?


263 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 16:51:44
アルゼンチンが小室はよく例に出して、資本主義国になれないと言ってるな
 >>262 みたいな感じで国がスーパーインフレになろうが
労働に価値を見出さずにサッカーに見て、たらふく牛食って遊びほうける

それと違って資本主義の精神は、働くこと自体が救済だからな
神の国に入るための1つとして、働く只管働く
日本資本主義の精神でいうと一部仏教から派生した
悟りを開くために、働く只管働く

ということと理解してるが間違ってる?

264 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 16:52:16
アルゼンチンを小室はよく例に出して、資本主義国になれないと言ってるな
 >>262 みたいな感じで国がスーパーインフレになろうが
労働に価値を見出さずにサッカーを見て、たらふく牛食って遊びほうける

それと違って資本主義の精神は、働くこと自体が救済だからな
神の国に入るための1つとして、働く只管働く
日本資本主義の精神でいうと一部仏教から派生した
悟りを開くために、働く只管働く

ということと理解してるが間違ってる?

265 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 17:07:44
徳川時代初期の鈴木正三(しょうさん)に見られるような日本仏教思想
現代でも生きてるのかな?

266 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 17:22:52
www.fujisue.net/archives/2004/08/post_156.html
民主党ふじすえ健三

小室の本読んだのかな?

267 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 17:24:51
>>266 はゴメン勘違いだった・・・

268 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 17:30:18
>>266 >>267
一応、小室の名前出してるから読んではいそうだな。

269 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 20:17:09
日本の場合は資本主義の精神は幕藩体制によって形成されたんじゃないか?
滅私奉公の精神。
それが社畜の始まりだろ。
会社は藩。

270 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 21:13:40
山本七平が正三や石田梅岩の中に、日本人が勤勉である基盤を見出してるのはコムラーには
お馴染みですね。「私は本当は信仰の道に精進したいのですが、日々の生活に追われ、浅ま
しく生きるのみです。どうしたらいいでしょう?」という問いを信者に問われて正三は「自
分の仕事以外に仏道はあると思うな。農業即仏道」みたいに言ってる。興味深いことに、こ
れと同じ問い鎌倉時代の道元にした人もいる。道元の答え方は、同じ禅でも、だいぶ違って
います。「正法眼蔵随聞記」のどこかに載ってました。あきらめなければ修行のチャンスは
必ず来る、という感じでした。鎌倉時代と江戸時代でこれだけ違うということは、江戸時代
と今も違っていいはずです。そもそも、ただ働けば豊かさが生産されるわけではないです。
我々は何を豊かだと感じるか。食品や服をこれ以上せっせと作っても、意味があるのか?も
っとソフトなものを我々は望んでいるのではないか?センスのいい音楽とか、質の高い創作
とか、同じゲームでも、これはすごい、というゲームソフトとか。そういうものを、従来の
勤勉さの中で生み出せるか?かといって、食って寝ていればいいアイデアができたりするの
でもないでしょうし。
我々にとって豊かさとは何で、それを作るにはどんな要素が働く人になくてはいけないのか、
そんなことから考えていく必要があるのではないでしょうか?そして、そういう豊かさをG
DPでどこまで測れるのか。測れないとしたら、どんな尺度を、われわれの豊かさのものさ
しにしなくてはいけないのか?その結果、日本がうまくいけば、世界がそれを真似するはず。
日本はアメリカあたりと共に世界の最先進国だとしたら、新しい価値観に最も手が届きやす
いはずだから、新しく、よりよい価値観を発信する責任を世界に対して負っているのではな
いでしょうか?

271 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 21:29:40
小室はこの間のMXの放送で、勤勉精神は日本書紀にも見出せると言ってたな
もう太古から日本民族に勤勉精神は染み付いているんじゃないかと

272 :靖国英霊という家族殺しの犯罪者:2005/06/24(金) 21:30:34
>http://members.at.infoseek.co.jp/NankingMassacre/mondai/gyakusatu.html
>http://yeoseong.korea-htr.com/jyoseihoutei/nisino.htm
>太平洋戦争は日米という卑しいアジア侵略強盗同士が奴隷自国民を駆り立てた殺戮戦であった。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者若しくは犯罪の共犯者であるという事実から目を逸らしてはならない。
>英霊という犯罪者を野放しにして、時代に責任を霧散させて来たモラルが、戦後の無責任を拡大し「平成」の今に至った。
>靖国の英霊たちがアジア侵略強盗殺人の犯罪者であり共犯者であるという事実は紛れもないことである。
>麻原「天皇陛下」のもと、世界滅亡(ハルマドゲン)阻止のためと称して市民を殺し廻ったオウム帝国の兵士たちもいま個別に裁かれている。
>上九一色村に建国したオウム帝国の国体を護持するために市民社会を侵略し強盗殺人を繰り広げたサリン特攻隊の若者たちもその共犯者たちもいま長い裁きの法廷に引き出されている。
>当前のことだ。
>拉致被害者を葬った金正日天皇北朝鮮軍需利権一派の愛国兵士たちが拉致被害者家族の怒りから逃れる事など出来ないように、
>靖国の英霊たちもアジアの無辜の家族を殺した犯罪者であり共犯者である事実から逃れる事は出来ない。
>数人の戦争指導者を連合国に裁いて貰うという怠惰に胡坐をかいて、英霊という個々の犯罪者を見逃してきた。
>オウム裁判のように厄介で気の重いことだが、英霊という犯罪者たちを裁くのは我々戦後生まれ日本国民の義務である。
>オウム帝国と日本帝国或いは北朝鮮の愛国兵士たちに家族を惨殺された者の慟哭と悲しみの深さは同じものだ。
>アジア侵略の挙句、かけがえの無い家族を殺しておいて、たかが数十年で許されるはずがなかろう。
>靖国の英霊たちに家族を虐殺された被害者の怒りがもう消えたとでも思ってるのか。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-03-17/2005-03-17faq.html
>日本人1697人を虐殺亡霊復活!特高官僚町村金五(田中内閣自治相、信孝現外相の父)たちの平成2005。
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-10-31/03_01.html
>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-06-15/26_01_0.html

273 :名無しさん@社会人:2005/06/24(金) 22:19:11
資本主義の精神が無いのに自由主義を取り入れた事が原因でアルゼンチン経済が破綻したのだとしたらまさに日本経済の先行きを暗示してるだろうよ


274 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 13:23:22
 理系の俺は、小室直樹先生の本を何冊も読んで社会人として勉強になりました。

しかしTVで見た事がありません。次回の放送予定を知ってる方は教えて下さい。お願いします。

275 :名無しさん@社会人:2005/06/27(月) 19:55:44
>>274 戦争と平和の法は読みましたか?

276 :名無しさん@社会人:2005/06/27(月) 21:43:24
古本屋に行くと、100円コーナーに小室氏のカッパブックスが
何冊も並んでいるのですが、とりあえず3冊読むとすれば
何から読めばいいですかねぇ?


277 :名無しさん@社会人:2005/06/28(火) 01:15:32
>>276
ソ連、天皇、資本主義の精神

278 :名無しさん@社会人:2005/06/28(火) 21:27:08
a

279 :名無しさん@社会人:2005/06/28(火) 21:32:20
>>276僕だったら「アラブの逆襲」(比較宗教)「ソビエト帝国の崩壊」「超常識の方法」(ノンブックスだけど)

280 :名無しさん@社会人:2005/06/29(水) 02:00:18
村田晃嗣2
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1094744087/501-600


281 :名無しさん@社会人:2005/06/29(水) 08:02:31
ソビエト帝国の崩壊→最期→分割→復活とあるのか。


282 :名無しさん@社会人:2005/06/29(水) 14:41:27
>>276
近くの本屋では売っていない

283 :名無しさん@社会人:2005/07/01(金) 17:18:26
小室哲哉のカリスマ性
http://ez.j-ken.ne.jp/index.php?f=aud_memb&data=491431

284 :名無しさん@社会人:2005/07/01(金) 19:45:06
>カッパだけじゃないよ、お宝。
中国、政治、税金、構造ネタも。
というかここの住民は買える本は全部GETしてるでしょう。

285 :名無しさん@社会人:2005/07/02(土) 11:39:35
小室哲哉ランド
http://3hp.jp/?id=tkworks

286 :名無しさん@社会人:2005/07/03(日) 22:50:37
天才

287 :名無しさん@社会人:2005/07/06(水) 21:36:59
>>230
の愚者のオブジェクト指向って何?
メンバの隠蔽も高凝縮低結合も考えない人のオブジェクト指向?

288 :名無しさん@社会人:2005/07/07(木) 19:13:13
「参院で否決でも衆院解散!」
小泉ってここまで基地外だったのかと
暗澹たる気持ちになった。なんか、なさけな〜

289 :名無しさん@社会人:2005/07/08(金) 00:32:25
小泉を小室はどう評価してるんだろうか
官僚のいいなりだから評価低そうだけど

290 :名無しさん@社会人:2005/07/12(火) 20:27:18
経済裏陰謀の常識―日本人は何も知らないのか プレイブックス
馬野 周二 (著)

1 恐るべき逆襲のプログラム
2 もう一つの政府陰の実力者たち
3 アメリカ経済を握るイルミナティ組織
4 踊らされた経済大国日本
5 日本人より日本経済に詳しいイルミナティ・ネットワーク
6 経済対日方式裏戦略の恐怖
7 日本経済新事態への対応要務令


トンデモ陰謀論の有名人の一人、馬野周二の著作
みんなイルミナティの陰謀だ〜wwww
特筆すべきは、ウヨ大好きの小室直樹が推薦文を書いてること。小室ファン必見、ヤヴァ杉。

「一九八九年に経済的破局がくる。フリーメーソンなどイルミナティの手先にすぎない。イルミナティは、アメリカ東部の
エスタブリッシュメントをまきこみ、虎視眈々と日本経済の喉笛をねらっている。大恐慌を起こし、そのドサクサにまぎれて日
本経済を征服しようというのだ。この大陰謀にくらべれば、オイルショック、円高不況でさえも児戯に類する。日本人よ、無知
によって生命を失うことなかれ、アメリカ研究の泰斗馬野氏渾身の力作。馬野経済史観による日本経済の将来を予測するの書。」
http://www.interq.or.jp/sun/atsun/komuro/recommendation/1987201.html


291 :名無しさん@社会人:2005/07/12(火) 21:42:10
イルミナティかどうか知らんけど、実際おいしいとこかなり持ってかれてるな。

小室直樹はユダヤ勢力のこと知ってって書かないから腑抜けだ、
って批判をどっかで読んだことあるけど、なんだ間接的に書いてるのね。

292 :名無しさん@社会人:2005/07/12(火) 22:30:13
>289
貴兄のの主観はともかく
「政治家」としての公約「死守」は、
小室先生としては、由では。
但し、結果の是非を問わず、責任の形を明確にすれば
との保留が付くが。

293 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 13:48:50
ナオキのサインが欲しい。どうすればいいのでしょうか。


あと壁に飾れるようなナオキの写真が欲しい。なるべくサイズ的に大き目の。
それに生サインがあると最高。

294 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 17:19:10
家に押しかけて弟子入りすれ
もしくは出版契約を持ちかけるとか

295 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 17:44:47
.r-、 _00           /::::'┴'r'
.|::::'´::::r┘  !「`L00、|.l└ク_;厂  /
.|::::「|:::|    l| |Ln:::r┘|.l _lニユ、 ./
. ̄└r''"´]_ l| | r゙=゙┐ |└ァ::/ /  /
、ヽ、 ,ゞ´_::::| l| |「二:::7 .|.l └′/  / /
. \\`´ |:::|. l| l 〈::/  、 !     '/
       /\___/\
     / ⌒   ⌒  ::\
     |  ?  , 、 ? 、 :| 
     |  ,,ノ(、_, )ヽ、,   ::|
     |   ト‐=‐ァ'    .:|.
     |   |,r- r- |   ..:::|.
     \  `ニニ´  .:./
     /`ー‐--‐‐一''´\

296 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 22:29:05
>295
?


297 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 01:13:22
>484
おまえも祇園祭いったの0?
>796
明日晴れるといいですね1

298 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 01:22:38
サブは
>334
なんだか変なことやってるし一時的にはね7
>870
ずっとはれるといいですね3。
お金糞豆の再来でんcxv

299 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 13:04:50
age

300 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 13:05:58
300

301 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 15:35:41
>>294
すみません、家ってどこですか?
ナオキが家から出てきたところにサインを懇願する方法が頭に浮かんでいます。


302 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 04:20:43
昔に比べて寂れてきたね

303 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 13:43:37
直樹の個性的な性格を形成した成育歴を知りたい
学問よりそのパーソナリティに興味がある


304 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:34:31
小室が宮台みたいな滑舌と最低限のテレビに出るための常識を持ってれば・・・

305 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 21:38:12

でも、ロッキード事件論争の時には、テレビで(文字通り)暴れていたんでしょ? かつてはテレビ向きの人だったのでは?

306 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 00:59:22
ロシア戦役戦勝100周年記念イベントはやらんのか?

307 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 07:04:53
収録で酒に酔って(文字通り)暴れたから、(危険人物だということで)呼ばれなくなった

308 :名無しさん@社会人:2005/07/22(金) 23:25:21
竹村健一もNHKでバカヤロウーと怒鳴ったら二度と呼ばれることはなくなったという

309 :名無しさん@社会人:2005/07/22(金) 23:26:25
>>305
空気に逆らったんだから、そうとう周囲から袋叩きにあってそう

310 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 17:44:21
>>305
基本的に当時も今も変わってない 
変わったのはしゃべるスピード 昔はもっと早口
聞きづらいのは変わってないね

311 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 10:13:08
社会人になった今小室みたいには成りたくないと切に思う


312 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 13:52:05
「WILL」9月号「勝てば原爆をも許されるのか」小室直樹

313 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 22:51:00
カッパ本出版してた頃は必売り上げずランキング一位取ってたなあ

314 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 08:05:08
WILLって言う新しく創刊された三流保守系雑誌に原爆の犯罪性について書いてたね、

公平に見て大東亜戦争は侵略戦争じゃ無いって主張してるけど、

315 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 13:04:00
侵略じゃないってのは苦しいな。
侵略しなければ侵略されざるを得ない時代と状況だったとは言えるが。

316 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 23:56:02
防衛のためには侵略するしかなかったってことね

317 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 00:03:52
原爆の犯罪性、というより東京裁判の違法性についての言及の
方が多かったな。パール判事以外の判事は国際法などわかってない
とか、石原莞爾と平泉澄を被告にしなかったのはマッカーサーが
ビビったからだ、とか書いている。日米戦争にいたる経緯もざっと
書いている。

318 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 01:24:30
今、ざっと読んでみたけど、
『封印の昭和史』に書いてあることのダイジェスト版って感じかな。

319 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 00:49:05
小室さんは若い頃はやっぱり留学先のアメリカで金髪白人美女たちとヤリまくりだったのかなぁ?

320 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 00:53:47
小室さんは若い頃はやっぱり留学先のアメリカで金髪白人美女たちとヤリまくりだったのかなぁ?

321 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 23:43:44

あ り え な い。

322 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 15:51:54
都知事が同じぐらいの年齢であれだけ元気なのに小室は衰えたみたいだなあ
やっぱり貧乏でまともなものが食えない上に大酒飲みという不摂生が原因の1つかな

323 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 19:07:28
昔栄養失調で倒れているからな。
それにくらべて、都知事は若い頃からいいもん食ってそうだ。

324 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 01:50:25
うーむ、小室の不幸は都知事のせいだったのか

325 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 00:02:47
あのじいさんは女から嫌われるタイプ

326 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 08:22:00
やっぱりルックスが冴えないってのは学者の資質の一つだよな


327 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 12:36:01
40年前もヨボヨボ爺さんだったわけじゃないでしょ。
サザエさんじゃないんだから

328 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 21:34:00
ヨボヨボの青年だったんだろうね

329 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 00:44:06
昔の人にしては身長あるんじゃなかったっけ?
ケンカぱやくて、生傷絶えないみたいなこと聞いたような気がするけど。
女に関しては・・・・・・








レイプしますた。

330 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 23:18:47
俺が小室直樹を初めてテレビで見たのは
渡部昇一の新世紀歓談の出演でだった、
当時話してた内容を覚えていないのだが「あーこの人が小室先生かー」と感慨深いものがあったな
他にも江藤淳とか西尾幹二などが出演していて
あの番組をもう一度再放送とかで見ることは出来ないだろうかって思う。



331 :名無しさん@社会人:2005/08/09(火) 01:48:38


332 :名無しさん@社会人:2005/08/23(火) 01:57:55
実際、「中国原論」についての中国人の行動様式について
みんな殆んど反論なしなのかな?

333 :名無しさん@社会人:2005/08/24(水) 18:34:16
危機の構造も復刊してほしいなあ。。

334 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 06:27:49
小室直樹
小室哲哉
小室等
小室みつ子
小室宏二
小室友里


335 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 18:49:16
小室も、あと少しかあ・・・

336 :名無しさん@社会人:2005/08/27(土) 18:21:50
アラブの逆襲ってイスラム原論もってたらいらないでしょうか?

337 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 20:41:24
ヴィデオニュースの出演、面白かった。
問いかけて答えを待つのが、アリストテレスみたいでステキだった。

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)