2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

歴史に名を残したニートを挙げるスレ

1 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 23:50:06 0
昨今、急増しているニートに少しでも希望の光を与えるために
歴史に名を残した偉大なニートを挙げてください。

2 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 23:52:14 0
文学者とかは結構放蕩生活してた奴が多いな

3 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 23:53:00 0
ニートと聞くと、とくダネに出てた彼を思い出す。

4 :世界@名無史さん:2005/06/08(水) 23:59:10 0
共産教の開祖

5 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:02:18 0
竹林の七賢?
あっ、6人は就職したか。

6 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:05:51 0
爵位貴族は駄目?
領地を経営している=管理職である
とみなされてしまう?
実質、なにひとつしていなかった奴も数多いが。

7 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:06:24 0
そもそも継続的に教育受けたり就業したりするのは一般的だったのか?
ニートっていうのは今の社会制度上で成り立つ概念だし

8 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:07:11 0
暗殺教団のハッサン・サバーは単なるヒキオタだから、ニートじゃないな。

9 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:12:29 0
謝安とかは四十過ぎまでニートだったんじゃねえの?

10 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:24:13 0
戦国の四君の食客三千人って要はニートをそれぞれ三千人居候させてたということか?

11 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:27:05 0
地位と財産がある人は、何をしてようとしてなかろうとニートには
なりません。時代を超えた真実です。
有閑階級か、高等遊民wと呼ばれます。

12 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:27:29 0
万暦帝。

13 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:40:23 0
ギリシアの哲学者は一日中議論してただけだろ?
今なら2ちゃんねらーだな

14 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 00:43:12 0
スウェーデン女王退位後のクリスティーナ。結婚もせずに国のすねかじって遊びまくり。
お父さんのグスタフ・アドルフと家庭教師のデカルト先生が泣いているぞ。

15 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 01:44:34 0
>>11
>有閑階級か、高等遊民wと呼ばれます。

昔そう呼ばれていた香具師らを今はニートと呼ぶのでは?
そういうことにしてくれないとネタが苦しい……。

16 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 01:57:05 0
ボードレールとか、スピノザかな、ぱっと思いつくのは。

17 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 02:28:34 0
晴耕雨読の諸葛亮もニートか。

18 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 02:46:29 0
ディオゲネスは?

19 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 03:43:12 0
>>18
あれはニートというよりホームレス。

20 :世界@名無史さん:2005/06/09(木) 23:55:04 0
古代ギリシア哲学者の面々

21 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:00:08 0
元ニートといえば劉邦だろ・・・名がまだ出てないのが不思議
ニートから一足飛びに皇帝
男の夢だな

22 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:10:00 0
既出だがやはりマルクスだな。

定職につかずエンゲルスの援助に頼りながら大英図書館通い。

23 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:22:50 0
ボヘミアンとニートは違うのかな。

24 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 00:56:06 0
>>23
ボヘミアン→移動というか放浪生活
ニート  →基本的には定住
という感じでしょうか。

25 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 01:06:34 0
李白

生涯勤務年数、通算3年未満。その3年間にしてもまともな勤務は一切なし
生涯に持った妻は計4人
まともに地主稼業をしていたとも思えず、どうやって食っていたのかは謎


26 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 01:10:21 0
>>21
当時は世界史上でもめずらしいニートの大全盛の時代だからな。
韓信、張良、陳平などニートが混乱に乗じて出世し、そのニートを使いこなした劉邦が勝つ。
まさにニートにとっては夢の時代だろう。


27 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 03:26:04 O
ニーチェとT・E・ロレンスだな

28 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 08:04:45 0
劉邦は亭長という職に就いていた訳だが・・・

29 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 16:22:10 0
太公望もニートだよな?
まっ実在したかどうかは怪しいが。

30 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 17:05:09 0
>>29
ニートというより自給自足というイメージ?
まあ、あくまでイメージだけど

31 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 18:26:20 0
亭長になる前の劉邦は家業も手伝わないニート。

それと各王朝の宗族も王朝から俸禄受け取って働かなかったので
これもニートに入る。

32 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 20:19:46 0
老荘思想家は本人がニートかどうかはわからんが、後世のニートの生きる手本になったのではないだろうか?

33 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 22:41:51 0
カール=マルクスに学ぶ現代ニート生活

1.生活保護を受ける(マルクスクラスなら精神障害者認定もラクラク)
2.図書館に毎日通う

役所「ちゃんと働いてくださいよ!!」
現代マルクス「共産党宣言が目に入らんか?」

まあ今時のニートが研究生活はもとより活字世界で満足できるかどうかは?だが。

34 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 22:49:19 0
安心しろ、俺が歴史に名を残すぜ

35 :世界@名無史さん:2005/06/10(金) 23:01:49 0
ニートっていう言葉は定着するのだろうか?

36 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 00:16:10 0
独学してても not in education になるのか?
哲学や兵法を全く身に着けていない人間が歴史に名を残すとも思えないが・・・

37 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 01:08:39 0
ダーウィンもそうでしょ。妻の財産で
学問してた。

38 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 01:28:06 0
どうせ「俺」とか言う奴が出てくるんだろうな・・・

39 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 01:32:04 0
前から不思議に思っていたが「晴耕雨読」で食っていけるのか?
「雨の日は本読んでりゃいい」て、
お 百 姓 さ ん を 馬 鹿 に し て な い か ?

40 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 01:36:06 0
仏陀とその弟子

41 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 02:01:02 O
松永安左ェ門と是川銀蔵も30代でニート生活をしてた

42 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 02:21:59 0
>>38
燕雀いずく(ry

43 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 03:53:04 0
こうしてみるとニートって結構普通の人より大物になる率は高そう
あ、でも教育も受けてないし、勉強も駄目なんだな。こうなるとマルクス、ダーウィン型になるのは無理か
となると、あとは劉邦のような乱世の英雄タイプとしてがんばるしかないな。
日本で乱世がくるのは難しいかな

44 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 05:23:01 0
>>43
有名になったニートの陰には
人知れず野垂れ死んだニートの屍が山となり…

比率的には5万:1(推定)程度にもなろうか。

「乱世の英雄」の争いに巻き込まれて
引き篭もってる小屋を焼かれたあげく
栄養不良から逃げるに任せず、ってなとこだろ。

45 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 08:06:12 0
せっかく(後世に)有名になっても野垂れ死んだニートもおるし。
杜甫とかそうでしょ。40歳で仕事や〜めたってやったあと、縁故を
頼って人様にやっかいになりに行く連続。
最後は船の中で死んだ、という野垂れ死に。
あれで詩集が残ってなければどんな扱いを受けたことか。

46 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 09:54:00 0
>>37
それ言い出したらパトロンに頼る芸術家なんてどうなる。

47 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 10:32:42 0
芸術家として名の残ってる奴は、何かしら趣旨をもち生産活動しているわけだろ?
現代のニートは無為に過ごしてるだけ。

敢えて挙げる有名な奴って、ムーミンに出てくるジャコウネズミくらいだろ。

48 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 12:29:53 0
つーか。ようするに貴族ってみんなニートでしょ
ソクラテスやプラトンも奴隷に全部働かせていたかにニートだね
世界史の有名人ってみんなニートじゃん。
ニートマンセー

49 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 14:24:03 0
ソッ、ソッ、ソクラテスだ!プラトンだ〜〜〜〜!

でもマルクスの家庭生活とか見てるとニートの影に涙ありって感じなんだけどね。

50 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 14:34:54 0
>>45
たしか杜甫の最後って
酒で酔っ払ったところ、河に映った月をつかもうとして溺死したんだよね。
いかにも詩人らしい死に方だよね
でも、ニートの野垂れ死にとは全然違うね。
ニートは地べたに這いつくばって死ぬだけ。
杜甫と同列に扱うのもどうかと

51 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 14:57:30 0
黄巾の乱の首謀者、張角もニートの典型。
試験に落ちて、気が狂って宗教起こして大反乱。



52 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 16:32:06 0
2006年、大阪にてニートの乱勃発


53 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 16:48:07 0
ヴァルター・ベンヤミン

54 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:00:54 0
>>50
いやいや、ニートの死に方もかっこいいですよ。
ネトゲの中の人物に手を差し伸ばして・・・・

>>51
洪秀全も似た感じですな。
でも日本でもフリーターや派遣や肉体労働者煽ったら反乱起こるかもよ。
小泉独裁政権の過酷な経済政策・・・

2010年ニート大反乱

55 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:02:34 0
「エタ・ヒニンが無くなったのでニートを作ってみたかった。」

首相61歳男性

56 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 17:05:31 0
古代中国の食客がニートの典型じゃないの?よくしらんが。
しかし、芸術活動をはずすと最後までニートで生産活動に参加してない
場合、名前の残しようがない、、、


57 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:33:59 0
お前ら、ただニート言いたいだけちゃうんかと・・・

58 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:54:22 0
オスマン帝国後期の即位できなかった王子たちは
贅を尽くした密室に一生監禁されてたらしいが。
廃人になるやつが半ば以上を占めたとか。

59 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 18:55:12 0
>55
野中?

60 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 19:09:41 0
>>56
確かに一生ニートだと名前を残す機会ないわな。
だからニートから一躍歴史に名を残すまでになったヤシを挙げればいいのでは。
そっちの方がお前らニートにとっても励みになるだろ。

61 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 20:28:39 0
>>50
それ、李白の最後と勘違いしてないか。
杜甫の場合は前にも出ていたけど、最後の住処は一艘の小舟で、船で流浪中に
船中で病死したんだよ。まともな葬式も出せなかった。
ニートの影に涙ありの典型だな。

しかし、ニートと呼べない香具師大杉。前出の有閑階級や高等遊民との区別は付けた方が良さそうだな。

62 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 20:40:36 0
劉邦はリアルにニートでしょ

63 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 21:42:39 0
ニートは歴史に名を残すよりも職歴に名を残す方が先じゃないのか

64 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 21:57:42 0
そうか

65 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:17:27 0
マルキ・ド・サドは?

66 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 22:21:29 0
劉邦はニートというか、ヤクザ、いやむしろチンピラ。
ヤ系の人もニートになるのか?

67 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 23:51:12 0
>>66
wikiによればヤンキー型もニートの一形態らしい。


68 :世界@名無史さん:2005/06/11(土) 23:59:43 0
官職がない貴族とか、役についていない旗本とかはニートになるのか?

69 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:19:15 0
勝海舟の親父みたいな香具師はニートじゃない?とくに生産手段を持ってるわけでないし。


70 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 00:37:23 0
しかし、ニート定義が広すぎだな
自作農以外はニートということでいいか?

71 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 01:34:31 0
デカルトだろ それかマルクス

72 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 02:43:15 0
ニートなんて所詮まだ家事手伝いが入るか入らないかすら曖昧な新しい概念だ
このスレ的にはとりあえず自分で金稼いでない奴はニートって事でいいよ

73 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 02:45:19 0
徳川家康なんてニートだと思うぞ
最初は織田家、次は今川家に寄生してニート生活も送っていた

74 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 03:39:29 0
織田家時代はまだ就労年数に達してないからいいんじゃね?
今川家に移ってからは歳食ってからは一応働いてるから。

75 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 05:36:46 0
ルソーもニートだったな。ヴァランス夫人に喰わせてもらってた

76 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 05:44:03 0
ニュートンもニート時代に重力理論や光学法則を発見してたりする。

77 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 05:45:24 0
なあ、お前らニートって言いたいだけなんだろ?

78 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 06:00:36 0
デカルトなんかどうだ
学校卒業してから2,3年ぶらぶらしてた。
んで兵隊いったりしたあと30代前半に本格的なニート時代に突入して方法序説を著す。

79 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 06:02:52 0
アルフレッド・ダグラスはどうだろう?
世界史からは微妙にずれるが。

80 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 06:06:03 0
とりあえず学者系ははずせ
ニートの定義は、ノットエドゥケイションだ
同じ引き篭もりでも、学者とニートは全然違う。

少なくとも歴史の表舞台にでるまでもう何もしていなかったような香具師のこと

81 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 06:13:42 0
吉田兼好

貴族でもないのに、どうやって食っていたのか‥

82 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 08:13:24 0
>>81
一応、神社を持ってるんじゃないの?

83 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 08:19:04 0
項梁に使えるまでの韓信はニートの範だろう。
何にもしないでばばあに飯を恵んでもらってたんだから。

84 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 08:30:29 0
荊軻。
始皇帝暗殺計画するまでは完璧NEET

85 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 08:50:31 0
>>83
DQNに喧嘩売られても大人しく股くぐりするとことか
まさしく無気力ニートの鑑だな。

86 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 14:12:37 0
韓信は兵学者なのでニートではない。
というか、ニートって差別用語だろ。

87 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 15:05:51 0
おいおい、そんなこといってたらニートなんていなくなるぞ。
軍オタでもニートはニートだろ。2chにもそんなやつわんさかいるだろ。

88 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 15:21:27 0
ヒトラーも第一次大戦が始まるまではニートだろう。

89 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 18:01:04 0
ゲッベルスは?

90 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 18:58:49 0
>>86-87
確かに「ニート」という言葉は同志小泉総理大臣が定義なされた新たなる被差別階級(敵対階層)でございます。
自称兵学者はニートだろ。あとネトゲにはまってる奴も自称プロゲーマーになるな。パチンコやってるやつも、パチプロ。

>>88
ヒ総統は嫌いな他民族国家オーストリアの兵役逃れで擬似ホームレスやっていたのでは?
絵はそれなりに売れていて当時の銀行員の初任給以上は稼いでたらしい。

91 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 20:30:10 0
韓信は全国就職活動の旅をしてたんだろ。
一応項羽のトコに採用されてるし。
就職する気が無かった訳じゃなかろ。

92 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 22:56:10 0
>>80
あ、そうなんだ
じゃあ俺なんか無職でもニートじゃないや

93 :世界@名無史さん:2005/06/12(日) 23:26:11 0
ベ=ニート=ムッソリーニ

94 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 00:34:51 0
俺はneat

95 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 00:46:08 0



96 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 00:59:18 0
                   ∧_∧
                  (・∀・∩)
                  (⊃  ノ
                 /( ヽ ノ \
               /   し(_)  \ ←皇帝
              /  【 ネオニート 】\
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
           /  (・∀・) (・∀・) (・∀・) \ ←一兵卒
         / 【公務員・超1流民間・議員】 \
        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
      /  ( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)( ´_ゝ`)  \  ←奴隷      
     / 【民間企業・サラリーマン・ホワイトカラー】  \
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  /    (つД`).。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン 。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン  \ ←家畜
/【ニート・無職・ブラック民間・契約・派遣・請負・偽装派遣】  \   

97 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 01:57:32 0
☆途中経過☆いままで出た人物☆
謝安 戦国の四君の食客三千人 万暦帝 ボードレール スピノザ
劉邦 マルクス 李白 韓信 張良 陳平 ニーチェ T・E・ロレンス
太公望 ダーウィン 仏陀とその弟子 松永安左ェ門 是川銀蔵
ソクラテス プラトン 杜甫 張角 洪秀全 デカルト ルソー ニュートン
アルフレッド・ダグラス 吉田兼好 荊軻 ヒトラー


98 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:06:38 0
漢の元勲ニート多いなぁw
ニート帝国じゃないか

99 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:20:22 0
無役の旗本

100 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:27:35 0
漢の元勲がニート?あいつ等は仕官する気はあったし、自己鍛錬は行ってただろ。

101 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:38:03 0
>>100
高等教育も受けてるしな。

102 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:41:53 0
NEETとはNot in Employment, Education or Trainingの略で、
「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な努力をしていない」若者を指します。

Tヤンキー型
 反社会的で享楽的。「今が楽しければいい」というタイプ
Uひきこもり型
 社会との関係を築けず、こもってしまうタイプ
V立ちすくみ型
 就職を前に考え込んでしまい、行き詰ってしまうタイプ
Wつまずき型
 いったんは就職したものの早々に辞め、自信を喪失したタイプ

103 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:46:33 0
教育もなく仕事もなく仕官・就職する気もないのがニートの条件だとする。
そういう奴が歴史に名を残すには、と考えてみると、
誰かに唆されて鉄砲玉として有名人を暗殺し、テロリストとして
名を残すぐらいしか思いつかないのだが。

104 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:55:11 0
老子

105 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:56:12 0
李白だって就職するつもりはあったし・・・
シューベルトかなぁ?

106 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:57:01 0
水滸伝はどうよ
108人の英雄の殆どはニート
個性あふれる108人のニート達が、力を合わせて国を興すなんて
ドラマチックじゃないか

107 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 02:59:52 0
いつか「就職するつもり」があればニートじゃないのか?

108 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 03:05:56 O
「就職するつもり」があるだけでは駄目。
職業訓練など具体的な就職への取り組みが必要。

109 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 03:39:50 0
>>106
まあ、フィクションだから「歴史」じゃないなあ。

110 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 03:45:37 0
>>102
劉邦はTにもろハマりだな

111 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 04:30:16 0
>>102
んじゃ孔子はW

112 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 05:02:33 0
伯夷・叔斉

113 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 06:15:57 0
>>111
孔子は自信満々だったと思うぞ。

114 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 13:26:57 0
孔子・マルクス

中国2000年の歴史はこの二人のニートがつくりました。

115 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 17:43:19 0
>>106
彼らは自営業じゃないの?山賊とか海賊とか人肉饅頭屋とか。
それに最終的には官職もらってるんだし就職したと言えるのでは。

116 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 18:08:23 0
労働の義務って戦前もあったのかな?貴族もあったし部落も今よりリアルだっただろうし
最上層と最下層は働かないのが普通だったんじゃないかな。高等遊民なんて言葉もあったし。
この世の最上層と最下層の近辺はニートが多い。俺がそのどっちかは秘密だ。

117 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 18:34:29 0
>>114
プッ

118 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 18:38:40 0
>>114
一応マルクスは委員会やらの仕事をやってる

119 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:50:19 0
陶淵明は?

120 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 20:57:19 0
>>119
田園経営していたからニートとは呼べないな。

121 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 23:25:25 0
>>119
むしろ労働者の鏡。
自分で田畑を耕していた。
「時に応じてまさに勉励すべし、歳月人を待たず」だっけ。

122 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 23:32:35 0
今は「ニートにあらずんば人にあらず」の時代だからな。

123 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 23:49:27 0
んなことはない>>122

124 :世界@名無史さん:2005/06/13(月) 23:56:18 0
「魔の山」に出てくるサナトリウムの人たちもニートなのかな。

ああいうニートならなってみたいものだ。

125 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 00:06:45 0
ランボーはどうか?
極度の労働嫌いみたいだが。

126 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 00:34:01 0
あーあれはニートかもなあ。
現代のニート達と同じく意味不明な言葉をぶつぶつ吐いてるしな。

127 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 00:48:23 0
>>124
病人をニート扱いするのは時節柄マズくないか?

128 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 03:17:51 0
バイロン

129 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 03:21:11 0
赤穂浪人って要するにニートでしょ
48人のニートが集まって、主君の仇を討つってかっこいいよね

130 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 03:26:09 0
>>129
ニートというより、会社が倒産して
行き場所のなくなったホームレス、つーイメージだな。

まあ、大石さんみたいな元重役は
蓄えもタンマリあったんで優雅な無職生活だがな。

131 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 03:48:26 0
974 :考える名無しさん :2005/06/12(日) 21:43:27
「ニート」なんて曖昧な概念を生み出して、

金儲けする社会学者たちと出版業界、
選挙民の気を引くための生け贄とする政府
賃金下落を正当化する財界

だいたい社会学的な概念なんてもうけの手段だよw

132 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 04:18:10 0
激しく同意(@u@)

133 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 17:42:42 0
達磨大師〜偉大なるヽ(´Д`;)ノ引きこもり〜

134 :世界@名無史さん:2005/06/14(火) 20:26:52 0
ランボーは貿易会社で働いたりしてるじゃん
宗教者も寄進で食えてる修行者は本来的な宗教のお仕事してるよ

135 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 04:59:53 0
>>108
おまえが正しいのなら世界史上のかなりの人物がニート

136 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 18:40:09 0
アウグスティヌス

一時期ニートだったらしい。

137 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 21:19:40 0
カント 由比正雪 島津久光
徳川慶喜 西郷隆盛 黒島亀人

138 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 21:24:22 0
誰をどういう基準でニートにするかというのが問題だな。
ある人の人生で20歳から10年ニートやってその後働いたらニートになるのかとか。
どう考えても一生ニートしてる奴はいない。

139 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:41:45 0
ニートであることで歴史に名を残した奴、というのは?

140 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:48:46 0
>>136
ティベリウスもロードス島でニートしていた。

141 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:51:46 0
竹林の七賢

全員がニート経験がある。
就職組も含めて。

142 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:52:36 0
>>139
それだと、たとえば王朝が変わったときに、
前の王朝に対する忠節を守って新しい王朝への仕官を拒んだ人物とか、
あるいは無道な君主に仕えるのを潔しとせず辞職して郷里にひっこんだ
人物なんかがまず挙げられますね。


143 :世界@名無史さん:2005/06/16(木) 23:55:03 0
あまりにもダメ君主なんで、廃位された人とかは?

144 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 00:22:06 0
お前ら孫悟空を忘れてないか?
あんなに立派なニートはいないぞ。

145 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 01:38:54 0
>>144


146 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 01:54:31 0
あっ。イエス・キリストがいた。長男のくせに家業の大工も継がず荒野をふらふら。生涯定職に就かず。

147 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 03:57:00 0
>>136
ニートというか、若い頃は相当遊んでたらしいな
カルタゴなんて都会に出たもんだから、誘惑に負けてズルズルと不良青年に

148 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 08:57:07 0
まえだけいじ

149 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 09:53:25 0
プルースト。自分のニート生活を題材にニートたちがたくさん出てくる二十世紀の名著「失われた時を求めて」を書いた。

150 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 11:11:05 0
諸葛亮孔明も劉備に使えるまではニートだったな。

151 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 17:28:20 0
屈原

断言はできないが自殺までの三年間はニートをしていたのではないかと言われる。

「竹林の七賢」はよく水墨画で題材にされるニート。みなさんも旧家に行かれたとき目にすることがあるのではないでしょうか。
「七人の侍」は新しく就職した7人のニートが新しい仕事に奮闘する様子を描いた社会派作品。

152 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 19:57:32 0
>>144
孫悟空はまだマシでしょ。
ヤムチャは大人になってもブルマの家に養ってもらっていたニートの鏡だが

153 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 20:04:43 0
ヤムチャは最悪だったな‥

154 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 21:24:18 0
>>152
作者は今どうしてんのかな?
印税ニート?

155 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 21:29:47 0
>>154 >印税ニート?
それは鳥山明。

156 :世界@名無史さん:2005/06/17(金) 23:35:00 0
スパルタなんて、市民は全員ニートで、働いているのは奴隷と外国人だろ。

157 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 00:19:15 0
>156
既出。アテネもプラトンもソクラテスもな

158 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 00:21:58 0
オレかな☆

159 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 00:23:00 0
ボーイ・ニート・ガール

160 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 00:33:27 0
ここに挙げられているニートってちゃんと自分の封地があり、
地主生活している奴らばっかだろ。いわゆる隠者はみんなそのたぐいじゃ
ねーか。ニートとは言わんよ。
ニートの定義が広がり過ぎると、戦前の地主とか、英国のジェントリーとか
みんなニートになっちまうぞ。そんな事はありえねぇ(^^
有閑階級とニートの区別はつけようや

161 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 01:19:24 O
>>150
諸克亮は晴耕雨読の日々じゃなかったの?

162 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 01:55:43 0
昔はエロい人じゃないと「有閑」が不可能だったもの

163 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 02:07:33 0
ニーチェは妹の仕送りで生活

164 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 02:17:18 0
>>163
でも大学からの年金も貰ってなかったっけ?

165 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 03:19:06 0
とにかく自分の食い扶持を自分で稼げてなかった奴はニートって事で良いよ
晴耕雨読は普通に農家だし地主は不動産経営だし立派に自分の食い扶持は稼いでる
家族に寄生してるのがニート

166 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 08:08:57 0
執事を雇っていたりしたら、多分自分では不動産経営してないからニートかな。
不在地主というやつはニートだろうね。
なんだ、歴史上の大半の人間はニートじゃん。

167 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 09:22:39 0
ニートってのは (今現在)働いていない 教育をうけていない 訓練を受けていない
だから階級がどうのこうの年齢がどうのこうのは関係ない。

168 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 09:49:20 0
朱元璋

169 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 12:03:31 0
>>167
お前DQNだな

170 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 13:39:44 0
不耕不織という言葉があるがこういう言葉が昔からあるということは昔からニートが存在していたことを示すものだ。

171 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 14:35:15 0
足利義政

172 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 17:12:42 0
>>169
言うに事欠いて
”DQN”のレッテル貼りをする理由と、
その頭の構造が理解できない。


173 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 18:38:46 0
>>172
馬鹿。ニートをいじめるな。

174 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 19:09:56 0
徳川家斉

175 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 20:58:00 0
>>170
働きアリも実は全く働いてない奴が一定の割合いるんだとか
そいつらを集めて殺してもまた同じ割合の奴らが働かなくなるんだとさ
人間にもそういう特定の比率ってのがあるんだろな

176 :世界@名無史さん:2005/06/18(土) 21:29:48 0
すまん。漏れ
その割合に該当していた。30歳間際ニート
。・゚・(ノД`)・゚・。

177 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 02:44:47 0
なんだかなぁ。ニートに該当する偉人を見つけ出して
自己弁護の安らぎを見出そうとする、ニートらしき人々の発言が哀しいスレだなぁ。。。。
そういう俺も仮面リーマンで首になったらニートになる潜在ニート予備軍だとは思うけど。
あ、親に世話になれないから、ニートとは違うか。

178 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 18:36:36 0
世界史を鑑みるに、支配階級のほとんどは働いていなかったんだから
世界史上の英雄・偉人のほとんどはニートだったと言える。
つまり、ニートこそ当たり前、あるべき姿なのだ。むしろ、ニートでなかった
歴史に名を残した人物を究明してみよう。そうすれば、現代日本の働き罰たちに
希望を与えることができるだろう。

179 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 18:38:58 0
ということで、陶淵明に一票。
彼は真面目で貧しい農夫でありながら、歴史に名を残した
希有な人物である

180 :世界@名無史さん:2005/06/19(日) 19:03:31 0
陶淵明って働いてたのか。
悠々自適っていうイメージがあるが。確か家柄はかなり良かったはず

181 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 01:54:00 0
マルクスはニートとかいう香具師いるけど
若い時は英気バリバリの議員だったんだけど
議会に失望してその後は研究に埋没するようになったが。

182 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 06:38:19 0
>>178
別スレたてれば?

183 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 08:47:48 0
>>174
家斉は一応「将軍」という仕事についている。
と言っても遊んでばかりで実体はニートだろうなw

184 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 14:27:32 0
☆途中経過☆いままで出た人物☆
謝安 戦国の四君の食客三千人 万暦帝 ボードレール スピノザ
劉邦 マルクス 李白 韓信 張良 陳平 ニーチェ T・E・ロレンス
太公望 ダーウィン 仏陀とその弟子 松永安左ェ門 是川銀蔵
ソクラテス プラトン 杜甫 張角 洪秀全 デカルト ルソー ニュートン
アルフレッド・ダグラス 吉田兼好 荊軻 ヒトラー 老子 伯夷・叔斉
孔子 赤穂浪人 アウグスティヌス カント 由比正雪 島津久光
徳川慶喜 西郷隆盛 黒島亀人 ティベリウス イエス・キリスト プルースト
諸葛亮 屈原 朱元璋

185 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 14:28:11 0
家斉はそれでも毎日のように公式行事の義務はこなしてたから
それほどニートじゃないと思うが。

実体はニートといえば、小泉が真っ先に思い浮かぶ。
偽装はしてたけど、20代の頃は立派なニートだったよね。

186 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 15:15:19 0
>>185
初めての選挙で落選した後、福田赳夫の家で書生をしてたみたいだね。

書生とか読書人とかもみんなニートになるのかなあ?

187 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 16:07:34 0
>>181
一度就職して会社に失望してニート化する今の若者と何も変わらんな

188 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 16:42:56 0
だからマルクスは「図書館ニート」だって
毎日毎日朝から図書館に来てずっと小説書いたり置いてあるPCでC言語をひたすら書いてる奴と同類。

まあ上記の人は実は収入を得てるのかもしれないけどマルクスは少なくとも「資本論」ではもうけてない。
だから日記と同じ。

189 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 17:47:58 0
鴨長明もニート♪

190 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 20:22:22 0
仕事をしてなくても、官職や役職についていたらニートじゃないだろ。
ただのグータラなだけで。

191 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 20:55:50 0
リーマン安くんぞニートの志を知らんや



192 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 21:06:18 0
>>178
昔の人だって支配階級だって、真面目にやってればそれなりに忙しかった
はずですよ。擁正帝とかユスティニアヌスとか知らないの?

193 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 21:53:37 0
要するに、歴史に名を残したグータラを挙げるのか?

194 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 22:07:18 0
>>193
かなりいい線いってる。

195 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 22:17:04 0
雍正帝は過労死だろうな。

196 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:32:34 0
じゃあ、俺は世界史上初の過労死したニートになるよ。
練炭なんか使わんぞ。

197 :世界@名無史さん:2005/06/20(月) 23:40:29 0
ま、昔も今も資産をもってる階層には、働かずぶらぶらしている時期があっても、
その後歴史に名を残す奴がいた。現代は、例え大企業の御曹司といえど、
せいぜいニートしてられるのは大学院くらいまで。その後は社会人に
なって企業つとめしないと、昨今の企業では、よほどの同族会社でない限り、
ニートしてると、キャリア上のマイナスとして受け取られるだろう。
現代はその意味で、過酷だとも言える。

198 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 00:23:37 0
>>192
雍正帝は有名だけどユスティニアヌス帝って勤勉だったの。あんまり知らない。
洋の東西を問わず、昔の王様、貴族ってあんまり働いてるイメージないんだが。戦争してるか、宴会してるか
の二者択一ってイメージ。戦争中はまあ忙しいんだろうが、生産的ではないし。

199 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 01:12:17 0
>>198
洋の東西を問わず、昔の王様、貴族は文化の担い手でもありましたよ。

200 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 01:49:18 0
>>198
まあ、国や時代にもよるが
王様や皇帝があんまりぐーたらしてると
クーデターなんか起こされたりするからな。

201 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 02:57:18 0
>>198
ユスティニアヌスはよく働いてますよ

202 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 16:23:47 0
明のファーストとラストの洪武帝・崇禎帝はかなり勤勉。
ただ万暦帝は最悪なニート。
洪武帝の乞食坊主時代は今で言うとニートというよりホームレス。
即位後は雍正帝並の勤勉さ。

>>199
ただし、マルクス=アウレリウス(ニートじゃないぞ)みたいに死後出版とかいうのはだめだろうな。

203 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 22:09:02 0
後漢の霊帝。官位売って財畜してたからニートじゃないかw

204 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 22:15:36 0
キャベンディシュはどう?
一生親の財産食いつぶして、研究成果もロクに発表しなかった
「最も富める物理学者にして、最も学のある富者」

キャベンディッシュ研究所なんて名前も残しているし

205 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 22:17:19 0
ルネサンス期の芸術家なんてみんなニートでオタクじゃんよ。

206 :世界@名無史さん:2005/06/21(火) 22:54:01 0
塩野七生ってニートっぽくない?
学習院大卒業後、イタリアに遊学だもんな。
10年後ぐらいに作家デビュー。
うらやましいな。

207 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 04:06:49 0
>>205
芸術家がニートなのは古今東西変わらんから挙げてったらキリないよ
半分以上が該当すんじゃね?基本的に除外でいいだろ

208 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 05:16:58 O
なんで暗殺の天使がでてない?
このスレの定義的には完全無欠の
「歴史に名を残したニート」だろ?

209 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 07:08:07 0
漏れ

210 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 11:15:23 0
>>197
>せいぜいニートしてられるのは大学院くらいまで
学生もニート呼ばわりかよw

211 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 17:14:32 0
>>206
1937年生まれ、女性。
ニートの可能性あるな。

212 :世界@名無史さん:2005/06/22(水) 21:05:52 0
>>206

塩婆はわざわざイタリアまで行ってニートやってたのか。
同じニートでも、お前らのように家に引きこもって2ちゃんばっかやってるニートとはスケールが違うな。

213 :世界@名無史さん:2005/06/23(木) 18:32:55 0
というか塩婆は見た目からしてお嬢様出身だろ。教養人とニートは違う。
それはさておき小渕前首相は武者修行と称して若い頃海外を歩き回ったそうな。
この場合、ちゃんと就職(政治家)という目的があって具体的に努力しているためニートとはいえない。
書生や読書人もこの類が多い。


214 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 16:59:59 0
ニート・ギングリッジ

215 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 18:46:00 0
3年寝太郎?

216 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 18:47:36 O
植草

217 :世界@名無史さん:2005/06/24(金) 19:49:22 0
三年鳴かず飛ばず

218 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 04:56:37 O
なんという名の鳥か

ひとたび鳴けば万里に響き
ひとたび飛べば天雲を掴む鳥だ

質問の答えになってねえよバカ

トン

219 :森「前」首相:2005/06/25(土) 06:51:03 O
>>213
酷い!私を忘れないでくれ!!
小渕さんは「元」首相でしょ。
そもそも日本は天皇を中心とした神の国であり(ry

220 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 08:10:09 0
>>216
植草は今会社の社長やってます。

221 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 16:46:03 0
ニートって勤労の義務が前提でしょ。
勤労してないから3大義務のうち、他の2つも果たせない。
寄生者だから問題になっているわけで。
逆に言えば、勤労の義務が存在するようになってから以後でなければ、ニートは存在しないといえる。

この条件だと誰がいるんだろ?近代以降で、社会参加をせず、しかも歴史に名を残すことは不可能だと思うが。
あ、新興宗教の教祖ってのはニートに近いかも。麻原とか。

222 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 16:52:20 0
老子とか荘子。

223 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 16:54:37 0
通産省だかの大臣で、元ヒッピーの人がいたじゃん

224 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 19:37:51 0
>>221
おまえのウンコにもならない定義はどうでもいい

225 :世界@名無史さん:2005/06/25(土) 20:23:05 0
ほんと定義定義しつけーなぁ・・・稼がず寄生してるやつだなって大体わかんだろよ
時代によって価値観なんて違うんだから今と同じニートが居るわけねえ

226 :世界@名無史さん:2005/06/26(日) 16:16:09 0
歴史に名を残したニート

種田山頭火

227 :世界@名無史さん:2005/06/28(火) 00:37:11 0
メッテルニヒの世界を壊して20世紀の枠組を作ったガブリロ・プリンチプは?
一応大学生だっけ?

228 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 00:50:02 0
【社会】"ニート歴36年?" 「働きたくなかった」男、盗んだ金で全国各駅停車の旅…千葉
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1120045075/

伝説になりますた。

229 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 04:02:27 0
>>228
なんか怒る気になれねーや。
余生は真面目に過ごせればいいな。

230 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 04:33:35 0
>>228
36年間、泥棒だけで食ってきたのなら普通に働くよりスゴイやん。

231 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 11:58:44 0
ゴッホはニートとは呼べまいか。
死ぬまでに1枚しか絵が売れなかったら自称・画家に過ぎんだろ。

232 :世界@名無史さん:2005/06/30(木) 13:56:14 0
就職のために具体的な活動をしているようなしていないような・・・。
疑わしきはニートなりってことでニート決定

233 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 16:28:48 0
>>231
>>207

234 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 00:05:11 0
レスが止まってるじゃん。

とりあえず現代イスラエルのラビはガチでニートだ。

235 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 22:23:17 0
ダライラマ

236 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 13:10:20 0
何か才能があれば、変人でも歴史に残る。
しかし彼らはきっと歴史に残っているだけで、
現存してた時は、皆に変な人扱いされていたんだと思う。
生きてて空しかったような気もする。

237 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 15:11:20 0
偉大なニート↓
http://ranobe.sakura.ne.jp/futaba/src/1094911940514.jpg

238 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 15:13:31 0
偉大だな ワロタw
http://ranobe.sakura.ne.jp/futaba/src/1094911940514.jpg

239 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 15:14:32 0
http://ranobe.sakura.ne.jp/futaba/src/1094911940514.jpg

240 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 02:41:10 O
江戸時代の浪人はニートに入るのかな?だったら椿三十郎

241 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 02:55:27 0
>>237
きっと、こういう奴が将来中国を統一したりするんだよ。

242 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 13:45:02 0
>>241
いや、王者の相をしていないからだめだとおもうw

243 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 15:19:10 O
>>240
浪人は働いてました
旗本の三男坊とかで養子の口が無いほど武も文も無能で人的魅力の無いのがニートかな
でも江戸期のニートは大抵が無宿人や部落の一部だね
現代のニートと似たようなもんか

244 :カルトフュラクス:2005/08/18(木) 01:37:04 0
コーンスタンディノス七世ポルフュロエニトゥスは?
多分、生活は超豪華版ニートに近いと思うぞ。

245 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 11:32:36 0
バイエルン国王ルートヴィヒ二世。
ニートの散財王。

246 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 02:53:04 0
政務を放棄した王や皇帝はこの類か

治世後半の玄宗やネロはどうだろう

247 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 18:38:54 0
鮎川魚紳

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)