2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

史上最大の捏造 ホロコースト 26

1 :世界@名無史さん:2005/04/08(金) 01:34:42 0
ヒレル・クークという名のリトアニア生まれのユダヤ人がいた。1930年代、この男はシオニスト・
テロ組織イルグン・ツヴァイ・レウミに参加する。1938年からポーランドのイルグン組織でパレ
スチナへのユダヤ人入植者を組織していたヒレルは、1940年、ウラジミール・ジャボチンスキー
と共にアメリカ合衆国へ渡る。ピーター・ベルグソンという偽名を名乗ったクークは、大手新聞
各紙に「ドイツで虐殺されつつあるユダヤ人を救え」という全面広告を打ち、議会へのロビー
活動、マジソン・スクエア・ガーデンでの集会、等の虐殺宣伝活動を行なった。

ホロコースト論争が行なわれているのは、『世間に公けの』出版物ではなく、いささか世間から
身を隠した出版物の中である。特定の思想や表現活動を禁止している公式の禁令がこの論争を
妨害しており、この禁令に迎合する政治的密告者が、この論争を監視しているからである。
しかし、この問題についての自由な論争を阻んでいる措置は、今日、どのように恐るべきもの
のように見えようとも、長くは続かないであろう。経験が教えていることは、刑罰によって
自由な歴史研究を妨げることが出来るのは一時的なものにすぎない。

『 歴史的真実は、身を隠した世界に生き残り、結局は勝利を収めるであろう 』
ということである。 (*^ー゚)

ホロコーストと見直し論
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
逆転ニュルンベルグ裁判
http://vho.org/ ゲルマール・ルドルフ主宰「VHO(自由な歴史研究)」
http://www.ihr.org/ 歴史見直し研究所
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/ 歴史的修正主義研究会
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/eupora/revisionism.htm 加藤研究室の個人書庫 歴史的修正主義関係
http://www.jca.ax.apc.org/~altmedka/aus.html 木村愛二 著『アウシュヴィッツの争点』
http://turugi10.hp.infoseek.co.jp/marco/marco0.html ナチ「ガス室」はなかった。
http://anthill.hp.infoseek.co.jp/Holocau$t/ なぜなに「ホロコースト」
http://a.hatena.ne.jp/zundel/ zundelの「ホロコースト」アンテナ

2 :前スレ〈1〉:2005/04/08(金) 01:36:21 0
20世紀最大の捏造 ホロコースト 25
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1108162643/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 24
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1106330266/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 23
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1101587423/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 22
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1097728836/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 21
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1095173661/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 20
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1094734500/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 19
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1094314997/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 18
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1094051402/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 17
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1093536994/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 16
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1092384010/

3 :前スレ〈2〉:2005/04/08(金) 01:37:01 0
20世紀最大の捏造 ホロコースト 15
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1089988639/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 14
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1082218701/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 13
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1078863794/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 12
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1077451007/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 11
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1075386463/
【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 10
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1074262383/
【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 ★9
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072986499/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 08
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1071505129/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 7
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1070378779/
【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 ★6
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1069163010/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 5
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1068357040/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 4
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1065946941/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 3
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1063896324/
20世紀最大の捏造 ホロコースト 2
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1063214205/
20世紀最大の捏造 ホロコースト
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1060935877/

4 :過去スレ:2005/04/08(金) 01:39:35 0
ホロコーストはあった!!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1057699627/
ホロコーストは無かった!!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1056726423/
ホロコーストなんて無い!!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1055343240/
ホロコーストなんてない!! U
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1054037326/
http://academy2.2ch.net/whis/kako/1054/10540/1054037326.html
ホロコーストなんてない!!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1050158871/
http://academy2.2ch.net/whis/kako/1050/10501/1050158871.html
ホロコースト・リヴィジョ二ズムを論破する!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1013944159/
ホロコーストが無かったというのは本当ですか?
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/whis/1013782188/
http://mentai.2ch.net/whis/kako/1013/10137/1013782188.html

5 :〈テンプレ修正〉:2005/04/08(金) 01:43:49 0
ホロコーストと見直し論



http://web.archive.org/web/20040612122218/http://www.nsjap.com/v_b/revision.html
ホロコーストと見直し論

6 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 16:36:56 0
nai

7 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 16:37:58 0
nai

8 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 17:40:31 0
nai

9 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 17:48:12 0
nai

10 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 17:56:50 0
nai

11 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 18:09:23 0
nai

12 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 18:10:07 0
nai

13 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 18:11:57 0
nai

14 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 18:15:13 0
nai

15 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 18:18:03 0
nai

16 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:01:13 0
あんまりイタズラすると次スレ立てるぞ

17 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:17:59 0
nai

18 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:19:26 0
nai

19 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:20:36 0
nai

20 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:23:02 0
前スレがまだ886だ
これは削除依頼出した方がいいよ

21 :世界@名無史さん:2005/04/10(日) 19:27:32 0
nai

22 :世界@名無史さん:2005/04/11(月) 00:02:42 0
714 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:45:33 0
>698 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:16:01 0
>書類が無ければいかなる行為も捏造だよ
>自分の目の前で人が、今現実に人が攫われるところであってもそれは事実でない。

>敗戦目前になれば、命令書類は先ず間違いなく隠滅されるだろうけど
>しかしそれでも、焼いたという証拠が必要なのさ。

彼に言わせると 『 横 田 め ぐ み 』 さんに代表される 拉 致 も 捏 造 だそうだ。

全体主義、主体思想を吹き込む工作員は早く謝れ。

23 :世界@名無史さん:2005/04/11(月) 12:52:13 0

ホロコーストスレ@2ch 過去ログ閲覧&検索
http://hermanos.hp.infoseek.co.jp/index.html#T_RJ_For_2ch



24 :世界@名無史さん:2005/04/11(月) 13:48:50 0
ナチスに誘拐され人体実験の犠牲者となったアブダクティー
http://www.cwporter.com/316a.JPG

※ネタではありません。ニュルンベルク国際軍事法廷に実際に提出された「証拠写真」です※

25 :世界@名無史さん:2005/04/12(火) 21:07:03 0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1112319399/l50

26 :世界@名無史さん:2005/04/12(火) 23:13:21 0
2ch dat落ちスレ補完所 http://www.2chdat.net/
ホロコーストは捏造 http://2ch.pop.tc/log/05/02/25/2048/

27 :世界@名無史さん:2005/04/13(水) 18:10:44 0
SIEG HEIL!! ジークハイル!!
http://49uper.com:8080/html/img-s/52790.jpg

28 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 04:13:20 0
ホロコーストは捏造
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/kova/1112241115/l50

コヴァ板にもまた立ってた

29 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 04:44:04 0
キエフの戦いは特に激烈だった。10月中旬に南部軍集団はキエフを占領し、650,000人を越える捕虜を連行した。
その多くはナチの強制収容所で死んだ。キエフは英雄的な戦闘で英雄都市の称号をその後与えられた。


30 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 10:12:56 0
『ホロコースト産業』について

●2000年6月に出版された『ホロコースト産業』という本は、国際的な反響を呼び起こした。
ブラジル、ベルギー、オランダ、
オーストラリア、ドイツ、スイスなど、多くの国でベストセラーリストに入った。
フランスの『ル・モンド』紙は、2ページ全部を費やしてそれを批評し、その他に解説も書かれた。
ドイツでは発売後2週間で13万部も売れた。

しかしこの本は、アメリカでは主流メディアから完全に黙殺され続け、
9ヵ月でわずか1万2000部にとどまることになった。

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb811.html


31 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 10:13:34 0
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」説の研究

〜 アメリカとイギリスの対決の歴史 〜

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_he/a6fhe600.html


32 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 12:39:40 0
>692 :名無し三等兵 :2005/04/14(木) 00:55:35 ID:???
>>689
>悪魔の証明はできない。
>故に、「あったこと」を誰も証明できなければ、それはなかったことになる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。

>ホロコーストをいっこうに証明できないから焦ってるのはわかるけど、だからといって「悪魔の証明はできる」なんてことは口が裂けても言わないほうがいいよ。

>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。

見直しとか言ってたのは  ウ  ソ  ですね、  否  定  するだけなんですね。

嘘つきと呼ばせていただきますね。


33 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 12:56:16 0
どんな証拠や証言がでてきても偽造だ偽証だ陰謀だと唱えていれば
済むのだから楽なものよ

34 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 13:26:09 0
>>33
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_04.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_02.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm

35 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 13:37:20 0
>>33
ほんとに偽造で偽証で陰謀だから尚更ラクでいいよ(嘲笑w

36 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 14:58:51 0
サイトの文章孫引きだけで良いからホントに楽だw

37 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 15:09:28 0
孫引きだけでも論破できちゃうから実にラクだww

38 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 15:35:36 0
実際2つ3つのサイト知ってるだけで大きな顔できるし、いい時代になったよね

39 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 15:36:12 0
山崎センセイと高橋さんと三鷹さんですか

40 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 15:40:18 0
つーかmaaがあればそれで十分!
他に本読んだりして時間を浪費することないから実に素晴らしい。
第2次大戦史もあっという間に頭に入っちゃったよw

41 :世界@名無史さん:2005/04/14(木) 21:33:07 0
>>40
Wってmaaばかにしてますね。

42 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 11:09:22 0
ホロコースト否定論者の肩持つ気は毛頭ないが、
史実の検証すら許さないからなぁ>ジーモン・ヴィーゼンタールセンターとか

600万って数字は当時と戦後の在欧ユダヤ人の減少比から見て疑念がある、て指摘するだけで
「ナチシンパ」の烙印押される状況なのは、かつての我が国の状況と被る。

43 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 12:20:04 0
>>42
>>32

44 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 12:29:44 0
悪魔の証明というのとはちがううんじゃないの。


45 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 12:42:33 0
弄っていると『こんなもの否定なんじゃ、ゴラァ(意訳)』って本音を述べて頂けるので素敵です。


46 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 12:49:05 0
マイケル・ベーレンバウム,1996,『ホロコースト全史』創元社.
栗原優,1997,『ナチズムとユダヤ人絶滅政策―ホロコーストの起源と実体―』ミネルヴァ書房.
F.K. カウル,1993,『アウシュヴィッツの医師たち―ナチズムと医学』三省堂.
マルセル リュビー,1998,『ナチ強制・絶滅収容所―18施設内の生と死』筑摩書房.
ラウル・ヒルバーグ,1997,『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』柏書房.
永岑三千輝,2003,『ホロコーストの力学――独ソ連・世界大戦・総力戦の弁証法』青木書店.
永岑三千輝,2001,『独ソ戦とホロコースト』日本経済評論社.
バルケマイア業書シリーズ 柏書房.
『ヒトラー全記録』 阿部良男 柏書房. 
『ホロコーストの真実 大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』 デボラ・E・リップシュタット 恒友出版.
『なぜ人はニセ科学を信じるのか』 マイクル・シャーマー ハヤカワ文庫NF.
『ジャーナリズムと歴史認識−ホロコーストをどう伝えるか』 梶尾太一郎、その他著 凱風社.
『死刑産業』 スティーブン・トロンブレイ 作品社.
『アンネの日記 研究版』 文芸春秋.
『アンネの日記もう一つの真実』 ローレンス・グレイヴァー 平凡社.
『ホロコースト全証言―ナチ虐殺戦の全体像』グイド クノップ 原書房.
『夜と霧 新版』ヴィクトール・E・フランクル みすず書房.
『語り伝えよ、子どもたちに〜ホロコーストを知る』S. ブルッフフェルド、 P. A. レヴィーン みすず書房.
『ホロコースト産業』ノーマン・G・フィンケルスタイン著 立木 勝訳  三交社



47 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 20:33:45 0
>>46
『ホロコースト産業』はプレサックの本やマイヤー論文などと同じで正史正統派の推薦本ではないぞ。w


48 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 20:50:11 0
マイケル・ベーレンバウム,1996,『ホロコースト全史』創元社.
栗原優,1997,『ナチズムとユダヤ人絶滅政策―ホロコーストの起源と実体―』ミネルヴァ書房.
F.K. カウル,1993,『アウシュヴィッツの医師たち―ナチズムと医学』三省堂.
マルセル リュビー,1998,『ナチ強制・絶滅収容所―18施設内の生と死』筑摩書房.
ラウル・ヒルバーグ,1997,『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』柏書房.
永岑三千輝,2003,『ホロコーストの力学――独ソ連・世界大戦・総力戦の弁証法』青木書店.
永岑三千輝,2001,『独ソ戦とホロコースト』日本経済評論社.
バルケマイア業書シリーズ 柏書房.
『ヒトラー全記録』 阿部良男 柏書房. 
『ホロコーストの真実 大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ』 デボラ・E・リップシュタット 恒友出版.
『なぜ人はニセ科学を信じるのか』 マイクル・シャーマー ハヤカワ文庫NF.
『ジャーナリズムと歴史認識−ホロコーストをどう伝えるか』 梶尾太一郎、その他著 凱風社.
『死刑産業』 スティーブン・トロンブレイ 作品社.
『アンネの日記 研究版』 文芸春秋.
『アンネの日記もう一つの真実』 ローレンス・グレイヴァー 平凡社.
『ホロコースト全証言―ナチ虐殺戦の全体像』グイド クノップ 原書房.
『夜と霧 新版』ヴィクトール・E・フランクル みすず書房.
『語り伝えよ、子どもたちに〜ホロコーストを知る』S. ブルッフフェルド、 P. A. レヴィーン みすず書房.
『ホロコースト産業』ノーマン・G・フィンケルスタイン著 立木 勝訳  三交社.
『ドイツ戦争責任論争』ヴォルフガング・ヴィッパーマン著 増谷英樹=訳者代表 未来社.


49 :世界@名無史さん:2005/04/15(金) 20:56:02 0
>>48
ヒルバーグは第一次ツンデル裁判以降(第二次ツンデル裁判はドイツで進行中)
フィンケルシュタインの後ろ盾になり正史正統派からは事実上離脱している。

50 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 17:55:39 0
言論的には否定派が優勢
権威・権力の庇護を受けた肯定派が多数
…って感じね

肯定派は過去の権威って印象…社会党に見えますw

しかし、もし「無かった」という決定的な何かが出たら
どうなるんだろ?道徳的に奴隷状態に抑圧されてた反発はすごい
だろうねえ…抑圧する側も戦々恐々だろね


51 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 19:53:01 0
少なくとも「あったと証明できない」というラインには達した。
「なかった証拠」も、僅かだか出てきている。
あとは決定的な「なかった証拠」が出てくれば言うことなしだな。

52 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 20:07:03 0

共産圏崩壊に次ぐ大事件になるだろうな…


53 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 20:49:39 0
ドイツ崩壊

ドイツ人がわらわら街に繰り出してブランデンブルグ門の前で泣きながら「歓喜の歌」を歌う

そしてシュレーダーはホーネッカーのように裁判にかけられる。

54 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:18:25 0
言論的には否定派が優勢
権威・権力の庇護を受けた肯定派が多数
…って感じね

肯定派は過去の権威って印象…社会党に見えますw

しかし、もし「無かった」という決定的な何かが出たら
どうなるんだろ?道徳的に奴隷状態に抑圧されてた反発はすごい
だろうねえ…抑圧する側も戦々恐々だろね





55 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:19:00 0
少なくとも「あったと証明できない」というラインには達した。
「なかった証拠」も、僅かだか出てきている。
あとは決定的な「なかった証拠」が出てくれば言うことなしだな。




56 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:19:53 0

共産圏崩壊に次ぐ大事件になるだろうな…





57 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:22:32 0
ドイツ崩壊

ドイツ人がわらわら街に繰り出してブランデンブルグ門の前で泣きながら「歓喜の歌」を歌う

そしてシュレーダーはホーネッカーのように裁判にかけられる。


58 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:32:32 0
600万??
510〜580万あたりだと結論。

もちろんホロコーストはあった、ガス殺もあった。
当たり前だから、マジレスするのも恥ずかしかったけど、ひどすぎるからな。

59 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 21:47:30 0
>>58
これが噂の勝利宣言ってやつですか?

60 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:11:47 0
>>59
違う違う…釣でんがなw

「20世紀の神話」ですがな…

61 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:17:34 0
>57
「歓喜の歌」よりは「ドイツ国家第1番」のような希ガス…
んでスワスチカが翻って、松明行列…
1930年代の再現が始まったりして…(それはイヤだなぁ)

だって「ベルサイユの恥辱」の比じゃないもの。
価値観の崩壊って恐いよ。

62 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:20:18 0

51-57まで二重カキコになってしまってるのはなぜか知らん??

63 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:30:08 0
ああ馬鹿スレ・・・

64 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:37:29 0
>>63

君は馬鹿じゃないつもりなのかね…

65 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 22:53:56 0
脊髄反応する奴よりは・・・

66 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:34:30 0
>>58
>510〜580万あたりだと結論。
ライトリンガーは約420万〜約460万にすぎないといってるんだが。
実際はもっと大幅に少ないだろうけど。


67 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:44:13 0
いまさら多少値切ったところで腐ったキャベツに買い手はつかないけどな。

68 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:53:39 0

フランス人の反ナチス・レジスタンスで、
ブッヘンヴァルト収容所にも強制収容されていた
ポール・ラッシニエは、 「多くても100万人以下。」
って言ってる訳だが。

実際にはもっと少ないかも知れんけど。



69 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:54:44 0
万単位いってるかどうかも疑わしいな。
まあ仮に実数値が出たとしても、ナチによる意図的な虐殺なのか、それとも連合軍の爆撃によって引き起こされた飢餓や、それに通ずる伝染病の蔓延によるものなのか。
ま、大半は虐殺ではないけどね。

70 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:56:59 0
>>68
>フランス人の「反ナチス」・レジスタンスで、
そんな奴の証言は全く信用できません。

71 :世界@名無史さん:2005/04/17(日) 23:58:46 0
ユダヤ人を放棄した人間もハーフやクォーターを中心に少なからずいたし。

72 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:00:06 0

× ブッヘンヴァルト
○ ブーヘンヴァルト

です。念のため。

73 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:00:36 0
>>70
ヴルバ、ベンデルなどの証言は全く信用できません。

74 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:01:15 0
>>73
誰それ

75 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:02:47 0
>>74
有名なユダヤ人の似非証人。

76 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:02:51 0
おまいらこっちはどうしてくれますか?まだ残ってますよ。

20世紀最大の捏造 ホロコースト 25
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1108162643/

77 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:06:32 0
>>66
それがどうした?
では、君のような短絡お気楽くんには諸説を説明してあげよう。
アイヒマン報告は600万、英米委員会は527万1500、ライトリンガーは
419万4200〜458万1200、ヒルバークは510万、
ホロコースト百科事典は559万6000〜586万。ベンツは529万〜660万以上
で、君が実際はもっと少ないという理由は?

78 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:09:09 0
>>69
湧いて出るね、ここw
虐殺の定義は? 選別され殺されることは虐殺ではないと?w
笑うしかないな。

79 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:13:04 0
>>77
正史側のフィンケルシュタインのホロコースト産業に
人数の矛盾点が書いている。
それをヒルバーグ本人が支持しているんだがね。


80 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:20:32 0
>>77

自分に都合の良い連合国史観のみを
鵜呑みにするのは、歴史板の住民としては
失格だ。
しかも、終戦直後の調査もままならない時に
出された数字で、信用できるものではない。

現在では、そのような数字は誰も信用してない。

例えば、ガス室肯定派のフリツォフ・メイヤー氏ですら
2002年に発表した論文の中で、
「約50万名がアウシュヴィッツで死亡し、そのうちの約35万名が
ガス処刑された、と思われる。」
と書いているほどだ。


81 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:23:08 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/weber_03.htm
ニューヨークのハンター・カレッジ政治学教授で、
『ホロコースト産業』の著者であるフィンケルシュタインは、
これらのイスラエルもしくはユダヤ系の数字にもとづくと、
1945年5月の終戦時点で、ヨーロッパには800万人のユダヤ人
「ホロコースト生存者」が存在していたことになるとコメントしている。
フィンケルシュタインは次のように述べている[32]。
「ナチス占領下のヨーロッパにいたユダヤ人は800万人弱でした。
言い換えれば、これらの数字が正しいとすると、ホロコーストは起こらなかったのです。
母がいつも言っていましたように、
ホロコースト生存者であったと主張している全員が本当に生存者であったとすると、
一体ヒトラーは誰を殺したのでしょうか。」

82 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:24:12 0
>>79
で、それがどうしたんだろうか?


83 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:25:02 0
<900万人> 映画『夜と霧』(1955年、フランス)のナレーションより
<800万人> フランス戦争犯罪調査局とフランス戦争犯罪情報 (1945)
<600万人> Miklos Nyiszli (1951)の序文の筆者Tibere Kremerによる 。
<500万から550万人> 何名かのSS隊員の自白による 。
<400万人> ニュルンベルク裁判(1945)が「法廷に顕著な事実」としたソ連側の資料による。
<300万人> アウシュヴィッツ収容所、所長ルドルフ・ヘスの自白による。
<150万人> 1995年にポーランド政府が、アウシュヴィッツの記念碑の400万人
という数字を、大幅に下方修正した数字。
<100万人> Raul Hilbergによる説。(1986)
<80万人〜90万人> Gerald Reitlinger による説。(1953)
<47万人〜55万人> Jean-Claude Pressac による説。 (1994)
<35万人> Fritjof Meyer による説。(2002)

84 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:27:03 0
>>80
これはビックリ!w
君、ユダヤ人絶滅政策で死んだ数と絶滅収容所内で死んだ話と
ごちゃ混ぜだね、君こそ、ここにいる資格はないなあ(遠い目)
大丈夫? 一冊でも独逸に関する本を読んだのだろうか?

85 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:28:44 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/revisionism_qa/09.htm
ドイツは、第二次世界大戦の終了以来、
ユダヤ人とその団体に100000000000マルク以上の補償金を支払ってきました。
この補償の中で、550万以上のホロコーストの生存者が登録されました。
明らかに、生存者の数は多すぎます。

86 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:31:06 0
>>81
それも簡単に論破できるんだがね。


87 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:31:53 0
>>86
してみせろ。

88 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:35:13 0
>>87
お願いしてみろよ、低脳どもと話す時間を作ってやってるんだから
ひれ伏してお願いくらいするのが当然。

89 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:39:03 0
>>88
フィンケルシュタイン(ヒルバーグ)が言うように
保証金受給資格がないのに大量の不正受給者が出ているのか。
それとも正史の推測を大幅に下回る人数しかユダヤ人が死んでいなかったのか。
どちらでも問題なのは同じ。

90 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 00:55:07 0

>保証金受給資格がないのに大量の不正受給者が出ている

これが、ユダヤ人の本性だから仕方が無い。
これがユダヤ・クオリティー。

91 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 01:23:19 0
否定派のタブーへの挑戦ってのは面白いと思う

でも肯定派の「低脳」「馬鹿」とか「マジレスしちゃった」とか
つまんない煽りと権威主義で情けない。
「600万虐殺してないという証拠を出せ」とかさ。

論議になってるのは「600万虐殺したという確かな証拠は無い」ってことなんだよ
その面で否定派は十二分に優勢に見えるな。


92 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 01:36:15 0

補償を受けてる奴の経歴の調査をしようとしたら
抗議を受けて調査できなかった、という話は、あるからね。

93 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 01:55:47 0
ホロコースト肯定が何より胡散臭いのは本場ドイツで言論弾圧とセットだから
「本当なのか?」という言論に対して「疑問をもつな。持って発表したら逮捕する」
って毒電波としか思えないことがまかり通ってるから。

本来「本当なのか?」という疑問に対しては「証拠はこれこれ、如何なるや?」
となるはずだ…
これはもう中世の魔女裁判と変わらない。

つまり、自信が無いから必死で弾圧するんではないのか?

94 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:03:27 0
一体、肯定派はなんで必死なのか?

ホロコーストで事実とされてきたことの一角が崩れることに
よって一体如何なる損害が発生するのか?
それは言論弾圧をしても守らなければならないのか?

それは一体なんなのか?私は知りたいと思うのです。

95 :鬼瓦:2005/04/18(月) 02:14:49 O
ガス室と呼ばれる施設建造様式が明らかに当時のドイツのものと違うこと
ガス室が存在していたと言われている施設から死体を焼却処分するさいにでるであろう煙などを連合軍の航空機が一度たりとも確認してないこと
ガス室と呼ばれる施設は実際はその構造上ガスをだすことができないこと
ヒトラーによるユダヤ人虐殺を命じた公式文章が見つからないこと
当時慢性的に石油が不足していたドイツがどのように600万もの死体を処分したのかが不明であること
などからドイツによるユダヤ人虐殺を虚構だという学者がいる


96 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:17:08 0
「闘う民主主義」と自称するようだが…
…「民主主義」とつけば何でも許されると思っているのではあるまいな?

振りかざす正義を疑わない人が何よりも恐ろしい…

97 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:26:37 0
>>94
払いすぎた金返せと言われるだけでも非常に困るんだよ。

98 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:30:15 0
ドイツっていったらつい最近の中国デモで
「日本は全然謝罪をしない。うちの国は近隣諸国にちゃんと謝罪している」みたいな中国寄りの論調の国だぞ?
おまいらこんな国の擁護して、売国奴だと思わないのか。
町村の「日本とドイツはやっている行為が全然違う」とかいう論調は最もだよ。

99 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:40:51 0
>>94

肯定派の理由

ウヨ)
日本よりドイツのやってきた行為を酷く見せたい。
町村発言参照

中道)
はあ?ガス室がなくてもユダヤ人を収容所で殺しまくった事実には変わりないだろ?

サヨ)
ガス室はあった連合国の発表だし、間違いないよ

100 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:48:25 0
>98
その「謝罪」が実は不要なもの、ありもしない罪の謝罪だったら…
ドイツ人がどうするか?見て見たいと思いませんか?
私は是非見てみたいですね。
過去を取り返すのか?あるいは過去の呪縛から離れて新たな一歩を踏み出すのか
ついでに言えば、ドイツを擁護してるわけじゃなくて、事実がどうであったか
考えてみたいだけですね。
これまで「天道説」のごとくのさばっていた「事実」に綻びがあった!
というのは大興奮に値しませんかね?

101 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:48:26 0

学問板の住民は、政治的立場は中立公平だから
そんなプロパガンダ宣伝工作は、通用しない。

町村は、「いわゆるホロコーストの」
歴史認識については、小学校か
中学校程度の知識しか持ち合わせていない。

つまり、ドイツについては、連合国史観を
そのまま持ち出す、という重大な誤りを犯している。

町村外相は、「もっとホロコースト論争の議論解禁をするべきだ。」
という風な、発言をするべきだった。
そうすれば、ドイツの政治家も、日本の攻撃をしずらくなるし
世界の世論も、日本の戦争犯罪に対して、懐疑的になる。
国益を本当に考えるというなら、町村の発言は明らかに軽率。
反日国家を増やしているだけ。

102 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:49:07 0
ウヨじゃあないんだが、やはり日本の行為よりドイツの行為を悪く見せたいというのはある
そもそも、ホロコーストが無いとするなら杉原の美談も価値が半減するという矛盾が生じるし。
こういうのはなんか卑怯ぽいのでいままではドイツ擁護だったが

 ◇日本自身は敗戦国とだけ認識している        …独フランクフルター・アルゲマイネ

 【ベルリン斎藤義彦】ドイツでは、日本の戦後処理の姿勢に強い疑問や批判を示す論調が目立つ。
保守系のフランクフルター・アルゲマイネは11日、
「ニッポンの影」と題した社説で「日本政府は何が原因でデモが起こったかを無視している」とした上で「あたかも世界に一国だけ存在し、自らの行動は他の国に何の結果ももたらさないかのように自己中心的に暮らしている」
と批判した。

 同紙は日独の戦後を比較し、日本は「痛みを伴う過去の清算から逃れ、一度も自ら戦犯を訴追したことがない」
「戦後60年たち、自身を加害者というより敗戦国とだけ認識している。過去の克服には全く取り組んでいない」と指摘した。

 さらに中国のめざましい経済成長や北朝鮮の核開発から不安を感じ、「独自の伝統や価値によりどころを求めている」と分析。
「近隣国の視点で過去を考えることを日本が学ばない限り、北東アジアでの和解はない」と主張した。

 また左派の有力紙・南ドイツ新聞も11日の社説で「デモには共感できないが、血塗られた過去に対する日本の誤った振る舞いにはもっと共感できない」と厳しい論調を展開。
「日本の中国に対する反応には自己批判がない。日本人は歴史の精査は十分行ったと信じているが、こうした結論は、戦争加害者の子孫にはふさわしくないことを忘れている」と批判した。



こんな記事みるとねえ。。

103 :94:2005/04/18(月) 02:53:23 0
>99
それは日本の肯定派ですね…ちょっと卑小すぎ。

私が知りたいのは「ドイツで法律まで作る輩」のことです。

当事者がみんな死につつあるとき、それを「歴史」として検証させない
のは何故なのか?タブーにしてしまうのは何故なのか?


104 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 02:55:42 0
>>103
戦後の世界秩序まで崩壊しかねない。

105 :94:2005/04/18(月) 03:00:50 0
>102
その記事書いたドイツ人に「疑ってみよ」といいたくてしゃーないんですね。
ここにカキコしたって、伝わりやしませんが。
ただ、彼等の必死さは伝わってきます。自らの行動原理の正当さを訴えたくて
しょうがないんでしょうね。
「僕等は正しい、僕等は…間違っていない」てね
「過去に誤った」ことを取り返したいんでしょうかね?

106 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:02:18 0
>>100
見たくない。
あの国は歴史的に見ても、黄禍論から始まり、WW2の時期を除けば反日親中国家
そのスタンスはホロコーストあろうとなかろうと変わらないだろ。
だったらばあの国には永遠に重い十字架を背負っていってほしい。

ホロコーストが冤罪だったら、戦争肯定しだしてWW3の主役になりかねんぞ。あの民族なら
対中国武器輸出が増えたらどうするんだ?

107 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:04:25 0
>104
嘘と自虐の上にそびえる秩序ってのは、いずれ崩壊するモノじゃないですかね
またヒトラーが出ますよ、そういうことやってると…

「我々はニュルンベルクの恥辱を耐え忍んできた…」とかね


108 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:07:12 0
ドイツは糞だし、肯定でいいんじゃないかと。
ユダヤに敵対しているわけでもないし

109 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:11:54 0
ユダヤが金でもくれるんか?

110 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:15:02 0
>108
糞であるから…検証しない。決め付ける。

というのは歴史板としてはどうなのかな?つまりユダヤに敵対しない
立場だから事実の検証を放棄すると…
ま、あなたの考え方はわかりますけどねえ…筋は全然通りませんね。
なんらかの利得はあるかもしれないけど

現実の外交でもなし、掲示板でそれほど現実の利権・利得を考慮する
必要があるんでしょうか???

理屈は理屈・現実とは切り離して考えられませんかねえ?

111 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:16:33 0
>109
金は呉れそうですよ

文芸春秋はふんだくられたらしいけどw

112 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 03:29:08 0
>>105
今の政権はナチを否定することで成立しているようなもんだから
ここでいう「正しい歴史」とはありがた迷惑かもしんないよ

113 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 06:57:42 0
「通用しない」と言うフレーズを使う奴の論調はいつも空虚だ。

114 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 12:45:53 0
>またヒトラーが出ますよ、そういうことやってると…

右目が失明って慣用句をご存知ないらしい。
かの国の一般人の中の人は伍長をネタにはするが実際迷惑なんだなこれが、
かの国を運営する側の中の人にはガス抜きってことなんだなこれが。

わかるように書いてあげるとオーストリアのニダーが伍長殿。


115 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 12:48:18 0
口述筆記でベストセラー印税を脱税といえば・・・・・・・・・

116 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 12:49:00 0
22 :世界@名無史さん :2005/04/11(月) 00:02:42 0
714 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:45:33 0
>698 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:16:01 0
>書類が無ければいかなる行為も捏造だよ
>自分の目の前で人が、今現実に人が攫われるところであってもそれは事実でない。

>敗戦目前になれば、命令書類は先ず間違いなく隠滅されるだろうけど
>しかしそれでも、焼いたという証拠が必要なのさ。

彼に言わせると 『 横 田 め ぐ み 』 さんに代表される 拉 致 も 捏 造 だそうだ。

全体主義、主体思想を吹き込む工作員は早く謝れ。


117 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 12:55:07 0
>理屈は理屈・現実とは切り離して考えられませんかねえ?

答えにつまるとmaaやキムラ氏、修正主義研究会から別の話題をコピペに走るのが特定のかた


118 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:13:08 0
>>99
おいおい、なにが中道だかウヨだかサヨだか知らないけど
世間一般常識的にみればガス室があって、大量虐殺があったんだろう・・
がデフォな。右も左も中道もない。ノンポリもメディアも政治も作る会も社民党も
共産党もそう。違ってくるのは、その中でも周辺、外部の人達。
2chばかり見てるなよ。これが現実。
あくまでも「認識上」の「現実」な。歴史的事実の話をしてない。
ここを取り違えるなよ。

サヨはホロコーストを反省しているドイツは
日本と違ってえらい(サヨにとってホロコーストがあったのが前提、
ドイツもホロコーストがあったのを前提として過去の一部のドイツ人を
悪魔化する教育を現実に行っている)と言ってるから、
町村はホロコーストをやってない日本に同じ教育の責任を負わすのは
おかしいといっている。町村はナチのホロコーストそのものを
非難しているわけではないことに注意。町村はあくまでも日本を
擁護するために発言しているので、ホロコーストの有無は二次的な
話。
それに国際的にホロコーストが事実と認められているにも関わらず、
ホロコーストに疑問を呈すような発言をするバカな政治家がいるか?w
日本擁護どころか、日本を失墜させ潰す発言になることくらい気づけ。

119 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:19:38 0
>>118
つまりユダ公と連合軍が仕組んだ壮大なウソの一部分になれってことかな?

120 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:22:52 0
>>101
同様に、間違ってるね。ドイツだけが国際社会じゃない。
ドイツを楽しませてもどうしようもない。
それに内心どう思おうと、そんな発言にドイツ政府は賛成しない。
世界中を敵に回すだけ。あまりにも国際感覚が無さ過ぎるね。空気が
読めないというか。町村を批判する資格はない。

というかドイツ民族でもなく、ドイツでもない国の閣僚に
甘えるって。なにを期待してんだよ。ドイツ人が日本人に
冷淡であり、偽善的な意識で日本を批判しているんだよ。
私はホロコーストと向き合い、反省してるんだよ〜〜って言って
日本を非難してる連中に、ホロコーストってありましたっ?って
言うのは違った意味の援護だろ。日本叩きの材料になるだけ。よく
考えろ。
ドイツ人自ら、あるいは日本のドイツヲタが
有志で突破口を開くしかないんだって。

>>102
俺は個人的にこういうのを見ると、ああベクトルは違ってもあいも変わらず
プロパガンダ、スケープゴートの国なのかなと思ってしまうな。
うーむ、批判先がまさに今の自分達に生き写しだって気づいているかな。

121 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:25:48 0
>>119
知らん。日本はホロコーストをやってないから、
ホロコーストをやったような責任を負う必要はないし、
またホロコーストに類似させた歴史観、歴史事実には反対する。
この真理は変わらん。

122 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:29:29 0
ナチヲタというかドイツヲタというかそーいう連中はまず
>>102
こーいったドイツ連中を叩くべきじゃない?だってこいつらホロコーストが
あったのを前提に話してるもん。

そいつらに反論する言葉は、反省反省と言うけど、同じような責任はないし、
日本も相応の反省、責任は果たしている、というほかないね。

123 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 13:42:16 0
まあ勉強になったな。シュローダーは韓国の
チクリ魔をあしらって外交辞令で日本を非難する発言は
してなかったが、本音は>>102と同様なのだろうな。

まったく腐った民族だなあ。ナチヲタは今のドイツ人に活を入れて来い。
ドイツ国内からして修正主義の道からは遠いよ。

他の欧米国、戦勝国のほうがまだ公平なものの見方しているね。日本の罪に
ついては微妙だが、それでも中韓の歴史なんざ嘘だらけだって
認めてるもん。ドイツのように日本にだけ責任を着せようとしてない
だけマシ。

124 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 15:13:43 0
まぁ、ナチズムを実践してゆくと愛国的反日行動は正統で正当化されるんだけどなぁ・・・・




125 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 18:22:36 0
>>119
で、粘着くんはどうして捏造だと思うんだ?
正確な論証を発表してくれよ。

126 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 21:03:12 0
:\(^■^ ラ 【卍<謝罪しない領事館にポグロムを!!無能な民主政治を根絶せよ!!

127 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 23:11:36 0
>>121

>日本はホロコーストをやってないから

韓国・朝鮮人や中国人は、日本はアジアでホロコーストを
行ったと言ってる。
だいたい、ホロコーストって、ユダヤ人の造語。
ドイツ語じゃないので、無意味。

128 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 23:15:29 0
ギムナジウムで古代ギリシア語くらいやるだろ?
ドイツ人は。

129 :世界@名無史さん:2005/04/18(月) 23:42:09 0
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1113780212/l50
必死になってソフィア先生をコピペしてる奴がいますが見事にスルーされてます
ホロコースト否定はもう見向きもされなくなってますね

130 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 02:24:14 0
ユダヤ人はどうかはしらんが、今のドイツは確実に日本の敵
逆にポーランドは親日国家だよな。

131 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 03:18:55 0
>>127
むちゃくちゃ言うなよ。その造語=ユダヤ人の絶滅を目指した大量虐殺が
世界中で通用しているんだよ。ドイツでもね。
これが基本でしょ。

ネオナチがドレスデン爆撃をホロコーストと言ってるのを
忘れたか。これ批判されてるよね。
特定の民族、ユダヤ人を絶滅させる政策を指す言葉のイメージを
利用して、
とにかく悪辣で、惨たらしい大量殺戮を指す言葉として
使う場合がある。

中韓の個々の主張に反対することも可能だが、いずれにしても
ホロコーストをやったという場合には当てはまらないし、
間違いと言うことが可能だろ。
ホロコースト=人類史上最も悪辣な行為って基準があるから、
持ち出されるんだよ。ホロコーストに匹敵するとか言うとインパクトあるからね。
でもやっぱドイツのホロコーストに最大級のイメージがあるから使える
んだよね。ドイツ人とドイツヲタさんよ、ホロコーストが
嘘だと言うなら、早くさっさとやっつけてくれ。ホロコーストの捏造の
せいで、その捏造の基準を持ち出されて、捏造されてる可能性があるのでw

当面日本はホロコーストはやってないと言うしかないだろうなあ。

132 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 04:05:51 0
1978年
4月 米NBC系列でドラマ『ホロコースト』(マーヴィン・チョムスキー監督)放映 全4回のミニシリーズ
8月 朝日新聞社『アンネの日記』展を開催
10月 日本で『ホロコースト』放映(テレビ朝日系列)
http://anthill.hp.infoseek.co.jp/Holocau$t/ChronTab.html

日本もホロコーストやってるやん。


133 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 04:56:13 0
>>120
同意
そりゃそうだ。ここで町村がホロコーストについて>>101のような発言をしたら日本は間違いなく袋たたきだな。
しかし、、いつかその手の発言をしそうな政治家が日本にはゴロゴロしているような悪寒
某都知事とか、「ホロコーストは無かった。」なんて公言したりしないだろうな。
ここのスレの住人誰かがが政治家になったら間違いなく発言しそうだな

134 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 05:10:26 0
11 :世界@名無史さん :2005/04/05(火) 15:32:59 0
ヨーロッパの反日主義はドイツから。
黄禍論が盛んだった。
第一次大戦後は、極東の植民地が日本に奪われたとして、反日感情はより高くなった。
第三帝国の日本との同盟に対しても、ソ連対策とはいえ殆どのドイツ国民は苦々しい思いを持っていた。
ヒトラーも、日本軍がシンガポールを陥落させたとき、できるものなら英軍に援軍を送りたいと発言している。
現在のドイツは戦後のリベラル教育のおかげで反日とはいえないが、侮日の感情は根強いし、
EUの中国への武器輸出解禁にもっとも積極的なのはドイツで、極東の軍事バランスを崩そうとしている。
また、その前にも、中国の国民車プロジェクトではフォルクスワーゲンが日本メーカーを差し置いて中国に進出し、
上海の超高速リニアモーターカーもジーメンスやクルップなどのドイツ企業連合。

ヨーロッパで日本にとって最も危険な国はドイツだ。

135 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 07:55:42 0
Holocaust Victims Named Friedemann
http://www.fpp.co.uk/online/05/04/Holocaust_victims.html
「…ヤド・ヴァシェム ホロコースト記念館は三百万人以上のホロコースト犠牲者の名前があると主張して
いるが、我々はその名前の多くが重複しており、情報源が囚人の移送リストでしかないものもあったことに
気づいた」

[2004年11月29日共同通信]
【エルサレム29日共同】エルサレムのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念館「ヤド・バシェム」はこのほど、
犠牲者のうち約300万人の横顔や経歴を集めたデータベースをインターネットで公開した。ホロコーストの
犠牲者は推定約600万人。データベース公開を機に、記録が残っていない犠牲者や、経歴が分からない
犠牲者についての情報提供を世界中のユダヤ人らに呼び掛ける。当時を知る人々の高齢化が進んでいる
ため、記念館は今回が「最後のチャンス」とみている。

136 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 12:46:51 0
\(^■^ ラ 【卍<余の二番目の失政は日本と同盟したことだ。国防軍の参謀本部の意見通りに日本と共闘しなければよかった。
        一番目の失政は・・・・・内緒だ。





137 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 13:11:53 0
http://www.cwporter.com/articles.htm
WAR CRIMES TRIALS: NUREMBERG TRIAL DOCUMENTS -- GRAPHICS WITH TRANSLATIONS:
戦争犯罪裁判: ニュルンベルク裁判文書 -- 画像と訳文:
画像と訳文についての註釈: 10年ほど前のいわゆる"neue Rechtsschreibung"または"綴り方改正"の前
なら、"dass"を"ss"と書くのはドイツ語を書く上で最も愚かな真似のひとつだった。"daß"をエスツェットで、
"das"をsで書くことの違いは、ドイツのどの子供も学校で最初に習うことだったのだ。ここ10年の間に「教育」
されたドイツ人であれば、これが「普通」に思えるだろう。そうでない者から見れば妙ちきりんだ。もちろん、
多くのニュルンベルクの文書はエスツェットひとつもなしで書いてある。

138 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 15:18:14 0
わずか10年!という極端さが何とも言えないですね(w

ホロコースト否定論はそんな最近なのか、おい。

139 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 15:20:50 0
ところで、「多くのニュルンベルクの文書」ってのは、手書きですか?
活版印刷ですか?

それとも、タイプ打ちですか?

140 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 15:53:05 0
リンク先ぐらい自分で開けて見ろ

141 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 17:25:57 0
ホロコースト狂信者は多いが創価学会系『潮』記事に背筋が凍る
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/806.html
投稿者 木村愛二

142 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 18:14:32 0
>>134

>ヨーロッパで日本にとって最も危険な国はドイツだ。

そうか?
ここのサイトとか見てると、とてもそうは思えんが

ttp://www.animania.de/

特にサイト入って右上のリンクにあるANIMAGICとかなw

143 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 21:19:07 0
>>142
ともに貿易立国で利害が競合するわな

それもわからんのか

ヲタ趣味は勝手にやってろ。


144 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 21:39:42 0
捨 て ぜ り ふ

145 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 23:41:11 0

日本の国連安保理常任理事国入りを、近隣諸国の中で何がなんでも阻止したい
国があるとしたら、それは一体どこか?
中国か、それともロシアか?

そうかも知れない。
しかし、最もそれを恐れている国は北朝鮮であろうと断言できる。

日本が常任理事国入りを目指す場合、当然ドイツと歩調を合わせる必要がある
が、最近この手のスレに嫌ドイツ厨とでも言える書き込みが増えているのは、
それと何か関係があるのだろうか?(w

正直俺は、ここ最近の中国での反日デモを煽っているのも北朝鮮のネット工作
員だと思っている。

146 :世界@名無史さん:2005/04/19(火) 23:56:45 0
嘘も100回繰り返せば騙される奴が出てくると>>ホロコースト否定
日本がアジアで数千万人殺したと言うのもキルレート考えれば当たり前過ぎ
るのにそれも嘘と思いこむおめでたい右翼だらけだしね。
日本軍の総戦死者120万人中、40万人以上を日中戦争で出していて、
日中間のキルレートはおおむね1:8から1:50位の間で推移している。
(最も苦戦した上海攻防戦〜最も楽勝だった大陸打通作戦)
民間人の犠牲をその2倍とすると中国軍民だけで被害総数は1000万単位
なのは明白すぎる。

147 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 00:00:20 0
>>146
こっちのスレでそれ言ってみろ。一瞬で論破されるから(プッww
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1113536418/

148 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 00:05:03 0
>>146

ホロコースト神話作りの手口を開示していいの?

149 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 00:53:49 0
>>148
どうせ他人の書籍やmaaかキムラ氏か修正主義のサイトからコピペ。
俺の知らない情報を求むよ!!WEBにのっていないヤツな!!

150 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 02:41:11 0
>>149
まず、喪前が知っている情報を述べよ


151 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 03:02:39 0
建前と本音は違う 
確信的なナチはホロコーストを実行できた事をむしろ誇りにしてる
修正しようとしてるのは中間層の嫌悪感や罪悪感を消し政治的に引き込む為
数の修正じゃなく無しってのは歪曲ry
男らしく残虐でカッコいいのがナチの魅力なんだけどな
最後にドイツのエロサイトが好きな低俗な俺が一言

好きな女にウンコついてても愛せるだろ?

152 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 03:05:53 0

か わ い そ う に

153 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 03:13:32 0
>>151
> 男らしく残虐でカッコいいのがナチの魅力なんだけどな
> 最後にドイツのエロサイトが好きな低俗な俺が一言
> 好きな女にウンコついてても愛せるだろ?

もっと言うと、好きな女がウンコもらしちゃってるシーンに萌え〜


154 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 13:52:23 0
>>146
バカだね。ホロコーストはあくまでもニュルンベルグ裁判が基準。
で東京裁判を基準にするなら、中国側の犠牲者数は数百万人な。

犠牲者数をどんどん変えようと努力するという点で、中共と
修正主義者は変わらない。

権威をふりかざしたつもりで、中身0の
おまえみたいなヤツが一番いらない。

>嘘も100回繰り返せば騙される奴が出てくると
まさに中共のやってることそのもの。

キルレートとか二倍にすると・・・とか勝手な想像で話を進めている
のが笑える。もちろん中共も被害者数が3500万人に増えたことの
詳細なんて伝えない。10倍かw

155 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 21:44:04 0
現実にはどちらも解らないんだから偉そうに決め付けるのはどうかと思うよ。

156 :世界@名無史さん:2005/04/20(水) 21:44:06 0
\(^■^ ラ 【卍<yoはイギリスが好きだ、アーリア人に列なる民族が好きだ。
        yoは黄色い猿がイギリスの殖民地を蹂躙するのが耐えられない
        何度も部隊を派遣しようと考えたことか(怒
        

157 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 17:49:05 0
シオニスト極右サイモン・ウィゼンタール・センターが出版禁圧
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/820.html

シオニスト極右サイモン・ウィゼンタール・センターが出版禁圧

『マルコポーロ』廃刊事件の仕掛け人が、またもや、日本の出版社に、圧力を掛けたのである。今回の問題の本は、以下である。
------------------------------------------------------------
http://books.rakuten.co.jp/RBOOKS/0001786198/
ユダヤの成功者が教える大金持ちになる人の方程式
ユダヤ流「大富豪」になるための秘訣
著者: 伊達一啓
出版社:日本文芸社
ISBN:4537252758
サイズ:単行本 / 95p
発行年月: 2005年 04月
本体価格:952円 (税込:1000円)
在庫あり(1〜4日以内に出荷予定)

158 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 17:58:15 0
ってか今ふと思ったんだけどさ、もしナチスが本気でユダヤ絶滅たくらんでたんなら、強制収容なんていう回りくどい方法使わないで、ユダヤ人と判明した奴は片っ端からその場で撃ち殺していけばいいやん。
たとえばある町を占領した場合、そこの町のユダヤ人を可能な限り見つけ出し、どっか町の一箇所に集めてズドンとやっちゃう。
そのほうが楽だし効率いいし回りくどくない。

この点から考えただけでも、ホロコーストって変なとこあるよな。

159 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 18:55:30 0
>>158
それって「ポグロム」だよね
ユダヤ人は見つけ次第川に投げ込むとかね。

160 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 19:27:48 0
そうだよな
射殺しておいてから「テロリストの可能性があった」とか言っとけばいいし





イスラエルみたく。

161 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 19:32:31 0
>>158
阿呆、そんな事したら、
ドイツ国内はもとより、世界中に
ナチがユダヤ人滅多殺しをやってるって知れ渡るだろうが!(W
それに、ライフルの弾丸題だって
馬鹿にならん(WW

162 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 19:41:21 0
>>161
知れ渡っていただろうに。
ガス室で殺されてるなんて新聞記事やラジオ放送はたくさんあったぞ

163 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 19:52:22 0
小学生の女の子一人あたり20発使ってもべつに不足してないみたいだけど

164 :もう我慢のできないナチヲタ:2005/04/22(金) 20:00:32 0
>>158
君が戦時中のSSに所属していたら優秀な気がするのでレス
>その場で撃ち殺していけばいいやん
国防軍・武装SSとは別目的のSS特別行動隊の現地での活躍を忘れないでほしい
>一箇所に集めてズドン
SSの苦労、工夫を少しでもの熱意など調べて感じて欲しい
鉄道引きこみ線の延長や建設部の資材調達の苦労や焼却埋葬をユダヤ人に行わせる等々
大量殺戮システムへの効率化推進はコスト含め芸術的まで昇華しつつあった
さながらプロジェクトXの志の高いエンジニア達と同じである!
「苦しめないために速やかに処刑」死刑で使う青酸ガス濃度3200ppmを基準にしないでほしい
実際300ppmで殺せる、人数や時間でさばく効率で増えても現在の死刑と同じ濃度である必要はない

165 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:04:52 0
>>164

それなんていう仮想戦記?

166 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:14:25 0
>>165即レスがそれかよw
すまん板のLVを読み違えたみたいだ・・・誤爆した帰還するピシー

167 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:23:54 0
>>164の内容で素晴らしいレスがつくとでも期待していたのか。




かわいいな。

168 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:25:27 0
>>164
>実際300ppmで殺せる、
部屋の大きさから割りだした推定死亡時間はどの本にある。

169 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:30:04 0
>164

脳内戦記おつ。 テ ラ ワ ロ す 

170 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:38:31 0
>>162
阿呆、敵国のメディアが伝える
報道なんぞ、デマであるの一言で一蹴出来るだろうが。
しかし、ドイツ国民自身の間からその手の噂が
広まっていったらどうなる?


171 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:49:41 0
>>170
売国奴の仕業といっとけばいいんだから、問題ないだろ


172 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:50:15 0
>>170
ドイツに敵対する国の住民や、反感を持ってる人々なんかは平気で鵜呑みにするだろう。

>ドイツ国民自身の間からその手の噂が広まっていったらどうなる?
ドイツ国民は実際、強制収容のことでさえ知らなかったんだ。
占領したての町でユダ何百人か引っ張り出して殺したぐらいじゃ、噂になんかなりゃしない。
簡単だ。兵士や目撃者にはこう言えばいい。
「(ユダヤ人という言葉には一言も触れずに)彼らは我々の調査の結果、ナチスドイツに敵意を持つテロリストであることが発覚したので殺したのだ」
とな。



やっぱこっちのほうが効率いいじゃん。

173 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 20:52:16 0
あの頃の欧州なら、一般市民も喜んで殺戮に協力しそうだよな。
ポーランドの農民は1軒の農家にユダヤ人を押し込めて焼き殺したんだよな


174 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 21:01:11 0
>>171
阿呆、ユダヤ人を見附市題射殺するんだろうが
藻前の考えじゃ!(wそこいら中野人間に目撃されるぞ(ww

175 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 21:06:58 0


 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が政治犯を人体実験の対象としていることを立証する文書が12日、脱北者人権団体により公開された。政治犯を化学実験室に移送するという「移管書」の原本だ。

 英BBCテレビも先週、北朝鮮の人体実験を暴露する「悪への接近」と題した番組を放映した。

 想像を絶する恐ろしいことが北朝鮮の同胞の身に振り掛かっているという具体的な傍証が次々と上がっているが、北朝鮮の人体実験の事実が知れ渡ってからは久しい。政府の北朝鮮人権白書にも関連証言が記載されている。

 ところが韓国政府や社会の一般的な反応は無関心と冷淡そのものだ。政府当局者からは怒りの一言すら聞けない。BBCの報道後、インターナショナル・ヘラルド・トリビューン紙が「韓国政府は北朝鮮の人体実験報道に疑問を抱いている」と報じるのも当然の状況だ。

 政府は北朝鮮政権の顔色を気にし、昨年の国連人権委員会での北朝鮮人権改善要求決議案の採決にも参加しなかった。これでは韓国政府が北朝鮮政権の人権弾圧をサポートしているとの指摘を免れない。

 海外メディアが深層を知らせる報道を流している北朝鮮人権問題が、韓国の国営放送からは全く見られなくなってしまった。彼らが「反米自主」趣向の報道に投入する熱意の10分の1でも北朝鮮人権問題に傾けたなら、このような状態にまでは至らなかったはずだ。

 脱北者らは「ガス室で親は、自分は犠牲になっても子どもたちを生かそうと、口の中に空気を吹きかけていた」と証言した。第2次大戦当時の日本の731部隊や、ナチスドイツのユダヤ人収容所で起こった惨状そのままだ。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/02/12/20040212000084.html

176 :世界@名無史さん:2005/04/22(金) 21:12:44 0
>>174

>>172

177 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/22(金) 23:34:05 0
と言うわけで前スレ埋めたぜ1000取ったぜ。
うぉぉぉ。みなさん協力の煽りありがとう。

178 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 00:11:07 0
>>177
おつりんこりん星人。

と言うわけでスレタイそののままグダグダ進行な分けだが
史上最大の捏造はヴァチカン、痴漢は遺憾ミラーマンは冤罪だと思うがどうよ

179 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 00:27:35 0
まったくもってこんくらべ。
遺憾は痴漢、冤罪、コサインタンジェントだと思いまふ。

って何の会話じゃこりゃ。
え〜っとね、過去レス漁ってきていいでしょか?
こっちのスレの流れが読めんよ、わしゃ。

180 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 00:51:38 0
>>179
ミラーマンが誰かわかっとらんな

181 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 01:02:16 0
誰だっけ、大学教授でTVにも良く出てる人だったよね。
ていうか何の話だよ、これ。ははは。

182 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 02:37:52 0
あれ。今日はもうみんな寝たかな。
はー、前スレ埋める為に結構書きたい事書いちゃったねー。
ま、これからもマイペースでお付き合いさせていただきます。
ただし、もう対話路線は無し。
そいではねー。またちょくちょく覗きますわ。

183 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 03:06:09 0
>>182
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_02.htm
『ホロコーストの生存者』、強制収容所の囚人、抵抗運動の英雄たちの話は、私の家庭では、皮肉や嘲笑の対象であった。
私の両親は、私がナチスの虐殺事件の偽造や利用に憤慨するようになっていったことをしばしば不思議に思っていた。
これに対する明確な回答は、
このことがイスラエルの犯罪的な政策とこの政策へのアメリカの支持を正当化するために利用されてきたというものである。
さらに、個人的な動機もある。
私の家族の迫害の記憶を大事にしているのである。
ホロコースト産業の今日のキャンペーンは、
『貧しいホロコーストの犠牲者』の名において、ヨーロッパから金を引き出すことであるが、
それは、殉教者の道徳的立場をモンテ・カルロのカジノの立場におとしめてきた。」

おそらく、フィンケルシュタイン教授は、このような非難の言葉を書いているときに、
自分がホロコースト正史の根本を危うくしているとは気づいていなかったであろう。
彼の両親は強制収容所の状況を直接知っていたが、その彼らにとって、
いわゆる生存者の話は、フィンケルシュタインの言葉を借りれば、
「皮肉や嘲笑の対象」、「ますます馬鹿げたかたちをとるようになった」ホロコーストの繰り返しであった。
ガス室でのユダヤ人の絶滅に関する法医学的証拠、文書的証拠はまったく存在しない。
残されているのは、目撃証言だけであり、それがホロコーストという屋根を支えている柱となっている。
そして、フィンケルシュタインは、目撃証言を嘲笑することによって、この柱を打ち砕いているのである。


フィンケルシュタインとヒルバーグは証言なしで
どのようにホロコーストを証明するつもりなのだろうか。

184 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 03:24:58 0
証言さえあればホロコーストは証明できるのか?

そんなことはないだろう。
証言があろうとなかろうと、見直し派はぜったいに負けない。

185 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 09:15:17 0
あー、昨日は疲れた。
あれ、俺にレスが。
>183

●ところで、注意して欲しいのは、フィンケルスタインは「ホロコースト」
そのものを否定してはいないという点と、彼は著書の中で、
ユダヤ人を優越視する見方には鋭い批判をしているが、
反ユダヤ的なことは一切書いていないという点である。

このことは、彼が著書の中でナチ・ホロコースト研究の第一人者(世界的権威)である
ラウル・ヒルバーグの仕事を最大級に評価し、また逆にラウル・ヒルバーグが
フィンケルスタインの告発の意図を正確に理解し支持していることからも分かる。
(ノーム・チョムスキーも一貫してフィンケルスタインを支持している)。
>>ttp://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/a6fhb811.html

フィンケルスタインはチョムスキーの教え子らしいね。
ちうことはもともとは言語学者? 哲学者?
ポストモダニズム以降のこのあたりの学者さんは社会分析が鋭いね。



186 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 12:47:25 0
>>185
>反ユダヤ的なことは一切書いていないという点である。
反シオニズムと反ユダヤ主義とは違う。
イスラエルを否定してもそく反ユダヤ主義ではない。
それならエルサレム旧市街にいる超正統派のナトゥレイ・カルタも反ユダヤ主義になる。

>このことは、彼が著書の中でナチ・ホロコースト研究の第一人者(世界的権威)である
>ラウル・ヒルバーグの仕事を最大級に評価し、また逆にラウル・ヒルバーグが
>フィンケルスタインの告発の意図を正確に理解し支持していることからも分かる。
この二人は証言を否定しながらホロコーストをどう証明するのかを示すべきだろう。
そしてフィンケルシュタインは本でアーヴィング・リップシュタット裁判にふれるのなら、
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/holocaust_trial.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm
ヒルバーグがフォーリソンとクリスティにボロボロにさせられた第一次ツンデル裁判と、
(ヒルバーグは控訴審での証言を拒否した。)
証言の信用性のなさを更に公にしたデムヤンユク裁判に対する見解も示すべき。
(第一次ツンデル裁判がなければフィンケルシュタインはヒルバーグの支持などもらえなかっただろうに。)

187 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 12:51:13 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_01.htm
3.ヒルバーグの記述のうちのまことしやかなこと
占領されたソ連地区でのドイツのユダヤ政策に関するヒルバーグの記述を論理的に分析する能力を持っている人ならば、
この記述を支持することはできない、
したがって、この記述は信用できない資料に依拠したものに違いないという結論に達するはずである。
非常に不合理な記述の例を挙げてみよう。
a.行動部隊による犠牲者数
行動部隊による犠牲者数はありえないほど多い。
4つの部隊のうち最大の行動部隊Aの構成員は990名であった。
ここから、172名の運転手、3名の女性、51名の通訳、3名のテレタイプ通信士、8名の無線通信士を除くと、
大量殺戮に従事できる戦闘員は約750名である(p. 303;DEJ, p. 289、邦訳上221頁)。
1941年10月15日までに、行動部隊Aは125000名のユダヤ人を殺したという
(p. 309;DEJ, p. 289、邦訳上227頁)。

188 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 12:51:32 0
大量殺戮が始まったのは8月であったという事実(p. 307;DEJ, na)を考えると、
125000名の大部分、すなわち120000名が殺されたのは、10週間の間であったに違いない。
ユダヤ人は喜んで自分の死を受け入れたわけではないために、
彼らを捜索して、町に連行しなくてはならず、また、町では、逃亡や抵抗の企てもあったに違いない。
また、犠牲者を町の郊外に連れて行くのも非常に困難であったことであろう。
行動部隊は、虐殺を実行する以外に、人民委員、熱狂的な共産主義者、
ユダヤ人を捕虜収容所で捜索しなくてはならなかった。
1941年末までに、少なくとも3350000名の赤軍兵士がドイツの捕虜となっていたので
(p. 351;DEJ, p. 334、邦訳上258頁)、この仕事も非常に大変であったろう。
たしかに、10月中旬までに、捕虜となっていたのは、一部にすぎなかったに違いない。
こう部隊がすべての仕事をする必要はなかったのかもしれない。
行動部隊は4つ存在したという事情もある。
こうした条件の下で、8月初旬から10月中旬までの10週間に、
行動部隊Aは、数十万の捕虜の中から、処刑する人物を捜索し、
さらに、120000名のユダヤ人を射殺し、その上、パルチザンと戦ったというのである。
一つの例だけで十分である。ヒルバーグは数字をひどく誇張しようとしているので、
ほかの行動部隊の犠牲者についてのヒルバーグの天文学的数字に立ち入る必要はないであろう。

189 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 13:20:01 0
大体さ、どんなに効率いい方法とったって、ユダヤ人絶滅なんか最初っからできるわけがないってことに気づこうよ。
今のイスラエルですら、ユダヤ人のはっきりとした定義を持てていないんだから。
そもそもユダヤ人が何なのかすらわからないのに、どうして絶滅できんの?
しかも奴らは世界中に散らばってるんだよ?

どっからどー考えてみても絶対不可能なんだよ。ユダヤ人の絶滅なんて。

そのことから考えてみても、ホロコーストはおかしい。

190 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 13:25:07 0
>>189
>今のイスラエルですら、ユダヤ人のはっきりとした定義を持てていないんだから。
イスラエルでは母親がユダヤ教徒か本人がユダヤ教徒。

191 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 13:43:43 0
>186
ふむふむ。
どうやら君の考えてる事と俺の考えてる事が噛み合ってないようだ。
つまり、俺には君の指摘している意味がワカラン。
まずはなんでここで「反シオニズム」とやらが出てくるのか聞こうか。
少なくとも俺の提示した文には「反ユダヤ主義」しか出てないはずだが。

192 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 14:12:10 0
>>191

君らの論法は「反・シオニズムテロ」を「反ユダヤ主義」にすり替えるのが基本なんだろ。
シオニズムにも色々あるから、最後はそこで議論のすり替えが効くし。

ネオナチを演出しているのもシオニズムテロリスト。

193 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/23(土) 14:56:25 0
>192
こりゃまたワカラン解答だな。
だからその「反シオニズム」つーのがどうしたんだっちうの。
ありゃ? なんかまた増えてんな。
「反・シオニズムテロ」ちうのはなんなんだ。
もしかしたら歴史の話と違うのか。イデオロギーの話か?

194 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 16:13:59 0
>>192

俺は親ユダヤでもないし、親シオニズムでもないな(W
単に、ナチスによるホロコーストはあったと思ってるだけだ。

> ネオナチを演出しているのもシオニズムテロリスト。

そのネオナチサイトからネタを分けてもらってるのがあんたらリビジョなんだが・・・
もしやあんたら、隠れシオニストなのか?
そう言えば、日猶同祖論とか朝猶同祖論なんてトンデモがあるなあ。
金正日なんぞ、朝猶同祖論を信じてそうだなあ(WW

195 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 16:49:06 0
>どっからどー考えてみても絶対不可能なんだよ。ユダヤ人の絶滅なんて。

>そのことから考えてみても、ホロコーストはおかしい。

そう、ナチのがおかしく、統一性が無く、齟齬をきたして破綻していると指摘しているワケ。
ナチが正しいと言い張っているのが否定派やらリビやらコピペバカの旦那。



196 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:02:38 0
南京は間違いなく確実にあったがホロコーストは完璧に全部ウソ

197 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:14:56 0
>>193
リップシュタットは反シオニズムを全て反ユダヤ主義にすりかえている。
その解釈ではアイザック・ドイッチャーまで反ユダヤ主義になる。


198 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:18:57 0
>>195
アルノー・メイヤーも馬鹿なのかどうか説明して欲しい。

199 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:29:17 0
ナチが正しいと言い張っている証言によらない証拠を出せ(ww
試訳は必要とされていないので、一つそこのところよろしく

200 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:34:15 0
マタやらかしました>>197は(激藁


201 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:38:21 0
>>196
ほぉー。じゃあこっち↓きてどうしてあったのか証明してもらおうか。
http://tmp4.2ch.net/test/read.cgi/asia/1113939022/

一瞬で論破される光景が目に浮かぶぜ。なんたってこの↑スレは肯定派を完全論破したばかりだからなw
お前の幼稚な思い込みなど一瞬で打ち砕いてくれるよwwww

202 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 17:39:06 0
>>200
リップシュタットの思想の説明で何か間違ってるかね。
リップシュタットはプレサックを持ち上げているが滑稽以外何者でもない。

203 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 18:29:56 0
リップシュタットは顔が怖い時点でもうだめぽ

http://www.fpp.co.uk/pictures/Lipstadt.gif
http://www.fpp.co.uk/online/04/04/images/Lipstadt_thumb_chin_150.jpg
http://www.fpp.co.uk/Auschwitz/Lipstadt/images/Lipstadt_happy.jpg

204 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 18:32:48 0
こわいいいいいけどそれは関係ないだろw

205 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 18:38:50 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/neumaier_01.htm
身分証明書問題はデムヤンユクのイスラエルへの追放にあたっては重要な役割を果たしたが、
1988年4月のデムヤンユクへの判決ではもはや重要な役割を果たしていなかった。
イェルサレム法廷は、デムヤンユクの有罪を疑問の余地なく立証したのはまず第一に証人であったと指摘している。
しかし、これらの証人の証言の証拠としての価値は、
目撃証言についての専門家であるユダヤ系アメリカ人エリザベス・ロフトゥス
(Elisabeth Loftus)博士が指摘しているように、
非常に疑問である。ロフトゥスは数百の裁判での目撃証言が信憑性にかけていることを立証している[24]。
デムヤンユクに対する証人の多くは、たがいに矛盾していたり、
それ以前に行なった陳述とも矛盾していただけではなく、
まったく、信じられないような、ときとしてきわめて醜悪で非現実的なシナリオについて証言している。
ロフトゥス博士にとって決定的な要因となったのは、高齢のために自分の子供の名前も思い出せず、
どのように出廷したのかも記憶していない証人が、
その一方で、ジョン・デムヤンユクの身元確認ができると証言しており、
トレブリンカ収容所その他での事件の詳細を覚えていると証言していることであった。
ロフトゥス博士は、ジョン・デムヤンユク、トレブリンカ収容所、過去数十年間に行なわれた目撃証言のために、
公平で、影響を受けていない、証拠としての価値を持つ証言が不可能となってしまったことを知っていたけれども、
弁護側の専門家証人として証言することを拒んだ。
彼女は、そのようにすることが正義の真実に反することを自覚していたけれども、
この裁判ではイスラエルとユダヤ人に味方しようとしていたからである。
彼女は自分のおかした過ちを認めているが、それは痛烈なものであり、一読に値する。

206 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 18:41:18 0
エリザベス・ロフトゥスであっても、
シオニズムの大儀に逆らう行為をためらったように、
ユダヤ人がシオニズムに逆らうなど簡単ではない。

207 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 19:52:34 0
以前からユダヤ人についての疑問があってこの板に来たのだが

そもそも何でヨーロッパでユダヤ人は嫌われて頃されたんだろ?
歴史の教科書でも習ったと思うが、ヨーロッパで一番の宗教対立は
キリスト教 VS ユダヤ
キリスト教 VS イスラム
ではなくてー
カトリック対プロテスタントのはず。

宗教改革後の互いの虐殺は上記のものなど比べ物にならないはず。
実際教科書でもユダヤ人がキリスト教徒を大量に虐殺したって話はナチス以外聞かないし。
ナチスドイツの最大の敵は地政学上でも、宗教的にも、歴史的にもフランスのはず。
なのに占領下にもかかわらずフランス人の大量虐殺なんて聞いたことないし。
戦争遂行上、金も持ち、知的水準の高いユダヤ人を迫害するのもおかしい。
むしろ味方にすべきだったはず。

どうも歴史のすり替えがあるような気がするんだよね。
教えてエロい人!!


208 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 21:06:39 0
>>207
ユダヤ=御財布だから

ユダヤを追放した国は没落している

209 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 21:08:11 0
>>207
ヘブライの館へいってみれ

210 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 21:24:26 0
キリスト>マルティン・ルター>トマス・ミュンツァー>マルクス・レーニン>スターリン同志が正しい見方
初期キリスト教の中興の地、ドイツこそが共産インターナショナルの発祥の地。


211 :207:2005/04/23(土) 21:43:50 0
>>207

間違えた。

× 実際教科書でもユダヤ人がキリスト教徒を大量に虐殺したって話はナチス以外聞かないし。

◎ 実際教科書でもユダヤ人がキリスト教徒を大量に虐殺したって話は、ナチス以前聞いたことないのだから
  復讐のために、ユダヤ人を頃したというのもおかしい。


>>209
ヘブライの館はみたことあるけど、
ナチスについてのは見当たらなかったような。

212 :世界@名無史さん:2005/04/23(土) 21:56:52 0
>>211
ヘブライの館2の地下は?

213 :世界@名無史さん:2005/04/24(日) 00:00:32 0
>>212
すまん、ヘブライの館の地下なんて、初耳??

アドレス教えて、マジで。おながいします。



214 :世界@名無史さん:2005/04/24(日) 00:14:09 0
http://inri.client.jp/hexagon/index2.html

215 :世界@名無史さん:2005/04/24(日) 03:19:15 0
内容(「BOOK」データベースより)
地上におけるキリストの代理者、使徒の頭ペトロの後継者として、
全世界のカトリック教徒から崇敬を集めるローマ教皇。だが第二次世界大戦中、
モラルの体現者ともいうべき教皇は、人類史上未曾有の犯罪であるナチスの
ユダヤ人虐殺を知りながら止めようとはしなかった。当時の教皇ピウス十二世
―エウジェニオ・パチェリは、なぜ“沈黙”してしまったのか。

その理由を、彼の人生だけでなく、ヨーロッパ文化の基層にまで遡って探る。

ローマ教皇とナチス 文春新書 大澤 武男 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166603647/

216 :世界@名無史さん:2005/04/24(日) 03:43:14 0
大沢、ひさしぶりだな

217 :世界@名無史さん:2005/04/24(日) 23:24:25 0
新法王、ナチス青年組織メンバーの経歴

・新法王ベネディクト16世が、1940年代にナチスの青年組織「ヒトラー・ユーゲント」
 のメンバーだったことが19日から20日にかけて、欧州各国のメディアで一斉に
 報じられた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050420-00000505-yom-int


218 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:10:45 0
万歳 ヒトラーユーゲント 

万歳 ナチス

219 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:18:09 0
>>217
あの年代のドイツ人なら、ユーゲントに所属してないほうがオカシイのだけどね

220 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:24:47 0
っていうか別に騒ぎ立てるほどのことでもないだろ。
ナ チ ス は 別 に 酷 く も 悪 く も な い わ け だ し
ホ ロ コ ー ス ト も 捏 造 だ っ た し ね

真実を知った人間からすれば
「ヒトラーユーゲントに入ってた?
それがどうしたの?」
ってこった。

221 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:28:00 0

いやむしろナチスは極悪組織であって欲しい訳だが。

だってそっちの方がカッコいいじゃん。

なんで清廉潔白じゃないといけない訳さ。そんなのナチスじゃないやい。

真の反ユダヤ主義者ならホロコーストの犠牲者をむしろ水増しにして誇るべきだろう。

222 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:32:41 0
濡れ衣を着せられてもさ


女々しく言い訳に終始するんじゃなくてさ


「その汚名、あえて受けようぞ」 これですよ。

223 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 00:44:43 0
人骨で家具を作るゲテ趣味のヒムラーに我々は萌える訳ですよ。

小骨でペンを作るどこぞのさもしい大統領とは格が違うのです。

224 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 10:46:54 0
>>222
なんでやってもいない罪を被んなきゃいけねえんだよw
バカも休み休みいえw

225 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 15:37:37 0
ホロコーストに少しでも疑問を持つと、ドリームナビゲーターって人が
やって来て、ともだちランドに連れて行ってくれます。

226 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 15:39:22 0
やってないだって?とんでもない。

やりまくりオンラインですよ。

227 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 15:50:02 0

犠牲者を減少させるという愚挙に飽きたらずあまつさえ存在まで否定するとは

おまえらファシスト舐めとんのかボケ

228 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 18:20:47 0
ホロコーストの定義ってどーなんだろう?
やっぱ「広義の〜」みたいな話があるの?

229 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 19:00:11 0
少しでもユダヤ人の気にさわるようなことをしたら「ホロコースト」

230 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 19:01:07 0
>>229
ある意味正解だな。w

231 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 19:56:38 0
ユダヤ人がホロコーストと言うところで

ジャップならヒロシマナガサキとかわめくんだろうな

232 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 20:03:57 0
エヒメマルについても謝罪しろ、賠償しろと泣きわめいていたし。
そんな興奮しなくてもちゃんと対応しますってw

233 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 20:10:14 0
第二次世界大戦による全てのユダヤ人殺害を広義のホロコーストとするらしい。

234 :世界@名無史さん:2005/04/25(月) 20:33:53 0
ホロコースト
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホロコースト

235 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 00:50:04 0
>>233
収容所での病死もでしょう?

236 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 01:14:54 0
俺たちはとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見ろ。
ヤド・ヴァシェムの「ホロコースト犠牲者300万人オンラインデータベース」には
「情報ソース: 収容所移送リスト」
なんてデータも入ってる。つまり、

収容所に送るだけでホロコーストだったんだよ!!

237 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 01:18:11 0
http://www.fpp.co.uk/online/05/04/Holocaust_victims.html
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・
ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i

238 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 02:28:03 0
ホロコーストの原義

イスラエル建国発展に利用出来た(された)ユダヤ人の不幸、不幸を被ったと記録出来るユダヤ人。
これは、ヤコブが神から息子を犠牲にする様求められ忠実に実行しようとした事と同じ。

シオニストが必要不可欠の物として意図的に仕組んだ犠牲も含む。
「ホロコースト」は、神が犠牲として受納してイスラエル建国を実現させたとする
神学的ニュアンスを込めて採用された。
神が犠牲を求め、それに従い、願いが叶った、と言う気持ちを表している。

名付け親たちにナチの非人道行為を非難する趣旨が在ったのかは疑問。
ナチは「犠牲を焼く為の火を焚く」のを助けた協力者、と言う位置付けを表す言葉。

239 :世界@名無史さん:2005/04/27(水) 23:56:23 0
ガス室の構造を説明できぬホロコースト狂信者はほとんど病気
http://www.asyura2.com/0502/holocaust1/msg/823.html
投稿者 木村愛二

240 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 00:28:29 0
>>164

ナチスはユダヤ人の東方移民計画を
持ってた訳だし、それはヒトラーの大本営会議でも
ちゃんと審議されている訳だが、なぜ、それを無視する?

だいたい、ナチヲタだったら、ナチとかナチスなんて
蔑称は使わないだろ。
NSDAP(エヌエスデーアーペー)が自称。
自分で日本の事を、ジャップって言うのと同じ。

で、お前の書いてる話の、元の資料は何よ?
それを提示してもらわなければ、どうしようもない。


241 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/28(木) 10:15:17 0
>239
ご紹介ありがとう。
久々に阿修羅なんて覗いたよ。
>このところ、阿修羅にホロコースト掲示板の設置もあり、
わがホロコースト大嘘・否定論への攻撃は、ほとんど無くなった。

・・・・。ここんとこ木村愛二氏しか書き込んで無いやん。
そりゃ反論も無い罠。
 しかし、阿修羅も俺にとってはお尻の座りの悪い意見が増えたなぁ。
なんかむずむずしてくるなぁ。
 とりあえず、もうホロコーストは「歴史」ではなく、
「イデオロギー」になったようだ。
そんなものに興味は無いんだがなぁ。

はい、今日の雑感でしたっと。

242 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 11:16:10 0
>>241
そりゃあ、肯定派はでても叩かれるだけだからね
西岡氏の問いに答えられなくて逃亡した常連もしたし

お尻のすわりがどーのとか言ってないで
自分の意見を阿修羅に書き込んでみたら?

243 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/04/28(木) 19:03:53 0
>242
ありゃ、雑感に感想ありがとう。
「お尻の座りが悪い」ってのは「シオニスト」だのなんだの
興味無いってゆーか俺には理解できんなぁ。
木村氏はなんだか言うことが雷親父っぽくなってきたと思うよ。
以前はもっとジャーナリスト然としてかっこよかったんだがなぁ。
なんかこれ書いてて悲しくなってきた。ツマンネ。

> お尻のすわりがどーのとか言ってないで
自分の意見を阿修羅に書き込んでみたら?

なんで? 理由がワカラン。
前にはmaaに書き込めって言われたな。
ここは2chだってばよ。
なんで余所に行かなきゃならんのよ。


244 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 20:22:45 0
>>226
根拠もなくあったと主張するのは肯定派の悪い癖です。直しましょう。

245 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 20:42:59 0
>>243
ここでオマイの相手をしてくれる人って、あんまりいないみたいだから
薦めてみたんだけどね。

246 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 21:35:53 0
>>714 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:45:33 0
>>698 :世界@名無史さん :2005/04/09(土) 01:16:01 0
>>書類が無ければいかなる行為も捏造だよ
>>自分の目の前で人が、今現実に人が攫われるところであってもそれは事実でない。

>>敗戦目前になれば、命令書類は先ず間違いなく隠滅されるだろうけど
>>しかしそれでも、焼いたという証拠が必要なのさ。

>彼に言わせると 『 横 田 め ぐ み 』 さんに代表される 拉 致 も 捏 造 だそうだ。

>全体主義、主体思想を吹き込む工作員は早く謝れ。

早く弁解なり言い訳なりしてくれないかなぁ。


247 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 21:50:04 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
●また、『アウシュヴィッツ/判事の証拠調べ』では、
次のような驚くべき事実が紹介されている。
「1944年という遅い時期に至ってさえ、
ドイツ海軍の援護の下に数隻の船がルーマニアから黒海をぬけて、
ユダヤ人移住者を運んでいた。」

■■更なる告発
●最も著名なユダヤ人の立場の擁護者としての研究と著作を発表しているユダヤ人ハンナ・アーレント女史も、
この問題の論争に参加している。
彼女は著書『イェルサレムのアイヒマン』の中で、
ナチス当局者とシオニスト指導者たちの間に親密な結びつきがあったことに触れ、
「同胞の移送に協力したユダヤ人自治組織もあれば、
『同胞を売る』ことで生きながらえたユダヤ人もいた」ことを指摘した。
そして、当時その3分の2がシオニストの指導下にあった「ユダヤ人評議会」の受動性と、
さらには加担の有様を示し、「ユダヤ人評議会」とナチスとの協力関係について大変厳しい判断をした。
彼女によれば、シオニスト指導者たちは、
反シオニズムのユダヤ人たちやシオニズムに無関心なユダヤ人たちの信用を傷つけ、
ユダヤ人の同化を防ぐためにナチスがユダヤ人をパレスチナに送り出すのを助長するため、
「誇りをもって黄色いバッジをつけよう」というスローガンの採用を迫ったという。
(この本の出版後、彼女はユダヤ人社会から袋叩きの目に遭わされている)。

248 :世界@名無史さん:2005/04/28(木) 22:23:24 0
>>246

一体、何を弁解するのか?
なんで、拉致の話と擦り返る?

じゃあ、日本軍が中国で3500万のホロコーストを
行った事や、半島で日本の強制連行による840万の
犠牲者を出した、という事について、証拠を出さなくても、
事実という事なんだが。

ドイツより日本の方がずっと悪だと、言いたいなら
別に止めないけどな。


249 :世界@名無史さん:2005/04/29(金) 12:21:34 0
248必死だな

つう擦り切れたフレーズがこれほど似合う奴も珍しい。


250 :世界@名無史さん:2005/04/29(金) 14:06:09 0
>>243
そろそろ>>186-188で示した、第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判に対する見解を提示していただきたいんですが。
フィンケルシュタインの本を読んだのなら示せるでしょう。
あなたがフィンケルシュタインのようにごまかさない人間ならだせるでしょう。


251 :世界@名無史さん:2005/04/29(金) 21:31:25 0
リベラル派に救われといて厚顔無恥にもそれを無視し『無かった』『捏造である』とし
修正主義の名を下げたアレですか。
相手にされなくなるわけだね。


252 :世界@名無史さん:2005/04/29(金) 21:57:45 0
>>251
誰の話?

253 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 00:29:38 0
>252
>250の「フィンケルシュタインの本」を指しているように
読めますけど

254 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 00:39:12 0
>>253
「リベラル派」って書き方は少しまずいかもしれないけどね。

255 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 01:04:54 0
ちなみに>>248は釣りですよね

256 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 01:07:26 0
   ∩___∩         |
   | ノ\     ヽ        |
  /  ●゛  ● |        |
  | ∪  ( _●_) ミ       j
 彡、   |∪|   |        J
/     ∩ノ ⊃  ヽ
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

257 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 12:48:35 0
>>254
指摘されればそうかぁ・・・・

最初のツンデル裁判に関しては過去スレで既出だね。

258 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 16:27:03 0
>>257
フィンケルシュタインがツンデル裁判とデムヤンユク裁判をなかった事にしているのならば、
>>205-206で自身のジレンマを誠実に告白したエリザベス・ロフトゥスの足元にも及ばない。

259 :世界@名無史さん:2005/04/30(土) 21:59:56 0
なんだかフランケンシュタインがツンデレ裁判でトムヤムクン・・・

260 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/01(日) 16:52:12 0
>245
ありゃ、なんか答になってるような、なってないような。
微妙な答だね。まあいいや。
>250
あれは俺に見解を求めるコピペだったのかっ!
なんにも書いてないから気が付かなかった。
さらっと流してたや。なんか書いといてよ。頼むわ。

 俺は浅学なことに、ツンデル裁判・デムヤンユク裁判ともに
論じられる程、詳しい内容は知らないのよ。
だから全体的な見解だけ語ってみようかね。

 まずは、ツンデル裁判についてだが世間ではほとんど話題に
上らないこの裁判だが、実は深い意味のある判決の出ている裁判では
ないかと思う。
 1審・2審を「嘘の内容の出版物を配布した」との訴えと戦って敗訴した
ツンデルであるが、最終審議でその争点を「言論の自由」に変えた。
その時点でツンデルが意識していたかどうかは解らないが、
この裁判は1審・2審より重要性をぐっと深めたと思う。続く。

261 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/01(日) 16:52:35 0
んで続き。
 カナダの裁判所はツンデル側の訴えを認め、法律は違憲であるとして
ツンデルのいうことが真実か嘘かの判断を保留したうえで、
彼には「言論の自由」が保証されるとした。
 カナダの最高裁は「ホロコーストなど無かった」という情報の真贋はともかく、
ツンデルがそれを言ったり、出版したりする権利を認めたのである。
これはある種、画期的なことではないだろうか。
 俺達一般市民が自由に考え、発言し、世間に情報を流布する権利を保証されたのだ。
これは人間の根幹にかかわる権利である。
俺は世界中の人々にこの権利が平等に保証されるべきだと思う。
 ただ、ツンデル氏がこの後、逮捕されドイツに強制送還されたことは残念だ。
彼はカナダの市民権を取得できなかったのだ。
これもまた、ある種の人種偏見であることは間違い無い。

 以上がツンデル裁判に俺が持つ感想。
デムヤンユク裁判についてはさらに知識が乏しい。
なんにせよ、無実の人が死刑にならなくて良かった。
最近、再逮捕されたらしいが、冤罪であることを望む。
だって彼もそうとう老いていることだろうし。
冤罪でなくとも、もう許されてもいいのではないかな。

262 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 23:02:04 0
>>260-261
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/revisionism_qa/12.htm
>しかし、カナダ、オーストラリア、いくつかのヨーロッパ諸国に目を転じると、事態はまったく異なっています。
>オーストラリアとカナダでは、ユダヤ人共同体に不愉快な思いをさせることすべてが、
>いわゆる「人権委員会」によって訴追されます。
日米以外の大半の西欧諸国ではゲーソ・ファビウス法に相当する法律がある。

ツンデルが追放されたのは、ツンデル本人の極右的な思想も大きいが、
ホロコースト神話に打撃を与えてシオニストユダヤ組織の恨みを買ったことに尽きるのだろう。
(カナダはエドガー・ブロンフマン一族の本拠地でもある)
シオニストユダヤ組織に対して見せ掛けでも科学的に修正主義を論破するという、
(プレサックはシオニストユダヤ組織を見事にはめたのだが)
プレサックを利用せざるを得ない状況に追い込んだのは第一次ツンデル裁判の一番大きな成果だろう。
都合が悪いので正史派の正統派は科学や物理などを本当は使いたくないである。
そしてヒルバーグの姿勢の変化にも影響を与えてしまっている。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/neumaier_01.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/treblinka/05.htm
>5名のユダヤ人「目撃証人」すべてがまったくの嘘つき、詐欺師であることが証明されてしまったデムヤンユク裁判は、
>このような証人の信憑性に対する決定的な打撃となった。
>事実、これ以降、「ガス室証人」は一人として法廷に姿を現そうとはしていない。
第一次ツンデル裁判と同じようにデムヤンユク裁判で証言への信用性が明確に破綻したと言える。
あれだけホロコースト証言に対する信用性に疑問を投げかけていながら、
ホロコースト証言に関して無視できないであろう裁判をフィンケルシュタインが無視しているのが全く理解できない。
とくにヒルバーグと第一次ツンデル裁判の関連性への見解を示すべきだろう。
それを示せなければ、フィンケルシュタインはリップシュタットと同類とみなすべき。

263 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 23:44:31 0
第1次ツンデル裁判を修正主義の勝ちとみるか、負けとみるか。
いろんな立場があっていいと思います。
ただそれとは別に、この際
当のカナダの裁判所の資料を押えておくのも悪くないでしょう。

ツンデルは最高裁まで争いますが、その最高裁判決(1992)に
第1次ツンデル裁判の審理のまとめが書いてあります。
それにもとづいて第1次ツンデル裁判の概要を
とくにホロコースト否定とそれへの反論に絞って紹介します。

裁判の詳細については原文を参照してください。

264 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 23:47:57 0
第1次ツンデル裁判(1985)の概要
〜ツンデル裁判最高裁判決(1992)より〜

1985年、ツンデル(Ernst Züundel)は Did Six Million Really Die? などの
パンフレットを出版したことについて、虚偽の情報をそれと知りながら広める罪
(カナダ刑法177条(当時))で起訴された。この罪で訴追する場合には
当該情報が虚偽であることの立証が必要となる。検察はホロコースト否定論に
反論することになった。
裁判所はナチスによってユダヤ人が殺害されたという事実は争いえないとしたが、
600万人という犠牲者数、ガス室を使った処刑がおこなわれたこと、
公式の計画があったことについては Judicial Notice(司法確知)しなかったので、
それらの点が裁判で争われた。

検察は Did Six Million Really Die? の内容を85の論点に分けて、一つ一つ
論駁していった。いくつかの例を挙げると次のとおり。

(1)いわゆる最終解決がユダヤ人をマダガスカルへ退去させる計画だったことを
示しているとされる、ゲッベルスのメモは存在しない。ゲッベルスの日記の
1942年3月7日の項もそのような内容ではない。それどころかそのあとの
27日の項に最終解決はジェノサイドであることが示されている。

(2)ナチスがユダヤ人を絶滅させる計画だったことを示す文書はないとされるが、
1943年10月4日のヒムラーのポーゼン演説はユダヤ人を絶滅させる計画に
言及している。ツンデルはこの「絶滅」という言葉は「移送」を意味すると主張するが、
その解釈が正しいかどうかは陪審員の判断に委ねる。またフランクの日記の
1942年12月9日の項は総督府にいる350万人のユダヤ人の絶滅について
書かれている。さらにニュルンベルクの諸裁判に提出された多くの文書、
とりわけソ連・ユダヤ人の死亡者数に関するSS特務部隊の日々の報告がある。
1942年12月20日のヒトラーに対する報告のなかで、ヒムラーはSS特務部隊が
同年8月から11月の間に363,211人のユダヤ人を処刑したと指摘している。

265 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 23:50:53 0
(3)すべての強制収容所は実に人道にかなった労働収容所だったと赤十字が
報告したとされるが、赤十字国際委員会のビーダーマン証人は、当該赤十字報告は
戦争捕虜収容所のみに関するもので、民間人が収用された収容所に赤十字の
スタッフが立ち入ることはなかったと証言した。

(4)大学教授のヒルバーグ証人は、労働施設が併設された収容所もあったが、
ベウゼッツ、トレブリンカ、ソビボール、ヘウムノはまったくの「殺人工場」であって、
アウシュヴィッツ=ビルケナウとマイダネクではガス室が使われていたと証言した。

(5)殺害されたユダヤ人の数については、収容所に輸送するためにゲシュタポが
支払った一人一人の運賃に関する鉄道関係の記録から確認できる。
それらの数字を当該収容所から移動した人数や収容所解放時に確認された人数と
比較すればよい。

検察はこのように次々と、ツンデルが歴史家たちの著作の内容を誤って伝え、
諸証言を誤って引用し、証拠を捏造し、存在しない典拠を参照していることを示した。

1985年2月、ツンデルは虚偽の情報を広めたとして有罪判決を受けたが、控訴した。

R. v. Zundel, [1992] 2 S.C.R. 731, 1992 CanLII 75 (S.C.C.)
>目次<
I. Background: The Pamphlet in Question
II. Judgments below 〔下級審の判決〕
A. Trial 〔1審(第1次ツンデル裁判)〕
B. Ontario Court of Appeal #1 (1987), 31 C.C.C. (3d) 97 〔控訴審〕
C. Ontario Court of Appeal #2 (1990), 53 C.C.C. (3d) 161 〔控訴審(第2次ツンデル裁判)〕
III. Issues in this Appeal
IV. Analysis
V. Disposition
http://www.canlii.org/ca/cas/scc/1992/1992scc72.html
http://www.lexum.umontreal.ca/csc-scc/en/pub/1992/vol2/html/1992scr2_0731.html

266 :世界@名無史さん:2005/05/01(日) 23:52:39 0
>関連情報<
[A] Affirmative 肯定派サイト
[N] Negative 否定派サイト

(判決)
[A] http://www.nizkor.org/hweb/people/z/zundel-ernst/supreme-court/
(記録・報告)
Rudolf Vrba, His verbatim testimony at the Zundel Trial (January 1985)
[N] http://www.vho.org/aaargh/engl/vrba1.html
[N] http://www.vho.org/aaargh/fran/livres/vrba.zip
[N] http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm
'Did Six Million Really Die?'
Report of the Evidence in the Canadian 'False News' Trial of Ernst Zundel - 1988
[N] http://www.zundelsite.org/english/dsmrd/dsmrdtoc.html
[N] http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/holocaust_trial.htm
[N] http://www.vho.org/aaargh/engl/ancestors/RH85toronto1.html
Robert Lenski, Der Holocaust vor Gericht (on the 1988 Trial)
[N] http://www.zundelsite.org/german/lenski/lenskitoc.html
(概説・その他)
Who Is Ernst Zundel, And Why Is He In Jail?, By Mark Weber, September 2003
[N] http://www.ihr.org/news/030923Zundel.shtml
Ernst Zundel
[A] http://www.adl.org/learn/Ext_US/zundel.asp?xpicked=2&item=zundel
Ernst Zündel
[A] http://www.nizkor.org/hweb/people/z/zundel-ernst/

267 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 02:44:30 0
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1112319399/830-849
正史派がこんなこと言ってますけど、絶対に間違っていると思います。
自分は知識がないのでよくわからないのですが、間違いなくコッホは
ユダヤ人虐待の罪で処刑されたと思うし、それを裏付ける証拠もあると思います。

268 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 08:25:03 0
軍痛住人はバカだから屁理屈こねれば騙せると思ってるんだろ
山崎センセイやニツコーといっしょでそんなのいちいち相手にしててもしょうがない

269 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/02(月) 16:04:30 0
>262
うーん。
俺には君が何を言っているのか、言いたいのかさっぱりワカラン。
俺に裁判事件の見解を求めた必然性はなんだったんだい?
再び聞くが、これはもうイデオロギーの話なのか?
歴史の話ではないのか?
 プレサックよりも、フィンケルシュタインよりも、君の今のレスにこそ
強い政治性を感じるんだがね、俺は。
 政治的な話をするなら、一方向からの見方だけでなく、いろんな方向から
検討しないとそれこそ陰謀の片棒を担ぐことになるぜ?

>263-266
うわぉ、資料をたくさん有り難う。ゆっくり見させてもらうよ。
しかし、裁判資料に固執しているのは否定派のサイトが多いね。
おもしろい傾向だ。


270 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 18:18:43 0
>ユダヤ人虐待の罪で処刑されたと思うし、それを裏付ける証拠もあると思います。

おい、否定派を気取るのであれば『〜と思うし』『〜と思います』は無いだろう
>>267-268は敗北思想を矯正するために強制収容所送りだな。

>>269
改変テンプレです。

日本語に試訳すると『俺は気に食わない認めない。俺らはこれだけネタがあるんだえらいだろう』

つうこと。

271 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 18:49:50 0
軍オタ ウゼエ
余計なことばらしやがって

272 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/02(月) 19:34:55 0
>270
あ、なんかそう訳されると解ったような気になるなぁ。
ってヲイ (;¬_¬)。w
>271
( ゚д゚)σ)´Д`)プニプニ
正直でよろしいですけどね、
こう素直に言われると、なんか否定派じゃない気がする。
あぁ、俺も性根がねじ曲がってるわ。w

273 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 20:09:52 0
>>269
>再び聞くが、これはもうイデオロギーの話なのか?
>歴史の話ではないのか?
歴史でもありイデオロギーでもあって切り離しが不可能になっている。

>プレサックよりも、フィンケルシュタインよりも、君の今のレスにこそ
>強い政治性を感じるんだがね、俺は。
フィンケルシュタインの矛盾点を指摘しているのだが。
ツンデルがシオニストユダヤ組織の恨みを買ったのは事実なんだが。
ツンデル裁判がなかったら、プレサックの本もなかっただろう。
ツンデル裁判がなかったら、ヒルバーグがフィンケルシュタインを支持することもなかっただろう。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/neumaier_01.htm
>1988年11月29日、イェルサレムで奇妙な事件が起った。
>1988年11月20日、デムヤンユクの弁護士ドフ・エイタンは、弁護側の主要な専門家証人から、
>デムヤンユクに対する主要な証拠であるトラヴニキ身分証明書が偽造であることを証明する多岐にわたる報告を受け取った。
>エイタンは1988年12月4日の控訴期限に、イェルサレムの法廷にとって驚くべきことを声明するとしていたが、
>1988年11月29日に、不可解にも、エイロン・ホテルの15階の窓から落ちた[22]。
>ドフ。エイタンの都合の良い(悪い?)死の真相は解明されていない。
過去にもシオニズムの秘密を裁判で暴露しようとして暗殺された奴がいたな。

>政治的な話をするなら、一方向からの見方だけでなく、いろんな方向から
>検討しないとそれこそ陰謀の片棒を担ぐことになるぜ?
ネオナチの陰謀の片棒を担ぐことになるぜ?か、冗談がきついぜ笑わせるなよ。
http://www.kansaspress.ku.edu/righitpix.html
ナチスには身分証明書などを偽造した15万人もの隠れユダヤ兵がいたんだがなあ。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html
ナチス幹部などにも、ベラスコ、ローゼンベルク、ハイドリヒ、
ボルマンなどのように隠れユダヤ人だとされている者がいたんだが。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
>「パレスチナの1頭の乳牛は、ポーランドの全てのユダヤ人よりも価値がある。」
シオニストユダヤ人がナチスを批判する資格などないんだよ。

274 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 20:10:36 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
>■■ハビブ・シーバー
>●イスラエル政府が「建国の功労者」を迫害した事件があったという。
>迫害されたのはユダヤ人ハビブ・シーバー。
>この事件を詳しく知る人は、次のように述べている。
>「ハビブ・シーバーはベギン、シャミルなどとともにイスラエル建国のために献身的に働いたシオニストであった。
>彼はイスラエル建国を自分の命のように大切に思っていたのである。初代ベエルシェバ市長になった人物でもある。
>しかしハビブ・シーバーはイスラエル建国とともにシオニストの犯罪に気がついた。
>イスラエル建国の結果、どれほど多くのパレスチナ人たちが犠牲となったか。
>彼らだけではなく、ユダヤ人自身も多く犠牲になった。
>彼はシオニスト幹部であるがゆえに、イスラエル建国の裏側を全部知っていた。
>彼はイスラエルを去って、アメリカに渡った。そしてシオニズム反対を叫び運動した。
>すると、イスラエル政府はアメリカ政府に要請して、最後までハビブ・シーバーにアメリカ国籍を与えないようにした。
>アメリカ在住20年にして、彼は国籍を持たぬままアメリカの土となったのである。」
>●生前、ハビブ・シーバーは次のように語ったという。
>「反ユダヤなどというものは、この世界のどこにもない。
>反ユダヤはシオニストたちが自分たちの都合のためにつくり出す騒ぎなのである。」
>さらにハビブ・シーバーは次のようにも言ったという。
>「私たち民族の弱点は調子に乗ってやりすぎることである。自分の力を過信する。
>そして振り返ったとき、すでに味方する者はなく敵ばかりとなる。
>やりすぎることが滅びの前兆なのである。いつも私はこのことを心配している。」
ツンデルがカナダ市民権をもらえずにドイツへ強制送還された理由の説明にもなっている。

275 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 21:29:19 0
>>270
だったらお前はカール・コッホが汚職の罪で処刑されたってことを完璧に証明できるのかよ?
言っとくが二次資料三次資料は受け付けんぞ真に汚職の罪で処刑されたという具体的な証拠を見せろ。

276 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 22:09:57 0
隠れユダヤ幹部でヘルムート・ヴィルベルクやエルハルト・ミルヒを出さない辺り恣意的なものを感じざる得ませんが何か。

ユダはナチ式敬礼を禁止されていたからなぁ(WW

>>275
悔しければ、アメリカとロシアとドイツの公文書館に行けば記録を確認できるよ(WW


277 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 22:30:49 0
>>276
隠れユダヤ幹部全部を書ききれないだろ。

>ユダはナチ式敬礼を禁止されていたからなぁ(WW
隠れは表向きは純粋アーリア人だろ。

278 :世界@名無史さん:2005/05/02(月) 22:35:44 0
>>276
その公文書館の文書が正しいって言う証拠は?
文書に書いてあるからってそれが正しいってどうしてわかるの?

279 :日本文明世界遺産:2005/05/03(火) 09:18:10 0
私は古武道を楽しむものです。参加者の年齢は幅広く15歳から90歳くらいまで!先輩の武田さんと平成4年の秋
大阪の大会で名刺交換した方(森様)が1937年の12月、南京戦に参戦されたと言う!驚きでした!当時のこと
、やはり聞きました!『南京大虐殺』目や耳にした事なし!当時の松井岩根大将から日本軍はあくまでも、武士道精神を忘れず決
して 民衆に手出しするな!中立の安全地帯には立ち入り禁止!との訓令を受けているので歯を食いしばって、凛として行動をした
との事です。 国際戦時ルールで敵を掃討する事はあっても、無差別に民衆を殺戮や略奪等は断じてなく、貧民だらけで略奪など思いも
寄らなかったそうです。中国軍よりましと思ったのか、民衆は安心したかのように、ニコニコと近寄って来たとも言って ました。
真実を歪曲した中国国民党か中京軍(八路軍)の謀略宣伝工作しか考えられないとの事でしたよ。
今考えれば、揚子江岸に中国人の漂着死体がかなりあったのは『内乱』だろうなーと言ってました。と言うのは当時、中国には軍閥政府が
3つ、あり共同で日本軍に当たろうと言いながら、漁夫の利を得ようと、表向き見方でありながら、お互いの足を引っ張りあい殺戮や略奪は
日本軍のせいに出来る。自国の兵民問わず、無秩序の暴虐を繰り返す劣等民族であったらしい!そういう国に関わった事が嘆かわしいとの事
 60年前の著書ラルフ・タウンゼント(米国の中国副領事)の暗黒大陸中国の真実を読めば中国人気質が良く分かります。
当時の南京には欧米の記者やジャーナリストや日本人の大宅壮一・林芙美子・石川達三・草野心平・西条八十・小林秀雄の作家や評論家150名
位の人達がいたが、誰一人知らなかったといってます。これが歴史の真実です!!誰かの伝聞でも憶測や推量でもありません。それがいきなり
東京裁判で浮上するなんて?10年近く過ぎてですよ!敗戦に放心虚脱で失神状態の日本国民はアッケニとられ反論もままならず、魔女裁判を
押し付けられた訳です!!正式な東京裁判をやり直しを訴えなければなりません!日本人としての誇りを取り戻すためにも!・・


280 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 12:31:01 0
ユダヤ人を保護する為の公正明大な施設で、ユダヤ人の保護することを指導する立場であるべき
保護施設の監督官であるべき人物が、保護されるべきユダヤ人を差別し虐待していたとは・・・

この事件を受けて、ユダヤ人を保護する施設に関連する犯罪行為が調査され約800件も摘発されるとは・・・

ユダヤ人保護施設がどの程度の数は有ったのか分かりませんが800件で割ると・・・・怖いですね。


281 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/03(火) 17:07:27 0
GWだっちうのに俺は仕事かよっ。これもシオニストの陰謀に違いないっ。
>273
>歴史でもありイデオロギーでもあって切り離しが不可能になっている。
歴史とイデオロギーを同時に論じちゃイケンよ。
歴史は客観性の衣を纏って語られなくてはイケンよ。

>ツンデルがシオニストユダヤ組織の恨みを買ったのは事実なんだが。
ツンデル裁判がなかったら、プレサックの本もなかっただろう。
ツンデル裁判がなかったら、ヒルバーグがフィンケルシュタインを支持することもなかっただろう。

やたらと学者にレッテルを貼ってはイケンよ。
学会の権力闘争じゃないんだから。「○○教授は××派だから・・・」
学問は研究内容で評価する物でしょう。

> 過去にもシオニズムの秘密を裁判で暴露しようとして暗殺された奴がいたな。
しかし、デムヤンユクはそのイスラエル法廷で無罪となったよ。
その点はどう評価するのさ。

>ネオナチの陰謀の片棒を担ぐことになるぜ?か、冗談がきついぜ笑わせるなよ。

俺はネオナチの陰謀だなんて書いてないし、これまで否定派をネオナチと呼んだこともない。
気を回しすぎじゃないかい?
陰謀は陰謀だよ。君がこうして反シオニズムを流布することが
既にシオニストの陰謀かもしれないよ?
考えて見ろよ、今まで極秘に活動してきたシオニズムの陰謀に極東の一個人が
気づいてしまうんだぜ。おかしいじゃあーりませんか。
これはシオニストの陰謀だね。シオニストを責める声を高めて逆説的に
自分達の立場をあくまで被害者にとどめようって魂胆だよ。見え見え。

282 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 18:26:15 0
>>281

>これもシオニストの陰謀に違いないっ。

間違いない!早く足をあらえ、次は君の命が危ない。

283 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 19:29:15 0
>>281
>歴史とイデオロギーを同時に論じちゃイケンよ。
>歴史は客観性の衣を纏って語られなくてはイケンよ。
イスラエルとホロコーストが一体化しているのは事実でホロコースト神話がなければイスラエルもなかった。

>やたらと学者にレッテルを貼ってはイケンよ。
>学会の権力闘争じゃないんだから。「○○教授は××派だから・・・」
>学問は研究内容で評価する物でしょう。
巧妙なすり替えですね。
逆に考えると、
ツンデル裁判がなかっても、クラルスフェルトが出資してプレサックの本が出たのでしょうか。
ツンデル裁判がなかっても、ヒルバーグがフィンケルシュタインを支持したのでしょうか。
ツンデル裁判がなかっても、ルドルフ・ヴルバの証言は破綻したのでしょうか。

>しかし、デムヤンユクはそのイスラエル法廷で無罪となったよ。
>その点はどう評価するのさ。
ホロコースト証言が破綻したものしかない証明に他ならないがね。

>これはシオニストの陰謀だね。シオニストを責める声を高めて逆説的に
>自分達の立場をあくまで被害者にとどめようって魂胆だよ。見え見え。
俺はナチスが被害者だなんて書いてない。
気を回しすぎじゃないかい? w

284 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 19:30:20 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
これを上から下まで全部読まれる事をお勧めする。
あと「ファシズム時代のシオニズム」とハンナ・アーレントの「エルサレムのアイヒマン」などもある。
>(この本の出版後、彼女はユダヤ人社会から袋叩きの目に遭わされている)。
そして>>274に書いているが、ハビブ・シーバーはどうしてアメリカ国籍を取れなかったのでしょうね。
誰の差し金で死ぬまで嫌がらせをされたのでしょうね。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/sack_01.htm
>3年前、私は合衆国ホロコースト記念博物館で講演する予定でした。
>この講演の予定は小冊子やインターネットに掲載されていました。
>しかし、博物館はその後キャンセルしてきたのです。
ユダヤ人の故ジョン・サックに執拗な記事掲載妨害の嫌がらせをしたのは誰の差し金でしょうね。
合衆国ホロコースト記念博物館での講演をキャンセルは誰の差し金でしょうね。
ジョン・サックは、あのリップシュタットにネオナチ、反ユダヤ主義者とレッテルを張られている。
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/6354/KAIGAI/OSTROVSKY.htm
>内部から(ただし辞職後)書かれているだけにいずれも生々しく、その多くは「はじめて公表される」から、
>当時、イスラエルの関係当局が本書の刊行を妨害したのもうなずける。
ヴィクター・オストロフスキーの『モサド情報員の告白』の出版を妨害したのはシオニズムの巣窟のイスラエル当局。
シオニズムに逆らったりシオニズムやホロコーストの秘密を暴露しようとすると決まって執拗な嫌がらせを受けることが多い。
ルドルフ・カストナーやドフ・エイタンなどようにシオニズムやホロコーストの秘密の暴露を防ぐために処刑された者さえいる。
そして都合が悪くなるとシオニズムに貢献したジョナサン・ポラードのようなスパイでも切り捨てられる。

285 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 19:32:10 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
●ある同化主義者で反シオニズムのユダヤ人はいう。
「……一般に、シオニスト・ユダヤ人と、普通に外国に溶け込んで暮らすユダヤ人を同一視する人が少なくないが、
歴史的に、社会との同化を望むユダヤ人が多くいることを知ってほしい。
そして、ユダヤ人が中世を通じて受けてきた悲劇を再び受けることなく、
かつ社会に対しても悲劇を与えることなく平安に暮らすには、『同化主義』しか道は残されていないのである。
シオニストの『異化主義』は明らかに間違っている。
一歩間違えれば、再び、世界の反ユダヤ感情を高めることになり、
多くの無実のユダヤ人(同化主義のユダヤ人)を危険にさらすことになる。私はそれを非常に危惧している。
シオニストたちは自分たちの理想ばかりを優先し、世界に平和をもたらさない。
シオニストのやっていることは、世界に不幸を与え続けている。彼らは現実を見ようとはしない。
どこか遠くの未来(楽園)を夢見ているのだ。
彼らのやっていることは、結果的に多くのユダヤ市民を危険にさらし、
再びユダヤに暗黒時代を招きよせることになりかねないのに……。
同化か異化か。この種の議論はイスラエルが建国される以前から──
第二次世界大戦が起こる遥か前から──何度も何度も繰り返されてきたものである。
当時は圧倒的に同化主義のユダヤ人が多かった。異化主義のシオニストは非常に少数派であった。
それが何故、シオニストたちは、たった短期間で先住民の住むパレスチナにユダヤ国家を建設することができたのか。
彼らの恐るべき野心、そして理想実現のために同胞を切り捨て、
踏み台にする人間の存在……。歴史というものは実に残酷である。これを的確に把握して言える歴史学者は少ない。
シオニストたちは、世界の人々に対し、自分たちの建てたホロコースト記念館で歴史を学べという。
これ以上、ユダヤ人の悲劇を増やさないように、と。しかし、そこでは真の教訓は得られないであろう。
実際、中東で起きている悲劇は、彼らが歴史から何も教訓を学んでいない証拠である。
異化主義こそが間違っているというのに、だ。シオニストの異化主義こそが、世界に不幸を与え続けているのだ。」

286 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 19:34:11 0
●また別の反シオニズムのユダヤ人は次のように言う。
「今日のシオニスト・ユダヤ人は、ユダヤの長い歴史から見れば新興勢力のようなものだ。
本質的にシオニズムとユダヤ思想とは別物である。
そしてこのシオニスト・ユダヤ人は、ユダヤを内部から破壊しているという点で、ある意味“反ユダヤ”の勢力といえる。
ユダヤの仮面をつけているがゆえに、非常にタチの悪い“反ユダヤ”勢力だ。
連中のやっていることは、長い目でみた場合、ユダヤにとっては負の遺産しか残さないだろう。 〈中略〉
遅かれ早かれ、イスラエルは非常に厳しい局面に立たされるはずだ。
その時に連中が道を誤れば、ユダヤは再び散らされる。
第2のホロコーストといっていい悲劇が起きるかもしれない。
その時はまた、先の大戦のときのように、非シオニスト・反シオニストのユダヤ人、
貧しい下層階級のユダヤ人ばかりが虐殺されるかもしれない。具体的にどうなるかはわからない。
しかしこれだけは言える。シオニストの連中が世界にのさばり続けるかぎり、何度でも歴史は繰り返す。
悲劇は繰り返される。シオニストが考えを改めなければ、第2のホロコーストばかりか、
第3、第4のホロコーストだって、起きるだろう。もちろんユダヤ人だけが被害にあうわけではない。
多くの非ユダヤ人も巻き込まれる。シオニストは自分たちだけの平和を考えてはいけない。
真の意味での“世界平和”について考えるべきだ。」

●世界的に有名な天才バイオリニスト、ユーディー・メニューインの父親にあたり、
反シオニズムの優れた学者であるユダヤ人モシュ・メニューインも、
著書『現代におけるユダヤ教の堕落』の中で次のように述べている。
「預言者のユダヤ教が私の宗教であって、ナパーム弾のユダヤ教──戦闘的ユダヤ人の新しい実例──は、
私に関する限りユダヤ人ではなく、ユダヤ人の道徳や人間性の一切の感覚を喪失した『ユダヤ人』のナチである。
反シオニズムは、反ユダヤ主義ではない。」

287 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:26:57 0
シヲニシトがそれほど強力で執行力があるのならば自己鯖でもないmaaが削除されない不思議。

歴史見直し運動は中立でシヲニズムとは関係ないといいつつシヲニズム批判を撤回・批判しない不思議。

で、アンチシヲニズムなのに極左から足蹴にされてしまう哀れ。

単にユダヤ嫌いと結論つけられるのね(WW

288 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:33:40 0
>>287
maaがあげつらってるのは「シオニズム」でなくて「ホロコースト神話」でつ。
残念でした!

289 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:39:02 0
*「街宣右翼は国籍が不自由で歴史的に虐げられてきたかわいそうな人たちだ」

とか言われて納得する方はいらっしゃいますか?
世界中の人から(本音を言えば)ユダヤ人が嫌われているのは、つまりそういうことなんです。

290 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:45:17 0
オタサイトのmaaなんぞにわざわざコメントするあたりに
>>287の必死さが伺える

291 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:46:44 0
>>287
フィンケルシュタインの「ホロコースト産業」もあの三交社だろ。

292 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:47:25 0
maa ネタはこちらでどうぞ

ソフィア先生の逆転裁判を検証しようぜ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1110648369/

293 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 21:49:03 0
>>289
×世界中の人から(本音を言えば)ユダヤ人が嫌われているのは、つまりそういうことなんです。
○世界中の人から(本音を言えば)シオニストユダヤ人が嫌われているのは、つまりそういうことなんです。

294 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:20:20 0
世界中じゃなくてテロリストのムスリムに嫌われてるだけだろ
イスラエルに住んで中東随一の生活水準を享受している
アラブ系イスラエル人もたくさんいる


295 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:31:57 0
>>294
http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1809.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1303.html
アラブ系イスラエル人は尊厳を奪われて差別されてるだろ。

296 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:35:29 0
東南アジアだとすげえ評判悪いよな。

297 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:42:24 0
>>295
それ全然関係ないじゃん
新移民であるエチオピアのユダヤ教徒とキチガイの銃乱射事件w

アラブ系イスラエル人はイスラームを信仰する自由を認められている

298 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:46:14 0
>>296
まさかマハティールのことを言っているんじゃ?
反ユダヤ発言で物議をかもしたこともあるからな

しかしあれはたんなる風見鶏だよ
国内のイスラーム強硬派を引きつけておかないと政権がもたないw
マレーシア北部などで政治化したイスラーム主義者たちが地方政権を掌握してるだろ
そういうところに気を使っているのさ

299 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:47:31 0
>歴史見直し運動は中立でシヲニズムとは関係ないといいつつシヲニズム批判を撤回・批判しない不思議。

ん、迂回されたわけだがなにか?

で、リビ風にコメントするのであればシヲ叩きは別スレでつうわけなのか(WW


300 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:49:20 0
>>297
http://www.onweb.to/palestine/siryo/islcitizn.html
http://palestine-heiwa.org/note2/200411272000.htm
http://www3.tky.3web.ne.jp/~sper/UNADY/news6.html
そのアラブ系は差別されて三級四級市民でしかない。

301 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:51:01 0
>>300
>>295 によると
イスラエル社会の最下層はユダヤ教徒らしいが?

> イスラエル社会の最下層を構成するエチオピア系ユダヤ人
> http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1303.html

アラブ系はそれよりもましなんじゃないの?

302 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:51:14 0
>>299
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html

303 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:52:22 0
>>301
それよりもさらに下。

304 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:52:51 0
イスラエルに移住したイエメンのユダヤ教徒もけっこうきびしい生活を強いられてるよな

305 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:55:55 0
>692 :名無し三等兵 :2005/04/14(木) 00:55:35 ID:???
>>689
>悪魔の証明はできない。
>故に、「あったこと」を誰も証明できなければ、それはなかったことになる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。

>ホロコーストをいっこうに証明できないから焦ってるのはわかるけど、だからといって「悪魔の証明はできる」なんてことは口が裂けても言わないほうがいいよ。

>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。
>悪魔の証明はできないわけだから、肯定派の言い分の矛盾点を指摘し、論破することは積極的なホロコーストの否定になりうる。





306 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:56:18 0
>>301
http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1304.html
●現在、イスラエルの身分証明書には「ナショナリティ・国籍・宗教」の3つの欄があるのだが、
最も重要なのは第1のナショナリティで、ここに「ユダヤ人」と書かれるかどうかが、
イスラエル共和国で様々な権利を享受できるか、それとも差別されるかの境目となっている。
普通日本では、ナショナリティの欄には、「日本人」と書くはずであるが、
イスラエルでは「イスラエル人」と書き込むべき欄は2番目になっており、
1番目の欄に「ユダヤ人」と書かれるかどうかが重要になっているのである。

307 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 22:57:46 0
>>303
> それよりもさらに下。

んなわけないだろ。
エチオピアのユダヤ教徒は難民同然で移民してきたばっかり


308 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:01:18 0
>>307
>>306
そして帰化も非ユダヤ人には厳しいんだが。

309 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:01:40 0
>>306
国籍の項目は2002年3月に廃止されたよ

YOM HA-ATZMAUT: LIMUD - STUDY
The Teudat Zehut - Identification Card
http://www.jrf.org/israel/independence-day-study.html

310 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:02:31 0
>で、アンチシヲニズムなのに極左から足蹴にされてしまう哀れ。

これも、返答がまだだよ(WW

テロ行為にシフトした極右と見てよい派閥からも相手にされていないのか?


311 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:03:04 0
>>309
http://www.onweb.to/palestine/siryo/islcitizn.html
http://palestine-heiwa.org/note2/200411272000.htm
http://www3.tky.3web.ne.jp/~sper/UNADY/news6.html


312 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:03:13 0
>>308
> そして帰化も非ユダヤ人には厳しいんだが。

そんなの中東ではあたりまえ
サウジアラビアに非ムスリムが簡単に帰化できるか?


313 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:04:41 0
>>310
根拠のない妄想チョムスキーは左翼の反シオニスト。

314 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:06:49 0
>>306
> http://inri.client.jp/hexagon/floorA1F/a1f1304.html
> ●現在、イスラエルの身分証明書には「ナショナリティ・国籍・宗教」の3つの欄がある

>>309
> >>306
> 国籍の項目は2002年3月に廃止されたよ
>
> YOM HA-ATZMAUT: LIMUD - STUDY
> The Teudat Zehut - Identification Card
> http://www.jrf.org/israel/independence-day-study.html

>>311
> >>309
> http://www.onweb.to/palestine/siryo/islcitizn.html
> http://palestine-heiwa.org/note2/200411272000.htm
> http://www3.tky.3web.ne.jp/~sper/UNADY/news6.html

身分証の話なんかでてこないじゃん




315 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:07:08 0
イスラエル市民で最も差別されてるのはベドウィン族じゃないの?

316 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:07:31 0
パレスチナやアラブ世界において相手にされていない、歴史なんだかつう団体の話(WW

317 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:08:13 0
>>312
イスラエルの話だろ。

318 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:10:15 0
また瞬殺かギガワロッシュ。

319 :蕎序:2005/05/03(火) 23:10:38 0
確かにEUとトルコ、イスラエルとアラブ諸国の確執は大きいね〜

320 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:11:22 0
http://www.onweb.to/palestine/siryo/islcitizn.html
この法案に関して、大きく二つの問題があります。
 これは明らかに人種差別的な法案です。
パレスチナ人だけをえり抜きし、またパレスチナ人と結婚するケースの多いアラブ系イスラエル人を狙ったあからさまな国籍差別、
人種差別です。(他の非イスラエル人はこの法律の対象にならない)。
この問題に関わっており、法案撤回の嘆願を提出する(した?)
Adalahというイスラエル内のアラブ系マイノリティの法的支援をするNGOのプレスリリースには
「数多くのイスラエルの国内法が、
唯一のグループ、ユダヤ系多数派に特権を与えるため、
アラブ系市民に対して差別的であったが、
この法律は権利を奪う、という点で差別的なだけでなく、
『レイシスト』そのものだ」という理事長のコメントが掲載されています。

321 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:12:49 0
リビ金言集より
コテつけるヤツはバカ。

322 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:17:03 0
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/283-286

323 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:41:38 0
イスラム教徒と結婚してイスラム教に改宗しようとしたユダヤ人女性は
精神科を受診させられました。

324 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:42:41 0
皆の衆皆の衆、シヲ叩きってことでよろしんですね

325 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:46:32 0
ここは世界史板なので、べつにシオニストが嘘つきで人殺しでユスリタカリ常習犯のゴロツキでキチガイで人種差別主義者だとかそういうことはあまり関係ありません。
このスレはホロコーストが嘘だったという話題を語る場所です。

326 :世界@名無史さん:2005/05/03(火) 23:51:56 0
忠告しておくが、叩きの真似事してると 馬 鹿 にされ 主 張 したいことも 相手にされないよ


327 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 00:05:38 0
>>325
その通りだが、ホロコーストの嘘を利用して、
嘘つきで人殺しでユスリタカリ常習犯のゴロツキで
キチガイで人種差別主義を正当化しているのは抑えて置いて欲しい。

328 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 00:07:31 0
>>298
>まさかマハティールのことを言っているんじゃ?

そんなこと言ってるんじゃないよ。わかってるくせに。麻薬とかあれとかこれとか、要するに犯罪のことだよ

329 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 00:09:09 0
>>309
> 国籍の項目は2002年3月に廃止されたよ
> YOM HA-ATZMAUT: LIMUD - STUDY
> The Teudat Zehut - Identification Card
> http://www.jrf.org/israel/independence-day-study.html

身分証の項目として廃止されたのはナショナリティー(ヘブライ語で leom)
国籍(ezrahut)が廃止されたとは書かれていない


330 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 00:56:56 0
>>329
見苦しいヤツだ

331 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 01:11:06 0
収容所に収容された、ユダヤ人は、
みんな同じ話をするぞ。
ウソなら、独りぐらい、違うことを証言するはずなのに。


332 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 01:25:00 0
宇宙人に誘拐されたアブダクティーが退行催眠で思い出した記憶の証言は、数千件以上が驚くほど一致している。
このことから、彼らは雑誌やテレビで見た情報を無意識のうちに自分の体験と同一視していた可能性が指摘されている。

333 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 01:31:49 0
[“ガス室”の知識の出所は戦後の“特集読み物”]
http://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-22.html
 ブッフェンヴァルトやダッハウの元収容者たちでさえも、このように念を入れて物語られる伝説に
よって、暗示を与えられてしまう。フランスの第一級の歴史家で、カン市分科大学の名誉学長で
あり、元収容者としてマウトハウゼン研究所のメンバーに加わっているミシェル・ドゥ・ブアールは、
一九八六年に、つぎのように言明した。

《一九五四年に……提出したマウトハウゼンに関する専攻論文で、私は、二度にわたってガス室
のことを書いた。その後に思い返す機会があって、私は、自分に問い直した。私は、どこで、マウト
ハウゼンのガス室についての確信を得たのだろうか? それは、私が、あの集中収容所で暮らし
ていた時期ではない。なぜなら、そのころは私自身も、その他の誰であろうとも、そんなものがあり
得るなどとは想像さえしていなかったからである。だから、その知識の出所は、私が戦後に読ん
だ“特集読み物”だと認めざるを得ないのである。そこで、自分の論文を点検してみると、……私は、
常に自分の確信の大部分を引用文献から得ているのだが、……そこにはガス室に関係する引用
文献が明記されてなかったのである》(『西部フランス』86・8・2&3)

334 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 01:48:12 0
試訳♪いつまでたっても♪試訳なんだでかね試訳♪


335 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 02:28:40 0
ミシェル・ド・ボユアールの証言 Michel de Boüard
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/Points2/Bouard.html

336 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 02:52:09 0
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-35.html
 ラッシニエの主著を再編集した英語版の『ホロコースト物語とユリシーズの嘘』は、「歴史見直し
研究所」で入手してきたが、四六五ページの大著である。
 かれは「ガス室」の存在を否定しただけでなく、ナチス・ドイツはユダヤ人を移住させる以外の
政策を立てたことはないと強調していた。とりわけ重要なのは、戦後の初期に発表された「ホロ
コースト」物語の真相をあばくための、つぎのように実証的な姿勢である。
「かれはその死をむかえるまで、[ユダヤ人]絶滅政策説に立つ著作を調べつづけ、その著者の
追跡をこころみた」(『六百万人は本当に死んだか』)
 その結果、「ガス室」の存在について、ある著者は「ほかの人から聞き、それ以後、自分が目撃
証人であるかのようにふるまってきた」ことを認めた。ある著者は「漠然とした噂以外になんらの
証拠をもしめせなかった」。ある著者の情報源だった「目撃証人は、その著作が出版される前に
死んでいた」。「六〇〇万人」の根拠をしめすことができた著者は皆無だった。
 ユダヤ人で、オーストリアの社会民主党の指導者でもあったベネディクト・カウツキーの場合には、
ラッシニエとの会見が以後のドラマチックな展開につながった。『悪魔と罪』という著作の中で、かれ
は、「アウシュヴィッツで何百万人ものユダヤ人が抹殺された」と主張していた。かれは実際に
一九三八年から四五年まで、アウシュヴィッツの三カ所をふくむ各地の収容所に収容された経験の
持ち主だったが、ラッシニエとの会見の結果、「抹殺」説は「他人からの伝聞」であることを認めた。
その後の著作ではラッシニエとの約束にもとづいて、そのことをしるした。

337 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 03:00:00 0
 1991年、ローパー社が約6000人のアメリカ人の成人男女を対象にある調査を行った。それは
エイリアン・アブダクションの被害者たちに共通して見られる『UFO誘拐症候群』の世論調査であり、
被害者特有の5つの兆候によって、アブダクションに遭い、記憶を消された人々を特定できるとされた。
 
 調査を主導したホプキンズとジェイコブズによると、誰かがこのような兆候を示したなら、たとえ本人
にその自覚がなくても、その人はUFOに誘拐された可能性があると主張している。彼らは調査結果
をまとめて「ローパー調査報告」と名づけて発表した。これを見ると、調査対象となった成人男女の
2%が、5種類の兆候のうち4つまたは5つを経験していたことになる。ここから彼らは「アメリカ人の大人
の50人に1人は宇宙人に誘拐されたことがあるかもしれない」という結論を引き出している。

UFO誘拐症候群の5つの兆候

* 麻痺状態で目覚めると部屋に奇妙な人、存在などの気配を感じた。
* 1時間かそれ以上の長さの時間が明らかに失われているが、それがなぜか、あるいはその間
   自分がどこにいたか思い出せない。
* 方法も理由もわからないが、自分が空中を飛んでいるという感じがした。
* 何が原因かも、どこから来たかもわからない異常な光、もしくは光球が部屋にあるのが見えた。
* 自分の身体に不可解な傷を見つけたが、自分も周りの人もどうしてついたのか、あるいはどこで
   ついたのかわからない。

 彼らは、「これらの兆候はUFO誘拐事件が原因だと考えなければ決して説明できない」と本気で主張
する。しかしそれは誤りである。幻覚と睡眠障害に関する論文に少しでも目を通せば、UFO誘拐事件の
被害者に特有の症状とされるものの多くはまったく異常でも不可思議でもないことがわかるだろう。そも
そも、この調査結果は数字的にまったくナンセンスである。この統計を世界中に広げて考えると、全世界
の大都市上空にUFOが大挙して待機していて、地球でも最大規模の産業を地域住民にまったく知られ
ることなく活動していることになるからだ。
http://www.fitweb.or.jp/~entity/ufo/abudakushon.html

338 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 03:04:09 0
◆逆行催眠の記憶

 UFO誘拐事件の根拠となるものの一つに、逆行催眠によって失われた記憶を思い出すというものが
ある。だが、催眠によって回復する記憶のうち真実はごく一部で、大部分はセラピストや自己暗示によっ
て作り出された偽の記憶である。催眠は人に暗示をかけるテクニックであるため、催眠状態の人間は
夢見や幻覚状態と同じように、現実と想像を非常に混同しやすくなるのだ。上記のように幻覚が重なっ
た睡眠麻痺の産物でも、UFO信者のセラピストにかかると、まぎれもないUFO誘拐体験と断定されて
しまう。そうすると誘導次第でいくらでもセラピストの意に沿う偽の記憶を作り出すことができるのだ。
 
 仮にセラピストが自分の考えを患者に吹き込まなくても、宇宙人による誘拐事件はマスコミを通じて
誰の耳にも入っており、それらの情報の影響から完全に逃れることは事実上不可能である。それに
アブダクティーの大部分はもともとUFO信者だった場合が多い。彼らは“失われた時間”があると、
なんらかの不愉快なことが自分の身に降りかかったらしい、という漠然とした気持ちでセラピストに助
けを求める。そこに、人口2億6000万人の半数がUFOの存在を信じているというアメリカの国民性
が反映する。結果、催眠に入る前に、両者の間で誘拐は現実だという合意がなされ、セラピストと彼
に協力的な患者との共同作業によって、よくできた誘拐事件が作り上げられるわけだ。
 
 そもそも、過去に幾度となく試みられてはいるが、『抑圧された記憶』なるものの存在証明を示す実験
結果は一度も出ていない。アメリカの多くの州で、セラピーで得られた『回復した記憶』が客観的証拠と
して採用されなくなったのはこのためだ。このようなことはUFOアブダクションに限らない。FBI捜査官の
ケン・ランニングは、同様な方法で『回復した記憶』によるおびただしい数の悪魔崇拝儀式による虐待
事件の調査に何年も費やしたが、そのような事件が実際あったという証拠はかけらすら見つからなかっ
たという。ここではっきりと言えるのは、記憶はビデオテープのように記録されているのではなく、われわれ
は絶えず記憶を再構成し続けている、ということだ。
http://www.fitweb.or.jp/~entity/ufo/abudakushon.html

339 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 08:35:56 0
エロ教会のエロ牧師がエロイ事をエロエロに罪も無い子供に行ったことも捏造と証明されました

ttp://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/clergyman_sexual_violence/?1113096926

このような事件はリビジョ理論で無罪ですね。


340 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 08:51:33 0
で、なんでナチはガス室みたいに危険で高価で効率が悪い方法でホロコーストなんかしたの?
それも戦争末期に


341 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 10:26:44 0
        ,,:-ー''" ̄ ̄ `ヽ、,
      /          \
     /λ             \
    / / \            ヽ
   / /     \           |
  / /        `ー 、       |
  | .|           ー―-、   |
  |  |               |   |
  |  |,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ \  |
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にナチス
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、     ,l,フ ノ   | こういう党大会してたのが
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"  < 昔の軍板なんだよな今のネオナチは
   .|  ::|  ::  ||||||||||||    ,il .|'"    | 昔のナチスを知らないから困る
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|.     \________
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \

342 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/04(水) 14:42:35 0
まっ。随分お話が進んじゃってすっかり遅レスになっちゃった。
>283

> イスラエルとホロコーストが一体化しているのは事実でホロコースト神話がなければイスラエルもなかった。

イデオロギーを持って歴史を語る事を良しとしてしまえば歴史の真実など闇の中さ。
おまけに「ホロコースト否定論者はネオナチ」なんて言われても抵抗できなくなるぜ。

>巧妙なすり替えですね。
俺は君の根本的な考え方を批判しておるワケだよ。
すり替えでもなんでもない。
ツンデル裁判など無くてもプレサックは研究を続け、
ヒルバーグとフィンケルシュタインは支持しあったでしょう。
ウルバの証言はツンデル裁判で破綻などしてません。
 ここからは余談だけどね、「なかっても」ってのはちとおかしい日本語だね。
この場合は「無くとも」でしょう。変換できなかったろ?
方言だとしたら親近感のある方言だね。案外、身近に住んでる人かもね。
エラーが出たので続く。


343 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/04(水) 14:43:22 0
続き。
>ホロコースト証言が破綻したものしかない証明に他ならないがね。

>この事例を冤罪だと見抜いたイスラエルの弁護士の尽力や、
アメリカの東欧系市民の運動などの支えを得て、彼は、最終的にイスラエル
最高裁で人違いとの事実認定を受け、無罪判決を受けます。

西岡氏のご意見ですがね。これはどう思う?

>俺はナチスが被害者だなんて書いてない。
気を回しすぎじゃないかい? w

あははははっ。君は落ち着いてレスを読んだほうがいいよ。
被害者としての立場にとどめようってのはシオニストのことだぜ。
君も書いてないが、俺もナチスが被害者だなんて書いてないぜ。
君がシオニストの秘密を知ることができたのもシオニストの陰謀の一部ってことさ。
ま、冗談だからね。あんまりまともに受けなくてもいいんでない?

344 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 14:45:04 0
>>342
>ツンデル裁判など無くてもプレサックは研究を続け、

根拠をどーぞ

>ウルバの証言はツンデル裁判で破綻などしてません。

おまいの思考回路には問題がありそうだ

345 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/04(水) 15:12:23 0
更に続き。

 とにかく君はイデオロギー的部分に強く縛られ過ぎている。
ここは世界史板であり、我々は歴史の話をしているのを忘れないように。
君がシオニストと戦うのは非常に結構。良いことなんだろう?
シオニストの陰謀があるならあるでそれまた結構だ。存分に暴き出しておくれ。
ただし、どっか別の板でやるべきだろう。俺の言っている事が解るかい?
 俺は基本的にネオナチやら反セム主義の流れの上で「ホロコースト否定論」を
捉えることを良しとしない考え方には賛成する。
もし、本当に疑わしいなら、徹底的に調べ直せばよいだけのことだからね。
「ネオナチの思想だからホロコースト否定論はクソ」ってのもダメだが、
「シオニストが影で援助しているからホロコーストは嘘」ってのもダメだ。
もっと歴史に対して真面目に取り組まないとね。
君が大変、真面目な人物なのは良くわかるが、残念ながら筋違いだ。
歴史とジャーナリズムは別のジャンルだ。歴史には歴史のやり方ってものがある。
ここでいくらシオニズムの驚異を語ってもダメだよ。
読み物としてはおもしろいがね。

346 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 15:45:08 0
人数が多い気がするが
ソ連だってスターリンが何百万人も殺しまくったから
嘘って言うのは信じがたいな

347 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:11:48 0
ルドルフ・ヴルバは勇気を持って(おそらく無謀でしたが)1985年のツンデル裁判に出廷しました。
ツンデルの弁護人が、フォーリソンの指導の下に、上記の証言にある矛盾点を厳しく指摘したところ、
ルドルフ・ヴルバは、「文学的修辞法」を使ったとうったえざるをえないところまで追い込まれたのです

348 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:12:58 0
試訳:「目撃証人」ルドルフ・ヴルバの法廷証言

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm

349 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 20:18:20 0
>>346
だから中国人も3500万つー数字を信じてしまうわけだな(w

350 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 01:04:42 0
>>346-349
アホバッカ ワイドショウレベルだねぇ 何がワイドショウなのか わかっていないだろうけど・・・

で、試訳が完全版になるのは何時のことですかねぇ。

351 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 01:07:53 0
>>350
本人に聞けば?

352 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 08:04:40 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_05.htm
試訳:追悼 J.‐C. プレサック
「ユダヤ人の大量殺戮については、いくつかの基本的な概念を根本的に修正しなくてはなりません。
『ジェノサイド』という表現はもはや適切ではないでしょう。
時代の変化によって、私がこれまで永遠であると教えこまれてきた記憶の厳格な基準を新しく見直さなくてはなりません。
新しい資料が登場して、それは、公的に確かなこととされてきたことをくつがえしていくでしょう。
ですから、強制収容所についての現在の記述も、依然として優勢ではありますが、崩壊していく運命にあります。
現在の記述の中で、何を救うことができるでしょうか。ごくわずかです。
強制収容所システムの規模を誇張することは、円と同じ面積の正方形を作るようなものです。白を黒ということです。
民族的な良心は悲しい物語を必要とはしません。ソンビの生活は励ましにはなりません。
苦痛の経験は利用され、じゃらじゃらと鳴るコイン、すなわち、勲章、年金、公職、政治的影響力に代わっていくからです。
だから、犠牲者になると同時に、特権的な個人、ひいては「処刑人」になることもできるのです。」
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_07.htm
試訳:マイヤー・ピペル論争によせて
「もしも読者が、次のような現実的な結論に怒りを覚えたとしても、それは筆者「マイヤー」の責任ではない。
その怒りの鉾先は、10倍ほども[実際には30倍――グラーフ]犠牲者の数を誇張してきた人々、
ならびに、人道に対する罪を政治的な目的に利用することに関与した人々に向けられるべきである。」

353 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 08:05:35 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc931.html
しかし、アメリカ国内でネオナチが着々と力をつけ、奇妙な動きを見せているのは事実である。
実際、「一部のユダヤ資金がネオナチ組織に流れている。」荒唐無稽だと笑って済ますことのできない不気味さがある。
ハルマゲドンを信じ込んでいる彼らが、何かの拍子に、何かをしでかす(演出する)可能性は十分にある。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/_floorA6F_hb.html
ナチスとシオニストは「ウルトラ民族主義」と「暴力的手段の行使」の2つの主要な柱で一致している。
一連のホロコースト疑惑騒動の中で、「シオニスト勢力が最も触れられたくない部分は、」
ナチス高官とシオニスト組織の上層部が水面下で手を結んでいた、
あるいは「共生関係」にあったという奇妙な構造があったという事実である。詳しくは下のファイルをご覧下さい
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
●東京大学名誉教授で中東現代史専攻の板垣雄三教授は次のように述べている。
「シオニスト・ユダヤ人により設立された『パレスチナ船舶会社』は、
ドイツ客船を購入して『テル・アヴィヴ号』と改称し、
船長はナチ党員、船尾には船名のヘブライ文字、マストにはナチスの鉤十字を掲げて、
1935年ブレーマーハーフェン・ハイファ間に就航し、移民の輸送にあたった。 〈中略〉 
1919年パレスチナのユダヤ教徒の人口は住民の9%だったが、
1939年には、パレスチナの『ユダヤ人』の人口は全体の30%を占め、
イシューヴ(パレスチナ・ユダヤ人社会)の自立的経済が成立するに至った。
1933年を転換点として、中・東欧からの『ユダヤ人』入植者が激増したからである。
ナチズムなしにはイスラエル国家の誕生はありえなかった、ともいえるであろう。」
●また、『アウシュヴィッツ/判事の証拠調べ』では、次のような驚くべき事実が紹介されている。
「1944年という遅い時期に至ってさえ、ドイツ海軍の援護の下に数隻の船がルーマニアから黒海をぬけて、
ユダヤ人移住者を運んでいた。」

354 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 10:45:15 0
>>352-353
何時完成稿になるのですか?


355 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 11:13:34 0
http://www.sankei.co.jp/news/050505/kok034.htm
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20050505k0000e030014000c.html
デンマークなので賠償金要求以外にゲーソ・ファビウス法導入も要求されるだろう。

356 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:54:09 0
ヒトラーってユダヤ人じゃないの?
鼻でかいし、黒髪だし

357 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 16:00:11 0
>>356
常識

358 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 16:04:04 0
>>356
すでにユダヤ人でないことが証明されてます。

359 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 18:09:42 0
証明書を偽造したんだよ。ドイツじゃ日常茶飯事だぜ?

360 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 18:12:07 0
ユダヤ人だということが証明されています。

361 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 18:33:09 0
ヒトラーの父アロイスの出生には不明な点があり、手塚治虫の漫画『アドルフに告ぐ』などで有名な
ヒトラー=ユダヤ人説の根拠となっている。
ナチ党幹部の弁護士フランクの当時の調査によると、
アロイス・ヒトラーは1837年6月7日マリーア・シックルグルバーの私生児としてグラーツで生まれているが、
マリーアの奉公していたユダヤ人フランケンベルガーはアロイスが14才になるまで養育費を支払っていたとされ、
ヒトラーは自分の祖父がユダヤ人フランケンベルガーだったのではないかと疑っていた。
しかしグラーツ大学教授プレラドヴィクの戦後の研究によると、
この地方に1956年以前にユダヤ人が居住していたという記録はなく、
ヒトラーの祖父がユダヤ人だった可能性はないとされ、
現在ではヒトラー=ユダヤ人説はほぼ否定されている。


http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒトラー

362 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 18:36:37 0
>>361
ユダヤ人は生きたまま消えることもあるほど曖昧な判断基準の上に成り立つ幽霊のような存在なのだから、ユダヤがいないなんて明確に断言することは不可能と思いますが。

363 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 18:45:12 0
>グラーツ大学教授プレラドヴィク

て、どう云う肺家を持つ人物か?

364 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:00:42 0
>>363
ご自分で調べてください。

365 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:05:55 0
ヒトラーとユダヤ人 講談社現代新書
大沢 武男 (著)

この本でもユダヤ人説は否定されてる

366 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:10:43 0
ソースが大沢かよ

367 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:44:39 0
>>366
>この本でも

「でも」と、書いてあるだろ?
日本語が不自由なのかな?

368 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:50:20 0
日本でヒトラー=ユダヤ人説が根強いのって、手塚治虫のせいかな

369 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:56:01 0
ユダヤ人説が古くから在ったのは間違いない。
で、最近の否定説はシオニストシンパから出るのかな?

370 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 21:23:07 0
「戦闘的ユダヤ人」ってかっこ良いですね。
オラに力を貸してくれとか言うんですか?

371 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 23:08:41 0
1942年5月、パリを訪問したハイドリヒ(ライヒ保安本部長官、
ベーメン・メーレン保護領総督代理)は
ホテル・マジェスティックに集まったフランス占領当局の高官たちに
ヴァンゼー会議の決定事項を説明した。

ハイドリヒはトラックを使ったガス処刑の方法について解説し、
それは「不十分な技術」だとした。しかしすでに「より大規模で、より完璧な、
そしてより大量に処理できる解決方法」が見つかっており、
「ヨーロッパ・ユダヤ人全体に対して死刑宣告がなされた」と締めくくった。

5月下旬、ハイドリヒはプラハでチェコスロバキアの抵抗組織に襲われ、
病院で帰らぬ人となる。
ユダヤ人の血が混じっているのではないかと疑われていたハイドリヒ。
そうした不愉快な噂を否定したいという思いがあったのか、なかったのか。
ともかくユダヤ人絶滅政策を先頭に立って推し進めた人だった。

372 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 23:24:43 0
>>371

その内容はやはり、出席者のの証言かね。
誰が、誰から、何時、どのように聞き出したのか?
真偽を確認出来る者が居なくなった段階で手記でも書いたのかな。

373 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 09:48:05 0
>>327
アーアまたやっちゃたよ、頭から否定だよ。
>>336-338
>>352-353も否定されちゃったよ、意味ねーよな、無能な働き者はこれだから・・・・

374 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/06(金) 10:04:10 0
またスレの流れがワケのワカラン状態に。
さて、プレサックについて。
>ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/pressac
>10年間以上の辛抱強い調査の後に、Pressacはアウシュビッツで最終的に火葬場
についての新鮮な証拠書類を発見することができました。
それは1945年1月にSSによってほぼ完全に破壊されていました。
そしてその2週間後に彼の国際的名声を決定づける重要なホロコーストに
ついての出版物が出されます。
「アウシュビッツの火葬場:」 「大量殺人の機械。」(CNRS版、パリ)
注.なにわ訳(間違ってたらゴメンよ)

ツンデル裁判の結審が1990年。1審の判決でも1985年。
本が出たのが1987年。
 プレサックの研究についてはフォリソンさんの影響は大きいが、
ツンデル裁判の影響とは考えにくいね。
ツンデル裁判にフォリソンさんが絡んでいる関係上、研究の発表を
急いだりはしたかもしれないが、裁判が無くとも研究は続けられただろうね。


375 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 12:49:18 0
>>374
プレサックの後援者が誰だったか知ってる?

376 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/06(金) 17:04:40 0
>375
俺がコピペした資料のなかに載ってる。
読んでないのか?
英語を読むのがマンドクセんなら翻訳ソフトにかけろ。
URLの頭にhは付けろよ。
そんじゃ、よろしく。


377 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 17:34:10 0
>>372
> その内容はやはり、出席者のの証言かね。

いや、公文書だ。その点も含めてホテル・マジェスティックの会合での
ハイドリヒ発言に関するソースは例えばこれら。

Cercle d'étude de la Déportation et de la Shoah
Pierre Ayçoberry, Professeur à l'Université de Strasbourg
http://aphgcaen.free.fr/cercle/aycoberr.htm
"Todesurteil für Europas Juden" Serie Teil 4
http://www.stern.de/politik/historie/index.html?id=516158&p=2&nv=ct_cb&eid=501065

378 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 17:39:50 0
>>377
Serie Teil 4
→ stern-Serie: Die Macht des Bösen, Teil 4

379 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 18:13:45 0
>>376
ツンデル裁判がなきゃ、プレサックに脚光があたる事は無かったんだよ

それからイイカゲンにニツコーはやめれ。

380 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/06(金) 18:47:44 0
>379
あれ。
ツンデル裁判が無ければプレサックの本も無かったんじゃないの?
脚光を浴びなかっただけっすか?
まぁ、プレサックさんは割と地味な人のようだからね。
それとニッコーを使うなって主張の意味がワカラン。
人間石鹸の問題のせい?
あれは解決したでしょ。
あーっ。俺の英訳がまだなのかっ。しっつれいしましたっ。
>ttp://www.jewishvirtuallibrary.org/jsource/Holocaust/soap01.html
とりあえず細かい経過の解るHPをコピペして堪忍してもらったりする。

381 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 19:30:45 0
>>380
本は書けるだろうし、研究もできるだろ。


382 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 19:58:55 0
>>377
その公文書の内容が真実だという具体的な証拠を出してください。

383 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 20:40:51 0
>>382
キミの真実はキミ自身が探せ

384 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 21:29:15 0
>>383
青酸ガスが見えるという具体的な証拠は?

385 :世界@名無史さん:2005/05/07(土) 04:18:57 0
>>384
化学板のスレで訊くとよい。

アウシュヴィッツのガス室はあったのか?
http://science3.2ch.net/test/read.cgi/bake/1073719289/

386 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/07(土) 09:26:22 0
>381
だってツンデル裁判が無かったらプレサックの本も無かっただろうって
>273に書いてあるじゃんかよう。(・ε・)ブーブー
まぁいいや。問題解決っと。
>382
 南京問題とかでよく使われる方法だけどね、証拠の証拠を求める方法。
んで証拠が出たら、さらにその証拠を求めると。
そんなこと、素人には不可能だよ。
できないと解ってて要求することには意味がないよ。火病ってるとしか思えない。
>384
 さて、再び証言の真実性?の話になってまいりました。
何回目だろうね。答もおんなじになっちゃうよ。
 なんか見えたんだろうね、その人には。
遺体の体から立ち上る蒸気かもしれないし、もしかしたら
なんだっけ、えーっと、ほら、えくとぷらずむだったかもしれないよ。w
理屈に合わない証言も多いだろうが、彼らは概ね見たままを語る。
また、そうでなくては証言にならない。後の判断は第三者の仕事。

387 :世界@名無史さん:2005/05/07(土) 12:03:15 0
>>385
そのスレ凄え
>93 :あるケミストさん :04/01/16 15:35
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072986499/930n
>>930 :世界@名無史さん :04/01/16 15:00
>>どうやら化学板でも、ナチのガス室は存在し得なかったという合意が
>>得られたようです。ま、当然なんですけどね(苦笑)

>このスレで「合意が得られた」そうです。
>驚いたね、こりゃ。
一方的にコピペして他人の主張を垂れ流しただけで化学板の住人は
独自の意見どころか書き込みすら大してやってないのに
「合意が得られた」???????
このスレはこんな事の繰り返しだったのか?
それとも関係ない板にスレを立てる行為自体が他板の人間の合意なのか?


388 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 00:47:28 0
皆さんに伺いたいんですけど…

Q1:あなたは肯定派ですか?否定派ですか?

Q2:「アウシュビッツのガス室」は本当に機能して、数百万人が殺された
のは事実なのでしょうか?

Q3:事実と考えておられるなら、あなたが事実と考えるに至った、最初の
資料なり文献がなんであるか教えてください。

Q4:なぜその結論に至ったか、主観で結構ですので教えてください


…なぜ、そう考えるか?について興味がありますので

389 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 01:19:05 0
>>388
自分がまず回答してみてくれ

390 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 01:32:16 0
「実は一番ユダヤ人を殺しているのはロシア人」って説とか
ヨーロッパ全体で弾圧していたって説は決定では無いの?

弾圧されたユダヤ人がナチに助けを求めたって言うのも嘘?

391 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 09:05:13 0
>>388
まず、自分から
「…なぜ、そう考えるか?について興味があります」理由を
言ってみれば?


392 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/08(日) 11:58:39 0
>388
 俺もあなたと同じような興味を持っています。
「何故、そう考えるのか?」についてです。
だから、あなたが俺の質問にも、できるだけ誠実に答えてくれるなら、
俺もあなたの質問にできるだけ誠実に答えましょう。
どうですか? コテハンとトリップをつけて答えていただけると
嬉しく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

393 :388:2005/05/08(日) 23:18:46 0
>>392
とにかく相手に意見を言わせて、資料を出すとか自分の考えを述べるかをやったら
すかさず「それが真実だという証拠は?」って言って相手を論破するのが最大の目的です
何故そんなことをするのかといえば、ホロコーストを否定する事それ自体が目的だからとしかいえません。
もっと具体的に言うととにかく反論できなくなるまで駄々をこねて形だけでも相手を論破して
優越感に浸ることが最大の目的ですね。
そもそも実生活では嫌なことばかりでたまに言い合いがあっても自分の頭ではすぐに論破されてしまいます。
でも、ホロコーストに関する議論なら証拠はどこにあるとか、それが正しい証拠を出せとか自分の頭を全く使わず
資料も一切調べず定型文化した回答やほかのHPの丸ごとコピペだけで相手を黙らせる
ことができるんだからこんなに楽なことはないでしょう。
ネット上でやっと見つけた自分でも勝つことができそうな議論なんだから
あなた達もそれに答えてください。
ここまで言ったんだから>>388の回答に答えてくれますよね?

394 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 23:33:53 0
>>393
ソリは議論でも論破ではないニダ。
居直りニダ。

つまり荒らし宣言ニダよ。


395 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 23:36:02 0
>>393
> ここまで言ったんだから>>388の回答に答えてくれますよね?

このくだりがなんかカワイイ。美少女ですか?


396 :388:2005/05/08(日) 23:40:55 0
>>394>>395
そんなことはどうでもいいです。
早く>>388に答えてください。

397 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 23:43:13 0
>>396
過去ログ参照だ、それからだな(藁

398 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 23:45:22 0
>>396
じゃあ、答えてみるね

A1.修正派。否定派っていいかたは揚げ足とられるからね
A2.嘘でしょう、公式見解ですら下方修正されてるし、クレマ=ガス室説自体放棄されつつあるし。


399 :388:2005/05/08(日) 23:45:45 0
>>397
他人にあそこまで書かせといてたったのそれだけですか?
恥を忍んであんなこと書いたんだから、あなたもそれにあわせる義務があるでしょう
早く>>388に答えてください

400 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 23:48:41 0
>>397
> 過去ログ参照だ、それからだな(藁

それは拷問だろう。とても楽には読みきれない量の過去ログがある。

401 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 00:19:46 0
>>399
否定派か肯定派かすらも答えられない思考停止クンをかまうのはヤメレ

402 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 00:48:32 0
>>399

世界史板の住民は、大なり小なり
全員、修正派と考えてよい。
歴史上、プロパガンダ宣伝は、いつの時代も
使われてきたし、この事件ほど
政治的プロパガンダに使用されてるものはない。

先の、町村の発言を見ても判るように
日本よりドイツの方を酷く見せたい。
という、政治的意図に利用されている。


403 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 01:02:58 0
過去ログにはこんな質問もあった。質問する人は後を絶たないのだ。

【ホロコースト】 20世紀最大の捏造 10
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1074262383/489
> 489 名前: ◆eru./.777. :04/01/21 00:04
> マルコポーロ関係の質問なんだけど…否定派、肯定派それぞれ答えてもらえませんか?
> Q1
> ヒトラーが「ユダヤ人絶滅」を命令した文書は、一枚も発見されなかった ホント?
> Q2
> ヒトラー及びナチの指導部は、収用したユダヤ人達の「絶滅」を計画したことなど一度も
> なかった。 ホント?
> Q3
> ヒムラーは収容所の管理者たちに対し、「死亡率は、絶対に低下させなければならない」
> という命令を出していた ホント?
> Q4
> ナチが計画したのは、ユダヤ人達を戦後「東方地域」に強制移住させることで、
> ナチスはこのユダヤ人強制移住計画をユダヤ人問題の「最終的解決」と名付け、
> 東部戦線でソ連を打倒した後、実行するつもりでいた。  ホント?
> Q5
> プリンストン大学のアーノ・メーヤー教授が、『ユダヤ人の大多数は「ガス室」で殺された
> のではない』と主張。 この事は、1989年6月15日号のニューズウィーク日本版でも
> 取り上げられた ホント?
> Q6
> フランスのポール・ラッシニエがリヴィジョニストの先駆け ホント?
> Q7
> 英字紙マイニチ・デイリー・ニュースの投書欄でガス室問題について1993年5月に大論争
> をやった ホント?

404 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 01:03:14 0
> Q8
> 西ドイツの歴史学者、マーティン・ブロサット博士が1960年、 「ガス室」を作ったのは
> ドイツ軍に占領されたポーランドだけで、ドイツ本国に「ガス室」はなかったという意味の
> 声明を発表 ホント?
> Q9
> ユダヤ系活動家、サイモン・ヴィーゼンタールも、ドイツ本国に限っては、「ガス室」が
> なかったことを認める発言 ホント?
> Q10
> チクロンBの成分であるシアン化水素自体は確かに猛毒だが、使用に際し長時間の加熱
> を必要とする ホント?
> Q11
> 処刑が終わった「ガス室」内部は、人間の致死量を超える濃度の青酸ガスが充満している
> ので処刑直後に「ガス室」に立ち入ることは、換気またはガスマスクが必要である ホント?
> Q12
> 青酸ガス(シアン化水素)は、爆発性の気体だから、タバコをくわえたままの処刑直後に
> 立ち入るなど論外である ホント?
> Q13
> 戦争中、連合軍がラジオやビラによってドイツ占領下のヨーロッパに対し、「ガス室」の噂を
> 意図的に流布させていた ホント?
> Q14
> ユダヤ人などを虐待したという理由で死刑に処せられたドイツ人がいた ホント?
> Q15
> ユダヤ系アメリカ人のデイヴィッド・コウルって何者?

405 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 03:47:50 0
>>402
またまた勝手ななりきりドイツ人の被害妄想。
何度も同じことを書かせるなよ。バカ。
ドイツの方が酷くさせてるのは、日本人ではなく、ドイツ人自身であり
主に西欧諸国。そしてそのドイツと日本を比べるバカがいるから、
それはおかしいと言うのは当たり前のこと。

偉そうなこと言う前にまともな座標軸を持て。

406 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 04:03:45 0
ドイツの方を酷くさせてる・・・の方が正しいな。

とにかくリビジョも正史派?もワケの分からない比較を持ち出している
かぎりまともな市民から支持されないだろうな。

町村の発言を持ち出しつつ、自分がまさにそのようなことをやっている
ことに気付け。ホロコーストの話をしたいなら、
ホロコーストの話だけに絞り、理論的実証的に語ることだ。
日本がどうした、ああしたなんて言ってるうちは不愉快で受け入れてもらえない
だろう。
まっ実際ガス室による大量死がなくても、ドイツの悪事の特異性は世界至上
燦然と輝いておりまして、日本より良く見せるのは難しいでしょう。
別にガス室が無かったからといって、ナチスマンセーになるわけがなくて、
そこを履き違えてもらっても困る。障害者やジプシーをガス室で大量死
させたのは事実、ユダヤ人の市民権を奪ったのは事実、ユダヤ人をドイツから
一掃して強制収用所に押し込めたのも事実、そして多くの人間がなんらかの
理由で死んだのも事実だ。ナチスはユダヤ人のみならずポーランド、デンマーク、
ロシア、ノルウェー、オランダ、様々な国で嫌われている。
ガス室の汚名がなくなればナチスドイツの名誉を完全に回復できると
思っている人間がリビジョに巣くっている限り、リビジョは支持され
ないだろうな。
まあガス室の汚名の払拭は様々な悪事の全てを忘れさせてくれるくらいのインパクトがあり、
それが本当なら、ネオナチにとってこれほど便利な道具はないな。
だから熱心なのかもしれないけどね。

407 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 08:17:51 0
http://volkermord.com/gallery/thumbnails.php?album=134
ここ面白いな。The Holohoax写真集らしいが、ユダヤ人商店のガラスを
ぶち破って勝ち誇るナチス、蹴飛ばされたり、銃殺
されたり、絞殺されたり、強制移送されたりするユダヤ人などの
写真ばかりなり。謎だ。ナチスどもの嘲った顔立ち、銃殺する際の
無慈悲で事務的な顔つき、これを見ると、ナチがたんにユダヤ人の
強制移住を目指し、それ以外の諍いを望まなかった・・・なんて大嘘
だとわかってしまう。
謎だ。こんな写真ばっかり並べたら、ああガス室くらい作っても
全然不思議でないと思っちまうわな。少なくともユダヤ人の福利厚生、
衛生なんぞまともに考えずに、見殺し、事実上の殺人をしてもなんら
不思議ではない。心は痛まないだろう。
ネオナチはホロコーストなんぞ
無かったというけれど、彼らの本音は、ホロコーストやれるもんなら
やってみたい、人種差別的憎悪をすき放題発散できたナチスドイツは素敵、
憧れる!というのが本音なのが分かる。内心ホロコーストがあったなら
素敵だと思ってるが、外面では否定しているということだろう。



408 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/09(月) 09:13:36 0
さて、>388の本物も出てこないことだし、もう質問の件は
無しってことでいいのかな。
 ついでに書くと質問のいくつかの答は前スレの最後にチラシの裏として
書いてあるよ。w
 そういった質問に簡単に答えない理由はまさに「煽り荒らし」みたいのが
多かったから。もう手垢の付いた手段なんだよね。
でも、期待してしまう俺もいるから慎重にならざるを得ないワケ。
で、今回も「煽り荒らし」の類だったワケだね。うんざり。

409 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 12:52:55 0
>>401
だからさ、電網キムラ学派@異端ってるだろ(藁

世の中二者択一だけでは無いんだ(藁

ま、402は単純な世界に囲まれているようで羨ましいよ(藁


410 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 22:42:33 0
>>406

その発言は、世界史に無知過ぎな証拠。
実際、武装SSは外国人が多く志願していた。
つまり、ヒトラーの戦争が欧州の人から、支持を受けていた
という証拠なんだ。

武装SS師団には、ハンガリー、ウクライナ
ロシア、ルーマニア、クロアチアと言った東欧人も
多くが親衛隊に志願していた。
西欧人の志願者が、多かったのは言うまでも無い事。
武装SSは、近代稀に見る国籍、人種に区別しなかった
軍隊。

第6SS師団 ノルウェー人
第13SS武装師団 イスラム教徒
第14SS武装師団 ウクライナ人
第15SS武装師団 ラトヴィア人
第22SS師団 ハンガリー人
第23SS師団 オランダ人
第27SS師団 ベルギー人
第29SS武装師団 ロシア人
第33SS武装師団 フランス人


411 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 22:44:34 0
1941年、ロシア国内では、大量テロル、迫害、国民的零落、
飢餓が進行していた。
このとき、ヒトラーの率いるドイツがソ連を攻撃した。
戦争が始まると、ドイツは大量の宣伝攻勢を開始し、
憎むべきソ連体制の犯罪性を数多く暴きたてた。
共産主義と戦うために、ドイツに降服せよとロシア人に呼びかけた。
ドイツ軍が戦っているのは、ロシア国民ではなく、共産主義体制
であるというのである。

 ドイツの宣伝は燎原の炎のように広まった。ソ連軍兵士は
数十万単位でドイツ側に寝返り始めた。
ロシアの軍事史上初めて、ソ連軍の制服を着たロシア人兵士が、
自発的に敵側に寝返っただけではなく、共産主義と戦うために、
武器を与えてくれとドイツ側に要請したのである。

1942年末にはロシア人のヒヴィは、東部戦線のドイツ国防軍の
ほぼ4分の1を占めていた。
例えば、スターリングラートの戦いの時期、パウルスの
第6軍には約52000名がいた(1942年11月)。
スターリングラートの3つのドイツ師団(第71、76、267歩兵師団)では、
「ロシア人」(ドイツ人はソ連市民すべてをロシア人と呼んでいた)が、
ほぼ半分を占めていた。

 「アドルフ・ヒトラー」、「トーテンコップフ」、「ダス・ライヒ」
といった武装SSのエリート師団ですら、1943年7月
(クルスクの戦い)の時点で、ソ連市民の兵士は5−8%を占めていた。

ヒヴィ(Hiwi)
「協力を志願する人々」を意味するドイツ語の単語Hilfswillige
(自発的協力者)略称Hiwiと正式に呼ばれるようになった。

412 :世界@名無史さん:2005/05/09(月) 22:45:35 0


ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vlasov_01.htm

ソースになった資料元のページ

413 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 00:16:42 0
>>410
その部隊についてググらせてもらったよ。
ずいぶん反乱や命令違反をやらかしているじゃないか。
使い物にならないから解散させられている部隊や、
部隊ごとパルチザンに寝返っている連中もいるようだな。


414 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 00:20:35 0
>>407

この写真見たけど、これはゲリラの処刑シーンじゃないのか?
これは、意図的に違う写真に説明文をつけて、間違った事実を
与える手法だろ。
それと
>ユダヤ人商店のガラスをぶち破って勝ち誇る
とかあるけど、実際にはそんな事実は無く
穏便にプラカードを持って歩かせているだけ。
実際に、無抵抗な者が殺される写真は一枚もない。


415 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 00:38:51 0
>>413
ふーんあんたはそう考えるんだ
で、命令違反や反乱が真実だって言う証拠は?

416 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 02:55:59 0
人権至上主義の国際社会では、差別されし者が強者。
エセ同和や在日のたかりと変わらん。

417 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/10(火) 09:13:19 0
あら、またなんか変な方向に話が・・・。

>414
 だって「戦場のピアニスト」の一シーンを切り取って
掲載してるようなHPだぜ。しかも注釈無し。アヤスイ。w
 参考に見る程度にしておかないとダメだろうね。
こんなことされると他のカラー写真の信憑性もぐっと怪しくなるよ。

418 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 12:25:38 0
啓蒙・宣伝相殿はアジリ過ぎ、まんまと調子に乗った連中が暴れすぎた責任を取らされ、叱責のうえユダヤ問題から外されたのは事実であり真実であり史実。

なんだか海の向こうの分断国家やら中つ国に似てますね(ヘラヘラ


419 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 13:28:10 0
>>410 馬鹿かお前、武装SSに志願した人間が母集団の何%程度か解ってのか?

420 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 13:29:55 0
>>414 穏便に(w・・・ならお前がやって見せてくれ。
5年間ほど。

421 :世界@名無史さん:2005/05/10(火) 23:50:50 0
>420
揚げ足とりにもなってないよw

422 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 00:08:22 0
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/111.html
ジョン・サックについて:残念ながら欧州に『自由になった国』は存在しません
これは各国の第2次世界大戦、ナチス、ユダヤ関連の法律が全面改正されない限り、
決して変わることは無いでしょうし、シオニストは、もし各国でそんな法改正が問題になったとしたら、
脅迫、破壊活動、殺人、その他あらゆる手段を使用して阻止すると思います。
それがイスラエルという国家の「占領政策も含む」存立基盤の、最も深いところに届くものだからです。
もし私がこのようなことをスペイン語で書けば、即刻、立派な犯罪者の一人として国外退去になるでしょうね。
(もっとも、何かの投稿欄であれば、事前にチェックされて表に出ないように初めから削除されるでしょう。)
他のこのような法律が無い国でも、西岡さんご自身がご経験なさったように、
サイモン・ヴィセンタール・センターやADLなどの暴力団があらゆる妨害行為を行うでしょう。
そしてそれを誰も止めることはできません。残念ながら欧州には「自由になった国」は存在しません。
私は、彼ら自身が「嘘だ」と知っているからこそ、
また「嘘をつきとおす」以外に「イスラエルが」存立できないことを知っているからこそ、
彼らはどのような不当・不法な行為でも残虐な行為でも行うのだ、と思います。
それがイスラエルの「占領政策も含む」残忍・残虐な行為を正当化させる唯一のものだからです。
下のジョン・サック自身の言葉("Inside the Bunker"からの抜粋)で、
ホロコーストとアウシュビッツの「正史観」に疑義をはさむことそのものが犯罪とされている国として、
ドイツ、オランダ、ベルギー、フランス、スペイン、スイス、
オーストリア、ポーランド、イスラエルの名が挙げられています。「カナダ、オーストラリアも同様」
ユダヤ人であるジョン・サック自身はホロコースト否定派ではありませんが、
どうやら「ホロコースト産業」の著者フィンケルシュタインと同様に、
シオニストからは最大級の「要注意人物」、「ホロコースト否定派の一種」
「修正主義の一形態」と見なされているようです。

423 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 03:59:24 0
【海外】ユダヤ人虐殺の記念碑、ベルリンで開所式典
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115746611/l50
【ドイツ】ケーラー大統領、ドイツ人の犠牲者に対する追悼を明言…終戦60周年で演説
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1115587437/l50

424 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 06:06:20 0
いつもご苦労様です(ハート

http://hermanos.hp.infoseek.co.jp/index.html

425 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:42:46 0
 
   ―――――――――――――――――――――――――――――――
    アウシュヴィッツ-ビルケナウ焼却棟2でのガス殺の流れ(第七版)
   ―――――――――――――――――――――――――――――――

 
ナチスは国内や占領地から追放したユダヤ人たちを、各地の「ゲットー」に隔離したが、
最後は「絶滅収容所」へと送った。それは線路際に建設され、移送されてくる人々を、
次々に虐殺する目的だけのために存在した施設であった。ヒムラーは婦女子の銃殺が、
SS隊員の精神に与える影響を心配したが、純粋に労力の観点だけから言っても、万単位
の移送者を処理するためには、銃殺以外の方法が必要とされた。犠牲者をまとめてガス
室へ送り込む方式が、こうして採用された。43年4月から44年10月までの約1年半につい
て言えば、アウシュヴィッツ2=ビルケナウは、このような目的のための焼却棟4棟に、
大小計8つのガス室を備えた、最大規模の「絶滅収容所」であった。このような施設が
ドイツ国内に作られなかったのは、国内のユダヤ人たちの大半が既に追放されており、
ヨーロッパ各地に散らばる約1000万のユダヤ人のうち、実に8割までがポーランド・ソ
連(特にウクライナ)・ハンガリー・ルーマニアの4国に集中していたためだった。
(ヴァンゼー会議議事録のユダヤ人国別人口表を参照せよ。)膨大な数のユダヤ人を、わ
ざわざ遠くまで移送する手間は、当然省かれた。そして、こうしたアウシュヴィッツの
位置的優位性は、ホロコースト終盤のハンガリー系ユダヤ人大量移送を通して証明され
ることとなる。
アウシュヴィッツ-ビルケナウは、また、巨大な強制労働収容所でもあった。そこでは
少数の例外を除き、労働可能な者たちは強制労働させられ、そうでない者たちは殺害さ
れた。到着直後の選別は「第1次選別」と呼ばれ、強制労働の果てに衰弱した囚人たちは、
「第2次選別」によってガス室へ送られた。
  

426 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:43:58 0
    
・キエフ近郊バービ・ヤールでの、銃殺によるユダヤ人大量虐殺。(英文)
http://tfn.net/holocaust/online/babiyar.html
・ポーランド関係(ゲットー、絶滅収容所、他)の資料が充実のサイト(英文)
http://www.deathcamps.org/
・ハンガリー系ユダヤ人の大量移送関係(英文)
http://www.scrapbookpages.com/BergenBelsen/BergenBelsen06.html
・ヴァンゼー会議議事録(英文)
http://www.nizkor.org/hweb/places/germany/wannsee/wannsee-english.html
・ホロコースト年表(英文)
http://www.humanitas-international.org/holocaust/timebase.htm
・元所長ヘスの尋問記録(英文)
http://www.mazal.org/archive/H%D6SS/TEXT/HOS1-000.htm

 
以下は、アウシュヴィッツ-ビルケナウで虐殺の主力を担ったとされる焼却棟2 ― ビル
ケナウ収容所内の呼称では焼却棟1 ― でのガス殺を検証するための1モデルである。
 

427 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:47:29 0
 
元所長ヘスの尋問記録によれば、アウシュヴィッツは各地から、平均して毎日2本(最
大で5本)の移送列車(貨車)を受け入れた。それらはおのおの1500〜2400名、平均し
て約2000名の乗客を乗せていた。ビルケナウのランプで選別され、労働に不適とされた
移送者 ― 平均で移送者全体の7〜8割前後と見られる ― は、家族と引き離され、た
だちに焼却棟へ向かわされる。ヘスが自発的に書き残した手記によれば、この際、混乱
を避けるため、囚人服姿の同郷出身者がなだめ役として配置された。
・ビルケナウ・ランプでの選別(囚人服を着た囚人たちを確認できる)
http://www.yadvashem.org/exhibitions/album_auschwitz/34-36a.html
ビルケナウには、巨大なガス室(各1)を備える焼却棟2と3、小集団を処理するため
の小型ガス室(各3)を備える焼却棟4と5が存在したが、焼却棟2と3の巨大ガス室
は、原則的に1日に一回だけ使用された。焼却棟2のゲート内には小さな公園があり、
その公園を見下ろすことが出来る位置に、監視塔が建てられていた。(焼却棟3にはな
い。)恐らく、焼却棟2と3で殺害されることになる犠牲者たちは、一旦すべてここに
集められ、脱衣の順番がくるまで、ここで待機させられたのであろう。
・焼却棟2&3航空写真(ガス室天井のクレーター内壁の影、小公園・監視塔など)
http://www.mazal.org/Auschwitz%20Aerial/08-25-44%20001.htm
・焼却棟2に向かう到着者のグループ(背景に写っているのは焼却棟3)
http://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/k2-waiting-victims-02.jpg
これらの犠牲者たち ― 簡便な計算によれば、その約4割は15歳以下の子供であった筈
だ ― は、死体安置室2で脱衣し、空の死体安置室1(ガス室)に入る。ここに仮安置施
設から集められた死体が運び込まれるのは、朝晩2回に決められていた。
この半地下式のガス室は、30×7×2.4m、床面積は210平方m(柱部分を含む)であった
が、これは成人2000名を安全確実に収容できる面積で、子供を多く含み安全を顧慮しな
い場合には最大3000名が収容できたと考えられる。但し、ヘスは手記の中で、その数字
に達したことは1度もないと回想している。
 

428 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:49:20 0
・焼却棟2復元図(9の数字があるのがガス室)
http://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/k2-reconstuction.jpg
日没後、ガスマスクをつけたSS隊員(2〜4名)がそれぞれチクロンB缶を持って、約1.5m
の高さに土盛りしてあるガス室の屋根へ上がり、すり鉢状に掘り下げられている4つのク
レーターの斜面を下り、チクロン投下穴の蓋をあけた。
「金網柱」は、ガス室の天井の梁を支える7本の柱一本おきに、側面を接して設置されて
いる。SS隊員は、投下穴から3重構造の「金網柱」の一番内側のガス発生容器を引き上げ、
これにチクロンB(青酸)を1〜2Kg(媒材を除く重量)入れ、ワイヤーでガス室内に降下
させる。投下量は犠牲者たちを10分内外で殺害することを目安に逆算、4つの投下穴の合
計で、おそらく6Kg程度を使用していたと考えられる。
・ガス室の廃墟(柱に接した天井部分に投下穴を確認できる)
http://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/k2-ruins-roof-01.jpg
・金網柱復元図など
http://veritas3.holocaust-history.org/auschwitz/intro-columns/
投下穴に蓋をする。青酸ガスは、空気の約78%(容積比)を占める窒素とまったく同じ、
比重0.97(空気=1)であり、ガス室内の微少な対流によっても、あらゆる方向に容易に
拡散したであろう。(ちなみに空気の約21%を占める酸素の比重は1.11である。)  
ガス室内の空気は、犠牲者たちの肺で暖められ、これは青酸ガスの発生を促進する(沸点
25.7℃)が、約10分後、犠牲者たちが死亡するか仮死状態に置かれるまでに発生する青酸
ガスの量は、投下総量の約10%にすぎないだろう。(90%の放出に1.5〜2時間を要す
る)。殺虫剤であるチクロンBは、ノミ・シラミなどの部屋の害虫に対しては、通常、空気
1リットル(1立方m)につき8〜10gの濃度で6時間以上が使用の目安とされていたが、
人間に対しては、1立方mにつき0.2〜0.3gの濃度で、数分の内に死をもたらす毒性を発揮
した。
・青酸(CN-)検出値
(Probe Nr.1〜3までがガス室内。他は害虫駆除室など。約1:1000が想定曝露量の比)
http://vho.org/D/rga1/Fresenius1.gif    http://vho.org/D/rga1/Fresenius2.gif


429 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:50:28 0
 
ドアの防護網付き覗き穴から推移を見届けた指揮官(または医師)の合図により、2つの
換気装置が作動する。換気装置の作動と同時に、屋根の上で待機していたガスマスクをし
たSS隊員は、投下穴の蓋をあけ、ワイヤーを手繰ってチクロンBを回収する。
換気を助けるため、天井の4つの開口部はそのままにしておかれる。約20分間の換気の後、
ガス室の気密性ドアが開けられ、死体はホースの水で洗浄される。
特別労務班(ゾンダーコマンド)はドア付近から順番に、隣接するエレベーター・ホールへ
死体を引きずり出し、ここで女性の髪を刈り、金歯や指輪、隠し持っている宝石類を回収、
死体をエレベーターに積み上げていく。4〜50体が積み上がる度に、焼却炉のある1階へ
送る。(約20分間隔)。
43年6月28日付けビショフ書簡によれば、1炉室あたりの焼却能力は2体30分、15炉室合計
で24時間に1440体であるが、いま仮に、1500人(それは移送列車の2000人中の75%にあたる)
から、ガス室の収容力により見合った2500人が、ここで一度にガス殺されたとしてみよう。
この1500〜2500という数字は標準的な数字と見るべきなのだが、炉の能力が上記の通りであ
るとすれば、当然、これを24時間中で処理することはできないことになり、これは今日知ら
れている航空偵察写真の焼却棟の煙突が、どれも煙を吐いていないという事実と合致しない。
したがって炉の実際の能力を、ヘスが設定していた運用基準(一炉室あたり3体20分、15炉
室合計で24時間に3240体)に近いものと見なすのが合理的であろう。この場合、焼却棟はほ
ぼ恒常的に、午後のまだ日差しのある間は休止していることになるからである。
・3室炉5基が並んでいる様子
http://www.auschwitz-muzeum.oswiecim.pl/html/eng/historia_KL/foto/krematorium_komora_2_foto_kem_II_piece.html
・昼夜シフト別の火夫配置数を記すSS公式文書など(焼却棟2は、昼 84人 夜 85人とある)
http://www.nizkor.org/hweb/camps/auschwitz/1998-keren-images.html
 

430 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/11(水) 09:40:34 0
>Dogmatic氏
 地味(失礼)ながらいつも真面目な研究態度と素晴らしい成果に
感嘆いたします。
俺も史料は見ているつもりですが、こう的確に纏めるという作業は
しんどくてできないっすよ。
 史実と言われている事象とその根拠となる史料を提示する作業は
歴史学者を見ているようだ。
レスは保存させてもらいます。ありがと。

431 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 20:16:29 0
>>425->>429
それが真実だという具体的な証拠は?

432 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 21:30:23 0
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/215.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 5 月 11 日 18:52:49: SO0fHq1bYvRzo
『マウトハウゼン収容者友の会』の会長はでっち上げの偽物だった!(エル・ムンドより)
先日、戦争板に
http://www.asyura2.com/0505/war70/msg/123.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 5 月 09 日 02:38:27
ナチ収容所で死んだ5000人のスペイン人たち(エル・ムンドより)を投稿し、
またそれに関連してホロコースト板に
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/105.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2005 年 5 月 09 日 22:21:16
マウトハウゼン収容所でも「ガス室」の大嘘?を投稿しました。

433 :世界@名無史さん:2005/05/11(水) 21:30:42 0
ところがこれに関連して、5月11日付のエル・ムンド紙(電子版)は次のような記事を掲げています。
http://www.elmundo.es/elmundo/2005/05/11/sociedad/1115797241.html
『マウトハウゼン元収容者の会長が、ナチに逮捕されたことがなかったことを白状』
この記事によりますと、『マウトハウゼン収容所スペイン人友の会』の会長を務めるエンリック・マルコが、
実はナチに逮捕されたことなどなかった(つまりマウトハウゼンには行かなかった)ということを、
カタルーニャの地方紙ラ・バンガルディアが暴露し、マルコはこれを認め『友の会』会長を辞任した、ということです。
ラ・バンガルディアの暴露によると、彼は1978年に「自分がナチの囚人だった」という自伝をでっち上げ、
その後に『友の会』の副会長から会長にまで「出世」していました。
マルコのでっち上げた「自伝」では、彼はスペイン内戦で共和派として戦いスペイン共和国崩壊後フランスに逃れて、
フランス軍に応募してナチス・ドイツと戦って捕虜となり、マウトハウゼン収容所に送られ1945年に解放された、
その後アナーキスト系労働組合「労働者国民評議会Confederación Nacional del Trabajo (CNT)」の活動家となった、
ということになっています。
そして去る2005年1月27日に、マルコはマドリッドスペイン上院で行われた「ホロコースト記念行事」に
『証言者』として招待されています。エル・ムンドによると、
『彼の証言はそのときには元収容者たちにとって最も感銘を与えるものであった。
しかし今ではそれは最も屈辱的なものであり悲惨なものである。』

434 :Dogmatic:2005/05/11(水) 23:17:58 0
>>なにわ氏おひさ!

ほめ上手だね。
日記は愛読させてもらってるんだが、さーて何と言ったらよいものか… ( ̄ー ̄)/~~

こんなところでエールを送り合うのは美意識にも反するので、せっかく誉めてもらった
わけだが、なにわ氏を誉めるのは、今回はやめにしておくよw

ネ申..._〆(゚▽゚*)

435 :Dogmatic:2005/05/11(水) 23:51:48 0
凝り過ぎてなにわ氏に「アリガトウ」を言うのを忘れたぞ。。

ノ     ∧     /) ∧
  彡  ノW \从/V  W \   ミ
  (  ノ        |      ノ \)
  ∩V      、、 |       >V7      
  (eLL/ ̄ ̄\/  L/ ̄ ̄\┘/3)     
    ど う も あ り が と う      
   ~| \__/ |  \__/ |~    
    爻     < |  ;     爻  
    ~爻     \_/  _, 爻~    
     ~爻__/⌒ ̄ ̄ ̄~~ヽ_ 爻~
     /    ー ̄ ̄\_ ̄\
  _一‘     < ̄ ̄\\\J
<\       ー ̄ ̄ヽ_ヽJ   ̄\_
  \     _ニニニヽ )       ~\   
   \  _/⌒|\ ヽ_~~ ~⌒\_
  __/~    V \_|     ~\_



436 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 00:20:04 0
ホロコースト:ユダヤ人虐殺記念碑の除幕式 ベルリン
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/europe/news/20050511k0000m030010000c.html

 【ベルリン斎藤義彦】第二次大戦での降伏から60年を迎えたドイツ・ベルリンで
10日、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)で殺害された欧州の
ユダヤ人に哀悼を表す「欧州でのユダヤ人虐殺記念碑」の除幕式が行われる。式典に
はシュレーダー首相のほか、強制収容所の生き残りのユダヤ人などが参加。ティールゼ
連邦議会議長が、過去を忘れず未来に対する責任を自覚するよう呼びかける。

 記念碑は99年の連邦議会決議に基づき、2760万ユーロ(約39億円)をかけ
建設された。米国の建築家アイゼンマン氏の設計で、同市中心部のブランデンブルク
門の南約200メートルの一等地約2ヘクタールに、高さ40センチから5メートル
までの灰色のコンクリート柱2751個を不規則に並べた。自由に柱の間を歩き犠牲
者を思うことができる。

 また地下室には「名前」「家族の運命」などと名づけられた部屋が設けられ、殺さ
れた個々のユダヤ人の経歴、生存者の証言が紹介されるほか、今年3月に完成した
エルサレムの「新ホロコースト記念館」から提供された350万人分の犠牲者の名前が
閲覧できる。

 「首都にホロコースト記念碑を」と訴える市民運動が発端だが、ナチスには反体制派や
ロマ民族なども虐殺されており「なぜユダヤ人だけなのか」との疑問が出されたほか、
場所やデザインでも意見が割れ、建設決定が遅れた。03年に建設が始まってからも、
虐殺のための毒ガスを製造していた会社の関連会社が碑の建設にかかわっていたことが
判明、作業が中断した。結局、この会社が過去の経歴を明らかにすることで参加が認められた。


437 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:36:31 0
なかったってことがハッキリしたんだからそれでええやん。

438 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 01:19:26 0
★ナチ収容所体験はウソ、スペイン抑留者会長解任

 【パリ11日=時事】スペインからの報道によると、スペイン人で
ナチ収容所抑留者の会会長を務めていたエンリック・マルコ氏(84)に、
実は収容所経験がないことがこのほど発覚。会長職を解任された。

 同氏は78年に出版した自伝の中で、第2次大戦中にフランスの
レジスタンスの闘士としてナチス・ドイツの捕虜になり、オーストリアの
マウトハウゼン収容所に送られたと語っていた。

 ところが、カタルーニャの地方紙がこのほど、歴史家の調査を基に
実際にはこれが作り話だったことを暴露した。

zakzak http://www.zakzak.co.jp/top/2005_05/t2005051225.html

439 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/14(土) 23:36:10 0
おひさ〜。なんかスレが止まってるね。
ちょろちょろレスなんぞしてみる。
>431
一緒に根拠とする史料もついてるでしょうが。

>433
こういう人がいるので、フィンケルシュタインの研究などは
支持されるべきなんでしょうな。

>Dogmatic
いやいや、まじで感心してます。日記ってまさか前スレのチラシの裏っすか。
そうだったらちと恥ずかしいのぁ。w またおもしろい史料、見せてください。

>437
なんにもはっきりしとりゃせんよ。

ところで、このエンリッケ・マルコ氏の証言ってホロコーストの
研究にどれくらいの影響力があったの?
俺はこの人のことはまったく知らないわ。
誰か教えて君。


440 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 00:12:44 0
>>439
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/04.htm
数年前、イスラエルの歴史家イェフダ・バウアーは、
伝統的な歴史学の説明を「古い馬鹿げた物語」と呼んで[7]、
この説明にととめの一撃を加えました。
しかし、フリードレンダーが指摘しているように、
機能派のハンス・モムゼンは、
「ヴァンゼー会議は絶滅計画に関与するような議論を行なっていない」
[8]という結論にすでに到達していたのです。
>こういう人がいるので、フィンケルシュタインの研究などは
>支持されるべきなんでしょうな。
それなら第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判の見解をフィンケルシュタインは避けるのかねえ。

441 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 00:24:56 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/qa/007.htm
すなわち、焼却棟U、Vの死体安置室1の容積約500㎥)を数字上の換気能力
(1時間に8000㎥――この数字でさえも文書資料的根拠がなく、
プレサック氏の憶測にすぎませんが――したがって1分間に8000÷60=133㎥)で割って(500÷133=3.76)、
「3−4分で一回更新される空気は十分にきれいになった」という結論を引き出しているにすぎません。
つまり、「ガスを含んだ汚れた空気」と「ガスを含まない新鮮な空気」という別個の集団があって、
500㎥の「汚れた空気」を1分間排気すれば、残った「汚れた空気」は500−133=467㎥となり、
これを3回から4回繰り返せば、「汚れた空気」は0となる、
すなわちすべて「新鮮な空気」に入れ替わるという計算をしているのです。
この計算が室内の空気交換についての技術的無知に由来していることは明らかです。
すなわち、換気のよって「ガスを含んだ汚れた空気」と
「ガスを含まない新鮮な空気」という別個の集団が存在するようになるのではなく、
換気によって「ガスの濃度が低くなった汚れた空気」が存在するようになるだけだからです。
ですから、20分間で完全な換気を行なうアメリカの処刑ガス室には、
何と数字上の換気能力1分間に2回、すなわち、
1時間に120回(死体安置室1のシステムのほぼ10倍)の換気システムが設置されているのです。
しかも、死体安置室1の排気口は、空気よりも軽いシアン化水素ガスが集中している上部ではなく、
下部に設置されており、さらに、2000名の犠牲者が収容されていたとすると、
その排気口の周囲には、犠牲者の死体が積み重なっており、排気能力が極端に低下していたはずです。

442 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/15(日) 02:49:15 0
カキコすると反応があるねぇ。
言っとくけど言い合いに勝ってもホロコーストは否定できないぜ。
>440
意味ワカラン。もっと解りやすく書いとくれ。
細かく言えば、俺の意見とのつながりがワカラン。
フィンケルシュタインとマウトハウゼンとの関連と何か繋がりがあるのかいな。
ツンデル裁判については、解決しただろ?
納得してないなら、何故その時に反論しない? ん?
ツンデル裁判が無ければ、プレサックの本も無かったってか?
>441
これも何を唐突に言いだしたのか理解できん。
これは何かマウトハウゼン収容所と関係があるのかい?
俺にはガス室の換気効率の話しにしか見えないんだがね。
何か新しい論点を提示しようとしているのかな。
ツンデル裁判はどうする気だい?

君は一体何の話しがしたいんだ。
何を知りたくて、何を探し求めているんだ。

随分質問をしたね。俺が納得行くような答を期待しているよ。

443 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 03:51:37 0
>言っとくけど言い合いに勝ってもホロコーストは否定できないぜ。

最終的には暴力が勝負を決めるからな。

444 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 07:42:12 0
>>442
・ヴァンゼー会議議事録(英文)
http://www.nizkor.org/hweb/places/germany/wannsee/wannsee-english.html
とくにヴァンゼーは正史の大物バウアーが否定した時点で終わってる。
そしてニツコーは正史派の中でとりわけ信用度が低い。

>何を知りたくて、何を探し求めているんだ。
そっくりそのまま返すよ。

445 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 07:48:48 0
>>443
>>1 が言ってることと矛盾するな。

446 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 12:24:16 0
>>445

443は正史派。
議論や論争を妨害するのは
正史派。
修正派が、そんな事をしたという話は
聞かない。


447 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 12:35:36 0
>>444

ニッコーは、まだ人間石鹸があった。
と書いてるぐらいだからな


448 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 12:44:50 0
いや、アウシュヴィッツ博物館も「人間石鹸あった説」ですよ。

アウシュヴィッツ国立博物館員ピペル博士へのインタビュー
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/cole_01.htm

449 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 13:12:32 0
人間石けん よい石けん♪

450 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 13:25:37 0
>>449
ワロス

451 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 16:06:05 0
反省!在日は「東洋のユダヤ人」だ!(証拠あり)
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1116139392/

452 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/16(月) 09:23:34 0
>443
「言葉の暴力」っすか。w

>444
・・・。ワカラン。話の繋がりがまったく見えない。
なんで急にヴァンセー会議議事録に話が飛んじゃうワケ?
フィンケルシュタインわぁ? ツンデル裁判わぁ?どこいっちゃったのぉ?
「まぁ、おいおいにやっつけていきますんで、今はこの話題で」ちう
ことならそれでもいいんだけど、一言書いておくれよ。
話がどこへ飛んでいくのかワカランよ。

と言う理由で何を知りたくて、何を探し求めているのかも
俺には解らないワケです。
それをそっくりそのまま返されても、さらにワケがワカラン。
俺は君の出した話題に沿って議論しようとしているのだよ。

>447
はて、やはりHPの和訳を急がなければならんようだね。
あー、めんどくさいなぁ。w 全然進んでないからなぁ。

453 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 21:52:48 0
>>452
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/426
426 :Dogmatic:2005/05/11(水) 07:43:58 0
「中略」
・ヴァンゼー会議議事録(英文)
http://www.nizkor.org/hweb/places/germany/wannsee/wannsee-english.html

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/430-431
430 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/11(水) 09:40:34 0
>Dogmatic氏
「中略」
 史実と言われている事象とその根拠となる史料を提示する作業は
歴史学者を見ているようだ。
レスは保存させてもらいます。ありがと。

431 :世界@名無史さん :2005/05/11(水) 20:16:29 0
>>425->>429
それが真実だという具体的な証拠は?

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/439
439 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/14(土) 23:36:10 0
おひさ〜。なんかスレが止まってるね。
ちょろちょろレスなんぞしてみる。
>431
一緒に根拠とする史料もついてるでしょうが。

>433
こういう人がいるので、フィンケルシュタインの研究などは
支持されるべきなんでしょうな。

454 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 21:53:58 0
>>452
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/440
440 :世界@名無史さん :2005/05/15(日) 00:12:44 0
>>439
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/04.htm
数年前、イスラエルの歴史家イェフダ・バウアーは、
伝統的な歴史学の説明を「古い馬鹿げた物語」と呼んで[7]、
この説明にととめの一撃を加えました。
しかし、フリードレンダーが指摘しているように、
機能派のハンス・モムゼンは、
「ヴァンゼー会議は絶滅計画に関与するような議論を行なっていない」
[8]という結論にすでに到達していたのです。
>こういう人がいるので、フィンケルシュタインの研究などは
>支持されるべきなんでしょうな。
それなら第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判の見解をフィンケルシュタインは避けるのかねえ。

http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/444
444 :世界@名無史さん :2005/05/15(日) 07:42:12 0
>>442
・ヴァンゼー会議議事録(英文)
http://www.nizkor.org/hweb/places/germany/wannsee/wannsee-english.html
とくにヴァンゼーは正史の大物バウアーが否定した時点で終わってる。
そしてニツコーは正史派の中でとりわけ信用度が低い。

455 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 21:55:15 0
>>452
ヴァンゼーを否定した正史派のバウアーと対決してみるか。

フィンケルシュタインは証言を否定しているので、
フィンケルシュタインは証言を使わずにホロコーストを立証する責任がある。
フィンケルシュタインを支持するヒルバーグにも言えるが。
スペインの事例は証言の信用性がまた一つ崩れたとも言える。

456 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 21:59:11 0
っつうか、今ユダヤがやってることはホロコーストそのものだろが

457 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 22:00:54 0
ユダヤのやるホロコーストは良いホロコースト

458 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 22:02:21 0
ユダヤのホロコーストはきれいなホロコースト

459 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 22:15:45 0
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hb/_floorA6F_hb.html
ナチスとシオニストは「ウルトラ民族主義」と「暴力的手段の行使」の2つの主要な柱で一致している。
一連のホロコースト疑惑騒動の中で、「シオニスト勢力が最も触れられたくない部分は、」
ナチス高官とシオニスト組織の上層部が水面下で手を結んでいた、
あるいは「共生関係」にあったという奇妙な構造があったという事実である。詳しくは下のファイルをご覧下さい
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html

460 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 00:10:50 0
小泉首相とアッバス議長、3首脳会談「可能性探る」
ttp://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20050516it14.htm
小泉首相:パレスチナに総額1億ドルの経済支援表明
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20050517k0000m010106000c.html
1億ドルの経済支援表明 首相、パレスチナ議長と会談
http://www.sankei.co.jp/news/050516/sei116.htm
小泉首相、アッバス議長と会談 1億ドル追加支援表明
ttp://www.asahi.com/special/MiddleEast/TKY200505160281.html

あはははははは(ww
イスラエルの横槍は無いのかリビ君よぉ。
ワゼーテロリン廚がイラクに向いている間に交渉を進めちまう
ん、で小泉の法則はここでも発揮か(ww


461 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/17(火) 09:46:08 0
うお、スイッチが入った。w すんげー興味、惹かれた。w

>454.455
ほぉ、意図派と機能派の論争ですか。
つまり、そこを突っつきたかったからヴァンセー会議の話題を出したと。
解った、わかったー。
 ちなみに機能派にとってもヴァンセー会議議事録は無意味な史料では無いし、
捏造だとも言ってはいないね。永岑さんも説明してはります。
>ttp://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/Auschwitz4109.htm
したがってそれを掲載しているからといってニッコーの信用性に影響は無い。

 そいでから、バウアーが否定したのは、ヴァンセーにおいてユダヤ人の
絶滅計画が決定されたという学説であって議事録を捏造と言ったワケでは
ないでしょ。原文が提示されてないからワカランけど。予想だけど。
「silly」って書いてあっても何を指していってるのかワカラン。
>ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-16.html
それに俺がいつバウアーを批判したのよ。
俺は君がヴァンセーをこのタイミングで話題にする意味がワカランと言ったまでじゃんか。
もひとつついでに言っておくと、意図派も機能派もホロコーストを
否定したりはしてないよ。

そいでフィンケルシュタインの話題に戻るのか?
俺、スイッチ入っちゃったからさー、永岑さんの本買ってきて読みたいんだよな。
おもしろいよ、この人。

462 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/17(火) 10:01:18 0
さて、続くぞい。

>それなら第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判の見解をフィンケルシュタイン
は避けるのかねえ。

 俺もフィンケルシュタインの著作を読んだワケじゃないからさー、
避けてるのかどうかワカランよ。
「ホロコースト産業」にそんな記述があるのかいな。
何を考えているのかと言えば、「聞かれて無いから答えて無いんじゃないの?」
ちう単純なことですわ。
こればっかりは本人に聞かないとワカランわねぇ。
それとも、ホロコーストを語るなら必ず話題に上げなきゃならん決まりでも
あるのか? だったら取り上げないのはおかしいけどね。
フィンケルシュタインの裁判について書いてある部分のアップしてよ。
みんなで読もうぜ。

 さて、エンリック・マルコ氏の件だけどね、
だからね、マルコ氏の証言がどのくらいの影響力があったのか教えてってばよ。
俺、知らないよ。
マウトハウゼン収容所の実態は、この人の証言を根拠に書かれてるの?

463 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 03:06:04 0
>>461-462
> そいでから、バウアーが否定したのは、ヴァンセーにおいてユダヤ人の
>絶滅計画が決定されたという学説であって議事録を捏造と言ったワケでは
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1112891682/453
>一緒に根拠とする史料もついてるでしょうが。
453で挙げたカキコで、「ヴァンゼーで絶滅計画が決定された。」
という学説をバウアーが否定したという解釈ができるとは思えない。

>それに俺がいつバウアーを批判したのよ。
>ほぉ、意図派と機能派の論争ですか。
>つまり、そこを突っつきたかったからヴァンセー会議の話題を出したと。
>解った、わかったー。
いつものように斜め上の話をしたいのですか。

>俺、スイッチ入っちゃったからさー、永岑さんの本買ってきて読みたいんだよな。
>おもしろいよ、この人。
プレサックの裏の顔に未だに気付いていない面白い人(哀れな人)ですからね。

464 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 03:06:41 0
>>461-462
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/leuchter_02.htm
私が真実を述べている証拠は、1988年の裁判では、絶滅派の専門家の筆頭、ホロコースト神話の「教皇」ヒルバーグが、
1985年の裁判で、ツンデルの弁護人クリスティから手痛い敗北を喫した苦々しい思い出のために、出廷を拒んだことである。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/holocaust_trial.htm
彼はこの件について、検事ピアソンあての書簡で述べている。
この手紙は内密のものであったが、弁護側の知るところとなり、おおやけになった。
1985年裁判のもう一人のスター証人ルドルフ・ヴルバも1988年裁判には出廷しなかった。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm
検事ピアソンは、「生存者」は証言しないのかどうか判事トーマスに尋ねられて、
今度は証言しないと苦々しく答えなくてはならなかった(私はその場にいた)。

>フィンケルシュタインの裁判について書いてある部分のアップしてよ。
フィンケルシュタインはアーヴィング・リップシュタット裁判を取り上げながら、(78ページ)
ホロコースト証言が信用性に欠けると言いながら、(86ページ)証言の信用性の無さを露骨に浮き彫りにした、
第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判への見解を避けている矛盾点を指摘している。
第一次ツンデル裁判の控訴審の検察側証人を拒否した(逃げた)ヒルバーグをかばっているのだろう。
そしてフィンケルシュタインはヒルバーグと関係があるので知らないはずが無い。
ましてや第一次ツンデル裁判での敗北が原因でヒルバーグはフィンケルシュタイン支持に転向している。
エンリック・マルコの証言もヴィルコミルスキーの「断片」と同類。
こんな人間が会長だと大きな顔で威張れるのがホロコースト正史。
証言の矛盾点を追及すれば、証言で成り立っているホロコースト正史は崩壊する。

465 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/18(水) 14:53:50 0
>463
 何かとんちんかんな答になっていて解らない。
もっと整理しておくれよ。何が言いたいの?
 もしかして、ヴァンセーの件はDogmatic氏へのレスかい?
そんでもってバウアーさんの原文はぁ?
 俺が言っているのは、機能派のヴァンセー会議議事録に対する考え方から
予想した結果だよ。一緒に原文を確認しようや。
 「斜め上」っちうのもワカランな。
俺が言いたいのは、ホロコーストの命令ちうか、進行については
歴史学者は「意図派と機能派」に分かれて論争中だよってことだ。
 機能派が意図派を批判する言葉を利用してるんじゃねぇのってこったよ。
ちなみに、どちらの学派もホロコーストがあったことは否定していない。
>464
時系列が間違っていないかい?
1985年の一審はともかく控訴審は1987年と1990年だよね?
>265で資料が上がってるぜ?
確か、控訴審ではパンフレットの内容が虚偽が否かでは無く、
「言論の自由」に変更されたんじゃなかったか?
それならば歴史学者やホロコーストの証人の証言は必要無い。
その裁判ではツンデルは勝ったはずだ。
 それとね、フィンケルシュタインの本ね、「ホロコースト産業」ね、
買って読むようにするよ。お手数かけましたっ。
 マルコの証言がマウトハウゼン収容所の研究にどれほどの影響力があったか
については解らないということでいいのかな。

466 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 20:16:50 0
>>465
http://www.antiquariat-mitzkewitz.de/deutschland_im_20.htm
(これはドイツなので修正主義者の主張など載せられない。)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/faurisson_05.htm
>「ヴァンゼー」はもはや「ヴァンゼー」ではない
>何十年ものあいだ、いわゆるユダヤ人の「ホロコースト」についての歴史家たちは、
>1942年1月20日、ベルリンのヴァンゼー会議で、
>ドイツ人はヨーロッパ・ユダヤ人の物理的絶滅を決定したと繰り返し論じてきた。
>1984年になってはじめて、絶滅論者がシュトゥットガルトでの大会に集まって、この説を静かに放棄した
>(Eberhard Jäckel and Jürgen Rohwer, Der Mord an den Juden im Zweiten Weltkrieg, DVA, 1985, p. 67)。
>1992年になってはじめて、イェルサレム大学教授で、
>イスラエルの「ホロコースト専門家」の中心人物であるイェフダ・バウアーが、
>この説は「馬鹿げて」いるとおおやけに声明した
> (The Canadian Jewish News, 30 January 1992; cf. as well,
>"Wannsee: 'Une histoire inepte'", R.H.R. no. 6, May 1992, pp. 157-158)。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/piper_01.htm
>ドイツは、ベルリンのヴァンゼー会議で明らかにされたように、占領地域、衛星国、中立国、独立国、および、
>まだ征服していないイギリスやソ連のヨーロッパ地域での1100万のユダヤ人を絶滅する計画を立てていたが、
>征服目標を達成することができなかったために、その計画を実行することはできなかった。
>その結果、アウシュヴィッツの絶滅能力は十分に利用できなかったのである。
>[いまどき、ヨーロッパ全体のユダヤ人の絶滅計画がヴァンゼー会議で決定されたなどと考えている研究者は、
>正史派のあいだでも数少ないであろう。]
ヴァンゼーを放棄した正史派はバウアーだけではないので諦めろ。
ニツコーは正史派の中でヒルバーグやリップシュタットにさえ及ばない信用性の低いサイト。

467 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 20:17:41 0
>>465
>俺が言っているのは、機能派のヴァンセー会議議事録に対する考え方から
>予想した結果だよ。一緒に原文を確認しようや。
予想にすぎなったのですか。

>歴史学者は「意図派と機能派」に分かれて論争中だよってことだ。
正史派同士ならピペル対プレサックや、ピペル対マイヤーなどなら分析の意味があるが。

>確か、控訴審ではパンフレットの内容が虚偽が否かでは無く、
>「言論の自由」に変更されたんじゃなかったか?
>それならば歴史学者やホロコーストの証人の証言は必要無い。
そちらは原文どころかソースも無しですか?まあいいですけど。
ツンデル側が変更するはずがない。
それなら控訴審でツンデルやフォーリソンがロイヒターリポートを持ち出す必要性がない。
これに対抗する為にクラルスフェルトがプレサックに『アウシュヴィッツ:ガス室の技術と作動』を書かせた。

>マルコの証言がマウトハウゼン収容所の研究にどれほどの影響力があったか
>については解らないということでいいのかな。
マウトハウゼン収容所の研究の話ではなく、
虚偽の証言が真実であるかのごとく通ってきたホロコーストの問題点の方の指摘。
ホロコースト証言の信用性の無さは、第一次ツンデル裁判やデムヤンユク裁判で証明されている。
ホロコースト証言に批判的であるのなら、フィンケルシュタインとヒルバーグは見解を示すべき。
この点だけは、デムヤンユク裁判に対する見解を示したエリザベス・ロフトゥスの方がよほど評価できる。

ホロコースト証言を批判的に検証しようという気はないみたいですね。
「意図派と機能派」の区別よりも、ホロコースト証言を批判的に検証する方が余程重要。

468 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 20:18:39 0
>>465
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/neumaier_01.htm
身分証明書問題はデムヤンユクのイスラエルへの追放にあたっては重要な役割を果たしたが、
1988年4月のデムヤンユクへの判決ではもはや重要な役割を果たしていなかった。
イェルサレム法廷は、デムヤンユクの有罪を疑問の余地なく立証したのはまず第一に証人であったと指摘している。
しかし、これらの証人の証言の証拠としての価値は、
目撃証言についての専門家であるユダヤ系アメリカ人エリザベス・ロフトゥス
(Elizabeth Loftus)博士が指摘しているように、
非常に疑問である。ロフトゥスは数百の裁判での目撃証言が信憑性にかけていることを立証している[24]。
デムヤンユクに対する証人の多くは、たがいに矛盾していたり、
それ以前に行なった陳述とも矛盾していただけではなく、
まったく、信じられないような、ときとしてきわめて醜悪で非現実的なシナリオについて証言している。
ロフトゥス博士にとって決定的な要因となったのは、高齢のために自分の子供の名前も思い出せず、
どのように出廷したのかも記憶していない証人が、
その一方で、ジョン・デムヤンユクの身元確認ができると証言しており、
トレブリンカ収容所その他での事件の詳細を覚えていると証言していることであった。
ロフトゥス博士は、ジョン・デムヤンユク、トレブリンカ収容所、過去数十年間に行なわれた目撃証言のために、
公平で、影響を受けていない、証拠としての価値を持つ証言が不可能となってしまったことを知っていたけれども、
弁護側の専門家証人として証言することを拒んだ。
彼女は、そのようにすることが正義の真実に反することを自覚していたけれども、
この裁判ではイスラエルとユダヤ人に味方しようとしていたからである。
彼女は自分のおかした過ちを認めているが、それは痛烈なものであり、一読に値する。

469 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/18(水) 20:57:19 0
>466
一番最初のURLは何なの?
意味ワカランけど。
「断片的なものしか見つからないのでもういっぺん検索しなおしてちょ。
変わりにキャッシュを出しておくよん」
みたいなことは書いてあるけど?
後は今まで出してきたものの繰り返しだね。
だからもう一度同じHPをコピペ。
>ttp://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/Auschwitz4109.htm
>しかし、欧米歴史学界で問題となっているのは、果たしてその会議が、
「ユダヤ人絶滅」のための会議だったのか、「ユダヤ人問題最終解決」のための
調整会議、その準備作業会議だったのかということである。
 また、「最終解決」は、直ちに「絶滅」を意味するのか、ある段階とある地域では
「移送」を意味したのか、ということも論争点である。

ホロコースト研究に置ける機能派はヴァンセー会議で「ユダヤ人絶滅の決定が
なされた」という見解には懐疑的だ。もちろん永岑氏も批判的である。

だからと言ってそれをネタにニッコーの信頼性うんぬんというのは
また話が違う。そこに収録されている「ヴァンセー会議議事録」に
間違いや嘘が多かった場合にこそ信頼性は薄れる。そうだろ?

まずはこれまで。

470 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/18(水) 21:16:35 0
さて、もう一方は相変わらず証言の信頼性に焦点を当てたいようだね。
>467
 はい。最初っから「予想だよ」って書いております。
それを確認するために原文が見たいと言っとりますだよ。
検索もかけてもみつけられない。
ひょんなことであなたのネタもとが木村氏であることは解りました。
 俺も探し出せなかったし、あんまりクレクレ君になるのもいかんなぁと。
自分に出来ない事を人に要求しちゃあイカンわね。
お手数かけました。どうもありがと。

> そちらは原文どころかソースも無しですか?まあいいですけど。

 あのね、>265で資料が上がってると書いております。
そのなかに書かれておりますですよ。法律用語バンバンですごく解りにくいけど。

>マウトハウゼン収容所の研究の話ではなく、
虚偽の証言が真実であるかのごとく通ってきたホロコーストの問題点の方の指摘。

 俺はそんなこと質問していないよ。なんかねじ曲げて受け取ってるよ。
マウトハウゼン収容所の研究にその証言が深く関わっているのなら、
マウトハウゼンの現在の常識は嘘って証明になるじゃないか。
それを尋ねて居るんだよ。
俺は浅学ながらマルコ氏の名前も知らなかったのよ。

>ホロコースト証言の信用性の無さは、第一次ツンデル裁判やデムヤンユク裁判で証明されている。

それじゃあ聞くが、何故その大切な第一審で敗訴したんだい?

471 :なにわ  ◆8EwWvHtNjY :2005/05/18(水) 21:27:27 0
連カキすまん。大切なこと書き忘れた。
 俺ねぇ、すんごく忙しくなっちゃったのよ。うん。
そいでね、しばらくすぐにはレス返せないと思うんだわ。
暇な時にささっとのぞくぐらいはするんで、ごめんね。


472 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 13:28:54 0
民族別IQの平均値
Ashkenazi Jewish           117
East Asian (Japanese, Korean, etc.) 106
White (U.S.)             100
White (British)            100
Hispanic (U.S.)            89
Black (U.S., genetically 25% white)   85
African (indigenous sub-Saharan)    70


473 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 22:03:33 0
>>471
もつかれ〜

474 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 22:32:31 0
まぁ、ホロコーシトが無かったのならば、それはそれでナチの無能が証明される訳だが(ww


475 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 22:35:51 0
>>474
なんで?

476 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 07:49:31 0
>>474
いや、無から有を作り出したユダヤ人の有能さを証明するものだろう(ww

477 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 07:51:20 0
さすがIQ117の民族はやることが違う。
推定IQ100のドイツ人がたちうちできなかったのも当然だろう。

478 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 08:10:37 0
ユダヤ人のジョークにいいようにあしらわれている なにわ のIQは
ユダヤ人の半分くらい?


479 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 10:49:07 0
そんだけ頭がいいからこれだけ大きな捏造で大衆を騙せるんだな。
その実力だけは敬意を表するに値するね。

480 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 21:33:50 0
散々書き込んでいる結論だが・・・・
収容所が絶滅・奴隷的労働を目的として管理運営されていたバヤイはナチ=鬼畜
主要所がある程度の強制・奴隷的労働と人種的分離工作を目的とし管理運営されていたバヤイ
ナチ=無能。戦争に帰依しなかった。経済的にダメダメ。儲けたのはナチの敵であるべきブルジョア(Ww


481 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 23:03:01 0
>>469-470
>だからと言ってそれをネタにニッコーの信頼性うんぬんというのは
ニツコーを批判的に検証した上での結論なら、ニツコーの信用性を確認したその分析結果や分析資料を提示できますか。
>一番最初のURLは何なの?
http://www.antiquariat-mitzkewitz.de/deutschland_im_20.htm
これの下から数えると見つかるはずなんだが。
http://www.vho.org/GB/Books/anf/Faurisson1.html
>"Wannsee" is no longer "Wannsee"
こちらもつけておきますよ。

>ひょんなことであなたのネタもとが木村氏であることは解りました。
ソース元さえも把握できないのですか。

>あのね、>265で資料が上がってると書いております。
>そのなかに書かれておりますですよ。法律用語バンバンですごく解りにくいけど。
こちらはHPをはらないのに、
>だからもう一度同じHPをコピペ。
>ttp://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/Auschwitz4109.htm
なぜこちらはHPをはるのですか。それともなにか都合が悪いのですか。
永岑氏はプレサックの裏の顔に未だに気付いていないと言ったはず。
永岑氏を批判的に検証する気はないみたいですね。

>それじゃあ聞くが、何故その大切な第一審で敗訴したんだい?
ホロコースト裁判は有罪が前提で無罪が異常でまれ。フォーリソンも無罪などまずありえないと考えていた。
それじゃあ聞くが、どうしてその大切な第一審で敗北したヒルバーグがフィンケルシュタイン支持に転向したんだい?

あくまで、ホロコースト証言やニツコーや永岑氏を批判的に検証しようという気はないみたいですね。

482 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 05:47:57 0
民族別IQの平均値
Ashkenazi Jewish           117
East Asian (Japanese, Korean, etc.) 106
White (U.S.)             100
White (British)            100
Hispanic (U.S.)            89
Black (U.S., genetically 25% white)   85
African (indigenous sub-Saharan)    70

Ashkenazi Jewish >>>East Asian


483 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 11:34:21 0
なにわ氏はロイヒター、ルドルフレポートについてどのような見解
を持っているのですか?教えてください。

484 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 11:50:46 0
>>483
信じてねえよ。

485 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 15:39:29 0
>>483
その二人に対するホロコースト狂信者の言い分は

ロイヒターに対しては
・化学の専門家ではない(学位がない)
・サンプルは勝手に採取した(盗んだ)ものだから論外

ルドルフに対しては
・研究所の備品を流用した
・サンプルがアウシュビッツのモノだとは知らせずに検査させた

こんなとこかな・・・

486 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 17:15:45 0
ロイヒターに関しては化学の専門家でもなければ、エンジニアでもないわけで。
http://www.holocaust-history.org/leuchter-consent-agreement/

487 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 21:46:02 0
>>486
だから何?

488 :世界@名無史さん:2005/05/21(土) 22:07:14 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/009.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/010.htm
ロイヒターとルドルフに対する批判への反論はこれらを参照して下さい。

489 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 02:41:06 0
ロイちゃんはホロコーストあった論者(まmこ

490 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 14:25:20 0
加藤氏も実名をあげて批判すればいいのに、引用文献は出しているんだから、
伏字にして何の意味があるのかねえ。


491 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 14:55:35 0
>>490
かとちゃんぺぇなりのささやかな良心だったりしてさ。w

492 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 14:56:52 0
保守age

493 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 20:29:34 0
IQの平均値

アシュケナージ系ユダヤ 115〜117
日本人、韓国人 105〜106

ノーベル賞
アシュケナージ系ユダヤ 全受賞者の25%
日本人 12人
韓国人  1人

フィールズ賞 全受賞者の30%
日本人 3人
韓国人 0人

494 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 20:45:34 0
ホロコーストで殺された600万のユダヤ人にはノーベル賞級の超人的な頭脳の持ち主もいただろうな。

それが残念だ・・・


495 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 21:16:29 0
                        |
                        |  
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)  >>494  ))
    彡、   |∪|  ノ  
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /        ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

496 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 21:31:34 0
日本のホロコーストで殺された3500万の中国人には
ノーベル賞級の超人的な頭脳の持ち主もいただろうな。

それが残念だ・・・

497 ::2005/05/25(水) 22:24:56 0
釣りにならないよ。事実だろうから。
ただ、日本軍が直接殺したのは数百万から1000万くらいだろう。
難民化などで移動の途中の病死とかが多いはず。
住んでいるところ自体が戦場になると、1/5は死ぬ。
ポーランド、沖縄、白ロシア…


498 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 22:39:16 0
>>496
中共のプロパガンダに見事に騙されとるな。
目を覚ませ!

>>497
「事実だろうから」と言うだけで事実になるのなら、みんなそうします。
「ホロコーストなんてなかったし、ユダヤは一人も殺されてないよ。事実だろうし」
はい俺の発言は事実認定(プゲラ

それが嫌なら、今時ホロコースト記念碑にも書いていない600万という数字の証拠を出せ。

499 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 17:38:44 0
民族別IQの平均値
Ashkenazi Jewish           117
East Asian (Japanese, Korean, etc.) 106
White (U.S.)             100
White (British)            100
Hispanic (U.S.)            89
Black (U.S., genetically 25% white)   85
African (indigenous sub-Saharan)    70
ホロコーストで殺された600万のユダヤ人にはノーベル賞級の超人的な頭脳の持ち主もいただろうな。

それが残念だ・・・


500 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 18:27:57 0
>>499
そうやってほえ続けて何も知らない第三者に信じ込ませようって魂胆か。
大したプロパガンダ戦略だな。ユダヤからいくらもらってんだ?w

501 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 18:42:32 0
日中戦争での中国側の死者数に関して、中国側の資料である「対日戦争勝利の戦果」
では131万9958人。
アメリカの週刊誌「US News&Report」1989年の太平洋戦争50周年記念号では
中国側の死亡総数220万、そのうち軍人が135万人。民衆の犠牲者85万人。
台湾の歴史学者藜東方氏はかつて、連合国側の中国戦区の参謀長ウエイデンマイヤー
将軍に委託され、日中双方の戦死者の調査を行った。
同氏の著書「細説抗戦」に、中国軍の死者が132万279人、となっている。
ところが、日本の中国近現代史では、中国人の死者数がどの著書をみても「1000万」
とあったので、昭和三十年代に日本に留学してきた黄文雄氏は驚いたという。
その死者数について中国ではいつのまにか、1000万人以上、と言い、1985年の抗日
勝利40周年記念会では、2100万人以上、と公式発表した。
そして今現在はというと、江沢民が3500万人だ、といっているそうだ。
黄文雄氏は、このまま日本が黙っていると、中国はどんどん水増しし、いずれ
一億人を超えるだろう、と予言している。
注*中国人は中国人同士で殺し合いをしていたことにも留意しなければならない

502 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 18:50:48 0
>>501
うんうん、まさにその通り。
南京大虐殺も、その調子で水増しされた結果が「30万人」なわけだしね。

嘘つき国家を相手にするときには注意せなあかんわ。

503 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 18:51:24 0
>>497
盛んに日本を引き合いに出してるのはナチオタだろう。
ナチの犯罪を相対化するためには、なんだってする。

まあナチオタの戦略では多くの日本人から共感は得られないだろう。

ホロコーストは無かったということだけに戦略を絞ればいいのに、
バカな連中である。欧米のリビジョの周りにもスキンヘッズ
白人至上主義者とか
バカな連中が多くて、あれでは一般人が受け入れないのは当然。

リビジョが勢いづくと、次にホンモノのホロコーストが
くるかもしれん、という恐怖感を抱くからな。

504 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 18:59:01 0
今日本屋でカナンの呪いといういかにもナチ房が好きそうな本を発見した

「精神世界」というジャンルのところに置かれてたがw

505 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 19:03:29 0
リビジョの歴史は メインストリームに割り込もうとして、
白人至上主義やら反ユダヤ主義、スキンヘッズ等に足を引っ張られる
という歴史を繰り返している。リビジョはこーいう連中と
一線を画したいのだが、一方で資金源に擦り寄らないと生きていけないので
苦しい。もちろん本質的に避けがたい類似性があるのも事実であるし(
ホロコーストの否定がまさにそれ)、リビジョの中に白人至上主義
的本音をうかがうことも可能だ。

日本は反ユダヤ主義や白人至上主義とは無縁な国なのだから、
変なイデオロギーに縛られず淡々とホロコーストがあったのか
なかったのか語ったらどうだ?

日本のホロコースト正史派は、本当はホロコーストより反日や
左翼主義に興味があって、それを補強する為の道具としてホロコーストを
使ってるっぽい。ドイツはちゃんと反省しているとか、なんとか。
 2chのリビジョも順番は違うが、やってることは同じだ。

506 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 20:08:05 0
>>505

その話の筋が掴めないのは、掴むべき実体が無い所為だな。

507 :世界@名無史さん:2005/05/26(木) 20:17:54 0
                        |
                        |  
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)  >>503 >>505   ))
    彡、   |∪|  ノ  
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /        ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

508 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 00:10:58 0
>そもそもナチガス室はなかったつーのはこりゃタブー破りではない単なるウソだ
>昔から反ユダヤ主義のネオナチが世界のあちこちに散ってて「アンネの日記は創作だ」
>とかこの手の歴史の改竄を行おうとしてオカルト本まがいのウソ本ウソ論文を発表し続けている
>西岡昌紀という人はそれらの本にモロ影響を受けちゃった人なのだ
>「宇宙人は既に来ている」とかいう説に影響されて必死で資料集めしていくやばい意味でのオタクに似ている。
>西岡はたまたま「反ユダヤオタク」にはまっちゃった人なのだ

小林よしのり、ゴーマニズム宣言140章の台詞部分の抜粋です。
それで小林よしのりは本当に反日や 左翼主義に興味があって、それを補強する為の道具としてホロコーストを
利用しているんですか?

509 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 00:50:04 0
http://www.jiyuu-shikan.org/goiken/00/06/
レイプ・オブ南京を考えるサイトで英語と日本語の両方が出ていました。質問と回答から色々書かれていますが私はこのサイトとは違う考えをしています。
 この本から色々と興味を持ち、あれこれ第二次世界大戦や南京虐殺、東京裁判と本ヲ読みまわり始めました。
1997年末アメリカで「ザ・レイプ・オブ・南京」と題された本が出版された。書いたのはアイリス・チャンというチャイニーズ・アメリカンの女性で
南京虐殺の真相を’告発’するという内容である。チャンの本が如何に虚飾と誇張に満ちたものか既に雑誌、新聞で報道批判されてるから此処では詳細は述べない。
1、日本軍は南京において約30万人のシナ人を殺した。
2、南京の虐殺は日本政府及び軍の最高レベルで決定されたものである。
3、南京虐殺の'事実を今尚日本政府は隠蔽し教科書にも記載っしていないので多くの日本人は南京虐殺のことなど知らない。
 この3点が本の趣旨である。


510 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 00:51:21 0
チャンの主張が全くの出鱈目ではあるが注目しなければ’ならないのは彼女が
「南京虐殺はアジアのホロコースト」だというレトリックを使用してる事である。
アジアのホロコースト’というのは危険なレトリックである。
この表現を利用すれば「南京虐殺を否定する人間は、ユダヤのホロコーストも否定することである」と
言いがかりをつける事が可能である。

実際、チャンの狙いはある程度成功した。
「ザ・レイプ・オブ南京」の内容に対っして、ワシントンの斎藤邦彦駐米大使が
「不正確、一方的」と強く批判した所、ナチスのユダヤ人迫害問題を追及っしている
アメリカのサイモン・ウィーゼンタール・センターが斉藤大使当てに抗議文を送って来たのである。
 何故、斉藤大使の発言にユダヤ人が反応したのかー
それは彼らがホロコーストと南京虐殺を同列に考えるようになったからである。
日本人が「アジアのホロコースト」を'否定するのであればナチスのホロコーストも
否定するのに違いないと考えるようになったからであろう。
其処には日本人がナチスばりの人種差別主義者であると言う印象も加わってる筈である。
日本人がナチスと同じ大虐殺者であり、人種差別主義者であると言うイメージがユダヤ人の間に
定着する事は絶対に避けねばならない。


511 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 00:52:47 0
509,510は「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」からの抜粋

512 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 00:55:28 0
ま、「ホロコースト」も「南京大虐殺」も、どっちも捏造ウソッパチであるという点では一緒だけどなw
ただでっち上げたのが前者は連合軍、後者は中共ってだけの話で。

513 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 02:15:41 0
>>512
>後者は中共ってだけの話で。
初耳だな、東京裁判のときに南京の話を持ち出したのは国民党つまり今の台湾の政党だ
そもそも東京裁判のとき中華人民共和国は成立すらしていない。
南京大虐殺を捏造できるとしたら台湾以外に絶対にありえないのだが?

514 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 10:45:26 0
国民党の持ち出した内容と、中共が追加している物は全く異質別もの。

515 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 11:29:38 0
>>514
その通り

516 :世界@名無史さん:2005/05/27(金) 20:57:37 0
>>514

具体的に、どう異質別物なのか説明せよ(w


517 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 00:27:09 0
日中戦争での中国人死者数の推移

1946年       130万人(東京裁判:中国国民党とGHQの主張)
1950年代      600万人
1960年代     1000万人
1970年代     1800万人
1985年       2100万人
1995年  死傷者 3500万人
1997年  死者   3500万人

518 :517:2005/05/28(土) 00:28:04 0
南京大虐殺に限定した数字は捜索中

519 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 09:02:55 0
http://www.asyura2.com/0502/war69/msg/445.html

520 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 11:18:48 0
                        |
                        |  
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)  >>519   ))
    彡、   |∪|  ノ  
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /        ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ


521 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 13:55:07 0
>>519
議論板にいた外基地の投稿なんぞ貼ってどうするつもりだ?

522 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 14:24:16 0
では反論してみてください。できますか?

ホロコーストは戦後のユダヤ特権を享受するための捏造神話
By richardkoshimizu
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/horouso.htm

523 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 14:25:41 0
どうするつもりだ?と、聞いてるんだけど


524 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 14:40:12 0
逃げるのがうまいですね。どこが「外基地」なのですか?

アンネ・フランクは、アンネの日記を書かなかった。
By richardkoshimizu
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

525 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 21:19:34 0
>>524
アレは真性みたいだよ、詳しい事は議論板で聞いて来い(w

526 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 23:12:59 0
>>517

ホロコーストと逆だなw

アウシュヴィッツ収容所で死亡した収容者は一体何人なのか?

<900万人> 映画『夜と霧』(1955年、フランス)のナレーション
「この映画の中では、人間から石鹸が製造された。」
<800万人> フランス戦争犯罪調査局とフランス戦争犯罪情報 (1945)
<600万人> Miklos Nyiszli (1951)の序文の筆者Tibere Kremerによる 。
<500万から550万人> 何名かのSS隊員の自白による 。
<400万人> ニュルンベルク裁判(1945)が「法廷に顕著な事実」としたソ連側の資料による。
<300万人> アウシュヴィッツ収容所、所長ルドルフ・ヘスの自白による。
<150万人> 1995年にポーランド政府が、アウシュヴィッツの記念碑の400万人
という数字を、大幅に下方修正した数字。
<100万人> Raul Hilbergによる説。(1986)
<80万人〜90万人> Gerald Reitlinger による説。(1953)
<47万人〜55万人> Jean-Claude Pressac による説。 (1994)
<35万人> Fritjof Meyer による説。(2002)

<7万人以下>主なホロコーストリヴィジョニスト(再検証派)の学者らの主張
「彼らは決して殺された訳ではない、チフスなどの病気によって死亡したのであ


527 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 00:57:27 0
>>524
アンネの日記に対する疑念ならたくさんあるけど
何故、わざわざ外基地の書いたものを引用するんだ?
奴は妄想障害とか言われてたけど、君も同類さんなのかな?

528 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 04:07:47 0
事実を引用するなら良いではないか。

529 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 04:19:02 0
>>527

>奴は妄想障害とか言われてたけど、君も同類さんなのかな?

いい加減な事を書くと、名誉毀損で訴えられるぞ。
訂正して、謝罪しろ。


530 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 07:06:08 0
なぜこれほどまでに人格攻撃をしたがるのでしょうか?

531 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 11:22:49 0
反論できないからレッテル貼りしかできないんだろうな。

532 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 12:57:59 0
ブッシュ親子の自作自演テロの11の投稿は創作板とか妄想板に限定されたし
http://www.asyura2.com/0502/kanri8/msg/394.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 4 月 19 日 19:54:34: CjMHiEP28ibKM

533 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 13:18:20 0
>>529
議論板ではそういわれてたぞ
なんだかストーかチックに調べた奴がいたみたいでさ(w

534 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 13:21:34 0
>>508

これは小林よしのりが数年前に書いた事だろ。
当時は小林も全然勉強してなくて、無知のまま
適当な事を書いていた時期だった。
今では、考え方が変わってきているだろ。


535 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 13:25:09 0
>>533
議論板って、ニュース議論か?
あれは低レベルな板だから、全然話にならない。
やはり、学問板が最高レベルの有識者が
集まってきている。

536 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 14:06:36 0
>>535
そうだよ。
テロ発生予告したり、怪電波炸裂だったんだよ

537 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 14:55:57 0
いずれにしてもヲタ(ノンポリ)&ニヒル路線こそが修正主義のすすむべき道だろ。
正史派も「厄介」と認めている。

--------------------------------------------------------------------------
鵜飼▼ <略> 実際われわれは誰も収容所の現場にいたわけではないですから、
そういうものを全部調べて検討しなければ本当のことはわからないという立場に立ったら
最後、完全に彼らの手の内に入ってしまう。 <略> あらゆる情報の形成・発信・
伝達・受容がメディアの介在なしには成立しないような状況があり、そのただなかで
歴史的真実とはいったい何かということが疑われてきている。一言でいえば、このような
ニヒリズムの一段階レベルの上がった深化のなかで、否定派の人々の策動がマージナル
なものとはいえ、無視できない存在感をもってきているということです。 <略>

高橋▼『宝島30』に岩上安身さんという人が、『マルコポーロ』に問題の記事を書いた
西岡昌紀氏に実際に会って議論したルポルタージュを載せているんです。
 <中略> ・・・岩上さんによると西岡昌紀という人は、本当にそうかどうかは分かり
ませんがほとんど政治的な意識がなくて、非常に無邪気に、いわば「謎解き論争ごっこ」
を楽しむ感じであの記事を書いたらしい。ほとんど「邪馬台国論争おたく」みたいな
レベルで書いたんじゃないか、単なる趣味として歴史をオモチャにしているという印象を
強く受けたというんですね。

 <中略> ・・・ホロコーストは日本人の直接の記憶のなかにありませんから、無邪気な
おたく的なレベルの修正主義みたいなものが出てきてしまった。これにどうやって対抗する
のかという問題は、いま言われたニヒリズムのひとつの面として厄介な問題だろうと思うん
ですよ。

鵜飼哲・高橋哲哉編 『「ショアー」の衝撃』 未来社、1995年、51−53ページ。
--------------------------------------------------------------------------

538 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 15:07:41 0
>>537

>鵜飼哲・高橋哲哉編 『「ショアー」の衝撃』 未来社、1995年、

10年も前の記事を載せられても仕方が無い。
当時と今では、歴史認識が全然違ってきている。
ドイツでも、ヒトラーの映画が作られたりしている。
10年前では、考えられない事だろ。

539 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 15:40:34 0
>>538
歴史認識だか何だか知らないが、そんなものにこだわるから
「修正主義はネオナチのプロパガンダにすぎないのではないか」と
げすの勘ぐりを入れられるんだろ。

少しは頭を使えよ。

540 :世界@名無史さん:2005/05/29(日) 21:17:10 0
>>539
レッテルしか正史派に手段はないから。

541 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 01:45:10 0
>>534
変わってねえよ。
西岡昌紀はこの内容に腹立てて小林に内容証明送りつけたらしい
小林は新ゴーマニズム宣言のほうで内容証明と一緒に西岡から脅迫状を送られたとか書いていたけど
大げさに書いている可能性もあるので正確なところはわからない。
でも、この件で小林は西岡の事を完璧に敵視するようになった事は間違いないだろうな
小林よしのりって本当に子供みたいな性格だから坊主憎けりゃ袈裟まで憎しで
西岡みたいな電波が信じてる事ならホロコーストは真実だろうと考えてるよ

542 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 02:28:08 0
>>541

アンチ小林を装った小林信者、必死過ぎ。
小林は現在はホロコーストを疑っている。
それは言明してないだけで、事実。
なぜなら、全然ホロコーストを持ち出してない。
昔はよく持ち出していたけどな。


543 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 19:03:56 0
>>542
小林がホロコーストを持ち出さない理由はただ単に南京大虐殺の話をあまり書かなくなったから
南京とホロコーストをよく対比させて語っていたが、現実にあったことを前提にしている。
詳しくは新ゴーマニズム宣言八巻あたりを参照しろ
ところで、ホロコースト否定厨はよく「具体的な証拠」を求めてくるが
君の小林がホロコーストを疑っているという説には具体的な証拠があるのかい(笑
それともホロコーストを持ち出さないことが、証拠だとでも言う気か?
でもそれってどこが具体的なの(笑

544 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 21:29:22 0
>>541
西岡のおかしい点を説明してくれ。

545 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 08:43:38 0
いとをかし

546 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 09:39:01 0
趣があるのかよ!w

547 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 15:27:16 0
>>544
無茶を言うなって・・・
ハッキリ書いちゃったら阿修羅に持ってかれて、本人に回答なんかされちゃって困るんだろうよ。
正史オタは印象操作するしかないんだからさ。

548 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 20:00:04 0
もしかして、それは単なる憶測と呼ばれているものでは?

549 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 20:21:25 0
>>548
>困るんだろうよ
         =

これが憶測・推測でなくてなんだというんだ?

550 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 20:32:13 0
ジャジャーン!
強調・呼びかけなどの意味を表す終助詞「よ」でございます。

551 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 20:38:54 0
>>550
下線の間違いに突っ込むのか(w

「だろう」に下線をつけるつもりがああなったんだよ

552 :世界@名無史さん:2005/06/01(水) 17:26:08 0
修正主義者は反体制派である。これは間違いない。

553 :世界@名無史さん:2005/06/03(金) 02:54:32 0
極左の山崎センセや高橋サン三鷹サンたちは反体制派が死ぬほど嫌いなんですね

554 :世界@名無史さん:2005/06/03(金) 14:08:50 0
Vote ends Israeli boycott
http://education.guardian.co.uk/higher/worldwide/story/0,9959,1493583,00.html

"leftwing anti-semitism"という言葉が出てきます。
「山崎センセや高橋サン三鷹サン」たちが「反ユダヤ」と呼ばれる日がくるかもしれない!


555 :世界@名無史さん:2005/06/03(金) 14:41:35 0
>>552
まあ、今のところはそういうことになるな。
だが、もしホロコーストがウソだという事実を世界中が認めれば、現体制に反対する理由は何もなくなるから、厳密な意味での反体制ではないな。

556 :世界@名無史さん:2005/06/05(日) 16:03:30 0
WW2はユダヤ・ボルシェヴィズムが起こした戦争であるという真実はすでに識者の間で
広まってきている。ホロコーストはウソだという真実が勝利するのも時間の問題だ。

--------------------------------------------------------------------------
新ゴーマニズム宣言SPECIAL戦争論 (2)
小林 よしのり (著)
単行本: 529 p ; サイズ(cm): 21
出版社: 幻冬舎 ; ISBN: 4344001311 ; 2 巻 (2001/10)
レビュアー: 西岡昌紀 (プロフィールを見る)   関東地方

−−この本の「ホロコースト」に関する記述は、間違って居る。これは、はっきりと
言っておく。しかし、その事を別とすれば、非常に優れた作品である。

先ず、この本は、第二次世界大戦は、日本(とドイツ)が望んで起こした戦争ではなく、
アメリカとイギリスの支配層の一部が、共産主義勢力と連合して、外交的挑発によって、
起こした戦争であった事を語って居る。 <略> この本のこうした点に、私は、感服した。

しかし、その一方で、 <略> あの大戦を引き起こした、アメリカの親共産主義勢力の
役割が逆に十分強調されて居ない。その点は、この本の欠点であると言える。

(西岡昌紀・内科医/戦後60年目の桜を見ながら)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4344001311/customer-reviews
--------------------------------------------------------------------------

557 :世界@名無史さん:2005/06/06(月) 15:25:43 0
ホロコースト「生き残り」組織が銀行「預金」返済提案を拒否
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/178.html
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 6 月 06 日 14:10:49: CjMHiEP28ibKM

ホロコースト「生き残り」組織がレウミ銀行の「預金」返済提案を拒否

ナチスドイツの「集中宿舎」を「絶滅収容所」だと称するシオニストが、ホロコースト「生き残り」がいると称して、
その組織を運営するのは、実におかしなことなのであるが、その怪しげな組織が、
ホロコースト「死者」の預金返済を求めて、ヨーロッパの大銀行を脅迫し続けている。

この銀行の提案拒否を報じているのは、極右「偽イスラエル」の有力紙、ハアレツである。

http://www.haaretz.com/hasen/spages/579968.html
Holocaust survivors reject Leumi offer
By Amiram Barkat

558 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 00:30:41 0
アウシュビッツを訪ねて


2005年06月05日(日)
企業経営 南出健一

http://www.yorozubp.com/0506/050605.htm


困ったもんだ

559 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 09:17:04 0
>>558
こういうヴァカが、修正派が必死になって証拠集めて論破してきた事実をあっさりとゴミ箱に捨ててくれるんだよなぁ・・・。
マジうぜえなこういうやつ。

560 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 09:56:37 0
>>558
本当に「知ったかぶった軽薄さ」だな、こりゃ

561 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 10:00:27 0
まだアウシュビッツの虐殺の正確な数字などは議論が進んでいることだが、少なくとも「アンネの日記」が単なる創作小説であることは既に明白な事実だろw

562 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 12:08:20 0
Vladimir Edelstein age

563 :新入荷:2005/06/09(木) 01:03:50 0
加藤一郎「F. マイヤーと伝統的ホロコースト史学の崩壊――マイヤー・ピペル論争から――」
文教大学教育学部紀要、第38号(2004年度)。
http://www.bunkyo.ac.jp/faculty/lib/klib/kiyo/edu/e38/e3809.PDF

@ マイヤーは,「イソップの言葉」を使いながらも,アウシュヴィッツ・ビルケナウ
収容所研究における修正主義者の研究蓄積を高く評価しており,自分の立論に
あたっても,修正主義者の研究に多大に依存している.

A 一方,ピペルは,伝統的ホロコースト史学のチャンピオンとして,修正主義を
根本的に批判しなくてはならないという立場にあるはずであるが,彼には,もはや,
プレサックも含めて,修正主義者の所説を文書資料にもとづいて,具体的に批判
する能力が欠けている.

B ピペルのマイヤー批判が,まったく説得力を欠いてしまっている(マイヤー:
「彼の反論はどれ一つとして説得的ではない」)のは,伝統的ホロコースト史学が,
ソ連の虐殺宣伝と信憑性のない「目撃証言」だけに依拠したアウシュヴィッツ
収容所「絶滅物語」に半世紀以上も「安住」してしまって,実証主義的な歴史研究,
法医学的・技術的・化学的研究を怠ってきたことの当然の帰結であり,伝統的
ホロコースト史学の崩壊を象徴している.

564 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 14:52:29 0
プレサックが修正主義者ですか。
死人に口無しってわけね。

565 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 15:01:02 0
>>564
プレサックの罠がまだ理解できないんですか

566 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 20:26:49 0
>>565
理解している人はほとんどいない。

567 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 20:32:16 0
>>564
虐殺人数を許容範囲以上に減らしただけでも修正主義者扱い

568 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 20:56:37 0
「プレサックの罠」とはプレサックのやりすぎでプレサック脳になることをいう。
プレサック脳の症例はこのスレにも散見される。

十数万円も支払ってプレサックの絶版本を買った場合にかかりやすいとされるが、
そうでない場合にも注意が必要である。

569 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 02:44:29 0
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/index.html

570 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 16:00:02 0
一体ホロコ−ストでユダヤ人は何人死んだんだ?

571 :名無し募集中。。。:2005/06/10(金) 16:26:50 0
3,40人ぐらいじゃないかな

572 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 16:56:26 0
>>570

収容し始めてからユダヤ人が死んだ事を「ホロコ−スト」と呼ぶなら、
伝染病に依る死者の遺骸を衛生処理する為に焼却炉を設置してまで
頑張った様だから千単位にはなった様だ。

実際は、ロシア兵に依る虐殺、食料配布体制の破壊後の
占領軍に依る放置でユダヤ人だけでも万単位の犠牲者が発生した。

ドイツ降伏後に連合国側兵士ほ捕虜が解放された後、ドイツ軍兵士捕虜に
対する食料配給のや停止、一般民衆に対する食料流通の阻害などの、
占領軍政策に依って、百万単位のドイツ人餓死者を出した。

573 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:22:24 0
>>569は、晒し上げのつもりか?いまさら、山崎カヲルもねえだろうが。

574 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:07:13 0
アラブ・パレスチナ文化を略奪するシオニスト:略奪は土地だけではない
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/186.html

画像付きです
ナンカ、隣国を想像してしまった・・・

575 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:35:34 0
日本におけるホロコースト研究といったら、加藤一郎あたりが面白いよな。

576 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 20:43:29 0
>>574
ミズラヒー文化もイスラエルの一つの顔だから驚くに値しないよ。

577 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 20:58:44 0
>>576
剽窃文化ですね

578 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:37:56 0
>>575

アカデミズムでは、加藤以外に、誰かいないの?サイトは充実してるけど。

579 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:43:30 0
>>578
加藤にボコボコにやれてる石田勇治、永岑三千輝がいるよ。
あ、ほかに山崎カヲル、金子マーティンもいたかw

580 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 23:13:44 0
>>579
金子は盗作作家だろ

581 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 23:48:35 0
ホロコースト論争についてはここらへんが常識的な判断だろうな。
いままでの定説が修正されつつあるということだ。

--------------------------------------------------------------------------
牟田口連夜の気になるコト/ May 29, 2005/ やっぱり無かったホロコースト??

”史実”として存在する事を、正確に検証しようとした瞬間に立証不可能という
この現実は一体何なんでしょう??。
<略>
注)ここで取り上げている「ホロコースト」は、あくまでユダヤ民族/人への
戦時中ナチスドイツの国家的/組織的殺害/大量虐殺(含むガス殺)のことで、
”迫害”であるとか非組織的加虐(市井での私刑等)は対象外です。というか
そういうユダヤ迫害はヨーロッパスタンダードだったよーで orz。
当然「ユダヤ隔離政策」というのは実施されていました。その中で所謂”ガス殺”が
行われているよーだ、しかも犠牲者は600万(!!)に上るらしい、
という”風評伝聞”が「ホロコースト」の原型で、しかも商売になった、というのが
「ホロコースト神話」の実際のよーです・・・。
<略>
敢えて加筆。
「ホロコースト」論議には”肯定派”と”否定派”が存在して、立証責任があるのは
実は”肯定派”なんですよねー。”自明の理”とかじゃなくて。
理論的に物証を以て(証言は肯定/否定共に無価値)その存在を証明出来ないと、
「ホロコーストは存在しない」という結論になってしまうワケです。驚きですか??。

でも歴史にはこんな”自明の理”がけっこう多いんですよねー。で、偶に解釈に
ついて激論が交わされて定説が引っ繰り返ったり・・・。有名なものでは発掘に
よって伝説とされていた「トロイ戦争」が史実になったり、国内では余りにも有名な
織田信長の桶狭間の合戦が奇襲なのか強襲/遭遇戦なのか今になって
論争になったり・・・。
http://plaza.rakuten.co.jp/GF1208/diary/200505290000/
--------------------------------------------------------------------------

582 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:18:38 0
正史派の学者で600万の定義を明示した人はほとんどいないよ。

583 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 02:51:08 0
>>579

いや、“正史”派のほうではなくて、“修正”派のほうで。

584 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 12:04:41 0
リップルウッドってユダヤだよな?取締役、ティモシー・コリンズ
のアドヴァイザーFRBの元議長もユダヤだよな?

そのあたりの人脈がテレ朝の番組ではさっぱり分からなかった。

ティム・ロビンズ取締役はタバコ農園の息子で、教会のボランティアと
してアフリカで働いていたそうだが、ユダヤ人の痕跡がないな?
リップルウッド=ユダヤ系といわれるけど、そこのあたりどうなん?
彼がもしユダヤ教徒で、教会のボランティアとして働いていたとするなら、
却って頷けるんだがw

それにしてもいくら新生銀行などが順調に進んでいようと、巨額の血税を
投入した資産がたかが数億円で掠め取られた事実は変えられないだろ。
ユダヤ批判以前の問題として、自分達の愚かさをかみ締めるべきなのでは。
やれ、事業が上手くいってるから万々歳、外資は実はいい人ばっかりって
全く日本人はお人よしでバカな民族だね。ユダヤに踊らされるわけだよ。

585 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 12:18:11 0
すまんティモシー・コリンズね。俳優のティム・ロビンズも
ジューコントロールドハリウッド丸出しの人だけど。

586 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 12:51:11 0
旧長銀に投入された血税は債務超過の穴埋めや国が不良債権を買取るのに
つかわれたわけで、その恩恵を受けたのは旧長銀の融資先でそ。

そうやってバランスシートを整理していっても10億円の市場価値しか
なかったんだから仕方ないね。中央三井もリップルウッドより悪い条件しか
提示できなかったわけで。

587 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 13:24:44 0
>>584
コリンズがそうとは限らんがマラノもいる。

588 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 15:53:45 0
やべえ

http://web.archive.org/web/20040612122218/www.nsjap.com/v_b/revision.html
> Robots.txt Retrieval Exclusion.
>
> We're sorry, access to http://www.nsjap.com/v_b/revision.html has been blocked by the site owner via robots.txt.

NSJAPのコンテンツArchive.orgでも見れなくなってる。
誰かまるごとダウソしてあったらミラー作ってくれんかのう

589 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 14:03:32 0
民族別IQの平均値
アシュケナージユダヤ         117
東アジア人 (日本人,韓国人)      106
白人 (アメリカ)             100
白人 (イギリス)             100
ヒスパニック (アメリカ)        89
黒人(白人との混血のアメリカの黒人) 85
黒人(サハラ以南の純粋な黒人)    70

590 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 00:07:37 0
以前、たかじんの番組で、アウシュヴィッツと南京とは違う
アウシュヴィッツは国際遺産にも登録されているから事実
とか言ってたけど、そもそもアウシュヴィッツは
ポーランドにあって、ポーランド政府がドイツ政府の許可を取らずに
勝手に申請して遺産に認められただけだろ。
事実かどうかは無関係なんじゃないのか。
将来、中国が国際的な力を付けたら、731とか南京関係の
施設が国際遺産に登録されたら、事実と認めるのか?
と言ってやりたい。


591 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 00:15:24 0
ヒロシマの原爆ドームも世界遺産に登録されているが、アメリカ合衆国政府の許可なんて必要ないよな?

592 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 00:38:05 0
>>591

論点が微妙にずれていると思う。
だいたいさ、南京が持ち出されるたびに
アウシュヴィッツ、ホロコーストって
すぐに持ち出されるのはドイツ人もいい迷惑だよな。
「よし、わかった。南京が存在しなかったのは事実だ。
で、お前がさっきからあったと言っている
ホロコーストがあったという証拠を見せてもらおうか?
文書でも、報告でも法医解剖でも何でも良いから
一つでも明確な証拠を出せ。」
って言ってやったら、デーブ・スペクターも金美齢も
西村慎吾、石原慎太郎でも反論は不可能だよ。
何しろ俺らは通常の歴史学者より、この分野にかけては
数倍の知識を持っている訳だからな。
ましてやテレビタレント、政治家なんかに論破されるはずがない。


593 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 21:31:07 0
>>592
自信過剰だよ。

歴史的修正主義研究会のホームページですら紹介されるときに
「ネタ元がかなり怪しい」、「真偽はともかく」などと但し書きを
つけられることがまだまだある。

なぜそうなるのかよく考えた方がいい。


594 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 21:57:04 0
>>593

つか、そーゆー「但し書き」をつけるヤシが、きちんと先入観なしで資料を検討
したうえで、そーいってるとは思えんのだが。例えば、[フォリソン]でググって
みると、彼が、ほとんど基地害あつかいされてるのが分かることからしてもね。
たしかに、対象が対象だけに、なかなか広く研究者を募ることができず、その点
で、研究に偏りがあるやもしれんっつーことはあるだろうよ。でも、その原因は
まったくと言っていいほど、“正史派”(広い意味での)にあるワケだからね。
研究者は弾圧するし、研究成果は歪曲して報道するし。それで、「よく考えた方
がいい」って言われてもね。そりゃ、修正派のセリフだろうて。

595 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 22:15:22 0
>>594
検討や研究はもちろん結構だけどな、
自分には知識があるという自信だけでは社会的影響力はゼロに等しいんだよ。
なぜなら一般人は制度化された知識の権威を信じるから。

アカデミズムにおいて認められていないということが大きな痛手なわけで、
それを看過して手放しで喜べるはずがない。

その意味でも加藤一郎に頑張ってもらいたいわけだ。


596 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 22:29:27 0
>>591-595
アーヴィングが負けたのも、
フォーリソンと違って、
それらを理解していなかったから。

ガス室とされる死体安置室の構造を説明しても
理解してもらえるのにはかなりの時間が掛かる。

597 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 22:44:40 0
>>596
フォーリソンはツンデル裁判で負けてる。
弁護人クリスティーのために尋問の筋書きを書いたのはフォーリソンだよ。

もとより法廷は修正派の主張が真に事実かどうかを判定する場所ではない。
裁判の結果など気にする必要はないよな。

598 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 22:49:38 0
>>597
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/leuchter_02.htm
私が真実を述べている証拠は、1988年の裁判では、絶滅派の専門家の筆頭、ホロコースト神話の「教皇」ヒルバーグが、
1985年の裁判で、ツンデルの弁護人クリスティから手痛い敗北を喫した苦々しい思い出のために、出廷を拒んだことである。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/holocaust_trial.htm
彼はこの件について、検事ピアソンあての書簡で述べている。
この手紙は内密のものであったが、弁護側の知るところとなり、おおやけになった。
1985年裁判のもう一人のスター証人ルドルフ・ヴルバも1988年裁判には出廷しなかった。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/vrba_01.htm
検事ピアソンは、「生存者」は証言しないのかどうか判事トーマスに尋ねられて、
今度は証言しないと苦々しく答えなくてはならなかった(私はその場にいた)。

最高裁で一応勝ったんだが。
それよりヒルバーグを潰したほうが大きいんだよね。
(ヒルバーグは控訴審の検察側証人を拒否した)
その結果ヒルバーグはフィンケルシュタイン支持に走った。

599 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:05:26 0
>>598
ツンデル裁判の記憶そのものが風化しているだろうから、
今ではそういう認識でもいいのかもしれないがな。

社会的に注目を集めた85年の一審は世間的には修正派の大敗とされ、
そのあとの87年の裁判の方は一般にはどうでもいい裁判と思われていたようだよ。

そのあたりはレンスキの報告に詳しい。

600 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:09:04 0
>>599 訂正

× そのあとの87年の裁判の方
○ そのあとの90年の裁判の方

601 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:09:44 0
ナチによるユダヤ人のソ連への移送の提案について書かれたソ連高官の書簡見つかる[MosNews]
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/195.html

602 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:11:17 0
>>599
>社会的に注目を集めた85年の一審は世間的には修正派の大敗とされ、
正史派がそう宣伝しただけでは。
ヒルバーグが潰されて、ヴルバのせいで証言の信用性が低下した現実も考慮しないとな。

603 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:24:26 0
>>602
別に裁判で負けたっていいだろうに。

歴史的修正主義研究会が訳した裁判記録とその原文を読んだことがあるが、
正直言ってあれでは分が悪いと思った。ヒルバーグとヴルバのやつね。
なんであんなの公開してるのかな。バカ正直というか何と言うか…
まあヴルバはガス室論争とは関係ないけどな。

ああいうのはもう忘れたほうがいいよ。

604 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:33:26 0
>>603
>まあヴルバはガス室論争とは関係ないけどな。
ガス室を立証できるからと判断して検察は証人喚問したはずなんですがね。

ヴルバは逆説的に見れば史上最高の修正主義者ですね。
ヴルバがいなければヒルバーグは証言に疑問を持たずにフィンケルシュタインに走らなかったかもしれない。
ルドルフやグラーフもいなかったかもしれない。
プレサックもいなかったかもしれない。(証言抜きでガス室を証明するはめに追い込まれた。)
フリツォフ・マイヤーもいなかったかもしれない。
ホロコースト神話の根幹である証言を神聖視されたままであろう。
デムヤンユク裁判で証言の信用性に更なる打撃を与えてしまうのだが。

605 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:04:11 0
>>604
> ガス室を立証できるからと判断して検察は証人喚問したはずなんですがね。

それだったらゾンダーコマンドなる職業的証人を呼べばいいだろうよ。
ヴルバはかつての登録係としてたとえば
未登録の収容者は原則として収容所内にいなかったと証言していたよ。
それやこれやで全体としてみれば、そのあとのクリスティーの尋問は
裁判の進行上は枝葉末節ととられても仕方ないのかなという印象を持った。
所詮茶番だからどうでもいいがな。

証言ぬきの立証をもとめるという立場からしても
司法や裁判のやりかたには承服できないものがあるだろうと思う。
何だかんだ言っても目撃証言は直接証拠として一定の地位を与えられているからね。



606 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:15:03 0
>>605
>ヴルバはかつての登録係としてたとえば
>未登録の収容者は原則として収容所内にいなかったと証言していたよ。
ヴルバの証言をまだ信用するのかよ。

>所詮茶番だからどうでもいいがな。
その茶番に焦ってクラルスフェルトはプレサックに本を書かせたのだが。

>何だかんだ言っても目撃証言は直接証拠として一定の地位を与えられているからね。
ホロコーストは目撃証言とやらに整合性がないから困る。

607 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:24:50 0
>>606
> >ヴルバはかつての登録係としてたとえば
> >未登録の収容者は原則として収容所内にいなかったと証言していたよ。
> ヴルバの証言をまだ信用するのかよ。

信用するとかそういう問題じゃなくて、
反対尋問でとりあげられなければそのまま事実として通る可能性が高い。
裁判とはそういうところだよ。だから恐ろしいんだ。

> >所詮茶番だからどうでもいいがな。
> その茶番に焦ってクラルスフェルトはプレサックに本を書かせたのだが。

それは多分違う。プレサックの1989年の本の序文とあとがきを読んでくれ。
クラルスフェルトの活動はもっと計画的。甘く見てはいけない。

608 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:37:05 0
>>607
>信用するとかそういう問題じゃなくて、
>反対尋問でとりあげられなければそのまま事実として通る可能性が高い。
>裁判とはそういうところだよ。だから恐ろしいんだ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/03.htm
>すでに決まっていた結論に到達することを促進するために、
>常軌を逸した法律が作られました。
>たとえば、1945年8月8日のロンドン協定19条と21条です。
>それによると、ニュルンベルク裁判は、「常識となっている事実の立証を必要とはせず、
>それを法廷に顕著な事実とみなす」[3]というのです。
これが典型ですね。
ただ、ヴルバ自体狼少年扱いされても仕方がないでしょうけど。
大半の正史派でもヴルバを無視して無かったことにしてるでしょう。

>それは多分違う。プレサックの1989年の本の序文とあとがきを読んでくれ。
>クラルスフェルトの活動はもっと計画的。甘く見てはいけない。
プレサックはクラルスフェルトを騙すのにほぼ成功したんですけどね。
あの本は解りにくいらしいですが、あれもプレサックの作戦みたいですね。

609 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:54:10 0
>>608
プレサックはもともと文章があまり得意でないかもしれないよ。
デカルト的な明晰さはないな。
英訳がイカレているという可能性もあるが。

プレサックがどっち側の人間なのかは正直言ってわからない。
プレサック自身、ガス室肯定派と否定派の論争はもうどうでもいいと書いたりしてるし。

ヤン・ゼーン、ヴェルレール、コゴン、ラングバイン、リュッカール、
プレサック、ペルトなどなどが既に論破されていることに変わりはないけどね。

610 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:59:04 0
>>609
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_05.htm
プレサックのインタビューの中での次のような発言は、絶滅論者の血管を流れる血を凍らせてしまったにちがいない[27]。

「ユダヤ人の大量殺戮については、いくつかの基本的な概念を根本的に修正しなくてはなりません。
『ジェノサイド』という表現はもはや適切ではないでしょう。
時代の変化によって、私がこれまで永遠であると教えこまれてきた記憶の厳格な基準を新しく見直さなくてはなりません。
新しい資料が登場して、それは、公的に確かなこととされてきたことをくつがえしていくでしょう。
ですから、強制収容所についての現在の記述も、依然として優勢ではありますが、崩壊していく運命にあります。
現在の記述の中で、何を救うことができるでしょうか。ごくわずかです。
強制収容所システムの規模を誇張することは、円と同じ面積の正方形を作るようなものです。白を黒ということです。
民族的な良心は悲しい物語を必要とはしません。ソンビの生活は励ましにはなりません。
苦痛の経験は利用され、じゃらじゃらと鳴るコイン、すなわち、勲章、年金、公職、政治的影響力に代わっていくからです。
だから、犠牲者になると同時に、特権的な個人、ひいては処刑人になることもできるのです。」

611 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 01:36:10 0
>>597

>フォーリソンはツンデル裁判で負けてる。
弁護人クリスティーのために尋問の筋書きを
書いたのはフォーリソンだよ。

ツンデル裁判で修正派は勝利したんじゃなかったのか?
一応、修正派の主張は認められたと聞いたが。


612 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 10:40:26 0
フォリソンのフランス国内での司法闘争みたく、“敗訴はしたが、修正派の主張
は認められた”ってとこじゃないの?

613 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 00:57:36 0
確か陪審員4対3で僅差の勝利、だったはず。


614 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 01:19:07 0
>>613
最高裁は陪審制ではない。

615 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 15:42:35 0
修正派は敗戦のトラウマから逃れたいのだ、と言っている人がいる。
こういうお粗末なレッテル貼りが出てくるということ自体、
正史派の窮状を物語っているといえる。

--------------------------------------------------------------------------
なぜ日本にまで、ガス室をなくしたい歴史修正主義が登場するのでしょうか。

根本的には、やはりトラウマ(心的外傷)の忘却衝動に基づくと推定できます。
同盟国だったドイツの歴史的犯罪を否定したり、あるいは逆に強調して
共犯の自らの犯罪も否定し、軽減したい願望が背景にあるのです。もしこれに
成功すれば、かつて体験したことのない敗戦の悪夢から逃れ得るかもしれない
という潜在願望が窺えます。

梶村太一郎「歴史修正主義の視野の狭さ」

(梶村太一郎、金子マーティン、本多勝一、新美隆、石田勇治 『ジャーナリズム
と歴史認識』 凱風社、1999年、83ページ。)
--------------------------------------------------------------------------

616 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 18:14:22 0
>>615
でも、木村愛二は、左翼で、「アウシュヴィッツの争点」でも、
南京大虐殺はあったと思っていると、言い切っている。
木村は、日本の戦争については、ほぼ東京裁判史観の信奉者であって、
梶村さんのいう事は当たっていないと思う。


617 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 18:44:46 0
>>616

そーか?木村は、ポンカツの“百人斬り”も否定してるから、梶村み
たいな、単細胞の“東京裁判マンセー論者”ではないと思う。単に、
シオニストの策略を暴きたいんじゃないの?それに絡んでくるかどう
かで、東京裁判への態度もビミョーに違ってる。

618 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 21:49:04 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/014.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/015.htm
『ジャーナリズムと歴史認識』は加藤氏が分析している。

619 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 11:24:27 P
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4167651335/customer-reviews/ref=cm_cr_dp_2_1/249-7023574-4024352
おい、ここのカスタマーレビューで「煙の末」というハンドルが頑張ってるぞ。

620 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 22:11:02 0
>>619
そいつの文章はほとんどこれらのページからのコピペ
ttp://turugi10.hp.infoseek.co.jp/yudayasyuuyoujyo1.html
ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

621 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 22:27:41 P
>>620
知ってるよ。

622 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 08:47:59 0
>>617
週刊金曜日の読者会の一つ(練馬じゃなかったかな?)が、
木村支持だったよね。

週金の読者の中にも、案外、「信仰」が揺らぎ始めている
連中がいるんじゃないかな。


623 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 13:28:27 0
こんな風に揺れ動くのかも
http://plaza.rakuten.co.jp/GF1208/diary/20050521/
http://plaza.rakuten.co.jp/GF1208/diary/20050529/

624 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:11:28 0
木村愛二のHP(「憎まれ愚痴」)によると、フランスが、アメリカに
対して、「ホロコースト否定」論のサイトを閉鎖する様、要求したとの事。

この問題を巡る国際的言論弾圧が新段階に入りつつあるのかも知れない。

625 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:15:51 0
>>624
アメリカは要求を呑むかな?
建前だけはイッチョマエだから拒否すると思うんだけど。

626 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:26:50 0
ブッシュは踏み絵を踏まされようとしているのかも。
ブッシュは、日本のマスコミが言う程、親イスラエルでは
ないと思う。(民主党の方がよほど親イスラエルでは?)


627 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:30:56 0
>>625
ロシアのグラーフのサイトなどは放置か?わけわからん。

628 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:31:50 0
日本は大丈夫?

629 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 14:53:39 0
>>627
ロシアは腫れ物同様の扱いなんじゃないかな
フランスは対ロシアでの取引材料なさそーだし
下手にプー珍を刺激すると情報公開しちゃうかもしれんし。

630 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 15:58:33 0
フランスはドイツの弱みを温存したいと云うことかな?

631 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 16:35:14 0
>>630
WW2当時のころを穿られたらフランスだって痛い。

632 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 17:01:19 0
>>631

フランスは独自の弱みをシオニストに握られているのか?

633 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 17:30:37 0
閉鎖命令なんか聞くわけないだろうに。
裁判沙汰で注目を集めるだけ。

634 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:20:45 0
お前ら、人権擁護法、覚悟はいいか?

635 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:22:26 0
>>634
アーヴィングみたいなへまはしません

636 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:25:24 0
>>634
絶対に阻止する覚悟。

637 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:30:31 0
人権擁護法なんか本当に通るのか?
通ったとしても、リヴィの人権をユダヤの訴訟攻撃から
守ってくれる為の法律なんだから、無問題。

638 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:33:59 0
                        |
                        |  
      ∩___∩              |  ぷらぷら
      | ノ  _,  ,_ ヽ        ((   |
     /  ●   ● |         (=)
     |    ( _●_)  ミ _ (⌒)  >>637  ))
    彡、   |∪|  ノ  
⊂⌒ヽ /    ヽノ  ヽ /⌒つ
  \ ヽ  /        ヽ /
   \_,,ノ      |、_ノ

639 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:35:00 0
人権擁護法の背後には、

1.北朝鮮
2.中華人民共和国
3.イスラエル

が居るような予感がする。

1.金王朝批判
2.慰安婦強制連行神話の否定
3.朝鮮人強制連行の否定
4.南京大虐殺否定
5.通州事件への言及
6.文化大革命批判
7.ホロコーストへの懐疑
8.イスラエルへの批判
9.パレスチナ人擁護
10.左翼批判全般
11.S学会批判
12.T教会批判

の全てが、この法律で封じ込められる可能性がある。
郵政などよりこっちの方が重要!

640 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:45:25 0
>>639
北だけじゃなく南鮮もだよ。
あんな法案ができたら日本は在日の天下になる。

641 :がんばれ日本会議のアホども:2005/06/24(金) 02:54:53 0
■2ちゃん常駐差別街宣=意図的妄想による反対派の煽動デマにご注意ください■

人権擁護法「反対論」批判
http://bewaad.com/20050409.html

あなたが既存の人権擁護法案反対まとめサイトを紹介するべきではない5つの理由
http://news.2log.net/nwatch/

その他、法律解釈デタラメな煽動を笑うために
http://apesnotmonkeys.cocolog-nifty.com/log/
http://d.hatena.ne.jp/plummet/20050501/
http://blog.goo.ne.jp/wakainkyo/c/fa090d1a8fa09731cffe0245445f43f9
http://d.hatena.ne.jp/an_accused/


642 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 04:33:32 0
2ちゃんねらーが東京都議選に立候補!人権法案反対を訴える!
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/news/1119553995/l50

643 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 14:38:43 0
脈絡無くいきなり日本会議呼ばわりとか始めるヤシ=胡散臭い

644 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 16:30:10 0
2ちゃんねるで、古賀誠の落選運動をやりませう。
福岡7区です。

645 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 21:59:44 0

  最近、本屋で「アウシュビッツと『アウシュビッツの嘘』」という
 新書版を見かけたけど、これって「買い?」、それとも「無視?」

646 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:05:31 P
買え

647 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:54:51 0
連載:シオニスト『ガス室』謀略周辺事態
「ガス室」妄想ネタ本コテンパン http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-7.html
同上(Vergasung編) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-8.html
同上(Gaskammer編) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-9.html
同上(Leichenkeller編) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-10.html
同上(gas総合編) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-11.html
同上(換気扇編1) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-12.html
同上(換気扇編2) http://www.jca.apc.org/~altmedka/glo-13.html

648 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:08:43 0
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/208.html
ホロコースト否定どころかイスラエル批判でル・モンドも訴えられ
投稿者 木村愛二 日時 2005 年 6 月 24 日 22:21:32: CjMHiEP28ibKM
『亜空間通信』1034号(2005/06/24)
【ホロコースト否定どころかイスラエル批判でル・モンドも訴えられるフランスの言論の自由の危機】
転送、転載、引用、訳出、大歓迎!
ホロコーストの大嘘は、日本の戦前の「生き神様」天皇と同様の心理的権力支配、
「偽」イスラエルの「死に神様」であるが、911事件、イラク戦争の現状から、
最近の欧米における「反ユダヤ主義」の高まりには、ユダヤ人の主流の「ネオコン」などが、
アメリカの政財界を支配している実情の認識が、濃厚に反映している。
以下の英文記事の見出しは、「言論の自由の境界線上で苦闘するヨーロッパ」である。
欧米人は、「ユダヤ人の名誉の擁護」が大事なのか、
言論の自由が大事なのか、どちらを優先すべきか、迷い、悩んでいるのである。
以下、木村愛二注:(?)は化け文字。
「ユーロ」の略字なのだろうか。
分かる人は、以下のURLを直接訪問して、教えて欲しい。
http://www.iht.com/articles/2005/06/21/news/paris.php

思ったとおりイスラエル批判だけでゲーソ・ファビウス法の対象になるようです。

649 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:09:17 0
>>641

仮に人権擁護法が成立したとして
この法律が守ってくれるのは、リヴィジョニストの人権か?
訴訟マニアのユダヤの人権か?
どっちなんだ。
ここの板ではそれが肝心だろ。

650 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:10:00 0
>>649
ユダヤの人権だろ

651 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 23:10:41 0
>>645
「ホロコースト産業」は買ったか?


652 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:27:35 0

  >> 651

なに?それ。そんな「産業」があるの?「南京(無視)産業」なら、
 「本田カバいち」というグラサンの香具師が立ち上げた「電波虚業」
  というカテがあると聞いたことがあるけど?

653 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 02:33:35 0
>>652
ホロコースト産業 ―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち
ノーマン・G.フィンケルスタイン

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879191582/qid%3D1119634351/250-7024553-4071409

654 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 17:42:06 0
フィンケルスタインはアーサー・バッツの著作にトンデモ本というレッテル
を貼ったり、修正主義を地球平面協会と同列に論じて印象操作しているので
信用に値するかどうか疑問だ。

-----------------------------------------------------------------
でっちあげられたホロコースト否定論というお化け

一方あれだけの誇大広告にもかかわらず、ホロコースト否定論が
合衆国内で地球平面協会以上の影響力を持っているという証拠はない。
<略>
ホロコースト否定論の広がりを証明するためにリップスタットは一握りの
トンデモ本を引用する。目玉になっているアーサー・バッツというのは
ノースウエスタン大学で電子工学を教えている無名の人物で、怪しげな
出版社から「二十世紀の大嘘」なる本を出した。リップスタットはバッツを
扱った章に「主流登場」というタイトルをつけた。しかし、もしリップスタット
のような人物がいなかったら、一般人がアーサー・バッツの名前を聞く
ことなど全くなかったはずである。

(ノーマン・フィンケルスタイン(著)、立木勝(訳) 『ホロコースト産業
―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち』 三交社、
2004年、76−77ページ。)
-----------------------------------------------------------------

655 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 18:09:27 0
IHRによると、バッツの『二十世紀の大嘘』(あるいは『20世紀の詐術』)は
20年以上にわたってIHRのベストセラーでありつづけており、
その影響力は計り知れない。

656 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 19:05:37 0
>>654
必死だね(w
読んだ人が判断すれば良いのですよ

657 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 23:53:04 0
>>656

まあね。でも、日本では否定派の方が多いようだけど。

658 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 00:20:47 0
フィンケルスタインは証言の信用性に疑問を唱えながら、
証言の信用性に関係ある第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判を無視している事が問題。
第一次ツンデル裁判を無視してヒルバーグを身内庇いしているのも公平性に欠ける。

659 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 00:56:16 0
>>658
その種の疑問があるにしても、この本は一読の価値はあると思うぞ

660 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 03:26:07 0

フィンケルスタインといい、ヒルバーグといい
ホロコーストに関係する著作者は、なんでユダヤ人ばっかりなのか?

661 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 03:33:59 0
>>660
リヴィジョニスト寄りのユダヤ人はアルノー・メイヤーだけだね。

662 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 06:02:09 0
>>661
いや、古いところではミシェル・ド・ボユアールとか。
最近では、歴史家じゃないけど、ヴァイオリニストの
メニューインが、ガロディーを支持すると明言したから、
事実上ホロコースト・リヴィジョニズムを支持したよう
なものだろう。

663 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:05:25 0
>>661
コールも再転向したんじゃなかったかな

664 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:16:24 0
デヴィッド・コールだっけ?彼はユダヤ右翼団体に脅迫されて転向して、
謝罪文まで書いたんでしょ?その彼がまた転向?
すごい勇気だな。
詳細求む。

665 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:28:41 0
>>664
過去スレにあったと思うんだけど・・・・


666 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:29:36 0
フィンケルスタインを攻撃すればシオニストの軍門に下るかも。

667 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 16:56:37 0

    /      ┏ ))))                        ┃ ■■
   /      / ┃無 ┃                  | ヽヽ  ┃\
  /    / /┃ 罪 ┃          i 、、  | ヽヽ  |\    ┃  \
 / /  \ \┃判 ┃__∧  ド ド  |ヽ   |\    |     ┃
/ /     \ ┃決 ┃゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
/ /      ヽ┃┃ ┃  ⌒\
/         ┃┃ ┃/ /
          /┗ (((┛ / <キタ━━━━━━
         /  / ̄ \     キタ━━━━━━ !!!!!
―      /  ん、  \ \
――    (__ (   >  )
   ⌒ヽ   ’ ・`し' / /
     人, ’ ’, ( ̄ /
   Y⌒ヽ)⌒ヽ、 )  |
            \_つ

http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_ed.html

668 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 18:08:35 0
>>645
ドイツ本国に送られた髪の毛と洋服にチクロンBによる青酸反応が出た。
よってリジョビの論理は破綻したwww(プゲラ

と結論付けてた本だぞ。別の本を買ったほうが良いと思うぞ。

チフスの原因の毛虱って何よ?チクロンBの一般的な使用方法は何なのよ?って読んでて思った('A`)

669 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 22:01:31 0

チクロンBが、衣服の消毒用殺虫剤である事を
知らない人が書いているのだろうか。
ヒルバーグもツンデル裁判で、「チクロンBが殺害に
使用された証拠はあるのか?」って聞かれた時
「チクロンBが大量に見つかっている」「ガスマスクがある」
とか返答して、裁判長は修正派の主張は言論の自由の範囲内
っていう判決を出した。


670 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 00:40:04 0
>>664
デイヴィッド・コウルは、執拗に脅迫を受けていたが、
90年代後半、母親の安全に危惧を抱いたコウルは、
リヴィジョニズムから一旦身を引かざるを得なくなった。
注目すべきは、マルコ事件で日本に来て、リヴィジョニストを
応援した事が、彼を窮地に追い込む一因になったらしい事。

しかし、最近、活動を再開したと聞く。

671 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 00:54:50 0
>>670
情報源はありますか。

672 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 01:36:57 0
しかし、リビジョニスト増えたな。・・・

673 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 10:58:19 0
>>667
証拠ないんだから無罪になるのは至極当然だな。

>>672
真実は勝つってことさ。

674 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 12:33:29 0
最近思うのだが、マルコポーロ廃刊事件は、人権擁護法制定
の動きを促進した遠因の一つになってないだろうか?
もちろん、真実は語られなければならないが、法務省が、
こういう法律を執拗に制定しようとする背景には、何が
あるんだろうと、思ってしまうよ。
南京や慰安婦を巡る「左翼」の敗退と並んで、マルコ事件が、
影響していないだろうか?・・

675 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 18:08:54 0
今こそネオ歴史の確立を!

676 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 20:04:41 0
人権擁護法案もユダヤの陰謀なのか?

677 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 20:18:17 0
>>676
層化の陰謀だろ

678 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 20:46:25 0
層化学会がこのスレに関係していると?

679 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 21:40:10 0
>>678
人権擁護法案にだろ

680 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 21:47:51 0
結局ホロコーストはあれだろ。強制収容所で比較的マトモな水準の環境でユダヤ人を働かせてたが、発疹チフスが流行って死者が出た。
んで伝染病の抹殺に四苦八苦してチクロンBとか色々使ったけど中々減らず死者続出。仕方ないので死体処理のために焼却炉増やした。(放置しといても伝染病酷くなるだけだしね)
で、戦争末期になった頃には連合軍の爆撃やらで補給路が絶たれ、強制収容所に食料が届けられなくなった。
そのせいで飢餓が発生し、伝染病も相俟ってかなり死者が出たと。

そんだけのことだよな

681 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 21:49:09 0
>>679
それにユダヤ人の陰謀が関わっていると?

682 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 21:51:49 0
>>681
ユダヤの陰謀って何?
言論封殺のことか?

683 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 22:13:20 0
>>682
>>639に書いてある
人権擁護法の背後には、

1.北朝鮮
2.中華人民共和国
3.イスラエル

が居るような予感がする。

のこと

684 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 23:56:51 0
>>672

古今東西、悪が栄えた事はない。
正義は必ず勝つんだよ。

685 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 00:01:43 0
>>684
正史派はもう息も絶え絶えってカンジですもんね、もう一息で・・・

686 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 00:08:47 0
シタラバに
人権擁護法反対を訴える為に都議選に出た候補者をヲッチする
板が出来ていたが、その所為か、11:50” 頃シタラバ全面ダウンしたね。

集中攻撃があった様だ。もしくは選挙法違犯に持って行かれた可能性大。

敵は手段を選ばない実行部隊がいる。

687 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 00:15:59 0
アレが通ちゃったら日本は創価民国になるもんな、必死だろうね

688 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 01:25:29 0
世界史板、こんな既知害が集まるスレがあるのか。


終わってるな(ぷ

689 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 01:30:41 0
↑ カルト馬鹿の遠吠えでした

690 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 02:04:06 0
>>687
そう思うのなら、Mailの一本でも送ってくれ。

691 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 02:30:23 0
>>690
どこにだ?

692 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 09:50:53 0
>>685

いや、まだ、正史派はマスゴミを牛耳ってるから、あなどってはならんな。
ことに、テレビとかでは、デブ・スペクターなんぞが、ゴリゴリの正史派=
シオニストだったりするから、なにかにつけ、圧力をちらつかせてくるだろ
うな。まだまだ、暁は遠いよ。

693 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 10:22:39 0
『遠い夜明け』ですな

694 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 19:43:58 0
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/212.html


695 :新入荷:2005/06/28(火) 20:45:16 0
試訳:歴史家マーザーと歴史的修正主義(G. ルドルフ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/rudolf_08.htm

 ヒトラー、ニュルンベルク裁判、独ソ戦に関する研究書が邦訳されているドイツ
人歴史家ヴェルナー・マーザーの新著『ヒトラーとスターリンに関する捏造、虚偽、
真実』に対するルドルフの書評。「彼は大まかにはホロコースト正史を支持して
いるにもかかわらず、彼の見解には修正主義的所説がちりばめられており、
このために、本書はセンセーショナルな著作とよぶに値する」と結論づけている。

696 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:22:11 0
デビットコールはシオニストか知らんが、
ユダヤの偉い家系かなんかでそれを非常に誇りにしている
そうだ。民族主義者。
その彼がホロコーストは無かったと言ってるのだから、面白い。

697 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:37:54 0
>>696
670が本当かどうかわからないぞ。

698 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:39:41 0
>>691
↓まとめサイト
http://zinkenvip.fc2web.com/

よろしくです。

699 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:40:34 0
そりゃ、まともな知性をもってさえいれば、修正派には転ぜざるを
得なかろうて。よし、修正派には転ぜすとも、これまでどおりに、
ホロコーストをネタに、ドイツを強請ろうなんてはしないだろうよ。

しかし、>>695のルドルフの論考を読むと、改めて、正史派の下劣さ
を思い知らされるよ。これで、“ドイツは反省している”とかと抜か
すヤシは、正真正銘の馬鹿だといえるな。

700 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:44:51 0
ユダヤ教超正統派が反シオニストなのも皮肉

701 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:56:59 0
ヴェルナー・マーザーって、ヒトラーの隠し子を発見したと言い張って
世間で面白がられているちょっと変わった人でしょ?
正史派にどこか騙されているところがあるのも彼の電波気質に起因
するんじゃないかな。

702 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 01:17:41 0
加藤氏復活おめ

703 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 01:31:14 0

半年以上も何してたんだ。歴史修正主義研究会
更新しないのかと思った。


704 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 01:58:04 0
>>700

「超正統派」が「反シオニスト」なのは、がいしゅつ。なんとなれば、
ヤシらは、“神の思し召しによらずして、イスラエルはあらず”と考え
てるから。シオニストは、神の思し召しによらずして、イスラエルを建
国したからけしからんと。もちろん、現在のイスラエルを認める「超正
統派」もいる。

705 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 22:15:39 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_05.htm
>プレサックが2003年7月23日、59歳の若さで急死したことを聞いて、ひどく心が動かされた。
死因はもしかして虎の尾を踏んだので(ry

706 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:08:11 0
大学の友人達とヒトラーの話題になってホロコーストの話題になった。
漏れ「まぁホロコーストはあったか怪しいもんだけどな」
友人達「ハァ? おまえ歴史習わなかったの?(゚Д゚)」

まぁこんなもんだよな…一般認知度なんて。

707 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:10:12 0
>>706
その人たちって「アンネ・フランクはアウシュビッツのガス室で殺された」と、思ってるんだろな

708 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:13:40 0
>>706
ぶっちゃけ、俺の周囲もそれw

お互い苦労するな・・・(´ー`)y-~~

709 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:18:23 0
歴史なんて、結構いいかげんなモンだってことを知らないからだよ。
“知らざる者は幸いなり”ってか。まあ、なんとか啓蒙に努めよう。

710 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 01:25:26 0

アンネがチフスに罹って病院に
入院して病死した。なんて事実は
ほとんどの人が知らない。

711 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:18:04 0
ホロコーストが無かったなんて言ってるのは
一部の危ない人たちだけだと思ってこのスレ避けてたんだけど
>>1のリンク見ると何とも言えないな。ちょっとショックだった。
しかし、ガス室はともかく収容所内での銃なんかによる無差別殺人が無かったと言うなら、
ビクトール・フランクルの体験談はなんだったんだ?
あれも嘘だったのか?


712 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:19:31 0
>>670
ソースを早く。

713 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:27:16 0
おいおい 大学生にもなってリビジョに引っ掛かっているのかよ・・・


714 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:30:46 0
>>713
では600万の根拠を提示してもらえるかな。

715 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:40:13 0
そうだそうだ、600万いなかったらホロコーストじゃ無いんだぞ。

716 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:42:17 0
http://www.usi.edu/music/SITES/MAD/GALLERY/tourgallery/images/Auschwitz/Auschwitz%20pool.JPG
「今回ぼくがいちばんおどろいたのがこれです。ブロック11(死のブロック)から50フィートも離れていないところ
に建っているSS将校用の水泳プールです」

http://www.usi.edu/music/SITES/MAD/GALLERY/tourgallery/Auschwitz.html


もちろん「SS将校用」じゃなく囚人用のプールだったというのは、当の囚人だったマルク・クライン教授の回想録
にちゃんと書いてある。
そう考えてみると、至近距離にあって現在「死のブロック」だの「銃殺用の壁」として展示されてるブツなんかも
怪しさムンムンですな。そうは思いませんか?諸君。

717 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:44:24 0
コルチャック先生もチフスで死んだのか?
否定派の論証ばかり読んでると偏ってくるから、
肯定派のしっかりした証拠を伴った論証が読みたい。

718 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 03:06:47 0
よいこのホロコースト 0:前置きと世間の常識
http://blog.goo.ne.jp/kisaragitoma/e/51994c177c404d7e32900c4dae95f3ea

こういうのがぼちぼち出てくるようになりましたなあ

719 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 03:20:35 0
>>711
『夜と霧』について。如往さんへ
http://www.asyura2.com/0411/dispute20/msg/433.html


読んでみて

720 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 03:21:52 0
>>711
これも

ホロコースト生存者はホロコーストの嘘の生き証人『夜と霧』
http://www.asyura2.com/0502/war66/msg/730.html

721 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 03:25:10 0
ルナぶろぐ――本家が月なので。ルナティックでもありそう。
http://blog.goo.ne.jp/kisaragitoma/e/51994c177c404d7e32900c4dae95f3ea

> 自分はホロコーストに関して、
>  ・ナチスによるユダヤ人強制収容はあった
>  ・ナチス政権が影響する地区においてユダヤ人虐殺はあった
>  ・ナチスによるユダヤ人絶滅計画はなかった
> という立場をとっている。

ルナティックって、まさかあとで茶化すつもりで言っているんじゃないよね。

722 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 12:23:50 0
俺は否定派だが、「安楽死」という意味での銃殺は多少あったかもしれないと思ってる。
飢餓やチフスで苦しみぬいて悶え死ぬより、銃殺されたほうがいいというのは自然な考えだ。

実際ルワンダ内戦で反政府勢力のプロパガンダに煽られたフツ族がツチ族を大虐殺した事件が発生した際、殺されるツチ族の人がフツ族から銃弾を買っていたという事実がある。
つまり、たのむから刀で殺すのはやめてくれ。銃弾買うから銃殺にしてくれと大半のツチ族が嘆願したのである。
また所変わってインドのセポイの乱では、反乱が失敗に終わり捕らえられ処刑が決定したインドの兵士が、たのむから銃殺刑にしてくれとイギリス人達に懇願したという事実もある。

飢餓とチフスに耐えられなくなった囚人が、自ら銃殺を嘆願したとしても何ら不思議は無い。
銃殺っていうのは一瞬だからな。苦しむ暇もなく死ねる。とても「優しい」殺し方なんだよ。

723 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 13:06:23 0
>>717
殺されたのかも知れない。史料が無いから分からないが。

ホロコースト・リヴィジョニズムは、ドイツの残虐行為を
全否定などしていない。念のため。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html
http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus.html

724 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 14:47:39 O
ドイツオタ必死すぎ!ナチス崇拝者きもす。

725 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 14:48:32 O
ドイツ崇拝者はチンカス。

726 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 15:01:10 0
ホロリビは、別に、ドイツ崇拝者ではないんですが。

727 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 15:02:20 0
日本では、ホロリビは、左翼の方が少し多いんじゃないかな。
ホロリビ=ドイツ崇拝者なんて事は全然無い。

728 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 15:12:59 0
ホロリビ筆頭家老キムラ御大は自称軍国少年

729 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 15:24:21 0
>>722

それは、ないだろうな。よし、SSが仏心を起こして、安楽死
させようとしても、そのための弾が調達できんからね。はじめ
のうちだったら、そういったこともできたろうけど、バタバタ
と氏にだせば、そんなことにかまってるヒマもなかろうしね。

730 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 16:17:50 0
>>711

フランクルはガス室については証言してないよ。

731 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 17:47:48 0
「夜と霧」の資料はひどいね。
アメリカ軍自身が戦後間も無い時期に
否定した「ランプシェード」の話なんかが
載っていたと記憶するが。

732 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 17:57:38 0

映画の夜と霧はもっと酷かったりする。
アウシュヴィッツの犠牲者が900万とか
言ってたりする。

733 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 02:58:18 0
人権擁護法粉砕スレ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/5312/1108555541/818-825

734 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 05:18:28 0
>>727
過去スレふくめ、何べんも同じデマいうんじゃない。

735 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 11:55:11 0
>>734
それがデマだって言う証拠は?

736 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 15:41:35 0
>>734
じゃ、この人は何なんだよ。
     ↓
http//www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html

このHPの開設者、木村愛二氏は護憲派の左翼。
その証拠に、このHPは、左翼のhttp://www.jca.apc.org/
に属している。

「週刊金曜日」や「噂の真相」や「創」に湾岸戦争に
書きまくってきたバリバリの左翼だよ。

737 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 15:43:13 0
そもそも、「ガス室」と「ユダヤ人絶滅」に疑問を
投げ掛けた最初の歴史家ラッシニエは、フランスの
左翼で、戦争中はレジスタンス活動をしていた人物だ。

ホロリビである事と左翼である事は矛盾しない。


738 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 15:45:55 0
>>736
訂正

じゃ、この人は何なんだよ。
     ↓
http://www.jca.apc.org/~altmedka/gas.html

日本のホロリビを代表するこの人(木村愛二氏)は、
護憲派の左翼。
その証拠に、このHPは、http://www.jca.apc.org/
という左翼のHPに属している。

739 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 18:35:08 0
必死だな。過去ログ読め。何度同じことを言ってる。
木村だけだ。しかも左翼気取りなだけで。

740 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 18:51:01 0
山崎先生みたいな筋金入りの極左とは違うんですね

741 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 21:37:36 0
木村に西岡に加藤が何を言ってるのか分析しなくていいのか。

742 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 22:00:10 0
その前に、自分が何を言ってるのか分析しる。

743 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 22:40:31 0
別に右左関係無いし。

744 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 23:14:00 0
ホロコーストを肯定する奴らは、反日売国左翼

745 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 00:18:22 0
誰一人として肯定してる奴は居ない罠

746 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:37:28 0
もうボロボロだな、このスレ(藁

747 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:45:33 0
>>746
シオニスト工作員さん
今日も工作ですか、ご苦労ですねえ(藁

748 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 02:29:57 0
>>747
ガザから出て行くのが嫌でネットで憂さ晴らし許してやれ。

749 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 03:14:48 0

>> 646

  助言に従って買ったけど、白水社もひどいね。内容が10年前の
 出版当時と全然違っていない。バスティアンの「原著」はいいとし
 ても、第3部の「アウシュビッツの嘘のその後」、10年前と同じ
 ものだ。この間の変化が何もなかったとでも言いたいらしい。 
  古本屋で元の本を買っても同じ!「羊頭狗肉」の典型だ。白水社
 の「良心」を疑いたくなった。触れたくないのか、それとも?とい 
 う疑問が出るような形で「新書」を出すな!といいたいな。
  「修正派」との論争を拒んでいるリップシュタット女史みたいに
 その立場を明らかにしているのならともかく、「増補」的に文章を
 追加した日本の翻訳者たちと出版社の良識を疑いたくなる。
  2000年ごろ以降の「トンデモ論説」を論破しているかと思っ
 ていた期待が「裏切られた」感じた。

750 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 03:28:44 0
見かけ倒しというか、見かけからして95年のハードカバーより権威を
感じさせないだろ。数百円で売っているブックレットという感じ(実際900円だが)。

新たな内容も盛りこまれていないし、正史派の衰退を象徴している。

751 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 10:42:01 0
新たな内容っていったらこんなんばっかりか↓

総統閣下、世界初の「空気嫁」開発を命令していた

Corriere della Sera - "Hitler: Father of sex doll?"
http://revforum.yourforum.org/viewtopic.php?topic=2267

イタリアの新聞「コリエレ・デラ・セラ」がネタ元だそうです

752 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 10:48:02 0
>>749-750
プレサックに中から荒された影響も大きいんだろうね。

753 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 11:30:53 0
>>706
うーむ。ホロリビの基地外ぶりをあらわすエピソードだな。
ホロリビなんかが通用するのは、
2ちゃんの基地外スレくらいのものだからな。

754 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 11:50:00 0
>>753
鳴け、ほざけ、罵れ。
お前らに出来るのはそれだけだ(プッ

755 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 12:06:47 0
↑と、基地外スレの隔離住人がわめいてます。

756 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 12:47:36 0
内容に全く反論できず煽りと罵りしかできないんだね。かわいそうに(プ

757 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 12:47:47 0
↑と、正史派の基地害がわめいてます。

758 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 12:49:24 0
>>757のは、>>755に対してのね。

759 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 14:45:32 0
ガス室否定論を支持する人は少なくない。
木村愛二と西岡昌紀の記者会見には川上和久も同席していた。
ガス室やアウシュヴィッツに関する情報は政治的に操作されているのではないか、
そういう疑いが修正主義の原点の一つだ。

-----------------------------------------------------------------
関連年表(敬称略)

1995 1.17 文藝春秋『マルコポーロ』花田紀凱編集長、西岡昌紀執筆の「戦後
       世界史最大のタブー。ナチ・『ガス室』はなかった」を掲載。アウシュ
       ヴィッツ開放/sic/50周年にあたり国際問題となる。
    2.   ロサンゼルスに本部があるユダヤ系アメリカ人の組織、サイモン・
       ウィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center)による抗議
       を経て、『マルコポーロ』廃刊に追い込まれる。
    2.15 自称フリージャーナリストの木村愛二、「文藝春秋社『マルコポーロ』
       廃刊の経緯に抗議し、『言論の自由を守る会』」を結成し、西岡昌紀
       や川上和久などと記者会見を開催。
    4.   梶村太一郎、朝日新聞社『Ronza』5月号に「歴史的事実としての
       ガス室ホロコースト」執筆。
    6.26 木村愛二著『アウシュヴィッツの争点』(リベルタ出版)発行。
    7.5  ピエール・ヴィダル=ナケ著『記憶の暗殺者たち』 [Pierre Vidal-
       Naquet Les assassins de la mémoire, 1991](石田靖夫訳、
       人文書院)発行。
    11.9 ティル・バスティアン著『アウシュヴィッツと<アウシュヴィッツの嘘>』
       [Till Bastian Auschwitz und die "Auschwitz-Lüge", 1994]
       (石田勇治・星乃治彦・芝野由和編訳、白水社)発行。
1996 1.17 朝日新聞社、東京本社における記者会見で新女性月刊誌『UNO!』
       の編集長に花田就任を発表。翌日、梶村「花田氏がガス室否定に
       関し、ジャーナリストとしての責任を一切表明していない」ことを理由
       に朝日新聞社への抗議と協力拒否を表明。

760 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 14:46:42 0
    6-8  梶村、『週刊金曜日』に7回連載で「『朝日』と『文春』のための世界
       現代史講座」第1部を執筆して花田問題を論じ、朝日新聞社を批判。
       編集長は本多勝一。
    9-10 上記連載を巡り、『週刊金曜日』の「論争」欄、投書欄で木村、西岡、
       読者、梶村の間で応酬。(梶村は一度だけ応答)
    10.25 木村、『歴史見直しジャーナル』準備号を発行。
    11  木村、個人ミニコミ新聞「フリージャーナル」休刊。
1997 1.17 木村、「歴史見直し研究会」を結成。
    1.25 木村、個人ミニコミ誌『歴史見直しジャーナル』創刊号を発行。休刊
       した『フリージャーナル』同様、「ガス室否定」論と反ユダヤ主義を主張。
    1-2  金子マーティン「世界現代史講座」第3部として「『ガス室はなかった』
       と唱える日本人に捧げるレクイエム」を執筆。6回連載で木村の上記
       著作を批判。編集長は本多勝一。木村は大量の抗議・要求文書を
       『週刊金曜日』に送付し、同時に上記の個人誌で本多、金子、梶村
       の罵倒を開始。
    3.   「株式会社金曜日」に連日連夜、木村の大量の抗議ファックスが届く。
    4.18 木村、東京地裁に対して梶村、金子、本多、「株式会社金曜日」を
       名誉毀損で提訴し、記者会見。
    4.19 『東京新聞』『The Japan Times』『産経新聞』が報道。
    5.   金子、職場にて訴状を受け取る。
    6.3  地裁での第1回口頭弁論(裁判長:大内俊身)に木村のみ出席し、
       「ニュールンベルク判決再審請求」論を陳述。
    6.10 西岡昌紀著『アウシュウィッツ「ガス室」の真実』(日新報道)発行。
    6.11 東京地裁民事38部、梶村宛の訴状ならびに口頭弁論期日呼出、
       答弁書催告状を「株式会社金曜日」気付で送達発送。
    6.16 「株式会社金曜日」より上記書類が航空普通郵便で梶村宛て到着。
    6.20 梶村、在ベルリン日本総領事館に出向いて担当領事に面会し、上記
       書類を法務省へ返却するよう要請し、領事は検討のため書類を受領。

761 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 14:47:14 0
    7.17 梶村、東京地裁に対し、訴状の正式送達の申入書を送る。
    7.22 第2回口頭弁論(裁判長:大内俊身)において、梶村に正式送達を決定。
    7.31 梶村、ベルリン州地方裁判所内国家検察局において、木村を「民衆
       扇動罪違反」で刑事告発。
    8.13 国家検察局、上記刑事告発を受理。
    9.2  国家検察局は木村に対する刑事告発を棄却。
    9.8  第3回口頭弁論(裁判長:大内俊身)。和解は成立せず。
    9.9  日本外国特派員協会にて梶村・金子記者会見。木村は記者会見の
       ヴィデオ撮影を強行して、妨害を試みる。
    9.19 『週刊金曜日』に「梶村太一郎・金子マーティン記者会見の一部始終」
       が掲載される。
    10.21 第4回口頭弁論(裁判長:大内俊身)。
    11.20 在ベルリン日本総領事館より梶村宛訴状の正式送達。
    11.25 梶村、「訴状の内容自体がドイツでは違法文書である」ことを理由に
       訴状を総領事館宛に返送。
    11.25〜1998.3.24 第5回〜第8回口頭弁論(裁判長:大内俊身)。
1998 6.   朝日新聞社の月刊女性誌『UNO!』休刊、編集長の花田は退社。
    7.28〜11.24 第9回〜第11回口頭弁論(第10回より裁判長は小池信行)。
1999 2.16  第12回口頭弁論(裁判長:小池信行)。東京地裁、判決を宣告。
       「原告の被告会社(代理人:桑原宣義)及び被告金子(代理人:新美隆)
       に対する請求はいずれも理由がなく、棄却を免れない」と被告側全面勝訴。
    2.20 元原告の木村、「この判決を『歴史的勝利』と位置付け、集結/sic/を
       宣言する」とのデマ宣伝をホームページで流す。
    2.26 『南ドイツ新聞』に裁判勝訴の記事、「日本の司法史/ホロコーストが
       実在したと東京の裁判所が認定」(G/ヒールシャー極東特派員)が載る。

(梶村太一郎、金子マーティン、本多勝一、新美隆、石田勇治 『ジャーナリズム
と歴史認識』 凱風社、1999年、326−327ページ。)
-----------------------------------------------------------------

762 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 14:53:36 0
梶村太一郎は訴状の受け取りを拒否したり、木村を告発したりと忙しいが
ことごとく失敗している。必死さが笑える。

763 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 15:29:42 0
>>762
梶村さんて、普段は何やってるの?

764 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 16:22:53 0
創価学会、部落解放同盟、韓国民潭、朝鮮総連
がこっそりと危険な法律を作ろうとしています。
強大な組織相手ですから一人一人の力を集め反対せねば太刀打ちできません。
日本が創価在日部落に乗っ取られてしまいます!


【人権擁護法案】「ネットの書き込みによる人権侵害も」 九州人権擁護委員連合会総会…熊本★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120113573/

【政治】解放同盟が早期制定要請 人権法、提出めど立たず★2
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120232606/

【2ch全板】人権擁護法案反対最高司令部★【統括】3
http://tmp5.2ch.net/test/read.cgi/asia/1119307149/

【親日糾弾法】人権擁護法案粉砕14【パクリますた】
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/korea/1119146112/

■□■人権擁護法案反対VIP総司令部その73■□■
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120193732/

765 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 16:50:13 0
つまり、kはサヨクのプロ市民つことでFA

道理でオルグにしつこいわけですな(Ww

766 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 18:53:36 0
ホロコースト産業の著者フィンケルシュタインの新作の出版に圧力
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/221.html
投稿者 木村愛二

フィンケルシュタインへの言論封殺一覧(米国人は表現の自由を死守せよ!)
http://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/223.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて

767 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 19:02:13 0
>>766
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/sack_01.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/sack_02.htm
フィンケルスタインへの執拗な攻撃はサックのように
修正主義者への接近をかえって促すかもしれない。

768 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 20:40:42 0
うーむ。
滅リビがバカなのは十分知っていたが、
ここまで知的水準が低いとは・・・。

俺の認識不足だった。

769 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 20:47:22 0
↑と、誹謗中傷しかできず内容に全く反論できない落ち目のシオニスト工作員が申しております。

そういう戯言はマトモに反論の一つもできるようになってから言え( ´,_ゝ`)プッ

770 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 21:23:34 0
うーむ。吠えること、吠えること。

アフォと番犬ほどよく吠えると言ったのは、かのルソー
だったが、それを証明しているかのようだ。
トンデモ本ばかり読んで、・・いや、トンデモ本しか
読めない程度の知性しか持ち合わせていないと、
こうなってしまうのか。

・・ひたすら哀れだ。

771 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 21:29:50 0
>>769
彼らは既成概念にしがみ付くしかないのに、その既成概念がね・・・

772 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 21:39:50 0
>>770
どんなに自分に都合のいい戯言並べても、内容に一言も反論できないという事実は何も変わらんぞ。

ほれ、いくら言ってもお前は一言も反論できない。
この現実をそろそろ受け入れたらどうだ?( ´,_ゝ`)

でもやっぱり内容に反論できずにオナニー的罵り開始するんだよねwww
どうせ次のレスも同じような罵りだけ。全く論理的な反論ゼロ。
ここまで先が読めるのも面白いなwww

まあお前らは所詮「さっさとホロコースト証明してみろ」の一言ですぐに黙り込む蛆虫的存在にしか過ぎないんだけどな( ´,_ゝ`)

773 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:55:58 0
正史派って、独仏での、公然とした修正派弾圧のことを知らないのかな?
それで、修正派が、半ば、アングラ化せざるを得なくなったことは、無視
するんだよな。ま、パレスチナ人を弾圧して、自爆テロに走らざるを得な
くさせているシオニストのプロパガンダを信奉しているだけの連中ではあ
るな。

774 :うーむ:2005/07/02(土) 23:14:33 0
うーむ。
・・井の中の蛙とはこのこと。
滅リビは、自分たちのことを修正派と呼び、正史派と対立
しているかのように考えているようだ。しかしそもそも
対立など無いのだ。滅リビが通用するのは、トンデモ本の
中かこのスレくらいのものであることすら、全く解っていないとは。

・・・ひたすら哀れだ。

775 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:18:39 0
>>774
ヒルバーグの本がトンデモ本。
本の中身のトンデモを指摘されて裁判から逃げたよ。

776 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:21:31 0
>>774
俺の予想通り、依然内容には何も反論できずただ無内容な罵りしかできなかったな( ´,_ゝ`)
進化がないよ、進化が。蛆虫から進化しようぜ( ´,_ゝ`)

と言われても相変わらず反論できずにまた同じような誹謗中傷に走るだけなんだろうけどな(ww

777 :うーむ:2005/07/02(土) 23:25:20 0
>>776
なんと・・・。
恐るべき低脳な文章だ。とても文明人の書いた
文章とは思えない。そもそも歴史を語るのに
顔文字連発とは、まるで石器時代のようだ。
いや、トンデモ本のなかにはこういう知的水準の
文章で書かれたものもあった。
うーむ。やはり滅リビと対話するのは、いわばサルと
文明人の対話を期待するようなものなのだろうか・・。

778 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:28:01 0
まあいいか。いくら正史派が吠えたところで正史派が完全論破されているという事実は何も変わらんし、ホロコーストが全く証明できていないという事実も変わらんしな。

ま、好きなだけ鳴いてろ。生暖かい目で嘲笑しながら見守ってやるよw( ´,_ゝ`)プッ
だが相手にはしない。もしかまってほしければ、 マ ト モ な 反 論 ができるようになれw(プゲラ

779 :うーむ:2005/07/02(土) 23:34:43 0
>>778
ユリイカ! ユリイカ!

世界でただ一人、ホロコーストが完全論破されていると
信じている人物を発見したぞ!
きわめて広大な脳内精神世界を有している人物のようだ。
チミは私に名前を明かしてもらえないか。チミの精神状態を
研究すれば、ノーベル賞も夢ではないかもしれない。

780 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:37:44 0
>>766-767
議論ではなく圧力で解決っていうのがすごいな。
議論やると負けるの自覚してんのかなww

781 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:41:58 0
>>779
議論に参加する様子が全く見えず、ただ誹謗中傷と煽りだけを繰り返しているので荒らしとして通報させてもらいました。
何度も通報されたくない場合は以後気をつけてください。

782 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:43:50 0
>>780
議論やるとボロしか出てこないからね

783 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:49:32 0
しかし、正史派って、ホント悪質だな。言論弾圧はする。言論
があったところで、読みもせずに誹謗中傷はする。読んだとこ
ろで、そこでも誹謗中傷、誤読曲解の雨あられ。知性あるのか?

784 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:50:51 0
>>783
>知性あるのか?

ないよ
知性があったらカルトにんか嵌らない

785 :うーむ:2005/07/03(日) 00:22:23 0
うーむ。滅リビは2ちゃんねる世界から抜け出せないようだ。
トンデモ言説ばかりでまともな意見がが出せないばかりか、
「通報しますた。」で、歴史の事実を変えられると思っている。

・・ひたすら哀れだ。

786 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:26:33 0
いや、荒らし行為してるから通報しただけだが。
そういうことしてなきゃ別に正史派でも通報しないよ。
ただ正史派だからってだけで通報したらただのバカだ。

なんでそれがわからないんだろう・・・。

787 :うーむ:2005/07/03(日) 00:26:43 0
それにしても不思議だ。

俺がかつて訪れた、チェコのユダヤ人街のガイド文には
「ここにはかつて四千人のユダヤ人が住んでいました。
しかしナチスによる弾圧の結果、現在は0人に
なっています。」と書いてあった。
ホロコーストが無かったのなら、四千人のユダヤ人は
どこへ行ってしまったのか。結構でかい家もあったのに、
それも捨ててしまって・・。

788 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:31:40 0
大沢の劣化コピー登場か(w

789 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:33:01 0
>>787
やっと「反論」したな。もっと早いうちに誹謗中傷だけするのがアフォだと気付いてほしいもんだぜ、やれやれ・・・。
さて、軽く論破してやるか。

>俺がかつて訪れた、チェコのユダヤ人街のガイド文には
>「ここにはかつて四千人のユダヤ人が住んでいました。
>しかしナチスによる弾圧の結果、現在は0人に
>なっています。」と書いてあった。

お前はパンフレットに4000人って書いてあったら即信じるのか。
じゃあ俺が「このへんにはドイツ人が5万人すんでいましたがやってきたユダヤ人に全員殺されました」
って書いたパンフレット撒いたら即信じるわけか?

「パンフレットに書いてありました」なんて、証拠どころか根拠にすらなりはしない。
正史派が苦しいのはわかるが、バカは休み休み言おうぜ。こっちがついていけねえや(プ

・・・で、やっと反論したと思ったらもう終わりかよ。歯ごたえねえなあ( ´,_ゝ`)

790 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:34:53 0
>>787
つ【イスラエルに移住】

791 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:39:26 0
人種的・文化的に別の存在である、というだけの理由で大量の人間を殺戮したナチスによる
ユダヤ人迫害は、その規模においても、毒ガスを用いた技術的で工場のようなその方法に
おいても、(ソヴィエト連邦を含めた)ヨーロッパの歴史において空前絶後のものであった。
そのスケールにおいて比較を絶しており、通常の人間の理性をもってしては理解不可能であ
る。こうしたナチスによる蛮行は、その性格上多くの人々にそれを真実として受け止めることを
拒否させ、意識から排除しようとしてしまう、という結果を生んでしまっている。

792 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:42:00 0
しかし、こうした犯罪が行われたことを認めようとしないだけでなく、些細なことに見せかけようとしたり、存在を否定しようと
ありとあらゆる手段を用いる人々の集団もある。彼らの論拠は「起こってはならないことなのだから、実際おこったはずが
ない」というものである。したがって彼らは歴史的な事実を完全に否定してしまう。それも(ヒトラーの命令書といった)文書に
よる証拠がない、といった見えすいた言い訳を用いるのである。「ユダヤ人問題の最終的解決」を命じる文書が存在しない
のであるから、そのようなことは全く起こらなかった、というのである。(実際にはヒムラーは演説の中で何度も、それがヒトラー
の命令によるものであることを明らかにしている。)それでは、ヒトラーの徹底抗戦命令が文書によって下されなかったとしたら、
スターリングラードの悲劇も存在しなかったと言えるのだろうか。実際には何十万人もの人々があの悲劇的な戦いを体験し、
証言しているのである。これは他の歴史的な事件においても同じことなのである。

793 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:43:31 0
ホロコースト「論」はその(捏造と弾圧の)スケールにおいて比較を絶しており、通常の人間の理性をもってしては理解不可能である。
こうしたシオニストによる蛮行は、その性格上多くの人々を洗脳させることに失敗し、多くの修正主義者を生むという結果を生んでしまっている。

794 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:44:09 0
歴史をなかったことにしようとし、その見直しを求める極右主義者たちは、自らを「修正主義者」と呼んでいる。ドイツ人だろうと
フランス人だろうとカナダ人だろうとアメリカ人だろうと、その他の国籍の人間だろうと、彼らはナチズムの擁護者以外の何者でも
ない。彼らは学術的に論証した、と主張してはいるが、実際は批判的歴史学のもっとも基本的な規則を無視している。その内容が
自分たちの主張と食い違うような関係者の証言や文書は、アンネ・フランクの日記であろうがアウシュヴィッツ収容所長ルドルフ・
ヘスの手記であろうが、批判的に究明したり分析するのではなく、捏造であるとしたり、拷問を加えて得たものであるとして否定して
しまうのである。戦時中の多くの重要な文書が連合軍によって押収され、隠匿され、今なお秘密にされている、と主張されている。
実際には、ドイツの歴史の中で1933年から45年の間ほど外交も内政も記録がよく残っており、よく研究されている時代はないので
ある。西側連合国の手に落ちたドイツ側の文書は今日では大部分がドイツ国内の文書館に収蔵されており、誰でも自由に参照
することができる。

795 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:45:19 0
修正主義者は、自分たちの主張に合致しない研究成果は無視し、あるいはそれを笑いものにしようとする。
それゆえ「否定論者」と呼ばれるのも根拠のないことではない。彼らはおなじ主張をする仲間を偏愛し、お互い
文通していたりする。著作や論文、パンフレットを通じてつねに同じ主張を繰り返すことで、信憑性を獲得しよう
とする。他者が史料の捏造をおこなっていると非難する一方で、自分たちも偽造をおこない、でたらめの数字を
根拠にしたり、不自然な手法を用いてガス殺がなかったことを「証明」しようとしている。(ロイヒター報告が良い
例である)。

796 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:46:00 0
   ∠ヾヾヾヾヾヾjj┴彡ニヽ
  / , -ー‐'"´´´    ヾ.三ヽ
  ,' /            ヾ三ヽ
  j |             / }ミ i
  | |              / /ミ  !
  } | r、          l ゙iミ __」
  |]ムヽ、_    __∠二、__,ィ|/ ィ }
  |    ̄`ミl==r'´     / |lぅ lj  今度は長文荒らしで弾圧かねアンダーソン君。
  「!ヽ、_____j ヽ、_  -'  レ'r'/
   `!     j  ヽ        j_ノ
   ',    ヽァ_ '┘     ,i
    ヽ  ___'...__   i   ハ__
     ヽ ゙二二 `  ,' // 八
      ヽ        /'´   / ヽ
      |ヽ、__, '´ /   /   \


797 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:47:01 0
修正主義者の議論は、現実を無視したものであり、したがって必然的に素人くさく、党派的でふまじめなものである。
ナチズムの支配を正当化しようとするいかなる試みも、知性的な誠実さと、ナチズムのもとで苦しんだすべての人々の
人間としての尊厳を踏みにじるものである。司法の領域では、連邦裁判所の1979年9月18日の判決により、「第3帝国」
におけるユダヤ人の迫害と絶滅を否定する行為は、被害者の人々への差別を継続するものであり、それゆえ犯罪である、
と決定されている。この原則は通称「アウシュヴィッツの嘘」法として1985年から現行刑法に採用されている。

798 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:47:24 0
>著作や論文、パンフレットを通じてつねに同じ主張を繰り返すことで、信憑性を獲得しよう
>とする。他者が史料の捏造をおこなっていると非難する一方で、自分たちも偽造をおこない、でたらめの数字を
>根拠にしたり、不自然な手法を用いて

これってまんま正史派に当てはまるじゃんwwwwww

799 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:48:58 0
注意!自分らに都合の悪いこのスレを弾圧しようと、正史派が長文荒らしを行っております。

800 :うーむ:2005/07/03(日) 00:54:21 0
>>791-797
は俺ではないが、きわめて論理的な文章を引用してくれている。
アリガトサン。

>>789
何っ! パンフレットに書いてあることを信じてはいけないのか。
それなら俺のパソコンのパンフには、ペンティアムが入れてあると
書いてあったのだが、これも信じてはいけないわけだな。
いったい俺は何を信じればいいのだっ!
・・・そうかっ! 滅リビのようにトンデモ本に書いてあることが
正しいと信じればいいわけだな。

801 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:57:15 0
犬が埋め立て作業にかかりはじめたようだな。

>>1のテンプレだけど、「Hillel Kook」の読みは「ヒレル・クック」でいいみたいだから修正よろ。

NSJAPのページはarchive.orgでも読めなくなっちゃったから仕方ないがリンクから外しとこう。

802 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:00:38 0
>>800
何を信じればいいかわからないと、パンフレットを鵜呑みにするわけかw
じゃあ俺が「ホロコーストは全部ウソです」って書いたパンフレットを作ったら、お前は信じるな?
そうだよな?だってパンフレットは信じるんだろ?www

803 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:03:16 0
>>800
騙してお前から金巻き上げるのすごく簡単そうだw
だってパンフレットに書けばなんでもかんでも鵜呑みにするんだからな。詐欺師からすればこんな美味しい標的はいないだろw

804 :うーむ:2005/07/03(日) 01:06:45 0
>>802
滅リビの知的水準で作ったパンフなど、信じられる
わけがないではないか。

それにしても滅リビの頭の中は、実に見事な構造に
なっているようだ。ホロコーストの証拠とされるものは
すべて「信じられない」「証拠にならない」で
片付けてしまう。
しかし、まったく科学性の無いとされているトンデモ本は
無批判に受け入れる。

・・うーむ。俺などにはとうてい想像もつかない脳内だ。

805 :うーむ:2005/07/03(日) 01:11:55 0
いってみれば、こうだな。

佐藤寛子似のムチムチ、カワユイ子ちゃんがいるとする。
その子が、ただ1回だけニッコリしてくれたとして、
それを根拠に「あの子は俺に気があるに違いない。」と
信じ込むのが、滅リビの脳内だ。
たとえ、その子は他の男にもニッコリしてる。彼女には
実は彼氏がいる。そんなにつけ回したらストーカーになる、
といくら言っても、ぜんぜん「信じられない」
「証拠にならない」で聞く耳をもたない。
それが滅リビの脳内というわけだ。

806 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:13:18 0
>>804
うーむなるほど。つまり君は正史派のパンフレットは全部無条件で信じ、修正派のパンフレットは無条件で全否定というわけか。

それにしても正史派の頭の中は、実に見事な構造に
なっているようだ。ホロコースト否定の証拠とされるものは
すべて「信じられない」「証拠にならない」で
片付けてしまう。
しかし、まったく科学性の無いとされている正史派のパンフレットや本は
無批判に受け入れる。

いやはや、素晴らしい知的水準でありますな。蛆虫レベル、といったら蛆虫がかわいそうになってしまうほどの知的水準ですな。
・・・うーむ。脳内が想像つかないどころか、脳味噌が入っているのかどうかすら甚だ疑問だ。脳味噌の入っている我々正常な人間には到底想像のつかぬ世界だな。
ああ、君は蛆虫以下の存在だから、人間と比べるとあまりにもかわいそうなんだったな。悪かった悪かった。

807 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:14:40 0
>>805
いってみれば、こうだな。

佐藤寛子似のムチムチ、カワユイ子ちゃんがいるとする。
その子が、ただ1回だけニッコリしてくれたとして、
それを根拠に「あの子は俺に気があるに違いない。」と
信じ込むのが、正史派の脳内だ。
たとえ、その子は他の男にもニッコリしてる。彼女には
実は彼氏がいる。そんなにつけ回したらストーカーになる、
といくら言っても、ぜんぜん「信じられない」
「証拠にならない」で聞く耳をもたない。
それが正史派の脳内というわけだ。

808 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:16:14 0
本当に埋め立て風の展開になってきたな

パンフレットというのは日本でいうアジビラみたいなやつのことだよ
選挙でよくポストに入ってるだろ
>>1のサイトもまあ現代風パンフレットだな。

809 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:19:08 0
>科学性の無いとされているトンデモ本

ホントにそうなのなら、なんで言論弾圧するのよ。ちゃんと出版させて、万
人の目に触れさて、バカジャネーノ(AA略ってさらし者にすりゃいいワケだろ。

810 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:22:32 0
彼は「肯定派の言うことは全部信じる。否定派の言うことは知的水準が低いから全部信じない」なんだそうだ。
じゃあ「否定派の言うことは全部信じる。肯定派の言うことは知的水準が低いから全部信じない」もまかり通るよなw

811 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:23:11 0
なにわの友人が自作自演でもしてるんだろ。w

812 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:24:15 0
もう逃げたらしいな( ´,_ゝ`)

813 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:27:38 0
>>800

>何っ! パンフレットに書いてあることを信じてはいけないのか。

じゃあ、お前は中国で、「ここには10万人の中国人が
住んでいましたが、日本軍によって全部殺されました。」
っていうパンフレットがあったら、即信じるんだな?


814 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:29:43 0
>>813
違う違う。
「自分に都合のいいパンフは即信じ、都合の悪いパンフは全部信じない」だよwww

815 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 02:35:49 0
カチンの虐殺はニュルンベルク裁判ではドイツの犯罪とされたにもかかわらず、
今日では、もはやそのように考えているものはいない。
人間の脂肪から石鹸を作ったという恐ろしい話も、ニュルンベルク裁判で
ソ連によってなされたものであるが、歴史家でそれを受け入れているものはいない。
ヒルバーグでさえ、それを嘘としている。
ソ連がニュルンベルクで行なったドイツに対するその他の告発は、もはや
忘れ去られてしまっているが、人間石鹸物語以上に、ゆがんだ精神から発したものに違いない。

例えば、ソ連は、ナチスがペダルでこぐ頭蓋骨破壊マシンを使って、ザクセンハウゼン
強制収容所で、84万名のロシア軍捕虜を殺害したと告発した

西側連合国も、その喧騒な恐怖宣伝の面で、ソ連に劣らなかった。
ニュルンベルク裁判では、合衆国検事ジャクソンは、ドイツの軍需大臣シュペーアが
アウシュヴィッツで 「原子爆弾」 を使って20000名のユダヤ人を殺したと非難した。

ダッハウの犠牲者は、収容所の掲示で長らく238000名とされていたが、
実数はわずか30000名にすぎず、しかも、その半分は、連合軍の爆撃で輸送路が破壊され、
疫病が蔓延した戦争末期の4ヶ月間に死亡したものであった。

816 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 07:59:48 0
肯定派面白れー
永久保存しときますた

817 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 08:23:29 0
「うーむ」は隠れリビか?
どう見ても肯定派をバカに見せようとしてやっているとしか思えない。

818 :うーむ:2005/07/03(日) 10:03:11 0
うーむ。滅リビがここまでバカぞろいだったとは・・。
ドブ川のヘドロ並みの知性だとは思っていたのだが、
実は下水道に転落していたというわけか。

ホロコーストは無数の証拠・証言によって立証されている。
パンフの記述ひとつにしても、その裏づけがあるからこそ
信用できるのだ。
しかし、滅リビがチラシに何か書いたとしても、そのネタ本は
トンデモ本なのだ。下水道並みのバカでもない限り、信用して
もらえるわけがない。

・・そんなこともわからないとは。ひたすら哀れだ。

819 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 12:18:25 0
>>818
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/faurisson_03.doc
おそらく、裁判所は、アウシュヴィッツのガス室についてこれほど正確に証言できる証人は存在しないと考えていたことであろう。
しかし、反対尋問の終わるころには、事態は逆となり、
ヴルバ博士は、自分のあやまちや嘘について釈明するのに終始することになった。
彼は、自著のなかでは、「詩的な放埓さ」、彼がラテン語で表現するところではlicentia poetarumに頼ったと自白した。

結局、ちょっとしたドラマが繰り広げられた。この証人ナンバー・ワンを召喚した検事グリフィスが、
今度はヴルバの嘘に腹を立てて、次のような質問を浴びせかけた。

「あなたの本『私は許すことができない』についての議論のなかで、
この本を書くにあたって詩的放埓さを使ったと何回もクリスティ氏におっしゃいましたね。
証言でもこの詩的放埓さを使ったのですか。」(1636頁)

偽証した証人は攻撃をかわそうとしたが、検事グリフィスは、今度はヴルバによるガス処刑された犠牲者の数について、
やはり検事の立場を離れた第二の質問を行なった。
ヴルバは多弁を労して無意味な回答を行なった。
グリフィスは第三の最後の質問をしようとしたが、ここで、ドラマは突然中断し、グリフィスは判事にこう述べた。

「これ以上、ヴルバ博士には質問はありません。」(1643頁)

ヴルバ博士はうなだれながら、証人席を去った。
彼に対する最初の尋問、反対尋問、最終尋問は裁判記録では400頁(1244−1643頁)にわたる。
この箇所は、偽証の検証についての法律学百科事典の項目として利用できるであろう。


検察にまで追及されるヴルバに匹敵する馬鹿はいないだろうな。

820 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 12:26:40 0
>>818
うーむ。肯定派がここまでバカぞろいだったとは・・。
ドブ川のヘドロ並みの知性だとは思っていたのだが、
実は下水道に転落していたというわけか。

ホロコーストは無数の証拠・証言によって(ないことが)証明されている。
パンフの記述ひとつにしても、その裏づけがあるからこそ
信用できるのだ。
しかし、肯定派がチラシに何か書いたとしても、そのネタ本は
トンデモ本なのだ。下水道並みのバカでもない限り、信用して
もらえるわけがない。

・・そんなこともわからないとは。ひたすら哀れだ。

821 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 13:50:27 0
>>820

サル真似はやめれ。
てか、反論できなくなると、誹謗中傷してくるあたりが、正史派のデフォ
っつーことを、真っ向から示してくれたから、よしとしようではないか。

822 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:03:11 0
>>819
そこのページに書いてあるからってどうして正しいとわかるの?
それとそこの作者が正確に翻訳してるって証拠は?

823 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:22:28 0
>>822

それを証明するのはお前の側の責任だろ。


824 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:23:51 0
>>822
中身を損ねるほどの大きな誤訳の証拠があるのか。

825 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:33:43 0
>>824

どの部分が誤訳なのか?

列挙し切れない位あるなら、中身を損ねる度合いの大きい物から
数カ所程度は提示して見てくれ。

それとも、お得意の「印象操作」かい?

826 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:35:29 0
>>823>>824
だって書いてあるだけだったら正しいかどうかわからないんだろ?
当然全ての資料を疑ってかかるべきなんじゃないのか?

827 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:39:47 0
>>826
だから誤訳があるというのならそれを提示するのはお前の義務だが。

828 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:39:55 0
現に>>789だって内容には一切突っ込まずに、それが正しいのかどうかを聞きなおしただけじゃんか。


829 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:40:10 0
>>826
これは正史側が誤訳の証拠をださないとダメだね。

830 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:40:52 0
これが論破だというのなら、>>822も論破のうちに入るだろうな。

831 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:42:03 0
>>827
じゃあどうして>>819の内容が正しいと確信できたの?
これも否定派がしょっちゅう言ってきた事だよね。

832 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:44:22 0
>>831
誤訳の証拠はどれよ。

833 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:45:39 0
>>832
どうして>>819の内容が正しいと確信できたの?
>>789で書いてあるとおり書いてあるだけじゃあ正しいかどうかわからないんじゃないの?

834 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:45:55 0
>>831
正しいなんて一言もいってねえぞ。
だから誤訳だというのならその証拠を出せ。

いくら言っても出さないということは、ないということでいいんだな?

835 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:46:04 0
>>831
本試訳は当研究会が、研究目的で、Robert Faurisson, Witnesses to the Gas Chambers of Auschwitz, Gauss, Ernst,
Dissecting the Holocaust. The Growing Critique of 'Truth' and 'memory', (Ed.),
Theses & Dissertations Press, Capshaw, AL, 2000を試訳したものである。
ただし、試訳したのは、下記のオンラインの増補・改訂版である。 
誤訳、意訳、脱落、主旨の取り違えなどもあると思われるので、かならず、原文を参照していただきたい。
(online: http://www.codoh.com/found/fndwitness.html)

--------------------------------------------------------------------------
誤訳の証拠出してよ

836 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:47:58 0
>>833
名無しにもどんなくていいよ。
君が「うーむ」だってことはもうみんなわかってるからw

837 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:49:33 0
>>834
ふーん
正しいかどうかもわからないのにコピペして論破した論破したって喜んでるだけだったんだ

>>835
だから、君のそのコピペの内容が正しいとどうして確信できたの?
この翻訳は学術目的です。正しいですって日本語で書いてあれば、絶対的に正しい事になるの?
もっとも、これって今まで否定派がやってきたことをもう一度繰り返してるだけなんだけどね。

838 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:50:34 0
>>833
>>789は確かに言い方がわるいな。
「4千人の根拠を出せ」といえばわかりやすいかな?

さあ、君には2つのものを出してもらおう。

・4千人の根拠
・誤訳の証拠

逃げるならちゃんと逃げますっていってくれよw

839 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:51:50 0
>>837
>だから、君のそのコピペの内容が正しいとどうして確信できたの?
>この翻訳は学術目的です。正しいですって日本語で書いてあれば、絶対的に正しい事になるの?

オマイが原文を読んで誤訳を指摘すれば済む事だ


840 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:52:08 0
>>837
文章の本質を大きくそこねる誤訳があるのかないのか。

841 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:52:30 0
>>837
だからさっさと出すもんだせ。

・4千人の根拠
・誤訳の証拠

842 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:54:11 0
>>839
じゃあ君は原文を読んだ上で全ての内容を確認して内容が絶対的に正しいと確信したうえで
コピペして正しいと言ってるわけ?
それと原文の内容が正しいって証拠は?
何にも変な事言ってないよ、いままで否定派がやってきたのと同じ事やってるだけ。

843 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:54:34 0
「間違ってる」と主張するものは「間違っている証拠」を出さなければならない。
御託並べてないでさっさと証拠出せ。逃げるなよ。

・4千人の根拠
・誤訳の証拠

はいよろしくー

844 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:56:08 0
>>837
ぜひHNを ふーん にしてけろ

845 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:56:21 0
>>842
>いままで否定派がやってきたのと同じ事やってるだけ。
いいえ。全然全く0.1%も同じではないので安心してくださいね、「うーむ」さんw

>それと原文の内容が正しいって証拠は?
じゃあまず君に「正しい」の定義をしてもらわないとな。
さあ、定義してくれ。

846 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:58:02 0
>>841
なるほど
ホロコースト否定論の基礎は相手に質問しまくって答えられなくなったら勝利宣言か
でも、相手に同じ事されると責任転嫁してもう一度質問を見つけてそれを繰り返すと
こうすれば形だけでも相手を論破できるわけだな
まあ、こんなこと罵りあいに近いわけだから知識が全くなくても出来る。
でも、社会では通用しないな、リアルでこんな事やってたらただのアホだから

847 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:00:04 0
>>846
いや、逃げなくていいよ。
大体おまいのやってることは同じでもなんでもないし。全く違うし^^

いいから逃げないでさっさと出すもん出せ^^

・4千人の根拠
・誤訳の証拠
・「正しい」の定義

848 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:01:55 0
>>845
もういいよ、否定論なんて実質的にはただの罵りあいだし
このスレ以外では絶対に信用されないだろうからな、まあこの後勝利宣言だろうけど
ホロコースト否定論が、世間に認められることなんて絶対にありえないだろうし
このまま忘れ去られていくのが、オチだろうね

849 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:03:25 0
>>848
もういいよ、肯定論なんて実質的にはただの罵りあいだし
マトモな人間には絶対に信用されないだろうからな、まあこの後勝利宣言だろうけど
ホロコースト肯定論が、世間に認められることなんて絶対にありえないだろうし
このまま忘れ去られていくのが、オチだろうね

850 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:03:40 0
>>848
なにわどうしてるか知ってるか。

851 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:04:08 0
>>848
また逃げた。根拠も証拠も一つも出せずに逃げた^^

852 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:06:35 0
>>843
なるほど、だから>>789では「間違っている」といわずにどうして信じるのか?
どうして正しいのか?というようなことしか書かないわけか、少なくとも
質問し続けている限りは自分の頭で考えて文章を書かなくてもいいからな
屁理屈のテクニックだなこりゃ

853 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:10:22 0
>>848
誤訳の一つくらい出してけよ(w

854 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:15:29 0
>>852
>質問し続けている限りは自分の頭で考えて文章を書かなくてもいいからな

そしてそんな簡単な質問にすらも全く一言も答えることのできない存在が君というわけだ^^
屁理屈のテクニックだなこりゃ(プゲラ

855 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:16:18 0
>>848
例えば、アウシュビッツのガス室の件だけど、
換気に問題があるというと、修正主義はの言い分に納得する人が多いんだよね。
アンネの日記も同じ。
アンネはアウシュビッツでガス札されたと思ってる人が大半だから
別の収容所でチフスで死んだと教えてあげると、正史派の言い分に疑問を持つんだよね。

856 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:28:15 0
>>855
はぁ?アホですか?
アンネがチフスで死んだ事は、文春文庫の「アンネの日記完全版」の
著者紹介と後書きの部分に書いてあることなんですが?
もし、アンネがガス殺されたと考えてる人が大半だとしたら、それはアンネの日記を読んだ事が無い人が
大半だという事です。それ以上でもそれ以下でもありません。
アンネの日記そのものに書いてあることなのにどうして疑問を持たなければいけないの?
まさかアンネの日記読んだ事がないとか(藁

857 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:31:30 0
>>856
>アンネがチフスで死んだ事は、文春文庫の「アンネの日記完全版」の

誰もがその本を読んでるわけじゃないんだよ
世間一般のホロコーストに対する興味なんてそんなモンなんだよ(w

858 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:33:30 0
>>857
いや、アンネの日記そのものに書いてあるって事は元々秘密でも何でもなかったってことでしょ?
何でそんなことを得意気に話してる奴らがいるの?

859 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:39:24 0
>>855
ええ!?アンネはガス室で殺されたんじゃないってほんとですか?
とても信じられません。ヒトラーを擁護する人たちが事実を曲げるのをみると悲しくなります。

860 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:39:30 0
>>858
>いや、アンネの日記そのものに書いてあるって事は元々秘密でも何でもなかったってことでしょ
アンネの日記の解説にだろ?

>何でそんなことを得意気に話してる奴らがいるの?
アンネはガス室で殺されたって思ってる人が多いってことだよ。
ホロコーストのシンボルみたいな存在だからなぁ


861 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:40:32 0
つまり正史派とやらはアンネが病死であると指摘されても痛くも痒くもない
「もともと秘密ではありませんよ」といえば済む事だから。

862 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:42:55 0
>>861
そうなんだよね。
それなのに、何故かフォーリソン教授を襲ったりするんだよなぁ

863 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:45:21 0
>>860
文春文庫からは深町眞理子訳と皆藤幸蔵訳の二種類のアンネの日記が出ている。
古本屋で調べてみたら、皆藤訳のアンネの日記の初版は1972年だ
これにもしっかりと後書きに病死した事が書かれている。
結論
アンネが病死した事は30年前から常識
リビジョが知らなかっただけ!

864 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:46:40 0
そもそも収容所で病気にかかって死んだなんて偶然はおかしいと思います。
ナチスの人たちは自分達で殺したのを病気で死んだといって正当化しているのがどうしてわからないんでしょうか。

865 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:47:37 0
>>863
馬鹿だね、後書きまで読んだ人だけが知ってたんだよ。

それより、なんでシオニストはアンネの日記の件でフォーリソン教授を襲ったんだ?


866 :うーむ:2005/07/03(日) 15:49:20 0
俺のレスからここまでの否定派の書き込みを見ていると、
頭がおかしくなりそうだ。・・いや、もともと滅リビが
イカレているのは、わかっているのだが。
これは統合失調症患者の、よい研究症例になりそうだ。

無数の証拠・証言は何一つとして信じられず、トンデモ
言説のみが信じられるという精神状態・・・。
しかも滅リビは、自分が信じているトンデモ言説が世界で
多数派だと信じている。
・・・まさに病的だ。ひたすら哀れだ。

867 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:51:25 0
>>865
ちょっと待てよ。
アンネが病死だと書いてあるのは日記だけじゃないぞ
小学生向けの伝記にも病死だと書いてある。
何冊かチェックしてみたけど、ガス殺されたなんて書いてあるのはなかったぞ

868 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:51:28 0
>>863

だとすると、フォリソンを襲ったシオニスト強硬派も、ウソを承知だった
という、ただの人殺しだったワケね。

869 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:55:10 0
>>867
ああ、そう。


870 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:55:25 0
>>859

>ええ!?アンネはガス室で殺されたんじゃないってほんとですか?
とても信じられません。ヒトラーを擁護する人たちが事実を曲げるのをみると悲しくなります。


いや、事実を捻じ曲げているのは、お前だろ。
アンネがガス室で殺されたなんて、どこで聞いたんだ?

871 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:56:28 0
>>866

また、反論できなくて、誹謗中傷モード発動かよ。

872 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:56:47 0
絶滅計画が行われていたなら、アンネが収容所の病院に入院して治療を受けられたのは何故か。
労働力にならない人間は、ガス室に送られたのではなかったのか。

873 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:00:06 0
「アンネ・フランク、アウシュビッツ、ガス殺」のセットって都市伝説みたいなもんでないの?



874 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:01:57 0
>>871
無視しとけ。ただの誹謗中傷に言い返したって何の意味も無い。
それしか出来ない可哀相な奴なんだから、生暖かい目で見守ってやれ。

俺らは議論をしているんだ。だから反論にのみレスをすべきであって、反論ですらない誹謗中傷にレスする必要は無い。

875 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:03:01 0
>>873
アンネの日記を読むだけでウソだとばれる伝説だけどな

876 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:05:28 0
>>875
アンネの日記なんて糞本を読む人は少ないということですね、先ずは目出度い。

877 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:06:51 0
>>870
前にNHKのアンネ特集でやってました。収容所で殺されたと。
NHKの人たちが嘘をつく必要はないはずです。
ヒトラー擁護の人が変な話にかぶれて色んな噂を流しているのは知っています。

878 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:10:31 0
>>876
なるほど頭から糞本と決めてかかっていて読まないから、アンネが病死したとかいう
常識を隠された秘密であるかのように得意げに話して回ってバカを晒しているというわけですな。
誰も止めませんから、もっともっと話してあげてくださいアンネが病死したという常識を
>>877
ああそうですか
NHKの職員の人に言ってあげましょう。
アンネは病死です。アンネの日記にそう書いてあります。って
その話はこれだけで終わる問題です。

879 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:11:32 0
アンネの家族は、お父さん以外はみんな殺されたそうです。
みんな収容所で病気で死んだのでしょうか。どうしてそんな嘘が平気でいえますか。

880 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:13:34 0
ロベール・フォリソンは、あごを骨折させられた1989年の事件について、
1993年に国連人権委員会に報告している。被害を届け出たにもかかわらず、
フランスの当局はまともに取り合わず、犯人は捕まっていないという。
修正主義者のサイトによると、この事件についてあるユダヤ人の
グループが犯行声明を出した。これはそれまで知られていなかったグループで、
その後も新たな情報はない。

巧妙さから考えて、犯人はたぶんモサドあたりだろう。
だとすると反シオニズムに対する警告か。

881 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:15:51 0
>>878
>誰も止めませんから、もっともっと話してあげてくださいアンネが病死したという常識を

その常識って奴を知らない人が多いんだよ(w
試しに他板で聞いてきたら?

882 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:17:43 0
>>881
なるほど確かに大勢いるリビジョの人たちは誰一人アンネが病死したことを知らなさそうですね

883 :うーむ:2005/07/03(日) 16:17:46 0
モサドの犯行に、反シオニズム・・・。
そのうちUFOとか地底人とか出てきそうだな。

五島勉さんも、ノストラダムスの大予言が外れてから
本出してないから、滅リビネタで本出したら
復活できるかもな。

884 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:21:14 0
>>882
当然のことながら修正派は知ってますよ。
あの糞本が眉唾だってこともね(w


885 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:21:39 0
ネオナチの自作自演という可能性が最も高い。

886 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:22:34 0
>>883
>モサドの犯行に、反シオニズム・・・。
これは確実に存在する組織と思想。

>そのうちUFOとか地底人とか出てきそうだな。

存在するかどうか不明。

存在が確実なものと不確実なものを比較するオマイの知性に乾杯しよう

887 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:25:07 0
だいたい先公が悪いんだ。
ユダヤの本を読め読めってうるさい。
絶対よんでやらん。

888 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:25:36 0
>>886
そいつは頭がおかしいんだから、少なくとも反論できるくらいに成長するまでスルー汁

889 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:28:43 0
>>884
まさかとは思うんだがお前掃除機の話信じてたりしないよね?
アンネ病死に続いて掃除機の話まで信じてるんだったらもう絶望的だぞ(藁

890 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:31:18 0
>>889
>まさかとは思うんだがお前掃除機の話信じてたりしないよね?

何の話だ?

891 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:35:09 0
>>886
ナスカの地上絵やミステリーサークルのように、原因が不明なものを解明する過程で、
仮定自体が非現実的になっていくという良くある例を元にした冗談であるというのが理解できませんか?

>存在が確実なものと不確実なものを比較するオマイの知性に乾杯しよう

元々確実と不確実を同列に並べることに先のレスの意味があるのであって、
同文中に比較など全くなされていない。幻覚がみえるらしいオマエの知性に乾杯。

892 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:39:02 0
>>891
あのレスに意味を見出せる君は立派なクレーマーになれるよ(w

893 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:40:07 0
意味っていうか内容だな(w

894 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:41:32 0
掃除機の話しとは何なんだ?

895 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:44:54 0
 アンネの日記の中に隠し部屋の掃除に同居人が掃除機をかけた際、
あまりの大きな音で気付かれるのではないかと全員がヒヤッとしたという記述がある。
しかし1948年にアメリカで初めて掃除機は市販化されたのでありこの記述を元に一時期『アンネの日記』自体の信憑性に疑義が生じた経緯がある。

896 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:49:35 0

あと、有名な話に日記にボールペンで書かれた部分が
あって、当時ボールペンは存在してなかったから
その箇所は後から書き加えられた部分ではないのか?
という指摘だった。
今では、ボールペンで書かれた日記の部分は削除されている。

897 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:54:14 0
4章が全部ボールペンで書かれているというやつだな。
だが、実は1〜3章の筆跡がボールペンで書かれた4章と全く同じなんだなこれが。

それはつまり・・・

898 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:54:21 0
日記の内容は正直どうでもいいだよね。
ホロコーストの証拠にはならないんだからさ。

899 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 17:00:36 0
ボールペンの部分は後で加筆されたメモだけだったとか、
掃除機は手動の物なら当時欧州でも珍しくはなかったとかいう理由で、
問題ないと騒ぎも沈静化したんだが。

900 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 17:04:54 0

>掃除機は手動の物なら当時欧州でも珍しくはなかったとかいう理由で

おいおい手動の掃除機なんて存在するのか?
あったとして、本当にうるさい音を立てるのか?
お前のような話は聞いた事無いぞ。

901 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 17:06:16 0
隠れ家が日記の記述に合わせて改装されたってのもあったはず。
それはおいといて、アンネの日記は宣伝道具になり果ててるんだから
アンネの日記展の類には逝かないことだ、国賊組織創価学会のフトコロに小銭を投げ込むようなモンだからね。

902 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 17:20:28 0
手動の掃除機ってこういう奴のことか。
http://www.rakuten.co.jp/nonaka/436125/436226/
これでうるさいなんていうことはやっぱりアンネの日記は嘘なんだな。

903 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 17:35:27 0
一昔前にお寺の手伝いでそういうの使ってたけど、
ラジコンカーを走らせるときの音と同じくらいの大きさの似た音がしたよ。

904 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:02:14 0
>>902

てか、戦前には、そのようなプラスチック製のものはおろか
プラスチック類自体がなかったんじゃないの?とすると、金
属製のものが考えられるが、あの時代に、金属類が、市井に
残ってたとも思えんのだが。

905 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:23:44 0
>>902
これなんてかなりヘビーだが、こういうのじゃないか?
http://www.web-tenjijyo.jp/cgi-bin/shop5/goodslist.cgi?mode=view_detail&this_num_genre=&this_num_goods=&genre_id=00000056&goods_id=00000003&sort=

906 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:27:58 0
>>904
アンネはオランダにいたよな。
オランダでも日本みたいに金属類は根こそぎ没収されたんだろうか?

907 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:47:44 0
>>901
アウシュヴィッツの焼却棟1も改造済み

908 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:50:59 0
>>906

アメリカでも、金属は供出されてた(リーバイスとかの復刻モノ
で、“尿素”ボタンのヤシとか)からね。電動にしろ手動にしろ、
とにかく“ドンガラ”モノだったハズで、そんな“お宝”を、当
局が放っておく由もないと(ドイツによる占領の前後を問わず)

909 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:53:18 0
ユダヤ人所有の自転車が供出になったというのは聞いた事があるな。
尤も、アンネの姉マルゴは供出時期の後も自転車でお出かけしていたようだが。

910 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 20:26:34 0
ともかく、ユダヤ人をかくまってるワケだから、当局に怪しまれるような
ことは、避けたのではないだろうか。だから、とまれ、当局への協力の姿
勢は示しておいたほうがいいハズで、屋根裏に“ドンガラ”モノがあれば、
ソッコーで供出するのが道理だと。

911 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 20:53:50 0
よし、オランダに金属はなかった。
だからアンネの日記は嘘。

912 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:04:19 0
燃料投下しときますね

ホロコースト記念館
http://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/

913 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:09:22 0
>>912
追加

創価道場 リンク集 (911のサイトもリンクされてます)
http://66.102.7.104/search?q=cache:RjEfX-UnbTUJ:sokadojo.szero.net/link.html+%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%A4%A8+%E5%89%B5%E4%BE%A1%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E3%80%80%E5%BA%83%E5%B3%B6&hl=ja


914 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:20:55 0
>>912

日本ユダヤ人協会会長アーネスト・ソロモン氏
「600万人の犠牲者を記念して」

日本ユダヤ人協会ラビ・J.M.リボー
(600万人のホロコーストで犠牲となった人々のための祈り)

エルサレムポスト紙記者ピンハス・インバリ氏

イスラエル・レホボット、ワイツマン研究所ハナ、イガール・タルミご夫妻

ttp://www.urban.ne.jp/home/hecjpn/NL1/NL1INDEX.html

ニューズレターで開館の様子が書いてあったけど
外国から来てるのは、全部ユダヤ人じゃないか。
この建設資金は、ユダヤからの全面援助だろ。
肝心のドイツからは、一人も来てなくて、全く相手にされてないのが
笑える。

915 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:28:12 0
>>914
何故、日本にこんな物を作るのか理解できない。
ドレスデンに原爆記念館を建てるようなもののような。


916 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:33:55 0
ドレスデンに原爆記念館・・・
いいかも、ドイツと共にだれが被害者を主張しよう。

917 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:40:15 0
>>915-916
確かにいい味だしてるなw

918 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:43:54 0
で、日本にドレスデン空襲の記念館を建てるの。

919 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:47:17 0
>>918
広島と姉妹都市だし、原爆ドームの近所にね。

920 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:26:08 0
http://www.haaretz.com/hasen/spages/596757.html
ポーランド系ユダヤ人のコミュニストがドイツ人捕虜に対して
「ホロコースト」を行った例。
首謀者の引渡しをイスラエルは拒んでいる。

訴追しようとしているのはポーランドなので誤解の無きよう。
実はポーランドとユダヤって仲悪いのかな。ドイツの犠牲者ってことと
シオニストの力の前で遠慮しているからか?
内心、おまえたちばっか被害者ぶってんじゃねーよ、被害者の大半は
ポーランド人だ!とか思ってるのだろうか。

921 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:29:35 0
前の法王がポーランド人。今はドイツ人。共にキリスト教系
白人。EUの拡大。
ヨーロッパの人種・民族の概念が意味なくなるほどの交流。。。

将来的にはドイツとポーランドが組んで、ユダヤと対立するって
ありえない話ではないなあ。

922 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 07:10:11 0
>>920
公平性を演出するポーズかもしれないけどな。

923 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 14:40:46 0
>>920
ナチスのことを抜きにしても、ヨーロッパ人って普通にユダヤ嫌いって気がする

924 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 14:55:32 0
っつーか、このスレの人はみんな知ってると思うが、ユダヤ嫌いはヒトラーの専売特許じゃないしな。
ナチスが出る遥か前からユダヤ嫌いはヨーロッパ中に蔓延してたし。

925 :新入荷:2005/07/09(土) 14:56:26 0
試訳:デーモンと向き合うドイツ国民(S. クロウショウ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/crawshaw_01.htm

 長年、第三帝国は、タブーと罪の意識によって覆い隠されていたテーマであった。だが、二つの新作
映画[『シュペーアと彼』、『転落(邦題:ヒトラー最後の12日間)』]は、ドイツ国民がついにヒトラーの遺産
と向かい合うことを学び始めていることを明らかにしている。

926 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 15:15:54 0
キリスト教が誕生した直後から、キリスト教とユダヤ教は鋭く対立していたようだ。
ユダヤ人だったイエス自身やその弟子に、ユダヤ教と対立するつもりなどあったはずがないが
紀元一世紀に成立した福音書には既に、キリスト殺しをユダヤ人の責任であるとするくだりがある。
実際は責任があるのはローマ帝国全土に分布していたユダヤ人のごく一部に過ぎないはずだが。

ユダヤ人を嫌っているのはキリスト教徒だけではない。
不思議なのは、旧約聖書エステル書に、ユダヤ民族根絶について書かれていること。
ここでは迫害しているのはヨーロッパ人でなく、ペルシャ人。
土地も時代も遠く離れた民族が同じ行為をしようとしているのはどういうことなのだろうか。
ユダヤ人自身の中に嫌われる特別な要因があるのか
あるいは、民族根絶はユダヤ人の被害妄想なのか。


927 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 15:56:26 0
ユダヤ人に限らず弱小民族の征服と略奪が日常茶飯事だった古代帝国と、
近代国民国家の中での少数民族の迫害とはまったく次元が違うだろ

928 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 19:17:35 0
日本の正史派はマイヤー論文に対してどのような反応をしたのだろう。

929 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:31:28 0
それなに? リンク貼ってけろ

930 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 21:43:49 0
試訳:ピペル・メイヤー論争によせて(C. マットーニョ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_11.htm

 2002年、シュピーゲル誌前編集長であったメイヤーは、殺人ガス処刑説を擁護しつつも、ホロコ
ースト正史とは異なり、アウシュヴィッツ・ビルケナウ収容所で大量ガス処刑が行なわれたのは、
焼却棟T−Xではなく、収容所外の二つの「ブンカー」であった、大量ガス処刑の犠牲者は356000名
であったという新しい説を展開した。これに対して、アウシュヴィッツ博物館歴史部長ピペルは、この
メイヤー説を批判すると同時に、彼のことをプレサックと同様に、ホロコースト正史「教団」から破門
した。イタリアの修正主義者マットーニョは、両者の論争を整理・検証して、「ピペルは、前時代的な
党御用史家、ソ連宣伝の虜である。一方、メイヤーは、修正主義的な典拠資料に通暁しているもの
の、その典拠資料からでてくる当然の論理的結論を受け入れる勇気を持っていない似非修正主義
者である」と評価している。

試訳:マイヤー・ピペル論争によせて(J. グラーフ)
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/graf_07.htm

 フリツォフ・マイヤー(メイヤー)論文は、数多くの欠陥はともあれ、アウシュヴィッツ収容所に関する
ホロコースト正史の教義の根幹を動揺させるものであったために、正史「教団」の司教ピペルから
激しく批判された。これに対して、マイヤーは、「ピペルへの回答」を執筆して再反論を行なったが、
彼の立論は、修正主義者の研究に依拠したものであった。スイス修正主義者グラーフは、ドイツの
著名なジャーナリストによる「擬似修正主義的な」論文がドイツのメディアの登場してきた状況を分
析して、ホロコースト正史の受益者たちが、近い将来のホロコースト正史の崩壊にそなえて、リスク
ヘッジ(危険分散)を試みていると結論している。

931 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 10:16:03 0
なんだ、リビジョニストの内輪喧嘩か。誰も相手にしないから勝手にやってくれ

>近い将来のホロコースト正史の崩壊にそなえて、リスク
ヘッジ(危険分散)を試みていると結論している。

ここらへんが特にイタイな。

932 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 11:23:20 0
>>931
正史派の誰を支持しているの。

933 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 11:38:35 0
歴史学におけるナチズム研究が、ナチスによる支配の構造や、一般大衆の
支持や蛮行への関与のあり方、人種主義イデオロギーの役割、
といった方向にシフトして20年近く経つのに、いまだにアウシュヴィッツで何人
死んだかで「論文」と称する落書きを量産している連中は馬鹿らしいと思うだけ。

934 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 11:58:22 0
>>933
正史派にとって都合が悪いから逸らしてるだけ。
正確な事実の追及が困るので言論弾圧している。


935 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:00:23 0
>>933
正確な事実の追及が馬鹿らしいと思うのならここに来ない選択肢がある。

936 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:00:28 0
わかってる
わかってるわかってる
どうぞご勝手に

937 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:06:58 0
>>936
反論できなくてつらい気持ちはよーくわかるよ。

938 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:14:35 0
>>936
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_04.htm
こういう嘘の証言を正当化して放置するのかまともな歴史学なんですか。

939 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:41:31 0
>>938
ニュルンベルク裁判と継続裁判の審理の一部に問題があることはすでに常識。
だからといってホロコーストそのものがなくなるわけではないし、ナチスの犯罪が
軽減されるわけでもない。おわかり?


940 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:45:44 0
>>939
証言なしでホロコーストを維持できればいいけどな。

941 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:47:58 0
収容所の囚人など同時代人の証言のうち、その一部に齟齬や矛盾があると、その証言は
すべて虚偽であるとか信憑性はゼロだ、と言って騒ぎ出すのがリビジョニストの常だが、
そもそも完全無欠な史料なんかこの世に存在しないのであって、その証言史料のどこまで
が真実で、どこからが錯誤なのかを見極めることこそ、歴史研究者の重要な仕事だ。
専門教育を受けてないリビジョニストのような素人集団はそこのところがわかってない。


942 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:55:26 0
>>941
証言の根幹部分に信用がないと証言の信用性がなくなるか、
大幅に低下するのは避けられないね。
なぜならその証人そのものの信用性が低下するから。

943 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 12:55:37 0
一つ例を挙げると、リビジョの間で評判の良くないアウシュヴィッツの所長ヘスの手記が
ある。これは存在しない収容所の名前が出てくるとか、日付が間違ってるとか、拷問を
加えて無理矢理書かせたものだ、とかいって信用できない、証拠としての価値はゼロ、
と烙印を押されてしまうのが常だ。しかしヘスが最初から最後まで何もかもデタラメを書いたということがあるだろうか? 彼の手記の内容には他のまったく違う経路で得られ、相互に交流もなかった人々の証言や文書史料と一致する部分がいっぱいある。
そう言う部分についてはヘスは真実を述べていると認めざるを得ない、ということ。


944 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:01:08 0
>>943
根幹の虐殺人数が否定されている時点で信用性のない証人と判断するしかないね。

945 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:01:53 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/mattogno_qa/02.htm
<質問02>
第二次世界大戦の終結以来、数百の歴史家たちがホロコースト研究に従事してきましたが、
彼らは学術的な歴史学的方法論を使っていないということを意味しているのですか?
<回答>
そのような見解を、アウシュヴィッツ収容所についてのホロコースト正史派の最大の歴史家プレサック氏も抱いています。
プレサック氏は、これまでの歴史学について、「この歴史は、大半が証言にもとづいており、
その証言は時代の雰囲気に応じて集められたものであり勝手な真理に適合させるために切り捨てられたり、
不均等な価値を持つ少数のドイツ側資料と混ぜ合わされたり、互いに関係を持っていなかったりする」[1]とみなしています。
[1] Jean-Claude Pressac, Auschwitz: Technique and Operation of the Gas Chambers, New York, 1989, p. 264.

946 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:05:32 0
プレサックが「正史派」最大?プゲラ

947 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:06:04 0
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/crawshaw_01.htm
試訳:デーモンと向き合うドイツ国民
S. クロウショウ
<見出しのコメント>
長年、第三帝国は、タブーと罪の意識によって覆い隠されていたテーマであった。
だが、二つの新作映画[『シュペーアと彼』、『転落(邦題:ヒトラー最後の12日間)』]は、
ドイツ国民がついにヒトラーの遺産と向かい合うことを学び始めていることを明らかにしている。

948 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:08:31 0
>>946
あとは潰されてフィンケルスタインに泣きついたヒルバーグしかいないよ。

949 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:16:02 0
>>945
無知な人たちが信じるといけないので書いとくけど、
ナチズムおよびホロコースト研究が大きく進展したのは1990年代以降だよ。
(旧東欧・ソ連にある史料を使えるようになったのが大きい。)
そのプレザック(こいつ自身いかがわしいやつだが)の評価はそれ以前の時期に関するもの。
最新の研究を見ても同じように言えるかな? 
リビジョたちはアリー、ヘルベルト、オルトといった現在第一線の研究者たちについては
全然言及しないね。

950 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:22:04 0
>>949
>そのプレザック(こいつ自身いかがわしいやつだが)の評価はそれ以前の時期に関するもの。
プレサックをいかがわしさとやらを見抜けないリップスタットはどうですかね。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/orthodoxy_qa/013.htm
トレブリンカ、ベウゼッツ、ソビボル、チェルムノの虐殺を証言なしで立証できますか。

951 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:32:36 0
>>949
滅リビが、現在第一線の研究者について言及しないのは当然。
この連中のネタ元はトンデモ本だから、これに載ってないと
言及どころか知ることもない(W

952 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:34:02 0
>>951
代わりにトレブリンカ、ベウゼッツ、ソビボル、チェルムノの虐殺を証言なしで立証できますね。


953 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:50:06 0
>>949>>952
なんかよくわかってないみたいだが、大丈夫か? 議論についてこれてるか?
証言そのものを無視するのではなくて、その内容の中身ひとつひとつについて
事実を確定すべきだ、と言っているだけだ。どうして虐殺が証言なしで立証できる
という主張に読めるんだ

954 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 13:56:28 0
>>953
裁判に耐えうる位の信用できる証言があれば、
トレブリンカ裁判のデムヤンユクはとっくに墓の中でしょうね。

955 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:07:08 0
裁判の話なんかしてねーよ。やりたきゃ一人でやってな。
それから司法と歴史研究は全然別のものだよ、素人さん。

956 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:12:48 0
>>955
それなら第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判以外で
公式に証言を厳格な反対尋問で検証した実例を挙げてくれ。

957 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:21:52 0
司法と歴史研究は全然別のものだよ

これは同意だけど、実際に裁判になっている似上
司法が絡んでくるのは仕方が無い。

958 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:29:03 0
http://www.idgr.de/texte/geschichte/ns-verbrechen/fritjof-meyer/index.php
これがマイヤーとピペルの正史派同士の紛争のドイツ語の原文。

959 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:29:52 0
>>957
では法学板にでも逝ってください
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1092945603/

ここは歴史の板。

960 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:35:15 0
>>959
第一次ツンデル裁判とデムヤンユク裁判以外で
証言を批判的に検証した実例など殆どないが。
その実例があるのならだせるだろ。

961 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:35:15 0
>>952
何を言ってるのかわからん。
滅リビの言語空間は、支離メツレツ(W

962 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:40:18 0
>>961
トレブリンカ、ベウゼッツ、ソビボル、チェルムノは文書資料も建物跡地もまともにない。
これでどうやって虐殺を証明するのですか。

963 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:47:06 0
>>961

お前が議論についてこれてないだけ。

964 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:51:07 0
>>961は前々から粘着してる正史派荒らしだから無視しなさい。

965 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:56:04 0
やっとわかった。>>960は歴史研究の著作をまったくかほとんど読んだことがなく、
「歴史的修正主義研究会」サイトに書いてあることだけを鵜呑みにしてるってことだな。

証言の批判的検証、すなわち史料批判は研究者にとって初歩の初歩。
歴史研究とはまず綿密な史料批判をし、その上で新しい事実を明らかにするもの。
史料批判しかやってない文章なんて論文とは見なされない。
よって証言のあら探しだけを血眼になってやっている君の目に止まるのが、
せいぜい古い裁判記録くらいになってしまうのも無理はないね。

966 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 14:58:33 0
>>965
そう思うのなら証言を批判的に検証した実例を出せば済むのだが。
どうして実例を出そうとしないの。

967 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 15:23:31 0
>>965
アウシュヴィッツ収容所で死亡した収容者は一体何人なのか?
<900万人> 映画『夜と霧』(1955年、フランス)のナレーション
「この映画の中では、人間から石鹸が製造された。」
<800万人> フランス戦争犯罪調査局とフランス戦争犯罪情報 (1945)
<600万人> Miklos Nyiszli (1951)の序文の筆者Tibere Kremerによる 。
<500万から550万人> 何名かのSS隊員の自白による 。
<400万人> ニュルンベルク裁判(1945)が「法廷に顕著な事実」としたソ連側の資料による。
<300万人> アウシュヴィッツ収容所、所長ルドルフ・ヘスの自白による。
<150万人> 1995年にポーランド政府が、アウシュヴィッツの記念碑の400万人という数字を、
大幅に下方修正した数字。()
<100万人> Raul Hilbergによる説。(1986)
<80万人〜90万人> Gerald Reitlinger による説。(1953)
<47万人〜55万人> Jean-Claude Pressac による説。 (1994)
<35万人> Fritjof Meyer による説。(2002)

正史派としてどれが正しいと考えてるわけ。
そしてそれを信用させる根拠もだしてくれ。

968 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 15:37:18 0
新スレ立てたのは、正史派のアフォだろ。

969 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 15:45:19 0
>>968
「1979年2月21日の『ル・モンド』紙に掲載された論文の中で、
34名のフランス人歴史家たちは彼らの声明を、次のような定式で終えている。
『われわれは、このような大量殺人が技術的にどのように可能であったのか問うてはならない。
それは起こったから、技術的に可能であったのである。
このことが、このテーマに関するあらゆる歴史的研究の出発点となるべきである。』


プレサックとマイヤー以外の正史派はこの信仰告白を支持してますから。

970 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 15:59:49 0
>>969

つくづく、フランスはクソだな。別に、個人的には、減リビが、ドイツを利する
かどうかには関心はないが、少なくとも、フランスのクソっぷりを白日の下に晒
してくれることを期待してるだけなんだけど。その流れで、“レジスタンスの嘘”
も晒されて欲しいな。

971 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 16:16:03 0
>>970
そういう事になると困るのでゲーソ・ファビウス法があるのです。

972 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 19:57:22 0
アウシュビッツ等がリビの言うところのものであれば

なぜ、あそこまで非効率的なことを行っていたのか

ナチス・ドイツ無能説がハッキリするなぁ

頼みますよリビさんよ(Ww

973 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:13:13 0
>>972
正史派に対して上記で質問されてる事にまずは答えたら。

974 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:17:42 0
>>973
いやこいつ前からいる荒らしだから

975 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:25:14 0
>>974
それでも見識はあると思うんだが。

976 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 21:28:39 0
>>975
自演乙

977 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:30:54 0
>>972

良い質問だ。なぜナチはユダヤ隔離をしたか?
自国民向けには優秀なゲルマン民族の純潔を守る為と云う説明がされた。

実際には、占領地でもユダヤ人の分離隔離を強力に推進した。
全く間尺に合わない行動だ。

これはヨーロッパ全域において異分子扱いされ、憎悪の対象になり略奪、
虐殺されがちだったユダヤ人達をパレスチナへ移住させようとする
シオニストの企画に共鳴して執られた政策だったからだ。
シオニストとの間に如何なる協定があったかは不明のままだが、ユダヤ人の
身の回り品以外の資産没収が対価だったのだろう。

イギリスがパレスチナへのユダヤ人移送を拒んだ事から、ナチ内部では
移送先としてロシア領等が検討された。これも対露敗戦で拒まれた。
ロシアはポーランド東欧占領時、収容所のユダヤ人や占領地住民を反ロシア
の敵性国民と見なし、食を必要とする厄介者として手荒く取り扱った上で
大量に餓死させた。

この様な犠牲はシオニストの企画が発端にあり、ナチの暴走が犠牲者を
増やした。犠牲者はドイツ占領地域の全住民であって、ユダヤ人はその一部
であった。

978 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:38:15 0
うめ

979 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:44:02 0
>>972
正史派に対して上記で質問されてる事にまずは答えたら。

980 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 22:47:46 0
>>979
いやこいつ前からいる荒らしだからスルー汁。

981 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:03:52 0
使い切ろう。

982 :(〇m〇)(^■^ ラ [・ム・ ]:2005/07/10(日) 23:06:18 O
【卍】≦予 ̄>
 G\(^■^ ラ 諸君!
  \ <!>+\

‖苗‖[ M ]
 G\[・ム・ ] またアゲるゾ!
  \<▼>*\
スレが親ユダヤ派に消された位でヘタレになる我々ではない!

983 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:09:06 0
うめ

984 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:14:07 0
>>982
>スレが親ユダヤ派に消された位でヘタレになる我々ではない!
ユダヤ人を全て一緒にしたらまずい

985 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:16:05 0
そうだな。
だから親ユダヤじゃなくてシオニストという表現が適切か。

986 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:18:05 0
>>985
ユダヤ人でなくてもシオニストにはなれるらしい。

987 :( ´艸`)ププ:2005/07/10(日) 23:20:12 O
| | ∧_∧
|_|< `д´>< この、シオレストどもが!
|塩| ⊂ ノ
| ̄|―u'

988 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:30:13 0
クリスチャンシオニストがいるようです。

989 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:02:20 0
使い切る前に寝た。


990 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:08:10 0
クリスチャンスレーターがきました

991 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:17:48 0
クリスチャンベールもきました

992 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:18:36 0


993 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:18:53 0


994 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:19:09 0


995 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:19:31 0
l

996 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:19:47 0


997 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:20:05 0


998 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:20:23 0


999 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:20:42 0


1000 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:20:58 0


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

388 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)