2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◇◆宋◆◇◆

1 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 18:02:01 0
@宋と遼
A宋と金
B宋と西夏 のどれかでレポートを書かなくてはいけないのですが、どなたか手伝ってもらえませんか?

参考文献なども載せていただけると嬉しいです。

2 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 18:51:07 0
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21.1
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21.2
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21.3
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21.4
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/21.5

3 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 18:51:53 0
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.1
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.2
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.3
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.4
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.5
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/22.6

4 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 18:52:22 0
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.1
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.2
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.3
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.4
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.5
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3?ukey=-390381520&path=/23.6

5 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 20:24:21 0
読めません・・・助けてください!!!!!!!

6 :あやめ ◆C0.O2CxIMg :2005/07/08(金) 20:37:02 0
先ず下記のサイトにアクセスしてください
http://www.sinica.edu.tw/ftms-bin/ftmsw3
「漢籍電子文献」のトップページが現われます。
次に「史料庫名称」の一覧が出ます。最上段の「二十五史」にチェック。
上の「開啓」をクリック、二十五史のリストが出たら、目的の正史を
クリックして内容に入ってください。

7 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 21:53:03 0
ありがとうございます、上記の内容はどこにあるのでしょうか?

8 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:48:02 0
二十五史を選んで「開做(同じ字がないので似た字で代用)」とあるところをクリック
 ↓
「新校本宋史」(あるいは遼史・金史)をクリック
 ↓
あとはおまいの根性次第だ!w 

9 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:52:27 0
>>1
何時までなの?

10 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 22:56:17 0
以前の宋王朝スレでも単発質問から始まったのだ。

11 ::2005/07/08(金) 23:22:35 0
>>1
@宋と遼、なら
1 先ず「五代」の「後晋」建国の際に「燕雲十六州」が「遼」の支配下に入り、
 以前の「北魏」に連なる「浸透王朝」とは性格を異にする「征服王朝」が
 成立したこと。その後の「金」、元、清も征服王朝であること。
2 燕雲十六州の回復は五代の混乱を収拾して中国を統一した「宋」(「北宋」)の
 国是となったが、宋の太宗以来の過剰な文官優位の政治によって、宋の軍事力は振るわず
 (「真宗 宋」で検索せよ)、燕雲十六州の回復は果たせなかったこと。
3 その後宋は、遼末期の混乱に乗じて、金と結び燕雲十六州を回復しようとしたものの、
 逆に金との関係がこじれ、首都開封を落とされ皇帝・欽宗、上皇(前皇帝)・徽宗を
 北方へ連れ去られた(「靖康の変」)。そして、欽宗の弟である趙構が南遷して杭州で
 皇帝を宣言し、金に奪われなかった淮河以南の地を確保して宋を再興し、これ以降は
 「南宋」と呼ばれること。
カッコ内をググって、資料をつなぎ合わせ一本のストーリーにすれば、単位は来る。
参考文献は、大学の図書館で五代・宋代に関する文献を探して開いてみて、このストーリーと
見当外れでないことを確認したら、その書名を書いとけ。

12 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :2005/07/08(金) 23:26:27 0
アチキも修士論文と学会発表は宋と遼の関連だったが分野が違いすぎるかもな…。
『宋会要』と『全遼文』、『郡斎読書志』てなのならいいかも知らんが『遼代の仏教』
だとか『龍龕手鏡』だとかになるとかなり分野が限定される。

13 :世界@名無史さん:2005/07/08(金) 23:45:27 0
「宋の工芸品は世界一イイイイイイイイィィィィィィィィ!!!!!!」
「景徳鎮はぁああああ・・・!!」「世界最強!!!!」
って書くと100点だお。

14 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 00:01:40 0
宋と後周で書いてくれ

15 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 18:13:25 0
北宋が中国のルネサンスと公言する学者多すぎるな。

16 :世界@名無史さん:2005/07/09(土) 19:54:43 0
>>15
仮にルネサンスだとしてもあと断絶するからなあ。
チャンコロの歴史はそればっか。
百家争鳴で古代にあれだけの思想を生んでおきながら・・・

17 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 00:51:03 0
マオなんか「百花繚乱」とか言った後に大粛清だからなw

18 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 02:49:25 0
司馬遼太郎が言ったように
中国は春秋戦国がピークなのか。

19 :世界@名無史さん:2005/07/10(日) 23:30:20 0
>>9
えっと、21日までデス(●´ェ`●)

みなさんヽ(。・ω・)ノ゛☆ありがd☆ ヾ(・ω・。)ノデス★

20 :世界@名無史さん:2005/07/11(月) 00:12:09 0
ここが単なるレポートスレで終ると消えたスレが犬死で悔しい。
>>1は責任もってこのスレを盛り上げるべきだ

21 ::2005/07/11(月) 22:41:39 0
出来ればソースきぼんでぅ・・・

A4の用紙を6〜8割埋められるくらいの感じでレポート形式にしてください(●´ェ`●)

>>20
レポートが終わったら、みんなで宋について語るスレにし(σ´Д`)σYO!!

22 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :2005/07/11(月) 23:03:24 0
>21
A4用紙何枚分だ?
それから分野の政治、宗教、民族、文化、外交など色々あるぞ。
どういう内容で書きたいのかはっきりさせんとどっちつかずのヘンなレポート
のままだぞ。

23 ::2005/07/13(水) 10:52:30 0
>>22
1枚でぅ。
そにかく宋と遼・金・西夏とのかかわりなら何でもいいみたいです。
作ってくださる方の好きな分野でおkでぅ(●´ェ`●)

24 :世界@名無史さん:2005/07/13(水) 11:41:18 0
>>23
>>11で、ほとんどできてるじゃない?

25 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :2005/07/13(水) 20:13:57 0
そんないい加減なレポートだったら、Googleで"宋"、"遼"、"金"、"西夏"と
検索すればそのまんまのものがゴロゴロひっかかるわい。
それから世界史板に遼(契丹)やら金(女真)やら西夏、西遼と言ったキーワード
のスレッドがごろごろしとる。「宋を語る」スレッドは倉庫入りしたようだが、
長文のカキコも結構あるからそれ写せ。


26 ::2005/07/14(木) 00:40:03 0
>>25
ヽ(。・ω・)ノ゛☆ありがd☆ ヾ(・ω・。)ノでぅ★
出来ればここで作ってしまいたいんですが、協力してくださる方いらっしゃいますか?


27 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 01:03:22 0
>>26
なんか自分で作るというより、作ってもらおうとしている雰囲気がするんだが

28 :世界@名無史さん:2005/07/14(木) 01:21:55 0
>>26
横着したらあかん。努力も必要や。

29 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :2005/07/14(木) 07:38:48 0
>17
亀レスだが、「百花斉放百家争鳴」ぢゃなかったか?

30 :1:2005/07/15(金) 10:22:43 0
>>26
・・・確かにorz
自分1人の力じゃ無理なんで協力していただきたいんですけども、
そのように感じられてしまったらすみません・・・(´・ω・`)


31 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 12:08:23 0
謝辞にはちゃんと「にちゃんねらーに感謝」と書いておけよw

32 :世界@名無史さん:2005/07/15(金) 13:17:23 0
>>30
とにかく資料ググって書いてみれ、ウプしたらみんなで添削してくれるよ。

33 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 00:21:29 0
つ『大学生のためのレポート・論文作文術』(講談社現代親書)



34 :1:2005/07/16(土) 10:00:05 0
>>11を参考にしながら自分なりに作ってみたんですが、少し短いみたいでぅ・・・
A4のレポート用紙10枚分くらい(約400文字くらい?)を足したいのですが、
何を足せばいいでしょう?

長文ですが読んでみてください・・・


 中国の南朝における五代十国の時代、南朝の第3代目の王国「後晋」建国の際、石敬瑭は契丹の援助を受けた。
その際契丹に臣礼をとって歳貢を贈り、燕雲十六州(現在の北京である燕州・現在の大同である雲州)を中心とす
る万里の長城の南に沿った十六の州)を割譲した。
 燕雲十六州の回復は五代の混乱を収拾して中国を統一した宋(北宋)の 国是となったが、宋の太宗以来の過剰
な文官優位の政治によって、宋の軍事力は振るわず、燕雲十六州の回復は果たせなかった。そしてその後晋も2代
10年で滅び、モンゴル系の契丹族の遼の支配下に入るようになった。そして 以前の北魏に代表される「浸透王朝」
とは性格を異にする、「征服王朝」とよばれる王朝が成立した。その後の「金」、元、清も征服王朝である。
遼は916〜1125年に満州や中国北部を支配した国であり、渤海をほろぼした後、唐の滅亡に乗じて華北にも
進入した。契丹文字をつくるなど民族の独自性をたもつようにしながら,領土内の農耕民の社会にあわせた支配をした。
その後宋は、遼末期の混乱に乗じて、金と結び燕雲十六州を回復しようとしたものの、 逆に金との関係がこじれてしまった。
首都開封を落とされ、靖康の変において欽宗・徽宗を 北方へ連れ去られたが、欽宗の弟である趙構が南遷して杭州で 皇帝を宣言し、
金に奪われなかった淮河以南の地を確保して宋を再興し、これ以降は南宋と呼ばれるようになった。


35 :110:2005/07/16(土) 12:32:49 0
馮道の事は絶対書いてみたほうがいいと思うな。
http://www02.so-net.ne.jp/~muraji/non-fiction/hudoh.htm

それから遼がやった大虐殺とそれに対峙した馮道が遼の皇帝に訴えた言葉も
書いてみたらどうだろう
この大虐殺は確か“打草穀”といって、中国人を手当たり次第撫で斬りにした
ので、「人を殺す事、草を刈る如し」という意味で命名されたと思う

36 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 12:39:33 0
中国では異色な馮道の乱世での処世哲学とそれに対する反発が
宋の基調低音を作った可能性もある・・などという自分なりの妄想を
付け加えたりすると、喜んでくれる人もあるかも知れないw

37 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 15:19:35 0
馮道より高校の教科書でも出てくるような澶淵の盟を先に書け。

38 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 15:40:47 0
>>34
>>11のキーワードちゃんとググったか?
A4用紙1枚では収まらずに、何を削るか苦労するはずだぞ。

39 :おぎまる ◆JJi5gOTcvk :2005/07/16(土) 16:36:54 0
>中国の南朝における五代十国

五代十国を南朝とはいわないのです。「中国の五代十国」で十分です。

>「征服王朝」
征服王朝という概念そのものが現在問題になっているのですが、
大学のレポートであれば、まああんまりこだわらずともよいでしょ。

>馮道
礪波護『馮道』中公文庫がいい参考文献になりますよ。

40 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 17:22:43 0
>宋の軍事力は振るわず、燕雲十六州の回復は果たせなかった。そしてその後晋も2代10年で滅び〜
時系列が変。

41 :世界@名無史さん:2005/07/16(土) 18:42:15 0
征服王朝に「ウィットフォーゲルが提唱した概念」と注釈を(ry

42 ::2005/07/19(火) 02:24:44 0
みなさんのご指摘を受け、少しだけ直してみましたが長さは変わっていません・・・
400字付け足すとして、例文を載せていただけるとうれしいです。

 中国における五代十国の時代、南朝の第3代目の王国「後晋」建国の際、石敬瑭は契丹の援助を受けた。
その歳契丹に臣礼をとって歳貢を贈り、燕雲十六州(現在の北京である燕州・現在の大同である雲州)を
中心とする万里の長城の南に沿った十六の州)を割譲した。
そしてその後晋も2代10年で滅び、モンゴル系の契丹族の遼の支配下に入るようになった。
そして 以前の北魏に代表される「浸透王朝」とは性格を異にする、「征服王朝」とよばれる王朝が成立した。
その後の「金」、元、清も征服王朝である。
 燕雲十六州の回復は五代の混乱を収拾して中国を統一した宋(北宋)の 国是となったが、宋の太宗以来
の過剰な文官優位の政治によって、宋の軍事力は振るわず、燕雲十六州の回復は果たせなかった。
 遼とは916〜1125年に満州や中国北部を支配した国であり、渤海をほろぼした後、唐の滅亡に乗じて
華北にも進入した。契丹文字をつくるなど民族の独自性をたもつようにしながら,領土内の農耕民の社会にあわせた支配をした。
 その後宋は、遼末期の混乱に乗じて、金と結び燕雲十六州を回復しようとしたものの、 逆に金との関係がこじれてしまった。
首都開封を落とされ、靖康の変において欽宗・徽宗を 北方へ連れ去られたが、欽宗の弟である趙構が南遷して杭州で皇帝を宣言し、
金に奪われなかった淮河以南の地を確保して宋を再興し、これ以降は南宋と呼ばれるようになった。

ちなみに参考文献は『五代と宋の興亡』講談社学術文庫 周藤 吉之 講談社
         『遼史』     中国古典新書  島田 正郎 明徳出版社 
ということにしてみました(´∀∩*)


43 :自転車小僧 ◆IBmI/K76EY :2005/07/19(火) 21:38:33 0
ただ年表を文章にしただけの様であまり面白みが無いように思うけど…。
軍事力の振わない北宋がなぜ遼の圧迫を受けながらも存続できたのか、と言うところ
を書いてみるのもいいし、遼と金の関係と言うのにも踏み込んでみてもいいと思う。
文化面、経済面から考えると面白いかもよ。

44 :世界@名無史さん:2005/07/20(水) 07:01:55 0
>南朝の第3代目の王国「後晋」建国の際、

「南朝の」はいらない

45 ::2005/07/20(水) 15:42:48 0
最終的に出来たレポートでぅ(●´ェ`●)

 中国における五代十国の時代、第3代目の王国「後晋」建国の際、石敬瑭は契丹の援助を受けた。その歳契丹に臣礼をとって歳貢を贈り、燕雲十六州(現在の北京である燕州・現在の大同である雲州)を中心とする万里の長城の南に沿った十六の州)を割譲した。
そしてその後晋も2代10年で滅び、モンゴル系の契丹族の遼の支配下に入るようになった。そして 以前の北魏に代表される「浸透王朝」とは性格を異にする、「征服王朝」とよばれる王朝が成立した。その後の「金」、元、清も征服王朝である。
「征服王朝」とは在米独人東洋学者のウィットフォーゲルが提唱した概念である。
燕雲十六州の回復は五代の混乱を収拾して中国を統一した宋(北宋)の 国是となったが、宋の太宗以来の過剰な文官優位の政治によって、宋の軍事力は振るわず、燕雲十六州の回復は果たせなかった。
日本ではあまり知られていないが、この時代には馮道という人物がいる。彼は後梁を除いた五代王朝の全て(後唐・後晋・後漢・後周)と後晋を滅ぼして一時的に中原を支配した契丹族王朝の遼に仕え、常に高位にあった。彼は「五朝八姓十一君」
(5つの王朝、8姓にわたる11人の皇帝)に仕え、宰相としての在任期間は20年に及ぶ。節度使出身である五代の武人皇帝や北方の遼の皇帝達には農民に対する哀れみの心は少なく、時に暴走する皇帝を諌め続け、時の民衆に敬仰された。
後世、特に朱子学的見地からは売国奴、変節漢と呼ばれ、司馬光なども痛切に批判している。しかし一方で馮道は当時の人々には大いに尊敬され、また後世の歴史家の中でも馮道を弁護する者もいる。

46 ::2005/07/20(水) 15:44:05 0
遼とは916〜1125年に満州や中国北部を支配した国であり、渤海をほろぼした後、唐の滅亡に乗じて華北にも進入した。
契丹文字をつくるなど民族の独自性をたもつようにしながら,領土内の農耕民の社会にあわせた支配をした。
その後宋は、遼末期の混乱に乗じて、金と結び燕雲十六州を回復しようとしたものの、 逆に金との関係がこじれてしまった。
首都開封を落とされ、靖康の変において欽宗・徽宗を 北方へ連れ去られたが、欽宗の弟である趙構が南遷して
杭州で 皇帝を宣言し、金に奪われなかった淮河以南の地を確保して宋を再興し、これ以降は南宋と呼ばれるようになった。
         
         『五代と宋の興亡』講談社学術文庫 周藤 吉之 講談社
         『遼史』     中国古典新書  島田 正郎 明徳出版社 


47 :1/2:2005/07/20(水) 20:48:21 0
>>1
時系列的にはこうなる。

  遼(りょう、916年−1125年)は、内モンゴルを中心に中国の北辺を支配した契丹人(キタイ人)の王朝。
現在の内モンゴル自治区の東南部、遼河の上流域にいた契丹族の耶律阿保機(遼太祖)が907年に契丹可汗位に
つき勢力を蓄え、916年天皇帝と称し年号を神冊と定めた。当時、中国本土は五代十国の分裂時代にあり、
遼太祖は西はモンゴル高原東部のモンゴル族を攻め、東は渤海を滅ぼして、満州からモンゴル高原東部までに
及ぶ帝国を作り上げた。更に二代耶律徳光(太宗)は、五代第三代目の「後晋」建国に際して、華北の燕雲
十六州(現在の北京である燕州・現在の大同である雲州)を中心とする万里の長城の南に沿った十六の州)の
割譲を受け、渤海旧領とあわせて多くの農耕を主とする定住民を抱えることになった。このため、遼は
モンゴル高原の遊牧民統治機構(北面官)と中国式の定住民統治機構(南面官)を持つ二元的な国制を
発展させ、最初の「征服王朝」と評価されている。
  一方、中国本土においては、五代最後の後周の殿前都点検(近衛軍長官)であった趙匡胤(宋太祖)が、
後周の最後の皇帝から禅譲を受けて宋(そう、960年−1279年)を建国した。宋太祖の後を継いだのは弟の
趙匡義(趙光義/宋太宗)であるが、宋太宗は兄の事業を受け継いで中国の統一を果たし、燕雲十六州の
奪還を図り北伐軍を起こしたが失敗した。宋太祖・太宗は、唐が各地に節度使の割拠を許し、続く五代十国
時代の騒乱に至ったことに鑑み、各地の有力者の勢力を削ぐとともに、殿試を実施するなど科挙制度を
本格的に運用し始め、宋三代真宗(宋太宗の子)の代には名実ともに文臣官僚制が完成の域に達した。
このことは皇帝独裁権の確立をもたらしたが、同時に過度の文官優遇により軍事力の衰退をもたらした。

48 :1/5:2005/07/20(水) 20:53:55 0
配分間違えた。。。

  遼(りょう、916年−1125年)は、内モンゴルを中心に中国の北辺を支配した契丹人(キタイ人)の王朝。現在の内モンゴル自治区の
東南部、遼河の上流域にいた契丹族の耶律阿保機(遼太祖)が907年に契丹可汗位につき勢力を蓄え、916年天皇帝と称し年号を神冊と
定めた。当時、中国本土は五代十国の分裂時代にあり、遼太祖は西はモンゴル高原東部のモンゴル族を攻め、東は渤海を滅ぼして、
満州からモンゴル高原東部までに及ぶ帝国を作り上げた。更に二代耶律徳光(太宗)は、五代第三代目の「後晋」建国に際して、華北の
燕雲十六州(現在の北京である燕州・現在の大同である雲州)を中心とする万里の長城の南に沿った十六の州)の割譲を受け、渤海旧領と
あわせて多くの農耕を主とする定住民を抱えることになった。このため、遼はモンゴル高原の遊牧民統治機構(北面官)と中国式の
定住民統治機構(南面官)を持つ二元的な国制を発展させ、最初の「征服王朝」と評価されている。

49 :2/5:2005/07/20(水) 20:55:32 0
  一方、中国本土においては、五代最後の後周の殿前都点検(近衛軍長官)であった趙匡胤(宋太祖)が、後周の最後の皇帝から禅譲を
受けて宋(そう、960年−1279年)を建国した。宋太祖の後を継いだのは弟の趙匡義(趙光義/宋太宗)であるが、宋太宗は兄の事業を
受け継いで中国の統一を果たし、燕雲十六州の奪還を図り北伐軍を起こしたが失敗した。宋太祖・太宗は、唐が各地に節度使の割拠を許し、
続く五代十国時代の騒乱に至ったことに鑑み、各地の有力者の勢力を削ぐとともに、殿試を実施するなど科挙制度を本格的に運用し始め、
宋三代真宗(宋太宗の子)の代には名実ともに文臣官僚制が完成の域に達した。このことは皇帝独裁権の確立をもたらしたが、同時に
過度の文官優遇により軍事力の衰退をもたらした。

50 :3/5:2005/07/20(水) 20:56:58 0
  遼六代聖宗は内部抗争を収めて中央集権を進め、1004年には宋へ遠征軍を送った。宋真宗は親征軍によりこれを迎え撃ち、宋を兄、
遼を弟とするものの、毎年絹20万匹・銀10万両の歳幣を宋から遼に送ることで和睦した(澶淵の盟)。これにより、遼と宋の間には
100年以上平和が保たれた。また、遼の侵攻と同時に、西のタングート族は西夏を称して宋に反旗を翻していたが、こちらにも財貨を
送ることで和睦した。つまり、宋は金で平和を買った訳でであるが、宋代の経済的・文化的繁栄にこの和約が果たした役割は大きい。

51 :4/5:2005/07/20(水) 20:58:05 0
  遼は、宋からの歳幣により経済力をつけ、西の西夏を服属させる事に成功し北アジアの最強国となった。同時に、豊かな財政を背景に
文化が高まり、中国や中国との通商路を西夏に閉塞された西域から様々な文物を取り入れて、その繁栄は頂点に達した。しかし一方では、
遼の貴族層が奢侈に流れるとともに強力な武力は失われていき、服属諸民族からは収奪に対する恨みを買っていた。

52 :5/5:2005/07/20(水) 21:00:53 0
  女真(ジュルチン)族は、現在の中国東北地区(満州)黒竜江省の按出虎水(アルチュフ川)流域にあって遼に服属していた。しかし、遼の
過酷とも言える搾取を受け、完顔部出身の阿骨打(金太祖)が遼に反乱を起こし、1115年には按出虎水の河畔で自らの王朝(金:女真語で
アルチュフ)を建て遼に反旗を翻した。遼は大軍を送って鎮圧しようとするが逆に大敗し、これを見た宋は、1120年に金との間で遼を挟撃して
分割し宋側には燕雲十六州を引き渡すことを約束した(海上の盟)。しかし、宋の弱兵は燕京を攻略できず、金が燕京を陥れ宋に割譲し、
遼最後の皇帝天祚帝は燕京を放棄して西走した(1121年)。金太祖は1123年に死去するが、弟の呉乞買(太宗)が後を継いで遼との戦いを続け、
逃れていた天祚帝を捕らえ遼を完全に滅ぼし内モンゴルを支配した(1125年)。この時、一部の契丹人は王族耶律大石に率いられて中央アジアに
移住し、西遼(カラ・キタイ)を立てた。一方、燕京を手に入れた宋軍は、遼の残存勢力と手を結んで金を牽制するなど、盟約に従って燕京を
割譲した金に対する背信行為を繰り返したので、これに怒った金太宗は、宋に侵攻して華北を席捲し首都開封を包囲した。宋では徽宗が退位し
欽宗が新たに即位して金の包囲に耐え、金も一旦和約して北に引き上げた(1126年)。金軍が去るとまたしても宋は背信して和約を破ろうと
したので、1127年に金軍は再び南下して開封を陥落させ、皇帝・欽宗、上皇・徽宗ほか多数の皇族を北方に拉致して宋を滅ぼし、中国の北半を
征服した(靖康の変)。欽宗の弟である趙構は、南遷して杭州で皇帝を宣言し、金に奪われなかった淮河以南の地を確保して宋を再興した。
宋代は、靖康の変までを北宋(ほくそう、960年−1127年)、以後を南宋(なんそう、1127年−1279年)と呼び分けている。

53 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 01:09:23 0
徽宗は即位する前から芸術家で、
皇帝にはふさわしくないと周囲も分かっていただろうに
何で即位させるかね。
ただの皇族だったなら、偉大な画人のまま死ねたのに。

54 :世界@名無史さん:2005/07/31(日) 17:40:38 0
>>53
馬鹿の方が操りやすいんだよ

55 :世界@名無史さん:2005/08/03(水) 17:20:08 0
徽宗は、やる気はあったろう。
実際に文化事業はすごい。
即位前など、周りからは、馬鹿には見えなかったと思うけどな。


56 ::2005/08/12(金) 19:48:39 0
後期が始まったら、単位が取得できたかどうか報告しますね(●´ェ`●)

57 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 19:55:11 O
これを機会に宋に興味をもったんなら、何かネタ振りしてください。

58 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:01:48 0
宋関連の書籍でオススメなものありますか?
特に初心者向けのヤツ

59 :世界@名無史さん:2005/08/12(金) 20:10:44 0
宋限定じゃないけど、陳舜臣の中国の歴史
四巻(北宋)と五巻(南宋)がお勧め。


60 :58:2005/08/12(金) 20:31:04 0
>>59
ありがとう
買ってみます

61 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 12:59:23 0
徽宗の徽ってどういう意味なのでしょう?

62 :漢和辞典によると:2005/08/16(火) 14:34:10 0
【徽】よい。美しい。よくする。善美にする。はたじるし。しるし。3本の縄。大綱。たばねる。むかばき。
   書き替え字は【記】。

63 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 14:56:38 O
日常語の中での用例を引くと、「徽章」というものがあります。
議員バッチみたいなものの総称ですね。

64 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 18:39:30 0
badgeの翻訳が徽章または記章なのだが。

65 :世界@名無史さん:2005/08/16(火) 23:13:37 0
>>58
最新の講談社中国の歴史シリーズ(近藤さん担当巻)は、ちょっと初心者には
おすすめできないない。そこそこ知識つけてから読むといい。

66 :58:2005/08/16(火) 23:54:05 0
>>65
今陳舜臣の中国の歴史全巻買ってきて1巻から読んでるところです。
講談社中国の歴史シリーズも前々から気になってたんですけど、
全体的に良書ですかね?

67 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:10:15 0
>>66
読み物としてなら、旧シリーズはみなそこそこあたりだと思う。
最新の成果ならやはり刊行中の現シリーズだが、今のところ
私見ではオススメは三国時代・魏晋南北朝時代の2冊だけ。

68 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:14:27 0
>>67
唐や宋の巻はまだ読んでないんだが、ハズレなのか……。

69 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 00:19:14 0
>>68
私見では、ね。
ただ、唐宋スレでもほとんど話題になっていないのはなぜだ。
(宋はスレ自体消えた?)

70 :58:2005/08/17(水) 00:22:58 0
>>69
どこのスレでも見た限りそんなに話題になってなかったので
本屋に言っても買うか買わないか迷ってたんですよね。

71 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 15:04:07 0
>>61-62
諡号は基本的に子が親に対してつけるのだから、余程のことがなければ、
悪いものはつけない。
周の幽王(幽は諡号で最低とされた)は子の平王と仲が悪かったし、
隋の煬帝は実質的に隋を滅ぼした唐によって付けられたもの。
逆に晋の献公のように、国を内乱状態に陥れても、子供からは「献」という
良い諡号を貰ってるのもいる。

72 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 15:24:03 0
「煬帝」はあだ名。諡号は「明帝」。

73 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 15:31:44 0
廟号で他の時代に見られないものに南宋の「度宗」「理宗」がある。

74 :世界@名無史さん:2005/08/17(水) 20:02:54 O
宋代は当時の政治(士太夫による)状況を反映した諡号がみられますね。
確か、理宗は理学(朱子学)を尊崇したためにつけられた諡号だったかと。
(度宗・たくそうは由来を知りません。済みません。)
年号でも、施政方針の表明と受け取れるものが見受けられます。
徽宗の「崇寧」(王安石新法時の年号、「熙寧」を尊ぶ意)とか、
理宗の「端平」(正しい法則=朱子学に従う)とか。
やはり、士太夫の発言力が高かったことが反映されているのでしょうか?

75 :世界@名無史さん:2005/08/18(木) 23:39:54 0
神宗があと10年生きれば新法が軌道に乗り、国力も回復して華北を失うこともなかったと考えて
いいですか?

76 :世界@名無史さん:2005/08/23(火) 19:00:12 0
>75

どうだろうね。
金の侵入を招いた一番の原因は、
童貫を中心にした外交政策の気がする。
蔡京が実権持ってたら、許さなかったと思う。


77 :世界@名無史さん:2005/08/24(水) 21:10:27 0
↓のスレで岳飛伝その他の田中芳樹作品の話題を求めております。来て下さい。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1123743603/l50

78 :あやめ ◆C0.O2CxIMg :2005/08/24(水) 23:39:22 0
>>72
「煬帝」は渾名ではなく歴とした諡號です。「舊唐書」の「高祖本紀」の武徳元年
九月辛未の條に「隋の太上皇に追諡して煬帝と爲す」とあります。また「明帝」は
東都に留守していた諸臣が擁立した越王楊侗が上った諡號で、廟號は「世祖」です。
これは「隋書」の「元徳太子傳」に出ています。

79 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 20:24:09 0
>>78
すいません。↓のスレで話題のネタを提供してきてください。お願いします。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1123743603/l50



80 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 21:21:28 0
田中芳樹って、あんまり読んだことないけど、
肌があわなそうな感じだった。
歴史を尊重するわけでもなく、
物語として面白いわけでもなく。

81 :世界@名無史さん:2005/08/25(木) 22:53:57 0
読んだことないから分からん。

82 :あやめ ◆C0.O2CxIMg :2005/08/27(土) 14:49:39 0
>>79
梁紅玉の実在性についてカキコしときましたよ。

83 :あやめ ◆C0.O2CxIMg :2005/08/29(月) 22:08:01 0
>>78
なお竇建コも王世充が越王楊侗を弑した後に、煬帝に「閔帝」と追諡しています。

84 :世界@名無史さん:2005/08/30(火) 17:22:42 0
>>83
スレに来て頂きありがとうございます。
あなたに対する質問も多数寄せられてりますので、
↓のスレで今後も目を通してください。お願いします。
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/whis/1123743603/l50

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)