2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

1 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 14:33:02 0
日本軍と国民党の停戦協定を破らせて漁夫の利を得た。

2 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 14:33:55 0
ソースは、中華人民共和国成立時の周恩来の演説。

3 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 14:36:54 O
周恩来のその演説ってどの資料にあるのよ?
いろいろ探してるが、全く見つからない。


4 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 20:08:46 0
 では盧溝橋事件の黒幕はだれなのか。それは共産党説がある。
産経新聞平成6年9月8日夕刊には盧溝橋事件直後に中国共産党司令部
宛ての「成功せり」という緊急電報が届いていることを日本軍が傍受した
という事実がある。なおかつ「廬溝橋事件は我が優秀なる劉少奇同志の
指示によって行われたものである」という内容が共産党の兵士向けの
パンフレットにのっていたともいわれる。なお劉少奇は共産党の人物である。
批判として日本軍が支那大陸に駐留していること事態が侵略であると
いうものがあるがこれは全く意味をなさない。なぜなら、
日本軍の駐留は条約によるものであって決して侵略ではない。

http://www.geocities.jp/vivelejapon1945/rokokyo.html

5 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 20:27:44 0

  確か1934年ころに中国共産党は日本に対して「宣戦布告」
 をしているはずなんだが。それに関する資料はなかなか見つか
 らないね。同時に同じ頃、ヨーロッパのユダヤ人たちもナチス・
 ドイツに対して「宣戦布告」をしているそうな。

  「被害者側」の方が先に「加害者たち」に「宣戦布告」をし
 ているとしたら、これは歴史の「お笑い」以外の何物でもない。

6 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 20:37:51 0
今と変わらない中国人の汚さだな
中国の歴史って美化されてるが実際はこんなもん
話がでかくなっていくんだな

7 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 20:42:42 O
>>4
劉小奇の発言が載ってるパンフなんざ存在自体が伝聞じゃねぇか。


8 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 21:14:23 0
>>6
その通り

9 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 21:31:53 0
【中国】北京市、盧溝橋を世界遺産申請候補に【05/30】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1117455960/

10 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 22:45:09 0
>>3
俺も探しているんだよね。

ないならないと分かれば
それでいいんだが、
誰か詳しく知っている人はいないのだろうか。

11 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 22:58:55 0
中共の陰謀だとしても
そんなのに乗せられて泥沼に陥った
日本も大馬鹿だな。

12 :世界@名無史さん:2005/05/30(月) 23:57:10 0
>>1の説はトンデモの類だろ。今は亡きリットン卿に悪いと思わないのか

13 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 02:54:55 0
白ブタに悪いと思うようなことは何も無い。

14 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 09:20:50 0
事実だろ?

15 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 10:31:54 0
>>12
リットン調査団は張作霖爆死事件じゃないのか

16 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 10:46:31 0
リットン調査団は柳條溝事件では?

17 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 11:35:13 0
一番有力な容疑者ではあるな>共産党
パンフや電文などもあるが、当時の司令部の大半が共産党と繋がっており、
のちにそっちに行っている。そして宗のいない間に事件が起る。
状況証拠としては、ロス疑惑並に黒い。

18 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 12:21:26 0
>産経新聞平成6年9月8日夕刊には盧溝橋事件直後に中国共産党司令部
>宛ての「成功せり」という緊急電報が届いていることを日本軍が傍受した
>という事実がある。

どう考えても共産党が犯人w

19 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 13:09:24 O
別に共産党の目的は、日本軍と国民党軍が揉める事であって、
共産党が問題となっている発砲を行ったにしろ、行わなかったにしろ、
日本と国民党の間に紛争が起きれば成功だ罠。


20 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 14:37:06 0
毛沢東が自伝に書いていたような・・・

21 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 14:44:35 O
>>20
詳しく!


22 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 14:46:04 0
8割方黒だろう。でも、確かに、きちんとした証拠がほしいな。

23 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 15:01:56 0
中国共産党政権が存続する限り無理。情報公開はそれからだ。

24 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 16:22:06 0
>>20
それが本当なら、どっかに残ってるはずだな。

25 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 16:44:46 O
なんだこのレベルの低いスレは・・

26 :世界@名無史さん:2005/05/31(火) 17:02:53 0
うるさい。そう思うならあんたがレベルの高いレスを書け。

27 :世界@名無史さん:2005/06/01(水) 11:06:08 0
うるさい

28 :世界@名無史さん:2005/06/01(水) 17:03:28 0
age

29 :世界@名無史さん:2005/06/01(水) 20:27:11 0
トンキン湾事件と同じくらい陰謀の臭いがしない事件ですよ

30 :世界@名無史さん:2005/06/02(木) 00:34:06 0
真っ黒じゃんw

31 :世界@名無史さん:2005/06/02(木) 06:07:51 0
盧溝橋は「ろこう・きょう」なのだが、つい「ろ・こうきょう」と切りたくなるのは私だけ?

32 :天国から遊びに来ましたよ:2005/06/02(木) 07:22:40 0
>>31
わたくしは張春橋ですが、何か?

33 :世界@名無史さん:2005/06/02(木) 09:15:44 0
>>21
毛沢東は「抗日遊撃戦争の戦略問題」で、基本戦略は、大日本帝国と
正面きっても勝てないから、ゲリラ戦で泥沼化を起こす。
大日本帝国には内部矛盾(陸海軍の対立)があるから、コレを激化
させる。つまり、内部分裂で自滅に追い込む(ココまでは計画通り)
で、最終的には日本国内における共産勢力と呼応して、日本を共産化する、と。

残念ながら、最後の野望は達成できなかったけどね。残党は今でもいるけどw

34 :世界@名無史さん:2005/06/02(木) 12:26:34 O
>>33
で、毛は盧溝橋事件を起こしたのは共産党だと認めたのかね?


35 :世界@名無史さん:2005/06/03(金) 06:15:29 0
毛ほども認めていない。

36 :世界@名無史さん:2005/06/03(金) 09:28:46 0
不正確な記憶で申し訳ないが、盧溝橋事件を仕掛けた工作員に対して中国共産党が
勲章を授与していたと思います。そのことを80年代になって日本の中国ウォッチ
ャがー本の中で紹介したところ、中国はその記録を消し去ったと聞いています。
どなたか、詳しい人はいますか。

37 :世界@名無史さん:2005/06/04(土) 01:10:07 0
弾一発で転嫁三分策を実現してしまうのだから、実にコストパフォーマンスがよかった。

38 :世界@名無史さん:2005/06/05(日) 19:18:26 0
事実だろ?

39 :世界@名無史さん:2005/06/06(月) 16:07:48 0
小松左京の『召集令状』によるとだな・・・

40 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 21:48:50 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

41 :世界@名無史さん:2005/06/07(火) 23:01:08 0
41年後に中国の正統な政権として承認し、平和友好条約を結びますた。
最初から宣戦布告くらいしとけ。恥知らず。

42 :(〇m〇)/ 諸君、聞いておくれ…:2005/06/08(水) 00:07:01 O
☆東京裁判でのローガン弁護人発言

中国の共産主義活動は現在に存在するばかりでなく、
日華の事変前にも存在し事変の全期間にも行われていた。
被告が侵略戦争遂行のための共同謀議を行ったか否か、
また実際に侵略戦争を遂行したか否かは、
共産主義活動と大きな関連を有している。
もしわれわれの提示した証拠が、
共産主義活動によって勃発されたるものであることを立証するならば
―われわれは左様に確信するが―
中国共産党の活動は、
起訴状中のこの点に関する訴追事項に重大な関連性を持つものである。
更に指摘したいことは、

日 本 の 政 策 が 局 地 解 決 に あ っ た こ と、

そして共産党によってその方針が妨げられ、
遂に新しい事件が惹起せられた一事である。

★中国共産党こそが戦争の真犯人だ!

∀ <_☆_>
G\(〇m〇)
 \ ※:@*\
♪諸君、侵略戦争の汚名を雪ぐのは今だ!

43 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 00:10:43 0
ヴェトナム戦争で最初に攻撃してきたのは
共産圏の方で、
アメは同盟国の南ヴェトナムの要請により戦争に参加したと聞いたが本当か?

44 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 00:44:14 0
てか誰もいねぇ・・ここ人いんの?

45 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 00:55:10 0
人でなしばかりさ

46 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 21:26:55 0
>>43
ジョン・ウェインの『グリーンベレー』という映画観れ。
すべての真実がそこにある。

47 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 21:44:23 0
>>46
それ、サヨクがよく宣伝してるやつじゃん。

48 :石原幹事:2005/06/09(木) 23:36:24 O
日支親善は東亞経営の核心なり
之がため帝国は鋭意隠忍して新支那建設の源泉たるその固有文化、
思想、宗教等あらゆる部門を発見し、その勃興を促し、
もって漢民族が目下の苦境とする所を認識し之を打開して進むべき方向を察し
その進を妨げつつある病痕削除に助力し
その建設統一運動を援助す

49 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 23:54:03 0
ジョン・ウェインの映画が左翼wwwww

50 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:39:23 0
これが一番事実に近いと思う。伊藤武雄・岡崎嘉平太・松本重治
『われらの生涯のなかの中国』(みすず書房)の松本氏の話

ぼくは面白い事実をひとつ申し上げたいと思うんだ。それは、
日本国際問題研究所中国部分編・中国共産党資料集8・資料75、
438頁によれば、日本軍の蘆溝橋進攻に際しての中共中央の
通電(1937年7月8日付)です。中国共産党中央委員会としての
通電ですよ。これには「7月7日夜10時、日本は蘆溝橋において
中国の駐屯軍馮治安部隊に対し、攻撃を開始し」云々。ところが、
7月7日夜10時というのは、全然嘘なんだよ。そんなもの何も
なかったわけ。夜間演習はあったけれども、10時半頃はもう
停止しているわけですよ。両軍の衝突の起こったのが7月8日
午前5時半であって、時刻が事実に反するので、この通電は、
予定稿とでも考えられるように思われる。廬山ではいろんな
会議があって、胡適なんかみんな大演説ぶって、この事件では
日本軍は怪しからんというわけで、それでやってるけど、
みんな7月8日朝の衝突は怪しからんということを言うわけ
ですよ。寺平なんか言ってるのは、7月8日の午前4時頃なん
だよね。通電が7月7日午後10時と書いてんのは、これ予定
原稿だとぼくは思うんだよね。

ところが中共中央で出した通電だろう、だから、これには劉少奇
が関係あるとぼくは思うんだ。それで劉少奇は、飛ばされたんだ
と思うんだよ。蘆溝橋事件が済んでからすぐに延安に戻されて、
ほんとなら成功して勲章貰うところなんだけどね。

それで、やっぱり洗脳されたのは、北京大学と燕京大学の学生
だと思うんだよ。学生たちは宋哲元の第29軍の若い将校と
仲がよかったと思うんだな、それで一緒にやったんだろうと
いうのが、僕の考え方だ。だから協定やっても、夜になると
ポンポン起こるというのは、学生と将校だろうと思うんだ。


51 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 05:34:14 0
それを3行以内にまとめよ。

52 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 06:23:10 O
確かに中共は非常に怪しい。状況証拠からは、限りなく
黒に近い灰色か。あとは直接証拠だが。まあ中共崩壊まで
待つしかないが…

53 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 12:05:02 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

54 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 14:55:36 0
現在までに、200万人以上の中国人は自分が共産党から脱退することを
公式に発表しており、脱退を表明する人の数は毎日2万人以上の勢いで増えています。
この空前の脱退現象は確実に共産党を窮地に追いやり、民衆に対する支配力も弱まっていくでしょう。
この脱退現象の発端は、博大出版社が出版した「九評共産党」
(共産党に対する九つの論評)という本です。この「九評」と呼ばれる本には、
中共が犯してきた罪、例えば大虐殺、大量の拷問、洗脳、伝統的信仰の徹底的な破壊など、
その暴虐な成り立ちと手口が詳細に書かれているのです。
「九評」は、今まで中国共産党政府によって故意に歪められ、
隠されてきた中共の真実の歴史を、中国人と世界中の人々に明かしています。

http://www.hakudai.jp/


55 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 17:40:51 0
3500万人の中国人民を殺害した罪と責はすべて共産党にある。

56 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 17:50:01 0
東京裁判をやり直して中共領袖を裁いてもいいくらいだ。

57 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:01:13 0
オイオイ、共匪の頭目はすでに故人ですよ?

58 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:06:29 0
しかし、欠席裁判はよくない。

59 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:06:36 0
毛沢東はホムンクルス!
全てはフリーメーえqwじおdjdくぇもd

60 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:07:03 0
法輪功の出すデータとか数字とか素直に信じていいのかw

61 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:09:03 0
それもそうか。

62 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:11:53 0
とりあえず、周恩来とケ小平は散骨だから、海水汲んで法廷に提出すりゃ出廷したことになるだろ。
少しはエキスが溶け込んでるはずだからな。

63 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:12:49 0
蒋介石時代の台湾の新聞は大陸の人事を伝えるとき
「偽」と「匪」を必ず入れていたね。
「国務院偽総理・周匪恩来」とか。

64 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:24:00 0
中国人は土葬だから、後の連中は河北省あたりの土くれ拾ってくりゃいいな。

65 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:28:12 0
単なるままごとじゃん。

66 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:36:46 0
九段下に中共領袖が後ろ手に正座した石像をずらっと並べて、唾吐き棄てながら歩きてえよ。
「貴様等鬼畜の所業で、一時はこの上から隅田川が見える程帝都は焼き払われたんだぞ!
 未来永劫子々孫々地獄の業火に焼かれるがいいや!」

67 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 19:01:55 0
裁判にかけるんなら首魁・毛沢東のマネキンも拾ってこなあかんな。

68 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 19:10:36 0
それでもままごとであることには変わりはない。

69 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 19:27:26 0
日本には反魂の術というものがある。夷狄中共幹部を蘇らせて罪の咎を負わせるくらい造作もないことである。

紀元三世紀既に邪馬台国女王卑弥呼は鬼道を能くし衆を惑はし、
遣唐使吉備真備は唐国遊学の際『文選』が日本に伝来しておらぬことを悟られぬよう鬼神と共に空中飛行、
『文選』を甕視、唐国貴族達の前で諳んじてみせ、大日本の面子を保った。
西行法師が反魂香を自家籠中のものとし、度々これを用いて旅の寂しさを紛らせていたことは周知の事実。

先次大戦の真の元凶に償いをさせることなくして、我々の祖先に対するなんの供養やあらん。
国に生き、卒伍に生きよ!

70 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 19:35:26 0
─────────────‐
━━━mm━━━━━━━━━
 ||| lll | |    人  ガラッ
     | |   (__)   ||| ________
  |||  | | (____)   /
     \\( ・∀・ ) < おやじ!冷やしうんこ下痢だくで!
      \     \ \
||| ガラッ  )    ト、ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |||   /     ( | | |||
━━━━━━━━━mm━━━
─────────────‐

71 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 20:08:28 0
毛沢東らの跪いた銅像でも作って並べて唾でも吐きかけろ。

72 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 05:41:02 O
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

73 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:33:21 0
「おい、兵隊がひとりたりないぞ!」
はりつめた下士官の声が、夜のやみにひびきわたった。
ところは、中国北京の西郊十数キロ、川幅のかなり広い永定河にまたがっている盧溝橋の、
やく一キロ上流の左岸の堤防であった。
七月七日のその夜、豊台という町に駐とんしている牟田口連隊第三大隊の第八中隊は、
そこで、夜間演習をおこなっていた。
むこうがわの堤一帯には、ざん壕がほられ、中国軍の兵士が、じっとようすをみまもっていた。
日本軍が中国の北部のこのあたりに駐とんしていたのは、北清の変(明治三十四年)のときに、
両国で話し合ってきめたものだった。
演習がおわりかけた十時半ごろ、むこう堤からうちかけてくる数発の銃声を耳にしたものがいた。

74 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:39:42 0
そのとき、演習はまだつづいていて、八中隊の機関銃は、空砲をうちつづけていた。
中隊長清水節郎大尉は、いそいで演習を中止させると、兵隊をあつめた。
「ひとりたりません!」
人員をかぞえていた下士官が、声をあげた。
百三十五名の中隊員が、ひとりかけていた。
清水中隊長は、豊台にいる大隊長に報告したあと、兵隊たちに、いつでも戦える準備をととのえさせた。
報告をうけた大隊長一木清直(太平洋戦争のさなかガダルカナル島で玉砕)は、
北京にいる牟田口連隊長を、電話でよびだした。
牟田口連隊長は、そくざにこたえていった。
「だんこ戦闘を開始して可なり!」

75 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:46:32 0
二十数分後、ゆくえのしれなかった兵隊が、ひょっこりと堤防にあらわれたとき、
日、中の両軍は、戦火をまじえていた。
上官がどなりつけた。
「どこへいっていたのだ?」
「は、はい!大便がしたくなったので、用をたしにいっていたのであります。」
「なにいっ、クソをたれにいっておったのか!」
上官はあっけにとられた。
「敵の銃声をきいたことよりも、おまえがいなくなったことのほうが重大だったのだ。
てっきり、中国の兵隊につれていかれたと思い・・・。」
あとのことばがでてこなかった。
ひとりの兵隊が、ゆく先もつげずに用便にでかけたために、ふたつの国の軍隊が戦闘をはじめている。
うそのような現実なのである。

                         学研物語日本史10 昭和42

76 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:51:36 0

 歴史家は
  観て来たやうに
      ウソを書き


77 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:54:32 0
半島人
 息するやうに
  ウソを吐き

78 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 11:55:41 0
だって嘘だし、糞ってのは、当時の風聞。
実は伝令に出したけど、迷って帰って来れなかっただけとも言われている。

79 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:10:34 0
真贋は問題ではなかろう。
>>73-75では、ただ、高村暢児先生の名文名調子に酔えばよい。
それだけだ。

80 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 14:23:40 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

81 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 14:24:31 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

82 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:06:25 0
ttp://news.yahoo.com/s/afp/20050609/hl_afp/israelchinahealthtransplants_050609133316
(英語)

83 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 21:22:00 0
>>82
>"It costs 30 percent less than in Colombia,
> the transplanted organs are excellent quality
> and the follow-up medical care among the best in the world,"
> one Israeli official was quoted as saying by the newspaper.

中国共産党は断固パレスチナ人民を支持します。
あと、コロンビアはいろんな面(農産物輸出とか)で中国の商売仇です。

84 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 21:22:50 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

85 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 21:33:56 0
コロンビアの農産物といえばコーヒー豆と麻薬w
コーヒー豆は商売敵にはならないから・・・wwww

86 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:10:31 0
中共説って根強くあるけど、元ネタの中共パンフって確認できないんだろ。
怪しすぎるよ。

87 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:17:58 0
共産党と言うか国民党一部勢力も日本陸軍も後中小軍閥etc
もやる理由マンマンだから誰がやったかなんてどーでも良い。

88 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:37:17 0
てかさ、そもそもこんなおっけな事件を起こした、なんていい方からして間違ってるアルな。
この背景をなんで論じないで
どっちが先に打っただの打たれただの子供の喧嘩みたいにまあバカバカしい。

89 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 02:22:16 0
規模としちゃ小っちゃいけどな。
この程度なら日本の愛国有志でもカネさえ
ありゃ誰でも起こせる大変地味な事件。


90 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 08:32:55 O
まぁ、十中八九、中共だろうな

91 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 09:37:21 0
「日本はなぜ戦争を始めたのか」益井康一著 光人社 2002

pp85−156「第二部−盧溝橋事件の真相」 に詳しいので一読を。
関連文献と一部引用を転記します。

p147
(盧溝橋事件の謎の解明について)誌上でキャンペーンした雑誌は筆者知るかぎりでは次の通りである
〔文芸春秋〕1970(昭和45)年5月号「盧溝橋事件と劉少奇」(橘善守)
〔動向〕1972(昭和47)年1月号「盧溝橋事件・私の証言」(葛西純一)
〔中央公論〕1978(昭和53)年8月号「盧溝橋事件の謎を解く」(相良俊輔)
〔文芸春秋〕1988(昭和63)年7月号「盧溝橋事件・真犯人は中共だ」(桂鎮雄)

(つづく)




92 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 09:45:22 0
(つづく)

桂鎮雄・記 要約 pp151-152

後で知ったことであるが、私が盧溝橋事件の証言を拒否された直後の動機は、その直前に
中国共産党の劉少奇副主席が

「七・七事件(注・盧溝橋事件)の仕掛人は中国共産党で、現地責任者はこのおれだった」

と証拠を示して、西側記者団に発表したためだった。あわてた法廷検事団は、巣鴨プリズンに
拘置中の河辺正三(当時の北平歩兵旅団長)、牟田口廉也(当時の第一連隊長)両被告を、
理由も告げずに釈放した。
 劉少奇の声明が発表されて、検事側の敗けが決定的となった結果、検事、判事の合議で盧
溝橋事件の審議は不問とし、桂証言が不要になった。
 私の証言をストップさせた劉少奇の話に関連して、中国人民解放軍総政治部発行のポケット
版『戦士政治課本(読本)』には、つぎのように述べられていた。

「七・七事変は劉少奇同志の指揮する抗日救国学生の一隊が、決し的行動をもって党中央の
指令を実行したもので、これによってわが党を滅亡させようと、第六次反共線を準備していた
蒋介石反動南京政府は、日本陸軍と戦わざるを得なくなった。その結果、滅亡したのは中国
共産党でなく、蒋介石反動政府と日本帝国主義であった」

----------------------------------------------------------------------------
桂氏は昭和22年4月23日に中国側の梅検事に「盧溝橋の証言をとりやめ、通州事件のみを
証言せよ」と言われたそうである。裁判で証人として出廷したのが4月25日であった。

劉の発表がいつなのか正確にご存知の方、または当時の西側(おそらくアメリカかイギリス)
の新聞記事をこちらにUPできるかたは是非していただきたい。

93 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 10:35:48 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

94 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 11:16:01 0
逞ましい殿方の腕に抱かれたら、洗脳なんていっぺんに解けちまうわよ。

95 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 18:31:44 0
>>92
やっぱり中共が犯人だな!!!

96 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 18:37:38 0
そうか!
毎度同じレスを繰り返しつけている>>93は、誰かを洗脳しようとしている!

97 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 19:03:12 O
つーか桂証言なんか本人の勘違いと秦に論破されとるだろ。
なんで今更。


98 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 21:20:30 0
ひとりの兵隊が、ゆく先もつげずに用便にでかけたために、ふたつの国の軍隊が戦闘をはじめている。
うそのような現実なのである。
そのことは、戦争が遠くすぎさったいまも、関東軍のしくんだしばいだという疑いがもたれている。
関東軍は、満州事変いらい、中国軍のしつような抵抗に手をやいていた。
このあたりで、いっきに決戦をいどんで、争いにとどめをさしたかった。
それには、戦いをしかけるいとぐちが必要だった。
姿をかくしていたその兵隊こそ、謀略の任務をになっていたのだという。
演習中にこっそりとぬけだして、日本軍に発砲したのである・・・
そうして盧溝橋の銃声は、広大な中国本土へ、やまびこのようにこだましていった。
中国大陸に利権をもっているアメリカ、イギリス、フランスなど、世界の国々が、そのありさまを、だまって見ているはずはなかった。
「武器を送って、中国の蒋介石政府をたすけよう。」
天皇は中国との争いが日をおうにしたがって大きくなっていくのに、つよく反対されていた。
                            学研物語日本史10 昭和42

99 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 21:21:25 0

 歴史家は
  観て来たやうに
      ウソを書き





100 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 23:09:17 0
─────────────‐
━━━mm━━━━━━━━━
 ||| lll | |    人  ガラッ
     | |   (__)   ||| ________
  |||  | | (____)   /
     \\( ・∀・ ) < おやじ!冷やしうんこ下痢だくで!
      \     \ \
||| ガラッ  )    ト、ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |||   /     ( | | |||
━━━━━━━━━mm━━━
─────────────‐

101 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 23:52:45 0
>>50 の前段階について要約すると、
前年4月に張学良が延安に飛んで周恩来から今後は反蒋抗日でなく
援蒋抗日でいくとの言質を取り付け、安内攘外の廃棄と一致抗日の
採用を蒋介石に進言しようとしたが機会がなく、西安事変になった。
釈放された蒋介石は国民党三中全会で赤化根絶決議を採択させた。
日本の新聞は蒋介石は共産党を根絶したと思ったなどと書いたが、
実は紅軍の存在は許さないなど内戦停止の4条件を示したもので、
毛沢東が2度大演説をぶって共産党は決議の全面的受諾を決めた。
その結果共産党員は国民党に入党し紅軍は国民革命軍の一部になり
八路軍・新四軍と称するなど第2次国共合作へ進むことになる。
しかしそれだけでは内戦は停止しても抗日戦に消極的な蒋介石を
焚きつけることはできず、何かきっかけが必要になる。

「ぼくは思うんだが、毛沢東は、西北で成功したんで、今度は東北だと
いうので劉少奇を北方局の書記にしたんじゃないでしょうか。
それで劉少奇は学生を通じて二十九路軍の洗脳をやったんじゃ
ないかと、そう思うんだ。蘆溝橋事件のもとは。つまり、それをやら
なければ『内戦停止』はやっても、『一致抗日』には積極性がなくなる
わけよ。どうしてもパチパチやらして、日本がガーッと出てくるのを
待ち構えてたわけですよ」

102 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 00:07:47 0
ttp://blog.livedoor.jp/daikigen/archives/24750655.html

反体制紙『大紀元』の日本語版の翻訳をしている方のブログで、
「中国共産党を裁く国際司法委員会」の創立の為の署名活動をやってます。
どうぞみなさん協力してあげて下さい。

103 :朝日新聞は中共の工作期間:2005/06/13(月) 00:30:20 0
第2.マスコミ工作
大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と読んだの
は、遠い昔のことである。次の時代には、新聞、雑誌が世論を作っ
た。今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の
不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を
作り上げるのである。
 偉大なる毛主席は
 「およそ政権を転覆しようとするものは、必ずまず世論を作り上
  げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」
 と教えている。
 田中内閣成立までの日本解放(第一期)工作組は、事実でこの教
えの正しさを証明した。日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、
我が国との国交正常化への道へと追い込んだのは日本のマスコミで
はない。日本のマスコミを支配下に置いた我が党の鉄の意志とたゆ
まざる不断の工作とが、これを生んだのである。
 日本の保守反動の元凶たちに、彼等自身を埋葬する墓穴を、彼等
自らの手で掘らせたのは、第一期工作組員である。田中内閣成立以
降の工作組の組員もまた、この輝かしい成果を継承して、更にこれ
を拡大して、日本解放の勝利を勝ち取らねばならない。

104 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 00:44:25 0
中国ではこの日は七夕と考えられていないのかな。新暦だし。

105 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:16:00 0
いらんことすな ボケ

106 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:44:43 0
▼当時、盧溝橋を守備していた第二一九団所属第十連三排排長・祁国軒は、
事件前夜の雰囲気を筆者(古屋)に次のように話している。

−事変前の日本兵の中国兵にたいする挑発行為は、えげつないものがあった。
日本兵は二、三人のグループで中国軍陣地の目の前までくる。そして仁王立ちになり、
片手で胸をたたき、もう一方の手の親指を突き出して中国語でどなる。
「われわれ皇軍、大大力(ターターリー)」
つぎに小指を突き出して
「お前たち支那兵、小小力(シャオシャオリー)」
なんとかして、中国兵を怒らせようという態度であった。▲
                     蒋介石秘録11

107 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 19:56:22 0
華北における日本軍の挑発行動は、日ましに露骨になった。日本軍は北平郊外の盧溝橋付近を“演習場”とし、
連日のように兵を訓練して示威した。さらに豊台から盧溝橋にいたる六〇ヘクタール余の土地に飛行場をつくる計画をたて、
中国側に執ように売却を求めた。
日本軍は、バカ高い価格で地主を誘ったが、大多数は応じなかった。
腹を立てた日本軍は行政当局に圧力をかける一方、盧溝橋周辺での挑発的演習のひん度を増した。
                             蒋介石秘録11

108 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:00:40 0
この間、関東軍参謀長・東条英機は六月九日、
「日本のほうから進んで親善を求めるのは、排日、侮日の態度を増長させるだけだから、
むしろ一撃を加える必要がある」と陸軍中央に上申した。
六月十六日には、日本軍が東北に二万人の兵を増強したことが伝えられた。
ただならぬ緊張感の中で、日本軍は六月二十五日から、盧溝橋周辺で長期演習を始めた。
                             蒋介石秘録11

109 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:01:31 0
まぁ、十中八九、中共だろうな

110 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:06:29 0
本当に中共の陰謀だったら、パラパラ中途半端に発砲したりせず日本兵を皆殺しにして敵愾心を煽るべきだと思うが。

111 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:12:46 0
分かってないなw

112 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:13:10 0
そんな戦力はないよ。

113 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 21:20:19 0
日本は事変の拡大を図るより、日支防共協定の締結を優先させるべきだった。

114 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 21:30:44 0
初めに断っておきます、実話です。
僕の友達が中国に留学してました、彼はサッカーアジアカップに日本人
サポーターとして応援に行ったそうですが、その時中国人サポーターと
日本人サポーターの席が大きく離されていたのも皆さんご存知でしょう。
中国対日本の時、アウエーの中で日本側サポーター席に押し入って来よう
とした中国人が数人いたそうです。その時の阻止した警備員とのやり取り。
「やめろ!外国のメディアも来てるんだぞ!戻れ。」
「うるさい、日本人は殺す、お前邪魔するのか?日本人の味方か?
 それならお前も殺す!」だ、そうです。
こういう国でオリンピックなんかやっていいのでしょうか?

115 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 22:20:27 0
我們永遠是一個弱國

116 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 22:29:45 0
まぁ、十中八九、中共だろう

117 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 22:50:42 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似とるでね。それだけです。

118 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 10:23:47 0
>>117
まぁ、十中八九、中共だろう

119 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 11:32:09 0

中国侵略の歴史
1949年   中国がウイグル侵略し占領
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットを侵略
1959年   中国がインドと国境紛争
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明 
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張。
 同年   中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。
2000年ー  中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

120 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 18:41:23 0
>>119
中国共産党が盧溝橋事件を起こさなければ、中国の核保有も、アジアが欧米から解放されることもなかった。
中国共産党の英雄的行為を称えよう。

121 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 21:31:39 0
橋での小競り合いで収めて、戦線を拡大しなけりゃアメリカも対日禁輸とか資産凍結とかしなかったかも。
でも、禁輸は分かるけど、なんで資産凍結がそんなに効くのか分かんないや。
中共幹部みたいにアメリカに隠し資産でも持ってたのかしらね。

122 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 21:41:56 0
>>1
周恩来が“成果”として演説で言ったんだよね。

123 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 22:00:08 0
>>2

124 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 22:01:48 0
「シナ大陸の真相」 K・カール・カワカミ

慮溝橋事件における最初の発泡について、今日では中国共産党による陰謀
というのが定説ですが、著者は、そこまでは書いてはいません。 ただし
『日本が撃ったということだけはない』ということははっきりと書いてます。

「1937年7月7日夕方、約150名の日本兵はマルコ・ポーロ橋(虜溝橋)
の近くのいつもの錬兵場でいつも通りの軍事演習を行っていた。いつもと同じよ
うに中国側当局は日本側から前もって連絡を受けていた。日本兵は実弾は携行し
ていなかった。いつも通り彼らは空砲を撃った。ところが全く予期せぬことに同
日夜11時40分、これらの日本兵は29路軍第37師の中国軍部隊によって銃撃された」

「150名の日本軍は7月7日の夜中国軍に銃撃された時、
実弾を携行していなかったので反撃の火蓋を切らなかったし切れなかった」

「深夜0時を少し過ぎた頃に援軍部隊が到着した。それから中国軍の銃撃に対する
日本軍の応戦が始まった。そうしている間に北京の中国軍と日本軍の地方当局は
この事件の報告を受けた。直ちに彼らは日中共同の調査団を結成し現地へ派遣した。
その結果、7月8日午前6時に戦闘は止んだ。

しかし同日午後3時及び再び午後6時に、中国軍は銃撃を浴びせて来た。翌朝7月
9日、中国29路軍の代表責任者と日本軍の松井大佐との間に休戦協定が結ばれた。
7月10日午後5時から午後8時の間に、200名以上の中国兵が迫撃砲を持ち出して
きて新たな攻撃を再開した。これは休戦協定を完全に無視したものであった」


「しかしながら休戦協定は再び結ばれた。というのは日本軍はこの事件を地域的な
ものに限定して、一刻も早く精算したいと熱望していたからである」

と、日本軍の陰謀説を明快に否定している。

125 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 22:02:06 0
 7月8日の停戦協定の後も、中国軍が再び日本軍を銃撃し何回かの停戦協定が
結ばれたにも拘らず、その都度、中国が協定に違反して銃撃してくるので、
この背信行為に日本が我慢しきれなくなって、不拡大方針を捨て、最後通告を出して
戦闘をはじめたのが7月28日です。

 日付に注意してほしいのですが、7月7日に慮溝橋事件が起きてから、実に3週間
にわたって日本側は必死に不拡大方針をとったのに対して、
『南京政府は2日後の7月9日には動員令を出している』
のです。

この日時から見ても、支那事変を準備し戦争をはじめ拡大していったのは中国側で
あったことは明確です。


しかし3週間後に北京東方の通州という町で日本人居留民約260人が虐殺される事件が起きた。
その『通州虐殺事件』は戦後の教科書はもちろん歴史年表にもマスコミ報道にも出てこない。
まるでタブーのようになっているが、本当にあったことです。
これで当時の日本の世論は激怒します。

 さらに通州虐殺事件に追い討ちをかけるように、
蒋介石の国民党軍は、上海周辺に正規軍10個師団を配置して
日本に圧力を加えて挑発し、それに応戦したところ、
今度は上空から同胞のシナ人、そして日本人、欧米人の区別無く、
無差別に爆撃、空襲をかけるという暴挙にでてきた。


126 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 23:25:24 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


127 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 23:53:10 0
通州起義の失敗についてはかなり中国側もあたまに来てたみたいだね。
なんかこんな↓演説したみたいだよ。

上周我們國家遭受了非常之大的恥辱,
我們民族已到了生死存亡的最後關頭,
我們要拿上周蒙恥受辱的經過,
作為今後奮斗犧牲的教訓ry.

128 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 00:20:47 0
《簡体字で読む通州事件》 見れなくなってたら寂しいものもあり
それぞれ採点していただけるとありがたい。

http://www.peacehall.com/news/gb/z_special/2003/12/200312011239.shtml
http://www.cnarmy.com/bbs/cgi-bin/topic.cgi?forum=4&topic=1609&show=0
http://www.61s.cn/xd/l/liuxi/zzqs/012.htm
http://www.small-island.org/books/tdnm/0005.html


129 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 00:37:15 0
東中野だけ見れてもなんだかなってかんじ。

130 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 18:06:17 0
>>127
七月三十一日の蒋公演説『抗戦中の全軍将士に告げる書』ですか?

「いま、すでに和平は絶望となった。ただ最後まで抗戦あるのみである。
 死をかけて倭寇と戦わなければならない。われわれは革命に身をなげ出した
 黄帝の子孫である。全力をあげて敵を殺し、万悪尽きない倭寇を駆逐せよ」

131 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 18:15:57 0
西安事件の後、張学良もろとも毛沢東と周恩来は監禁しておくべきだった。
当然暗殺部隊くらい送られていたはずだが、アカに見破られて刺客は全員返り討ちにあったのだろう。

132 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 18:17:27 0
まぁ、十中九九.八、中共だろう

133 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 20:47:46 0
日本は柳条湖事件みたいに捏造しまくりの国なんだから、慮溝橋だって日本の陰謀だろ。
これを中国に当てはめるのがウヨにとっての「検証」。

134 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 21:26:35 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

135 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 21:54:40 0
ここのサヨのレベルは133程度なんだろうな。
馬鹿だしネ。

136 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 21:59:26 0
1935/11/07 長征終了
1936/02/26 
08/24 成都で反日デモ、約一万人参加。邦人記者4名暴行を受け、2名死亡
09/03 広東省北海で日本人商店店主殺害
09/19 湖北省漢口日本租界で巡査・吉岡庭二郎ピストルで狙撃され死亡
09/23 上海共同租界呉淞路で日本第三艦隊旗艦「出雲」勤務水兵4名襲撃を受け、一等水兵・田港朝光死亡、2名負傷
11/14 綏遠事件
12/12 西安事件
1937/07/07 盧溝橋事件
07/19 蒋介石、「最後の関頭」演説
07/29 通州事件
08/13 上海でも戦闘開始

137 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 22:01:14 0
ここのウヨのレベルは136程度なんだろうな。
ずれてるしネ。




138 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 22:05:00 0
トンキン湾事件は柳条湖のパクリ

139 :世界@名無史さん:2005/06/15(水) 22:24:24 0
29軍の幹部クラスには共産党員がおおく、またのちに共産党に寝返ったものも多い。
参謀長、参謀副長、作戦主任などである、とくに参謀副長と作戦主任は当時から共産党員だった。
また盧溝橋の守備していた旅団長の何(人名)、そして直接衝突があった第三大隊の金の二人ものちに共産党に寝返っており、
そのころからシンパだった。
そして事件がおきたのは、29軍長の宗と、参謀長の長の外出中だった。
偶然の一致とは怖いですなあ。

まあサヨのみなさんはずれてますから、聞こえないふりをしているのでしょうけど。

140 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 00:30:44 0
どう考えても、十中九九九九九、中共だろう

141 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 01:04:57 O
>>139
金振中が事件当時共産党シンパというのは初耳。


142 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 01:41:19 0
戦後の回想によれば、近づいたら撃てと命令していたもよう。

143 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 02:44:47 O
>>142
えっ!?
それでシンパ?
強引すぎないか。


144 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:32:37 0
ウヨは女を口説くのも強引だから、しかたないよ。

145 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 11:47:36 0
ウヨというレッテルを貼って、世間に嫌悪感を起こさせるというのが
中共の工作の一種。戦後の日本は、見事に中共の工作にはまった。
最近、目覚めてきたようにみえるが・・・

146 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 18:48:39 0
ウヨにウヨというレッテルを貼って、世間に嫌悪感を起こさせるというのが
中共の工作の一種。戦後の日本は、見事に中共の工作にはまった。
最近、日本は目覚めてきたようにみえるが・・・


147 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 18:51:13 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

148 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 19:17:46 0
愛国者にウヨというレッテルを貼って、世間に嫌悪感を起こさせるというのが
中共の工作の一種。戦後の日本は、見事に中共の工作にはまった。
最近、国民、特に若い世代を中心に目覚めてきたようにみえるが・・・


149 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 19:59:21 0
http://jpbbs.chinabroadcast.cn/viewforum.php?f=1
北京放送BBS

150 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 21:55:23 0
スルスル読める文章には要注意、とは、竹内実が毛沢東の文章を評して言った言葉だったか、、、

151 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 09:23:50 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

152 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 17:02:11 0
愛国者をウヨなんて呼ぶのは失礼だろ

153 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 21:01:37 0
中国共産党は失礼

154 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 21:29:18 0
蒋介石としては、是非とも日本軍に延安を陥として欲しかったろうな

155 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 21:34:27 0
日本は皖南事件(新四軍事件)を利用しなかった。賞賛に値する紳士的行為だったといえる。

156 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 21:58:31 0
日本犯人説を確定できる要素はないな
なんか日本が起こした事にされてるけどさ

157 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 00:03:19 0
別にされてないだろ?

158 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 00:51:47 0
十中八九、共産党だからなw

159 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 01:15:56 0
▼日本の北支那方面軍は、一九四〇年三月に決定した「粛清計画」に基づき、
 共産党対策を強化していた。当時、方面軍から極秘書類として配布された
 「思想戦指導要綱」によると、「宣伝謀略など各種の手段をつくして国共
 両党派の摩擦、相克を煽動激化させ、両者の提携を破壊し、抗日救国の統一
 戦線を崩壊に導き、さらに適切な謀略によって、国民党軍がすすんで共産
 党軍を撲滅するよう工作する」(対敵工作)という項がある▲
                        蒋介石秘録13

160 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 19:58:15 0
蒋介石は根性がない。茨城の陸軍士官学校で、
生きて虜囚の辱めを受けずと教えられたのだから、
西安事件の後自決して恥を雪ぐべきだった。

161 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:55:25 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

162 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 18:20:17 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。


163 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 19:14:48 0
盧溝橋で誰が撃ったかより
そんな些細な事件が大戦に発展する背景を分析しやがれ、
と思いました。

>>125にあるように、中国側には戦争拡大の意思があった
ってのは重要じゃねーの?
旧軍の暴走だけじゃないし。むしろ中国が暴走させたわけじゃん。

164 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 19:47:37 0
戦争を拡大させたのは中国共産党

165 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 19:55:15 0
>>163
>125は、谷沢永一センセの、なんてー本がソースなの?

166 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 21:27:21 0
廊坊事件を起こしたのは中国共産党

167 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 21:28:05 0
広安門事件を起こしたのは中国共産党

168 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 03:13:17 0
───┐
□□□│ミ ζ゚   <世界を革命する力をっ!
□□□│       
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
 ._.  │
 | | |  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

169 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 18:44:25 0
現在進行形で侵略戦争している中国共産党

170 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 18:58:14 0
■4.ソ連スパイが作成したハル・ノート原案■
 日本爆撃計画は不発に終わったが、実際に日米戦争の引き金を引いたのが、41年11月26日、
 ハル国務長官が提示したハル・ノートであった。このノートで米政府は
・ 中国、仏領インドシナからの日本軍の全面撤退
・ 蒋介石国民党政府以外の政府の否認
・ 日独伊三国同盟の死文化
などを要求した。これを最後通告と解釈した日本は、翌日、国との交渉の打ち切りを決定した。
 実際には、ハル国務長官は90日間の停戦を骨子とする緩やかな妥協案を作成していたのだが、
 ルーズベルトは、財務次官ハリー・デクスター・ホワイトが41年6月に作成していた対日強硬提
案の方を採用した。 今回のVENONA資料では、このホワイトも、ソ連に米国政府の極秘情
報を通報したり、現金をもらっていた事を示しており、カリー補佐官と同様、ソ連のスパイであ
ることが判明した。さらに当時のソ連人民内務委員部の工作員だったパブロフが41年5月にワシ
ントンでホワイトと密会し、日本と米国が交戦するよう仕向ける外交案の作成を要請していたこ
 とが、ソ連崩壊後の同氏の回顧録で明らかになった。パブロフによると、ホワイトに与えた指示
 書では、日本軍の中国および満州からの完全撤退要求など日本側が到底受け入れられない内容を
 含んでおり、ほぼハル・ノートと同じ内容になっている。ホワイトが試案を作成したのはその翌
 月で、パブロフの指示を忠実に守ったことをうかがわせている。
さらに、ホワイトは41年に成立したソ連と中国への米軍事支援を合法化した武器貸与法を強く推
 進したことがわかっている。
ホワイトは、カリー補佐官と同様、エリザベス・ベントレーらによる告発で米下院・非アメリカ活
 動委員会に召喚されたが、スパイ容疑を否定したあと、3日後に心臓まひで死亡している。ホワイト
 の直接の部下だったコーら二人の財務省高官も同様のスパイ容疑をかけられたあと、中国に亡命し、
 そこで客死した。[5]                            ~~~~~~~~~~


171 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 19:42:17 0
───┐
□□□│
□□□│       
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
 ._.  │
 | | |  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


172 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 19:43:16 0


☆永遠のアイドル★岡田有希子の歴史☆
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1118279594/



173 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:51:22 0
べにのさしこんだようなういういしい若武者のあつまり陸軍少年航空兵が、
日本の戦史にいさましい姿をさっそうとあらわしたのは、
盧溝橋事件直後の日中戦争からであった。
「いよいよとぶのか、アバタ!」
しょうきさまのようなひげづらをさげた飛行将校に、ぽんと肩をたたかれて、
少年航空兵は、石のようにこわばった顔を、にやりとほころばせた。
「はい!」
木村少年航空兵の顔は、ぶつぶつとふきでた、黒いあわつぶのようなアバタでいっぱいだった。
零下四十度にもひえる高い空で、はげしい訓練をうけると、
やわらかいほっぺたに、ガス中毒のような水泡ができる。
「いいか、必殺必中だぞ!」
目の前の小さな飛行場に、九七式軽爆撃機がエンジンの始動をはじめている。
バリン バリン バリンーーー
空気のわれるような、ものすごいプロペラのひびきである。
風雲、急をつげる世界の航空機の発達ふりにあわせて、陸軍がつくらせた新鋭機だった。

174 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:53:25 0
ひげづらの将校が、ぽんともうひとつ肩をたたいて二十分もたったころには、
木村少年航空兵と、もうひとりの戦友をのせた九七式は、
高度二千七百メートルの上空にまいあがって、編隊のなかにまじっていた。
「おしっこがしたい・・・・。」
操じゅうかんをにぎっているかれは、泣きたいような気持ちで歯をくいしばった。
となりの戦友が、送話器を口にあててささやいた。
「おれもおしっこがしたい!」
先輩が、初陣のときは、小便がしたくてしたくてたまらなくなるのだぞ、
それでいてほんとうには、すこしもおしっこはでないのだ、
と、いっていたのはうそではなかったのだ。
はるか上空に、陸軍九七式戦闘機が爆撃機を護衛して、むれをなしてとんでいった。
九七式戦闘機は、速度より一騎うちに強い格闘性能に力がそそがれていた。

175 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:54:03 0
白い雲がぽかりときれ、眼下に、びょうびょうとひろがる市街がみえた。
中国北部の大同市であった。
「あっ、駅がみえる!」
木村少年の頭に、血がいちどにさかのぼるようだった。
駅の東方に、中国軍の兵器廠の建物が、くっきりとみえた。
友軍の爆撃機が、獲物をみつけたタカのように、先をあらそって急降下にうつっていった。
木村少年航空兵は、高度をさげた機体の中で、声をあげた。
「からだがのめりこんでしまいそうだ!」
耳ががんがん鳴った。頭がいたい。
しゅんかん、飛行機が胴ぶるいしたかのように、がくんがくんとゆれた。
弾薬倉のボタンをむちゅうでおした。
かれは、ひとつ、ふたつ、横っつらをはりとばされたようなショックを受けた。

176 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:54:41 0
戦友がさけんだ。
「木村、敵の高射砲がおれたちをねらってるぞ!」
飛行機のそばで、白い花が、ぱっぱっと、ふたつみつ、つづいて咲いた。
さく裂する高射砲のたまだと気づくのに、木村少年は、なおしばらく時間がかかった。
(はやくにげないと、うちおとされる!)
全身が、氷づめにされたように、こちこちになった。
死ぬことのおそろしさを、はじめて知ったのだ。
操じゅうかんをいっぱいにひくかれの手は、棒のように感覚がなかった。
機首を上にむけて急上昇してみると、隊長機は、白いけむりの花咲く高射砲のたまを、
たくみにぬいながら爆弾を投下していた。
木村少年には、自分のおとした爆弾が、
なにをたたきつぶしたのか、たしかめるよゆうすらなかった。
かれの飛行機が一機だけ編隊からとりこのされたのは、それからまもなくであった。

177 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:55:16 0
山間の谷間に、高度四千の上空から、ゆらゆらとおよぐようにおちていって不時着したとき、
あたりに夜のやみがせまっていた。
その夜、不時着した飛行機の周囲を、
二百匹あまりのうえたオオカミのむれにとりまかれたのである。
風がうなってとおりぬけるように、ウォーウォーウォーと、
さけび声をあげる子牛のようなオオカミが、機体の上をサーカスのようにとびこえた。
数匹が、赤い舌をながながとだして、操じゅう席の人間をめがけて、体あたりしてきた。
「表にでてうち殺すか?」
戦友が、頭の上の窓に手をかけようとした。
ピストルに手をかけ、片手で軍刀のつかをにぎっていた。
「こんなけだものになめられて、少年航空兵のはじさらしだ!」
戦友は、木村のとめるのもきかず、まどをあげて操じゅう席から表へとびだした。

178 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 23:56:31 0
十数匹ものオオカミが、黒い弾丸のように、ひとかたまりになって戦友をおそった。
「おい、やられるぞ!」
操じゅう席の木村少年は、つづけざまにピストルを数発うった。
空間にオオカミの一匹がとびあがり、のど笛のひきさけたようなひめいをあげ、
そして地ひびきをたてて落下した。
戦友の右の肩にオオカミが二匹、きばをたててしがみついていた。
戦友は、どっとたおれた。
木村少年航空兵は、あやうく助かったが、人間だけがあいてでない中国の戦いのおそろしさに、
いつのまにか、ポロポロと涙をこぼして泣いた。
このとうじ、関東軍参謀長の席に東条英機がついていた。
かれは部下の参謀辻政信にいった。
「将校や兵隊が死ぬのがおおすぎるぞ。」
日中戦争は、四十四万六千五百名あまりの戦死者をだしている。
日清戦争の戦死者が八百二十六名、日露戦争の戦死者は四万二千五百名であった。
物語日本史10

179 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 00:03:06 0
───┐
□□□│
□□□│       
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
 ._.  │
 | | |  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

180 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 00:03:30 0
───┐
□□□│
□□□│       
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
□□□│
 ._.  │
 | | |  │
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

181 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 00:10:46 0
通州事件を起こしたのは中国共産党

182 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 02:09:41 0
おお荒らされてる、
なんか良スレらしいので上げ。

で、本当に全部中国共産党の謀略なわけか。。

183 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 02:41:17 0
良スレだな。極東板あたりから出張してきた連中の、
植民スレのいい見本だ。

184 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 02:55:02 0
引っかかった日本がアホ。
日本人は孫子や六韜などの中国の兵法書を教科書にしろ。

185 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:56:07 0
>>173-178
>木村少年航空兵

やれやれだな。
洪思翔中将を始め、西安で中国軍を撃退して勲章を受章した金錫源少佐、
満州建国の立て役者白洪錫少将など、陸軍将校は朝鮮名のまま活躍した者ばかりだったんだよ。
救えないね、てい造もここまでくると。

186 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 20:57:31 0
┃                                                  ┃
┃.初めて管理する朝鮮兵の扱い方                         ┃
┃                                                  ┃
┃ 一、いついかなる時でも唐辛子粉を食事に際し好きなだけ使わす事。.  ┃
┃ 一、絶対に頭、体を叩いてはいけない。.                    ┃
┃    怨みを持って復讐する気質があり脱走の原因となる。.         ┃
┃ 一、清潔な食事運搬用バケツと雑巾バケツの区別をよく教える事。. . . ┃
┃ 一、危険な状況下では銃を投げ捨てて哀号!と泣き出す習癖が .  .    ┃
┃    あるから日本兵二名で一名の朝鮮兵を入れて行動せよ。       ┃
┃                                                  ┃
┃                                           帝國陸軍通達 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
    __                              __     _______
  /  *ヽ_ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄               /  *ヽ_ /
  ( ; ´Д`)< はっと、、、朝鮮兵こいつ!         <ヽTД⊂ヽ< 哀号おおぉぉぉ!
  (つ : つ  \_______        ポイッ  ⊂   : ノ  \_______
  / / /†                         彡  人  Y
 (_)_)                       〆    レ (_フ


187 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:03:21 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党
戦争を拡大させたのは中国共産党
廊坊事件を起こしたのは中国共産党
広安門事件を起こしたのは中国共産党
現在進行形で侵略戦争している中国共産党
通州事件を起こしたのは中国共産党

188 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 21:57:57 0
通州事件で無辜の同朋婦女子多数を無残にも陵辱・惨殺された朝鮮系日本人たちの怒り、驚き、哀しみは想像するにあまりある。
近代法以前の慣習に照らせば、彼らが中国人に対して怨詛の念を抱くのはごくごく自然で当たり前の出来事と理解できる。
実際の戦闘に於ける朝鮮兵たちの活躍はさながら縮地の法を心得ているかのごとく神出鬼没疾風迅雷、鬼気迫る奮戦振りであったという。
朝鮮兵たちの勇猛さは、震え上がった中国兵たちをして彼らをかく呼ばわしめた。「高麗棒子二鬼子、日軍中最"狼"」
出藍の誉れと讃うべきである。家は焼けても心は焼けぬ。鬼畜ルメーに負けてたまるか。毅然たれ日本人!凛然たれ日本人!!

189 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 22:01:35 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

190 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 14:56:58 0
★女を泣かす最低最悪な支那畜★
名前: 名無的発言者
E-mail: age
内容:
卓球の福原愛が公開陵辱された件について

福原愛が「私のお財布には300円ぐらいしか入っていないんです」と話したあたりから、
雰囲気は一転。福原の「うちは、あまりお金持ちじゃないんです」との告白を受け、
司会者・王志が「あなたの家では、どの人がお金に対しての責任者なのですか」と聞くと、
福原が「そういうことは、よくわからないんです」と泣き出してしまう一幕もあった。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2005&d=0623&f=national_0623_003.shtml

問題の動画

http://pl.eek.jp/up/uploader/src/up0269.avi

天安門広場で、軍隊がデモを虐殺するくらいだから、女を泣かすなんて
なんてことないんだろうね・・・ 
思いやりのカケラもない冷酷で残虐な民族だね・・・

191 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 14:58:37 0
■4.ソ連スパイが作成したハル・ノート原案■
 日本爆撃計画は不発に終わったが、実際に日米戦争の引き金を引いたのが、41年11月26日、
 ハル国務長官が提示したハル・ノートであった。このノートで米政府は
・ 中国、仏領インドシナからの日本軍の全面撤退
・ 蒋介石国民党政府以外の政府の否認
・ 日独伊三国同盟の死文化
などを要求した。これを最後通告と解釈した日本は、翌日、国との交渉の打ち切りを決定した。
 実際には、ハル国務長官は90日間の停戦を骨子とする緩やかな妥協案を作成していたのだが、
 ルーズベルトは、財務次官ハリー・デクスター・ホワイトが41年6月に作成していた対日強硬提
案の方を採用した。 今回のVENONA資料では、このホワイトも、ソ連に米国政府の極秘情
報を通報したり、現金をもらっていた事を示しており、カリー補佐官と同様、ソ連のスパイであ
ることが判明した。さらに当時のソ連人民内務委員部の工作員だったパブロフが41年5月にワシ
ントンでホワイトと密会し、日本と米国が交戦するよう仕向ける外交案の作成を要請していたこ
 とが、ソ連崩壊後の同氏の回顧録で明らかになった。パブロフによると、ホワイトに与えた指示
 書では、日本軍の中国および満州からの完全撤退要求など日本側が到底受け入れられない内容を
 含んでおり、ほぼハル・ノートと同じ内容になっている。ホワイトが試案を作成したのはその翌
 月で、パブロフの指示を忠実に守ったことをうかがわせている。
さらに、ホワイトは41年に成立したソ連と中国への米軍事支援を合法化した武器貸与法を強く推
 進したことがわかっている。
ホワイトは、カリー補佐官と同様、エリザベス・ベントレーらによる告発で米下院・非アメリカ活
 動委員会に召喚されたが、スパイ容疑を否定したあと、3日後に心臓まひで死亡している。ホワイト
 の直接の部下だったコーら二人の財務省高官も同様のスパイ容疑をかけられたあと、中国に亡命し、
 そこで客死した。[5]                            ~~~~~~~~~~


192 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 20:28:55 0
ほんと良くできた植民スレだ。
はよ削除されろ。

193 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:45:06 0
>>190
天才卓球少女が盧溝橋事件を起こすわけがなかろう。
血迷うたか?
ふるたちのオサレ關係で高校のクラスメイトから「白豚」と呼ばれたエピソードを披露する彼女は美しかったぞ。
中国人は恥を知れ!
http://sports7.2ch.net/test/read.cgi/pingpong/1092900729

194 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:45:57 0
↑支那人

195 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:52:07 0
>>190
十中八九、共産党だな

196 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:53:35 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。


197 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 22:57:33 0
>>188
呼ばわしめた の検索結果 4 件
呼ばしめた の検索結果 約 217 件

もっと国語を勉強しようね

198 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 12:18:04 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

199 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:10:37 0
彼はそもそも七月七日の盧溝橋の開戦の前々夜(?)、現場の馮治安の軍隊から「日本軍が機銃掃射をやって困る」という
抗議を受けた。彼は当時大使館付武官補佐官であった。今井はすぐさま現場に急行して、現地部隊の参謀と打ち合わせ、
硬軟いろいろの手段をつくして日本軍の内部で発砲したらしい兵の有無を調査した。実は今井には、一つイヤな予感が
心中にわだかまっていた。それは日本の軍隊には悪習慣があって、昔から新しい銃弾配給の時期が近づくと、古い
やつは夜間に勝手な方向へむけて撃ってしまうのが常であった。今井は第六感で、これをやったなと思った。それで
表向きの厳重な訊問のほかに、この頃の言葉で言えば聞き込み捜査を隊付参謀に依頼して念入りにやってもらった。
しかし誰もその晩機銃を撃った形跡はない。

200 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:12:06 0
その翌晩である。今井は陳子庚博士の招宴に臨んでいた。ところが宴半ばの頃に、招かれぬ客として石友三将軍が
突然今井を捜しに来た。石将軍は当時は冀北保安司令という地位にあって、北京の東北郊の黄寺に八千ほどの兵を
持っていた。今井は宴席の主人に詫びて別室で石に会った。ところが石の言うことはまったく尋常ではない。
「実は明晩必ず盧溝橋付近で日華両軍の間に戦闘がはじまるようだが、自分の軍隊には一切の抵抗を厳禁してある
から、どうか日本軍の方も自分の軍隊だけは攻撃しないでくれ」という話である。今井は最初自分の耳を疑った。
しかしよく考えて見ると、この石友三将軍は当時こそ仲違いをして疎遠であるが、元来は馮玉祥系統の代表的な
将領であって、馮系統の情報は宋哲元を通じていち早く耳に入る関係にあった。この馮は謀反やクーデタの点では
前科数犯であって、世界に名をとどろかしている将軍である。馮は平常兵士と同じ木綿の軍服をまとい、英米に
対してはクリスチャン・ゼネラルと自称し、ソ連に対しては親ソのゼネラルと称し、それぞれ自己宣伝は怠りない
のだが、事実モスコウには長く滞在したことがある。当時蒋介石からは信用がなく、不遇であって、馮としては
何かここいらで変わった事態の発生が望ましいところであった。悪いことには、いま書いたように北京周辺を守備
している宋哲元とその片腕の馮治安はこの馮玉祥の旧部下であった。

201 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:13:23 0
その前年の秋、蒙古の独立運動を企てた日本の軍人と浪人の混成軍が完膚なきまでに敗北したので、中国じゅうの
新聞は、「日本軍敗る。日本軍はもはや恐るるに足らず」と書き立て、北京天津の地方はことにお祭り騒ぎを演じた。
その直後(?)が盧溝橋の演習である。当時のロンドン・タイムズの記者が、「日本軍が連日敢えて行っている刺激
的な夜間演習によって、何らかの不祥事が起らなければ、これこそは奇蹟というものである」と書いたが、現地の
事情を描写してまことに適切である。

202 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 15:14:15 0
現地部隊の将校の荒っぽい空気の間では、今井中佐(事件当時は少佐)の行動は評判が悪かった。何しろ毎日砲弾の
響きのとどろくような現地のことだから、今井の主張するような戦争不拡大主義はこれこそ祖国の権威を失墜させ
るインテリの軟論としか映らなかった。大学教授にあるような地味なタイプの今井は、もともと理論闘争に不得手
な第一線の将校にとっては煙たい存在でもあった。あいにく今井は酒もあまり飲めない。放歌高吟するわけでもな
い。荒っぽい現地の空気には馴染まぬ男である。それで盧溝橋開戦後の数週間、今井は自分の持っている智能の限
りを働かせてなかなか内容のある意見具申の電報を東京の陸軍省にあてて打っていたのだが、彼の隣室に坐ってい
る部下が故意にその発信を遅らせて、効果の減じた数日後にようやくこれを打電するという有様だった。
                       『揚子江は今も流れている』犬養健(S35文春 S59中公文庫)
( )内は今勝手に付けた。

203 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 19:37:13 0
>>29
>トンキン湾事件
よく考えると、テト攻勢は、ひとつで百団大戦と皖南事件ふたつぶんの成果を挙げてるな。
敵の肝を冷やし、大衆を魅惑するプロパガンダ効果、そして非主流派南ベトナム解放戦線の壊滅。
やはり歴史から学ぶ人間だけが勝利するのだなw

204 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 00:05:43 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


205 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 00:06:36 0
考えてみると、この事件は実に人間の心理研究が行き届いて行われている。
日本軍の方はほんの微かな刺激を与えても大きな衝動を発するほど傲りの心に満ちている。
中国軍の方は蒙古での勝利以来日本軍を小馬鹿にする風習が将校のなかに徹底しているが、
正直に言って、実力はそれほどまだ身に備わってはいない。
しかし実力が付いたような錯覚がすでに広範囲に中国軍の将士の心理を左右している。
この乾き切った二つのま薪の束のような両者に向って、火焔を投げ込むように何人かが第三の地点から銃弾を打ち込んだのである。
「心も黒し夜も黒し」というシェークスピア劇のセリフそっくりである。成功疑い無しである。
その銃弾は日本軍と中国軍との肉体をねらったというよりは、両軍の自制を失った傲り心を射撃したのである。
この作戦計画者はまことに世にも秀れた心理戦の大家である。
あの西安事変で一旦捕えた蒋介石委員長を敢えて生かして活用しようとした、あれと同じ高度の頭脳から出ている心理戦の大家であるに違いない。
 『揚子江は今も流れている』犬養健(S35文春 S59中公文庫)


206 :世界@名無史さん:2005/06/27(月) 18:37:43 0
政治家としての毛沢東には「???」が付くような事例が多いが、
戦略家としての毛沢東には「!!!」が付くような事例が多い。

207 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 02:09:28 0
まあここに書いてあることを鵜呑みにする人もいないだろうが。

208 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 10:43:13 0
isa訳『福澤諭吉の「脱亜論」』 抜粋

 日本は、国土はアジアにありながら、国民精神においては西洋の近代文明を受け入れた。
ところが日本の不幸として立ち現れたのは近隣諸国である。そのひとつはシナであり、もう
ひとつは朝鮮である。この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を
共有しているのだが、もともと人種的に異なっているのか、それとも教育に差があるのか、
シナ・朝鮮二国と日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。情報がこれほど早く行き来する
時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、それでも過去に拘り続けるシナ・朝鮮の
精神は千年前と違わない。この近代文明のパワーゲームの時代に、教育といえば儒教を言い、
しかもそれは表面だけの知識であって、現実面では科学的真理を軽んじる態度ばかりか、
道徳的な退廃をももたらしており、たとえば国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と
開き直って恥じることもない。

209 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 10:43:36 0
 私の見るところ、このままではシナ・朝鮮が独立を維持することは不可能である。もしこの二国に
改革の志士が現れて明治維新のような政治改革を達成しつつ上からの近代化を推し進めることが
出来れば話は別だが、そうでなければ亡国と国土の分割・分断が待っていることに一点の疑いもない。
なぜならインフルエンザのような近代文明の波に洗われながら、それを避けようと一室に閉じこもって
空気の流れを絶っていれば、結局は窒息してしまう他はないからである。
『春秋左氏伝』の「輔車唇歯」とは隣国同志が助け合うことを言うが、現在のシナ・朝鮮は日本にとって
何の助けにもならないばかりか、この三国が地理的に近い故に欧米人から同一視されかねない危険性
をも持っている。すなわちシナ・朝鮮が独裁体制であれば日本もそうかと疑われ、向こうが儒教の国で
あればこちらも陰陽五行の国かと疑われ、国際法や国際的マナーなど踏みにじって恥じぬ国であれば
それを咎める日本も同じ穴の狢かと邪推され、朝鮮で政治犯への弾圧が行われていれば日本もまた
そのような国かと疑われ、等々、例を挙げていけばきりがない。これを例えれば、一つの村の村人全員が
無法で残忍でトチ狂っておれば、たとえ一人がまともでそれを咎めていたとしても、村の外からはどっちも
どっちに見えると言うことだ。実際、アジア外交を評する場面ではこのような見方も散見され、日本にとって
一大不幸だと言わざるを得ない。
 もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。「東アジア共同体」の一員として
その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。日本は、むしろ大陸や半島との関係を絶ち、
先進国と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接しては
ならないのだ。この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を
見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。
(明治18年3月16日)

210 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 18:20:52 0
まあここに書いてあることを鵜呑みにする人もいないだろうが。


211 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 18:29:32 0
いいとこのボンボンの生まれで、メイドさんを何人も強姦した挙句、妊娠出産したらゴミのように捨て、路頭に迷わせて母子共々餓死させた人間のクズの言う事を真に受けるDQNなら大勢いるけどね。

212 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 18:36:21 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


213 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 18:40:49 0
妾腹仕候

214 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 18:51:11 0
日本と中国の関係を「唇歯相依(唇と歯のように助け合う関係)」といったのは、国父・孫文である。
                          蒋介石秘録10

215 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 19:34:04 0
満蒙は日本の生命線ではない

216 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 19:36:00 0
>>214
唇が無くなれば歯が寒くなるって奴か
ようは盾だな

217 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 21:37:10 0
そこで東亜モンロー主義ですよ

218 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 21:44:08 0
>>211
毛沢東のこと?

219 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 21:52:49 0
>>211
ルソーかマルクス、多分マルクスだと見た。


220 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 22:24:33 0
いぬかいさんのことかとおもっちまったよ、哈哈哈哈哈哈

221 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 23:19:22 0
中国侵略の歴史
1935年11月07日 長征終了 戦力を十分の一以下に減らす
1936年02月26日 
1936年08月24日 成都で反日デモ、約一万人参加。邦人記者4名暴行を受け、2名死亡
1936年09月03日 広東省北海で日本人商店店主殺害
1936年09月19日 湖北省漢口日本租界で巡査・吉岡庭二郎ピストルで狙撃され死亡
1936年09月23日 上海共同租界呉淞路で日本第三艦隊旗艦「出雲」勤務水兵4名襲撃を受け、一等水兵・田港朝光死亡、2名負傷
1936年11月14日 綏遠事件
1936年12月12日 西安事件
1937年07月07日 盧溝橋事件
1937年07月11日 近衛内閣、内地から三個師団、朝鮮から一個師団、満洲から二個旅団の派遣を決定(陸軍中央は後にこれを延期)
1937年07月19日 蒋介石、「最後の関頭」演説発表
1937年07月25日 廊坊事件
1937年07月26日 広安門事件
1937年07月29日 通州事件
1937年08月13日 上海でも戦闘開始
1949年   中国がウイグル侵略し占領
1950年   中国が朝鮮戦争に参戦
1951年   中国がチベットを侵略
1959年   中国がインドと国境紛争
1969年   珍宝島で中国軍がソビエト軍が衝突
1979年   中国がベトナムを武力侵略。中国が懲罰戦争と表明 
1992年   中国が領海法制定により南沙諸島と西沙諸島の領有を宣言
1995年   中国が歴史的にフィリピンが領有してきたミスチーフ環礁を占領
1996年   中国が台湾海峡でミサイル発射し台湾を恫喝
1997年   中国がフィリピンが歴史的に領有してきたスカーボロ環礁に領有権を主張。
 同年   中国が日本が固有の領土として主張してきた尖閣諸島の領有を主張。
2000年ー  中国の軍艦が日本列島を一周。中国が尖閣諸島付近で日本の領海内の海底油田調査を敢行

222 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 00:39:19 0
中国謀略の歴史
1935年11月07日 長征終了 戦力を十分の一以下に減らす
1936年02月26日 
1936年08月24日 成都で反日デモ、約一万人参加。邦人記者4名暴行を受け、2名死亡
1936年09月03日 広東省北海で日本人商店店主殺害
1936年09月19日 湖北省漢口日本租界で巡査・吉岡庭二郎ピストルで狙撃され死亡
1936年09月23日 上海共同租界呉淞路で日本第三艦隊旗艦「出雲」勤務水兵4名襲撃を受け、一等水兵・田港朝光死亡、2名負傷
1936年11月14日 綏遠事件
1936年12月12日 西安事件
1937年07月07日 盧溝橋事件
1937年07月11日 近衛内閣、内地から三個師団、朝鮮から一個師団、満洲から二個旅団の派遣を決定(陸軍中央は後にこれを延期)
1937年07月19日 蒋介石、「最後の関頭」演説発表
1937年07月25日 廊坊事件
1937年07月26日 広安門事件
1937年07月28日 国府、北平を放棄
1937年07月29日 通州事件
1937年07月30日 国府、天津撤退
1937年08月13日 上海でも戦闘開始
1937年09月22日 共産党、国府に帰順(第二次国共合作)
1937年12月13日 南京陥落
1938年01月16日 「国民政府を対手とせず」第一次近衛声明
1938年04月06日 台児荘
1938年10月21日 広州失陥
1938年10月25日 蒋介石、宋美齢とともに武漢脱出
1939年02月10日 海南島上陸
1940年03月30日 南京中央政府発足
1939年06月12日 平江事件
1939年10月02日 長沙会戦(第一次)
1940年08〜12月 百団大戦w
1941年01月05日 皖南事件


223 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 08:55:06 0
☆ チン     マチクタビレタ〜
                         マチクタビレタ〜
        ☆ チン  〃  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          ヽ ___\(\・∀・) < 廬溝橋事件の謝罪まだ〜
             \_/⊂ ⊂_ )   \________
           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
        | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
仕掛けられた「日中戦争」 ── 廬溝橋事件の真実    
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/html/history/honbun/rokokyo.html

224 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 17:09:39 0
>>211
毛沢東のこと?

225 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 18:23:43 O
>>1
言ってる事は正しいが板違いだ、中国板にたてれば折れを含むアンチ中国からネ申として崇められるかもよ

226 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 19:26:44 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


227 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 19:42:56 0
チルソクの開戦

228 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 20:17:37 0
>>170>>191
国府と八路を両天秤にかけるなんざアメリカだけでなく、イギリスもロシアも日本もやっていたこと。
わざわざ書き立てるならその先にまで論を進めないと。

229 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 20:24:26 0
威張るな馬鹿ウヨ

230 :世界@名無史さん:2005/06/29(水) 20:33:07 0
??馬鹿サヨですよ?

231 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:16:10 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党



232 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 02:50:03 0
福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年) 慶応生ならば、一字一句心に刻め。

 日本の不幸は中国と朝鮮だ。
この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、
もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。
情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、
過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。
国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。
もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。
日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。
ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。
この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。
悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。
私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。

原文
http://www.chukai.ne.jp/~masago/datuaron.html

233 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 04:15:51 0
盧溝橋じゃなく、上海事変を持って
日華事変の開始とすれば、先に手を出した
のは間違いなく中国軍。

日華事変は上海の租界への侵略に対する
日本の自衛戦争と定義してOK。

234 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 10:28:12 0
>>232
>>208-209

235 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 19:14:39 0
柳川兵団は疾風怒涛

236 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 19:18:34 0
>柳川

やれやれだな。
洪思翔中将を始め、西安で中国軍を撃退して勲章を受章した金錫源少佐、
満州建国の立て役者白洪錫少将など、陸軍将校は朝鮮名のまま活躍した者ばかりだったんだよ。
救えないね、てい造もここまでくると。


237 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 19:19:52 0
─────────────‐
━━━mm━━━━━━━━━
 ||| lll | |    人  ガラッ
     | |   (__)   ||| ________
  |||  | | (____)   /
     \\( ・∀・ ) < おやじ!冷やしうんこ下痢だくで!
      \     \ \
||| ガラッ  )    ト、ヽ   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |||   /     ( | | |||
━━━━━━━━━mm━━━
─────────────‐

238 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 19:22:48 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。

239 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 22:55:40 0
「そうですよ。ご承知のようにイギリスというやつは実際家だから、もともとこの戦争が中国本土に飛び火しないというのならば、
満洲国承認の問題なぞは腹のなかで認めていたんですよ。ところがその後、日本の海軍が沿岸の封鎖は行なう。揚子江は完全に閉め出す。
イギリス苦心の日華仲裁工作には、東京で陸軍と右翼とが大々的な妨害のデモをやる。これでイギリスはすっかり見切りをつけましたな。
−それでイギリスは思い切って、中国との結び付きのかたちに大変革を企てたんです。イギリスは水の揚子江をあきらめて、
山のビルマ公路建設に踏み切ったんですな。そして印度洋とビルマと中国の奥地とで、新しい英華協力の大きい地域をつくり始めたんです。
イギリスのカー大使(Sir Archibold C. Kerr)が最近、雲南の奥の方まで足をのばして長い視察旅行をやったのもその現われでしょうな。
そこへ日本軍の海南島占領でしょう。世界はいよいよ日本が危険きわまる南進のスタートを切ったと見るし、
蒋さんは蒋さんで一層英米に頼りながら長期抗線に決心したようですよ」
                      揚子江は今も流れている

240 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 23:16:40 0
「日本にとって非常に有利過ぎるような条件で、中国との間の仲介が出来そうに思われる。
それで、もしも日本がそれを受け入れるならば、自分は喜んで蒋介石を説く自信がある」
こう言って、カーはその内容をくわしく谷に説明した。谷はすぐにこれを近衛に取り次いだ。
しかし近衛は未だに武力による中国の打倒ということに望みを抱いていて、谷の話については決断を欠いていた。
たとえば彼は当時、山下亀三郎の内輪の招宴の席上で、
「もうひと息で中国が参りはせんかと思っている矢先に、この話を受け容れて、もしも蒋介石に寝返りでも打たれては『事』だし、
さればといってこのまま引き摺られて、『もう参りはせんか、参りはせんか』と思いながら深みに引き込まれるのも困る。
やはり或る場合は蒋介石を相手に始末をつけなければならないかも知れない。その点はいま研究中なんだが……」
と言っている。しかし、いざ具体的処置ということになると、近衛もその相談相手の木戸も終始消極的であって、
「参謀本部なぞの和平熱望論も一応尤もではあるが、しかしここまで事を起してしまった以上は、中途半端というのが一番わるい。
何でもかでも向うに引き摺られてしまって、まるで敗戦国のようにこちらからワザワザ肚を見せた態度でもって、
『こんな条件で媾和したらいかがでしょうか』と問い合わせるようなことは、連戦連勝の国の側から示すべきものではない。
そんなことをすれば、『日本はよほど弱っているようだ。もう既に危いのじゃないか』という風に内兜を見透かされ、
そのために対外的には為替の暴落とか公債の下落ということになっては、商売も何も出来なくなる」
                揚子江は今も流れている

241 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 23:21:55 0
トラウトマン工作はゾルゲの陰謀

242 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 10:39:10 0
近衛がそこまで度胸あったら、あんなことにならんかっただろ

243 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 15:50:13 0
貴族の坊ちゃんの駄目な部分は60年後の
細川内閣でも発揮されました。。。

244 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 19:38:59 0
まあ、国府が退いた後、日本が掌握しキレなかった広大な空白地帯に八路が浸透したのはある意味当然のことだった。
長征終了時にはたった六千人しか残らなかった八路が、僅か三年後の1938年12月29日には彭コ懷をして、現有勢力十二万と言わしめている。
プラントを失った浙江財閥も音を上げたが、日本も苦しくなって国家総動員法を成立(1938/4)させた。
本当に苦しくなる前に、台児荘を乗り越えて延安を落とすべきだったと思うのだが


245 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:03:12 0
       /.|   /.|   ./.|                       反日教育↓
     /核/  ./核/   /核/ ←日本に照準
  _ / / _ ./ / _../ /                        || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧
.  \/ /ヘ \/ /ヘ\/ /ヘ                     || 強姦惨殺 。    /支 \
   ◎ 丶i   ◎丶i  ◎丶i.   .|\_______/| ←捏造 ||   小日本 \ (`ハ´  )
                   _|    300000    |_       ||_______⊂   ⊂)
   ∧∧/ ̄ ̄ヽ     _ \ ._______ /_           ∧∧ | ̄ ̄ ̄ ̄|
  /支 \資源 i     \ ._南京大虐殺記念館_ /          (   ,,)      |
 (`ハ´  ) ⊂二 ̄⌒\   | ∩ ∩ | ̄| ∩ ∩ |           〜(___ノ  ̄ ̄ ̄ ̄
  (つ とく__,;;ノ)\   ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ 口  ̄ ̄ ̄ ̄|      llコ
   /⌒__) /__   )   ∧∧        ノ)      , ‐-ll、
   レ' ゝ( ////  /|.  / 支 \       / \ 〜〜l _ l〜〜〜〜〜〜〜
        / / / //\ \( `ハ´ )   _/ /^\)    ,! . ̄ l  「l
 ↑盗掘  / / / (/   ヽ、        ⌒ ̄_/  /漢 ̄ ̄二二二二`γ_、 三二―
      ( ( (/      ノ 愚 民 / ̄     (`ハ´)        ,`~ソ 三二―
 ↓酸性雨         ./     /           `ー―――――一'´
    /  /    /   /           |\                  ↑領海侵犯
 /      ,.、 ,.、  /     / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (:::::::::(:::::::::::::(::::::::::::):::::::)
   / ∠二二、ヽ  /   | 日本には申し訳ないという気持ちが  | (::::::::::)∧_∧:::::::):::::::)
 /  ((´・ω・`))   /  | 足りないのではないか          |(:::::::::::(´*д*`):::::::):::::)
  /  / ~~:~~~〈  /    \______________/  (::::::::::/~~:~~〈::::::::::::::) ↑黄砂

246 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:05:39 0
「たとえば揚子江下流の新四軍(共産軍)は、あの辺のお百姓には評判がいいですよ。なぜというのに、
新四軍は農村で徴発した鶏や豚には必ず代金を払う。女のいるところでは裸を見せない。
使った品物は 略
共産軍の若い将校は、お百姓の青年と夜なぞゆっくりくつろいで、将来の小作人の土地の問題や、
世界一に高い農村の借金の利息の問題なぞ、いろいろ議論するそうです。 略」
「しかし、臼井さん。いくら農民に親切でも、結局、共産党はソ連のロボットですよ。
中国独特の土の匂いのする共産主義、なぞというのはお伽話のナンセンスですな」
「そうだろう。そんな生ま優しいソ連じゃないからな。しかし、僕ら兵隊屋から見ると、結局、
農村は兵士の供給源ですからな。村で評判のいい息子は共産軍に入る。出来のわるい息子は政府軍の徴発にさし出す。
政府軍の部隊長も人数さえ揃えば中央へ申し訳が立つ。というようなことをやっていると、
これは中国は将来どうなるのでしょうかな。蒋介石軍と共産軍の素質の優劣の差が、
だんだん知らぬ間に大きくなるのではないでしょうか。 略
ご承知のようにアメリカでは、半分赤い政府などと悪口を言われながらも、
農産物の価格保証やダムなぞの建設で、ニューディール政策以後のお百姓のくらしはすっかり安定したようですね。
康さん、僕らの取り越し苦労かも知れないが、行くさきざきの中国のこういう危機を控えて、
汪も蒋もどんな国策を持ち合わせているんでしょうか。私たちが汪・蒋ともに黒星、などという場合も予想して、
職務柄今から研究したら、それは行き過ぎということになるのでしょうか。
私は実はそう思わんのだがな」
                           揚子江は今も流れている

247 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:08:17 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

248 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:18:24 0
 スターリンは南京失陥直後の十二月(一九三七年)、駐ソ中国大使・楊杰にたいし
「蒋委員長に伝えてほしい」とつぎのように述べたのである。
「戦争を続けるにあたって、人民の反政府行為をなくそうとするには、
委員長は少なくとも四百五十万人を銃殺しなければならない。
そうしなければこの抗戦を勝利に結びつけることはできないと思う」
 ちょうどソ連では、総参謀長トハチェフスキーの処刑(六月)をはじめ、いわゆる「スターリン大粛清」の嵐が吹きまくり、
多数の“反スターリン派”が、裁判にもかけられずに、粛清されているさなかであった。
スターリン派つづけて、彼がどのようにしてソ連の権力を握ったかを次のように説明した。
「私(スターリン)は、疑わしいソ連人をすべて逮捕し、内政部に送る。
内政部にはいると出口は二つしかない。シベリアに行くか、墓に行くかだ」

249 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:19:30 0
蒋介石秘録12

250 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:20:39 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


251 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 20:25:59 0
蒋介石は、西安で赤匪に囚われたとき、レイープされて恥ずかしい写真を取られたに5000NT



252 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 22:20:45 0
蒋介石は、規則正しい生活を送り、自己を律することに馴れたクリスチャンである。
このような男が一旦羞恥攻めに遭えば、それを隠すためのどんな条件でも履行するであろうことは論を待たない。
たとい本人が己の恥辱を敢えて曝け出す覚悟を決めたとしても、烈婦・宋美麗がそれを許さなかっただろう。


253 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 23:29:37 0
国府の勝利中主なものは、台児荘、長沙会戦、芷江作戦だろうか。
前者は日本軍の延安進出を食い止め、後2者は毛沢東の出身地を守った。
こじつけだが。

254 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:02:13 0
周恩来は元京劇のオヤマだったので、筆跡も声も歩き方も色気があった。
彼が国共を超えて政治家たちに愛された由縁だろう。
彼は重慶に詰めて延安に情報をだだ漏れさせていたが、国府の人間はどうすることもできなかった。
何応欽などは嫉妬で夜も眠れなかったという。

255 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:06:59 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


256 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:07:47 0
しつっけーんだよ腐れ王八蛋が。

257 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:24:24 0
朝まで生テレビで帝国軍人特集キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
喪前ら必見!


258 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:30:36 0
       /.|   /.|   ./.|                       反日教育↓
     /核/  ./核/   /核/ ←日本に照準
  _ / / _ ./ / _../ /                        || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|∧∧
.  \/ /ヘ \/ /ヘ\/ /ヘ                     || 強姦惨殺 。    /支 \
   ◎ 丶i   ◎丶i  ◎丶i.   .|\_______/| ←捏造 ||   小日本 \ (`ハ´  )
                   _|    300000    |_       ||_______⊂   ⊂)
   ∧∧/ ̄ ̄ヽ     _ \ ._______ /_           ∧∧ | ̄ ̄ ̄ ̄|
  /支 \資源 i     \ ._南京大虐殺記念館_ /          (   ,,)      |
 (`ハ´  ) ⊂二 ̄⌒\   | ∩ ∩ | ̄| ∩ ∩ |           〜(___ノ  ̄ ̄ ̄ ̄
  (つ とく__,;;ノ)\   ヽ  | ̄ ̄ ̄ ̄ 口  ̄ ̄ ̄ ̄|      llコ
   /⌒__) /__   )   ∧∧        ノ)      , ‐-ll、
   レ' ゝ( ////  /|.  / 支 \       / \ 〜〜l _ l〜〜〜〜〜〜〜
        / / / //\ \( `ハ´ )   _/ /^\)    ,! . ̄ l  「l
 ↑盗掘  / / / (/   ヽ、        ⌒ ̄_/  /漢 ̄ ̄二二二二`γ_、 三二―
      ( ( (/      ノ 愚 民 / ̄     (`ハ´)        ,`~ソ 三二―
 ↓酸性雨         ./     /           `ー―――――一'´
    /  /    /   /           |\                  ↑領海侵犯
 /      ,.、 ,.、  /     / ̄ ̄ ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ (:::::::::(:::::::::::::(::::::::::::):::::::)
   / ∠二二、ヽ  /   | 日本には申し訳ないという気持ちが  | (::::::::::)∧_∧:::::::):::::::)
 /  ((´・ω・`))   /  | 足りないのではないか          |(:::::::::::(´*д*`):::::::):::::)
  /  / ~~:~~~〈  /    \______________/  (::::::::::/~~:~~〈::::::::::::::) ↑黄砂

259 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 01:33:32 0
■■■■■■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■■■■■■
最後の大決戦が迫っております!

週明けにも人権擁護法案が法務部会を黙殺して総務会を通過、可決される見通しであることがいくつかの情報筋によって明らかになりました。

幹部の議員は政局を見て、とりあえず推進派に向いてしまっている模様。
法案そのものについての危険性には理解していないようです。
ここを理解させることができれば、反対派へ造反する可能性も残っています。

その方法としては、我々一般国民がFAX凸、電凸によってこの法案がいかに危険であるかを理解させることが何よりの武器です。
それが可能な期限は7月2日(土)、7月3日(日)しか残っておりません。
どうかこの2日間、凸に労力を分けてください。
最優先凸先としては

・自民党三役の先生方(議員会館)
・総務会の先生方(議員会館)

です。尚、ニックネームや無記名は無効となるそうで、感情的な凸は効力が低いとのことです。
とにかく法案の危険性と、国民が非常に不安を感じているということを伝えねばなりません。
普段はROMの方、凸経験のない方も今回ばかりはどうかご協力をお願いします。

凸先参照
http://dentotsu.jp.land.to/archives/A-jimin_soumu.html
7月1日発売の月刊現代にもあるように、人権団体や各市町村長や公安関係、省庁からも、
不安と疑問の声が上がり始めているようです。追い風は日増しに強まっております。
落胆せずに、この吹き始めた追い風に乗るように、凸をお願いします。

■■■■■■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■  緊  急  ■■■■■■■■■■■■


260 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 09:09:59 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

261 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 21:24:06 0
しつっけーんだよ腐れ王八蛋が。


262 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 21:59:42 0
>>253
打通作戦だったか芷江作戦だったか忘れたが、中国文学者の駒田信二氏は当時一兵卒として作戦に参加、
病気が重くて移動中置き去りにされ、湖南省と貴州省の間をフラフラしてるところを国府に捕まったそうだ。
当初は八路のスパイと疑われて、閉じ込められたままほったらかしだったらしいが、
疑いが晴れてからは重慶政府で働かされたと聞く。大東亜戦争末期の八路の浸透ぶりを物語るエピソードである。
日本語が話せたのに共産側のスパイ扱いされたのは、現地の国府軍に日本語の分かる人間が居なかったからなのだろうか?
それとも、当時の八路には日本兵に偽装し、日本語を能くするものが少なからずいたということなのだろうか?
大東亜戦争末期とはいえ、延安から遠く離れた、揚子江のさらに南の湖南省の出来事である。

263 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:07:33 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


264 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:08:48 0
同じレスの繰り返しは洗脳の手口と似てるね。それだけです。


265 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:10:01 0
どう考えても十中八九、共産党だな

266 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:19:57 0
どう考えても

267 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:33:04 0
ところが満洲事変以来、日本に対して腹の底から憤りを抱いたのは中国国民である。ことに知識階級と学生と若い陸軍将校たちである。
これを見た蒋介石はこの憤りを一般の国民にもひろめて、将来中国の日本に対する抵抗力を根強いものにしようと考え、全国の小学校の教科書のなかに排日思想を入れさせた。
これが上述の「一面抵抗政策」の一つのあらわれであった。
この排日教育は、公平に言って中国を一つの単位の近代国家にするには役立った面もあるが、蒋もそのために終いに手を噛まれることにもなった。
なぜならば、蒋はシナ事変の初めのころ、このまま日本を対手に戦争を続けて行くと、自分の国民政府と中国共産党との力の比重がだんだん変わって行って、
共産党の勢力が抗日共同戦線の名のもとに月日と共に大きくなるのを心配して、何度かイギリスやドイツの仲裁によって日本と和平しようと考えたが、
しかしこういう蒋の方針に対しては、前にも述べたとおり、学生や知識階級や若い将校たちがはげしく妨害した。
つまりこれらの人々は、昔幼い子供の頃に小学校で排日教科書を習ったのだが、それがいつの間にか元気のいい青年にまで成育していて、
教科書で習ったとおりのことを実行しようとしたのである。こんな訳で、日本と蒋との間の和平のうまく行かなかった原因の半分は日本の陸軍の内紛であるが、
もう一つの中国側の原因はこれであった。そしてこの機微を実にうまく掴んだのが中国共産党であった。
                      揚子江は今も流れている

268 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:35:45 0
どう考えても鵜呑みにする奴は馬鹿

269 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:08:16 0
以夷制夷

270 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 08:38:01 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

271 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 10:01:05 0
牟田口中将の仕業である。

272 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 11:35:22 O
廬溝橋事件が中国共産党の仕業だという根拠をいってくれ。今はもう歴史の事実が本当は歪曲されてるのかと、頭の中がこんがらがってきた。歴史の捏造が本当ならありもしない罪を我々は背負い、または負わされている!

273 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 12:46:28 0
>>2
>>4
>>50

274 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:01:05 0
外崎はもう足かけ七年ばかり、農村の実態調査を倦きずにつづけているという。彼は農民の出産や婚礼や葬式の実態、栄養や収支の実態、
小作料や金利の実態−何でも現場に出かけて調査をしているのだ。そしてそのような仕事をつづけているうちに、いうにいわれぬ親近感を
中国の農村人に対して抱くようになってしまった。これは年若い日本人の研究員や調査班の者が一度はみな罹ってしまう知恵熱のような
もので、その罹病率はほとんど永年の間、高い度合いに一定している。よほど中国の農村の風物人情には独特な魅力が潜んでいるのだろう、
と自分でも笑っていた。                               揚子江は今も流れている

275 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:01:52 0
「蒋介石の政府はどうですか。農村でそういう足がかりが出来ていますか」
外崎はちょっと躊躇したが、
「出来ていないでしょうな。蒋介石の立っている農村の基礎というのが、さっきもお話ししたとおり金持か退職官吏ですから
−つまり土豪劣紳というやつですよ。−このことは今あまり言いたくないのですが」
「なぜですか」
「憲兵隊なぞで、そういうことを調査する私たちを『赤い』とにらみはじめていますからね。−それで私たちは難を避ける意味で、
細かい実地の出張研究だけをつづけて−まあ、好学の志をせめて満足させている訳です」
「なるほどね。いや、決して御迷惑はかけません。−それで今の話に戻りますが、汪政権はその点、どうですか」
「蒋政府と同じように、駄目でしょうな。農村での基盤が蒋と全く同じですから。−もっとも、最後の土産に、思い切って農村を改革
しようという気になれば別ですよ。何故というのに、汪は実力のある日本軍と握手していますから」
「日本軍にその可能性はありますか」
「まずありませんな。日本軍にとっては、占領地というものは作戦遂行のための物資の供給所としか眼に映っていないようだから」
                                    揚子江は今も流れている

276 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:02:51 0
「それでは、この問題を将来解決するのは誰でしょうな」
「晩年の孫文以外は、みんなこの問題を忘れてしまっていますからなあ。−やはり孫文は偉かったですなあ」
「将来の仮想の話でおかしいが、アメリカの出方をどう思いますか」
「これは或いは何か手をつけるかも知れませんよ。今のルーズベルト大統領のニューディール式の農村政策ならばね。−しかしそれには
アメリカが日本と妥協するか、アメリカが蒋介石や汪精衛と妥協するか、或いはアメリカが日本を打倒しなければ、前提になりませんか
らな。ただ、こういうことは言えるでしょう。アメリカがこの問題に手をつけない場合には、ひょっとすると、ソ連が手をつける場合が
ありますな。非常に強制的な方法で。−しかし、これ以上この問題の話は堪忍して下さい。私も憲兵さんなどににらまれないで、平和に
農村の研究をつづけたいですから。−あなたも一度実地調査にいらっしゃい。お伴をしますよ」
                                    揚子江は今も流れている

277 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:15:28 0
一九四六年四月、再び国共内戦が勃発した時、土匪たちは一斉に国民党につき、共産党軍を攻撃した。
中央軍の招撫にあずかり、正規軍となる夢を実現させたのだった。
だが、すでに民衆の間に根をおろし、地方のすみずみまで力を及ぼすにいたっていた共産党は、
傘下の地方軍や民兵を中心として土匪掃滅作戦を展開、民衆と一体になって土匪を追いつめ各個撃破していった。
もともと貧しい農民の出であった土匪の多くは、土地改革により農民たちが土地を与えられ、
そこそこの生活をし始めたことによって、土匪を続ける理由がなくなっていった。
李華堂、謝文東といった東北の名だたる匪首も、最後には従う者わずか十数人、あるいは数人というありさまであった。
追いつめられた湘西の苗王龍雲飛は自ら死を選んでいる。
土匪掃討は建国後も続けられた。追及の手はその後も緩められず、最後の一人まで徹底して探査され捕縛されていった。
「中国革命を駆け抜けたアウトローたち 土匪と流氓の世界」福本勝清 中公新書

278 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:17:09 0
 スターリンは南京失陥直後の十二月(一九三七年)、駐ソ中国大使・楊杰にたいし
「蒋委員長に伝えてほしい」とつぎのように述べたのである。
「戦争を続けるにあたって、人民の反政府行為をなくそうとするには、
委員長は少なくとも四百五十万人を銃殺しなければならない。
そうしなければこの抗戦を勝利に結びつけることはできないと思う」
 ちょうどソ連では、総参謀長トハチェフスキーの処刑(六月)をはじめ、いわゆる「スターリン大粛清」の嵐が吹きまくり、
多数の“反スターリン派”が、裁判にもかけられずに、粛清されているさなかであった。
スターリン派つづけて、彼がどのようにしてソ連の権力を握ったかを次のように説明した。
「私(スターリン)は、疑わしいソ連人をすべて逮捕し、内政部に送る。
内政部にはいると出口は二つしかない。シベリアに行くか、墓に行くかだ」


279 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:17:32 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


280 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:19:16 0
われわれはそうする                毛主席語録

281 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 15:22:39 0
整風運動 粛清 新四軍ですら切り捨てる非情さ

それに比べて蒋介石を甘いとかゆるんでるとかいうのは間違い
西安事件でケツにローソク突き立てられて写真撮られてるかも分からんのだから

282 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 16:17:25 0
盧溝橋事件を望んだのは中国共産党

なら誰も文句を言うまい。

283 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 18:46:51 0
願望を立証するのは難しい

284 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:07:40 0
>>11>>17>>19>>22-23>>52>>86-90>>163

285 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:21:29 0
早春の雪が、家も通りも、白一色にぬりつぶした。
一九三六年(昭和十一年)二月二十六日、東京は三十数年ぶりの大雪にみまわれた。
「命令をつたえるほかは、むだ口をひらくな!」
麻布の歩兵第一連隊の門をくぐって、戦闘準備をととのえた兵士の一隊が、雪の道をすべるように走った。
歩兵第三連隊でも、九百名の兵士が、実弾をこめた銃を肩に、雪をけちらして門をでた。
近衛歩兵第三連隊では、百五十名あまりの兵士が将校に引率され、もくもくと門をでた。
野戦重歩兵第七連隊の一隊は、重い重砲の車輪を、ごろごろとひびかせて門をでたのである。
出発をする連隊はそれぞれ異なっていたが、かれらを見送る夜警の衛兵たちの目には、
不安の色など、みじんもうかんでいなかった。

286 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:26:51 0
かれらを引率していた二十一名の将校は、心のゆるせる兵士にだけ、
「安心してついてこい。おれたちといっしょに、くさりきったこの昭和の世なおしをするのだ。
百姓や職工が、いつまでも貧乏なのは、政治がまちがっているからだ。」
と、いいきかせていた。
「おれたちのうしろには、日本のゆくすえを案じている将軍たちがついている。
目的はりっぱなことなのだ。手段なんか問題ではない!」
日本じゅうをふるえあがらせた、血のクーデター二・二六事件は、この数十分後におこった。
「演習でしょうか?」
「ばかっ!総理大臣の命をもらいにきたのだ!」
首相官邸をおそった一隊は、門の中の警視庁巡査をどなりつけた。

287 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:34:21 0
しかし、じっさいにクーデターをおこした二十一名の将校たちは、みごとに自分たちの期待をうらぎられた。
そればかりか、天皇にそむいた反乱者というレッテルをはりつけられたのである。
天皇のいかりにふれたのだった。
反乱軍をとりしずめるために、皇道派も統制派もいっしょになって鎮圧軍をくりだした。
海軍も、第一艦隊を東京湾に集結させて、陸戦隊を上陸させた。
『下士官兵ニ告グ。今カラデモオソクナイカラ原隊ヘ帰レ。
抵抗スルモノハ全部逆賊デアルカラ射殺スル。オマエタチノ父母兄弟ハ国賊トナルノデ、ミナ泣イテオルゾ。
 二月二十九日                          戒厳司令部 』
そしてNHKのラジオからは、日本の昭和史にわすれることのできない
“今からでもおそくない・・・”という戒厳司令官の放送がながされた。
二十一名の反乱将校は、おのれを見失い、兵士たちはおいおいと声をあげて泣き出した。

288 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:38:05 0
>>2
>>4
>>50

289 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 19:40:10 0
あつまった将校たちは、なんともいいようのないいかりに顔をふるわせた。
官邸には、反乱将校の数だけのかんおけが運びこまれていたのである。
「えらいやつらは、おれたちに自決をさせて、口を封じるつもりなのだ。」
将校のひとり、野中四郎大尉は、その場で自決してはてた。
「おれたちは死なないぞ!手段はまちがっていただろうが、目的は正しいのだ!
軍事法廷でさいごまでたたかおう。」
だが、反乱の罪は、かれらにきびしくせまった。
軍事法廷の結果は、将校の十七名に死刑を命じた。
七月五日であった。
                             学研物語日本史10

290 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:13:29 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


291 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:36:44 0
大山中尉事件を起こしたのは中国共産党

292 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:38:18 0
八・一三淞滬抗日戦−大上海保衛戦を起こしたのは中国共産党

293 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:41:07 0
九・一八柳条湖事件を起こしたのは中国共産党

294 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:42:34 0
郵便ポストを赤くしたのは中国共産党

295 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 01:00:24 0
ザクを赤くしたのはシャアではなく中国共産党

296 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 19:55:25 0
日中戦争三年目で、ガソリンは、もう配給制になっていた。
町には、カチカチ山のタヌキみたいに、背中にたき火のかまをせおった木炭自動車が走っていた。
不足していたのは、ガソリンだけではなかった。
国家総動員法(昭和十三年四月)という法律がうまれ、勝ちぬくために、たべるものも着るものも、軍部が優先していた。
鉄も、軍の重要物資だというので、鉄びんもアイロンも、つくれなくなっていた。
着るものも、もめんは火薬の材料になるというので、国民には、スフがあたえられていた。
おとなのシャツが、洗うと子供もののようにちぢみあがるので、スフはきらわれた。
だが、法律でもめんの使用を制限したので、シャツも服も着物も、スフのまじったものしかつくれなかった。
砂糖も一か月ひとり三百グラム、マッチは一日五本、のちに米も配給制になった。
“やみ値”ということばが、はやりだした。

297 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 20:01:26 0
小学生のえんぴつやノートも、きっぷとひきかえにしか買えなくなった。
蒋介石国民政府の首都南京がかん落したとき、日本ではお祝いに小学生たちへ、ゴムまりの配給をした。
せっかくのゴムまりを、みぞにおとしたひとりの小学生は、かなしみのあまり病気になって死んだという話が、
新聞をにぎわした。
「こういうときに、水がガソリンになる発明ができたのも、日本は神国だからこそだ。
神さまの力ぞえがあったのだ。」
士官たちは、現代の錬金術師のような発明家を、さっそくよびだした。
バケツをならべて、水を入れるだけのしかけで、発明家は、みごとに水をガソリンに変化させ、
マッチをすってバケツになげいれた。
ぱっと、火えんが爆発音をたててもえあがった。
         物語日本史10

298 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 20:02:27 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

299 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 21:29:42 0
ノモンハン事件を起こしたのは中国共産党

300 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 21:33:38 0
ああっ、もうダメッ!ぁあ…聖教新聞出るっ、1人1部聖教新聞出ますうっ!!
ニッ、日顕がッ、宗門が全部悪いィィーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!週刊新潮見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
折伏ッ!人間革命ィィィーーーーー!!!ッッ・・・仏罰ッ!
財務ゥウウァアアアアアアッッッッ!!!!
1口1万ッッミリオン(100万円)お願いーーっっっ!!!だッ、ダメッ、絶対他宗教ダメェェッッ!!!
総体革命ッッ!!国立戒壇ッッ、公明党ッッ!!!
おおっ!池田先生ッ!!マッ、マンッ、マンセッッ!!!寸鉄見てぇっ ああっ、
もうダメッ!!ナンミョウホウレンゲキョーーーーっっっ!!!
勝利ッ!闘争ッ!日本の国教にィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!池田先生、こんなにいっぱい朝鮮と中国ヨイショしてるゥゥッ!
国賊ぅぅぅぅぅぅぅぅっっっっ!!!!チョソォォッッ!!

301 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 21:42:24 0
独ソ不可侵条約の黒幕は中国共産党

302 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:01:33 0
日独伊三国同盟の黒幕は中国共産党

303 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:02:04 0
「複雑怪奇!」の中国共産党

304 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:03:02 0
日米通商航海条約を破棄させたのは中国共産党

305 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:09:08 0
「おそれおおいことながら、二年後には、一隻の軍艦も動かせなくなります。」
天皇に召されて宮中に参内した、海軍の永野修身軍令部長は、身のちぢむ思いで奏上した。
このまま手をこまねいていると、ジリ貧のうちに手も足ももがれてしまう。
戦うならいまが時期です。と、かれは心のなかでつぶやいた。
太平洋戦争のはじまる四か月前の、七月三十一日であった。

306 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:12:49 0
揮発油 機械油 やく二か月半
軽油      やく三分の一か月
マニラ麻 灯油 やく一か月
重油      やく一か月
ニッケル    やく二か月
半固体機械油  やく三か月
マンガン鉱   やく四か月
第一種原油   やく四か月
コークス    やく四か月
ヒマシ油    やく六か月
航空揮発油   やく十五か月

307 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:36:19 0
チンピラゴロツキ3500万を殺したのも中国共産党

308 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 23:48:29 0
イカファイヤーを量産したのも中国共産党

309 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 23:40:31 0
ロシア革命を起こしたのは中国共産党

310 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 12:12:44 0
42 :番組の途中ですが名無しです :2005/07/06(水) 10:54:02 ID:WKH3Yfng0
反日中国人の為にこんな無駄な支出が我々の税金で行われています。

大学に留学する場合です。

@奨学金/月額142,500円 (年171万円)
A授業料/国立大学は免除、公立・私立大学は文部省が負担 (年52万800円(現時点))
B渡航旅費/航空券支給 東京-北京 (111,100円)
C帰国旅費/奨学金支給期間終了後所定の期日までに帰国する場合は航空券を支給 (111,100円)
D渡日一時金/25,000円 
E宿舎費補助/月額9,000円または12,000円 (年14.4万円) 
F医療費補助/実費の80% 


@+A+B+D+E=250万円!!!年に250万円ですよ。
全て血税ですよ。
奨学金とはいえ、支援・支給額です。返さなくていい。
奨学金をほしい日本人はわんさかといるのにもらえない人が多い。それなのに、中国人留学生は当たり前の支給と思って全ての人がもらっているのです。
繰り返し、言います。年に250万円ですよ。4年いたら、約1000万円ですよ。血税で養っているのですよ。
貧乏な日本人学生が多くいる中で。
しかも、現在中国人留学生は10万人以上。いくらになるでしょう?

311 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:09:39 0
ドレフュス事件を起こしたのは中国共産党

312 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:36:50 0
明けて九月六日、おなじ宮中で、日本の運命を決する御前会議がひらかれた。
天皇は、あらためて杉山総長におっしゃった。
「日米のあいだにことがおこったら、陸軍はどのくらいの期間にかたづける確信があるのか。」
「南方方面だけは五か月ぐらいであります。支那事変が長びいているのは、支那が大きくて、奥地がひらけておりますために、
思いどおりに作戦ができなかったからであります。」
「支那の奥地が広いというなら、太平洋はなお広いではないか。」
杉山総長は、はっとして頭をたれた。
天皇は、明治天皇の御製をしたためた紙をとりだされて、読みあげられた。
 
 四方の海 みなはらから(同胞)と思う世に
 などあだ波のたちさわぐらむ

「この御製をいつも拝しょうして、故大帝の平和を愛されたご精神を、紹述せんとつとめている。」
天皇のおことばに、座は水をうったように、ひとことも発するものはいなかった。
この日の御前会議は、戦争の決意を決めた。

313 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:37:32 0
マライとフィリピンをまもる英極東軍の陸軍部隊を指揮するA=パーシバル中将は、四日まえに、ある情報をキャッチしていた。
「ジャップがいよいよくる!」
フィリピンにいるマッカーサー米極東総司令官の連絡であった。
「日本が戦争を決意したのだ。かれらは、のどから手のでるほど石油をほしがっている。
 賢明な戦略家の目からみれば、かれらはかならず、インドシナ海から南下してくる。」

淵田空襲部隊長は、はちまきにする白い布をにぎりしめながら、伝令にいいつけた。
「みんなに、ふろへはいって、よくあかをおとすようにいえ。」
「はい、あかをおとさせます。」
「それから、ふんどしもシャツも、清潔なものに着かえておくように。」
「は?」
「よごれたふんどしやシャツを着ているところを、アメリカ軍に見られてはわらわれるぞ。
 武人は、死にぎわがいちばんたいせつなのじゃ!」

314 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:38:02 0
午前八時四十九分、第二次攻撃班の百三十七機が、オアフ島東海岸の空からおそいかかった。
「陸軍!ふざけるのもいいかげんにしないか!」
魚雷をまともにうけて大穴のあいた戦艦オクラホマの艦橋で、血だらけになった水兵がさけんだ。
戦艦テネシーのかたむきかけた甲板でも、水兵がいもっころのように、ごろごろころがりながらわめいた。
「どんなお祭りのつもりかしらないが、本ものの爆弾をおとしていくばかがあるか!」

ゆくぞよこうぞ がんとやるぞ
大和魂 だてじゃない
見たかしったか 底ぢから
こらえこらえた 一億の
かんにんぶくろの 緒がきれた

315 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:38:33 0
「ジャップはばか者だよ!やつらは、地球をひとりじめにする大作戦をたてているんだぜ!」
旗艦の甲板で、アメリカのAP通信の新聞記者が、参謀のひとりから話しかけられた。
新聞記者は、海戦記をかくために乗りこんでいた。
「かれらの作戦は、そんなにとほうもなく大きいものなのかね?」
日本の南方作戦は、史上空前の壮大さであった。
英領 香港、マライ、ボルネオ、ビルマ
米領 フィリピン
オランダ領 ジャワ、スマトラ、セレベス、チモール島
中部太平洋地域 米領グアム、ウェーク島、オーストラリア信託領ラバウル、ニューアイルランド島のカビエン
その作戦範囲は、東南アジアの全部と太平洋の西半分におよんでいた。
むかし、アレキサンダー大王やジンギスカンがくわだてた征途も、これには遠くおよばない。

316 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:39:44 0
「ミッドウェー海戦で、太平洋の危機は去った。
 ちょうどおもいきりふったアッパーカット・スイングがはずれたボクサーのように、日本の体制はくずれた。
 しかも、アメリカの兵器庫の活動は、きどうにのってきた。
 連合国パイロットは、もう時代おくれの飛行機で、ゼロ戦と戦うこともなくなった。
 ガソリンをつめたコカコーラのびんでたちむかうということも。」
だが、日本の国民は真実を知らされなかった。
 
 大本営発表 帝国海軍部隊は、六月五日、太平洋上のミッドウェー島を強襲して、米国艦隊にじん大なる被害をあたえたり。
 わがほうの損害、空母一隻そう失、一隻大破、巡洋艦一隻大破、飛行機三十五機。

負けいくさがつづくと、つごうよく事実をまげてしまうのは、どこの国の軍隊でもおなじことのようであった。

317 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:40:28 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

318 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:41:26 0
六月十九日、南の空が朝やけにあかあかとかがやく午前七時、日米の艦隊が、おたがいの位置をさぐりあてた。
小沢提督は、戦闘爆撃機の発進を命じた。
第一次攻撃班二百四十六機がまいあがった。
真珠湾攻撃の淵田中佐第一班百八十三機をうわまわる大空襲部隊であった。
まちかまえていたミッチャー提督は、四百五十機の戦闘機をとびあがらせた。
結果は、小沢提督にあまりにもみじめなことになった。
ゼロ戦のほかに、『天山』『彗星』の新鋭機もくわわっていたが、搭乗員の技術が、くらべものにならないほどおとっていて、
航空母艦を発着するだけで、なん機も海におっこちてしまうというありさまだったのだ。
そのうえ、敵のヘルキャット戦闘機は、すばらしい性能だった。
かろうじてサイパン周辺にうかんでいるスー提督の艦隊のうえにせまった日本機は、
“マジック・ヒューズ”という新型砲弾をうちだす米艦隊のために、つぎつぎとうちおとされた。
第一次攻撃班の二百四十六機のうち、母艦にかえりついたものは、わずかに四十六機であった。
しかも、敵潜水艦のために、旗艦大鳳が、百機の飛行機をのせたまま沈没し、ほかに空母『翔鶴』が、三本の魚雷をうけて撃沈された。
小沢提督は、マストのZ旗をおろしてだきしめると、重巡羽黒に旗艦をうつして退却をはじめた。
第一日目の夕やけがせまるころであった。

319 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:46:54 0
ミッチャー提督は追撃した。そしてあくる日の二十日の夕刻、小沢提督の艦隊を見つけた。
「全機発進せよ!」
二百十六機がまいあがった。小沢提督は、七十五機をとびたたせ、戦艦の主砲を水平にむけてまちかまえた。
あっというまに、米軍の二十機が艦砲射撃でうちおとされた。
が、勢いにのっているミッチャー部隊は、しつようにくいさがって、水雷をおとした。空母『飛鷹』が撃沈され、
空母『瑞鶴』『隼鷹』『竜鳳』『千代田』が直撃弾をうけて、甲板に大穴があいた。
さんさんたる小沢部隊の敗北であった。空母のほとんどがきずつき、あるいは沈み、艦載機もやく一割の三十五機しかのこらなかった。
ソロモン海戦の敗北以来、一年数か月がかりでやっと再建した日本の主力艦隊は、二日で消滅してしまったのである。
しかもこのマリアナ沖海戦をさいごに、日本の連合艦隊は、米艦隊をむかえうつ態勢を、ふたたびもつことができなかった。
            物語日本史10

320 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:49:25 0
 日本ヨイ国 キヨイ国 
 世界ニ一ツノ神ノ国

 日本ヨイ国 強イ国
 世界ニカガヤク エライ国

321 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:50:07 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


322 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:53:08 0
共産軍の“日本軍援助”は、太平洋戦争開始前からはじまっている。
               蒋介石秘録14 日本降伏 ついに抗日戦に勝つ 

323 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 02:38:17 0
イブにリンゴを食べるよう誘惑したのは中国共産党

324 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 13:27:00 0
【国際】"「日本軍の暴行」など展示" 「抗日記念館」パワーアップして再開…中国・盧溝橋
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120698172/l50

★盧溝橋の抗日記念館が再開 中国、愛国宣伝が本格化

・日中戦争の発端となった1937年の盧溝橋事件から68年の7日、北京市郊外の
 盧溝橋にある「中国人民抗日戦争記念館」が全面改修を終えて記念式典を開催、
 新たな展示品を加えて再開した。

 中国政府は「抗日戦争勝利60周年」の今年、全国各地で抗日戦争関連の行事を
 予定しており、盧溝橋の記念館再開はその皮切り。今後、8月15日の「抗日戦争
 勝利」など、記念日ごとにマスコミを通じ愛国キャンペーンが展開される見通しだ。
 盧溝橋の記念館は「偉大な勝利」をテーマに記念の物品約800点や写真約600枚
 などを展示。「民族の危機」や「日本軍の暴行」など8つの部分に分かれており、
 音声や当時の映像も流す。展示物のうち約140点が新規公開。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050707-00000035-kyodo-int

※関連スレ
・【調査】「日本が好き」、わずか3%。若い世代、メディアが影響される…中国
 http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120637838/

325 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 22:38:23 0
全地球凍結を起こしたのは中国共産党

326 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 22:51:25 0
【ストリーミング放送】盧溝橋事件から68年、抗日記念館新装

7日は日中戦争の発端となった盧溝橋事件から68年にあたりますが、事件の
舞台となった中国の北京では、抗日戦争記念館が新装オープンしました。
 中国では、抗日戦争、つまり日中戦争勝利60年を祝う記念活動が本格化し
ていて、この記念館にも、およそ6億5000万円を投じた大規模な改装工事
が行われました。
 記念館には、旧日本軍の暴行や共産党の貢献を強調する文献や写真など、
1400点以上が展示されていて、7日から無料開放されます。(07日11:18)

http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3066774.html

327 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 23:54:25 0
「元来今次事変を以て抗日容共政策に対する膺懲なりとするは”看板”にして実は
新興国として伸び来れる支那の成長力を一応破壊するに在り」
(野村外相宛加藤公使電信写 昭和14年12月6日)

「近代日本の戦争と政治」 三谷太一郎 岩波書店 1997 p181
原典は、「阿部信行関係文書」
加藤公使は支那駐在全権公使加藤外松


328 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 04:45:10 0
靖国の背景を考える★22
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1119631032/

329 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 04:48:49 0
なんかほとんどスレ立てた1と粘着荒らしの2人
だけで成り立ってるすれ見たいだな。

330 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 18:33:53 0
雑談スレなんて、粘着荒らしの自作自演だけで成り立っているがな。
最近の世界史板はこんなんばっかり。

331 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:00:37 0
このスレの役割は昨日を以って終了したのだよ
8.13もしくは9.18のスレが立つならまた遊ぶこともあろうが

332 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:25:34 0
一九四一年五月、日本軍は晋南(山西省南部)の政府軍に総攻撃を開始した。
攻防の焦点となったのは中條山で、ここは、わが政府軍(第十四集団軍、第六十一軍)が前年十二月、十回にのぼる日本軍の攻撃をはじき返したところである。
このとき八路軍(第十八集団軍)は山西省北部に集結していたが、政府軍が日本軍に攻撃されるのを傍観しただけでなく、
日本軍と力を合わせて政府軍を挟撃、このため政府軍は甚大な損害をこうむったのである。
これには、日本軍も驚いたようで、軍の放送は「八路軍主力は、わが軍が重慶軍主力を攻撃しているとき、
終始対岸の火事を見るような態度をとったばかりか、遊撃隊を出動させて重慶軍の側面を脅かし、
敗残軍の武装を解除した」と伝え、また上海十六日発のUP電も
「日本陸軍のスポークスマンが、この晋南戦で日本軍と共産軍は互いに攻撃しあうことはなかったと述べた」
というニュースを流した。
このことは米国内でも話題になり、ワシントンスター紙は
「中国共産党は蒋介石委員長にそむき、転じて汪兆銘を助けることもありうる」と社論をかかげた。
このような共産党の裏切りにたいし、重慶の大公報は五月二十一日の社説で
「八路軍はなぜ政府軍と共同作戦をしないのか」と疑問を投げかけた。
ところが、共産党の周恩来は、同紙主筆・王芸生あてに“事実と異なる”と抗議、
逆に八路軍があげたという“架空の戦果”を宣伝、反乱工作を続けた。
太平洋戦争ぼっ発後も共産党は日本軍と結んで、ひんぴんと政府軍の背後を襲撃した。
                       蒋介石秘録14


333 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:33:17 0
このような日本軍と共産軍との連携作戦のかげには、密約がかわされていた事実が、
戦後、国民党政府国防部の調査(一九四七年七月二十二日発表)によって明らかになった。
すなわち、日本軍の北支那方面軍司令官・岡村寧次は、一九四三年八月十二日、
山西省神池で、毛沢東との間に、次のような“協定”を結んでいたのである。
 一、八路軍と日本軍は携手共同して政府軍に打撃を与える。
 二、日本軍は共産軍にたいして小型の兵器工場十工場を贈る。
 三、共産側は、政府軍の作戦計画を日本側に通報する。
                     蒋介石秘録14

334 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 12:14:06 0
馬英九台北市長が、日本に歴史の反省を求めるのは当然である。

335 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 12:29:39 0
一九三三年に日本侵略者が山海関を占領して華北に侵入してから、とくに一九三五年の「何応欽・梅津協定」が締結されてから、イギリス、アメリカ帝国主義の華北、華中における利益は、日本帝国主義の直接の打撃をうけるようになった。
そのため、イギリス、アメリカは、日本にたいする態度を変えはじめるとともに、蒋介石政府の対日政策にも影響をあたえた。
一九三六年、西安事変がおきたとき、イギリスはその在華利益にとって不利な日本の要求を拒否することを主張したばかりでなく、蒋介石政府がひきつづき中国人民を支配することができさえすれば、日本の侵略政策に打撃をあたえるため、
「共産党とのなんらかの形での提携」をしてもよいという態度さえしめした。

336 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 12:32:24 0
マルクス主義の国家学説にかんする観点からみれば、軍隊は国家権力の主要な構成要素である。
国家権力を奪取し保持しようとするものは、強大な軍隊をもたなければならない。
われわれを「戦争万能論」だと笑うものがあるが、そのとおり、われわれは革命戦争万能論者である。
これはわるいことではなく、よいことであり、マルクス主義である。
ロシア共産党の鉄砲は社会主義をつくりだした。
われわれは民主共和国をつくりだすのである。
帝国主義時代の階級闘争の経験がわれわれに教えているように、労働者階級と勤労大衆は鉄砲の力によらないかぎり、武装したブルジョア階級と地主にうち勝つことはできない。
この意味から、世界全体を改造できるのは鉄砲だけである、といってよい。
われわれは戦争消滅論者であり、戦争を不要とするものである。
だが、戦争をつうじて戦争を消滅するよりほかなく、鉄砲を不要にするには、鉄砲を手にとらなければならない。

337 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 14:02:07 0
【投票】 「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」

中国の掲示板に投稿された影響で、CNNの調査が中国寄りになってます。
世界の人たちが勘違いしてしまいます。「NO」 に投票して下さい。
http://edition.cnn.com/2005/WORLD/asiapcf/04/15/china.japan/index.html
(内容) 本文: Do you think China's anti-Japanese sentiment is justified?
訳: あなたは、中国の排日感情が当然であると思いますか?

投票は 「NO」「NO」「NO」「NO」「NO」 で
チベット国(ダライラマ万歳!!)、ウイグル国、内モンゴルを侵略支配し、虐殺を繰り返す共産中国。
国内の人権を抑圧する独裁国家共産中国。国内統一のための反日教育による官製デモです
日本は中国に数十年間ODAの最大援助国で、経済発展を後押ししました。恩を仇で返す中国。

★拠点
【祝w】中国バカーVS日本ビパー【勝利w】part107+
http://ex11.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1120749140/
★まとめサイト
http://vipmomizi.jog.buttobi.net/
★初心者必見サイト
http://vvipper.e-city.tv/1.htm
★初心者用基本仕様まとめサイト
http://www.geocities.jp/viptanabata/

田代砲を打ってくださる、民間の反日系中国ウエッブサイトへの抗議をしてくださる、お持ちの知識・技術を活用してくださる 等

・  ・  ・  ・
日 中 友 好  目的 での、ご参加をお待ちしております。


338 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 12:58:05 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党


339 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 19:22:38 0
△ 盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党
◎ 盧溝橋事件で得をしたのは中国共産党
○ 盧溝橋事件を望んだのは中国共産党


340 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 23:59:03 0
盧溝橋事件て勃起したのは中国共産党

341 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 00:03:50 0
盧溝橋事件て射精したのは中国共産党

342 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 15:15:51 0
劉少奇の墓参りってできるの?

この人、結局粛清されている人だから、業績すべてけされているのと違うの?

343 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 15:28:34 0
     /::::::::::::::::::::::::::::::; :;:::"' 
     /:::::;;:::::::::::::::::::::::::;;;ノ ヽ;:::\
    /::::::::ノ""'''''‐‐-‐'''"    ヽ:;::|
   . |::::::::::|             |ミ|
   . |:::::::::/             |ミ|
    |::::::::|    ,,,,,,, ノ ヽ,,,,,   |ミ|
     |彡|.  '''"""    """'' .|/ 
    /⌒|  -=・=‐,   =・=-  |
    | (    "''''"   | "''''"  |    ________________
     ヽ,,         ヽ    .|   /
       |       ^-^     |   | 
   ._/|     -====-   |  <  中国様に褒められたぞ。日本人ども、うらやましいだろ
./''":::::/:; (⌒)    "'''''''"    ./   |
:::::::::_/-r┤~.l \_____,,,./i、__\________________
  ( f | | ヾ.  \__/ |:::::::|::::::::
  l.ヽ人八_ ,, ̄)/□\  |:::::::|::::::::::


【政治】岡田民主代表の外交ビジョンを評価=中国次官
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1119672672/



344 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 15:46:54 0
失脚と粛清はちがくね?

345 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 20:50:24 0
>>342
劉少奇記念館
ttp://lsq.chinaspirit.net.cn/

共産党主導でこんなサイト作ってるくらいだからできるんじゃない?名誉回復もされてるし
業績が全て消されてるのは天安門事件で失脚した趙紫陽。中国ヤフーで検索すら出来ないようになっている

346 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 20:19:31 0
匍匐前進で攻撃を仕掛けた牟田口閣下(豊台事件の意趣晴らし)の決断力、
そして華北総攻撃を命じた参謀本部の決断力もまた賞賛されるべき。



347 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 11:04:54 0
中国文史出版社が1987年に刊行した今井武夫氏の回想録(中国版)の11ページには
「1937年の5〜6月の間、華北で間もなく 何かが起きると東京で広くささやかれていた」「政界の消息筋の間では
『7月7日夜に華北で柳条溝のような事件が再び起きる』との 情報がひそかに伝わっていた」
とある。つまり、これは、盧溝橋事件が日本軍の画策であることを非常に明確に示すものである。
ところで、最終的には最初に発砲したのは誰かという問題に行き着くのだが、

盧溝橋事件の発動を画策したのは牟田口中将である。牟田口第1連隊長はインパール作戦の第15軍司令官に抜擢された。この
とき話した証言だ。児島襄「太平洋戦争」1975年には、この時すでに牟田口中将は 日本の敗戦局面をはっきりと認識し、
事変当時を振り返り「大東亜戦争はいわばわしの責任だ。盧溝橋で第一発を 撃って戦争を起こしたのはわしだから、
わしがこの戦争のかたをつけねばならんと思うておる」と話しているとの記述がある。
さらに牟田口中将はまた「私が盧溝橋事件を引き起こした。後に事件はさらに 拡大し、終いには今回の大東亜戦争に発展した」と
記述している(小俣行男「日本随軍記者記聞録――太平洋戦争」 世界知識出版社1988年、中国版)とある。
牟田口中将の率いる部隊が最初に中国軍に発砲したということが揺るぎない事実であることをこれで証明したのである。

348 :347:2005/07/25(月) 11:09:01 0
↑というレスを見たのだが、これは本当なんですか?

349 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 23:03:48 0
>>345

この人は中華人民共和国憲法制定後の初代国家首席ということでよろしいでしょうか?

正直、中華人民共和国の初代国家元首って誰なのかよくわからないので教えてください。



350 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 23:37:25 0
>>348
牟田口はインパール作戦を大失敗させた口先だけの無能将軍なので
「俺がこの戦争を引き起こしたのだ」と大言壮語していただけという
のが一般的な認識。

351 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 04:57:59 0
愛国者にアカというレッテルを貼って、世間に嫌悪感を起こさせるというのが
自民党の工作の一種。戦後の日本は、見事に自民党の工作にはまった。
自民党が長らく政権についてきたことがその証拠。
「愛国者にウヨというレッテルを貼って、世間に嫌悪感を起こさせるというのが
 中共の工作の一種。戦後の日本は、見事に中共の工作にはまった」とか言って、
最近、国民、特に若い世代を中心に勘違いするやつが増えてきたようにみえるが・・・

352 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 11:30:21 0
アカというレッテルを貼られた愛国者の例を挙げてください。
尾崎秀実ですか?

353 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 11:45:48 0
今時「アカ」って・・・そんなハンドレッド、じゃなく手垢のついた歴史用語など・・・

354 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 22:31:50 0
>>342
>アカというレッテルを貼られた愛国者の例を挙げてください。

つシャア・アズナブル

355 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 12:14:39 0
>>351-352
一般にアカは中国ではワと呼ばれています。
色の浅黒いモン・クメール系で、アカ語を話します。
インドシナ戦争のとき、パテト・ラオ(ラオス愛国戦線=共産主義者)と最も勇敢に戦ったのがモン・クメール系の勇士たちなのです。
かれらのくにを思う気持ち、郷土愛は全米を感動の渦に巻き込みました。
このことは在日韓国人作家・麗羅氏の「桜子はどこへいった」にも描かれている史実です。

356 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 16:27:49 0
tumarann

357 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 14:54:07 0
盧溝橋事件を起こしたのは中国共産党

358 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 05:34:32 0
>>355
どこの資料から引いたか知らないが、アカとワは違うよ。

アカ族はタイでの名称で、中国ではハニ族の一派に位置づけられる。その言語はチベット・ビルマ系。
ワ族はたしかにモン・クメール系(今はオーストロアジア系と言う)だが、アカとは全然別。

359 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 22:29:06 0
ワ人は優秀だったが、アカは愚物だった

360 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 00:37:00 0
【卑劣国家支那】北京TV「盧溝橋事件は支那共産党地下党員がまんまと引き起こした」と報道

2005年7月3日、支那のTV局北京電視台の午後4時からの番組「社会透視」内で、支那事
変の発端となった1937(昭和12)年7月7日の盧溝橋事件は、北京守備隊支那国民党軍
第29軍に潜入していた共産党地下党員『吉星文』『張克侠』『何基?』らが引き起こし、
まんまと抗日戦争へと発展させる事に成功したと報道した。

(全文)
ttp://usam.blogtribe.org/entry-ab5da5fe2dc41716359b819172eefbab.html


361 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 11:32:14 0
まんまと成功させられた側がまぬけに見えてくるな。
ある意味自虐史観に近いものがある。

362 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 19:50:49 0
しかし結論としては、日本はアジアに対して侵略行為を働いた事実は無い、という事になるな。

363 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 22:57:31 0
国民党が国共内戦で勝利していればよかったのだよ

364 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 23:06:14 0
ナチスドイツと組んだ蒋介石が上海陸戦隊を攻撃したのが日中戦争の起源。
つまり侵略者は中国だ。
盧溝橋事件はただの小競り合い。



365 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 23:10:53 0
開戦してから宣戦布告まで五年くらいかかってるのか?
のんきな戦争だったよな、むかしはのんびりしてた。

366 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 09:07:17 0
国府の兵士もよく歩いたよ。
鍋と布団担いで重慶まで逃げて、
戻ってから今度は台湾まで逃げた。
タイまで逃げた御仁もいる。
共匪のそれとは比べ物にならない壮大なロンゲスト・マーチ、エクソダスだ。

367 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 12:14:32 0
しかしあれだよな、巣食っていた三国人が一掃されて、新宿も少しは住みよい街になったよな。
都知事もいろいろ言われたりもするが、この点だけは俺は断固評価するぞ。
あとは連中の土地の権利書を全部取り上げちまえばいいのにな。根絶やし確実w

368 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 16:06:16 0
中国人は三国人ではないんだが。

369 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 01:20:41 0
>>368
詳しく

370 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 03:35:32 0
>>369
 三国人というのは、戦勝国でもなく、敗戦国でも無い立場の人。日本の敗戦により
独立した朝鮮人・台湾人を指す言葉だよ。

 まぁ、ポツダム宣言に名を連ねた蒋介石はともかく、毛沢東率いる中国共産党政府
は三国人と立場的には大差ないかもしれんが。

371 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 05:28:00 0
戦前からいた在日華僑や徴用されて炭鉱などで働いていた中国人も
三国人に加わっていたと思うが。


372 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:03:42 0
清国人や汪兆銘政権の人間は中国人じゃなかったんだろ。
これも同列に三国人

373 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:05:25 0
そうなると満洲國民も三国人か

374 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:09:22 0
で、新宿に巣食っていた中国人は、三国人じゃないよね?

375 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:12:30 0
三国人だろ

376 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:19:55 0
で、新宿に巣食っていた三国人は、中国人じゃないよね?

377 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 10:43:09 0
なんかむちゃくちゃになってきたぞ

・戦前の国籍は日本
・出身は戦後に日本が放棄したした国(朝鮮・台湾など)

な人らだ

>>371-373は厳密には違う


378 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 00:11:05 0
んじゃ、パラオやトンガの原住民は三国人だな
今までそう意識したことはなかったけど

379 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 11:23:40 0
支那の民よ!
君たちを追うのは誰か?
日本軍か?

否、蒋介石の誤った抗日主義である!


380 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 11:57:03 0
PC用3Dゲーム「抗日・血戦上海灘」の無料ダウンロード決定!
http://www.world2.com.cn/act/zt/kr/index.htm

若干の年明け、日本の首相は再度靖国神社を参拝する……
  今、日本は更に度量のある態度で申請して国連安全保障理事会の常任理事国になる……
  表示の私達の今回の全世界の華人の署名する活動に対する支持のため、完璧な時空会社は現在
《日本軍に抵抗する・血戦の上海グランド》の正式の商業バージョンが広大なプレーヤーに無料に
してダウンロードすることを提供することを決定して、みんながあっさりしているゲームと同時に
深く歴史を感じ取って銘記することを望む。(以上エキサイト翻訳)

本体: http://www.world2.com.cn/act/zt/kr/kr-shanghai.exe

381 :世界@名無史さん :2005/08/14(日) 13:23:30 0
               ノ       ゚.ノヽ  , /}
            ,,イ`"      、-'   `;_' '
   ,-、  _.._,,-'' ̄          (,(~ヽ'~
 )'~  レ 、 !              i`'}
 ~つ  /  ヽ             | i'
 /   "ゝ  ヽ         。/   !
/     {   }         /},-'' ,,ノ
i、    /_;=-" ,i' _,,...,-‐-、/    i      _从人_人从
..ゝ .    .   <,,-==、   ,,-,/ヽ(`Д´)ノ ) 泥棒!(
 )      . {~''~>`v-''`ー゙`'~         ⌒Y⌒Y⌒Y
 {       .レ_ノ
ノ         ''
   ∧∧/ ̄ ̄ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /支 \資源 i  | クックック
  (`ハ´ )    ノ < 全部イタダキあるヨ。
  (つ とく__,;;ノ   \_________
   /⌒__)〜
   レ' ゝ( 

382 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 12:04:10 0
━ ネット市民活動家の特徴 ━
    ネット市民活動家があなたのスレにやってきました。さて、その行動は次の6つの内どれ?
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
A 脳内ソースを持ち出し.    ┃B 落ちる時は自分の都合を
  根拠の無いことをわめく   ┃  告げる
    ∧_∧.....             ┃    │     |   │彡
   <#`Д´>Oこいつはヒキi .┃    │   .i|○ │彡<バイトが
    Oー、 //|ただのneet! . ┃    │     |   │    あるから
ビリビリ\ (;;V;;)/             ┃    │     └― ┘ 
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
C なぜか右翼の話しをする  i.┃D 理屈で反論できなくなり
   从_从人_从_从人_       ┃  レッテル貼りか人格攻撃
从从ゞ ウヨの妄言ウザい !/,   ┃     ∧_∧ <コノヤロォー!!
ウヨクタバレ∧__∧  从_从人__....  ┃     <♯`Д┌―――┐
⌒WWY´<#`Д´>気違いダマレ! ┃     /    . | i ̄ ̄i |
 从_从( |   | )⌒WW⌒⌒Y..┃    jm==== | i :: i |
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━
E ムキになってコピペ荒らし  .┃F 事実に対して都合のいい仮定を持ち出す
     ((((( ))))))         ┃ +   ∧_∧   .. ' ,:'.
       | |           .┃  ,:'.<  `∀´>   ,:'     
       ∧__∧    从_从人__....┃+ , ..⊂    つ     +  
   ∩<#`Д´>'') フザケヤガッテ┃  ' ,:'ノ  つ ノ    +  。  , .. .    + 
   ヾ      ノ  WW⌒⌒Y ┃      レ レ  〜 幸せ回路作動中 〜
━━━━━━━━━━━━━╋━━━━━━━━━━━━━━━


383 :ちゃんころは日中戦争に成った理由を知れ。:2005/08/15(月) 23:24:19 0
尼港事件 大正9年(1920)
ロシア、中国人からなる四千名の共産パルチザンが襲撃領事夫妻以下居留民384人(内女子184人)
軍人351が陵辱暴行された上虐殺される。

南京事件 昭和2年(1927)
日1英2米1伊1仏1デンマーク1が死亡、二百人の中国軍兵士と女子供を含む数百人の一般人暴徒
による各国領事館銃撃、暴行、略奪は床板、便器空瓶にまで至った。このとき日本は完全無抵抗を貫いたが、
米英は軍艦より砲撃。

済南事件 昭和3年(1928)
中国兵による略奪陵辱暴行殺人事件。略奪被害戸数136、被害人員約400とある。中国側も立ち会った、
済南医院での日本人被害者の検死結果。

藤井小次郎 頭および顔の皮をはがれ、眼球摘出。内臓露出。陰茎切除。
斎藤辰雄 顔面に刺創。地上を引きずられたらしく全身に擦創。
東条弥太郎 両手を縛られて地上を引きずられた形跡。頭骨破砕。小脳露出。眼球突出。
東条キン(女性24歳) 全顔面及び腹部にかけ、皮膚及び軟部の全剥離。
陰部に約2糎平方の木片深さ27糎突刺あり。両腕を帯で後手に縛られて顔面、胸部、乳房に刺創。助骨折損。
鍋田銀次郎 左脇腹から右脇に貫通銃創。
井上国太郎 顔面破砕。両眼を摘出して石をつめる。
宮本直八 胸部貫通銃創、肩に刺創数カ所。頭部に鈍刀による 切創。陰茎切除。
多比良貞一 頭部にトビ口様のものを打ち込まれたらしい突創。腹部を切り裂かれて小腸露出。
中里重太郎 顔面壊滅。頭骨粉砕。身体に無数の刺創。右肺貫通銃創。
高熊うめ 助骨折損、右眼球突出。全身火傷。左脚の膝から下が脱落。右脚の白足袋で婦人と判明した。

他の二体は顔面を切り刻まれたうえに肢体を寸断され、人定は不可能であった。

384 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 23:20:46 0
>東条キン(女性24歳) 全顔面及び腹部にかけ、皮膚及び軟部の全剥離。
>陰部に約2糎平方の木片深さ27糎突刺あり。両腕を帯で後手に縛られて顔面、胸部、乳房に刺創。助骨折損。

鬼畜だな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜中国兵

385 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 14:37:00 0
            ,r'"//                        \
 プルン       . -‐''"ノ                 \         \
       , -‐'´  /                    入         \     
((   ,,-''     /                 i     / \         \
   /       l    ゚::ノ            l    /    \        ヽ
  l ノ       |                /    /       \        ゙、
  .i        ',               /    / ))     \       ヽ
   ',        ヽ             /    /         \_,,      '、
   ヽ        \         ;‐'"    /  プルン     /       ヽ



386 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 21:45:00 0


  サトウハアマク オイシクテ 
     
        ギュウニュウナンカニ イレテノム





387 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 22:04:42 0



     ツキヨノソラヲ ガントビテ
            
          ミヤクンゴテンデ ソレミテル






137 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)