2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

台湾先住民子孫 宮古島で慰霊へ

1 :Kyushu ◆or0XnlxUXQ :2005/06/12(日) 12:59:09
台湾先住民子孫 宮古島で慰霊へ 漂着漁民54人殺害 牡丹社事件

 【台北11日竜口英幸】明治新政府の初の海外出兵のきっかけとなった
一八七一(明治四)年の牡丹社事件で、漂着した沖縄の漁民多数を殺害した
台湾・屏東県牡丹郷の先住民の子孫代表十人が十六日、百三十余年の時を
経て初めて沖縄を訪問、宮古島で漁民の子孫と和解の式典を行う。

 牡丹社は、台湾最南部の恒春半島にある、山岳地帯への入り口の集落。
台風で宮古島の漁船が漂着し、上陸した六十六人のうち五十四人が先住民に
殺害され、十二人は清朝側に救出され沖縄に戻った。日本は「懲罰」のため
七四年に西郷従道中将指揮下の三千六百人を出兵、掃討作戦を行ったが、
マラリアなどで多数の兵士が病死した。当時の牡丹社は、先住民と移住
漢人とが境界争いを繰り返す危険地帯だったという。

 日本は清朝から賠償金を得た上に、高官から「台湾は化外の地(統治の
及ばない土地)」との発言を引き出した。また、清朝が、遭難した琉球人が
日本国民であると事実上認めたことで、日本は琉球藩廃止と沖縄県設置に
踏み切るなど、事件は日・台・中の近代史の原点と位置付けられている。
しかし、事件について知る人は多くない。

 昨年十一月、事件に関する初の国際学術シンポジウムが現地開催され、
日本の参加者が台湾と沖縄との結びつきを深める重要性を指摘、今回の
訪問に発展した。訪問団は那覇市で漁民の墓に献花し、十七日に宮古島に
向かう。林傑西・牡丹郷長は「われわれの先祖は命をかけて侵略に抵抗した。
しかし、宮古島の漁民に対しては加害者だった。今は和解し、平和な関係を
築く時だ」と話している。
ソース:西日本新聞
http://www.nishinippon.co.jp/media/news/news-today/morning_news017.html

2 :美麗島の名無桑:2005/06/12(日) 13:03:38
ああ、あの事件か。それはそれは古い話を。

3 :美麗島の名無桑:2005/06/12(日) 16:13:04
そんな古い話を覚えているなんて・・・

2 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)