2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮人は7割が貴族

1 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 15:42:12 0
国際的な意味での広義の貴族は世襲的な支配階級のことであり、
日本では士族以上をさし、国民の7%であるが、
朝鮮では李朝末期の統計で両班がすでに国民の7割を占めている。
すなわち国際的には、朝鮮人は大多数が貴族なのである。


2 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 15:49:22 0
ニダー!!

3 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 15:59:03 0
韓国人の誰に聞いても両班の子孫と答えるのが笑える。

4 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:03:22 0
朝鮮史は日本史板でやれよ

5 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:14:41 0
スレタイが「国民における貴族の割合が史上最も高い国」とかにしとけば良かったのになぁ。
それでも>>1で結論が出てる訳だがw

6 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:16:25 0
日本人はみんなサムライですよ!

7 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:18:57 0
だいたい金姓大杉w

8 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:37:55 0
奴婢が5割いたらしいけど、国民には含めないのですか?

9 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:41:23 0
>>8
奴婢は李朝をつうじて、割合が激減している。末期には殆どいない。

10 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:51:51 0
>>9
二十世紀になっても奴婢がいたのが凄いわな。

11 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 16:55:12 0
それでは被支配階級がいないのに両班が支配階級といえるのでしょうか?

12 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:34:45 0
鹿児島でも士族が4割だけど、士族だって威張ってるじゃん。

13 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:35:12 0
北では「成分」と名を変えて今も健在ですよw

14 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:39:58 0
朝鮮人は英国なんかにいったとき、騎士階級相当だと気取る権利があるわけね。

15 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:44:37 0
どこまで背伸びをしたところで所詮は
中国様の奴隷ミンジョクに過ぎなかったわけで。

16 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:48:07 0
在日朝鮮人も大多数が貴族
日本人の大多数は庶民。
なんか笑える。

17 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:55:09 0
>>1

× 貴族

○ キ族

18 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 17:57:29 0
>>15
スラブ民族(直訳すれば奴隷民族)にも貴族はいたわけで。

19 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 18:18:38 0
>12
士族が4割もいたって本当かね?
ちょっとぐぐってみたが江戸時代に武家の割合が1/4ほどいただけで
”士族”が4割なんてソースは見つからなかった。
武家のほとんどが平民に繰り入れられた事を考えると1/4の割合から
士族になれたのが4割は大虐殺でも無い限りありえない。

20 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 18:52:32 0
広義にいえばの話だろ。
言葉のあやだなw

21 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 18:58:15 0
>>19
>武家の殆どが平民に繰り入れられた。
んなこたない。
鹿児島県が士族が多いのは有名。

22 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 19:03:02 0
沖縄にも自称「源氏の末裔」がいることだしそこはまあw

23 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 19:06:54 0
へぇ奇族なんだぁ〜

24 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 20:07:53 0
日本全国では、武士1割、町人1割、農民8割、というのが定説。

25 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 20:11:26 0
ポーランドでは貴族が異例に多く、全人口の1割を占めていたというが
朝鮮はそんなの目じゃないんだな。

26 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 20:11:44 0
>>18
別にスラヴがもとから奴隷って意味だったわけじゃくて、
最初から「スラヴ」と名乗ってた集団を奴隷にしてみたら、
思いのほか良く働いたから、奴隷を指す単語にスラヴが当てられたってだけ。
漆器をjapanとか陶磁器をchinaと呼ぶのと同じ理屈。

27 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 20:44:35 0
地理学・人類学板にも同じスレを立てているぞ。こいつ。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/geo/1115188827/l50

28 :世界@名無史さん:2005/05/04(水) 22:15:18 0
まじレスすると、19世紀末李氏朝鮮の両班の比率は
戸数で50%程度、人口比だともっと少ないはず。
というか、被差別民である白丁などは戸籍外なので、
カウントされないし、両班戸の戸籍の中に私有奴隷
である奴婢が入るので、人口比だともっと少なくなる。
ちなみに同時期の奴婢の比率は人口比で30%程度
になっている。
両班を名乗る率が高いのは、両班戸は税制上優遇
されていたので、ある程度の資産があればあの手こ
の手で両班になろうとしていたから。

29 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 02:25:09 0
朝鮮では祖先に1人でも両班が居ると自分も両班と名乗る。
祖先に1人でも両班が居れば良い訳だから、朝鮮王朝末期にはその数も激増する。
勿論、それだけで食べていける訳も無く、自分で稼ぐ必要がある訳だが、
両班の心得(美徳)として働かない事が有り、自尊心の強さも関係して
なるべくなら働かないという民族になった。

その結果、王朝末期は国民全体が悲惨な状態。

30 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 09:09:52 0
国をあげてニートwww

31 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 09:30:22 0
でも今の韓国人は良く働くね(他の国と比較して、だけど)

32 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 10:11:26 0
女は働くが、男はみんな社長かヒモになりたがってるよ。
今でも財を増やすのは妻の役目という伝統が残ってるそうだ。

33 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 10:54:32 0
日本人学者が1860年頃の戸籍を分析した結果、100年くらいの間に両班が激増し、
すでにそのころ国民の6割以上が両班になっていたという分析をよんだことがある。
王朝末期には人口の7割以上が両班担っていたというのは本当だと思う。

34 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 10:57:04 0
もしそうなら被支配階級の流入によりその時点ですでに両班は
支配階級では無くなっていたと考える方が自然

35 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 10:58:50 0
国民の6割以上がろくに税金払わないんじゃあ、どこかの国に寄生でもしない限り、どうにもならんわな。

36 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 11:11:21 0
>>34
近代国家では貴族なんてどっちみち支配階級ではない。
朝鮮人は曲がりなりにも正統に貴族の出身を名乗れてしまうところに本質があるw

37 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 11:24:31 0
李氏朝鮮はどう考えても、近代国家とは言えんだろう。

38 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:03:02 0
>>37
今の韓国人がってことだろ。

39 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:10:23 0
>>19
士族と平民の子も士族の子孫とするなら士族の子孫はどんどん増える。

40 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:17:16 0
朝鮮も日本も男系主義だからな。
祖先に一人でも両班がいれば両班というのは、
男系の祖先にいえることだと思う。
士族と平民の子は、旧民法下では士族の家をつげば士族だけど、
そうでなければ平民だろう。

41 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:19:19 0
ちなみにドイツイタリアの現在の習慣では伯爵の子は皆伯爵なのだそうだ。
こうなると将来爵位貴族が激増すると思われ。

42 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 15:43:38 0
>>41
君主制でない国に爵位って何の意味があるんだろう?

43 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 16:05:01 0
イタリアの王は今でも帰国運動してるだろ

>39
士族になれたのは大名家の家臣だけで、家臣の家来(例えば家老の家来とか)は平民
減る事はあっても増える事はありえないだろう

44 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 19:24:39 0
>>42
自己満足だろうね。

45 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 19:27:40 0
>>43
士族自体はもっと広い範囲でしょう。
じっさい明治のはじめは足軽を卒族と言ったが、後に士族に編入されたし。
いまおれは大正時代の川越の資料見てるが、市民の半分が士族だ。

46 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:03:53 0

■■ 韓国・朝鮮からの帰化者、既に30万人も ■■

・数字は1952年からの帰化者累計(それ以前は不明)
・現在の在日韓国・朝鮮人の人口は約63万人(うち特別永住者が約53万人)
・1995年以降、毎年約1万人のペースで帰化している
・帰化者が増える中、なぜか在日人口がほとんど減っていない
・帰化者の85%は日本人との国際結婚
・ダブル(ハーフ)も既に20万人近くいる
・韓国人の不法滞在者は今年1月で5万6千人
・ニューカマー、帰化者、ダブル、クォータ、まで合わせると約130〜200万人

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1024065041/
http://www.moj.go.jp/TOUKEI/t_minj03.html

ドンドン日本に帰化させて、日本人種、日本民族を滅ぼすのが半島人の狙い。

47 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:06:46 0
言っとくが両班と士族は全然違うぞ。
日本の士族は上士や幕臣クラス以外の大部分が貧乏だった。
生活するために、武士から商人になったものも多い。
江戸時代は構造的には富裕商人がトップクラスの生活をしており、
その下に、殿様・重臣、豪農、士族、町人、貧農みたいな感じだった。
ちなみに、江戸中期ぐらいから幕臣、旗本の株は売買されており、
幕末の幕府方の偉人は先祖が商人の者が多い。
わざわざ金の儲からない武士になりたがるものは国のために
働きたいと思う者だったからと思う。

48 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 20:10:52 0
ここでは広義の貴族である世襲的支配階級に関するスレです。
各国の個別の違いを論ずるところではありません。


49 :世界@名無史さん:2005/05/05(木) 21:48:01 0
>>48
君は>>1か?
スレッドの論点自体が曖昧であり、指針も無い状態でどのように論ずれと?
各人が好きなように語るのも仕方の無い事だろう。
「広義の貴族である世襲的支配階級」だけに絞った狭義的な語り合いがしたければ、
>>1でそう言えば良い。
一日以上経った今更言われても皆困る。

仮に君が>>1で無いのであれば、くだらない事で皆の話を折るな。

50 :fwapyung:2005/05/06(金) 12:54:20 0
世界的に有名な韓国人のみの『火病』別名『鬱火病』hwapyungファピョン
と言います。アメリカ精神科協会に正式に登録認定された精神疾患で文化欠陥
症候群とも、怒りっぽい・逆ギレ、で精神性ストレスを解消不能の獣的障害で
重症ならショック死する奴もいるらしい!奴らがいろんな国際的な舞台で異常な
言動をするのも、これで説明がつくが、大統領以下多くの奴らがこの症状を発症
傾向にあるのは世界的に問題化し警告せねばなるまい!


51 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 14:09:57 0
1は何が言いたいのか さっぱりわからん。北鮮や南鮮の国民が貴族の末裔って、
それがどうしたのか?

52 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 14:13:22 0
そういう国だって言いたいんだろ。
それが本当かどうかみんなで検証してちょうだい、と。

53 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 14:13:51 0
じゃあ、三割は白丁か


そりゃ差別が厳しいわけだ

54 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 14:21:24 O
朝鮮人は下に見た人間には酷い態度をとるからな。ペクチョンはさぞ酷い目にあってただろう。

でも、
三割の農奴で
どうやって残り七割を支えていたんでしょうな?
理屈で考えたら不可能でしょうに。

55 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 17:18:40 0
>45
卒族から士族に編入されたのはごくごく一部だろ
見ては無いけど、北の零年という映画はそういう話じゃないのかな

56 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 17:20:50 0
>>54
名ばかりの両班が大半で、やはり自活していたんでしょう。
それでも働かない奴は多くいたとは思うが、
今の日本でも1億2千万の人口で働いてる奴は50%くらい?
詳しい数字はちょっと分からないし、現代と比べるのは荒唐だとも思うけど、
3割で7割を支える事自体は不可能じゃないと思う。
勿論、裕福な国を目指す事は無理。
実際に朝鮮はド貧民国家だった訳で。

57 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 18:52:13 0
>>53
いや、王朝末期には両班の下に中流階級がたくさんあって、平民に当たる階層が本当に少なく、
被差別的な階級が殆どいないんだよw

58 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 18:53:26 0
>>6
男はみんな侍だ

59 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 19:00:47 0
>>56
>今の日本でも1億2千万の人口で働いてる奴は50%くらい?

この場合は世帯でみるんでしょ。
全く労働してない世帯が5割もあったら破滅だ。


60 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 20:19:13 0
7割も貴族だったら貴族階級のインフレが起きて権力も糞もないな

61 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 21:08:57 0
貴族というより古代国家における自由市民みたいなもんじゃねえの。

62 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 21:13:51 0
>>55
     同二年、六月二十五日、政府は、旧諸侯の一門以下平士に至るまでを「士族」と称することとし、
     士分以下を「卒」とした。なお「卒」という名称が法律上に規定されたのは同三年の「藩制」に
     おいてであった。
     これまでの武士階級の複雑な上下関係を士族・卒の二階級に要約・整理したのである。
     (中略)
     同五年二月には、世襲の卒を士族に、一代限りの卒を平民にそれぞれ編入して、
     「華族」・「士族」・「平民」の三階級に統合された。
      なお、同五年の『日本全国戸籍表』によると、士族は二五万八九五二人、
     卒は一六万六八七五人であったが、「卒」の編籍後の同九年には、士族四〇万八八六一人、
     その家族一四八万五九二三人となっている。
     (以下略)

        東京堂出版『日本史小百科 武士』 下村效編

これをみると卒族のほとんどが士族に編入されたといってよさそうだが。

63 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 21:27:49 0
>>61
自由市民は法的には貴族ではなく、奴隷じゃない人間を言うんだから、
朝鮮では「常民」がこれにあたる。
朝鮮末期には、両班より圧倒的に少数派w

64 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 21:41:39 0
どんなに階級の上に登っていっても
その上には占領していた日本がいる訳だから
彼らのプライドは・・・・そりゃ日本嫌いだわな

65 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 22:17:25 0
>62
そのデータがあってると仮定して、明治5年に全国に25万人という事なら
日本の総人口が34,806,000なので士族は1%以下になるんだけど。
明治9年でも35,555,000人にたいして40万人は少なすぎでは。

66 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 22:43:50 0
>>65
それは人口比でしょ?家族もコミなら約150万人が士族だったことになる。
それでも4%程度だけど……江戸時代の7%っていう数字は出入りの武家奉公人も含んでいるか、
神官や公家の奉公人、賤民階級を母数に入れていないとか。

67 :世界@名無史さん:2005/05/06(金) 23:01:16 0
>66
人数ではなく、戸数という事?
それでも鹿児島の明治初年には、士族戸数32961戸、男65272人、女75926人
ということなので日本の士族の1割以上が鹿児島にいた事になりますが。

68 :677:2005/05/06(金) 23:02:57 0
もうきりがないので鹿児島の士族4割のソース出してくれれば話が早いんですけど。

69 :世界@名無史さん:2005/05/07(土) 01:27:43 0
>>68
君は未来の人?
だとすれば677までは士族4割ソースは出なかったと言う事か…
もし677までに明確なソースが出てしまうと、>>68の存在が消えてしまう事になり、
いや!そうはならないのか?
(゚〜゚)うーむ・・・

70 :世界@名無史さん:2005/05/07(土) 01:52:22 0
>>67
そう。戸数。

>>62の明治9年に士族40万8861人、その家族148万5923人というのは
平凡社の世界大百科事典でも「士族約189万」となっているので合致する。

>>67
>鹿児島の明治初年には、士族戸数32961戸、男65272人、女75926人
これが戸籍によるものなのなら、おっしゃるとおり日本の士族の1割以上が鹿児島にいたことになる。
どういう統計データなのかな?
ひょっとしたら士族といいながら実際は武家奉公人も含んでいるのかもしれない。

71 :世界@名無史さん:2005/05/08(日) 12:45:44 0
>62
おれも平凡社みてみたがこの数字はおおむね正しそうだね。

そこで鹿児島藩を調べてみたが、ここの藩士はほとんど生産に従事していたんだな。
つまり兵農分離後に帰農した百姓を外城衆として藩士扱いにしていたんだ。
そしてその中から地頭、庄屋を選ぶという他藩と違う制度をとっていた。
その数2万、残り1万あまりが城下にいた実数であろう。
全国平均より多いことは事実だが、水増しされた数字であるのも確か。
4割のソースは相変わらず見つからないが、1/4と考えれば3で割れば全国平均に
近いのでやはり士族の割合が1/4が正解ではないだろうか。


72 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 21:22:30 0
両班が50%とか70%とか電波飛ばすなよ( ^Д^)

両班の定義をこねくりまわして拡大解釈してんだよ。
50%とか70%とかいう根拠は、幼学を含んでいるから。

奴婢は人口の30ー50%の間。
両班は10%程度。勿論、本来の両班は科挙の合格者だから
現在の日本の上級公務員試験の合格者より少ない。

で、何で50%なんて数字が出るかと言うと、
民籍簿の労役免除者から導いた数字。

現在の韓国でも、研究者等は兵役を免除されてるけど、
あれと同じように、両班は労役を免除してあげるから勉強しなさいという
制度から両班の数字を割り出してる。

ところが、後期になると、これも現在の韓国の徴兵制と同じように
色々な手を使って労役を免れている。
で、五〇%なんていう数字が出てきただけ。

まあ、現代の韓国人の自尊心を満たす為の数字操作だね。

73 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 21:33:44 0
参考までに、本来の両班、文班の合格者。

李朝後期の110年間で、3950人。年平均で、36人。
さらに正規合格者である式年試合格者はその1/10。
三代続けて不合格だと両班の資格は取り消し。

74 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 21:37:14 0
そもそも、20世紀初頭の識字率が10%台なのに、両班人口が70%って何だよ。
殆どが字も読めない両班かよ。意味ねえ( ^Д^)

75 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 21:54:53 0
>>72
それと、奴婢が私有の家畜として両班の戸籍に吸収されているから、
「戸数」の比は、常民・中人と両班の比になるのも両班が多く見える理由だね。

まあ、アノ手コノ手で両班を水増ししてる訳だ。
現代の韓国史学って民族的自尊心の為に存在してるからな

76 :世界@名無史さん:2005/05/12(木) 21:59:17 0
本物の両班の家には、国王からの任命書が残っている。

77 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 13:11:27 0
本物の両班である役人は、ごく僅か。武士よりも遥かに少ない。

残りは、「シャチョーサン、スケベネ」のシャチョーさんの類。

78 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 13:20:52 0
>>77
はは、なるほどね。

79 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 19:04:28 0
いや、族譜のある家は、両班。
両班の男系の子孫は、両班。


80 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 19:11:19 0
両班って嫡男だけが継げるはずだったのに、これを血縁にもやることにしたら
増加したって聞いたが。

81 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 19:12:10 0
>>72
ソースは?

82 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 19:17:49 0
それでは、李氏朝鮮時代の「奴隷―奴婢」の数はどうだったのであろうか。
「大邸帳籍―1690 年-1849年」からの四方 博京城大学教授(執筆当時)の「朝鮮社会経済史研究(中)」から引用する。調査された面は「李氏朝鮮時代の身分制度(3)」に対応する。


# 期間 両班 常民 奴婢 総計
1 粛宗16年(1690年) 1027人 6894人 5592人 13912人
2 英祖5年(1729年)、
同8年(1732年) 2026人 8066人 4940人 15266人
3 正祖7年(1690年)、
同10年(1786年)、
同13年(1789年) 3926人 6415人 1957人 12300人
4 哲宗9年(1858年) 6410人 2659人 4126人 13195人

やっぱ両班は多い。

83 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 20:36:06 0
土人の酋長なんてありがたみが無いよな。

84 :世界@名無史さん:2005/05/13(金) 21:50:01 0
在日の出身地として多い済州島だと
さらに高率なのだろうか? <白丁

85 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:35:06 0
>>79
族譜自体が殆どが20世紀の併合後に出来たもの。

さらに族譜は売買されていた。

86 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:35:58 0
>>81

東大の宮嶋博史さんあたりの本に詳しい

87 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:40:09 0
>>82
だから、その場合の両班は、「労役免除」の者を
両班と「定義」してるんだよ。

つまり朴政権時代に較べて現在の韓国人は不法な兵役免除者が増えてるでしょ?
同じ事。つまり、労役免除者が増えたと言う事。

88 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:45:02 0
>>82
つまりね、民籍簿には、両班とか奴婢っていうのは書いてないのよ。
だから、労役から判断してる訳。
ところが平和な時代で、社会の綱紀が緩み、かつ新興の地主階級が
出て来たんで、労役免除者が増大した。
それが、労役免除者を両班と定義した場合、両班が増えた理由

89 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:47:29 0
日本的な意味での貴族と言うなら、官職保持者だろうね。
それも正2品以上とか。

90 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 00:51:49 0
>>80

両班って、明確な定義がないんだよね。

それと族譜も、時代によってどんどん書き換えてるし、
行列字も時代によってルールが変っている。


91 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 08:38:19 0
日本の士官学校の卒業者名簿には、朝鮮出身者の後に、
常民とか両班とか王族とか書いてあるんだよね。

あの両班とか常民の区別は何なんだろう?
彼らは大韓帝国時代の大韓軍官学校の編入組なんだけど
両班が少ないんだよ。


92 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 09:22:46 0
そりゃそうだろう、両班のほとんどは文班だで。
文班は軍人を軽蔑しているよね。
軍人になるのはごく少数の武班か、常民なのは当然。

93 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 17:16:08 0
>>79
いや、族譜のある家は、両班。

んな無茶な(笑)

そもそも族譜はそんなに歴史があるものじゃないよ。
最初に作られたのが、日本の戦国末期、安東権氏の族譜。

94 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 17:21:39 0
>>92
武班は両班だよ。
武班と文班で両班。

そもそも大韓軍官学校は当時でも超エリート。
武班の科挙よりも遥かに人数も少ない。

大韓帝国は戸籍上、(自称ではなく正式な)
身分を記載していたという事になるんじゃないかな?

つまり相当なエリートですら正式な両班では無かったと
いうことになるんじゃないかな。

95 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 17:23:31 0
>>92
>そりゃそうだろう、両班のほとんどは文班だで。

両班の殆どは武班。
文班の合格者なんて、上級公務員試験の行政職より少ない。

96 :どんがばちょ:2005/05/14(土) 22:26:59 0
武府武班

97 :世界@名無史さん:2005/05/14(土) 23:23:11 0


       __           ______
     /(__)          |ファンタジ~スタ~|
   /  .i i          | ((( ))) |
 _/   . |  |         .| < `∀´> |
  )   ::: .|  |         .| ⊂((  ((つi |
  | ::   .|.  |         |   Y 人┘|
  .|     .ヽ_ノ         |   (_)ノ |    
 i..|..::::..  |i=i          . ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
  | ...:::: || |        シクシク・・・チョパーリノネツゾウニダ・・・  
 i |..:::.. ./|  |    /  _ ∧ _∧ -   … /i...
   | / .|   |   /  (_<  ;`Д´>ヽ ):.   /.;|.
  ! /   ⌒⌒  /    / ⌒、  ソ'.')::   / /| (_)  
  ノ         /    / ヽ  .,/ :/:::::  /./i_|::::...
.ノ         /   ノ   ,\_.ノ::::   / /::::
          /   ;_ _ -─ー _::::   / /:::
       . /  /        ヽ  / /:::



98 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 10:33:04 0
韓国の老人達に言わせると、「本物の」両班は一目瞭然だったというねえ。
ともかく華奢で、男でも足が24cmくらいしかなくて、女のこみたいな手をしてたそうな。

あと、親戚の爺さんが戦前、朝鮮の本物の両班に食事に招待された時、食卓に
全然辛い物がないので聞いたら、「そんなものを食べるのは卑しい身分の者だ」と言われたそうな。
そういえばTVにでてくる宮廷料理の類って、ちっとも赤くないよな。

本物の両班の特徴
@ 辛い物を食べず、
A 体が小さく華奢で、
B 温和で動きが緩慢

在日には、両班の子孫はいねえな( ^Д^)



99 :世界@名無史さん:2005/05/15(日) 20:03:17 0
>>98
うわ、すごいな。
そんな、ある種、宦官みたいなヤシらが、陰湿な宮廷党争にあけくれていたわけね。

ところで、日本の平安時代とかの貴族の男も、そういうのばっかりだったのかな?
中国の六朝時代の貴族の男とかも、なよなよしてて、乗り物の乗り降りはお付きの者に
かかえてもらってたって話だし、東洋の貴族って、そんなのばっかなのか。

100 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 11:36:31 0
日本の貴族は夜な夜な夜ばいかけたり女官と乱交したりとかそんなイメージだが

101 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 12:22:48 0
>>100

朝鮮も似たようなもんだよ。
客がくれば、嫁か娘を添い寝させる。(客妾)
これは正二品までの貴族達までの習慣。
しかも中国に貴族の娘を毎年数百人規模で提供してたからな。(貢女)

儒教にとっちゃ女は単なる子供を産む道具だからな

102 :世界@名無史さん:2005/05/16(月) 19:15:11 0
両班を、なんかやたら狭い意味に解釈してるやつがいるが、
それは両班のもともの意味であって、
支配階級としての両班は19世紀には人口の半分以上を占めていた。
これは有名な事実。戸籍にも両班と書いてある。

103 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

104 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 11:55:58 0
>>102
戸籍に両班と書いてあるのは、大韓帝国時代だけ。
そして戸籍に両班とかいてある人口は数%。嘘はいかんよ。

105 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 11:57:48 0
ていうか、

>支配階級としての両班は19世紀には人口の半分以上を占めていた。

馬鹿じゃん( ^Д^)



106 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 12:05:07 0
ていうか、その50%もの支配階級がいる社会が
大半が小作農で識字率10%台の愚民社会・・・
それって支配階級なの?



朝鮮労働党員を支配階級と称するようなものか・・・(´・ω・‘)
国民の大半が社長である台湾の社長みたいなものか・・・

107 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 12:12:54 0
>両班を、なんかやたら狭い意味に解釈してるやつがいるが、
>それは両班のもともの意味であって、
>支配階級としての両班は19世紀には人口の半分以上を占めていた。
>これは有名な事実。戸籍にも両班と書いてある。

「戸籍に両班と書いてある」のは、「なんかやたら狭い意味」の両班のみ。
あとは自称。

108 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 14:02:09 0
金海金氏とかの「名門」一族なんて250万もいる。こういった100万を越す一族が
韓国にはゴロゴロある。わずか4000万の人口なのに。
勿論、こういった連中が多産の訳では無くて族譜売りが盛んだっただけなんだけど、
この一族に属した途端、彼らは全員両班だと主張する。

まあ、いってみれば鈴木姓も山本姓も貴族から派生してるから
日本人の殆どは貴族出身って言ってるのと一緒。

日本は血縁共同体じゃないから、そんな事に固執しないので
捏造する必要が無いだけ。


でも、本国の「本物」の両班は、「自称」両班を馬鹿にしてるよ。
かれらは明確に、「本物」と「自称」の区別をつけている。

ただ、国策で韓国人の大半は「両班出身者」という教育をしてるけど
現実的には、厳然とした区別がある。
在日君達には、回りに本物の両班がいないし、日本人も気にしないから
自称両班でも、別に馬鹿にされる事はないけどね。

留学生で本物の両班であるN家の宗孫と話した事があるけど、
非常に礼儀正しい彼が、その件についてはかなり過激と言うか差別的だったんで驚いた記憶がある。
結局、「名門」というのも、ある種の特権だから、50%なんていう族譜買連中と同列の
OneOfThemの立場は許せないんだろうな(笑)


109 :世界@名無史さん:2005/05/17(火) 14:25:18 0
こういう事かな?


@本物の両班:支配階級
 科挙合格者とその家族(但し直系の孫まで)
 大韓帝国の戸籍にも両班と記載
 本物両班 数%

--ー------ 自称両班 ↓------------ 

Aいわば名門家系:先祖や近い一族に両班がいる
  名門型両班 10%

B>>82の四方教授のように、労役を免除された人々を
  両班と呼ぶ場合 
  労役免除型両班 50%

C20世紀の混乱によって全員が両班だと信じるようになった
  いわば
  一族神話型両班 100%

常識で考えれば、支配階級とまがいなりにも呼べるのはAまでだろ



110 :世界@名無史さん:2005/05/18(水) 13:36:11 0
在日はCだな( ^Д^)

20世紀になって、それまで存在した本貫に国策で
枝をくっつけて、そういった名門一族に吸収させたんだよね。
そうしないと奴婢の戸籍問題が出てくるからな。


111 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 01:32:11 0
在日と韓国の学者の対談を読んだ事あるけど、
20世紀まで、族譜を持っていた家は10%程度だって言ってたな。

創氏改名に朝鮮人が積極的だった理由の一つは、
この身分制度が原因だったらしい。
だから本貫欄を無くす事も要求されたらしいよ。

朝鮮人は家系や姓を大切にするとか言うけど
それは特権層の話であって、逆にこれが差別の原因になっていたようだ。
で、族譜を無くす替わりに全員が族譜を持つと言う荒業で差別を無くそうとした訳だ。
一種の共同幻想だな。


ま、他人の先祖を祀るハメになってしまったが。

112 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 06:51:55 0
金容雲 
皮肉なことに、全国に家計譜が流行った時期は植民地時代と一致しています。
日本は朝鮮半島を植民地化し、いわゆる近代的な法律制度を持ってきました。
そのため両班・常民制度の区別ができなくなった。昔は常民には族譜がありませんでした。

族譜を持っているのは両班だけで、両班はそれで威張っていたんです。
ところが日本が植民地にし、近代の法律を持ってきたから、だれが族譜をつくろうがかまわなくなった。
お金が少しあれば、みんなつくってしまった。

家門の田んぼがあれば先祖の祭祀ができるよう、村ごとに祭閣をつくれるようになりました。
昔は常民にはできなかったが、法律上やっていいことになった。だからみんない家門田を持って、
世居地化し、族譜をつくりました。すなわち、どの家門も形式に関しては両班になったのです。

いま、韓国族譜のない家庭はほとんどありません。
韓国人に「お前の家は常民か」と言えば、だれでも怒りだす。常民はひとりもいない。みんな両班です。


113 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 07:55:27 0
>韓国人に「お前の家は常民か」と言えば、だれでも怒りだす。常民はひとりもいない。みんな両班です。
要するに身分差別を消滅させたんだから、ほとんど革命。
しかも「全員貴族化」という超荒業で。
世界史的偉業といってもいいと思うんだがどうだろうか。


114 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 08:22:41 0
日本で貴族に当たるのは、士族じゃなくて華族だろ

115 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 13:11:40 0
>>113

仲間内でやってる分には文句いわんけどな( ^Д^)

116 :112:2005/05/19(木) 13:14:45 0
ちなみに、金容雲は同じ対談で、20世紀初頭に族譜を持っていたのは
国民の10%だったと言っている。
つまり本物の両班だけが族譜を持っていたという事だね。

117 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 13:24:32 0
20世紀初頭の朝鮮人の識字率が15%程度だった事を考えると、
族譜を持っていた家系が10%だったというのは妥当だろうな。


118 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 13:38:47 0
>で、族譜を無くす替わりに全員が族譜を持つと言う荒業で差別を無くそうとした訳だ。

ていうか戦後のドサクサにみんなが鷹司とか近衛とか名乗ったようなモンだな。
まあ、朝鮮人らしいと言えば言える。

戦後になって、殆どが親日派だったくせに、みんなが独立運動をしていたと主張する
韓国人のメンタリティそのままだ。


119 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 13:56:39 0
今は韓国人に両班というと笑い出すよ
ばかばかしさはわかってるようだね
李氏の末裔にもまったく無関心

今の韓国は米国同様金持ってるヤツが偉い

120 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 14:08:05 0
>金持ってるヤツ
それと一流大学卒業。日本での東京大学卒業の比じゃない。

121 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 15:58:39 0
>日本で貴族に当たるのは、士族じゃなくて華族だろ

それを言うなら、日本の貴族に該当する両班は、正二品以上の両班。

122 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 16:00:11 0
まあ、正二品でも中国に娘を献上していた訳だが・・・・(つД`)

123 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 17:09:58 0
>両班を、なんかやたら狭い意味に解釈してるやつがいるが、
>それは両班のもともの意味であって、
>支配階級としての両班は19世紀には人口の半分以上を占めていた。


小作農で字も読めない連中を支配階級と呼ぶのは
無理があるだろ。

朝鮮時代、地主は50%もいないぞ。

124 :世界@名無史さん:2005/05/19(木) 17:10:03 0
>>122
マジ?
漏れはてっきり貧乏な下級両班か庶民や賎民の娘で器量良しなのが
献上されていたと思っていた。

125 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 14:41:31 0
>>124
色々な形で貢女してるからね。
官妃の場合から、官妓、軍妓まで多種多様な女を貢いでいた。

中国には朝鮮からの徴女史の研究書も色々ある(笑)

126 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 16:48:56 0
族譜でも、派とか流とかあって、族譜の売買をしても本流には接木させないって聞いたな。
だから分かる人には分かるみたい。

127 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 16:55:47 0
秀吉の時に、民衆が真っ先にした事は、役所を襲って戸籍を燃した事。
これも両班が増えた原因だろうな。この時代には族譜も殆ど無かったし。

128 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 16:59:46 0
ブルマおいときますね
http://www.cosplay-ya.com/rh/taiikugi_navy.jpg

129 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 20:49:16 0
科挙の正規合格者=両班

式年試(正規試験)李朝500年で
163回

別試(両班の師弟の為の臨時試験)
581回

一回の科挙の合格者人数
文班  平均  19.5人
武班  平均 236.7人

合格者の直系の3代目までは両班
その間に不合格だと常民に落とされる

※ここでいう両班は、戸籍にも両班と記載される正式な両班。
日本の貴族に匹敵する従二品以上の両班は約200人。

130 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 21:09:15 0
>>109
> 本物両班 数%

なこたあないだろ。
科挙の合格者からしてもっと少ない。
ソウルに大半の両班が集まっていたにもかかわらず人口20万。


131 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 21:11:34 0
自称両班を認めて本当に7割とすると、全然貴重じゃないわけで、
常民や白丁の方が貴重。
つまり文字通りには常民や白丁が貴族。

132 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 21:41:24 0
希少なだけで貴重じゃないわな

133 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 22:33:46 0
いや、それ以前に、字も書けない小作農が支配階級と言えるのか?

少し荒っぽ過ぎねえか?w

134 :世界@名無史さん:2005/05/20(金) 22:36:32 0
>>131
白丁と奴婢は別。

国民の50%を占めた奴婢は日本統治時代も売買されていたけど
白丁は、日本で言えば座頭とかエタの類で、結構優遇されて金持ちだったりする。

135 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 15:20:06 0
そういえば、秀吉の時に投降したサヤカも金海金氏に編入されてたね。



136 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 19:04:25 0
>>122
今日立ち読みしてきた黄文雄の本には
朝鮮国王の姉妹や娘も差し出していたそうだ。
身分の低い女を身代わりにしていないかどうかを確認する
中国人が派遣されて、ばれると厳罰を食らった。
献上された李朝王女はどんな扱い受けたんだか。
身分の高い女を性奴隷にした方が刺激が強くて癖になるんだろうな。

137 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 19:08:14 0
黄文雄の本には ×
黄文雄の本によると ○
980円だったから買えばよかった。
一冊しか残ってなかったから明日買いに行っても売り切れているかも。

138 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 22:28:16 0
例えば、朝鮮初期まで朝鮮では兄弟婚が普通だった。
族譜にその事が書いてあるなら族譜を信じても良いよ( ^Д^)


139 :世界@名無史さん:2005/05/22(日) 22:31:46 0
>>138
それで納得した。
道理で韓国パブのアガシが客に「オッパ!(お兄ちゃん)」と呼ぶわけだw

140 :世界@名無史さん:2005/05/23(月) 00:01:11 0
”キ”族だなんて幾らなんでもかわいそうだよ。

”き印”程度にしておけよ!


141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2005/05/24(火) 00:30:42 0
両班出身の >>1
半万年宗主国様から全く鼻にすら掛けられず、
本国が日本の都道府県のひとつに過ぎない琉球(沖縄)よりも格下の扱い。
 注)明王朝から朝貢国や諸藩に中華世界の一員として授けられた証明印
  琉球→銀印 > 朝鮮→包土(陶製)いわゆる泥の固まりを捏ねて焼いただけのもの
平民出身や宮廷の奴隷階級にすぎない宦官達からも虚仮にされ
粗雑に扱われる国王配下の貴族階級って少し惨めにならんか。


142 :世界@名無史さん:2005/05/24(火) 20:24:14 0
その奴隷の中には朝鮮が献上した香具師もいるんだよな。
自分が献上した宦官に土下座する国王。

143 :世界@名無史さん:2005/05/25(水) 04:57:55 0
未開な朝鮮を莫大な資金を投入して近代化した日本
http://www.geocities.jp/hiromiyuki1002/cyousenrekishi.html
http://plaza.rakuten.co.jp/khiroba/diary/200411150000l

144 :世界@名無史さん:2005/05/28(土) 21:43:25 0
摩羅イヒも金。
そして「王族の血」をひく両班。 W

145 :中華圏から永遠に逃走せよ:2005/05/29(日) 11:07:07 0
■【正論】評論家 屋山太郎 日本外交を「海洋国家連合」に転換せよ

http://www.sankei.co.jp/news/seiron.htm


146 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 02:22:52 O
倭猿は90%が奴隷の子孫でしたね。すみません忘れてました。
東京壊滅地震で被害に会われたらバナナ送りますので食べて下さい。バナナ代は後で税金から頂きますから心配なさらずに
家畜に劣った奴隷猿様倭猿より、虫の方が生命価値ありますね
また地震ショーを見せてください

147 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 11:12:12 0
貴族だと、なんか良いことあるの?
貴族として、なんか義務をはたしてるの?


148 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 12:00:02 0
現代社会に当てはめれば、中学校で生徒会長だった事だけが人生唯一の誇りと同義




過去に生きる悲しい民族性をなんとか汁

149 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 13:36:02 0
>>146
何語ですか?

150 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 13:39:23 0
どうやら統合失調症のようだ

151 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 14:56:42 0
韓国人女子大生は7割が整形

152 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 18:15:32 0
http://www.geocities.jp/eastasia_634/index.html
韓国人ビザ恒久化反対まとめサイトをたちあげました。
彼らの侵入がどういう事になるかわかりやすくまとめています。
賛同してくれる方を大募集中!

153 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 18:43:12 0
↑ここは社民共産支持者ばっかだから意味ないよ。

154 :146:2005/05/30(月) 19:10:48 O
ネタ


155 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 21:25:15 0
朝鮮人は形質的に日本人と最もよく似た民族である。同じく黄色人種(モンゴロ
イド)に属し、皮膚は黄色、毛および瞳(ひとみ)は暗色で、特有な偏平な顔と、
ひいでた頬(ほお)骨と、あまり高くない鼻の持主で、蒙古皺襞(しゅうへき)
のために、つり上がったような目を有するものが多い。身長は大部分が世界諸
民族のうちでの中の下を示し、小部分が中に入る。そこで大部分が中の下、
小部分が小の身長の日本人よりも、大きいことになる。頭部は大部分が短頭、
小部分が超短頭に属する。日本人は大部分が短頭、小部分が中頭であるから、
朝鮮人のほうが短頭の程度が強いということになる。頭高は、世界中で最も高頭
の部に入る。頭が前後に短くて高いために、後頭部の円味をかき、横から見れば
偏平なのが多く、また他の周辺民族よりも頭の左右にゆがみのあるものの出現率
が高い。頭髪はモンゴロイド共通の性質として、かたく真直である。朝鮮人の
頭髪以外の体の発毛状態ことにあごひげと口ひげや陰毛は、日本人と比較すれば
一般にうすく、アポクリン腺の発達が不良なので、腋臭(わきが)は日本人より
も少ないとされる。

156 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 21:36:49 O
同じ遺伝子からの一卵性双子でも性格は変わる
氏より育ち
人種差別民族差別じゃなくて成り立ちの問題。
日本人は頑張る朝鮮人には思想を越えてもエールを送れる。
だが朝鮮人は俺が見る狭い範囲の限り差別を行う。犯罪者とその息子の人生は違う


157 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 21:55:00 0
貴族が日本に負けるうぇwwwwwうぇwwwwwうぇwwwwwwwww

158 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 01:19:08 0
>>99
平安時代は文が優位だったが、武が激しく蔑視されていたわけではなかった。
平安貴族も弓を引いたり馬に乗ったりしていた。


159 :ロン先生の弟子:2005/06/17(金) 04:55:47 0
 ところで、「火賊(ファジョン」て何?
 おしえてくさい。

160 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 09:23:28 0
江戸時代の武士も、時代とともにどんどん割合が増えている。まず、江戸時代の初期
段階で、単なる下級兵士・農民兵にすぎなかった「足軽」が武士扱いされるようになった。
時代が進むにつれ、郷士やら庄屋といった有力農民が武士扱いされるようになった。
武家奉公人は江戸時代末期に至ってもまだ武士扱いされてなかったけど、武士扱いされ
るのも時間の問題だったと思う。実際、明治維新以降この武家奉公人が武士扱いされている。
これは、明治維新の有力者に、下級武士を自称する「武家奉公人」が多かったのもひとつの
理由だけどね。

江戸時代が続いていれば、日本でも7割が自称武士という事態になっていたかもしれない。

161 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 18:08:00 0
>156
ところが一概にそうとは言えない事例が多々出てきている。
これは人種差別につながるので、この分野への積極的な研究は、各国の研究者にとって及び腰になるのも一理あるが、
一卵性双生児について興味深い研究があった。

その中で特に注目を集めたのが、生まれてからすぐに離れたところで育てられた双子のケースだ。
通常、異なる環境で置かれたそれら一卵性双生児は、全く性格や嗜好・趣味など異なるものになると考えるのが
普通だが、成長した彼等を観察した結果、驚くほど結婚した相手の性格や容貌、ついた職業、趣味・嗜好などが
一致する事例が多発したそうだ。
統計学的に見ても決して無視出来る数ではなかったという。

逆に同一環境(同じ家庭)で育った一卵性双生児の場合、自分のアイデンティティの問題から、片方の兄弟・姉妹と
敢えて異なる趣味・嗜好に走るケースがあるので、その点を考慮する必要がある。

氏より育ちの面も確かにあるが遺伝的な要素による、性格決定因子についても決して無視出来るものではない。

162 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 23:59:18 0
地方差別が激しかったそうだから、地方によって身分の構成比も
だいぶ違っていたのでしょうか。
日本海側と島嶼部が特に蔑視されてたんでしたっけ。

163 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 01:26:17 0
>>158
朝鮮貴族は武を激しく蔑視してたから
猫車に乗ってたのか?

164 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 01:27:16 O
>>1
×貴族
○基地外賊(火病賊)

165 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 02:19:24 0
火病がヒステリーや統合失調症だと思ってる人は
正しい知識を得てから書き込んで下さい。

166 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 15:57:43 O
http://c-au.2ch.net/test/-/news4plus/1120382416/n

そんなモンより話題はコレ!

167 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 18:18:16 0
>162
就職などで差別されてるのは全羅道や慶尚道出身者だね
大韓航空が京畿道閥ならアシアナ航空は全羅道出身の錦湖財閥という具合。

168 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 18:36:09 0
火病はウリナラ起源だが。


169 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 19:16:11 0
慶尚道出身者は勝ち組だろ

170 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 19:44:31 0
ばぁちゃんの葬式で、初めて、村上源氏の末裔の家だと知ったよ。
九州の田舎のどん百姓なのに、どこをどうまかり間違うと、そんな貴種が
辺地の農民にまで落ちるのやら。

171 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 19:52:36 0
成りすましも最近は手が込んでますね。>>170さん。
それで日本たたきの工作員だといつカミングアウトしてくれるの

172 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 19:54:07 0
>>162
全羅道と済州島が差別されているんだっけ。
軍も光州事件や済州島での虐殺をやらかしていたような

173 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 10:46:24 0
日本だって似たようなものだろ。
明治に氏を廃止した時点で、藤原、源、平、橘で、7割越していたんだから。

174 :よろずこ:2005/07/15(金) 22:21:39 0
>>173
といって、7割もの人が威張っていたわけではないと思うが。

175 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 01:36:29 0
大江や物部や多々良の領主を、藤原や平の水呑百姓が小馬鹿にしていたりとかは、
よくあったことで。

176 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 06:05:49 0
まぁ昔から蕃別のやからは三国志の登場人物の末裔だとか抜かしてたから
そんなもんでね。

177 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 17:22:14 0
李舜臣が忘れられていた、のウソを暴く!

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

第11回朝鮮通信使 金 仁兼の記録

「日東壮遊記」より

8月23日 於:釜山

悲しいかな壬辰の年 このように地の利を得たところ
忠武公李舜臣将軍が防備していれば
倭兵がいかに強さを誇ろうと 上陸を許しはしなかったろう
3京が陥落 王は都落ち
国まさに滅ぶかに見えたその時 明皇帝の思し召しあり
天兵の来援を得て ようやく難を免れたのである
にもかかわらず奸臣が国の前途を誤り 講和するとは何事か
恥辱と憤怒の倭への道を 11回目に辿ることになろうとは
不倶戴天の恨みを 忘れ果ててよくいけるものだ
丈夫の怒髪 冠を衝き抜く思いである

(3京=平壌・開城・漢城 奸臣=明の沈惟敬のこと,小西行長と講和したことについて)
(江戸時代の倭館は釜山の草梁地区にあり、対馬藩など500人の日本人が常駐)

178 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 10:31:15 0
\\ \    ./\      /\   ////
 丶.\\   __/ ..:::::..ヽ__/ ..::::...ヽ_ //
       /::::.               ヽ
     /::::.  、、   ヽ) ( ノ       ヽ
    /:::::   て○ )` ソ' 、/~○ノ    .::|
   /⌒ヽ..┏━━━━━━━━━━┓|
  /  ト、 ヽ ∧_∧  ┣┫ ∧_∧ ┃| !!!
/    ヽ  )<ヽ`∀´> .┃┃<ヽ`∀´>.┃|
    ヽノ""┗━━━━┛┗━━━━┛|
............ヽノ  ::::..:     | :|!!.||.ll||.!!| |.     ..:/
::::::::::::ノ   \::::... .. .| |.!.||.ll||.!!| l  ......::::/   \\
   //        l |.!   !| l        丶\\\
   //         `ー-―.'ノ 


179 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 12:17:25 0
wwwありえないから

48 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)