2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

社会学がインチキと言われた・・・

1 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 18:41:43
エセ学問って理系の奴に言われた
悔しくてたまらん

2 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 18:54:32
何をいまさら

3 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 00:09:05
私も理系だが、インチキエセ学問だと思ってますよ。

4 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 00:50:25
社会学=洗脳のための自論

5 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 00:55:36
社会学は天才学問!!!ウェバーは天才じゃないんですか?

6 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 01:01:26
たった一例で一般的な結論を出す>>5が天災だろ

7 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 01:13:05
社会学は高級な娯楽ですから。

8 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/19(火) 11:49:40
批判すると褒められるのは
社会学の最大の楽しみです。

9 :カモ:2005/07/19(火) 15:17:07
いや・・一例がだれもうち破れないから天才なんです!
唯一これまでのウェバーが強すぎて社会学が進まないんです。

10 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 15:19:24
そもそも個人の評価が学問の評価に直結してること自体が非科学インチキ学問の証だろ

11 :カモ2:2005/07/19(火) 15:27:42
社会学は社会から個人の平和を考える善良の学問なり!臨床とは逆です
ね。まぁいらないといったら、経済学も心理学も文学もいらないよ。


12 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 15:39:31
自ら善良と言ってはばからない間抜けさが社会学のインチキ性を象徴していますね。

13 :カモ3:2005/07/19(火) 15:46:35
世の中のことを考えて、社会現象を分析する事はいいことだ社会学が
政治学とくっついたらいいかもな!まぁウェバーさんはやってました。

14 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:16:17
>>12
おもしろくない人間なんだね、君。
よくそう言われない?

15 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:20:19
>>14

言われないよ。
君は頭の悪いやつってよく言われない?

16 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:25:34
>>15
自分が井の中の蛙状態である事を知ったら?
すっごい恥ずかしくなるだろうね。


17 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:29:50
ウェバー研究したもの「社会学」「歴史学」「経済学」「法学」「芸術」
「文学」「宗教学」「政治学」だれも勝てません!

18 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:42:08
自分がまったく見当違いのことを言ってる事を知ったら?
すっごい恥ずかしくなるだろうね。

19 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:42:53
気になるなら自分で調べれば?
いつまでも人に頼ってたら就職できないよ

20 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:43:33
もう失笑しかない

21 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:46:35
社会学の前で喧嘩は慎むべし!

22 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 16:57:30
社会学に関わるような事がメディアに取り上げられるとなると、もはやネタや嫌悪感の対象になるんだから、もう失笑しかない。
厚かましい上に、何故か自分達への世間からの視線が冷たい事を意識し、勝手にウェバーを同調させようとしているんだもの。
ウェバーが不憫っつか、他の外人でもあんな感じじゃない?社会学だから、っていうのは思い上がりだよ。


23 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 17:43:41
ウェバーは社会学を超えた存在です。

24 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 17:46:20
ウェバーに同調は不可能!

25 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 17:51:57
おまいら喧嘩はやめてマタ-リしませう

26 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 17:53:00
まったりって宮台が考えたの?

27 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 18:18:57
こんな糞釣りスレが伸びていることに驚く

28 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 18:27:09
インチキでないことをこれから証言していきましょう。


29 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 18:29:59
社会学は簡単に言えば国を良くし家族や風俗を良くしていこうとする
のが社会学。だから社会学を勉強と世の中について勉強しなければ
意味がないぞ

30 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 18:34:56
まさしく、オナニー

31 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 18:46:07
syakaigakuisbeautiful

32 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:37:34
社会学が無くなっても、世の中は何も変わらないだろうな・・・

33 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:41:21
社会学なくなったら、誰が社会のこと語るんだ?無知な政治家か??
社会学は今からの学問統計調査をもっととるべきだ。

34 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:45:32
http://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/books/bks0307.htm
しかし前々から思ってたけど、「理論社会学」というジャンルはおそらくもう
だめだな。行為理論に関しては哲学、言語学、認知科学、人工知能、ロボティ
クスに水をあけられっぱなしだし、システム理論の方もルーマン死後はまった
くぱっとしない。このままではたぶんゲーム理論とマルチエージェントシミュ
レーションに占拠される、ということは経済学者、社会心理学者、人工知能研
究者にお株を奪われる、ということだ。現に数理社会学会機関誌『理論と
方法』とか見てるとずいぶんゲーム理論関係が多いもんな。
 問題はただ単に「インフォーマルに提出した新アイディアを、あとからや
ってきたハードサイエンスの徒にフォーマライズされてもっていかれる」
ということではない。パーソンズ以降、そしてルーマン以降、「理論社会学」
はそもそも横取りされるに足るアイディア自体をもう長らく出していないの
ではなかろうか? 

35 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:46:49
>>33
>社会学なくなったら、誰が社会のこと語るんだ?
>社会学は今からの学問統計調査をもっととるべきだ。

社会学者よりも数学や統計学に詳しい経済学者や計量政治学者がやればよい。彼らのほうが優秀。


36 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:49:57
経済学がこの世から消えたら…
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/economics/1118660552/

社会学がこの世から消えたら…
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1119798805/

…orz

37 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:56:18
統計って目的があって、それに伴って統計とるんでしょ!そんな目的もわかんない
詳しい人がやっても検定結果でるだけだろ、社会を分析する人がいて
統計が役に立つんです。

38 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:58:07
社会学がなくなると→朝から生テレビがなくなって困る

39 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 19:59:38
>>37
だからなおさら経済学者がやればいいんだよ。
日本の社会学なんてレベル低いんだから。

40 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:00:28
統計に詳しい人に統計をいじくって欲しいと思うのはボクだけでしょうか?

41 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:01:22
『マトリックスの哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4893678728/250-7157747-4979408

ポストモダンちっくな映画批評というのは、もうホントにワンパターンな
ことしかできないのを如実に示しているトホホな本。映画「マトリックス」
をネタに空論学者が議論をしているのだけれど、それがもう泣きたいくらい
ありきたり。

 フェミニズム学者は、後頭部にプラグを差し込む行為に性的な深読みを
してみせるし、文化相対主義者は、すべてはシミュレーションかもしれない、
というのを嬉しそうに言うだけ。その他、予想がつく議論がまるっきり予想
のつく形で展開されるだけの無力な本。映画そのもののおもしろさや可能性
を踏み越える論文(というよりただのエッセイ)は一本もない。

42 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:01:27
検定?
ま、まさかt検定やF検定?
これが社会学クオリティか

43 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:02:46
>>42
その程度がマックスだろ。第一種の誤りと第二種の誤りをきちんと答えられる社会学者がどれだけいることか・・・。

はっきりいって、心理学とか(心理学的)社会心理学連中のほうがはるかに有益な社会分析してるよ。

44 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:12:40
http://be.asahi.com/20021130/W13/0040.html
■論文を引用された回数の多い日本の経済学者■
雨宮  健 米スタンフォード大教授   2988
青木 昌彦 米スタンフォード大教授   1346
速水佑次郎 政策研究大学院大教授    1332
林  文夫 東京大教授         1167
藤田 昌久 京都大教授          915
青木 正直 米UCLA大名誉教授     835
森嶋 通夫 英ロンドン大名誉教授     828
宇沢 弘文 東京大名誉教授        815
清滝 信宏 英ロンドン大教授       720
伊藤 隆敏 東京大教授          597
根岸  隆 東洋英和女学院大教授     539
浜田 宏一 米エール大教授        490
松山 公紀 米ノースウェスタン大教授   460
神取 道宏 東京大教授          451
ホリオカ,チャールズ・ユージ 大阪大教授  414
金子  守 筑波大教授          351
奥野 正寛 東京大教授          339
佐和 隆光 京都大経済研究所長      332
金本 良嗣 東京大教授          292
小宮隆太郎 青山学院大教授        285

「ISI−トムソン」のデータによる。1980〜2002年1月までの世界主要学術誌約1700から

45 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:14:42
社会学も心理学もいかがわしいといえば、いかがわしいが社会学の方がまだまし。
臨床なんて問題外と思う

46 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:19:42
>>45
心理学のどのあたりが?

47 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:24:07
>>46
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jssp/index/frame03.html


48 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:27:17
全然具体的じゃねえww

49 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:28:46
心なんてないのに、あるかのごとくしゃべる。医者でもないのに、一人前に
カウンセリングの物まね。医学じゃないから薬使えない。言葉で癒そうとする
じたい怪しい。医者はドイツ語勉強するんだが、それもしない。
医者から馬鹿にされます
実験も大したことやってなく世間に認めてもらえない。


50 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:30:10
現在は薬物療法が主流じゃん。わけわかめ

51 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:32:32
それ臨床心理士じゃなく精神科医じゃないの?
心理学は薬物ならわないぞ

52 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:36:01
心理学、社会心理学、精神科医、精神分析がごっちゃになっている悪寒。

53 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 20:41:27
へ、心理学のなかに社会心理学があり、精神家は別。精神分析は両方するっしょ


54 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 21:21:06
パーソンズについての実話。

昔のケンブリッジ大学では経済学は政治学と一緒の
学部だった。当時、政治経済学部の優等学位卒業試験
に社会学を入れるべきだという提案が問題に
なっていた。この提案に反対していた連中が、
この提案を葬り去るのに使ったのが、パーソ
ンズを客員教授として招いて講義をさせるとい
うことだった。
 パーソンズの誇大妄想的で無内容な講義は
学生とケンブリッジの学者を呆れ果てさせ、
この提案に反対していた連中(経済学者)
の目論見どおり、社会学を優等学位卒業試験
の科目に加えるという提案はいとも簡単に
葬り去られてしまった。


55 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 22:27:29
ぶっちゃけ、社会学も数学や物理学の人が片手間にやればいいんじゃね?
経済学でも経済物理学とかは物理学の人が片手間にやってるんでしょ。

56 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 22:59:11
「一見すると数理的手法になじまない意味世界の解明」にしても、
ではいったいこれまで「意味世界の解明」を目指した作業の蓄積を顧みたときに、
我々はいったいどの程度のことを達成してきたのか、
虚心に振り返るならば、数理的アプローチを頭から
馬鹿にできるほどの成果がすでに非数理的アプローチ
によって蓄積されてきた、とは言い難いのではないか。


57 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:08:53
これだけは絶対に譲れないというか、
検証されている命題って社会学にはありますか?
言ってしまえば成果ですか。社会がクリアに見えるとかそういうのじゃなくて。

58 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:10:36
なんで、社会学は統計習うんでしょ!それで十分じゃん。統計はそれで十分なんだよ
あとは社会学の理論の問題なんだって調査の!その目的ができてないといくら
統計とってもダメなんだって!

59 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:15:52
>>58
いきなりどうした?

60 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:21:57
すみません!宮崎哲也風に回答してみました。

61 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:24:19
>>60
なるほど。で、その成果は?

62 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:31:23
おまいら朝生見ろよ。
あれぞ社会学の成果。

63 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:33:43
僕は社会のために学んでいる。社会学をけなす理由がわかりません。
経済と結びつけて何がしたいのかわからない。社会学って統計だけじゃない
だろ。民族学も社会学に入るんじゃないんかぁ!パーソンズの村調査もある
やろ〜

64 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:36:38
>>34

禿同

65 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:38:44
>民族学も社会学に入るんじゃないんかぁ
入らない。

66 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 23:43:18
だって民族って文化的カテゴリーだぞ。じゃあパーソンズのゲマイシャフトと
ゲゼルシャフト研究をどう見るんだ民族学にも当てはまるだろ・・・あれは


67 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 00:14:07
限界の社会学。限界の思考。羽ばたけ社会。清く正しく平和に。

68 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 00:15:39
結論:F検定が社会学クオリティ

69 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 00:22:48
もう検定も統計も関係ない。今必要なのはみんなを魅了する宗教的カリスマの
存在なんだよ!結局、社会が良くならないと数学勉強してもだめなんだって!
数字なんて心に響かないんだって!社会を変えるエネルギーなんだって

70 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 00:31:39
社会学は宗教てことですか。なるほど

71 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 02:12:19
ここまでアンチ社会学が多いのは何故?

72 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 10:00:51
社会学がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。

73 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 10:08:15
オウム真理教がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(オウム信者)
統一教会がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(原理研究会員)
創価学会がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(学会員)
自民党がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(自民党員)
共産党がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(共産党員)
辻元清美がいなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(社民党員)
動物愛護団体がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(動物愛護主義者)
日本相撲協会がなくなると世の中に悪が増えるだけのような気がします。(相撲ファン)


74 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 18:11:33
だから、その調査をするのが社会学者の役割なんだって!オウムは社会が生み
出した産物だぞ。社会を研究しなくちゃあ、一般ピーポーが危険にさらされる
二の前を踏むんだって!

75 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 18:21:43
必死だな宮崎君

76 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 18:36:45
社会学を馬鹿にするやつは、社会をも馬鹿にしてる人なんだよ。社会学って結果
的に社会を良くする事が目標なんだって。社会ってみんなで作るもんだろ。
私を捨てて公にていし、一般ピーポーが幸せを願い夢を実現させやすくすることが
社会学者の本来のスタンスなんだよ!だから、みんなこれから勉強するのに
足りる学問なんだって!!!

77 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 18:53:18
社会学者は理系にコンプレックスもってないですか?
オレ理科系のこともよく知ってるんだぜって感じな奴が多いんだが

78 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 19:32:23
基本的な位相集合も知らずに、ゲーデルの不完全性しったかとかする社会学者なんて誰も信用せんって。

社会の問題なんて、経済学者や認知科学者のほうがはるかに有益な理論を提示している。社会学から出てきた理論で、他の分野が注目しているような理論はあるのか?とくに近年。その逆は沢山あるのに。

社会問題は認知科学者と社会心理学者にまかせよう!意味の世界の探求は哲学者にまかせよう!社会調査は経済学者に任せよう!中途半端な社会学理論なんて要りません。

79 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 19:33:09
認知科学とは?
http://homepage1.nifty.com/~watawata/psycho/cs1.htm


80 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 19:36:18
>>76
>社会学って結果
>的に社会を良くする事が目標なんだって。

すべての学問はそれを目的にしております。自分たち社会学だけが!と思っている馬鹿がいるから、社会学は馬鹿にされる。


>みんなこれから勉強するのに
>足りる学問なんだって!!!

認知科学やゲーム理論やったほうがよっぽど有益。社会学なんてここ数十年、訓詁学とインチキ統計しかしてない。



81 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 19:51:32
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20050205
「一見すると数理的手法になじまない意味世界の解明」にしても、
ではいったいこれまで「意味世界の解明」を目指した作業の蓄積を
顧みたときに、我々はいったいどの程度のことを達成してきたのか、
虚心に振り返るならば、

数理的アプローチを頭から馬鹿にできるほどの成果が
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
すでに非数理的アプローチによって蓄積されてきた、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
とは言い難いのではないか。
~~~~~~~~~~~~



82 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 19:55:51
戸田山和久『知識の哲学』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4782802080/249-6337731-2821915
信念を基礎づけによって正当化することを放棄することは,自然科学
を哲学的認識論で根拠づけることの放棄となる。むしろ認識論は自然
科学の一部として,われわれが実際にどのように信念に達しているか,
脳科学,認知科学,生物学,心理学の成果を活用して,考えるべきで
ある。この現実を認めず,伝統的認識論に固執するのは,怠け者の哲
学者である。

 ところで,そもそも「真理」や「信念」とは認識論にとって大切な
ものか。もし真なる信念の形成が生物の生存にとって最適な戦略では
ないなら(そしてないらしい),認識論の前提自体があやしい。真理
や信念に関わる必要はないのではないか。ということは,「心」なん
て問題ではない。

 そこで,新しいこれからの認識論は,真理や信念を問題とせず,プ
ラグマティックに,しかも自然科学の一部として学際的になされるべ
きである。


83 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:15:36
正直言いましょうか、理系はもう限界にきてんだって!もう役に立たない物
ばっかりつくって売り出すのは終わり何だって!大衆は何求めてる!何を求めてるんだって
みんなが一丸となって熱狂できる物なんだろ。社会分析して大衆が何求めてるか
テレビ局就職多いんだからテレビでビシッと示すべき何だって!何やってんだ!
それじゃあ、つたわんないだろって!カツいれたくなるんだって

84 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/20(水) 20:16:14
マルクス主義の最後の砦として、我々労働者階級を勇気付けてくれる社会学を
葬り去ろうとする奴は、恐らく国家権力者に魂を売った御用学者かその予備軍、
落ちこぼれだろう

85 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 20:33:57
まずは自然科学から始めましょう

86 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 21:06:44
いいか!社会学やれば世の中について考える。良いことだと思うだろ。

87 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 21:48:23
もう疲れてきた!社会学はもう宮台真司さんに任せるしかない。もう落ちます。
ありがとう、みんな、ありがとう社会学。ありがとう宮崎哲也!ありがとう
社会を愛する一般ピーポー

88 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 21:52:35
哲学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
経済学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
法学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
政治学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
ぼけぇ、きさまらフィールドもやんねえ自称社会学者どもはうせろや

89 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 22:06:47
まあインチキ学者が多すぎるから仕方ないような

90 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 22:28:33
>>83
…いくらなんでもネタだよな…。

91 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 22:54:54
>>1が言いたいことは分かるような気がせんでもない。
現実世界の処世に役立つ理論を日本の学者は出したか、
イチから自分で考えることなく外人理論の引き写しで済ましてるんじゃねえ、
とでも言いたいんじゃないだろうかね。

社会学は人間の振る舞いについての法則性を見出す学問全てだろ。
人間は一人じゃ生きられないから、人間の集合を「社会」と名づけて
そいつらがどう動くか、なぜそういう行動を取ったかを研究する分野。
経済学だろうが、心理学だろうが、帝王学だろうが、文学だろうが、
究極の所、社会学の範疇に入ると俺は考えるね。
人間が介在することすべてに関して、何故彼や彼らはそうしたか、
究極のところ、どうすれば彼らを意図的に動かせるかの研究が
社会学なんじゃないのか?

逆に言うと、ホンマモンの社会学者は何でも知ろうとする態度が要る。
それが出来なきゃ外人の口伝で御仕舞いだろう。

92 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:19:29
>経済学だろうが、心理学だろうが、帝王学だろうが、文学だろうが、
>究極の所、社会学の範疇に入ると俺は考えるね。

究極の所、心理学の範疇に入ると俺は考えるね。
究極の所、経済学の範疇に入ると俺は考えるね。
究極の所、文学の範疇に入ると俺は考えるね。

どれでも言えそうだね(笑)

93 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:22:34
だから1は、社会学が「人文電波」って一連のスレを
立て続けてるお馬鹿さんだから、いちいち構わなくてヨシ

粘着ご苦労さん>1

94 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:25:28
前半はともかく後半は>>1は消えていると思うんだが…。

95 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:27:34
帰国しました!い〜か、みんな、よ〜く見とけよ!これが社会学のパワーだ!
今ニートが流行ってるけど、あれは社会学者がもたもたしてるから現れたんだ、
わかるか!社会学で自分の生み出した物を、直さなくてはならないんだ。ニートを
救済できるのは社会学のあんちゃんしかダメなんだよ!理系はコンピューターマンを
つくるだけなんだって!

96 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:33:26
>>95
あんたクスリでもやっているのか?

97 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:43:57
・・薬?まぁそれは、今度話すわ。ところで時代学なんてないだろ、時代を
昔、今、将来の繋がりとして社会学が大切なんだわ!そのところどころに時代が
見えてくる訳なんですよ。

98 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:48:16
なに言っているのか全然ワカラン…。

99 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:54:02
ではウェバーから読み直すべきですよ!

100 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:54:44
100回記念越えたので落ちます!さらば!

101 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:56:23
今までの話とウェバーのどこに関連が…?

102 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 23:58:42
リッチクライアントの時代を先取りする先端技術Ajax
(Asynchronous Javascript with XmlHttpRequest)
そのAjaxを使いまくったサイト  http://www.at21.net/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
強力カスタマイズ機能付総合サイト 電脳空間
URL : http://www.at21.net/
HELP: http://www.at21.net/info/help/help1.htm#help_top
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

103 :社会男:2005/07/21(木) 15:09:32
ただいま帰りました。い〜か、ウェバーは社会学だけ学んで理論だしてるんじゃないんだ
パーソンズは図式理論を会社で4つに分ける理論だしただろ。あれは社会学だけじゃなく
会社にも当てはまるようなんだ。そもそも、今の大学だったら社会学だけ習うことなんて
しなく、民族学とかも勉強するだろ!そんな、社会学だけ責めたらダメだよ。

104 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 15:53:09
日本語からやり直せ。

105 :社会男:2005/07/21(木) 16:30:47
日本語とは時代をさかのぼると戦前と戦後では全然違います。そもそも中国
から入ってきたのをかみ砕いたのが日本語である。歴史学から学び直すがよい

106 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 16:37:44
っ〜か、このすれ限界

107 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 19:23:18
パーソンズやヴェーバーではしゃぐ奴未だに存在するのか…。

108 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 19:29:40
我とディベートしたければ社会学を勉強し理論の一つでもだすがいい!

109 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 19:45:39
だんだん優しい人から意地悪おじさんになっちゃうぞ!っ〜かレベル低すぎ
なんだよ。君たち何学部卒なの?私、心理学、社会学、哲学を勉強!
理論の1つでもだして見ろ

110 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/21(木) 20:06:06
マルクス万歳

111 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 20:18:02
浅田彰曰く「社会学は失敗した学問」

112 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 20:39:46
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/3974/1116759980/

113 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 20:54:55
「しかし前々から思ってたけど、「理論社会学」というジャンルはおそらくもう
だめだな。行為理論に関しては哲学、言語学、認知科学、人工知能、ロボティク
スに水をあけられっぱなしだし、システム理論の方もルーマン死後はまったくぱっ
としない。このままではたぶんゲーム理論とマルチエージェントシミュレーショ
ンに占拠される、ということは経済学者、社会心理学者、人工知能研究者にお株
を奪われる、ということだ。現に数理社会学会機関誌『理論と方法』とか見てる
とずいぶんゲーム理論関係が多いもんな。
 問題はただ単に「インフォーマルに提出した新アイディアを、あとからやって
きたハードサイエンスの徒にフォーマライズされてもっていかれる」ということ
ではない。パーソンズ以降、そしてルーマン以降、「理論社会学」はそもそも横
取りされるに足るアイディア自体をもう長らく出していないのではなかろうか?」
by稲葉振一郎先生

114 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/22(金) 20:18:03
チョン

115 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 13:31:15
経済学を理解できない落ちこぼれ学生が安直な説明を求めて社会学に走る。

116 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 13:32:04
社会学は経済学に吸収されればいいのに。

117 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 14:07:10
インチキと言われようが社会学専攻者は増加してく一方なんだって!

118 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 14:21:16
そりゃあ楽なのに越した事はないからな。

119 :社会男:2005/07/24(日) 14:41:30
社会学はまだ100年あまりの学問なんだが、限界にきているのはウェバーが最強
だから、100年もの間、かなう奴がいなかった。ちょっと前、宮台がウェバーみた
いなことしてたが、路線変更しやがった。今、メディア=社会学となってる。
これから、どうなることやら・・・。心理学とでも組むのかな。

120 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 14:46:35
じゃあ、もういらないじゃん。

121 :社会男:2005/07/24(日) 22:06:32
他の国に社会学があるのに、社会学がないのはこの国だけと言うことになるんだって!
何、言ってんだって!今からだろ!今から何だって!今から伸びて社会学が学問として
定着してくまで、見守るという事が大切なんだって。経済学なんかとくっつけても
しょうがないんだって統計はもう十分なんだよ。

122 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 22:34:24
政治学、経済学、認知科学と哲学で十分


123 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 23:22:07
身も蓋もないけど、公益性のない学問じゃないか

124 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 00:16:34
社会学の理論が政策に取り入れられたこともあるんじゃね?
知らんけど。

125 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/07/25(月) 07:14:30
ホーソン工場

126 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 20:10:26
>>121
>他の国に社会学があるのに、社会学がないのはこの国
>だけと言うことになるんだって!

なんで日本の社会学はこんなにレヴェルが低いの?
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1049971500/


127 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 22:23:31
どうでもいいけどバ行の音をヴで書く奴ってかえって頭悪く見えるな

128 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 23:22:15
>>127
それって"日本の"社会学くらい頭わるい?

129 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 23:44:36
日本の○○はダメだって言ってる奴が、○○を理解していたためしがないのはなぜだろう

130 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 23:51:35
他に日本の○○が駄目ってケースあったっけ?

131 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 21:22:42
日本の教育はダメだとか、日本のメーカーはダメだとか、いい加減な知ったかぶりしか
吐かないマスコミはよく言ってるがな

132 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 23:36:07
いきなり学問以外の例に飛んでったナw

133 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 00:22:31
>>124
窓割理論とかか

134 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 20:08:37
日本の社会学はレベルが高い! なんで、わかんないの????

その証拠に、米英だけではなく、仏独の社会学もきちんと理解している。
数理社会学厨のDQSは米英しか知らない馬鹿。米英のイデオロギーに染まっているだけ。
これだけ、広範な社会理論を理解している国は日本くらいだろう。それもすべて原語で理解している。
アメリカ人なんてブルデューも英語で読むんだぜ?馬鹿じゃん。
はっきりいって、日本の社会学は経済学・政治学・法学からも尊敬されている。
日本の社会学を批判す奴は、お前たった一人だよ。俺はお前しか知らない。
経済学・政治学・法学からは理論社会学の知見に対する敬意しか聞いたことがない。
「社会学評論」はA.J.Sなんぞより、よっぽどレベルが高い。50年たってからみれば、より明白になるだろう。
これがわからない奴は馬鹿。

135 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 20:56:48
縦読み?

日ソ数コアは日経「これがわからない奴は馬鹿。

??

136 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 21:39:01
まともな反論がないので社会学はインチキという結論でいいですね_?

137 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 21:47:59
素人なので定義付けとか要求されても困るけど、「学問」と「科学」って
イコールじゃないんじゃないの?学問は制度だから、科学の体をなしていな
かったとしても、社会がそのディシプリンに必要性を認めていることの
証しとして、社会的認知と制度的保証を与えているなら「学問」ではあると
思う。バカ理系君はあからさまに混同しているように思う。

138 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 21:49:09
ゲーム理論と認知科学のほうが社会学より、社会を切れている。
もう訓詁学でしかない社会理論なんていらないよ。

139 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 02:35:12
訓詁って言葉を使いたがっているようだな、憶えたての言葉なのか?

140 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 12:34:43
>>137
科学の体をなさない学問をやるのは勝手だけど、それは全く価値がないと思うが

141 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 16:45:33
価値がないだけなら別にいいんじゃね?娯楽の一種でしょ。


もしかしたら無価値どころか有害かも知れんが。。

142 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 16:53:02
別に価値がなくてもいいんだけど、それに税金使われるとちょっと待てって話で。
少なくとも国公立大学ではやめてくれ。

143 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 18:15:04
>>137

仮にも社会科学の一分野であるというなら、科学であることを否定しちゃダメでしょ。そうした社会科学の成果として
社会学があった上で、それを学べるよう学問とする制度が存在するわけだから。

144 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 21:17:03
社会科学と社会学をいっしょにすんなぼけ
社会学はただのインチキ言葉遊び
文学部に編入させろ

145 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/08/01(月) 07:22:18
今の区分けでは、社会学、経済学、政治学、というような分野別の区分けが成されているが
これが果たして科学的に妥当なものなのか
たとえば、ウェーバー学、マルクス学というような区分けで学科編成が成されたほうが
学究的側面から考えれば、遥かに理解を深めることができると思います。

146 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 15:33:22
社会学を軽視しているのは日本だけ

147 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 20:22:41
社会学が訓詁学化してるのは日本だけ

国際社会学会で誰も発表しない先進国も日本だけ



148 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 22:24:15
欧米でもイロモノ扱いだけどな。
大学でもあんまり予算つけてもらえないし。

149 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 23:00:32
『グローバリゼーションを擁護する』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4532351405/249-6337731-2821915

この本でも社会学って馬鹿されまくり。

「グローバル化により発展途上国にいっそうの普遍的な繁栄がもたら
されれば、児童就労はまたたく間に減少し、識字率も上昇するという
(十分な収入があれば、両親は子どもたちを仕事ではなく学校に送り
出すようになる)。また、グローバル化が世界中の女性運動を促進す
る事実や、適切な環境保護策をとりさえすれば、経済成長は必ずしも
環境汚染を加速させるものではないという証拠が示される。そして、
グローバル化が「マックワールド」(いわゆるファストフード文化)
による文化的侵略を助長しているという批判に対しては、サルマン・
ラシュディを引き合いにして反論する。」

150 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 00:40:31
>>149
だけど、そいつウヨクだぞw

151 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 00:41:36
↑この反応が社会学クオリティ

152 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 03:47:40
いやどっちかというと政治学だけど・・・理由はわかるよね?

153 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 08:03:26
最高に頭の性能悪そうな>>150晒しage

154 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 10:27:17
>>151
>>153
ウヨク


155 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 14:02:15
なぜ社会学はだめなのか
http://mazzan.at.infoseek.co.jp/lesson1.html

156 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 15:16:09
>>1
海外の社会学の翻訳しただけの翻訳社会学はエセ学問ですらないよ。

翻訳部だよ。部活でつ。

157 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 16:14:57
おまいら中国オリンピック潰してみないか?
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1123006406/

158 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 16:42:59
社会学は厳密に言えば科学としていい加減なもんかもしれないが、
逆にそのいい加減さが長所となって、いろいろなトピックを扱うことが
可能になり、面白い分野となっているのだ!!!!!!

社会学万歳!

159 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/08/04(木) 20:02:05
社会学は抑圧された労働者階級が理論武装していく中で
育まれた。それを考えたら、統計取ったり、翻訳したりして
悦に入っている連中はすべからくエセ社会学者であり、
社会主義革命を標榜し、あるいは実践するもののみが
真の社会学者であることは明白である。
この際、客観的であるかどうかという問題はたいした問題ではない。

160 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 20:54:30
>>158
哲学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
経済学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
法学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
政治学のまねごとして突っ込まれると、「社会学ですから・・・」
ぼけぇ、きさまらフィールドもやんねえ自称社会学者どもはうせろや

161 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 21:38:41
>>159
ageまん

162 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 23:53:48
なんで社会学板なのに社会板否定する奴が多いんだ
馬鹿しかいないの?

163 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 00:00:04
反論すればいいジャマイカ

164 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 21:40:53
>なんで社会学板なのに社会板否定する奴が多いんだ
この発想じたいが、それこそ馬鹿だと思うが。

165 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/08/05(金) 21:53:56
社会学の最初の講義で批判的に物事を見る、ということを教わった。
当然、科学としての社会学も批判の対象になるはずであり、その批判に相対する
逞しい社会学理論の構築が実現すれば、その批判はまさに批判という形を取りながらも
社会学発展に大きく寄与したことになり、実は社会とはこの繰り返しによってのみ、
少しずつでも良い方向に流れていくものであると信じたい。それは、権力層に追従することで
予算と職場を確保し、発展したかに見えて実は自らのイデオロギーを捨て去ってしまう
多くの御用学者をして明らかであろう。

166 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 22:01:05
最後の三行がグダグダになっちまってるな

167 :名無しさん@社会人:2005/08/05(金) 22:30:12
つまりインチキってことね

168 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 20:04:40
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ
反論すればいいジャマイカ

169 :堤のイヌ(仮性包茎):2005/08/10(水) 20:32:54
私は社会学の初講で「批判的に見る」ことが「科学的である」第一歩だと
教わりました。

170 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 20:53:24
社会学の価値(価値観)

社会学の問題意識

社会学の対象

社会学の方法

社会学の成果


他にもいろいろあるだろうな。一つずつ順番にやらないか?
「どれも全てダメなんだよ!」って大声出すのは勝手だが
それは批判ではなく非難。

誰だって、「お前はダメな生徒だ」と教師に言われたとき、
「どこが?」という問いを許さない「全然ダメ!何もかもダメ!
逝ってよし!」なんていう教師と会話なんかしたくないだろ?

171 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 20:56:27
言いだしっぺが始めないと誰もついてこない罠

172 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 20:56:36
それから「学問」と「エセ学問」の定義をしっかりするべきだ。
これが批判派/擁護派に共有されていない限り、議論は不毛だ。
え? 議論スレじゃなくて・・・ストレス解消スレ?

173 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:02:28
>それから「学問」と「エセ学問」の定義をしっかりするべきだ。
ヒント;科学哲学

174 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:03:32
>>54
なんか悲惨だな…。

175 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:06:17
そうかじゃあ俺から逝こう。

「学問」「エセ学問」の分水嶺は二種類あり得ると思う。

ひとつは、その学問体系の中の要素が充分/不充分であるかどうか。
もうひとつは、その学問体系に対して社会的に「予算」が付与されているかどうか。
となれば、「日本の」であろうとなかろうと、社会学は後者の意味では充分に学問
であるといえる。

もし後者を批判するのであれば、その批判は社会学ではなく、
「予算を付与するもの」に対してなされるべきものだと思うがいかに?

次に内在する要素の過不足についてだが、
社会学の中には定量的なモデルを作り上げることを放棄しているものが多いように見える。

「定量的なモデルを達成できずとも、定性的な議論に留めておくほうが、事実を曲げてまで
定量的なモデルを作るよりはずっとよいし、それでもそれは有益な検討である。定量的な
モデルの達成はそれが可能となる時代まで待てばよい」

というようなことを誰かが言っていたが忘れた。
だから、定量的なモデルの呈示が少ないことを挙げて、即座にこれを批判の対象とする
つもりはないが、このあたり、【定性的研究】にいそしむ諸氏のご意見やいかに?

176 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:07:54
>173
それがどんなヒントになるのかよくわからんが、
他の学問分野によってその学問の「エセ」度が規定されるのか?

177 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:10:30
つーか定性的なモデルもあるんじゃないの?
まず定性的なモデルを組む
次に定量的に検証というのが普通だと思うんだが…。
社会学が科学かどうかはとりあえずポパーが経済学は科学といった意味での
反証可能性があればいいんでないの?


178 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 21:11:47
>>176
いやだって、何十年もかけてまさしく「疑似科学」と「科学」の違いを追求してきた学問なんだから
真っ先に参照するべきじゃないのと普通に思ってしまったんだが

179 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 22:30:36
カルスタは批判的想像力のことだから、
科学でも学問そのものでもない。
教養再編の道具としても旗色が悪い。
カルスタのポジションを
日本語文章作法、お茶の入れ方、
名刺の渡し方、頭の下げ方、
チャットの仕方・・・が脅かしている。

180 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 23:40:58
>177
ウンウン。でも、「批判派」が根拠としてるのが工学とかであるならば、
定性的なだけの議論というのは「成果」として容認しにくいわけ。

たとえば、「緑のダム」っていう言葉があるけど、どの程度の
予算で、どの程度森林ボランティアが動いてくれて、その結果
どの程度水源涵養が達成されるのか、ということが明らかでないと、
多目的ダムがいいか緑のダムがいいかっていう議論ができないわけ。

でもって、俺らの今の能力では、定量的なモデルに至ることができない
問題っていうのが結構ある。「社会」というものを実体としてみなしたり、
「システム=観察される全体性」としてみなしたりしなければわからない
領域というのはまさしくそのあたりになるんじゃないかな。

これは「認知系」と呼ばれる分野全てが持つ問題だと思うけど。



ま、それでね、
「定性的な【だけ】のモデルにとどまってしまうケース」について、社会学は
どう思ってるのかな、ってこと(まあひとくくりにできるもんでもないだろうけど)。

それは定量的モデルに至るための前提研究なのかな?
それとも、定量的モデルの達成を諦めた研究なのかな?

181 :名無しさん@社会人:2005/08/10(水) 23:51:57
>178
それはどうだろう。

それぞれの学問体系に内在する価値や方法、視点の充分/不充分によって
「いんちき」かどうかを決定するというだけのことならそれでもいいかもしれない。

でもそれだけじゃなくて、社会への還元能力ということになれば、その時々の
社会状況との「関係」において「いんちき」かどうかが決定されるんじゃないかな。

逆に「科学哲学」の「いんちき」性を審査できる学問は何なんだろう・・・。
というのは完全に話が逸れるような気がするな・・・。


>179
意味がよくわからんが、カルスタの「どの部分が」学問あるいは科学として
不適当なの?

俺は半知半解だから的外れなことをいうかもしれんが、カルスタのまずいのは
突き詰めるとあらゆる「比較」を拒んでしまうところにあるような気が。

ある「地域社会」でこんなことがあった、これはすばらしいことだ(ここに価値が
含まれるのも少し疑問があるが)、だから他の「地域社会」にも、この地域社会の
エッセンスを持ち込めばすばらしさが輸出できるのではないか、

→いやいや、すばらしいことかもしれないが、その地域の歴史性や地理的特質、
特殊な経緯などを経てそのすばらしさは達成されているわけで、いかなる要素も
このすばらしさの本質ではないのですよ。

そんなこといったら・・・どういう社会還元ができるんだ?
俺、カルスタ誤解してるかな? だったらスマソ

182 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 00:03:29
「いかなる要素もそれ単独では」

183 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 18:36:17
http://homepage1.nifty.com/tonogi/akiyuki-page/graduate.htm
ここには,大学院における勉強と研究の経験談を書きこんでおきます.
「大学院の勉強なんてゼミで集まって古典の輪読するぐらいだろ」と思ってる人は今でも多いかもしれません.
あるいは,「学部とそんなに変わらないのでは」と思ってる人もいるかもしれません.
以前はどうだったか知りませんが,大学院重点化以降の経済学大学院は非常
に厳しいコースワークがあり,修士1年時は宿題漬けの毎日となります.
2年からは指導教官のゼミに入り,修士論文の作成に取り掛かります.
修士論文は,古典を読んで並べたり,解釈を加えたりするようなものは却下.
何がしか新しい学問的情報を生み出さねばならないとされています.
つまり,修論を書き上げるころには,形式的に研究の先端に到達している
ことが求められるわけです.


184 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 18:56:18
カルスタだっけ?柄谷に「頭の悪い奴の論文量産装置」とか言われたのって

185 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 19:14:17
柄谷おまえが言うなって突っ込みたい

186 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 21:35:04
滅びゆくサヨクと語学教師の失業対策
吉見俊哉『カルチュラル・スタディーズ』講談社
http://www003.upp.so-net.ne.jp/ikeda/Yoshimi.html

187 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 21:36:50
こういう「研究」には需要はないが、供給は多い。どこの大学でも
リストラの対象になっている語学教師や、

 学 問 と し て 先 の な い 社 会 学 

など、文学部の落ちこぼれの失業対策である。内容も1970年代に
ジャック・デリダが米国に輸入されて「脱構築批評」として流行した
ものの焼き直しで、手口さえ習えばだれでも簡単に論文が書け、テキ
ストを引用すれば分量はいくらでも増やせるところが味噌だ。

 柄 谷 行人 氏 は 

 「 頭 の 悪 い 奴 の 論 文 量 産 装 置」

 と 評 し て い た 。

,




188 :182:2005/08/11(木) 22:08:43
すまん 棲み付くべきスレを間違えた

189 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 22:17:20
小麦ちゃんマジカルて

190 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 22:18:59
p://www.rikkyo.ne.jp/grp/foot-bungaku/les_verites/ichikawa.html

191 :名無しさん@社会人:2005/08/11(木) 22:43:52
おまえら、今すぐNHKつけろ。
赤塚不二夫がついにs

192 :名無しさん@社会人:2005/08/14(日) 22:37:11
http://www.p.u-tokyo.ac.jp/~kanamori/Shohyo3.htm
論敵を単純化したうえで、自分の繊細さを誇るというパターンは、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そろそろやめにしてはどうか。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

193 :名無しさん@社会人:2005/08/14(日) 23:09:20
なるへそ

194 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 23:24:13
気にするな
言いたい奴には言わせとけ

195 :名無しさん@社会人:2005/08/31(水) 12:15:55
>>1
分析対象の問題です。
自然科学の対象が、簡単な対象だから、学問的整備も簡単だというだけです。
馬鹿を相手にしてはいけません。

196 :名無しさん@社会人:2005/08/31(水) 17:00:47
>>195
そうだよな。学問と学問対象は区別しないと。
方法論としての学問を馬鹿にするのなら、代わりの方法論を提示してくれないと、
理にかなっていないよな。
だから、>>1よ。
「素晴らしい自然科学」に同化したい典型的な馬鹿理系が、そういうことを言うんだと思うぞ。
それでプライド維持してるような馬鹿なんだから仕方ないよ。放っておくしか。

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)