2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

世界史の人名・地名等でしりとり 14世紀目

1 :世界@名無史さん:2005/07/01(金) 23:58:52 0
☆♪★お心得★♪☆

人名、地名、事件、事象、神話、その他もろもろ、世界史に関わることどもを、しりとりで繋ぎます。
語尾が「ん」で終わった場合は「n」または語尾二字でおねがいします。
(それ以外でも、アルファベット・漢字でも可です)

用語と共に、何かコメントを書いてちょ。
50以内の既出・一時間以内の同一書き込みはNGです。
(かぶった場合は書き込みが早い方を優先…何故かかぶることは多いです。あと、「言い直し」は3以内で)

世界史以外のネタはスルーでドゾー。

前スレ
世界史の人名・地名等でしりとり 13世紀目
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1102001568/


2 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 00:01:25 0
まずは、前スレ 「しゅ」か「ゆ」で終わったっぽいので・・・

ユンカース,ヒューゴー

ドイツの航空機関係の技術者、ユンカース社の創設者。
大戦中はナチに会社を乗っ取られ、監禁状態に置かれた。

「す」

3 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 00:10:15 0
新スレ建てお疲れ様でした。前スレが>>989「しゅ」「ゆ」で終わってましたね。
>>2から;

スワデシュ,モリス

米国の言語学者。
語彙の経年変化を年代測定の尺度として用いる「言語年代学」の創始者。
特に無文字社会・先史時代の民族移動や系統関係の解明に多大な貢献をした。

「しゅ」

4 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 00:23:46 0
>>1よ、朕のために新スレ奉献、大儀であった。
「十四世紀目」とあれば当然ながら朕のスレッドということじゃな。感心至極。

朱重八(しゅ・じゅうはち,1328〜1398)

             /;;;;;;;;;;;;;\
            /;;:::::::::::::::::::::::\
       ∈=━/,,;;:::::::::::::::::::::::::.;ヽ━=∋
            L::;;,__     ..:::ゝ
          //;;;;::::::.. ̄ ̄ ̄ ̄..::::;;;ヽ
          / ;;;;;;;;:::::::::::;;;;;;;;;;;;;::::::::;;;;; ヽ
         /j/三三三三三三三三三三ヾ、
         l::||::::              |l  
        / ̄\ ヽ-=・=-′ヽ-=・=-′ ||  
      r┤    ト::::: \___/     ||     
     /  \_/ ヽ:::.  \/    ,ノ   
      |   _( ̄ l―---oo-――'"ヽ__
      |   _)_ノヽ\  ハ // /    ヽ   
     ヽ____)ノ      ̄ ̄ ̄   /     ヽ、
大明帝国の建国者にして世界史板の人気者。
貧農に生まれ、身分を転々としながらも名を「元璋」と号し、
元末の群雄を平らげて初代皇帝に即位。
板対抗人気トーナメントPR活動で影の功労者でもあらせられる偉業は光輝くwンmうわなにをp&「Rqs1

「ち」


5 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 00:44:51 0
チェロキー族

ナバホ族と並んで、北米最大級の人口を持つ部族。1830年の、ミシシッピ以東からオクラホマへの
強制移住「トレイル・オブ・ティアー=涙の踏み分け道」で知られる。他民族との混血で言うと、
アメリカ白人の数割はチェロキーの血が入るとされ、有名どこでは、クリントン元大統領を始め、
今年メジャー入りした「ピッチャーデニ(ry」もチェロキーのクォーターである。

「き」

6 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 05:16:58 0
キール軍港の水兵反乱
第一次大戦末期の1918年11月にドイツの軍港キールで発生した大規模な反乱。
ドイツ革命のきっかけとなった。

「らん」

7 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 17:04:56 0
藍玉(らん・ぎょく ?−1393)

>>4麾下の将軍。軍事的功績は高く、また洪武帝の子や孫の外戚にもなっていたが
傲慢で粗暴なふるまいが多く、謀反の首謀者として処刑された。これは「藍玉の獄」
と呼ばれる大粛清に発展し、多数の犠牲者を出した。

「あいだま」と読むと、染料や石の名前になる。

「く」

8 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 22:51:44 0
クサンティッペ

古代ギリシアの哲学者ソクラテスの妻。
悪妻であったとされ、数々の逸話が残されているが、
それらが事実であったかは疑問視もされている。

「ペ」

9 :世界@名無史さん:2005/07/02(土) 23:07:55 0
ペルシア人の手紙

モンテスキューが匿名で著した書簡体小説。1721年。
2人のペルシア人がフランス旅行での見聞を故国の知人に報告しているうち、
復書簡により故国で起こっている反乱の知らせを受ける、という展開。
複数の人物による書簡、という体裁をとることで多様な表現方法を実現せしめ、
さらに主流だった娯楽小説からリアリズム小説へと文壇の方針を転換させた先駆的な作品。

「み」

10 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:01:30 0
ミルズ, ビリー(1938〜  )

北米 南ダコタ パインリッジ(松尾根)保留地出身のオグララ・スー族(ラコタ族)。十代から陸上競技で
才能を示し、数々の大会で優勝したが、差別によって表に出されなかった。1964年開催の東京オリンピックの
1万m走で、ラスト100mの競争に勝ち、28分24秒4の記録で金メダルを勝ち取った。現在、インディアンの
若者の援助組織「ランニング=ストロング」のスポークスマンを務める。映画「ロンリーウェイ」のモデル。

「ず」

11 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 00:40:48 0
ズデーテンラント

チェコ北部のドイツとの国境に接する地域。古くから多くのドイツ人が住んでいた。
ラインラント進駐(1936)、独墺合邦(1938)を果たしたナチス・ドイツが、続いて
ミュンヘン協定により1938年に併合した。第二次大戦でナチス・ドイツが敗北した後、
多数のドイツ人(約300万人といわれる)がこの地から追放された。

「と」

12 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 01:02:51 0
トバヅィスツィニ

北米 南西部 ナバホ族の神。戦いの神であり、敵殺しの神ナヤネヅガニとは
双子の兄弟である。

「に」


13 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 08:22:33 0
ニザール派

イスラム・シーア派の一派イスマーイール派の分派。11世紀末に成立。
イラン高原やシリアに要塞を構え、セルジューク朝や十字軍に暗殺を手段として対抗した。
大麻(ハッシーシ)吸引で理性を失わせて暗殺者を仕立てたと言われ、asassin(暗殺者)の
語源となった。13世紀にモンゴル軍の侵攻によって要塞は壊滅したが、インドやパキスタンでは
現在も分派が存続し、社会的影響力を有するという。

「は」

14 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 10:32:37 0
ハンサム=レイク (1735?〜1815)

スガニャダイヨ(素敵な湖)。 北米東部 イロコイ連邦セネカ族の預言者。コーン=プランター(カイイオントワコン)
酋長の親違いの兄。長患いの末、1800年に啓示を受け、キリスト教の影響を受けた新宗教倫理を説き始めた。
それは伝統保持と共に白人文化を取り入れ、農耕生活を推進するもので、反白人主義のレッド=ジャケット
(セゴウェワサ)酋長や、白人宣教師とは対立したが、この新宗教はイロコイの間で絶大に支持された。

「く」


15 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 11:14:09 0
クールラント

ラトヴィア西部の旧称。バルト系のラトヴィア人が古くから居住していたが、
13世紀にドイツ騎士団領になって以来、ドイツ人(バルト・ドイツ人)の支配を受けた。
ドイツ騎士団の解体後、ポーランド=リトアニア王国の宗主権下でクールラント公国が
成立したが、ロマノフ家出身の公妃アンナが1730年にロシア帝位を継承した後は
次第にロシアの影響力が増し、1795年の第3次ポーランド分割でロシアに併合された。

「と」

16 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 12:16:53 0
トラゾルテオトル

南米 アステカの女神。 糞食の神であり、汚物、性的な意味を含めての穢れと浄化の神である。

「る」


17 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 14:08:09 0
ルイ・フィリップ(1773-1850 在位:1830-1848)

フランス王。ブルボン家の分家であるオルレアン公家の当主であったが、
ブルボン朝最後の王シャルル10世が1830年に七月革命でイギリスへ亡命した後、
大商人をはじめとする実力者によって国王に擁立された。
これは七月王政と呼ばれ、またオルレアン朝と呼ばれるが、ルイ・フィリップ自身もまた
1848年の二月革命でイギリスへ追放され、オルレアン朝のみならずフランスの王政
そのものが終焉した。

「ぷ」

18 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 20:01:16 0
プエルトリコ

アメリカ合衆国の自由連合州。
スペイン領だったが米西戦争でアメリカの自由連合州に編入。連邦税免除と引き換えに選挙権はなし。
本土への出稼ぎは昔から多く、芸能・スポーツ界では歴史に残る大物を輩出してきた。

「こ」

19 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 21:54:01 0
コーン=プランター (1740〜1836)

カイイオントワコン(トウモロコシを植える者)。 北米 東部ニューヨーク州 イロコイ連邦セネカ族の酋長。
父は白人。独立戦争で英国側に味方し、1784年のスタンウィックス要塞条約に調印して、アレゲニー川
周辺の父祖の土地を白人に売り渡した。1791年の「セントクレアの敗北」では、ワシントン大統領に請われて
イロコイ代表団を率い、ショーニー連合との仲介役を務め、その功による年金で余生を送った。>>14
ハンサム=レイクの支持は得たが、レッド=ジャケット(セゴウェワサ)酋長からは白人の回し者呼ばわりされた。
彼の埋葬地は1964年になって、保留地ごとダムに水没させられ、このため墓を動かさねばならなかった。

「た」

20 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 22:37:08 0
太陽王(たいようおう)

フランス国王ルイ14世の異名。
自らバレエを舞うのを得意とした若き日のルイ14世が好んで演じたのが
「太陽」(太陽神アポロン)であったことから、この名が称されるようになった。
「太陽」役での初舞台は1653年。当時ルイは14歳、即位から10年を経ていた。

「う」

21 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 23:17:27 0
ウー・ソー

20世紀ビルマの政治家。元弁護士で、サヤーサンの乱における首謀者の弁護で注目される。
愛国党から農林相、さらに首相に就任し、第二次大戦後のビルマ独立に向け尽力するが、
イギリス主導の独立を主張するアウン・サンとは次第に対立、
1947年にアウン・サンが暗殺されるとその首謀者として処刑された。

「そ」

22 :世界@名無史さん:2005/07/03(日) 23:35:25 0
痩金体(そうきんたい)

宋代最高の文人・画人であった(が為政者としては不適格だった)
北宋の第8代皇帝・徽宗が生み出した独特の書体。
徽宗の号である「痩金」にちなんでこの名で呼ばれる。

「い」

23 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/04(月) 00:13:52 0
イオラニ宮殿

1883年に建造されたビクトリア様式のハワイ王国の宮殿。
コンクリートが使用され電話も据付られていた
ハワイ語で「王者の鷹」の意。

「に」

24 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:18:47 0
イシハ

明の宦官。>>4のセガレ・永楽帝に仕えた。
海西女直出身で満洲・沿海州方面の統治に任ぜられ、
アムール河口近くに奴児干(ヌルカン)都司を設置。交易や防衛の拠点とした。
のち女真族がオイラートと通じて明を攻めるとの噂により、内通の疑いで任を解かれる。

「は」

25 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 00:24:02 0
遅れてた・・・orz
>>23から

ニール・アームストロング

米国の宇宙飛行士。アポロ11号に搭乗し人類初の月面着陸を達成。
「この一歩は小さな一歩だが、人類にとっては偉大な一歩だ」は今も名言。

「ぐ」

26 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 01:14:47 0
グリージー=グラス川

北米 モンタナ州ビッグホーン渓谷を流れる小川。周辺に油っぽい草が生えていて、こういう名になった。
1876年6月25日の日曜日、ここで野営していたスー、シャイアン、アラパホーの大集団約2500名を、
カスター隊長率いる米国第七騎兵隊が奇襲した。正午過ぎに始まった戦闘は、夕方までに終わり、
カスター以下200数十名は残らず地獄へ転がり落ちた。(=リトル・ビッグホーンの戦い)
白人はこの川を「リトル・ビッグ・ホーン川」と呼びたがるが、インディアンはその名を使いたがらない。

「わ」


27 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 01:15:08 0
訂正>>19 「独立戦争で英国側に味方し」=「独立戦争で英国人入植者側に味方し」


28 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 02:17:53 0
ワシントンD.C.

アメリカ合衆国の首都。D.C.はThe District of Columbia(コロンビア特別区)の略。
政治的配慮から合衆国の北部と南部の中間に建設され、1800年に首都となった。
市民には1961年に大統領選挙の選挙権が与えられ、1974年に初めて市長の公選が
行なわれた。上下院議員の選出権は今なお与えられていない。
1982年に住民投票で州への昇格が可決されたが、連邦議会はこれを認めていない。

「C」

29 :世界@名無史さん:2005/07/04(月) 22:02:31 0
CTBT(Comprehensive Nuclear Test Ban Treaty)

包括的核実験禁止条約。
地下・水中・地上・空中・宇宙空間、あらゆる種類の核実験を禁止する国際条約。
1996年6月に国連総会で採択されたものの、米中印、北朝鮮など批准を渋る加盟国いまだ多く、発効に漕ぎつけぬまま今に至る。

「T」

30 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 00:08:16 0
TVA

テネシー渓谷開発公社。F・ルーズベルト大統領によるニューディール政策の一つ。
テネシー川流域の7州に26ものダムを建設し、治水と発電の振興をはかった地域域総合開発計画。
この政策から30年余で合衆国の発電量は60倍に、土地生産力も5倍以上に膨れ上がり、
また不況対策としても10万人以上の失業者を救済したとされる。

「A」

31 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 00:24:33 0
AK−47

アブトマット・カラシニコフ47(Avtomat Kalashnikov-47)の略。
1947年にソビエト軍が制式採用した歩兵用小銃、アサルトライフル。
カラシニコフは開発リーダーの名前。AK−47やその発展型の銃を総称して
カラシニコフ銃、カラシニコフ突撃銃ともいう。信頼性の高さと扱いやすさが特長。

「47」

32 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 01:00:33 0
47氏

ファイル共有ソフト「Winny」の開発者。
2ちゃんねるでのレス番からこの名で通るようになった。
2004年5月、著作権法違反の容疑で京都府警に逮捕された。

「し」

33 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 01:07:18 0
↑これは世界史ネタではないよね。 でもこれ以外の答えはあるんだろうか。

34 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 01:15:18 0
数字自体が反則。「A」から仕切りなおすべき

35 :34:2005/07/05(火) 01:16:23 0
あ、数字2桁が、ってことね。


36 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 02:12:53 0
では「A」から・・・

Aトレイン

アメリカ、ニューヨークを走る列車。カウント・ベイシーのジャズナンバーでお馴染み。

「いん」

37 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 03:23:18 0
インドラ

帝釈天。戦と仏法を守護する、アーリアの神の1人。
バラモン教では最高神であったが、ヒンドゥー教に取り込まれて八護世神の一人となった。
雷が擬人化されたもので、錫杖を持ち、象か二頭立ての馬車を駆る姿で描かれる。
「リグ・ヴェーダ」に収められているうちの1/4もの讃歌がこの神に捧げられている。

「ら」

38 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 21:28:07 0
ラブロック,ジェームズ=E.

英国の生物学者。1960年代にNASA(米国航空宇宙局)に招かれ
火星生命探査プロジェクトに従事。研究の過程で「地球自体に恒常性維持の意志があるのでは」との
仮説を提唱。著書「地球生命圏」にて「ガイア仮説」として世に知られる。
現在、生態系の総体としての表現で地球を「ガイア=ギリシア神話の地母神」と称するのはこの人が元祖。

「く」

39 :世界@名無史さん:2005/07/05(火) 23:32:16 0
クナピピ

豪州 北部地域部族の神。 人間を殺し、食う恐ろしい女神である。グナピピとも呼ばれる。
イーグル・ホークの神によって退治され、腹を裂かれて犠牲者を取り返された。

「ぴ」

40 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 00:21:28 0
ピサの斜塔

イタリア、トスカーナ地方の都市ピサの大聖堂の鐘楼。観光スポットとして有名。
1173年に着工、14世紀後半に完成。その間、13世紀にはすでに傾斜していることが判明していた。
その後も傾斜が進み、対策が講じられてきたが、現在は傾斜の進行が止まっているという。
ガリレオが自由落下の実験を行なったという逸話があるが、弟子の創作だとも言われる。

「う」

41 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 02:43:15 0
ウクバ・ブン・ナーフィ

7世紀ウマイヤ朝のマグリブ総督。わずか7年間でエジプト〜チュニジア間を征服した名将。
カルタゴの南に軍事都市カイラワーンを建設し、そこを拠点に北アフリカ征服を目論んだが
モロッコまで到達してその先で大西洋に臨み、このように嘆いて諦めたという。
「アッラーよ御照覧あれ!もしこの大海原の無かりせば、
 あなた様への献身の証として、いくらでも軍馬を進めたものを!」

「ふぃ」

42 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 20:41:56 0
フィッツロイ家

17世紀から続くイングランドの貴族。
始祖はイングランド王・チャールズ2世に遡り、グラフトン公として現在11代目の
ジェームズ・オリバー・チャールズが存命。

「け」

43 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 21:36:00 0
ケン・アンロ

ジャワの王。13世紀にクディリ朝を滅ぼし、シンガサリ朝を開く。
あくどい手段を用いすぎたため、5年後に暗殺される。
ケン・アンロとは「万物を覆すもの」という意味。

「ろ」

44 :世界@名無史さん:2005/07/06(水) 23:09:05 0
論語(ろんご)

孔子と弟子たちの言行録。戦国時代初期から編纂が始まり、漢代に成立した。
四書の1つとして、儒教の中心的経典となっている。

「ご」

45 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 00:32:05 0
伍子胥(ご・ししょ)

春秋楚、後に呉に仕えた家臣。
楚王の讒言で命を狙われ出奔、呉に亡命し夫差に仕える。
大功を挙げるがまたもや讒言を受け悲憤の内に自刎。

「しょ」

46 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 00:46:41 0
ショーヴァン

ロマン派の戯曲作家・コニャールの作品「三色の徽章」に登場する兵士。
ナポレオンを崇拝する、狂信的ともいえる愛国心の持ち主として描かれる。
ナショナリズムでもって異民族や他国の圧力に抵抗すること、
あるいは国内の不満を他国への怒りに転化させそらそうとすることを
「ショーヴィニズム(排他的愛国主義)」と呼ぶのはこれに由来している。
ちょうど、幕末期の日本の攘夷運動や現代中朝韓の反日教育がこの「ショーヴィニズム」。

「n」

47 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 00:57:51 0
ノートン, ジョシュア=アブラハム(1818〜1880)

北米 19世紀アメリカの皇帝。ロンドン生まれ。南アフリカで投機に失敗して、一発当て込んで
サンフランシスコに移住し、商売で成功して名士になった。が、1853年に穀物相場で失敗し、破産。
1858年に自ら「アメリカの皇帝である」と宣言し、就任。羽毛を飾ったシルクハット、帯刀、軍服で
市内を闊歩した。マーク=トウェインという作家が、彼をモデルに「ハックルベリー・フィン」という
小説を書いた。21年後、路上で崩御。その葬儀には、知人を筆頭に、3万人の参列者を数えた。

「と」or「n」


48 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:05:15 0
Nkrumah, Kwame(ンクルマまたはエンクルマ、クワメ)

アフリカの独立運動の父と呼ばれる。
ガーナの独立運動を指揮し、独立後は初代大統領に就任したが、
外遊中にクーデターで失脚した。

「ま」or「h」

49 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:11:20 0
フパ族

北米 カリフォルニア北端で、同州最大のフパ谷保留地に原住するアサバスカ系漁猟民。1828年に
初めて白人と接触。「フパ」は、トリニティー(三位一体)川と白人が読んでいる川の名前。鮭、どんぐりが主食。
女性のシャーマンが啓示を得るために、山森に一人で分け入り、何日もさまよう習俗がある。

「ぱ」

50 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:49:27 0
パンチャシラ

1945年独立時に制定されたインドネシア共和国憲法に定められた五大国是。
根本理念「多様性の中の統一」を支えるパンチャ(5つの)シラ(法)。
唯一神の信仰、国家の統一、人間性の尊重、社会主義、民主主義の五つ。

「ら」

51 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 01:59:50 0
ラハイナ

ハワイ・マウイ島の西海岸にある街。
ハワイがアメリカに併合されホノルルが首府になるまでは、ハワイ王国の首都だった。
日照りが多い土地であったといわれ、「ラ・ハイナ」は現地語で「狂った太陽」の意。

「な」

52 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 11:50:49 O
ナイル川

エジプトの文明をはぐくんできた母なる大河。流域面積ではアマゾン川に譲るものの、長さでは世界一である。
年に一度は氾濫し、上流から肥沃な土を運んでくる。このためにエジプトは長らく小麦の大産地であった。
『エジプトはナイルの賜』と言われた所以であろう。


るorわ

53 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 18:31:23 0
ワリ帝国

ペルー中部に7〜10世紀頃栄えた帝国。
モチーカ文化を継承発展させたワリ文化を基盤に、南のティアワナコと勢力を二分した時期も。
後世のインカ道の原形とみられる長距離道路網の敷設が名高い。

「り」か「く」

54 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 21:46:44 0
リュリ、ジャン=バティスト(1632 フィレンツェ − 1687 パリ)

17世紀後半、>>20時代のフランスを代表する作曲家。>>20に見いだされて重用され、
当時のフランスの音楽界で支配的な権力をふるい、さらにはヨーロッパ中に影響を及ぼした。
当時まだ指揮棒はなく、指揮杖と呼ばれる杖で床を叩いてテンポをとっていたが、
リュリは自作を演奏中に指揮杖で足を傷つけ、それがもとで死亡した。
この話は指揮者の歴史を語る際に決まって持ち出されるエピソードである。

「り」

55 :世界@名無史さん:2005/07/07(木) 23:40:27 0
麗玉(リョオク)

古朝鮮の女流詩人。彼女の詩は最も古い朝鮮の漢詩と言われている。
残っているのは「コンフイン」という詩だけ。
内容は『老いた男が河に飛び込む。妻は呼び止めるが夫は死んでしまう。
妻は一曲歌い、河に飛び込む」。

「く」

56 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 00:19:36 0
クグェネ

北アフリカ ナイジェリアのイソコ族の最高神。
拝んでもどうしようないくらい、非常に遠いところにいる。

「ね」

57 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 09:03:12 0
ネクラーソフ

19世紀ロシアの詩人。青年時代の赤貧生活をもとに、
虐げられる民衆や農民の悲哀を綴った作品が多い。
代表作は「詩人と市民」「正面玄関での瞑想」「ロシアの女たち」など。
雑誌「現代人」の編集者でもあり、革命的民主主義の代表者として名高い。

「ふ」

58 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:38:26 0
フス、ヤン(1369〜1415)

ボヘミア出身の宗教改革者。プロテスタント運動の先駆者。
コンスタンツ公会議で異端とされ、焚刑にされたが、その後フスの支持者である
フス派が起こした反乱は、フス戦争と呼ばれる大規模な戦乱に発展した。

「す」

59 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:19:40 0
スカイ=チーフ

チラワフット=ラシャー(空の酋長) 北米 大平原部族 ポーニー族の有名な大酋長。19世紀、
ポーニー族は宿敵スー族を打倒すべく、白人政府と連合。スカイ=チーフは部族の戦士を米陸軍に
斥候として提供し、また大陸横断鉄道建設工事を護衛させた。1873年、その見返りに南ネブラスカで
バッファロー狩りを許され、その最中、スー族の大集団による襲撃を受け、米軍が救出に来る前に、
部族戦士約150名とともに戦死した。 待ち伏せの場所は「皆殺しの谷」として知られる。

「ふ」


60 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 01:13:13 0
ファラオ

古代エジプト王を指す通称。「大きな家の住人」の意。
生きている間は国家神ホルス、死ねば冥界の王オシリスとして敬われたが、
オシリスは降雨の神でもあり、降雨はエジプト人民の生命を左右する、という考え方から、
時に老いたファラオは殺されなければならないこともあったという。

「お」

61 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 01:23:42 0
オコノストータ(1715?〜1809?)

北米 チカマグア=チェロキー族の戦争酋長。大戦士ドラァギング=カヌーの父で、アタクラクラ酋長の盟友。
フレンチ=インディアン戦争で英国側に味方して、1773年にはチャールストン・クラブのメンバーにまでなった。
1775年の土地割譲条約に反発して宣戦布告、しかし1776年、チェロキーは敗れ、大酋長の座を追われた。
失意の中、身を持ち崩し、死ぬまでの30年近くは飲んだくれのアル中だった。

「た」

62 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 04:38:00 0
タシュケント

ソ連時代からのウズベキスタンの首都で中央アジア最大の都市。
テュルク語で「石の町」を意味する。古くからオアシス商業都市として栄えたが、
19世紀にロシアの支配下となり、トルキスタン総督府が置かれて
ロシアの中央アジア支配の拠点となった。

「と」

63 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:26:17 0
トモチチ(1650〜1739)

北米 南東部 ヤマクラウ・クリーク(ムスコギー)族大酋長。「飛び上がる者」の意。別名「ヤマクラウの王」。
ジョージア州が1733年に設立されたとき、英国人入植者と平和条約を結んだ。 1734年、甥や妻、他数人の
部族代表団とともに訪英。国を挙げてのもてなしを受け、ジョージ二世王、キャロライン女王、カンタベリー
大司教と会う。 様々な貿易上の取引を交わし、18世紀の両国の繁栄の基礎を築き、死後はジョージアに
記念碑が建った。インディアンがまだフェアな取引を白人と交わせた時期の、幸福な指導者といえる。

「ち」



64 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 09:44:48 0
チチハル

黒龍江省第2の都市で、同省西部の政治・経済・文化の中心地。
清代には黒龍江将軍が駐在し、また清末に黒龍江省が設けられると省都となるなど、
この地方の中心都市として栄えた。東清鉄道が建設されるとハルビンが急速に発展し、
中華人民共和国成立後に省都が移った。

「る」

65 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/10(日) 13:31:27 0
>>51
ホノルル遷都(1850)はカメハメハ3世の時です。

ルナ

ハワイのサトウキビ農園での労働者監督。
ポルトガル人移民が多く雇われた。
労働争議では真っ先に復讐の対象になるほどの職業態度だった。

「ナ」

66 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 20:53:18 0
ナーナク

シク教の開祖。ヒンドゥー教の信愛思想とイスラム教の神秘主義の両方に影響を受け、
ヒンドゥーでもイスラムのどちらでもあり、またどちらでもない宗教を説いた。
伝導の方法もそれを如実に表したもので、ヒンドゥー教徒の貧民とイスラム教徒の楽師を伴い、
説教ではなく詩と歌で教えを説きながら各地を回った、とされており。
その詩と歌を集めたものがシク教の聖書「グラント・サーヒブ」である。

「く」

67 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:15:28 0
クロウ=キング (1835〜1884)

カンギ=ヤタピ(烏の首領) 北米  ハンクパパ=スー族の英雄。1870年代〜1880年代にかけ、
ハンクパパ=スー族の戦争酋長を務めた。>>26のグリージーグラス川での戦いでは、バンドの戦士80人を
率い、クレージーホースとガル酋長を援護し、南方から第七騎兵隊を追い詰めた。シッティング=ブルのもと、
ハンクパパ族のカナダ亡命に同行したが、数ヵ月後にスーの国へ戻って白人軍に逮捕された。

「ぐ」

68 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:35:54 0
グナイゼナウ

18世紀後半〜19世紀初頭のプロイセン軍で活躍した名将。
ティルジットの和約が成立するまでコルベルク要塞を防衛し通す、という偉業を成し、
さらにプロイセン解放戦争、ライプツィヒの戦い、ワーテルローの戦いでは
参謀兼実質的指導者の役割を演じてナポレオンさえも破ってみせた。
その後職を辞し一部将としてポーランド蜂起の鎮圧に赴くが、コレラで陣没する。

「う」

69 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:35:33 0
ウルポカ

南方 フィジーの魔神。 悪魔である。創世期に神と覇権争いをして、その首を切り落とされた。
下界に落ちた首は今も転がり続け、人が眠っていると足に喰らいついてくる。

「か」

70 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 18:41:08 0
カレイツイ

朝鮮系ロシア人の称。古くは李朝末期に越境開拓民として沿海州に移住した集団に遡る。
第二次大戦時に18万人以上が中央アジアへ強制移住、沿海州へは立ち入り禁止に。
現在ではウズベキスタン・カザフスタンに多く住み、政財界にも多い。

「い」


71 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 00:20:34 0
イルストラード

18世紀後半、フィリピンに育った新興勢力。
スペイン人やポルトガル人との混血が多く、土地を所有し権力を握った。
フィリピン革命の鍵を握ったのもこの層。

「ど」

72 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 00:32:24 0
ドドマ

タンザニアの法律上の新首都。ゴゴ語で「ゾウが踏み均した地」の意。
1996年にインド洋岸の旧首都ダルエスサラームから高原中央部のドドマに遷都決定。
現在立法府の議事堂が移転済みだが、残りの官庁は旧首都ダルエスサラームに今も残る。

「ま」

73 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 00:55:40 0
マシュー=キング (1902〜1989)

北米 オグララ=スー族(ラコタ族)の伝統派長老、宗教的指導者。スー族の伝統、宗教の保持、
伝承に力を注いだ、20世紀スー族の偉人。「高貴な赤い人」というラコタ語の名前を、白人が「王様」と
誤訳して「キング」という名になった。60〜70年代の権利回復運動で、白人によるテロを受けながらも、
AIM(アメリカインディアン運動)、第二次ウンデッド=ニーを支え、また伝統を食い物にするエセインディアンを
攻撃した。晩年はインディアン古来の宗教の復興に努め、全米に平原部族のサン・ダンス(太陽踊り)を広めた。

「ぐ」

74 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 01:30:29 0
グラスゴー大学

スコットランドで最大規模かつ2番目(グレートブリテン島全体では4番目)に古い大学。
1451年に教皇ニコラス5世の認可により神学の大学として設立された。著名な卒業生に
ジェイムズ・ワット、ウィリアム・トムソン(ケルヴィン卿)、アダム・スミス、ジョン・ノックスがいる。

「く」

75 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 01:32:30 0
骨力裴羅(クトゥルク・ボイラ)

ウイグル帝国の初代可汗。可汗号はキョル・ビルゲ・カガン。
息子で第一の側近でもあった磨延啜(二代目可汗でもある)らとともに
九姓部族連合や突厥の要人を攻撃、支配下に収めウイグル帝国を建国した。
唐からは奉義王、あるいは懐仁可汗の号を賜っている。

「ら」

76 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 01:51:14 0
ラプワイ

北米 アイダホの高原地帯にあるネ=ペルセ族の保留地。白人が伝道所を置いたところで、北ネ=ペルセ族の
領土に近い。 高名なジョセフ酋長父子の属した南ネ=ペルセは、その南のウォロワ渓谷を領土とした。1863年に、
白人政府は彼らの領土26,000平方kmを、ラプワイ周辺の2600kmに縮小する新条約を提示。これに激怒した
小ジョセフ酋長は、部族を率い、絶望的なカナダ脱出行に出た。1887年にはドーズ法案で更に分割される。

「い」


77 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 02:05:51 0
インノケンティウス3世

教皇らを次々と破門し第4回十字軍を提唱。教皇権の絶頂期を迎える。
「教皇は太陽、皇帝は月である」の言葉の由来でもある。

「い」

78 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 05:14:30 0
イスマーイール派

イスラム教シーア派の分派で、過激派として知られる。
後継者の指名を取り消された第六代イマームの長子・イスマーイールを正統として
シーア派から分裂した宗派で、ファーティマ朝の国教であったことでも知られる。
今なおスンナ派と激しくしており、信者は東アフリカや中東の一部、南アジアに多く分布する。

「は」

79 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 12:34:08 0
ハプスブルク家。

オーストリアの超名門。
マリア=テレジアやらマリー=アントワネットが有名。

次は「け」

80 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 20:31:19 0
荊軻(けい・か)

戦国時代・燕の刺客。
太子丹の命を受け秦王政暗殺に赴く。送別の日に詠んだ漢詩
「風蕭蕭として易水寒し、壮士一たび去って復還らず」で知られる。
秦王政に謁見し匕首で命を狙うが果たせず、秦に客死。

「か」

81 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 21:24:08 0
カルマル同盟

1397年にデンマーク・ノルウェー・スウェーデンの3王国で成立した同盟。
デンマークを盟主とする一種の同君連合だったが、デンマークによる他2国の
支配というのが実態だった。1523年にスウェーデンが独立して同盟は崩壊したが、
ノルウェーはその後も4世紀あまりの間デンマークの属国にとどまった。

「い」

82 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 21:41:16 0
イリュリア語派

印欧語族の一派。全語派中もっとも謎が多く、歴史資料も極めて乏しい。
隣接する古代ギリシャの文献に間接的に登場する語句が主。
現存するアルバニア語が後裔とされるが、固有語彙は数百語しか残存しておらず、
古代イリュリア語との関連性も仮説の域。
一時含められたことのあるトラキア語派やフリギア語派などは、現在では別個の語派扱い。

「は」

83 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/12(火) 22:35:17 0
ハワイ・ポノイ

ハワイ王国国歌。「ハワイ国民」の意。
作詞・デイビッド・カラカウア、作曲・ヘンリー・バーガー(ロイヤルハワイアンバンド専任指揮者)
現在ではハワイ州州歌。

「い」

84 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 23:44:29 0
イザベル・エバハート

19世紀ロシア生まれの作家にして、冒険家だった女性。
アラブの男に変装し、主に北アフリカをさまよった。
イスラム教徒となり、アラブの男性結社にも入会。

「と」

85 :世界@名無史さん:2005/07/12(火) 23:58:38 0
突厥(とっけつ)

6〜7世紀頃、中央アジアに存在した遊牧民族。トルコ系とされる。
最盛期には中国北方からカスピ海まで勢力範囲を広げた。
隋に取って代わって間もない時期の唐を一時は圧迫したが、
唐や他の遊牧民族の攻撃と内紛により滅亡した。

「つ」

86 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 00:25:07 0
ツツァノー=イェーク

北米 南部大平原部族 コマンチ族の氏族のひとつ。「コマンチのバンド」の意。

「く」

87 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 00:45:59 0
クセノポン(クセノフォン)

古代ギリシアの軍人、著述家。アテナイ生まれ。ソクラテスの弟子。
軍人としてはペルシアやスパルタの傭兵となって活躍した。
著書に「ソクラテスの思い出」「アナバシス」「ギリシア史」などがある。

「ぽん」or「ふぉん」

88 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 01:30:52 0
ポンカ族

北米 ホカ=スー語族系の小規模平原部族。 ネブラスカ現住。隣接するオマハ族とは、緊密な提携関係を持つ。
平和的な部族で、スー族に食いものにされた。1858年、白人政府はポンカ族をスー族の土地に強制移住させた。
そのため戦が起こり、死者続発。1875年、そこで今度はオクラホマへ移住させることにした。多数の死者を出しての
強制行に怒ったスタンディング=ベア酋長達は、ニオブレラへ引き返すが、オマハ族の土地で逮捕され、ついにインディアン
強制移住の法的是非についての裁判を起こす。1879年、最高裁に勝訴、ポンカ族はネブラスカへ戻り、今に至る。

「か」

89 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 01:40:22 0
カシオペア

ギリシア神話の登場人物。エチオピア王ケフェウスの妃で、アンドロメダの母。
彼女が「私は海のニンフなどよりもずっと美しい」と常日頃から自慢していたため
怒ったニンフたちによりエチオピアは海神ポセイドンの攻撃にさらされる。
これを宥めるため彼女は娘のアンドロメダを海辺の岩に縛りつけ生贄にしようとしたが、
アンドロメダは通りがかった勇者ペルセウスにより助けられ、これを妻とした。

「あ」

90 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 01:48:43 0
アイアンアイズ=コディ (1904〜1999)

北米 チェロキー族とクリー族の混血の、有名なインディアン俳優。1970年〜71年にかけて放送された、
「ゴミだらけの川でカヌーを漕ぎ、涙を流す老酋長」というアメリカの公共TVCMは、高まりを見せていた
環境保護運動の火付け役となった。つねに羽根冠、革の上下、モカシンで正装。妻と二人の養子は
インディアンだった。 ところで、このアイアンアイズという人物、(本人は否定したが)実はインディアンでも
なんでもなく、イタリア移民の二世だった。 インディアン社会は彼の功績を讃え、受け入れたのだが・・・

「ディ」


91 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 04:15:01 0
ディーゼル

19世紀ドイツの機械技師。リンデの製氷機製作会社に協力したことが知られている。
専門であった内燃機関に関する研究を論文にして発表、特許を取得し、
さらにそれから5年を費やして非常に高性能な内燃機関「ディーゼルエンジン」を完成させた。
第一次大戦を控えたイギリスに招かれて渡英する途上、船から謎の失踪を遂げる。

「る」

92 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 20:09:23 0
ルネ・クレマン

幼い頃から映画に興味を持ち、カメラマン、助監督として映画界へ入る。
第二次大戦前は主に短編で活躍するが、45年にナチ占領下のフランス鉄道従業員組合の抵抗を
描いた半ドキュメンタリー映画「鉄路の戦い」が翌年のカンヌ映画祭グランプリと監督賞に輝き、
世界的に注目されるようになる。51年の「禁じられた遊び」がアカデミー外国語映画賞を受賞、
世界の巨匠となる。60年代後半からはスリラーに傾倒し、「雨の訪問者」、「狼は天使の匂い」、
「危険めぐり逢い」などがある。84年にはの武田鉄矢主演の「ヨーロッパ特急」になぜか出演している。
96年に死亡。

「まん」

93 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 20:46:31 0
マンデラ、ネルソン(1918〜)

南アフリカ共和国の黒人解放運動家、政治家。
1994年に大統領に就任し、1999年まで務めた後、政界を引退した。

「ら」


94 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 21:05:33 0
ラ・ベンタ

メキシコ・ベラクルス州のオルメカ文化期の代表的な遺跡。
前1200〜300年頃の石像、石碑、翡翠製品などが多数出土。
新大陸最古の文字記録が出土した地としても知られる。

「た」

95 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 22:46:14 0
タータン

スコットランドのハイランド地方で発達した、格子柄(タータン・チェック)を織り込んだ毛織物。
氏族(クラン)ごとに独自の柄が古来からあるというのは、実は19世紀に作られた神話である。

「たん」

96 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 23:01:19 0
耽羅(たんら)

済州島に古代から中世まで存在した王国。
百済、統一新羅、高麗に服属していたが、日本に朝貢したり、
元が一時直轄地としたこともある。朝鮮王朝の成立後、完全に併合された。

「ら」

97 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 23:32:46 0
ラジャ・カシム

マラッカ四代王の異母兄だったが、王を暗殺し王位につく。
この王がマラッカの完全イスラム化を推進。

「む」

98 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 00:05:58 0
ムハンマド(570頃〜632)

イスラム教の創始者。イスラム教では「最後にして最高の預言者」とされる。
日本では、西欧での表記に基づいたマホメット、モハメッドという表記が通用してきたが、
近年ではアラビア語の発音に近いこの表記が代わって用いられるようになってきている。

「ど」

99 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 00:20:32 0
ドラクマ

ギリシアの通貨単位。古代ギリシアで銀貨の名称として用いられていた。
ローマ支配下に入るとデナリウス銀貨が代わって通用するようになり、
ドラクマが使用されることはなくなった。近代ギリシア王国が独立すると
通貨の名称として復活し、2001年にユーロを使用開始するまで用いられた。

「ま」

100 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 00:25:57 0
マーガレット(1283〜1290 在位:1286〜1290)

スコットランド女王。先王アレグザンダー3世の王女マーガレットとノルウェー王エーリク2世の王女。
ノルウェー名マルグレーテ。後に「ノルウェーの乙女」 (The Maid of Norway)と呼ばれた。
アレグザンダー3世が44歳で嗣子なくして急死したため、重臣たちによってスコットランド初の女王に
推戴され、ノルウェー王宮にとどまったまま3歳で即位した。イングランド皇太子(後の王エドワード2世)
との結婚のためスコットランドに渡ったが、大時化による極度の船酔いのために7歳で亡くなった。

「と」

101 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 06:01:35 0
トマス・アクィナス

13世紀イタリアのスコラ哲学者で、ドミニコ会士。
アリストテレス哲学を否定し、キリスト教の思想を論理的・体系的に捉えて
その考えをもとに「神学大全」を著すが、第3部第90問題を最後に心境の変化で断筆。

「す」

102 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 19:30:36 0
蘇州碼(スーチョウマー)

華南を中心に用いられる固有の数字。
もと算木の筆写用に作り出され、明代には庶民にも広まった。
清代には琉球や東南アジアの華人社会にも伝播、現在も市井で用いる地域も多い。

「まー」か「ま」

103 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 19:52:55 0
マルスム

北米 北東森林部 アルゴンキン語族(ぺノブスコット、アベナキ、ワバナキ族他)の、邪悪の神。
マルスミス、マルスン、マルテンとも呼ばれる。 自然と環境の守護神であるグルースカップと共に、
タバルダックの手の埃から生まれ出た。悪意のかたまりであり、植物や昆虫に棘や針を与え、
人を傷つけさせるのもこの神の仕業である。

「む」


104 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 20:06:15 0
ムサイリマ

預言者ムハンマドの晩年から、雨後の筍のごとく現れた「偽預言者」のうちの一人。
ヤマーマ(現在のリヤド近郊)でラフマーンという唯一神への信仰を説き、
ヤマーマ地方の住民を完全に掌握、ムハンマドによる宗教的・政治的介入を許さなかった。
しかしムハンマドの没後、ヤマーマにイスラム教徒軍が送り込まれ、これと戦い敗死する。

「ま」

105 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 20:48:46 0
マイアミ族

北米 ウィスコンシン原住の森林部族。「半島の人達」、または「鶴の叫び」の意。1650年代に仏探検隊と接触
した際には1万人を数えた。1701年、ビーバー戦争終了後、白人にオハイオに強制移住させられ、二つに分裂。
その後のマイアミ戦争で戦争酋長リトル=タートルはショーニー連合を率いて白人を破ったが、1794年に敗れ、
インディアナ州に強制移住させられた。さらに1812年、白人が条約を破って戦争を起し、土地のほとんどを分捕られ、
1897年、インディアナでは(法的に)絶滅部族にされる。オクラホマの一派1,500人は健在だが、混血度も高い。

「み」


106 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 21:07:12 0
ミシュナ

3世紀頃に編纂されたユダヤ教の律法書。
モーゼが授かったとされる口伝律法を集大成したもの。
注釈書「ゲマラ」と併せて、のちに律法書「タルムード」が完成する。

「な」

107 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/15(金) 00:11:13 0
ナマケハ

最後のハワイ王国王妃・カピオラニ妃の前夫。
カメハメハ4世妃・エマ妃の伯父でもある。

「は」

108 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 00:11:34 0
ナレスエン

16世紀のタイの王。王子時代はビルマの人質。
帰国後即位し、カンボジアに勝ち、ビルマに戦いを挑む。
ビルマの皇太子を一騎打ちで殺す。

「えん」か「n」

109 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 00:13:50 0
108はスルーで。

>107 ハノイ

1010年からベトナムの都。

「い」

110 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 01:20:40 0
イカ=テレ=マエリ

南方ニュージーランド マオリ族の、魚たちの父たる神。 海神タンガローアの孫。

「り」

111 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 10:13:33 0
リー将軍

リー将軍は勇猛果敢、知略に富む戦術で北軍を苦しめた名将で、
戦争末期には南部連合陸軍総司令官として1865年4月9日のアポマトックス会戦で
グラント将軍と戦い降伏した。
戦後はワシントン大学の学長に就任

「り」

112 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 21:47:43 0
リボニア

現在のラトビアからエストニア南部にかけての地域の古称。
もとはフィン・ウゴル語派に属するリボニア人が住んでいた土地。
ラトビアにごく少数ながら末裔が現存する。

「あ」

113 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 22:37:54 0
アイバク

奴隷王朝の太祖。もとは商人の奴隷であったが、のちゴーリーの宮廷に召抱えられると
みるみるうちに頭角を現し、将軍としてインドの全ヒンドゥー地域をゴール朝の版図におさめた。
さらにインド方面総司令官に任命され、わずか14年間で
ヒンドゥー諸国、グジャラート王国、カーリンジャルを席巻、北インドの覇権を手中にする。
1206年、ゴーリーが暗殺され、ついに後継者として全インドを掌握、奴隷王朝を設立する。

「く」

114 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 22:54:43 0
クヤテ家

西アフリカ諸国の名家。世襲グリオ(吟遊詩人)の家系。
マリ帝国以降は皇族を輩出したケイタ家に仕えて皇統を伝え、朗誦する任を帯びてきた。
現在では楽士や祭司を兼ねる家系も多い。

「け」

115 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 00:47:51 0
ケートワー

北米 チェロキー族のバンドのひとつ。 ケトーワー、キツーワーなどとも呼ばれ、元は北カロライナの ツカセゲー川流域に
原住し、チェロキー国家の北側の警備を受け持った。19世紀初頭に白人によって、チェロキーがオクラホマへ強制移住
される際、伝統保持を任ずる秘密結社「ナイトホーク=ケートワー」となり、その後もチェロキーの伝統、言語、霊的側面を
保持し続ける。今ひとつの集団は「ユナイテッド・ケートワー・バンド」で、これはチェロキーの政治的・行政的代理人を任じる。

「わ」



116 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 02:33:28 0
ワット・タイラー

本名ウォルター・タイラー。百年戦争の休戦期、1381年にイギリスで起きた農民反乱
「ワット・タイラーの乱」の指導者。ケント州の煉瓦工だったという説があるがはっきりしない。
反乱軍は一時はロンドンを占拠し、国王リチャード2世との直接交渉で要求を認めさせるに
至った。しかしタイラーはロンドン市長に殺害され、その後間もなく反乱は鎮圧された。

「ら」

117 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/16(土) 11:10:00 0
ラバト・エル・ファテフ

モロッコ王国の首都・ラバトの正式名称。
アラビア語で「美を集める場所」の意。

「ふ」

118 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 12:35:27 0
フアニータ

1995年にペルー・アレキパ近郊の山地から出土したミイラの名。
15世紀のインカ期に15歳前後で埋葬された人身供犠の少女とみられる。
保存状態がきわめて良好なため有名になり、発見者の名にちなみこの名が付けられたもの。

「た」

119 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 13:10:39 0
タイメ

北米 大平原部族カイオワ族の、呪術用の偶像。神聖な石、神聖な鷲の羽根、鹿革で出来ていて、
夏至の太陽踊り(サン・ダンス)を執り行うのに欠かせないもの。1833年、カイオワのキャンプがオーセージ族に
皆殺しにされ、数十人の生首と一緒に、このタイメが奪われた。翌年、偉大な大酋長リトル=マウンテン
(ド=ホ=サン)の尽力により、チェロキー、クリーク、チョクトー、オーセージ各部族代表団間で歴史的な和平
会議が開かれ、ようやくカイオワはタイメを取り戻すことが出来た。この強力な呪物は現在も隔離・保持されている。

「め」



120 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 16:14:19 0
メギド

イスラエル北部の地名。戦略上の要衝だったため、古代に何度も大きな合戦の場になったという。
「ヨハネの黙示録」で「メギドの丘」が善悪の最終決戦の場として記述されたことから、転じて
「メギドの丘」を意味する「ハルマゲドン」はこの最終決戦そのものを指すようになった。

「ど」

121 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 23:12:52 0
ド=ホ=サン(1805〜1866)

北米 カイオワ族大酋長リトル=マウンテンのこと。「小さな絶壁」の意。>>119のタイメ強奪事件の後、
部族会議でアイランドマン(ド=ホ=テ)酋長が職務怠慢の責で解任され、代わって彼が大酋長に選ばれ、
その後30年以上にわたって、カイオワを率いた名将。白人との友好関係を築いたが、それも長くは続かなかった。
盟友サタンタ酋長(ホワイト=ベア)は彼の死後、こう言った。「彼は和平促進のために尽力し、何度も
話し合ったが、白人は彼にひどい仕打ちばかりを続けた。彼は非常に苦しんで死んだ。」

「さん」

122 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 01:32:36 0
サンギェー・ギャンツォ

チベットの摂政。第5代ダライ・ラマの没後15年間にわたりその喪を隠し、
6代ダライ・ラマを頂いて実質的指導者として政治的手腕を揮った。
初めホショット部と結び西チベットを制圧、次はジュガル部に接近してホショット部を一掃、と
表裏比興の知略で版図を広げたが、清朝・康熙帝の介入を受け戦死。

「つぉ」「お」

123 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 06:18:05 0
ツォ・ぺマ

ツォは湖で「ぺマ湖」の意味。インド北部、ヒマチャルプラデッシュ州にあるチベット仏教の聖地。
チベットに密教をもたらしたニンマ派開祖グルリンポチェ(パドマサンヴァバとも)は、この地を
訪れた時、王の怒りを買って火の中にくべられたが、火傷ひとつ負わず、それを見た王は
グルリンポチェに帰依したという。その際、流れ出た油がこの湖に変わったと伝えられる。

「ま」

124 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 07:14:13 0
埋蔵銅器文化

インダス文明衰退後の前二千年紀前半に北インド西半部の丘陵地に展開した文化。
多数の銅器が一括して埋納されていることからこの名称で呼ばれる。
銅斧などの一部の形状がインダス文明の銅器と類似していることから、インダス文明の影響を
何らかの形で後世のインド文明へ継承した後継文化のひとつでは、とも指摘されている。

「か」


125 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 13:20:00 0
カンパネラ 

トンマーゾ・カンパネラは、自然魔術師の中では、飛びぬけて政治的、そして活動的な人物であった。
 この時代、ルネサンス後期にあたり、ガリレイやの登場により自然科学が産声をあげ、デカルトの登場により近代合理主義の思想が芽生えようとしていた。また、プロテスタント勢力も着実に力をつけていた。
 とは言うものの、宗教裁判所は隠然たる力を持っていた時代。この時代に「魔術師&革命家」をやろうなどと、今で言えば軍事独裁国家で反政府ゲリラをやるにも等しい無謀行為だったろう。
 事実、カンパネラは、生涯の半分近くを獄中で過ごし、恐ろしい拷問を経験し、死刑を寸前で免れると言う、壮絶な一生を送った。

「ら」

126 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 13:30:15 0
↑どこかからの抽出コピペ?

127 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 13:53:20 0
>>126
すいませんでした。gooです。orz

128 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 14:05:07 0
>>127 いえいえw 年代とか入れてくれると判りやすいかな、ってね

129 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 17:50:28 0
欒大(らんだい)

神仙道にはまった漢の武帝に用いられた方術士の1人。
五利将軍の称号を与えられたが、結局は誅殺された。

「い」

130 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 18:29:49 0
イゼトベゴビッチ

ボスニア・ヘルツェゴビナの元大統領評議会議長。
ボスニャック人の自治権拡張を唱えてイスラム教によるアイデンティティ結束を掲げ数度にわたり投獄を受けたが、
ユーゴ内戦を経てボスニアの初代元首=大統領評議会議長に就任。
なおクロアチア系・セルビア系と三者で8ヶ月交替の輪番就任制度も彼の提案。現在も継続中。

「ち」

131 :世界@名無史さん:2005/07/17(日) 22:20:53 0
チ=ジェアン=クイント

中米 ハイチの国教、ブードゥーのロア(神)。 橋の下に棲んでいる横柄な精霊。 よく警官に化けている。

「と」

132 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 02:12:24 0
トレス

17世紀スペインの航海者。キロスの「南方大陸探険」の船団に参加する。
キロスが帰国してからもトレスはさらに西へ向かい、ニューギニアが島であること、
オーストラリアとの間に海峡(トレス海峡)があることを発見した。
しかしトレスは帰途に立ち寄ったマニラで死亡したため、
これらの事実が世に知られたのはトレスの死後150年以上経ってからである。

「す」

133 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 02:47:01 0
スペイン継承戦争(1702〜1713)

スペイン・ハプスブルク家の断絶後、スペイン王位を巡ってヨーロッパ諸国間で
起こった戦争。この戦争の結果、フランス王ルイ14世直系の孫フェリペ5世の
スペイン王位継承が各国に承認されたが、フランス王位の継承権は放棄されられた。
またスペインはネーデルラント(のちのベルギー)やイタリアの領土、ジブラルタル
などを、フランスは北米の植民地の一部を失った。

「う」

134 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 07:57:46 0
ウィクリフ

14世紀イギリスの司祭で、イギリス宗教改革の先駆者。
「聖界領主論」「俗界領主論」を著して教会の世俗化・資本主義化を批判し、
続いて秘蹟におけるキリストの存在を否定する「聖体論」を公表、
さらに禁忌とされていた聖書の英語訳に着手するに至り
ついには異端とされたが、彼の思想はその後の反教会主義の主張の起点となった。

「ふ」

135 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/18(月) 11:08:20 0
フラ・アーラアパパ

ハワイのフラ・カヒコ(古典フラ)のうち、
イプ(ヒョウタン打楽器)の伴奏で踊る物語的フラ。

「ぱ」

136 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 11:33:45 0
パリサイ派

ユダヤ教の一派。現在ではユダヤ教徒の大多数が属する。
神殿の存在を必要としない教義でサドカイ派と対立していたが、
ローマ属州時代のユダヤ戦争でエルサレム神殿が破壊されたのちは
現在のシナゴーグ(会堂)を拠点とする形式が広まり、以後のユダヤ教の主流派に。
新約聖書ではイエスを陥れようと画策する悪役として描かれている。

「は」

137 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 13:20:53 0
ハールン・アル・ラシード

アッバース朝第5代カリフで中興の祖。第3代カリフ・マフディーの次男。
イラン系豪族のバルマク家をうまく用いて内政を整え、
またカール大帝と結びビザンツ帝国に侵攻、朝貢を約束させる。
さらに文化面でもサラセン文化の黄金時代を築いた、アッバース朝きっての名君。
「千一夜物語」に登場する、数少ない実在人物の一人でもある。

「ど」

138 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 14:11:13 0
ドルジエフ

ロシア国籍、ブリヤート人のチベット仏教僧。
チベットのダライ・ラマ13世の信任を受け、清と英国を牽制するため
特使としてチベットとロシアの接近に奔走した。
博学にして近代化にも熱心な知識人でもあり、革命後モンゴルの言語政策にも尽力。一方でロシアの走狗との批判とも相半ばする。

「ふ」

139 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 15:42:35 0
フクバラハップ

フィリピンの反日ゲリラ組織。
タガログ語で「反日人民軍」。
主に第二次大戦直前に活動。

「ぷ」

140 :世界@名無史さん:2005/07/18(月) 22:53:03 0
プスコフ

フィンランド湾に臨むロシアの港町。
10世紀の文献に登場し、ロシア有数の古い都市。
海洋交易・軍事の拠点として中世に繁栄したが、近くにペテルブルグ市が建設されると徐々にその地位を譲り衰退していった。

「ふ」

141 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 02:24:28 0
フルンツベルク、ゲオルク・フォン

ドイツの小貴族出身の傭兵隊長。ドイツ傭兵ランツクネヒト部隊を率いて、神聖ローマ皇帝
マクシミリアン1世とカール5世の下で活躍した。あこぎな儲け主義や着服に走らず、
ハプスブルク家には忠実で、兵士の食料や武器にも気を配った。指揮官としても有能で、
「ランツクネヒトの父」と兵士たちから讃えられた。

「く」

142 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 20:05:16 0
クルルマニー

中米 カリブ諸島 アラワク族の神。蟻の頭をしており、また蟻たちの首領である。男らしさをもたらし、
またその妻クリミナは女らしさをもたらす。アラワク族は、1492年にコロンブスを発見した漁猟民族である。

「に」



143 :世界@名無史さん:2005/07/19(火) 23:14:48 0
ニンマ派

チベット仏教最古の宗派。赤い僧帽から紅帽派とも呼ばれる。
パドマサンバヴァが創始、漢人の禅宗の影響やチベット古来のボン教との習合もみられる。
歴代王朝に庇護され、歴代ダライ・ラマもこの法統を継承してきた。

「は」

144 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 00:42:50 0
ハンクパパ族

北米 スー族三大語族のうち、テトン・スー(ラコタ)に属する七つの氏族のひとつ。大酋長タタンカ=イヨタケ
(シッティング・ブル)を輩出した平原部族。「ティピーを円形に囲んだ入り口に野営するものたち」の意。
シャイアン族と多く交婚した。1877年、シッティング・ブルは部族諸共カナダへ逃亡。しかし、白人政府は彼の
権利要求をすべて却下し、4年後には部族をスタンディング・ロック保留地に幽閉した。タタンカ=イヨタケの
前例を恐れ、白人はこの部族の呪い師を徹底弾圧・殺害した。ために今も当地には有力な呪術師がいない。

「ぱ」

145 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 09:00:43 0
パンセ

パスカル(1623〜1662)の断片的な遺稿が没後に整理・出版されたもの。
フランス語で「思想」、「思考」の意味。正式な表題は
「宗教および他のいくつかの問題に関するパスカル氏の諸考察−氏の死後にその書類中より発見されたるもの」
「人間は考える葦である」など名言の数々がしばしば引用される。

「せ」

146 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 10:45:52 0
セイレーン

ギリシア神話に登場する魔物。シチリア島近くの小島に棲み、歌声で船乗りを引き寄せ殺す。
トロイア戦争から戻る途中のオデュッセウスは、自らを帆柱に縛り付けることで
セイレンの歌声に引き寄せられることなく無事にシチリア海域を通過。
これに激怒し自失したセイレーンは海に身を投げて憤死した。
「サイレン」の語源だが、セイレーンの歌声そのものは非常に美しかったと言われる。

「n」

147 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 23:11:08 0
ナルヴァ

エストニア第3の都市で北東部の工業都市。現在はロシア国境に面している。古くはデーン人が支配していたが、
14世紀にドイツ人のリヴォニア騎士団に売却された。リヴォニア騎士団の解体後はスウェーデンが支配した。
17世紀末〜18世紀初めに環バルト海諸国で北方戦争が起こり、ナルヴァの戦いでは劣勢なカール12世の
スウェーデン軍がピョートル大帝のロシア軍を破ったが、結局はロシアがこの地域を獲得し、ロシア革命後に
エストニアが独立するまで支配した。第二次大戦が始まるとエストニアはソ連に、次いでナチス・ドイツに占領され、
ナルヴァは戦場となった。戦争が終結して再びソ連に併合されると、エストニアはナルヴァより東の地域をロシア領
に編入された。また、大戦前にナルヴァの住民であったバルト・ドイツ人やエストニア人の多数が国外やシベリア
などに逃亡し、あるいは追放された。不足した人口はロシアからの入植者で補われ、彼らによって復興と工業化が
なされた。現在も住民の9割をロシア人が占め、再独立後のエストニアにおいて困難な民族問題となっている。

「う゛ぁ」

148 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 23:38:40 0
ヴァリマ=テ=タケレ

南方 クック諸島 マンガイア島の女神。この世が始まった頃に、海の底の卵から生まれた。
身体の左側から男を、右側から女を生み出し、地上へ送った。


「れ」


149 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 00:25:50 0
レーテ

ドイツの共産革命政権。ロシアにおける「ソヴィエト」と同義。
第一次世界大戦後の革命的雰囲気の中、労働者・兵士・農民らが地区レベルで作ったもので、
代表的なものとして1919年のミュンヘン・レーテがある。
この動きは1925年頃まで続いたが、いずれも地方自治政権すら奪取できず鎮圧された。

「て」

150 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 00:45:03 0
天王府

清末1853〜1864年、太平天国の首都・南京改め天京に建てられた王宮。
天王の洪秀全が造営し、庭園は広大・壮麗だったと伝わるが、天京陥落の際に
ほとんど焼失。

「ふ」

151 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 02:52:29 0
馮道(ふうどう 882〜954)

五代時代の政治家。五代第2の王朝・後唐に始まって、後晋・遼(一時的に中原を支配した)・後漢・後周と
「五朝八姓十一君」に高官として仕え、宰相の地位にあること通算20年に及んだ。

「う」

152 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 19:40:42 0
ウバイド・ザーカーニ

14世紀ペルシアの詩人。政治的な風刺詩を得意としたため
シーラーズの政府に嫌われ、後にジャライール朝の保護を受けた。
代表作は「ネズミと猫」「楽しき論文」「貴族の倫理」など。

「に」

153 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 23:11:08 0
ニザム

イスラム圏、特にトルコ〜ペルシア〜インドにかけての君主の称号。
トルコ圏では太守、インド圏では藩王と和訳されることが多い。

「む」

154 :世界@名無史さん:2005/07/21(木) 23:32:44 0
ムニカオズー族

北米 スー族三大語族のうち、テトン・スー(ラコタ)に属する七つの氏族のひとつ。ミネコンジュー族。
「流れの側で植える者」の意。 シャイアン川保留地に強制収用された。20世紀スーの偉大なまじない師、
レイム=ディアー(ターカ=イシテ)を輩出。

「ず」



155 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/22(金) 00:04:48 0
>>154
ニューヨーク付近の伝統的地名、わかりませんか?
もしご存知なら、南北アメリカIFスレの方に降臨お願いします。

ズデーデンラント

チェコの沿ドイツ国境山地地域。
ドイツ系住民が多数だったため、
チェコスロバキア解体ではドイツに併合され、第二次戦後はドイツ人の追放が行われた。

「と」

156 :世界@名無史さん:2005/07/22(金) 00:57:58 0
党錮(とうこ)

中国での派閥一斉粛清。後漢の桓帝の時代の「党錮の獄」が最も有名。
釈放後も免職にされることが多く、事実上の政界追放としてたびたび横行した。

「こ」

157 :世界@名無史さん:2005/07/22(金) 01:15:25 0
コチティ族

北米 南西部プエブロ19部族のうちひとつ。ロスアラモスの南、サンタ=フェの西に位置するケレス語系の
農耕定住部族。人口は約1500。コチティ=ダムの建設で、農地の灌漑が進み、逆に人口の流出を招いた。
1964年、部族女性ヘレン=コルデロが、伝統の語り部人形を復活させて、一躍部族の主力工芸品になった。
また、太鼓作りに関してはプエブロ一とも言われる優れた技術を誇る。

「てぃ」


158 :世界@名無史さん:2005/07/22(金) 02:15:40 0
TVA(ティーブイエー)

正式名は「テネシー川流域開発公社」。
1933年にルーズベルト政権で発足した公共事業期間機関。
ニューディール政策の一環として、米南部のテネシー川流域の総合開発を通して失業者救済や景気振興を目指したもの。
基幹事業のダム建設は特に功を奏した。

「A」か「えー」か「えい」

159 :世界@名無史さん:2005/07/22(金) 23:12:29 0
AA会議

アジア・アフリカ首脳会議の略。1955年4月18日にインドネシアのバンドンで第1回が開催された。
非白人国家のみによる初の国際会議で、日本を含むアジア・アフリカの29ヶ国の首脳が参加した。

「ぎ」

160 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 01:24:29 0
ギメ,エミール

フランスの実業家、美術商。
東洋美術に傾倒し、日本や中国の伝統美術品を幅広く収集、現在のパリ・ギメ美術館を設立。
収集のため明治期に自ら来日したことも。廃仏毀釈で流出した国宝級作品も数多く有する。

「め」

161 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 01:43:28 0
メスクワキ族

北米 アイオワで唯一領土を持つインディアン部族。「赤い土地の人々」の意。「ソーク(サック)&フォックス族」
として白人政府に認識されている二大提携部族の片割れ、「フォックス(狐)族」のこと。元はウィスコンシンに
原住した森林部族。白人に蹴散らされて、アイオワのほか、カンザス、オクラホマに分散して現住する。

「き」


162 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 10:19:16 0
金史(きんし)

元代末期に元の宰相・脱脱(トクト)をリーダーとして「宋史」「遼史」とともに編纂された正史。
この3書は出来の悪さでは定評があるものの、「金史」のみは文章の格調高さが評価されている。
これは金朝末期の大詩人・元好問が野史編纂のため収集・整理した資料を、そのままに近い形で
用いたからだと言われている。

「し」

163 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 19:44:18 0
シモン・ド・モンフォール

13世紀フランスの貴族。英王ヘンリー3世からレスター伯を授けられ渡英、
王妹と結婚し大陸遠征などで活躍して忠勤に励んだ。
しかし1258年、王に反発する貴族改革派の勢力が大きくなると
自らその指導者に収まり、王に対して政治改革案「オックスフォード条例」を突きつける。
さらに王がこれを反故にすると武力でもって王を破り投獄、自ら執政官となった。
議会を召集して民衆を味方につけようと企んだが、体制確立前に王派の攻撃を受け戦死した。

「る」

164 :世界@名無史さん:2005/07/23(土) 23:46:36 0
ルゲイラン

南方 ミクロネシアの神。 刺青、および針仕事の神である。 悪さばかりする、永遠に悪餓鬼の
ままの姿の息子、オリファット(オロファット)を持つ。

「らん」

165 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 00:28:37 0
ランカスター家

イギリス・ランカスター朝の王家名。
ヨーク家との王位継承戦争が「薔薇戦争」と呼ばれるように
家紋は有名な「赤薔薇」であるが、
最近では「どちらの家も家紋は薔薇ではなかったんじゃないか」という学説もある。

「け」

166 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 00:36:51 0
ケビン=ガバー(1956〜  )

北米 ポーニー族 弁護士、大学教授。クリントン政権下の‘97〜01、BIA(インディアン管理局)副長官を務める。
「インディアンのバスティーユ」と呼ばれ、差別と不正と腐敗の温床だったBIAで、数十億ドルに上るインディアン
基金の不正隠匿、またサボタージュを暴き、2000年、ついにBIAが百数十年にわたり行ってきた強制移住と同化
政策の犯罪性を認めさせ、全米のインディアン部族に対する、歴史的な謝罪を実現させた。(以下は彼によるその声明)
「二度と、我々は貴方がたの宗教、言語、儀式、または部族のやり方を攻撃することはありません。我々は二度と、
貴方の子供を里子に出させ、自分たちを恥ずべきものと教えるつもりはありません。」(会場は涙と拍手で騒然だった)

「ば」

167 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 00:39:41 0
ケクレ,フリードリヒ

19世紀プロシアの有機化学者。
化学式「亀の甲」でおなじみの六員分子環構造の提唱者。
蛇が尻尾を噛んでいる夢を見て思いついたとの逸話も伝わる。

「れ」

168 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 00:50:20 0
>>166から

バーブ

19世紀カージャール朝イランの宗教家。
十二イマーム派の一派から独自の教義を創始し、バーブ教を興す。
シャリーアの否定により異端認定を受け刑死。
バグダッドに逃れた門徒は後のバハーイー教を興す。
「タキーヤ=信仰の秘匿」を認めているため、現在の信徒数は把握困難。

「ぶ」

169 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 01:17:38 0
ブラック=ケトル(1800〜1868)

モケタヴァト(黒い薬缶) 北米 シャイアン族の和平派の酋長。1864年、陸軍大佐チビントンの一隊が、
白旗を掲げた彼のバンドの、無抵抗のキャンプを皆殺しにしても(サンド=クリークの大虐殺)、なおも和平
交渉を続けた。1865年、リトル・アーカンソー条約に署名したが、白人がそれを守ることは最初から無かった。
再度1867年に、メディスン・ロッジ条約の署名をのんだ。 が、1868年11月27日、悪名高いカスター率いる
第7騎兵隊によってウォシタ川そばのキャンプを無抵抗のまま奇襲され、数百人の部族民とともに皆殺しにされた。

「る」

170 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 02:07:20 0
ルイジアナ

アメリカ合衆国南部の州。1812年に成立した。元々はフランスの植民地で、ミシシッピ川流域から
カナダ(同じくフランス植民地)に達するまでの広大な範囲の総称であった。ルイ14世にちなんで
名付けられた。1762年にミシシッピ川以東はイギリス領となり、残る地域もスペイン領となった。
ナポレオンが再び取り戻したものの、財政上の理由から1803年に合衆国に売却した。
政治制度、文化など多くの面でフランスの影響が色濃く残る州である。

「な」

171 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 11:24:12 0
ナロードニキ

ロシア革命前夜の「民族主義派」。西欧式の近代化によらないロシア独自の社会主義化を掲げた。
アレクサンドル2世の暗殺も果たしたが、内紛と他派との政争に破れたが、思想は後世の社会革命党に受け継がれる。

「き」

172 :世界@名無史さん:2005/07/24(日) 12:44:24 0
岐国公主(きこくこうしゅ)

チンギス・ハーンの第四皇后。金の皇帝・衛紹王の娘。
金はモンゴルの侵攻に対して和睦をはかり、公主はその条件としてチンギスに降嫁、
チンギスは人質同然のこの公主を皇后の位に迎え、
その後度重なる金の背信行為にも彼女には責任を問うことなく丁重に扱ったという。

「しゅ」

173 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 00:26:29 0
朱熹(しゅ・き 1130〜1200)

南宋の儒学者。朱子と呼ばれる。儒教の新しい学問体系(新儒教と呼ばれる)
朱子学の創始者。生前には不遇であったが、元代以降にその教説が国家教学として
認定されるに至った。

「き」

174 :世界@名無史さん:2005/07/25(月) 23:24:12 0
キウィガパワ族

北米 アルゴンキン語族、キカプー族の正式名称。「彼は周囲を動き、今はそばに立つ」の意。
キカプー族はウィスコンシンに原住した平和的な森林部族で、>>161のソーク&フォックス族とは近縁。
200年ほど前から、白人の侵略を避けて、ウィスコンシン→カンザス→オクラホマ→テキサス→メキシコ国境と南下、
それぞれの地域に部族が分散して定住している。伝統的な生活を頑として守る部族として名高い。

「わ」

175 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 14:56:24 0
我が闘争

アドルフ・ヒトラーの著書。ナチスドイツにおける「聖典」。
基本のテーマを民族論に置き、人類を創造・支持・破壊の三つに分類。
その上でアーリア人(創造人類)の優越と、アンチ・ユダヤ人(破壊人類)を述べた。

「う」

176 :世界@名無史さん:2005/07/26(火) 22:29:51 0
宇文泰(うぶん・たい 505〜556)

中国南北朝時代の北朝・西魏の実力者で、北周の基礎を確立した人物。
先祖は遼西地方にいた鮮卑族とされる宇文氏の酋長。北魏末に起こった六鎮の乱で
次第に頭角を現し、高歓が北魏の宗室を擁立して東魏を建てると、同様に西魏を
建てて対抗した。宇文泰が西魏で整えた軍制・官制・法令は、子の宇文覚が建てた
北周を経て、隋・唐に受け継がれていった。

「い」

177 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/27(水) 00:29:55 0
イリアン

ニューギニア島のこと。
マレー系語で「日の出の地」の意。

「あん」

178 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 00:56:49 0
アンテロ

北米 ユタ州 19世紀ユテ族ユインター・バンドの和平派の酋長。1880年のワシントン条約署名者のひとりで、
1860年代後半から1870年代にかけて、ユテと白人との和平を取り持った。 その功績を称え、コロラドで最も
高い山、および高速道路合流点、貯水池に「アンテロ」の名がつけられている。

「ろ」

179 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 03:10:17 0
盧綰(ろ・わん)

漢の高祖・劉邦の下で活躍した武将。劉邦とは幼少時からの無二の親友であった。
劉邦の挙兵にも従って各地を転戦し、楚漢の争覇戦では楚軍の兵糧を断つゲリラ戦で
戦功を挙げた。劉邦が皇帝になると燕王に封じられた。晩年の劉邦に謀反を疑われた際には
直接対面して釈明すれば赦されると期待してたが、劉邦が死んで呂后が実権を握ったことを
知って望みを断たれると、匈奴に亡命し、間もなく病死した。

「わん」

180 :世界@名無史さん:2005/07/27(水) 22:44:13 0
ワンズィナ

豪州 キンバーリー=アボリジニの神。全能の創造神であり、ドリーム・タイム(天地創造の時代)に、
天の川から降り立ち、この世界と人間を創った。有能な神々が彼を助け、彼は口に出して指示する
までもなかった。(ためにこの神には口が無い) あちこちの古代洞窟に、この神が描かれていて、
イメージ的に「宇宙人」を髣髴させる姿で表されている。

「な」

181 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 00:29:16 0
南朝(なんちょう)  ※中国史

東晋の滅亡後、隋が中国を再統一するまでの時代に華南で興亡した
宋・斉・梁・陳の4つの王朝。いずれも建康(建業)に都を置いた。
これに先立つ三国時代の呉と東晋を合わせて六朝と呼ぶ。
南朝(六朝)の時代に江南の開発が一気に進み、また文化や仏教が大きく栄えた。

「う」

182 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 00:36:09 0
ウ・ヌー

ビルマの首相。イギリス支配下のビルマで国民軍を指揮して独立運動に参加、
暗殺された同志のアウン・サンを後継する形で政権を握る(暗殺の首謀者説もある)。
日本やイギリスと平和条約を結んで独立国家の成立を目指したが、
彼に反発するネ・ウィン将軍のクーデターでビルマは再び内戦に入った。

「ぬ」

183 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 00:58:25 0
ヌマ

古代王政ローマの2代目の王。市外に住むサビニ人で、ローマ市民ではなかったが、
初代ロムルス王の死後、市民たちは内紛を避けるために、賢者として知られたヌマを
王に選んだ。ヌマ王は戦争を起こさず、内政に力を注いで諸制度を整えた。

「ま」

184 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 01:24:49 0
マッサイ(1880〜1910)

「大足」の意。北米南西部 チリカウァ=アパッチの戦士。1886年に、ジェロニモとともに白人陸軍に
降伏し、フロリダのマリオン砦への流刑の沙汰となる。そこで他の部族民とともに、白人化される予定だったが、
囚人列車がカンザスに入ったところで脱走し、アリゾナへ逃れた。メスカレロ=アパッチの女と結婚し、
アリゾナとメキシコの両当局の目を逃れながら、その後20年以上もの間、白人への襲撃・略奪を続けた。
アリゾナのチリカウァ国定記念物のマッサイ渓谷とマッサイ・ポイントにその名を残す。

「さい」


185 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 01:27:30 0
>>184 訂正 マッサイの生誕年は、1850〜60頃です。


186 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 01:28:26 0
つぎは「い」じゃねえの?

187 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 01:31:21 0
そういうのもいいかなと思ったんで。 じゃあ「い」からでドゾー

188 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 01:52:55 0
イシハ     (>>24の再掲)

明の宦官。>>4のセガレ・永楽帝に仕えた。
海西女直出身で満洲・沿海州方面の統治に任ぜられ、
アムール河口近くに奴児干(ヌルカン)都司を設置。交易や防衛の拠点とした。
のち女真族がオイラートと通じて明を攻めるとの噂により、内通の疑いで任を解かれる。

「は」

189 :世界@名無史さん:2005/07/28(木) 11:40:29 0
ハーメネ=モックスモックス(1855〜1935)

イエロー=ウルフ(黄色い狼) 北米 北西高原部族ネ=ペルセ族の戦士。 小ジョセフ酋長の甥。
1877年、>>76のラプワイ保留地への移住を拒否し、ジョセフ酋長が試みた部族のカナダへの脱出に加わった。
白人が繰り出す地獄の追撃に、ジョセフがついに降伏を決めたとき、彼のバンドは>>144のシッティング=ブルの
ハンクパパ族カナダ逃亡に同行し、亡命を果たした。ルクルス=マホーター著「イエロー=ウルフ」(1940出版)の
取材に応じた直後に、ワシントン州のコルビルで死去した。

「す」


190 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 00:11:47 0
スィナーン

ラシード・ウッディン・スィナーン。サラディンの最大の好敵手で盟友。
アサシン派を率いてサラディンに挑み、2度に渡ってその暗殺を図るが失敗。
逆にサラディンの討伐を受けるが、これをマスヤーフ城での篭城で迎撃、
単身サラディンの寝所に侵入して毒のパン、毒塗りの短剣、警告文を置いて去った。
サラディンはスィナーンの指揮能力と豪胆さに舌を巻き撤兵、
のち十字軍と事を構えるに至ると真っ先にスィナーンへ同盟・助力を求めたという。

「n」

191 :世界@名無史さん:2005/07/29(金) 22:45:38 0
ナ・ピ

北米 ブラックフット族(シクシカ族)の創造神。この世を創った後、最初の女性(とても口喧しかった)に、
「これで総てなの?」と詰め寄られ、辟易したナ・ピは、「それじゃ死について賭けてみよう」と言って糞を取った。
「この糞を川に投げ込み、浮いたら四日間総ての生き物は死ぬが、その後復活し、不死となる。そうなれば
お前は喧しく言う事もなくなるだろう。が、この糞が沈めば、生き物は総て、寿命がくれば死ぬ運命となる。」
彼はそれを投げ、糞は浮いた。が、この世で最初の女は満足せず、自分でやりたがり、糞の代わりに石を
投げた。 そして、石は沈んだ・・・

「ぴ」

192 :世界@名無史さん:2005/07/30(土) 20:46:33 0
ピルグリム・ファーザーズ

1620年、メイフラワー号でアメリカへ移住した102人の分離派清教徒。「巡礼」の始祖。
現在のマサチューセッツ州プロヴィンスタウンにニュー・プリマス植民地を建設した。
貧困、寒さ、病気のため1年余りで102人のうちの半数近くが死亡したが、
新しい移民を受け入れつつインディアンから農耕・狩猟の方法を学んで街を発展させた。
アメリカ上陸に際し、41名が署名した「メイフラワー誓約」は社会契約の先駆けとして有名。

「ず」

193 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 02:37:36 0
ズィ=ツィ=スタス

北米 大平原部族 シャイアン族の正式な総称。「われら同胞」の意。
「シャイアン」は、ラコタ族(テトン・スー)の言葉で、「判り難い言葉を話す連中」の意。

「す」

194 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/07/31(日) 09:48:04 0
スティック・チャート

ココヤシの葉柄(うねり)と貝殻(島)でつくられたミクロネシアの伝統航法の海図。
実際の航海用途ではなく、航海術の教育用に使われた。
現在は土産物でしかなかったり…。

「と」

195 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 23:41:46 0
トペレアキ

南方 ミクロネシアの天地創造神。 女神ラトミカイクとともに岩の中から出でました。トペレアキは天空へ
統治に昇った。 ラトミカイクは深海に下って、たくさんの魚を生み出し、この世を創らせた。

「き」

196 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 01:19:47 0
キリル文字

主にスラブ諸語を表記するのに用いられる表音文字体系。東方正教会の宣教師キュリロスとメトディオスの兄弟が
スラブ人への布教のためギリシャ文字を元に考案したとされ、キュリロスが作った文字という意味からキリル文字と
呼ばれるようになった。しかし、彼らが実際に考案したのは、グラゴール文字という別種の文字体系であったらしい。
現在では、ロシア語、ウクライナ語、ベラルーシ語、ブルガリア語、セルビア語、マケドニア語などのスラブ諸語と、
ロシアの強い影響を受けたカザフ語、キルギス語、タタール語、モンゴル語などの旧ソ連内外の諸民族の言語に
用いられている。また、アゼルバイジャン語、ウズベク語、カラカルパク語、トルクメン語では旧ソ連時代にキリル文字
が使用されていたが、独立後はラテン文字に切り替えられつつある。

「じ」

197 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 02:59:28 0
ジェームス=マックローリン

北米 19世紀末のスー族保留地の監督官。あだ名は「白髪」。陸軍少将。シッティング=ブルを非常に
嫌っていた。ガルやその他大酋長を取り込んで、シッティング=ブルを保留地内で孤立させた。また、条約で
明示された食料衣類その他の供給を故意に滞らせ、部族民を餓死させ力を削いだ。 ゴースト・ダンス教の
指導者がシッティング・ブルだと、虚偽の報告をして、シッティング・ブル逮捕を目論み、1890年、彼を殺し、
その後のウンデッド=ニー大虐殺に導いた。 スー族にとっては地獄の番犬だった。

「りん」

198 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 20:52:44 0
リンネ、カール・フォン(1707〜1778)

スウェーデンの博物学者。動植物の分類の体系化、生物の学名の体系化などの
業績により、「分類学の父」と呼ばれる。

「ね」

199 :世界@名無史さん:2005/08/01(月) 22:35:14 0
ネロ(37〜68、在位54〜68)

ローマ帝国第5代皇帝。母アグリッピーナの画策で第4代皇帝クラウディウスの養子となり、
その死後に帝位を継承した。一説にはアグリッピーナがクラウディウスを暗殺したともいう。
暴君・暗君として名高いが、治世の前半はセネカと親衛隊長ブルスの補佐もあって、
後に五賢帝の1人トラヤヌスが称えたほどの善政であったと伝えられる。

「ろ」

200 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 00:11:56 0
ロングソード

ウィリアム・ロングソード。13世紀イングランドの騎士。ルイ9世の十字軍に参加し、
マンスーラ要塞攻略の際には先鋒を務めたロベール・ダルトワの部隊に組み込まれる。
ロングソードは本隊との合流を待つべしと主張したが、功にはやるダルトワはこれを却下、
先制攻撃に打って出るも、イスラム側の計略にかかり部隊は包囲殲滅される。
ロングソードも左脚と両腕を失いながら奮戦したが、最期は落馬したところをなます斬りにされた。

「ど」

201 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 01:48:46 0
ドゥルガー

印度 ヒンドゥーの女神。シヴァ神の妃であり、破壊と殺戮の神である。「近づきがたい者」の意。
10本の腕に得物を構え、虎に乗った姿で描かれ、インド、ネパールでは国民的人気を誇る。

「が」


202 :世界@名無史さん:2005/08/02(火) 20:13:29 0
ガルガンチュアとパンタグリュエルの物語

ラブレーの著作。フランス・ルネサンス文学の代表的作品。
ガルガンチュア・パンタグリュエルという二人の伝説上の巨人を中心に据えて展開される
荒唐無稽なファンタジー・冒険物語だが、その実新しい思想と学識でもって
スコラ学者や教会の姿勢を痛烈に諷刺しているため、後にパリ大学によって禁書とされた。

「り」

203 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 00:01:47 0
リガ(リーガ)

ラトヴィアの首都。リガはドイツ語の発音に基づく名称で、ラトヴィア語ではリーガとなる。
13世紀に都市が建設され、また司教座も置かれて、リヴォニアにおけるドイツ人の
キリスト教布教・植民・商業の拠点となった。以後、帰属の変遷にかかわらず、ラトヴィアの
第1次独立までバルト・ドイツ人の支配が続いた。
余談だが、ドイツの作曲家リヒャルト・ワーグナーは20代の頃に一時、リガの歌劇場の
指揮者を務めていた。

「が」

204 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 00:09:25 0
ガネーシャ

印度 ヒンドゥーの神。シヴァ神の息子であり、富と商い、学問の神である。シヴァの妃パールバティーの
垢から生まれた。それを知らずに帰宅したシヴァが、うっかりその首を切り落とし、とっさに門前にいた象の
首をとって挿げ替えた。それから、この神は象頭の神である。大黒様のような肥えた姿で描かれ、インド、
ネパールでは国民的人気を誇り、辻々にこの神の祠がある。

「しゃ」

205 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 03:27:12 0
シャーリプトラ(舎利弗)

釈迦の十大弟子の1人。智慧第一と称され、目連と並んで特に二大弟子と呼ばれる。
裕福なバラモンの出身だったが、釈迦の弟子アッサジを通じて釈迦の教えに触れ、
親友の目連や、それまで彼らが属していたサンジャヤ仙人の教団から信徒250人を従えて
釈迦に弟子入りした。 高弟として釈迦の信任も厚く、教団の後継者と目されていたが、
釈迦より先に病没した。

「ら」

206 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 21:18:06 0
ライムンドゥス・ルルス

13世紀、マジョルカ島出身の修道士。人呼んで「天啓博士」、あるいは「狂人ラモン」。
神秘主義に傾倒、「自分は殉教のために布教を行う」として
イスラム教徒の改宗を目標に各宗教の知識やアラビア語まで習得した。
が、その熱心な布教は煙たがられ、最期は布教中に投石を受けて死亡。列聖もされなかった。

「す」

207 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 22:04:59 0
スターリングラード

ロシアの都市ヴォルゴグラードの旧名。
1589年にタタールの襲撃に備えて築かれたツァリーツィン要塞から都市へと発展した。
1925にスターリンにちなんで改称され、南ロシアの重工業の拠点として発展したが、
第二次大戦ではドイツ軍の包囲を受け、半年以上にわたる攻防戦が繰り広げられた。
スターリン批判後の1961年に現在の名称へと改められた。

「ど」

208 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:39:33 0
ドークウィブーチ

北米 ワシントン州 スノホミシュ族の創造神。この世界を創ったが、空を低くし過ぎてしまった。
余りにも低くて、音が反響して大変だった。この世の生き物たちは相談して、「1、2、の3・・・・・・!」で
空を上へ押し上げた。 それは大成功して、空は高く持ち上がった。が、うっかりそのまま放すのを忘れ、
空に掴まったまま連れて行かれた連中がいた。 彼らは結局、翼を用意しなければならなかった・・・

「ち」


209 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 23:53:00 0
チョクロアミノト

インドネシア初の大衆政党イスラム同盟の党首。
雄弁家で4,500人の同政党を拡大(370,000〜4,500,000説まで)。
ジャワ伝説に現れる救世主の再来と言われた。

「と」

210 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 00:11:03 0
トオリル・ハーン

ケレイト部の長。チンギス・ハーンの父イェスゲイとアンダ(盟友)の誓いを結んでおり、
青年時代のチンギスにもよく力を貸して父子の誓いをするまでに至った。
が、息子サングンを中心とする反チンギス勢力や
チンギスの宿敵・ジャムカの離間策によりその仲は決裂、2度に渡って矛を交え敗死した。

「n」

211 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 00:34:14 0
ヌマカキ族

北米 北ダコタ、ミズーリ上流のマンダン族のこと。「人間」の意。1837年までこう呼ばれた。この年、
白人から天然痘を持ち込まれ、1600人の部族民を31人まで減らした。同様の近隣部族、アリカラ、
ヒダーツァと、「ミズーリ三大連携部族」を結成し、現在に至る。ピアッシングを伴うサンダンスの元祖、
「オ・キー・パ」で知られる。白人によって弾圧禁止されてきたこの儀式を、20年前に復活させた。

「き」

212 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 22:51:23 0
キケロ、マルクス・トゥッリウス(BC106〜BC43)

古代ローマの政治家、文筆家、哲学者。カエサルとポンペイウスの内乱ではポンペイウス側につき、
カエサル暗殺後はオクタヴィアヌスを支持してアントニウスと対立し、惨殺された。
その思想は、当時ローマで主流だったストア哲学に、ローマの伝統的価値観を取り込んだ
折衷的なものとして知られる。。多くの弁論が残っており、14世紀イタリア人文主義、とりわけ
ペトラルカが賞揚して以来、その文体はラテン文学の規範とされてきた。

「ろ」

213 :世界@名無史さん:2005/08/04(木) 23:38:36 0
ローラ・キーン

アメリカ人女性としてはじめて劇場を開設し、経営する。
台本を書き、監督をし、衣装をつくり、出演もした。
リンカーンが暗殺された劇場はここだった。

「n」

214 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 01:42:24 0
ネタワトウェース(1677?1686? 〜1776)

「新来者」の意。北米マンハッタン原住 レナペ族(デラウェア族)の、亀、七面鳥、狼の三つの氏族のうち、
亀一族の酋長。強制移住させられたオハイオに、1759年に、ゲケルメクペチュンク村を設立した。
英国と同盟したが裏切られ、交戦派のポンティアック酋長とともに、反白人派の預言者ネオリンを支持した。
1770年代に、天然痘からの救済を期待して宣教師を迎え入れたが、彼らの白人同化要求には反発。
死ぬまで入信を拒んだとも、晩年入信して親族にこれを勧めたとも伝えられる。

「す」

215 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 01:57:53 0
スウェーデンボリ、エマヌエル(1688〜1772)

スウェーデンの哲学者、科学者、神秘主義者。オカルトのあらゆる分野に影響を与えた。
56歳までは科学者・技師として活躍し、その功績で貴族に叙せられるほどであったが、
突如として霊的ヴィジョンに目覚め、宗教家に転身した。独特の霊視能力を用いて
霊界の様相を探り、次々と著作で発表した。聖書の独自の解釈にも取り組んで
「新教会」(スウェーデンボリ教と呼ばれる)を創始した。存命中は毀誉褒貶が激しかったが、
信奉者は徐々に増加し、「新教会」は現在でも存続している。

「り」

216 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 21:36:38 0
リープクネヒト

ドイツの政治家。社会民主党の中に左翼急進派を形成し、
国家社会主義論争や修正主義論争の中心となって名を上げた。
しかしドイツの帝国主義、戦争協力主義に不満を抱いて党を離脱、スパルタクス団を組織。
1918年のドイツ革命、1919年のベルリン蜂起を主導し、失敗して処刑された。

「と」

217 :世界@名無史さん:2005/08/05(金) 23:53:50 0
トウチョウアシントン

北米 ヤンクトネイ・スー(スー族三大語族の一派、ナコタ族を構成する4つの支族のひとつ)に
属するバンドのひとつ、ワジクテのこと。ヤンクトネイは、「最果ての小さな居住者」の意。ワジクテは
「松の木の中で射るもの」の意。同じ北ダコタのアシニボイン族は、このワジクテの分派。

「とん」


218 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 10:30:48 0
トンボー

フランス語で墓の意味。死者の思い出のために書かれた作品の表題として
特に17世紀フランス音楽にしばしば使われた。

「ぼ」

219 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 21:08:04 0
ボオルチュ

チンギス・ハーン股肱の臣である「四駿四狗」のうち「四駿」の一人。
青年時代のチンギスが馬泥棒を追っていたときに協力し、それが縁でチンギス最初の幕僚となる。
以降もチンギス第一の功臣として知勇を揮い、モンゴルの統一や金朝征伐、
中央アジアの経略などに高い功績をおさめた。晩年には「広平王」の称号を賜っている。

「ちゅ」

220 :世界@名無史さん:2005/08/06(土) 23:01:44 0
チュマシュ族

北米 カリフォルニア南部のカヌー漁猟民族。「貝殻をビーズの貨幣にする人たち」の意。茅葺家屋に住んだ。
占星術、籠作り、パン焼きかまど、美麗な洞窟絵画、チョウセンアサガオによる呪術などで知られる。伝統の
クジラ・あざらし漁は、白人の介入によって永らく途絶えている。サンタバーバラ・インディアンとも呼ばれる。

「しゅ」

221 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 00:18:52 0
シュピーリ

19世紀スイスの女流児童文学作家。敬虔なプロテスタントで、
その思想に基づく牧歌的なユーモアと少しの教訓をはらんだ作品が多い。
代表作はなんといっても作品集「子供達と子供達を愛する人々のための物語」収録の、
明るく純真なアルプスの少女を描いた作品「ハイジ」。

「り」

222 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 02:44:05 0
リシュリュー(1585〜1642)

本名 アルマン・ジャン・デュ・プレシ、枢機卿およびリシュリュー公爵。
本来は聖職者であったが、フランス国王ルイ13世の母で摂政を務めたマリー・ド・メディシスに
推挙されて政界入りした。1624年に国王によって国王首席顧問官に任命され、以後死去するまで
事実上の宰相を務め、フランス絶対王政の基礎を築いた。徹底的なマキャベリストぶりを発揮して、
三部会停止や三十年戦争への介入などを行い、王権強化と反ハプスブルク政策を推進した。

「りゅ」

223 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 07:58:47 0
リューベック

正式名称はハンザ都市リューベック(Die Hansestadt Lübeck)。
現在はシュレスヴィヒ=ホルシュタイン州に属するが、ドイツ帝国時代にはハンブルク、ブレーメンとともに
独立した邦国(自由都市)として帝国に属していた(他の2都市は現在も連邦の都市州である)。
かつてハンザ同盟の盟主であったリューベックは、ノルウェーの鱈や、リューネブルクの岩塩を用いた
塩漬け鰊の貿易で栄えたが、近世に入るとハンザ同盟とともに衰退していった。

「く」

224 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 22:32:55 0
クビライ

チンギス・ハーン股肱の臣である「四駿四狗」のうち「四狗」の一人。
モンゴル統一前からチンギスの軍の先鋒をつとめ、モンゴル帝国軍の責任者となった。
その後は西方進出の先駆けとしてカカルク族などを征伐、またチンギスの庶子の守役にもなっている。
元朝皇帝のフビライ・ハーンを「クビライ」と呼ぶこともあるが、彼とは別人であり名の表記も異なる。

「い」

225 :世界@名無史さん:2005/08/07(日) 23:26:39 0
イングリア

インゲルマンラントともいう。サンクト・ペテルブルク周辺の地域の古称。
ロシアの進出以前にはエストニアやカレリア、>>112と同様にフィン=ウゴル系の先住民がいた。

「あ」

226 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 00:01:08 0
アリゲーター(1795〜1850)

ハルパッター=ツステヌッゲー(アリゲーター) 北米フロリダ セミノール族の戦争酋長。 第二次セミノール戦争
(1835〜1842)で、高名なオセオーラ酋長らと共に、セミノール族、ミカズキ族、逃亡黒人奴隷との合同大軍団を率いて
白人侵略軍と戦い、数々の戦功を上げた。白人は湿地帯での焦土作戦に持ち込み、(このことでセミノール戦争は
インディアンのヴェトナム戦争と例えられる)1838年3月、やむなく降伏、保留地への強制移住をのむ。1843年、保留地
問題の解決を要求するために、ワシントンDCへのセミノール代表団に加わった。

「た」



227 :朱由檢:2005/08/08(月) 00:38:21 0
タゴール(1861-1941年)
インドの詩人。ベンガル文学の大家。

「る」

228 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 01:05:10 0
ルーテンドルフ

ドイツの軍人。ヒンデンブルクの参謀としてタンネンベルクで戦史に残る勝利を演出した。
しかしその後西部戦線での攻勢に失敗すると軍のやりかたを批判するようになり、
右翼グループを率いてカップ一揆やミュンヘン一揆に参加したため政府から嫌われるようになる。
1925年の大統領選挙に出馬するも落選し、のちナチスからも離党、
タンネンベルク連盟を組織したが大勢に影響を与えることができず、歴史の舞台から姿を消した。

「ふ」

229 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 22:00:21 0
夫差(ふさ ?〜BC473)

中国春秋時代の呉の王。越王勾践に殺された父・闔閭の仇を討つために、>>45や孫武(孫子)の
補佐を得て、呉を強国にした。一時は勾践を屈服させ、さらには春秋五覇の1人に数えられるまでに
なったが、勾践の逆襲を受け、敗北して自殺し、呉は滅亡した。

「さ」

230 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 22:37:04 0
サモイェード語派

ウラル語族を二分する支派のひとつ。エニセイ川からウラル山脈にかけての西シベリアが主な分布地。
源郷はモンゴルに近いサヤン山脈一帯と推定され、徐々に北西方面へ拡散した。
モンゴルに合流したナイマン部の出自をこの系統に含める説もある。

「は」

231 :世界@名無史さん:2005/08/08(月) 23:09:10 0
ハイアカ

太平洋 ハワイイ諸島の女神。 火山の女神ペレの妹。ペレは彼女が孵るまで、その卵を抱いて温めた。
ペレの使いとしていろいろ飛び回ったが、一度はペレのためにハンサムな王子を捜しに行った。悪霊の妨害で
王子の到着は遅れ、待ちくたびれたペレは怒りの大噴火を起こす・・・

「か」

232 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 00:20:19 0
カンタベリー物語

14世紀イギリスの詩人・チョーサーの著作。イギリス文学の最高傑作のひとつと言われる。
カンタベリー寺院への巡礼のため集った旅人たちが、宿の主人に
「もっとも面白い話をしてくれた人にごちそうを振舞いましょう」と言われて
それに応えるべく、巡礼への道中にめいめいが話をする、という構成。
上は騎士から下は粉屋まで、当時のあらゆる階層のユーモアを網羅している。

「り」

233 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 01:01:17 0
リーグ

ヤードポンド法の長さの単位。主に航海用。
イギリス起源で、語源はノットと同じ「結び目」の意。
英国の世界進出とともに世界に広まったものの、現在では
国際リーグ・英リーグ・米リーグで長さが不統一なこともあって使用場面は限られる。

「ぐ」

234 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 02:07:31 0
グドラトリガクゥイトル

北米 カリフォルニア北西部の漁猟民族 ウィヨット族の神。 天地創造神である。 その手に全世界を
握っている。つまり、何かの弾みで彼が拍手でもすれば大変なことになる。

「る」

235 :世界@名無史さん:2005/08/09(火) 20:38:03 0
ルカ

新約聖書のパウロの手紙のうち3つに、協力者として記されている人物。
「ルカによる福音書」「使徒行伝」の著者とされる。
ただし近代の聖書学では、これらをルカが著したという説は否定されている。

「か」

236 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 00:26:46 0
カ=アッタ=キッラ

南米 インカの神。 月の女神である。 インカ以前には、チチカカ湖周辺で崇拝されていた。

「ら」

237 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 04:23:50 0
ラングーン(・テロ)事件

1983年10月9日、ビルマ(現在のミャンマー)を訪問中の全斗煥・韓国大統領一行の暗殺を狙って起こされたテロ事件。
全大統領一行が首都ラングーン(現在のヤンゴン)にあるアウン・サン廟へ献花に訪れた際、廟の天井で爆発が起こり、
韓国側は副首相や外務部長官ら閣僚4名を含む17名、ビルマ側は4名が死亡し、負傷者は47名に及ぶ惨事となった。
全大統領自身は、乗っていた車の到着が遅れたために無事であった。韓国側は北朝鮮の組織的な陰謀であると主張したが、
北朝鮮側は韓国が北朝鮮を陥れるために起こした自作自演の事件であると主張した。同年11月4日、ビルマ政府は北朝鮮
による犯行と断定し、3人の北朝鮮軍人を実行犯として告発、2人は逮捕、1人は死亡と報じられた。この事件により、ビルマは
北朝鮮との国交を断絶、さらに国家承認をも取り消すに至った。

「けん」

238 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 08:41:01 0
建文帝(けんぶんてい 1383〜1402、在位1398〜1402)

朱允炆(しゅ・いんぶん)。明朝の第2代皇帝。>>4の長子である懿文太子・朱標の第二子で、
父の死後に皇太孫に立てられ、>>4の死後に南京で即位した。叔父(>>4の第四子)である
燕王・朱棣の反乱(靖難の変 1399〜1402)に敗れ、南京が陥落した際の混乱の中で
行方不明となった。自害したとも変装して雲南へ逃れたともいわれるが明らかではない。
代わって即位した朱棣(永楽帝)によって建文の元号と即位の事実は抹消された。

「い」

239 :世界@名無史さん:2005/08/10(水) 22:59:25 0
イヌナイナ

北米 ワイオミングとオクラホマに、南北部族が分散原住する、アラパホー族の正式名称。「われら同胞」の意。
>>26のグリージーグラス川での戦いでは、スー、シャイアンと連合して、カスター隊長と第七騎兵隊を地獄へ送った。
「アラパホー」は、ポーニー族の言葉で「貿易者」の意、またはアプサロケ族の言葉で「山を駆け下りる人たち」から
来たと言われる。平原の典型的な騎馬インディアンだった。 最近、ヨーロッパで人気の山岳滑走用の自転車に、
「アラパホー」の名がつけられている。

「な」

240 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 00:15:34 0
ナスレッディン・ホジャ

トルコの様々な民話に頻繁に登場する主人公。とんち話・ユーモア話が大半で、
かつ宗教家というキャラクターであるため、いわば「トルコの一休さん」である。
架空の人物だが、現地では15世紀頃の実在人物だと信じられており、墓も存在する。

「じゃ」

241 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 01:30:27 0
ジャック=ア=ランターン

英国 アイルランドの妖怪。 ランタン・ジャック。 神をこけにし、悪魔をひどい目にあわせた、けちんぼで
怠け者の鍛冶屋が死後、天国にも地獄にも行けずに、鼻の頭に火をともし、または提灯を下げて夜、
彷徨っているもの。 野火、狐火のこと。ウィル=オ=ウィスプ。 現代ではハロウィン祭りのかぼちゃ頭。

「n」


242 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 01:56:32 0
ネマニャ

ステファン・ネマニャ。セルビアのネマニャ朝太祖。
兄を討ってセルビア侯の位につき諸部族を統一、
ビザンツ帝国がハンガリーに目を向けている隙を狙って
南東方面に勢力拡大を行い、セルビアを確固たる国家にした。
その後も終始反ビザンツの行動をとる一方で東方正教会は保護、没後に列聖されている。

「にゃ」「や」

243 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 02:27:54 0
ニャンビ

アフリカ ナミビアのカヴァンゴ族、高地ザムベジ族の最高神。太陽と月を通じて地上に光や命を与える。
クムヌーという崇拝者がいて、ニャンビにつきまとっている。ニャンビが鋤や鍬を作ろうと鉄を鍛えるのを真似て、
クムヌーは結局、人殺しの武器を作った。 その後もストーカーまがいにクムヌーはニャンビを追い、しまいには
ニャンビは妻ナシレレとともに、蜘蛛の糸を伝って天へ逃げた。 クムヌーとその子孫は今もなおニャンビを捜している。

「び」



244 :世界@名無史さん:2005/08/11(木) 23:47:23 0
微子啓(びしけい)

微子開とも書く。殷(商)の王・帝乙の庶長子、紂王(帝辛)の庶兄。はじめ微に封じられていた。
紂王をたびたび諫めたが聞き入れられず、殷を去った。殷が周の武王によって滅ぼされ、
さらに紂王の子・武庚が反乱を起こして武王の子・成王に討伐された後、微子啓は成王によって
宋に封じられ、殷の祭祀を奉じ、遺民を統治した。

「い」

245 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 02:36:59 0
イグナシオ (1828〜1913)

北米  南西コロラドのサンファン地域生まれ。 当地のウィーミヌチェ・バンドの酋長。独裁者ユレイ酋長の
死後、頭角を現し、コロラド南部全域の大酋長となる。 寡黙だが意思の固い巨漢で、まじない師だった父親が
病人の治療に失敗して、患者の家族に殺されたとき(これ自体は珍しいことではなかった)、激昂して彼ら12人を
皆殺しにしたことがある。 コロラドにあるイグナシオという町の名は、彼に因んでつけられた。

「お」

246 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 08:57:30 0
オルガナ

チャガタイ・ハン国の第4代ハーン。2代ハーン、カラ・フラグの皇后。
3代ハーンからの復位に成功したカラ・フラグが病死したため、オルガナがハーン位に就いた。
治世はモンゴル帝国の大ハーン・モンケの意を忠実に履行しただけの傀儡であったが、
モンケの没後はチャガタイ家の主権を奪おうとするモンゴルに抵抗、
モンゴルから派遣されてきたハーン候補に自ら嫁ぐことで
先夫カラ・フラグとの子を後継者に指名させ血筋を守る女丈夫ぶりをみせた。

「な」

247 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 11:24:55 0
>>245のイグナシオは、ユテ族の大酋長です。

ナイチ (1857〜1921)

北米 南西部 チリカワ=アパッチ族の交戦派の酋長。「悪戯者」もしくは「お節介焼き」の意。大酋長
コチーズの長男・タザの弟。父と兄の立て続けの死後、1876年大酋長になり、入植白人への襲撃を続けた。
が、同じチリカワのジェロニモの指導力の前には、統治権を共有せざるを得なかった。クルック将軍の執拗な
追跡を受け、1883年に降伏。部族は不毛のサンカルロス保留地に幽閉され、ナイチは1886年、ジェロニモと
共にフロリダのマリオン砦に二年間ぶち込まれた。ジェロニモ以外のアパッチはオクラホマのシル砦に移され、
1913年、ようやく南西部へ戻り、ニューメキシコでインフルエンザで死んだ。アパッチの祭りを絵にして残した。

「ち」

248 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 12:04:42 0
チリ地震

1960年5月22日午後7時19分(日本時間1960年5月23日午前4時11分)、
チリの太平洋沖を震源として発生した大地震。地球の反対側に近い日本を含む
太平洋沿岸全域に津波が襲来した。 マグニチュードは8.5(モーメントマグニチュード9.5)と、
世界で観測された地震の中で、今もって最も規模の大きい地震。

「しん」

249 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 15:10:53 0
秦本紀

「史記」の本紀の1巻。始皇帝以前の秦の歴史を扱っている。

「ぎ」

250 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 01:56:49 0
ギゾー、フランソワ・ピエール・ギヨーム(1787〜1874)

フランスの政治家・歴史家。1830年の七月革命で>>17を国王に擁立して、
内相、文相、駐英大使、外相を歴任し、>>17時代の末期には首相を務めた。
ブルジョワジー寄りの政策で労働者の不満を招いたため、1848年に二月革命が起こり、
>>17によって罷免された。こうしたオルレアン朝期の政治家としての活躍より、
第一帝政期〜復古ブルボン期や第二帝政期の歴史家としての業績が高く評価されている。

「ぞ」

251 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 06:24:10 0
臧荼(ぞう・と)

戦国の燕の将軍だったが、秦末の反乱で項羽についたため、項羽によって燕王に封じられた。
劉邦が項羽を滅ぼして皇帝に即位した時に引き続き燕王に封じられたが、すぐに背いて代を攻め取った。
親征した劉邦によって臧荼は捕らえられ、代わって>>179が燕王に立てられた。

「と」

252 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 14:35:02 0
トラヴォワ

先史時代から近代まで用いられた運搬具のひとつ。
長い二本の棒を交叉させて結び、交叉部を家畜の背に負わせて牽引させる形式が一般的。
遊牧民がテントの柱材を用いることが多く、車輪普及以降も軽便さゆえに最近まで存続した。
中央アジアのステップ帯のほか、北米の平原インディアンも用いた。
トナカイや牛、またウマ飼育以前はイヌに牽引させていた地域もあった。

「わ」

253 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 18:20:15 0
YMCA(わいえむしーえー)

キリスト教青年会(Young Men’s Christian Association)。
プロテスタントの青年団体で、健全な環境のもと精神と肉体の発達機会を提供することを目的に
1844年、イギリスのジョージ・ウィリアムズによって創設された。
現在加盟国は90ヶ国、会員数は2300万人。日本YMCAの加盟都市は30都市、会員数は18万人。

「え」

254 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/08/13(土) 22:14:01 0
ANZAC

オーストラリア・ニュージーランド軍団の略称。
狭義には第一次世界大戦中のガリポリ上陸戦に参加した将兵を指し、
広義には第二次大戦〜ベトナム戦争に参加した将兵を含む。

「C」

255 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 22:25:07 0
エル・グレコ(1541〜1614)

クレタ島(当時ヴェネツィア領、現ギリシア領)で生まれ、スペインで活躍した画家。本名を
ドメニコス・テオトコプーロスという。エル・グレコはスペイン語で「ギリシア人」を意味する通称である。
はじめ生地でイコンを学び、のちヴェネツィア本国でヴェネツィア派の巨匠ティツィアーノに学んだ。
その後ローマを経て、1577年から没するまでスペインのトレドに定住して活躍した。マニエリスム最後にして
最大の画家といわれ、全体的に暗い画面、奇抜な構図などが特徴的である。死後は長らく忘れられた存在
となっていたが、19世紀後半から20世紀初頭に再評価され、印象派の画家やピカソらに影響を与えた。

「こ」

256 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 22:27:27 0
どうすんだ? >>254>>255のどっちにつなげる?

>>253の指定は「え」だが。でもって
>>254は「アンザック」だと思うんだが。

257 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:36:10 0
ご両人はいずこにおりゃれる!?

258 :世界@名無史さん:2005/08/13(土) 23:43:27 0
>>254 >>255
Cortés コルテス

アステカを滅ばした男。

「S」か「す」で



259 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 00:14:21 0
ストラック・バイ・ザ・リー  (1804〜1888)

パラネアパペ(リーに打たれた) 北米 ヤンクトン・スー族(ナコタ族)の高名な酋長。アリカラ族(リー族)との
戦に因んでこの名がついた。出生後まもなくに、有名な探検家のルイスとクラークによって星条旗に包まれ、
洗礼を受けたと言う伝説を持つ。 和平派代表として1837年、ワシントンDCを訪問。保留地時代に入り、
暴動後の審査機関ドゥーリトル委員会に、証人として出廷。 >>197のマクローリンらインディアン管理官の、
インディアン年金、食料・生活物資のちょろまかしと横流し、使い込み、またインディアン女性への買春に
ついて証言した。

「り」

260 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 00:45:40 0
臨安(りんあん)

杭州の南宋時代の名称。五代十国時代には杭州を中心とする呉越国が栄えていたが、
北宋が金に滅ぼされた後、南宋はここに臨安行在所を置き、事実上の首都とした。
名称自体に「臨時首都」の意味が込められているものの、華北を金から奪還することは
できず、金を滅ぼしたモンゴルに臨安を占領されて南宋は滅んだ。

「あん」

>>258
Good job!!

261 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 02:01:53 0
アンダタホウアツ

北米 ミシガン、ヒューロン湖畔原住のアルゴンキン語族、オタワ族の、ワイアンドット族(ヒューロン族)に
よる呼び名。 オタワは「交易」の意。 ミシガン、オンタリオ、強制移住先のオクラホマの三州に分散する。

「つ」

262 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 07:31:46 0
ツンフト

中世都市において同一業種の手工業者たちが作った組合。同職ギルドとも呼ばれる。経済的実力の
増大とともに自分たちの利益を守るために結成したもので、構成員の利益擁護と競争排除のため
手工業者に加入を強制して非構成員の営業を禁止し、さらに様々な規制や徒弟制度を確立していった。
また、大商人層を中心とする都市貴族に対し、ツンフト闘争を展開して市政にも参加するようになったが、
一方で次第に排他的・独占的な集団となっていった。

「と」

263 :世界@名無史さん:2005/08/14(日) 12:54:22 0
トガイ

13世紀初頭のサマルカンド総督。ホラズムのスルタン・ムハンマドの叔父にあたる。
チンギス・ハーンのサマルカンド侵攻に対し守備軍の指揮を執ったが、
頼みのスルタンからの援軍がモンゴルの謀略にかかり撤退、
仕方なく決死の出撃を行うが大敗を喫し、降伏、3万の守備兵と共に処刑された。

「い」

264 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 02:34:42 0
イース(イス)

フランス語でYs、ブルトン語(ブルターニュ地方のケルト語系の言語)でIsと綴られる。
フランスのブルターニュ地方に伝わる伝説上の都市。5世紀頃にブルターニュ半島西端の
海に面した低地に建設され、洪水によって一夜で水没したが、その後も地上にあった頃と
変わらぬ姿で海底に存在し続けていると伝えられている。

「す」

265 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 03:10:44 0
スリーピー=アイ (1780〜1860)

イシュ=ター=バ=ハ(眠たそうな目)北米 サンテ=スー(ダコタ族)の四つの氏族のひとつ、シセトン族の有名な
融和派の大酋長。マンカト(ミネソタ)の白鳥湖畔生まれ。大男で、瞼が垂れており、眠そうな顔をしていたので
この名がついた。1825、30年のド=シーン平原条約と、1836年のセントピーターズ条約の署名者。1824年に
ワシントンDCにモンロー大統領を訪問した4人の代表者の一人。また1851年のトラバース=ド=スー条約の
調印者としても知られる。マンカトにやって来た白人入植者にアドバイスをし、あれこれと条約をのまされて、
領土のほとんどを分捕られ、結局、自分たちが追い払われる羽目を招いた。1860年、南ダコタで病死。

「い」




266 :世界@名無史さん:2005/08/15(月) 21:24:23 0
イルカ

イルカ・サングン。ケレイト族長、トオリル・ハーンの嫡子。
チンギス・ハーンを庇護し手を結ぼうとする父に反発、
チンギスの暗殺をはかってまで父とチンギスの仲を裂いたまでは良かったが、
その後迎えたモンゴルとの決戦では父の命令を無視して突っ込み負傷。
味方の士気を損ねて大敗を喫し逃走、盗賊同然に流浪している途中土民に殺害された。

「か」

267 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 00:27:55 0
カーリダーサ

「インドのシェイクスピア」と称される古代インドのサンスクリット文学の大家。
カーヴィヤ(美文)文学の創始者でもあり、グプタ朝に仕えた九大文豪「九宝」の一人と讃えられる。
後世の演劇や戯曲の定番となる名作を数多く世に送った。

「さ」

268 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 00:42:06 0
サロメア・ルシェッカ

18世紀の女性眼科医。
学校には行っていないが、医師である夫から医術を習う。
離婚後、イスタンブールのハーレム専属医師となる。

「か」

269 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 01:12:38 0
カーター、ジミー(ジェイムズ・アール・カーター・ジュニア)

第39代アメリカ合衆国大統領(在任期間1977〜1981)
在任中は「人権外交」を掲げながらも大きな成果を挙げられず、逆にソ連のアフガニスタン侵攻や
イラン革命を許したが、大統領退任後にキューバや北朝鮮を訪問するなど精力的な外交活動を
展開し、「史上最高の“元”大統領」と、揶揄も込めて呼ばれている。2002年にノーベル平和賞を受賞。

「た」

270 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 01:12:46 0


伝説的な中国最古の王朝。
『史記』などの古代歴史書によると、
禹 (う) が帝舜の禅譲を受けて開いた国で、17代450年続いた。
最後の桀 (けつ) が暴君であったため、
殷 (いん) の開祖・湯王 (とうおう) に滅ぼされたと伝えられる。

「夏」は古代より夷狄に対する中国の自称としても用いられた。

従来その存在は未確認だったが、河南省偃師 (えんし) 県二里頭遺跡の発見以来、
中国では、夏・商(殷)・周3代の暦年代を整理する国家プロジェクト
「夏商周断代工程」が始まり、中国社会科学院考古研究所を中心に、
考古学者、歴史学者、古文字学者、天文学者らが5年に亘る検討を加えた結果、
2000年7月に「夏」王朝は実在したという結論に達し、
二里頭遺跡は紀元前1600年以前の夏王朝の大型古代都市跡だと発表。

「か」

271 :269:2005/08/16(火) 01:22:41 0
268→270→269ってことでいいよw

272 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 01:34:04 0
では「た」から・・・

タイオワ

北米 南西部 ホピ族の天地創造神。 創造神ではあるが、創造したのは別の創造神である。
その創造神ソツクナングを創造して、「全世界を創ってくれ、よろしく」と、後は任せっきりだった。

「わ」


273 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:33:53 0
倭寇(わこう)

一般的には、13世紀から16世紀にかけて朝鮮半島、中国沿岸部や一部内陸など
東アジア諸地域で活動した海賊、私貿易、密貿易を行う貿易商人のことをいう。
呼称に関わらず、実態は中国人が8割を占めており、次いで朝鮮人の割合が高く、
純粋な日本人は数%ほどであった。

「う」

274 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 01:20:39 0
ウィリアム=ジェントルズ

北米 19世紀の米陸軍歩哨。スー族の高名な戦争酋長、クレイジーホースを殺した白人兵。保留地に
幽閉されたクレイジーホースは、その指導力ゆえ白人側から疎まれた。1877年9月9日、司令官との会談を
口実に連行されたが、着いた場所は営倉だった。(拷問が目的だったかもしれない。)当然、クレイジーホースは
激しく抵抗したが、元・部下だった部族員と、白人兵たちに地面に押さえ込まれ、どさくさに紛れてこの歩哨が、
銃剣をその身体に突き立て、偉大なスーの戦士に致命傷を負わせた。 この一事のみで世界史にその名を残す。

「ず」

275 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 20:20:34 0
ズィヤ・ギョクアルプ

トルコの思想家。1911年に発表した詩集「トゥーラン」で
全トルコ民族主義(トゥーラン主義)を説き、「トゥーラン主義の父」と呼ばれた。
その影響を非常に強く受けたのが青年トルコ党であり、
1908年のクーデター、それに続く彼らによる政治的活動の大きな根拠となった。

「ぷ」

276 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:00:17 0
プランク、マックス(・カール・エルンスト・ルートヴィヒ)(1858〜1947)

ドイツの物理学者。量子論の創始者の1人。
1899年、プランクの定数を提出、1900年、放射に関するプランクの法則を発見した。
1918年にノーベル物理学賞を受賞。

「く」

277 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 00:36:42 0
クラツカニー族

北米 オレゴン北西部に原住したアサバスカ系の高原部族。コロンビア川付近原住のクワルヒオクワス族から
分派し、南下したもの。近辺を通過するものから物品を徴収した。18世紀末には1600人を数えたが、
白人の持ち込んだ天然痘で壊滅し、1851年には男3人女5人、1910年には3人にまで減り、絶滅した。

「に」

278 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 08:47:45 0
ニース

フランスのイタリア国境に近い南東部、プロヴァンス地方の都市。
イタリア語でニッツァ、プロヴァンス語でニッサという。1860年、サルデーニャ王国は
サヴォイアとともにニースを含む地方を、イタリア統一の承認の見返りとしてフランスに割譲した。
イタリア統一の英雄でニース出身のガリバルディは、当然ながらこの割譲に激怒していた。

「す」

279 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 22:13:38 0
スブタイ

チンギス・ハーン股肱の臣である「四駿四狗」のうち「四狗」の一人。
四狗の中でも特に武功が高く、「バートル(勇士)」と称される。
チンギスの仇敵・メルキト族の追討戦に始まり、
大西征では先鋒の一翼を担う。金の討伐やヨーロッパ遠征でもその武威を揮った。
チンギス・オゴタイの二代を最前線で支え続けた、モンゴルきっての名将。

「い」

280 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/08/18(木) 22:58:50 0
>>256-258
すいません、混乱させたようで…。

イリイリ

ハワイの石のカスタネット。
フラ・カヒコで用いられる。

「り」

281 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 01:14:22 0
李斯(り・し)

秦の宰相。楚の出身だったが、韓非と共に荀子の門下で学び、呂不韋に推されて秦王(後の始皇帝)
に仕えるようになった。呂不韋失脚後も順調に出世し、ライバルの韓非を陥れて地位を安泰にした李斯は、
法家思想に基づく政策で秦による中国の統一に貢献した。始皇帝の死後、宦官の趙高とともに二世皇帝・
胡亥を擁立したが、趙高との権力闘争に敗れて処刑された。

「し」

282 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 11:50:24 0
昭聖公主(しょうせいこうしゅ)

ベトナム・李朝のラストエンプレス。先帝で父親の恵宗からの譲位により7歳で即位する。
が、その実権は家臣の陳守度に掌握されており、彼女は即位してすぐ
陳守度の甥と結婚させられ、帝位を夫・太宗(陳朝の太祖)に譲らされてしまった。
しかも昭聖公主と太宗との間には子が出来なかったため、12年後に公主は離縁されてしまう。
後釜として王妃に入り二代目・聖宗を産んだのは、こともあろうに公主の姉であった。

「しゅ」「ゆ」

283 :世界@名無史さん:2005/08/19(金) 21:58:58 0
シュヴァーベン都市同盟

1331年、ドイツ王ルートヴィヒ4世の勧めにより、アウグスブルク、ウルムを始めとする
シュヴァーベン地方の22都市が結成して始まった都市同盟。封建貴族への対抗が
目的であり、しばしば彼らと戦った。皇帝カール4世は勢力拡大を危惧して一時団結を
禁じたが、のちに禁止令を解除し、1385年には32都市が加盟した。
1388年にヴュルテンベルク伯との戦いに敗れて勢力を失い、1389年に皇帝ヴェンツェル
(カールの子)が都市同盟を禁止して、シュヴァーベン都市同盟も解散した。

「い」

284 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 00:37:12 0
イタスプジ

北米 北部大平原部族 シャイアン族のまたの名。 ヒダーツァ族の言葉で
「ぶち模様の矢羽根」の意。 (シャイアン族は、斑の矢羽根を好んで使った)
「シャイアン」は、ラコタ族(テトン・スー)の言葉で、「判り難い言葉を話す連中」の意。

「じ」

285 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 09:12:31 0
ジェベ

チンギス・ハーン股肱の臣である「四駿四狗」のうち「四狗」の一人。
元の名をジルゴガタイといい、チンギスと戦って彼の乗馬を射殺したが投降、
この時に「矢」を意味する「ジェベ」という名をチンギスじきじきに賜った。
ナイマン部の攻略・金朝討伐に始まるモンゴルの外征の際には常に先鋒を務め、
西遼、クチュルク、ホラズム、グルジア、コーカサス、ルーシを次々と席巻。
「大陸を西向きに貫く一本の矢」とまで呼ばれたが、本国帰還の途上で病没する。

「べ」

286 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 12:33:49 0
ベッサラビア

現在のモルドヴァ共和国およびその南隣りのウクライナ領を指す名称。19世紀にロシア領となり、
第一次大戦後にルーマニアに併合されたが、第二次大戦中にソ連に占領され、南部の黒海沿岸地域
はウクライナへ編入され、残る地域はモルダヴィア・ソヴィエト社会主義共和国としてソ連に併合された。
ソ連崩壊後、モルダヴィアはモルドヴァ共和国として独立した。ルーマニアへの再統合を望む声もあったが、
独立国家として現在まで至っている。

「あ」

287 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 20:08:58 0
アイジアルク

オゴタイ・ハン国のハーン、ハイドゥの娘。名は「輝く月」の意。
長身で逞しく、男性顔負けの武勇に優れた女丈夫であったという。
父ハイドゥに「自分を武芸で負かす男のところにしか私は嫁がない」と言い、
「姫との勝負に勝てば姫と結婚させるが、負ければ馬百頭を献上せよ」というお触れを出させた。
多くの男子が挑戦したがことごとく打ち負かされ、献上された馬は1万頭を超えたという。

「く」

288 :世界@名無史さん:2005/08/20(土) 23:07:17 0
クンストカーメラ

サンクトペテルブルグにピョートル一世が建てた、ロシア最古の博物館。
自然科学から人文科学まで幅広く網羅し、特にユーラシアの民族学資料は世界屈指の収蔵数。
江戸時代に漂着し宮廷で日本語教師を努めた薩摩の漁師、ゴンザが著した最古の露和辞書もある。

「ら」

289 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 07:15:09 0
ラモー、ジャン=フィリップ(1683〜1764)

18世紀前半、ルイ15世時代のフランスを代表する作曲家、音楽理論家。
J.S.バッハ、ヘンデルと同世代に当たる。作品、音楽理論とも、後世に多大な影響を与えた。
しかし、早くから研究や演奏が行なわれてきたクラヴサン曲に対し、最も力を注いだオペラの多くは、
同時代の他の作曲家の作品のほとんどと同様、20世紀後半まで再演されなかった。

「も」

290 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 18:33:06 0
モアブ

ヨルダン川東岸から死海にかけての地域の呼称。
西岸のイスラエル王国とは異なるアンモン人などが古くから居住してきたが、
ダビデ王の治世にイスラエル領となった。
イエスの祖先の一つにモアブ人に連なる系譜が旧約聖書に登場する。

「ぶ」

291 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 19:41:06 0
ブランシュ・ド・カスティーユ

「獅子王」ルイ8世の王妃。アルフォンソ8世の娘で、欠地王ジョンの姪。
息子である「聖王」ルイ9世を溺愛し、幼くして即位した聖王を侮って諸侯が蜂起すると
摂政として息子を後見していたブランシュは自ら軍を派遣して反乱を徹底的に封じ込めた。
約10年に及ぶ彼女の摂政時代が無ければ、フランス国内が落ち着くことも
ルイ9世が名君と称され「聖王」と謳われることも無かったであろう。

「しゅ」「ゆ」

292 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 21:35:26 0
ユーグ・カペー(941〜996 在位987〜996)

カペー朝初代のフランス王。北フランスの有力貴族ロベール家の出身。956年に父・大ユーグを継いで
フランス公・パリ伯となり、987年、西フランク王ルイ5世の死でカロリング朝が断絶すると、聖俗諸侯によって
(フランス)国王に推戴された。生前に王位を事実上カペー家世襲としたが、基盤となる直轄領は少なく、
諸侯はほとんど自立していて、権力基盤は脆弱なものであった。
なお、カペー(Capet)という家名は、彼が着けていた祭服(ラテン語でcapa、英語ではcape)に由来する。

「ぺ」

293 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 21:53:05 0
ペシュメルガ

クルド人の民兵の称。クルド語で「死に赴く者たち」の意。
かつては部族社会の自衛組織として、現代では各国の武装組織の事実上の軍隊として編成。
歴代王朝に傭兵、軍人奴隷として重用された者も多く、サラディンらを輩出してきた。

「が」

294 :世界@名無史さん:2005/08/21(日) 22:08:02 0
垓下(がいか)

安徽省霊壁県東南部の平原地帯の地名。
四年に及んだ楚漢戦争終結の地。楚軍の将・項羽、この地にて敗死。
死を前に詠んだ名詩「垓下之歌」と「四面楚歌」の故事で今に知られる。

「か」

295 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 12:52:34 0
カザン

ロシア連邦タタールスタン共和国の首都。ヴォルガ川に臨む商工業都市で、水上・陸上交通の要衝。
11世紀初頭にヴォルガ・ブルガール人によって建設された。15世紀にはカザン・ハン国がここを拠点に
栄えたが、1552年にイヴァン雷帝によって占領された。1708年にカザン・ハン国は廃されてロシア帝国の
直轄地となり、カザン県が置かれた。1774年、プガチョフの乱で破壊されたが、20世紀になるとカザンは
タタール文化の中心都市として復興した。
1804年に創立されたカザン大学では、トルストイやレーニンも学んでいる。

「ざん」「N」

296 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 21:15:39 0
ザンハ

タイ系民族の伝統歌手。村落社会における語り部的存在。
祭礼の際には招魂詞を唱えるなど祭司的役割も担う。
仏教浸透以前のシャーマンの流れを継承したものとされ、仏教化が進んだ下タイ地域でも
僧侶と住み分けながら伝統儀式を司ってきた。

「は」

297 :世界@名無史さん:2005/08/22(月) 22:28:57 0
ハヌム

サライ・ムルク・ハヌム。チャガタイ・ハン国のハーン、カザン・ハーンの娘。
父が内紛で殺害された後はバルフ領の領主が持つハーレムに属していた。
1369年、ティムールがバルフを征服。チンギス・ハーンの末裔を称していたティムールは
彼女を第一皇后に迎えることで名実共にモンゴルの後継を名乗ることができるようになった。

「む」

298 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 00:04:25 0
無余(むよ)

夏王朝7代王・少康の太子。
会稽に封じられたと伝わる。

「よ」

299 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 01:57:44 0
ヨーク朝

イングランドの王朝。1461年、ヨーク公エドワードが>>165のヘンリー6世から王位を奪い、エドワード4世として
即位したのが始まり。ヘンリー6世の一時的な復位、エドワード4世没後の内紛(エドワード4世の幼い長子
エドワード5世の継承権否認・幽閉と、エドワード4世の弟リチャード3世の即位)を経て、1485年、リチャード3世が
>>165の血を引く最後の生き残り、リッチモンド伯ヘンリー・テューダー(即位してヘンリー7世)に敗死して終わった。
>>165、ヨーク家ともプランタジネット家の支流であり、広義にはこれらも含めてプランタジネット朝と呼ぶが、
リチャード3世の死でそれも終わり、以後テューダー朝が約120年、5代3世にわたって続くことになる。

「う」

300 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 10:48:48 0
ウルリッヒ

ウルリッヒ・フォン・リヒテンシュタイン。13世紀の吟遊詩人。
流浪の騎士として多くの馬上槍試合で名を挙げた武人でもあったが、
その正体は「リヒテンシュタインの領主」という当代きっての傾奇者。
代表作は「アーサー王の騎士たち」「騎士道の退廃」など。

「ひ」

301 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 11:23:57 0
ヒダーツァ族

北米 北ダコタ、ミズーリ上流のスー語族定住半農耕部族。「柳」の意。土饅頭家屋に住み、夏は
ティピーに住んだ。元はデビルズ湖、ハート川近辺に原住し、>>211のマンダン族と提携して農業を導入。
定住生活のため、白人が持ち込んだ天然痘から逃れられず、1837年に壊滅。同様の憂き目に遭った
近隣のアリカラ族、マンダン族と、「ミズーリ三大連携部族」として再起を図り、現在に至る。

「つぁ」または「あ」

302 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 19:54:53 0
アバカ

イル・ハン国第2代ハーン。チンギス・ハーンの曾孫にあたる。
庶子であったが優れた資質を持っていたため豪族衆の支持を受けてハーン位を継承する。
ビザンツ帝国の王女を娶ってキリスト教を保護、東欧諸国との提携をはかる一方で
キプチャク、チャガタイの両ハン国とマムルーク朝による大軍での侵攻は知略をもって撃退、
父で先代ハーンのフラグが為せなかった国家基盤の完成を成し遂げた。

「か」

303 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 21:08:29 0
カナガゴータ

北米 南東部部族 チェロキー族の大酋長。「立てる七面鳥」の意。 英国人入植者には「チョーテの年を喰った
希望」として知られた。チェロキーは大体において親英派で、(英国はショーニー族からチェロキーを保護した)彼も
1762年、チェロキーの代表団と共に英国を訪問している。が、それも長くは続かず、 1759年には英国人による
チェロキー女性への集団強姦を発端に戦争に発展、親英派酋長30人と、チャールズタウンへ和平交渉に向かうが、
英国軍によって逮捕されてしまった。戦争は1761年まで続いた。

「た」


304 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 23:18:51 0
高雄(たかお) ※台湾

台湾南部にある台湾第2の都市。直轄市となっている。世界で3番目に大きな
コンテナ港を有する重工業都市である。台湾先住民平埔族の部族名から「ターカウ」
(「竹林」の意味)と呼ばれた小村がこの都市の起こりである。漢字では「打狗」の
表記があてられいたが、日本統治時代に「高雄」と改められた。以来今日まで、
日本語では「たかお」と呼ばれ、中国語では同じ表記で「カオシュン」と呼ばれている。

「お」

305 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 23:37:16 0
オヴィタ・カルプ・ホビー

アイゼンハワーに任命された厚生教育長官。
アメリカの政治史で2人目の女性閣僚。

「び」

306 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 23:42:25 0
ビンガム,ハイラム

ハワイ王国生まれの米国人政治家・軍人・考古学者。
コネチカット州知事、空軍大佐など幅広く歴任し、イェール大学ペルー調査隊長として
マチュ・ピチュ遺跡を発見した功績で最も有名。
映画「レイダース」のインディ教授のモデルとされる。

「む」

307 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 00:14:50 0
ムラト1世

オスマン・トルコの第3代皇帝。初期オスマン帝国きっての名君。
先代に倣ってバルカン半島への進出をはかり、ビザンツ帝国第2の都市アドリアノープルを占領。
アジア方面へは温和政策をとりつつトラキア、セルビア、ブルガリアと東欧を次々に席巻した。
また国内でもイェニチェリの創設を行うなど、オスマン帝国の大国化への基盤を築いたといえる。
1389年、コソボ平原の戦いでバルカン諸国連合を粉砕、その戦後処理の最中に捕虜に暗殺された。

「と」「い」

308 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 00:57:36 0
イカナファスカルギ

北米 フロリダのセミノール族の、ムスコギー族(クリーク族)による呼び名。
「ポイント(岬)の人たち」の意。「セミノール」は、「いつもの住み処から離れて野営しているもの」の意。
スペイン語で「野生」を意味する、「シマロン」の転じたものとする説もある。

「ぎ」

309 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:02:54 0
禿髪部(とくはつぶ)

五胡十六国時代の鮮卑系民族。中原へ侵入した拓跋部の支派といわれる。
首長は大単于を号していた。
禿髪烏孤の代に南涼国を建国、三代にわたり黄河上流域を支配した。

「ぶ」


310 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:33:50 0
>>308から・・・

ギサルメ

11〜15世紀イングランドで用いられた武器。
記録に「長い柄に2つの斧と1つの剣を有する」とされるが詳細は未詳。
もと草刈りの農具起源で、農民の自衛用に案出されたとも言われる。

「め」

311 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 01:52:31 0
メスカレロ

北米 ニューメキシコ南中央に1873年より保留地を持つ、アパッチ族の一氏族。「ファラオン」ともいう。
メスカレロ・アパッチ、チリカウァ・アパッチ、リパン・アパッチの三つの支族から成る。スキー場や山岳ホテルと
いったリゾート経営を経済の主力としている。

「ろ」

312 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 02:01:19 0
ロリータ

ロシア生まれのアメリカの作家ウラジーミル・ナボコフの小説の題名、および
その登場人物の美少女の名前(愛称)。
小説は初版が1955年にパリで出版された(アメリカでは出版が断られたため)。
ロリータ・コンプレックス(略してロリコン)の語源となった。

「た」

313 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 02:20:41 0
タニヌー

北米 南部大平原に君臨した騎馬部族、コマンチ族のバンドのひとつ。「肝臓食い」の意。
テキサスのピース川の南を領土とした。「コマンチ」とは、ユテ族の言葉で「誰もが絶えず
私と戦いたがっている」という意味。

「ぬ」

314 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 02:37:51 0
ヌルハチ(1559〜1626 在位1616〜26)

明代末に女真(満洲)族を統一し、清の前身・後金を興してハーンに即位した。
清の太祖と呼ばれるが、国号を「大清」として皇帝に即位したのは
2代目のハーンである息子ホンタイジの代である。

「ち」

315 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 04:07:38 0
チャカ

西夏の皇帝・襄宗の娘。人質としてチンギス・ハーンに嫁ぐ。
モンゴルの侵攻に対し西夏は降伏、この降嫁もその講和条件の一つであったが、
しかし西夏は約定を違えてモンゴルへの物的・人的協力を拒否、
さらにモンゴルの仇敵である金と単独で同盟を結んだため、結局滅ぼされてしまった。

「か」

316 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 11:33:17 0
カドモス

古代ギリシアの都市国家、テーベの初代王。
フェニキア王アゲノールの息子で地中海東岸出身。神託に従いテーベを建設、
故郷フェニキアの文字を現地語向けに改良した「ギリシア文字」を考案したと伝承に伝わる。
金属元素カドミウム(Cd)の語源にもなった人。

「す」

317 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 19:44:23 0
スノリ

スノリ・スツルルソン。13世紀アイスランド最高の学者で、詩人。
学術的名声により政治にも発言権を持ち、ノルウェーとの戦争を回避するべく尽力したが、
1241年、ノルウェー王の刺客に暗殺され、アイスランドも1262年にノルウェーに占領された。
代表作は史料的要素の強い「散文エッダ」や超大作のサガ「ノルウェー諸王列伝」など。

「り」

318 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 21:11:59 0
リヴァプール

イングランド北西部の港湾都市。1207年にジョン王によってアイルランドとの貿易の拠点として建設され。
17世紀になるとアメリカ大陸や西インド諸島との貿易で急速な発展が始まり、18世紀には奴隷貿易の
中継港として栄えた。奴隷貿易が廃止された19世紀には、産業革命にともない工業製品の貿易の中心
として急速に拡大した。多くのアイルランド系住民が暮らしており、一例を挙げると、ここで誕生した
ビートルズのメンバー4人のうち3人がアイルランド系である(ポール・マッカートニーはスコットランド系)。

「る」

319 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 22:59:15 0
ル=イングレソウ

中米 ハイチのヴードゥーのロア。 峡谷の岩に棲み、彼を怒らせるものを殺してしまう。

「う」

320 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 23:49:40 0
ウーリ

スイスの州(カントン)。1291年、支配を強めようとするハプスブルク家に対抗して
シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの2州とともに同盟を結んだ。
これが端緒となって、後のスイス連邦が形成されることになる。

「り」

321 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 00:19:15 0
リンチェン

13世紀チベット、チャルパ族の長。チャルパ族はサキャ派と対立しており、
早々と元朝に屈したサキャ派の統治にも従わなかった。
そのため1277年にフビライ・ハーンによる親征を受けるが、
リンチェンは数・質で圧倒的に勝る元軍を相手に善戦。最後には屈服を余儀なくされたものの、
「チベットには坊主と文人しかいない」と侮っていた元の肝胆を寒からしめた。

「n」

322 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 03:12:11 0
ンジャメナ

中央アフリカのチャド共和国の首都。チャド最大の都市。
1900年にフランス人が建設したフォール・ラミがこの都市の起こりである。
チャドの独立後、1972年に現在の名称となった。

「な」

323 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 03:43:05 0
ナーラシンハ3世

13世紀インド、ホイサラ朝の王。父親の先王が南方への進出に御執心だったこともあり、
ナーラシンハは皇太子時代から北部の統治に専心していた。
そのため父王の没後は統治の行き届かなくなった南部は
父王に従軍することの多かった弟が受け持つことになったが、この弟が反抗、内乱に発展する。
この隙を軍事・外交両面で他国から衝かれたことがホイサラ朝衰退の遠因となった。

「は」「い」

324 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 13:02:07 0
ハーグェージユ

北米 北東部 イロコイ連邦の創造神。風の神。手の掌で地球を形成し、死んだ母アタエントシクの身体を使って、
この世のことどもを創造した。アタエントシクの顔は空になり、その乳房は太陽と月になった。その胴体にはトウモロコシが
植えられ、大地になった。 双子の片割れに、彼の仕事を邪魔する正真正銘の悪党ハーグェーダエトガーがおり、
リンゴの木の下での決戦で、ハーグェージユは彼をとげのついた棍棒でどつきまわし、地下世界に追放した。

「ゆ」

325 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 17:22:43 0
ユリシーズ・シンプソン・グラント

アメリカ合衆国第18代大統領。南北戦争においては総司令官として北軍を指揮し、
南軍の名将・リー将軍を降伏させて戦争を終結せしめた英雄。
民衆からの圧倒的な支持を得て共和党から大統領となったが、そこは軍事と政治で勝手が違う。
生来寡黙で軍人気質、礼法や服装にもまるで無頓着だったらしいグラントには
まともな政治どころか閣僚たちのあからさまな汚職を見抜くことさえできなかった。
そのため晩節を汚し、アメリカ歴代大統領のうち最も評価の低い大統領の一人とされている。

「と」

326 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 19:51:35 0
トルストイ、レフ・ニコラエヴィチ(1828〜1910)

ロシアの小説家。19世紀を代表する小説家の1人である。
ロシアにおいては、文学のみならず政治にまで大きな影響を及ぼした。
代表作は「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」など。

「い」

327 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 22:20:00 0
イタ=ハツキ

北米 大平原部族 ダコタ族(サンテ=スー)の、ヒダーツァ族>>301による呼び名。
「長い矢」の意。 「ダコタ」は、「同盟」の意。

「き」


328 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 23:54:50 0
キッティーム

ヘブライ語で地中海西部地域の称。
「死海写本」ではローマ帝国とその軍勢を指すとされる。

「む」

329 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 01:12:24 0
ムーレイ・イドリス1世

モロッコ最初のイスラム王朝・イドリス朝の建国者。
イラク出身、783年にモロッコへ逃れて来る。予言者の子孫として
ベルベル系住民の信頼を得て789年、カリフに即位。 首都の名は彼の名をそのまま号した。

「す」か「い」


330 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 01:38:34 0
スウォード=ビーラー(1863〜1887)

チィーツァーパエズ(帯刀者) 北米 北部大平原部族 クロウ族(アプサロケ族)の交戦派の若き戦士。
融和派大酋長プレンティー=クーの、白人による保留地受け入れに対し、1887年秋に300人の同士を
率いて反旗を翻し、スー、シャイアンと連合して白人に立ち向かった。

「ら」

331 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 10:05:11 0
ラマラージャ

タイ、アユタヤ朝第6代国王。父で先王のラメスアンは
当時衆目の集まっていたスパンブリー家のボロマラージャへいったん王位を譲り、
彼が死ぬとその後継者である孫を処刑し王位に返り咲いた、権謀術数の士だった。
しかし、因果は巡る。ラメスアンの子・ラマラージャは南方への進出にてこずり、
その隙にスパンブリー家の生き残り(処刑された孫の兄弟)に王位を奪われてしまった。

「じゃ」

332 :世界@名無史さん:2005/08/26(金) 20:34:12 0
ジャコバイト

1688年の名誉革命で廃位されたステュアート朝のジェイムズ2世とその直系の男子を
正統な国王として、復権を求めた人々の総称。この名称はジェイムズのラテン語名ヤコブス
に由来する。カトリック教徒と国教会の忠誠宣誓拒否者たちからなり、カトリック勢力の強い
アイルランドや、反イングランド・ナショナリズムの強いスコットランドが根拠地となった。
彼らはフランスの支援を受け、半世紀以上にわたってたびたび反乱を起こしたが成功せず、
ウォルポールの徹底した“ジャコバイト狩り”もあって、次第に運動は尻すぼみとなり消散した。

「と」

333 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 00:15:00 0
トイクニマプー

北米 北西部高原部族 ネ=ペルセ族を構成するバンドのひとつ。 今でいうオレゴンの
グランデ=ロンデ保留地の北部、ジョセフ・クリーク近辺を領土とした。 ネ=ペルセは
フランス語で「鼻ピアス」の意。 探検家ルイスとクラークが、当時の習俗からとって名づけた。

「ぷ」



334 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/08/27(土) 00:33:15 0
プナナレオ

ハワイ州で実施されている児童向けハワイ語教育カリキュラム。
幼稚園〜高校まで全ての授業がハワイ語で受講できる。
ハワイ語復活にむけた民族政策の一環。

「お」

335 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 01:38:15 0
オーセージ族

北米 ミズーリに、有史以前から原住した半農半猟民。宗教思想に則った、「父なる空の一族」9支族と、
「母なる大地の一族」の15支族に分かれて部族が構成されている。 >>119のタイメ事件では、カイオワの
生首を数十個、バケツに入れて生贄に持ち帰った。いわゆる「頭を剃り上げて天辺に房飾りをつけている」
スタイルの平原部族だった。 アーカンソーとミズーリの領土は1808年と1818年に、相次いで白人政府に
分捕られ、現在は強制移住先のオクラホマに、約1万人が住む。

「じ」

336 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 08:26:39 0
ジブラルタル

イベリア半島最南端の半島。711年に海峡を渡ってきたベルベル人の武将タリクがイスラム軍団を
率いてこの地を占領し、「タリクの山」(ジバル・アル・タリク)と命名したのが地名の由来である。
以後、1462年にカスティーリャ王国が獲得するまで、イスラム勢の支配下にあった。
スペイン継承戦争の結果、1713年以来イギリス領となっているが、スペインは自国領と主張し続けており、
領土問題となっている。

「る」

337 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 22:47:11 0
ルッキング=ホース

タシュンケ=ワカタ。北米 スー族にその昔、女神プテ=サン=ウィン(白いバッファローの女)が授けた
神器「プテヒンカラ=フフ=カヌンパ(聖なるバッファローの子牛の骨のパイプ)」の守護者一族である。聖なる
パイプはバッファロー=スタンディング=アップワード一族からエルク=ヘッド一族に渡され、現在、南ダコタの
イーグルバット保留地に居住する、このルッキング=ホース一族へと受け継がれている。当代のアーボル=
ルッキング=ホースは、平和運動活動者として知られ、昨年来日した。

「す」

338 :世界@名無史さん:2005/08/27(土) 22:59:29 0
スワート

パキスタン北西山地の渓谷沿いの地域の称。
古くはウディヤーナ朝が存在し、天然の要害に護られて仏教文化が栄えた。
法顕や玄奘も立ち寄り、旅行記に書き残している。

「と」

339 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 07:23:38 0
トーリー党

イギリスの保守党の前身。チャールズ2世の王政復古時代、カトリック教徒の
王弟ヨーク公(後のジェイムズ2世)に対する王位継承排除法案を巡る激しい政争
の中から生まれた保守的議会政党。1680年代にトーリーと名づけられた。
政敵ウィッグ党がヨーク公の王位継承権尊重派を「トーリー」(アイルランドの流賊)
のような連中と罵ったことに名称は由来する。1830年代以降に保守党となった。

「う」

340 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 13:43:57 0
ウッドン=ランス

アピアタン(木の槍) 北米 カイオワ族の戦士。グイパゴ(ローン=ウルフ)酋長の甥。1898年、保留地制度異議
申し立てのためにワシントンDCに向かった代表の一人。 1891年、白人の言う「北から来る男(イエス・キリスト)の
いる場所にはよい草、沢山のバッファロー、狩場がある」との話を確かめようと、白人の目を盗んで、北のシャイアンの
土地へと旅立った。アラパホー族の土地を経て、スー族のキャンプで、西のパイウテ族の「北の男」の話を聞きつけ、
さらにショーショーニー族の土地に向かった。そこから5日旅して、ついにウォボカに会う。「北の男」とは、パイウテ族の
ゴースト・ダンス教の始祖、ウォボカのことだった。1892年、彼はカイオワの土地へ帰還、その教義を伝えた。

「す」 



341 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2005/08/28(日) 22:19:03 0
スラウェシ島

インドネシアのセレベス島のこと。
オランダ語読みのため現在の読みになった。

「し」

342 :世界@名無史さん:2005/08/28(日) 23:21:39 0
シーア派

イスラームの多数派・スンナ派(スンニー派)に対する少数異派。イスラーム人口の
約1割を占める。シーアはアラビア語でそれ自体「党派」を意味する。>>98の従弟で
娘婿でもあったアリーを預言者の後継者として認める「シーア=アリー」(アリーの一党)
に由来する。分派は72を超えるといわれるが、中ではイランのイスラームの大多数を
占める十二イマーム派が最大である。

「は」

343 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 03:30:59 0
客家(ハッカ)

中国の南部に住む漢族の一派。唐代〜元代に華北から移住してきた人々の子孫であるとされる。
主な居住地域は湖南・福建・広東・四川の各省、広西チワン族自治区、台湾などであるが、華人(華僑)
として東南アジア諸国に暮らす者も多く、華人の3分の1は客家人である。周囲の諸方言よりも北方の
方言に近い客家語を話すなど、周辺の他の漢族集団とは異なる独特の言語・文化を持ち、一般に
外来者として山間部などに離れて居住している。土地の所有が困難だったこともあり、商業や教職に
従事することが多く、また伝統的な中国人の価値観では卑しまれることの多かった軍人となった者も
近代以前から多い。これらの特色から、「中国のユダヤ人」などと呼ばれることもある。

「か」

344 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 22:27:43 0
カギュ派

チベット仏教四大宗派のひとつ。11世紀の吐蕃時代にキュンポとマルパが創始。
ダライ・ラマ等、現在に連なる活仏転生の概念を生んだのもこの宗派。
白地の僧衣が特徴のため「白教」とも称される。

「は」

345 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 23:30:30 0
ハワード ,オリバー=オーチス (1830〜1909)

北米 南北戦争で功績を挙げた、隻腕の将軍。1872年、大統領グラントの命で、アパッチ族との
和平交渉に臨み、>>247のナイチの父、コチーズと土地をめぐっての協定を結んだ。1877年、>>76
ラプワイへの強制移住を拒む南ネ=ペルセ族との交渉に駆り出され、(心情的にはネ=ペルセに同情的では
あったが) 故郷を捨てろとの理不尽な要求を拒み続けるジョセフ酋長に、武力行使の最後通牒を出し、
カナダ脱出を図る南ネ=ペルセ部族に対して、アイダホからモンタナまで、陸軍による執拗な追撃を指揮した。

「ど」




346 :世界@名無史さん:2005/08/29(月) 23:50:33 0
ドヴァーラヴァティー

タイのメナム川流域に存在した国。
7〜8世紀に栄えたが、クメールに圧迫される。

「てぃ」か「い」

347 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 03:49:36 0
ティソ、ヨゼフ(1887〜1947)

スロヴァキアの政治家。もとはスロヴァキア西部で教区神父を務めていたが、カトリックに基づく
保守主義とスロバキアの民族自決を主張したスロヴァキア人民党で頭角を現し、1930年に副党首、
1938年に党首となった。ミュンヘン協定が締結されるとスロヴァキア自治政府首班に就任し、1939年に
ナチス・ドイツのもとで名目的に独立国となったスロヴァキアの首相、次いで大統領に就任した。
第二次大戦では枢軸国側に立って独ソ戦に参戦し、ユダヤ系住民の強制収容所移送やスロヴァキア
民族蜂起の鎮圧を実行した。敗戦後、南バイエルンの修道院に潜伏するが、アメリカ軍に逮捕・拘留
されてチェコスロヴァキア政府に引き渡された。1946〜47年にブラチスラヴァで開催された「国民裁判」
で戦争犯罪人の主犯として死刑判決を受け、絞首刑に処された。ティソに対する評価はスロヴァキア史上
の争点となっている。2001年にはティソを追悼する集会がブラチスラヴァで開催された。

「そ」

348 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 23:37:59 0
ソボ

中米 ハイチのヴードゥー教のロア。雷の精霊であり、兵士の姿でよく表される。
ところで、どういうわけかこの「ヴードゥー・ソボ」という名前は、マウンテンバイクの商標でも有名である。

「ぼ」

349 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 04:52:38 0
ボーア、ニルス(1885〜1962)

デンマークの理論物理学者。量子力学の成立に貢献した。
1922年にノーベル物理学賞を受賞。

「あ」

350 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 06:53:56 0
アタテュルク

トルコ革命の指導者でトルコ共和国初代大統領となったムスタファ・ケマルの姓。
「トルコの父」の意味で、1934年にトルコ大国民議会から贈られた。
元来トルコ人は姓を持たなかったが、この年に施行された創姓法により、
西洋諸国と同様に国民全員が姓を持つよう義務付けられた。

「く」

351 :世界@名無史さん:2005/08/31(水) 14:50:20 0
クローットゥンガ3世

インド、チョーラー朝第22代国王。チョーラー朝中興の祖。
ホイサラ朝と同盟を結び、3度にわたる遠征を実行、
領土を大きく拡大し、衰退著しかったチョーラー朝の権威を復活せしめた。
しかし彼の没後には偉大な統率者は現れず、逆に縦長に伸びた領土が仇となって
カーカティーヤ朝とパーンディヤ朝に南北から挟撃され、チョーラー朝は衰退の一途を辿る。

「が」「い」

141 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)