2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

始皇帝VS煬帝VSネロ

1 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 17:19:41 0
誰が一番暴君だったと思いますか?

2 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 17:32:05 0
>>1

3 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 17:33:36 0
ネロが暴君だったというのは、のちのキリスト教徒の誇張が大きい。

4 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 17:57:22 0
暴君ピーター・アーツ

5 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 18:02:00 0
ハバつけたら最強の暴君になる。だからネロ

6 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 18:10:37 0
始皇帝はスケール違うから、あとの二人と比べるのは無理では?
誇張があろうとなかろうと、煬帝もネロもおバカ。

7 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 18:15:45 0
ネロ(ハバネロ)>>>>>>>>ピーター・アーツ>>>>>>>>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>始皇帝>煬帝

8 :朱由檢:2005/03/23(水) 19:05:04 0
治世の前半は成功しており、どんなに名君と呼ばれる人物でも功罪はあり、
始皇帝は儒教を、ネロはキリスト教を弾圧しただけで暴君とは言えない。

>>7
ヒョードルがトップ。

9 :世界@名無史さん:2005/03/23(水) 19:08:05 0
>始皇帝は儒教を、ネロはキリスト教を弾圧しただけで暴君とは言えない。
馬鹿すぎる。
ちゃんと歴史書を読み返してみたら?

10 :朱由檢:2005/03/24(木) 12:32:37 0
ネロの治世前期はセネカに師事して善政。
後期に入って母アグリッピと師セネカを抹殺し、政治も混乱。
しかしながら、ローマの大火の犯人説は根拠に欠き疑わしい。
キリスト教徒弾圧はパンテオン否定する危険な選民思想だから当然。
ペトロを処刑したことで後世不当に暴君扱いされてるにすぎません。

11 :世界@名無史さん:2005/03/24(木) 12:53:02 0
国家・人物個別比較スレッド乱立しすぎ。よって
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■氏■■■■■氏■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■氏氏■■■■■氏■■■■■■■ねねねねねねねねねねねね■■
■■氏氏■■■■■氏氏氏氏氏氏■■■■■■■■■■■■■ねね■■
■氏氏■■氏■■■氏■■■■氏■■■■■■■■■■■■ねね■■■
■■氏■氏氏■■氏氏氏■■氏氏■■■■■■■■■■■ねね■■■■
■■■氏氏■■氏氏■氏氏氏氏■■■■■■■■■■■ねね■■■■■
■■氏氏■■■■■■■氏氏■■■■■■■■■■■ねね■■■■■■
■■氏■■■氏■■■氏氏氏氏■■■■■■■■■■ね■■■■■■■
■氏氏氏氏氏氏■■氏氏■■氏氏■■■■■■■■■ね■■■■■■■
■■■■氏■■■氏氏■■■■氏氏■■■■■■■■ね■■■■■■■
■■氏■氏■氏■■■■氏氏■■■■■■■■■■■ね■■■■■■■
■■氏■氏■氏■■■■■氏氏■■■■■■■■■■ね■■■■■■■
■氏氏■氏■氏■■■■■■■■■■■■■■ねね■ね■■■■■■■
■氏■■氏■■■■氏氏氏■■■■■■■■■■ねねね■■■■■■■
■■■■氏■■■■■■氏氏氏■■■■■■■■■ねね■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

12 :朱由檢:2005/03/24(木) 13:10:02 0
始皇帝(秦王政)は李斯を宰相にすえ、法治主義国家路線で中国全土を統一。
儒家を冷遇し、理想とされる周礼に反し中国を統一して皇帝に即位したこと
自体を非難され、暴君と呼ばれる。
しかし、儒家の弾圧は統一後に不老不死を授けるという儒士(法師)に騙され
大金を持ち逃げされたために見せしめで行ったにすぎず思想弾圧ではない。
また、統一を非難されるならば始皇帝以降の全皇帝が暴君となってしまう。

13 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 23:18:31 0
age

14 :世界@名無史さん:2005/04/05(火) 23:49:07 O
始皇帝は当時流行していた儒家より法・律を優先したため暴君と呼ばれただけだろ。
不老不死求めたのは寿命の短い当時なら当たり前だろ?
内乱や政治の乱れを防ぐためには頂点にたつ権力者が長期にわたって治めることだろ

15 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 10:40:52 0
>>14
始皇帝の治世は、そんなに悪かったか?
何しろ長期にわたった戦国時代を平定した統一国家だけに無理を重ねた面はあった。
しかし誰かがやらねばならないことだったのは間違いない
実際、秦の後の漢は秦の築いたインフラをそのまま受け継いで国を作り上げたのだからな
必要なものは前朝がすでに作ってくれていたのだから、それは長期政権にもなるわな

16 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 10:45:54 0
歴史上の暴君の逸話は後世の脚色である場合が多い
煬帝にしても、父帝を殺害したとされるが、唐の時代に編纂された正史・隋書にも煬帝が父帝を殺した何て書かれていないで、民間伝承にのみ書かれているだけだ。
隋書が隋朝が編纂したものであるなら、煬帝の悪行を書かないのはわかるが、唐の時代にかかれ煬帝の失政を痛烈に非難している隋書に書かれてないのだから、父帝暗殺に関しては信憑性が薄いと言うしかない。
単に民間でそのような風聞が伝わったのを、民間の史書で書かれたに過ぎないと見るのが妥当だ。

17 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2005/04/06(水) 13:27:48 0
恐らく、始皇帝の最大の失策は後継者問題に側近の介入する余地を与えすぎた
ことだと思う。
皇太子を遠ざけて、胡亥の指名もあり得ると群臣に思わせてしまった。
二代目さえまともで三代以降に続いていれば、評価は変わっていただろう。


18 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 15:31:50 0
始皇帝は暴君というより英雄でしょ
ネロは暴君というよりお茶目な馬鹿
煬帝は李世民の失敗作

19 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 15:53:25 0
>>17
皇太子を遠ざけたと言いますが、名前は忘れたが
彼は異民族との戦いが続く、秦の命運を握るもっとも重要な地域に送られたわけであり
皇太子の能力を信じればこそとの解釈だって成り立つ。
冷遇されたとは単なる後世の判官びいきが、彼を悲劇の主人公にしただけかも知れない

20 :14:2005/04/06(水) 16:42:59 O
15》別に折れは始皇帝を批判してるわけじゃない。むしろ賛成派だ。
批判的にとられてたらあやまる(´・ω・`)

始皇帝は中国においてこの後の長期王朝の基礎を造ったと思うぞ。
始皇帝は暴君ではなくむしろ名君だと思う。

21 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 16:55:11 0
>>19
意向はどうでも、長男を臨終の際に間に合わないような遠方へ派遣したのはまずかった。
二世皇帝はどう解釈しても馬鹿だから、こいつはさっさと廃嫡すべき。
後継者問題で失敗した以外は名君で、煬帝やネロと比較しては気の毒。

22 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 17:03:30 O
21>>いや、辺境に息子を送ったのは正しいと思うぞ。優秀な補佐(名前忘れたが)もいたわけだし
始皇帝としては優秀な息子に辺境を鎮圧した実績を与えて家臣たちに後継者としての地位を認めさせたかったんじゃないか?
そうゆう父親の想いもあったと思うぞ。

23 :世界@名無史さん:2005/04/06(水) 23:28:04 0
世界史をかじった人間が偏見なく採点すれば、
始皇帝=短気で疑り深い名君。
ネロ=優柔不断でたまにミスをする平均値。
煬帝=暴君というより暗君。

24 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2005/04/07(木) 01:37:55 0
正直、「扶蘇の能力を信じていた」説だと、解せないのは始皇帝死後の李斯の行動。
主君がそういうつもりなら、何故遺言に逆らってまで趙高に味方したのか。
始皇帝の気持ちを知らなかったとしたら、その時点で問題ありだし、
知っていてそういうことをしたなら「何故?」と思う。
やっぱり政治的な対立があったと考える方が自然だろう。


25 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 01:46:09 0
>>24
遺言の有無はともかく、李斯が味方についたのは、この時代は丞相は実にそんな役割でね。
失政や何か悪い兆しがあった場合には皇帝を処罰するわけにはいかないから、代わりに首を跳ねられる役目なんだ。
始皇帝が無くなったら、悪い兆しと新皇帝に誅殺されかねないからな
李斯が趙高と組んだのはその辺の理由があったように思うが

26 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 03:49:09 O
>>24
優秀な息子には優秀な補佐がいたからだろ?李斯は自分の地位(宰相だっけ?)が危ないと思ったからじゃないのか?
始皇帝  補佐李斯
息子   補佐蒙?
息子が二世皇帝になったら必然的に蒙?の方が信頼される可能性が大。李斯はそれを危惧したからでは?

27 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2005/04/07(木) 12:39:01 0
蒙恬は軍人だから、基本的に思想家で官僚トップみたいな立場の李斯とは
役割が違うと思うんだよね。
出来上がったばかりか、まだ出来かけの官僚機構を誰が率いるのかという
問題があるし、新皇帝になっても当面実務的には李斯に頼らざるを得ないと思う。
軌道修正は図るかも知れないが、まともな君主ならそうする。
現に漢王朝の頃は、政争があっても官僚トップの実務派は無闇に粛清してないし。
蒙恬は長期に渡って北方にいたみたいだから、どの程度中央に人脈というか
部下がいるのかも不明だ。
李斯は趙高についてもあの有様なんだから、始皇帝の遺言を忠実に守るべきだったと思う。


28 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 14:38:18 O
>>31>>32蒙括には弟がいたはずだ
たしか、そいつは文官系だったから。しかもけっこう優秀だったらしいよ。さらには都にすんでいたから
やはり蒙括、蒙括弟が力をもつと思うよ。
李斯は徐々に表舞台から消えていくと思うよ。

29 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 14:40:21 O
31、32はまちがえだ(´・ω・`)

30 :世界@名無史さん:2005/04/07(木) 18:11:49 O
なんか始皇帝を語るスレになってるきが………
アゲ

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)